研究者データベース

東藤 正浩(トウドウ マサヒロ)
工学研究院 人間機械システムデザイン部門 バイオ・ロボティクス分野
教授

基本情報

所属

  • 工学研究院 人間機械システムデザイン部門 バイオ・ロボティクス分野

職名

    教授

学位

  • 博士(工学) (北海道大学)

メールアドレス

    eメール:    todoh@eng.hokudai.ac.jp

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 10314402

研究キーワード

  • 放射線、X線、粒子線   老化   骨組織   階層構造   アパタイト   骨梁構造   X線回折   残留応力   複合構造   生体材料   骨単位   機械材料・材料力学   生物・生体工学   リモデリング   皮質骨微細構造   最適構造   構造最適性   生体機能利用   放射線,X線,粒子線   格子構造モデル   コラーゲン   バイオメカニクス   骨   個体別モデル   顎関節   計算生体力学   結晶配向性   皮質骨   マイクロストラクチャ   生体骨組織   ハイドロキシアパタイト   骨梁   生体力学   生体力学   

研究分野

  • 機械工学 / 機械材料・材料力学
  • 人間医工学 / 医用生体工学・生体材料学
  • 機械工学 / 機械材料・材料力学

職歴

  • 2018年04月 - 現在  北海道大学大学院工学研究院人間機械システムデザイン部門バイオ・ロボティクス分野教授
  • 2018年01月 - 2019年01月  北海道教育大学札幌校非常勤講師
  • 2018年05月 - 2018年05月  旭川工業高等専門学校非常勤講師
  • 2010年04月 - 2018年03月  北海道大学大学院工学研究院人間機械システムデザイン部門バイオ・ロボティクス分野准教授
  • 2015年09月 - 2015年09月  北見工業大学機械工学専攻非常勤講師
  • 2009年07月 - 2010年04月  ETH ZurichInstitute for BiomechanicsGuest Professor
  • 2005年04月 - 2010年03月  北海道大学大学院工学研究科人間機械システムデザイン専攻バイオ・ロボティクス講座准教授
  • 2004年08月 - 2005年03月  北海道大学大学院工学研究科機械科学専攻設計機能工学講座助教授
  • 2003年04月 - 2004年07月  大阪大学大学院基礎工学研究科機能創成専攻生体工学領域助手
  • 1999年04月 - 2003年03月  大阪大学大学院基礎工学研究科システム人間系専攻機械科学分野助手

学歴

  • 1990年04月 - 1994年03月   北海道大学   工学部   機械工学第二学科   日本
  • 1994年04月 - 1996年03月   北海道大学   大学院工学研究科   機械工学第二専攻   日本
  • 1996年04月 - 1999年03月   北海道大学   大学院工学研究科   機械科学専攻   日本

所属学協会

  • 日本機械学会   日本材料学会   日本臨床バイオメカニクス学会   日本生体医工学会   日本骨形態計測学会   日本バイオレオロジー学会   日本骨代謝学会   日本バイオマテリアル学会   American Society of Mechanical Engineers   

研究活動情報

論文

  • Tsujimoto Takeru, Sudo Hideki, Todoh Masahiro, Yamada Katsuhisa, Iwasaki Koji, Ohnishi Takashi, Hirohama Naoki, Nonoyama Takayuki, Ukeba Daisuke, Ura Katsuro, Ito Yoichi M., Iwasaki Norimasa
    EBIOMEDICINE 37 521 - 534 2352-3964 2018年11月 [査読有り][通常論文]
  • Satoshi Yamada, Mai Onuma, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    Journal of Biomechanical Science and Engineering 13 (3) 18-00110  2018年07月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Autoimmune arthritis deteriorates bone quantity and quality of periarticular bone in a mouse model of rheumatoid arthritis
    Shimizu T, Takahata M, Kimura-Suda H, Kameda Y, Enfo K, Hamano H, Hiratsuka S, Ota M, Ito T, Todoh M, Tadano S, Iwasaki N
    Osteoporosis International 28 709 - 718 2017年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Kaori Endo, Satoshi Yamada, Masahiro Todoh, Masahiko Takahata, Norimasa Iwasaki, Shigeru Tadano
    PeerJ 4 e1562  2016年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Rikiya Baba, Tomohiro Onodera, Daisuke Momma, Masatake Matsuoka, Kazutoshi Hontani, Sameh Elmorsy, Kaori Endo, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Norimasa Iwasaki
    Tissue Engineering. Part C, Methods 21 (12) 1263 - 1273 1937-3384 2015年12月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Yukinori Tsukuda, Tomohiro Onodera, Masayuki Ito, Yasuharu Izumisawa, Yasuhiko Kasahara, Tatsuya Igarashi, Nobuo Ohzawa, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Norimasa Iwasaki
    Journal of Biomedical Materials Research Part A 103 (11) 3441 - 3448 2015年11月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Tomohiro Shimizu, Masahiko Takahata, Yusuke Kameda, Hiroki Hamano, Teppei Ito, Hiromi Kimura-Suda, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Norimasa Iwasaki
    Bone 64 95 - 101 8756-3282 2014年04月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Sameh Elmorsy, Tadanao Funakoshi, Fumio Sasazawa, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Norimasa Iwasaki
    Osteoarthritis and Cartilage 22 121 - 127 2014年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Kazuhiro Fujisaki, Masahiro Todoh, Atsushi Niida, Ryota Shibuya, Shunsuke Kitami, Shigeru Tadano
    Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials 10 176 - 182 1751-6161 2012年06月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Tatsuya Igarashi, Norimasa Iwasaki, Daisuke Kawamura, Yukinori Tsukuda, Yasuhiko Kasahara, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Akio Minami
    Cartilage 3 70 - 78 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Taira Ogita, Masaru Kanaoka, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    Journal of Biomechanical Science and Engineering 7 (2) 248 - 258 1880-9863 2012年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 荻田平, 但野茂, 東藤正浩, 金岡優
    日本機械学会論文集C編 日本機械学会論文集C編 77 (774) 537 - 544 1884-8354 2011年02月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    Orthopaedic implants have been fixed to bone tissue by other artificial materials such as bone cement or clinical screws. It is important to develop the bonding technique between bone and implant materials directly. Laser technique with high energy density is effective tool for bonding the different materials in short duration precisely. In this study, the laser technique for the bonding of bone and implant material has been proposed. The applications of laser technique were examined for the sintered (HAp), glass-added hydroxyapatite (G-HAp) and bone tissue. As a result of laser irradiation on brittle HAp, the cracks appeared near the melting region. However, on G-HAp containing cordierite-glass ceramics with a low linear expansion coefficient, crack-generation was reduced and performance of laser processing improved. The application for the bonding of bone and G-HAp showed that a sufficient bonding was achieved by the generation of melting region of HAp and bone with cavities by the evaporation of bone tissue.
  • Satoshi YAMADA, Shigeru TADANO, Masahiro TODOH, Kazuhiro FUJISAKI
    Journal of Biomechanical Science and Engineering 6 (2) 114 - 124 1880-9863 2011年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Ryo Takeda, Shigeru Tadano, Akiko Natorigawa, Masahiro Todoh, Satoshi Yoshinari
    Journal of Biomechanics 42 (15) 2486 - 2494 0021-9290 2009年11月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Ryo Takeda, Shigeru Tadano, Masahiro Todoh, Manabu Morikawa, Minoru Nakayasu, Satoshi Yoshinari
    Journal of biomechanics 42 (3) 223 - 233 0021-9290 2009年02月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Bijay Giri, Masahiro Nishimoto
    Journal of Biomechanical Science and Engineering 4 (2) 230 - 238 1880-9863 2009年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Bijay Giri, Shigeru Tadano, Kazuhiro Fujisaki, Masahiro Todoh
    Journal of Biomechanics 41 (15) 3107 - 3115 0021-9290 2008年11月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Shigeru Tadano, Bijay Giri, Takuya Sato, Kazuhiro Fujisaki, Masahiro Todoh
    Journal of Biomechanics 41 (5) 945 - 952 0021-9290 2008年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Bijay GIRI, Shigeru TADANO, Kazuhiro FUJISAKI, Masahiro TODOH
    Journal of Biomechanical Science and Engineering Journal of Biomechanical Science and Engineering 2 (1) 1 - 11 1880-9863 2007年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    Naturally occurring holes in bone called foramina are not detected as region of crack initiation or growth. Lumbar vertebrae, which are subjected to complex external loads, have considerable number of such big and small foramina. The mechanical characteristics of bone profoundly depend on the mineral content (HAp crystals) and collagen fibers alignment, where c-crystallographic axis of HAp crystals are preferentially oriented parallel to the long axis of collagen fibers. In the current work, we investigated the crystal orientation and mineral distribution around the foramen using X-rays to explore the reason of foramen not being region of crack initiation or growth to the precise level. Specimens were harvested from bovine lumbar vertebrae. The orientations of HAp crystals were determined from the diffracted intensity profile of X-rays using imaging plate. Mineral fractions were measured from the fraction of X-rays transmitted through the specimen. The tangential orientation of the crystals revealed around the foramen edge was considered as the main reinforcing parameter for the foramen. The minerals were distributed in the specimen without any predictable tendency. Hence, they were not considered as a strengthening parameter. A thicker cortical region was discovered near the surface around the upper edge of the foramen, which was also extended within the cancellous mass as a thin cylindrical cortical shell covering the foramen from inside. Such structures were regarded to result the foramen a damage resistant site.
  • Matsumoto T, Yoshino M, Asano T, Uesugi K, Todoh M, Tanaka M
    Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985) 100 (1) 274 - 280 8750-7587 2006年01月 [査読有り][通常論文]
  • Hiroki NAKATSUCHI, Shigeru TADANO, Masahiro TODOH, Yukio NAKATSUCHI, Shinichiro MORI, Masahiro ENDO
    Journal of Biomechanical Science and Engineering Journal of Biomechanical Science and Engineering 1 (2) 316 - 326 1880-9863 2006年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    Since the cortical bone has higher elastic modulus compared to the cancellous bone, its geometry is very important for stress analysis of bone structure. During finite element modeling of bone structure, cortical bone is generally determined as the region having higher CT values with respect to specific threshold value. However, it is difficult to determine the thin cortical bone regions by considering a specific threshold value. This study proposes a method to select regions of cortical bone from clinical CT images by considering CT value distributions of cortical and cancellous bone. Applying the method to bovine proximal femur, the mean error in cortical thickness compared to the actual bone was found to be less than one pixel (0.39×0.39 mm). Hence, the proposed method could accurately determine the cortical bone regions from clinical CT images. The method was also applied to develop a finite element model with the precise cortical bone structure.
  • Matsumoto T, Asano T, Mano K, Tachibana H, Todoh M, Tanaka M, Kajiya F
    American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology 288 1909 - 1914 2005年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Kawai N, Tanaka E, Takata T, Miyauchi M, Tanaka M, Todoh M, van Eijden T, Tanne K
    Journal of Biomedical Materials Research. Part A 70 (1) 149 - 153 1549-3296 2004年07月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • The frictional coefficient of the temporomandibular joint and its dependency on the magnitude and duration of joint loading
    Eiji TANAKA, Nobuhiko KAWAI, Masao TANAKA, Masahiro TODOH, Theo van EIJDEN, Koichi HANAOKA, Diego A DALLA-BONA, Takashi TAKATA, Kazuo TANNE
    Journal of Dental Research 83 (5) 404 - 407 2004年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Masahiro TODOH, Masumi IHARA, Takeshi MATSUMOTO, Masao TANAKA
    JSME International Journal, Series C 47 (4) 1075 - 1078 2004年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Masao TANAKA, Masahiro TODOH, Akihisa NAOMI
    Journal of Intelligent Material Systems and Structures 14 (4-5) 323 - 329 2003年04月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Stress analysis of anterior-disc-displaced temporomandibular joint using individual finite element model
    Masao Tanaka, Eiji Tanaka, Masahiro Todoh, Daisuke Asai, Yukiko Kuroda
    JSME International Journal, Series C 46 (4) 1400 - 1408 2003年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 脊柱有限要素モデルによる特発性側彎症解析-椎間関節剛性と側彎パターンに関する検討-
    東藤正浩, 田中正夫, 江原宗平
    日本臨床バイオメカニクス学会誌 23 137 - 140 2002年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 田中 正夫, 東藤 正浩, 玉田 繁栄, 赤澤 康史
    日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research 日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research 22 (0) 195 - 198 13409018 2001年10月 [査読無し][通常論文]
  • Masao Tanaka, Masahiro Todoh, Kazushige Oki, Akihisa Naomi
    Journal of Intelligent Material Systems and Structures 12 (4) 229 - 234 2001年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • 脊柱有限要素モデルによる特発性側弯症解析: 脊柱系靭帯の影響
    東藤正浩, 田中正夫, 江原宗平
    日本臨床バイオメカニクス学会誌 22 233 - 236 2001年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Masahiro TODOH, Shigeru TADANO, Jun-ichi SHIBANO, Takayoshi UKAI
    JSME International Journal, Series C 43 (4) 795 - 801 2000年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • HApインプラントと生体骨組織のX線残留応力測定法に関する研究
    東藤正浩
    北海道大学 1999年03月 [査読有り][通常論文]
     学位論文(博士)
  • Shigeru TADANO, Masahiro TODOH, Jun-ichi SHIBANO, Takayoshi UKAI
    JSME international journal. Series A, Solid mechanics and material engineering JSME international journal. Series A, Solid mechanics and material engineering 40 (3) 328 - 335 1340-8046|1344-7912|1347-5363 1997年07月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    Bio-active ceramics which have the capability for bonding to bone have been developed as one of the most effective implant materials. Because these materials consist of brittle hydroxyapatite, their mechanical reliability and workability are much lower than those of metal. Therefore, hydroxyapatite ceramics are used as coating materials. During or after the coating process, cracking and tearing often occur in the coating layer of the implant. These defects are caused by the residual stress in the vicinity of the coating interface. It is important to evaluate the residual stress in this regi...
  • 但野 茂, 東藤 正浩, 柴野 純一, 鵜飼 隆好
    日本機械学會論文集. A編 日本機械学會論文集. A編 63 (607) 542 - 549 0387-5008|1884-8338 1997年03月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    Bio-active ceramics which have the capability for bonding to bone have been developed as among the most effective implant materials. Because these materials consist of brittle hydroxyapatite their mechanical reliability and workability are much lower than those of metal. Therefore, hydroxyapatite ceramics are used as coating materials. During or after the coating process, cracking and tearing often occur in the coating layer of the implant. These defects are caused by the residual stress in the vicinity of the coating interface. It is important to evaluate the residual stress in this region...
  • 柴野純一, 但野茂, 東藤正浩, 加藤収一, 鵜飼隆好
    日本機械学会論文集(C編) 日本機械学會論文集. C編 63 (607) 785 - 790 03875024 1997年03月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    Hydroxyapatite (HAp) is one of the most effective biomaterials used in artificial bone and dental design implant. It is important to investigate in detail the mechanical characteristics of HAp for the improvement of mechanical reliability of those. HAp implant is usually made by sintering HAp powder. In general, it has been considered that the thermal stress caused by heating and cooling processes in sintering disappears and does not remain in the material, because such sintered material does not reach an actual density of 100% which is the perfectly solid state. However, if residual stress...
  • 白色X線によるバイオセラミックコーティング材の残留応力測定
    東藤正浩
    北海道大学 1996年03月 [査読有り][通常論文]
     学位論文(修士)
  • 柴野 純一, 鵜飼 隆好, 但野 茂, 東藤 正浩
    日本機械学會論文集. A編 日本機械学會論文集. A編 61 (591) 2469 - 2475 0387-5008|1884-8338 1995年11月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    The residual stress in a subsurface layer of austenitic stainless steel with a finished surface was evaluated by the polychromatic X-ray method. A surface of austenitic stainless steel SUS316 plate was ground and lapped as the specimen. In this method, the relation between strain and depth was approximated with a linear function or an exponential function, and it was assumed that the plane stress state existed in each subsurface layer in the depth direction of the specimen. As a result, the residual strain which was estimated under the assumption of the exponential function showed more reas...
  • 柴野純一, 鵜飼隆好, 但野茂, 東藤正浩
    日本機械学會論文集. A編 日本機械学會論文集. A編 61 (586) 1356 - 1362 0387-5008|1884-8338 1995年06月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌) 
    This paper presents a polychromatic X-ray method for nondestructive evaluation of residual stress distributed in the vicinity of the interface between a ceramic coating layer and a substrate metal. Since the strain is assumed to be a linear function of the depth, the strain distribution along the depth direction can be obtained from the weighted mean strain equation calculated by considering the intensity of diffracted X-rays over the penetration depth. Therefore, the distribution along the depth direction of the residual stress was determined by the strain distributions in two directions :...

