研究者データベース

村上 壮一(ムラカミ ソウイチ)
北海道大学病院 先端医療技術教育研究開発センター
助教

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 先端医療技術教育研究開発センター

職名

  • 助教

学位

  • 医学博士(2004年03月 北海道大学大学院)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 80706573

J-Global ID

プロフィール

  • Speciality

    General Surgeon

    Trauma Surgeon

    Disaster Medicine

    Medical Education

研究キーワード

  • 医学教育におけるAIの応用   e-portfolio   trauma care system   

研究分野

  • ライフサイエンス / 救急医学 / 災害医学
  • ライフサイエンス / 救急医学 / Acute Care Surgery
  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学 / 一般外科
  • ライフサイエンス / 消化器外科学

所属学協会

  • 日本消化器外科学会   日本外科学会   

研究活動情報

論文

  • Masato Ono, Yusuke Ono, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Tomotaka Kuraya, Shota Kuwabara, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Aya Matsui, Kimitaka Tanaka, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Takehiro Noji, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Tomoko Mitsuhashi, Yuko Omori, Toru Furukawa, Kenzui Taniue, Mayumi Suzuki, Ayumu Sugitani, Hidenori Karasaki, Yusuke Mizukami, Satoshi Hirano
    Annals of Surgical Oncology 29 8 5007 - 5019 2022年08月
  • Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Yusuke Watanabe, Kimitaka Tanaka, Aya Matsui, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Yoshihiro Murakami, Katsuhiko Murakawa, Fumitaka Nakamura, Takayuki Morita, Shunichi Okushiba, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Langenbeck's archives of surgery 2022年01月26日 
    PURPOSE: This study evaluated the short-term outcomes and prognosis after laparoscopic total gastrectomy (LTG) in elderly patients aged ≥ 80 years in a multicenter retrospective cohort study using propensity score matching. METHODS: We retrospectively enrolled 440 patients who underwent curative LTG for gastric cancer at six institutions between January 2004 and December 2018. Patients were categorized into an elderly patient group (EG; age ≥ 80 years) and non-elderly patient group (non-EG; age < 80 years). Patients were matched using the following propensity score covariates: sex, body mass index, American Society of Anesthesiologists physical status, extent of lymph node dissection, and Japanese Classification of Gastric Carcinoma stage. Short-term outcomes and prognoses were compared. RESULTS: We identified 37 propensity score-matched pairs. The median operative time was significantly shorter, and postoperative stay was longer in the EG. In terms of postoperative outcomes, the rates of all complications were comparable. The median follow-up period of the EG and non-EG was 11.5 (1-106.4) months and 35.7 (1-110.0) months, respectively; there were significant differences in 5-year overall survival between the two groups (EG, 58.5% vs. non-EG, 91.5%; P = 0.031). However, there were no significant differences in 5-year disease-specific survival (EG, 62.1% vs. non-EG, 91.5%; P = 0.068) or 5-year disease-free survival (EG, 52.9% vs. non-EG, 60.8%; P = 0.132). CONCLUSIONS: LTG seems to be safe and feasible in elderly patients. LTG had a limited effect on morbidity, disease recurrence, and survival in elderly patients. Therefore, age should not prevent elderly patients from benefitting from LTG.
  • Yoshitsugu Nakanishi, Satoshi Hirano, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Toru Nakamura, Takehiro Noji, Toshimichi Asano, Aya Matsui, Kimitaka Tanaka, Soichi Murakami, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Yusuke Watanabe, Toshiaki Shichinohe
    Surgery today 2021年11月18日
  • Yoshitsugu Nakanishi, Satoshi Hirano, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Toru Nakamura, Takehiro Noji, Toshimichi Asano, Aya Matsui, Kimitaka Tanaka, Soichi Murakami, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Yusuke Watanabe, Toshiaki Shichinohe
    Surgery today 2021年11月01日 
    PURPOSE: This retrospective study aimed to clarify whether the postoperative prognosis differs between right and left hepatectomy for Bismuth type I/II perihilar cholangiocarcinoma. METHODS: Preoperative images of 195 patients with perihilar cholangiocarcinoma were reexamined. Patients with Bismuth type I/II perihilar cholangiocarcinoma without a difference in extraductal tumor invasion between the right and left sides of the hepatic portal region were classified into those undergoing left (L group) or right (R group) hepatectomy. RESULTS: Twenty-three patients (11.8%) were classified into the L group and 33 (16.9%) into the R group. All eight patients with pTis/1 belonged to the L group. The L group had significantly less liver failure than the R group (p = 0.001). One patient (4.3%) in the L group and four patients (12.1%) in the R group died from postoperative complications. Among 48 patients with pT2, the L group tended to have better overall survival (median, 12.2 vs. 5.6 years; p = 0.072), but not recurrence-free survival (median, 9.1 vs. 3.6 years; p = 0.477), in comparison to the R group. CONCLUSIONS: Postoperative survival after left hepatectomy for Bismuth type I/II perihilar cholangiocarcinoma is expected to be as long as that after right hepatectomy.
  • Yuma Hane, Takahiro Tsuchikawa, Satoshi Takeuchi, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Journal of surgical case reports 2021 10 rjab446  2021年10月 
    Pancreatic neuroendocrine neoplasms (PNENs) are rare, but their incidence has increased in recent years. Curative surgery is recommended in several global guidelines for resectable PNENs. Lymph node recurrence after R0 resection for PNENs is infrequent, and global guidelines recommend surgical resection for recurrence, if resectable. However, data on the prognosis after surgical resection for nodal recurrence of PNENs are limited. We herein report two cases in which long-term survival was achieved after repetitive lymphadenectomy for nodal recurrence of PNENs. In both cases, the pathological findings for primary PNEN showed well-differentiated neuroendocrine neoplasms and R0 resection was successfully performed. The Ki-67 index increased with each resection in both cases. Both patients showed long-term survival (10 and 14 years, respectively). Repetitive lymphadenectomy for nodal recurrence of PNENs may improve patient prognosis.
  • Shion Uemura, Toshiaki Shichinohe, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Satoshi Hirano
    Asian journal of endoscopic surgery 14 4 739 - 747 2021年10月 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Preoperative psoas muscle index (PMI) and body mass index (BMI) are relevant to postoperative outcomes. We investigated the associations of PMI, BMI, and preoperative nutritional and muscular score with postoperative outcomes in patients with esophageal cancer who underwent video-assisted surgery. METHODS: We examined 150 patients (124 men, 26 women) who underwent video-assisted esophagectomy from February 2002 to March 2016. We used the Clavien-Dindo (CD) classification to analyze postoperative complications. Because skeletal muscle volume differs significantly between male and female patients, all analyses were performed separately. In male patients, we used the following cut-off values to categorize patients into three groups: PMI = 600 mm2 /m2 , BMI = 18.5 kg/m2 , and preoperative nutritional and muscular (PNM) scores 0 to 2. RESULTS: Two patients were converted to open thoracotomy. Among male patients, PMI and PNM scores were significant risk factors for complications. Among male patients, in the high PMI group, the number of CD ≥ IIIa complications was significantly lower. In the PNM score 0 group (both PMI and BMI values exceeded the cut-off values), the number of complications was significantly lower. In both genders, PMI and BMI were not significantly associated with survival. CONCLUSIONS: PMI and PNM scores can be useful for predicting postoperative outcomes in male patients with esophageal cancer having undergone video-assisted surgery.
  • Yuki Okawa, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgery today 51 12 1969 - 1977 2021年09月25日 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: Delirium is associated with longer hospital stays and increased medical costs and mortality. This study explored the risk factors for postoperative delirium in gastroenterological surgery and investigated the association between qualitative changes in risk factors and the incidence of postoperative delirium. METHODS: A total of 418 patients > 18 years old who underwent gastroenterological surgery at our department between April 2018 and September 2019 were included. Risk factors were identified by comparing patients with and without postoperative delirium. Continuous variables were evaluated graphically using cubic spline curves. A logistic regression analysis was performed to assess independent risk factors. RESULTS: The incidence of postoperative delirium was 6.9%. The cubic spline curve showed that the incidence of postoperative delirium began to increase at 50 years old and increased sharply at 70 years old. A multiple logistic regression analysis of patients > 50 years old identified 5 risk factors: age ≥ 70 years, preoperative serum albumin ≤ 3.8 g/dL, psychosis, sedative-hypnotics, and intensive-care unit admission. CONCLUSION: The risk of postoperative delirium increases progressively at 50 years old and sharply at 70 years old. Advanced age, preoperative hypoalbuminemia, psychosis, sedative-hypnotics, and intensive-care unit admission are risk factors for postoperative delirium in patients > 50 years old undergoing gastroenterological surgery.
  • Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Yoshihiro Murakami, Katsuhiko Murakawa, Fumitaka Nakamura, Takayuki Morita, Shunichi Okushiba, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques 32 1 89 - 95 2021年09月21日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: This study aimed to compare the postoperative outcomes after laparoscopic total gastrectomy (LTG) with esophagojejunostomy (EJS) performed using the overlap method or the functional method in a multicenter retrospective study with propensity score matching. METHODS: We retrospectively enrolled all patients who underwent curative LTG for gastric cancer at 6 institutions between January 2004 and December 2018. Patients were categorized into the overlap group (OG) or functional group (FG) based on the type of anastomosis used in EJS. Patients in the groups were matched using the following propensity score covariates: age, sex, body mass index, American Society of Anesthesiologists physical status, extent of lymph node dissection, and Japanese Classification of Gastric Carcinoma stage. The surgical results and postoperative outcomes were compared. RESULTS: We identified 69 propensity score-matched pairs among 440 patients who underwent LTG. There was no significant between-group difference in the median operative time, intraoperative blood, or number of lymph nodes resected. In terms of postoperative outcomes, the rates of all complications [Clavien-Dindo (CD) classification ≥II; OG 13.0 vs. FG 24.6%, respectively; P=0.082], complications more severe than CD grade III (OG 8.7 vs. FG 18.8%, respectively; P=0.084), and the occurrence of EJS leakage and stenosis more severe than CD grade III (OG 7.3% vs. FG 2.9%, P=0.245; OG 1.5 vs. FG 8.7%, P=0.115, respectively) were comparable. The median follow-up period was 830 days (range, 18 to 3376 d), and there were no differences in overall survival between the 2 groups. CONCLUSIONS: There was no difference in surgical outcomes and overall survival based on the type of anastomosis used for EJS after LTG. Therefore, selection of anastomosis in EJS should be based on each surgeon's preference and experience.
  • Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Journal of robotic surgery 2021年09月12日 [査読有り][通常論文]
     
    We report the usefulness of the preemptive retropancreatic approach (PRA) in robotic distal gastrectomy (RDG) using multi-jointed forceps. Therefore, this study aimed to compare the short-term outcomes of RDG with PRA and conventional laparoscopic distal gastrectomy using the propensity score matching method. A total of 126 patients [RDG = 55; laparoscopic distal gastrectomy (LDG) = 71] were retrospectively enrolled. Patients were matched using the following propensity score covariates: age, sex, body mass index, American Society of Anesthesiologists physical status, the extent of lymph node dissection, and Japanese Classification of Gastric Carcinoma stage. Surgical results and postoperative outcomes were compared. We identified 28 propensity score-matched pairs. The median operative time and blood loss were comparable (P = 0.272 and P = 0.933, respectively). Regarding postoperative outcomes, the incidence of postoperative complications [Clavien-Dindo classification II (CD ≥ II)] was lower in the RDG group than in the LDG group (P = 0.020). No significant differences in the peak C-reactive protein value and length of hospital stay were observed between the two groups (P = 0.391 and P = 0.057, respectively). In addition, no patients had postoperative pancreas-related complications (≥ CD II) in the RDG group. RDG using PRA seems to be a safe and feasible procedure for gastric cancer because of short-term outcomes and reduction of postoperative complications (especially postoperative pancreas-related complications) as compared to conventional LDG.
  • Hiroyuki Yamamoto, Yuma Ebihara, Kimitaka Tanaka, Aya Matsui, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    International journal of surgery case reports 86 106335 - 106335 2021年09月 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: A gastrointestinal stromal tumor (GIST) often arises in the stomach and small intestine, while esophageal GIST is rare. The first-choice treatment is surgical resection, but there is no standard technique. Herein, we describe our experience in the treatment of esophageal GIST and discuss the usefulness of robotic esophagectomy. PRESENTATION OF CASE: The patient was a 60-year-old woman, who was diagnosed with a 30 mm GIST in the middle thoracic esophagus. We underwent robot-assisted thoracoscopic esophagectomy in the prone position. The duration of the thoracoscopic part was 69 min and the total operation time was 319 min. Total blood loss was 135 ml. The patient's postoperative course was uneventful after surgery and the patient was discharged home in good condition on the 18th postoperative day. DISCUSSION: The prognosis of esophageal GIST was less favorable compared with gastric GIST, and due to the anatomical peculiarities of the esophagus, which surgical procedure should be performed is still under debate. Robotic surgery has several technological advantages as it provides a three-dimensional view, ten times magnification, tremor control, and ambidexterity. Therefore, Robotic-assisted minimally invasive esophagectomy (RAMIE) allows achieving for safe R0 resection of esophageal GIST. CONCLUSION: RAMIE may be useful for esophageal GIST because it facilitates safe and minimally invasive surgery in a limited space of the thoracic cavity.
  • Kotaro Kimura, Yuma Ebihara, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques 31 5 603 - 607 2021年05月27日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: The aim of this study was to evaluate the long-term nutritional state of patients with gastric cancer who underwent laparoscopic proximal gastrectomy with double-tract reconstruction (LPG-DTR) using oblique jejunogastrostomy method (OJG). METHODS: Medical records of 38 patients who underwent LPG-DTR using OJG (21 patients) or laparoscopic total gastrectomy with Roux-en-Y reconstruction (LTG-RY) (17 patients) between October 2011 and March 2018 were retrospectively reviewed. In these patients, clinicopathologic variables were analyzed using propensity score matching for age, sex, body mass index, American Society of Anesthesiologists physical state, clinical stage, and lymph node dissection. Operative outcomes and postoperative nutritional status were compared between the 2 groups. RESULTS: A total of 16 patients were matched to analyze the LPG-DTR and LTG-RY groups. The serum hemoglobin, total protein, and albumin levels at 12 months postoperatively (P=0.008, 0.034, and 0.049) and serum hemoglobin level at 24 months (P=0.025) in the LPG-DTR group was significantly superior to those in the LTG-RY group. CONCLUSIONS: The postoperative nutritional status as long-term outcomes of patients who underwent LPG-DTR using OJG was significantly superior to those who underwent LTG-RY. The results hereby presented suggest that LPG-DTR using OJG for gastric cancer produces better postoperative nutritional status.
  • Yuma Ebihara, Liming Li, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Journal of minimal access surgery 2021年05月24日 [査読有り][通常論文]
     
    Background: Near-infrared (NIR) fluorescence image-guided surgery (FIGS) introduces a revolutionary new approach to address this basic challenge in minimally invasive surgery. However, current FIGS systems have some limitations - the infrared rays cannot detect and visualise thick tissues with low concentrations of the fluorescent agent. We established a novel laparoscopic fluorescence spectrum (LFS) system using indocyanine green (ICG) fluorescence to overcome these limitations. Materials and Methods: Bovine serum albumin (BSA) was conjugated to ICG, and the mixtures were serially diluted at 5 × 10-8-5 × 10-1 mg/mL. We used the LFS system and a NIR camera system (NLS; SHINKO OPTICAL CO., LTD Tokyo, Japan) to determine the optical dilution for the fluorescence detection. BSA was conjugated to ICG (5.0 × 10-2 mg/mL) and used to coat the clips. We attempted to identify the fluorescence-coated clip from the serosal side of the cadaveric porcine stomach tissues using the LFS system and the NIR camera system. We measured the depth of the cadaveric porcine stomach wall at the thickest part that could be confirmed. Results: We could not visualise fluorescence concentrations <2.5 × 10-3 mg/mL using the NIR camera system. The spectrum was detected at a concentration <2.5 × 10-3 mg/mL. We were able to identify the spectrum of ICG (829 nm) to a 13-mm depth of cadaveric porcine stomach wall by using the LFS system but could not identify the same with the NIR camera system regardless of wall thickness. Conclusions: The novel LFS system with NIR fluorescence imaging in this ex vivo and cadaveric porcine model was confirmed useful at deeper depths and lower concentrations. Based on these findings, we anticipate that the LFS system can be integrated and routinely used in minimally invasive surgery.
  • Yuma Ebihara, Toshiaki Shichinohe, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Satoshi Hirano
    Journal of minimal access surgery 2021年05月06日 [査読有り][通常論文]
     
    A considerable percentage of morbidity and mortality after oesophagectomy is due to leakage of oesophagogastrostomy, which is mainly caused by ischaemia of the gastric tube. Therefore, we performed laparoscopic real-time vessel navigation (LRTVN) using indocyanine green fluorescence (ICG) during laparoscopy-assisted gastric tube reconstruction (LAGR) to evaluate gastric tube blood flow and avoid vascular injury. This study included five oesophageal cancer patients who underwent video-assisted thoracoscopic oesophagectomy and LAGR. We confirmed the presence of the left gastroepiploic artery (LGEA) in all cases, and no findings such as post-operative gastric tube ischaemia were observed. In all cases, no vascular injury was observed, and the vascularization of LGEA was confirmed. This report is the first to consider the usefulness of LRTVN using ICG during LAGR. LRTVN using ICG during LAGR was considered to be useful for evaluating gastric tube blood flow and avoiding vascular injury around the splenic hiatus.
  • Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques 31 4 457 - 461 2021年04月23日 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Abrogating contact with the pancreas in suprapancreatic lymph nodes dissection for gastric cancer can prevent pancreatic fistula because of postoperative pancreatic damage. Our novel "Preemptive retropancreatic approach" is a useful technique that minimizes pancreatic compression during robotic distal gastrectomy (RDG) with multijointed forceps. Here, we report the usefulness of RDG for gastric cancer surgery using our novel "Preemptive retropancreatic approach". MATERIALS: "Preemptive retropancreatic approach": initial dissection of the bilateral retropancreatic space, the adherence between the retroperitoneum surface and the pancreas (fusion fascia) is released, providing a good operative field and hindering contact with the pancreas in suprapancreatic lymph nodes dissection during RDG. We herein reported consecutive 30 patients with gastric cancer who underwent RDG at Hokkaido University from September 2014 to March 2020. RESULTS: All operations were performed by a single surgeon (Y.E.). The median operating time was 281 minutes (132 to 415). The median intraoperative bleeding was 0 ml of blood (0 to 255). There were 2 incidences of postoperative complications (≥Clavien-Dindo classification II), and there were no cases of postoperative pancreas-related complications. The median length of hospital stay after the surgery was 10 days (6 to 33). CONCLUSION: As RDG for gastric cancer is still in its early introductory phase, its superiority has yet to be definitively established. However, we believe that "Preemptive retropancreatic approach" may reduce postoperative pancreatic-related complications in suprapancreatic lymph nodes dissection.
  • Michiyo Tatsumi, Satomi Kumagai, Takahiro Abe, Soichi Murakami, Hiroshi Takeda, Toshiaki Shichinohe, Yuko Watanabe, Shinsuke Katayama, Shiaki Hirai, Aiko Honda, Yoh Takekuma, Mitsuru Sugawara
    Journal of pharmaceutical health care and sciences 7 1 16 - 16 2021年04月06日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Several studies have reported the implementation of nutrition therapy and rehabilitation for acute and critical illnesses. However, rehabilitation nutrition for elderly sarcopenia patients with extremely severe postoperative complications during hospitalization has not yet been established. CASE PRESENTATION: We report the case of a 70-year-old man with sarcopenia that developed as a postoperative complication of the surgical resection of perihilar cholangiocarcinoma and left the patient bedridden from prolonged malnutrition and muscle weakness. The patient's general condition improved after a nearly 6-month intervention by our Nutrition Support Team (NST) that combined nutrition, exercise, and pharmacotherapy. CONCLUSIONS: The appropriate timing and order of pharmacotherapy, nutrient administration, exercise therapy, and team collaboration may enable elderly patients with severe (secondary) sarcopenia and postoperative complications to regain self-sustained walking.
  • 臨床医学の発展に貢献するCSTの将来像 実施例の紹介『献体による外傷手術臨床解剖学的研究会』献体外傷手術研究グループによる全国開催と、COVID-19流行下での感染防止対策について
    本間 宙, 織田 順, 伊藤 正裕, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡, 川副 友, 久志本 成樹, 佐藤 格夫, 真弓 俊彦, 献体外傷手術研究グループ
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 CST - 4 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • 肝門部胆管癌 安全性に配慮したR0手術への取り組みと工夫 肝門部領域胆管癌手術における予防的門脈合併切除再建の功罪
    岡村 圭祐, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 田中 公貴, 松井 あや, 浅野 賢道, 中村 透, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 SY - 3 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • 膵癌に対するリンパ節郭清 境界と神経叢郭清の今 膵体尾部癌における腫瘍位置からみた好発リンパ節転移部位の検討よる新たなリンパ節郭清範囲の提案
    田中 公貴, 中村 透, 浅野 賢道, 松井 あや, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 PD - 5 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • 局所進行膵癌に対する腹腔動脈合併膵全摘術(TP-CAR)の実際
    篠原 良仁, 中村 透, 倉島 庸, 浅野 賢道, 松井 あや, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 野路 武寛, 土川 貴裕, 岡村 圭佑, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 SF - 4 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • Bismuth I、II型肝門部領域胆管癌に対する左右肝切除間の短期および長期成績の検討
    中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 野路 武寛, 浅野 賢道, 田中 公貴, 松井 あや, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 佑磨, 楢崎 肇, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 PS - 3 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • Acute Care Surgeonを目指す君へ-外科と救急のキャリア展開- 一般外科医からAcute Care Surgeonを目指す医師を増やすためには何が必要か 一般外科医の持つ外傷診療技能に関するアンケート調査結果から
    村上 壮一, 廣瀬 和幸, 東嶋 宏泰, 楢崎 肇, 松井 あや, 渡邊 祐介, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 PD - 2 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • 切除境界域膵癌に対する至適術前療法 Borderline resectable膵癌の術前治療期間は切除例の選択と予後に影響するか?
    中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 渡邊 祐介, 松井 あや, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 121回 PD - 5 (一社)日本外科学会 2021年04月
  • 若年発症した食道間葉系腫瘍の1例
    霜田 佳彦, 山本 桂子, 西村 友佑, 久保 茉理奈, 田中 一光, 井上 雅貴, 木脇 佐代子, 大野 正芳, 小野 尚子, 清水 勇一, 村上 壮一, 三橋 智子, 岡田 宏美, 坂本 直哉
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 48 - 48 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • 十二指腸癌に対する術前壁深達度診断から見た術式選択と予後の検討
    北山 陽介, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 51 - 51 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • 胆嚢癌手術症例の非切除因子と予後不良因子の検討
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 松井 あや, 浅野 賢道, 中村 透, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 53 - 53 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • 食道癌根治術後に幽門輪温存膵頭十二指腸切除を施行した1例
    郷 雅, 岡村 圭祐, 中西 善嗣, 野路 武寛, 田中 公貴, 松井 あや, 浅野 賢道, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 73 - 73 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • 十二指腸腫瘍-あなたの治療選択は? 十二指腸腫瘍内視鏡治療による穿孔とその治療
    村上 壮一, 倉島 庸, 岡村 圭祐, 渡邊 祐介, 田中 公貴, 松井 あや, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 37 - 37 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • ロボット支援下に胸腔鏡下食道切除術を施行した食道GISTの1例
    山本 寛之, 海老原 裕磨, 渡邊 祐介, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 田中 公貴, 松井 あや, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 48 - 48 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • 当教室におけるロボット支援腹腔鏡下胃切除術の定型化と短期成績
    篠原 良仁, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 松井 あや, 渡邊 祐介, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 51 - 51 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • 肝門部胆管癌切除に対し"胆管分離限界点での胆管切離"を行った症例のR0切除率
    野路 武寛, 田中 公貴, 松井 あや, 渡邊 祐介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 52 - 52 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • 肝門部胆管癌におけるinvasive tumor thicknessによる予後層別化
    中西 喜嗣, 大場 光信, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 野路 武寛, 浅野 賢道, 松井 あや, 田中 公貴, 村上 壮一, 倉島 庸, 渡邊 祐介, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128回・122回 52 - 52 日本消化器病学会-北海道支部 2021年03月
  • コロナ禍における世界の外科教育の現状と展望
    倉島 庸, サシーム・パウデル, 渡邊 祐介, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本内視鏡外科学会雑誌 25 7 BSP2 - 1 (一社)日本内視鏡外科学会 2021年03月
  • コロナ禍における腹腔鏡下手術遠隔シミュレーショントレーニングシステムの開発
    桐山 琴衣, 倉島 庸, サシーム・パウデル, 渡邊 祐介, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本内視鏡外科学会雑誌 25 7 BSP2 - 4 (一社)日本内視鏡外科学会 2021年03月
  • コロナ禍における腹腔鏡下手術遠隔シミュレーショントレーニングシステムの開発
    桐山 琴衣, 倉島 庸, サシーム・パウデル, 渡邊 祐介, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本内視鏡外科学会雑誌 25 7 BSP4 - 3 (一社)日本内視鏡外科学会 2021年03月
  • Takahiro Saito, Yuma Ebihara, Liming Li, Tomoya Shirosaki, Hiroaki Iijima, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Photodiagnosis and photodynamic therapy 33 102157 - 102157 2021年03月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Diagnosing peritoneal dissemination is essential for selecting the appropriate therapeutic strategy for patients with pancreatic cancer. Intraoperative laparoscopic diagnosis enables the selection of less invasive surgical strategies. Photodynamic diagnosis using 5-aminolevulinic acid may improve gastrointestinal cancer diagnostic accuracy, although weak fluorescence is not easily detected. Here we aimed to improve this sensitivity using laparoscopic spectrophotometry. METHODS: Photodynamic diagnosis was performed using serial dilutions of protoporphyrin IX, and its detectability using laparoscopic spectrophotometry was compared with that using naked-eye observation. Five-aminolevulinic acid-photodynamic diagnosis was performed for pancreatic cancer cell lines, and a murine peritoneal disseminated nodule model was established. We compared laparoscopic spectrophotometry and naked-eye observation results using white and fluorescent lights and compared them to routine histopathological examination results. Photodynamic diagnoses were made in 2017 and 2018 in eight patients with pancreatic cancer. RESULTS: Weaker fluorescence of the diluted protoporphyrin IX samples was better detected with spectrophotometry than with naked-eye observation. Moreover, a spectrograph of protoporphyrin IX in multiple cell lines was detected by spectrophotometry. In the murine model, the detection rates were 62 %, 78 %, and 90 % for naked-eye observation with white light, fluorescent light, and spectrophotometry, respectively. Comparisons of fluorescent light-negative peritonea with and without pathological metastases showed significantly higher spectrophotometric intensities in the former (P < 0.010). In clinical studies, three fluorescent light-negative spectrophotometry-positive pathologically metastatic lesions were observed. CONCLUSIONS: Laparoscopic spectrophotometry in the murine model and extraperitoneally photodynamic diagnoses using spectrophotometry in clinical practice are sensitive photodynamic diagnostic techniques.
  • 消化器手術患者の術後せん妄に関するリスク因子の検討
    大川 裕貴, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会総会 75回 P324 - 1 (一社)日本消化器外科学会 2020年12月
  • 内視鏡手術手技のトレーニングと伝承 消化器外科領域のカダバートレーニングの実践と今後の課題
    七戸 俊明, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 楢崎 肇, 松井 あや, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡
    日本外科系連合学会誌 45 5 550 - 550 日本外科系連合学会 2020年12月
  • 胆道 悪性
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 楢崎 肇, 田中 公貴, 松井 あや, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会雑誌 53 Suppl.2 300 - 300 (一社)日本消化器外科学会 2020年11月
  • 膵管胆管合流異常症に限局性肝内胆管狭窄を生じた症例に対する手術経験
    野路 武寛, 渡邊 佑介, 田中 公貴, 松井 あや, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス 43 72 - 72 日本膵・胆管合流異常研究会 2020年11月
  • これからの外科教育 外科手術におけるカダバートレーニングの実際と将来展望
    七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 楢崎 肇, 松井 あや, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 81 増刊 207 - 207 日本臨床外科学会 2020年10月
  • 外傷手術修練の現状と課題 外傷外科診療におけるHub-and-Spokeシステム確立をめざして 一般外科医に対する外傷診療トレーニング
    村上 壮一, 廣瀬 和幸, 倉島 庸, 渡邊 祐介, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 81 増刊 276 - 276 日本臨床外科学会 2020年10月
  • Yoshitsugu Nakanishi, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Toru Nakamura, Takehiro Noji, Toshimichi Asano, Aya Matsui, Kimitaka Tanaka, Soichi Murakami, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Hajime Narasaki, Toraji Amano, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Annals of surgical oncology 27 11 4171 - 4180 2020年10月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: The differences between perihilar cholangiocarcinoma (PHCC) and distal cholangiocarcinoma (DCC) regarding recurrence and the factors that affect recurrence after surgery are unclear. This study aims to investigate the differences in recurrence patterns between patients with PHCC and those with DCC after surgical resection with curative intent. It also investigates the risk factors associated with recurrence and survival thereafter. PATIENTS AND METHODS: The postoperative courses of 366 patients with extrahepatic cholangiocarcinomas (EHCCs), including 236 with PHCC and 130 with DCC, who underwent surgical resections were investigated retrospectively. RESULTS: During follow-up, tumors recurred in 143 (60.6%) patients with PHCC and in 72 (55.4%) patients with DCC. Overall survival (OS) after surgery, recurrence-free survival (RFS), and OS after recurrence were similar for the patients with PHCC and those with DCC. The cumulative probability of recurrence declined 3 years after surgery in the patients with PHCC and those with DCC. A multivariable analysis determined that, among the patients with PHCC and those with DCC, regional lymph node metastasis was a significant risk factor associated with RFS. Ten patients with PHCC and eight patients with DCC with two or fewer sites of recurrence in a single organ underwent resections. A multivariable analysis determined that recurrent tumor resection was an independent prognostic factor associated with OS after recurrence in the patients with PHCC and those with DCC. CONCLUSIONS: Postoperative survival did not differ between the patients with PHCC and those with DCC. Frequent surveillances for recurrence are needed for 3 years after surgical resection of EHCCs. In selected patients, surgery for recurrent EHCCs might be associated with improved outcomes.
  • Yuki Okawa, Yuma Ebihara, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical case reports 6 1 239 - 239 2020年09月29日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: In melanoma, completely resectable metastases are surgically resected to expect to prolong relapse-free survival and overall survival. However, distant metastases of melanoma are rarely indicated for surgery because multiple metastases are often observed at diagnosis. We report a case of a man in his 50s who underwent laparoscopic-assisted distal gastrectomy and central pancreatectomy for gastric metastases, lymph node metastases, and pancreatic invasion that could be completely resected. CASE PRESENTATION: A 50-year-old man was diagnosed with malignant melanoma of the left parietal region. After diagnosis, tumor resection and left cervical lymph node dissection were performed, and interferon-β treatment was added as adjuvant therapy. Seventeen months after adjuvant therapy, metastasis of stomach and abdominal lymph nodes from melanoma was diagnosed. And the pancreatic invasion of lymph nodes was suspected. Laparoscopic-assisted distal gastrectomy and the central pancreatectomy were performed because pancreatic invasion of melanoma was intraoperatively found. After 9 months of relapse-free survival, abdominal recurrence was observed. Nivolumab and ipilimumab were administered, and recurrent lesions are currently controlled. The patient has survived more than 3 years since metastasis resection. CONCLUSION: In conclusion, laparoscopic-assisted distal gastrectomy and the central pancreatectomy were performed for gastric and perigastric lymph node metastases and pancreatic invasion due to malignant melanoma, and the negative surgical margin was achieved. Although patient selection is required, the central pancreatectomy was a good indication for maintaining exocrine and endocrine function. The development of immune checkpoint inhibitors and molecular-targeted agents may increase gastrointestinal surgery for metastatic melanoma in the future.
  • 村上 壮一, 七戸 俊明, 倉島 庸, サシーム・パウデル, 楢崎 肇, 松井 あや, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 石田 稔, 高橋 誠, 渡辺 雅彦, 平野 聡
    医学教育 51 Suppl. 81 - 81 (一社)日本医学教育学会 2020年07月
  • Sho Sekiya, Yuma Ebihara, Yoshiyuki Yamamura, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Asian journal of endoscopic surgery 13 3 406 - 409 2020年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Boerhaave's syndrome is a rare life-threatening disease that requires prompt intervention. Thoracotomy has traditionally been considered the gold standard approach for treatment, but other minimally invasive approaches have recently been reported. Our institute reported the efficacy of minimally invasive abdominal and left thoracic approach in the treatment of patients with esophagogastric junction cancer and introduced it for the treatment of two patients with Boerhaave's syndrome. We intraoperatively sutured the rupture sites and irrigated the pleural cavity using thoracoscopy. Then, after confirming the absence of intraabdominal contamination, we performed jejunostomy or gastrostomy using laparoscopy. Patients' vital signs remained stable intraoperatively, and their postoperative periods were uneventful with no leakage or stricture. The minimally invasive abdominal and left thoracic approach for Boerhaave's syndrome is convenient and useful as it provides excellent visualization of the thoracic and abdominal cavities with the possibility of quickly switching between views.
  • Kotaro Kimura, Yo Kurashima, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Yuma Ebihara, Takehiro Noji, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Hiromi Kanno-Okada, Satoshi Hirano
    Surgical case reports 6 1 140 - 140 2020年06月18日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Lymphangioma is a benign malformation of the lymphatic system and is often found in the neck and axilla, the orbit, the mediastinum, etc. However, isolated splenic lymphangioma is a rare disease in young women, and its treatment is controversial. We report a case of laparoscopic partial splenectomy for isolated splenic lymphangioma in a young woman. CASE PRESENTATION: An 18-year-old woman with mild epigastralgia was admitted to a nearby hospital. Abdominal ultrasound detected a 6-cm mass confined to the upper pole of the spleen; thereafter, she was referred to our department for surgical treatment. Although a benign tumor, we decided to resect it because of her symptoms. To preserve part of the normal spleen, laparoscopic partial splenectomy was performed with a co-axial approach using four ports and a liver retractor in the lithotomy position. After dissection around the spleen hilum, we identified that the tumor was being fed from the splenic vessels of the upper pole and severed the branch. Postoperatively, the patient showed no complications and was discharged on postoperative day 8 without symptoms. Pathological examination revealed splenic lymphangioma, which is rare in young women. No recurrence was seen 1 year after surgery, and a computed tomography scan showed no problems with the remaining spleen. CONCLUSIONS: In our experience of laparoscopic partial splenectomy for a young woman with an isolated splenic lymphangioma, we determined that laparoscopic partial splenectomy is a safe, effective, and valuable option for the treatment of benign splenic tumors.
  • Hiroki Kushiya, Toru Nakamura, Toshimichi Asano, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Soichi Murakami, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Takehiro Noji, Yoshitsugu Nakanishi, Kimitaka Tanaka, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract 25 6 1445 - 1450 2020年06月03日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Postoperative pancreatic fistula is a main cause of fatal complications post-pancreatoduodenectomy. However, no universally accepted drainage management exists for clinically relevant postoperative pancreatic fistulas. We retrospectively evaluated cases in which drain contrast imaging was used to determine its utility in identifying clinically relevant postoperative pancreatic fistulas post-pancreatoduodenectomy. METHODS: Between January 2014 and December 2018, 209 consecutive patients who underwent pancreatoduodenectomy in our institute were retrospectively analyzed. Drain monitoring with contrast imaging was performed in 47 of the cases. We classified drain contrast type into three categories and evaluated postoperative outcome in each group: (1) fistulous tract group-only the fistula was contrasted; (2) fluid collection group - fluid collection connected to the drain fistula; and (3) pancreatico-anastomotic fistula group-fistula connected to the digestive tract. RESULTS: The durations of postoperative hospital stay and drainage were significantly shorter in the fistulous tract group than in the fluid collection group (31 vs. 46 days, p = 0.0026; and 12 vs. 38 days, p < 0.0001, respectively). The cost and number of drain exchanges were significantly lower in the fistulous tract group than in the fluid collection group ($163.6 vs. 467.5, p < 0.0001; and 1 vs. 5.5, p < 0.0001, respectively). Notably, no patient had grade C postoperative pancreatic fistula. CONCLUSION: Classification of prophylactic drain contrast type can aid in predicting outcomes of clinically relevant postoperative pancreatic fistulas and optimizing drainage management.
  • Yuta Takeuchi, Yuma Ebihara, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Asian journal of endoscopic surgery 13 2 215 - 218 2020年04月 [査読有り][通常論文]
     
