研究者データベース

大木 淳之(オオキ アツシ)
水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 海洋環境科学分野
准教授

基本情報

所属

  • 水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 海洋環境科学分野

職名

    准教授

学位

  • 博士(理学) (東京大学)

ホームページURL

プロフィール

  • 1973年埼玉県出身。
    海洋環境を調べる研究をしている。実習船や研究船で野外観測し、実験室にて分析する仕事である。北海道大学水産学部では、海洋生物科学科の教員として主に化学系の授業を受け持っている。
    現在の主な研究テーマは、海洋植物が放出する有機ハロゲンガスの分布に関する研究である。とくに最近は、有機ヨウ素ガスの動態に着目している。地球表層で動的なヨウ素の大部分は海水中に無機ヨウ素として存在していて、それを海洋植物が取り込み有機化している。その有機ヨウ素の一部は揮発性を有していて、大気中に揮散する。大気中の有機ヨウ素は光分解して無機化し、いずれは雨となり川に流れて海に戻る。地球表層のヨウ素循環を駆動しているのが海洋植物なのである(と推測される)。私(と共同研究者たち)は北海道周辺を中心に、北極海~赤道域~南極海まで観測を行ってきた。海洋植物や有機物に関連するので、それらと共に動く栄養塩の動態も同時に調べている。
    2006年頃までは、大気中の黄砂粒子の動態や海水への溶け具合、大気中粒子の水溶性イオン成分に挙動に関する研究を行っていた。とくに、粒子の粒径分布の特徴を解析するのが好きである。最近は、大気中粒子の仕事はしていないが、海水の仕事がもう少し落ち着いたら、水産学部の実習船を使って、大気観測も継続的に行いたい。

    趣味は、「山登り」と言いたいところだが、最近はほとんど山に行っていない。去年、海での仕事の合間をみて、海釣りをはじめた。何時間も釣り糸を垂らしても、まだ一匹も釣れていない。魚釣れない記録がどれだけ続くやら。

    当研究室では、海の研究をしたい学生を募集しています。研究室HPを見てください。
    北大水産学部HPからリンクしています。

研究キーワード

  • VOC   ハロカーボン   ブロモホルム   揮発性有機化合物   臭化メチル   海洋起源   揮発性有機ハロゲン化合物   海洋植物プランクトン   ジブロモメタン   海洋大気   混合層   植物プランクトン   大気観測   塩化メチル   生成メカニズム   ヨウ化メチル   海洋観測   

研究分野

  • 環境学 / 環境動態解析

職歴

  • 2011年04月 - 現在  北海道大学水産科学研究科(研究院)准教授
  • 2006年09月 - 2011年03月  国立環境研究所NIESポスドクフェロー
  • 2006年04月 - 2006年09月  北海道区水産研究所支援研究員
  • 2003年04月 - 2006年03月  北海道大学地球環境科学研究科学振PD

学歴

  • 2000年04月 - 2003年03月   東京大学   理学系研究科   地球惑星科学専攻博士課程
  • 1997年04月 - 1999年03月   東京理科大学   理学研究科   物理学専攻修士課程
  • 1993年04月 - 1997年03月   東京理科大学   理学部   物理学科

所属学協会

  • 日本海洋学会   日本地球化学会   日本分析化学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

教育活動情報

主要な担当授業

  • 海洋生物地球化学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 海洋生物地球化学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 地球化学、化学海洋学、生物生産、環境化学
  • 乗船実習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 海洋生物科学基礎実験
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 基礎分析化学、海水分析、機器分析、基礎生産、環境分析、岩礁海岸の生物相
  • 海洋環境化学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 海洋生物科学実験Ⅰ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 基礎分析化学、海水分析、機器分析、基礎生産、環境分析、岩礁海岸の生物相
  • 分析化学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 化学分析, 溶液化学, 定性分析, 定量分析, 重量分析, 容量分析, 分離分析, 分光学的分析法, 機器分析法, 海水分析
  • 化学海洋学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 栄養塩、基礎生産、物質循環、炭素循環、窒素循環、植物プランクトン、微量金属
  • 乗船実習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : おしょろ丸、海洋観測、生物採集、目視観察
  • 洋上実習Ⅰ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
    キーワード : 乗船実習 おしょろ丸 北太平洋西部 流し網 海洋観測 プランクトン サケ 外洋 生態系 目視調査 操船 
  • 洋上実習Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 水産学部
  • 教科教育法(水産I)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 教育学部
    キーワード :  
  • 環境と人間
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 海洋環境,海洋生態系,環境変化,プランクトン,ベントス,魚類,イカ・タコ類,鯨類,海鳥類,海獣類,海藻,衛星海洋学,生態系モデル,人間活動,地球温暖化,海洋動物の保全・保護


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.