研究者データベース

戸田 聡(トダ サトシ)
文学研究院 人文学部門 表現文化論分野
准教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人文学部門 表現文化論分野

職名

    准教授

学位

  • Doctor litterarum (オランダ ライデン大学)
  • Licencié en orientalisme (ベルギー ルーヴァン・カトリック大学(フランス語圏、在ルーヴァン・ラ・ヌーヴ))
  • 修士(経済学) (一橋大学)
  • 学士(経済学) (東京大学)

科研費研究者番号

  • 20575906

プロフィール

  • 〈専門〉古代キリスト教史、東方キリスト教文学

    〈現在の研究テーマ〉

    ・古代キリスト教文学における翻訳

    ・東方キリスト教文学における翻訳

    ・カイサリアのエウセビオス(主要著作の翻訳、他)

    ・古代教会の聖書解釈

    ・ユダヤ的キリスト教(Judaeo-Christianity)

研究キーワード

  • ユダヤ的キリスト教   初期キリスト教   教父学   シリア語   コプト語   東方キリスト教圏   東方キリスト教   古代キリスト教   

研究分野

  • 人文・社会 / 史学一般 / 古代キリスト教史
  • 人文・社会 / 宗教学 / 古代キリスト教史

職歴

  • 2013年04月 - 現在  北海道大学大学院文学研究科准教授
  • 2010年01月 - 2013年03月  一橋大学大学院経済学研究科特任講師

所属学協会

  • 国際マニ教学会   北海道基督教学会   国際コプト学会   国際教父学会   日本聖書学研究所   日本基督教学会   東方キリスト教学会   中世哲学会   日本西洋古典学会   キリスト教史学会   

