研究者データベース

近藤 智彦(コンドウ トモヒコ)
文学研究院 人文学部門 哲学宗教学分野
准教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人文学部門 哲学宗教学分野

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(文学)(東京大学大学院文学研究科)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 30422380

ORCID ID

Researcher ID

  • D-5764-2012

J-Global ID

研究分野

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 / 西洋古典学(ギリシア・ローマ古典)
  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / 倫理学
  • 人文・社会 / 思想史 / 西洋古典受容(ギリシア・ローマ古典受容)
  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / 西洋古代哲学(古代ギリシア・ローマ哲学)

職歴

  • 2019年04月 - 現在 北海道大学 大学院文学研究院 准教授
  • 2019年09月 - 2020年09月 ユトレヒト大学 人文学部哲学宗教学部門 客員研究員
  • 2011年04月 - 2019年03月 北海道大学 大学院文学研究科 准教授
  • 2013年04月 - 2013年09月 京都大学文学部・大学院文学研究科 非常勤講師(集中講義)
  • 2012年04月 - 2012年09月 秋田大学教育文化学部 非常勤講師(集中講義)
  • 2011年04月 - 2011年09月 秋田大学教育文化学部 非常勤講師(集中講義)
  • 2007年04月 - 2011年03月 秋田大学教育文化学部 講師
  • 2009年10月 - 2010年03月 放送大学秋田学習センター 非常勤講師(面接授業)
  • 2009年04月 - 2009年09月 日本赤十字秋田看護大学 非常勤講師(哲学)
  • 2008年10月 - 2009年03月 放送大学秋田学習センター 非常勤講師(面接授業)
  • 2006年04月 - 2007年03月 慶応義塾志木高等学校 非常勤講師(総合的な学習の時間・語学課外講座「古典ギリシア語」)
  • 2005年04月 - 2007年03月 東京大学21世紀COE「共生のための国際哲学交流センター(UTCP)」 研究拠点形成特任研究員
  • 2004年04月 - 2007年03月 麗澤大学外国語学部 非常勤講師(ギリシア語・ラテン語)
  • 2004年10月 - 2005年09月 埼玉大学教養学部 非常勤講師(思想史特殊講義・哲学特殊講義)

学歴

  •         - 2008年09月   東京大学   大学院人文社会系研究科   博士(文学)
  • 2001年04月 - 2005年03月   東京大学   大学院人文社会系研究科基礎文化研究(哲学専門分野)   博士課程[2005年3月退学、2008年9月修了]
  • 1999年04月 - 2001年03月   東京大学   大学院人文社会系研究科基礎文化研究(哲学専門分野)   修士課程
  • 1997年04月 - 1999年03月   東京大学   文学部   言語文化学科(西洋古典学専修課程)

所属学協会

  • 中世哲学会   哲学会   北海道大学哲学会   東北哲学会   北海道哲学会   古代哲学会   ギリシャ哲学セミナー   古典文献学研究会(フィロロギカ)   新プラトン主義協会   International Plato Society   日本西洋古典学会   日本哲学会   日本倫理学会   

研究活動情報

論文

  • Tomohiko Kondo
    Proceedings of the XXIII World Congress of Philosophy 2 3 43 - 49 2018年06月 [査読有り][通常論文]
  • 近藤智彦
    社会と倫理(南山大学社会倫理研究所編) 32 15 - 29 2017年11月 [査読無し][招待有り]
  • 近藤智彦
    ギリシャ哲学セミナー論集 14 1 - 18 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • 近藤智彦
    哲学の探求(哲学若手研究者フォーラム) 42 2 - 23 2015年04月 [査読無し][招待有り]
     
