研究者データベース

稲葉 睦(イナバ ムツミ)
獣医学研究院 獣医学部門 臨床獣医科学分野
教授

基本情報

所属

  • 獣医学研究院 獣医学部門 臨床獣医科学分野

職名

  • 教授

学位

  • 獣医学博士

論文上での記載著者名

  • Mutsumi Inaba

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 膜骨格タンパク質   伴侶動物   酸塩基平衡   ヒドロキシノネナール   酸化障害   獣医学   赤芽球系分化   産業動物   アニオン・トランスポート   陰イオン輸送   膜タンパク質   脂質過酸化   サイトカイン   ジェノミクス   病態   細胞膜   小胞体関連分解   遺伝性疾患   赤血球   赤血球膜   膜骨格   バンド3   牛   小胞体   小胞輸送   遺伝性素因   

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学
  • ライフサイエンス / 獣医学
  • ライフサイエンス / 獣医学
  • ライフサイエンス / 獣医学
  • ライフサイエンス / 獣医学
  • ライフサイエンス / 獣医学
  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学
  • ライフサイエンス / 動物生産科学
  • ライフサイエンス / 動物生産科学
  • ライフサイエンス / 獣医学
  • ライフサイエンス / 獣医学
  • ライフサイエンス / 獣医学

職歴

  • 2002年09月 - 現在 北海道大学 (連合)獣医学研究科 教授
  • 2013年04月 - 2017年03月 北海道大学 大学院獣医学研究科・獣医学部 獣医学研究科長・獣医学部長
  • 2010年04月 - 2017年03月 北海道大学 教育研究評議会 委員
  • 2008年04月 - 2010年03月 北海道大学 大学院獣医学研究科附属動物病院 病院長
  • 1994年04月 - 2002年08月 東京大学大学院農学生命科学研究科 助教授
  • 1988年11月 - 1994年03月 北海道大学獣医学部 講師
  • 1985年11月 - 1988年10月 北海道大学獣医学部 助手

学歴

  • 1984年04月 - 1985年10月   北海道大学大学院獣医学研究科博士課程
  • 1982年04月 - 1984年03月   北海道大学大学院獣医学研究科修士課程
  • 1978年04月 - 1982年03月   北海道大学獣医学部

所属学協会

  • 日本獣医師会   米国生化学分子生物学会   日本膜学会   日本生化学会   日本獣医学会   

研究活動情報

論文

  • Benjaporn Kiatpakdee, Kota Sato, Yayoi Otsuka, Nobuto Arashiki, Yuqi Chen, Takuya Tsumita, Wataru Otsu, Akito Yamamoto, Reo Kawata, Jumpei Yamazaki, Yoshikazu Sugimoto, Kensuke Takada, Narla Mohandas, Mutsumi Inaba
    The Journal of Biological Chemistry 295 23 8048 - 8063 2020年05月01日 [査読有り][通常論文]
     
    TSPO2 (translocator protein 2) is a transmembrane protein specifically expressed in late erythroblasts and has been postulated to mediate intracellular redistribution of cholesterol. We identified TSPO2 as the causative gene for the HK (high K+) trait with immature red cell phenotypes in dogs and investigated the effects of the TSPO2 defects on erythropoiesis in HK dogs with the TSPO2 mutation and Tspo2 knockout (Tspo2-/- ) mouse models. Bone marrow-derived erythroblasts from HK dogs showed increased binucleated and apoptotic cells at various stages of maturation and shed large nuclei with incomplete condensation when cultured in the presence of erythropoietin, indicating impaired maturation and cytokinesis. The canine TSPO2 induces cholesterol accumulation in the endoplasmic reticulum and could thereby regulate cholesterol availability by changing intracellular cholesterol distribution in erythroblasts. Tspo2-/- mice consistently showed impaired cytokinesis with increased binucleated erythroblasts, resulting in compensated anemia and their red cell membranes had increased Na,K-ATPase, resembling the HK phenotype in dogs. Tspo2-deficient mouse ES cell-derived erythroid progenitor (MEDEP) cells exhibited similar morphological defects associated with a cell-cycle arrest at the G2/M phase, resulting in decreased cell proliferation and had a depletion in intracellular unesterified and esterified cholesterol. When the terminal maturation was induced, Tspo2-/- MEDEP cells showed delays in hemoglobinization, maturation-associated phenotypic changes in CD44, CD71, and TER119 expression, and cell-cycle progression. Taken together, these findings imply that TSPO2 is essential for coordination of maturation and proliferation of erythroblasts during normal erythropoiesis.
