研究者データベース

鄭 惠先(チヨン ヘソン)
高等教育推進機構 国際教育研究部
教授

基本情報

所属

  • 高等教育推進機構 国際教育研究部

職名

  • 教授

学位

  • 博士(学術)(大阪府立大学(日本))
  • 修士(学術)(大阪府立大学(日本))

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 多文化教育   日本語教育   対照言語学   社会言語学   contrastive analysis   second language acquisition   

研究分野

  • 人文・社会 / 日本語教育
  • 人文・社会 / 日本語学

職歴

  • 2019年12月 - 現在 北海道大学 教授
  • 2009年04月 - 2019年11月 北海道大学 准教授
  • 2005年04月 - 2009年03月 長崎外国語大学 准教授
  • 2005年04月 - 2009年03月 Associate Professor, Nagasaki University of Foreign studies
  • 2004年04月 - 2005年03月 長崎外国語大学 講師
  • 2004年04月 - 2005年03月 Instructor, Nagasaki University of Foreign studies
  • 2003年04月 - 2004年03月 長崎外国語短期大学 講師
  • 2003年04月 - 2004年03月 Instructor, Nagasaki College of Foreign

学歴

  •         - 2003年   大阪府立大学大学院   人間文化研究科   日本語学
  •         - 2003年   The Graduate School of Osaka Prefecture University
  •         - 1999年   大阪府立大学大学院   総合科学研究科   日本語学
  •         - 1999年   The Graduate School of Osaka Prefecture University
  •         - 1990年   Duksung Women's University

所属学協会

  • 異文化間教育学会   日本語教育方法研究会   韓国日本学会   朝鮮学会   韓国日語教育学会   韓国日語日文学会   日本語学会   韓国日本語学会   日本語教育学会   社会言語科学会   The Association of Korean Language Education   The Mathematical Linguistic Society of Japan   The Society for Teaching Japanese   The Japanese Association of Sociolinguistic Sciences   

