宮﨑 太輔ミヤザキ タイスケresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門解剖学分野
職名助教 
学位
博士(医学)(北海道大学)
メールアドレスmiyazakimed.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/ja/r/90374230
科研費研究者番号

研究キーワード

小脳, グルタミン酸受容体, プルキンエ細胞, 登上線維, 平行線維, 神経標識法, ルガロ細胞, 遺伝子改変動物, バスケット細胞, 臨界期, カルシウムイオン, 脳, シナプス刈込み, シナプス回路, 発達, 大脳皮質, シナプス

研究分野

神経科学 / 神経解剖学・神経病理学
脳神経科学 / 神経科学一般
神経科学 / 神経解剖学・神経病理学
神経科学 / 神経科学一般
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
神経科学 / 神経解剖学・神経病理学
脳神経科学 / 神経科学一般
神経科学 / 神経解剖学・神経病理学
神経科学 / 神経科学一般

職歴

2012年
-
2014年
北海道大学(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年
-
2014年
北海道大学(助教)

研究活動

論文

Maturation of Cerebellar Purkinje Cell Population Activity during Postnatal Refinement of Climbing Fiber Network.
Good JM, Mahoney M, Miyazaki T, Tanaka KF, Sakimura K, Watanabe M, Kitamura K, Kano M
Cell reports 21(8) 2066-2073 2017年11月
Alternative splicing in the C-terminal tail of Cav2.1 is essential for preventing a neurological disease in mice.
Aikawa T, Watanabe T, Miyazaki T, Mikuni T, Wakamori M, Sakurai M, Aizawa H, Ishizu N, Watanabe M, Kano M, Mizusawa H, Watase K
Human molecular genetics 26(16) 3094-3104 2017年08月
Retrograde BDNF to TrkB signaling promotes synapse elimination in the developing cerebellum.
Choo M, Miyazaki T, Yamazaki M, Kawamura M, Nakazawa T, Zhang J, Tanimura A, Uesaka N, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Nature communications 8(1) 195 2017年08月
Glutamate transporter GLAST controls synaptic wrapping by Bergmann glia and ensures proper wiring of Purkinje cells.
Miyazaki T, Yamasaki M, Hashimoto K, Kohda K, Yuzaki M, Shimamoto K, Tanaka K, Kano M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 114(28) 7438-7443 2017年07月
Serotonin rebalances cortical tuning and behavior linked to autism symptoms in 15q11-13 CNV mice.
Nakai N, Nagano M, Saitow F, Watanabe Y, Kawamura Y, Kawamoto A, Tamada K, Mizuma H, Onoe H, Watanabe Y, Monai H, Hirase H, Nakatani J, Inagaki H, Kawada T, Miyazaki T, Watanabe M, Sato Y, Okabe S, Kitamura K, Kano M, Hashimoto K, Suzuki H, Takumi T
Science advances 3(6) e1603001 2017年06月
The active zone protein CAST regulates synaptic vesicle recycling and quantal size in the mouse hippocampus.
Kobayashi S, Hida Y, Ishizaki H, Inoue E, Tanaka-Okamoto M, Yamasaki M, Miyazaki T, Fukaya M, Kitajima I, Takai Y, Watanabe M, Ohtsuka T, Manabe T
The European journal of neuroscience 44(5) 2272-2284 2016年09月
Ionic Basis for Membrane Potential Resonance in Neurons of the Inferior Olive.
Matsumoto-Makidono Y, Nakayama H, Yamasaki M, Miyazaki T, Kobayashi K, Watanabe M, Kano M, Sakimura K, Hashimoto K
Cell reports 16(4) 994-1004 2016年07月
Medial septal GABAergic projection neurons promote object exploration behavior and type 2 theta rhythm.
Gangadharan G, Shin J, Kim SW, Kim A, Paydar A, Kim DS, Miyazaki T, Watanabe M, Yanagawa Y, Kim J, Kim YS, Kim D, Shin HS
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(23) 6550-6555 2016年06月
Territories of heterologous inputs onto Purkinje cell dendrites are segregated by mGluR1-dependent parallel fiber synapse elimination.
Ichikawa R, Hashimoto K, Miyazaki T, Uchigashima M, Yamasaki M, Aiba A, Kano M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(8) 2282-2287 2016年02月
VGluT3-expressing CCK-positive basket cells construct invaginating synapses enriched with endocannabinoid signaling proteins in particular cortical and cortex-like amygdaloid regions of mouse brains.
Omiya Y, Uchigashima M, Konno K, Yamasaki M, Miyazaki T, Yoshida T, Kusumi I, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 35(10) 4215-4228 2015年03月
論文を全て表示する
論文閉じる
Maturation of Cerebellar Purkinje Cell Population Activity during Postnatal Refinement of Climbing Fiber Network.
Good JM, Mahoney M, Miyazaki T, Tanaka KF, Sakimura K, Watanabe M, Kitamura K, Kano M
Cell reports 21(8) 2066-2073 2017年11月
Alternative splicing in the C-terminal tail of Cav2.1 is essential for preventing a neurological disease in mice.