研究活動情報

論文

  • 戸田 聡
    北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 156 (2019) 61 - 73 1346-0277 2019年01月 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡
    北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 157 (2019) 1 - 34 1346-0277 2019年 [査読無し][通常論文]
  • 書評 田川建三訳著『新約聖書 訳と註』全7巻
    戸田 聡
    日本の神学 日本の神学 57 (2018) 143 - 148 2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    北海道大学文学研究科紀要 北海道大学文学研究科紀要 155 (2018) 81 - 105 1346-0277 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • いわゆる「キリスト教のギリシア化」をめぐって
    戸田 聡
    キリスト教学(立教大学) キリスト教学(立教大学) 59 (2017) 65 - 84 2017年12月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • TODA Satoshi
    北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 152 (2017) 1 - 36 1346-0277 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Journal of the Graduate School of Letters (Hokkaido University) Journal of the Graduate School of Letters (Hokkaido University) 12 (2017) 1 - 18 2017年02月 [査読無し][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 戸田 聡
    北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 150 (2016) 159 - 199 1346-0277 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • TODA Satoshi
    北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 149 (2016) 1 - 5 2016年07月 [査読無し][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 福音書(正典・外典)におけるイエス像-古典としての聖書-
    戸田 聡
    21世紀のキリスト教と聖書:日本基督教学会北海道支部公開シンポジウム記録 21世紀のキリスト教と聖書:日本基督教学会北海道支部公開シンポジウム記録 4 (2016) 63 - 86 2016年06月 [査読無し][招待論文]
  • 『ビザンツ世界論』に見るH・-G・ベックのビザンツ理解をめぐって
    戸田 聡
    エイコーン -東方キリスト教研究- エイコーン -東方キリスト教研究- 46 (2015) 3 - 18 2016年05月 [査読有り][招待論文]
  • TODA Satoshi
    Journal of Theological Studies Journal of Theological Studies 66.2 (2015) 839 - 842 2015年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 北海道大学文学研究科紀要 = Bulletin of the Graduate School of Letters, Hokkaido University 146 (2015) 209 - 239 1346-0277 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡
    オリエント = Bulletin of the Society for Near Eastern Studies in Japan オリエント = Bulletin of the Society for Near Eastern Studies in Japan 58.1 (2015) 82 - 86 0030-5219 2015年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    基督教學 基督教學 50 (2015) 1 - 36 0287-1580 2015年 [査読無し][通常論文]
  • Some Observations on Bohairic Literature: The Case of Vat. Copt. 57, No. 2
    TODA Satoshi
    Patristica Supplementary Volume Patristica Supplementary Volume 4 (2015) 001 - 026 2015年 [査読有り][通常論文]
  • Review: James E. Goehring. Politics, Monasticism, and Miracles in Sixth Century Upper Egypt (Studien und Texte zu Antike und Christentum 69), Tübingen 2012
    TODA Satoshi
    Journal of Coptic Studies Journal of Coptic Studies 16 (2014) 291 - 293 2015年 [査読有り][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Journal of the Graduate School of Letters (Hokkaido University) Journal of the Graduate School of Letters (Hokkaido University) 10 (2015) 041 - 057 1880-8832 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡
    北海道大学文学研究科紀要 = The Annual Report on Cultural Science (Hokkaido Univesity) 北海道大学文学研究科紀要 = The Annual Report on Cultural Science (Hokkaido Univesity) 142 (2014) 63 - 78 1346-0277 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • トマスによる福音書をめぐる諸問題
    戸田 聡
    聖書学論集 聖書学論集 46 (2014) 「聖書的宗教とその周辺」 697 - 715 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    宗教研究 宗教研究 88.2 (2014) 397 - 421 0387-3293 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    オリエント = Bulletin of the Society for Near Eastern Studies in Japan オリエント = Bulletin of the Society for Near Eastern Studies in Japan 56.1 (2013) 98 - 102 0030-5219 2013年09月 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡, 翻訳, 戸田 聡
    跡見学園女子大学人文学フォーラム 跡見学園女子大学人文学フォーラム 11 (2013) 147 - 131 1348-1436 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡, 戸田 聡
    コミュニケーション文化 コミュニケーション文化 7 (2013) 165 - 174 1881-8374 2013年03月 [査読無し][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Hitotsubashi journal of arts and sciences Hitotsubashi journal of arts and sciences 53.1 (2012) 47 - 78 0073-2788 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡
    キリスト教史学 キリスト教史学 66 (2012) 80 - 101 0453-9389 2012年07月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 戸田 聡