  • Akiyoshi Tani, Jumpei Yamazaki, Kensuke Nakamura, Mitsuyoshi Takiguchi, Mutsumi Inaba
    Japanese Journal of Veterinary Research 65 4 201 - 206 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    A one-year-old castrated male mixed-breed cat was referred for detailed examination of long-term pale mucous membrane without any clinical episodes that may cause cyanosis. While no causative abnormalities were detected in thoracic radiography and echocardiography, and arterial partial pressure of oxygen was within normal value, methemoglobin concentration of the cat was increased to 30% and cytochrome b5 reductase activity, which converts methemoglobin to hemoglobin, was reduced to 2.0 IU/gHb (13.4 ± 1.7 IU/gHb in control cats, n = 3), indicating congenital methemoglobinemia. Sequence analysis of CYB5R3, which codes cytochrome b5 reductase, showed two missense mutations found in the patient, one of which was predicted to affect protein function.
  • Otsu W, Kurooka T, Otsuka Y, Sato K, Inaba M
    Journal of Biological Chemistry 288 25 18521 - 18532 2013年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Protein export from the endoplasmic reticulum (ER) depends on the interaction between a signal motif on the cargo and a cargo recognition site on the coatomer protein complex II. A hydrophobic sequence in the N terminus of the bovine anion exchanger 1 (AE1) anion exchanger facilitated the ER export of human AE1 Delta 11, an ER-retained AE1 mutant, through interaction with a specific Sec24 isoform. The cell surface expression and N-glycan processing of various substitution mutants or chimeras of human and bovine AE1 proteins and their Delta 11 mutants in HEK293 cells were examined. The N-terminal sequence (V/L/F)X(I/L)X(M/L), (VSIPM30)-V-26 in bovine AE1, which is comparable with Phi X Phi X Phi, acted as the ER export signal for AE1 and AE1 Delta 11 (Phi is a hydrophobic amino acid, and X is any amino acid). The AE1-Ly49E chimeric protein possessing the Phi X Phi X Phi motif exhibited effective cell surface expression and N-glycan maturation via the coatomer protein complex II pathway, whereas a chimera lacking this motif was retained in the ER. A synthetic polypeptide containing the N terminus of bovine AE1 bound the Sec23A-Sec24C complex through a selective interaction with Sec24C. Co-transfection of Sec24C-AAA, in which the residues (LIL897)-L-895 (the binding site for another ER export signal motif IXM on Sec24C and Sec24D) were mutated to (895)AAA(897), specifically increased ER retention of the AE1-Ly49E chimera. These findings demonstrate that the Phi X Phi X Phi sequence functions as a novel signal motif for the ER export of cargo proteins through an exclusive interaction with Sec24C.
  • Kota Sato, Wataru Otsu, Yayoi Otsuka, Mutsumi Inaba
    Biochemical and Biophysical Research Communications 430 2 839 - 845 2013年01月 [査読有り][通常論文]
     