    (英語による改訂版がAndrea Altobrando, Takuya Niikawa, Richard Stone (eds.), 2018, 167-183に収録)
  • 近藤智彦
    ギリシャ哲学セミナー論集 8 25 - 37 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    (本論文に部分的に依拠した英語による論文がYosef Z. Liebersohn, Ivor Ludlam, Amos Edelheit (eds.), 2017, 177-191に収録)
    (改訂版のルーマニア語訳がShunzo Majima, Emanuel-Mihail Socaciu (eds.), 2013, 107-126に収録)
  • 自由意志と目的論の帰趨――ストア派とスピノザ――
    近藤智彦
    スピノザーナ:スピノザ協会年報 10 (2009/2010) 55 - 79 2010年04月 [査読無し][招待有り]
  • 近藤智彦
    新プラトン主義研究 9 5 - 25 2009年08月 [査読有り][通常論文]
  • 近藤智彦
    東北哲学会年報 24 1 - 14 2008年04月 [査読有り][通常論文]
  • キケロ『運命について』における論理的決定論と因果的決定論の分離─カルネアデスの議論か?─
    近藤智彦
    フィロロギカ―古典文献学のために 2 55 - 71 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 脳神経科学からの自由意志論――リベットの実験とその解釈を中心に――
    近藤智彦
    UTCP研究論集 8 99 - 108 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    (改訂版が「脳神経科学からの自由意志論――リベットの実験から」として信原幸弘・原塑編『脳神経倫理学の展望』勁草書房,2008,229-254に再録)
  • カルネアデスによる運命論批判――キケロ『運命について』から――
    近藤智彦
    哲学雑誌 121 793 198 - 214 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 決定論と自由意志――古代と現代――
    近藤智彦
    UTCP研究論集 7 35 - 46 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 「運命愛」はストア的か?
    近藤智彦
    思想 971 2005.3 128 - 148 2005年 [査読無し][通常論文]
  • アリストテレスにおける行為と性向の「本意」「不本意」
    近藤智彦
    東京大学大学院人文社会系研究科・文学部哲学研究室論集 22 2003年度 189 - 205 2004年 [査読無し][通常論文]
  • エピクロス,ルクレティウスにおける「原子の逸れ」と「意志」
    近藤智彦
    東京大学大学院人文社会系研究科・文学部哲学研究室論集 21 2002年度 167 - 183 2003年 [査読無し][通常論文]
  • ストア派における運命と人間の行為―クリュシッポスの議論を中心に―
    近藤智彦
    東京大学大学院人文社会系研究科・文学部哲学研究室論集 20 2001年度 305 - 319 2002年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 藤花のたわむれ――久保正彰先生の卒寿を祝して――I 久保正彰先生卒寿記念論集
    葛西康徳編 (担当:分担執筆範囲:「ライオスへの予言をめぐって――ストア派と中期プラトン主義の運命論――」(177-204))
    Bibliotheca Wisteriana 2020年10月
  • 伊藤邦武、山内志朗、中島隆博、納富信留編 (担当:分担執筆範囲:「ローマに入った哲学」(37-62))
    筑摩書房 2020年02月 (ISBN: 9784480072924)
  • 『英雄伝』の挑戦――新たなプルタルコス像に迫る
    小池登, 佐藤昇, 木原志乃編 (担当:分担執筆範囲:「〈受容〉する女性――プルタルコスの女性論・結婚論の哲学的背景」(133-160))
    京都大学学術出版会 2019年02月 (ISBN: 9784814001989)
  • The Realizations of the Self
    Andrea Altobrando, Takuya Niikawa, Richard Stone (担当:分担執筆範囲:'Stoic happiness as self-activity' (167-183))
    Palgrave Macmillan 2018年11月 (ISBN: 9783319946993) 
    (「ストア派は内面的な幸福を説いたか?」『哲学の探求』(哲学若手研究者フォーラム)42 (2015), 2-23に部分的に依拠)
  • 恋する人間――人文学からのアプローチ〈北大文学研究科ライブラリ16〉
    鈴木幸人編著 (担当:分担執筆範囲:「第9章:恋と愛の形而上学――プラトンから考える」(245-272))
    北海道大学出版会 2018年06月 (ISBN: 9784832934023)
  • メルロ=ポンティ哲学者事典 第一巻:東洋と哲学・哲学の創始者たち・キリスト教と哲学
    加賀野井秀一, 伊藤泰雄, 本郷均, 加國尚志監訳 (担当:分担執筆範囲:「補記(ヘレニズム・ローマ期)」(289-294))
    白水社 2017年07月 (ISBN: 9784560093115)