    We report a novel technique for combined laparoscopy and thoracoscopy for far-advanced adenocarcinoma of the esophagogastric junction (AEG). A 56-year-old man presented with far-advanced AEG, and an esophagogastroduodenoscopy revealed a type 2 lesion that encircled the esophagogastric junction. CT revealed stenosis of the esophagogastric junction, suspected invasion into the left side of the diaphragm, and lymph node metastases in the abdomen. We diagnosed Siewert type II AEG (cT4aN1M0, cStage IIIA) according to the Japanese Classification of Gastric Carcinoma, version 14. Laparoscopic and thoracoscopic proximal gastrectomy and lower esophagectomy with double-tract reconstruction were performed as a palliative resection via a minimally invasive abdominal and left thoracic approach. However, localized peritoneal dissemination was detected. The patient was discharged with no postoperative morbidity. Hence, a minimally invasive abdominal and left thoracic approach provides good visualization, and it is safe for lower esophageal transection and intrathoracic anastomosis in the treatment of locally advanced AEG invading the surrounding tissues.
  • Yuma Hane, Takahiro Tsuchikawa, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Keisuke Okamura, Satoshi Takeuchi, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical case reports 6 1 22 - 22 2020年01月15日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Rectal neuroendocrine neoplasms (NENs) are rare, but their incidence has increased in recent years. The metastasis rate is low in cases of a tumor diameter < 1 cm or depth of invasion lower than the submucosa; therefore, the European Neuroendocrine Tumor Society (ENETS) and the North American Neuroendocrine Tumor Society (NANETS) consensus guidelines recommend endoscopic resection. Since little has been reported on the long-term prognosis of endoscopic resection for rectal NEN, consensus is lacking regarding the follow-up period after endoscopic resection. CASE PRESENTATION: Here, we report three cases of metachronous liver metastasis after long-term follow-up of endoscopic mucosal resection (EMR) for rectal NEN. The pathological findings indicated a depth lower than the submucosa and complete radical resection in all cases and lymphovascular invasion in only one case. All three cases showed metachronous multiple liver metastases after 9-13 years of follow-up for EMR, despite achieving complete resection and without muscular invasion. CONCLUSIONS: Metachronous liver metastases may occur after long interval following endoscopic resection; thus, long-term follow-up is necessary after endoscopic resection for rectal NEN.
  • Kotaro Kimura, Yuma Ebihara, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Hiromi Kanno-Okada, Satoshi Hirano
    International journal of surgery case reports 75 446 - 450 2020年 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Epstein-Barr virus-associated gastric cancer (EBVaGC) sometimes appears as multiple gastric cancer lesions. Here, we report a case of robot-assisted laparoscopic total gastrectomy (RTG) for a relatively rare disease with four synchronized lesions in EBVaGC and discuss the usefulness of robotic gastrectomy. PRESENTATION OF CASE: A 60-year-old woman was diagnosed with multiple gastric cancer because she had five lesions in the stomach and biopsy showed the presence of adenocarcinoma in four of the five lesions. We performed robot-assisted laparoscopic total gastrectomy on the patient. The histopathological diagnosis was multiple gastric cancer T1bN0M0 pStage IA. The four lesions were positive for the Epstein-Barr virus encoding region in in-situ hybridization and were considered to be EBVaGC. The patient had no sign of recurrence without postoperative therapy for 24 months. DISSCUSSION: EBVaGC was found in about 10% of all gastric cancer cases worldwide. EBVaGC sometimes appears as multiple gastric cancer, suggesting that EBV infection is closely related to the early stages of tumor formation. Total gastrectomy may be necessary for multiple gastric cancer such as EBVaGC, and robotic surgery is useful in total gastrectomy in terms of high-resolution three-dimensional images and using forceps with multi-joint functions. CONCLUSIONS: We performed RTG on a patient with four synchronous lesions of EBVaGC, which is relatively rare. Robot-assisted laparoscopic total gastrectomy is known to be a safe procedure, and we effectively performed total gastrectomy for multiple EBVaGC.
  • Hiroki Kushiya, Yuma Ebihara, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Asian journal of endoscopic surgery 13 1 99 - 102 2020年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Jejunal intussusception at the jejunojeunostomy after total gastrectomy with Roux-en-Y (RY) reconstruction is rare. We describe a case of jejunal intussusception at the jejunojeunostomy that developed in a 60-year-old woman who had undergone laparoscopic total gastrectomy with RY reconstruction for gastric cancer 4 years ago. The main presenting complaint was recurrent epigastric pain. Abdominal computed tomography showed a typical target sign suspected of antegrade intussusception into a blind loop at the jejunojeunostomy. We performed a laparoscopic operation, which revealed no intussusception or adhesions. We noted that the blind loop of the bilio-pancreatic limb was longer and expanded. We divided the blind loop at the distal side of the jejunojeunostomy and performed suture plication between the bilio-pancreatic limb and alimentary limb. Therefore, the appropriate length of the blind loop and the size of the jejunojeunostomy site should be carefully determined during RY reconstruction.
  • Toshihiro Kushibiki, Toru Nakamura, Masumi Tsuda, Takahiro Tsuchikawa, Koji Hontani, Kazuho Inoko, Mizuna Takahashi, Toshimichi Asano, Keisuke Okamura, Soichi Murakami, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Takehiro Noji, Yoshitsugu Nakanishi, Kimitaka Tanaka, Nako Maishi, Katsunori Sasaki, Woong-Ryeon Park, Toshiaki Shichinohe, Kyoko Hida, Shinya Tanaka, Satoshi Hirano
    Molecular cancer therapeutics 19 1 187 - 198 2020年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Over the past 30 years, the therapeutic outcome for pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC) has remained stagnant due to the lack of effective treatments. We performed a genome-wide analysis to identify novel therapeutic targets for PDAC. Our analysis showed that Homo sapiens chromosome 16 open reading frame 74 (C16orf74) was upregulated in most patients with PDAC and associated with poor prognosis. Previously, we demonstrated that C16orf74 interacts with the catalytic subunit alpha of protein phosphatase 3 and plays an important role in PDAC invasion. However, the pathophysiologic function of C16orf74 is still unclear. In this study, through the analysis of C16orf74 interaction, we demonstrate a new strategy to inhibit the growth and invasion of PDAC. C16orf74 exists in the homodimer form under the cell membrane and binds integrin αVβ3 and is also involved in invasion by activating Rho family (Rac1) and MMP2. Considering that this dimeric form was found to be involved in the function of C16orf74, we designed an 11R-DB (dimer block) cell-permeable dominant-negative peptide that inhibits the dimer form of C16orf74. 11R-DB suppressed invasion and proliferation of PDAC cell lines by inhibiting phosphorylation of Akt and mTOR and also by inactivation of MMP2. 11R-DB also showed antitumor effects in an orthotopic xenograft model and peritoneal metastasis model. Thus, this study demonstrates that dimerized C16orf74, present in the cell membrane, is involved in pancreatic cancer invasion and proliferation. In addition, the C16orf74 dimer block cell-permeable peptide (11R-DB) has a potent therapeutic effect on PDAC in vitro and in vivo.
  • Yo Kurashima, Yusuke Watanabe, Naoki Hiki, Saseem Poudel, Hidehiko Kitagami, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical endoscopy 33 12 3945 - 3952 2019年12月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Assessment of the performance of laparoscopic gastrectomy is yet unreported, likely because of the complexity of the procedure. We aimed to develop a tool to assess the skills required for laparoscopic distal gastrectomy (LDG) through cognitive task analysis (CTA) and expert consensus using the Delphi method. METHODS: CTA involved the listing of the knowledge and criteria required for completing each step of LDG as subtasks based on interviews by experts and novices and text book, instructional video, and procedural review. The Delphi evaluation method involved anonymous online surveys, conducted to merge the opinions of experts in laparoscopic gastrectomy. The experts were asked to rate (from 1 to 5) the importance of subtasks for skill evaluation and training for LDG using a Likert scale. Consensus among expert viewpoints was determined by the internal consistency of each item using Cronbach's approach. RESULTS: Essential subtasks drafted for the assessment of LDG performance were determined based on the CTA. Thirty-one LDG experts participated in the online-survey with a response rate over 90%. A consensus was achieved after 2 rounds of surveys with a Cronbach alpha of 0.86, and 34 subtasks of LDG were selected. We finally created the Japanese Operative Rating Scale for Laparoscopic Distal Gastrectomy (JORS-LDG) based on the 34 subtasks. CONCLUSIONS: We developed the JORS-LDG using CTA and the Delphi method.
  • 胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術の手術成績におけるBMIの影響 多施設後ろ向き研究
    宮坂 衛, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会雑誌 52 Suppl.2 132 - 132 (一社)日本消化器外科学会 2019年11月
  • 肝門部領域胆管癌に対する術前門脈塞栓後の待機日数と肝不全死亡発生の関連
    木村 弘太郎, 野路 武寛, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会雑誌 52 Suppl.2 196 - 196 (一社)日本消化器外科学会 2019年11月
  • Shota Kuwabara, Takahiro Tsuchikawa, Toru Nakamura, Yutaka Hatanaka, Kanako C Hatanaka, Katsunori Sasaki, Masato Ono, Kazufumi Umemoto, Tomohiro Suzuki, Osamu Sato, Yuma Hane, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Takehiro Noji, Soichi Murakami, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Cancer science 110 6 1853 - 1862 2019年06月 [査読有り][通常論文]
     
    The efficacy of preoperative neoadjuvant chemoradiotherapy (NAC) in cases of pancreatic cancer with extremely poor prognoses has been reported. In this study, we aimed to identify novel biomarkers that reflect prognoses following chemoradiotherapy using tertiary lymphoid organs (TLO) expressed in the tumor microenvironment. Resected tumor specimens were obtained from 140 pancreatic cancer patients. We retrospectively investigated the clinical relevance of TLO by categorizing patients into those who underwent upfront surgery (surgery first [SF]) and those who received NAC. The immunological elements within TLO were analyzed by immunohistochemistry (IHC). In the IHC analysis, the proportions of CD8+ T lymphocytes, PNAd+ high endothelial venules, CD163+ macrophages and Ki-67+ cells within the TLO were higher in the NAC group than in the SF group. In contrast, the proportion of programmed cell death-1+ immunosuppressive lymphocytes within TLO was lower in the NAC group than in the SF group. The NAC group demonstrated favorable prognoses compared with the SF group. In the multivariate analysis, the TLO/tumor ratio was determined as an independent predictive prognostic factor. In conclusion, the administration of preoperative chemoradiotherapy may influence the immunological elements in the tumor microenvironment and result in favorable prognoses in pancreatic ductal adenocarcinoma patients.
  • 腎癌の転移性胃腫瘍に対してLECSを施行した1例
    吉田 雄亮, 山村 喜之, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 清水 亜衣, 三橋 智子, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 80 5 1020 - 1020 日本臨床外科学会 2019年05月
  • 門脈合併切除再建を伴う尾側膵切除術後に門脈閉塞を来した2症例
    関谷 翔, 中村 透, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 80 5 1024 - 1024 日本臨床外科学会 2019年05月
  • 肝門部領域胆管癌術後にファーター乳頭部癌を発症した異時性重複癌に対する手術経験
    丹羽 弘貴, 岡村 圭祐, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 80 5 1025 - 1025 日本臨床外科学会 2019年05月
  • 右肝動脈・門脈合併切除再建を併施した肝左葉切除・尾状葉・胆管切除術を行った肝門部領域胆管癌の1例
    細井 勇人, 野路 武寛, 岡村 圭祐, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 中村 透, 土川 貴裕, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 80 5 1026 - 1026 日本臨床外科学会 2019年05月
  • Toru Nakamura, Toshimichi Asano, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Soichi Murakami, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Takehiro Noji, Yoshitsugu Nakanishi, Kimitaka Tanaka, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract 23 5 990 - 996 2019年05月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Upfront surgery is recommended in patients with potentially resectable pancreatic ductal adenocarcinoma (R-PDAC) by National Comprehensive Center Network (NCCN) guidelines. However, even among R-PDACs, there is a subset that demonstrates extremely poor prognosis. The purpose of this study was to identify preoperative prognostic factors for upfront surgical resection of R-PDACs. METHODS: The records of 278 consecutive patients with PDAC who underwent curative resection between 2001 and 2015 in a single institution were retrospectively reviewed. Preoperative factors to predict prognosis in patients with R-PDAC according to the NCCN guidelines were analyzed. RESULTS: Of the 278 patients who underwent resection, 153 R-PDACs received upfront surgery with a median survival time (MST) of 26.4 months. Tumor location (pancreatic head) (odds ratio [OR] 1.97, 95% confidence interval [CI] 1.14-3.40; P = 0.015), preoperative cancer antigen 19-9 (CA19-9) > 100 U/mL (OR 1.92, 1.31-2.80; P = 0.0009), and tumor size > 20 mm (OR 1.50, 1.02-2.19; P = 0.038) were identified as preoperative independent predictive risk factors for poor prognosis in patients with R-PDACs. In the patients with R-PDAC, 5-year survival was 60.7%, 21.5%, and 0% in patients with 0, 1 or 2, and 3 risk factors, respectively. There were significant differences in overall survival between the three groups (P < .0001). CONCLUSIONS: A preoperative prognostic scoring system using preoperative tumor location, tumor size, and CA19-9 enables preoperative prediction of prognosis and facilitates selection of appropriate treatment for resectable pancreatic cancer.
  • 大動脈リンパ節転移を有する切除不能膵癌に対しconversion surgeryを施行した1例
    藤本 沙優, 浅野 賢道, 城崎 友秀, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 RS - 5 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • Segmental arterial mediolysis(SAM)による巨大脾動脈瘤に対する手術経験
    松木田 瞭, 岡村 圭祐, 水沼 謙一, 山村 喜之, 真木 健裕, 細井 勇人, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 杉本 聡, 新宮 康栄
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 RS - 10 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • 動脈因子陽性局所進行膵癌に対する動脈合併切除の長期成績に基づいた治療戦略
    浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 七戸 俊明
    日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF - 7 (一社)日本外科学会 2019年04月
  • Yuta Takeuchi, Yuma Ebihara, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Asian journal of endoscopic surgery 12 2 167 - 170 2019年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Controversy remains regarding the optimal resection approach for Siewert type II adenocarcinoma of the esophagogastric junction (EGJ). Furthermore, an esophageal diverticulum, although rare, can complicate surgical procedures. Herein, we report a case of EGJ adenocarcinoma with an esophageal diverticulum that was treated using the minimally invasive abdominal and left thoracic approach (MALTA). A 72-year-old man, with EGJ adenocarcinoma and an epiphrenic diverticulum on esophagogastroduodenoscopy underwent endoscopic submucosal dissection. The pathological diagnosis of the specimen revealed invasion to the lymphatic vessels. Therefore, laparoscopic proximal gastrectomy and thoracoscopic lower esophagectomy with D1 lymph node dissection and double-tract reconstruction of the esophageal diverticulum were performed via MALTA. The patient was discharged without any postoperative morbidity. MALTA provides good visualization for the transection of the lower esophagus in cases of esophageal diverticulum. Moreover, MALTA for adenocarcinoma of the EGJ is technically feasible, even with the presence of a lower esophageal diverticulum.
  • Takahiro Saito, Kimitaka Tanaka, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society 16 2 155 - 161 2019年04月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Esophagectomy is the standard treatment for esophageal cancer, but has a high rate of postoperative complications. Some studies reported the various scoring system to estimate the postoperative complications. However, there were according to various surgical methods and included intra- and post-operative factors. Recently, minimally invasive esophagectomy (MIE) is becoming the first-line treatment for esophageal cancer. The aim of this study was to investigate the risk factors of postoperative complications and to establish a useful system for predicting postoperative complications after transthoracic MIE. METHODS: From 2007 to 2015, 90 patients who underwent transthoracic MIE at our department were enrolled. Patients were divided into two groups according to postoperative complication: patients with major complications (n = 32) and without major complications (n = 58). Major complication was defined as ≥ IIIa in the Clavien-Dindo classification. RESULTS: Multivariate analysis identified four independent risk factors for predicting postoperative complications: age [≥ 70 years; odd ratio (OR) 6.88; p = 0.001]; sex (male; OR 5.24; p = 0.031); total protein level (< 6.7 mg/dl; OR 6.51; p = 0.002), and C-reactive protein level (≥ 0.15; OR, 6.58; p = 0.001). These four factors were used to establish a score. The complication rate for scores 0-4 were 0, 11, 36, 71, 100%, respectively. The frequency of major complications was significantly associated with the score (p < 0.001). Receiver operator characteristic curves to predict the score with regard to major complications showed an area under the curve value of 0.798 (95% confidence interval: 0.696-0.871, P < 0.001). CONCLUSIONS: Our novel score may help to decide surgical intervention for esophagectomy and provide appropriate resources for perioperative management.
  • Mamoru Miyasaka, Yuma Ebihara, Yoshiyuki Yamamura, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical case reports 5 1 44 - 44 2019年03月25日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Recently, minimally invasive esophagectomy and gastrectomy for esophagogastric junctional (EGJ) cancer using either thoracoscopy or laparoscopy are frequently performed. In the past decade, minimally invasive surgery with laparoscopy for splenic artery aneurysm (SAA) has also been reported. However, patients with both EGJ cancer and SAA are rare. CASE PRESENTATION: A 66-year-old man, who complained of upper abdominal pain, was found to have esophagogastric junctional (EGJ) tumor. He was diagnosed as having Siewert type II adenocarcinoma. In a computed tomography (CT) scan before surgery, a 10-mm aneurysm in the splenic artery was found. Thus, we performed laparo- and thoracoscopic proximal gastrectomy and lower esophagectomy for EGJ cancer and splenic artery aneurysm (SAA) resection with spleen preservation using fluorescence imaging. We confirmed sufficient blood supply to the spleen after surgery with a postoperative CT scan. The blood supply to the spleen was suspected to be from the great pancreatic artery via the pancreas and from the omental branches of the left gastroepiploic artery via the omental artery. CONCLUSION: Simultaneous surgery for EGJ cancer and SAA is rare due to its potential risk, but evaluation of the blood supply for the spleen by using fluorescence imaging can be useful for this procedure.
  • Osamu Sato, Takahiro Tsuchikawa, Toru Yamada, Daisuke Sato, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Kurashima Yo, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Tomoko Mitsuhashi, Satoshi Hirano
    Clinical case reports 7 3 491 - 496 2019年03月 [査読有り][通常論文]
     
    The chemotherapy guidelines for mixed adenoneuroendocrine carcinoma (MANEC) remain poorly defined, and prognosis remains dismal. In this case, we successfully performed resection after FOLFOX for unresectable metastatic MANEC of the liver. Thus, chemotherapy for adenocarcinoma may be effective for MANEC.
  • 高齢者胃癌(80歳以上)に対する腹腔鏡下胃全摘術の治療成績(多施設共同後ろ向き研究)
    城崎 友秀, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 中村 文隆, 村川 力彦, 森田 高行, 奥芝 俊一
    日本臨床外科学会雑誌 80 2 435 - 436 日本臨床外科学会 2019年02月
  • 進行胆管癌と術前診断したが術後摘出標本で浸潤癌を認めなかった2例
    丹羽 弘貴, 岡村 圭祐, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 80 2 440 - 440 日本臨床外科学会 2019年02月
  • 主膵管と交通を認めた膵serous cystic neoplasmの1例
    吉田 雄亮, 浅野 賢道, 木村 弘太郎, 関谷 翔, 丹羽 弘貴, 城崎 友秀, 横山 新一郎, 斎藤 崇宏, 水沼 謙一, 田中 宏典, 細井 勇人, 真木 健裕, 山村 喜之, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 80 2 440 - 441 日本臨床外科学会 2019年02月
  • 腹腔鏡下脾部分切除術を施行し正常脾を温存した巨大脾嚢胞の一例
    木村 弘太郎, 倉島 庸, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 80 2 441 - 441 日本臨床外科学会 2019年02月
  • Takeshi Kawamura, Takehiro Noji, Keisuke Okamura, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Digestive surgery 36 2 158 - 165 2019年 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Post-hepatectomy liver failure (PHLF) is a serious complication after major hepatectomy with extrahepatic bile duct resection (Hx with EBDR) that may cause severe morbidity and even death. The purpose of this study was to compare several criteria systems as predictors of PHLF-related mortality following Hx with EBDR for perihilar cholangiocarcinoma (PHCC). METHODS: The study cohort consisted of 222 patients who underwent Hx with EBDR for PHCC. We compared several criteria systems, including previously established criteria (the International Study Group of Liver Surgery (ISGLS) criterion; and the "50-50" criterion), and our institution's novel systems "Max T-Bili" defined as total bilirubin (T-Bili) >7.3 mg/dL during post-operative days (POD) 1-7, and the "3-4-50" criterion, defined as total bilirubin >4 mg/dL and prothrombin time <50% on POD #3. RESULTS: Thirteen patients (5.8%) died from PHLF-related causes. The 3-4-50 criterion showed high positive predictive values (39.1%), the 3-4-50, Max T-Bili, and 50-50 criterion showed high accuracies (91.7, 86.9, and 90.5%, respectively) and varying sensitivities (69.2, 69.2, and 38.5% respectively). CONCLUSIONS: The 3-4-50, Max T-Bili, and 50-50 criterion were all useful for predicting PHLF-related mortality after Hx with EBDR for PHCC.
  • 当教室におけるロボット支援腹腔鏡下胃切除術の短期成績
    海老原 裕磨, 山村 喜之, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 OS151 - 4 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 吉田 雄亮, 浅野 賢道, 中村 透, 大場 光信, 荻野 真理子, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子
    北海道外科雑誌 63 2 157 - 158 北海道外科学会 2018年12月
  • 関谷 翔, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    北海道外科雑誌 63 2 173 - 173 北海道外科学会 2018年12月
  • 当教室における腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除術の手術成績
    水沼 謙一, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 OS219 - 7 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 新規近赤外線腹腔鏡システムを用いた蛍光スペクトル解析による術中転移診断法の開発と臨床応用
    城崎 友秀, 海老原 裕磨, 齋藤 崇宏, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP32 - 5 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 腎癌術後胃転移に対して内視鏡合同腹腔鏡下胃局所切除術を施行した1例
    吉田 雄亮, 山村 喜之, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP55 - 11 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 腹腔鏡下脾部分切除術を施行し正常脾を温存した巨大脾嚢胞の一例
    木村 弘太郎, 倉島 庸, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP84 - 1 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 同時性に4病変を伴ったEBV関連胃癌の1切除例
    岡崎 遼, 海老原 裕磨, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 倉島 庸, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣
    日本内視鏡外科学会雑誌 23 7 DP112 - 6 (一社)日本内視鏡外科学会 2018年12月
  • 城崎 友秀, 海老原 裕磨, 山村 喜之, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    北海道医学雑誌 93 2 114 - 115 北海道医学会 2018年11月
  • Takehiro Noji, Yo Kurashima, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Yuma Ebihara, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Tomoko Mitsuhashi, Satoshi Hirano
    Asian journal of endoscopic surgery 11 4 399 - 401 2018年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Benign biliary strictures have a broad spectrum of etiologies. There have been no reported cases, however, of a biliary stricture secondary to a migrated suture after laparoscopic distal gastrectomy (LDG). Here, we report one such case. The patient was a 60-year-old man who underwent LDG with Roux-en-Y reconstruction for early gastric cancer. Pathology revealed early cancer (T1N0M0) with a curative resection. Two years after LDG, the patient was found to have elevated hepatobiliary enzymes. After further workup, the new diagnosis was invasive cholangiocarcinoma (T2N0M0), and the patient underwent pancreaticoduodenectomy. Intraoperatively, a monofilament nylon suture was found in the center of a biliary stricture; this suture was previously used for duodenal closure during LDG. Histologically, the bile duct with stricture showed chronic inflammation and fibrosis. Despite no evidence of invasive carcinoma on pathology, a small lesion of adenocarcinoma in situ was found in the superior common hepatic duct.
  • HPDの適応と治療成績:安全性と予後の評価 長期成績からみた胆道癌に対する肝膵同時切除の意義
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 土川 貴裕, 中村 透, 浅野 賢道, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 細井 勇人, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 285 - 285 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 進行胆嚢癌の術式選択と治療成績:いかにして根治を得るか? 当院における進行胆嚢癌に対する治療成績と治療戦略の検討
    田中 宏典, 岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 中村 透, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 297 - 297 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 肝門部領域胆管癌の術式選択と手技:安全性と根治性の確保 肝門部領域胆管癌に対する血管合併切除を伴う肝切除の手技と成績
    関谷 翔, 岡村 圭祐, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本臨床外科学会雑誌 79 増刊 315 - 315 日本臨床外科学会 2018年10月
  • 新専門医制度においてacute care surgeonを育てる 外科専門医制度の中でAcute Care Surgeon教育をどのように組み込むべきか
    村上 壮一, 平野 聡, 山村 喜之, 真木 健裕, 細井 勇人, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 8 1 55 - 55 日本Acute Care Surgery学会 2018年09月
  • 横行結腸間膜ヘルニア嵌頓の1手術例
    城崎 友秀, 村上 壮一, 斎藤 崇宏, 真木 健裕, 山村 喜之, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 8 1 115 - 115 日本Acute Care Surgery学会 2018年09月
  • TEVAR後に発症した大動脈食道瘻に対し腹臥位胸腔鏡下食道切除術を施行した一例
    木村 弘太郎, 村上 壮一, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    Japanese Journal of Acute Care Surgery 8 1 131 - 131 日本Acute Care Surgery学会 2018年09月
  • 膵癌術前化学放射線療法が局所微小環境に及ぼす変化と予後との関連性(Prognostic relevance and constitutive alteration of TLO following neoadjuvant chemoradiotherapy in Pancreatic cancer)
    桑原 尚太, 土川 貴裕, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本癌学会総会記事 77回 1652 - 1652 2018年09月
  • Mamoru Miyasaka, Takehiro Noji, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical case reports 4 1 99 - 99 2018年08月22日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: A surgical case of metachronous metastases of pancreatic head cancer (PC) to the large and small bowel is extremely rare. Therefore, there are only a few reports about surgery for intestinal metastases from PC. An oncologic emergency is defined as an acute, potentially life-threatening condition in a cancer patient that developed directly or indirectly because of the malignant disease or cancer treatment. CASE PRESENTATION: A 63-year-old man with PC underwent pancreaticoduodenectomy after receiving neoadjuvant chemotherapy with gemcitabine and S-1. Histopathologically, the tumor was diagnosed as poorly differentiated, tubular adenocarcinoma, with pT2, N0, pStage IB according to the UICC classification, seventh edition. R0 was achieved. Three months after pancreatoduodenectomy, blood tests showed coagulation derangements with high C-reactive protein (CRP 11.30 mg/dl). Computed tomography (CT) scan revealed a 55-mm mass alongside the transverse colon. During 2 weeks of follow-up, the coagulation derangement and elevated CRP persisted. Repeat CT showed that the tumor enlarged to 65 mm, and an additional mass, 25 mm in diameter, was detected in the jejunum. He was hospitalized due to abdominal pain and diarrhea with persistent high fever and was inspected; however, there was no evidence for infections. With the understanding that his life-threatening symptoms were secondary to the underlying malignancy, extirpation of the tumors combined with partial resection of the transverse colon and the jejunum was performed on the eighth day of hospitalization, on an emergency basis. The lesions were identified as large and small bowel metastases from PC because histopathological examination revealed morphological features similar to the primary disease. Immediately after the emergency surgery, the fever resolved and the CRP level normalized. He was discharged and received nab-paclitaxel with gemcitabine chemotherapy for 2 months postoperatively. He selected for best supportive care after this. The patient died due to a relapse with mesenteric lymph node metastasis 7 months after the emergency surgery. CONCLUSION: Surgery as an oncological emergency for selected patients could sometimes contribute to improving patient's quality of life.
  • 消化器外科医学部学生実習における新規アクティブラーニングの開発
    村上 壮一, 倉島 庸, 七戸 俊明, 岡村 圭佑, 土川 貴裕, 中村 透, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 大滝 純司, 平野 聡
    日本消化器外科学会総会 73回 181 - 181 (一社)日本消化器外科学会 2018年07月
  • Off-the-job trainingの現況 一般外科医のための、外傷診療Off-the-job trainingの開発
    村上 壮一, 七戸 俊明, 倉島 庸, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 宮坂 大介, 真木 健裕, 山村 喜之, 平野 聡
    日本外傷学会雑誌 32 2 231 - 231 (一社)日本外傷学会 2018年06月
  • R0切除と安全性を追求した当科の肝門部領域胆管癌に対する診断・治療戦略
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 川村 武史, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 985 - 985 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 外科医のトレーニング-技術の継承とは- 術式別技能評価スケールを基盤とした内視鏡外科手術トレーニングプログラムの構築
    倉島 庸, Saseem Poudel, 渡邊 祐介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 256 - 256 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • Border line膵癌に対する腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)の意義 局所進行膵体部癌に対する腹腔動脈合併尾側膵切除術の短期・長期成績
    中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 野路 武寛, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 603 - 603 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • UR膵癌に対する治療戦略 切除不能膵癌に対するconversion surgeryの成績と術中迅速病理診断応用の可能性
    浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 七戸 俊明
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 623 - 623 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 胆道癌に対する門脈合併切除を伴う肝膵同時切除の手術成績
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 浅野 賢道, 田中 公貴, 宮坂 大介, 川村 武史, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 979 - 979 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 胆道癌に対する大量肝切除術後の在院死を予測できる新しい肝不全診断基準
    川村 武史, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 988 - 988 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • Siewert type II食道胃接合部癌に対する胸腔鏡・腹腔鏡(Minimally invasive abdominal and left thoracic approach:MALTA)を用いた手術手技
    海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1153 - 1153 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 臨床から提唱するIPNBの定義
    中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 浅野 賢道, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2036 - 2036 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 消化器外科学教室における急性期外科医・外傷外科医の育成
    村上 壮一, 倉島 庸, 廣瀬 和幸, 川村 武史, 宮坂 大介, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2103 - 2103 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • 食道癌の術後合併症に対する術前予測スコアの検討
    齋藤 崇宏, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 啓佑, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2333 - 2333 (一社)日本外科学会 2018年04月
  • Saseem Poudel, Yuma Ebihara, Kimitaka Tanaka, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Journal of Minimal Access Surgery 14 2 149 - 153 2018年04月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Curative endoscopic resection of non-ampullary duodenal lesions, although possible, is challenging. In recent years, although a novel surgical technique named laparoscopic-endoscopic cooperative surgery (LECS), which combines laparoscopic and endoscopic techniques, has made the resection of nonampullary duodenal lesions relatively easier, closure of the defect is still controversial. We report two cases of the duodenal lesion which were closed using a novel technique for primary closure utilising the free wall of the duodenum. Two cases of the duodenal lesion in the second portion of the duodenum were undergone full thickness resection using the LECS technique. The defect is designed spirally to ensure maximum use of the free wall of the duodenum. The mucosal layer is closed using a running suture, and the seromuscular layer is closed using interrupted sutures. The suture line is then reinforced with omentum. There were no intraoperative complications and had uneventful post-operative courses with no leakage, stenosis, or relapse.
  • Toshihiro Kushibiki, Yuma Ebihara, Koji Hontani, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques 28 2 e49-e53 - e53 2018年04月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: We have reported the effectiveness of laparoscopy-assisted stomach-partitioning gastrojejunostomy Roux-en-Y reconstruction (LASPGJ-RY) for gastric outlet obstruction (GOO). The aim of this study was to evaluate the surgical outcomes of totally laparoscopic stomach-partitioning gastrojejunostomy Roux-en-Y reconstruction (TLSPGJ-RY) for GOO. MATERIALS AND METHODS: This retrospective study enrolled 19 consecutive patients with GOO. Surgical outcomes of LASPGJ-RY (LA group; n=8) and TLSPGJ-RY (TL group; n=11) between January 2004 and 2015 were compared. The patients' background characteristics, operative findings, postoperative complications, and period to starting postoperative chemotherapy were examined. RESULTS: Eligible cases included 6 patients with gastric cancer, 4 with pancreatic cancer, 4 with duodenal cancer, 4 with urologic malignancies, and 1 with benign duodenal stenosis. The patients' background characteristics were not significantly different. In surgical outcomes, there were no significant differences in operating time, bleeding, complications (≥Clavien-Dindo grade IIIA), and postoperative hospital stay between the groups. The time to resume diet was significantly shorter in the TL group (median, 3 d; range, 3 to 6 d) than in the LA group (median, 5 d; range, 3 to 7 d; P=0.0093), and the number of patients who could receive chemotherapy after surgery was significantly higher in the TL group (P=0.039). CONCLUSIONS: TLSPGJ-RY was a safe and feasible gastrojejunostomy procedure for GOO. TLSPGJ-RY might be useful for early resumption of oral intake after surgery.
  • Mariko Ogino, Yuma Ebihara, Akihiro Homma, Kimitaka Tanaka, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Journal of minimal access surgery 2018年03月23日 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: Pharyngo-laryngo-oesophagectomy (PLE) which is mainly indicated for cervical oesophageal cancer or synchronous double cancer of the thoracic oesophagus and the pharynx or larynx, is extremely invasive. Since minimally invasive oesophagectomy (MIE) using video-assisted thoracic surgery has become popular recently, the procedure can be adopted to PLE. Moreover, the use of the prone position (PP) in MIEs has been increasing recently because technical advantages and fewer post-operative complications were reported. To assess the validity of PP, this study compared surgical outcomes of minimally invasive PLE (MIPLE) in PP with that in the left lateral decubitus position (LLDP). PATIENTS AND METHODS: This study enrolled consecutive 15 patients that underwent MIPLE with LLDP (n = 7) or PP (n = 8) between January 1996 and October 2016. The patients' background characteristics, operative findings and post-operative complications were examined. RESULTS: Eligible diseases are 5 cases of cervical oesophageal cancer, 9 cases of synchronous double cancer of the thoracic oesophagus and head and neck and 1 case of cervical oesophageal recurrence of the head-and-neck cancer. The patients' background characteristics were not significantly different. During surgery, thoracic blood loss was significantly lower in PP than in LLDP (P = 0.0487). Other operative findings and post-operative complications were not significantly different between the two groups. CONCLUSIONS: In MIPLE, the PP could reduce blood loss due to the two-lung ventilation under artificial pneumothorax and was associated with lower surgical stress than LLDP.
  • 高齢者胃癌(80歳以上)に対する腹腔鏡下胃全摘術に関する検討 多施設共同後ろ向きコホート観察研究
    宮坂 大介, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 中村 文隆, 村川 力彦, 森田 高行, 奥芝 俊一, 平野 聡
    日本胃癌学会総会記事 90回 508 - 508 (一社)日本胃癌学会 2018年03月
  • Toshimichi Asano, Toru Nakamura, Takehiro Noji, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Yoshitsugu Nakanishi, Kimitaka Tanaka, Soichi Murakami, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Langenbeck's archives of surgery 403 2 195 - 202 2018年03月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: It has been reported that preoperative embolization or intraoperative reconstruction of the replaced right hepatic artery (rRHA) in order to secure the arterial blood flow to the liver and biliary tract are useful for patients who have undergone pancreaticoduodenectomy (PD) with concomitant rRHA resection. In this study, the feasibility of concomitant resection of rRHA in PD without preoperative embolization or intraoperative reconstruction were retrospectively evaluated with a particular focus on postoperative complications. METHODS: We retrospectively analyzed 323 consecutive patients who underwent PD. RESULTS: In 51 patients (15.8%), an rRHA was detected. Nine of 51 patients underwent combined rRHA resection during PD. Eight patients showed tumor abutment, and one patient had accidental intraoperative damage of the rRHA. Although there were no cases of bilioenteric anastomotic failure, a hepatic abscess occurred in one patient. This patient was treated with percutaneous transhepatic abscess drainage and was cured immediately without suffering sepsis. Postoperative complications of Clavien-Dindo classification ≥ IIIa were found in three patients, and R0 resection was achieved in six. Surgical outcomes showed no significant differences between the rRHA-resected and non-resected groups. Moreover, there were no significant differences in laboratory data related to liver functions between the rRHA-resected and non-resected groups before surgery and on postoperative days 1, 3, 5, and 7. CONCLUSIONS: Simple resection of the rRHA following an unintended or accidental injury during PD is not associated with severe morbidity and should be considered as an alternative to a technically difficult reconstruction.
  • Toru Yamada, Yoshitsugu Nakanishi, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Toru Nakamura, Takehiro Noji, Toshimichi Asano, Kimitaka Tanaka, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Tomoko Mitsuhashi, Satoshi Hirano
    Journal of gastroenterology and hepatology 33 9 1626 - 1633 2018年02月10日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND AND AIM: Lymph node metastasis is an important prognostic factor for intrahepatic cholangiocarcinoma (ICC), but accurate preoperative diagnosis is difficult. The aim of this study was to measure the concentration of serum carbohydrate antigen 19-9 (s-CA19-9) as a preoperative predictor of lymph node metastasis. METHODS: In our department, curative-intent hepatectomy for ICC has been performed only once the absence of metastases in para-aortic lymph nodes (PALN) has been confirmed from intraoperative frozen-section pathological examinations. The present study included 13 non-resected ICC patients with PALN metastasis (PALN group) and 44 resected ICC patients without PALN metastasis (non-PALN group). S-CA19-9 was examined to evaluate predictive performance for PALN metastasis and regional lymph node metastasis (pN1) from analysis of the receiver operating characteristic curve. In the non-PALN group, univariate and multivariate analyses for survival were performed on clinicopathological variables. RESULTS: From receiver operating characteristic curve analysis, s-CA19-9 showed good diagnostic accuracy for PALN metastasis (68%; cut-off, 200 U/mL) and pN1 (77%; cut-off, 100 U/mL). In univariate analysis, age (<65 years), s-CA19-9 (≥100 U/mL), portal vein resection, pN1, and positive resection margin (R1) were all identified as significant negative prognostic factors. Five-year survival rates of patients with high s-CA19-9 and pN1 were 6.9% and 7.3%, respectively. In multivariate analysis, high s-CA19-9 and R1 represented independent predictors of poor prognosis. CONCLUSIONS: Preoperative s-CA19-9 appears useful as a biomarker in patients with ICC, for predicting not only lymph node metastasis but also prognosis after surgical resection with curative intent.
  • Yuta Takeuchi, Yo Kurashima, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    International journal of surgery case reports 53 381 - 385 2018年 [査読有り][通常論文]
     