Aikawa T, Watanabe T, Miyazaki T, Mikuni T, Wakamori M, Sakurai M, Aizawa H, Ishizu N, Watanabe M, Kano M, Mizusawa H, Watase K
Human molecular genetics 26(16) 3094-3104 2017年08月
Retrograde BDNF to TrkB signaling promotes synapse elimination in the developing cerebellum.
Choo M, Miyazaki T, Yamazaki M, Kawamura M, Nakazawa T, Zhang J, Tanimura A, Uesaka N, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Nature communications 8(1) 195 2017年08月
Glutamate transporter GLAST controls synaptic wrapping by Bergmann glia and ensures proper wiring of Purkinje cells.
Miyazaki T, Yamasaki M, Hashimoto K, Kohda K, Yuzaki M, Shimamoto K, Tanaka K, Kano M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 114(28) 7438-7443 2017年07月
Serotonin rebalances cortical tuning and behavior linked to autism symptoms in 15q11-13 CNV mice.
Nakai N, Nagano M, Saitow F, Watanabe Y, Kawamura Y, Kawamoto A, Tamada K, Mizuma H, Onoe H, Watanabe Y, Monai H, Hirase H, Nakatani J, Inagaki H, Kawada T, Miyazaki T, Watanabe M, Sato Y, Okabe S, Kitamura K, Kano M, Hashimoto K, Suzuki H, Takumi T
Science advances 3(6) e1603001 2017年06月
The active zone protein CAST regulates synaptic vesicle recycling and quantal size in the mouse hippocampus.
Kobayashi S, Hida Y, Ishizaki H, Inoue E, Tanaka-Okamoto M, Yamasaki M, Miyazaki T, Fukaya M, Kitajima I, Takai Y, Watanabe M, Ohtsuka T, Manabe T
The European journal of neuroscience 44(5) 2272-2284 2016年09月
Ionic Basis for Membrane Potential Resonance in Neurons of the Inferior Olive.
Matsumoto-Makidono Y, Nakayama H, Yamasaki M, Miyazaki T, Kobayashi K, Watanabe M, Kano M, Sakimura K, Hashimoto K
Cell reports 16(4) 994-1004 2016年07月
Medial septal GABAergic projection neurons promote object exploration behavior and type 2 theta rhythm.
Gangadharan G, Shin J, Kim SW, Kim A, Paydar A, Kim DS, Miyazaki T, Watanabe M, Yanagawa Y, Kim J, Kim YS, Kim D, Shin HS
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(23) 6550-6555 2016年06月
Territories of heterologous inputs onto Purkinje cell dendrites are segregated by mGluR1-dependent parallel fiber synapse elimination.
Ichikawa R, Hashimoto K, Miyazaki T, Uchigashima M, Yamasaki M, Aiba A, Kano M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(8) 2282-2287 2016年02月
VGluT3-expressing CCK-positive basket cells construct invaginating synapses enriched with endocannabinoid signaling proteins in particular cortical and cortex-like amygdaloid regions of mouse brains.
Omiya Y, Uchigashima M, Konno K, Yamasaki M, Miyazaki T, Yoshida T, Kusumi I, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 35(10) 4215-4228 2015年03月
Corrigendum: Cerebellar plasticity and motor learning deficits in a copy-number variation mouse model of autism.
Piochon C, Kloth AD, Grasselli G, Titley HK, Nakayama H, Hashimoto K, Wan V, Simmons DH, Eissa T, Nakatani J, Cherskov A, Miyazaki T, Watanabe M, Takumi T, Kano M, Wang SS, Hansel C
Nature communications 6 6014 2015年01月
Chemical corrector treatment ameliorates increased seizure susceptibility in a mouse model of familial epilepsy.
Yokoi N, Fukata Y, Kase D, Miyazaki T, Jaegle M, Ohkawa T, Takahashi N, Iwanari H, Mochizuki Y, Hamakubo T, Imoto K, Meijer D, Watanabe M, Fukata M
Nature medicine 21(1) 19-26 2015年01月
Structure-function relationships between aldolase C/zebrin II expression and complex spike synchrony in the cerebellum.
Tsutsumi S, Yamazaki M, Miyazaki T, Watanabe M, Sakimura K, Kano M, Kitamura K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 35(2) 843-852 2015年01月
Cerebellar plasticity and motor learning deficits in a copy-number variation mouse model of autism.
Piochon C, Kloth AD, Grasselli G, Titley HK, Nakayama H, Hashimoto K, Wan V, Simmons DH, Eissa T, Nakatani J, Cherskov A, Miyazaki T, Watanabe M, Takumi T, Kano M, Wang SS, Hansel C
Nature communications 5 5586 2014年11月