  • For a Skeptical Peripatetic: Festschrift in Honour of John Glucker (Studies in Ancient Moral and Political Philosophy, vol. 3)
    Yosef Z. Liebersohn, Ivor Ludlam, Amos Edelheit (担当:分担執筆範囲:'Plato against Plato? Carneades’ anti-Stoic strategy' (177-191))
    Academia Verlag 2017年05月 (ISBN: 9783896657077) 
    (「カルネアデスの反正義論の射程」『ギリシャ哲学セミナー論集』8 (2011), 25-37に部分的に依拠)
  • 愛―結婚は愛のあかし?―(愛・性・家族の哲学 第1巻)
    藤田尚志, 宮野真生子編 (担当:分担執筆範囲:「第1章:古代ギリシア・ローマの哲学における愛と結婚―プラトンからムソニウス・ルフスへ―」(2-35))
    ナカニシヤ出版 2016年04月 (ISBN: 9784779510083)
  • 新プラトン主義を学ぶ人のために
    水地宗明, 山口義久, 堀江聡編 (担当:分担執筆範囲:【解説】「展開δ ストア哲学」(146-151))
    世界思想社 2014年05月 (ISBN: 9784790716242)
  • アリストテレス全集1
    内山勝利, 神崎繁, 中畑正志編 (担当:共訳範囲:【翻訳】「アリストテレス諸伝(ディオゲネス・ラエルティオス、ヘシュキオス、サン・マルコ図書館所蔵写本)」(191-245、解説323-329))
    岩波書店 2013年10月 (ISBN: 9784000927710) 
    [正誤表]https://researchmap.jp/blogs/blog_entries/view/86430/d4460b3ec88cd31c345b9e3e2dd291cf?frame_id=626000
  • Dialogues on Plato's Politeia (Republic): Selected Papers from the Ninth Symposium Platonicum
    Noburu Notomi, Luc Brisson (担当:分担執筆範囲:‘Chrysippus’ criticism of the theory of justice in Plato’s Republic’ (366-370))
    Academia Verlag 2013年03月 (ISBN: 9783896655387) 
    (International Plato Society, IX Symposium Platonicum, Plato’s Politeia, Keio University, Tokyo, 2-7, August, 2010, Proceedings Vol. 2 (2010), 54-58の改訂版)
  • Filosofia japoneză azi
    Shunzo Majima, Emanuel-Mihail Socaciu (担当:分担執筆範囲:【論文】‘Scândura lui Carneade’ (translated into Romanian by Marina Țicmeanu) (107-126))
    Editura Universităţii din București 2013年 (ISBN: 9786061603107) 
    (「カルネアデスの反正義論の射程」『ギリシャ哲学セミナー論集』8 (2011), 25-37の改訂版のルーマニア語訳)
  • 科学・技術・倫理百科事典
    科学・技術, 倫理百科事典翻訳編集委員会 (担当:共訳範囲:【項目】「キケロの信条」(496-497)、「ユートピアと反理想郷」(2264-2267))
    丸善 2012年01月 (ISBN: 9784621083871)
  • 西洋哲学史II――「知」の変貌・「信」の階梯
    神崎繁, 熊野純彦, 鈴木泉編 (担当:分担執筆範囲:【解説】「ヘレニズム哲学」(33-95))
    講談社選書メチエ 2011年12月 (ISBN: 9784062585156)
  • 自由と行為の哲学
    門脇俊介, 野矢茂樹編, 監修 (担当:共訳範囲:【翻訳】ハリー・G・フランクファート「意志の自由と人格という概念」(99-127))
    春秋社 2010年08月 (ISBN: 9784393323243)
  • 西洋古典学の明日へ――逸身喜一郎教授退職記念論文集――
    大芝芳弘, 小池登編 (担当:分担執筆範囲:【論文】「ストア派の「運命」概念の起源を辿る」(215-233))
    知泉書館 2010年04月 (ISBN: 9784862850805)
  • 脳神経倫理学の展望
    信原幸弘, 原塑編 (担当:分担執筆範囲:【論文】「脳神経科学からの自由意志論――リベットの実験から」(229-254))
    勁草書房 2008年08月 (ISBN: 9784326153978) 
    (「脳神経科学からの自由意志論――リベットの実験とその解釈を中心に――」『UTCP研究論集』8 (2007), 99-108の改訂版)
  • ドゥルーズ/ガタリの現在
    小泉義之, 鈴木泉, 檜垣立哉編 (担当:分担執筆範囲:【論文】「「出来事」の倫理としての「運命愛」――ドゥルーズ『意味の論理学』におけるストア派解釈」(41-57))
    平凡社 2008年01月 (ISBN: 9784582702736)
  • 現代倫理学事典
    大庭健編集代表 (担当:分担執筆範囲:【項目】「エピクテトス」(82))
    弘文堂 2006年12月 (ISBN: 9784335160400)

