西江 渉ニシエ ワタルresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  専門医学系部門感覚器病学分野
北海道大学病院
職名准教授 
学位
博士(医学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

水疱性皮膚疾患

研究分野

内科系臨床医学 / 皮膚科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
内科系臨床医学 / 皮膚科学

学歴

-
1995年
弘前大学 医学部
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1995年
弘前大学 医学部

所属学協会

日本皮膚科学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本皮膚科学会

研究活動

論文

A recurrent 'hot spot' glycine substitution mutation, G2043R in COL7A1, induces dominant dystrophic epidermolysis bullosa associated with intracytoplasmic accumulation of pro-collagen VII.
Nishie W, Natsuga K, Nakamura H, Ito T, Toyonaga E, Sato H, Shimizu H
Journal of dermatological science 75 69-71 2014年07月
Spontaneously resolving granulomatous tattoo reaction in multiple color regions.
Ito T, Fujita Y, Nishie W, Hirata Y, Shimizu H
The Journal of dermatology 2014年06月
Kindler syndrome with severe intestinal involvement: a 31-year follow-up.
Shimizu S, Nishie W, Tsuchiya K, Inokuma D, Koguchi-Yoshioka H, Kikuchi K, Motoya S, Nakamura H, Shimizu H
Acta dermato-venereologica 94 351-352 2014年05月
Two cases of pseudolymphoma on the lips.
Haga N, Nishie W, Hata H, Miyauchi T, Muramatsu K, Kitamura S, Osawa R, Shimizu H
The British journal of dermatology 170 1204-1206 2014年05月
Paper-based ELISA for the detection of autoimmune antibodies in body fluid-the case of bullous pemphigoid.
Hsu CK, Huang HY, Chen WR, Nishie W, Ujiie H, Natsuga K, Fan ST, Wang HK, Lee JY, Tsai WL, Shimizu H, Cheng CM
Analytical chemistry 86 4605-4610 2014年05月
Widespread erythema ab igne caused by hot bathing.
Takashima S, Iwata H, Sakata M, Osawa R, Nishie W, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV 2014年05月
Highly prevalent SERPINB7 founder mutation causes pseudodominant inheritance pattern in Nagashima-type palmoplantar keratosis.
Mizuno O, Nomura T, Suzuki S, Takeda M, Ohguchi Y, Fujita Y, Nishie W, Sugiura K, Akiyama M, Shimizu H
The British journal of dermatology 2014年04月
Update on the pathogenesis of bullous pemphigoid: an autoantibody-mediated blistering disease targeting collagen XVII.
Nishie W
Journal of dermatological science 73 179-186 2014年03月
Long-term follow-up of cultured epidermal autograft in a patient with recessive dystrophic epidermolysis bullosa.
Shinkuma S, Sawamura D, Fujita Y, Kawasaki H, Nakamura H, Inoie M, Nishie W, Shimizu H
Acta dermato-venereologica 94 98-99 2014年01月
Infantile eczema caused by formula milk.
Ito T, Nishie W, Fujita Y, Abe R, Shimizu H
Lancet 381 1958 2013年06月
論文を全て表示する
論文閉じる
A recurrent 'hot spot' glycine substitution mutation, G2043R in COL7A1, induces dominant dystrophic epidermolysis bullosa associated with intracytoplasmic accumulation of pro-collagen VII.
Nishie W, Natsuga K, Nakamura H, Ito T, Toyonaga E, Sato H, Shimizu H
Journal of dermatological science 75 69-71 2014年07月
Spontaneously resolving granulomatous tattoo reaction in multiple color regions.
Ito T, Fujita Y, Nishie W, Hirata Y, Shimizu H
The Journal of dermatology 2014年06月
Kindler syndrome with severe intestinal involvement: a 31-year follow-up.
Shimizu S, Nishie W, Tsuchiya K, Inokuma D, Koguchi-Yoshioka H, Kikuchi K, Motoya S, Nakamura H, Shimizu H
Acta dermato-venereologica 94 351-352 2014年05月
Two cases of pseudolymphoma on the lips.
Haga N, Nishie W, Hata H, Miyauchi T, Muramatsu K, Kitamura S, Osawa R, Shimizu H
The British journal of dermatology 170 1204-1206 2014年05月
Paper-based ELISA for the detection of autoimmune antibodies in body fluid-the case of bullous pemphigoid.
Hsu CK, Huang HY, Chen WR, Nishie W, Ujiie H, Natsuga K, Fan ST, Wang HK, Lee JY, Tsai WL, Shimizu H, Cheng CM
Analytical chemistry 86 4605-4610 2014年05月
Widespread erythema ab igne caused by hot bathing.
Takashima S, Iwata H, Sakata M, Osawa R, Nishie W, Shimizu H
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV 2014年05月
Highly prevalent SERPINB7 founder mutation causes pseudodominant inheritance pattern in Nagashima-type palmoplantar keratosis.
Mizuno O, Nomura T, Suzuki S, Takeda M, Ohguchi Y, Fujita Y, Nishie W, Sugiura K, Akiyama M, Shimizu H
The British journal of dermatology 2014年04月
Update on the pathogenesis of bullous pemphigoid: an autoantibody-mediated blistering disease targeting collagen XVII.
Nishie W
Journal of dermatological science 73 179-186 2014年03月
Long-term follow-up of cultured epidermal autograft in a patient with recessive dystrophic epidermolysis bullosa.
Shinkuma S, Sawamura D, Fujita Y, Kawasaki H, Nakamura H, Inoie M, Nishie W, Shimizu H
Acta dermato-venereologica 94 98-99 2014年01月
Infantile eczema caused by formula milk.
Ito T, Nishie W, Fujita Y, Abe R, Shimizu H
Lancet 381 1958 2013年06月
Mouse models of autoimmune blistering diseases induced by the passive transfer of antibodies.
Nishie W
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 961 363-369 2013年
Wells' Syndrome Associated with Chronic Myeloid Leukaemia.
Nakazato S, Fujita Y, Hamade Y, Nemoto-Hasebe I, Sugita J, Nishie W, Shimizu H
Acta dermato-venereologica 2012年11月
The β9 loop domain of PA-PLA1α has a crucial role in autosomal recessive woolly hair/hypotrichosis.
Shinkuma S, Inoue A, Aoki J, Nishie W, Natsuga K, Ujiie H, Nomura T, Abe R, Akiyama M, Shimizu H
The Journal of investigative dermatology 132 2093-2095 2012年08月
Coiled coils ensure the physiological ectodomain shedding of collagen XVII.
Nishie W, Jackow J, Hofmann SC, Franzke CW, Bruckner-Tuderman L
The Journal of biological chemistry 287 29940-29948 2012年08月
Circumscribed palmar hypokeratosis: correlation between histopathological patterns and dermoscopic findings.
Nishimura M, Nishie W, Nakazato S, Nemoto-Hasebe I, Fujita Y, Shimizu H
The British journal of dermatology 167 221-222 2012年07月
Antibodies to pathogenic epitopes on type XVII collagen cause skin fragility in a complement-dependent and -independent manner.
Natsuga K, Nishie W, Shinkuma S, Ujiie H, Nishimura M, Sawamura D, Shimizu H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 188(11) 5792-5799 2012年06月
Mucous membrane pemphigoid with generalized blisters: IgA and IgG autoantibodies target both laminin-332 and type XVII collagen.
Hayashi I, Shinkuma S, Shimizu S, Natsuga K, Ujiie H, Yasui C, Tsuchiya K, Nishie W, Shimizu H
The British journal of dermatology 166 1116-1120 2012年05月
Pathogenesis of bullous pemphigoid.
Ujiie H, Nishie W, Shimizu H
Immunology and allergy clinics of North America 32 207-15, v 2012年05月
Intraepidermal neutrophilic IgA pemphigus successfully treated with dapsone.
Hirata Y, Abe R, Kikuchi K, Hamasaka A, Shinkuma S, Ujiie H, Nomura T, Nishie W, Arita K, Shimizu H
European journal of dermatology : EJD 22 282-283 2012年03月
Autosomal dominant bullous dermolysis of the newborn associated with a heterozygous missense mutation p.G1673R in type VII collagen.
Frew J, Lim SW, Klausseger A, Chow CW, Tran K, Su J, Orchard D, Varigos G, Sawamura D, Nishie W, Shimizu H, Murrell DF
The Australasian journal of dermatology 52 e1-4 2011年11月