Global scaling down of excitatory postsynaptic responses in cerebellar Purkinje cells impairs developmental synapse elimination.
Kawata S, Miyazaki T, Yamazaki M, Mikuni T, Yamasaki M, Hashimoto K, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Cell reports 8(4) 1119-1129 2014年08月
Neuron type- and input pathway-dependent expression of Slc4a10 in adult mouse brains.
Song X, Yamasaki M, Miyazaki T, Konno K, Uchigashima M, Watanabe M
The European journal of neuroscience 40(5) 2797-2810 2014年06月
Enriched expression of GluD1 in higher brain regions and its involvement in parallel fiber-interneuron synapse formation in the cerebellum.
Konno K, Matsuda K, Nakamoto C, Uchigashima M, Miyazaki T, Yamasaki M, Sakimura K, Yuzaki M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34(22) 7412-7424 2014年05月
A new mouse allele of glutamate receptor delta 2 with cerebellar atrophy and progressive ataxia.
Miyoshi Y, Yoshioka Y, Suzuki K, Miyazaki T, Koura M, Saigoh K, Kajimura N, Monobe Y, Kusunoki S, Matsuda J, Watanabe M, Hayasaka N
PloS one 9(9) e107867 2014年
Autoantibodies to epilepsy-related LGI1 in limbic encephalitis neutralize LGI1-ADAM22 interaction and reduce synaptic AMPA receptors.
Ohkawa T, Fukata Y, Yamasaki M, Miyazaki T, Yokoi N, Takashima H, Watanabe M, Watanabe O, Fukata M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 33(46) 18161-18174 2013年11月
Type 2 K+ -Cl- cotransporter is preferentially recruited to climbing fiber synapses during development and the stellate cell-targeting dendritic zone at adulthood in cerebellar Purkinje cells.
Kawakita I, Uchigashima M, Konno K, Miyazaki T, Yamasaki M, Watanabe M
The European journal of neuroscience 37(4) 532-543 2013年02月
Disruption of cerebellar microzonal organization in GluD2 (GluRδ2) knockout mouse.
Hashizume M, Miyazaki T, Sakimura K, Watanabe M, Kitamura K, Kano M
Frontiers in neural circuits 7 130 2013年
Three types of neurochemical projection from the bed nucleus of the stria terminalis to the ventral tegmental area in adult mice.
Kudo T, Uchigashima M, Miyazaki T, Konno K, Yamasaki M, Yanagawa Y, Minami M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(50) 18035-18046 2012年12月
Presynaptically released Cbln1 induces dynamic axonal structural changes by interacting with GluD2 during cerebellar synapse formation.
Ito-Ishida A, Miyazaki T, Miura E, Matsuda K, Watanabe M, Yuzaki M, Okabe S
Neuron 76(3) 549-564 2012年11月
Lack of molecular-anatomical evidence for GABAergic influence on axon initial segment of cerebellar Purkinje cells by the pinceau formation.
Iwakura A, Uchigashima M, Miyazaki T, Yamasaki M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(27) 9438-9448 2012年07月
GABAergic inhibition regulates developmental synapse elimination in the cerebellum.
Nakayama H, Miyazaki T, Kitamura K, Hashimoto K, Yanagawa Y, Obata K, Sakimura K, Watanabe M, Kano M
Neuron 74(2) 384-396 2012年04月
Cav2.1 in cerebellar Purkinje cells regulates competitive excitatory synaptic wiring, cell survival, and cerebellar biochemical compartmentalization.
Miyazaki T, Yamasaki M, Hashimoto K, Yamazaki M, Abe M, Usui H, Kano M, Sakimura K, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(4) 1311-1328 2012年01月
Developmental switching of perisomatic innervation from climbing fibers to basket cell fibers in cerebellar Purkinje cells.
Ichikawa R, Yamasaki M, Miyazaki T, Konno K, Hashimoto K, Tatsumi H, Inoue Y, Kano M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 31(47) 16916-16927 2011年11月
Postsynaptic P/Q-type Ca2+ channel in Purkinje cell mediates synaptic competition and elimination in developing cerebellum.
Hashimoto K, Tsujita M, Miyazaki T, Kitamura K, Yamazaki M, Shin HS, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 108(24) 9987-9992 2011年06月
Development of an anatomical technique for visualizing the mode of climbing fiber innervation in Purkinje cells and its application to mutant mice lacking GluRδ2 and Ca(v)2.1.