講演・口頭発表等

  • ムソニウス・ルフスとアレクサンドリアのクレメンス『パイダゴーゴス』におけるプラトン『法律』の利用をめぐって  [通常講演]
    近藤智彦
    第19回フィロロギカ研究集会(古典文献学研究会)(オンライン) 2020年10月 口頭発表(一般)
  • Plato’s Laws in Musonius Rufus and Clement of Alexandria  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    Middle Platonism and its Literary Reflections (Online, Freiburg im Breisgau) 2020年07月 口頭発表(一般)
  • Alexander of Aphrodisias’ «De fato»: Problems of coherence reconsidered  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    Dottorato di ricerca in Filosofia, Corso specialistico “Ricerche di filosofia antica e medievale”: Critical Perspectives on Alexander of Aphrodisias (Online, Università degli Studi di Padova, Dipartimento di Filosofia, Sociologia, Pedagogia e Psicologia Applicata) 2020年03月 口頭発表(一般)
  • The Hymn to Apollo arranged for traditional Japanese gagaku instruments  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    Présences de l'Antiquité classique dans le Japon contemporain (Université d'Orléans) 2019年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • The principle of ‘doing one’s own’ in the Platonic-Stoic tradition  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    Colloquium Geschiedenis van de Filosofie, Utrecht University 2019年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • The Hymn to Apollo arranged for traditional Japanese gagaku instruments  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    FIEC / CA 2019 (15th Congress of the Fédération internationale des associations d’études classiques / Classical Association annual conference 2019) 2019年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 
    Panel Session: We Are the Greeks/Romans: “Anatopistic” Classical Receptions in Modern Japan (Organiser and Chair: Tomohiko Kondo, Other Panelists: Yasuhiro Katsumata, Saiichiro Nakatani, Luciana Cardi)
  • 川本愛『コスモポリタニズムの起源―初期ストア派の政治哲学』(京都大学学術出版会、2019)書評会  [通常講演]
    著者, 川本愛 コメント, 安田将, 稲村一隆, 兼利琢也, 司会, 近藤智彦
    (早稲田大学早稲田キャンパス) 2019年05月 その他
  • The Hymn to Apollo arranged for traditional Japanese gagaku instruments  [通常講演]
    近藤智彦
    ワークショップ「日本における西洋古典受容」(慶應義塾大学日吉キャンパス) 2019年05月 その他
  • ワークショップ「アリストテレス倫理学における「自然主義」再考」  [通常講演]
    実施責任者, 近藤智彦, 提題者, 高橋祥吾, 茶谷直人, 佐良土茂樹
    日本倫理学会第69回大会(玉川大学) 2018年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 自己に対する関係の変容?  [通常講演]
    近藤智彦
    共同研究「フーコー研究―人文科学の再批判と新展開」公開研究会 Histoire de la sexualité 4 Les aveux de la chair (『性の歴史4 肉の告白』)を読む(ゲスト:慎改康之、近藤智彦 報告:相澤伸依、立木康介)(京都大学人文科学研究所) 2018年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • The principle of 'doing one's own' after Plato  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    XXIV World Congress of Philosophy, Beijing, Panel Session Organized by the International Society: Plato and Learning to Be Human (Moderator: Yuji Kurihara; Panelist: Teng He, Pauline Sabrier, Hyun Höchsmann, Tomohiko Kondo) 2018年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 『新哲学対話』はプラトン的か  [通常講演]
    近藤智彦
    岡山大学文学部主催講演会(協賛 瀬戸内哲学研究会)「日常に根ざした言葉で哲学をするということ:飯田隆『新哲学対話』(筑摩書店、2017年)をめぐって」(登壇者:飯田隆、森功次、植村玄輝、近藤智彦)(岡山大学津島キャンパス) 2018年07月 その他
  • The principle of 'doing one's own' in the Platonic-Stoic tradition  [招待講演]
    Tomohiko Kondo
    International Symposium: Plato, his Dialogues and Legacy, Bar Ilan University, 5-6 June 2018 2018年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • アレクサンドロスの自由意志論はどうして評判が悪いのか  [通常講演]
    近藤智彦
    第8回PAP研「哲学史の隠れた鍵としてのアフロディシアスのアレクサンドロス」(東洋大学白山キャンパス) 2018年03月 口頭発表(一般)
  • ディオゲネス・ラエルティオスにおける異伝導入のἤについて  [通常講演]
    近藤智彦
    第16回フィロロギカ研究集会(成城大学) 2017年10月 口頭発表(一般)
  • 近藤智彦
    平成29年度北海道大学大学院文学研究科・文学部公開講座「恋する人間」第6回 2017年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Between the self-caused and the uncaused: the "free-will" problem in Hellenistic philosophy  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    International Conference: Self Between Consciousness and Non-being, Hokkaido University 2017年05月 口頭発表(一般)
  • 誰がライオスの運命を弄んだのか―ストア派と中期プラトン主義の運命論―  [通常講演]
    近藤智彦
    2014~2016年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金 基盤研究(C))による研究「ガイウス学派におけるプラトン解釈およびその自然観の解体と再生」(研究代表者:金澤修 研究分担者:小島和男)講演及び研究会(学習院大学) 2017年03月 その他
  • 運と幸福――ストア派・アンティオコス・キケロ  [通常講演]
    近藤智彦
    日本倫理学会第67回大会(早稲田大学)主題別討議「倫理学における運の役割」(実施責任者:奥田太郎 提題者:古田徹也・近藤智彦・井上彰 討論者:木元麻里) 2016年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 活動としてのテオーリアー―アリストテレスからキケロへ―  [通常講演]
    近藤智彦
    ギリシャ哲学セミナー・第20回共同研究セミナー「哲学のすすめ(Protreptikos)」(国際基督教大学) 2016年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • トークショー「愛の〈ぶっとんだ〉思想史――プラトン・フーリエ・平塚らいてう――」  [通常講演]