書籍

  • Biomechanics At Micro- And Nanoscale Levels, Volume IV
    Masao Tanaka, Takeshi Matsumoto, Masahiro Todoh (担当:分担執筆範囲:Microscopic analysis of bone)
    World Scientific Publishing Co. 2007年09月 ISBN: 981-277-131-X 172 119-129
  • Biomechanics At Micro- And Nanoscale Levels, Volume I
    Masao Tanaka, Takeshi Matsumoto, Masumi Ihara, Masahiro Todoh (担当:分担執筆範囲:Note on anisotropic properties of cancellous bone and trabeculae: elasticity and hardness)
    World Scientific Publishing Co. 2005年01月 ISBN: 981-256-098-X 173 125-133
  • IUTAM Symposium on Synthesis in Bio Solid Mechanics
    Shigeru Tadano, Masahiro Todoh (担当:分担執筆範囲:Anisotropic residual stress measurements in compact bone using polychromatic X-ray diffraction)
    Klumer Academic Publishers 2002年 ISBN: 978-0-7923-5615-8 139-150

講演・口頭発表等

  • マイクロ・ナノメカニクスの視点から見る加齢に伴う骨質変化  [通常講演]
    東藤正浩
    第31回北海道骨粗鬆症研究会学術集会 2019年02月 北海道大学学術交流会館(北海道札幌市) 北海道骨粗鬆症研究会
  • 海綿骨弾性率・強度に対する骨梁剛性の寄与  [通常講演]
    山田悟史, 深沢光一, 長尾春奈, 東藤正浩, 但野茂
    第31回北海道骨粗鬆症研究会学術集会 2019年02月 北海道大学学術交流会館(北海道札幌市) 北海道骨粗鬆症研究会
  • 東藤正浩, Lei Zhao, 幸村紀信
    日本機械学会M&M2018材料力学カンファレンス 2018年12月 福井大学工学部(福井県福井市) 日本機械学会
  • Lei Zhao, Masahiro Todoh
    11th Australasian Biomechanics Conference 2018年12月 University of Auckland, Auckland, New Zealand Australian and New Zealand Society of Biomechanics
  • Masahiro Todoh
    8th East Asia Mechanical and Aerospace Engineering Workshop 2018年12月 The Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong The Hong Kong Polytechnic University
  • Age-related mechanical changes of mineral and collagen phases in bone by X-ray diffraction analysis  [通常講演]
    Masahiro Todoh
    8th Symposium on Academic Exchange and Collaborative Research Hokkaido University - ETH Zurich 2018年11月 Hokkaido University, Sapporo, Japan
  • 髙橋祐太, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第29回バイオフロンティア講演会 2018年10月 千葉大学西千葉キャンパス(千葉県千葉市) 一般社団法人日本機械学会
  • 増山研, 唐明輝, 東藤 正浩, 山本徹
    第116回日本医学物理学会学術大会 2018年09月 アイーナ(岩手県盛岡市) 日本医学物理学会
  • 兼吉洸希, Lei Zhao, 山田悟史, 東藤正浩
    日本機械学会2018年度年次大会 2018年09月 関西大学千里山キャンパス(大阪府吹田市) 日本機械学会
  • Masahiro Todoh, Misaki Kitayama
    8th World Congress of Biomechanics 2018年07月 Dublin, Ireland The World Council for Biomechanics
  • 東藤正浩, 北山美咲
    第57回日本生体医工学会大会 2018年06月 札幌コンベンションセンター(北海道札幌市) 日本生体医工学会
  • 田口佳孝, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本バイオマテリアル学会北海道ブロック第3回研究会 2018年05月 北海道大学大学院歯学研究院(北海道札幌市) 日本バイオマテリアル学会
  • 高橋祐太, 長尾春奈, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本バイオマテリアル学会北海道ブロック第3回研究会 2018年05月 北海道大学大学院歯学研究院(北海道札幌市) 日本バイオマテリアル学会
  • Acellular ultra-purified alginate gels for intervertebral disc regeneration in a preclinical animal model  [通常講演]
    Takeru Tsujimoto, Hideki Sudo, Masahiro Todoh, Katsuhisa Yamada, Koji Iwasaki, Takashi Ohnishi, Norimasa Iwasaki
    ORS 2018 Annual Meeting 2018年03月 Hyatt Regency New Orleans, New Orleans, USA
  • 東藤正浩, 岡部亮佑, 但野茂
    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会 2017年12月 京都大学百周年時計台記念館 一般社団法人日本機械学会
  • 長尾春奈, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会 2017年12月 京都大学百周年時計台記念館 一般社団法人日本機械学会
  • 山田悟史, 深沢光一, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会 2017年12月 京都大学百周年時計台記念館 一般社団法人日本機械学会
  • 須藤英毅, 辻本武尊, 東藤正浩, 山田勝久, 大西貴士, 岩崎倫政
    第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017年11月 タワーホール船堀(東京都江戸川区)
  • 北山美咲, 東藤正浩
    日本機械学会第28回バイオフロンティア講演会 2017年10月 徳島大学理工学部共通講義棟 一般社団法人日本機械学会
  • 幸村紀信, 東藤正浩, 山田悟史, 但野茂
    日本機械学会M&M2017材料力学カンファレンス 2017年10月 北海道大学工学部(北海道札幌市) 日本機械学会
  • 内藤諒介, 東藤正浩, 山田悟史
    日本機械学会北海道支部第55回講演会 2017年09月 釧路工業高等専門学校(北海道釧路市) 一般社団法人日本機械学会
  • 酒井佑実, 東藤正浩
    日本機械学会北海道支部第55回講演会 2017年09月 釧路工業高等専門学校(北海道釧路市) 一般社団法人日本機械学会
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    5th Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics 2017年09月 Parkhotel Beau Site, Zermatt, Switzerland
  • 東藤正浩, 米女一, 兼吉洸希, 但野茂
    日本機械学会2017年度年次大会 2017年09月 埼玉大学(埼玉県さいたま市) 日本機械学会
  • Ryo Takeda, Yoshihiro Seki, Masahiro Todoh, Masahide Harada, Harukazu Tohyama, Shigeru Tadano
    XXVI Congress of the International Society of Biomechanics 2017年07月 Brisbane, Australia International Society of Biomechancis
  • Masato Kitai, Satoshi Yamada, Masahide Harada, Harukazu Tohyama, Norimasa Iwasaki, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    XXVI Congress of the International Society of Biomechanics 2017年07月 Brisbane, Australia International Society of Biomechancis
  • Satoshi Yamada, Koichi Fukasawa, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    XXVI Congress of the International Society of Biomechanics 2017年07月 Brisbane, Australia International Society of Biomechancis
  • Masahiro Todoh, Ryosuke Okabe, Shigeru Tadano
    XXVI Congress of the International Society of Biomechanics 2017年07月 Brisbane, Australia International Society of Biomechancis
  • 内藤諒介, 東藤正浩
    日本バイオマテリアル学会北海道ブロック第2回研究会 2017年05月 北海道大学大学院歯学研究科(北海道札幌市) 日本バイオマテリアル学会
  • 兼吉洸希, 東藤正浩
    日本バイオマテリアル学会北海道ブロック第2回研究会 2017年05月 北海道大学大学院歯学研究科(北海道札幌市) 日本バイオマテリアル学会
  • 幸村紀信, 東藤正浩
    日本バイオマテリアル学会北海道ブロック第2回研究会 2017年05月 北海道大学大学院歯学研究科(北海道札幌市) 日本バイオマテリアル学会
  • 東藤正浩
    第56回日本生体医工学会大会 2017年05月 東北大学医学部星陵キャンパス(宮城県仙台市) 公益社団法人日本生体医工学会
  • 遠藤香織, 高畑雅彦, 杉森博行, Wang Jeffrey, 山田悟史, 但野茂, 東藤正浩, 伊藤陽一, 高橋大介, 清水智弘, 工藤與亮, 岩崎倫政
    第29回北海道骨粗鬆症研究会学術集会 2017年02月 北海道大学医学部学友会館(北海道札幌市) 北海道骨粗鬆症研究会
  • 東藤正浩, 岡部亮佑
    第29回北海道骨粗鬆症研究会学術集会 2017年02月 北海道大学医学部学友会館(北海道札幌市) 北海道骨粗鬆症研究会
  • 佐野涼佑, 張月琳, 東藤正浩, 米山聡
    第48回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム 2017年01月 日本非破壊検査協会亀戸センター(東京都江東区) 日本非破壊検査協会応力・ひずみ測定部門
  • 特性X線回折による皮質骨ミネラル・コラーゲンにひずみ計測  [通常講演]
    東藤正浩, 兼吉洸希, 但野茂
    日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会 2017年01月
  • ウシ大腿骨単一骨梁における弾性率とHAp結晶配向性の関係と皮質骨との比較  [通常講演]
    山田悟史, 深沢光一, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会 2017年01月
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    16th International Conference on Biomedical Engineering 2016年12月 Stephen Riady Centre, National University of Singapore Faculty of Engineering, National University of Singapore, Biomedical Engineering Society (Singapore)
  • H-GaitとEMGテレメータを用いた歩行中の下肢筋活動  [通常講演]
    関善裕, 武田量, 原田証英, 遠山晴一, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第27回バイオフロンティア講演会 2016年10月 北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟(北海道札幌市) 日本機械学会
  • EMG-CTによる肘関節屈曲伸展・前腕回外における上腕の筋活動計測  [通常講演]
    北井真人, 山田悟史, 原田証英, 遠山晴一, 岩崎倫政, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第27回バイオフロンティア講演会 2016年10月 北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟(北海道札幌市) 日本機械学会
  • 被験者前腕モデルを用いたEMG-CT法による手指負荷時の前腕筋活動  [通常講演]
    豊田直希, 山田悟史, 原田証英, 遠山晴一, 岩崎倫政, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第27回バイオフロンティア講演会 2016年10月 北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟(北海道札幌市) 日本機械学会
  • Masahiro Todoh
    6th Symposium on Academic Exchange and Collaborative Research between ETHZ and FoE-HU 2016年09月 Faculty of Engineering, Hokkaido University, Sapporo, Japan
  • 骨アパタイト・コラーゲンの力学的挙動とラマンシフトの関係  [通常講演]
    岡部亮佑, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会2016年度年次大会 2016年09月
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    2016 Summer Biomechanics, Bioengineering and Biotransport Conference 2016年06月 National Harbor, Maryland, USA
  • 東藤正浩
    第36回日本骨形態計測学会 2016年06月 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 日本骨形態計測学会
  • Kaori Endo, Masahiko Takahata, Hiroyuki Sugimori, Jeffrey Wang, Satoshi Yamada, Daisuke Takahashi, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Kohsuke Kudo, Norimasa Iwasaki
    ORS 2016 Annual Meeting 2016年03月
  • Experimental mechanical analysis of mineralized biological tissue by XRD/Raman techniques  [通常講演]
    Masahiro Todoh
    Hokkaido - Ghent Joint Symposium "Connecting Japan and Belgium" 2016年02月 Het Pand, Gent
  • 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会 2016年01月
  • 東藤正浩, 上蓑義亮, 但野茂
    日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会 2016年01月
  • 東藤正浩, 箕輪政伸, 但野茂
    日本機械学会M&M2015材料力学カンファレンス 2015年11月 慶応義塾大学矢上キャンパス(神奈川県横浜市)
  • 東藤正浩
    日本バイオマテリアル学会第1回北海道地区セミナー札幌大会 2015年11月 北海道医療大学札幌サテライトキャンパス(北海道札幌市) 日本バイオマテリアル学会
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    12th International Conference on Flow Dynamics 2015年10月 Sendai International Center, Sendai, Japan Institute of Fluid Science, Tohoku University
  • 馬場力哉, 小野寺智洋, 門間太輔, 松岡正剛, 本谷和俊, 遠藤香織, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015年10月 富山国際会議場(富山県富山市)
  • 清水智弘, 高畑雅彦, 亀田裕亮, 遠藤香織, 濱野博基, 平塚重人, 太田昌博, 伊藤哲平, 木村-須田廣美, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015年10月 富山国際会議場(富山県富山市)
  • 遠藤香織, 山田悟史, 高畑雅彦, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015年10月 富山国際会議場(富山県富山市)
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2015 2015年10月 Loisir Hotel Toyohashi, Toyohashi, Japan The Materials & Mechanics Division, The Japan Society of Mechanical Engineers
  • Satoshi Yamada, Koichi Fukasawa, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    8th Asian-Pacific Conference on Biomechanics 2015年09月 Hokkaido University, Sapporo, Japan
  • Kaori Endo, Satoshi Yamada, Masahiro Todoh, Masahiko Takahata, Norimasa Iwasaki, Shigeru Tadano
    8th Asian-Pacific Conference on Biomechanics 2015年09月 Hokkaido University, Sapporo, Japan
  • Hayato Suzuki, Satoshi Yamada, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    8th Asian-Pacific Conference on Biomechanics 2015年09月 Hokkaido University, Sapporo, Japan
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Masanobu Minowa
    8th Asian-Pacific Conference on Biomechanics 2015年09月 Hokkaido University, Sapporo, Japan
  • 藤澤忠, 武田量, 東藤正浩, 遠山晴一, 但野茂
    日本機械学会2015年度年次大会 2015年09月 北海道大学(北海道札幌市)
  • 深沢光一, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会2015年度年次大会 2015年09月 北海道大学(北海道札幌市)
  • 近久晃一朗, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会2015年度年次大会 2015年09月 北海道大学(北海道札幌市)
  • 鈴木逸人, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会2015年度年次大会 2015年09月 北海道大学(北海道札幌市)
  • 遠藤香織, 山田悟史, 東藤正浩, 高畑雅彦, 岩崎倫政, 但野茂
    日本機械学会2015年度年次大会 2015年09月 北海道大学(北海道札幌市)
  • 箕輪政伸, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会2015年度年次大会 2015年09月 北海道大学(北海道札幌市)
  • 岡部亮佑, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会2015年度年次大会 2015年09月 北海道大学(北海道札幌市)
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    2015 Summer Biomechanics, Bioengineering and Biotransport Conference 2015年06月 Snowbird, Utah, USA
  • Structural strength of bovine cancellous cubic specimens under cyclic compression  [通常講演]
    Kaori Endo, Satoshi Yamada, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Masahiko Takahata, Norimasa Iwasaki
    2015 Annual Meeting, ORS 2015年03月 Las Vegas, USA
  • 遠藤香織, 杉森博行, 高畑雅彦, 高橋大介, Jeffery Kuo-Chen Wang, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第27回代用臓器・再生医学研究会総会 2015年02月 北海道大学医学部学友会館フラテ
  • 清水智弘, 高畑雅彦, 亀田裕亮, 濱野博基, 遠藤香織, 平塚重人, 太田昌博, 岩崎倫政, 伊藤哲平, 木村-須田廣美, 東藤正浩, 但野茂
    第128回北海道整形災害外科学会 2015年01月 札幌医科大学臨床教育研究棟(北海道札幌市)
  • 年齢によるウシ大腿骨表層残留応力と微視構造特性の変化  [通常講演]
    山田悟史, 大沼舞, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会 2015年01月
  • ラマン分光法による骨アパタイト/コラーゲンの力学挙動解析  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第27回バイオエンジニアリング講演会 2015年01月
  • 広範囲X線回折プロファイルによる皮質骨のナノスケール変形計測  [通常講演]
    箕輪政伸, 東藤正浩, 但野茂
    第53回日本生体医工学会北海道支部大会 2014年10月 北海道大学大学院情報科学研究科(北海道札幌市)
  • 東藤正浩, 但野茂
    第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014年10月 城山観光ホテル(鹿児島県鹿児島市)
  • 遠藤香織, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂, 高畑雅彦, 岩崎倫政
    第29回日本整形外科学会基礎学術集会 2014年10月 城山観光ホテル(鹿児島県鹿児島市)
  • 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2014 2014年09月 ルスツリゾート(北海道虻田郡) 一般社団法人ライフサポート学会, 日本生活支援工学会, 一般社団法人日本機械学会
  • 遠藤香織, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂, 高畑雅彦, 岩崎倫政
    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2014 2014年09月 ルスツリゾート(北海道虻田郡) 一般社団法人ライフサポート学会, 日本生活支援工学会, 一般社団法人日本機械学会
  • 東藤正浩
    日本歯科技工学会第36回学術大会 2014年09月 北海道大学学術交流会館(北海道札幌市) 一般社団法人日本歯科技工学会
  • Laser Raman phenomena of cortical bone under tensile loading  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    4th Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 2014年09月 Shima Kanko Hotel the Classic, Shima, Mie, Japan
  • ラマン分光法による骨組織の力学的機能評価  [通常講演]
    東藤正浩
    日本機械学会部門協議会「高度物理刺激と生体応答に関する研究分科会(P-SCC12)」第5回分科会特別講演会 2014年07月 北海道大学大学院工学研究院(北海道札幌市) 日本機械学会部門協議会「高度物理刺激と生体応答に関する研究分科会」
  • 清水智弘, 高畑雅彦, 亀田裕亮, 濱野博基, 平塚重人, 伊藤哲平, 木村-須田廣美, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第32回日本骨代謝学会学術集会 2014年07月 大阪国際会議場(大阪府大阪市) 日本骨代謝学会
  • 伊藤哲平, 清水智弘, 東藤正浩, 高畑雅彦, 木村-須田廣美
    第32回日本骨代謝学会学術集会 2014年07月 大阪国際会議場(大阪府大阪市) 日本骨代謝学会
  • 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会M&M2014材料力学カンファレンス 2014年07月 福島県福島市 日本機械学会
  • Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Norimasa Iwasaki
    7th World Congress of Biomechanics 2014年07月 Boston, Massachusetts World Council of Biomechanics
  • 清水智弘, 高畑雅彦, 亀田裕亮, 濱野博基, 伊藤哲平, 木村-須田廣美, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第34回日本骨形態計測学会 2014年06月 さっぽろ芸文館(北海道札幌市) 日本骨形態計測学会
  • 東藤正浩, 但野茂
    第34回日本骨形態計測学会 2014年06月 さっぽろ芸文館(北海道札幌市) 日本骨形態計測学会
  • ラマン分光法による骨組織構成成分の力学応答解析  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂
    第37回日本バイオレオロジー学会年会 2014年06月 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市) 日本バイオレオロジー学会
  • Vitamin K maximizes the efficacy of teriparatide on skeletal repair  [通常講演]
    T. SHIMIZU, M. TAKAHATA, Y. KAMEDA, H. HAMANO, T. ITO, H. SUDA-KIMURA, M. TODOH, S. TADANO, N. IWASAKI
    2014 Annual Meeting, ORS 2014年03月
  • 副甲状腺ホルモン製剤による骨治癒促進効果にはビタミンK依存性Gla化蛋白オステオカルシンの充足が必要である  [通常講演]
    清水智弘, 高畑雅彦, 亀田裕亮, 濱野博基, 伊藤哲平, 木村-須田廣美, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第126回北海道整形災害外科学会 2014年02月
  • ラマン分光解析による膝関節軟骨の力学挙動観察  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会 2014年01月 宮城県仙台市
  • 皮質骨の弾性・粘性係数におけるコラーゲン変性の影響  [通常講演]
    張月琳, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会 2014年01月 宮城県仙台市
  • 皮質骨と海綿骨のHAp結晶配向およびEDS成分分析  [通常講演]
    福田桜子, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第26回バイオエンジニアリング講演会 2014年01月 宮城県仙台市
  • Mechanical analysis of mineral and collagen phases in bone by Raman spectroscopy  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    15th International Conference on Biomedical Engineering 2013年12月 Singapore
  • Viscoelastic moduli of bovine cortical tissue measured by cantilever free vibrations of mm-sized specimen  [通常講演]
    Yuelin ZHANG. Satoshi YAMADA, Masahiro TODOH, Shigeru TADANO
    15th International Conference on Biomedical Engineering 2013年12月 Singapore
  • 膝関節軟骨のラマン分光特性と圧縮負荷の関係  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会M&M2013材料力学カンファレンス 2013年10月 岐阜大学(岐阜県岐阜市)
  • ウシ大腿骨海綿骨骨梁の弾性率と微視構造特性  [通常講演]
    福田桜子, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂
    第52回日本生体医工学会北海道支部大会 2013年10月 北海道大学大学院情報科学研究院(北海道札幌市)
  • 多点表面筋電位計を用いた手指運動による前腕内部筋活動計測  [通常講演]
    頓所祐貴, 中島康博, 東藤正浩, 但野茂
    第52回日本生体医工学会北海道支部大会 2013年10月 北海道大学大学院情報科学研究科(北海道札幌市)
  • 単結晶シリコンの結晶ひずみとラマンシフトの関係  [通常講演]
    丹治雅人, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会北海道支部第52回講演会 2013年09月 函館工業高等専門学校(北海道函館市)
  • Role of ultra-high-molecular-weight hyaluronic acid as a chondroprotective agent in a rabbit knee osteoarthritis model  [通常講演]
    S. Elmorsy, T. Funakoshi, F. Sasazawa, S. Tadano, M. Todoh, N. Iwasaki
    International Cartilage Repair Society 2013 2013年09月 Izmir, Turkey
  • Raman spectroscopy for mechanical analysis of bone tissue  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    6th International Symposium on Interdisciplinary Research and Education on Medical Device Developments 2013年09月 Hirosaki University, Hirosaki, Japan Graduate School of Science and Technology, Hirosaki University
  • 振子法による膝関節軟骨の摩擦・粘弾性特性  [通常講演]
    飯岡秀歳, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    日本機械学会2013年度年次大会 2013年09月 岡山大学津島キャンパス
  • 皮質骨のラマン分光現象と引張負荷の関係  [通常講演]
    門谷琢郎, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会2013年度年次大会 2013年09月 岡山大学津島キャンパス
  • Frictional and viscoelastic properties of joint cartilage by pendulum test  [通常講演]
    Masahiro TODOH, Shigeru TADANO, Norimasa IWASAKI
    The 7th Asian Pacific Conference on Biomechancis 2013年08月 KIST International Cooperation Building, Seoul, Korea Korea Institute of Science and Technology, Korean Society of Biomechanics