    The PDZ (PSD-95/Drosophila discs-large protein/zonula occludens protein) domain-containing proteins Na+/H+ exchanger regulatory factor 1 (NHERF1) and NHERF2 interact with the glutamate transporter GLAST. To characterize the roles of these NHERF proteins in the plasma membrane targeting of GLAST, we examined the interaction of green fluorescent protein (EGFP)-tagged GLAST with epitope-tagged NHERF proteins in human embryonic kidney (HEK) 293T cells. Co-expression of either NHERF protein increased the cell surface expression of EGFP-GLAST. Deletion of the C-terminal PDZ domain-binding motif caused an increase in EGFP-GLAST with immature endoglycosidase H-sensitive N-linked oligosaccharides, suggesting impaired exit of EGFP-GLAST from the endoplasmic reticulum (ER). Immunoprecipitation experiments revealed that NHERF1 predominantly bound EGFP-GLAST containing immature N-glycans, whereas NHERF2 co-precipitated EGFP-GLAST with mature N-glycans. Expression of a dominant-negative mutant of the GTPase Sari increased the interaction of EGFP-GLAST with NHERF1 in the ER. By contrast, immunofluorescence microscopy showed that NHERF2 co-localized with EGFP-GLAST in ER-Golgi intermediate compartments (ERGICs), at the plasma membrane and in early endosomes, but not in the ER. These results suggest that NHERF1 interacts with GLAST during ER export, while NHERF2 interacts with GLAST in the secretory pathway from the ERGIC to the plasma membrane, thereby modulating the cell surface expression of GLAST. (C) 2012 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Hiroyuki Asano, Satoki Fukunaga, Yoshihito Deguchi, Satoshi Kawamura, Mutsumi Inaba
    JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES 37 1 23 - 31 2012年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Apoptosis controls erythroid homeostasis by balancing survival and death of erythroid cells. The mitochondrial pathway of apoptosis involves regulation of apoptotic events caused by the Bcl-2 family proteins, including the anti-apoptotic and pro-apoptotic members. However, little has been reported on the role of the anti-apoptotic Bcl-2 family members in rat late-stage erythroblasts that are no longer erythropoietin (EPO)-dependent. In the present study, to investigate this we analyzed changes in apoptosis-related factors that occurred in vitro. EPO stimulation resulted in reduced apoptotic cell death of the late-stage erythroblasts accompanied by decreased caspase-3 and caspase-9 activities, which is indicative of the induction of apoptosis through the mitochondrial pathway. Analysis of mRNA expression of the Bcl-2 family proteins demonstrated that EPO stimulation up-regulated the Bcl-xL mRNA, resulting in decreases in the mRNA ratios of Bak, Bax, and Bad to Bcl-xL. Also, the mRNA ratios of Bak and Noxa to Mcl-1 were decreased, mainly due to up-regulation of Mcl-1 mRNA. These results showed a close association between reduced apoptotic cell death and increased mRNA levels of Bcl-xL and Mcl-1 in the presence of EPO. Thus, the present study suggests that Bcl-xL may be an important anti-apoptotic factor of rat late-stage erythroblasts as has been reported in murine erythroblasts. Moreover, the results also indicate the possibility that Mcl-1 may act on the rat late-stage erythroblasts as an anti-apoptotic factor.
  • Wang CC, Sato K, Otsuka Y, Otsu W, Inaba M
    The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 74 1 17 - 25 1 2012年01月 [査読有り][通常論文]
     