    近藤智彦(プラトン, 藤田尚志(フーリエ, 宮野真生子, 平塚らいてう
    シリーズ「愛・性・家族の哲学」刊行記念(紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン) 2016年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 主催:ナカニシヤ出版
  • 古代ギリシア・ローマの哲学における愛(エロース)―プラトニック・ラブから夫婦愛へ?―  [通常講演]
    近藤智彦
    ワークショップ《愛のかたちはいつも同じ?―古代から現代を照らしだす―》(九州産業大学)(発表:近藤智彦・藤村安芸子、主催・司会:藤田尚志・宮野真生子) 2015年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Stoic eudaimonia as active self-realization  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    International Conference: Self and (Its) Realization(s), Hokkaido University 2015年05月 口頭発表(一般)
  • Happiness from within?: Stoic eudaimonism reconsidered  [招待講演]
    Tomohiko Kondo
    The Cohn Institute for the History and Philosophy of Science and Ideas, Tel Aviv University 2015年05月
  • Stoic freedom and Plato's Republic  [招待講演]
    Tomohiko Kondo
    The Department of Classics, Tel Aviv University 2015年04月
  • Stoic freedom and Plato's Republic  [招待講演]
    Tomohiko Kondo
    The Department of Classics, The Hebrew University of Jerusalem 2015年04月
  • 近藤智彦
    2014年度哲学若手研究者フォーラム(早稲田奉仕園)テーマレクチャー「幸福と人生」(レクチャー:江口聡・近藤智彦) 2014年07月
  • 近藤智彦
    ネットワーク日本哲学第二回研究会(京都大学)プログラム『自由と意志』(発表:近藤智彦・中嶋優太) 2013年12月
  • The birth of Stoic freedom from Plato’s Republic  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    XXIII World Congress of Philosophy, Athens, 4-10 August 2013 2013年08月 口頭発表(一般)
  • 話し手, 近藤智彦, 聞き手, 池田誠
    第10回北大人文学カフェ(紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン) 2013年03月
  • 行為の生における幸福の可能性――ストア哲学からの接近  [通常講演]
    近藤智彦
    哲学会第51回研究発表大会(東京大学)ワークショップ「生の目的と幸福について」(司会:古荘真敬 提題:池田喬・近藤智彦) 2012年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 
    (当日の報告:古荘真敬「ワークショップ報告:生の目的と幸福について」『哲学雑誌』128(800) (2013), 152-154)
  • The invention of Stoic freedom: Chrysippus’ appropriation of Plato’s Republic  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    Freedom and the State: Plato and the Classical Tradition, Oxford University 2012年08月 口頭発表(一般) Jointly sponsored by Corpus Christi College Centre for the Study of Greek and Roman Antiquity and JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Project: Comprehensive Study on Interpretations and Receptions of Plato’s Theory of Justice
  • ストア派の「自由」概念とプラトン『国家』  [通常講演]
    近藤智彦
    北海道哲学会2012(平成24)年度前期研究発表会(札幌国際大学) 2012年07月 口頭発表(一般)
  • On the Plank of Carneades  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    Global COE - CARLS International Symposium: Philosophy and Rhetoric in Ancient Greece and Rome, Keio University 2011年02月 口頭発表(一般)
  • カルネアデスの反正義論の射程  [通常講演]
    近藤智彦
    ギリシャ哲学セミナー・第14回共同研究セミナー「ヘレニズムの哲学」(中央大学) 2010年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Chrysippus’ criticism of the theory of justice in Plato’s Republic  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    International Plato Society, IX Symposium Platonicum: Plato’s Politeia, Keio University, Tokyo, 2–7 August, 2010 2010年08月 口頭発表(一般)
  • Chrysippus’ reading of Plato’s Republic  [通常講演]
    Tomohiko Kondo
    6th International Colloquium on the Greco-Roman Studies - Seoul 2010: “Plato’s Republic” 2010年02月 口頭発表(一般)
  • ストア派の三つの顔  [通常講演]
    近藤智彦
    日本倫理学会第60回大会(南山大学)主題別討議「自由意志の可能性」(実施責任者:宇佐美公生 提題者:近藤智彦・柴田正良・美濃正) 2009年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 自由意志と目的論の帰趨――ストア哲学のスピノザ的解釈の可能性  [通常講演]
    近藤智彦
    スピノザ協会第20回総会(明治大学) 2009年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 運命と「自由意志」――ストア哲学と新プラトン主義の間――  [通常講演]
    近藤智彦
    第15回新プラトン主義協会大会(法政大学)シンポジウム「ストア哲学と新プラトン主義」 2008年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • アフロディシアスのアレクサンドロスによる運命論はどこまでアリストテレス的か?  [通常講演]
    近藤智彦
    東北哲学会第57回大会(東北大学) 2007年10月 口頭発表(一般)
  • キケロ『運命について』における論理的決定論と因果的決定論の分離――カルネアデスの議論か?――  [通常講演]
    近藤智彦
    第5回古典文献学研究会<フィロロギカ>(国際基督教大学) 2006年10月 口頭発表(一般)
  • ストア派クリュシッポスによるプラトン『国家』批判  [通常講演]
    近藤智彦
    慶應義塾大学21世紀COE「心の統合的研究センター」比較心性史グループ研究会「プラトン「魂」研究の現状」(慶應義塾大学) 2006年03月 口頭発表(一般)
  • 懐疑論と運命論――カルネアデスの議論を中心に――  [通常講演]
    近藤智彦
    哲学会カント・アーベント(東京大学) 2005年04月 口頭発表(一般)
  • アフロディシアスのアレクサンドロスによる運命論批判――理性と性向――  [通常講演]
    近藤智彦
    日本哲学会第63回大会(南山大学) 2004年05月 口頭発表(一般)
  • 「性同一性障害」をめぐる「応用倫理」的考察  [通常講演]
    近藤智彦
    東京大学大学院人文社会系研究科哲学研究室第八回応用倫理勉強会(東京大学) 2003年12月 口頭発表(一般)
  • ストア派の運命論・もう一つの側面――Susanne Bobzien, Determinism and Freedom in Stoic Philosophyの批判を通して――  [通常講演]
    近藤智彦
    第43回ギリシア哲学研究会(中央大学駿河台記念館) 2003年03月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