    キリスト教学 キリスト教学 54 (2012) 65 - 86 0387-6810 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    西洋古典學研究 西洋古典學研究 59 118 - 130 0447-9114 2011年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Bardaisan, the first Christian author in Syriac, whose thought is known mainly from the Book of the Laws of Countries, is often considered as a philosopher, and his thought is very frequently understood in the light of Greek philosophy (e.g. Stoicism). However, scholars who argue for Greek influence on Bardaisan seldom ask whether or to what extent Bardaisan really knew Greek; and curiously enough, some rare evaluations of his knowledge of Greek are rather negative. This problem needs to be solved. The present article addresses the problem by examining the Greek loan words used by Bardaisan in the Book of the Laws of Countries, and also by comparing his knowledge of astrology with that of the astrology as presented in Greco-Roman astrological literature, and argues that his knowledge of Greek was far from extensive and that he should be considered as one of the first thinkers who thought not in Greek but in Syriac.
  • 戸田 聡
    オリエント オリエント 53 (2) 142 - 148 0030-5219 2011年 [査読有り][通常論文]
  • Eusebius and Syriac Literature
    TODA Satoshi
    Parole de l’Orient Parole de l’Orient 36 (2011) 515 - 524 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 『エウセビオスのカノン』に見る福音書理解
    戸田 聡
    聖書学論集 聖書学論集 43 (2011) 97 - 117 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    キリスト教史学 キリスト教史学 64 (2010) 267 - 274 0453-9389 2010年07月 [査読無し][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Mediterranean world = 地中海論集 Mediterranean world = 地中海論集 20 (2010) 187 - 197 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • 書評 James E. Goehring & Janet A. Timbie (eds.), The World of Early Egyptian Christianity. Language, Literature, and Social Context, Washington, D.C.: The Catholic University of America Press, 2007
    戸田 聡
    エイコーン -東方キリスト教研究- エイコーン -東方キリスト教研究- 41 (2010) 111 - 115 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡
    中世思想研究 中世思想研究 52 (2010) 169 - 173 0387-2971 2010年 [査読有り][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Hitotsubashi journal of arts and sciences Hitotsubashi journal of arts and sciences 50.1 (2009) 13 - 19 0073-2788 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • キリスト教修道制の成立 ―隠修制と共住制―
    戸田 聡
    パトリスティカ パトリスティカ 13 (2009) 6 - 22 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 巨大な地下迷宮? ―タティアノスのディアテッサロンをめぐって―
    戸田 聡
    聖書学論集 聖書学論集 41 (2009) 「経験としての聖書」 501頁-529頁 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 翻訳 バルダイサン『諸国の法の書』
    戸田 聡
    エイコーン -東方キリスト教研究- エイコーン -東方キリスト教研究- 39-40 (2009) 204 - 229 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡
    西洋史研究 西洋史研究 38 (2009) 121頁-130頁 0386-9288 2009年 [査読無し][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Hitotsubashi journal of arts and sciences Hitotsubashi journal of arts and sciences 49.1 (2008) 37 - 41 0073-2788 2008年12月 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡, 戸田 聡
    跡見学園女子大学人文学フォーラム 跡見学園女子大学人文学フォーラム 6 (2008) 79 - 110 1348-1436 2008年03月 [査読無し][通常論文]
  • キリスト教修道制の成立と、なお残る問題 ―出村氏・土橋氏の論評・質問に応えて―
    戸田 聡
    エイコーン -東方キリスト教研究- エイコーン -東方キリスト教研究- 38 (2008) 80 - 88 2008年 [査読無し][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Orient Orient 43 151 - 165 2008年 [査読有り][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Hitotsubashi journal of arts and sciences Hitotsubashi journal of arts and sciences 48.1 (2007) 23 - 42 0073-2788 2007年12月 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡
    キリスト教史学 キリスト教史学 61 226 - 233 0453-9389 2007年07月 [査読無し][通常論文]
  • 戸田 聡
    人文・自然研究 人文・自然研究 1 265 - 413 1882-4625 2007年03月 [査読無し][通常論文]
  • 東方キリスト教文学におけるアラビア語―特に翻訳との関係で
    戸田 聡
    エイコーン -東方キリスト教研究- エイコーン -東方キリスト教研究- 35 (2007) 40 - 57 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 聖書解釈をめぐる若干の考察
    戸田 聡
    ペディラヴィウム ヘブライズムとヘレニズム研究 ペディラヴィウム ヘブライズムとヘレニズム研究 60 (2006) 50 - 63 2006年 [査読有り][通常論文]
  • Syriac Translation in Egypt. The Case of the Life of Saint Macarius the Egyptian
    TODA Satoshi
    Orientalia Orientalia 75 96 - 106 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    オリエント オリエント 48.1 1 - 25 0030-5219 2005年09月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    One of the most prominent monks of the fourth century, Macarius the Egyptian has been treated in various ways by the literary tradition of the Christian Orient. Homilies attributed to him, although they have been proved to be unauthentic, are among the most read of spiritual texts; apophthegmata related to him are well known; and all these works have been transmitted in several languages of the region, as is also the case with his Life, the subject of my doctoral dissertation. One might expect that we know much about this famous figure.However, it is far from certain that various anecdotes,...
  • 『エジプト人マカリオス伝』研究 ―経過報告―
    戸田 聡
    エイコーン -東方キリスト教研究- エイコーン -東方キリスト教研究- 27 (2003) 68 - 81 2003年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 戸田 聡
    キリスト教史学 キリスト教史学 55 7 - 32 0453-9389 2001年07月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • TODA Satoshi
    Mediterranean world = 地中海論集 Mediterranean world = 地中海論集 16 77 - 87 1343-9626 2001年03月 [査読無し][通常論文]
     