研究活動情報

論文

  • 多文化交流型授業における協働作業を通して学生は何に気づくか−ワールド・カフェ・セッションへの分析をもとに−
    鄭 惠先
    CAJLE2019 Proceedings 128 - 136 2019年10月 [査読無し][通常論文]
  • テレビ番組の翻訳による出演者イメージの生成と変質−日韓翻訳の意訳・誤訳の事例をもとに−
    鄭 惠先
    タイ国日本研究国際シンポジウム2018 論文集 130 - 134 2019年03月 [査読有り][通常論文]
  • 日本語学習者向け日日辞典に必要な外来語の語義と文法情報-新聞で使用される「コメント」を例に-
    中山英治, 坂口昌子, 鄭惠先
    タイ国日本研究国際シンポジウム2018 論文集 149 - 153 2019年03月 [査読有り][通常論文]
  • 映像メディアの翻訳過程で見られるキャラクタの再創出—日韓・韓日翻訳における言語的変形をもとに—
    鄭 惠先
    国際広報メディア・観光学ジャーナル 27 3 - 15 2018年10月 [査読有り][通常論文]
  • スポーツ情報番組のジャンルによる語用論的特徴—日韓対照で見られるスピーチレベルシフトの相違に注目して—
    鄭 惠先
    北海道大学国際教育研究センター紀要 21 39 - 51 2017年12月 [査読有り][通常論文]
  • 「多文化交流型授業」の授業設計とアセスメントのための基礎的研究
    永岡悦子, 鄭惠先
    CAJLE2017 Proceedings 166 - 175 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 円滑な双方向的コミュニケーションを目指したアウトカム重視型の「やりとり」科目のコースデザイン
    鄭 惠先
    北海道大学国際教育研究センター紀要 20 17 - 27 2016年 [査読有り][通常論文]
  • 授業実践「中級やりとり(基礎)3」「ピア・コメント」と「ふり返り」を主軸とした学習者主体の授業活動
    鄭 惠先
    北海道大学国際教育研究センター紀要 20 39 - 51 2016年 [査読有り][通常論文]
  • バラエティ番組に見られる文字テロップのキャラクタ構築の機能
    鄭 惠先
    科学研究費補助金基盤研究(B)「役割語の総合的研究」研究報告書 70 - 83 2016年 [査読無し][招待有り]
  • 日韓混成グループによるオンライン協働活動を主軸とした課題解決型授業の試み
    鄭惠先, 平山花菜絵, 青木麻衣子, 菊池誠治
    日本語學研究 49 109 - 125 2016年 [査読有り][通常論文]
  • 辞書の意味記述に基づく日・中・韓三言語の「顔」の慣用句の比較−多言語慣用句データベースの構築に向けて−
    鄭惠先, 王崗, 森口稔, 中山英治, 坂口昌子, 恩塚千代
    日本語言文化研究 第四輯 下 157 - 166 2016年 [査読有り][通常論文]
  • 鄭 惠先
    北海道大学留学生センター紀要 19 24 - 34 北海道大学国際本部留学生センター 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 留学生と日本人学生がともに学ぶ多文化交流型授業を考える
    高橋彩, 青木麻衣子, 山田智久, 小河原義朗, 鄭惠先
    科学研究費補助金挑戦的萌芽研究「グローバル人材育成に資する多文化交流型授業のフレームワーク構築への挑戦」研究報告書 2015年 [査読無し][通常論文]
  • 【特集】留学生と日本人学生がともに日本語で学ぶ「多文化交流科目」の創設
    青木麻衣子, 小河原義朗, 鄭惠先 他
    北海道大学留学生センター紀要 18 1 - 97 2014年 [査読無し][通常論文]
  • SNSを利用した相互学習の効果と課題−日韓両言語学習者の協働的活動を例として−
    鄭惠先, 恩塚千代
    日本語教育研究 27 177 - 194 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 小河原義朗, 鄭惠先
    北海道大学留学生センター紀要 16 93 - 108 北海道大学国際本部留学生センター 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 日韓両言語学習者間の役割語相互学習−オンライン協働翻訳活動の分析と評価−
    鄭惠先, 恩塚千代
    日語日文學研究 82 1 517 - 538 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 役割語を主題とした日韓翻訳の実践−課題遂行型の翻訳活動を通しての気づきとスキル向上
    鄭 惠先
    科学研究費補助金基盤研究(B)「役割語の理論的基盤に関する総合的研究」研究報告書 101 - 112 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に見られる「〜てならない」「〜てたまらない」「〜てしかたない」「〜てしょうがない」の使い分け-日本語学習者に対する指導への応用
    鄭惠先, 小池真理, 舩橋瑞貴
    北海道大学留学生センター紀要 第13号 4 - 21 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 日本語役割語に対する韓国人日本語学習者の意識
    鄭 惠先
    長崎外大論叢 2008年 [査読有り][通常論文]
  • 方言意識の日韓対照-役割語翻訳の観点から-
    鄭 惠先
    日本語科学 第23号 2008年 [査読有り][通常論文]
  • ナガラ節に見られる日本語学習者の母語転移―韓国語母語話者が用いる「ながら」の始点的用法を中心に―
    坂口昌子, 鄭惠
    京都外国語大学研究論叢 第LXVⅢ号 191 - 198 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 韓国の方言イメージについての意識調査-日本語と韓国語の役割語対照の観点から
    鄭 惠先
    財団法人福岡アジア都市研究所若手研究者研究活動助成報告書 87 - 98 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 日本語と韓国語の役割語の対照―対訳作品から見る翻訳上の問題を中心に-
    鄭 惠先
    社会言語科学 8 1 2005年 [査読有り][通常論文]
  • 日本語と韓国語の複数形接尾辞の使用範囲―文学作品と意識調査の分析結果から―
    鄭 惠先
    日本語科学 17,27-46 2005年 [査読有り][通常論文]
  • 日本語人称詞の社会言語学的研究
    鄭 惠先
    大阪府立大学博士学位論文 2003年 [査読有り][通常論文]
  • 日本語と韓国語の人称詞の使用頻度-対訳資料から見た頻度差とその要因-
    鄭 惠先
    日本語教育 114 30 - 39 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 鄭 惠先
    計量国語学 23 7 333 - 346 計量国語学会 2002年 [査読有り][通常論文]
  • 誤用分析にもとづく「ながら」と「ミョンソ」の比較-始点の用法と述語の持続性を中心に-(共著)
    鄭惠先, 坂口昌子
    日本語教育論集『世界の日本語教育』 11 153 - 166 2001年 [査読有り][通常論文]
  • 鄭 惠先
    社会言語科学 4 1 58 - 67 社会言語科学会 2001年 [査読有り][通常論文]
     