  • 海外雑誌論文紹介[5篇(44, 55-57頁)の紹介を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 52 2020年06月 [査読無し][通常論文]
  • 書評会ノート:川本愛『コスモポリタニズムの起源――初期ストア派の政治哲学』(京都大学学術出版会、2019)
    川本愛, 安田将, 稲村一隆, 兼利琢也, 近藤智彦 西洋古典研究会論集 28 85 -127 2019年08月 [査読無し][通常論文]
  • 【書評】ジュリア・アナス著、相澤康隆訳『徳は知なり:幸福に生きるための倫理学』(春秋社、2019)
    近藤智彦 図書新聞 (3409) 4 2019年07月 [査読無し][招待有り]
  • 海外雑誌論文紹介[4篇(72-73頁)の紹介を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 51 2019年06月 [査読無し][通常論文]
  • 近藤智彦 邂逅(岡山大学哲学倫理学会年報) (33) 31 -41 2019年03月 [査読無し][招待有り]
     
    《特集 飯田隆『新哲学対話』(筑摩書房、2017年)をめぐって》所収
  • 海外雑誌論文紹介[5篇(107-110, 113頁)の紹介を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 50 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 【短文】プラトンをめぐる争い――クリュシッポスとプルタルコス
    近藤智彦 西洋古典叢書月報(三浦要・中村健・和田利博訳『プルタルコス:モラリア12』京都大学学術出版会) 132 2 -5 2018年03月 [査読無し][招待有り]
  • 海外雑誌論文紹介[5篇(68, 69, 71頁)の紹介を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 49 2017年05月 [査読無し][通常論文]
     
