研究者データベース

冨菜 雄介(トミナ ユウスケ)
電子科学研究所 共創研究支援部
特任助教

基本情報

所属

  • 電子科学研究所 共創研究支援部

職名

  • 特任助教

学位

  • 博士(生命科学)(2014年03月 北海道大学)
  • 修士(生命科学)(2011年03月 北海道大学)
  • 学士 (理学)(2009年03月)

科研費研究者番号

  • 70835959

J-Global ID

プロフィール

  • 2014年 北海道大学大学院 生命科学院 生命システム科学コース博士課程修了 (指導教員: 高畑雅一教授)。同大学理学研究院 学術研究員 (2014年4〜7月 高畑研究室)、シンシナティ大学 生物学部門 博士研究員 (2014年8月〜2016年8月 Daniel A. Wagenaar 研究室)、カリフォルニア工科大学 生物学・生物工学部門 JSPS海外特別研究員 (2016年8月〜2018年3月 Wagenaar研究室)を経て、2018年4月〜2020年12月 慶應義塾大学 理工学部 生命情報科学科 (岡浩太郎研究室) JSPS特別研究員PD (2019年8月までカリフォルニア工科大学 生物学・生物工学部門 客員研究員を兼任)。2021年1月より北海道大学 電子科学研究所 ニコンイメージングセンター 特任助教。


    「動物がどのように外界を知覚し、その情報と自らの内的状態に基づいて行動を制御するのか?」という問いが研究の出発点です。神経行動学・行動生理学などの観点から、おもに光学計測・電気生理学・行動解析・解剖学的手法といった技術を駆使して、多機能的な神経回路網の特性に関する研究や無脊椎動物の認知的側面の神経基盤に関する研究をしてきました。研究目的を達成するために適した実験動物を選ぶ「オーグストクローグの原則」を意識し、これまでにロブスター・ザリガニ・ヒル・線虫・ゼブラフィッシュといった動物を利用してきました。学生時代から、設定した研究目的を達成するために自らも実験装置の開発を行うことが多く、考案した技術や手を動かして完成させた装置が実験を成功に導いた瞬間は喜びもひとしおです。生命現象の異なる階層性(分子-細胞-シナプス-神経回路-脳-行動)を統合的に理解するための架け橋となる研究を目指しています。


     


    (2019/9/23) Southern California Japanese Scholars Forumにて研究経歴に関するインタビュー記事を掲載して頂けました。


    「先人の軌跡が研究の道標」動物が感じる世界を読み解く(http://www.scjsf.org/interviews/int_57_1.html)

研究キーワード

  • 機能的コネクトーム   機械感覚系   神経生物学   行動生理学   神経科学   記憶   学習   システム生物学   脳・神経   コネクトーム   神経行動学   環形動物   膜電位感受性色素   集団コーディング   神経イメージング   自発性   サーカディアンリズム   微小脳   細胞内記録   細胞外記録   

研究分野

  • ライフサイエンス / 実験動物学
  • ライフサイエンス / 動物生命科学
  • ライフサイエンス / 生理学
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 行動生理学・神経行動学
  • ライフサイエンス / 神経科学一般

職歴

  • 2021年01月 - 現在 北海道大学 電子科学研究所 特任助教
  • 2018年04月 - 2020年12月 慶應義塾大学 理工学部 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2018年04月 - 2019年08月 カリフォルニア工科大学 生物学・生物工学部門 客員研究員
  • 2016年08月 - 2018年03月 カリフォルニア工科大学 生物学・生物工学部門 日本学術振興会海外特別研究員
  • 2014年08月 - 2016年08月 シンシナティ大学 生物科学部門 Postdoctoral Researcher
  • 2014年04月 - 2014年07月 北海道大学 大学院理学院 学術研究員
  • 2011年04月 - 2014年03月 北海道大学大学院・生命科学院 博士後期課程/日本学術振興会特別研究員DC1