  • Effect of apatite crystal alignments on anisotropic fracture characteristics of cortical bone  [通常講演]
    Kazuhiro FUJISAKI, Hiroya YOKOYAMA, Masahiro TODOH, Shigeru TADANO
    KSME 2013 Bio Engineering Division Spring Conference 2013年05月
  • 生体骨のラマン散乱特性と負荷応答  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂
    日本材料学会第62期学術講演会 2013年05月
  • Sameh ELMORSY, 船越忠直, 笹沢史生, 佃幸憲, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第26回日本軟骨代謝学会 2013年03月 千里ライフサイエンスセンター(大阪府豊中市)
  • Chondroprotective effects of ultra-high molecular weight hyaluronic acid in a rabbit knee osteoarthritis model  [通常講演]
    S. ELMORSY, T. FUNAKOSHI, N. IWASAKI, Y. TSUKUDA, F. SASAZAWA, M. TODOH, S. TADANO, A. MINAMI
    2013 Annual Meeting, ORS 2013年01月
  • Residual stresses for bone axial direction in bovine femoral diaphysis - Growth effect -  [通常講演]
    Satoshi YAMADA, Shigeru TADANO, Masahiro TODOH
    2013 Annual Meeting, ORS 2013年01月
  • Mechanical analysis of mineral phase in bone by Raman spectroscopy and effects of aging and its anisotropy  [通常講演]
    Masahiro TODOH, Shigeru TADANO
    2013 Annual Meeting, ORS 2013年01月
  • EMG tomography system with multi surface electrodes in forearm  [通常講演]
    Yasuhiro Nakajima, Satoshi Yoshinari, Masahiro Todoh, Masahide Harada, Shigeru Tadano
    2013 Annual Meeting, ORS 2013年01月 Henry B. Gonzalez Convention Center, San Antonio, Texas, USA Orthopaedic Research Society
  • ラマン分光法による骨組織の微視構造・力学特性評価  [通常講演]
    東藤 正浩
    日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会 2013年01月
  • 多点表面筋電計を用いた前腕内筋活動分布の計測  [通常講演]
    中島康博, 吉成哲, 東藤正浩, 原田証英, 但野茂
    日本機械学会第25回バイオエンジニアリング講演会 2013年01月
  • ラマン分光法による骨微視力学挙動観察  [通常講演]
    東藤 正浩
    第39回日本臨床バイオメカニクス学会 2012年11月
  • 生体硬組織の応力測定技術とバイオメカニクス  [通常講演]
    藤崎 和弘
    第28回寒地技術シンポジウム 2012年10月
  • ラマン分光法によるハイドロキシアパタイトの応力解析  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂, 丹治雅人
    日本機械学会北海道支部第51回講演会 2012年10月 北海道北見市
  • 振動特性を利用した家兎膝関節の摩擦・粘弾性測定  [通常講演]
    飯岡秀歳, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第51回日本生体医工学会北海道支部大会 2012年10月
  • 骨組織の引張変形とラマンシフトの関係  [通常講演]
    門谷琢郎, 東藤正浩, 但野茂
    第51回日本生体医工学会北海道支部大会 2012年10月
  • 後方散乱X線による歯牙表層アパタイトの結晶構造観察  [通常講演]
    藤崎和弘, 太田恭介, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第23回バイオフロンティア講演会 2012年10月 弘前文化センター(青森県弘前市) 一般社団法人日本機械学会
  • X線IPによる骨表層残留応力計測  [通常講演]
    山田悟史, 大沼舞, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第23回バイオフロンティア講演会 2012年10月 弘前文化センター(青森県弘前市) 一般社団法人日本機械学会
  • ラマン分光法による骨組織力学解析  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会M&M2012材料力学カンファレンス 2012年09月
  • ウシ大腿骨海綿骨骨梁のHAp結晶配向性と弾性率  [通常講演]
    山田悟史, 福田桜子, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会2012年度年次大会 2012年09月 金沢大学角間キャンパス(石川県金沢市) 日本機械学会
  • 振り子試験による膝関節軟骨の摩擦特性と粘弾性特性  [通常講演]
    柏真太郎, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    日本機械学会2012年度年次大会 2012年09月 金沢大学角間キャンパス(石川県金沢市) 日本機械学会
  • ラマン分光法による骨コラーゲン/アパタイトの力学挙動解析  [通常講演]
    東藤 正浩
    第32回日本骨形態計測学会 2012年06月
  • 骨アパタイト/コラーゲンの力学的相互作用と骨強度への影響  [通常講演]
    東藤 正浩
    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会 2012年01月
  • ウシ大腿骨残留応力分布の年齢による違い  [通常講演]
    山田 悟史
    日本機械学会第24回バイオエンジニアリング講演会 2012年01月
  • 東藤正浩,但野茂
    生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2011 2011年11月 芝浦工業大学芝浦キャンパス(東京都港区) ライフサポート学会, 日本生活支援工学会, 日本機械学会
  • 関節回転中心を考慮した膝関節摩擦抵抗測定  [通常講演]
    柏真太郎, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政
    第50回日本生体医工学会北海道支部大会 2011年10月
  • ウシ大腿骨皮質骨のオステオン三次元構造とマクロ弾性率  [通常講演]
    川島圭太, 山田悟史, 藤崎和弘, 東藤正浩, 但野茂
    第50回日本生体医工学会北海道支部大会 2011年10月
  • ラマン分光法によるウシ皮質骨の力学特性評価  [通常講演]
    東藤正浩, 東海林寛, 但野茂
    日本機械学会2011年度年次大会 2011年09月
  • ウシ大腿骨における皮質骨階層構造特性と力学的特性の関係  [通常講演]
    山田 悟史
    日本機械学会2011年度年次大会 2011年09月
  • 骨アパタイト/コラーゲン構造の微視変形挙動観察  [通常講演]
    東藤正浩, Jorg Goldhahn, Philipp Schneider, Ralph Muller, Oliver Bunk
    日本機械学会M&M2011材料力学カンファレンス 2011年07月 九州工業大学
  • 放射光X線回折による骨アパタイト-コラーゲン複合構造の力学挙動観察  [通常講演]
    東藤正浩, Jorg GOLDHAHN, Philipp SCHNEIDER, Ralph Muller, Oliver BUNK, 但野茂
    第34回日本バイオレオロジー学会年会 2011年06月 関西大学100周年記念会館(大阪府吹田市) 日本バイオレオロジー学会
  • 東藤 正浩
    第31回日本骨形態計測学会 2011年05月
  • 関節運動軌跡を考慮した家兎膝関節の摩擦特性評価  [通常講演]
    東藤 正浩
    第50回日本生体医工学会大会 2011年04月
  • 関節回転中心を考慮した家兎膝関節の摩擦係数測定  [通常講演]
    東藤正浩, 藤崎和弘, 柏真太郎, 但野茂, 佃幸憲, 五十嵐達弥, 岩崎倫政, 三浪明男
    日本機械学会第23回バイオエンジニアリング講演会 2011年01月
  • シンクロトロンによる皮質骨内部の残留応力分布測定  [通常講演]
    山田悟史, 藤崎和弘, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第23回バイオエンジニアリング講演会 2011年01月
  • 海綿骨骨梁における引張負荷時のHAp結晶ひずみ  [通常講演]
    上原 遼士
    日本機械学会北海道支部第49回講演会 2010年11月
  • 皮質骨骨軸方向負荷時のHAp結晶ひずみとオステオン面積比の関係  [通常講演]
    小瀧優香, 山田悟史, 藤崎和弘, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会北海道支部第49回講演会 2010年11月
  • 放射光X線回折による骨組織内ミネラル-コラーゲン相の力学挙動観察  [通常講演]
    東藤 正浩
    第37回日本臨床バイオメカニクス学会 2010年11月
  • ウシ大腿骨骨幹内部の残留応力分布  [通常講演]
    山田 悟史
    第37回日本臨床バイオメカニクス学会 2010年11月
  • 3次元有限要素法による閉口筋を考慮したインプラント傾斜埋入下顎骨モデルの応力解析  [通常講演]
    仲井 太心
    日本機械学会第23回計算力学講演会 2010年09月
  • エナメル質表面におけるアパタイトの結晶配向と変形特性  [通常講演]
    藤崎 和弘
    第18回顎顔面バイオメカニクス学会大会 2010年09月
  • 放射光X線回折による骨ミネラル-コラーゲン相の力学挙動観察  [通常講演]
    東藤 正浩
    第18回顎顔面バイオメカニクス学会大会 2010年09月
  • 拘束条件を改善したインプラント埋入下顎骨モデルにおける応力解析  [通常講演]
    仲井 太心
    第18回顎顔面バイオメカニクス学会大会 2010年09月
  • ウシ大腿骨海綿骨における骨梁内HAp結晶の配向と変形挙動  [通常講演]
    山田 悟史
    日本機械学会2010年度年次大会 2010年09月
  • Effect of collagen denaturation on mechanical properties of bone tissue  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Takahiro Maeshima
    6th World Congress of Biomechanics 2010年08月 Singapore Suntec Convention Center, Singapore
  • ウシ・ウマの大腿骨における残留応力の比較  [通常講演]
    山田 悟史
    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 2010年06月
  • ホタテ貝炭酸カルシウムを用いたヒアルロン酸ゲルによる骨再生  [通常講演]
    新井田 淳
    日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会 2010年01月
  • ミネラル結晶分布が皮質骨の力学的異方性に与える影響  [通常講演]
    Bijay GIRI
    日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会 2010年01月
  • ウマ四肢骨幹の残留応力  [通常講演]
    山田 悟史
    日本機械学会第22回バイオエンジニアリング講演会 2010年01月
  • Residual stresses at the cortical bone of the rabbit extremities  [通常講演]
    6th World Congress of Biomechanics 2010年
  • 骨破壊強度特性に及ぼす加熱温度および時間の効果  [通常講演]
    前島 崇宏
    日本機械学会北海道支部第48回講演会 2009年11月
  • 前腕筋・骨格系の導電率分布  [通常講演]
    増田 耕平
    日本機械学会北海道支部第48回講演会 2009年11月
  • 家兎四肢骨層における残留応力  [通常講演]
    山田 悟史
    第36回日本臨床バイオメカニクス学会 2009年10月
  • 3次元有限要素法によるインプラント傾斜埋入上顎骨モデルの応力解析  [通常講演]
    坂本 太郎
    第17回顎顔面バイオメカニクス学会大会 2009年10月
  • 閉口筋を考慮した3次元有限要素法によるインプラント傾斜埋入モデルの下顎骨の応力解析  [通常講演]
    仲井 太心
    第17回顎顔面バイオメカニクス学会大会 2009年10月
  • 生体組織内チタンインプラントのX線ひずみ測定  [通常講演]
    藤崎 和弘
    日本機械学会2009年度年次大会 2009年09月
  • 表面筋電分布計測による前腕諸筋の筋活動解析  [通常講演]
    中島 康博
    日本機械学会Dynamics&Design Conference 2009 2009年08月
  • 家兎下肢における骨組織の残留応力測定  [通常講演]
    山田 悟史
    日本機械学会M&M2009材料力学カンファレンス 2009年07月
  • Characterization of mineral crystallites deformation under tensile loading  [通常講演]
    Bijay GIRI, Shigeru TADANO, Kazuhiro FUJISAKI, Masahiro TODOH
    4th Asian Pacific Conference on Biomechanics 2009年04月
  • 高純度アルギン酸のウサギ膝関節内投与による変形性関節症の進行抑制効果  [通常講演]
    五十嵐 達弥
    第22回日本軟骨代謝学会 2009年03月
  • 東藤正浩, 但野茂, 藤崎和弘, 五十嵐達弥, 岩崎倫政, 三浪明男
    日本機械学会第21回バイオエンジニアリング講演会 2009年01月 札幌コンベンションセンター(北海道札幌市) 社団法人日本機械学会
  • ギリビジャイ, 藤崎和弘, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第21回バイオエンジニアリング講演会 2009年01月 札幌コンベンションセンター(北海道札幌市) 社団法人日本機械学会
  • 山田悟史, 藤崎和弘, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第21回バイオエンジニアリング講演会 2009年01月 札幌コンベンションセンター(北海道札幌市) 社団法人日本機械学会
  • 渋谷良太, 東藤正浩, 藤崎和弘, 新井田淳, 但野茂
    日本機械学会第21回バイオエンジニアリング講演会 2009年01月 札幌コンベンションセンター(北海道札幌市) 社団法人日本機械学会
  • 中島康博, 前田大輔, 桑野晃希, 吉成哲, 増田耕平, 東藤正浩, 但野茂
    日本機械学会第21回バイオエンジニアリング講演会 2009年01月 札幌コンベンションセンター(北海道札幌市) 社団法人日本機械学会
  • Effect of collagen denaturation on mechanical properties of bone  [通常講演]
    3rd Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics  2009年
  • Relationship between tissue stress and HAp lattice strain in bovine cortical bone  [通常講演]
    3rd Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics 2009年
  • Residual stress around outer cortical region in bovine femoral diaphysis  [通常講演]
    World Congress 2009 - Medical Physics and Biomedical Engineering 2009年
  • Gait posture estimation by wearable acceleration and gyro sensor  [通常講演]
    World Congress 2009 - Medical Physics and Biomedical Engineering 2009年
  • Effect of skin and subcutaneous tissue on X-ray strain measurement of Ti implant  [通常講演]
    World Congress 2009 - Medical Physics and Biomedical Engineering 2009年
  • X線回折法による牛大腿骨骨幹部外周表層の残留応力測定  [通常講演]
    山田悟史, 藤崎和弘, 東藤正浩, 但野茂
    第47回日本生体医工学会北海道支部大会 2008年10月 北海道工業大学(北海道札幌市) 日本生体医工学会
  • 携帯型センサーシステムによる3次元歩行解析手法の開発  [通常講演]
    武田量, 但野茂, 東藤正浩, 吉成哲
    第47回日本生体医工学会北海道支部大会 2008年10月 北海道工業大学(北海道札幌市) 日本生体医工学会
  • Effect of Heat Denaturation of Collagen Matrix on Bone Strength  [通常講演]
    13th International Conference on Biomedical Engineering 2008年
  • Residual stress near foramena of bovine femur and metacarpus  [通常講演]
    Bijay Giri, Kazuhiro Fujisaki, Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    3rd Asian Pacific Conference on Biomechanics 2007年11月 The University of Tokyo, Tokyo, Japan
  • Laser-bonding of bone and implant material  [通常講演]
    Taira Ogita, Shigeru Tadano, Masahiro Todoh, Masaru Kanaoka
    3rd Asian Pacific Conference on Biomechanics 2007年11月 The University of Tokyo, Tokyo, Japan
  • Effect of mineral content on mechanical properties of bone  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    3rd Asian Pacific Conference on Biomechanics 2007年11月 The University of Tokyo, Tokyo, Japan
  • Gait analysis using wireless acceleration sensors and gyro sensors  [通常講演]
    Ryo Takeda, Shigeru Tadano, Masahiro Todoh, Satoshi Yoshinari
    3rd Asian Pacific Conference on Biomechanics 2007年11月 The University of Tokyo, Tokyo, Japan
  • 骨の破壊特性に及ぼす有機基質の影響  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂, 伊万里祐輔
    日本機械学会北海道支部第46回講演会 2007年09月 函館工業高等専門学校(北海道函館市)
  • 骨の微視構造を考慮した複合構造モデリング  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂
    九州大学応用力学研究所研究集会「バイオメカニクスとシミュレーション技術」 2007年06月
  • Effects of micro-composite structure on mechanical properties of bone tissue  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano
    2nd Hokkaido University – Seoul National University Symposium on Mechanical and Aerospace Engineering 2007年01月 Hokkaido University, Sapporo, Japan Department of Mechanical and Intelligent System Engineering, Hokkaido University and School of Mechanical and Aerospace Engineering, Seoul National University
  • 電動車椅子のスリップ制御システムの開発  [通常講演]
    日本機械学会2007年度年次大会 2007年
  • ハイドロキシアパタイトのレーザ接合  [通常講演]
    日本機械学会2007年度年次大会 2007年
  • 脊髄組織の外力と流動電位の関係  [通常講演]
    日本機械学会2007年度年次大会 2007年
  • 脊椎骨強度測定用プローブの開発  [通常講演]
    日本機械学会2007年度年次大会 2007年
  • X線IPによる皮質骨HAp結晶ひずみの測定  [通常講演]
    日本機械学会2007年度年次大会 2007年
  • 皮質骨の力学特性に及ぼすHAp体積比の影響  [通常講演]
    日本機械学会2007年度年次大会 2007年
  • Microstructure of cortical bone around the foramen in bovine lumbar vertebra  [通常講演]
    Bijay Giri, Shigeru Tadano, Kazuhiro Fujisaki, Masahiro Todoh
    5th World Congress of Biomechanics 2006年07月 Munich University of Applied Sciences, Munich, Germany
  • Effect of collagen matrix on mechanical properties of bone  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Yusuke Imari
    5th World Congress on Biomechanics 2006年07月 Munich University of Applied Sciences, Munich, Germany
  • 生体大腿骨の皮質骨形状モデリング手法”. 日本機械学会第17回バイオフロンティア講演会  [通常講演]
    日本機械学会第17回バイオフロンティア講演会 2006年
  • 加速度センサーと角速度センサーを用いた歩行解析  [通常講演]
    日本機械学会第17回バイオフロンティア講演会 2006年
  • 放射線治療による腫瘍領域縮小過程の予測シミュレーション  [通常講演]
    日本機械学会第17回バイオフロンティア講演会 2006年
  • 電動車椅子用水平保持アクティブシートの開発  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂, 北川弘之
    日本機械学会2006年度年次大会 2006年
  • Gait analysis using wearable sensors for acceleration and angular velocity  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Manabu Morikawa
    12th International Conference on Biomedical Engineering 2005年12月
  • Anisotropic modeling of bone tissue with composite structure of HAp-collagen  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Shigeru Tadano, Kazuhiro Fujisaki, T. Kanamori
    The 2nd Asian Pacific Conference on Biomechanics 2005年11月 Taipei, Taiwan Taiwanese Society of Biomechanics
  • 有限要素モデルに基づく椎間板剛性を補償する脊椎固定デバイスの最適設計  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂, 鶴江陽介, 白土修
    第32回日本臨床バイオメカニクス学会 2005年10月 北海道大学学術交流会館(北海道札幌市)
  • 安全な斜面走行のための電動車椅子用アクティブシートの開発  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂, 本島誉久, 北川弘之
    日本機械学会2005年度年次大会 2005年09月 東京都調布市
  • Mechanical behaviour of mineral and collagen phases in bone: Observation by X-ray diffraction  [通常講演]
    Masahiro TODOH, Takeshi MATSUMOTO, Masao TANAKA
    2nd Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 2005年09月
  • 椎間板剛性を補償する脊椎後方固定デバイスの最適設計  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂, 鶴江陽介, 白土修
    日本機械学会第15回設計工学・システム部門講演会 2005年08月 北海道大学学術交流会館(北海道札幌市) 日本機械学会
  • 短下肢装具関節剛性の設計指針  [通常講演]
    田中正夫, 赤澤康史, 松本健志, 内藤尚, 東藤正浩, 野村毅
    日本機械学会第15回設計工学・システム部門講演会 2005年08月 北海道大学学術交流会館(北海道札幌市) 日本機械学会
  • 転倒時の衝撃吸収を目的としたセル状ヒップパッドの開発  [通常講演]
    後藤直子, 但野茂, 東藤正浩, 向井大作, 新畑将, 中土幸男
    日本機械学会第15回設計工学・システム部門講演会 2005年08月 北海道大学学術交流会館(北海道札幌市) 日本機械学会
  • Relationship between mechanical property of cancellous bone and hardness of trabeculae  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Takeshi Matsumoto, Masao Tanaka
    Joint Symposium of Hokkaido University and University of Alberta 2005年03月 Victoria, Canada
  • 生体骨の階層構造に着目した構造・力学特性評価について  [招待講演]
    東藤正浩
    日本機械学会北海道支部材料・材料強度・加工懇話会 2005年02月 北海道大学工学部(北海道札幌市)
  • X線回折による骨組織内コラーゲン-アパタイト構造の微視的挙動観察  [通常講演]
    第44回日本生体医工学会大会 2005年
  • Synchrotron radiation microtomography reveals disuse effects on cortical canal network structure  [通常講演]
    2nd Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 2005年
  • Mechanical properties of single trabecula at microscale: Elastic modulus, hardness and X-ray diffraction intensity  [通常講演]
    Masao TANAKA, Masahiro TODOH, Takeshi MATSUMOTO, Masumi IHARA
    1st Asian Pacific Conference on Biomechanics 2004年03月
  • 荷重境界での変形を規定する超弾性体構造の最適設計  [通常講演]
    小泉達也, 東藤正浩, 松本健志, 田中正夫
    日本機械学会第13回設計工学・システム部門講演会 2003年10月
  • 軌跡と速度に着目した4節リンク機構の最適総合  [通常講演]
    福島静一郎, 東藤正浩, 松本健志, 田中正夫
    日本機械学会第13回設計工学・システム部門講演会 2003年10月
  • トリミング操作を用いた変形状態における形状実現法  [通常講演]
    金海憲男, 東藤正浩, 松本健志, 田中正夫
    日本機械学会第13回設計工学・システム部門講演会 2003年10月
  • 片麻痺者足関節特性と短下肢装具特性の力学的評価  [通常講演]
    赤澤康史, 野村毅, 東藤正浩, 田中正夫
    第18回生体・生理工学シンポジウム 2003年10月 新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター(新潟県新潟市)
  • 脊柱有限要素モデルによる成長不均衡を考慮した側彎解析  [通常講演]
    東藤正浩, 田中正夫, 江原宗平, 高橋亮
    第42回日本エム・イー学会大会 2003年06月
  • 骨梁と海綿骨の力学特性相関  [通常講演]
    田中正夫, 東藤正浩, 猪原真澄
    日本材料学会第52期学術講演会 2003年05月
  • 個体別モデリングによる顎関節の運動軌跡改善に関する検討  [通常講演]
    日本機械学会第16回計算力学講演会 2003年
  • AFO足関節の可動範囲と代償的下肢関節モーメントの関係(立位保持および平地歩行動作の場合)  [通常講演]
    小川真申, 東藤正浩, 田中正夫
    第2回福祉工学シンポジウム 2002年11月 名古屋市
  • 骨梁の弾性特性と配向性からみた海綿骨の力学特性  [通常講演]
    松本武志, 東藤正浩, 田中正夫
    日本機械学会2002年度年次大会 2002年09月
  • 装具継手要件検討のための片麻痺者足関節特性評価  [通常講演]
    赤澤康史, 上松弘幸, 東藤正浩, 田中正夫
    計測自動制御学会第17回生体・生理シンポジウム 2002年09月 北海道大学学術交流会館(北海道札幌市)
  • 短下肢装具設計のための片麻痺者足関節特性評価  [通常講演]
    上松弘幸, 赤澤康史, 東藤正浩, 田中正夫
    日本機械学会東海支部豊橋地区講演会 2002年08月
  • 床面前後揺下での立位姿勢保持と足関節可動域の関係  [通常講演]
    小川真申, 東藤正浩, 田中正夫
    日本機械学会東海支部豊橋地区講演会 2002年08月
  • 片麻痺者足関節特性に基づく短下肢装具の足継手機能の考察  [通常講演]
    第2回福祉工学シンポジウム 2002年
  • 格子構造モデルに基づく海綿骨骨梁構造の残留応力推定  [通常講演]
    東藤正浩, 田中正夫, 佐藤宏紀
    M&M2001材料力学部門講演会 2001年08月 ホテルベルクラシック北見・ホテル黒部(北海道北見市)
  • 短下肢装具における可変関節粘性の検討: 試作と歩行評価  [通常講演]
    赤澤康史, 中川昭夫, 東藤正浩, 田中正夫
    日本機械学会第13回バイオエンジニアリング講演会 2001年01月 仙台市戦災復興記念館(宮城県仙台市)
  • Parameter identification of skew lattice model of cancellous bone: Two-dimensional study  [通常講演]
    Masahiro Todoh, Masao Tanaka, Yoshihisa Michikita
    10th International Conference on Biomedical Engineering 2000年12月 Mandarin Hotel, Singapore
  • 短下肢装具による足関節拘束の立位姿勢保持に及ぼす影響:床面前後運動下での検討  [通常講演]
    田中正夫, 東藤正浩, 玉田繁栄, 赤澤康史
    第27回日本臨床バイオメカニクス学会 2000年11月
  • 海綿骨骨梁構造における残留応力の推定  [通常講演]
    田中正夫, 東藤正浩, 佐藤宏紀
    第44回日本学術会議材料研究連合講演会 2000年09月
  • 骨組織内の残留応力に及ぼすコラーゲン線維の影響  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂, 柴野純一, 鵜飼隆好
    日本機械学会第10回バイオエンジニアリング講演会 1998年01月
  • X線による骨組織の残留応力測定  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂
    第12回北海道整形外科基礎研究会 1998年01月 北海道札幌市
  • 異方性を考慮した牛大腿骨の残留応力測定  [通常講演]
    東藤正浩, 但野茂, 柴野純一, 鵜飼隆好
    日本機械学会第9回バイオエンジニアリング講演会 1997年01月 京都大学医学部(京都府京都市) 日本機械学会