    平成10~12年度科学研究費補助金(基盤研究(A))
  • La Vie de S. Macaire l’Egyptien. Etat de la question
    TODA Satoshi
    Analecta Bollandiana Analecta Bollandiana 118 267 - 290 2000年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    オリエント オリエント 41.2 (1998) 213 - 228 0030-5219 1999年03月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    The Apophthegmata patrum is generally considered as one of the best witnesses about early monasticism in Egypt, especially about its spirituality. But it is equally well known that manuscript traditions of this document are extremely complicated, and one still does not know its primitive form nor the extent of the apophthegmata contained in that primitive form. Then, which elements that one finds in the extant form of the Apophthegmata patrum can be considered as deriving authentically from monks of the 4th century?To answer this question, the present paper compares the Apophthegmata patrum...
  • TODA Satoshi
    Mediterranean world = 地中海論集 Mediterranean world = 地中海論集 15 67 - 74 1343-9626 1998年03月 [査読無し][通常論文]
     
    平成7~9年度科学研究費補助金(基盤研究(A))
  • 戸田 聡
    西洋史学 西洋史学 187 (1997) 39 - 55 0386-9253 1998年03月 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    史學雜誌 史學雜誌 106.5 954 - 958 0018-2478 1997年05月 [査読無し][通常論文]
  • TODA Satoshi
    Orient Orient 32 17 - 25 1997年 [査読有り][通常論文]
  • 戸田 聡
    一橋論叢 一橋論叢 116.4 781 - 795 0018-2818 1996年10月 [査読無し][通常論文]
     