Miyazaki T, Watanabe M
Anatomical science international 86(1) 10-18 2011年03月
Glutamate receptor δ2 is essential for input pathway-dependent regulation of synaptic AMPAR contents in cerebellar Purkinje cells.
Yamasaki M, Miyazaki T, Azechi H, Abe M, Natsume R, Hagiwara T, Aiba A, Mishina M, Sakimura K, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 31(9) 3362-3374 2011年03月
Cellular expression and subcellular localization of secretogranin II in the mouse hippocampus and cerebellum.
Miyazaki T, Yamasaki M, Uchigashima M, Matsushima A, Watanabe M
The European journal of neuroscience 33(1) 82-94 2011年01月
Ablation of glutamate receptor GluRδ2 in adult Purkinje cells causes multiple innervation of climbing fibers by inducing aberrant invasion to parallel fiber innervation territory.
Miyazaki T, Yamasaki M, Takeuchi T, Sakimura K, Mishina M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 30(45) 15196-15209 2010年11月
Cbln1 is a ligand for an orphan glutamate receptor delta2, a bidirectional synapse organizer.
Matsuda K, Miura E, Miyazaki T, Kakegawa W, Emi K, Narumi S, Fukazawa Y, Ito-Ishida A, Kondo T, Shigemoto R, Watanabe M, Yuzaki M
Science (New York, N.Y.) 328(5976) 363-368 2010年04月
Functional coupling between mGluR1 and Cav3.1 T-type calcium channels contributes to parallel fiber-induced fast calcium signaling within Purkinje cell dendritic spines.
Hildebrand ME, Isope P, Miyazaki T, Nakaya T, Garcia E, Feltz A, Schneider T, Hescheler J, Kano M, Sakimura K, Watanabe M, Dieudonné S, Snutch TP
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 29(31) 9668-9682 2009年08月
The N-terminal domain of GluD2 (GluRdelta2) recruits presynaptic terminals and regulates synaptogenesis in the cerebellum in vivo.
Kakegawa W, Miyazaki T, Kohda K, Matsuda K, Emi K, Motohashi J, Watanabe M, Yuzaki M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 29(18) 5738-5748 2009年05月
Spinocerebellar ataxia type 6 knockin mice develop a progressive neuronal dysfunction with age-dependent accumulation of mutant CaV2.1 channels.
Watase K, Barrett CF, Miyazaki T, Ishiguro T, Ishikawa K, Hu Y, Unno T, Sun Y, Kasai S, Watanabe M, Gomez CM, Mizusawa H, Tsien RW, Zoghbi HY
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 105(33) 11987-11992 2008年08月
Cerebellar pathology in transgenic mice expressing the pseudorabies virus immediate-early protein IE180.
Tomioka Y, Miyazaki T, Taharaguchi S, Yoshino S, Morimatsu M, Uede T, Ono E, Watanabe M
The European journal of neuroscience 27(8) 2115-2132 2008年04月
Differential regulation of synaptic plasticity and cerebellar motor learning by the C-terminal PDZ-binding motif of GluRdelta2.
Kakegawa W, Miyazaki T, Emi K, Matsuda K, Kohda K, Motohashi J, Mishina M, Kawahara S, Watanabe M, Yuzaki M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 28(6) 1460-1468 2008年02月
IQ-ArfGEF/BRAG1 is a guanine nucleotide exchange factor for Arf6 that interacts with PSD-95 at postsynaptic density of excitatory synapses.
Sakagami H, Sanda M, Fukaya M, Miyazaki T, Sukegawa J, Yanagisawa T, Suzuki T, Fukunaga K, Watanabe M, Kondo H
Neuroscience research 60(2) 199-212 2008年02月
Effects of FAK ablation on cerebellar foliation, Bergmann glia positioning and climbing fiber territory on Purkinje cells.
Watanabe F, Miyazaki T, Takeuchi T, Fukaya M, Nomura T, Noguchi S, Mori H, Sakimura K, Watanabe M, Mishina M
The European journal of neuroscience 27(4) 836-854 2008年02月
Abnormal features in mutant cerebellar Purkinje cells lacking junctophilins.
Ikeda A, Miyazaki T, Kakizawa S, Okuno Y, Tsuchiya S, Myomoto A, Saito SY, Yamamoto T, Yamazaki T, Iino M, Tsujimoto G, Watanabe M, Takeshima H
Biochemical and biophysical research communications 363(3) 835-839 2007年11月
CD3 and immunoglobulin G Fc receptor regulate cerebellar functions.
Nakamura K, Hirai H, Torashima T, Miyazaki T, Tsurui H, Xiu Y, Ohtsuji M, Lin QS, Tsukamoto K, Nishimura H, Ono M, Watanabe M, Hirose S