学歴

  • 2011年04月 - 2014年03月   北海道大学   大学院生命科学院生命システム科学コース博士後期課程   生命システム科学コース
  • 2009年04月 - 2011年03月   北海道大学   大学院生命科学院博士前期課程   生命システム科学コース
  • 2006年04月 - 2009年03月   北海道大学   理学部   生物科学科(生物学)
  • 2005年04月 - 2006年03月   北海道大学   理学部   生物系

所属学協会

  • 国際神経行動学会   北米神経科学会   ニューロエソロジー談話会   日本比較生理生化学会   日本動物学会   

研究活動情報

論文

  • Mária Ashaber, Yusuke Tomina, Pegah Kassraian-Fard, Eric A. Bushong, William B. Kristan, Mark H. Ellisman, Daniel A. Wagenaar
    eLife 10 e61881 2021年02月15日 [査読有り][通常論文]
     
    Dorsal Excitor motor neuron DE-3 in the medicinal leech plays three very different dynamical roles in three different behaviors. In swimming, it oscillates at a relatively rapid 2 Hz in antiphase to its Ventral Excitor counterpart (VE-4) and controls the local dorsal flexion phase of the swim rhythm. In crawling, it is active in phase with VE-4 and controls the contraction phase of the crawl rhythm. In "local bending" it operates in tight concert with its contralateral homolog as well as VE-4 to precisely deform the local body wall away from a mechanical stimulus. Without rewiring its anatomical connectivity, how can a motor neuron dynamically switch roles to play its appropriate role in various behaviors? We used voltage-sensitive dye imaging to record from DE-3 and most other neurons in the segmental ganglion of the leech during fictive versions of the three behaviors. Then we re-imaged the same ganglion using serial blockface electron microscopy and traced all of DE-3's processes. Further, we traced back the processes of all of DE-3's presynaptic partners to their respective somata. This allowed us to analyze the relationship between circuit anatomy and the activity patterns it sustains. We found that input synapses important for all of the behaviors were widely distributed over DE-3's branches, yet that functional clusters were different during (fictive) swimming vs. crawling.
  • 技術ノート: ヒル神経系における両側型顕微鏡を用いた網羅的膜電位イメージング法
    冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    日本比較生理生化学 35 3 168 - 177 2018年12月 [査読有り][招待有り]
  • Tomina Y, Wagenaar DA, A
    Bio-protocol 8 5 e2751  2018年03月 [査読有り][通常論文]
  • Yusuke Tomina, Daniel A. Wagenaar
    eLife 6 e29839 2017年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Studies of neuronal network emergence during sensory processing and motor control are greatly facilitated by technologies that allow us to simultaneously record the membrane potential dynamics of a large population of neurons in single cell resolution. To achieve whole-brain recording with the ability to detect both small synaptic potentials and action potentials, we developed a voltage-sensitive dye (VSD) imaging technique based on a double-sided microscope that can image two sides of a nervous system simultaneously. We applied this system to the segmental ganglia of the medicinal leech. Double-sided VSD imaging enabled simultaneous recording of membrane potential events from almost all of the identifiable neurons. Using data obtained from double-sided VSD imaging, we analyzed neuronal dynamics in both sensory processing and generation of behavior and constructed functional maps for identification of neurons contributing to these processes.
  • 冨菜雄介
    比較生理生化学 32 3 132-143 (J-STAGE)  2015年09月 [査読有り][招待有り]
  • Yusuke Tomina, Masakazu Takahata
    JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY 217 20 3688 - 3699 2014年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Animals spontaneously initiate goal-directed behavior including foraging action based on their appetitive motivation. The American lobster Homarus americanus exhibits grasping behavior with its crusher claw as feeding behavior that can be initiated after appropriate operant conditioning. In order to quantitatively characterize the goal-directed grasping behavior with a time resolution fine enough for neurophysiological analysis of its initiation and control mechanisms, we made simultaneous electromyographic (EMG) recording from grasping-and reaching-related muscles of the crusher claw while animals initiated grasping behavior. We developed an in vivo extracellular recording chamber that allowed the animal under a semi-restrained condition to perform operant reward learning of claw grasping. Three muscles in the crusher claw (propodite-dactyl closer/opener and coxal protractor) were found to be closely associated with spontaneous grasping behavior. In spontaneous grasping, the activation of those muscles consistently preceded the grasping onset time and exhibited different activity patterns from the grasp induced by a mechanical stimulus. Furthermore, we found that the timing of coxal protractor activation was closer to the grasp onset and its activity was briefer for goal-directed grasping behavior in trained and hungry animals than for non-goal-directed spontaneous grasping behavior in naive or satiated animals. It is suggested that the goal-directed grasping behavior of lobster is characterized, at least partly, by experience-dependent briefer activity of specific muscles involved in reaching action.
  • Yusuke Tomina, Akihiro Kibayashi, Taishi Yoshii, Masakazu Takahata
    Behavioural Brain Research 249 90 - 103 2013年07月15日 [査読有り][通常論文]
     