    本研究の目的は,複数を表す接尾辞「たち」と「ら」の選択の条件を明らかにすることにある.方法としては,映画シナリオを資料とし,その中から「人称代名詞+たち」と「人称代名詞+ら」の形式を取りだして,使用実態を考察した.選択条件としては,話し手の属性による観点から「地域差」と「性差」,発話内容による観点から「聞き手包含・非包含」という項目を立てた.すなわち,地域が関東か関西か,話し手が男性か女性か,また,自称複数に聞き手を含むか含まないかを調べ,「たち」と「ら」の使用率を比較した.分析の結果,「たち」と「ら」の使用上の選択条件として,以下のことが検証された.(1)関西では関東に比べ,「ら」の使用率が高い.(2)関東では,男性が女性に比べ,「ら」の使用率が高い.(3)関東では,自称複数に聞き手を含まない文が聞き手を含む文に比べ,「ら」の使用率が高い.
  • 鄭 惠先
    人間文化学研究集録 10 33 - 45 大阪府立大学大学院人間文化学研究科 2000年 [査読有り][通常論文]
     
    Personal expressions in Japanese have characteristic that resemble those in Korean. However, in actual usage, there are many differences. The following were verified as the result of an analysis of the singular personal expressions: (1)It is more frequent for the personal expressions to be omitted in Japanese than in Korean; (2)"jibun" of Japanese is widely used compared with "jagi" of Korean. The following were verified as the result of the analysis about the plural personal expressions: (3)It is more frequent for the plural suffixes to be omitted in Japanese than in Korean; (4)The plural first person pronoun "uri" of Korean sometimes has the role of shortening the psychological distance with the listener.
  • 日本語人称詞の社会言語学的考察
    鄭 惠先
    大阪府立大学修士学位論文 1999年 [査読有り][通常論文]
  • 「ぼく」と「おれ」の待遇価値の変化に関する考察
    鄭 惠先
    人間文化学研究集録 9 68 - 80 1999年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 国際教育研究センター ブックレット2 オンラインでつなぐ協働学習−複数国・地域間での多文化交流型授業の実践
    馬渕仁, 鄭惠先, 菊池誠治, 大塚薫, 宮城徹, 青木麻衣子 (担当:分担執筆範囲:日韓協定校間を結ぶオンライン協働学習の効果と課題)
    北海道大学国際連携機構国際教育研究センター 2017年12月
  • 北海道大学国際本部留学生センター ブックレット1 留学生と日本人学生がともに学ぶ「多文化交流科目」を考える
    松尾知明, 山田泉, ウィツエッド、クレイグ, 青木麻衣子, 小河原義朗, 鄭惠先 (担当:分担執筆範囲:第二部 北海道大学における取り組み 授業実践報告『日本語のバリエーション』)
    北海道大学国際本部留学生センター 2015年
  • 役割語研究の展開
    金水敏編著 (担当:分担執筆)
    くろしお出版 2011年
  • 役割語研究の地平
    金水敏編著 (担当:分担執筆)
    くろしお出版 2007年