    To explore the roles of the conserved YXX Phi-type motif in the erythroid-specific N-terminal stretch of anion exchanger 1 (AE1), cell surface expression and internalization of various mutants derived from murine erythroid AE1 tagged with an N-terminal enhanced green fluorescent protein and an extracellular FLAG (EGFP-mAE I Flag) were explored in K562 and HEK293 cells. EGFP-mAE1Flag showed rapid internalization, in association with the internalizations of transferrin and the endogenous AE1 chaperone-like protein glycophorin A in K562 cells. Disruption of the conserved Y72VEL sequence markedly reduced the internalization and increased the relative abundance of cell-surface AE1, whereas substitution of the N-terminal region from bovine AE1 that lacks the relevant motif for the corresponding region had less of an effect on internalization. Deletion or substitution mutations of the Y7EDQL sequence in the bovine N-terminal stretch resulted in the decreased internalization of the AE1 proteins. Cell surface biotinylation and deglycosylation studies showed that approximately 30% of the cell-surface EGFP-mAE I Flag and several other mutants was sorted to the plasma membrane without N-glycan maturation in the Golgi apparatus. These findings indicate that the conserved YXX Phi sequence or a noncanonical YXXX Phi sequence in the N-terminal region facilitates the endocytic recycling of erythroid AE1 through a clathrin-mediated pathway.
  • Chen-Chi Wang, Kota Sato, Yayoi Otsuka, Mutsumi Inaba
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 59 4 157 - 164 2011年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Anion exchanger 1 (AE1) is the most abundant integral membrane protein in red cells and is essential for maintaining red cell mechanical stability. However, the mechanism for the assembly of AEI into the membrane skeletal network remains unknown. Several mutants of murine AEI tagged with an N-terminal enhanced green fluorescent protein (EGFP) and/or an extracellular FLAG epitope inserted adjacent to the N-glycosylation site were prepared, and their expression was analyzed in HEK293 or COS-1 cells by immunofluorescence microscopy, biotinylation, and deglycosylation. The EGFP- and FLAG-tagged AEI mutant, as well as the wild-type AE1, exhibited cell surface expression in transfected cells and showed a rapid internalization that appeared to occur through the early endosome into the Golgi apparatus. Interestingly, the form of the protein with an endoglycosidase H (endo H)-sensitive N-glycan was the major component of EGFP-tagged and wild-type AEL By contrast, the polypeptide with an endo H-resistant oligosaccharide was the predominant form of FLAG-tagged AEL These data demonstrate that the processing of N-glycan is not a prerequisite to cell surface expression of AEI and suggest that the FLAG tag insertion altered the accessibility of the N-glycan to enzymes in the Golgi which facilitate processing of oligosaccharides. Although whether this structural alteration would affect the structural and functional properties of AEI remains unknown, cell surface expression and endocytic internalization of FLAG-tagged AE1 mutants indicate that these mutants are suitable for studying the mechanisms of the assembly and plasma membrane insertion of AEl.
  • Hiroyuki Asano, Yoshihito Deguchi, Satoshi Kawamura, Mutsumi Inaba
    JOURNAL OF TOXICOLOGICAL SCIENCES 36 4 435 - 444 2011年08月 [査読有り][通常論文]
     
    To evaluate the effects of a variety of chemical, biological and physiological stimuli on erythropoiesis, in vitro assays using erythroid progenitor cells from humans or laboratory animals are well-known methods. On the other hand, little has been reported on in vitro assays using mature erythroblasts such as polychromatic erythroblasts. In the present study, we established a convenient method for enrichment of polychromatic erythroblasts from rat bone marrow and confirmed their development in vitro. To establish a method for the enrichment of polychromatic erythroblasts, bone marrow cells from 3- and 10-week-old rats were separated by discontinuous density gradient centrifugation using Percoll. As a result, polychromatic erythroblasts were most highly enriched in the bone marrow fraction from 3-week old rats at the density interface between 1.040 and 1.058 g/ml. The enriched polychromatic erythroblasts were then cultured in growth medium supplemented with 20% fetal bovine serum in the presence or absence of erythropoietin for 48 hr. During the culture period, cell proliferation and maturation to orthochromatic erythroblasts were observed, and intracellular heme contents were also increased. In particular, the culture in the presence of erythropoietin revealed higher proliferation of erythroid cells, and therefore might be more appropriate for in vitro experiments on the effects of various stimuli on late-stage erythropoiesis.
  • Adachi H, Kurooka T, Otsu W, Inaba M
    The Japanese journal of veterinary research 58 2 101 - 110 2 2010年08月 [査読有り][通常論文]
     