その他活動・業績

  • MRI T2 mappingによる移植骨の骨強度評価の可能性
    遠藤香織, 高畑雅彦, 高橋大介, 岩崎倫政, 杉森博行, Jeffery Kuo-Chen Wang, 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂 北海道外科雑誌 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 60 (1) 98 -98 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 骨髄MRI T1 map値は海綿骨強度予測のための間接的骨質指標となる
    遠藤香織, 高畑雅彦, 杉森博行, Wang Jeffrey, 山田悟史, 伊藤陽一, 高橋大介, 清水智弘, 東藤正浩, 但野茂, 工藤與亮, 岩崎倫政 日本整形外科学会雑誌 90 (8) S1732 -S1732 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 大腿骨近位部の形態と脆弱性骨折 マイクロナノメカニクスの視点から知る骨強度特性
    東藤 正浩 日本骨形態計測学会雑誌 26 (1) S61 -S61 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 関節リウマチでは皮質骨の骨質劣化により早期から骨脆弱性が生じる
    清水智弘, 高畑雅彦, 亀田裕亮, 濱野博基, 遠藤香織, 平塚重人, 太田昌博, 岩崎倫政, 伊藤哲平, 木村廣美[須田], 東藤正浩, 但野茂 北海道整形災害外科学会雑誌 57 (2) 311 -312 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 高純度アルギン酸ゲルを併用した骨髄刺激法の効果 家兎骨軟骨欠損モデルを用いて
    馬場 力哉, 小野寺 智洋, 門間 太輔, 松岡 正剛, 本谷 和俊, 遠藤 香織, 東藤 正浩, 但野 茂, 岩崎 倫政 日本整形外科学会雑誌 89 (8) S1592 -S1592 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 関節リウマチでは早期から関節近傍皮質骨の骨質異常と骨脆弱性が生じる
    清水 智弘, 高畑 雅彦, 亀田 裕亮, 遠藤 香織, 濱野 博基, 平塚 重人, 太田 昌博, 伊藤 哲平, 木村 廣美[須田], 東藤 正浩, 但野 茂, 岩崎 倫政 日本整形外科学会雑誌 89 (8) S1602 -S1602 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 脆弱性骨折後圧潰進行リスクの予測因子 ウシ海綿骨試験片を用いた繰返し圧縮破壊試験による検討
    遠藤 香織, 山田 悟史, 高畑 雅彦, 東藤 正浩, 但野 茂, 岩崎 倫政 日本整形外科学会雑誌 89 (8) S1693 -S1693 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 関節リウマチでは早期から関節近傍皮質骨の骨質異常と骨脆弱性が生じる
    清水 智弘, 高畑 雅彦, 亀田 裕亮, 遠藤 香織, 濱野 博基, 平塚 重人, 太田 昌博, 伊藤 哲平, 木村 廣美[須田], 東藤 正浩, 但野 茂, 岩崎 倫政 日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 33回 159 -159 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 副甲状腺ホルモン製剤による骨治癒促進効果にはビタミンK依存性Gla化蛋白オステオカルシンの充足が必要である
    清水 智弘, 高畑 雅彦, 亀田 裕亮, 濱野 博基, 岩崎 倫政, 伊藤 哲平, 木村 廣美[須田], 東藤 正浩, 但野 茂 北海道整形災害外科学会雑誌 56 (2) 297 -297 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • ウシ海綿骨立方体試験片の繰返し圧縮時における強度特性
    遠藤 香織, 山田 悟史, 東藤 正浩, 但野 茂, 高畑 雅彦, 岩崎 倫政 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集 2014 GS1 -6 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 丹治 雅人, 東藤 正浩, 但野 茂 北海道支部講演会講演概要集 2013 (52) 25 -26 2013年09月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤正浩 豊田研究報告 (66) 71 -72 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • 中島康博, 桑野晃希, 前田大輔, 吉成哲, 東藤正浩, 原田証英, 但野茂 北海道立総合研究機構工業試験場報告 (312) 61 -66 2013年 [査読無し][通常論文]
  • 東藤正浩, 但野茂, 丹治雅人 日本機械学会北海道支部講演会講演概要集 51st 153 -154 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 山田悟史, 大沼舞, 東藤正浩, 但野茂 日本機械学会バイオフロンティア講演会講演論文集 23rd 43 -44 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 藤崎和弘, 太田恭介, 東藤正浩, 但野茂 日本機械学会バイオフロンティア講演会講演論文集 23rd 39 -40 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 福田 桜子, 東藤 正浩, 但野 茂 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2012 "G020031 -1"-"G020031-4" 2012年09月 [査読無し][通常論文]
     
    The aim of the study was to elucidate the difference of elastic modulus and hydroxyapatite (HAp) crystal properties between single trabecula and cortical bone. The study used trabecular specimens obtained from the cancellous bone in proximal bovine femurs. In the experiments, the angle between the longitudinal axis of the trabecular specimen and the longitudinal axis of the femur was measured by CT imaging. To measure the elastic modulus of the trabecular specimens, tensile test was conducted using a material testing machine. The c-axis orientation of HAp crystals and the degree of orientation were measured by X-ray diffraction technique. Further, the HAp crystal strain was also measured under tensile loadings. As a result, elastic modulus had a statistical negative correlation with the angle between the longitudinal axis of the trabecular specimen and the longitudinal axis of the femur. The c-axis of HAp crystals was aligned along the longitudinal axis of the trabecula and the degree of orientation was lower than that in bovine cortical bone Further, the HAp crystal strain was lower than that in bovine cortical bone.
  • 柏 真太郎, 東藤 正浩, 但野 茂, 岩崎 倫政 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2012 "J022021 -1"-"J022021-3" 2012年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Osteoarthritis (OA) is the most common degenerative joint disease in the field of orthopaedics. In advanced stages of OA, the patients suffer from severe pain, functional limitations in the affected joints, and restriction of mobility. For detecting early OA and the prevention of progression in OA by novel therapeutic strategies, they are important to understand the functional properties of synovial joint and to establish the precise measurement technique. Pendulum friction test is one of the mechanical evaluations for lubrication properties of joints. The advantages of this method are the natural motion without the constraints of joint and also preservation of the joint capsule, the synovial fluid in it and the tendons and ligaments around the knee. In this study, in addition to the friction properties, the viscous and elastic effects were evaluated. The equation of motion of joint cartilage were proposed including the friction, viscous and elastic effect. The each mechanical parameters were identified by fitting the damping oscillation curve measured by pendulum terster with two laser displacement sensors and an accelerometer.
  • 柏真太郎, 東藤正浩, 但野茂, 岩崎倫政 生体医工学 50 (4) 360 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 川島圭太, 山田悟史, 藤崎和弘, 東藤正浩, 但野茂 生体医工学 50 (4) 360 2012年08月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤正浩, 但野茂 日本骨形態計測学会雑誌 22 (1) S112 2012年05月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2012 (24) "7B33 -1"-"7B33-2" 2012年01月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2012 (24) "7B45 -1"-"7B45-2" 2012年01月 [査読無し][通常論文]
  • 山田悟史, 東藤正浩, 但野茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 24th (CD−ROM) ROMBUNNO.7B45 2012年01月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤正浩, 但野茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 24th (CD−ROM) ROMBUNNO.7B33 2012年01月 [査読無し][通常論文]
  • 藤崎 和弘, 但野 茂, 東藤 正浩 寒地技術論文・報告集 寒地技術シンポジウム 28 460 -463 2012年 [査読無し][通常論文]
  • 加齢骨の微視構造特性と力学特性
    東藤正浩, 但野茂 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 2011 82 2011年11月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 東海林 寛, 但野 茂 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2011 "G020021 -1"-"G020021-3" 2011年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Early detection of fracture risk is important as effectiveness of treatment with bone diseases. Over the years, loss of bone mineral or bone mass has been considered the major cause of bone fractures. However, recent studies suggest that collagen also contributes to bone strength by using physiological and artificial aging bone. It was found that fracture risk is related to not just a simple loss of bone mass, but related to significant changes in the biochemical and physical properties of the collagen matrix. Therefore the microscopic interaction between the mineral and organic material may determine the mechanical properties of bone. In this study, bovine cortical bone specimens with different ages were analyzed by Raman spectroscopy. As the results, Raman spectrum of bovine cortical bone with different mechanical properties with aging showed the different Raman spectrum with aging. The effectiveness of Raman spectroscopy was confirmed as a technique for the mechanical evaluation of bone aging.
  • 山田 悟史, 小瀧 優香, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan 2011 "G020022 -1"-"G020022-3" 2011年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Cortical bone has a hierarchical structure. In microstructure, cortical bone is a composite structure of the osteonal and non-osteonal regions and it is regarded as "osteon composites". In nanostructure, cortical bone is a multi-phase nanocomposite material consisting of collagen and hydroxyapatite (HAp). The relationship between the mechanical properties and the hierarchical structure of cortical bone has not been fully investigated and elucidated. This study used strip specimens aligned with the bone axis taken from the cortical bone of a bovine femur. In the experiments, elastic modulus and strength of the specimens were measured by tensile tests. The degree of c-axis orientation of HAp crystals in the specimens was measured by X-ray diffraction method. The area ratio of osteonal region at the cross sections of the specimens was determined. Indentation tests using an AFM probe were conducted at the osteonal and non-osteonal regions in the cross-section. As a result, the elastic modulus and strength were higher in specimens with lower area ratio of the osteonal region. Indentation tests show that the contact stiffness of the osteonal region was lower than that of the non-osteonal region; however, the difference was not so large. The degree of HAp orientation was higher in specimens with lower area ratio of the osteonal region. Furtehr, the elastic modulus in the bone axial direction depended on the degree of c-axis orientation of HAp crystals.
  • 東藤正浩, 東海林寛, 但野茂 日本機械学会年次大会講演論文集 2011 (CD−ROM) ROMBUNNO.G020021 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 山田悟史, 小瀧優香, 藤崎和弘, 東藤正浩, 但野茂 日本機械学会年次大会講演論文集 2011 (CD−ROM) ROMBUNNO.G020022 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, Goldhahn Jorg, Schneider Philipp, Muller Ralph, Bunk Oliver, 但野 茂 M&M材料力学カンファレンス 2011 "OS1106 -1"-"OS1106-2" 2011年07月 [査読無し][通常論文]
     