    Animals generally exhibit circadian rhythms of locomotor activity. They initiate locomotor behavior not only reflexively in response to external stimuli but also spontaneously in the absence of any specific stimulus. The neuronal mechanisms underlying circadian locomotor activity can, therefore, be based on the rhythmic changes in either reflexive efficacy or endogenous activity. In crayfish Procambarus clarkii, it can be determined by analyzing electromyographic (EMG) patterns of walking legs whether the walking behavior is initiated reflexively or spontaneously. In this study, we examined quantitatively the leg muscle activity that underlies the locomotor behavior showing circadian rhythms in crayfish. We newly developed a chronic EMG recording system that allowed the animal to freely behave under a tethered condition for more than 10 days. In the LD condition in which the animals exhibited LD entrainment, the rhythmic burst activity of leg muscles for stepping behavior was preceded by non-rhythmic tonic activation that lasted for 1323. ±. 488. ms when the animal initiated walking. In DD and LL free-running conditions, the pre-burst activation lasted for 1779. ±. 31 and 1517. ±. 39. ms respectively. In the mechanical stimulus-evoked walking, the pre-burst activation ended within 79. ±. 6. ms. These data suggest that periodic changes in the crayfish locomotor activity under the condition of LD entrainment or free-running are based on activity changes in the spontaneous initiation mechanism of walking behavior rather than those in the sensori-motor pathway connecting mechanoreceptors with leg movements. © 2013 Elsevier B.V.
  • Yusuke Tomina, Masakazu Takahata
    BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH 229 1 91 - 105 2012年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Operant discrimination learning has been extensively utilized in the study on the perceptual ability of animals and their higher order brain functions. We tested in this study whether American lobster Homarus americanus, which was previously found to possess ability of operant learning with claw gripping, could be trained to discriminate light stimuli of different intensities. For the current purpose, we newly developed a PC-controlled operant chamber that allowed the animal under a body-fixed condition to perform operant reward learning with claw gripping. Lobsters were first reinforced when they gripped the sensor bar upon presentation of a light cue. Then they were trained to grip the bar only when the light stimulus of a specific intensity was presented to obtain food reward while the stimuli of three different intensities including the reinforced one were presented in a random order. Finally, they were re-trained to grip the bar only when the light stimulus of another intensity that was not rewarded in the preceding training to obtain food while other intensities including the one that was rewarded previously were not rewarded any more. In these training procedures, the operant behavior occurred more frequently in response to the rewarded cue than to the non-rewarded one. The action latency for the reinforced stimuli showed a significant decrease in the course of training. These data demonstrate that lobsters can be trained with the light cues of different intensity as discriminative stimuli under a restrained condition that would allow application of electrophysiological techniques to the behaving subjects. (C) 2012 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Yusuke Tomina, Masakazu Takahata
    PHYSIOLOGY & BEHAVIOR 101 1 108 - 116 2010年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Operant conditioning is a common tool for studying cognitive aspects of brain functions. As the first step toward understanding those functions in simple invertebrate microbrains, we tested whether operant conditioning could be applied to train American lobster Homarus americanus that has been extensively adopted as an animal model for neurophysiological analyses of nervous system functions and behavioral control. The animal was trained by food rewarding for gripping of a sensor bar as the operant behavior. Lobsters were first reinforced when they acted on the bar with a stronger grip than a pre-set value. After this reinforcement, the animal learnt to grip the bar for food pellets. The yoked control experiment in which the animal received action-independent reinforcement excluded the possibility of pseudoconditioning that the food simply drove the animal to frequent gripping of the sensor bar. The association of the bar-grip with food was extinguished by rewarding nothing to the operant behavior, and was restored by repeating the reinforcement process as before. In addition, lobsters successfully carried out differential reinforcement regarding the gripping force: their gripping force changed depending on the increased force threshold for food reward. These data demonstrate that lobsters can be trained by operant conditioning paradigms involving acquisition and extinction procedures with the precise claw gripping even under the force control. (C) 2010 Elsevier Inc. All rights reserved.