    The endoplasmic reticulum (ER)-associated degradation of various polytopic proteins, involving the most common mutant of cystic fibrosis transmembrane-conductance regulator (CFTR), Delta F508-CFTR, involves retrotranslocation of the polypeptide into the cytosol, leading to aggresome formation when the proteasome activity is attenuated. By contrast, an R664X nonsense mutant of the bovine anion exchanger 1 (AE1) is retained in the ER and does not form aggresomes upon proteasome inhibition in transfected HEK293 cells. Here, we report that R664X AE1 formed a large cytoplasmic aggregate when cells co-transfected with enhanced green fluorescence protein (EGFP)-Delta F508-CFTR were exposed to the proteasome inhibitor lactacystin. R664X AE1 and EGFP-Delta F508-CFTR showed co-localization in the aggregates and signals of which coincided with gamma-tubulin and were caged by vimentin at the pericentriolar locus, demonstrating aggresome formation. On the other hand, EGFP-AnkN90, consisting of the N-terminal AE1 binding domain of ankyrin, a cytoplasmic protein, also exhibited co-localization with R664X AE1, but was found throughout the ER. Moreover, R664X-mutant protein was specifically immunoprecipitated with EGFP-Delta F508-CFTR from the cells co-expressing these proteins. These findings indicate that R664X AE1 is forcibly extracted from the ER to reside in aggresomes through association with Delta F508-CFTR.
  • Tomohiko Komatsu, Kota Sato, Yayoi Otsuka, Nobuto Arashiki, Kohei Tanaka, Satoshi Tamahara, Ken-ichiro Ono, Mutsumi Inaba
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 72 7 893 - 901 2010年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Dogs can be divided into two genetic groups (a minor HK phenotype and a major LK phenotype) based on erythrocyte monovalent cation concentrations, which are controlled by the putative hk and lk allelic genes. HK dogs retain Na,K-ATPase in their erythrocytes due to the high activity of the enzyme in their precursor cells, whereas total loss of reticulocyte Na,K-ATPase occurs in LK dogs. Here, we report that the levels of the lipid raft-associated membrane protein stomatin decrease in parallel with those of Na,K-ATPase during reticulocyte maturation due to its extrusion in exosomes. The stomatin content of HK reticulocytes is higher than that of LK retieulocytes, and remains in the erythrocytes at levels compatible with that in human erythrocytes. However, it is almost absent from LK erythrocytes with the lk/lk genotype; similar to the deficiency seen in human red cells with overhydrated stomatocytosis. LK erythrocytes from hk/lk genotype dogs show reduced, but not negligible, levels of stomatin. These results indicate that the erythrocyte stomatin level is a suitable genotypic marker for the HK/LK red cell phenotype, and suggests a functional association between stomatin and Na,K-ATPase. The absence of morphological abnormalities in the erythrocytes of stomatin-deficient LK dogs also confirms that stomatin deficiency and stomatocytic shape change are independent from each other.
  • Tomohiko Komatsu, Nobuto Arashiki, Yayoi Otsuka, Kota Sato, Mutsumi Inaba
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 58 1 17 - 27 2010年05月 [査読有り][通常論文]
     
    The present study characterizes canine reticulocyte exosomes. Exosomes are small membrane vesicles involved in membrane remodeling that are released from reticulocytes during the final maturation step of red blood cells. The vesicles collected from reticulocyte culture supernatants by differential centrifugation contained major exosomal proteins including heat shock protein cognate 70 (Hsc70) and transferrin receptors (TfR), consistent with the definition of the exosome. In addition, the Na,K-ATPase a-subunit and stomatin, a lipid raft-associated protein, were extruded by the exosome pathway, possibly leading to the absence of these proteins in erythrocytes, while the major protein constituents of erythrocyte membranes, spectrin and band 3 were retained in reticulocytes and not expelled into exosomes. The Na,K-ATPase a-subunit, as well as TfR and about half of the stomatin contained in exosomes, was obtained in a detergent-soluble fraction that was distinct from the lipid raft microdomain. Moreover, Na,K-ATPase and a portion of stomatin were distributed differently to Hsc70, TfR, stomatin, and ganglioside G(M1) in vesicles separated with sucrose density gradient centrifugation. These results demonstrate that a heterogeneous group of exosomes participates in the loss of Na,K-ATPase and membrane remodeling during reticulocyte maturation in dogs.
  • Nobuto Arashiki, Yayoi Otsuka, Daisuke Ito, Mira Yang, Tomohiko Komatsu, Kota Sato, Mutsumi Inaba
    Biochemical and Biophysical Research Communications 391 3 1543 - 1547 2010年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Spectrin strengthens the red cell membrane through its direct association with membrane lipids and through protein-protein interactions. Spectrin loss reduces the membrane stability and results in various types of hereditary spherocytosis. However, less is known about acquired spectrin damage. Here, we showed that alpha- and beta-spectrin in human red cells are the primary targets of the lipid peroxidation product 4-hydroxy-2-nonenal (HNE) by immunoblotting and mass spectrometry analyses. The level of HNE adducts in spectrin (particularly alpha-spectrin) and several other membrane proteins was increased following the HNE treatment of red cell membrane ghosts prepared in the absence of MgATP. In contrast. ghost preparation in the presence of MgATP reduced HNE adduct formation, with preferential beta-spectrin modification and increased cross-linking of the HNE-modified spectrins. Exposure of intact red cells to HNE resulted in selective HNE-spectrin adduct formation with a similar preponderance of HNE-beta-spectrin modifications. These findings indicate that HNE adduction occurs preferentially in spectrin at the interface between the skeletal proteins and lipid bilayer in red cells and suggest that HNE-spectrin adduct aggregation results in the extrusion of damaged spectrin and membrane lipids under physiological and disease conditions. (c) 2009 Elsevier Inc. All rights reserved.
  • Hirokazu Adachi, Daisuke Ito, Takao Kurooka, Yayoi Otsuka, Nobuto Arashiki, Kota Sato, Mutsurni Inaba
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 57 3 135 - 146 2009年11月 [査読有り][通常論文]
     