    INTRODUCTION: Abdominal intercostal hernia repair for huge incisional hernia after thoracoabdominal surgery involves a complex anatomical structure. Hence, it is difficult to apply the laparoscopic approach to large hernias in the lateral upper abdomen. Further the optimal approach to mesh exposure without infection after incisional hernia repair is still controversial. Herein, we describe our experience of repairing a huge abdominal intercostal hernia by mesh trimming and suture reconstruction for wound dehiscence. PRESENTATION OF CASE: A 73-year-old man presented with an incisional hernia in the left flank from just below the eight intercostal space to the transverse umbilical region 6 months after thoracoabdominal aortic aneurysm surgery. Computed tomography revealed an incisional hernia orifice of 17 × 13 cm located on the left flank around the ninth rib. We chose the open approach as treatment because the hernia orifice was large, and we created a mesh placement space in the extraperitoneal cavity and placed expanded polytetrafluoroethylene mesh there with 1-0 nonabsorbable monofilament suture. At postoperative day 26, we observed mesh exposure due to wound dehiscence. Mesh trimming and suture reconstruction for wound dehiscence was performed because there were no signs of wound infection. The postoperative course was uneventful including infection and dehiscence. The patient has been well without recurrence for 14 months since last operation. CONCLUSIONS: Optimal treatment for repair of a large abdominal intercostal hernia with thoracoabdominal location is necessary. Moreover, partial mesh removal may be one of the treatment options for mesh exposure if conditions are met.
  • Kuwabara Shota, Tsuchikawa Takahiro, Nakanishi Yoshitsugu, Asano Toshimichi, Noji Takehiro, Kurashima Yo, Ebihara Yuma, Murakami Soichi, Nakamura Toru, Okamura Keisuke, Shichinohe Toshiaki, Hirano Satoshi
    CANCER SCIENCE 109 710  2018年01月 [査読有り][通常論文]
  • Shota Kuwabara, Yuma Ebihara, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    BMC surgery 17 1 122 - 122 2017年12月02日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Primary malignant melanoma of the esophagus (PMME) is a rare disease with a poor prognosis. There are few reports of early-stage cases in which tumor invasion reached the lamina propria or muscularis mucosae, as in the present case. A standard treatment for early-stage PMME has not yet been established. The present study aimed to summarize previous reports and to discuss the indications for surgical treatment of early-stage primary malignant melanoma of the esophagus. CASE PRESENTATION: A 70-year-old woman with PMME was referred to our hospital. She underwent thoracoscopic and laparoscopic subtotal esophagectomy with lymphadenectomy. The resected specimen showed melanocytosis and junctional activity. Melanoma-specific antigens melan-A, S-100, and HMB45 were detected by immunohistochemical staining. The pathological diagnosis was pT1a-MM, pN0, pM0, and pStage IA. She remains alive without evidence of recurrence 39 months later. CONCLUSION: Subtotal esophagectomy with regional radical lymphadenectomy could be recommended to patients with early-stage primary malignant melanoma of the esophagus, and curative surgical resection could improve their prognosis.
  • 上野 峰, 海老原 裕磨, 京極 典憲, 田中 公貴, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子, 鯉沼 潤吉
    北海道医学雑誌 92 2 114 - 115 北海道医学会 2017年11月
  • 術前因子を用いた肝門部領域胆管癌術後死亡予測モデルのvalidation study
    野路 武寛, 植村 慧子, 川村 武史, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会雑誌 50 Suppl.2 524 - 524 (一社)日本消化器外科学会 2017年10月
  • 肝門部胆管癌術後の肝不全に対する新しい定義(ISGLSの定義との比較)
    川村 武史, 野路 武寛, 梅本 一史, 荻野 真理子, 佐藤 理, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会雑誌 50 Suppl.2 525 - 525 (一社)日本消化器外科学会 2017年10月
  • 術前因子を用いた肝門部領域胆管癌術後死亡予測モデルのvalidation study
    野路 武寛, 植村 慧子, 川村 武史, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会雑誌 50 Suppl.2 524 - 524 (一社)日本消化器外科学会 2017年10月
  • 肝門部胆管癌術後の肝不全に対する新しい定義(ISGLSの定義との比較)
    川村 武史, 野路 武寛, 梅本 一史, 荻野 真理子, 佐藤 理, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会雑誌 50 Suppl.2 525 - 525 (一社)日本消化器外科学会 2017年10月
  • Yo Kurashima, Hidehiko Kitagami, Koichi Teramura, Yusuke Watanabe, Saseem Poudel, Yuma Y. E. Ebihara, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS 225 4 E152 - E152 2017年10月 [査読有り][通常論文]
  • Akio Tsutaho, Toru Nakamura, Toshimichi Asano, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Takehiro Noji, Yoshitsugu Nakanishi, Kimitaka Tanaka, Soichi Murakami, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Toshiaki Shichinohe, Yoichi M Ito, Satoshi Hirano
    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract 21 10 1635 - 1642 2017年10月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Delayed gastric emptying (DGE) is one of the most common morbidities of pancreaticoduodenectomy (PD). The aim of this study was to clarify whether the incidence of DGE can be reduced by side-to-side gastric greater curvature-to-jejunal anastomosis in subtotal stomach-preserving pancreaticoduodenectomy (SSPPD). METHODS: The clinical data of 253 patients who had undergone PD were examined. Of a total of 188 patients who had undergone SSPPD, a gastrojejunostomy (GJ) was performed with end-to-side anastomosis in 87 patients (SSPPD-ETS group), and a GJ was performed with a greater curvature side-to-jejunal side anastomosis in 101 patients (SSPPD-STS group). After propensity score matching, the matched cohort consisted of 74 patients in each group. The postoperative data were evaluated according to the International Study Group of Pancreatic Surgery grade of DGE. RESULTS: The total incidence of DGE was 9.4% in the SSPPD-ETS group and 4% in the SSPPD-STS group, with no significant difference (p = 0.1902). A significant difference was observed between the two groups in the incidence of DGE grade C (p = 0.0426). CONCLUSIONS: The incidence of total DGE was not reduced statistically in the STS group compared with the ETS group, but reduced DGE grade C. Side-to-side anastomosis might be associated with a reduced incidence of DGE grade C.
  • Kimitaka Tanaka, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Langenbeck's archives of surgery 402 6 995 - 1002 2017年09月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Proximal early gastric cancer is a good indication for totally laparoscopic proximal gastrectomy (TLPG) with double-tract reconstruction (DTR). However, when most of the dietary intake passes through the escape route of the jejunum, the functional benefits of proximal gastrectomy might be similar to those after total gastrectomy. Our DTR procedure was improved for easy passage through the remnant stomach. The purposes of this study were to present a novel technique for intracorporeal DTR using linear staplers after TLPG and to investigate surgical outcomes. METHODS: DTR was performed using linear staplers only. A side-to-side jejunogastrostomy with twisting of both the remnant stomach and the anal jejunum was performed for the purpose of passing meals through the remnant stomach (an oblique jejunogastrostomy technique). The ten patients who underwent TLPG with DTR from January 2011 to August 2016 in Hokkaido University Hospital were retrospectively reviewed. Their clinicopathological characteristics and surgical and postoperative outcomes were collected and analyzed. RESULTS: The median duration of operation was 285 (range 146-440) min. No patients required blood transfusions. The number of dissected lymph nodes was 32 (range 22-56). There were no intraoperative complications, and no cases were converted to open surgery. All the patients were pT1N0M0 stage IA. No anastomotic leakage or complications were detected. Postoperative gastrography after reconstruction showed that contrast medium flowed mainly to the remnant stomach. The average percentage body weight loss was 14.0 ± 7.1% at 10 months. The average percentage decrease in serum hemoglobin was 5.4 ± 10.4% at 12 months. CONCLUSIONS: This novel technique for intracorporeal DTR provided a considerable advantage by the passage of dietary intake to the remnant stomach after LPG.
  • Naoya Fukuda, Toshiaki Shichinohe, Yuma Ebihara, Yoshitsugu Nakanishi, Toshimichi Asano, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Satoshi Hirano
    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques 27 3 179 - 182 2017年06月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: To assess the validity of esophagectomy with the patient in the prone position (PP), the short-term surgical results of PP and hand-assisted thoracoscopic surgery (HATS) were compared. METHODS: This study enrolled 127 patients who underwent esophagectomy with HATS (n=91) or PP (n=36) between October 1999 and September 2014. The patients' background characteristics, operative findings, and postoperative complications were examined. RESULTS: The patients' background characteristics were not significantly different. During surgery, total and thoracic blood loss were significantly lower in PP than in HATS (P<0.0001, <0.0001). Other operative findings were not significantly different between the 2 groups. Postoperatively, recurrent nerve palsy was significantly less frequent in PP than in HATS (P=0.049). In the comparison between the recurrent nerve palsy-positive and palsy-negative groups, sex (male) and preoperative respiratory comorbidity (negative) were significantly correlated with recurrent nerve palsy. CONCLUSIONS: In thoracoscopic esophagectomy, the PP was associated with lower surgical stress than HATS, with equal operative performance oncologically. The PP could prevent recurrent nerve palsy because of the magnified view effect.
  • Takeo Nitta, Toru Nakamura, Tomoko Mitsuhashi, Toshimichi Asano, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Eiji Tamoto, Soichi Murakami, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Yoshitsugu Nakanishi, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgery today 47 4 490 - 497 2017年04月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: The tumor-node-metastasis (TNM) classification defines R1 as the presence of tumor cells at the resection margin, while the current Royal College of Pathologists guidelines for pancreaticoduodenectomy specimens regard the presence of tumor cells within 1 mm from the resection margin as R1 (the "1-mm rule"). The aims of this study were to investigate the resection margin status of pancreatic head cancer retrospectively according to both the TNM and 1-mm rule classifications, and to evaluate the postoperative survival and tumor recurrence patterns. METHODS: A total of 117 patients with pancreatic head cancer were the subjects of this study. RESULTS: R11-mm rule resection was associated with a significantly worse disease-free survival (DFS) than R01-mm rule resection (p = 0.0259), while R1TNM had no impact on DFS. R11-mm rule resection margin status correlated with the incidence of tumor recurrence in the liver (p = 0.0483). In a multivariate analysis, R11-mm rule resection was the independent variable for predicting poor DFS (hazard ratio 1.71; p = 0.0289). CONCLUSIONS: R1 resection margin status determined by the 1-mm rule may be an independent indicator for predicting disease recurrence, especially liver metastasis. These results may be useful for selecting the appropriate adjuvant therapy protocol and conducting strict surveillance in PDAC patients.
  • Saseem Poudel, Yo Kurashima, Yusuke Watanabe, Yuma Ebihara, Eiji Tamoto, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgical endoscopy 31 3 1111 - 1118 2017年03月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Various studies have shown the benefit of three-dimensional (3D) systems over two-dimensional (2D) systems in laparoscopic surgery. However, a few studies have shown the impact of proficiency-based training and transferability of the skills from 2D to 3D system and vice versa. PURPOSE: The purpose of this study was to investigate the impact of 2D and 3D environments on the time taken by novice trainees to learn basic laparoscopic skills and the transferability of the skills learnt in one environment to another. METHODS: Medical students with no prior experience in training of laparoscopic tasks were randomly assigned to 2D or 3D groups. Both groups were trained in peg transfer and intracorporeal suture of Fundamentals of Laparoscopic Surgery (FLS) program until they attained predefined benchmarks. The practice times taken to reach the goal were compared. After they had reached the goal, all the participants were asked to repeat these tasks under both 2D and 3D environments. Their scores in both of the environments were compared. RESULTS: Eighty-eight participants were randomly assigned to 2D (n = 44) or 3D (n = 44) training groups. There was no difference between the backgrounds of both groups. The 3D training group was faster in reaching its goal in both tasks (p < 0.001 and p = 0.007, respectively). After reaching the goal, both groups were faster in the 3D environment in peg transfer (p = 0.04, p = 0.012). In intracorporeal suture, the 2D training group had similar scores in both the environments (p = 0.32), but the 3D group was slower in the 2D environment (p = <0.001). CONCLUSION: The 3D environment helped shorten the training time of basic laparoscopic skills to novices. However, the novices trained in the 3D environment failed to transfer their skills to the 2D environment.
  • Toshiaki Shichinohe, Takeshi Sasaki, Shuji Kitashiro, Takayuki Morita, Koichi Ono, Naoto Senmaru, Junichi Ikeda, Tetsufumi Kojima, Noriaki Kyogoku, Hidehisa Yamada, Nagato Sato, Kentaro Kato, Soichi Murakami, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Eiji Tamoto, Takehiro Noji, Toru Nakamura, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Satoshi Hirano
    Surgery today 47 2 166 - 173 2017年02月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: An amino acid-containing elemental diet (ED) does not require digestion for nutritional absorption, making it a good option for patients with gastrointestinal malabsorption. We conducted a randomized trial to confirm that perioperative ED enhanced the recovery of patients undergoing laparoscopic colectomy. METHODS: Patients in the intervention arm received commercially available ED from the day prior to surgery until postoperative day (POD) 3, whereas patients in the control group received a conventional perioperative diet program. To verify the endpoints, "estimated minimum length of stay in hospital after surgery" (emLOS) was defined as the number of days necessary to reach all the five criteria; namely, "sufficient oral intake", "sufficient pain control", "withdrawal of intravenous alimentation", "no abnormal findings in routine examinations", and "no rise in fever". RESULTS: A total of 102 patients were randomized, 94 of whom were analyzed (ED 45, control 49). There was no morbidity or mortality. Shorter emLOS (POD 4 vs. POD 7; p = 0.018), earlier resumption of sufficient oral intake (POD 3 vs. POD 4; p = 0.034) and faster recovery to defecation (2.2 vs. 3.1 days; p = 0.005) were observed in the ED group vs. the control group. CONCLUSIONS: The perioperative ingestion of ED by patients undergoing laparoscopic colectomy is safe and can reduce the postoperative hospital stay by supporting the acceleration of oral intake.
  • Dai Miyazaki, Toshiaki Shichinohe, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Takehiro Noji, Toru Nakamura, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Satoshi Hirano
    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques 27 1 19 - 23 2017年02月 [査読有り][通常論文]
     
    PURPOSE: We developed laparoscopic-assisted rectus sheath block (LRSB) as a novel technique and report on its safety and effectiveness. METHODS: Patients were randomly enrolled to an LRSB or control group (n=19 each). In the LRSB group, after the umbilical wound was closed, local anesthetic was injected transcutaneous at each of 4 sites (3 cm above and below the umbilicus bilaterally) with 10 mL of 0.25% levobupivacaine, laparoscopically. The control group received conventional postoperative pain management. The primary endpoint was visual analogue scale (VAS) pain score at the end of surgery. Secondary endpoints were VAS and Prince Henry pain scale after surgery, number of administrations of analgesics, and side effects of anesthesia. RESULTS: No significant differences in background were seen between groups. VAS at the end of surgery was significantly lower in the LRSB group than in controls (P<0.01). VAS and Prince Henry pain scale were significantly lower in the LRSB group from soon after surgery to postoperative day 2. No complications related to LRSB were encountered. CONCLUSIONS: LRSB was particularly effective at the end of surgery and pain scores were significantly lower in the LRSB group long after surgery. Our study shows LRSB is effective and safe for laparoscopic abdominal surgery.
  • Toru Nakamura, Satoshi Hirano, Takehiro Noji, Toshimichi Asano, Keisuke Okamura, Takahiro Tsuchikawa, Soichi Murakami, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Yoshitsugu Nakanishi, Kimitaka Tanaka, Toshiaki Shichinohe
    Annals of surgical oncology 23 Suppl 5 969 - 975 2016年12月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Recently, distal pancreatectomy with en bloc celiac axis resection (DP-CAR) or modified Appleby procedure for locally advanced pancreatic body cancer is increasingly reported. However, actual long-term survival data are still unknown. METHODS: This study retrospectively reviewed 80 consecutive patients with pancreatic body cancer who underwent DP-CAR at a single institution. RESULTS: The study included 40 men and 40 women with a median age of 65 years (range, 44-85 years). A pancreatic fistula was the most common complication, occurring in 47 patients (57.5 %). Other complications with a high incidence were ischemic gastropathy (23 patients, 28.8 %) and delayed gastric emptying (20 patients, 25 %). According to the Clavien-Dindo classification, the major complications, defined as complications of grade 3 or higher, were observed in 33 patients (41.3 %), and the in-hospital mortality involved four patients (5 %). For all 80 patients, the 1-, 2-, and 5-year overall survivals (OSs) were respectively 81.1, 56.9, and 32.7 %, and the median survival time was 30.9 months. The actual 5-year survival for the 61 patients whose surgery was performed five or more years earlier was 27.9 % (17 of 61). The 1-, 2-, and 5-year OSs for the patients who underwent preoperative therapy (100, 90, and 78.8 %) were significantly better than for those who underwent upfront surgery (77.9, 51.5, and 26.7 %; P < 0.0001). CONCLUSIONS: The findings show DP-CAR to be a valid procedure for treating locally advanced pancreatic body cancer, which might contribute more to patients' survival when performed as part of multidisciplinary treatment.
  • 肝門部領域癌に対する肝動脈合併切除の成績 プロペンシティスコアマッチ解析による検討
    野路 武寛, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 中村 透, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡
    日本消化器外科学会雑誌 49 Suppl.2 195 - 195 (一社)日本消化器外科学会 2016年11月
  • Yoshitsugu Nakanishi, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toru Nakamura, Eiji Tamoto, Soichi Murakami, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Takehiro Noji, Toshimichi Asano, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    Surgery 159 6 1511 - 1519 2016年06月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: The aim of this study was to determine the impact of the site of portal vein invasion on survival after hepatectomy for perihilar cholangiocarcinoma. METHODS: This study classified 168 patients undergoing resection for perihilar cholangiocarcinoma histologically as without portal vein resection or tumor invasion to the portal vein (PV0), with tumor invasion to unilateral branches of the portal vein (PVt3), or with tumor invasion to the main portal vein or its bilateral branches, or to unilateral second-order biliary radicals with contralateral portal vein involvement (PVt4). Patients in PVt4 were subclassified into the A-M group (cancer invasion limited to the tunica adventitia or media) or the I group (cancer invasion reaching the tunica intima). RESULTS: Of the patients, 121 were in PV0, 21 were in PVt3, and 26 were in PVt4. There was no difference in survival between the PV0 and PVt3 groups (P = .267). The PVt4 group had a worse prognosis than the PVt3 group (P = .046). In addition, the A-M (n = 19) and I subgroups (n = 7) of PVt4 had worse prognoses than the PV0 or PVt3 groups (P = .005 and < .001, respectively). All patients in the I subgroup of PVt4 died within 9 months after resection. On multivariate analysis, PVt4 (P = .029) was identified as an independent prognostic factor. CONCLUSIONS: In perihilar cholangiocarcinoma, postoperative survival was no different between patients with and without ipsilateral portal vein invasion, although patients with tumor invasion to the main or contralateral branches of the portal vein, especially with tunica intima invasion, had extremely poor prognoses.
  • Toshiaki Shichinohe, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Yo Kurashima, Naoya Fukuda, Saseem Poudel, Dai Miyazaki, Takahiro Tsuchikawa, Satoshi Hirano
    ESOPHAGUS 13 2 229 - 233 2016年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Anastomotic leakage is one of the major complications that can occur after an esophagectomy. We report on the advantages of a computer-controlled portable vacuum pump system, Thopaz(A (R)), for intraluminal continuous decompression and drainage in the non-surgical management of cervical anastomotic leakage. Continuous decompression with negative pressure of 20 cm H2O was set at the anastomotic leakage point by a naso-gastric tube or a trans-gastric decompression tube. The drainage effect was confirmed by swallowing contrast media under fluoroscopy. Three successive cases with postoperative anastomotic leakage received this treatment. The treatments were successful without complication and the leakages were healed 7, 15, and 17 days after the treatments, respectively. The management of anastomotic leakage using the portable pump system was beneficial in bringing about a prompt healing with minimum intervention. To further demonstrate the advantage of this procedure over conventional treatments, a larger data set and clinical trials are required.
  • Yo Kurashima, Yusuke Watanabe, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    American journal of surgery 211 2 405 - 10 2016年02月 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Currently, Japan does not have a national standardized program for surgical residency. Therefore, surgical education information and strategies are not shared among teaching hospitals. This was the first study aiming to clarify the current situation of surgical residency in Japan. METHODS: A questionnaire survey investigating the present situation of surgical residency was sent to the 76 teaching hospitals in Hokkaido Prefecture, Japan. RESULTS: The response rate was 64.5%. Data from the 36 hospitals with active residency programs were analyzed. Most of the program directors (79.4%) were in charge of educational work for less than 5 hours per week. Although half of the hospitals had skills laboratories or simulation centers, only 2 used them routinely for their residency program. Half of the hospitals evaluated the residents' competency and the quality of their educational programs. CONCLUSIONS: Structured programs and evaluation systems have not been integrated well into surgical residency in Japan.
  • Yuma Ebihara, Shunichi Okushiba, Yo Kurashima, Takehiro Noji, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Eiji Tamoto, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    LANGENBECKS ARCHIVES OF SURGERY 400 8 967 - 972 2015年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose A recently developed endoscopic mucosal resection (EMR) procedure, endoscopic submucosal dissection (ESD), makes en bloc resection possible for mucosal cancer regardless of lesion size. ESD involves deeper and wider dissection of the gastric wall and may therefore increase the difficulty of subsequent totally laparoscopic gastrectomy (TLG) and the risk of complications. However, the influence of ESD on subsequent TLG has yet to be demonstrated. The purpose of the present study was to clarify the influence of ESD on subsequent TLG. Methods Between March 2006 and December 2013, we retrospectively collected data of 38 patients undergoing TLG with ESD (ESD group) and propensity score-matched 38 patients undergone TLG without ESD (non-ESD group) for treatment of gastric cancer at Tonan Hospital and Hokkaido University Hospital. The covariates for propensity score matching were as follows: age, sex, American Society of Anesthesiologists score, body mass index, and type of surgery. Clinicopathologic characteristics and surgical outcomes were compared between the two groups. Results Operative times for TLG in ESD group and non-ESD group were 228.2 +/- 53.9 and 228.1 +/- 52.7 min (P=0.989), and blood loss was 45.7 +/- 83.0 and 71.3 +/- 74.5 g, respectively (P=0.161). There were no significant differences between the groups of ESD and non-ESD in postoperative recovery and postoperative complications. In totally laparoscopic distal gastrectomy (TLDG), the patients with ESD-resected specimens of more than 50 mm in diameter had significantly longer operative times (P=0.009). Conclusions In this study, TLG is a feasible procedure treatment of gastric cancer regardless of ESD. However, TLDG is more difficult in cases where the ESD-resected specimen is more than 50 mm in diameter.
  • Kazuho Inoko, Takahiro Tsuchikawa, Takehiro Noji, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Eiji Tamoto, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    World journal of gastroenterology 21 38 10926 - 30 2015年10月14日 [査読有り][通常論文]
     
    This report describes a rare case of hilar cholangiocarcinoma with intratumoral calcification that mimicked hepatolithiasis. A 73-year-old man presented to a local hospital with a calcified lesion in the hepatic hilum. At first, hepatolithiasis was diagnosed, and he underwent endoscopic stone extraction via the trans-papillary route. This treatment strategy failed due to biliary stricture. He was referred to our hospital, and further examination suggested the existence of cholangiocarcinoma. He underwent left hepatectomy with caudate lobectomy and extrahepatic bile duct resection. Pathological examination revealed hilar cholangiocarcinoma with intratumoral calcification, while no stones were found. To the best of our knowledge, only one case of calcified hilar cholangiocarcinoma has been previously reported in the literature. Here, we report a rare case of calcified hilar cholangiocarcinoma and reveal its clinicopathologic features.
  • Kazuho Inoko, Yuma Ebihara, Keita Sakamoto, Noriyuki Miyamoto, Yo Kurashima, Eiji Tamoto, Toru Nakamura, Soichi Murakami, Takahiro Tsuchikawa, Keisuke Okamura, Toshiaki Shichinohe, Satoshi Hirano
    SURGICAL LAPAROSCOPY ENDOSCOPY & PERCUTANEOUS TECHNIQUES 25 4 E122 - E125 2015年08月 [査読有り][通常論文]
     
    Background:Laparoscopic spleen-preserving distal pancreatectomy (LSPDP) is an ideal procedure in selected patients with benign or low-grade malignant tumors in the body/tail of the pancreas. We describe our procedure and experience with splenic vessel-preserving LSPDP (SVP-LSPDP) in a retrospective case series.Methods:Six consecutive patients underwent SVP-LSPDP from January 2011 to September 2013. We evaluated the courses of the splenic artery by preoperative computed tomography and applied an individualized approach (the superior approach or inferior approach) to the splenic artery.Results:All of the operations were successful. The median surgical duration was 249 minutes. The median blood loss was 0 mL. Pathologic examination revealed 4 cases of insulinoma, 1 case of solid pseudopapillary tumor, and 1 case of pancreatic metastasis from renal carcinoma.Conclusions:In performing SVP-LSPDP, it is effective to make a strategic choice between 2 different approaches according to the course of splenic artery.
  • Toshiaki Shichinohe, Yuma Ebihara, Soichi Murakami, Yo Kurashima, Taro Kuramae, Motoshi Kanai, Joe Matsumoto, Takahiro Tsuchikawa, Masanobu Kusano, Satoshi Hirano
    ESOPHAGUS 12 3 304 - 308 2015年07月 [査読有り][通常論文]
     
    We present a case of acute esophageal necrosis (AEN) and two acquired esophageal stenosis cases which showed a similar clinical course after an episode of septic shock. Extensive stenosis of the distal esophagus developed in all cases, which were refractory to dilation therapy and required surgical intervention. The etiology of the latter two cases was deduced from the stenosis after septic shock-induced AEN. Since the diagnosis of AEN is based on its characteristic endoscopic findings which can only be confirmed at the onset of the disease, we therefore called these cases "septic shock-related esophageal stenosis" or abbreviated to "septic esophageal stenosis". Further study of similar cases is required for understanding the etiology and management of AEN and the relevant disorder which may cause esophageal stenosis.
  • Takahiro Tsuchikawa, Satoshi Hirano, Keisuke Okamura, Joe Matsumoto, Eiji Tamoto, Soichi Murakami, Toru Nakamura, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Toshiaki Shichinohe
    EXPERT REVIEW OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY 9 3 369 - 374 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    With the improvement of perioperative management and surgical techniques as well as the accumulation of knowledge on the oncobiological behavior of bile duct carcinoma, the long-term prognosis of hilar cholangiocarcinoma has been improving. In this article, the authors review the recent developments in surgical strategies for hilar cholangiocarcinoma, focusing on diagnosis for characteristic disease extension, perioperative management to reduce postoperative morbidity and mortality, surgical techniques for extended curative resection and postoperative adjuvant therapy.
  • Takahiro Tsuchikawa, Satoshi Hirano, Toru Nakamura, Keisuke Okamura, Eiji Tamoto, Soichi Murakami, Yo Kurashima, Yuma Ebihara, Toshiaki Shichinohe
    HEPATO-GASTROENTEROLOGY 62 138 455 - 458 2015年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Background/Aims: Advanced pancreatic body carcinoma frequently accompany extra-pancreatic nerve plexus (PL) invasion, one of the poor indicator of patient prognosis. The present study aimed to reveal the progress of the PL invasion from cancer of the pancreas body toward the root of the celiac artery (CA) and superior mesenteric artery (SMA) followed by investigation of the relevance of diagnostic accuracy Methodology: Resected specimens from 50 consecutive patients who underwent distal pancreatectomy with en bloc celiac axis resection (DP-CAR) were pathologically analyzed for the direction of PL invasion. Diagnostic accuracy on CT imaging were also investigated. Results: Thirty seven of the 50 patients (74%) were positive for PL invasion around the CHA,SPA,CA and SMA. In terms of the diagnostic accuracy, positive predictive values for the PL invasion were 35%, 36%, 43% and 81% for the SPA, CHA, CA and SMA, respectively. Among 21 patients and 23 patients with PL invasion around CHA and SPA, 13 and 6 patients also accompanied PL invasion around CA, respectively. Conclusions: Carcinoma of the pancreatic body is found to frequently accompany PL invasion around CA. Under the limitation of low diagnostic accuracy, DP-CAR might be feasible operation that increase's the possibility of R0 resection.
  • Satoshi Hayama, Satoshi Hirano, Nagato Sato, Yuma Ebihara, Yo Kurashima, Soichi Murakami, Eiji Tamoto, Toru Nakamura, Joe Matsumoto, Takahiro Tsuchikawa, Eiichi Tanaka, Toshiaki Shichinohe
    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY 13 29 - 29 2015年02月 [査読有り][通常論文]
     
    This report describes a case of a patient with a large solid gallbladder adenocarcinoma that was completely resected through aggressive surgery. The patient was a 57-year-old woman who had been diagnosed with advanced gallbladder cancer, had no indications for surgical resection and was scheduled to undergo systemic chemotherapy. She presented to our hospital for a second opinion. At the time of assessment, her tumor was large but was well-localized and had not invaded into the surrounding tissues, indicating that surgical resection was a reasonable option. Subsequently, the tumor was completely extracted via right hepatectomy with en bloc resection of the caudate lobe and extrahepatic bile duct. Histopathologically, the tumor was a solid adenocarcinoma. Although there are relatively few reports in the literature regarding solid gallbladder adenocarcinoma, well-localized growth appears to be a characteristic feature. On the basis of a tumor's progression behavior, aggressive surgical treatment might be indicated even when the tumor has grown to a considerable size.
  • Kashima R, Murakami S, Koyama D, Nakamura K, Matsukawa M
    IEEE transactions on ultrasonics, ferroelectrics, and frequency control 61 6 1024 - 1032 2014年06月 [査読有り][通常論文]
  • Takumi Yamabuki, Makoto Omi, Atsuya Yonemori, Satoshi Hayama, Soichi Murakami, Hitoshi Inomata, Michio Mori, Kazuyoshi Nihei
    SURGERY TODAY 41 9 1284 - 1289 2011年09月 [査読有り][通常論文]
     
    We report an unusual case of goblet cell carcinoid (GCC) of the rectum. A 75-year-old man was admitted to our hospital with anal bleeding, and a hard tumor was felt on the anterior wall of the lower rectum during rectal examination. We performed colonoscopy, and found a 30-mm type 2 tumor in the lower rectum and anal canal. Histological examination of biopsies revealed rectal adenocarcinoma. Based on these findings, we diagnosed rectal adenocarcinoma and performed Miles' operation with lymph node dissection. Histological examination revealed an invasive lesion composed of signet-ring-like cells. Seven regional lymph node metastases were seen microscopically. The tumor produced copious mucin, which was stained with Alcian blue. Immunohistochemistry was positive for synaptophysin, chromogranin A, CD56, carcinoembryonic antigen, p53, Ki-67, E-cadherin, and cytokeratin 20. The final diagnosis was GCC of the rectum.
  • Soichi Murakami, Makoto Omi, Atsuya Yonemori, Takumi Yamabuki, Satoshi Hayama, Hitoshi Inomata, Kazuyoshi Nihei, Toshie Yonehara, Shigeharu Sugimoto, Yuji Hori, Yasunori Fujisawa
    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy 38 1 139 - 141 2011年 [査読有り][通常論文]
     
    We report a case of torsion of ovarian carcinoma pedicle during chemotherapy with bevacizumab and FOLFIRI. A 47-year-old female who had undergone laparoscopic-assisted sigmoidectomy for sigmoid cancer with multiple metastatic liver tumors, was treated with 3 courses of FOLFOX4 and 9 courses of FOLFIRI. Bevacizumab (BV) was started to administer with FOLFIRI since a CT scan had revealed that metastatic liver tumors had enlarged. Four days after final administration of BV (13th course), she presented lower abdominal pain. CT scan showed an enlarged right ovary sized 20 cm, but no findings suggesting bowel perforation therefore we assumed her pain was due to enlarged ovarian tumor, which might be metastasis from sigmoid cancer. Increased oral morphine could not relieve her pain. Then, along with sufficient information about the risks of the operation caused by BV, we proposed an operation to remove her enlarged ovary. Day 16 after final administration of BV, we undertook a laparotomy by lower median incision, and found a twisted right adnex with large necrotic ovarian tumor. Pathologists diagnosed the ovarian tumor as primary ovarian cancer. No complication related to BV occurred, and she was moved to the ward for internal medicine 13 days after operation.
  • H Uehara, M Miyamoto, K Kato, Y Cho, T Kurokawa, S Murakami, A Fukunaga, Y Ebihara, H Kaneko, H Hashimoto, Y Murakami, T Shichinohe, Y Kawarada, T Itoh, S Okushiba, S Kondo, H Katoh
    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY 92 2 109 - 115 2005年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Background: The human Mut-L-Homologon-1 (MLH1) and Mut-S-Homologon-2 (MSH2) are post replication mismatch repair (MMR) genes. Methods: We examined the correlation of the clinical features of 122 patients with esophageal squamous cell carcinoma (ESCC) with the expression of MLHI and MSH2 by immunohistochemical analysis. Results: According to our criteria, 34 and 25 cases did not express MLHI and MSH2, respectively. Expression of both the MLHI and MSH2 gene products was observed in 73 (59.8%) cases; loss of MLH1 or MSH2 expression was detected in 35(28.7%) cases. Fourteen (11.5%) cases demonstrated loss of both MLHI and MSH2 expression in ESCC. Loss of MLH1 and/or MSH2 gene expression significantly correlated with increases in malignancy, as evidenced by increases in the existence of metastatic lymph nodes (P = 0.0056), extensive invasion (P = 0.0007), and poor differentiation (P = 0.0992). The MLH1-negative patients had a significantly poorer prognosis than those in the MLH1-positive group (P = 0.0043). Similar results were observed for MSH2 expression (P = 0.0002). Patients both MLH1 and MSH2 negative exhibited the most poor clinical outcome than other patients (P < 0.0001). Conclusion: We conclude that MMR protein expression, detected by immunohistochemistry, is a useful marker providing information necessary to decide appropriate therapeutic strategies in patients with ESCC.
  • Y Ebihara, M Miyamoto, A Fukunaga, K Kato, T Shichinohe, Y Kawarada, T Kurokawa, Y Cho, S Murakami, H Uehara, H Kaneko, H Hashimoto, Y Murakami, T Itoh, S Okushiba, S Kondo, H Katoh
    BRITISH JOURNAL OF CANCER 91 1 119 - 123 2004年07月 [査読有り][通常論文]
     
    This is the first report to correlate DARPP-32 immunoreactivity (dopamine and cAMP-regulated phosphoprotein, M-r 32 000) to clinicopathological status in human cancer. DARPP-32 is recognised as a neuronal protein. A recent study demonstrated that DARPP-32, and a truncated isoform t-DARPP, are overexpressed in gastric carcinoma during the process of carcinogenesis. The biological function of DARPP-32, however, is still unclear. The purpose of this study was to clarify the roles of DARPP-32 and t-DARPP in oesophageal squamous cell carcinoma (OSCC). Initially, we investigated DARPP-32 and t-DARPP expression in OSCC cell lines by Reverse transcription-polymerase chain reaction and Western blot. DARPP-32 expression was observed in four out of seven (57.1%) cell lines, but t-DARPP expression was not observed in any cell lines. In oesophageal tissue sample, DARPP-32 expression was observed in four out of seven (57.1%) tumour tissues, while t-DARPP was not observed in any tissues. Subsequently, DARPP expression was assessed by immunohistochemistry, using a polyclonal antibody, in tissue sections from 122 patients with primary OSCC. DARPP immunoreactivity was not observed in any normal oesophageal mucous membranes. On the other hand, positive DARPP immunostaining was detected in 37 patients (30.3%) and correlated inversely with pathologic stage (P = 0.0284), pT (P = 0.0438), pN (P = 0.0303) and tumour size (P = 0.012). The overall survival rate was worse in patients with DARPP-negative tumours than in patients with DARPP-positive tumours (P = 0.0453). Interestingly, DARPP expression was observed in only one out of 45 cases of dysplasia. These observations suggest that DARPP-32 (rather than t-DARPP) expression arises after a phase of dysplasia in OSCC, and that tumours expressing DARPP-32 progress less rapidly than DARPP-32-negative tumours.
  • Y Ebihara, M Miyamoto, T Shichinohe, Y Kawarada, Y Cho, A Fukunaga, S Murakami, H Uehara, H Kaneko, H Hashimoto, Y Murakami, T Itoh, S Okushiba, S Kondo, H Katoh
    DISEASES OF THE ESOPHAGUS 17 2 150 - 154 2004年 [査読有り][通常論文]
     
    The transcription factor E2F-1, a downstream regulator of the p16-cyclinD-Rb pathway, is required for cell cycle progression. Evidence shows that overexpression of E2F-1 can either promote or inhibit the development of tumors, depending on tissue or experimental conditions. However, the clinical impact of E2F-1 expression on esophageal squamous cell carcinoma (ESCC) remains unknown. To analyze E2F-1 expression in ESCC, we investigated the immunoreactivity of E2F-1 and its correlation with clinicopathological features in 122 patients who underwent surgical resection for ESCC. Positive E2F-1 immunostaining was detected in 73 patients (59.8%). Positive E2F-1 immunostaining correlated positively with pathologic stage (P = 0.0103), p-Grade (P = 0.0014) and pT (P = 0.0192). The overall survival rate was worse in patients with E2F-1-positive tumors than in patients with E2F-1-negative tumors (P = 0.0290). Over-expression of E2F-1 is associated with tumor progression and a worse prognosis after surgery in ESCC.
  • A Fukunaga, M Miyamoto, Y Cho, S Murakami, Y Kawarada, T Oshikiri, K Kato, T Kurokawa, M Suzuoki, Y Nakakubo, K Hiraoka, T Itoh, T Morikawa, S Okushiba, S Kondo, H Katoh
    PANCREAS 28 1 E26 - E31 2004年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Objective: Recent studies have demonstrated the importance of tumor immunity for a cancer patient's prognosis. In some types of cancer, it has been shown through immunohistochemical analysis that the existence of CD8(+) tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) is a crucial factor in determining prognosis. In an experimental model, CD4(+) lymphocytes together with CD8(+) lymphocytes contributed significantly to tumor immunity. Methods: Specimens were taken from 80 surgically resected pancreatic adenocarcinomas between 1992 and 1999. Immunohistochemical staining of CD4, CD8, and S100 protein was performed, and the levels of these proteins were determined by microscopic analysis. The percentages of patients in the CD4(+) and CD8(+) groups were 59% (47/80) and 25% (16/80), respectively. When separated into 4 groups, CD4/8(+/+), CD4/8(+/-), CD4/8(-/+) and CD4/8(-/-), the overall survival rate was significantly higher in CD4/8(+/+) patients ( 13 cases) compared with those in all other groups combined ( 67 cases; P=0.0098). CD4/8(+/+) status was negatively correlated with tumor depth and TNM stage. Multivariate analyses showed that CD4/8(+/+) status was an independent favorable prognostic factor. The number of tumor-infiltrating S100 protein positive cells was also significantly higher in the CD4/8(+/+) group than in others (P=0.0084). Conclusions: In pancreatic adenocarcinoma, the presence of CD4(+) TILs together with CD8(+) TILs serves as a good indicator of the patient's outcome after surgical treatment.
  • Murakami S, Miyamoto M, Hida Y, Cho Y, Fukunaga A, Oshikiri T, Kato K, Kurokawa T, Suzuoki M, Nakakubo Y, Hiraoka K, Itoh T, Shinohara T, Morikawa T, Okushiba O, Kondo S, Katoh H
    British journal of cancer 88 1234 - 1238 8 2003年04月 [査読有り][通常論文]
  • Y Cho, M Miyamoto, K Kato, A Fukunaga, T Shichinohe, Y Kawarada, Y Hida, T Oshikiri, T Kurokawa, M Suzuoki, Y Nakakubo, K Hiraoka, S Murakami, T Shinohara, T Itoh, S Okushiba, S Kondo, H Katoh
    CANCER RESEARCH 63 7 1555 - 1559 2003年04月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of this study is to clarify the roles of immune cell types, both individually and synergistically, in esophageal squamous cell carcinoma (ESCC). One hundred and twenty-two patients (105 males and 17 females; mean age, 62.3 years) with primary ESCC underwent surgical tumor resection at the Department of Surgical Oncology, School of Medicine, Hokkaido University and two affiliated hospitals between 1989 and 1999. Immunohistochemical analyses were performed for CD4, CD8, and CD57 (surface markers for natural killer cells). Patient prognosis was found to correlate with the number of CD4(+) and CD8(+) T cells in the stroma and the number of CD8(+) T cells within the cancer cell nest. Furthermore, the number of CD8(+) T cells in the stroma and within the cancer cell nest was found to be correlated [correlation coefficient (r) = 0.790; P < 0.0001). However, no correlation was observed between the number of natural killer cells and patient prognosis. Patients were classified into the following four groups based on CD4(+) and CD8(+) T-cell count: CD4/8(+/+), CD4/8(+/-), CD4/8(-/+), CD4/8(-/-). For the general patient pool, as well as for selected p-stage III and IV cases (n = 48), the survival rate for CD4/8(+/+) patients was significantly higher than that for the other three groups (log-rank test, P = 0.0012 and 0.0088, respectively). Multivariate analysis identified CD4/8(+/+) status, T classification, and N classification as independent prognostic factors. In conclusion, cooperation between CD4(+) and CD8(+) T cells correlates strongly with ESCC patient prognosis.
  • S Murakami, S Okushiba, K Ohno, K Ito, K Satou, H Sugiura, T Morikawa, K Furukawa, S Kondo, H Katoh, K Nihei
    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY 38 2 175 - 180 2003年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Effective treatment has not yet been established for intestinal pseudo-obstruction, a rare complication of malignant pheochromocytoma. We report the case of a 41-year-old man who presented with malignant pheochromocytoma associated with pseudo-obstruction of the colon. His serum catecholamine level was markedly elevated, and his large intestine was distended with gas and lodged stool. Laxatives and enemas were not effective in relieving his symptoms. We subsequently performed an ileostomy, after which the patient had good bowel movement and was able to resume oral food intake.