Molecular and cellular biology 27(14) 5128-5134 2007年07月
Junctophilin-mediated channel crosstalk essential for cerebellar synaptic plasticity.
Kakizawa S, Kishimoto Y, Hashimoto K, Miyazaki T, Furutani K, Shimizu H, Fukaya M, Nishi M, Sakagami H, Ikeda A, Kondo H, Kano M, Watanabe M, Iino M, Takeshima H
The EMBO journal 26(7) 1924-1933 2007年04月
Ca2+ permeability of the channel pore is not essential for the delta2 glutamate receptor to regulate synaptic plasticity and motor coordination.
Kakegawa W, Miyazaki T, Hirai H, Motohashi J, Mishina M, Watanabe M, Yuzaki M
The Journal of physiology 579(Pt 3) 729-735 2007年03月
Functional uncoupling between Ca2+ release and afterhyperpolarization in mutant hippocampal neurons lacking junctophilins.
Moriguchi S, Nishi M, Komazaki S, Sakagami H, Miyazaki T, Masumiya H, Saito SY, Watanabe M, Kondo H, Yawo H, Fukunaga K, Takeshima H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103(28) 10811-10816 2006年07月
Disturbance of cerebellar synaptic maturation in mutant mice lacking BSRPs, a novel brain-specific receptor-like protein family.
Miyazaki T, Hashimoto K, Uda A, Sakagami H, Nakamura Y, Saito SY, Nishi M, Kume H, Tohgo A, Kaneko I, Kondo H, Fukunaga K, Kano M, Watanabe M, Takeshima H
FEBS letters 580(17) 4057-4064 2006年07月
Impaired cerebellar functions in mutant mice lacking DNER.
Tohgo A, Eiraku M, Miyazaki T, Miura E, Kawaguchi SY, Nishi M, Watanabe M, Hirano T, Kengaku M, Takeshima H
Molecular and cellular neurosciences 31(2) 326-333 2006年02月
Maintenance of presynaptic function by AMPA receptor-mediated excitatory postsynaptic activity in adult brain.
Kakizawa S, Miyazaki T, Yanagihara D, Iino M, Watanabe M, Kano M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 102(52) 19180-19185 2005年12月
Cbln1 is essential for synaptic integrity and plasticity in the cerebellum.
Hirai H, Pang Z, Bao D, Miyazaki T, Li L, Miura E, Parris J, Rong Y, Watanabe M, Yuzaki M, Morgan JI
Nature neuroscience 8(11) 1534-1541 2005年11月
Differential roles of glial and neuronal glutamate transporters in Purkinje cell synapses.
Takayasu Y, Iino M, Kakegawa W, Maeno H, Watase K, Wada K, Yanagihara D, Miyazaki T, Komine O, Watanabe M, Tanaka K, Ozawa S
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 25(38) 8788-8793 2005年09月
Control of synaptic connection by glutamate receptor delta2 in the adult cerebellum.
Takeuchi T, Miyazaki T, Watanabe M, Mori H, Sakimura K, Mishina M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 25(8) 2146-2156 2005年02月
Rescue of abnormal phenotypes of the delta2 glutamate receptor-null mice by mutant delta2 transgenes.
Hirai H, Miyazaki T, Kakegawa W, Matsuda S, Mishina M, Watanabe M, Yuzaki M
EMBO reports 6(1) 90-95 2005年01月
Defective function of GABA-containing synaptic vesicles in mice lacking the AP-3B clathrin adaptor.
Nakatsu F, Okada M, Mori F, Kumazawa N, Iwasa H, Zhu G, Kasagi Y, Kamiya H, Harada A, Nishimura K, Takeuchi A, Miyazaki T, Watanabe M, Yuasa S, Manabe T, Wakabayashi K, Kaneko S, Saito T, Ohno H
The Journal of cell biology 167(2) 293-302 2004年10月
P/Q-type Ca2+ channel alpha1A regulates synaptic competition on developing cerebellar Purkinje cells.
Miyazaki T, Hashimoto K, Shin HS, Kano M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 24(7) 1734-1743 2004年02月
Subtype switching of vesicular glutamate transporters at parallel fibre-Purkinje cell synapses in developing mouse cerebellum.
Miyazaki T, Fukaya M, Shimizu H, Watanabe M
The European journal of neuroscience 17(12) 2563-2572 2003年06月
Distal extension of climbing fiber territory and multiple innervation caused by aberrant wiring to adjacent spiny branchlets in cerebellar Purkinje cells lacking glutamate receptor delta 2.
Ichikawa R, Miyazaki T, Kano M, Hashikawa T, Tatsumi H, Sakimura K, Mishina M, Inoue Y, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 22(19) 8487-8503 2002年10月