    Bone has a hierarchical structure from macroscopic to microscopic levels and is often regarded as a composite material consisting of apatite crystals and organic matrix in microscopic scale. Microscopic bone quality changes with age. Recent studies suggest that osteoporosis is not just a simple loss of bone mass, but involves significant changes in the biochemical and physical properties of the collagen matrix. Irradiating high intensity X-ray into bone, both of small angle scattering by collagen matrix and wide angle diffraction by HAp crystals occur simultaneously. In this experiment, both structural changes between collagen matrix and HAp crystals in bone are observed by synchrotron X-ray diffraction in combination with micro-compressive device for dynamic image guided failure assessment. Then the difference of behaviors by aging, the aging effects on structural and mechanical properties of bone will be cleared.
  • 東藤正浩, GOLDHAHN Joerg, SCHNEIDER Philipp, MUELLER Ralph, BUNK Oliver, 但野茂 日本バイオレオロジー学会年会プログラム・抄録集 34th 59 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤正浩, GOLDHAHN Joerg, SCHNEIDER Philipp, MUELLER Ralph, BUNK Oliver, 但野茂 日本骨形態計測学会雑誌 21 (2) S64 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • NAKAI Taishin, NAMANISHI Yasuhiro, OCHI Morio, TADANO Shigeru, TODOH Masahiro J Hard Tissue Biol 20 (1) 72-73 2011年04月 [査読無し][通常論文]
  • 佃幸憲, 岩崎倫政, 五十嵐達弥, 河村太介, 笠原靖彦, 大澤伸雄, 東藤正浩, 但野茂, 三浪明男 再生医療 10 247 2011年02月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2010 (23) 87 -88 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 藤崎 和弘, 柏 真太郎, 但野 茂, 佃 幸憲, 五十嵐 達弥, 岩崎 倫政, 三浪 明男 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2010 (23) 227 -228 2011年01月 [査読無し][通常論文]
  • 上原 遼士, 山田 悟史, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 北海道支部講演会講演概要集 2010 (49) 73 -74 2010年11月 [査読無し][通常論文]
  • 小瀧 優香, 山田 悟史, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 北海道支部講演会講演概要集 2010 (49) 85 -86 2010年11月 [査読無し][通常論文]
  • 仲井 太心, 坂本 太郎, 越智 守生, 但野 茂, 東藤 正浩 計算力学講演会講演論文集 2010 (23) 272 -273 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 上原 遼士, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2010 (5) 33 -34 2010年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Bone tissue is a composite material composed of hydroxyapatite (HAp) and collagen fiber. The interplanar spacing of HAp crystals can be measured using the X-ray diffraction method, and HAp crystal strain is calculated from the deformation of the interplanar spacing. Previous studies have shown that HAp crystal strain in cortical bone is almost proportional to the tissue strain in the bone axial and circumferential directions. The aim of this study is to measure the HAp crystal strain under tensile loading and the orientation of c-axis of HAp crystals in femoral trabeculae. The experiments i...
  • GIRI Bijay, FUJISAKI Kazuhiro, TODOH Masahiro, TADANO Shigeru バイオエンジニアリング講演会講演論文集 22nd 244 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2009 (22) 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • ギリ ビジャイ, 藤崎 和宏, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2009 (22) 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • 新井田 淳, 東藤 正浩, 但野 茂, 廣瀬 由紀人, 越智 守生 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2009 (22) 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集 2010 (0) "1P1 -C05(1)"-"1P1-C05(2)" 2010年 [査読無し][通常論文]
     
    Bone is often subjected to residual stresses and the stresses play an important role in a mechanical strength of the tissue. The aim of this study is to compare the residual stresses at the cortical surface of the diaphysis in bovine and equine femurs. The residual stresses were measured at anterior, posterior, lateral, and medial positions in the middle of the femurs. As a result, focusing on the anterior and posterior positions, the residual stresses of the anterior position were larger than that of the posterior position in both femurs. It would appear that the femurs from different quad...
  • 増田 耕平, 中島 康博, 吉成 哲, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 北海道支部講演会講演概要集 2009 (48) 81 -82 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 前島 崇宏, 山田 悟史, 東藤 正浩, 但野 茂 北海道支部講演会講演概要集 2009 (48) 103 -104 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 藤崎 和弘, 但野 茂, 東藤 正浩 臨床バイオメカニクス = Japanese journal of clinical biomechanics 30 (0) 173 -178 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 藤崎 和弘, 但野 茂, 東藤 正浩 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2009 (7) 257 -258 2009年09月 [査読無し][通常論文]
     
    An X-ray diffraction technique can be used to measure the strain of Titanium (Ti) materials. In this study, the X-ray diffraction method was applied to the skin tissue covered Ti materials. Characteristic X-rays of Mo-Ka were used in this method and the diffracted X-rays from Ti could be detected transmit through the skin tissue with 1 mm thickness. The individual peaks such as (010), (002), (011) and (110) were clearly recognized by using parallel beam setup. The X-ray absorption by skin tissue is to be large under the diffracted X-rays detected in low angles because the length of penetrat...
  • 中島康博, 前田大輔, 桑野晃希, 吉成哲, 増田耕平, 東藤正浩, 但野茂 北海道立工業試験場報告 (308) 81 -87 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • 中島 康博, 前田 大輔, 桑野 晃希, 吉成 哲, 増田 耕平, 東藤 正浩, 但野 茂 Dynamics & Design Conference 2009 (0) "307 -1"-"307-6" 2009年08月 [査読無し][通常論文]
     
    Measurements by surface electromyography (sEMG) are noninvasive and simple to apply to obtain signals of muscle action potentials. However, the sEMG potentials of muscles near the electrode are superimposed, called "crosstalk". This paper develops a method measuring individual muscle activity of forearm muscles using sEMG distribution and a conduction model of the forearm for measuring individual muscle activities. The optimized individual muscle activities are calculated from sEMG with flexion load to a middle phalanx of a middle finger of 3 subjects. As a result, the muscle activity of fl...
  • 山田 悟史, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 M&M材料力学カンファレンス 2009 (0) 780 -781 2009年07月 [査読無し][通常論文]
     
    Bone tissue is a composite material composed of hydroxyapatite (HAp) and collagen fiber. The interplanar spacing of HAp ciystals can be noninvasively measured using the X-ray diffraction method, because HAp is a crystalline structure. The residual stress of bone tissue can be calculated from the interplanar spacing of the HAp crystals. In this work, the residual stresses of the bone axial direction in the anterior and posterior positions at the surface region of the center of the rabbit femoral and tibial diaphyses were estimated using the sine squared psi method. As a result, the residual ...
  • 骨強度因子としての相互作用-骨コラーゲンとアパタイトの連関
    東藤正浩 腎と骨代謝 総説・解説(学術雑誌) 22 (3) 225 -230 2009年07月 [査読無し][招待論文]
  • GIRI Bijay, FUJISAKI Kazuhiro, TODOH Masahiro, TADANO Shigeru バイオエンジニアリング講演会講演論文集 21st 159-160 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 中島 康博, 前田 大輔, 桑野 晃希, 吉成 哲, 増田 耕平, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008 (21) 3 -4 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 渋谷 良太, 東藤 正浩, 藤崎 和弘, 新井田 淳, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008 (21) 145 -146 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008 (21) 157 -158 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • ギリ ビジャイ, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008 (21) 159 -160 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008 (21) 379 -380 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 但野 茂, 藤[サキ] 和弘, 五十嵐 達弥, 岩崎 倫政, 三浪 明男 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008 (21) 443 -444 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 新井田 淳, 但野 茂, 東藤 正浩, 越智 守生, 廣瀬 由紀人 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008 (21) 461 -462 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 武田 量, 但野 茂, 東藤 正浩, 名取川 愛紀子, 吉成 哲 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2008 (21) 473 -474 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • GIRI Bijay, TADANO Shigeru, FUJISAKI Kazuhiro, TODOH Masahiro バイオフロンティア講演会講演論文集 19th 93-94 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • GIRI Bijay, TADANO Shigeru, FUJISAKI Kazuhiro, TODOH Masahiro バイオフロンティア講演会講演論文集 2008 (19) 93 -94 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 中島 康博, 前田 大輔, 桑野 晃希, 吉成 哲, 増田 耕平, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオフロンティア講演会講演論文集 2008 (19) 31 -32 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオフロンティア講演会講演論文集 2008 (19) 95 -96 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 武田 量, 但野 茂, 東藤 正浩, 吉成 哲 バイオフロンティア講演会講演論文集 2008 (19) 167 -168 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 伊万里 祐輔, 東藤 正浩, 但野 茂 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2008 (5) 3 -4 2008年08月 [査読無し][通常論文]
     
    Bone is a composite material composed of mineral matrix (mainly hydroxyapatite) and organic matrix (mostly type I collagen) in a microscopic scale. Macroscopic mechanical properties of bone are dependent on the structure and mechanical properties of these microscopic constituents. It has been considered that bone density is a predictor of its strength from a macroscopic perspective, but denaturation of the organic matrix would also lead to a significant loss of bone strength. In this study, heat-treated bone was examined as a collagen denatured model, and then 4-point bending tests and impa...
  • 但野 茂, 東藤 正浩, 藤崎 和弘, 加藤 雅樹 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2008 (5) 5 -6 2008年08月 [査読無し][通常論文]
     
    The purpose of this study is the elucidation of electro-mechanical response of spinal cord tissue. Spinal cord tissue is composed of white matter, gray matter, spinal meninges and water. The tissue has triphasic construction consisting of solid phase, fluid phase and electric reactions. Solid phase contains negative charged proteoglycan which enhance swelling pressure and exerts an influence on the tissue behavior. On the other hand, strain increases fixed charge density relating to electric potential gradient and streaming potential. We conducted the confined compression tests on spinal co...
  • 名取川 愛紀子, 武田 量, 東藤 正浩, 但野 茂, 吉成 哲 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2008 (7) 213 -214 2008年08月 [査読無し][通常論文]
     
    This work proposes a method that can measure the three-dimensional positions of joint centers for hip, knee and ankle using wearable acceleration and gyro sensors. Healthy volunteers wore small sensor unit that included a tri-axis acceleration sensor and three single axis gyro sensors. Acceleration data from acceleration sensors and angular velocity data from gyro sensors to were used to estimate joint angles of the hip and knee. The joint angles along with the volunteers' body measurements were used to calculate positions of hip, knee and ankle joint. Flexion-extension angle and internal-e...
  • GIRL Bijay, FUJISAKI Kazuhiro, TODOH Masahiro, TADANO Shigeru バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2007 (20) 347 -348 2008年01月 [査読無し][通常論文]
  • 新井田 淳, 但野 茂, 東藤 正浩, 越智 守生, 廣瀬 由紀人 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2007 (20) 143 -144 2008年01月 [査読無し][通常論文]
  • 中島 康博, 前田 大輔, 桑野 晃希, 吉成 哲, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2007 (20) 377 -378 2008年01月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 但野 茂, 伊万里 祐輔 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2007 (20) 361 -362 2008年01月 [査読無し][通常論文]
  • Ogita Taira, Tadano Shigeru, Todoh Masahiro, Kanaoka Masaru Proceedings of the ... Asian Pacific Conference on Biomechanics : emerging science and technology in biomechanics 2007 (3) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • Todoh Masahiro, Tadano Shigeru Proceedings of the ... Asian Pacific Conference on Biomechanics : emerging science and technology in biomechanics 2007 (3) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • Takeda Ryo, Tadano Shigeru, Todoh Masahiro, Yoshinari Satoshi Proceedings of the ... Asian Pacific Conference on Biomechanics : emerging science and technology in biomechanics 2007 (3) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • Giri Bijay, Fujisaki Kazuhiro, Todoh Masahiro, Tadano Shigeru Proceedings of the ... Asian Pacific Conference on Biomechanics : emerging science and technology in biomechanics 2007 (3) 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 山田 悟史, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオフロンティア講演会講演論文集 2007 (18) 145 -146 2007年10月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 但野 茂, 伊万里 祐輔 北海道支部講演会講演概要集 2007 (46) 183 -184 2007年09月 [査読無し][通常論文]
  • 大竹 章吾, 但野 茂, 東藤 正浩, 浅野 聡 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2007 (5) 195 -196 2007年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Spinal instrumentation is one method of therapy for spinal damage. In such therapy, robust fixation of vertebrae by inserting rod screws is required. For vertebral robust fixation, the therapists have to understand the bone strength of the point of insertion. The purpose of this study is the fabrication of a probe to measure the thrust force during the bone drilling of bovine vertebrae and evaluate the data measured. The drilling condition such as drilling revolution, feed rate, and drill bit geometry were considered. The best condition for bone strength evaluation is selected by making a c...
  • 佐藤 亮輔, 但野 茂, 東藤 正浩 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2007 (5) 201 -202 2007年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Spinal cord is important in assuming signal transduction within the living body. There is a great deal of complexity with the mechanically properties of spinal cord tissue. The relationship between charged tissue, water and ions are unknown. Especially, electromechanical properties of spinal cord tissue that effect the stiffness of spinal cord have not been studied before. Spinal cord tissue containing proteoglycan generate streaming potential when compressed. Streaming potential is an indicator for showing the electromechanical properties. We measured streaming potential of spinal cord tis...
  • 荻田 平, 但野 茂, 東藤 正浩, 金岡 優 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2007 (5) 263 -264 2007年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Implants using in orthopedics or dentistry have been usually fixed to bone tissue by other artificial bonding material such as bone cement or clinical screws. However, rigid bonding requires long duration between bone and implant. It is important to develop the bonding technique between bones and implants directly. Laser technique is effective tool for bonding metals. Laser beam has high energy density thus it can process the small area of material in short duration. This study has proposed the application of laser-processing technique for the bonding of bone and implant material. The corti...
  • 松田 辰啓, 但野 茂, 東藤 正浩 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2007 (6) 43 -44 2007年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Wheelchairs improve mobility for people for whom walking is difficult or impossible, due to illness or disabilities. However, the road condition influence the driving ability of the wheelchairs. In the snowy region during winter, slipping often occurs because the grip between the wheel and the road cannot be secured enough when driving on the frozen road or the slope. In this study, the control mechanism that detects slipping and reflects it in driving power was developed so that the slipping actively decreased. This control mechanism was developed for existing electric wheelchairs. To deve...
  • 佐藤 拓也, ギリ ビジャイ, 藤崎 和弘, 但野 茂, 東藤 正浩 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2007 (5) 173 -174 2007年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Bone tissue is a composite material composed of hydroxyapatite (HAp) and collagen. Since HAp is a crystalline structure, an X-ray diffraction method can be used to measure the lattice strain of HAp crystals. Although scintillation counter has been used to obtain an X-ray diffraction profile, a large amount of X-ray irradiation is necessary to obtain principal strains. Imaging plate (IP) would be useful to measure the strain distribution with smaller amount of irradiation. IP gives a diffraction image, thus planar distribution of strain could be obtained in a single measurement. We developed...
  • 西本 匡宏, 東藤 正浩, 但野 茂 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2007 (5) 171 -172 2007年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Bone tissue is often regarded as a composite material composed of hydroxyapatite (HAp) like mineral particles and collagen matrix (type I collagen) in a microscopic scale. Macroscopic properties of bone are dependent on these micro-structural elements. However, the relationship between macroscopic and microscopic properties of bone has been little known. In this study, to understand the effect of mineral content on macroscopic mechanical properties of bone, the mechanical properties of demineralized bone were examined experimentally. Cortical bone specimens were cut out from the mid-diaphys...
  • ギリ ビジャイ, 藤崎 和弘, 東藤 正浩, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2006 (19) 394 -395 2007年01月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 西本 匡宏, 伊万里 祐輔, 但野 茂 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2006 (19) 396 -397 2007年01月 [査読無し][通常論文]
  • 武田 量, 但野 茂, 中安 稔, 東藤 正浩, 吉成 哲 バイオフロンティア講演会講演論文集 2006 (17) 19 -20 2006年11月 [査読無し][通常論文]
  • 高尾 聖心, 但野 茂, 東藤 正浩, 白土 博樹 バイオフロンティア講演会講演論文集 2006 (17) 89 -90 2006年11月 [査読無し][通常論文]
  • 中土 裕樹, 但野 茂, 東藤 正浩 バイオフロンティア講演会講演論文集 2006 (17) 127 -128 2006年11月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 但野 茂, 伊万里 祐輔 北海道支部講演会講演概要集 2006 (45) 27 -28 2006年09月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 但野 茂, 北川 弘之 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2006 (6) 19 -20 2006年09月 [査読無し][通常論文]
     
    It is often difficult for handicapped people using the electric-powered wheelchairs to maintain their posture against external forces. Therefore, it is important to reduce the instability in driving the wheelchair under the various road conditions. In this study, the level holding seat mechanism available for the general electric-powered wheelchairs has been proposed. In order to occur the torque by the driver's weight and the range of inclination angle, the level holding seat was constructed by the link mechanism with the linear actuator. A prototype model of level holding mechanism was ma...
  • ビジャイ ギリ, 但野 茂, 東藤 正浩, 藤崎 和弘 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2005 (18) 251 -252 2006年01月 [査読無し][通常論文]
  • 但野 茂, 東藤 正浩, 武山 敦史 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2005 (5) 109 -110 2005年09月 [査読無し][通常論文]
     
    It is very important to understand the mechanical function of spinal cord for therapeutic improvement or pathologic elucidation. Spinal cord is a biphasic substance composed of solid and liquid phases. When it deforms, liquid phase in the tissue flows out through between solid phases. The interaction between two phases derives the macroscopic viscoelastic behavior. An experimental equipment was developed to measure biphasic behavior using a porous metal in the bottom of specimen to flow liquid phase. Stress-relaxation test was done in the confined compression. As a result, gray matter is mo...
  • 東藤 正浩, 但野 茂, 本島 誉久, 北川 弘之 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2005 (5) 217 -218 2005年09月 [査読無し][通常論文]
     