書籍

  • 今日の治療指針 : 私はこう治療している
    福井, 次矢, 高木, 誠, 小室, 一成, 赤司, 浩一(大学教員) (担当:分担執筆範囲:腸閉塞)
    医学書院 2021年01月 (ISBN: 9784260042826) 59, 2151p
  • 日本膵臓学会教育委員会, 日本膵臓学会, 岡崎, 和一, 伊藤, 鉄英 (担当:分担執筆範囲:膵外傷)
    診断と治療社 2020年04月 (ISBN: 9784787824233) xxxii, 287p

その他活動・業績

  • 霜田佳彦, 山本桂子, 西村友佑, 久保茉理奈, 田中一光, 井上雅貴, 木脇佐代子, 大野正芳, 小野尚子, 清水勇一, 村上壮一, 三橋智子, 岡田宏美, 坂本直哉 日本消化器病学会北海道支部例会・日本消化器内視鏡学会北海道支部例会プログラム・抄録集 128th-122nd 2021年
  • 肝門部領域胆管癌切除限界の再考 肝門部胆管癌に対して限界点での胆管切離を行い剥離面陽性であった症例の予後
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SY -4 2020年08月
  • 術前深達度診断と長期予後から見た十二指腸癌に対する至適術式の検討
    田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -8 2020年08月
  • 肝門部領域胆管癌の新たなT分類とそのカットオフ値の提案
    大場 光信, 中西 喜嗣, 吉田 雄亮, 田中 公貴, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 祐磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -7 2020年08月
  • 一般外科医がAcute Care Surgery認定外科医として今後も我が国のAcute Care Surgeryを支えるためのシミュレーショントレーニング 献体による外傷手術臨床解剖学的研究会
    村上 壮一, 廣瀬 和幸, 倉島 庸, 渡邊 一永, 金子 司, 青木 佑磨, 吉見 泰典, 楢崎 肇, 中山 智英, 松井 あや, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -3 2020年08月 [査読有り][通常論文]
  • 膵体尾部切除術のための上腸間膜動脈根部周囲神経叢郭清(Radical nerve plexus resection technique of superior mesenteric artery for distal pancreatectomy)
    中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 SF -3 2020年08月
  • 肝門部領域・遠位胆管癌の再発時期に関する検討
    中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中村 透, 浅野 賢道, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田中 公貴, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -6 2020年08月
  • 茯苓飲合半夏厚朴湯の膵・胆道癌術後摂食障害に対する効果
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 中山 智英, 中村 透, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 金森 怜, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -4 2020年08月
  • 切除不能胆道癌に対するConversion Surgeryの検討
    大川 裕貴, 野路 武寛, 岡村 圭祐, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 120回 DP -6 2020年08月
  • 中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 松井 あや, 渡邊 祐介, 七戸 俊明 外科 82 (9) 927 -933 2020年08月 
    <文献概要>腹腔動脈合併尾側膵切除術(distal pancreatectomy with en-bloc celiac axis resection:DP-CAR)の術式アプローチ,血行改変・再建について,集学的治療が発達した現在の症例選択ならびに手術手技アプローチの基本と変遷,長期予後について概説する.
  • 村上 壮一, 七戸 俊明, 倉島 庸, サシーム・パウデル, 楢崎 肇, 松井 あや, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 石田 稔, 高橋 誠, 渡辺 雅彦, 平野 聡 医学教育 51 (Suppl.) 81 -81 2020年07月 [査読有り][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 七戸 俊明, 倉島 庸, 村上 壮一, 平野 聡 北海道外科雑誌 65 (1) 31 -35 2020年06月 
    胃癌治療ガイドライン第5版が2018年1月に刊行され、日常臨床に治療アルゴリズムが改訂された。主な改訂点は、高度リンパ節転移(Bulky N)症例に対する術前化学療法の推奨とM1(StageIV)胃癌に対する治療アルゴリズムの記載、新しい内視鏡的根治度(eCura)分類の記載である。本稿では、胃癌治療ガイドライン第5版の改訂点ならびに次回以降のガイドラインに掲載される可能性のある腹腔鏡下胃切除術、食道胃接合部癌ならびにロボット支援腹腔鏡下胃切除術の最新知見につき解説する。(著者抄録)
  • 食道胃接合部癌に対し腹臥位胸腔鏡下Mckeown手術を施行した2例
    大川 裕貴, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 81 (4) 789 -790 2020年04月
  • 当科における肝門部領域胆管癌に対する手術治療戦略 成績と課題
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 楢崎 肇, 松井 あや, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器病学会北海道支部例会プログラム・抄録集 126回 41 -41 2020年03月
  • 当教室における膵体尾部腫瘍への腹腔鏡下膵切除術の適応と治療成績
    田中 公貴, 岡村 圭祐, 中村 透, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器病学会北海道支部例会プログラム・抄録集 126回 58 -58 2020年03月
  • 七戸俊明, 海老原裕磨, 倉島庸, 村上壮一, 楢崎肇, 松井あや, 田中公貴, 中西喜嗣, 浅野賢道, 野路武寛, 中村透, 土川貴裕, 岡村圭祐, 平野聡 日本胸部外科学会定期学術集会(Web) 73rd 2020年
  • 野路武寛, 岡村圭祐, 楢崎肇, 田中公貴, 松井あや, 中西喜嗣, 浅野賢道, 海老原裕磨, 倉島庸, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 七戸俊明, 平野聡 日本消化器外科学会雑誌(Web) 53 (Supplement2) 2020年
  • TEVAR後に発症した大動脈食道瘻に対し腹臥位胸腔鏡下食道切除術を施行した1例
    木村 弘太郎, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 9 (2) 299 -303 2020年01月 
    症例は70代,男性。急性大動脈解離(Stanford B型)に対し,前医にて胸部大動脈ステントグラフト内挿術(thoracicendovascular aortic repair;TEVAR)が施行された。術後30日目に発熱を認め,上部消化管内視鏡検査にて上部食道に露出するステントを認めたことから大動脈食道瘻(aortoesophageal fistula;AEF)と診断され,北海道大学病院に紹介となった。本症例に対し段階的な外科治療方針とし,最初に腹臥位胸腔鏡下食道切除術を施行した。次に術後2日目に全弓部下行大動脈人工血管置換術を施行した。今後は全身状態の改善を図り,消化管再建を行う予定である。TEVARは大動脈疾患に対する低侵襲治療として近年,増加傾向にあるが,重篤な合併症としてAEFが報告されている。今回,症例報告に加え教室におけるAEFに対する治療成績を併せて報告する。(著者抄録)
  • 木村 弘太郎, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 25 (1) 49 -55 2020年01月 
    <文献概要>患者は30代,女性.心窩部痛を主訴に近医を受診し,CTで直径8cm大の脾嚢胞を指摘され,当科紹介となった.良性嚢胞と考えられたが腫瘍径が大きく有症状であり手術適応と考えられた.若年女性であることから正常脾を温存する方針とした.腹腔鏡下に脾動静脈本幹・上下極枝をそれぞれ確保し,脾動静脈上極枝のみを切離して虚血域に嚢胞が含まれることを確認したのちに脾実質を切離し,脾上極を摘出した.術後は合併症なく退院となった.病理組織学的検査では上皮性嚢胞の診断であった.脾嚢胞に対する腹腔鏡下脾部分切除術は根治性・低侵襲性に優れ,安全性に考慮したうえで実施可能な有用な術式であると思われた.
  • 肝門部領域胆管癌に対する術前門脈塞栓後の待機日数と肝不全死亡発生の関連
    木村 弘太郎, 野路 武寛, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 80 (12) 2296 -2297 2019年12月
  • 胆嚢癌根治術後の経皮経肝胆道ドレナージ瘻孔再発に対し切除を行い長期生存を得られた1例
    青木 佑磨, 岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 中山 智英, 浅野 賢道, 中村 透, 大川 裕貴, 金子 司, 山本 寛之, 倉谷 友崇, 桐山 琴衣, 福田 純己, 渡邊 一永, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 80 (12) 2304 -2304 2019年12月
  • 膵頭部癌に対する術前治療の周術期合併症に与える影響
    山本 寛之, 中村 透, 浅野 賢道, 田中 公貴, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 80 (12) 2304 -2304 2019年12月
  • 七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 平野 聡 北海道外科雑誌 64 (2) 116 -121 2019年12月 
    食道胃接合部(食道筋層と胃筋層の境界、esophagogastric junction:EGJ)の上下2センチの部位を食道胃接合部領域とし、この部位に中心を持つ癌を組織型に関わらず食道胃接合部癌と呼ぶ。長径4cm以下の食道胃接合部癌の治療法については、日本胃癌学会・日本食道学会合同作業部会による後方視的解析に基づいて至適郭清領域が提案されており、腫瘍の部位と郭清領域に応じて様々な術式が選択される。また、前向き試験に基づいたT2以上の進行食道胃接合部癌に対する食道浸潤長に応じた至適郭清領域と術式選択を提案した論文が最近公表された。この内容は今後ガイドラインに反映されると思われる。(著者抄録)
  • 山本 寛之, 野路 武寛, 岡村 圭佑, 中西 善嗣, 田中 公貴, 浅野 賢道, 中村 透, 土川 貴裕, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 64 (2) 205 -205 2019年12月
  • 技術認定を目指す前に! 安全な手術を行うための初心者向け技能評価による内視鏡外科教育
    倉島 庸, サシーム・パウデル, 渡邊 祐介, 溝田 知子, 楢崎 肇, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) IT3 -5 2019年12月
  • カダバートレーニングの反回神経周囲郭清の手技向上に対する有用性
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 吉見 泰典, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) SF005 -4 2019年12月
  • 食道胃接合部癌に対し腹臥位胸腔鏡下Mckeown手術を施行した2例
    大川 裕貴, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO018 -2 2019年12月
  • 腹腔鏡下脾部分切除術を施行した脾良性腫瘍の2例
    木村 弘太郎, 倉島 庸, 中山 智英, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 24 (7) MO176 -1 2019年12月
  • 城崎 友秀, 七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 平野 聡 北海道医学雑誌 94 (2) 124 -125 2019年11月
  • 一般外科医の外傷診療スキル調査
    廣瀬 和幸, 村上 壮一, 倉島 庸, 佐藤 暢人, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 祐磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 9 (1) 131 -131 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • 広域搬送に成功した交通外傷の1例
    橋爪 大弥, 村上 壮一, 飯田 圭祐, 中村 有里, 木村 弘太郎, 城崎 友秀, 廣瀬 和幸, 中山 智英, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 淺井 悌, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 9 (1) 152 -152 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • 徹底した病歴の聞き取りが診断と修復につながった閉鎖孔ヘルニアの1症例(A case of obturator hernia where thorough history-taking led to prompt diagnosis and repair)
    飯田 圭祐, 村上 壮一, 中村 有里, 橋爪 大弥, 吉田 雄亮, 木村 弘太郎, 城崎 友秀, 廣瀬 和幸, 中山 智英, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 9 (1) 155 -155 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • 心停止を来した急性冠症候群の蘇生・加療後に発症した、非閉塞性腸管虚血の1例
    中村 有里, 村上 壮一, 飯田 圭祐, 橋爪 大弥, 吉田 雄亮, 木村 弘太郎, 城崎 友秀, 廣瀬 和幸, 中山 智英, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 9 (1) 163 -163 2019年10月 [査読有り]
  • 当教室での特発性食道破裂3例に対する手術経験
    木村 弘太郎, 村上 壮一, 吉田 雄亮, 城崎 友秀, 廣瀬 和幸, 中山 智英, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 9 (1) 196 -196 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • 非閉塞性腸間膜虚血症(NOMI)に対する腸管切除後、open abdominal management(OAM)での管理を行い救命し得た一例
    城崎 友秀, 村上 壮一, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 9 (1) 199 -199 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • 効果的な学生教育(産学およびbed side learning) 構成主義にもとづく外科臨床実習の実践 Team Based Practice(TBP)の開発
    村上 壮一, 倉島 庸, 吉見 泰典, 中山 智英, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 417 -417 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • 経十二指腸乳頭部切除後の縫合不全とその対応
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 浅野 賢道, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 444 -444 2019年10月
  • 僻地の中規模病院に178名を集めたキッズセミナー その実際と問題点
    村上 壮一, 大柏 秀樹, 楢崎 肇, 中山 智英, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 452 -452 2019年10月 [査読有り][通常論文]
  • インドシアニングリーンおよび5-アミノレブリン酸を用いた胆道癌に対する光線力学的診断法の探索
    野路 武寛, 楢崎 肇, 櫛引 敏寛, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 472 -472 2019年10月
  • 膵頭部癌に対する術前治療の周術期合併症に与える影響
    山本 寛之, 中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 80 (増刊) 659 -659 2019年10月
  • 桐山 琴衣, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 肥満研究 25 (Suppl.) 267 -267 2019年10月
  • 渡邊 一永, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 肥満研究 25 (Suppl.) 324 -324 2019年10月
  • 消化器病診療:内科と外科の対照と融合 深達度とリンパ節転移個数による十二指腸乳頭部癌の治療戦略
    中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 野路 武寛, 浅野 賢道, 田中 公貴, 中山 智英, 村上 壮一, 海老原 佑磨, 倉島 庸, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器病学会北海道支部例会プログラム・抄録集 125回 28 -28 2019年09月
  • 七戸 俊明, 村上 壮一, 倉島 庸, 平野 聡 日本外科学会雑誌 120 (5) 511 -516 2019年09月 
    高度で複雑な手術治療を安全に実施するには手術手技向上のトレーニングが欠かせない.トレーニング方法には従来からあるOn-the-job training(On-JT)のほかに,Off-the-job training(Off-JT)として,シミュレーターや模型を使用したドライラボ,実験動物を用いたウエットラボやアニマルラボ,献体を使用した手術手技研修(Cadaver Surgical Training:CST)などがある.消化器外科領域では,ロボット支援手術の安全な導入のためのcertification制度や,内視鏡外科手術の習熟のためのドライラボやアニマルラボ,日常診療で経験することの少ない救急外科(Acute Care Surgery:ACS)領域でのアニマルラボやCSTなどのOff-JTが取り入れられているが,専門医などの資格認定において必須項目とはされておらず,必ずしもOff-JTが広く普及しているわけではない.本稿では,わが国の消化器外科領域のOff-JTの現状と今後の展望について述べる.(著者抄録)
  • 外来経腸栄養管理において投与法及び経口摂取量の入念な聴取が重要であった大動脈食道瘻術後摂食障害の1例
    村上 壮一, 七戸 俊明, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 吉田 ゆか, 熊谷 聡美, 武田 宏司, 平野 聡 学会誌JSPEN 1 (Suppl.) 1376 -1376 2019年09月 [査読有り][通常論文]
  • 平野 聡, 中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 120 (4) 418 -424 2019年07月 
    腹腔動脈合併尾側膵切除術(Distal pancreatectomy with en bloc celiac axis resection:DP-CAR)は進行膵体尾部癌に対する術式として近年、広く普及してきた。本術式の特殊性は腹腔動脈(CA)の切離によりダイナミックな血行改変が行われる点にある。この特殊性を反映して術後の合併症が高率であることが認識されているが、実際、教室における経験例80例の集計ではClavien-Dindo分類におけるGrade III以上の合併症発生率は40%を超える。本術式では、大動脈上でのCAの処理や、下膵十二指腸動脈(IPDA)から胃十二指腸動脈(GDA)に至る側副血行の温存操作など、手技の確実性を要求される場面が多い。また、術後の虚血性胃症に対しては術前の総肝動脈塞栓の効果は不十分であり、虚血が疑われた症例には左胃動脈の再建で対処すべきと考える。最近、左下横隔動脈や左胃動脈を温存することで虚血が予防できる可能性が示唆されていることから、腫瘍の進展度からみて可能であればこれらの動脈温存を考慮すべきである。(著者抄録)
  • 1週間のローテーション実習を単なる見学に終わらせない工夫 Team Based Practice
    村上 壮一, 倉島 庸, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 健裕, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 大滝 純司, 平野 聡 医学教育 50 (Suppl.) 87 -87 2019年07月 [査読有り][通常論文]
  • 当科におけるロボット支援下胃癌手術の短期成績に関する検討
    山本 和幸, 海老原 裕磨, 関谷 翔, 城崎 友秀, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 74回 P27 -5 2019年07月
  • 当科におけるロボット支援腹腔鏡下胃切除術の短期成績
    海老原 裕磨, 山本 和幸, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 74回 P27 -7 2019年07月
  • Oncologic Emergencyに対する手術戦略 当科37症例の検討
    村上 壮一, 七戸 俊明, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 74回 O5 -7 2019年07月 [査読有り][通常論文]
  • 当教室における特発性食道破裂に対する胸腔鏡腹腔鏡併用手術(MALTA)の経験と治療成績
    関谷 翔, 海老原 裕磨, 山本 和幸, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 74回 RS5 -5 2019年07月
  • 蛍光スペクトル解析を用いた光線力学的転移診断の臨床応用
    城崎 友秀, 齋藤 崇宏, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 74回 P285 -6 2019年07月
  • 1週間のローテーション実習を単なる見学に終わらせない工夫 Team Based Practice
    村上 壮一, 倉島 庸, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 健裕, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 大滝 純司, 平野 聡 医学教育 50 (Suppl.) 87 -87 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 【膵手術・膵癌治療の進歩】膵体部癌に対する安全性を考慮した腹腔動脈合併尾側膵切除
    平野 聡, 中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 120 (4) 418 -424 2019年07月 [査読無し][通常論文]
  • 再建臓器の評価とそれにもとづく再建法の工夫 当教室における腹腔鏡近赤外光観察システムを用いた腹腔鏡下胃管作成の手術手技
    海老原 裕磨, 城崎 友秀, 山本 和幸, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 73回 54 -54 2019年06月
  • 胸腔鏡下に行うサルベージ手術 適応と術式の工夫
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 山本 和幸, 城崎 友秀, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 73回 130 -130 2019年06月
  • 胸腔鏡腹腔鏡併用手術(MALTA)を施行した特発性食道破裂の2症例
    城崎 友秀, 関谷 翔, 海老原 裕磨, 山本 和幸, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 73回 335 -335 2019年06月
  • 外科治療成績の向上を目指した感染症対策 胆道再建を伴う肝胆膵手術におけるベストの周術期抗菌薬管理を求めて 術前胆道ドレナージ方法に基づいた至適抗生剤選択の取り組み
    田中 公貴, 中村 透, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SY -6 2019年04月
  • 膵癌におけるartery first approach-長期予後からみた臨床的意義 膵体癌に対する一塊腹腔動脈切除術による膵尾部切除術における右側動脈優先アプローチ(The right sided artery-first approach in distal pancreatectomy with enbloc celiac axis resection for pancreatic body cancer)
    中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SY -7 2019年04月
  • 肝外胆管癌におけるtumor buddingの臨床応用に向けた検討
    荻野 真理子, 中西 喜嗣, 三橋 智子, 畑中 豊, 田中 公貴, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF -3 2019年04月
  • 肝門部領域胆管癌に対する動脈合併切除・再建手技と成績 顕微鏡下動脈吻合と動門脈シャントを用いた血行再建について
    野路 武寛, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF -4 2019年04月
  • 膵胆道癌の局所免疫環境に着目した周術期治療の効果予測バイオマーカーの探索
    土川 貴裕, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, Ebihara Yuma, Kurashima Yo, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF -4 2019年04月
  • サルベージ手術症例に対する胸腔鏡下食道切除術の手術手技
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 真木 健裕, 齋藤 崇宏, 城崎 友秀, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -3 2019年04月
  • 中村 透, 田中 公貴, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科感染症学会雑誌 16 (2) 112 -117 2019年04月 
    近年、膵癌術前治療が増加している。教室の膵頭部癌に対する周術期対策の変遷ならびに手術先行治療と術前治療の周術期合併症を後方視的に検討した。2008年〜2018年の膵頭部癌連続184例では、手術先行治療が94例、術前治療が90例で、最近5年間では72.3%に術前治療が施行された。術前治療群は、年齢が低く、喫煙率が高く、術前Hbが低く、血小板リンパ球比が高値で、手術時間が長く、輸血施行例と門脈合併切除例が多かった。術後合併症頻度はSSIを含め差はなく、Clavien-Dindo IVaが有意に術前治療群で多かった(0.0% vs 5.5%、P=0.02)。全184例をSSIあり群とSSIなし群に分け、リスク因子を検討すると、年齢≧68歳、手術時間≧548分、BMI≧21.5、ALB<3.5g/dLが独立したリスク因子であった。術前治療は、膵頭十二指腸切除のSSIリスク因子とはならなかった。(著者抄録)
  • 肝門部胆管癌における所属リンパ節転移個数と予後との検討
    中西 喜嗣, 田中 公貴, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 SF -4 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 空白地域のない外傷外科診療を目指して 外傷手術症例の集約化を目指した一般外科医への新たな外傷外科教育トレーニング法の開発
    村上 壮一, 平野 聡, 倉島 庸, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 細井 勇人, 真木 健裕, 山村 喜之, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 PS -8 2019年04月 [査読有り][通常論文]
  • 【術前化学療法、放射線療法と術後感染】膵頭部癌に対する術前治療後の膵頭十二指腸切除における周術期合併症の現状と課題
    中村 透, 田中 公貴, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科感染症学会雑誌 16 (2) 112 -117 2019年04月 [査読無し][通常論文]
     
    近年、膵癌術前治療が増加している。教室の膵頭部癌に対する周術期対策の変遷ならびに手術先行治療と術前治療の周術期合併症を後方視的に検討した。2008年〜2018年の膵頭部癌連続184例では、手術先行治療が94例、術前治療が90例で、最近5年間では72.3%に術前治療が施行された。術前治療群は、年齢が低く、喫煙率が高く、術前Hbが低く、血小板リンパ球比が高値で、手術時間が長く、輸血施行例と門脈合併切除例が多かった。術後合併症頻度はSSIを含め差はなく、Clavien-Dindo IVaが有意に術前治療群で多かった(0.0% vs 5.5%、P=0.02)。全184例をSSIあり群とSSIなし群に分け、リスク因子を検討すると、年齢≧68歳、手術時間≧548分、BMI≧21.5、ALB<3.5g/dLが独立したリスク因子であった。術前治療は、膵頭十二指腸切除のSSIリスク因子とはならなかった。(著者抄録)
  • 外傷外科におけるoff-the-job-trainingの現状と課題 献体による外傷手術臨床解剖学的研究会 全国開催と献体外傷手術研究グループ発足について
    本間 宙, 織田 順, 伊藤 正裕, 真弓 俊彦, 佐藤 格夫, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 WS -8 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • 消化器癌に対する集学的治療 当科における胆道癌に対するconversion surgeryの短期・長期成績
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 細井 勇人, 中山 智英, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器病学会北海道支部例会プログラム・抄録集 124回 36 -36 2019年03月
  • 消化器癌に対する集学的治療 切除成績に基づいた動脈因子陽性局所進行膵癌に対する治療戦略
    浅野 賢道, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器病学会北海道支部例会プログラム・抄録集 124回 36 -36 2019年03月
  • 胆道癌に対する肝膵同時切除術施行の意義
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 細井 勇人, 中山 智英, 山本 和幸, 中村 透, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器病学会北海道支部例会プログラム・抄録集 124回 66 -66 2019年03月
  • 消化器癌に対する集学的治療 切除成績に基づいた動脈因子陽性局所進行膵癌に対する治療戦略
    浅野 賢道, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器病学会北海道支部例会プログラム・抄録集 124回 36 -36 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道癌に対する肝膵同時切除術施行の意義
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 細井 勇人, 中山 智英, 山本 和幸, 中村 透, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器病学会北海道支部例会プログラム・抄録集 124回 66 -66 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室における十二指腸腫瘍に対する切除例の検討
    城崎 友秀, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 91回 540 -540 2019年02月
  • 当教室における十二指腸腫瘍に対する切除例の検討
    城崎 友秀, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 91回 540 -540 2019年02月 [査読無し][通常論文]
  • 宮坂衛, 海老原裕磨, 田中公貴, 中西喜嗣, 浅野賢道, 野路武寛, 倉島庸, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 平野聡 日本消化器外科学会雑誌(Web) 52 (Supplement2) 2019年
  • 中村透, 田中公貴, 浅野賢道, 岡村圭祐, 土川貴裕, 野路武寛, 中西喜嗣, 海老原裕磨, 倉島庸, 村上壮一, 七戸俊明, 平野聡 日本外科感染症学会雑誌(Web) 16 (2) 2019年
  • 木村弘太郎, 野路武寛, 田中公貴, 中西喜嗣, 浅野賢道, 海老原裕磨, 倉島庸, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 平野聡 日本消化器外科学会雑誌(Web) 52 (Supplement2) 2019年
  • 新専門医制度においてacute care surgeonを育てる 外科専門医制度の中でAcute Care Surgeon教育をどのように組み込むべきか
    村上 壮一, 平野 聡, 山村 喜之, 真木 健裕, 細井 勇人, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 Japanese Journal of Acute Care Surgery 8 (1) 55 -55 2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • 横行結腸間膜ヘルニア嵌頓の1手術例
    城崎 友秀, 村上 壮一, 斎藤 崇宏, 真木 健裕, 山村 喜之, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 8 (1) 115 -115 2018年09月 [査読無し][通常論文]
  • TEVAR後に発症した大動脈食道瘻に対し腹臥位胸腔鏡下食道切除術を施行した一例
    木村 弘太郎, 村上 壮一, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 8 (1) 131 -131 2018年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌術前化学放射線治療が局所免疫環境内の異所性リンパ節に与える影響
    桑原 尚太, 土川 貴裕, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集 22回 94 -94 2018年07月
  • 消化器外科医学部学生実習における新規アクティブラーニングの開発
    村上 壮一, 倉島 庸, 七戸 俊明, 岡村 圭佑, 土川 貴裕, 中村 透, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 大滝 純司, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 73回 181 -181 2018年07月 [査読有り][通常論文]
  • 腹臥位胸腔鏡下食道切除術の縦隔郭清 腹側剥離先行・4ポートによる標準化
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 宮坂 大介, 山村 喜之, 齋藤 崇宏, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 73回 755 -755 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • 江畑信孝, 中西喜嗣, 岡村圭祐, 土川貴裕, 中村透, 村上壮一, 野路武寛, 海老原裕磨, 倉島庸, 浅野賢道, 七戸俊明, 平野聡, 三橋智子 日本臨床外科学会雑誌 79 (6) 1329 -1329 2018年06月25日 [査読無し][通常論文]
  • 城崎友秀, 海老原裕磨, 山村喜之, 中西喜嗣, 浅野賢道, 野路武寛, 倉島庸, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 三橋智子, 平野聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (6) 1327‐1328 -1328 2018年06月25日 [査読無し][通常論文]
  • 武内優太, 倉島庸, 草島英梨香, 古川洋志, 山村喜之, 真木健裕, 宮坂大介, 中西喜嗣, 浅野賢道, 野路武寛, 海老原裕磨, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 岡村圭佑, 七戸俊明, 平野聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (6) 1331 -1331 2018年06月25日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 平野 聡, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 北海道外科雑誌 = The Hokkaido journal of surgery 63 (1) 6 -11 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 七戸 俊明, 倉島 庸, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 宮坂 大介, 真木 健裕, 山村 喜之, 平野 聡 日本外傷学会雑誌 32 (2) 231 -231 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌術後腹壁転移に対し2度の切除術を施行した一例
    城崎 友秀, 海老原 裕磨, 山村 喜之, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (6) 1327 -1328 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 浸潤性胆管癌と術前診断した炎症性線維性胆管狭窄の一例
    江畑 信孝, 中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 浅野 賢道, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子 日本臨床外科学会雑誌 79 (6) 1329 -1329 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胸腹部にかかる巨大腹壁瘢痕ヘルニア術後に創離開によるメッシュ露出を認め、メッシュトリミングと創再縫合を施行した1例
    武内 優太, 倉島 庸, 草島 英梨香, 古川 洋志, 山村 喜之, 真木 健裕, 宮坂 大介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭佑, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (6) 1331 -1331 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡を併用した胸腔鏡下左胸腔アプローチを用いた手術手技
    海老原 裕磨, 山村 喜之, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 72 -72 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 縦隔解剖に基づいた腹側剥離先行の腹臥位胸腔鏡下食道切除術
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 宮坂 大介, 山村 喜之, 斉藤 崇宏, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 171 -171 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 反回神経走行異常を伴う胸部食道癌に対し腹臥位胸腔鏡下手術を施行した2例
    城崎 友秀, 海老原 裕磨, 山村 喜之, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 299 -299 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 当院における肥満2型糖尿病に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の導入
    海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 36回 128 -128 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡を併用した胸腔鏡下左胸腔アプローチを用いた手術手技
    海老原 裕磨, 山村 喜之, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 72 -72 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 縦隔解剖に基づいた腹側剥離先行の腹臥位胸腔鏡下食道切除術
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 宮坂 大介, 山村 喜之, 斉藤 崇宏, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 171 -171 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 反回神経走行異常を伴う胸部食道癌に対し腹臥位胸腔鏡下手術を施行した2例
    城崎 友秀, 海老原 裕磨, 山村 喜之, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 72回 299 -299 2018年06月 [査読無し][通常論文]
  • 城崎友秀, 浅野賢道, 中村透, 中西喜嗣, 野路武寛, 倉島庸, 海老原裕磨, 村上壮一, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 三橋智子, 平野聡 膵臓 33 (3) 568 -568 2018年05月31日 [査読無し][通常論文]
  • 中村透, 浅野賢道, 岡村圭祐, 土川貴裕, 野路武寛, 村上壮一, 海老原裕磨, 倉島庸, 中西喜嗣, 田中公貴, 七戸俊明, 平野聡 膵臓 33 (3) 418 -418 2018年05月31日 [査読無し][通常論文]
  • 小野雅人, 中村透, 田中公貴, 中西喜嗣, 浅野賢道, 野路武寛, 倉島庸, 海老原裕磨, 村上壮一, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 水上裕輔, 平野聡 膵臓 33 (3) 503 -503 2018年05月31日 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭部Borderline resectable-A膵癌の現状と課題
    中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明, 平野 聡 膵臓 33 (3) 418 -418 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 変異型KRAS検出による腹腔洗浄細胞診診断
    小野 雅人, 中村 透, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 水上 裕輔, 平野 聡 膵臓 33 (3) 503 -503 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 術前診断に難渋した膵頭部巨大IPMCの1切除例
    城崎 友秀, 浅野 賢道, 中村 透, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野 聡 膵臓 33 (3) 568 -568 2018年05月 [査読無し][通常論文]
  • 外科医のトレーニング-技術の継承とは- 術式別技能評価スケールを基盤とした内視鏡外科手術トレーニングプログラムの構築
    倉島 庸, Saseem Poudel, 渡邊 祐介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 256 -256 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • Border line膵癌に対する腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)の意義 局所進行膵体部癌に対する腹腔動脈合併尾側膵切除術の短期・長期成績
    中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 野路 武寛, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 603 -603 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • UR膵癌に対する治療戦略 切除不能膵癌に対するconversion surgeryの成績と術中迅速病理診断応用の可能性
    浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 623 -623 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道癌に対する門脈合併切除を伴う肝膵同時切除の手術成績
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 浅野 賢道, 田中 公貴, 宮坂 大介, 川村 武史, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 979 -979 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • R0切除と安全性を追求した当科の肝門部領域胆管癌に対する診断・治療戦略
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 川村 武史, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 985 -985 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道癌に対する大量肝切除術後の在院死を予測できる新しい肝不全診断基準
    川村 武史, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 988 -988 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • Siewert type II食道胃接合部癌に対する胸腔鏡・腹腔鏡(Minimally invasive abdominal and left thoracic approach:MALTA)を用いた手術手技
    海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1153 -1153 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 腹臥位胸腔鏡下食道切除術は胸部食道癌の標準術式である
    七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 宮坂 大介, 齋藤 崇宏, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 1617 -1617 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 臨床から提唱するIPNBの定義
    中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 浅野 賢道, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2036 -2036 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 消雅器外科学教室における急性期外科医・外傷外科医の育成
    村上 壮一, 倉島 庸, 廣瀬 和幸, 川村 武史, 宮坂 大介, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2103 -2103 2018年04月 [査読有り][通常論文]
  • 食道癌の術後合併症に対する術前予測スコアの検討
    齋藤 崇宏, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 啓佑, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 118回 2333 -2333 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 廣瀬和幸, 海老原裕磨, 中西喜嗣, 浅野賢道, 野路武寛, 倉島庸, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 平野聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 612 -612 2018年03月25日 [査読無し][通常論文]
  • 宮坂衛, 野路武寛, 櫛谷洋樹, 城崎友秀, 川村武史, 宮坂大介, 中西喜嗣, 浅野賢道, 海老原裕磨, 倉島庸, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 平野聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 621 -621 2018年03月25日 [査読無し][通常論文]
  • 胸腔鏡・腹腔鏡下に緊急手術を行った特発性食道破裂の1例
    横山 啓介, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 612 -612 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 憩室を伴う食道胃接合部癌に対して腹腔鏡併用胸腔鏡下左胸腔アプローチを施行した1例
    廣瀬 和幸, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 612 -612 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • Delphi法を用いた外科診療参加型臨床実習における必修医行為の抽出 北海道大学医学部での経験
    村上 壮一, 折茂 達也, 倉島 庸, 大滝 純司, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 宮坂 大介, 川村 武史, 加賀 基知三, 松居 喜郎, 武冨 紹信, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 612 -612 2018年03月 [査読有り][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除術後に結腸・小腸転移を来たし緊急切除を要した膵頭部癌の1例
    宮坂 衛, 野路 武寛, 櫛谷 洋樹, 城崎 友秀, 川村 武史, 宮坂 大介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 621 -621 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除術後に発生した左側門脈圧亢進症による膵腸吻合部静脈瘤に対する治療経験
    櫛谷 洋樹, 野路 武寛, 川村 武史, 宮坂 大介, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 622 -622 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 妊娠を契機に発見された膵粘液性嚢胞腫瘍の1切除例
    城崎 友秀, 岡村 圭祐, 櫛谷 洋樹, 宮坂 衛, 川村 武史, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 79 (3) 622 -622 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃全摘における食道空腸吻合法の検討(Circular stapler versus linear stapler after LTG: a propensity score matching method)
    海老原 裕磨, 京極 典憲, 七戸 俊明, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 文隆, 村川 力彦, 森田 高行, 奥芝 俊一, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 90回 406 -406 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者胃癌(80歳以上)に対する腹腔鏡下胃全摘術に関する検討 多施設共同後ろ向きコホート観察研究
    宮坂 大介, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 中村 文隆, 村川 力彦, 森田 高行, 奥芝 俊一, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 90回 508 -508 2018年03月 [査読無し][通常論文]
  • 腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術後の諸問題 腹部ステントグラフト内挿術(EVAR)後TypeIIエンドリークに対する腹腔鏡下腰動脈結紮術の治療成績
    武内 優太, 海老原 裕磨, 河合 典子, 山村 喜之, 真木 健裕, 宮坂 大介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 松居 喜郎 日本腹部救急医学会雑誌 38 (2) 320 -320 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 膵周囲リンパ節郭清後の膵液瘻に引き続き肝動脈仮性動脈出血・血小板減少症・敗血症・肝壊死・IgA腎症を併発した1例
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本腹部救急医学会雑誌 38 (2) 358 -358 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 平野 聡, 中村 透, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 胆と膵 39 (1) 55 -61 2018年01月 [査読無し][招待有り]
     
    膵外傷における分節切除再建術の適応は、全身状態が安定した膵単独あるいは軽微な他臓器損傷を伴った損傷のうち、膵頭部近傍の損傷である。欧米の報告では膵切除量が80%を超えなければ耐糖能異常の発生はほとんどないとされているが、アジア人は少ない膵切除量で2型糖尿病を発症する可能性があり、とくに若年者では本術式を考慮すべきである。なお、本術式の適応となる患者は、転医搬送が可能な状態が多いため、自施設で本術式が施行不能である場合には膵臓外科医への紹介を躊躇するべきではない。(著者抄録)
  • 肝門部胆管癌術後合併症に対して半消化態栄養剤を併用することで栄養改善を認めた1例
    巽 道代, 笠師 久美子, 熊谷 聡美, 村上 壮一, 七戸 俊明, 松下 貴惠, 中澤 誠多朗, 武田 宏司 日本静脈経腸栄養学会雑誌 33 (Suppl.) 376 -376 2018年01月 [査読無し][通常論文]
  • 教室における膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下尾側膵切除術の長期成績
    羽根 佑真, 海老原 裕磨, 川村 武史, 宮坂 大介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) SF058 -02 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室におけるロボット支援腹腔鏡下胃切除術導入について
    海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) SF071 -05 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 手術技能評価は術中術後の手術成績を反映するか? 腹腔鏡下胃切除術技能評価スケールの妥当性検討
    倉島 庸, 渡邊 祐介, サシーム・パウデル, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP019 -04 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 膵浸潤を伴う悪性黒色腫の異時性胃転移に対し、腹腔鏡補助下幽門側胃切除、膵中央区域切除術を施行した1例
    宮坂 大介, 海老原 裕磨, 井上 綾乃, 斎藤 崇宏, 川村 武史, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP020 -03 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 右横隔膜ヘルニアに対し、胸腔鏡・腹腔鏡併用下にヘルニア修復術を施行した1例
    江畑 信孝, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 宮坂 大介, 斎藤 崇宏, 井上 綾乃, 羽根 佑真, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP070 -02 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下脾動静脈温存膵体尾部切除術の術後短期成績に関する検討
    井上 綾乃, 海老原 裕磨, 羽根 佑真, 斎藤 崇宏, 宮坂 大介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP119 -01 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 蛍光スペクトル測定機能を付加した新規近赤外線腹腔鏡システムを用いた術中転移診断法の開発
    齋藤 崇宏, 海老原 裕磨, 川村 武史, 宮坂 大介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP149 -04 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 胸腔鏡・腹腔鏡下に緊急手術を行った特発性食道破裂の1例
    横山 啓介, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (7) EP166 -03 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 大場 光信, 中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 祐磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 浅野 賢道, 川村 武史, 宮坂 大介, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子 北海道外科雑誌 62 (2) 165 -166 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 江畑 信孝, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中西 喜嗣, 川村 武史, 大場 光信, 宮坂 衛, 城崎 友秀, 櫛谷 洋樹, 井上 綾乃, 羽根 佑真, 武内 優太, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 62 (2) 166 -166 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 井上 綾乃, 海老原 裕磨, 羽根 佑真, 斎藤 崇宏, 宮坂 大介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 62 (2) 174 -174 2017年12月 [査読無し][通常論文]
  • 平野 聡, 中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭佑, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 七戸 俊明 臨床外科 = Journal of clinical surgery 72 (12) 1329 -1336 2017年11月 [査読無し][通常論文]
  • 平野 聡, 中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭佑, 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 七戸 俊明 臨床外科 72 (12) 1329 -1336 2017年11月 [査読無し][通常論文]
     