講演・口頭発表等

Calcineurin B1 subunit is essential for climbing fiber mono-innervation and inhibitory synapse formation in Purkinje cells
MIYAZAKI Taisuke, SAKIMURA Kenji, WATANABE Masahiko
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 2017年00月 
小脳登上線維と抑制性介在細胞間における非シナプス性結合と選択的分子発現
山崎美和子, 深谷昌弘, 宋暁紅, 内ケ島基政, 今野幸太郎, 宮崎太輔, 渡辺雅彦
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 2016年00月 
Neuroanatomical properties of cerebellar interneuron Lugaro cells using with GFP-expressing transgenic mice line
MIYAZAKI Taisuke, TANAKA Kenji F., WATANABE Masahiko
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 2016年00月 
新規カルシウム放出機構「一酸化窒素依存的カルシウム放出」と小脳依存性運動学習への関与
柿澤昌, 岸本泰司, 宮崎太輔, 田中碧, 村山尚, 渡辺雅彦, 飯野正光, 竹島浩
日本NO学会学術集会プログラム抄録集 2015年06月 
Morphological analysis of Purkinje cell-specific calcineurin B1 subunit KO mice
MIYAZAKI Taisuke, SAKIMURA Kenji, WATANABE Masahiko
J Physiol Sci 2015年00月 
プルキンエ細胞に発現するCNB1は小脳の興奮性および抑制性シナプス回路形成に重要である
第38回日本神経科学大会 2015年00月 
BDNF derived from Purkinje cell regulates synapse elimination in the developing cerebellum
CHOO Myeong Jeong, MIYAZAKI Taisuke, YAMASAKI Maya, TANIMURA Asami, UESAKA Naofumi, WATANABE Masahiko, SAKIMURA Kenji, KANO Masanobu
J Physiol Sci 2014年00月 
Cav2.1カルボキシル末端細胞質内ドメインの病態生理学的意義の検討
相川知徳, 宮崎太輔, 三國貴康, 重本隆一, 若森実, 狩野方伸, 渡邊雅彦, 水澤英洋, 渡瀬啓
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 2013年00月 
蛍光タンパク発現モデルマウスを用いた小脳ルガロ細胞の形態学
宮崎 太輔、山崎 美和子、渡辺 雅彦
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会 2013年00月 
発達期小脳プルキンエ細胞でみられる細胞体シナプスの入力線維のスイッチング-登上線維から籠細胞線維へ
市川 量一, 山崎 美和子, 宮崎 太輔, 今野 幸太郎, 橋本 浩一, 辰巳 治之, 井上 芳郎, 狩野 正伸, 渡辺 雅彦
北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia 2012年04月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Calcineurin B1 subunit is essential for climbing fiber mono-innervation and inhibitory synapse formation in Purkinje cells
MIYAZAKI Taisuke, SAKIMURA Kenji, WATANABE Masahiko
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 2017年00月 
小脳登上線維と抑制性介在細胞間における非シナプス性結合と選択的分子発現
山崎美和子, 深谷昌弘, 宋暁紅, 内ケ島基政, 今野幸太郎, 宮崎太輔, 渡辺雅彦
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 2016年00月 
Neuroanatomical properties of cerebellar interneuron Lugaro cells using with GFP-expressing transgenic mice line
MIYAZAKI Taisuke, TANAKA Kenji F., WATANABE Masahiko
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集 2016年00月 
新規カルシウム放出機構「一酸化窒素依存的カルシウム放出」と小脳依存性運動学習への関与
柿澤昌, 岸本泰司, 宮崎太輔, 田中碧, 村山尚, 渡辺雅彦, 飯野正光, 竹島浩
日本NO学会学術集会プログラム抄録集 2015年06月 
Morphological analysis of Purkinje cell-specific calcineurin B1 subunit KO mice
MIYAZAKI Taisuke, SAKIMURA Kenji, WATANABE Masahiko
J Physiol Sci 2015年00月 
プルキンエ細胞に発現するCNB1は小脳の興奮性および抑制性シナプス回路形成に重要である
第38回日本神経科学大会 2015年00月 
BDNF derived from Purkinje cell regulates synapse elimination in the developing cerebellum
CHOO Myeong Jeong, MIYAZAKI Taisuke, YAMASAKI Maya, TANIMURA Asami, UESAKA Naofumi, WATANABE Masahiko, SAKIMURA Kenji, KANO Masanobu