    誤記:68頁 Bown AGP 98 (2016)とBown P 61 (2016)の論文紹介は逆
  • 運と幸福――ストア派・アンティオコス・キケロ(日本倫理学会第67回大会・主題別討議報告「倫理学における運の役割」実施責任者・奥田太郎)
    近藤智彦 倫理学年報 66 55 -58 2017年03月 [査読無し][招待有り]
  • 近藤智彦 北海道大学文学研究科紀要 (151) 左1 -左47 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     
    正誤表:http://researchmap.jp/joxo7chp5-1860207/#_1860207
  • 【書評】太田紘史編『モラル・サイコロジー:心と行動から探る倫理学』(春秋社、2016)
    近藤智彦 図書新聞 (3278) 5 2016年11月 [査読無し][招待有り]
  • 海外雑誌論文紹介[5篇(60, 67-69頁)の紹介を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 48 2016年 [査読無し][通常論文]
  • 近藤智彦 西洋古典学研究 64 170 -173 2016年 [査読無し][招待有り]
  • 海外雑誌論文紹介[5篇(57, 64, 68-69, 70頁)の紹介を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 47 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 近藤智彦 北海道大学文学研究科紀要 (145) 左1 -左32 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 海外雑誌論文紹介[5篇の紹介(59-60, 66, 69, 74, 77頁)を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 46 2014年 [査読無し][通常論文]
  • 近藤智彦, 杉山和希 北海道大学文学研究科紀要 (142) 左1 -左32 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    正誤表:http://researchmap.jp/joxo7chp5-1860207/#_1860207
  • 海外雑誌論文紹介[5篇の紹介(76, 77, 78, 79頁)を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 45 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 【書評】納富信留『プラトン 理想国の現在』(慶應義塾大学出版会、2012)
    近藤智彦 図書新聞 (3084) 4 2012年 [査読無し][招待有り]
  • 【翻訳】プロクロス『摂理、運命と自由について』(後)
    近藤智彦, 田子多津子 新プラトン主義研究 (11) 137 -163 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 海外雑誌論文紹介[5篇の紹介(95, 96, 97, 99, 100頁)を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 44 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 海外雑誌論文紹介[5篇の紹介(69-74)を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 43 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 【翻訳】マリオ・ヴェジェッティ「プラトン政治哲学の今日」(『天上に掲げられたモデル――アリストテレスから20世紀までのプラトン政治哲学――』第十章)」
    近藤智彦, 西村洋平, 納富信留 プラトン『国家』の読み方――マリオ・ヴェジェッティ教授論文集(国際プラトン学会) 19 -24 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • Hymn to Apollo in gagaku and Plato’s Politeia
    KONDO Tomohiko International Plato Society, IX Symposium Platonicum, Plato’s Politeia, Keio University, Tokyo, 2-7, August, 2010, Proceedings Vol. 1 xiv -xv 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • Chrysippus’ criticism of the theory of justice in Plato’s Republic
    Tomohiko Kondo International Plato Society, IX Symposium Platonicum, Plato’s Politeia, Keio University, Tokyo, 2-7, August, 2010, Proceedings Vol. 2 54 -58 2010年08月 [査読無し][通常論文]
     
    (改訂版がNoburu Notomi & Luc Brisson (eds.), Dialogues on Plato's Politeia (Republic): Selected Papers from the Ninth Symposium Platonicum, Academia Verlag, 2013, 366-370に再録)
  • ストア派の三つの顔(日本倫理学会第60回大会・主題別討議報告「自由意志の可能性」実施責任者・宇佐美公生)
    近藤智彦 倫理学年報 59 48 -51 2010年 [査読無し][招待有り]
  • 近藤智彦, 田子多津子 新プラトン主義研究 10 113 -139 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 海外雑誌論文紹介[5篇の紹介(86, 88, 97-8)を担当]
    近藤智彦 METHODOS:古代哲学研究 42 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 日高水穂, 石沢真貴, 近藤智彦 秋田大学教育文化学部研究紀要:人文科学・社会科学 64 51 -61 2009年03月 [査読無し][通常論文]
     
    (改訂版が日高水穂『秋田県民は本当に〈ええふりこぎ〉か』無明舎出版,2011,11-42に再録)
  • 「今を生きる」ヘレニズム哲学
    近藤智彦 創文 517 6 -9 2009年 [査読無し][招待有り]
  • 運命論と決定論――ストア派・ライプニッツ・ラプラス――
    近藤智彦 創文 500 13 -16 2007年 [査読無し][招待有り]
  • 【翻訳・解説】エピクロス派ディオゲニアノスによるストア派クリュシッポスの運命論に対する批判――『運命について』断片(エウセビオス『福音の準備』IV.3,VI.8)解説・翻訳――
    近藤智彦 麗澤大学紀要 82 319 -347 2006年 [査読無し][通常論文]
  • ホラティウス『書簡詩』第1巻における哲学・再考
    近藤智彦 『古典古代史の近年の動向に対応したギリシャ・ローマ思想史ならびに文学史の書きかえ』平成14年度~17年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書(研究代表者:逸身喜一郎) 89 -106 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 【翻訳・解説】「堆積の議論(sorites)」について ディオゲネス・ラエルティオス,ガレノス,キケロ
    近藤智彦 東京大学大学院人文社会系研究科・哲学研究室 哲学研究論集 2 165 -175 2005年03月 [査読無し][通常論文]
  • 近藤智彦 西洋古典学研究 52 144 -147 2004年 [査読無し][招待有り]
  • 【書評】S. Bobzien, Determinism and Freedom in Stoic Philosophy (Oxford, 1998)
    近藤智彦 麗澤大学紀要 79 261 -266 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「哲学」する詩人の装い――ホラーティウス『書簡詩』第1巻――
    近藤智彦 『古典後期エポスの伝統受容ならびに特殊性の研究(研究課題番号10610530)』平成10年度~13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書(研究代表者 逸身喜一郎) 59 -65 2002年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 古代中世哲学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 古代中世哲学、ギリシア・ローマ哲学、政治思想
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 古代中世哲学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 古代中世哲学、ギリシア・ローマ哲学、古代ギリシア語、ラテン語
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 古代中世哲学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 古代中世哲学、ギリシア・ローマ哲学、政治思想
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
  • 古代中世哲学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 古代中世哲学、ギリシア・ローマ哲学、古代ギリシア語、ラテン語
  • 倫理学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 哲学・倫理学、西洋思想史、性/愛、セックス、ジェンダー、セクシュアリティ
  • 倫理学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 哲学・倫理学、ラテン語、古代、中世、近世
  • 思索と言語
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 古代ギリシア・ローマ、西洋古典、人文学、哲学・思想、歴史、文学、芸術
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 哲学・倫理学、西洋思想史、性/愛、セックス、ジェンダー、セクシュアリティ
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 哲学・倫理学、ラテン語、古代、中世、近世
  • 哲学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 西洋哲学史、哲学・倫理学、思想史
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 西洋哲学史、哲学・倫理学、思想史

