研究者データベース

佐藤 友徳(サトウ トモノリ)
地球環境科学研究院 統合環境科学部門 自然環境保全分野
准教授

基本情報

所属

  • 地球環境科学研究院 統合環境科学部門 自然環境保全分野

職名

    准教授

学位

  • 博士(理学) (筑波大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 10512270

ORCID ID

  • 0000-0001-6541-742X

研究キーワード

  • 気候変動   気象学   気候学   

研究分野

  • 環境学 / 環境動態解析
  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学

職歴

  • 2018年07月 - 現在  国立研究開発法人 防災科学技術研究所客員研究員
  • 2015年04月 - 現在  北海道大学北極域研究センター兼務
  • 2013年01月 - 現在  北海道大学大学院地球環境科学研究院 准教授
  • 2009年04月 - 2012年12月  北海道大学大学院地球環境科学研究院 特任助教
  • 2010年03月 - 2010年06月   カリフォルニア大学ロサンゼルス校 客員研究員
  • 2007年 - 2009年   東京大学気候システム研究センター 特任助教
  • 2006年 - 2007年   東京大学気候システム研究センター 日本学術振興会特別研究員
  • 2002年 - 2006年   科学技術振興機構 研究員

学歴

  •         - 2002年   筑波大学   地球科学研究科   日本
  •         - 1999年   筑波大学   第一学群   日本

所属学協会

  • 日本農業気象学会   日本雪氷学会   日本気象学会   アメリカ気象学会   アメリカ地球物理連合   

研究活動情報

論文

書籍

  • 日本気候百科
    佐藤 友徳 (担当:分担執筆範囲:北海道の気候)
    丸善出版 2018年01月
  • Global cloud/cloud-resolving models and the Madden-Julian Oscillation
    Miyakawa, T., and T. Sato ()
    World Scientific Publishing 2016年 385 173-184
  • 北半球寒冷圏陸域の気候・環境変動
    飯島慈裕、佐藤友徳 (担当:編者)
    2014年10月
  • 高緯度における大気−陸面相互作用
    佐藤友徳 ()
    2014年 178-195
  • Cloud-cluster-resolving global atmospheric modeling -A Challenge for the new age of tropical meteorology
    Matsuno, T., M. Satoh, H. Tomita, T. Nasuno, S.-I. Iga, A. T. Noda, K. Oouchi, T. Sato, W. Yanase, H. Miura, and H. Fudeyasu ()
    World Scientific Publishing Co. 2011年 455-473