J Physiol Sci 2014年00月 
Cav2.1カルボキシル末端細胞質内ドメインの病態生理学的意義の検討
相川知徳, 宮崎太輔, 三國貴康, 重本隆一, 若森実, 狩野方伸, 渡邊雅彦, 水澤英洋, 渡瀬啓
日本神経学会学術大会プログラム・抄録集 2013年00月 
蛍光タンパク発現モデルマウスを用いた小脳ルガロ細胞の形態学
宮崎 太輔、山崎 美和子、渡辺 雅彦
第118回日本解剖学会総会・全国学術集会 2013年00月 
発達期小脳プルキンエ細胞でみられる細胞体シナプスの入力線維のスイッチング-登上線維から籠細胞線維へ
市川 量一, 山崎 美和子, 宮崎 太輔, 今野 幸太郎, 橋本 浩一, 辰巳 治之, 井上 芳郎, 狩野 正伸, 渡辺 雅彦
北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia 2012年04月 
発達期小脳登上線維‐プルキンエ細胞間シナプス除去への抑制性シナプス伝達の関与
中山寿子, 宮崎太輔, 橋本浩一, 柳川右千夫, 小幡邦彦, 崎村建司, 渡辺雅彦, 狩野方伸
日本生理学雑誌 2012年03月 
マウス小脳および海馬におけるセクレトグラニンII(SgII)の局在様式
宮崎太輔, 渡辺雅彦
解剖学雑誌 2011年03月 
異種および同種入力線維間の競合を基盤とする小脳シナプス回路発達の分子機構に関する神経解剖学的研究
宮崎 太輔
解剖學雜誌 2010年09月 
P/Q type voltage dependent Ca2+ channel is crucial for early postnatal development of climbing fiber to Purkinje cell synapse
HASHIMOTO Kouichi, TSUJITA Mika, KITAMURA Kazuo, MIYAZAKI Taisuke, YAMAZAKI Maya, SHIN Hee‐Sup, WATANABE Masahiko, SAKIMURA Kenji, KANO Masanobu
神経化学 2010年08月 
グルタミン酸受容体GluD2は側方側枝による異所性支配を抑制し、登上線維単一支配の維持に関わっている
○Taisuke Miyazaki,1 Miwako Yamasaki,1 Tomonori Takeuchi,2,3 Kenji Sakimura,4 Masayoshi Mishina,2 and Masahiko Watanabe1
第33回日本神経科学大会 2010年08月 
グルタミン酸受容体GluD2は側方側枝による異所性支配を抑制し,登上線維単一支配の維持に関わっている
宮崎太輔, 山崎美和子, 竹内倫徳, 三品昌美, 渡辺雅彦
解剖学雑誌 2010年03月 
GLASTはバーグマングリアの形態分化および登上線維単一支配の維持に必要である。
宮崎太輔, 山崎美和子, 渡辺雅彦
解剖学雑誌 2009年06月 
マウス小脳および海馬におけるセクレトグラニンII(SgII)の局在様式
○宮崎 太輔、渡辺 雅彦
第56回東北・北海道連合支部学術集会 2009年03月 
SCA6ノックインマウス表現型の経時的検討
渡瀬啓, BARRET Curtis, 宮崎太輔, 海野敏紀, 石川欽也, 笠井沙由美, 渡辺雅彦, 水澤英洋, TSIEN Richard, ZOGHBI Huda
日本神経学会総会プログラム・抄録集 2009年00月 
GLASTは登上線維単一支配の維持とバーグマングリアによるプルキンエ細胞被覆形成に必須である
第32回日本神経科学大会 2009年00月 
仮性狂犬病ウイルス前初期蛋白IE180発現マウスにおける小脳形成不全の病理組織学的解析
富岡幸子, 宮崎太輔, 田原口智士, 森松正美, 渡辺雅彦, 小野悦郎
日本獣医学会学術集会講演要旨集 2008年03月 
グルタミン酸受容体GluRδ2は成体マウスにおける登上線維単一支配の維持に必須である
宮崎太輔, 渡辺雅彦
解剖学雑誌 2008年03月 
グルタミン酸受容体GluRd2は成体マウスにおける登上線維単一支配の維持に必須である
第113回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2008年00月 
GLAST分子欠損マウスにおけるバーグマングリアの形態分化異常および形態学的登上線維多重支配
第31回日本神経科学大会 2008年00月 
仮性狂犬病ウイルスの転写調節因子IE180の発現による神経病理発生メカニズムの解析
富岡幸子, 宮崎太輔, 田原口智士, 森松正美, 渡辺雅彦, 小野悦郎
生化学 2007年00月 
GLAST分子欠損マウスにおけるバーグマングリアの形態分化異常および形態学的登上線維多重支配
第30回日本神経科学大会 2007年00月 
オーエスキー病ウイルスC末端欠失変異型前初期蛋白IE180発現マウスの解析
富岡幸子, 宮崎太輔, 田原口智士, 吉野さおり, 森松正美, 渡辺雅彦, 上出利光, 小野悦郎
日本獣医学会学術集会講演要旨集 2006年08月 
GLAST分子欠損マウスにおける登上線維多重支配様式の光学顕微鏡的解析
宮崎太輔, 渡辺雅彦
解剖学雑誌 2006年06月 
GLAST欠損マウスにおける登上線維多重支配の形態学的解析
宮崎太輔, 渡辺雅彦
解剖学雑誌 2006年03月 
GLAST分子欠損マウスにおけるバーグマングリアの形態分化異常および局所的な異所性プルキンエ細胞支配による登上線維多重支配
Taisuke Miyazaki1, Masahiko Watanabe1
第112回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2006年00月 
Multiple climbing fiber innervation at proximal dendrite in GLAST-deficient mouse
第28回日本神経科学大会 2005年00月 
カルシウムチャネルα1Aサブユニット欠損マウスにおけるプルキンエ細胞興奮性シナプス回路網の変化
宮崎太輔, 渡辺雅彦
解剖学雑誌 2004年06月 
カルシウムチャネルα1Aサブユニット欠損マウスのプルキンエ細胞体における興奮性および抑制性入力 
第27回日本神経科学大会 2004年00月 
発達小脳における2種類のグルタミン酸トランスポーターVGluT1およびVGluT2の発現変化
宮崎 太輔、渡辺 雅彦