書籍

  • 上田恵介, 岡ノ谷一夫, 菊水健史, 坂上貴之, 辻和希, 友永雅己, 中嶋定彦, 長谷川寿一, 松島俊也, 上田 恵介, 菊水 健史, 坂上 貴之, 岡ノ谷 一夫, 辻 和希 (担当:分担執筆範囲:アメリカザリガニ・アメリカウミザリガニ・口胃神経節)
    東京化学同人 2013年11月 (ISBN: 4807908375) 637

講演・口頭発表等

  • Tansition of neural activities during the development of Ciona swimming CPG  [通常講演]
    Madoka K. Utsumi, Yusuke Tomina, Hideharu Mikami, Kotaro Oka, Kohji Hotta
    International Congress of Neuroethology 2022 2022年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 日本発生生物学会第55回大会 Lessons from Non-Model organisms: For developmental biologists who only use model organisms 2022年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 冨菜 雄介
    日本比較生理生化学会第43回大会 2021年12月 口頭発表(基調)
  • In vivo 超高速3次元撮像法によるゼブラフィッシュ心臓の膜電位動態の解析  [通常講演]
    冨菜 雄介, 小谷 友也
    第7回北大・部局横断シンポジウム 2021年10月 ポスター発表
  • 機能的コネクトーム法によるヒルの多機能性運動神経回路の解析  [通常講演]
    冨菜雄介, Ashaber Maria, Kassraian Pegah, Bushong A Eric, Kristan B William, Elisman H Mark, Wagenaar A Daniel
    第7回北大・部局横断シンポジウム 2021年10月 ポスター発表
  • 膜電位イメージング-コネクトーム融合法によるヒルの多機能性神経回路の生理・解剖学的解析  [招待講演]
    冨菜雄介(オーガナイザー兼スピーカー)
    日本動物学会第92回大会(オンライン米子開催)サテライトシンポジウム「K1 非モデル生物を材料とした神経行動学のイマとミライ」 2021年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 神経行動学:動物の行動の仕組みを探る 〜ヒルを事例として〜  [招待講演]
    冨菜雄介
    脳神経科学特論ゲスト講義 2021年05月
  • 網羅的膜電位イメージング- シリアルブロックSEM融合法による 神経回路網の生理-解剖学的研究  [招待講演]
    冨菜雄介
    北海道大学電子科学研究所第4回オンライン研究交流会 2021年05月
  • ヒル中枢神経系の多様な行動を担う運動ニューロンと前運動ニューロン群を対象とした機能的コネクトーム法による神経生理-解剖学的解析  [通常講演]
    冨菜雄介、アシャバー・マリア, カスライアン・ペガ, ブッション・エリック, クリスタン・ビル, エリズマン・マーク, ワゲナー・ダニエル
    日本動物学会第65回北海道支部大会 2021年03月 口頭発表(一般)
  • 新規の機能的コネクトーム法を用いたヒル中枢神経系における多様な行動を担う前運動ニューロン群のシナプス接続の解析  [通常講演]
    冨菜雄介, アシャバー・マリア, カスライアン・ペガ, ブッション・エリック, クリスタン・ビル, エリズマン・マーク, ワゲナー・ダニエル
    日本動物学会第91回大会(オンライン開催) 2020年09月 ポスター発表
  • 網羅的膜電位イメージング法を用いた接触・圧・侵害感覚の生成 において動員されるヒル神経節ニューロン集団の機能的マッピング  [通常講演]
    冨菜雄介, 岡浩太郎, Daniel A. Wagenaar
    第72回日本動物学会関東支部大会 2020年03月
  • 新規の膜電位イメージング法による感覚と運動に関わるヒル神経節ニューロン集団活動の網羅的解析  [招待講演]
    冨菜 雄介
    第1311回東京大学生物科学セミナー 2019年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Form and function: Connectivity and activity maps of behavioral circuits in the medicinal leech  [通常講演]
    Maria Ashaber, 冨菜 雄介, Eric A. Bushong, Pegah Kassraian-Fard, Keunyoung Kim, Tom Deerinck, Mark. H. Ellisman, Daniel .A. Wagenaar
    北米神経科学会第49回大会 2019年10月 ポスター発表
  • Whole ganglion mapping for various types of mechanosensation in the leech nervous system using voltage-sensitive dye imaging  [通常講演]
    冨菜 雄介, 岡浩太郎, Daniel A. Wagenaar
    北米神経科学会第49回大会 2019年10月 ポスター発表
  • 多様な機械感覚刺激において動員されるヒル神経節 のニューロン群:網羅的イ メージング法による機能的 マッピング  [通常講演]
    冨菜 雄介
    日本動物学会第90回大会 2019年09月 口頭発表(一般)
  • Comprehensive neuronal mapping for various mechanosensation in the leech ganglion based on imaging of membrane potential  [通常講演]
    冨菜 雄介
    Caltech Chen Institute retreat 2019 2019年03月 ポスター発表
  • 両側型顕微鏡による網羅的膜電位イメージング法の確立と適用:ヒル神経系における運動生成と学習過程の解析  [招待講演]
    冨菜 雄介