    It is often difficult for handicapped people using the electric wheelchairs to maintain their posture against external forces. Therefore, it is important to reduce the instability in driving the wheelchair under the various road conditions. In this study, the active level holding seat mechanism available for the general electric wheelchairs is proposed. In order to reduce the increase of seat height, optimal link parameters were designed to minimize the size of linkage. A prototype model of level holding mechanism was made practically. The effect of the proposed mechanism was evaluated by t...
  • 東藤 正浩, 但野 茂, 鶴江 陽介, 白土 修 設計工学・システム部門講演会講演論文集 2005 (15) 74 -75 2005年08月 [査読無し][通常論文]
     
    The spine consists of vertebrae separated by flexible intervertebral disks. The intervertebral disks act as the flexible spacer between vertebrae and carry significant compressive loads from gravitational and muscle forces. The spine fixation surgery apply to many spinal disorders. The rigid fixation, however, might cause the damage of intervertebral disks. Therefore, it is important to develop the spinal fixation device with the biological intervertebral stiffness. In this study, the flexion, extension, lateral bending and axial rotation stiffness of bovine lumber spine were measured exper...
  • 田中 正夫, 赤澤 康史, 松本 健志, 内藤 尚, 東藤 正浩, 野村 毅 設計工学・システム部門講演会講演論文集 2005 (15) 76 -77 2005年08月 [査読無し][通常論文]
     
    A purpose of this study is to obtain design indices for stiffness of Ankle-foot orthosis (AFO) by measuring ankle joint functions of a hemiplegic patient in order to manufacture and prescribe a more suitable AFO for each of hemiplegic patients. The ankle joint functions of 17 hemiplegic patients and stiffness characteristics of their each AFO are measured and correlations between ankle joint functions and stiffness characteristics of AFO are examined. Then, it is found that planter stiffness of AFO has correlations with passive resistive moment of ankle joints in an ankle-neutral and a knee...
  • 後藤 直子, 但野 茂, 東藤 正浩, 向井 大作, 新畑 将, 中土 幸男 設計工学・システム部門講演会講演論文集 2005 (15) 86 -87 2005年08月 [査読無し][通常論文]
     
    Recently, hip pads have been developed to prevent the femur fracture by falling for aged persons. It is necessary for hip pads that the material and the structure select and design to realize the higher performance of impact absorption. In this work, an experimental system was made to test the impact absorbing properties of hip pad with cellular cushion and commercial hip pad. Using an artificial femur with composite materials that consist of cortical and cancellous region, impact load was applied to greater trochanter of the femoral model. Impact absorbing performance was evaluated by the ...
  • 福島 静一郎, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 関西支部講演会講演論文集 2005 (80) "4 -31"-"4-32" 2005年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Linkage mechanisms generate complex curves or motion in a inconstant speed, and are widely used in various mechanical systems. However, their input-output relationship is highly non-linear, making the synthesis of link mechanisms laborious. Mechanism designers frequently pick up an already-existing mechanism which generates a similar output and modify it to produce the desired output. Therefore it is useful to collect and sort many mechanisms and construct a case-base for coming design activities. This article discusses an optimal synthesis of link mechanisms fulfilling specified output tra...
  • 吉瀬 允紀, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 関西支部講演会講演論文集 2005 (80) "4 -33"-"4-34" 2005年03月 [査読無し][通常論文]
     
    The authors have proposed a concept of force dependent variable stiffness by introducing a certain internal gap in a continuum structure. This concept has been demonstrated to be valid for designing the structure of hardening-type bilinearity. This study discusses the design of continuum structure showing softening-type variable stiffness. Two different mean compliances are considered for a continuum structure at different ranges of external load divided by the stiffness switching level of working load. First, the compliant mechanism design problem is employed to obtain the initial design u...
  • 野村 毅, 赤澤 康史, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 関西支部講演会講演論文集 2005 (80) "8 -9"-"8-10" 2005年03月 [査読無し][通常論文]
     
    An ankle-foot orthosis (AFO) is a device widely used by hemiplegic patients to assist their gait. The aim of this study is to estimate an adequate mechanical property of an AFO based on a passive property of ankle. First, we examine mechanical properties of hemiplegic ankle and their AFO prescribed suitably, and then evaluate the correlation between these two properties. The results show that AFO plantar stiffness has significant correlations (p<0.05) with ankle resistive moment at a knee-extended posture and with ankle dorsal stiffness at a knee-flexed posture. The former correlation gives...
  • 猪原真澄, 東藤正浩, 松本健志, 田中正夫 関西支部講演会講演論文集 研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 2005 (80) 8-19 -8-20 2005年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Cancellous bone is comprised of the network structure of trabeculae, which results structural and mechanical anisotropic properties. These suggest the relevance of investigating the mechanical properties of cancellous bone with relation to structural properties of cancellous bone and the mechanical properties of trabeculae. In this article, the mean intercept length and fablic ellipsoid analyses and conventional compression test were performed for cancellous bone, and the mechanical properties of single trabeculae were examined by means of three-point bending test and Vickers hardness test,...
  • 但野 茂, 東藤 正浩 生体医工学 : 日本エム・イー学会誌 43 (1) 2005年03月 [査読無し][通常論文]
  • 吉野 勝之, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2004 (17) 65 -66 2005年01月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2004 (17) 69 -70 2005年01月 [査読無し][通常論文]
  • 藤崎 和弘, 但野 茂, 東藤 正浩, 佐々木 直樹 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2004 (17) 71 -72 2005年01月 [査読無し][通常論文]
  • 中土 裕樹, 但野 茂, 東藤 正浩, 中土 幸男, 森 慎一郎, 遠藤 真広 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2004 (17) 145 -146 2005年01月 [査読無し][通常論文]
  • 間野 勝彦, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2004 (17) 211 -212 2005年01月 [査読無し][通常論文]
  • TODOH Masahiro, IHARA Masumi, MATSUMOTO Takeshi, TANAKA Masao JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing 47 (4) 1075 -1078 2004年12月 [査読無し][通常論文]
     
    Macroscopic bone properties depend on the microscale structural organization and the properties of microstructural elements. In the case of cancellous bone, the network structure of trabeculae, i.e., bar/plate bone elements of submillimeter diameter/thickness, results in the anisotropic properties as a porous media, and it is important to investigate the mechanical properties of cancellous bone with relation to the microstructural and micromechanical properties of trabeculae. Efforts have been devoted for the mechanical test of single trabecula in this context. In this article, the mechanic...
  • 西 晋司, 東藤 正浩, 松本 健志, 江原 宗平, 田中 正夫 バイオフロンティア講演会講演論文集 2004 (15) 77 -78 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 藤田 麗二, 東藤 正浩, 松本 健志, 廣瀬 美帆, 田中 栄二, 田中 正夫 バイオフロンティア講演会講演論文集 2004 (15) 87 -88 2004年11月 [査読無し][通常論文]
  • 赤澤 康史, 中川 昭夫, 野村 毅, 東藤 正浩, 田中 正夫 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2004 (6) 109 -110 2004年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Ankle-foot orthosis (AFO) is a primal aid for patients with gait disorder. Mechanical characteristics of AFO joint directly affect the walking function, and the viscoelasticity of AFO joint might be changed during gait, at least for stance/swing phases respectively. In this article, we designed an AFO joint with MR-fluid so that the viscosity alternated in accordance with the shank angular velocity. We observed the gait with the prototyped AFO of a hemiplegic patient using a shoehorn type AFO in his daily life. It was shown that the shank angular velocity remarkably reduced at the period of...
  • Tanaka Masao, Todoh Masahiro, Matsumoto Takeshi, Ihara Masumi Advanced robotics : the international journal of the Robotics Society of Japan 2004 (1) 245 -246 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 田中 正夫, 赤沢 康史, 東藤 正浩 運動療法と物理療法 = The Journal of physical medicine 14 (4) 256 -262 2003年12月 [査読無し][通常論文]
  • TANAKA Masao, TANAKA Eiji, TODOH Masahiro, ASAI Daisuke, KURODA Yukiko JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing 46 (4) 1400 -1408 2003年12月 [査読無し][通常論文]
     
    Temporomandibular joint (TMJ) disorder relates to the biomechanical irregularity of the structual joint components, and the behavior of soft tissue components is considered as a key to understand the biomechanical condition in the TMJ. The configuration of joint components, however, closely depends on individual patients. In this study, attention has been focused on the stress and displacement of irregular TMJs with anterior disc displacement. Using biplane magnetic resonance (MR) images, typical anterior-disc-displaced (ADD) TMJ of a patient with temporomandibular disorder has been modeled...
  • 田中 正夫, 田中 栄二, 東藤 正浩, 黒田 有紀子 計算力学講演会講演論文集 2003 (16) 323 -324 2003年11月 [査読無し][通常論文]
  • 金海 憲男, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 設計工学・システム部門講演会講演論文集 2003 (13) 339 -340 2003年10月 [査読無し][通常論文]
     
    In the context of structural shape design, the target structural shape should be that under working load. The homology design is a typical example which pays attention to the deformed structural shape. This report discusses a structural design problem that retrieves the specified profile of continuum structure existing under working load. The optimal structural design problem is formulated as a relaxed version of the homology design, and it permits the trimming operation only, i.e. the reduction of structural material from the initial shape of the existing structure. The algorithm of shape ...
  • 福島 静一郎, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 設計工学・システム部門講演会講演論文集 2003 (13) 351 -352 2003年10月 [査読無し][通常論文]
     
    Link mechanism is widely used as transmission/conversion device of simple motion by prime mover. The input-output relationship, however, is highly non-linear and it makes the synthesis of link mechanism complex. The synthesis of link mechanism is generally a process of trial and error of modification and correction of past design cases. This article discusses the optimal synthesis of four-bar mechanism realizing specified trajectory and velocity profiles in a given design space. A design case-base is constructed for link size and the coupler curves profile. For the target trajectory and its...
  • 小泉 達也, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 設計工学・システム部門講演会講演論文集 2003 (13) 477 -478 2003年10月 [査読無し][通常論文]
     
    Rubber-like material is frequently used at the contacting condition, and its structural design problem inevitably involves the surface deformation and traction simultaneously as the design objective/constraint, since the surface deformation due to the contacting object sometimes yields the severe stress conditions for the deformable body. This study discusses a structural optimization problem accompaning the deformation constraint at the boundary with surface traction. In order to guarantee desirable pattern of surface traction and deformation even for different resultant, auxiliary forces ...
  • 黒田 有紀子, 東藤 正浩, 田中 栄二, 田中 正夫 バイオフロンティア講演会講演論文集 2003 (14) 63 -64 2003年09月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋 亮, 東藤 正浩, 江原 宗平, 田中 正夫 バイオフロンティア講演会講演論文集 2003 (14) 127 -128 2003年09月 [査読無し][通常論文]
  • 猪原 真澄, 東藤 正浩, 松本 健志, 田中 正夫 バイオフロンティア講演会講演論文集 2003 (14) 129 -130 2003年09月 [査読無し][通常論文]
  • 大阪大学大学院基礎工学研究科機能創成専攻田中研究室研究室紹介
    東藤正浩 日本機械学会バイオエンジニアリング部門報 その他記事 32 17 -17 2003年09月 [査読無し][通常論文]
  • 赤澤 康史, 中川 昭夫, 野村 毅, 東藤 正浩, 田中 正夫 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2003 (7) 97 -98 2003年08月 [査読無し][通常論文]
     
    Ankle-foot orthosis (AFO)is an important aid for patients with gait disorder. We have investigated the relationship between hemiplegic ankle joints function and AFO joint characteristics during gait, because mechanical characteristics of AFO joint directly affect the walking function. In this article, we examined an ankle joint device using magneto-rheological fluid that rheological characteristics can be adjusted by changing intensity of magnetic field applied. The device is composed of a rotary cylinder and a short tube with restrictor connecting both cylinder ports, and its closed hydrau...
  • 田中 正夫, 東藤 正浩, 猪原 真澄 学術講演会講演論文集 52 (0) 406 -407 2003年05月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋 亮, 東藤 正浩, 江原 宗平, 田中 正夫 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2003 (15) 177 -178 2003年01月 [査読無し][通常論文]
  • 黒田 有紀子, 田中 栄二, 東藤 正浩, 田中 正夫 関西支部講演会講演論文集 2003 (78) "1 -19"-"1-20" 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    Temporomandibular joint(TMJ) disorder relates to the mechanical irregularity of the structual joint components, and disc and behevior of retrodiscal tissue is considered as a key to understand the biomechanical condition in the TMJ. Permanent anterior disc displacement and derangement are typical finding in TMJ disorder. The mouth opening motion naturally induces the anterior disc displacement tentatively even in normal TMJ. Since the condyle motion has the direct influence on the soft tissue stress, this study examined the possibility of the rearrangement of stress in disc and retrodiscal ...
  • 小川 真申, 東藤 正浩, 田中 正夫 福祉工学シンポジウム講演論文集 2002 (2) 217 -220 2002年11月 [査読無し][通常論文]
  • 上松 弘幸, 赤澤 康史, 東藤 正浩, 田中 正夫 福祉工学シンポジウム講演論文集 2002 (2) 221 -224 2002年11月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 田中 正夫, 江原 宗平 日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research 23 (0) 137 -140 2002年11月 [査読無し][通常論文]
  • 黒田 有紀子, 東藤 正浩, 田中 栄二, 田中 正夫 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2002 (1) 153 -154 2002年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Temporomandibular joint (TMJ) disorder relates to the mechanical irregularity of the structual joint components, and disc behevior is considered as a key to understand the biomechanical condition in the TMJ. Permanent anterior disc displacement and derangement are typical finding in TMJ disorder. The mouth opening motion naturally induces the anterior disc displacement tentatively even in normal TMJ, and the condyle motion is considered as the key to understand the disc displacement and stress. This study examined the influence of condyle trajectory on the disc displacement and stress of ir...
  • 松本 武志, 東藤 正浩, 田中 正夫 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2002 (6) 33 -34 2002年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Bone has hierachical and complex structure and multiscale viewpoint is important for bone mechanics because the mechanical property is dependent on the scale factor of bone structure. Macroscopically, some relation is known between the mechanical property and bulk morphology. On the other hand, limited attention has been paid for such structural and mechanical consideration in mesoscopic and microscopic scale. In this article, the macroscopic elastic modulus of cancellous bone is examined by means of the elastic modulus of trabeculae, its orientation and volume fraction. Mean intercept leng...
  • 前高 剛, 東藤 正浩, 田中 正夫 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2002 (7) 197 -198 2002年09月 [査読無し][通常論文]
     
    A panel subjected to aerodynamic forces is a typical nonconservative structual system of two-dimension. When aerodynamic forces increase over the critical amplitude, the panel experiences the dynamic instability of panel flutter. This study concerned with the structual design improving the stability limit of a panel exposed to supersonic flow by means of adaptive structure with piezoelectric material. Piezoelectric material embeded in the host structure material was connected to resistance-inductance shunt circuit, and expected to work as passive dampers. Maximum critical flow velocity of p...
  • 小泉 達也, 東藤 正浩, 田中 正夫 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2002 (7) 199 -200 2002年09月 [査読無し][通常論文]
     
    The contact surface of deformable continuum body has importance on surface deformation and traction simultaneously, since the surface deformation due to the contacting object sometimes yields such surface traction that accompanies the severe stress conditions for the deformable body as well as for the contacting object. This study discusses a mechanical problem of deformable continuum body of hyper elasticity with surface traction and deformation prescribed simultaneously. Such a problem is considered as a design optimization problem in the context of homology design concept. The homology i...
  • 赤澤 康史, 上松 弘幸, 東藤 正浩, 田中 正夫 生体・生理工学シンポジウム論文集 17 (0) 127 -130 2002年09月 [査読無し][通常論文]
  • 小川真申, 東藤正浩, 田中正夫 東海支部地区講演会講演論文集 研究論文 2002 (0) 199 -200 2002年08月 [査読無し][通常論文]
  • 上松 弘幸, 赤澤 康史, 東藤 正浩, 田中 正夫 東海支部地区講演会講演論文集 2002 (0) 201 -202 2002年08月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 田中 正夫, 江原 宗平 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2002 (14) 291 -292 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 田中 正夫, 江原 宗平 脊柱変形 : 日本側彎症研究会会誌 = Spinal deformity : the journal of Japanese Scoliosis Society 16 (1) 17 -20 2001年12月 [査読無し][通常論文]
  • 松本 武志, 東藤 正浩, 田中 正夫 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2001 (12) 99 -100 2001年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小川 真申, 東藤 正浩, 田中 正夫 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2001 (12) 123 -124 2001年10月 [査読無し][通常論文]
  • 上松 弘幸, 赤澤 康史, 東藤 正浩, 田中 正夫 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2001 (12) 125 -126 2001年10月 [査読無し][通常論文]
  • 東藤 正浩, 田中 正夫, 江原 宗平 日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research 22 (0) 233 -236 2001年10月 [査読無し][通常論文]
  • 赤澤 康史, 中川 昭夫, 上松 弘幸, 東藤 正浩, 田中 正夫 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 0 (1) 261 -262 2001年08月 [査読無し][通常論文]
     
    In this article, we examined the plantar flexion moment of hemiparetic patients as an important biomechanical index for design of ankle foot orthosis (AFO) from the viewpoint of ankle joint viscosity. Spastic ankle joint moment was measured with ankle joint angle by using a setup having single degree of freedom motion for dorsal-planter flexion axis with a torque transducer and a potentiometer. The observed spastic plantar flexion moments of a patient scattered largely depending on angular velocity of ankle joint motion. The rigidity under higher angular velocity exhibited much deviation of...
  • 赤澤 康史, 中川 昭夫, 上松 弘幸, 東藤 正浩, 田中 正夫 Dynamics and Design Conference : 機械力学・計測制御講演論文集 : D & D 2001 (0) 2001年08月 [査読無し][通常論文]
     
    This article discusses several mechanical factors concerning with ankle foot orthosis(AFO) design from the viewpoint of ankle joint moment by spasticity. The plantar flexion is a typical feature at the spastic ankle joint in hemiplegic patients, and the spasticity-induced moment is a key for appropriate AFO characteristics. The spastic flexion moment of patient and the joint stiffness of typical AFOs are investigated, and their relationship is considered. The design factors expected for the AFO joint are discussed for each phase in level walking, and an AFO with switching stiffness is exami...
  • 田中 正夫, 東藤 正浩, 小川 真申 Dynamics and Design Conference : 機械力学・計測制御講演論文集 : D & D 2001 (0) 2001年08月 [査読無し][通常論文]
     