講演・口頭発表等

  • ユーラシア大陸における夏季気温偏差場の予測可能性に対する陸面の寄与  [通常講演]
    佐藤友徳, 中村哲
    日本気象学会2018年春季大会 2018年05月
  • Investigating a possible contribution of land surface processes on extreme hot event in Northeast Eurasia in recent summer  [通常講演]
    Sato, T., E. Erdenebat, and T. Nakamura
    8th GEWEX Open Science Conference 2018年05月
  • アンサンブル気候予測データを用いた日本周辺における月降水量極端事象の将来変化  [通常講演]
    初塚大輔, 佐藤友徳
    日本気象学会2017年秋季大会 2017年10月
  • アンサンブル気候予測データを用いた日本周辺における台風通過頻度の将来変化に関する要因解析  [通常講演]
    松下侑未, 佐藤友徳
    日本気象学会2017年秋季大会 2017年10月
  • 北東ユーラシアにおける大気-陸面相互作用−特に暖候期の水循環に関連して−  [通常講演]
    佐藤友徳
    日本気象学会2017年秋季大会(統合的陸域圏研究連絡会) 2017年10月
  • 北海道西岸沖で発生する小低気圧に対する海氷および山岳の効果  [通常講演]
    佐藤友徳,田村健太
    雪氷研究大会2017 2017年09月
  • How strongly is polar low genesis around North Japan influenced by Earth surface forcings?   [通常講演]
    Sato T., and K. Tamura
    2016 AGU Fall meeting 2016年12月
  • 過去の地域気候変化に対する下部境界条件の寄与  [招待講演]
    佐藤友徳, 田村健太, 中村誠吾, 杉本志織
    メソ気象研究会 2016年10月
  • Diurnal variation of precipitation around the Meghalaya Plateau during the break phase of sub-monthly intraseasonal oscillation  [通常講演]
    Sato, T., and T., Ichigi
    International workshop on land surface multi-spheres processes of Tibetan Plateau 2016年08月
  • Role of snow cover on urban heat island intensity investigated by urban canopy model with snow effects  [通常講演]
    Tomonori Sato and Keisuke Mori
    AGU Fall meeting 2015 2015年12月
  • Seasonally and diurnally different response of surface air temperature to historical urbanization in Sapporo, North Japan  [通常講演]
    Sato, T., S. Sugimoto, T. Sasaki,
    AGU fall meeting 2014 2015年12月
  • 東京に降雪をもたらす低気圧の経路と黒潮流路変動の関係についての統計解析  [通常講演]
    天澤俊行, 佐藤友徳
    日本気象学会2015年春季大会 2015年05月
  • マルチGCM×マルチRAMの気候データを用いたてん菜糖量の将来変化予測  [通常講演]
    友貞俊成, 佐藤友徳
    日本農業気象学会全国大会 2015年03月
  • Coherent variability between diurnal cycle and intraseasonal oscillation in orographic precipitation around the Meghalaya Plateau  [通常講演]
    Sato, T
    7th International Scientific Conference on the Global Water and Energy Cycle (GEWEX) 2014年
  • A modeling study on the role of local SST warming on the precipitation trends observed in north Japan during winter monsoon  [通常講演]
    Sato, T, and S. Sugimoto
    AGU Fall meeting 2013 2013年12月
  • 日本海海面水温の上昇と冬季降水量の長期変化傾向について  [通常講演]
    佐藤友徳, 杉本志織
    日本気象学会2013年秋季大会 2013年11月
  • Possible impact of sea surface warming on the spatial variation of winter precipitation trends in north Japan  [通常講演]
    Sato, T., and S. Sugimoto
    Davos Atmosphere and Cryosphere Assembly DACA-13 2013年07月
  • 季節内振動によるメガラヤの降水極大と日変化  [通常講演]
    佐藤友徳
    日本気象学会2013年春季大会 2013年05月
  • 地域スケールの気候予測情報とその活用  [通常講演]
    佐藤友徳
    日本気象学会2012年秋季大会一般公開シンポジウム「気象学が地域の未来にいかに貢献できるか?これからの北海道の地域づくりと気象学の研究」  2012年10月
  • Assessment of dynamical downscale ability to simulate intra-seasonal and interannual variation in East Asia  [通常講演]
    Sato, T., and Y. Xue
    AMS 2011annual meeting 2011年
  • Assessment of dynamical downscale ability to simulate intra-seasonal variation in China and Mongolia  [通常講演]
    Sato, T., and Y. Xue
    10th International Regional Spectral Model Workshop 2010年08月
  • 中国東部およびモンゴルにおける地域気候モデルの降水再現性の検証  [通常講演]
    佐藤友徳 and Y. Xue
    日本気象学会2010年秋季大会 2010年
  • 熱帯低気圧の気候変動に伴う変化 -低解像度環境場からの推定-  [通常講演]
    重里 昌, 増山 啓, 佐藤 友徳, 三浦 裕亮, 末吉 哲雄, 木本 昌秀
    日本気象学会2010年秋季大会 2010年
  • Influences of global warming and local processes on warm season climate in Mongolia  [通常講演]
    Sato, T., and F. Kimura
    MOCA-09 (IAMAS/IAPSO/IACS Joint Assembly)  2009年07月
  • Role of cold pool formation on the diurnal cycle of precipitation over the maritime continent  [通常講演]
    Sato, T., H. Miura, M. Satoh, Y. N. Takayabu
    International MAHASRI/HyARC workshop on Asian monsoon and Water cycle 2009年03月
  • 北東アジアにおける夏季の降水起源の年々変動について  [通常講演]
    佐藤友徳
    日本気象学会2009年秋季大会 2009年
  • 全球雲解像モデルNICAMによる熱帯域の降水日変化と解像度依存性  [通常講演]
    佐藤友徳, 三浦裕亮, 佐藤正樹, 高藪縁
    日本気象学会2008年春季大会 2008年
  • 地球温暖化による黄砂発生ポテンシャル変化の検証  [通常講演]
    佐藤友徳, 木本昌秀
    日本気象学会2008年春季大会 2008年
  • Diurnal convective activity over Tibetan plateau in the global cloud-resolving model, NICAM  [通常講演]
    Sato, T., H. Miura, M. Satoh
    XXIV IUGG General Assembly 2007年
  • Numerical study on the arid climate formation in middle latitude Asia  [招待講演]
    Sato, T.
    RACHAD 2006 workshop 2006年
  • 関東地方南部における降水系の強化と都市の関係  [通常講演]
    佐藤友徳, 寺島司, 井上忠雄, 木村富士男
    日本気象学会2006年春季大会 2006年
  • Diurnal cycle of precipitable water vapor and convective instability around the central mountains in Japan during August 2000  [通常講演]
    Sato, T. and F. Kimura
    IAMAS 2005 scientific assembly 2005年
  • Role of mountains on the formation of the arid climate in northwestern China  [通常講演]
    Sato, T. and F. Kimura
    IAMAS 2005 scientific assembly 2005年
  • 領域気候モデルを用いたモンゴル東部における大気水収支解析   [通常講演]
    佐藤友徳, 辻村真貴,木村富士男,佐々木リサ,杉本敦子,山中勤
    地球惑星科学関連学会2004年合同大会 2004年
  • 一般風と山谷風による水蒸気輸送の2次元数値シミュレーション  [通常講演]
    佐藤友徳, 木村富士男
    2001年日本気象学会春季大会 2001年