競争的資金等の研究課題

遺伝性および後天性水疱症の病態生理解明と新規治療法開発
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
遺伝性および後天性水疱症の病態生理解明と新規治療法開発

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚、遺伝子治療、遺伝子診断、水疱症、遺伝性皮膚疾患、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚、遺伝子治療、遺伝子診断、水疱症、遺伝性皮膚疾患
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
関連臨床医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 歯学部
キーワード : 関連臨床医学Ⅱ、眼科、皮膚科、産婦人科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚、遺伝子治療、遺伝子診断、水疱症、遺伝性皮膚疾患、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚、遺伝子治療、遺伝子診断、水疱症、遺伝性皮膚疾患
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
関連臨床医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 歯学部
キーワード : 関連臨床医学Ⅱ、眼科、皮膚科、産婦人科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚、遺伝子治療、遺伝子診断、水疱症、遺伝性皮膚疾患、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚、遺伝子治療、遺伝子診断、水疱症、遺伝性皮膚疾患
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
関連臨床医学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 歯学部
キーワード : 関連臨床医学Ⅱ、眼科、皮膚科、産婦人科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚、遺伝子治療、遺伝子診断、水疱症、遺伝性皮膚疾患、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚、遺伝子治療、遺伝子診断、水疱症、遺伝性皮膚疾患
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 皮膚科 皮膚疾患

ページトップへ