    <ポイント>腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)が適応となる病変のほとんどは,新取扱い規約の切除可能性分類においては切除可能境界または切除不能病変である.本術式では適応診断を慎重に行えば,ほとんどの症例で癌遺残のない(R0)切除を達成可能であるが,進行膵臓癌として一定の再発は免れられず,術前の化学(放射線)療法との組み合わせを考慮すべきである.原法では大動脈上での腹腔動脈の結紮切離,上腸間膜動脈周囲神経叢の完全切除を伴うが,進展度によって切除範囲を縮小することも可能である.その場合も主要動脈の操作は安全性と根治性に対する十分な配慮が必要である.(著者抄録)
  • 中村 透, 平野 聡, 野路 武寛, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明 胆と膵 38 (11) 1281 -1284 2017年11月 [査読無し][通常論文]
     
    腹腔動脈に浸潤する局所進行膵体部癌は従来切除不能とされてきた。このような症例に対し、腹腔動脈を合併切除するdistal pancreatectomy with en bloc celiac axis resection(DP-CAR)は癌遺残のない切除を可能とする術式である。DP-CARの長期成績は、1年、2年、5年予測生存率がそれぞれ81.1%、56.9%、32.7%、生存期間中央値30.1ヵ月であった。とくに術後5年以上経過例の5年実生存率は27.9%、生存期間中央値は25ヵ月であった。術前治療を加えた場合(1/2/5年生存率=100/90/78.8%)、手術先行治療(1/2/5年生存率=77.9/51.5/26.7%)と比較し有意に予後良好であった(P<0.0001)。しかし、術後遠隔転移再発率は50%以上と高く、とくに肝転移再発は術後約5ヵ月で再発していた。したがって、本術式を施行するうえで、術前補助療法やサロゲートマーカーによる潜在的遠隔転移の除外を行うことが今後の課題である。(著者抄録)
  • 食道癌患者の栄養状態がGLUT-1、HIF-1α発現、SUV値に与える影響についての検討
    上野 峰, 海老原 裕磨, 京極 典憲, 田中 公貴, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子, 鯉沼 潤吉 北海道医学雑誌 92 (2) 114 -115 2017年11月 [査読無し][通常論文]
  • 漢方薬による術後摂食不良に対する改善効果.
    岡村圭祐, 松本健矢, 今井俊吾, 野路武寛, 中西喜嗣, 田中公貴, 宮坂大介, 真木健裕, 山村喜之, 浅野賢道, 倉島庸, 海老原裕磨, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 七戸俊明, 平野聡 第79回日本臨床外科学会総会・東京フォーラム 2017年11月 [査読無し][通常論文]
  • 中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 浅野 賢道, 田中 公貴, 七戸 俊明, 平野 聡, 桑谷 将城, 平田 幸司 胆と膵 38 (10) 1233 -1236 2017年10月 [査読無し][通常論文]
     
    急性胆嚢炎に1〜1.5%ほど胆嚢癌が併発しているとされる。とくに、60歳以上の急性胆嚢炎患者には胆嚢癌の併発率が高くなる。急性胆嚢炎診断時の腹部US検査は胆嚢癌の併発を念頭に置いて施行する必要がある。胆嚢癌を疑う症例に関しては、炎症の鎮静化の後にダイナミックCT、EUSなどの検査を追加し、胆嚢癌の存在を確認する。胆嚢癌の併発を疑う患者においては、PTGBD(経皮経肝胆嚢ドレナージ)は播種の危険があるので原則禁忌であり、胆嚢ドレナージが必要な症例に対してはENGBD(内視鏡的経鼻経胆嚢管胆嚢ドレナージ)を考慮する。手術に関しては、胆嚢癌の併発を疑う症例については、炎症鎮静化後、通常の胆嚢癌に対する手術を行う。術前早期癌と考えられる症例に関しては、開腹胆嚢摘出術を行い、胆嚢管断端を術中迅速病理に提出し陰性を確認する。術後深達度が漿膜下層以深と判明した症例に対しては追加切除を考慮する。(著者抄録)
  • 開腹手術での起死回生の一手(胆膵) 術式および門脈再建法の選択に苦慮した胆のう癌根治切除の1例
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 川村 武史, 土川 貴裕, 中村 透, 浅野 賢道, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 348 -348 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡下手術での起死回生の一手(胆膵) 腹腔鏡下脾臓温存膵体尾部切除術における出血時の対応と出血させないための準備
    海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 349 -349 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 80歳以上の高齢者における膵頭十二指腸切除術の短期成績
    城崎 友秀, 岡村 圭祐, 櫛谷 洋樹, 宮坂 衛, 川村 武史, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 483 -483 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝内胆管癌における術前CA19-9値のリンパ節転移ならびに予後予測因子としての有用性に関する検討
    宮坂 衛, 中西 善嗣, 山田 徹, 川村 武史, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 78 (増刊) 530 -530 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 櫛谷 洋樹, 村川 力彦, 山村 喜之, 大野 耕一, 村上 壮一, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 = Journal of Japan Society for Endoscopic Surgery 22 (5) 611 -617 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 【外科専門医のための外傷外科手術off-the-job training(OFF-JT)】 遺体による手術手技研修の現状
    七戸 俊明, 村上 壮一, 倉島 庸, 平野 聡 日本外科学会雑誌 118 (5) 539 -543 2017年09月 [査読無し][通常論文]
     
    近年の高度で複雑な医療を安全に広く提供するには,効率的な手術手技研修の実施が必要である.on the job training(OJT)は手術手技研修の基本であるが,近年は内視鏡手術などの高度な手術手技の普及に加え,医療安全に対する配慮や患者意識の向上などの医療を取り巻く環境の変化により,"on the job"を補完するシミュレーション,実験動物を用いた研修(アニマルトレーニング)などのoff-the-job training(OFF-JT)の充実が求められている.また,外傷外科領域特有の問題点として,交通事故件数の減少等により,OJTの機会そのものが極端に少なくなっていることが挙げられる.特に地域の中核病院において,普段は一般外科診療に従事しつつ外傷外科手術にも即応する外科医師にとって,外傷外科手術の経験不足を補完するOFF-JTの必要性は極めて高い.諸外国では外科教育の手法の一つとして確立している遺体による手術手技研修(Cadaver training;カダバートレーニング)であるが,わが国でも平成24年に「臨床医学の教育及び研究における死体解剖のガイドライン」が公表されたことをうけ実施が可能となった.本稿では,「臨床医学の教育及び研究における死体解剖のガイドライン」を解説し,わが国でのカダバートレーニングの現状と今後の展望について述べる.(著者抄録)
  • 櫛谷 洋樹, 村川 力彦, 山村 喜之, 大野 耕一, 村上 壮一, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 22 (5) 611 -617 2017年09月 [査読無し][通常論文]
     
    右胃大網動脈(RGEA)を用いた冠動脈バイパス術(CABG)施行後の胃癌に対して腹腔鏡下幽門側胃切除術(LDG)を施行した2症例を経験した.症例1は72歳の男性で,胃体下部に早期癌を認めた.ESDを施行したが断端陽性となり,追加切除を要した.術前の血行再建はリスクを伴うため,RGEA温存のLDG,D1+郭清を行った.症例2は87歳の男性で,胃前庭部前壁に2型の進行癌を認めた.RGEAを温存しLDG,D1+郭清を行った.CABGグラフトとして用いたRGEAは胃前庭部の腹側を走行しており,開腹幽門側胃切除術においても損傷の可能性がある.腹腔鏡下手術はその拡大視効果と繊細な操作により,グラフト損傷のリスクを軽減する可能性がある.(著者抄録)
  • 齋藤 博紀, 浅野 賢道, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 中村 透, 海老原 裕麿, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭佑, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 78 (9) 2161 -2161 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 肝嚢胞による胆管圧排が原因と考えられた肝内結石症の1例
    廣瀬 和幸, 野路 武寛, 齋藤 博紀, 川村 武史, 京極 典憲, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 78 (9) 2165 -2165 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 右鎖骨下動脈起始異常と反回神経走行異常を伴う胸部食道癌に対し腹臥位胸腔鏡下手術を施行した1例
    佐藤 理, 海老原 裕磨, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 78 (9) 2168 -2168 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌局所微小環境に出現する異所性リンパ組織の臨床病理学的意義に関する検討
    桑原 尚太, 土川 貴裕, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本癌学会総会記事 76回 P -2283 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 食道・胸部大血管疾患におけるACSの治療戦略 大動脈食道瘻に対する胸腔鏡下食道切除術について
    海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 7 (1) 115 -115 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 献体による外傷手術臨床解剖学的研究会 全国開催と大学間ネットワーク構築について
    本間 宙, 織田 順, 佐野 秀史, 内堀 健一郎, 長田 雄大, 鈴木 智哉, 河井 健太郎, 河田 晋一, 宮宗 秀伸, 伊藤 正裕, 真弓 俊彦, 佐藤 格夫, 馬越 健介, 松田 正司, 村上 壮一, 七戸 俊明 Japanese Journal of Acute Care Surgery 7 (1) 214 -214 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 外傷性直腸穿孔後にフルニエ症候群に至り、広範囲のデブリードマンを施行し救命した1例
    廣瀬 和幸, 飯村 泰明, 長谷川 直人, 田中 公貴, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 祐磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 7 (1) 218 -218 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 自転車ハンドル外傷が原因と考えられた小児の外傷性膵損傷の1例
    櫛谷 洋樹, 大野 耕一, 山村 喜之, 村川 力彦, 川村 武史, 宮坂 大介, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 7 (1) 232 -232 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除術後に発生し急速に貧血が進行した膵腸吻合静脈瘤に対し緊急で部分的脾動脈塞栓術を施行し救命し得た1例
    井上 綾乃, 野路 武寛, 櫛谷 洋樹, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 7 (1) 233 -233 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除後に結腸・小腸の緊急切除を要した転移性膵癌の1例
    羽根 佑真, 野路 武寛, 宮坂 衛, 川村 武史, 宮坂 大介, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 7 (1) 233 -233 2017年09月 [査読無し][通常論文]
  • ICLS講習会の実りと収穫
    村上 壮一, 武岡 哲郎, 大柏 秀樹, 加藤 強, 山下 昌枝, 加藤 しおり, 澤井 靖, 大島 隆弘, 山川 孝雄, 七戸 俊明, 平野 聡 日本救急医学会雑誌 28 (9) 476 -476 2017年09月 [査読有り][通常論文]
  • 永田 高志, 村上 壮一, 佐藤 武揚, 久志本 成樹, 藤田 尚, 伊澤 祥光, 晋山 直樹, 溝端 康光, 赤星 朋比古, 前原 喜彦, 橋爪 誠, 千先 康二, アラン瓦井 レフォー 日本外科学会雑誌 118 (5) 506 -512 2017年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Advanced Trauma Operative Management(ATOM)コースとは,体幹部穿通性外傷に対する手術管理に必要な外科的知識と手技を学ぶためウエットラボにて行われる教育トレーニングである.本稿では日本でのコースの取り組みを説明し,近年の国内外の論文をもとに,ATOMコースの有効性と問題点,ATOM看護師コース,そして戦傷外科とATOMコースについて最新の知見を紹介する.ATOMコースの有効性と問題点であるが,受講した外科医より自己効力感self-efficacyを得ることが出来た報告がある一方,ブタを用いた研修であるため人間との解剖学的相違や施設,動物倫理の問題が挙げられた.米国では外傷手術におけるチーム医療を学ぶために手術室看護師を対象としたATOM看護師コースが開発され,その有効性が報告されている.2001年から始まったイラク・アフガニスタン戦争において,戦傷外科特にダメージコントロール手術の重要性が認識され,ATOMをはじめとするウエットラボでの研修の必要性が指摘された.また米国における銃乱射事件の増加を受けて,警察・消防・救急隊・医療機関の役割分担を明記したハートフォードコンセンサスが2013年に発表された.(著者抄録)
  • 小野澤 真弘, Houman Goudarzi, 武冨 貴久子, 稲葉 直子, 藤岡 容一朗, 川久保 和道, 折茂 達也, 金野 陽輔, 坊垣 暁之, 伊藤 智城, 本間 理央, 北市 雄士, 村上 壮一, 村上 学, 川畑 秀伸, 小華和 柾志, 大滝 純司 医学教育 48 (Suppl.) 139 -139 2017年08月 [査読無し][通常論文]
  • 川久保 和道, 村上 壮一, 北市 雄士, 小野澤 真弘, 坊垣 暁之, 金野 陽輔, 折茂 達也, 藤岡 容一郎, 稲葉 直子, 本間 理央, 武冨 貴久子, 桂田 武彦, 森川 賢一, 工藤 俊彦, 中積 宏之, 小華和 柾志, 川畑 秀伸, 坂本 直哉, 大滝 純司 医学教育 48 (Suppl.) 206 -206 2017年08月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 大滝 純司, 倉島 庸, 斎藤 崇宏, 川村 武史, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 医学教育 48 (Suppl.) 207 -207 2017年08月 [査読有り][通常論文]
  • 岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 中村 透, 浅野 賢道, 田中 公貴, 川村 武史, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 胆道 31 (3) 501 -501 2017年08月 [査読無し][通常論文]
  • 食道胃接合部腺癌の至適リンパ節郭清と術式選択 腹腔鏡・左側胸腔鏡を併用した食道胃接合部癌手術 安全で確実な下縦隔リンパ節郭清および再建
    倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 72回 O1 -22 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 梅本 一史, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 斎藤 崇宏, 京極 典憲, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 72回 (Supplement1) RS1 -47 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌に対する縦隔リンパ節郭清の手術手技 腹臥位胸腔鏡下食道切除術における腹側剥離先行による縦隔リンパ節郭清の標準化
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 京極 典憲, 斎藤 崇宏, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 72回 SY09 -5 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • Oncologic emergencyに対する当科手術戦略についての検討
    村上 壮一, 七戸 俊明, 岡村 圭介, 土川 貴裕, 中村 透, 倉島 庸, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 72回 PM11 -3 2017年07月 [査読有り][通常論文]
  • 上部進行胃癌の腹腔鏡下胃全摘術における脾門部腹側郭清 膵脾頭側授動とoutside bursa omentalis approach
    植村 慧子, 海老原 裕磨, 京極 典憲, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 72回 RS3 -119 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤 崇宏, 海老原 裕磨, 京極 典憲, 田中 公貴, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 72回 (Supplement1) RS3 -127 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 田中 公貴, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 72回 (Supplement1) O3 -153 2017年07月 [査読無し][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集 35回 122 -122 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 鏡視下に行うサルベージ手術 短期成績と長期予後
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 京極 典憲, 田中 公貴, 齋藤 崇宏, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 71回 O2 -3 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡併用胸腔鏡下左胸腔アプローチにより切除した憩室を伴う食道胃接合部癌の1例
    廣瀬 和幸, 海老原 裕磨, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 倉島 庸, 野路 武寛 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 71回 P60 -4 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌患者の栄養状態がGLUT-1、HIF-1α発現、SUV値に与える影響についての検討
    上野 峰, 海老原 裕磨, 京極 典憲, 田中 公貴, 鯉沼 潤吉, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 71回 P77 -2 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 荻野 真理子, 野路 武寛, 川村 武史, 齋藤 博紀, 京極 典憲, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 62 (1) 75 -75 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小野 雅人, 中村 透, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 62 (1) 76 -77 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌局所環境に出現する異所性リンパ組織の臨床病理学的意義に関する検討
    桑原 尚太, 土川 貴裕, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集 21回 118 -118 2017年06月 [査読無し][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 118 (3) 381 -382 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 膵臓 32 (3) 458 -458 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 梅本 一史, 野路 武寛, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 膵臓 32 (3) 610 -610 2017年05月 [査読無し][通常論文]
  • 膵体部癌に対する胃血行再建を付加した腹腔動脈合併尾側膵切除(DP-CAR)
    平野 聡, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 野路 武寛, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 浅野 賢道, 中西 善嗣, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 VL -4 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃切除術教育のための技能評価スケール開発と有用性検討 多施設共同研究
    倉島 庸, 渡邊 祐介, サシーム・パウデル, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 CSS -9 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 外科領域における漢方の役割 茯苓飲合半夏厚朴湯による術後摂食不良に対する改善効果
    岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 齋藤 博紀, 京極 典憲, 田中 公貴, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 WS -11 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 右鎖骨下動脈起始異常と反回神経走行異常を伴う胸部食道癌に対し腹臥位胸腔鏡下手術を施行した1例
    武田 知佳, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 RS -11 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除術時の縫合糸により高度胆管狭窄を来たし胆管癌として治療を行った1例
    大岩 慧, 野路 武寛, 倉島 庸, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 RS -11 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 化学療法後に根治術が可能となった診断時切除不能肝門部胆管癌の1例
    稲垣 優希, 岡村 圭祐, 斎藤 博紀, 京極 典憲, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 祐磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 RS -11 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 臓器・機能温存手術を施行した膵多発Solid-pseudopapillary neoplasm(SPN)の治療経験
    一戸 亜里香, 浅野 賢道, 中村 透, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 RS -11 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部領域癌に対する、血管合併切除を伴う肝切除のコツとピットフォール
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF -37 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道系腫瘍に対するハイリスク症例への手術方策と妥当性
    田中 公貴, 川村 武史, 齋藤 博紀, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF -39 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 多施設共同による胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘の治療成績に関する検討
    京極 典憲, 海老原 裕磨, 七戸 俊明, 中村 文隆, 村川 力彦, 森田 高行, 奥芝 俊一, 斎藤 崇宏, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF -45 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔動脈合併尾側膵切除を積極的に適応した膵体尾部borderline resectable膵癌の治療成績 頭部癌との比較から
    中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 SF -73 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • サルベージ手術に対する内視鏡外科手術導入の妥当性
    七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 京極 典憲, 田中 公貴, 斎藤 崇宏, 齋藤 博紀, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -014 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 遠位胆管癌に対する膵頭十二指腸切除症例における術後予後因子の解析
    中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 浅野 賢道, 田中 公貴, 齋藤 博紀, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -048 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤 博紀, 野路 武寛, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕麿, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 岡村 圭佑, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -049 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • IPMN切除後再発例の検討および国際診療ガイドラインの有用性の検証
    浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 117回 PS -139 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 安全な手術教育へ向けて 腹腔鏡下胃切除術技能評価スケールの多施設共同妥当性研究(Multicenter validation study of the skill evaluation scale of laparoscopic gastrectomy)
    倉島 庸, 渡邊 祐介, サシーム・パウデル, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 89回 267 -267 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • Siewert type II食道胃接合部癌に対する胸腔鏡・腹腔鏡を用いた手術手技(Minimally invasive abdominal and left thoracic approach(MALTA) for Siewert type II adenocarcinoma)
    海老原 裕磨, 京極 典憲, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 89回 286 -286 2017年03月 [査読無し][通常論文]
  • 外傷(手術教育と術後管理) 大学消化器外科教室における理想的外傷診療教育を求めて
    村上 壮一, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 川村 武史, 斎藤 崇宏, 平野 聡 日本腹部救急医学会雑誌 37 (2) 231 -231 2017年02月 [査読有り][招待有り]
  • 七戸 俊明, 村上 壮一, 倉島 庸, 平野 聡 日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 118 (5) 539 -543 2017年 [査読無し][通常論文]
  • 本間 宙, 織田 順, 佐野 秀史, 内堀 健一郎, 長田 雄大, 鈴木 智哉, 河井 健太郎, 河田 晋一, 宮宗 秀伸, 林 省吾, 伊藤 正裕, 真弓 俊彦, 佐藤 格夫, 村上 壮一, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 118 (5) 532 -538 2017年 [査読無し][通常論文]
  • 永田 高志, 村上 壮一, 佐藤 武揚, 久志本 成樹, 藤田 尚, 伊澤 祥光, 晋山 直樹, 溝端 康光, 赤星 朋比古, 前原 喜彦, 橋爪 誠, 千先 康二, 瓦井レフォー アラン 日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 118 (5) 506 -512 2017年 [査読無し][通常論文]
     
    Advanced Trauma Operative Management(ATOM)コースとは,体幹部穿通性外傷に対する手術管理に必要な外科的知識と手技を学ぶためウエットラボにて行われる教育トレーニングである.本稿では日本でのコースの取り組みを説明し,近年の国内外の論文をもとに,ATOMコースの有効性と問題点,ATOM看護師コース,そして戦傷外科とATOMコースについて最新の知見を紹介する.ATOMコースの有効性と問題点であるが,受講した外科医より自己効力感self-efficacyを得ることが出来た報告がある一方,ブタを用いた研修であるため人間との解剖学的相違や施設,動物倫理の問題が挙げられた.米国では外傷手術におけるチーム医療を学ぶために手術室看護師を対象としたATOM看護師コースが開発され,その有効性が報告されている.2001年から始まったイラク・アフガニスタン戦争において,戦傷外科特にダメージコントロール手術の重要性が認識され,ATOMをはじめとするウエットラボでの研修の必要性が指摘された.また米国における銃乱射事件の増加を受けて,警察・消防・救急隊・医療機関の役割分担を明記したハートフォードコンセンサスが2013年に発表された.(著者抄録)
  • 本間 宙, 織田 順, 佐野 秀史, 内堀 健一郎, 長田 雄大, 鈴木 智哉, 河井 健太郎, 河田 晋一, 宮宗 秀伸, 林 省吾, 伊藤 正裕, 真弓 俊彦, 佐藤 格夫, 村上 壮一, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 = Journal of Japan Surgical Society 118 (5) 532 -538 2017年 [査読無し][通常論文]
     
    外傷外科手術の献体によるoff-the-job研修として,東京医科大学救急・災害医学分野は,2007年に人体構造学分野(解剖学)の協力の下,1日間の「献体による外傷手術臨床解剖学的研究会」を,まずは学内関係者向けに立ち上げた.2012年の「臨床医学の教育および研究における死体解剖のガイドライン」公表を経て,同年からの厚生労働省委託事業「実践的な手術手技向上研修事業」に本学が選定されたことを受けて,研究会は公募による学外医師をも対象としたオープンコースに発展した.研究会(基礎コース)では,ホルマリン固定献体を使用し,基本手技を含む,胸部・血管・骨盤腹部・四肢外傷に関する全21手技を研修することとした.受講者の評価には,21手技に対する10段階の自己習熟度評価スケールを用いてアンケートを行い,受講前・受講直後・半年後の変化を比較検討し,臨床実践を含めた研修の有用性が認められている.本研究会(基礎コース)は,他大学でも同内容での開催実績を積んでおり,全国的に展開する予定である.2015年から上級者向けの研究会(アドバンスドコース)を新規に開催することとした.「飽和食塩溶液固定法(saturated salt solution method:SSS法)」献体を用いることにより,肺切除術,肝切除術,腹部大動脈損傷修復術,骨盤創外固定・後腹膜ガーゼパッキング術,下腿筋膜切開術などの,外傷外科における高難度手術を研修することが可能となった.(著者抄録)
  • ERASに基づく栄養管理(下部消化管) 腹腔鏡下大腸切除術における周術期の成分栄養剤投与は、食事摂取と腸管運動回復を促進し早期退院をもたらす
    七戸 俊明, 佐々木 剛志, 北城 秀司, 森田 高行, 大野 耕一, 仙丸 直人, 池田 淳一, 児嶋 哲文, 京極 典憲, 山田 秀久, 佐藤 暢人, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 平野 聡 日本静脈経腸栄養学会雑誌 32 (Suppl.) 368 -368 2017年01月 [査読無し][通常論文]
  • 野路武寛, 植村慧子, 川村武史, 田中公貴, 中西喜嗣, 浅野賢道, 海老原裕磨, 倉島庸, 中村透, 村上壮一, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 平野聡 日本消化器外科学会雑誌(Web) 50 (Supplement2) 2017年
  • 川村武史, 野路武寛, 梅本一史, 荻野真理子, 佐藤理, 京極典憲, 齋藤博紀, 田中公貴, 中西喜嗣, 浅野賢道, 倉島庸, 海老原裕磨, 村上壮一, 中村透, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 平野聡 日本消化器外科学会雑誌(Web) 50 (Supplement2) 2017年
  • 斎藤 博紀, 岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 中村 透, 土川 貴裕, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 61 (2) 190 -191 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 野路 武寛, 岡村 圭祐, 斎藤 博紀, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 中村 透, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 61 (2) 191 -191 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 中西 喜嗣, 岡村 圭祐, 野路 武寛, 斎藤 博紀, 浅野 賢道, 中村 透, 土川 貴裕, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 61 (2) 192 -192 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 横山 啓介, 浅野 賢道, 中村 透, 京極 典憲, 斎藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 61 (2) 195 -195 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 進行食道胃接合部腺癌(Siewert type II)に対する郭清手技 食道胃接合部癌に対する腹腔鏡・左側胸腔鏡併用による下部食道切除および下縦隔リンパ節郭清手技
    倉島 庸, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) WS1 -5 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下尾側膵切除における術野展開の工夫 当教室における腹腔鏡下尾側膵切除術の安全性確保のための血行確保と膵切離の工夫
    田中 公貴, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) WS4 -3 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • シングルルーメン、4ポート、腹側剥離先行による腹臥位食道癌手術の定型化
    七戸 俊明, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 京極 典憲, 齋藤 崇弘, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS20 -7 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室における腹臥位胸腔鏡下咽頭喉頭食道切除術の手術成績
    荻野 真理子, 海老原 裕磨, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS22 -1 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 胃膵間膜を意識した胃切離先行左側アプローチによる膵上縁リンパ節郭清
    齋藤 崇宏, 倉島 庸, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS62 -1 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 上部進行胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術 膵脾頭側授動とoutside bursa omentalis approachによる脾門部郭清
    京極 典憲, 海老原 裕磨, 斎藤 崇宏, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS124 -2 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 特発性血小板減少性紫斑病に対する腹腔鏡下脾臓摘出術の手術成績
    佐藤 理, 海老原 裕磨, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS146 -2 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室におけるロボット支援下幽門側胃切除術導入について
    海老原 裕磨, 田中 公貴, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS198 -1 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 3D環境下の修練は2Dで再現可能か?内視鏡外科トレーニングにおける2Dと3D環境の影響に関する無作為比較検討
    Poudel Saseem, 倉島 庸, 渡邊 祐介, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) OS213 -6 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 巨脾に対する腹腔鏡下脾臓摘出術の工夫
    渡邊 一永, 海老原 裕磨, 荻野 真理子, 佐藤 理, 斎藤 崇宏, 溝田 知子, 京極 典憲, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 21 (7) DP64 -9 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • 土川 貴裕, 浅野 賢道, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 外科 = Surgery : 臨床雑誌 78 (11) 1175 -1178 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 土川 貴裕, 浅野 賢道, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 外科 78 (11) 1175 -1178 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)は手術療法によって比較的良好な予後が期待できる腫瘍であるため,縮小手術が適応となることも多い.画像上,浸潤や所属リンパ節転移を疑わない症例,すなわち高度異型病変までの腺腫症例に限定されるが,そのためには病巣の進展程度を評価する正確な術前診断が必要である.IPMNに対する縮小手術後は,主病変や切除断端の病理診断に応じた適切な間隔でのフォローが必要であると同時に,標準手術例同様,異時性の多発病変の出現や併存膵癌発症の可能性も常に念頭におく必要がある.(著者抄録)
  • 浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 胆と膵 37 (11) 1503 -1506 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    IPMNは手術療法によって比較的良好な予後が期待できる。浸潤成分を伴わない低悪性度病変に対しては、臓器・機能温存を目的とした縮小手術が適応可能であり、CT、MRI、USやEUSなどの複数のモダリティを駆使した緻密な術前進展度診断が必要である。これまで各種縮小手術が提唱されているが、教室で膵頭部病変に対して実施している全胆道温存膵頭部実質切除術(proximal parenchymal pancreatectomy:PPP)は術後膵液瘻の発生を有意に減少させることができ、臓器・機能温存手術として優れた術式である。縮小手術における術後長期予後では、標準手術例と同様、残膵の異時性多発病変の出現や、併存膵癌発生の可能性を念頭に置いた長期の経過観察が重要である。(著者抄録)
  • 食道癌術後縫合不全に対する当科での工夫
    上村 志臣, 七戸 俊明, サシーム・パウデル, 田中 公貴, 川瀬 寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 平野 聡 北海道医学雑誌 91 (2) 96 -97 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌術後合併症に対する術前予測因子の検討
    齋藤 崇宏, 田中 公貴, 川瀬 寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道医学雑誌 91 (2) 97 -97 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 川瀬 寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 裕貴, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 中村 文隆, 大野 耕一, 森田 高行, 奥芝 俊一, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (11) 2799 -2799 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌術後縫合不全に対する当科での工夫
    上村 志臣, 七戸 俊明, サシーム・パウデル, 田中 公貴, 川瀬 寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 平野 聡 北海道医学雑誌 91 (2) 96 -97 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌術後合併症に対する術前予測因子の検討
    齋藤 崇宏, 田中 公貴, 川瀬 寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道医学雑誌 91 (2) 97 -97 2016年11月 [査読無し][通常論文]
  • 【IPMNの診断と治療はどう変わったか?】 外科治療 縮小手術は可能か?
    浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 胆と膵 37 (11) 1503 -1506 2016年11月 [査読無し][通常論文]
     
    IPMNは手術療法によって比較的良好な予後が期待できる。浸潤成分を伴わない低悪性度病変に対しては、臓器・機能温存を目的とした縮小手術が適応可能であり、CT、MRI、USやEUSなどの複数のモダリティを駆使した緻密な術前進展度診断が必要である。これまで各種縮小手術が提唱されているが、教室で膵頭部病変に対して実施している全胆道温存膵頭部実質切除術(proximal parenchymal pancreatectomy:PPP)は術後膵液瘻の発生を有意に減少させることができ、臓器・機能温存手術として優れた術式である。縮小手術における術後長期予後では、標準手術例と同様、残膵の異時性多発病変の出現や、併存膵癌発生の可能性を念頭に置いた長期の経過観察が重要である。(著者抄録)
  • 梅本 一史, 浅野 賢道, 中村 透, 京極 典憲, 斎藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 578 -578 2016年10月20日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 七戸 俊明, 京極 典憲, 齋藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 消化器の臨床 19 (5) 354 -359 2016年10月 [査読無し][通常論文]
     
    急性腹症の診療においてまず念頭に置くべきことは、全身管理と診断にかけることができる時間である。特に全身状態不良の患者においては、理学所見で鑑別診断を絞り込む前にスクリーニング的に検査を行うことを躊躇してはならない。事前に決めた検査項目を診療チーム全員が把握しておけば見落としが減るだけでなく時間短縮にも繋がる。本稿では急性腹症においてスクリーニングで行うべき心電図・血液・尿検査の項目を中心に、その目的と根拠を述べる。(著者抄録)
  • 切除不能から可能へ Conversion Therapy(肝・胆・膵) 切除不能膵・胆道癌に対するadjuvant(conversion)surgeryの治療成績
    浅野 賢道, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 梅本 一史, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 353 -353 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌に対する神経叢郭清手技の工夫 局所進行膵体部癌に対する上腸間膜動脈神経叢の郭清手技
    中村 透, 浅野 賢道, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 364 -364 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部領域胆管癌の術式選択と手技 肝門部領域癌に対する動脈合併切除の手技と手術成績
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 450 -450 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 田中 公貴, 浅野 賢道, 中村 透, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 474 -474 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 梅本 一史, 浅野 賢道, 中村 透, 京極 典憲, 斎藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (増刊) 578 -578 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科感染症学会雑誌 13 (5) 467 -467 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 術前化学療法、放射線療法と術後感染 教室における膵癌術前治療の周術期合併症の現状と課題
    中村 透, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科感染症学会雑誌 13 (5) 467 -467 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 京極 典憲, 溝田 知子, 斎藤 崇宏, 斎藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 外科 = Surgery : 臨床雑誌 78 (9) 919 -923 2016年09月 [査読無し][通常論文]
     
    当科では,用手補助胸腔鏡/腹腔鏡手術(hand-assisted thoracoscopic surgery/hand-assisted laparoscopic surgery:HATS/HALS)を考案し,すべての胸部食道癌手術例を鏡視下手術の適応としてきた.現在は腹臥位手術が標準術式であるが,HATS/HALSは安全性と確実性を兼ね備えた優れた術式であるので,高難度手術である胸腔鏡下食道切除術におけるトラブルシューティングの「もち駒」としてその知識と経験を共有していきたい.(著者抄録)
  • 七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 京極 典憲, 溝田 知子, 斎藤 崇宏, 斎藤 博紀, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 外科 78 (9) 919 -923 2016年09月 [査読無し][通常論文]
     
    当科では,用手補助胸腔鏡/腹腔鏡手術(hand-assisted thoracoscopic surgery/hand-assisted laparoscopic surgery:HATS/HALS)を考案し,すべての胸部食道癌手術例を鏡視下手術の適応としてきた.現在は腹臥位手術が標準術式であるが,HATS/HALSは安全性と確実性を兼ね備えた優れた術式であるので,高難度手術である胸腔鏡下食道切除術におけるトラブルシューティングの「もち駒」としてその知識と経験を共有していきたい.(著者抄録)
  • 受傷原因不明の膵頭部領域の鈍的腹部外傷に対して、Damage control手術・膵頭十二指腸切除・再建を三期的に行い救命しえた1例
    金古 裕之, 近江 亮, 安孫子 剛大, 三井 潤, 三栖 賢次郎, 猪俣 斉, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 6 (2) 179 -179 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭部癌における1mmルールに基づく局所癌遺残度と予後
    新田 健雄, 中村 透, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 三井 潤, 川瀬 寛, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (9) 2326 -2326 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌胃壁内転移の一例
    小野 雅人, 海老原 裕磨, 溝田 知子, サシーム・パウデル, 田中 公貴, 川瀬 寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 上野 峰, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (9) 2335 -2335 2016年09月 [査読無し][通常論文]
  • 当院におけるDMAT活動と今後の課題
    村上 壮一, 澤村 淳, 方波見 謙一, 早川 峰司, 前川 邦彦, 村上 博基, 丸藤 哲, 平野 聡 日本救急医学会雑誌 27 (9) 374 -374 2016年09月 [査読有り][通常論文]
  • 岡村 圭祐, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 中村 透, 浅野 賢道, 田中 公貴, 齋藤 博紀, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 京極 典憲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 胆道 30 (3) 522 -522 2016年08月 [査読無し][通常論文]
  • 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 臨床外科 = Journal of clinical surgery 71 (7) 837 -841 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 臨床外科 71 (7) 837 -841 2016年07月 [査読無し][通常論文]
     
    <ポイント>グリソン一括処理では,切離ラインを温存グリソンから十分に離すこと.胆管壁の単純縫合閉鎖は長軸に直交する方向に縫合すること.術中胆道造影検査をいつでも行えるように準備し,胆管狭窄が懸念されるときは躊躇なく術式を変更すること.(著者抄録)
  • 中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 野路 武寛, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 胆と膵 37 (7) 629 -633 2016年07月 [査読無し][通常論文]
     
    腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)を遂行するにあたり、適応症例の選択ならびにR0切除を確実に施行するための手術手技アプローチの基本について概説する。(著者抄録)
  • 新たな専門医制度で、医学教育学会に期待されるものは何か? 新しい専門医制度における外科医教育の展望と学会が果たすべき役割
    倉島 庸, 溝田 知子, サシーム・パウデル, 渡邊 祐介, 村上 壮一, 平野 聡, 大滝 純司 医学教育 47 (Suppl.) 43 -43 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 消化器外科における診療参加型実習の試み
    村上 壮一, 倉島 庸, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 川瀬 寛, 三井 潤, サシーム・パウデル, 溝田 知子, 大滝 純司 医学教育 47 (Suppl.) 106 -106 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 白熱したカンファレンス中でも学生が質問できるように 新しい臨床実習支援ツールの開発
    村上 壮一, 倉島 庸, 遠藤 晃, 沼田 光哉, 伊藤 豊, サシーム・パウデル, 溝田 知子, 小華和 柾志, 川畑 秀伸, 七戸 俊明, 平野 聡, 大滝 純司 医学教育 47 (Suppl.) 127 -127 2016年07月 [査読有り][通常論文]
  • 当科における食道内視鏡外科手術20年の変遷と治療成績
    七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 祐磨, 倉島 庸, 田中 公貴, 川瀬 寛, サシーム・パウデル, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 70回 86 -86 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌術後合併症に対する術前予測因子の検討
    齋藤 崇宏, 田中 公貴, 川瀬 寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 70回 183 -183 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌術後縫合不全に対する電動式低圧吸引器を用いた治療法
    上村 志臣, 七戸 俊明, サシームパウデル, 田中 公貴, 川瀬 寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 70回 200 -200 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 若手外科医育成のための工夫 腹腔鏡下手術教育のための技能評価スケール開発とその実践 大学病院と関連病院の取り組み
    倉島 庸, 渡邊 祐介, サシーム・パウデル, 溝田 知子, 川瀬 寛, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 71回 WS1 -3 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 消化器外科医に必要なAcute Care Surgery 消化器外科医に必要なAcute Care Surgeryトレーニングコースとは?
    村上 壮一, 平野 聡, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 日本消化器外科学会総会 71回 WS4 -4 2016年07月 [査読有り][通常論文]
  • 亜全胃温存膵頭十二指腸切除術(SSPPD)における胃空腸側々吻合の胃内容排泄遅延(DGE)に対する効果の検討
    蔦保 暁生, 中村 透, 浅野 賢道, 野路 武寛, 田本 英司, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 71回 P3 -11 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 中村透, 平野聡, 浅野賢道, 田中公貴, 中西喜嗣, 野路武寛, 海老原裕磨, 倉島庸, 村上壮一, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明 日本膵切研究会プログラム・抄録集 43rd 41 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 田中公貴, 海老原裕磨, 中西喜嗣, 浅野賢道, 野路武寛, 中村透, 岡村圭祐, 土川貴裕, 倉島庸, 村上壮一, 七戸俊明, 平野聡 日本膵切研究会プログラム・抄録集 43rd 90 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 野路武寛, 寺村紘一, 寺村紘一, 浅野賢道, 中村透, 田中公貴, 中西喜嗣, 海老原裕磨, 倉島庸, 村上壮一, 土川貴裕, 岡村圭祐, 七戸俊明, 平野聡 日本膵切研究会プログラム・抄録集 43rd 75 2016年07月 [査読無し][通常論文]
  • 肝葉切除+膵頭十二指腸切除(MajorHPD)の治療成績
    田本 英司, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 426 -426 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝動脈浸潤を伴う局所進行膵癌に対する拡大手術の意義
    浅野 賢道, 中村 透, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 437 -437 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 右肝動脈偏位症例に対する全胆道・十二指腸温存膵頭切除術の手術手技のポイント
    土川 貴裕, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 454 -454 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における肝内胆管癌術後予後規定因子の検討
    山田 徹, 中西 喜嗣, 三井 潤, 川瀬 寛, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 28回 618 -618 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 上野 峰, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子 北海道外科雑誌 61 (1) 111 -112 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 齋藤 崇宏, 田本 英司, 川瀬 寛, 三井 潤, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 土川 貴裕, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 61 (1) 112 -112 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 小野 雅人, 田本 英司, 三井 潤, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭裕, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 61 (1) 113 -114 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔内出血を来した腎癌大網転移の1例
    吉見 泰典, 海老原 裕磨, サシーム・パウデル, 川瀬 寛, 田中 公貴, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡, 畑中 佳奈子 北海道外科雑誌 61 (1) 121 -121 2016年06月 [査読無し][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 小切開・鏡視外科学会雑誌 7 (1) 31 -31 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 平野 聡, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 野路 武寛, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明 日本外科系連合学会誌 41 (3) 427 -427 2016年05月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌に対するArtery first approach DP-CARを用いた局所進行性膵体部癌の連続80症例の切除に関する長期結果(Long-term results of 80 consecutive resection of locally advanced pancreatic body cancer using DP-CAR: Right-sided approach to the celiac artery intended to R0 resection)
    中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PD -1 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 新規腹腔鏡システムを用いた術中生体イメージングの臨床応用と開発
    田中 公貴, 海老原 裕磨, 猪子 和穂, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 李 黎明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 YT -4 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室における腹腔鏡下脾温存尾側膵切除術(LSPDP)の安全性確保のための取り組み
    鯉沼 潤吉, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 OP -010 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 切除不能膵・胆道癌に対する非手術療法後adjuvant surgeryの意義
    浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 村上 壮一, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中西 喜嗣, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 IST -1 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部領域癌に対する動脈合併切除の手術成績
    野路 武寛, 岡村 圭祐, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -103 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 七戸 俊明, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 倉島 庸, 鯉沼 潤吉, 田中 公貴, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, Poudel Saseem, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PS -111 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 外傷外科の修練はどうあるべきか 外科医に外傷外科のCompetencyを与えるための「三位一体のDamage Control Surgeryトレーニングシステム」
    村上 壮一, 七戸 俊明, 倉島 庸, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 鯉沼 潤吉, 三井 潤, 川瀬 寛, 田中 公貴, サシーム・パウデル, 溝田 知子, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 PD -13 2016年04月 [査読有り][通常論文]
  • 当科における胆管癌HPD症例における血管合併切除の検討
    岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 三井 潤, 川瀬 寛, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 蔦保 暁生, 山田 徹, 小野 雅人, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 116回 OP -064 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • 表在型食道悪性黒色腫の1切除例
    桑原 尚太, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 鯉沼 潤吉, 川瀬 寛, 三井 潤, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 野路 武寛, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 畑中 佳奈子 日本臨床外科学会雑誌 77 (3) 700 -700 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 膵膵頭部中央を走行した固有肝動脈を切離し、胃小彎アーケードを介した血流により肝血流を確保した膵頭十二指腸切除術の経験
    河合 典子, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (3) 712 -712 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • Blumgart変法による膵腸吻合の定型化で膵液漏は減少する
    蔦保 暁生, 中村 透, 齋藤 崇宏, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 77 (3) 712 -712 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 完全腹腔鏡下噴門側胃切除Double tract再建の治療成績 多施設共同プロペンシティスコアを用いた検討(Short term results of total laparoscopic proximal gastrectomy with double tract reconstruction)
    田中 公貴, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 児嶋 哲文, 奥芝 俊一, 竹内 幹也, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 88回 276 -276 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 88回 465 -465 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 完全腹腔鏡下噴門側胃切除術 ダブルトラクト再建におけるModified N吻合を使用した空腸胃吻合の工夫
    桑原 尚太, 田中 公貴, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 88回 476 -476 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • Poudel Saseem, 海老原 裕磨, 田中 公貴, 鯉沼 潤吉, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 88回 482 -482 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • 田本 英司, 平野 聡, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 胆と膵 37 (1) 75 -78 2016年01月 [査読無し][通常論文]
     
    胆道癌取扱い規約が第6版に改定され肝門部領域胆管癌が「肝内腫瘤の有無にかかわらず肝門部領域胆管に主座のある癌」と定義された。これにより従来の肝外胆管由来の肝門部胆管癌に加え、肝門浸潤を伴う肝内胆管癌も同一のものとして扱うことが可能になり、術前診断における鑑別の困難性は回避されたと言える。しかし、外科治療を行ううえでは肝外胆管癌と肝内胆管癌の双方の性質を考慮する必要がでてきた。すなわち、肝内胆管癌の性質を有する病変であれば大動脈周囲リンパ節転移の有無が予後に大きくかかわる可能性があり、さらに、左葉原発の場合には小彎リンパ節転移に注意が必要となる。今回、肝門部領域胆管癌が新たに定義されたが、外科治療を行ううえでは各施設で一定の方針で手術を行い症例を蓄積して、画像診断上の特徴や病理所見などの詳細な記録を継続し、今後の検討が可能な態勢を維持することが必要と考える。(著者抄録)
  • 野路武寛, 土川貴裕, 岡村圭祐, 中西喜嗣, 浅野賢道, 中村透, 田中公貴, 海老原裕磨, 倉島庸, 村上壮一, 七戸俊明, 平野聡 日本消化器外科学会雑誌(Web) 49 (Supplement2) 2016年
  • 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 = The Hokkaido journal of surgery 60 (2) 120 -125 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡外科/ロボット支援手術における安全管理 メディカルスタッフを含む合同シンポジウム エネルギーデバイス安全使用のためのハンズオンセミナー学習効果
    溝田 知子, 渡邊 祐介, Madani Amin, 倉島 庸, Poudel Saseem, 田中 公貴, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) SY29 -4 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵切除術のピットフォールとその対策 教室における腹腔鏡下脾臓温存膵体尾部切除術(LSPDP)の工夫と短期成績
    鯉沼 潤吉, 海老原 裕磨, サシーム・パウデル, 田中 公貴, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 野路 武寛, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) WS26 -1 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡手術における安全確実な膵消化管吻合術、完全腹腔鏡から小開腹まで 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術における鏡視下膵空腸吻合
    海老原 裕磨, 田中 公貴, 鯉沼 潤吉, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) WS36 -2 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡手術の技術分析 科学的な指導のために 認知タスク分析およびデルファイ法による腹腔鏡下幽門側胃切除術指導のための客観的技能評価法開発
    倉島 庸, 比企 直樹, 渡邊 祐介, 松田 達雄, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) PD2 -7 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡手術後鎮痛における腹膜下膨潤麻酔の有用性についての検討
    宮崎 大, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS10 -2 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • Acute Care Surgeryにおける内視鏡外科の応用とその是非
    村上 壮一, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 鯉沼 潤吉, 田中 公彦, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS40 -7 2015年12月 [査読有り][通常論文]
  • 当教室における頭頸部腫瘍に対する腹腔鏡補助下遊離空腸採取術の手術成績
    蔦保 暁生, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS63 -3 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室におけるTLSPGJ-RY(Totally Laparoscopic Stomach-Partitioning Gastrojejunostomy R-Y)の治療成績
    櫛引 敏寛, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS63 -4 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 田中 公貴, 海老原 裕磨, Saseem Poudel, 鯉沼 潤吉, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平口 悦郎, 児嶋 哲文, 奥芝 俊一, 竹内 幹也, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS100 -3 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 小野 雅人, 倉島 庸, 田中 公貴, 鯉沼 潤吉, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 七戸 俊明, 三橋 智子, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS165 -6 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 食道粘膜下腫瘍に対する腹臥位胸腔鏡下腫瘍摘出術の有用性
    川瀬 寛, 海老原 裕磨, サシーム・パウデル, 倉島 庸, 村上 壮一, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS208 -7 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 雅一, 田中 公貴, 鯉沼 潤吉, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS275 -7 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌に対する鏡視下手術の生存因子とProne手術の優位性
    田中 公貴, 海老原 裕磨, Poudel Saseem, 鯉沼 潤吉, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS306 -3 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 七戸 俊明, 海老原 祐磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 鯉沼 潤吉, 田中 公貴, サシーム・パウデル, 溝田 知子, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 20 (7) OS309 -3 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 土川 貴裕, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 60 (2) 120 -125 2015年12月 [査読無し][通常論文]
     
    肝門部胆管癌は黄疸で発症することが多いが、診断時にはすでに進行癌であることが多く予後不良な疾患である。近年、画像診断精度の向上と相まって合併症を未然に防ぐ周術期管理法や手術手技も進歩し、肝門部胆管癌の治療成績が徐々に改善してきている。本稿では、胆管癌の特徴的な進展様式に基づいた正確な術前診断法、術後肝不全を未然に防ぐための肝機能評価と周術期管理法、安全性と根治性の両立を目指す手術術式の変遷、補助化学療法の最新のエビデンスに着目し肝門部胆管癌の外科治療について概説する。(著者抄録)
  • 蔦保 暁生, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 60 (2) 193 -193 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 胆管内乳頭状腫瘍との鑑別を要した大腸癌肝転移の1例
    山田 徹, 野路 武寛, 吉見 泰典, 三井 潤, 川瀬 寛, 中西 善嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子 北海道外科雑誌 60 (2) 200 -200 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 吉見 泰典, 中村 透, 山田 徹, 川瀬 寛, 三井 潤, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 60 (2) 201 -202 2015年12月 [査読無し][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 癌の臨床 61 (5) 331 -337 2015年11月 [査読無し][通常論文]
  • 浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 外科 77 (11) 1251 -1255 2015年11月 [査読無し][通常論文]
     
    外傷性膵損傷は膵臓の解剖学的な特徴により他臓器損傷を合併することが多く,治療方針および施行術式は多岐にわたる.重症例,特に血管損傷を合併した膵頭部損傷例ではdamage control surgeryを積極的に適応することで救命率の向上が期待できる.外傷性膵損傷のマネジメントは消化器外科スキルの集合体にほかならず,日ごろから肝胆膵外科領域における研鑽を十分に積む必要がある.(著者抄録)
  • 用手補助下胸腔鏡手術VS腹臥位、当教室における胸腔鏡下食道切除術の短期成績
    福田 直也, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道医学雑誌 90 (2) 155 -155 2015年11月 [査読無し][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 癌の臨床 = Japanese journal of cancer clinics 61 (5) 331 -337 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔動脈合併尾側膵切除(DP-CAR)が適応となる局所進行膵体部癌症例の術前予後予測システム構築とその適正性評価
    三浦 巧, 平野 聡, 市之川 正臣, 中村 透, 那須 裕也, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 土川 貴裕, 七戸 俊明 日本臨床外科学会雑誌 76 (10) 2588 -2588 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 簡便・強固な鏡視下体腔内結紮法 Aberdeen knotの開発と強度評価
    宮崎 大, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (10) 2591 -2591 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 局所進行切除不能膵癌に対し総肝動脈合併膵頭十二指腸切除(PD-CHAR)によるAdjuvant surgeryを施行した1例
    上野 峰, 中村 透, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (10) 2592 -2592 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 胆嚢癌血管浸潤症例の手術成績
    那須 裕也, 岡村 圭祐, 溝田 知子, 市之川 正臣, 福田 直也, 鯉沼 潤吉, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (10) 2593 -2593 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 用手補助下胸腔鏡手術VS腹臥位、当教室における胸腔鏡下食道切除術の短期成績
    福田 直也, 海老原 裕磨, 宮崎 大, 金井 基錫, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (10) 2598 -2598 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道におけるACSの実際と外科医に対する理想のACSトレーニング
    村上 壮一, 七戸 俊明, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 5 (2) 163 -163 2015年10月 [査読有り][通常論文]
  • 上行大動脈弓部置換術後の大動脈食道瘻に対し、TEVAR内挿後、胸腔鏡下食道切除術を施行した一例
    上村 志臣, 七戸 俊明, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 鯉沼 潤吉, 田中 公貴, サシーム・パウデル, 若狭 哲, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 5 (2) 211 -211 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 地域の外科救急を守るAcute Care Surgery 地域小規模病院における、高エネルギー外傷症例の診療体制の工夫 特に3次搬送までの対応について
    野路 武寛, 阿部島 滋樹, 村上 壮一, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 376 -376 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 膵IPMNの手術適応と術式 IPMN切除後再発例の検討および縮小手術の妥当性
    浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 中西 喜嗣, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 427 -427 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 外科救急診療に内視鏡外科手術を導入するためには何が必要か?
    村上 壮一, 七戸 俊明, 海老原 裕磨, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 中村 透, 倉島 庸, 野路 武寛, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 鯉沼 潤吉, 田中 公貴, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 547 -547 2015年10月 [査読有り][通常論文]
  • Blumgart変法による膵腸吻合の定型化で膵瘻は減少する
    齋藤 崇宏, 中村 透, 蔦保 暁生, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 761 -761 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 河合 典子, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 田本 英司, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 895 -895 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 表在型食道原発悪性黒色腫の1例
    桑原 尚太, 海老原 裕磨, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 倉島 庸, 野路 武寛, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 939 -939 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同胃局所切除術の一例
    枝村 達磨, サシーム・パウデル, 村上 壮一, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 野路 武寛, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (増刊) 1186 -1186 2015年10月 [査読無し][通常論文]
  • 食道平滑筋腫に対する腹臥位胸腔鏡下腫瘍核出術
    溝田 知子, 七戸 俊明, サシーム・パウデル, 宮崎 大, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 76 (9) 2337 -2337 2015年09月 [査読無し][通常論文]
  • 中西 喜嗣, 平野 聡, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 浅野 賢道, 七戸 俊明 外科 77 (8) 892 -895 2015年08月 [査読無し][通常論文]
     
    肝門部胆管癌における門脈枝塞栓術(portal vein embolization:PVE)について総説する.肝門部胆管癌においては,閉塞性黄疸による黄疸肝状態であることが多く,PVE施行前に予定残肝側の胆道ドレナージを行うことが必要である.肝切除とともに肝外胆管切除・再建,リンパ節郭清が必須であり,膵頭十二指腸切除,門脈や肝動脈切除・再建などが必要となることもある.すなわち,肝門部胆管癌における肝切除は肝細胞癌や転移性肝癌に対するそれと比較して,減黄がなされたとしても切除肝の状態が不良である可能性が高いこと,手術がもたらす侵襲度も大きいため,PVE適応基準としての残肝率(ratio of the future liver remnant volume/ total liver volume:%FLR)はより大きめに設定するべきであり,%FLR<40%とする施設が多い.(著者抄録)
  • 田本 英司, 中西 喜嗣, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 胆道 29 (3) 521 -521 2015年08月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌の内視鏡下手術 2015年までの総括 当科における胸腔鏡下食道手術の変遷 用手補助下手術から腹臥位手術への移行
    海老原 裕磨, 七戸 俊明, 倉島 庸, 野路 武寛, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 69回 13 -13 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 膵臓と胆道 腹腔動脈合併切除を伴う膵尾部切除術(DPCAR)における三段階アプローチ(Pancreas and biliary tract Three-step approaches in distal pancreatectomy with en bloc celiac axis resection(DPCAR))
    平野 聡, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 野路 武寛, 七戸 俊明 日本消化器外科学会総会 70回 ISY -5 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 集学的治療 肝胆膵 切除不能進行胆道癌の治療戦略 adjuvant surgeryの意義
    田本 英司, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 70回 O -7 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 用手補助下胸腔鏡手術から腹臥位へ、当教室における胸腔鏡下食道切除術後合併症減少への工夫
    福田 直也, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 70回 P -33 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 長期成績から見たIPMNの治療戦略
    那須 裕也, 中村 透, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 70回 P -121 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • Borderline resectable膵癌の集学的治療(症例検討) DP-CARを積極的に適応する体尾部borderline resectable膵癌の治療成績 頭部癌との比較から
    中村 透, 平野 聡, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 野路 武寛, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 七戸 俊明 日本消化器外科学会総会 70回 PD -5 2015年07月 [査読無し][通常論文]
  • 遠位膵切除の術式と成績 局所進行膵体部癌に対するDP-CARの治療成績
    田本 英司, 櫛引 敏弘, サシーム・パウデル, 宮崎 大, 那須 裕也, 市之川 正臣, 鯉沼 潤吉, 福田 直也, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 394 -394 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 迷わない確実な膵吻合術を目指して1 Blumgart変法および膵管空腸粘膜外縛り8針法による膵空腸吻合の定型化
    市之川 正臣, 中村 透, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 418 -418 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝内胆管癌の治療方針 肝内胆管癌には左右差があるか
    岡村 圭祐, 平野 聡, 土川 貴裕, 田本 英司, 野路 武寛, 鯉沼 潤吉, 市之川 正臣, 村上 壮一, 海老原 裕麿, 倉島 庸, 中村 透, 七戸 俊明 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 427 -427 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • Borderline resectable膵癌とその治療方針 DP-CARを積極的に適応する体尾部borderline resectable膵癌の治療成績 頭部borderline resectableとの比較
    中村 透, 平野 聡, 市之川 正臣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 鯉沼 潤吉, 福田 直也, 那須 裕也, 七戸 俊明 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 431 -431 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 主膵管型IPMNに対する手術術式の検討 病理学的検索からみた縮小手術の可能性
    土川 貴裕, 野路 武寛, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 540 -540 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵癌局所環境におけるCAFマーカーpalladinの発現は独立した予後因子である
    佐藤 大介, 土川 貴裕, 三橋 智子, 畑中 豊, 野見 武寛, 倉島 庸, 海老原 祐磨, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 松野 吉宏, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 27回 567 -567 2015年06月 [査読無し][通常論文]
  • 中村 透, 平野 聡, 市之川 正臣, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 野路 武寛, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 外科 77 (5) 544 -550 2015年05月 [査読無し][通常論文]
     
    腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)を遂行するにあたり,適応例の選択ならびにR0切除を確実に施行するための手術手技アプローチの基本について概説する.(著者抄録)
  • 肝門部胆管癌に対する手術適応の限界 肝胆膵 肝門部胆管癌に対する肝動脈門脈合併切除再建術を伴うHPD
    岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 野路 武寛, 福田 直也, 市之川 正臣, 倉島 庸, 海老原 裕麿, 村上 壮一, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 SY -7 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆膵 腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)を施行した局所進行膵体部癌症例における術前因子を用いた予後予測指標
    市之川 正臣, 三浦 巧, 中村 透, 那須 裕也, 福田 直也, 米森 敦也, 金井 基錫, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -061 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 食道胃接合部癌に対する手術手技 コツとピットフォール 上部消化管 食道胃接合部癌に対する胸腔鏡・腹腔鏡を用いた手術手技
    海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 SY -13 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 上部消化管 腹臥位食道切除術の定型化 腹側剥離先行の「三枚おろし法」によるen blocリンパ節郭清
    七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 金井 基錫, 宮崎 大, サシーム・パウデル, 土川 貴裕, 田本 英司, 中村 透, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -124 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 上部消化管 Delphi法を用いた腹腔鏡下胃幽門部切除術の研修のための評価スケールの開発(Development of an assessment scale for the training of laparoscopic distal gastrectomy using Delphi methodology)
    倉島 庸, 比企 直樹, 渡邊 祐介, 本多 通孝, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 IS -7 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 局所進行膵癌に対するR0をめざした手術手技 肝胆膵 局所進行膵体部癌に対するR0をめざした腹腔動脈合併切除の手術手技
    中村 透, 平野 聡, 市之川 正臣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 福田 直也, 那須 裕也, 七戸 俊明 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 SY -16 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆膵 肝門部領域癌に対する動脈合併切除を伴う肝切除 肝動脈血流再建における動門脈吻合(APS)と動脈-動脈吻合
    野路 武寛, 土川 貴裕, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 田本 英司, 村上 壮一, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -280 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • その他 基本的な内視鏡手術の研修に関する2Dおよび3D内視鏡システムの効果に関する比較研究(The comparative study on the effect of 2D and 3D endoscopic system on the training of basic endoscopic surgical procedures)
    Poudel Saseem, 倉島 庸, 溝田 智子, 本谷 康二, 宮崎 大, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -253 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆膵 pNET肝転移症例に対する分子標的薬治療
    土川 貴裕, 岡村 圭祐, 中村 透, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会定期学術集会抄録集 115回 OP -286 2015年04月 [査読無し][通常論文]
  • 【進行膵・胆道癌における血管合併切除の諸問題】 膵癌における腹腔動脈幹周囲浸潤例の切除戦略
    市之川 正臣, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 三浦 巧 胆と膵 36 (3) 253 -256 2015年03月 [査読無し][通常論文]
     
    腹腔動脈幹・脾動脈根部・総肝動脈への直接浸潤あるいはその神経叢浸潤が疑われる局所進行膵体部癌に対してはDP-CARの適応を検討する。1998年5月〜2008年12月に当教室で施行したDP-CAR連続50症例の生存期間中央値は観察期間45.3ヵ月(中央値)の時点で24.7ヵ月であった。術前血小板数、術前CRP値、術前CA19-9値を用いDP-CAR適応症例を群分けする予後予測スコアリングシステムは、各群における予後を的確に反映し、より精密な症例選択を可能とする。また、膵頭体移行部癌で総肝動脈・脾動脈根部浸潤が疑われた症例に対し、総肝動脈・脾動脈合併膵頭十二指腸切除術を施行し良好な短期成績を得た症例を経験したので併せて紹介する。化学療法・放射線療法など集学的治療を組み合わせることでPDにおける動脈合併切除も盛んに行われるようになってきた。(著者抄録)
  • 上部進行胃癌に対する完全腹腔鏡下胃全摘術D2郭清(TLTGS)
    海老原 裕磨, 高野 博信, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 87回 233 -233 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 教育を目的とした腹腔鏡下幽門側胃切除認知タスク分析および技能評価スケール開発
    倉島 庸, 比企 直樹, 渡邊 祐介, 本多 通孝, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 87回 316 -316 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • 野路 武寛, 岡村 圭祐, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 臨床外科 70 (1) 36 -39 2015年01月 [査読無し][通常論文]
     
    <ポイント>胆道悪性腫瘍の治療成績向上には術前・術中の胆汁漏出予防策も重要な要素である.術前胆汁漏れを減らすために,術前減黄はできる限り内視鏡的胆道ドレナージとする.術中胆汁漏れを減らすためのポイントは,確実な手術操作と胆管の切離を標本摘出の最後に行うことである.(著者抄録)
  • 七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 平野 聡 オペナーシング 29 (12) 1100 -1108 2014年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室における腹臥位による胸腔鏡下食道切除術の定型化
    海老原 裕磨, 七戸 俊明, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 北海道外科雑誌 59 (2) 207 -207 2014年12月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌手術成績向上に向けた術前栄養評価法の検討
    宮崎 大, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 59 (2) 207 -208 2014年12月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 平野 聡, 中村 透, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 倉島 庸, 海老原 裕磨 臨床外科 69 (11) 219 -222 2014年10月 [査読無し][招待有り]
     
    <最近の知見と重要ポイント>膵切離手術の術後膵液瘻(POPF)を完全に防止する方法は現状では存在しない.POPFが存在しない場合,ドレーンの早期抜去が推奨される.POPFの存在が疑われる場合,ドレーンの早期交換が推奨される.ERASは膵切離および全摘手術におけるPOPFの発生率に影響を与えないが,合併症全体の発生率を有意に抑制する.POPFが発生しても,ドレナージが良好であれば治療としての禁食は不要である.最近,ソマトスタチンアナログがPOPFを減らすという報告がある.(著者抄録)
  • 消化器外科高度侵襲手術周術期の中心静脈血酸素飽和度測定による術後合併症リスクの予測
    宮崎 大, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 659 -659 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 宮田 惟, 金井 基錫, 那須 裕也, 市之川 正臣, 福田 直也, 米森 敦也, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 873 -873 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 脾動脈瘤塞栓後に腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除術を施行し得た膵インスリノーマの1例
    桐山 琴衣, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 874 -874 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 術中に高度の胃静脈環流不全を呈した膵頭十二指腸切除の1例
    工藤 彰彦, 中村 透, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (増刊) 874 -874 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 認知タスク分析による腹腔鏡下幽門側胃切除術の視覚・言語化と技能評価スコアの開発
    倉島 庸, 渡邊 祐介, サシーム・パウデル, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 288 -288 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • インターネットカンファレンスを始める、広げる 「内視鏡外科チームテレカンファレンス」を実例に
    七戸 俊明, 村上 壮一, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 金井 基錫, 宮崎 大, サシーム・パウデル, 松本 譲, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 290 -290 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 日本の外科教育のシステムと環境(System and environments of surgical education in Japan)
    倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 294 -294 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下幽門側胃切除Roux-en-Y再建術における腹腔鏡下Aberdeen knotを用いたPetersen's defect閉鎖の工夫
    宮崎 大, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 440 -440 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除術における脾動脈へのアプローチ法
    猪子 和穂, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 金井 基錫, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 489 -489 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸GISTに対し腹腔鏡下十二指腸部分切除術を施行した一例
    本谷 康二, 倉島 庸, 野路 武寛, 金井 基錫, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 706 -706 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室における鏡視下食道癌根治術症例の中長期成績
    福田 直也, 海老原 裕磨, 宮崎 大, 金井 基錫, 野路 武寛, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 792 -792 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • HATSからProneへ、胸腔鏡下食道切除術の術式選択の根拠と手術遂行のための対策
    七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 金井 基錫, 宮崎 大, サシーム・パウデル, 松本 譲, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 19 (7) 806 -806 2014年10月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室における若手外科医へのAcute Care Surgery教育の取り組み
    村上 壮一, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 中村 透, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 金井 基錫, 宮崎 大, サシーム・パウデル, 本谷 康二 Japanese Journal of Acute Care Surgery 4 (2) 195 -195 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 大動脈食道瘻に対する治療戦略
    本谷 康二, 七戸 俊明, サシーム・パウデル, 宮崎 大, 那須 裕也, 市之川 正臣, 福田 直也, 米森 敦也, 金井 基錫, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 Japanese Journal of Acute Care Surgery 4 (2) 228 -228 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 暢人, 松本 譲, 中西 喜嗣, 松村 祥幸, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 田本 英司, 村上 壮一, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (9) 2628 -2628 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除を施行した膵ガストリノーマの1例
    横山 啓介, 海老原 裕磨, サシーム・パウデル, 野口 美紗, 高野 博信, 芦立 嘉智, 佐藤 暢人, 蔵前 太郎, 松村 祥幸, 村上 壮一, 田本 英司, 倉島 庸, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (9) 2642 -2642 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 東海林 安人, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 金井 基錫, 蔵前 太郎, 佐藤 暢人, 市之川 一臣, 中島 誠一郎, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (9) 2643 -2644 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 外傷性膵頭部損傷、十二指腸離断に対してDCS施行後に二期的膵頭十二指腸切除術を施行した1例
    猪子 和穂, 松本 譲, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (9) 2648 -2648 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔動脈合併尾側膵切除術により胆管狭窄を来した1例
    高橋 瑞奈, 松本 譲, 佐藤 暢人, 村上 壮一, 田本 英司, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 75 (9) 2649 -2649 2014年09月 [査読無し][通常論文]
  • 【高齢者に対する癌治療ベストプラクティス】 胆道癌
    田本 英司, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 野路 武寛 消化器外科 37 (9) 1433 -1438 2014年08月 [査読無し][通常論文]
     
    著者らが行った75歳以上の後期高齢者の胆道癌症例の背景因子、短期・長期手術成績を比較し、あわせて適応基準の妥当性および高齢者胆道癌に対する手術の意義も検討した。胆道癌症例451例を対象に75歳未満の若年者群と75歳以上の高齢者群に分けた結果、1)胆道癌全症例のうち、若年者は331例、高齢者は120例であり、最高齢は86歳、性別は高齢者群で有意に女性が多かった。2)短期成績については肝膵同時切除施行症例の最高齢は78歳、肝葉切除施行例の最高齢は86歳で、両術式とも高齢者群で女性が有意に多かったが、背景因子と術後合併症については両術式とも有意差は認められなかった。また、亜全胃温存膵頭十二指腸切除施行症例については、術後合併症において腎機能障害、せん妄、腹腔内膿瘍の発生は有意に高齢者群に多かった。3)長期成績については胆嚢癌で低侵襲な術式が有意に多かったものの、胆道癌全体の予後については有意差はみられなかった。以上より、著者らの施設における手術適応の基準は妥当なものであると考えられ、長期生存例も存在したことから、高齢胆道癌患者に対する手術の意義はあると考えられた。
  • 多中心性多発胆管癌に対し肝膵同時切除を施行した1例
    高橋 瑞奈, 松本 譲, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子 胆道 28 (3) 507 -507 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 肝内結石との鑑別が困難であった石灰化を有する肝門部胆管癌の1例
    猪子 和穂, 松本 譲, 佐藤 暢人, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 佐藤 大介, 三橋 智子, 高橋 一宏 胆道 28 (3) 549 -549 2014年08月 [査読無し][通常論文]
  • 鏡視下に行うサルベージ手術 手術成績と長期予後
    七戸 俊明, 海老原 祐磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 金井 基錫, 蔵前 太郎, 松本 譲, 宮崎 大, 土川 貴裕, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 68回 86 -86 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 進行食道胃接合部癌に対する胸腔鏡・腹腔鏡を用いた手術手技
    海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 68回 108 -108 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌におけるリンパ節郭清のポイントと術中トラブル対処法 上部進行胃癌に対する完全腹腔鏡下胃全摘術D2郭清(TLTG+S)のポイントとトラブル対処法
    海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 69回 VSY -2 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 内視鏡外科手術の発展のために今できること
    七戸 俊明, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 宮崎 大, Poudel Saseem, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 69回 O -29 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻の重症化予測
    中村 透, 平野 聡, 佐藤 暢人, 田本 英司, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 日本消化器外科学会総会 69回 O -45 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における食道癌再建の方法とその治療成績 縫合不全の少ない安全な吻合を目指して
    蔵前 太郎, 海老原 裕磨, 七戸 俊明, 猪子 和穂, 宮崎 大, 倉島 庸, 金井 基錫, 村上 壮一, 土川 貴裕, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 69回 P -105 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 完全腹腔鏡下尾側膵切除術における膵切離デバイスの選択
    古川 聖太郎, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 69回 P -125 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • Acute care surgeryの実践を目指した試み 消化器外科教室における外傷外科診療の現状と取り組み
    村上 壮一, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 中村 透, 海老原 裕磨, 倉島 庸 日本消化器外科学会総会 69回 WS -9 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 血管合併切除を伴う肝門部胆管癌の手術手技 肝門部胆管癌に対する門脈合併切除術の腫瘍学的意義
    田本 英司, 平野 聡, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明 日本消化器外科学会総会 69回 VSY -6 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における胸部食道癌に対する腹臥位胸腔鏡下手術の検討 開胸、HATS、腹臥位の比較
    金井 基錫, 海老原 裕磨, 蔵前 太郎, 倉島 庸, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本消化器外科学会総会 69回 P -136 2014年07月 [査読無し][通常論文]
  • 一般外科医師への外傷外科トレーニングコースの有用性 ATOM(Advanced Trauma Operative Management)外傷外科トレーニングコース受講後に経験した穿通性腎外傷の1例を通して
    村上 壮一, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 中村 透, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 野路 武寛, 大柏 秀樹, 武岡 哲良 Japanese Journal of Acute Care Surgery 4 (1) 46 -50 2014年07月 [査読無し][通常論文]
     
    70歳代女。右上腹部に柳刃包丁が刺さった状態で発見された。右上腹部に柳刃包丁が刃を頭側に向けて刺さっており、救急隊によりタオルで固定されていた。明らかな外出血や、腹部膨隆は認めなかった。CTを撮像したところ、包丁先端は右腎を貫通して広背筋にまで到達していたが、腹腔内の血液貯溜は軽度であった。手術は刺創を拡大してtrauma incisionとした経腹直筋開腹で施行した。包丁は肝S5、胆嚢、右腎を貫通、上腎動脈の分枝2本を切断していた。腎動静脈をテーピングしサテンスキー鉗子でクランプした後、包丁を丁寧に抜去し上腎動脈を結紮した。腎実質の損傷は腎盂を吸収糸で縫合後、プレジェットを付けた吸収糸にて、腎実質の前面、背面をそれぞれ縫合閉鎖した。損傷した胆嚢は摘出、肝損傷部は電気メスによる凝固止血のみ行い、右腎前面にドレーンを留置し手術を終了した。術後24日目に退院となった。
  • 膵癌に対する新たな治療戦略 非切除膵癌 切除不能膵癌に対する化学(放射線)治療奏功例におけるAdjuvant Surgeryの意義
    中村 透, 平野 聡, 佐藤 暢人, 東海林 安人, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 田本 英司, 松本 譲, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 七戸 俊明 膵臓 29 (3) 425 -425 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 診断時切除不能膵癌に対するadjuvant surgeryにおける切除範囲の検討
    高野 博信, 中村 透, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 膵臓 29 (3) 638 -638 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 局所進行膵癌における血管合併切除術の工夫と成績 局所進行膵体尾部癌における腹腔動脈合併切除術の工夫と成績
    中村 透, 平野 聡, 佐藤 暢人, 東海林 安人, 市ノ川 一臣, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 金井 基錫, 蔵前 太郎, 中島 誠一郎, 米森 敦也, 七戸 俊明 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 371 -371 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 絶対に漏れない胆道再建のコツ 複数の吻合孔をもつ胆管空腸吻合のコツと実際
    岡村 圭祐, 平野 聡, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 松本 譲, 中村 透, 海老原 裕麿, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 佐藤 暢人, 野路 武寛, 金井 基錫, 東海林 安人, 中島 誠一郎, 米森 敦也, 宮崎 大, 佐藤 大介 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 375 -375 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝・膵同時切除術の現況 胆道癌に対する肝膵同時切除の臨床的意義についての検討
    松本 譲, 平野 聡, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 中西 善嗣, 米森 敦也, 中島 誠一郎, 佐藤 暢人, 東海林 安人, 金井 基錫, 市ノ川 一臣, 蔵前 太郎 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 396 -396 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における高齢者の膵癌切除例の検討
    東海林 安人, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 金井 基錫, 蔵前 太郎, 佐藤 暢人, 中島 誠一郎, 米森 敦也, 市ノ川 一臣, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 452 -452 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者胆管癌に対する肝切除症例の検討
    米森 敦也, 平野 聡, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 松本 譲, 中村 透, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 佐藤 暢人, 七戸 俊明 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 454 -454 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道悪性腫瘍に対する肝切除における術後合併症軽減に向けた術前栄養学的リスク評価法の検討
    宮崎 大, 松本 譲, 佐藤 暢人, 東海林 安人, 米森 敦也, 市ノ川 一臣, 蔵前 太郎, 金井 基錫, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 471 -471 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵管stent tubeを指標に部分切除を行った膵solidpseudopapillary neoplasmの1例
    本谷 康二, 松本 譲, 米森 敦也, 中島 誠一郎, 東海林 安人, 市ノ川 一臣, 蔵前 太郎, 金井 基錫, 佐藤 暢人, 中西 喜嗣, 浅野 賢道, 村上 壮一, 田本 英司, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 571 -571 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部胆管原発神経内分泌腫瘍(NET)の1例
    高橋 瑞奈, 松本 譲, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 江藤 和範, 佐藤 大介, 三橋 智子 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 655 -655 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 当科での肝膵同時切除(HPD)における膵腸吻合法の工夫 完全外瘻挿管密着法
    佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 671 -671 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 門脈圧亢進症による難治性小腸出血に対して、門脈大循環バイパス術(H shunt)を施行し、止血し得た1例
    古川 聖太郎, 松本 譲, 猪子 和穂, 宮崎 大, 中島 誠一郎, 米森 敦也, 佐藤 暢人, 蔵前 太郎, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 681 -681 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 教室におけるpNETに対する集学的治療方針
    土川 貴裕, 佐藤 暢人, 海老原 裕磨, 倉島 傭, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 26回 745 -745 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 多中心性多発胆管癌に対し肝膵同時切除術を施行した1例
    高橋 瑞奈, 松本 譲, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 海老原 裕磨, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 三橋 智子 北海道外科雑誌 59 (1) 65 -65 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵内胆管壁外転移を認めた中上部胆管癌の1例
    古川 聖太郎, 松本 譲, 中島 誠一郎, 米森 敦也, 蔵前 太郎, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 59 (1) 65 -66 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 分枝型IPMN様微小病変からの発生が示唆された浸潤性膵管癌の1例
    猪子 和穂, 松本 譲, 佐藤 暢人, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡, 佐藤 大介, 三橋 智子 北海道外科雑誌 59 (1) 86 -87 2014年06月 [査読無し][通常論文]
  • 各施設における外科系若手医師教育の取り組みと問題点 それぞれの立場から これからの日本の外科教育に何が必要か
    倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科系連合学会誌 39 (3) 552 -552 2014年05月 [査読無し][通常論文]
  • 倉島 庸, 佐藤 暢人, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (2) 66 -66 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 中村 透, 平野 聡, 佐藤 暢人, 浅野 賢道, 東海林 安人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 115 (2) 128 -128 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 野口 美紗, 平野 聡, 高橋 瑞奈, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 115 (2) 67 -67 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (2) 329 -329 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 田本 英司, 平野 聡, 七戸 俊明, 田中 栄一, 土川 貴裕, 松本 譲, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 蔵前 太郎, 市之川 一臣, 佐藤 暢人, 東海林 安人, 中島 誠一郎, 松村 祥幸 日本外科学会雑誌 115 (2) 355 -355 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 平野 聡, 田本 英司, 野呂 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 佐藤 暢人, 七戸 俊明, 倉島 庸, 田中 栄一, 土川 貴裕, 松本 譲, 中村 透, 海老原 裕磨, 蔵前 太郎, 東海林 安人, 市ノ川 一臣, 中島 誠一郎, 松村 祥幸, 芦立 嘉智, 宮崎 大 日本外科学会雑誌 115 (2) 374 -374 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 暢人, 土川 貴裕, 中村 透, 東海林 安人, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 松本 譲, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (2) 511 -511 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 土川 貴裕, 佐藤 暢人, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (2) 514 -514 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 野路 武寛, 平野 聡, 田中 栄一, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 115 (2) 595 -595 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 松本 譲, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸 日本外科学会雑誌 115 (2) 745 -745 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 松村 祥幸, 蔵前 太郎, 宮崎 大, 田中 栄一, 土川 貴裕, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (2) 989 -989 2014年03月05日 [査読無し][通常論文]
  • 若手外科医の育成 大学と関係病院の連携 外科研修医教育の現状に関するサーベイ いつ、だれが、どのようなカリキュラムで教えているのか?
    倉島 庸, 佐藤 暢人, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 66 -66 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 女性外科医の労働環境とキャリア形成 女性外科医が継続して働ける環境のために 外科医として出産・育児を経験した立場から
    野口 美紗, 平野 聡, 高橋 瑞奈, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 67 -67 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • Borderline resectable膵癌 術前診断と治療方針の将来展望 DP-CARを積極的に適応する体尾部borderline resectable膵癌の治療成績 頭部癌との比較から
    中村 透, 平野 聡, 佐藤 暢人, 浅野 賢道, 東海林 安人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 128 -128 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 当教室における腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の定型化への取り組み
    海老原 裕磨, 松村 祥幸, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 329 -329 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部胆管癌に対する肝動脈合併切除を伴う肝門部en bloc切除の意義
    田本 英司, 平野 聡, 七戸 俊明, 田中 栄一, 土川 貴裕, 松本 譲, 中村 透, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 蔵前 太郎, 市之川 一臣, 佐藤 暢人, 東海林 安人, 中島 誠一郎, 松村 祥幸 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 355 -355 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 平野 聡, 田本 英司, 野路 武寛, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 佐藤 暢人, 七戸 俊明, 倉島 庸, 田中 栄一, 土川 貴裕, 松本 譲, 中村 透, 海老原 裕磨, 蔵前 太郎, 東海林 安人, 市ノ川 一臣, 中島 誠一郎, 松村 祥幸, 芦立 嘉智, 宮崎 大 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 374 -374 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸温存膵頭切除術の改変術式"modified DPPHR"の臨床的意義
    佐藤 暢人, 土川 貴裕, 中村 透, 東海林 安人, 浅野 賢道, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 松本 譲, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 511 -511 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 膵内分泌腫瘍肝転移症例に対する集学的治療戦略 ガイドライン作成に向けた問題点とエビデンスの確立
    土川 貴裕, 佐藤 暢人, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 514 -514 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道癌に対する肝門板切除術の短期・長期成績 尾状葉切除を伴わない拡大胆管切除
    野路 武寛, 平野 聡, 田中 栄一, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 595 -595 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道癌に対する肝膵同時切除の臨床的意義についての検討
    松本 譲, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 745 -745 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 両肺換気・右気胸下の腹臥位食道切除術は標準術式となり得る
    七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 松村 祥幸, 蔵前 太郎, 宮崎 大, 田中 栄一, 土川 貴裕, 平野 聡 日本外科学会雑誌 115 (臨増2) 989 -989 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 食道胃接合部癌の外科治療 開腹vs内視鏡外科手術 進行食道胃接合部癌に対する胸腔鏡・腹腔鏡併用アプローチによる手術手技
    海老原 裕磨, 高橋 瑞奈, 蔵前 太郎, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 86回 203 -203 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 当科におけるModified N-shape吻合を用いた完全腹腔鏡下噴門側胃切除、double tract再建術
    蔵前 太郎, 海老原 裕磨, 七戸 俊明, 松村 祥幸, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 平野 聡 日本胃癌学会総会記事 86回 256 -256 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • TS-1/CDDP療法後に腹腔鏡下胃全摘・16b1郭清術を施行したStage IV胃癌の1例
    高橋 瑞奈, 海老原 裕磨, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 田本 英司, 中村 透, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡, 佐々木 尚英, 菅野 宏美 日本胃癌学会総会記事 86回 375 -375 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 【膵切除をめぐる最近の話題】 腹腔動脈合併尾側膵切除におけるR0切除の方法
    平野 聡, 土川 貴裕, 中村 透, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 田本 英司, 村上 壮一, 松本 譲, 岡村 圭佑, 七戸 俊明 外科 76 (2) 176 -181 2014年02月 [査読無し][通常論文]
     
    腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)は従来の術式では切除不能とされる腹腔動脈や総肝動脈,脾動脈根部,あるいはそれらの周囲神経叢に浸潤した局所進行膵体部癌に対し,癌遺残のない(R0)切除を可能にする術式である.その特徴として術野が後腹膜腔の深部にいたり,大動脈周囲や腹腔動脈,上腸間膜動脈(SMA)の根部での操作を必要とする点で従来の膵切除と比較して難度が高い.本術式で確実にR0切除を行うには,三次元的な術野に対応可能な多段階の系統的切除法を行うことが有用であると考えられる.(著者抄録)
  • Acute Care Surgeryのこれから Acute Care Surgery普及のための方策
    平野 聡, 七戸 俊明, 村上 壮一 日本腹部救急医学会雑誌 34 (2) 372 -372 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 外傷性膵頭部損傷、十二指腸離断に対して膵頭十二指腸切除術を施行した1例
    猪子 和穂, 松本 譲, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本腹部救急医学会雑誌 34 (2) 467 -467 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 肝動脈コイル塞栓後に発生した肝内仮性動脈瘤に対するIVR止血の経験
    宮崎 大, 松本 譲, 海老原 裕磨, 佐藤 暢人, 蔵前 太郎, 松村 祥幸, 村上 壮一, 田本 英司, 倉島 庸, 中村 透, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡, 高橋 文也, 阿保 大介 日本腹部救急医学会雑誌 34 (2) 517 -517 2014年02月 [査読無し][通常論文]
  • 松本 譲, 平野 聡, 七戸 俊明, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 佐藤 暢人 臨床外科 69 (1) 44 -48 2014年01月 [査読無し][通常論文]
     
    <ポイント>腹腔動脈(CA)浸潤を伴う膵癌の切除限界とは,CAを根部で安全に処理できる解剖学的距離の限界ということのみならず,癌に切り込まずにCAを処理しR0手術を達成できる限界を意味する.CAそのものに浸潤が及んでいない場合でも,周囲神経叢への浸潤をMDCTを用いて慎重に診断する.癌に切り込むことなくCA根部に到達するためには,神経叢剥離を上腸間膜動脈分岐部の尾側から始めて,大動脈の外膜と横隔膜脚を露出しながら徐々に頭側に剥離を進める.CA根部で癌の露出が予想される場合は化学療法で腫瘍の縮小を図るべきである.(著者抄録)
  • 【上部消化管疾患に対する外科治療】 食道癌治療の最近の話題
    七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 平野 聡 北海道外科雑誌 58 (2) 111 -115 2013年12月 [査読無し][通常論文]
     
    食道癌手術においては、胸腔鏡下食道切除術の普及は目覚ましく、最近では腹臥位、人工気胸併用手術が術後合併症の軽減に寄与しているとの報告も散見される。その一方で、手術治療単独での長期予後は満足できる成績ではなく、食道癌の治療成績のさらなる向上には化学療法、放射線治療を組み合わせた集学的治療が必要である。論文では、食道癌治療の最近の話題を提供する。(著者抄録)
  • 切除不能局所進行膵癌に対し化学療法後、総肝動脈合併切除を伴う亜全胃温存膵頭十二指腸切除術により根治できた1例
    横山 啓介, 松本 譲, 宮崎 大, 芦立 嘉智, 佐藤 暢人, 蔵前 太郎, 松村 祥幸, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 北海道外科雑誌 58 (2) 186 -187 2013年12月 [査読無し][通常論文]
  • 医工連携による内視鏡手術の進歩はどこまで行くのか 蛍光スペクトル測定を付加した近赤外線腹腔鏡システムの研究開発
    海老原 裕磨, 松村 祥幸, 蔵前 太郎, 村上 壮一, 田本 英司, 倉島 庸, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡, 白銀 玲, 李 黎明 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 279 -279 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 各領域における最良のトレーニングシステムを示す 腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術に対する教育的技能評価及びフィードバックを目的としたチェックリストの開発
    サシーム・パウデル, 倉島 庸, 川原田 陽, 宮崎 恭介, 加藤 弘明, 村上 慶洋, 蔵前 太郎, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 332 -332 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌切除 #8〜#18の郭清法(開腹術と同等に行えるか) 口側胃切離先行左側アプローチによる膵上縁リンパ節郭清
    倉島 庸, 海老原 裕磨, 松村 祥幸, 佐藤 暢人, 蔵前 太郎, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 371 -371 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵切除術における膵切離法の工夫とそのエビデンスを問う 腹腔鏡下尾側膵切除術における術後膵液漏の検討
    村上 壮一, 田中 栄一, 七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 蔵前 太郎, 松村 祥幸, 宮崎 大, サシーム・パウデル, 野口 美紗, 高橋 瑞奈, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 372 -372 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 若手外科医の内視鏡外科手術トレーニング 若手外科医向け内視鏡外科トレーニング用アニマルラボの確立
    倉島 庸, 海老原 裕磨, 松村 祥幸, 佐藤 暢人, 蔵前 太郎, 中村 透, 村上 壮一, 田本 英司, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 378 -378 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 胸腔鏡下食道切除術におけるEn bloc lymph node dissection 「腹から捌く三枚おろし法」
    七戸 俊明, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 村上 壮一, 松村 祥幸, 土川 貴裕, 松本 譲, 中村 透, 田本 英司, 佐藤 暢人, 田中 栄一, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 414 -414 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における完全腹腔鏡下噴門側胃切除・double tract再建術
    蔵前 太郎, 海老原 裕磨, 七戸 俊明, 高野 博信, 宮崎 大, 佐藤 暢人, 松村 祥幸, 倉島 庸, 村上 壮一, 田本 英司, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 428 -428 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下に切除した肝外発育型血管腫の1例
    横山 啓介, 海老原 裕磨, 田本 英司, 芦立 嘉智, 佐藤 暢人, 蔵前 太郎, 松村 祥幸, 倉島 庸, 村上 壮一, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 715 -715 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 腹部ステントグラフト内挿術(EVAR)後Type2エンドリークに対し腹腔鏡下腰動脈結紮術を施行した1例
    宮崎 大, 海老原 裕磨, 芦立 嘉智, 佐藤 暢人, 蔵前 太郎, 松村 祥幸, 村上 壮一, 田本 英司, 倉島 庸, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 763 -763 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 高野 博信, 海老原 裕磨, 佐藤 暢人, 村上 壮一, 田本 英司, 倉島 庸, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本内視鏡外科学会雑誌 18 (7) 768 -768 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道における外傷外科トレーニングコースの必要性と課題 ATOM外傷外科トレーニングコース受講後に経験した穿通性腎外傷症例を通して
    村上 壮一, 七戸 俊明, 田中 栄一, 土川 貴裕, 松本 譲, 中村 透, 田本 英司, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 蔵前 太郎, 佐藤 暢人, 松村 祥幸, 宮崎 大, 高橋 瑞奈, 大柏 秀樹, 武岡 哲良, 平野 聡 日本Acute Care Surgery学会学術集会プログラム・抄録 5回 95 -95 2013年11月 [査読無し][通常論文]
  • 中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明 臨床外科 68 (11) 214 -219 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 高齢者に対する癌治療方針(胆・膵) 高齢者に対する肝門部胆管癌根治術の安全性の検討
    田本 英司, 平野 聡, 七戸 俊明, 芦立 嘉智, 佐藤 暢人, 中島 誠一郎, 市ノ川 一臣, 蔵前 太郎, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 中村 透, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 341 -341 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 佐藤 暢人, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 367 -367 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 芦立 嘉智, 松本 譲, 浅野 賢道, 佐藤 暢人, 松村 祥幸, 中島 誠一郎, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 田本 英司, 村上 壮一, 中村 透, 土川 貴裕, 田中 栄一, 七戸 俊明, 平野 聡 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 678 -678 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • 宮田 惟, 村上 壮一, 平野 聡, 七戸 俊明, 田中 栄一, 海老原 裕磨, 倉島 庸, 蔵前 太郎, 松村 祥幸, 宮崎 大, 横山 啓介, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 中村 透, 市ノ川 一臣, 佐藤 暢人, 東海林 安人, 中島 誠一郎, 芦立 嘉智, 桑谷 俊彦, 野口 美紗, 古川 聖太郎 日本臨床外科学会雑誌 74 (増刊) 1051 -1051 2013年10月 [査読無し][通常論文]
  • ベテラン外科医への腹腔鏡下虫垂切除術の指導 地域医療指導医派遣システム推進事業の一環として
    村上 壮一, 大柏 秀樹, 武岡 哲良 日本消化器外科学会総会 68回 P -158 2013年07月 [査読無し][通常論文]
  • 便秘による盲腸内圧上昇が一因と考えられた、小児急性虫垂炎術後回盲部膿瘍、虫垂断端ろうの1例
    村上 壮一, 大柏 秀樹, 武岡 哲良 日本臨床外科学会雑誌 74 (2) 590 -590 2013年02月 [査読無し][通常論文]
  • 術前のUSおよびMDCTにて爪楊枝が原因であることを確診し内視鏡手術を行った、回盲部異物穿孔の1例
    村上 壮一, 大柏 秀樹, 武岡 哲良 日本内視鏡外科学会雑誌 17 (7) 721 -721 2012年12月 [査読無し][通常論文]
  • 大柏 秀樹, 村上 壮一, 武岡 哲良 北海道外科雑誌 57 (2) 153 -156 2012年12月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は37歳、女性。主訴は咳嗽。2004年10月咳嗽が出現し当院を受診した。胸部X線上左胸水を認め、胸腔ドレナージを施行した。胸水細胞診では腺癌であった。両側乳腺腫瘍を認め、左乳房は高度に変形し、触診上は硬く胸壁固定を認めた。針生検を施行し、両側とも浸潤性乳管癌であり、StageIV乳癌と診断した。両側ともER陽性、PgR陽性、HER2陰性であり、2004年10月からホルモン療法として、タモキシフェンと酢酸ゴセレリンを投与した。左乳癌の皮膚浸潤が増悪したため、2005年6月から化学療法に変更した。化学療法はAC療法を選択し、6クール施行した。左乳癌の胸壁固定が減じ、癌性胸水もコントロールされているため2005年12月に手術を行った。左側は乳房切除、大胸筋切除術を行い、右側は乳房切除術を行った。手術により局所制御可能となりQOLは向上したが、癌性腹膜炎のために術後34ヵ月で死亡した。(著者抄録)
  • 北海道日高東部地域におけるドクターヘリ利用の現状と問題点
    村上 壮一, 高橋 功, 大柏 秀樹, 武岡 哲良 日本救急医学会雑誌 23 (10) 486 -486 2012年10月 [査読無し][通常論文]
  • 救急医療の地域格差をなくせ!!浦河における航空医療搬送の有効活用に向けて
    村上 壮一, 高橋 功, 大柏 秀樹, 武岡 哲良 日赤医学 64 (1) 162 -162 2012年09月 [査読無し][通常論文]
  • 上行結腸憩室穿通、腹壁膿瘍形成、盲腸腫瘍、虫垂粘液腫の診断で腹腔鏡補助下結腸右半切除を施行した1例
    村上 壮一, 大柏 秀樹, 武岡 哲良 日本内視鏡外科学会雑誌 16 (7) 614 -614 2011年12月 [査読無し][通常論文]
  • 浦河赤十字病院を支えられるか? 大学病院・地域中核病院循環型医師出向制度
    村上 壮一, 大柏 秀樹, 武岡 哲良, 藤森 研司 日赤医学 63 (1) 138 -138 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 鏡視下に行う食道癌サルベージ手術
    七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 村上 壮一, 田中 栄一, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 高田 実, 平野 聡 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 65回 271 -271 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部胆管癌に対する至適リンパ節郭清範囲に関する検討
    田本 英司, 平野 総, 田中 栄一, 土川 貴裕, 松本 譲, 加藤 健太郎, 高田 実, 村上 壮一, 寺本 賢一, 三浦 巧, 中山 智英, 川村 武史, 斉藤 博紀, 寺村 紘一, 楢崎 肇, 那須 裕也, 新田 健雄, 岡村 国茂 胆道 25 (3) 466 -466 2011年08月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆道癌手術における肝臓外科と胆道外科の接点 進行胆嚢癌に対する拡大肝切除術 Ventral Hepatectomyと肝右葉尾状葉切除+胆管切除+門脈切除の使い分け
    田中 栄一, 平野 聡, 土川 貴裕, 松本 譲, 加藤 健太郎, 七戸 俊明, 寺本 賢一, 村上 壮一, 高田 実, 近藤 哲 日本消化器外科学会総会 66回 285 -285 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 膵縮小手術の適応と工夫 良性疾患や良悪境界疾患に対する十二指腸温存膵頭切除術(DPPHR)
    寺本 賢一, 田中 栄一, 寺村 紘一, 楢崎 肇, 三浦 巧, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本消化器外科学会総会 66回 291 -291 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • HATSによる胸腔鏡下食道切除術 縦隔リンパ節郭清における視野展開の工夫
    七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 村上 壮一, 土川 貴裕, 松本 譲, 田中 栄一, 奥芝 俊一, 平野 聡, 近藤 哲 日本消化器外科学会総会 66回 434 -434 2011年07月 [査読無し][通常論文]
  • 田本 英司, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 高田 実, 寺本 賢一, 村上 壮一, 楢崎 肇 外科治療 104 (増刊) 654 -660 2011年06月 [査読無し][通常論文]
     
    胆嚢・胆管癌の手術は癌の種類や進行度、あるいは進展範囲によって術式が大きく異なる。疾患特有の閉塞性黄疸を呈する場合は、障害肝を呈する患者として術前に行うべき検査や処置の追加が必要となる。また、ほぼ同一の術式であっても、術前状態の違いから予想される手術侵襲、注意すべき合併症なども大いに異なるという特徴がある。したがって、進行胆嚢・胆管癌の手術を安全に行うためには周到な術前準備と綿密な治療計画を立てる必要があり、術後も常に合併症の発生に留意し、発生時には最も迅速に対応できるようなチーム内の知識の共有と体勢の確立が必要である。(著者抄録)
  • 門脈右枝・左枝両方の狭窄を伴うBismuth IV型の肝門部胆管癌の一切除例
    新田 健雄, 田中 栄一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 川村 武史, 齋藤 博紀, 中山 智英, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 北海道外科雑誌 56 (1) 59 -60 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝静脈還流領域を指標とした拡大肝左葉・尾状葉切除の一例
    岡村 国茂, 田中 栄一, 寺村 紘一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 中山 智英, 三浦 巧, 寺本 賢一, 村上 壮一, 高田 実, 田本 英司, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 北海道外科雑誌 56 (1) 60 -60 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 安全かつ根治性の高い肝門部胆管癌手術とは? 肝門部胆管癌根治術における安全性と根治性を高めるための工夫
    松本 譲, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 150 -150 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆膵外科領域で習得すべき血行再建手技(1) 肝門部悪性腫瘍に対する門脈合併切除・再建のポイント
    寺村 紘一, 平野 聡, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一, 近藤 哲 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 196 -196 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除後ISGPF grade B、Cの膵液瘻防止対策(1) 膵頭十二指腸切除術後の膵液瘻 重症化の予測因子とその対策
    土川 貴裕, 平野 聡, 田中 栄一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 川村 武史, 中山 智英, 三浦 巧, 斉藤 博紀, 七戸 俊明, 近藤 哲 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 199 -199 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 肝亜区域切除の工夫 肝亜区域切除における近赤外線イメージングの有用性
    楢崎 肇, 田中 栄一, 寺本 賢一, 村上 壮一, 田本 英司, 高田 実, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 225 -225 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 門脈再建を先行し二期的に右3区域切除を施行した残肝門脈狭窄を伴う肝内胆管癌の1例
    田本 英司, 平野 総, 田中 栄一, 七戸 俊明, 松本 譲, 加藤 健太郎, 高田 実, 寺本 賢一, 村上 壮一, 三浦 巧, 寺村 紘一, 楢崎 肇, 那須 裕也, 土川 貴裕 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 270 -270 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔動脈合併膵尾側切除術(DP-CAR)における郭清の要点と成績
    高田 実, 平野 聡, 三浦 巧, 田本 英司, 村上 壮一, 寺本 賢一, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一, 近藤 哲 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 273 -273 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵実質のみを切除する十二指腸・胆道・脾温存膵全摘術
    和田 雅孝, 田中 栄一, 平野 聡, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 高田 実, 田本 英司, 村上 壮一, 寺本 賢一 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 274 -274 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除におけるSMA周囲リンパ節神経叢郭清
    寺本 賢一, 田中 栄一, 宮谷内 健吾, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 那須 裕也, 中山 智英, 川村 武史, 齋藤 博紀, 三浦 巧, 田本 英司, 村上 壮一, 高田 実, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 23回 280 -280 2011年06月 [査読無し][通常論文]
  • 平野 聡, 近藤 哲, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一 日本外科学会雑誌 112 (1) 192 -192 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • 松本 譲, 近藤 哲, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一 日本外科学会雑誌 112 (1) 253 -253 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • 七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 村上 壮一, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 高田 実, 田中 栄一, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (1) 306 -306 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • 高田 実, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 田本 英司, 村上 壮一, 寺本 賢一, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (1) 404 -404 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • 川村 武史, 田中 栄一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 斎藤 博樹, 中山 智英, 三浦 巧, 田本 英司, 高田 実, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (1) 546 -546 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • 新田 健雄, 田中 栄一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 川村 武史, 斉藤 博紀, 中山 智英, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (1) 623 -623 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 田中 栄一, 平野 聡, 七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 中山 智英, 楢崎 肇, 新田 健雄, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 高田 実, 川村 武史, 三浦 巧, 齋藤 博紀, 那須 裕也, 寺村 紘一, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (1) 674 -674 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • 寺本 賢一, 田中 栄一, 新田 建雄, 寺村 紘一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 齋藤 博紀, 中山 智英, 川村 武史, 三浦 巧, 村上 壮一, 高田 実, 田本 英司, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (1) 746 -746 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • 中山 智英, 田中 栄一, 新田 健雄, 寺村 紘一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 川村 武史, 斉藤 博紀, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (1) 810 -810 2011年05月25日 [査読無し][通常論文]
  • Current strategy for pancreatic cancer 腹腔動脈合併尾側膵切除(DP-CAR)と術後補助化学療法を組み合わせた局所進行膵体部癌に対する新しい治療体系(Current strategy for pancreatic cancer Distal pancreatectomy with en bloc celiac axis resection (DP-CAR) followed by adjuvant therapy as a novel strategy for adv
    平野 聡, 近藤 哲, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 192 -192 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 膵機能温存、脾温存、低侵襲の膵切除術 適応と術式 十二指腸温存膵頭切除における温存胆管周囲膵実質切除の工夫
    松本 譲, 近藤 哲, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 253 -253 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 食道鏡視下手術の工夫 食道鏡視下手術における用手補助下胸腔鏡手術(HATS)の有用性
    七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 村上 壮一, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 高田 実, 田中 栄一, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 306 -306 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 進行胆道癌に対する右肝動脈再建を伴う肝左葉切除の意義
    高田 実, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 田本 英司, 村上 壮一, 寺本 賢一, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 404 -404 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道癌症例に対する肝葉切除後の肝不全の術前予測因子
    川村 武史, 田中 栄一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 斎藤 博樹, 中山 智英, 三浦 巧, 田本 英司, 高田 実, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 546 -546 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除後におけるGrade C膵液瘻合併予測因子の検討
    新田 健雄, 田中 栄一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 川村 武史, 斉藤 博紀, 中山 智英, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 623 -623 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 新TNM分類による肝門部胆管癌の予後判定 旧TNM分類、胆道癌取扱い規約との比較
    村上 壮一, 田中 栄一, 平野 聡, 七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 中山 智英, 楢崎 肇, 新田 健雄, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 高田 実, 川村 武史, 三浦 巧, 齋藤 博紀, 那須 裕也, 寺村 紘一, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 674 -674 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 術後長期生存例からみたstageIV胆嚢癌に対する治療戦略の検討
    寺本 賢一, 田中 栄一, 新田 建雄, 寺村 紘一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 齋藤 博紀, 中山 智英, 川村 武史, 三浦 巧, 村上 壮一, 高田 実, 田本 英司, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 746 -746 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 肝内胆管癌根治切除症例における所属リンパ節郭清の意義および予後規定因子の検討
    中山 智英, 田中 栄一, 新田 健雄, 寺村 紘一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 川村 武史, 斉藤 博紀, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本外科学会雑誌 112 (臨増1-2) 810 -810 2011年05月 [査読無し][通常論文]
  • 局所過進展膵頭体部癌に対し化学放射線療法施行後にR0手術を施行しえた1例
    宮谷内 健吾, 平野 聡, 那須 裕也, 楢崎 肇, 川村 武史, 中山 智英, 三浦 巧, 寺本 賢一, 高田 実, 田本 英司, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 72 (4) 1068 -1068 2011年04月 [査読無し][通常論文]
  • 早馬 聡, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本外科感染症学会雑誌 8 (2) 149 -152 2011年04月 [査読無し][通常論文]
     
    肺癌手術後に発生した有瘻性難治性膿胸に対し、銀イオン含有抗菌性創傷被覆材(以下、アクアセルAg)を用いた治療経験について報告する。症例は57歳の女性。50歳時に右下葉原発性肺癌にて右肺下葉切除を施行されたが、術後1年5ヵ月後に右膿胸と診断され入院となった。入院2ヵ月後に開窓術、さらにその1年6ヵ月後に大網充填術を施行したが、多剤耐性緑膿菌(multi-drug resistant Pseudomonas aeruginosa:以下、MDRP)感染状態となり、吸引性肺炎を繰り返すなど治療に難渋していた。大網充填術後2年7ヵ月後より、アクアセルAgの充填を開窓した創部に対して行ったところ、経時的な創部の清浄化と創傷治癒の促進が認められた。主瘻孔は現在も残存しているが、充填1ヵ月後に小瘻孔は全て閉鎖し、創部細菌培養においてMDRPは検出されなくなった。現在アクアセルAgの充填開始から約1年が経過したが、今後さらに創部清浄化を図り、根治手術を行う予定である。(著者抄録)
  • 平野 聡, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一, 近藤 哲 肝胆膵画像 13 (2) 131 -137 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    右3区域切除術における胆管の切離限界点は門脈左枝臍部の左側縁にあたる.肝門部胆管癌のうち右からの肝切除が必要な症例で,水平(胆管長軸)方向進展がこの限界点を越えないが,右葉切除の限界点である門脈臍部右縁を越えて進展するものが本術式の適応となる.胆管癌の水平方向の進展度診断は浸潤癌の場合,精密胆道造影におけるテーパリングを伴う狭窄像で診断可能であるが,表層拡大進展の診断は容易でなく,生検を含めた複数のmodalityを総合的に評価して診断を確定する必要がある.本術式は定型的肝切除の中で肝切除量は最大となり,黄疸肝に対してこれを行う場合には肝予備能の良好な例が適応となるが,その厳密な評価とともに減黄処置や門脈塞栓など,的確な周術期管理が求められる.(著者抄録)
  • 【肝・胆道系症候群(第2版) その他の肝・胆道系疾患を含めて 肝外胆道編】 胆嚢 その他 特発性胆嚢穿孔
    村上 壮一, 高橋 利幸, 妻鹿 成治, 近藤 哲 日本臨床 別冊 (肝・胆道系症候群III) 481 -486 2011年02月 [査読無し][通常論文]
  • 膀胱癌術後再発にて直腸輪状狭窄を呈した1例
    加藤 健太郎, 七戸 俊明, 新田 建雄, 寺村 紘一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 川村 武史, 中山 智英, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 平野 聡, 近藤 哲, 安部 崇重, 佐澤 陽, 野々村 克也, 小野 尚子 日本大腸肛門病学会雑誌 64 (2) 100 -100 2011年02月 [査読無し][通常論文]
  • Bevacizumab治療中に卵巣腫瘍茎捻転を発症し緊急手術を行った1例
    村上 壮一, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜, 米原 利栄, 杉元 重治, 堀 祐治, 藤澤 泰憲 癌と化学療法 38 (1) 139 -141 2011年01月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は47歳、女性。多発肝転移を伴うS状結腸癌にて腹腔鏡補助下S状結腸切除術施行後、FOLFOX4を3コース、FOLFIRIを9コース行った。CT上肝転移の増大を認めたため、bevacizumab(BV)200mg/bodyをFOLFIRIと併用で開始した。13コース目のBV投与後4日目より下腹部痛が出現、CTにて明らかな消化管穿孔の所見を認めず、右卵巣が最大径約20cmと著明に腫大していたため卵巣転移の増大による痛みと考えた。経口オピオイドの投与を開始したが除痛されず、患者と家族に手術の危険性を十分に説明した上で、16日目に緊急手術を施行した。手術は下腹部正中切開にて施行、右卵巣腫瘍の茎捻転であった。両側付属器切除。切除標本の病理診断は原発性の卵巣癌であった。術後BVの副作用を疑う症状は出現せず、13日目に抗癌剤治療再開のため内科転科となった。(著者抄録)
  • 尾側膵切除後に膵頭部癌に対して亜全胃温存膵頭十二指腸切除を施行し膵体部を温存した1例
    新田 健雄, 田中 栄一, 那須 裕也, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 川村 武史, 齋藤 博紀, 中山 智英, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 平野 聡, 近藤 哲 北海道外科雑誌 55 (2) 176 -177 2010年12月 [査読無し][通常論文]
  • 胃癌術後、食道癌術後の膵IPMCに対して膵頭十二指腸切除術を施行した1例
    川村 武史, 田中 栄一, 齋藤 博紀, 中山 智英, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 北海道外科雑誌 55 (2) 178 -179 2010年12月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 田中 栄一, 平野 聡 外科治療 103 (5) 488 -494 2010年11月 [査読無し][通常論文]
  • 平野 聡, 近藤 哲, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一 外科 72 (11) 1164 -1169 2010年11月 [査読無し][通常論文]
     
    膵頭十二指腸切除術は適応とする疾患ごとに異なるリンパ節・神経叢郭清が求められる。膵頭部癌においては日本を含めた複数のランダム化比較試験(randomized controlled trial:RCT)によって、かつて本邦で主流であった拡大郭清の意義はうすれ、症例に応じて癌の遺残のない標準的な切除を行い、術後の生活の質(QOL)を維持することに主眼がおかれ始めた。一方、下部胆管癌、十二指腸乳頭部癌の高度リンパ節転移例に対する積極的なリンパ節郭清は、いまだ治療的意義を有すると考えられるが、神経叢郭清はほとんどの場合、膵頭周囲の限局的郭清のみで十分である。(著者抄録)
  • 【知っておきたい癌取扱い規約のポイント 日本と世界の違い】 胆道癌
    村上 壮一, 田中 栄一, 平野 聡, 七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 中山 智英, 楢崎 肇, 新田 健雄, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 高田 実, 川村 武史, 三浦 巧, 齋藤 博紀, 那須 裕也, 寺村 紘一, 近藤 哲 外科治療 103 (5) 488 -494 2010年11月 [査読無し][通常論文]
     
    本邦の胆道癌取扱い規約は切除標本を詳細に調べ分類することで予後や今後の治療法を検討することを主な目的とし作成されている。これに対し国際規約であるUICC-TNMは非切除症例も含めた胆道癌症例を分類し、予後と関連づけることを大きな目的としており、画像的診断を含めた比較的大まかな情報を元に予後などを検討することができる。本稿ではこの2つの規約を比較し、図表を交えわかりやすく解説する。(著者抄録)
  • 高田 実, 平野 聡, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 田本 英司, 村上 壮一, 寺本 賢一, 三浦 巧, 近藤 哲 消化器外科 33 (12) 1809 -1819 2010年11月 [査読無し][通常論文]
  • 大腸癌の両葉多発肝転移に対し、二期的切除を施行した1例
    中田 玲子, 平野 聡, 七戸 俊明, 田中 栄一, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 高田 実, 田本 栄一, 村上 壮一, 寺本 賢一, 三浦 巧, 齋藤 博紀, 中山 智英, 川村 武史, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (10) 2737 -2737 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門板切除2年後に発生した胆管空腸吻合部近傍の腫瘤の一例
    高田 実, 平野 聡, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (10) 2739 -2739 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 術後3年3ヵ月後に断端再発を来たした表層拡大進展を伴う胆管癌の1例
    寺村 紘一, 田中 栄一, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (10) 2739 -2739 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除後の膵空腸吻合縫合不全に対し、経胃的な完全外瘻を施行し治癒し得た2例
    楢崎 肇, 田中 栄一, 近藤 哲, 平野 聡, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 七戸 俊明, 田本 英司, 村上 壮一, 高田 実, 寺本 賢一, 川村 武史, 三浦 巧, 中山 智英, 斎藤 博紀 日本臨床外科学会雑誌 71 (10) 2740 -2740 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝胆膵悪性腫瘍に対する内視鏡手術の導入 手術手技の工夫、評価と展望 膵の低悪性度病変に対する腹腔鏡下膵切除
    田中 栄一, 七戸 俊明, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 松本 譲, 寺本 賢一, 村上 壮一, 高田 実, 川村 武史, 中山 智英, 三浦 巧, 齋藤 博紀, 平野 聡, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 345 -345 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 血管浸潤を伴った胆道癌の外科切除 その手術手技と切除の意義と限界 肝門部胆管癌に対する血管合併切除を伴う肝門部en bloc切除
    田本 英司, 近藤 哲, 高田 実, 村上 壮一, 寺本 賢一, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一, 平野 総 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 350 -350 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除における術後合併症とその対策 膵頭十二指腸切除後の仮性動脈瘤合併症例の検討
    中山 智英, 田中 栄一, 川村 武史, 三浦 巧, 斉藤 博紀, 寺本 賢一, 田本 英司, 高田 実, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 372 -372 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部胆管癌根治術における安全性と根治性の確保 術前処置と肝門部en bloc切除の術中操作
    平野 聡, 近藤 哲, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 426 -426 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部悪性腫瘍に対する肝S1+S4切除 根治性と安全性を損なわないための注意点
    松本 譲, 田中 栄一, 平野 聡, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 426 -426 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝左葉尾状葉切除、門脈楔状合併切除再建、右肝動脈合併切除再建における胆管切離の要点と、近赤外線イメージングを用いた再建動脈の開存評価
    楢崎 肇, 田中 栄一, 川村 武史, 三浦 巧, 中山 智英, 寺本 賢一, 高田 実, 村上 壮一, 田本 英司, 七戸 俊明, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 平野 聡, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 456 -456 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 中上部胆管癌に対する新しい術式 肝外胆管亜全切除術
    和田 雅孝, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 村上 壮一, 寺本 賢一, 田本 英司, 高田 実, 中山 智英, 川村 武史, 三浦 巧, 平野 聡, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 460 -460 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 那須 裕也, 田中 栄一, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 527 -527 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝切離法の工夫 区域同定にPDE
    中田 玲子, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 松本 譲, 加藤 健太郎, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 平野 聡, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 533 -533 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • ss胆嚢癌における手術成績の検討
    寺本 賢一, 田中 栄一, 那須 裕也, 和田 雅孝, 楢崎 肇, 中山 智英, 川村 武史, 村上 壮一, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 537 -537 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 肝細胞癌と鑑別が困難であった肝尾状葉血管筋脂肪腫の1例
    村上 壮一, 近藤 哲, 近江 亮, 佐藤 健太郎, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 71 (増刊) 610 -610 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 胸腔鏡下食道癌手術(HATS)における左反回神経周囲リンパ節郭清手技
    七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 村上 壮一, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 高田 実, 川村 武史, 中山 智英, 三浦 巧, 齊藤 博紀, 田中 栄一, 平野 聡, 近藤 哲 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 381 -381 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • S状結腸を利用した腹腔鏡下造腟術を安全に施行し得た1例
    三浦 巧, 七戸 俊明, 川村 武史, 齋藤 博紀, 中山 智英, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 平野 聡, 近藤 哲 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 444 -444 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除の適応と成績
    田中 栄一, 加藤 健太郎, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 松本 譲, 寺本 賢一, 村上 壮一, 田本 英司, 高田 実, 平野 聡, 近藤 哲 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 534 -534 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下尾側膵切除後に偶発した、門脈、脾静脈内血栓症の1例
    村上 壮一, 田中 栄一, 七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 川村 武史, 中山 智英, 那須 裕也, 楢崎 肇, 和田 雅孝, 平野 聡, 近藤 哲 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 535 -535 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹臥位による胸腔鏡下食道粘膜下腫瘍核出術の有用性
    七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 村上 壮一, 土川 貴裕, 松本 譲, 田本 英司, 高田 実, 川村 武史, 中山 智英, 三浦 巧, 齊藤 博紀, 寺村 紘一, 田中 栄一, 平野 聡, 近藤 哲 日本内視鏡外科学会雑誌 15 (7) 565 -565 2010年10月 [査読無し][通常論文]
  • 長期生存が得られた多発性胃原発髄外性形質細胞腫の1例
    早馬 聡, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本消化器病学会雑誌 107 (臨増大会) A806 -A806 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 体質性Indocyanine Green(ICG)排泄異常症にFOLFOX4による肝障害を合併したと思われた転移性肝癌症例に対し肝右葉切除を行った1例
    村上 壮一, 近藤 哲, 近江 亮, 堀 祐治, 吉田 美穂, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本消化器病学会雑誌 107 (臨増大会) A890 -A890 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 最近の膵がん、胆道がんに対する集学的治療 当初切除不能膵癌に対するadjuvant治療としての切除療法
    加藤 健太郎, 近藤 哲, 川村 武史, 斉藤 博紀, 中山 智英, 三浦 巧, 高田 実, 田本 英司, 寺本 賢一, 村上 壮一, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 田中 栄一, 平野 聡 日本癌治療学会誌 45 (2) 494 -494 2010年09月 [査読無し][通常論文]
  • 高度進行胆道癌に対する肝動脈合併切除再建を伴う肝切除の安全性
    高田 実, 平野 聡, 田本 英司, 村上 壮一, 寺本 賢一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 田中 栄一, 近藤 哲 胆道 24 (3) 442 -442 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 胆管癌症例における膵頭十二指腸切除術後膵液瘻の検討
    中山 智英, 田中 栄一, 和田 雅孝, 中田 玲子, 那須 裕也, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 川村 武史, 三浦 巧, 斉藤 博紀, 寺本 賢一, 高田 実, 田本 英司, 村上 壮一, 加藤 健太郎, 松本 譲, 土川 貴裕, 七戸 俊明, 平野 聡, 近藤 哲 胆道 24 (3) 443 -443 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 中上部胆管癌に対する肝外胆管亜全切除術の検討
    村上 壮一, 田中 栄一, 七戸 俊明, 加藤 健太郎, 寺本 賢一, 川村 武史, 中山 智英, 那須 裕也, 楢崎 肇, 和田 雅孝, 平野 聡, 近藤 哲 胆道 24 (3) 444 -444 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部胆管癌に対する肝切除後の術後肝不全の発症要因の検討
    川村 武史, 田中 栄一, 和田 雅孝, 中田 玲子, 那須 裕也, 楢崎 肇, 寺村 紘一, 斎藤 博紀, 中山 智英, 三浦 巧, 寺本 賢一, 村上 壮一, 高田 実, 田本 英司, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 平野 聡, 近藤 哲 胆道 24 (3) 456 -456 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 近赤外線イメージングの胆道手術への応用
    楢崎 肇, 田中 栄一, 中田 玲子, 和田 雅孝, 那須 裕也, 寺村 紘一, 斎藤 博紀, 中山 智英, 三浦 巧, 川村 武史, 寺本 賢一, 高田 実, 村上 壮一, 田本 英司, 七戸 俊明, 松本 譲, 加藤 健太郎, 土川 貴裕, 平野 聡, 近藤 哲 胆道 24 (3) 461 -461 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 肝門部胆管癌と胆嚢癌の同時性重複癌の1例
    和田 雅孝, 田中 栄一, 七戸 俊明, 土川 貴裕, 加藤 健太郎, 松本 譲, 村上 壮一, 寺本 賢一, 田本 英司, 高田 実, 中山 智英, 川村 武史, 三浦 巧, 斉藤 博紀, 那須 裕也, 寺村 紘一, 中田 玲子, 近藤 哲 胆道 24 (3) 466 -466 2010年08月 [査読無し][通常論文]
  • 直腸浸潤をきたした虫垂癌の1例
    佐藤 謙太郎, 近江 亮, 村上 壮一, 早馬 聡, 山吹 匠, 米森 敦也, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 北海道外科雑誌 55 (1) 66 -66 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • Meckel憩室に起因する腸閉塞の2例
    近江 亮, 二瓶 和喜, 猪俣 斉, 村上 壮一, 早馬 聡, 山吹 匠, 米森 敦也 日本腹部救急医学会雑誌 30 (2) 381 -381 2010年02月 [査読無し][通常論文]
  • 急速な経過をたどった乳腺間質肉腫の1例
    村上 壮一, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜, 都築 直人, 森 道夫 乳癌の臨床 25 (1) 83 -87 2010年02月 [査読無し][通常論文]
     