    慶應大学理工学部生物物理・神経情報学教室セミナー 2018年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 両側膜電位イメージング法を利用したチスイビル類の鋭敏化学習における神経集団活動の解析  [通常講演]
    冨菜 雄介, 岡 浩太郎, Daniel A. Wagenaar
    日本動物学会第89回大会 2018年09月 ポスター発表
  • Whole-ganglion imaging of membrane potential in the medicinal leech using a double-sided microscope  [招待講演]
    冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    Caltech Neurolunch 2018年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Whole-ganglion imaging of membrane potential in the medicinal leech using double-sided microscopy  [通常講演]
    冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    Caltech Chen Institute Retreat 2018 2018年02月 ポスター発表
  • ヒルの多様な行動生成を担う神経基盤:新奇の網羅的膜電位イメージング法 により探る神経回路動態  [通常講演]
    冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    日本動物学会第88回大会シンポジウム「動物の行動多様性を生み出す適応行動制御の神経基盤」S15-1 2017年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Pan-neuronal recording in the leech nervous system using dual-sided voltage sensitive dye imaging  [通常講演]
    冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    北米神経科学会第46回大会 2016年11月 ポスター発表
  • 両側型イメージング法を利用したヒル中枢神経系の汎神経的解析  [招待講演]
    冨菜 雄介
    行動神経生物学講座セミナー 2016年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 医用ビル中枢神経系を対象とした両側型膜電位イメージング法の確立と適用  [招待講演]
    冨菜 雄介
    早稲田大学物理生物学研究室セミナー 2016年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Pan-neuronal analysis of whole ganglion of the leech using double-sided voltage sensitive dye imaging  [通常講演]
    冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    CeNeuro2016 2016年07月 ポスター発表
  • Double-sided voltage sensitive dye imaging of the nervous system of the leech  [通常講演]
    冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    北米神経科学会第45回大会 2015年10月 ポスター発表
  • Dual microscope for simultaneous voltage-sensitive dye imaging of all neurons in a behavioral circuit  [通常講演]
    冨菜 雄介, Daniel A. Wangenaar
    Cell Symposia: Engineering the Brain 2015年10月 ポスター発表
  • 医用ビル中枢神経系における汎神経的解析を目的とした両側型膜電位イメージング法の確立  [招待講演]
    冨菜 雄介
    慶應義塾大学 理工学部特別講義 2015年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 医用ビル中枢神経系における汎神経的解析を目指して: 両側型膜電位イメージング法の確立  [通常講演]
    冨菜 雄介
    日本動物学会 北海道支部第561回支部講演会 2015年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • ヒルの神経行動学: 感覚受容から行動制御における計算の汎神経的な解明を目指して  [招待講演]
    冨菜 雄介
    第53回つくば進化生態セミナー 2015年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 医用ビルを利用した行動発現の神経機構に迫る新奇な解析アプローチ: 両側型膜電位イメージング法とその 展開  [通常講演]
    冨菜 雄介
    森林総合研究所セミナー 2015年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 両側型顕微鏡によるヒル神経節背・腹側における同時膜電位イメージング  [通常講演]
    冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    日本動物学会第86回大会 2015年09月 口頭発表(一般)
  • Dual microscope for simultaneous voltage-sensitive dye imaging of all neurons in a behavioral circuit  [通常講演]
    冨菜 雄介, Annette Stowasser, Daniel A. Wagenaar
    Neuroethology: Behavior, Evolution & Neurobiology in Gordon Research Conference 2015年06月 ポスター発表