    論文タイプ||論説
  • 戸田 聡
    日本中東学会年報 日本中東学会年報 11 183 - 208 0913-7858 1996年03月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    The rise of the Christian monasticism has been one of the most discussed problems in the studies of the history of the Early Christianity, and especially its possible relation with the non-Christian religions was once a favorite theme of some scholars. The hypothesis of the Manichaean influence on the making of the Christian monasticism is a discussion of this type. In the present article, giving special attention to the hypothesis of L.Koenen, the author has examined the problem concerning the cases of Egypt and the Syrian Orient, and reached the following conclusions: ・since Manichaeism a...
  • 戸田 聡
    オリエント オリエント 38.2 (1995) 162 - 174 0030-5219 1996年03月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 「最初の隠遁者テーバイのパウルス」は実在したか?
    戸田 聡
    エイコーン エイコーン 14 48 - 56 1995年 [査読有り][通常論文]

書籍

講演・口頭発表等

  • Damascus in Ancient Christianity  [通常講演]
    TODA Satoshi
    18th International Conference on Patristic Studies, Oxford, U.K. 2019年08月
  • Some General Observations on the So-Called Apocryphal (or Deuterocanonical) Books of the Greek Old Testament concerning their respective Date, Place of Origin and Language of Composition  [通常講演]
    TODA Satoshi
    XXIII Congress of The International Organization for the Study of the Old Testament (IOSOT) in conjunction with The International Organization for Septuagint and Cognate Studies (IOSCS) etc., Aberdeen, U.K. 2019年08月
  • How and To What Extent Did Mani Know the New Testament?  [通常講演]
    TODA Satoshi
    9th International Conference International Association of Manichaean Studies, University of Turin and Museo d’Arte Orientale Turin, Torino, Italia 2017年09月
  • The So-Called “Hebrew Urmatthäus” and the Syriac Gospel Tradition  [通常講演]
    TODA Satoshi
    Society of Biblical Literature 2017 International Meeting, Berlin, Germany 2017年08月
  • The So-Called Hellenization of Christianity and Origen  [通常講演]
    TODA Satoshi
    Origeniana Duodecima: Origen's Legacy in the Holy Land – A Tale of Three Cities: Jerusalem, Caesarea and Bethlehem in Late Antiquity, Hebrew University of Jerusalem, Israel 2017年06月
  • Written Documents as Fixed Points in the Earliest Life of the Text of the Gospels - Rethinking the Synoptic Problem  [通常講演]
    TODA Satoshi
    10th Birmingham Colloquium on the Textual Criticism of the New Testament "Lives of the Text". University of Birmingham, U.K. 2017年03月
  • The Eusebian Canons: A Neglected Tool for the Interpretation of the Gospels  [通常講演]
    TODA Satoshi
    10th Annual Conference of the Asia-Pacific Early Christian Studies Society, Saint Petersburg, Russia 2016年09月
  • Rethinking the Original Language of the Book of Judith  [通常講演]
    TODA Satoshi
    XXII Congress of The International Organization for the Study of the Old Testament (IOSOT) in conjunction with The International Organization for Septuagint and Cognate Studies (IOSCS) etc., Stellenbosch, South Africa 2016年09月
  • Coptic literature and the Pachomian dossier  [通常講演]
    TODA Satoshi
    11th International Congress of Coptic Studies, Claremont Graduate University, California, USA 2016年07月
  • Rethinking the Syriac Contribution to Problems concerning the Diatessaron  [通常講演]
    TODA Satoshi
    Society of Biblical Literature 2016 International Meeting, Seoul, South Korea 2016年07月
  • Judaeo-Christian Gospel Tradition Revisited  [通常講演]
    TODA Satoshi
    17th International Conference on Patristic Studies, Oxford, U.K. 2015年08月
  • H.-G.ベックのビザンツ理解をめぐって  [通常講演]
    戸田 聡
    東方キリスト教学会第15回例会・総会、於東京大学駒場キャンパス 2015年08月
  • 福音書(正典・外典)におけるイエス像――古典としての聖書――  [招待講演]
    戸田 聡
    日本基督教学会北海道支部公開シンポジウム「古典としての聖書と教典としての聖書」 2015年06月
  • H.-G.ベックのビザンツ理解をめぐって  [招待講演]
    戸田 聡
    日本ビザンツ学会第13回大会、於一橋大学 2015年03月
  • The Gospel according to Thomas and Judaeo-Christian Tradition  [通常講演]
    TODA Satoshi
    9th Annual Conference of the APECSS (Asia-Pacific Early Christian Studies Society), Yokohama, Japan 2014年09月
  • The Gospel of Thomas Revisited Once More  [通常講演]
    TODA Satoshi
    Early Christian Centuries I: “Men and Women in the Early Christianity”, Australian Catholic University Melbourne, Australia 2013年10月
  • Some Observations on Greek Words in Coptic Manichaean Texts  [通常講演]
    TODA Satoshi
    8th International Conference International Association of Manichaean Studies, School of Oriental and African Studies (SOAS) London, U.K. 2013年09月
  • Patristic Studies in East Asia (Mainly in Japan)  [招待講演]
    TODA Satoshi
    International Conference to mark the 50th Anniversary of AIEP/IAPS: “Patristic Studies in the Twenty-First Century”, Hebrew University of Jerusalem, Israel 2013年06月
  • The Eusebian Canons – Their Implications and Potentials  [通常講演]
    TODA Satoshi