    83歳女性。患者は右乳房の腫瘤と発赤を主訴とした。マンモグラフィでは右L領域に40×30mm、notchを伴う辺縁微細鋸歯状、高濃度の腫瘤が認められ、カテゴリー5であった。また、乳腺超音波では右乳房BD領域に形状不整な高エコー等の混在する腫瘤がみられ、一部には後方エコーの減弱がみられた。一方、胸腹部造影CTでは右BD領域に多結節状、内部不均一で小結節を伴う腫瘍が確認され、穿刺吸引細胞診にて右乳房肉腫と診断された。治療として右胸筋温存乳房切除術および腋窩リンパ節郭清が施行され、病理組織学的に本症例は乳腺間質肉腫であった。だが、術後4ヵ月経過で局所再発をはじめ多発肺転移、肝臓・脾臓・右腎臓に転移が認められ、患者は術後182日目に死亡となった。
  • 当院NST介入者における退院後の追跡調査
    小田原 のりえ, 信行 祐子, 赤澤 知美, 坂田 浩子, 千葉 美也子, 田澤 勤, 近江 令司, 土井 竜樹, 稲荷 弥生, 早馬 聡, 村上 壮一, 古川 真, 北川 浩彦 静脈経腸栄養 25 (1) 357 -357 2010年01月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下膵尾側切除術を施行した膵内分泌腫瘍の1例
    村上 壮一, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 ひとし, 二瓶 和喜 日本内視鏡外科学会雑誌 14 (7) 576 -576 2009年12月 [査読無し][通常論文]
  • 銀イオン含有抗菌性創傷被覆材(アクアセルAg)が奏功した肺癌手術後の有瘻性難治性膿胸の1例
    早馬 聡, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本外科感染症学会雑誌 6 (5) 562 -562 2009年11月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における胃GISTに対する手術術式の検討
    早馬 聡, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 527 -527 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 術前に診断しえた回腸魚骨穿通の一例
    服部 敏之, 村上 壮一, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 近江 亮, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 70 (増刊) 988 -988 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 直腸goblet cell carcinoidの1例
    山吹 匠, 近江 亮, 米森 敦也, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜, 森 道夫 日本消化器病学会雑誌 106 (臨増大会) A859 -A859 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 釧路赤十字病院におけるBLS及びICLS講習会の現状と課題
    村上 壮一, 上田 卓郎, 川名 利晃, 古川 真, 堀 祐治, 米原 利栄, 岸 祐一, 道念 正樹, 高橋 大介, 辻川 さおり, 工藤 祥太, 宮崎 博士, 臼田 裕美子, 二瓶 和喜 日赤医学 61 (1) 179 -179 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 腹部打撲を契機に発見された後腹膜腫瘍の一例
    服部 敏之, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日赤医学 61 (1) 224 -224 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • アバスチン治療中に急性壊死性胆嚢炎穿孔で緊急手術した1例
    村上 壮一, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 胆道 23 (3) 529 -529 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • 骨盤放線菌症によるS状結腸狭窄の1例
    米森 敦也, 近江 亮, 米原 利栄, 齋藤 博紀, 山吹 匠, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 70 (8) 2570 -2570 2009年08月 [査読無し][通常論文]
  • 山吹 匠, 近江 亮, 米森 敦也, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1308 -1308 2009年07月01日 [査読無し][通常論文]
  • 経腸栄養療法が著効した胃癌手術後、縫合不全の1例
    早馬 聡, 村上 壮一, 近江 亮, 北川 浩彦, 古川 真, 坂田 浩子, 小田原 のりえ, 赤澤 知美, 信行 祐子, 二瓶 和喜 静脈経腸栄養 24 (4) 957 -957 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • AFP-producing gastric carcinoma with enteroblastic differentiationの1例
    山吹 匠, 近江 亮, 米森 敦也, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本消化器外科学会雑誌 42 (7) 1308 -1308 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胃全摘術における食道胃空腸吻合で、自動縫合器に胃ゾンデを噛み込んだ場合の対処について
    村上 壮一, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 70 (6) 1896 -1896 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • Bard Ventralexを用いて臍ヘルニア根治術を施行した2例
    山吹 匠, 近江 亮, 齊藤 博紀, 米森 敦也, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 70 (6) 1904 -1905 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 後腹膜膿瘍を繰り返し腹腔鏡補助下右半結腸切除術を施行した上行結腸憩室炎の1例
    山吹 匠, 近江 亮, 米森 敦也, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 北海道外科雑誌 54 (1) 60 -60 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 乳腺神経内分泌癌の4例
    米森 敦也, 近江 亮, 山吹 匠, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 17回 607 -607 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • ソナゾイド術中造影超音波にて切除可能となった肝細胞癌の1例
    村上 壮一, 近江 亮 日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集 21回 339 -339 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • リーバクト顆粒服用中断患者への関わり
    近江 令司, 土井 竜樹, 品川 博行, 赤澤 知美, 信行 祐子, 小田原 のりえ, 坂田 浩子, 早馬 聡, 村上 壮一, 耒海 美穂, 古川 真, 北川 浩彦 静脈経腸栄養 24 (1) 283 -283 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 経腸栄養療法が著効した胃癌手術後、縫合不全の1例
    早馬 聡, 村上 壮一, 近江 亮, 北川 浩彦, 古川 真, 坂田 浩子, 小田原 のりえ, 赤澤 知美, 信行 祐子, 二瓶 和喜 静脈経腸栄養 24 (1) 361 -361 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 腹壁離開による断裂回腸より経腸栄養を行い著効した1例
    村上 壮一, 近江 亮, 坂田 浩子, 小田原 のりえ, 信行 祐子, 赤澤 知美, 早馬 聡, 古川 真, 北川 浩彦, 二瓶 和喜 静脈経腸栄養 24 (1) 461 -461 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 在宅経管栄養患者の慢性便秘に食物繊維が有効であった1例
    坂田 浩子, 小田原 のりえ, 信行 祐子, 赤澤 知美, 近江 令司, 土井 竜樹, 早馬 聡, 村上 壮一, 古川 真, 北川 浩彦 静脈経腸栄養 24 (1) 468 -468 2009年01月 [査読無し][通常論文]
  • 自転車のサドルによる外傷性十二指腸穿孔の1例
    齋藤 博紀, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 北海道外科雑誌 53 (2) 208 -208 2008年12月 [査読無し][通常論文]
  • 4型直腸癌の1例
    米森 敦也, 近江 亮, 齋藤 博紀, 山吹 匠, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 北海道外科雑誌 53 (2) 212 -213 2008年12月 [査読無し][通常論文]
  • 反復する気胸にて発症した平滑筋肉腫多発肺転移の1例
    早馬 聡, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 北海道外科雑誌 53 (2) 238 -239 2008年12月 [査読無し][通常論文]
  • 乳癌に対するEC療法における副作用の検討
    山吹 匠, 近江 亮, 齋藤 博紀, 米森 敦也, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本癌治療学会誌 43 (2) 503 -503 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • Bevacizumab治療中に卵巣腫瘍茎捻転を発症し、緊急開腹手術を行った1例
    村上 壮一, 杉元 重治, 近江 亮, 齋藤 博紀, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本癌治療学会誌 43 (2) 866 -866 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した小児胆嚢腫瘍の1例
    齋藤 博紀, 近江 亮, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 69 (増刊) 690 -690 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 食道癌肉腫の1例
    米森 敦也, 近江 亮, 齋藤 博紀, 山吹 匠, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 69 (増刊) 793 -793 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • ICLS/BLS講習会 医療安全推進におけるMRM委員会の役割と取組み
    岡田 裕貴子, 田辺 健一, 米原 利栄, 村上 壮一, 古川 真, 山口 辰美 日赤医学 60 (1) 188 -188 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 当院におけるMEのAEDに対する関わりと運用
    山田 憲幸, 尾嶋 博幸, 下重 忠幸, 斉藤 貴浩, 金山 郁巳, 熊谷 弘弥, 合田 将人, 古川 真, 村上 壮一, 山口 辰美 日赤医学 60 (1) 361 -361 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • S状結腸癌の局所再発に対する精査時にCMLと診断された患者における1手術経験
    近江 亮, 二瓶 和喜, 猪俣 斉, 村上 壮一, 早馬 聡, 山吹 匠, 齋藤 博紀, 米森 敦也 日本大腸肛門病学会雑誌 61 (9) 944 -944 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 根治術後血行性転移により急速な経過をたどった乳腺間質性肉腫の1例
    村上 壮一, 近江 亮, 齋藤 博紀, 米森 敦也, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 16回 519 -519 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 術後癒着性イレウスに対し腹腔鏡下イレウス解除術を施行した1例
    山吹 匠, 近江 亮, 室田 千晶, 齊藤 博紀, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 250 -250 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • イレウスに対する腹腔鏡下手術7例の検討
    早馬 聡, 近江 亮, 室田 千晶, 斉藤 博紀, 山吹 匠, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本内視鏡外科学会雑誌 13 (7) 251 -251 2008年09月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 近江 亮, 室田 千晶, 齋藤 博紀, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本外科学会雑誌 109 (2) 2008年04月25日 [査読無し][通常論文]
  • 当院における鼠径ヘルニアの術式選択 特に再発ヘルニアについて
    村上 壮一, 近江 亮, 室田 千晶, 齋藤 博紀, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本外科学会雑誌 109 (臨増2) 707 -707 2008年04月 [査読無し][通常論文]
  • 皮様嚢胞を合併した後腹膜原発神経節芽細胞腫の1例
    早馬 聡, 近江 亮, 室田 千晶, 斉藤 博紀, 山吹 匠, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜, 近藤 哲 日本消化器病学会雑誌 105 (臨増総会) A395 -A395 2008年03月 [査読無し][通常論文]
  • 経腸栄養療法が著効した、食道癌術後胃管壊死、胃管肺胞瘻の1例
    村上 壮一, 坂田 浩, 小田原 のりえ, 赤澤 知美, 信行 祐子 静脈経腸栄養 23 (増刊) 357 -357 2008年01月 [査読無し][通常論文]
  • 長期間反復する膵炎から重症膵炎となり仮性膵嚢胞を形成した膵管内乳頭粘液性腫瘍の一例
    近江 亮, 二瓶 和喜, 猪俣 斉, 村上 壮一, 早馬 聡, 山吹 匠, 室田 千晶 日本臨床外科学会雑誌 68 (増刊) 1075 -1075 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 副乳に発生した非浸潤性アポクリン癌の一例
    室田 千晶, 近江 亮, 齋藤 博紀, 山吹 匠, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 68 (増刊) 1135 -1135 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 粘液によりイレウスを発症した膵管内乳頭粘液性腫瘍の1例
    齋藤 博紀, 近江 亮, 山吹 匠, 室田 千晶, 早馬 聡, 村上 壮一, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 68 (増刊) 1190 -1190 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 結腸穿孔/穿通症例における腹腔鏡下手術と開腹手術の比較検討
    村上 壮一, 近江 亮, 室田 千晶, 齋藤 博紀, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 二瓶 和喜 日本内視鏡外科学会雑誌 12 (7) 358 -358 2007年11月 [査読無し][通常論文]
  • 当院におけるNSTの立ち上げと現在のシステム
    村上 壮一, 古川 真, 坂田 浩子, 小田原 のりえ, 信行 祐子, 赤澤 知美, 斉藤 惠子 日赤医学 59 (1) 101 -101 2007年09月 [査読無し][通常論文]
  • 臨床研修医指導におけるモーニングレクチャーの試み
    古川 真, 越谷 剛, 堀 祐治, 村上 壮一, 米原 利栄, 永島 哲郎 日赤医学 59 (1) 179 -179 2007年09月 [査読無し][通常論文]
  • 乳腺アポクリン癌の3例
    近江 亮, 二瓶 和喜, 猪俣 斉, 村上 壮一, 早馬 聡, 山吹 匠, 斉藤 博紀, 室田 千晶, 戸澤 雄介 日赤医学 59 (1) 203 -203 2007年09月 [査読無し][通常論文]
  • 胆嚢Malignant Peripheral Nerve Sheath Tumorの1例
    村上 壮一, 近藤 哲, 伊藤 智雄, 田村 保明, 堀 祐治, 鈴木 知勝, 米森 敦也, 戸澤 雄介, 室田 千晶, 山吹 匠, 早馬 聡, 猪俣 斉, 近江 亮, 二瓶 和喜 胆道 21 (3) 469 -469 2007年08月 [査読無し][通常論文]
  • 急性腹症にて発症し、鏡視下手術が診断、治療に有用であったCrohn病の一例
    佐川 憲明, 近江 亮, 猪俣 斉, 村上 壮一, 真木 健裕, 伊藤 貴史, 二瓶 和喜 日本内視鏡外科学会雑誌 11 (7) 276 -276 2006年12月 [査読無し][通常論文]
  • 腹腔鏡下手術を施行した胆嚢肝管瘻を伴ったmirizzi症候群の1例
    近江 亮, 二瓶 和喜, 猪俣 斉, 佐川 憲明, 村上 壮一, 真木 健裕, 伊藤 貴史 日本内視鏡外科学会雑誌 11 (7) 459 -459 2006年12月 [査読無し][通常論文]
  • 胃原発絨毛癌の1例
    真木 健裕, 近江 亮, 猪俣 斉, 佐川 憲明, 村上 壮一, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 67 (増刊) 856 -856 2006年10月 [査読無し][通常論文]
  • Kugel Patchによる閉鎖孔ヘルニア修復の1例
    村上 壮一, 真木 健裕, 佐川 憲明, 猪俣 斉, 近江 亮, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 67 (増刊) 984 -984 2006年10月 [査読無し][通常論文]
  • 同時期に治療を開始した炎症性乳癌3例の検討
    村上 壮一, 二瓶 和喜, 近江 亮, 猪俣 斉, 佐川 憲明, 真木 健裕 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 14回 458 -458 2006年05月 [査読無し][通常論文]
  • 原発性胆汁性肝硬変に合併した乳腺原発悪性リンパ腫の一例
    近江 亮, 二瓶 和喜, 猪俣 斉, 佐川 憲明, 村上 壮一, 真木 健裕, 伊藤 貴史 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 14回 517 -517 2006年05月 [査読無し][通常論文]
  • 血管の走行異常を認める膵胆管合流異常症手術に,術前3D-CTが有用であった1例
    村上 壮一, 真木 健裕, 佐川 憲明, 猪俣 斉, 近江 亮, 二瓶 和喜, 近藤 哲 日本臨床外科学会雑誌 66 (9) 2347 -2347 2005年09月 [査読無し][通常論文]
  • TrastuzumabにDocetaxel短期追加投与が奏効した骨・肝・大腸転移進行乳癌の1例
    村上 壮一, 三井 潤, 佐川 憲明, 猪俣 斉, 近江 亮, 二瓶 和喜 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 13回 268 -268 2005年05月 [査読無し][通常論文]
  • 乳癌術後17年目に出現した肝転移および肝門部リンパ節転移に対しアナストロゾールが著効を示した一例
    近江 亮, 二瓶 和喜, 猪俣 斉, 佐川 憲明, 村上 壮一, 三井 潤 日本乳癌学会総会プログラム抄録集 13回 375 -375 2005年05月 [査読無し][通常論文]
  • 中西 喜嗣, 奥芝 知郎, 直江 和彦, 村上 壮一, 川村 健, 近藤 哲 日本腹部救急医学会雑誌 25 (5) 731 -733 2005年 [査読無し][通常論文]
     
    魚骨は本邦では異物誤嚥のなかでは最も多いとされている。今回われわれは魚骨による消化管穿孔・穿通の3例を経験した。術前に魚骨穿通と診断し得たのは1例で, ほかの2例は悪性腫瘍, 急性虫垂炎と診断され手術を施行した。悪性腫瘍と診断された1例では右半結腸切除が行われた。このような過大手術をさけるためには, 腹部腫瘤, 腹痛, 発熱など本疾患を疑う症状を呈した症例に対しては発症前の食生活に対する詳細な問診, 慎重な画像の読影が必要と思われた。
  • 腹腔鏡下に切除した食道重複性嚢胞の1例
    近江 亮, 猪俣 斉, 佐川 憲明, 村上 壮一, 三井 潤, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 65 (増刊) 648 -648 2004年09月 [査読無し][通常論文]
  • 成人腸重積症を呈し腹腔鏡下に切除しえた小腸inflammatory fibroid polypの一例
    三井 潤, 近江 亮, 佐川 憲明, 猪俣 斉, 村上 壮一, 二瓶 和喜 日本臨床外科学会雑誌 65 (増刊) 727 -727 2004年09月 [査読無し][通常論文]
  • 術後15年目に腹膜播種による腹水貯留を呈し化学療法が著効した再発乳癌の1例
    金田 雅子, 近江 亮, 村上 壮一, 佐川 憲明, 二瓶 和喜, 鈴木 知勝 日本癌治療学会誌 39 (2) 755 -755 2004年09月 [査読無し][通常論文]
  • 急性膵炎術後,7年めに下血にて発症した膵癌下行結腸浸潤の1例
    近江 亮, 猪俣 斉, 佐川 憲明, 村上 壮一, 三井 潤, 二瓶 和喜 日本消化器病学会雑誌 101 (臨増大会) A866 -A866 2004年09月 [査読無し][通常論文]
  • 胆道癌診療の現状と今後の展望 遺伝子発現に基づく胆道癌遺伝子診断の可能性
    宮本 正樹, 鈴置 真人, 押切 太郎, 村上 壮一, 村川 力彦, 田中 栄一, 平野 聡, 森川 利昭, 多田 光宏, 近藤 哲 胆道 18 (3) 322 -322 2004年08月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 橋本 陶子, 金田 雅子, 佐川 憲明, 近江 亮, 二瓶 和喜 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1061 -1061 2004年07月01日 [査読無し][通常論文]
  • 佐川 憲明, 村上 壮一, 金田 雅子, 近江 亮, 二瓶 和喜 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1220 -1220 2004年07月01日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 橋本 陶子, 金田 雅子, 佐川 憲明, 近江 亮, 二瓶 和喜 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1061 -1061 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • 佐川 憲明, 村上 壮一, 金田 雅子, 近江 亮, 二瓶 和喜 日本消化器外科学会雑誌 37 (7) 1220 -1220 2004年07月 [査読無し][通常論文]
  • CD8+TILはCD4+TILとDendritic cellと共に膵癌患者の予後を改善する
    福永 亮朗, 宮本 正樹, 長 靖, 村上 壮一, 川原田 陽, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 北海道外科雑誌 49 (1) 71 -72 2004年06月 [査読無し][通常論文]
  • 福永 亮朗, 宮本 正樹, 長 靖, 村上 壮一, 川原田 陽, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭, 伊藤 智雄, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 膵臓 19 (2) 166 -168 2004年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 福永 亮朗, 宮本 正樹, 黒川 貴則, 村上 壮一, 長 靖, 上原 浩文, 海老原 裕磨, 金古 裕之, 橋本 裕之, 村上 慶洋, 七戸 俊明, 平岡 圭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 105 (0) 212 -212 2004年03月15日 [査読無し][通常論文]
  • 橋本 裕之, 宮本 正樹, 上原 浩文, 加藤 達哉, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 金古 裕之, 村上 慶洋, 高橋 亮, 妻鹿 成治, 長谷 龍之介, 李 栗, 川原田 陽, 七戸 俊明, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 大淵 俊朗, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 105 (0) 457 -457 2004年03月15日 [査読無し][通常論文]
  • Cre Recombinaseを用いた機能変換Adenovirus Vectorの作成
    福永 亮朗, 宮本 正樹, 黒川 貴則, 村上 壮一, 長 靖, 上原 浩文, 海老原 裕磨, 金古 裕之, 橋本 裕之, 村上 慶洋, 七戸 俊明, 平岡 圭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 105 (臨増) 212 -212 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 非小細胞肺癌におけるMLH1,MSH2発現の検討
    橋本 裕之, 宮本 正樹, 上原 浩文, 加藤 達哉, 村上 壮一, 海老原 裕磨, 金古 裕之, 村上 慶洋, 高橋 亮, 妻鹿 成治, 長谷 龍之介, 李 栗, 川原田 陽, 七戸 俊明, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 大淵 俊朗, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 105 (臨増) 457 -457 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 上原 浩文, 宮本 正樹, 加藤 健太郎, 長 靖, 黒川 貴則, 村上 壮一, 福永 亮朗, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本消化器外科学会雑誌 36 (7) 1117 -1117 2003年07月01日 [査読無し][通常論文]
  • 長 靖, 宮本 正樹, 七戸 俊明, 川原田 陽, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭, 村上 壮一, 福永 亮朗, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 104 (0) 417 -418 2003年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 宮本 正樹, 長 靖, 福永 亮朗, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 上原 浩文, 海老原 裕磨, 金古 裕之, 橋本 裕之, 村上 慶洋, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 104 (0) 437 -437 2003年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 福永 亮朗, 宮本 正樹, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 長 靖, 村上 壮一, 上原 浩文, 海老原 祐磨, 金古 裕之, 橋本 裕之, 村上 慶洋, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 104 (臨増) 265 -265 2003年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 海老原 裕磨, 宮本 正樹, 加藤 健太郎, 長 靖, 上原 浩文, 金古 裕之, 橋本 裕之, 村上 慶洋, 村上 壮一, 福永 亮朗, 黒川 貴則, 森川 利昭, 近藤 哲, 奥芝 俊一, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 104 (臨増) 415 -415 2003年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 上原 浩文, 宮本 正樹, 加藤 健太郎, 長 靖, 海老原 裕磨, 金古 裕之, 橋本 裕之, 村上 慶洋, 村上 壮一, 福永 亮朗, 黒川 貴則, 森川 利昭, 近藤 哲, 奥芝 俊一, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 104 (臨増) 416 -417 2003年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 食道扁平上皮癌におけるCD4+及びCD8+T細胞の予後に対する影響 CD4,CD8及びCD57に対する免疫染色より
    長 靖, 宮本 正樹, 七戸 俊明, 川原田 陽, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭, 村上 壮一, 福永 亮朗, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 104 (臨増) 417 -418 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • 肝外胆管癌におけるSrcの発現及び活性と,臨床病理学的因子・予後の免疫染色法による検討
    村上 壮一, 宮本 正樹, 長 靖, 福永 亮朗, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 上原 浩文, 海老原 裕磨, 金古 裕之, 橋本 裕之, 村上 慶洋, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 104 (臨増) 437 -437 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • 慢性虫垂炎の2例-その診断及び手術適応
    村上 壮一, 長 靖, 福永 亮朗, 安友 紀幸 日本臨床外科学会雑誌 63 (9) 2320 -2320 2002年09月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴置 真人, 宮本 正樹, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 中久保 善敬, 平岡 圭, 長 靖, 福永 亮朗, 村上 壮一, 森川 利昭, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本外科学会雑誌 103 (0) 499 -499 2002年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 黒川 貴則, 宮本 正樹, 長 靖, 福永 亮朗, 村上 壮一, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭 日本外科学会雑誌 103 (臨増) 593 -593 2002年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 長 靖, 宮本 正樹, 川原田 陽, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭, 村上 壮一 日本外科学会雑誌 103 (臨増) 463 -463 2002年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 宮本 正樹, 長 靖, 福永 亮朗, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭, 森川 利昭 日本外科学会雑誌 103 (臨増) 593 -593 2002年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 中久保 善敬, 宮本 正樹, 押切 太郎, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 鈴置 真人, 平岡 圭, 村上 壮一, 長 靖, 福永 亮朗 日本外科学会雑誌 103 (臨増) 383 -383 2002年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 加藤 健太郎, 宮本 正樹, 長 靖, 福永 亮朗, 村上 壮一, 押切 太郎, 黒川 貴則, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭 日本外科学会雑誌 103 (臨増) 593 -593 2002年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 押切 太郎, 宮本 正樹, 加藤 健太郎, 黒川 貴則, 鈴置 真人, 中久保 善敬, 平岡 圭, 長 靖, 福永 亮朗, 村上 壮一 日本外科学会雑誌 103 (臨増) 438 -438 2002年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 平口 悦郎, 佐藤 正文, 前田 喜晴, 近藤 哲, 加藤 紘之, 佐藤 昌明 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 62 (11) 2631 -2635 2001年11月25日 [査読無し][通常論文]
     
    遠隔転移を伴う甲状腺微小癌の1例を経験したので報告する.患者は63歳,男性.前頸部および左季肋部の腫瘤を主訴に当院を受診した.触診上前頸部に直径3cm,左季肋部に直径1.2cmの辺縁やや不整な硬い腫瘤を認めた.甲状腺癌の腹直筋転移と考え,甲状腺全摘術を予定したが,前頸部腫瘤と甲状腺は前頸筋群で隔絶されており,甲状腺は肉眼的に正常であった.甲状腺癌の否定はできなかったが,他の転移腫瘍の可能性も考えられ,甲状腺は温存した.摘出腫瘤の病理学的検索で核内封入体が認められ,甲状腺乳頭癌の転移と判断された.二期的に甲状腺全摘術を施行し,摘出甲状腺を全割し検索したところ,直径約1mmの乳頭癌を認め,最終的に甲状腺微小癌の前頸筋群および腹直筋転移と診断した.術後1年8カ月経過した現在再発を認めていないが,今後厳重に経過観察する必要があると思われる.
  • 村上 壮一, 平口 悦郎, 佐藤 正文, 前田 喜晴, 近藤 哲, 加藤 紘之, 佐藤 昌明 日本臨床外科学会雑誌 62 (11) 2631 -2635 2001年11月 [査読無し][通常論文]
     
    63歳男.触診で前頸部に直径3cm,左季肋部に直径1.2cmの辺縁やや不整な硬い腫瘤を認めた.甲状腺癌の腹直筋転移と考え,甲状腺全摘術を予定したが,前頸部腫瘤と甲状腺は前頸筋群で隔絶されていた.甲状腺癌の否定はできなかったが,肉眼的に正常であったため甲状腺は温存した.腫瘤摘出を行い,病理学的検索を行ったところ,核内封入体が認められ,甲状腺乳頭癌の転移と診断し,二期的に甲状腺全摘術を施行した.摘出甲状腺の病理組織所見より,直径1mmの乳頭癌を認め,甲状腺微小癌の前頸筋群および腹直筋転移と診断した.術後1年8ヵ月経過した現在も再発を認めず経過良好である
  • 胃癌,盲腸癌の術後患者に発生した肺犬糸状虫症の1例
    金古 裕之, 川村 健, 高野 真吾, 中西 喜嗣, 村上 壮一, 奥芝 知郎, 直江 和彦, 渡辺 不二夫, 熱田 友義, 加藤 紘之 日本臨床外科学会雑誌 62 (10) 2595 -2595 2001年10月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 川村 健, 中西 喜嗣, 奥芝 知郎, 直江 和彦, 熱田 友義, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本呼吸器外科学会雑誌 15 (6) 713 -717 2001年09月15日 [査読無し][通常論文]
     
    特発性縦隔気腫は比較的稀な疾患である.外傷等による続発性縦隔気腫を鑑別除外できれば,通常治療は安静のみで良く,数日中に軽快する.症例は12歳男.ランニング中に突然の胸痛と呼吸苦感を訴え,当科受診した.頸部の皮下気腫と,胸部X線及びCTにより縦隔内の気腫像を認め,縦隔気腫の診断で入院となった.外傷による続発性縦隔気腫が否定できなかった為,上部消化管内視鏡検査及び気管支胸検査を行ったが,異常所見を認めず,特発性縦隔気腫の確定診断を得て,安静,予防的抗生剤投与の保存的治療により治療を開始した.第4病日には,胸部CT上縦隔気腫は完全に消失し,第5病日に退院した.その後半年経過した現在運動等の行動制限は行っていないが,再発は認めていない
  • 村上 壮一, 川村 健, 中西 喜嗣, 奥芝 知郎, 直江 和彦, 渡辺 不二夫, 熱田 友義, 加藤 紘之 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 1215 -1215 2001年07月01日 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 川村 健, 中西 喜嗣, 奥芝 知郎, 直江 和彦, 渡辺 不二夫, 熱田 友義, 加藤 紘之 日本消化器外科学会雑誌 34 (7) 1215 -1215 2001年07月 [査読無し][通常論文]
  • 中西 喜嗣, 川村 健, 村上 壮一, 奥芝 知郎, 直江 和彦, 渡辺 不二夫, 熱田 友義 北海道外科雑誌 46 (1) 59 -59 2001年06月 [査読無し][通常論文]
  • 魚骨による消化管穿孔の3例
    中西 喜嗣, 川村 健, 村上 壮一, 奥芝 知郎, 直江 和彦, 渡辺 不二夫, 熱田 友義 日本臨床外科学会雑誌 62 (3) 847 -847 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 区域性微細石灰化を呈した若年者非触知乳癌の1例
    直江 和彦, 川村 健, 中西 善嗣, 村上 壮一, 奥芝 知郎, 渡辺 不二夫, 熱田 友義, 上野 洋男, 秋山 太 北海道外科雑誌 45 (2) 113 -113 2000年12月 [査読無し][通常論文]
  • 特発性縦隔気腫の1例
    村上 壮一, 川村 健, 中西 喜嗣, 奥芝 知郎, 直江 和彦, 渡辺 不二夫, 熱田 友義 日本臨床外科学会雑誌 61 (11) 3129 -3129 2000年11月 [査読無し][通常論文]
  • 女児に発生した膵体部solid cystic tumor(SCT)の1例
    村上 壮一, 近藤 哲, 松永 明宏, 田中 栄一, 安保 義恭, 近江 亮, 平野 聡, 大竹 節之, 加地 苗人, 伊藤 清高 日本臨床外科学会雑誌 61 (11) 3124 -3124 2000年11月 [査読無し][通常論文]
  • 膵頭十二指腸切除+尾状葉切除にて根治切除が可能であった広範囲胆管癌の1例
    松永 明宏, 近藤 哲, 近江 亮, 平野 聡, 安保 義恭, 村上 壮一, 加藤 紘之 日本臨床外科学会雑誌 61 (11) 3123 -3123 2000年11月 [査読無し][通常論文]
  • 粘液産生膵腫瘍の臨床病理学的再検討
    田中 栄一, 近藤 哲, 平野 聡, 安保 義恭, 松永 明宏, 村上 壮一, 大竹 節之, 近江 亮, 加地 苗人, 伊藤 清高 日本消化器病学会雑誌 97 (臨増大会) A707 -A707 2000年09月 [査読無し][通常論文]
  • 放射線療法後切除可能となった胸腺扁平上皮癌の1例
    村上 壮一, 森川 利昭, 杉浦 博, 加地 苗人, 寺本 賢一, 伊藤 清高, 大野 耕一, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 北海道外科雑誌 45 (1) 75 -75 2000年06月 [査読無し][通常論文]
  • 上前縦隔に発生したdesmoid tumorの1例
    寺本 賢一, 森川 利昭, 村上 壮一, 村川 力彦, 加地 苗人, 杉浦 博, 近藤 哲, 加藤 紘之 北海道外科雑誌 45 (1) 74 -74 2000年06月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 平口 悦郎, 佐藤 正文, 前田 喜晴, 近藤 哲, 加藤 紘之, 池田 健, 佐藤 昌明 癌の臨床 46 (4) 369 -373 2000年05月 [査読無し][通常論文]
     
    35歳女.左乳房内側の小腫瘤を主訴に受診した.触診上A領域及びAB領域に各々腫瘤を認め,一方は充実腺管癌,一方は乳腺症と診断したが,近接領域のため乳房扇状部分切除術にて両方の腫瘤を一塊に切除した.乳腺症と診断した腫瘤は術後病理では浸潤性小葉癌であった.多中心性乳癌は乳癌の乳房温存療法における主要な局所再発要因の一つである.この症例の経験から,副腫瘤についても多中心性乳癌の可能性を考慮し,正確な診断と適切な治療法を選択する必要があると考えられた
  • p-stage I肺腺癌切除例の予後因子の検討
    村上 壮一, 森川 利昭, 加地 苗人, 杉浦 博, 伊藤 清高, 大野 耕一, 奥芝 俊一, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本呼吸器外科学会雑誌 14 (3) 397 -397 2000年04月 [査読無し][通常論文]
  • 十二指腸潰瘍穿孔による横隔膜下膿瘍から4年後に肺化膿症をきたした1例
    寺本 賢一, 森川 利昭, 村上 壮一, 加地 苗人, 杉浦 博, 近藤 哲, 加藤 紘之 日本臨床外科学会雑誌 61 (4) 1087 -1087 2000年04月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 奥芝 俊一, 大野 耕一, 伊藤 清高, 佐藤 幸作, 小室 一輝, 近藤 哲, 加藤 紘之, 古川 浩司, 澤村 豊 日本小児外科学会雑誌 36 (2) 360 -360 2000年04月 [査読無し][通常論文]
  • 村上 壮一, 澤村 豊, 奥芝 俊一, 大野 耕一, 伊藤 清高, 佐藤 幸作, 小室 一輝, 近藤 哲, 加藤 紘之, 古川 浩司 日小外会誌 36 (2) 360 -360 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Ectopic hamartom at ous thymomaの1例
    小室 一輝, 奥芝 俊一, 大野 耕一, 伊藤 清高, 佐藤 幸作, 村上 壮一, 近藤 哲, 加藤 紘之, 古屋 充子, 清水 道生 北海道外科雑誌 44 (2) 170 -170 1999年12月 [査読無し][通常論文]
  • 縦隔気管孔再建におけるGrillo手術と筋皮弁・腸間膜フラップの併施の有用性
    伊藤 清高, 奥芝 俊一, 大野 耕一, 佐藤 幸作, 村上 壮一, 小室 一輝, 杉浦 博, 森川 利昭, 近藤 哲, 加藤 紘之 北海道外科雑誌 44 (2) 172 -172 1999年12月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における小児鼠径ヘルニアの日帰り手術の現状
    村上 壮一, 畠山 純一 日本臨床外科学会雑誌 60 (増刊) 480 -480 1999年10月 [査読無し][通常論文]
  • プロトンポンプ阻害剤により保存的に治療したBillroth-I法術後縫合不全,巨大SUTURE LINE ULCER及び残胃出血性潰瘍の1例
    村上 壮一, 畠山 純一, 出野 正孝, 安保 義恭, 加藤 紘之 道南医学会誌 (34) 1 -4 1999年07月 [査読無し][通常論文]
  • 前頸筋群・腹直筋転移により発見された,甲状腺微小癌の1例
    村上 壮一, 平口 悦郎, 佐藤 正文, 前田 嘉晴, 佐藤 昌明 日本臨床外科学会雑誌 60 (6) 1704 -1704 1999年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胆石イレウスの1例
    村上 壮一, 安達 昭, 三宅 毅, 笹村 裕二, 須永 道明, 新里 順勝, 小澤 達吉, 加藤 紘之 北海道外科雑誌 43 (2) 199 -202 1998年12月 [査読無し][通常論文]
  • 同側同時性多発乳癌の一例
    村上 壮一 日本臨床外科学会雑誌 59 (5) 1455 -1455 1998年05月 [査読無し][通常論文]
  • 胃粘膜下腫瘍の1例
    安達 昭, 村上 壮一, 三宅 毅, 笹村 裕二, 須永 道明, 新里 順勝, 小澤 達吉 北海道外科雑誌 42 (1) 96 -96 1997年06月 [査読無し][通常論文]
  • 胆石イレウスの1例
    村上 壮一, 安達 昭, 三宅 毅, 笹村 裕二, 須永 道明, 新里 順勝, 小澤 達吉 北海道外科雑誌 42 (1) 107 -108 1997年06月 [査読無し][通常論文]
  • 褐色細胞腫の1例
    村上 壮一 日本臨床外科医学会雑誌 58 (4) 924 -924 1997年04月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2020年12月 第15回医療系eラーニング全国交流会 奨励賞
     - AI は医師育成に有用か? - Word2vec を用いた AI news teaching システムの外科プロフェッショナリズム教育への応用 
    受賞者: 村上壮一;副島昌太;濱邉英彦;石川幸司;大野栄三;平野聡
  • 2018年08月 北海道大学医学部 エクセレント・ティーチャー 優秀賞
     
    受賞者: 村上 壮一
  • 2017年08月 北海道大学医学部 エクセレント・ティーチャー 優秀賞
     
    受賞者: 村上 壮一

教育活動情報

主要な担当授業

  • 医学総論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 癌、腫瘍外科、外科治療、がんプロフェッショナル cancer, surgical oncology, surgical treatment, cancer professional
  • 基盤医学研究
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 癌、腫瘍外科、外科治療、分子生物学的研究、ゲノム研究、トランスレーショナルリサーチ cancer, surgical oncology, surgical treatment, genome research, translational research
  • 臨床医学研究
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 医学院
    キーワード : 癌、腫瘍外科、外科治療、臨床病理学的研究、外科(手術)教育、acute care surgery cancer, surgical oncology, surgical treatment, clinicopathological research, surgical education, acute care surgery


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.