  • Simultaneous voltage-sensitive dye (VSD) imaging of both surface of leech ganglia  [通常講演]
    Annette Stowasser, 冨菜 雄介, Daniel A. Wagenaar
    北米神経科学会第44回大会 2014年11月 ポスター発表
  • Electromyographic analysis of goal-directed gripping action in American lobster  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    国際神経行動学会第11回大会 & 日本比較生理生化学会第36回大会 2014年08月 ポスター発表
  • Electromyographic analysis of goal-directed gripping behavior in American lobster H. americanus  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    北海道神経行動学ワークショップ: 無脊椎動物における学習と記憶 2014年07月 ポスター発表
  • Behavioral and physiological studies of goal-directed gripping behavior in American lobster  [通常講演]
    冨菜 雄介
    Seminar of Mark Stopfer’s lab in National Institute of Health 2013年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Chronic electromyographic analysis of circadian locomotor activity in crayfish: Is it initiated spontaneously or reflexively?  [通常講演]
    冨菜 雄介, 木林 章弘, 吉井 大志, 高畑 雅一
    北米神経科学会第43回大会 2013年11月 ポスター発表
  • アメリカウミザリガニにおけるグリッピング行動の筋電図解析  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    日本動物学会第84回 大会 2013年09月 口頭発表(一般)
  • Electromyographic characterization of circadian locomotor activity in crayfish  [通常講演]
    冨菜 雄介, 木林 章弘, 吉井 大志, 高畑 雅一
    日本比較生理生化学会第35回大会 2013年07月 ポスター発表
  • アメリカウミザリガニにおける目標指向行動の行動生理学的解析  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    日本動物行動学会第31回大会 2012年11月 ポスター発表
  • 概日リズムを示すアメリカザリガニ移動運動の筋電図解析:自発性/反射性の検証  [通常講演]
    冨菜 雄介, 木林 章弘, 吉井 大志, 高畑 雅一
    日本動物学会第83回大会 2012年09月 口頭発表(一般)
  • アメリカウミザリガニにおける鋏行動を指標としたオペラント光弁別学習能の検証  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    日本動物学会第57回大北海道支部大会 2012年08月 口頭発表(一般)
  • Operant discrimination learning with gripping behavior in restrained American lobster  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    国際神経行動学会第10回大会 2012年08月 ポスター発表
  • アメリカウミザリガニにおける光弁別学習:鋏行動を指標とした行動学的検証  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    日本動物学会第82回大会 2011年09月 ポスター発表
  • アメリカウミザリガニにおける鋏行動を指標とした光弁別学習課題  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    Animal2011 (日本動物心理学会・日本動物行動学会・応用動物行動学会/日本家畜管理学会による合同大会) 2011年09月 口頭発表(一般)
  • Discrimination learning with light stimuli in restrained American lobster Homarus americanus  [通常講演]
    冨菜 雄介, 高畑 雅一
    国際比較生理生化学会議 2011年05月 ポスター発表
  • 拘束条件下のアメリカウミザリガニにおける光刺激に対するオペラント弁別学習能の検証  [通常講演]
    冨菜 雄介
    日本動物行動学会第29回大会 2010年11月 ポスター発表
  • アメリカウミザリガニのグリッピングによるオペラント学習能の検証  [通常講演]
    冨菜 雄介
    日本比較生理生化学会第32回大会 2010年07月 ポスター発表
  • アメリカウミザリガニはオペラント学習が可能か?:マニピュレ−ションタスクによる行動分析学的検証  [通常講演]
    冨菜 雄介
    日本動物行動学会第28回大会 2009年11月 ポスター発表
  • アメリカウミザリガニのオペラント学習:レバー押し型条件付けによる行動学的検証  [通常講演]
    冨菜 雄介
    日本動物学会第80回大会 2009年09月 口頭発表(一般)
  • Combined membrane potential imaging and connectome of behavioral circuits in the medicinal leech  [通常講演]
    Maria Ashaber, 冨菜 雄介, Eric A. Bushong, Pegah Kassraian-Fard, Tom Deerinck, Mark Ellisman, Daniel A. Wagenaar
    日本比較生理生化学会第41回大会 ポスター発表