    8th Birningham Colloquium on the Textual Criticism of the New Testament. The Tradition of the New Testament: Treasures New and Old, University of Birmingham, U.K. 2013年03月
  • Some Observations on Bohairic Literature  [通常講演]
    TODA Satoshi
    10th International Congress on Coptic Studies, Rome, Italia 2012年09月
  • Some Observations on Earliest Syriac Translations  [通常講演]
    TODA Satoshi
    11th Symposium Syriacum, Valletta, Malta 2012年07月
  • 古代キリスト教の中の修道制  [招待講演]
    戸田 聡
    キリスト教史学会第62回大会、於聖学院大学 2011年09月
  • Eusebiana Syriaca. A study in the Syriac translation of the works of Eusebius of Caesarea  [通常講演]
    TODA Satoshi
    16th International Conference on Patristic Studies, Oxford, U.K. 2011年08月
  • La langue originale de la Vie de Pachôme. Un réexamen  [通常講演]
    TODA Satoshi
    Quinzièmes journées d'études coptes de l'Association francophone de coptologie, Louvain-la-Neuve, Belgium 2011年05月
  • Reconsidering the Intellectual Background of Bardaisan  [通常講演]
    TODA Satoshi
    7th World Syriac Conference, SEERI (St. Ephrem Ecumenical Research Institute), Kottayam, India 2010年09月
  • “Political Theology” of Eusebius of Caesarea. A Reappraisal  [通常講演]
    TODA Satoshi
    Prayer and Spirituality in the Early Church VI “Politics and Religion”, Australian Catholic University Melbourne, Australia 2010年07月
  • バルダイサンと古代占星術  [通常講演]
    戸田 聡
    日本西洋古典学会第61回大会、於山口大学 2010年06月
  • Poverty and Charity in Early Christianity. Some Preliminary Observations  [招待講演]
    TODA Satoshi
    1st International Conference “Poverty, Riches, and Social Welfare in Church History” hosted by Patristic Society in Korea, Center for the Study of Christian Thoughts and Culture, Korea Church History Society & Korea Historical-Theological Society. Seoul, 2010年03月
  • キリスト教修道制と古代末期上エジプトの〈景観〉  [招待講演]
    戸田 聡
    日本西アジア考古学会公開シンポジウム「西アジア・エジプトにおける古代都市の成立と発展 ―都市景観の背後にあるもの―」、於早稲田大学小野梓記念講堂 2010年01月
  • On the so-called “Political Theology” of Eusebius of Caesarea  [通常講演]
    TODA Satoshi
    5th Annual Conference of the APECSS (Asia-Pacific Early Christian Studies Society), Sendai, Japan 2009年09月
  • カイサリアのエウセビオスのいわゆる「政治神学」をめぐって  [通常講演]
    戸田 聡
    日本西洋史学会第59回大会、於専修大学生田キャンパス 2009年06月
  • Hagiographie et traduction dans l’Orient chrétien  [招待講演]
    TODA Satoshi
    6th International Conference of the Global COE Program “Hermeneutic Study and Education of Textual Configuration”: Herméneutique du texte d’histoire : orientation, interprétation et questions nouvelles, Tokyo, Japan 2009年03月
  • Eusebius and Syriac Literature  [通常講演]
    TODA Satoshi
    10th Symposium Syriacum, Granada, Spain 2008年09月
  • 書評会:戸田聡著『キリスト教修道制の成立』(創文社刊)をめぐって  [通常講演]
    戸田 聡他
    東方キリスト教学会第8回例会・総会、於ホテルハイジ(長野県茅野市) 2008年08月
  • Pachomian Monasticism and Poverty  [通常講演]
    TODA Satoshi
    Prayer and Spirituality in the Early Church V “Poverty and Riches”, Australian Catholic University Melbourne, Australia 2008年01月
  • パホーム修道院(文献)をめぐる諸問題  [通常講演]
    戸田 聡
    日本オリエント学会第49回大会、於関西大学 2007年09月
  • The Syriac Version of Eusebius’ Ecclesiastical History Revisited  [通常講演]
    TODA Satoshi
    15th International Conference on Patristic Studies, Oxford, U.K. 2007年08月
  • Some Reflections on the Image of the Disciples in the Gospel of Thomas  [通常講演]
    TODA Satoshi
    3rd Conference of the Western Pacific Rim Patristics Society, Nagoya, Japan 2006年09月
  • 翻訳と東方キリスト教文学  [通常講演]
    戸田 聡
    東方キリスト教学会第6回例会・総会、於ホテルハイジ(長野県茅野市) 2006年08月
  • Why was Evagrius esoteric?  [通常講演]
    TODA Satoshi
    19th World Congress of the International Association for the History of Religions, Tokyo, Japan 2005年03月
  • The Life of Macarius the Egyptian as an illustration of unity and diversity of the literatures of the Christian Orient  [通常講演]
    TODA Satoshi
    EVROPAEVM Graduate Studies Seminar “Eastern Christianity in Context”, Leiden, The Netherlands 2004年12月
  • 東方キリスト教文学伝承の多様性-『エジプト人マカリオス伝』を例に  [通常講演]
    戸田 聡
    日本オリエント学会第46回大会、於東京外国語大学 2004年10月
  • The Syriac Life of Saint Macarius the Egyptian - between Coptic and Arabic  [通常講演]
    TODA Satoshi
    9th Symposium Syriacum, Université Saint-Esprit de Kaslik, Lebanon 2004年09月
  • Position of Arabic in the literatures of the Christian East. The case of the Life of Saint Macarius the Egyptian  [通常講演]
    TODA Satoshi
    7th Conference on Arab Christian Studies, Sayyidat al-Bīr, Lebanon 2004年09月
  • The Life of Macarius the Egyptian. A progress report  [通常講演]
    TODA Satoshi
    8th International Congress of Coptic Studies, Paris, France 2004年06月
  • Vie de S. Macaire l’Egyptien. Premier bilan de la recherche  [通常講演]
    TODA Satoshi
    14th International Conference on Patristic Studies, Oxford, U.K. 2003年08月
  • 古代末期におけるキリスト教修道制の成立と発展  [通常講演]
    戸田 聡
    キリスト教史学会第51回大会、シンポジウム「修道制 ―周縁性と社会性の狭間で―」発題、於上智大学 2000年09月
  • ローマ帝国時代のエジプトにおけるキリスト教の普及をめぐって  [通常講演]
    戸田 聡
    キリスト教史学会第47回大会、於湘南国際村センター 1996年10月
  • キリスト教修道制の生成とマニ教 ―エジプトとシリアの場合―  [通常講演]
    戸田 聡
    日本中東学会10周年記念大会(第11回大会)、於一橋大学 1995年05月