その他活動・業績

競争的資金等の研究課題

  • ①信頼度の高い近未来予測技術開発, ②超高解像度ダウンスケーリグ技術の開発
    文部科学省:気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)
    研究期間 : 2015年 -2019年 
    代表者 : 木村 富士男, 石川 洋一
  • 北極域環境における多圏相互作用の実態解明と気候予測への応用
    文部科学省:北極域研究推進プロジェクト【環境技術等開発事業費補助金】 ArCS
    研究期間 : 2015年 -2019年 
    代表者 : 深澤 理郎
  • 日本学術振興会:科学研究費補助金 (若手研究A)
    研究期間 : 2015年 -2018年 
    代表者 : 佐藤 友徳
  • 超高解像度観測と数値モデルによる大雪や突風をもたらす降雪雲の動態に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費補助金 (基盤研究A)
    研究期間 : 2014年 -2016年 
    代表者 : 山田 芳則
  • 北極気候変動分野「急変する北極気候システム及びその全球的な影響の総合的解明」北極温暖化のメカニズムと全球気候への影響:大気プロセスの包括的研究
    文部科学省:グリーン・ネットワーク・オブ・エクセレンス(GRENE)事業 
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 浮田 甚郎
  • 確率モデリングによる境界永久凍土分布図の作成
    日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究C)
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 石川 守
  • 気候系のhot spot: 熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動, 大気・海洋・海氷相互作用系の変動による北日本の冬季降水への影響
    日本学術振興会:科学研究費補助金 新学術領域 公募研究
    研究期間 : 2013年 -2014年 
    代表者 : 中村 尚
  • 気候変動適応研究推進プログラム, 北海道を対象とする総合的ダウンスケール手法の開発と適用
    文部科学省:気候変動適応研究推進プログラム
    研究期間 : 2010年 -2014年 
    代表者 : 三村 信男
  • S-8 温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究, S-8-1(2)温暖化ダウンスケーラの開発とその実用化, S-8-1(2)③影響評価研究者および政策担当者との連携とダウンスケーラの有用性の評価
    環境省:環境研究総合推進費
    研究期間 : 2010年 -2014年 
    代表者 : 三村 信男
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究B)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 安成 哲三
  • 土地利用変化と地球温暖化による北東アジアの気候変動予測の数値実験
    日本学術振興会:優秀若手研究者海外派遣制度
    研究期間 : 2010年03月 -2010年06月 
    代表者 : 佐藤 友徳
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究スタートアップ)
    研究期間 : 2008年 -2009年 
    代表者 : 佐藤 友徳
  • 日本学術振興会:科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
    研究期間 : 2006年04月 -2007年11月 
    代表者 : 佐藤 友徳

教育活動情報

主要な担当授業

  • 水循環学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 水循環, 気候学, 気象学, 水文学, 人間活動 Hydrological cycle, Climatology, Meteorology, Hydrology, Human activities
  • 気候変動影響特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : Climate change; Global warming; Risks, impacts and adaptation; Extreme weather events; Carbon cycle; Ecosystems; Water resources; Agriculture
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : field observation, taiga, carbon, water, vegetation, culture, Russia
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):RJE3
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 野外観測、タイガ、永久凍土、環境、文化
  • 自然環境学総論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 生態系、環境、気候、物質循環、モデル ecosystem, environment, climate, material cycling, model
  • 統合自然環境調査法実習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 同定、植物種、動物種、気象 Identification, plant species, animal species, climate


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.