その他活動・業績

受賞

  • 2021年 日本比較生理生化学会 第30回(2021年度)吉田奨励賞受賞
     網羅的膜電位イメージングによる環形動物の多機能性神経回路に関する生理学的研究
  • 2014年08月 日本比較生理生化学 2014 ICN/JSCPB 日本比較生理生化学大会発表論文 大会委員長賞受賞
     Electromyographic analysis of goal-directed gripping action in American lobster 
    受賞者: 冨菜 雄介;高畑雅一
  • 2012年08月 日本動物学会北海道支部 日本動物学会第57回北海道支部大会・優秀賞
     アメリカウミザリガニにおける鋏行動を指標としたオペラント光弁別学習能の検証 
    受賞者: 冨菜 雄介
  • 2011年05月 国際比較生理生化学会議 Young Investigator Travel Award
     
    受賞者: 冨菜 雄介
  • 2011年03月 北海道大学大学院・生命科学院・生命システム科学コース 生命システム科学コース修士論文発表会・最優秀賞
     アメリカウミザリガニにおけるオペラント学習能 
    受賞者: 冨菜 雄介
  • 2009年03月 北海道大学(財)クラーク財団 クラーク賞
     
    受賞者: 冨菜 雄介
  • 2009年03月 北海道大学・理学部・生物科学科(生物学) 卒業研究発表ポスター審査員特別賞
     アメリカウミザリガニはオペラント学習ができるか: operant chamberを用いたレバー押し型条件付けによる検証 
    受賞者: 冨菜 雄介
  • 2006年06月 北海道大学 新渡戸賞
     
    受賞者: 冨菜 雄介

共同研究・競争的資金等の研究課題

大学運営

委員歴

  • 2022年 - 2024年   日本比較生理生化学会   評議員
  • 2021年10月 - 2021年11月   ニコンイメージングセンター主催・学術講演会2021実行委員   実行委員
  • 2021年08月 - 2021年10月   第7回北大・部局横断シンポジウム実行委員会   実行委員
  • 2021年03月 - 2021年05月   ニコンイメージングセンター主催・第8回蛍光イメージングミニシンポジウム 実行委員   実行委員
  • 2018年04月 - 2020年03月   日本比較生理生化学会   評議委員