    While the C-terminal cytoplasmic tail of anion exchanger 1 (AE1, band 3) has been reported to possess important physiological roles, including one for proper membrane trafficking, its precise characteristics remain unclear. To clarify the overall structural consequences of the conserved sequence EL(K/Q)(L/C)LD(A/G)DD, containing the core binding sequence LDADD for carbonic anhydrase H, in the C-terminal region, we analyzed the membrane expression and turnover of bovine AE1 with a series of truncation and substitution mutations in HEK293 cells. Immunofluorescence microscopy and cell-surface biotinylation demonstrated that truncation mutants missing 18 C-terminal residues targeted the plasma membrane, but the one lacking the conserved region, by truncation of 28 amino acid residues, was retained inside the cells. Substitutions of Ala for Glu(901), Leu(902), Leu(905), and Asp(906) in the sequence E901L(K/Q)(L/C)LDADD909 of bovine AE1 or those in the corresponding murine sequence also caused intracellular retention, though these mutants had half-lives comparable to that for wild-type AE1. These data demonstrate that the conserved amino acid residues Glu(1), Leu(2), Leu(5), and Asp(6) in the EL(K/Q)(L/C)LD(A/G)DD region have essential structural consequences in stable expression of AE1 at the plasma membrane regardless of the ability in binding to carbonic anhydrase II of this region.
  • Yayoi Otsuka, Daisuke Ito, Kayoko Katsuoka, Nobuto Arashiki, Tomohiko Komatsu, Mutsumi Inaba
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 56 2 75 - 84 2008年08月 [査読有り][通常論文]
     
    alpha-Hemoglobin stabilizing protein (AHSP) functions as the erythroid-specific molecular chaperon for alpha-globin. AHSP gene expression has been reported to be downregulated in hematopoietic tissues of animals suffering from prion diseases though the mechanism remains to be clarified. Herein, we demonstrate that MELhipod8 cells, a subclone of murine erythroleukemia (MEL) cells, have prion protein (PrPC) on the cell surface and have highly inducible expression of the AHSP and alpha- and beta-globin genes, resembling the expression pattern of the PrP and AHSP genes in bipotential erythroid- and megakaryocyte-lineage cells followed by erythroid differentiation in normal erythropoiesis. Moreover, MELhipod8 cells exhibit greater effective erythroid differentiation with a population of hemoglobinized normoblast-like cells than that observed for the parental MEL cells. These findings suggest that MELhipod8 cells could provide a mechanism for downregulation of the AHSP gene in prion diseases.
  • Kota Sato, Yayoi Otsuka, Nobuto Arashiki, Tomohiko Komatsu, Wang Chen-Chi, Satoshi Tamahara, Mutsumi Inaba
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 55 4 103 - 114 2008年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Glycophorins are the major sialoglycoproteins in red blood cell membranes, possessing various physiological and pathological roles. We examined membrane glycoproteins in canine red cells and cloned cDNAs for two major glycophorins, glycophorins A (GPA) and C (GPC) from bone marrow cells. Periodic acid-Schiff staining and immunoblotting analyses showed that canine red cell membranes contained several glycoproteins immunoreactive to an anti-bovine GPC antibody, whereas the most abundant sialoglycoproteins, the candidates for GPA, did not react with an anti-human GPA antibody. The amino acid sequences of the extracellular domains of GPA and GPC had no significant homology to those from other mammalian species, including humans, and had O-linked and/or N-linked glycosylation sites. On the other hand, the C-terminal cytoplasmic domain and/or the transmembrane helices of GPA and GPC were conserved among species, indicating some functional significance of those regions in red cell membranes that include dimerization of GPA in the membrane-spanning region, and association of GPC with membrane skeletal proteins through binding with protein 4.1 and p55 in the cytoplasmic domain. These findings provide insights for clinical studies to evaluate the involvement of GPA and GPC in the pathogenesis of red cell diseases.
  • Konno A, Takiguchi M, Takada K, Usami T, Azumi K, Kubota H, Inaba M, Saegusa J, Kon Y
    Immunogenetics 59 11 853 - 859 11 2007年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Sjogren's syndrome (SS) is caused by an autoimmune sialodacryoadenitis, and up to 5% of patients with SS develop malignant B cell growth. The IQI mouse is a spontaneous model of primary SS in which B cells are the dominant cellular subpopulation among mononuclear infiltrates in sialitis lesions. Understanding the genetic control of aberrant B cell growth in IQI mice may help elucidate the genetic mechanisms involved in B-lineage hyperplasia leading to malignant transformation in human SS. B cell-dominant infiltration in the submandibular glands of 6-month-old IQI and C57BL/6 (B6) mice and their F1 and F2 progenies was quantified as B-lymphocytic sialitis score, and a genome-wide scan of 179 (IQI x B6) F2 females was performed to identify a quantitative trait locus (QTL) controlling this phenotype. A QTL significantly associated with variance in B-lymphocytic sialitis score was mapped to the D6Mit138 marker (position of 0.68cM) on proximal chromosome 6, with a logarithm of odds score of 4.3 (p=0.00005). This QTL, named autoimmune sialitis in IQI mice, associated locus 1 (Asq1), colocalized with Islet cell autoantigen 1 (Ica1), which encodes a target protein of the immune processes that define the pathogenesis of primary SS in humans and in the nonobese diabetic mouse model.
  • Daisuke Ito, Yayoi Otsuka, Ichiro Koshino, Mutsumi Inaba
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 54 4 191 - 197 2007年02月 [査読有り][通常論文]
     