    Lower limb orthoses is used as a useful aid for the disabled with gait disorder to assist standing and walking activities. The elementary function of such an aid is to support and maintain the lower limb joints at an appropriate position. It, however, bring some restriction in smooth body motion at the same time. In this study, the effect of ankle joint constraints is examined in terms of various ranges of motion of ankle joint of orthoses for the maintenance and recovery of standing posture under the foot floor disturbance simulating vehicle movement.
  • 東藤 正浩, 田中 正夫, 佐藤 宏紀 材料力学部門講演会講演論文集 2001 (0) 15 -16 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 浅井 大輔, 田中 正夫, 東藤 正浩, 田中 栄二 関西支部講演会講演論文集 2001 (76) "9 -39"-"9-40" 2001年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Temporomandibular joint (TMJ) disorder relates to the mechanical irregularity of the structual joint components, and the behevior of soft tissue components is considered as a key to understand the biomechanical condition in the TMJ. In this study, the attention has been focused on the stress and displacement of articular disc in disorderd TMJ with anterior disc displacement (ADD). ADD-TMJs have been modelled by using biplane MRI technique and the effect of ligamentizations of posterior connective tissue following to ADD has been examined by means of computational biomechanic analysis based ...
  • 東藤 正浩, 田中 正夫, 江原 宗平 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2001 (13) 120 -121 2001年01月 [査読無し][通常論文]
  • 赤澤 康史, 中川 昭夫, 東藤 正浩, 田中 正夫 バイオエンジニアリング講演会講演論文集 2001 (13) 292 -293 2001年01月 [査読無し][通常論文]
  • TODOH Masahiro, TADANO Shigeru, SHIBANO Jun-ichi, UKAI Takayoshi JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing 43 (4) 795 -801 2000年12月 [査読無し][通常論文]
     
    It is well known that bone has the capability to adapt to a normal mechanical environment and to reconstruct functionally its structure and geometry. This phenomenon is called "adaptive bone remodeling". One of the most important mechanical factors of remodeling is stress. To induce bone remodeling, some stress should be present to stimulate the osteocyte over a relatively long period. Thus, this stress is a type of residual stress. To verify this assumption, it is necessary to measure residual stress in intact bone tissue. Bone has an extremely anisotropic structure which consists of hydro...
  • 田中 正夫, 東藤 正浩, 玉田 繁栄 バイオエンジニアリング学術講演会・セミナー講演論文集 2000 (11) 95 -96 2000年10月 [査読無し][通常論文]
  • 赤澤 康史, 中川 昭夫, 東藤 正浩, 田中 正夫 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting 2000 (1) 459 -460 2000年07月 [査読無し][通常論文]
     
    Ankle foot orthosis, AFO is an important tool for a person with gait disorder such as of hemiplegia. The complex stiffness of the AFO has significant influence on the ankle behavior during the stance phase of gait, but attention has been mainly paid for the real stiffness of AFO elasticity. In this article, the viscous stiffness of AFO with a cylinder component is considered in terms of two-level switching characteristics. The switching time planning is examined based on the results of event timing analysis for gait of hemiplegic patients for a soft landing toward foot flat in stance phase ...
  • 東藤 正浩, 田中 正夫, 江原 宗平 関西支部講演会講演論文集 2000 (75) "11 -49"-"11-50" 2000年03月 [査読無し][通常論文]
     
    The etiology of idiopathic scoliosis is still unknown. The effects of limitation of spinal mobility in forward flexion on the development of scoliosis was studied in experimental animals. The spinous processes of lumbar vertebrae of young female rats were sutured together to make persistent limitation in the forward flexion of the spine. These findings indicated that the experimentally produced scoliosis was structural. This experimental study suggested that a limitation in the spinal mobility in forward flexion has a causative effect on the development and progress of idiopathic scoliosis....
  • X-Ray Measurements of Anisotropic Residual Stress in Bovine Femoral Bone
    Proceedings of the ninth International Conference on Biomedical Engineering 698 -700 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Anisotropic Residual Stress of Bovine Femoral Bone
    Proceedings of the International Conference on New Frontiers in Biomedical Engineering, JSME Centennial Grand Congress 459 -462 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Polychromatic X-Ray Method for Residual Stress Measurement in a Ceramic Coating Interface
    Proceedings of the International Symposium on Advanced Technology in Experimental Mechanics 207 -212 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of Ankle Joint Constraints on Standing Posture under Foot Floor Disturbance: An Experimental Observation with 6-DOF Motion Platform
    Proceedings of the Tenth International Conference on Biomedical Engineering 455 -456 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Parameter Identification of Skew Lattice Model of Cancellous Bone: Two-Dimesional Study
    Proceedings of the Tenth International Conference on Biomedical Engineering 597 -597 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Computational Analysis of Idiopathic Scoliosis: A Viewpoint of Inconsistent Growth between Hard and Soft Tissue Components
    Proceedings of Switzerland-Japan Workshop 81 -81 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 成長不均衡による特発性側彎症の有限要素解析-靭帯付脊柱モデルの検討-
    脊柱変形 16 (1) 17 -20 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Idiopathic Scoliosis Simulation by Finite Element Analysis with Imbalanced Growth between Bone and Spinal Ligaments
    Proceedings of IV World Congress of Biomechanics (CD-ROM) 353 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of Ankle Joint Constraint by AFO on Maintenance of Standing Posture
    Proceedings of IV World Congress of Biomechanics (CD-ROM) 262 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Influence of Spasticity on Hemiplegic Ankle Joint Moment
    Proceedings of IV World Congress of Biomechanics (CD-ROM) T103-3 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Sensitivity Analysis on Disc Behavior in Temporomandibular Joint
    Proceedings of IV World Congress of Biomechanics (CD-ROM) 72 2002年 [査読無し][通常論文]
  • FEM Analysis of Idiopathic Scoliosys with Imbalanced Growth: Study on Human Spine Model with Spinal Ligaments
    Acta of Bioengineering and Biomechanics 4 (Supplement 1) 75 -76 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Ankle Joint Moment of Hemiplegic Subjects with Spasticity
    Acta of Bioengineering and Biomechanics 4 (Supplement 1) 221 -222 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of Ankle Joint Constraint by AFO on Standing Position in Able-Bodied Subjects: Foot Pressure, Joint Moment and Joint Stiffness
    Acta of Bioengineering and Biomechanics 4 (Supplement 1) 352 -353 2002年 [査読無し][通常論文]
  • TANAKA M, TODOH M, NAOMI A Journal of Intelligent Material Systems and Structures 14 (4/5) 323 -329 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 片麻痺者足関節特性から短下肢装具関節特性を考える
    運動・物理療法 14 (4) 256 -262 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Standing Posture Maintenance with Ankle ROM Constraint: A Foot Pressure Study
    Clinical Biomechanics 18 (7) S35-S36 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Structural Design of Thin Panel with Piezoelectric Passive Damper under External Fluid Flow
    Proceeedings of the Third China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems 131 -136 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Design Optimization for Bilinear Stiffness Continuum Structure
    Proceeedings of the Third China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems 541 -546 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Structural Shape Optimization for Prescribed Deformation Profile by Trimming Operation
    Proceeedings of the Third China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems 595 -600 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Mechanical Properties of Single Trabecula at Microscale: Elastic Modulus, Hardness and X-ray Diffraction Intensity
    Proceedings of the First Asian Pacific Conference on Biomechanics 245 -246 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Journal Intelligent Material Systems and Structures 16 925 -930 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Mechanical Behaviour of Mineral and Collagen Phases in Bone: Observation by X-ray Diffraction
    Proceedings of the Second Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 136 -136 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Synchrotron Radiation microtomography Reveals Disuse Effects on Cortical Canal Network Structure
    Proceedings of the Second Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 34 -34 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Anisotropic Modeling of Bone Tissue with Composite Structure of HAp-Collagen
    Proceedings of the 2nd Asian Pacific Conference on Biomechanics (CD-ROM) 10089 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Gait Analysis Using Wearable Sensors for Acceleration and Angular Velocity
    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering (CD-ROM) 12 3A4-02 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Strain Measurement of Cortical Bone under Tensile Loading Using Transmitted X-ray Diffraction
    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering (CD-ROM) 12 3A5-10 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Finite Element Modeling of Cortical Bone Region from Clinical CT Images
    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering (CD-ROM) 12 4A2-04 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of Collagen Matrix on Mechanical Properties of Bone
    Journal of Biomechanics 39 (Supplement 1) S471-S471 2006年 [査読無し][通常論文]
  • MATSUMOTO Takeshi, YOSHINO Masayuki, ASANO Takahisa, UESUGI Kentaro, TODOH Masahiro, TANAKA Masao Journal of Applied Physiology 100 (1) 274 -280 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Microstructure of Cortical Bone around the Foramen in Bovine Lumbar Vertebra
    Journal of Biomechanics 39 (Supplement 1) S444-S444 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Development of Horizontal Seat Adjustment System for Electric-Powered Wheelchairs
    The Proceedings of the XXI Congress of International Society of Biomechanics (CD-ROM) 0780 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Residual Stress Estimation of Bone Tissue Using X-ray Imaging Technique
    The Proceedings of the XXI Congress of International Society of Biomechanics (CD-ROM) 0455 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Laser-Bonding of Bone and Implant Material
    Proceedings of the Third Asian Pacific Conference on Biomechanics S199-S199 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Gait Analysis Using Wireless Acceleration Sensors and Gyro Sensors
    Proceedings of the Third Asian Pacific Conference on Biomechanics S35-S35 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Residual Stress near Foramina of Bovine Femur and Metacarpus
    Proceedings of the Third Asian Pacific Conference on Biomechanics S216-S216 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of Mineral Content on Mechanical Properties of Bone
    Proceedings of the Third Asian Pacific Conference on Biomechanics S210-S210 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Residual stress measurement around cortical region in bovine femur using the X-ray diffraction
    Proceedings 8th International Symposium on Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering No. 202 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of Heat Denaturation of Collagen Matrix on Bone Strength
    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering (CD-ROM) 23 2034 -2037 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Streaming Potential of Bovine Spinal Cord under Visco-elastic Deformation
    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering (CD-ROM) 23 2118 -2121 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Human Gait Analysis Using Wearable Sensors of Acceleration and Angular Velocity
    Proceedings of the International Federation for Medical and Biological Engineering (CD-ROM) 23 1069 -1072 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Residual stress around outer cortical region in bovine femoral diaphysis
    Proceedings World Congress 2009 - Medical Physics and Biomedical Engineering 109 -112 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Gait posture estimation by wearable acceleration and gyro sensor
    Proceedings World Congress 2009 - Medical Physics and Biomedical Engineering 111 -114 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Effect of skin and subcutaneous tissue on X-ray strain measurement of Ti implant
    Proceedings World Congress 2009 - Medical Physics and Biomedical Engineering 2093 -2094 2009年 [査読無し][通常論文]

特許

受賞

  • 2012年03月 Bioengineering Division of the Japan Society of Mechanical Engineers 2011 JBSE Papers of the Year Award
     Residual stress distribution in the bovine femoral diaphysis measured by synchrotron 日本 学会誌・学術雑誌による顕彰 
    受賞者: Satoshi YAMADA, Shigeru TADANO, Masahiro TODOH, Kazuhiro FUJISAKI
  • 2007年01月 日本機械学会バイオエンジニアリング部門 第15回瀬口賞
     
    受賞者: 東藤正浩
  • 2002年12月 National University of Singapore & Biomedical Engineering Society Outstanding Paper Award, International Congress on Biological and Medical Engineering
     Single trabecula bending test for relationship between mechanical property and orientation of trabeculae of cancellous bone Singapore 国際学会・会議・シンポジウム等の賞 
    受賞者: Masao TANAKA, Masahiro TODOH, Takeshi MATSUMOTO

競争的資金等の研究課題

  • 分子・結晶とマイクロ構造体の変形相互作用による骨組織強度特性
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 但野茂
  • 超高分子量ヒアルロン酸の関節軟骨マトリクスに与える影響の機序の解明と制御
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 船越忠直
  • 関節リウマチ患者の骨質異常と脆弱性骨折リスク増加の病態
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 高畑雅彦
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 東藤 正浩
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 藤崎 和弘
     
    当該年度は研究の準備段階として、各種観察・測定装置開発と、実験手法の確認を行った。[1]骨試料作成法の確立(藤崎:研究代表者・弘前大学):骨試料として牛皮質骨を利用し、3×3×約30mmの力学試験用試験片を作製した。試料表面の仕上げ加工精度や、試料成形中の乾燥を抑制するため、湿潤下で精密な成形が可能な低速型切断機(ロースピードダイヤモンドホイールソー)を導入し、高精度な骨試験片成形を実現した。[2]骨組織用3次元内部構造観察システム開発(横田:研究分担者・理化学研究所、藤崎):理化学研究所所有の硬組織対応型内部構造顕微鏡システム(RMSS-003)を利用し、骨組織内部の3次元構造観察を実施した。RMSS-003はシリアルセクショニング観察法に基づいており、試験片のスライスと表面の顕微鏡観察を自動的に繰り返す3次元観察システムである。このシステムを骨組織に適用し、加工時の割れ発生や組織組成の破壊を防ぐための最適な加工条件、ならびに、組織内欠陥を明確に特定するための観察条件を決定した。実際にマウスの皮質骨試験片を多断面にわたってスライス観察し、血管や微小孔といったオステオン構造の観察を実現した。[3]破壊試験機開発(東藤:研究分担者・北海道大学、藤崎):骨組織弾性率測定用の4点曲げ試験治具を作製し、一般的な材料試験機上で牛皮質骨異方性弾性率および、破断荷重の測定を実施した。また、破壊じん性値を測定するため、シャルピー型の小型衝撃試験装置を開発し、高分子材料ならびに牛皮質骨試験片の破壊試験を行った。上記[1]、[3]に関連する成果を国内学会にて報告した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    代表者 : 東藤 正浩
     
    本研究では,新しい骨機能診断手法の開発を目的として,有機・無機複合ナノ構造の力学解析を行った.まず,X線回折によりアパタイト/コラーゲンからなる骨複合構造の力学解析を行った.骨組織に放射光を照射することでアパタイト結晶ならびにコラーゲン分子の両方の構造情報を含む回折光が同時に得られ,この情報から外的負荷に対する両者のふるまいを可視化し,骨アパタイト結晶およびコラーゲン分子の力学的役割を明らかにした.またその複合構造モデルとしての知見に基づき,新たな骨質評価手法としてのラマン分光法の有用性を検証するため,骨ラマンスペクトルから力学解析を行った.その結果,力学的負荷に対するラマン散乱の特性は,骨の構造異方性や加齢といった特性によって変化することが確認され,ラマン分光法が骨質評価手法として有用性を明らかにした.
  • 骨コラーゲン/アパタイト複合構造に基づくラマンイメージングによる骨機能診断法
    豊田理化学研究所:豊田理研スカラー
    研究期間 : 2012年 
    代表者 : 東藤 正浩
  • 関節疾患治療のための新規注射剤の実用化研究
    科学技術振興機構:研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)育成研究
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 岩崎 倫政
  • 個別筋活動電位非侵襲同時計測技術の開発
    科学技術振興機構:研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティステージ・シーズ顕在化タイプ
    研究期間 : 2011年 
    代表者 : 原田 証英
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2007年 -2010年 
    代表者 : 但野 茂
     
    骨組織は、無機質成分のハイドロキシアパタイト(HAp)結晶やコラーゲン分子のナノレベルから、皮質骨、海綿骨といった組織構造のマクロレベルまで非常に複雑な階層構造を示す。本研究では、ナノレベルのHAp結晶変形からマクロな骨組織レベルの応力検出手法を考案した。負荷時による階層構造特性の実験手法を提案し、その特徴を表示する階層構造パラメータを整理した。さらに、生体内計測を想定した残留応力計測法を開発し、無負荷でも骨組織には各部位によって特徴的な残留応力が生じていることを示した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 東藤 正浩
     
    本研究では,X線回折を利用した生体骨の微視構造解析と,マクロスケールにおける生体骨の構造・力学特性を組み合わせたマルチスケール複合構造の力学挙動解析手法を提案し,得られた生体骨のマルチスケール複合則を考慮したリモデリングシミュレーションへの応用を目的とする.平成19年度では,以下の研究成果が得られた.1.骨組織の力学特性に及ぼすアパタイト-コラーゲン成分の影響微視的には無機質のアパタイトと有機質のコラーゲンからなる複合構造である骨組織では,これらの構造および力学特性が組織の巨視的な力学特性を決定する要因となっている.本研究では,脱灰処理によるアパタイト含有率の変化や,加熱によるコラーゲンの変性によって,それぞれ組織の弾性率,強度,破壊エネルギーに影響を与えることを確認し,巨視的力学特性における微視構造要素の役割を明らかにした.2.X線回折を用いた骨組織内残留応力測定骨組織は力学的環境に適応し,構造と形状を再構築するリモデリング機能を有する.その力学的要因に応力がある.この応力は骨組織内に留まる一種の残留応力と考えられる,そこでアパタイト-コラーゲンからなる骨の微視構造に着目し,X線回折により測定されるアパタイト結晶格子ひずみから残留応力の推定を行った.3.骨の微視構造を考慮した複合構造モデリングへの応用上記の力学応答特性ならびに残留応力発生メカニズムの解明への応用を目指し,アパタイト-コラーゲン要素からなる骨組織モデルを構築した.また得られた実験的データをもとに有限要素シミュレーションにより微視的な構造パラメータを同定し骨の階層構造モデリングが可能となった.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(特定領域研究)
    研究期間 : 2003年 -2006年 
    代表者 : 田中 正夫
     