大学運営

委員歴

  • 2021年04月 - 現在   北海道大学大学院文学研究院応用倫理・応用哲学研究教育センター   事務局長
  • 2013年04月 - 現在   日本西洋古典学会   委員
  • 2012年06月 - 現在   日本西洋古典学会   書評委員
  • 2021年04月 - 2023年03月   日本倫理学会   第36期評議員
  • 2018年06月 - 2021年05月   日本哲学会   編集委員(和文誌)
  • 2020年11月 - 2021年03月   北海道大学大学院文学研究院応用倫理・応用哲学研究教育センター   運営委員
  • 2019年04月 - 2019年09月   北海道大学大学院文学研究院応用倫理・応用哲学研究教育センター   運営委員
  • 2017年09月 - 2019年09月   ギリシャ哲学セミナー   運営委員
  • 2018年04月 - 2019年03月   北海道大学大学院文学研究科応用倫理・応用哲学研究教育センター   事務局長
  • 2016年09月 - 2018年09月   新プラトン主義協会   理事
  • 2016年09月 - 2018年08月   日本倫理学会   年報編集委員・和辻賞選考委員
  • 2016年07月 - 2018年07月   北海道大学哲学会   運営委員
  • 2011年04月 - 2018年03月   北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター   運営委員
  • 2015年07月 - 2017年07月   北海道哲学会   幹事
  • 2010年09月 - 2014年09月   新プラトン主義協会   理事(運営委員から改称)   新プラトン主義協会
  • 2011年07月 - 2013年07月   北海道大学哲学会   運営委員
  • 2011年09月 - 2013年03月   新プラトン主義協会   会誌編集責任者
  • 2009年04月 - 2012年02月   独立行政法人大学入試センター   教科科目第一委員会委員
  • 2008年10月 - 2011年03月   秋田大学医学部付属病院医薬品等受託研究審査委員会   委員

社会貢献活動

  • 期間 : 2018年10月08日
    役割 : 司会
    主催者・発行元 : 北海道大学大学院文学研究科応用倫理・応用哲学研究教育センター主催
     北海道大学文系共同講義棟2階8番教室 講演:鈴木賢・清水晶子・石田仁 企画・司会:近藤智彦・斉藤巧弥・満島てる子 (記録冊子:北海道大学大学院文学研究科応用倫理・応用哲学研究教育センター『公開シンポジウム「『LGBT』はどうつながってきたのか?」記録』、2019)
  • 古代ギリシア・ローマ物語~神話・歴史のなかのカップルたち~
    期間 : 2018年04月 - 2018年08月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : NHKカルチャー
     NHK文化センター札幌教室 講師:川本愛・近藤智彦 全5回のうち2回担当
  • ラテン語の名句で親しむ古代ローマ文化
    期間 : 2017年10月 - 2018年03月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : NHKカルチャー
     NHK文化センター札幌教室 講師:川本愛・近藤智彦 全6回のうち3回担当
  • 期間 : 2015年01月11日
    役割 : 司会
    主催者・発行元 : 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター主催
     北海道大学学術交流会館小講堂 提題:大島梨沙・赤枝香奈子・藤田尚志 企画・司会:近藤智彦 (記録冊子:北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター『応用倫理――理論と実践の架橋――』vol.8 別冊、2015)

メディア報道

  • 大学で学ぶ(上) 「哲学」って何? 問いを探し理論的に追究
    報道 : 2019年05月01日
    番組・新聞雑誌 : 北海道新聞
     新聞・雑誌

学術貢献活動

  • The Journal of Value Inquiry
    役割 : 査読
    種別 : 査読等
  • Philosophia: Philosophical Quarterly of Israel
    役割 : 査読
    種別 : 査読等


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.