講演・口頭発表等

  • スポーツ放送の日韓対照研究  [通常講演]
    鄭 惠先
    国際シンポジウム「スポーツコミュニケーション研究への助走」 2018年09月 口頭発表(一般)
  • 日本語学習者向け日日辞典に必要な外来語の語義と文法情報-新聞で使用される「コメント」を例に-  [通常講演]
    中山英治, 坂口昌子, 鄭惠先
    タイ国日本研究国際シンポジウム2018 2018年08月 口頭発表(一般)
  • テレビ番組の翻訳による出演者イメージの生成と変質-日韓・韓日翻訳の意訳・誤訳の事例をもとに-  [通常講演]
    鄭 惠先
    タイ国日本研究国際シンポジウム2018 2018年08月 口頭発表(一般)
  • 学習者の視点からみた汎用的能力の再考:異文化理解に対する外国人留学生の意識調査をもとに  [通常講演]
    永岡悦子, 鄭惠先
    日本語教育国際研究大会 Venezia ICJLE 2018 2018年08月 口頭発表(一般)
  • 『多文化交流型授業』の授業設計とアセスメントのための基礎的研究  [通常講演]
    永岡悦子, 鄭惠先
    CAJLE2017年年次大会 2017年08月 口頭発表(一般)
  • バラエティ番組の文字テロップによるテクスト生成の過程−理論的基底の提供をめざして  [通常講演]
    鄭 惠先
    韓国日本語学会第35回国際学術発表大会 2017年03月 口頭発表(一般)
  • 3モード(やりとり・表現・理解)による記述と実践の結びつき  [招待講演]
    小河原義朗, 鄭惠先
    平成28年度名古屋大学国際言語センター国際シンポジウム 2017年03月 口頭発表(招待・特別)
  • 多文化交流活動で必要となるコミュニケーション能力育成のための 日本語スタンダードの構築  [通常講演]
    小河原義朗, 鄭惠先
    2016年度日本語教育学会秋季大会 2016年10月 ポスター発表
  • 交流型授業を下支えする日本語カリキュラムの開発  [招待講演]
    鄭 惠先
    2105年度韓国研究財団支援事業学術人文社会一般共同研究「大学校日本語教育改善のためのブレンディッドラーニング教授学習模型」主催 特別講演会 2016年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 『ふさわしい』日本語のやりとりとは何か−学習者同士のピア・コメント活動を通した気づきと意識化の促進−  [通常講演]
    鄭 惠先
    日本語教育国際研究大会 BALI ICJLE 2016 2016年08月 口頭発表(一般)
  • 課題解決型オンライングループ活動を通した新たな交流型授業の提案−ICTを活用した韓国協定校との遠隔協働学習−  [通常講演]
    平山花菜絵, 鄭惠先
    2016年度日本語教育学会春季大会 2016年05月 ポスター発表
  • 中級「やりとり」科目の実践報告―アウトカム重視型のコースデザイン―  [通常講演]
    鄭惠先, 今泉智子, 須藤むつこ, 水谷圭子
    第46回日本語教育方法研究会 2016年03月 ポスター発表
  • 『顔』に関する慣用句の多言語比較による意味記述 -日本語と韓国語の対照を中心に-  [通常講演]
    鄭 惠先
    韓国日本語学会第32回国際学術発表大会 2015年09月 口頭発表(一般)
  • 『顔』に関する慣用句の多言語比較による意味記述  [通常講演]
    鄭 惠先
    第四回中日韓朝言語文化比較研究国際シンポジウム 2015年08月 口頭発表(一般)
  • 交流型授業における自己・他者評価シートの活用とフィードバック  [通常講演]
    鄭 惠先
    第10回OPI国際シンポジウム「〜OPI導入25周年を迎えて〜『多様なつながりとOPIの可能性』」 2015年07月 口頭発表(一般)
  • 日韓のテレビ番組における制作側の意図的なディスコース操作の様相  [招待講演]
    鄭 惠先
    第3回対照言語学ワークショップ 2015年07月 口頭発表(招待・特別)
  • 留学生と日本人学生がともに学ぶ多文化交流型授業の実践  [通常講演]
    小河原義朗, 鄭惠先, 青木麻衣子
    第21回大学教育研究フォーラム 参加者企画セッション 2015年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 「多文化交流科目」授業実践報告 世界の諸言語との対照から日本語を見直す  [招待講演]
    鄭 惠先