    骨の構造形態は微視的な骨単位や骨梁などにより構築され,脈管路血管系などのマイクロサーキュレーションが存在する.骨は支持構造であると同時に循環系構造でもあるが,両者の関連については不明な点が多い.そこで本研究では,骨の微視的な構造形態とその力学的機能,循環機能についての関連について解析することを目指した.放射光X線マイクロCT撮影像により皮質骨内部に存在する脈管路ネットワークのマイクロストラクチャ解析を実施した.マイクロ・ナノスケールにおける皮質骨基質と海綿骨骨梁の力学的特性と材料特性との相関解析を行った.廃用による力学負荷環境変化に対するこれらの経時変化を評価した.さらに,骨膜血管における血流計測法の開発に取り組んだ.また,骨マイクロストラクチャの形態モデルに基づき,骨における生理物質輸送モデリングを行った.脈管路ネットワークのマイクロストラクチャ解析により,成長期における脈管路ネットワーク構造は二相性の変化を示し,廃用による力学負荷の低減によりその構造は希薄化することが明らかとなった.X線回折強度解析と微小硬さ試験により,海綿骨のマクロな異方性は,骨梁の配向性による構造特性のみならず,配向に依存した骨梁の力学特性とハイドロキシアパタイト量にも依存することが示された.微小押し込み試験とフーリエ変換赤外分光顕微鏡法解析とを組合せることで成長期ラット脛骨皮質骨における微細スケールでの弾性特性並びに材料組成の関連性を明らかにした.骨における脈管路ネットワーク構造のボクセルモデルを用い,骨細胞系の活動を維持調節する生理物質供給の脈管路内血管における移流拡散と均質化骨基質における拡散の連成現象解析モデルを提出した.
  • X線回折による骨組織のマルチスケール構造解析と力学特性の解明
    秋山記念生命科学振興財団:奨励研究
    研究期間 : 2006年 
    代表者 : 東藤 正浩
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 東藤 正浩
     
    本研究では,骨組織の微視的構造・力学解析に基づき,マルチスケール性を考慮した再構築メカニズムを明らかにすることを目的とし,以下の研究成果が得られた.1.アパタイト-コラーゲン構造を考慮した微視的骨組織複合構造モデルの構築骨組織のアパタイト-コラーゲン微視構造に着目し,アパタイト要素とコラーゲン要素からなる骨組織有限要素モデルを構築した.有限要素法により骨組織の巨視的な力学特性を再現する微視的な構造パラメータを同定し,骨組織の有限要素モデルを用いた力学シミュレーションにより骨組織の巨視的なひずみと内在する微視的なひずみ分布の関係を明らかにした.2.X線回折による骨組織内微視ひずみの実験的観察骨組織のコラーゲン-アパタイト構造に着目し,X線回折により外的負荷に対するコラーゲンおよびアパタイトの力学的応答を観察した。また結晶配向性および結晶化度から推定される微視的構造特性に着目し,構造特性と力学特性の関係についても明らかにした.3.脊椎孔構造周辺部における骨組織の微視的最適構造ウシ腰椎の孔構造周辺部における骨組織の微視的な構造特性を明らかにし,孔構造周辺部における骨組織の構造最適性について検討した.微視的には骨組織は無機質のアパタイトと有機質のコラーゲンからなり,コラーゲンとアパタイト結晶の配向方向には深い関係がある.そこで孔構造周辺部でのアパタイトの結晶化度と結晶配向性をX線回折により測定し,微視的な構造特性を明らかにし,巨視的な孔形状と微視的な構造・力学特性の関係から骨組織の最適構造性について考察した.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2002年 -2004年 
    代表者 : 田中 正夫
     
    異なる開口状態におけるMRI撮影像より,下顎窩に対する下顎頭の相対運動軌跡を生成し,正常顎関節および関節円板前方転移顎関節の開口運動時における関節円板並びに後方結合組織の応力状態の特徴を明らかにした.関節および関節円板接触面における摩擦特性を定量的に評価するために,振り子型摩擦試験器を制作し,動物顎関節を用いてインビトロの摩擦係数を評価した.また,摩擦係数の変化が開口運動時における関節内軟組織応力状態に及ぼす影響を解析した.MRI像から生成される下顎頭軌跡を参照した変動軌跡と顎関節内応力状態への影響を解析し,復位性円板前方転移顎関節においてはその影響が大きいことが明らかとなった.開口位での下顎位置の下方変動,ならびに閉口位での下顎頭位置の回転を伴う下方変動が,非復位性円板前方転移顎関節において,開口運動中の関節円板の復位に寄与する可能性を示した.顎関節の個体別有限要素モデルに,下顎頭に連なる下顎骨と下顎窩に連なる頭蓋骨を剛な骨組み構造により組み合わせた拡大モデルを用い,下顎骨と頭蓋骨にまたがる咬合筋による噛み締め解析を行い,軟組織の粘弾性が関節内応力状態に及ぼす影響解析へと計算解析を拡張する方法を示した.個体別モデルに基づく計算バイオメカニクス解析におけるパラメータスタディにより,顎関節のMRI像など医療画像と計算解析結果との対比による顎関節コンポーネントの弾性係数など力学特性の同定は顎関節症診断への,顎関節軟組織の力学状態を改変するための顎運動軌跡の検討は顎関節症治療計画への展開可能性を示した.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 田中 正夫
     
    本年度は,以下の項目について研究した.1.骨梁のX線回折試験:牛大腿骨頭より採取した体幹方向軸,内外側方向軸,前後方向軸に配向する骨梁について,X線回折試験を行い,骨の無機成分であるハイドロキシアパタイト量の指標として回折強度を計測した.回折強度は前後軸方向に配向する骨梁において低く,骨梁の配向方向により異なる可能性が示唆された.2.骨梁の微小かたさ試験:前年度と同様の方法により,前項1で使用した骨梁について微小ビッカース硬さ試験を行い,骨梁硬さとX線回折強度との関連について検討した結果,両者の間の相関関係を観察した.前年度の構造特性試験並びに曲げ試験の知見を含め,海綿骨骨梁構造のマルチスケールの力学特性をマルチスケールでとらえる方向性を確認した.3.皮質骨マルチスケールモデリング:マウス脛腓骨骨幹部のシンクロトロン断層像から,皮質骨内血管網を含むハバース管・フォルクマン管系構造を表現し,かつ骨単位系を考慮する3次元ボクセルモデリングを行った.これに基づく計算力学解析により,皮質骨の階層的微細構造とその結果としての力学的異方性へのマルチスケール解析の端緒を確認した.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 東藤 正浩
     
    本研究「成長残留応力による生体骨骨梁構造の微視的リモデリングメカニズムに関する研究」では,骨梁内残留応力の測定による微視的再構築モデルの実験的立証を目的とする.平成14年度では,リモデリングに伴う海綿骨の階層構造性とその工学的応用の可能性について評価した.その結果,海綿骨骨梁の弾性特性と配向性からみた海綿骨の力学特性,双線形可変剛性を有する連続体構造設計について,以下の研究成果が得られた.1.海綿骨骨梁の弾性特性と配向性からみた海綿骨の力学特性海綿骨は,骨梁が作る網目状構造により構成され,海綿骨の力学特性はその形態と骨梁個々の弾性特性,配向性に依存する.階層構造を有する骨の力学特性を理解するうえで,異なるスケールでの特性を結びつけることは重要である.そこで,骨梁の配向性と個々の骨梁についての力学試験から得られる弾性特性に基づき,海綿骨の力学的特性について評価した.海綿骨の力学特性は材料試験機による力学試験により,形態特性はマイクロX線CT画像による特徴量解析により評価した.一方,骨梁の弾性特性は微小三点曲げ装置にて行った.その結果,海綿骨の階層構造性を理解するには,素材と構造の両面からの検討が必要であることがわかった.2.双線形可変剛性を有する連続体構造設計変形に伴う構造物の位相変化とそれによる構造特性の変化に着目し,それぞれの構造位相ごとに指定剛性値をもつ双線形可変剛性構造を提案した.構造位相を荷重係数で,剛性を平均コンプライアンスで記述し,構造位相変化時の荷重係数および位相変化前後の平均コンプライアンスを制約とする位相決定問題,形状決定問題を体積最小化問題として定式化した.この位相および形状決定の二段階法による双線形可変剛性構造設計の可能性を,引張あるいは圧縮荷重領域で剛性が変化する設計例を通じて確認し,その有効性を示した.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 田中 正夫
     
    1.診察時に撮影可能な限られたMRI断層撮影像から,顎関節コンポーネントのサーフェースモデルを構築し,各コンポーネントの有限要素参照モデルに基づく,顎関節の患者個体別有限要素モデルを構築する基本的方法論と,臨床サイドでの利用を目指したモデリングシステムを示した.2.開口ならびに閉口時のMRI断層像における下顎頭コンポーネント位置より,下顎頭の典型的な運動経路を決定し,顎関節力学状態の計算バイオメカニクス解析のための基本的な負荷条件を決定する手順を確立した.3.関節円板の一時的な前方への移動を伴う開口運動時には,正常な顎関節では関節円板の内外側,とくに前方内側に高応力域が見られた.これに対して,円板前方転位顎関節では,元来関節円板が位置すべきところの結合組織が相対的に高い応力を示し,この部位で観察される結合組織の硝子化は,このような力学的機能分担の変化に対応するものである可能性を示唆した.4.円板前方転位顎関節では骨コンポーネントと関節円板の空間的は位置だけでなく,軟組織における応力再配分及び下顎骨運動に伴う円板の移動が大きく異なる.さらにそのふるまいは,関節円板の力学特性だけでなく,円板後方結合組織の力学特性に強く依存し,これまで知見の少ない結合組織の力学試験の重要性を示した.5.個体別モデリングによる解析の結果,正常顎関節においては,開口運動に伴う関節円板の前方への移動は関節円板の力学特性に依存することが明らかとなった.これに対して,関節円板が前方に転位した顎関節においては,開口運動に伴う円板の前方への移動は,パーマネントに前方転位した円板の後方結合組織の力学特性に依存した.これにより,開口運動による関節円板の前方への移動を,MRI観察と計算生体バイオメカニクス解析の両者から考察することで,関節円板あるいは円板後方結合組織の力学特性を推察することの可能性を示した.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 田中 正夫
     
    海綿骨の格子連続体モデルと力学適応による構造最適性,海綿骨骨梁構造の構造特性と力学特性,骨梁格子における残留応力,内部構造設計による構造体と材料構造の最適設計について以下の成果を得た.1.海綿骨の連続体モデルとして格子連続体の利用を提案し,その単位セルの構造パラメータと構造特性の関係を導出し,海綿骨の力学モデルとして基本特性を明らかにした.2.力学適応現象の結果達成されている海綿骨骨梁系の力学的適合特性に着目し,格子構造パラメータの速度式を,直交格子連続体における局所の力学状態に基づいて記述し,力学再構築の現象論的な構成関係を構築した.3.骨梁構造において個々の骨梁が直交するわけではないので,海綿骨の格子モデルを斜交格子へと一般化し,海綿骨の力学特性試験と構造の画像解析による特徴量と,格子構造パラメータとの関連について考察した.4.海綿骨骨梁の構造最適性理解に深く関係している残留応力の存在を,逐次骨梁切断試験により確認すると共に,格子構造モデルに基づく残留応力推定を行った.5.骨の内部構造は,負荷状態に適合した形態をとる.これを参照した構造設計として,負荷の大きさに応じて構造特性が変化する可変剛性設計問題を,内部構造設計問題として取り扱う枠組みを示した.6.内部構造に着目する枠組みの展開として,連続体としての巨視的弾性特性を負荷の大きさに適合して可変とする材料構造の最適設計問題を定式化し,内部構造設計による取り扱い方法を開発した.

教育活動情報

主要な担当授業

  • バイオメカニクス特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • Biomedical Engineering II(バイオメディカルエンジニアリング二E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • Biomedical Engineering I(バイオメディカルエンジニアリング一E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • Human System Engineering(人間システム工学E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Ergonomics, Human Body, Mechanics, Motion, Physics, Metabolism, Sensory Systems, Control System
  • Solid and Motion Biomechanics(固体・運動系バイオメカニクスE)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Biomechanics, Continuum mechanics, Living tissue, Musculo-skeletal system
  • バイオメディカルエンジニアリング特論I
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : シミュレーション、モデリング、計算力学、画像工学、バイオメカニクス
  • バイオメディカルエンジニアリング特論II
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : シミュレーション、モデリング、計算力学、画像工学、バイオメカニクス、流体力学、構造力学
  • 医理工バイオメディカルエンジニアリングⅠ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医理工学院
    キーワード : シミュレーション,モデリング,計算力学,画像工学,バイオメカニクス Simulation, Modeling, Computational Mechanics, Imaging Engineering, Biomechanics
  • 医理工バイオメディカルエンジニアリングⅡ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医理工学院
    キーワード : シミュレーション,モデリング,計算力学,画像工学,バイオメカニクス,流体力学,構造力学 Simulation, Modeling, Computational Mechanics, Imaging Enginnering, Biomechanics, Fluid mechanics, Structure mechanics.
  • 医理工人間システム工学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 医理工学院
    キーワード : Ergonomics, Human Body, Mechanics, Motion, Physics, Metabolism, Sensory Systems, Control System
  • 固体・運動系バイオメカニクス特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Biomechanics, Continuum mechanics, Living tissue, Musculo-skeletal system
  • 人間システム工学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Ergonomics, Human Body, Mechanics, Motion, Physics, Metabolism, Sensory Systems, Control System
  • Biomedical Engineering II(バイオメディカルエンジニアリング二E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • Biomedical Engineering I(バイオメディカルエンジニアリング一E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • Human System Engineering(人間システム工学E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Ergonomics, Human Body, Mechanics, Motion, Physics, Metabolism, Sensory Systems, Control System
  • Solid and Motion Biomechanics(固体・運動系バイオメカニクスE)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Biomechanics, Continuum mechanics, Living tissue, Musculo-skeletal system
  • バイオメディカルエンジニアリング特論I
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : シミュレーション、モデリング、計算力学、画像工学、バイオメカニクス
  • バイオメディカルエンジニアリング特論II
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : シミュレーション、モデリング、計算力学、画像工学、バイオメカニクス、流体力学、構造力学
  • 固体・運動系バイオメカニクス特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Biomechanics, Continuum mechanics, Living tissue, Musculo-skeletal system
  • 人間システム工学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Ergonomics, Human Body, Mechanics, Motion, Physics, Metabolism, Sensory Systems, Control System
  • 機械システム設計演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 基本設計 構造強度設計 要素設計 熱設計 総合化
  • 機械情報設計演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 基本設計 構造強度設計 要素設計 熱設計 総合化
  • 設計演習Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 構造強度設計,要素設計,熱設計,総合化,機械加工
  • 設計工学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 機械設計,概念設計,要素設計,製図
  • 医療・福祉工学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 診断工学 放射線治療 生体計測 医用材料 人工臓器 福祉工学
  • CAD・CAM演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 機械製図法,工業規格,立体図
  • 設計演習Ⅰ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 機械製図法,工業規格,立体図,強度設計

大学運営

委員歴

  • 2018年12月 - 現在   厚生労働省   平成30年度厚生労働省事業「外科用埋め込み型インプラントに関する,有限要素法による力学耐久性評価の国際標準規格提案」委員会委員
  • 2017年06月 - 現在   The American Society of Mechanical Engineers   ASME Journal of Engineering and Science in Medical Diagnostics and Therapy, Associate Editor
  • 2017年05月 - 現在   日本機械学会   材料力学部門M&M2017材料力学カンファレンス実行委員会委員
  • 2016年10月 - 現在   日本臨床バイオメカニクス学会   評議員
  • 2015年04月 - 現在   日本機械学会   日本機械学会論文集編集委員会委員(Associate Editor)
  • 2015年04月 - 現在   日本機械学会   Mechanical Engineering Journal編集委員会委員(Associate Editor)
  • 2015年04月 - 現在   日本機械学会   Mechanical Engineering Letters編集委員会委員(Associate Editor)
  • 2015年04月 - 現在   日本材料学会   北海道支部常議員
  • 2014年04月 - 現在   日本機械学会   バイオエンジニアリング部門国際ジャーナル編集委員会委員(JBSE Associate Editor)
  • 2014年 - 現在   日本バイオレオロジー学会   企画小委員会「生体物質の構造形成と機能発現・制御」委員
  • 2013年 - 現在   日本材料学会   X線材料強度部門委員会委員
  • 2011年 - 現在   北海道骨粗鬆症研究会   評議員
  • 2017年10月 -2017年10月   国際協力機構   アセアン工学系高等教育ネットワークプロジェクト(フェーズ3)運営指導調査調査団団員
  • 2010年05月 -2015年03月   日本バイオレオロジー学会   評議員
  • 2016年04月 -2017年03月   日本機械学会   バイオエンジニアリング部門バイオフロンティア講演会実行委員会幹事
  • 2016年03月 -2017年03月   日本機械学会   北海道支部第57期庶務幹事
  • 2016年03月 -2017年03月   日本機械学会   北海道支部第57期商議員
  • 2016年02月 -2017年03月   日本機械学会   第12回最適化シンポジウム2016実行委員会委員
  • 2015年04月 -2017年03月   日本機械学会   バイオエンジニアリング部門運営委員会委員
  • 2015年04月 -2017年03月   日本機械学会   バイオエンジニアリング部門企画委員会幹事
  • 2015年04月 -2017年03月   日本機械学会   医工学テクノロジー推進会議運営委員会委員
  • 2014年 -2015年   International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2015   Scientific Committee Member
  • 2014年 -2015年   日本機械学会   2015年度年次大会実行委員会委員
  • 2014年 -2015年   8th Asian-Pacific Conference on Biomechanics   Local Committee Member
  • 2009年04月 -2012年03月   日本機械学会   バイオエンジニアリング部門運営委員会委員   日本機械学会
  • 2008年04月 -2009年03月   日本機械学会   第86期バイオエンジニアリング部門部門講演会組織委員会幹事
  • 2008年07月 -2009年02月   日本機械学会   北海道支部第49期材料・材料強度・加工懇話会主査
  • 2007年 -2009年   日本生体医工学会   専門別研究会バイオメカニクス研究会幹事
  • 2009年   日本機械学会   M&M2009材料力学カンファレンス実行委員会委員
  • 2007年03月 -2008年02月   日本機械学会   北海道支部第48期商議員
  • 2007年03月 -2008年02月   日本機械学会   北海道支部第48期会計幹事
  • 2006年05月 -2007年04月   日本機械学会   第84期メカライフ編修委員会コレスポンデント
  • 2000年04月 -2005年03月   日本機械学会   バイオエンジニアリング部門広報委員会委員   日本機械学会
  • 2003年 -2004年   1st Asian Pacific Conference on Biomechanics   Local Committee Member

社会貢献

  • サイエンス・パートナーシップ・プログラム
    期間 : 2006年
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 北海道札幌啓成高等学校
  • 北海道大学公開講座
    期間 : 2006年
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 北海道大学
  • サイエンス・パートナーシップ・プログラム
    期間 : 2005年
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 北海道札幌西高等学校
  • サイエンス・パートナーシップ・プログラム
    期間 : 2004年
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 北海道札幌西高等学校


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.