    An R664X nonsense mutant AE1 is responsible for dominant hereditary spherocytosis in cattle and is degraded by the proteasomal endoplasmic reticulum-associated degradation. The present study demonstrated that R664X AE1 translated in vitro had the trypsin-sensitve site identical to that of the wild-type AE1. The P661S/R664X mutant containing a possible N-glycosylation site at Asn(660) showed an increase in size by 3 kDa both in the cell-free translation system and in transfected HEK293 cells. Moreover, steady state levels of R664X and P661S/R664X in HEK293 cells were markedly increased in the presence of a proteasome inhibition These findings indicate that the truncated C-terminal region of R664X AE1 has lumenal localization in the endoplasmic reticulum and is not accessible to proteasomal machineries in the cytosol.
  • Daisuke Ito, Ichiro Koshino, Nobuto Arashiki, Hirokazu Adachi, Mizuki Tomihari, Satoshi Tamahara, Kazuhito Kurogi, Takashi Amano, Ken-ichiro Ono, Mutsumi Inaba
    Journal of Cell Science 119 17 3602 - 3612 2006年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Various mutations in the AE1 (anion exchanger 1, band 3) gene cause dominant hereditary spherocytosis, a common congenital hemolytic anemia associated with deficiencies of AE1 of different degrees and loss of mutant protein from red blood cell membranes. To determine the mechanisms underlying decreases in AE1 protein levels, we employed K562 and HEK293 cell lines and Xenopus oocytes together with bovine wild-type AE1 and an R664X nonsense mutant responsible for dominant hereditary spherocytosis to analyze protein expression, turnover, and intracellular localization. R664X-mutant protein underwent rapid degradation and caused specifically increased turnover and impaired trafficking to the plasma membrane of the wildtype protein through hetero-oligomer formation in K562 cells. Consistent with those observations, co-expression of mutant and wild-type AE1 reduced anion transport by the wild- type protein in oocytes. Transfection studies in K562 and HEK293 cells revealed that the major pathway mediating degradation of both R664X and wild-type AE1 employed endoplasmic reticulum (ER)-associated degradation through the proteasomal pathway. Proteasomal degradation of R664X protein appeared to be independent of both ubiquitylation and N-glycosylation, and aggresome formation was not observed following proteasome inhibition. These findings indicate that AE1 R664X protein, which is associated with dominant hereditary spherocytosis, has a dominant-negative effect on the expression of wild- type AE1.
  • H Ohta, H Adachi, M Takiguchi, M Inaba
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 68 5 453 - 463 2006年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Claudin-16 is one of the tight junction protein claudins and has been shown to contribute to reabsorption of divalent cations in the human kidney. In cattle, total deficiency of claudin-16 causes severe renal tubular dysplasia without aberrant metabolic changes of divalent cations, suggesting that bovine claudin-16 has some roles in renal tubule formation and paracellular transport that are somewhat different from those expected from the pathology of human disease. As the first step to clarify these roles, we examined the expression and distribution of claudin-16 and several other major claudin subtypes. claudins 1-4 and 10. in bovine renal tubular segments by immunofluorescence microscopy. Claudin-16 was exclusively distributed to the tight junction in the tubular segment positive for Tamm-Horsfall glycoprotein, the thick ascending limb (TAL) of Henle's loop. and was found colocalized with claudins 3. 4. and 10. This study also demonstrates that bovine kidneys possess segment-specific expression patterns for claudins 2-1 and 10 that are different from those reported for mice. Particularly, distribution of claudin-4 in the TAL and distal convoluted tubules was characteristic of bovine nephrons as were differences in the expression patterns of claudins 2 and 3. These findings demonstrate that the total lack of claudin-16 in the TAL segment is the sole cause of renal tubular dysplasia in cattle and suggest that the tight junctions in distinct tubular segments including the TAL have barrier functions in paracellular permeability that are different among animal species.
  • S Kageyama, H Hirayama, S Moriyasu, M Inaba, D Ito, H Ohta, K Sawai, A Minamihashi, S Onoe
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 68 4 319 - 323 2006年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Band 3 deficiency with hereditary spherocytosis and hemolytic anemia in Japanese black cattle, band 3(Bov.Yamagata), is caused by a total lack of band 3 protein with an autosomal dominant inheritance. Genotyping for band 3 deficiency and sexing were successfully achieved in biopsied embryo cells with efficiencies of 98.4% and 97.4%, respectively. Transfer of the embryo that was determined as homozygous for the mutant allele into a recipient cow resulted in the production of a fetus exhibiting the genotype and red cell phenotypes characteristic of band 3(Bov.Yamagata). These results demonstrate that our procedure is reliable and applicable to produce animals free from or homozygous for the mutant allele by breeding carrier animals.
  • H Ohta, H Adachi, M Inaba
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 68 2 149 - 155 2006年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Claudius are the major constituents of tight junction (TJ) strands and participate in the cell-cell adhesion and permeability barrier in epithelial cell layers. To investigate the suitability of metanephroi for analysis of the function of the TJ protein claudins in renal tubular formation, mouse metanephroi from embryos at day 12 of gestation were cultured and expression of claudins was compared with that in embryonic kidneys. During in vitro culture for 8 days, the metanephroi showed expression patterns very similar to those observed in embryonic kidneys in reverse transcription-polymerase chain reaction for the claudins examined, including claudins 1-4, 8, 10, 11, and 16, and the TJ proteins occludin and ZO-1. Immunofluorescence microscopy for claudins 1-4, 8, 10, and 16 showed localization of these claudins at the TJ with occludin and ZO-1 in some restricted tubular segments. These findings indicate that the metanephroi show developmental changes in the expression of the TJ protein claudins, representing those in embryonic kidneys, and thus suggest that the mouse metanephros is suitable to examine the functions of specific claudins in the kidney.
  • Takada K, Takiguchi M, Inaba M
    The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science 67 9 955 - 957 9 2005年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Thymectomy on day 3 after birth (D3Tx) is understood to eliminate CD4(+)CD25(+) regulatory T cells (T-reg) from the peripheral T cell repertoire in rodents, leading to the activation of autoreactive T cells. Herein, D3Tx was performed in IQI/Jic mice, a model for Sjogren's syndrome characterized by autoimmune infiltrations into the lacrimal and salivary glands. At the age of 16 weeks, very severe lesions were observed in lacrimal tissues from thymectornized mice, suggesting that T-reg preserve their immunoregulatory function in young IQI/Jic mice. In contrast, salivary lesions were comparable in the D3Tx and control groups, raising the possibility that either salivary-specific T-reg escaped elimination in thymectornized mice or spontaneous lesions in IQI/Jic mice developed independently of the tolerance through T-reg.
  • Jeong, JR, M Yamasaki, T Komatsu, M Inaba, O Yamato, Y Maede
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 53 1-2 37 - 46 2005年08月 [査読有り][通常論文]
     