第108回 日本解剖学会総会・全国学術集会 2003年04月 
プルキンエ細胞への興奮性入力終末における2種類の小胞膜グルタミン酸トランスポーター発現の発達変化
宮崎 太輔、深谷 昌弘、清水 秀美、渡辺 雅彦
第25回日本神経科学大会 2002年07月 
ラット脳における非筋細胞II型ミオシン重鎖Bの発現と局在
宮崎 太輔、渡辺 雅彦
第23回日本神経科学大会 2000年09月 
中枢神経組織における非筋細胞ミオシンII‐B(B2)の局在
宮崎太輔, 高橋正行, 渡辺雅彦, 山岸あき彦
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1999年11月 
中枢神経組織におけるミオシン II-B(B2)の局在
宮崎太輔, 高橋正行, 畠山大, 伊藤悦朗, 山岸晧彦
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年12月 
中枢神経組織におけるミオシンII‐B(B2)の局在
宮崎太輔, 高橋正行, 畠山大, 伊藤悦朗, 山岸あき彦
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 1998年11月 
カルシウムチャネルCav2.1は成体期プルキンエ細胞の生存、バンド状発現、神経支配テリトリーの維持に不可欠である
第63回東北・北海道連合支部学術集会 
プルキンエ細胞に発現するカルシニューリンB1サブユニットは抑制性シナプス形成過程において適切なプレ−ポストシナプスの接着に関わっている
第40回日本神経科学大会 
カルシウムチャネルCav2.1は成体期プルキンエ細胞のシナプス回路、生存、バンド状発現の維持に不可欠である
第39回日本神経科学大会 
カルシニューリンB1サブユニットCNB1は登上線維−プルキンエ細胞単一支配化および抑制性シナプス回路形成に重要である
第122回日本解剖学会総会全国学術集会 
プルキンエ細胞に発現するカルシニューリンCNB1サブユニットは小脳の興奮性および抑制性シナプス回路形成に重要である
宮崎 太輔 崎村 建司 渡辺 雅彦
第61回東北・北海道連合支部学術集会 
蛍光タンパク発現モデルマウスを用いた小脳ルガロ細胞に関する形態学解析
日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会 
小脳興奮性回路網維持とバーグマングリアの形態分化におけるグルタミン酸トランスポーターGLASTの機能的役割
第34回日本神経科学大会 
GLASTは登上線維単一支配の維持に必要である
宮崎 太輔、山崎 美和子、渡辺 雅彦
第54回東北・北海道連合支部学術集会 
GLAST分子欠損マウスにおける登上線維多重支配 の形態学的解析
第111回 日本解剖学会総会・全国学術集会 
GLAST分子欠損マウスにおける登上線維支配様式の光学顕微鏡的解析
宮崎 太輔、渡辺 雅彦
第51回東北・北海道連合支部学術集会 
カルシウムチャネルalpha1Aサブユニット欠損マウスにおけるプルキンエ細胞興奮性シナプス回路網の変化
宮崎 太輔、渡辺 雅彦
第49回東北・北海道連合支部学術集会 

競争的資金等の研究課題

成体期プルキンエ細胞における異種シナプス間競合維持機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 宮崎 太輔
プルキンエ細胞体における登上線維シナプス除去機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 宮崎 太輔
小脳成熟に伴う登上線維支配様式の可塑性減少およびその臨界期の特定
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 宮崎 太輔
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
成体期プルキンエ細胞における異種シナプス間競合維持機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 宮崎 太輔
プルキンエ細胞体における登上線維シナプス除去機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 宮崎 太輔
小脳成熟に伴う登上線維支配様式の可塑性減少およびその臨界期の特定
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 宮崎 太輔

教育活動

主要な担当授業

公開発表演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
公開発表演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
公開発表演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
公開発表演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
脳科学入門Ⅶ:脳解剖実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 脳解剖、脳実習
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
公開発表演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
公開発表演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
脳科学入門Ⅶ:脳解剖実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 脳解剖、脳実習
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
公開発表演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表
公開発表演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、受容体、ニューロン、グリア、脳、伝導路
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
脳科学入門Ⅶ:脳解剖実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 脳解剖、脳実習

ページトップへ