社会貢献活動

  • 動物の感覚と行動の神経生理学
    期間 : 2019年06月02日 - 2019年06月02日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 南カリフォルニア日本人研究者フォーラム
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 南カリフォルニア日本人研究者フォーラム第57回講演会
  • オマールロブスターをモデルとした高次学習の神経メカニズムの解析
    期間 : 2011年08月 - 2011年08月
    役割 : 出演
    主催者・発行元 : 北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 一般公開セミナー: 北海道大学オープンキャンパス「学生が取り組む魅力的な研究の紹介」

メディア報道

  • 「先人の軌跡が研究の道標」 動物が感じる世界を読み解く
    報道 : 2019年09月23日
    発行元・放送局 : 南カリフォルニア日本人研究者フォーラム
    番組・新聞雑誌 : 南カリフォルニア日本人研究者フォーラム講演者インタビュー
    http://www.scjsf.org/interviews/int_57_1.html インターネットメディア

その他

  • 2022年03月 - 2022年03月  トレーニングコース参加「基礎から学ぶ顕微鏡光学系実習 ~きいて、みて、さわって!原理から学ぶ光学顕微鏡~」 
    顕微鏡の原理に関する座学と顕微鏡光学系を組み立てる実習を受講。ニコンイメージングセンターでリモート実習を体験した。 https://www.nibb.ac.jp/pressroom/news/2021/12/22.html
  • 2022年01月 - 2022年01月  トレーニングコース参加「第6回ABiS光学顕微鏡コース」 
    OISTのABiS支援担当による、光学顕微鏡観察と組織透明化技術に関するオンライン講義を受講した。
  • 2021年12月 - 2021年12月  日本比較生理生化学会第43回大会(オンライン札幌大会)ソーシャルイベント「海外若手研究者によるオンライン・パネルディスカッション」 
    比較生理生化学大会運営委員のソーシャルイベント担当者として、海外で活躍する若手研究者によるパネルディスカッションの場を取り仕切った。
  • 2021年11月 - 2021年11月  北海道大学ニコンイメージングセンター学術講演会 
    ㈱ニコンソリューションズと先端バイオイメージング支援プラットフォーム(ABiS)との共催。4名の研究者による学術講演と6社の協賛企業からの講演を企画した。北海道大学ニコンイメージングセンタースタッフ(三上秀治教授、冨菜雄介特任助教、小林健太郎技術員、中野和佳子技術員)で主催した。
  • 2021年09月 - 2021年09月  ニコンイメージングセンターディレクターズミーティング 2021 
    世界各地のニコンイメージングセンターのディレクター達が参加する国際会議にオンライン参加し、光学製品に関する情報共有などの交流を行った。
  • 2021年09月 - 2021年09月  日本動物学会第92回大会(オンライン米子開催)サテライトシンポジウム「K1 非モデル生物を材料とした神経行動学のイマとミライ」 
    渡邊崇之 助教(総合研究大学)と共同オーガナイザーとして6時間におよぶ若手神経行動学者の研究紹介の場を取り仕切った。
  • 2021年05月 - 2021年05月  第8回蛍光イメージングミニシンポジウム 
    (株)ニコンソリューションズと先端バイオイメージング支援(ABiS)の協力との共催。3名の研究者による学術講演と協賛企業による講演を企画した。北海道大学ニコンイメージングセンタースタッフ(三上秀治教授、冨菜雄介特任助教、小林健太郎技術員)で主催した。
  • 2014年07月 - 2014年07月  国際神経行動学会(ICN) 2014 現地運営スタッフ 
    国際神経行動学会2014の現地運営スタッフとして, 日本比較生理生化学会若手の会の峯岸諒氏と甲斐加樹来氏らとともにStudent/Postdoc Mixer企画に おける組織運営を担い, 主催者として100名を超える海外若手研究者交流の場を取り仕切った。
  • 2011年08月 - 2011年08月  トレーニングコース参加「第22回 生理学研究所 生理科学実験技術トレーニングコース パッチクランプ法」
  • 2010年08月 - 2010年08月  トレーニングコース参加「第21回 生理学研究所 生理科学実験技術トレーニングコース 生理学実験のための電気回路・機械工作・プログラミング(2)-C言語によるPICプログラミング-」


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.