    2014年度北海道大学国際本部留学生センター研修事業 多文化交流科目シンポジウム 2015年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • バラエティ番組に見られる文字テロップのキャラクタ構築の機能  [通常講演]
    鄭 惠先
    役割語・キャラクター言語研究 国際ワークショップ 2015年02月 口頭発表(一般)
  • 大学における「多文化交流科目」の制度化と促進 − 留学生と日本人学生がともに学ぶクラスを中心とした有機的な学内連携−  [通常講演]
    小河原義朗, 鄭惠先, 山田智久
    2014年度日本語教育学会秋季大会 2014年10月 ポスター発表
  • 慣用表現の多言語対照による語彙の意味拡張の分析  [招待講演]
    鄭 惠先
    第2回対照言語学ワークショップ(北海道大学大学院文学研究科・言語情報学講座主催) 2014年08月 口頭発表(招待・特別)
  • 協働を重視したグループ活動の試み−オンラインとオフラインをつなぐ−  [招待講演]
    鄭 惠先
    国際シンポジウム留学生と日本人学生が共に学ぶ「多文化交流」型授業の開発 2013年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • SNSを利用した自律的相互学習の効果と課題−日韓両言語母語話者の協働学習活動を例として−  [通常講演]
    鄭 惠先
    韓国日語教育學會2013年度第23回國際學術大會 2013年04月 口頭発表(一般)
  • 語用論的立場から見る映像メディアの韓日翻訳  [通常講演]
    鄭 惠先
    銘傳大學2013国際學術研討會「應用日語教育的理論與實践」 2013年03月 口頭発表(一般)
  • 翻訳における意図的な変形プロセスとキャラクタの再創出—映像メディアの日韓・韓日翻訳を例として−  [通常講演]
    鄭 惠先
    第30回社会言語科学会研究大会 2012年09月 口頭発表(一般)
  • 日韓対照によるメディア言語研究へのアプローチ-映像メディアのジャンルによる言語的特徴を中心に  [通常講演]
    鄭 惠先
    36回メディアとことば研究会 2012年03月 口頭発表(一般)
  • 日韓対照の観点から見た映像メディアの言語的特徴  [通常講演]
    鄭 惠先
    2011世界日本語教育大会 2011年 口頭発表(一般)
  • 「SNS活動「日韓役割語相互学習倶楽部」への参与観察報告-カキコミに見られる両言語学習者の役割語意識-  [通常講演]
    鄭 惠先
    公開シンポジウム「役割語・発話キャラクタ研究の展開」 2010年 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 韓国人を対象とした日本語役割語教育の意義と方法  [招待講演]
    鄭 惠先
    第104回在韓日本語講師研究会特別講演会 2010年 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「日韓翻訳演習」授業における役割語教育の効果−学習者への意識調査にもとづく授業実践の試み−  [通常講演]
    鄭 惠先
    2010世界日本語教育大会 2010年 口頭発表(一般)
  • “おれだ!”“あたしよ!”“わしじゃ!”한국어로 하면?~일본어役割語번역~  [招待講演]
    鄭 惠先
    江原大学校人文大学日本学科特別講義 2009年 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 方言イメージの日韓対照  [通常講演]
    韓国日本語学会第15回学術発表会 2007年
  • 韓国人日本語学習者の役割語の習得―文末形式と方言に注目して-  [通常講演]
    日本語教育学会研究集会(関西地区) 2007年
  • 日韓対照役割語研究-その可能性を探る-  [通常講演]
    関西言語学会第30回記念大会 シンポジウム「対照役割語研究への誘い」 2005年
  • 日本語と韓国語の役割語の対照-漫画の登場人物に対する意識調査結果をもとにして-  [通常講演]
    韓国日本語学会第10回学術発表会 2004年
  • 複数形接尾辞「たち」と「ら」の使い分け-映画シナリオの使用実態調査を基にして  [通常講演]
    社会言語科学会第5回研究大会 2000年
  • 役割語を主題とした「日韓翻訳演習」の実践報告-課題遂行型の翻訳活動を通しての気づきとスキル向上-  [通常講演]
    鄭 惠先
    役割語研究会シンポジウム シンポジウム・ワークショップパネル(指名)