その他活動・業績

受賞

  • キリスト教史学会 学術奨励賞(2010年度)
     
    受賞者: 戸田 聡

競争的資金等の研究課題

  • 古代キリスト教のシリア語・コプト語伝承に関する(特に翻訳の問題をめぐる)基礎研究
    文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C)):
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月

教育活動情報

主要な担当授業

  • 修士論文
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 言語文化比較論特別演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 文学 聖書 翻訳 日本語
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 西洋古典学特殊講義
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 古代キリスト教、古典文献学
  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 西洋古典学特別演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 古代ギリシア語、古典文献学
  • 卒業論文
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 西洋古典学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 古代ラテン語
  • 西洋古典学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 古代ギリシア語
  • 西洋古典学演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 古代ギリシア語、古典文献学
  • 西洋古典学演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 古代ラテン語、古典文献学
  • 西洋古典学演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : コプト語
  • 歴史の視座
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 暦、文字、宗教、古代オリエント、地中海世界

大学運営

社会貢献

  • (講座担当)聖書ギリシア語講読
    期間 : 2018年07月 - 現在
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 朝日カルチャーセンター(札幌)
  • 札幌交響楽団第612回定期演奏会「フォーレ/レクイエム」プログラム掲載の歌詞(ラテン語)の日本語訳を監修
    期間 : 2018年09月21日 - 2018年09月22日
    役割 : その他
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 札幌交響楽団第612回定期演奏会「フォーレ/レクイエム」
  • (講座担当)古代キリスト教の世界
    期間 : 2017年10月 - 2018年09月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : NHK文化センター(札幌)
  • (講座担当)聖書ギリシア語入門
    期間 : 2017年04月 - 2018年06月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 朝日カルチャーセンター(札幌)
  • 2017年「札響の第9」プログラム掲載の歌詞(ドイツ語)の日本語訳を監修
    期間 : 2017年12月16日 - 2017年12月17日
    役割 : その他
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2017年「札響の第9」(札幌交響楽団)
  • 札幌交響楽団第605回定期演奏会「J.S.バッハ/クリスマス・オラトリオBWV248(第1、第2、第5、第6カンタータ)」プログラム添付の歌詞(ドイツ語)の日本語訳を監修
    期間 : 2017年12月01日 - 2017年12月02日
    役割 : その他
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 札幌交響楽団第605回定期演奏会「J.S.バッハ/クリスマス・オラトリオ」
  • (講座担当)古代キリスト教史の散歩道
    期間 : 2014年04月 - 2017年03月
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 朝日カルチャーセンター(札幌)
  • 2016年「札響の第9」プログラム掲載の歌詞(ドイツ語)の日本語訳を監修
    期間 : 2016年12月10日 - 2016年12月11日
    役割 : その他
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 2016年「札響の第9」(札幌交響楽団)
  • 札幌交響楽団第593回定期演奏会「モーツァルト/レクイエム」プログラム掲載の歌詞(ラテン語)の日本語訳を監修
    期間 : 2016年09月16日 - 2016年09月17日
    役割 : その他
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 札幌交響楽団第593回定期演奏会「モーツァルト/レクイエム」
  • 戸田 聡(講演者)「政治と宗教の関係―4世紀のキリスト教を例に―」
    期間 : - 2015年11月21日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 「新学術領域研究(研究領域提案型)」「現代文明の基層としての古代西アジア文明―文明の衝突論を克服するために―」の中の「計画研究8「バビロニア・アッシリアの「政治」と「宗教」~領土統治における神学構築と祭儀政策~」(研究代表者:柴田大輔)研究班主催
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 「西アジア・北東アフリカ史における「政治」と「宗教」〜古代・中世のキリスト教を例として〜」
  • 演奏会「ボブ・チルコットと英国の合唱音楽」(指揮・上田哲。於ちえりあホール=札幌市生涯学習センター)のプログラム掲載のラテン語歌詞の日本語訳を監修
    期間 : - 2015年09月23日
    役割 : その他
    種別 : その他
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 演奏会「ボブ・チルコットと英国の合唱音楽」(指揮・上田哲。於ちえりあホール=札幌市生涯学習センター=)
  • 戸田 聡(講演者)「最初期のキリスト教をどう理解するか ―ダニエルーの所説を手がかりに―」
    期間 : - 2014年11月22日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 東北学院大学ヨーロッパ文化総合研究所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 「東北学院大学ヨーロッパ文化総合研究所公開講演会「キリスト教の成立・発展と古代地中海世界」」
  • 札幌交響楽団第570回定期演奏会「ヴェルディ/レクイエム」プログラム掲載の歌詞(ラテン語)の日本語訳を監修
    期間 : 2014年06月27日 - 2014年06月28日
    役割 : その他
    種別 : その他
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 札幌交響楽団第570回定期演奏会「ヴェルディ/レクイエム」
  • (発題;旧約聖書続編編集委員兼原語担当翻訳者の立場から)
    期間 : 2019年07月15日
    役割 : パネリスト
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 日本基督教学会北海道支部
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 日本キリスト教学会北海道支部公開シンポジウム「新しい日本語訳聖書を解剖する」


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.