作品等

  • A study of Difference between 'Nagara' and 'Myonso'
    2000年 -2001年

その他活動・業績

  • 鄭 惠先 社会言語科学 17 (2) 84 -86 2015年 [査読無し][招待有り]
  • 2012年度韓国協定校超短期留学生受け入れプログラム開発・実施報告
    青木麻衣子, 小河原義朗, 鄭惠先 北海道大学留学生センター紀要 (16) 118 -133 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 2011ホリデーイン日高 実施報告—多文化交流行事への道-
    高橋彩, 青木麻衣子, 鄭惠先 北海道大学国際本部留学生センター (15) 80 -89 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 恵理, 鄭 惠先 日本語教育方法研究会誌 17 (2) 36 -37 2010年09月11日 
    'Online Japanese- Korean languages mutual learning community' provides learners with language learning opportunities through translating on SNS. In particular, in these activities a pair of the learners, a Japanese and a Korean, submits Japanese speech bubbles with Korean translations and then all participants of the SNS engage in a debate to have 'the best translation'. Korean Japanese-language learners tend to reflect their usage especially about tense and particles while Japanese Korean-language learners often bring their cultural knowledge about Korea into the discussions. The result shows that there are various arguments which are free from the traditional grammar oriented approach to language learning.
  • ネットを利用した日本語教育の動向と今後の可能性-北海道大学留学生センター「日本語教授法ワークショップ2010」報告-
    鄭 惠先 日東學研究 2 111 -133 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 「役割語」教育を通しての日韓翻訳のスキルアップ
    鄭 惠先 科学研究費基盤研究(B)「役割語の理論的基盤に関する総合的研究」研究報告書 138 -141 2009年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 充分な見出し項目数を有する学習者向け日日辞典のコンセプト提案
    科学研究費助成事業基盤研究(C)
    研究期間 : 2017年 -2019年 
    代表者 : 森口稔
  • メディア制作者の意図的なディスコース操作による視聴者の解釈の誘導とキャラクタ構築
    科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2015年 -2017年 
    代表者 : 鄭 惠先
  • グローバル人材育成に資する多文化交流型授業のフレームワーク構築への挑戦
    科学研究費補助金挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 高橋彩
  • 役割語の総合的研究
    科学研究費補助金基盤研究(B)
    研究期間 : 2011年 -2015年 
    代表者 : 金水敏
  • 日韓対照を通した映像メディアの言語的特徴の記述
    科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 鄭 惠先
  • 日韓役割語の相互学習支援と参与観察研究-ネットを介した物語創作の協同活動-
    科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 鄭 惠先
  • 役割語の理論的基盤に関する総合的研究
    科学研究費補助金基盤研究(B)
    研究期間 : 2007年 -2010年 
    代表者 : 金水敏
  • コミュニケーションのための教育文法に基づく日本語教材作成のための基礎的研究
    科学研究費補助金基盤研究(B)
    研究期間 : 2005年 -2009年 
    代表者 : 小林ミナ
  • 日韓対照役割語研究-相互翻訳と言語教育の視点から-
    科学研究費補助金基盤研究(C)
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 鄭 惠先
  • Role language of Japanese
    研究期間 : 2004年 -2007年
  • Japanese acguisition
    研究期間 : 2000年 -2006年
  • 日本語と韓国語の役割語の対照
    福岡アジア都市研究所若手研究者活動助成
    研究期間 : 2004年04月 -2005年03月 
    代表者 : 鄭 惠先

教育活動情報

主要な担当授業

  • メディアリテラシー
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 言語能力 識字能力 新聞成立 世界理解 世界認識 思想 ジャーナリズム メディア 政治 文化 メディア言語 言語教育政策 テクノロジー メディア・ディスコース 批判的談話分析
  • 比較日本語論演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 対照言語研究 日本語の構造 文法 音韻 語彙

大学運営

委員歴

  • 2017年07月 - 現在   公益社団法人日本語教育学会   代議員
  • 2017年07月 - 現在   公益社団法人日本語教育学会   支部活動委員
  • 2017年04月 - 現在   社会言語科学会   学会誌編集委員会委員
  • 2017年01月 - 現在   韓国日語教育学会   編集委員
  • 2015年10月 - 現在   韓国日本語学会   編集委員
  • 2014年01月 - 現在   韓国日本語学会   国際理事
  • 2011年12月 - 2017年06月   公益社団法人日本語教育学会   研究集会委員会委員
  • 2009年07月 - 2013年06月   公益社団法人日本語教育学会   学会誌委員会委員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.