    In the present study, we demonstrated that heat shock protein 70 (Hsp 70) was present in both canine reticulocytes and mature erythrocytes, and that the canine Hsp70 in reticulocytes was decreased along with the maturation of the cells into erythrocytes. These results suggest that the Hsp70 in canine reticulocytes might act as a chaperone to remove unnecessary proteins during reticulocyte maturation. We also demonstrated that Hsp70 was present in exosomes from reticulocytes during their maturation in in vitro culture. Furthermore, the concentration of Hsp 70 in reticulocyte membranes was increased in proportion to an increase of the protein in exosomes until 48 hours after the incubation of reticulocytes in vitro. At 96 hours of the incubation, however, only a trace amount of Hsp70 was detected in the membrane, while a large amount of the protein was present in the exosomes. These results suggest that Hsp 70 in canine reticulocytes might play an important role for exosome formation in reticulocytes, resulting in the maturation of the cells.
  • K Takada, M Takiguchi, A Konno, A Inaba
    Journal of Biological Chemistry 280 5 3982 - 3988 2005年02月 [査読有り][通常論文]
     
    We have recently characterized IQI/Jic mice as a model for Sjogren's syndrome (SS), a chronic autoimmune disease in humans. In SS, local lymphocytic infiltrations into salivary and lacrimal glands frequently develop to the involvement of systemic exocrine and nonexocrine organs, and the mechanism for progression of this disease remains obscure. Herein, we report identification of an autoantigen shared by various target organs in IQI/Jic mice. Polypeptides identified based on immunorecognition by autoantibodies in sera from IQI/ Jic mice affected with autoimmune disease (> 12 weeks of age) were tissue kallikrein (Klk)-1 and -13 and were cross-reactive to the autoantibodies. Interestingly, Klk-13, but not Klk-1, caused a proliferative response of splenic T cells from IQI/Jic mice from the age of 4 weeks onward. In addition, remarkably enhanced expression of Klk-13 was observed in the salivary glands of the mice in accordance with the development of inflammatory lesions. These results indicate that Klk-13 acts as an autoantigen and may increase T cells responsive to organs commonly expressing Klk-13, playing a pivotal role in the etiology of progression of disease in IQI/Jic mice. Our findings provide insights into the contributions of autoantigens shared by multiple organs in the progress of SS from an organ-specific to a systemic disorder.
  • M Takiguchi, M Inaba
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 67 1 57 - 61 2005年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Polypoid cystitis is a rare disease of the urinary bladder in dogs characterized by chronic inflammation, epithelial proliferation, and development of a polypoid mass or masses without histopathologic evidence of neoplasia. The ultrasonographic appearances of eight dogs with polypoid cystitis are described. Ultrasonography confirmed the presence of a bladder mass or masses in all patients. Ultrasonographic findings are mucosal projections and a polypoid to pedunculated mass of variable size and shape. Although a polypoid mass tends to be located in the cranioventral bladder mucosa, the polyps also could arise in the craniodorsal bladder mucosa. Ultrasonographic images are well correlated with contrast radiographic studies and gross morphological appearance. Ultrasound is a non-invasive, very useful diagnostic tool for detecting bladder polyps, but histopathology is required for definitive diagnosis.
  • H Hirayama, S Kageyama, S Moriyasu, T Hirano, Y Sugimoto, N Kobayashi, M Inaba, K Sawai, S Onoe, A Minamihashi
    JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT 50 6 613 - 618 2004年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Renal tubular dysplasia is an autosomal recessively inherited disorder in Japanese black cattle that is due to deletion mutations in the claudin-16 gene and causes chronic renal failure and death of affected animals. Here, we report a multiplex-PCR procedure to determine the genotype for claudin-16 deficiency in preimplantation embryos. The presence or absence of the wild-type and mutant allele(s) was precisely detected with the multiplex-PCR using as little as 5 pg of genomic DNA from leukocytes. When biopsied embryo cells were examined for claudin-16 deficiency, 97.2% of genotypes were consistent with the PCR results obtained for the corresponding embryos. In addition, sexing of embryos by PCR was performed using an aliquot of DNA extracted from biopsied embryo cells, and determination of claudin-16 genotype and sex was successfully achieved with an efficiency of 91.7% for claudin-16 genotyping and 83.3% for sexing. The production of a 100-day fetus that was male and homozygous for claudin-16 deficiency, as expected from the analysis of biopsied embryo cells, gave evidence of the reliability and applicability of this procedure for preventing the transmission of this disease and for enabling advances in animal breeding.
  • JY Kim, N Yokoyama, S Kumar, N Inoue, M Inaba, K Fujisaki, C Sugimoto
    MOLECULAR AND BIOCHEMICAL PARASITOLOGY 137 2 193 - 200 2004年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Theileria orientalis infects cattle and causes various disease symptoms, including anaemia and icterus. The erythrocytic stages are responsible for these symptoms but the molecular events involved in these stages have not yet been fully elucidated. In this study, we identified a T orientalis cDNA that encodes a polypeptide related to identity to the microneme-rhoptry protein of Theileria parva. Analysis of its recombinant product (ToMRP) by indirect fluorescent-antibody test revealed that it is specifically expressed at the early erythrocytic stage after invasion. This expression disappears during the intermediate stages of intra-erythrocytic development. Its expression then reappears at the late stages after the parasite has divided by binary fission into diad or tetrad forms and before these forms are released from the host erythrocyte. In vitro erythrocyte binding assays showed that ToMRP associates with the Triton X-insoluble fraction of erythrocytes membrane but not with intact erythrocytes. Cosedimentation and Western blot analyses revealed that ToMRP binds to band 3, a membrane component of bovine erythrocytes. These observations suggest that ToMRP may be involved in the parasite's egress from and/or invasion into the host erythrocytes by interacting with a protein in the membrane skeleton of the erythrocyte and thereby modifying the structure and function of the cell. (C) 2004 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • S Tamahara, M Inaba, K Sato, N Matsuki, Y Hikasa, K Ono
    Biochemical Journal 367 1 107 - 111 2002年10月 [査読有り][通常論文]
     
    A redox regulatory mechanism and a molecular link between oxidative and excitotoxic neurodegeneration have been postulated for high-affinity Na+-dependent glutamate transporters. In the present study, mutations were introduced at three cysteine residues in canine glutamate/aspartate transporter (GLAST) to investigate the functional significance of thiol groups in response to oxidation. Cys(-) GLAST, in which all cysteines were replaced by other amino acids, as well as other mutants with disruption of one of three cysteine residues, showed insoluble oligomer formation, which was considered to be due to spontaneous and excessive oxidation as observed in wild-type GLAST. The mutant transporters also showed plasma-membrane localization and glutamate-transport kinetics that were very similar to those of wild-type GLAST. Glutamate-transport activities in COS-7 cells transfected with wild-type and Cys(-) GLAST were inhibited to the same degree when cells were exposed to Hg2+ and were recovered by the addition of thiol-specific reductant dithiothreitol. These findings suggest that cysteine residues are not critical in functional expression of GLAST and the redox-sensing pathway via glutamate transporters.
  • B Thongsong, M Bonkobara, M Matsumoto, J Jang, N Matsuki, M Inaba, K Ono
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 64 9 859 - 861 2002年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Pregnant rats were subcutaneously administered with recombinant human insulin-like growth factor-1 (rhIGF-1) in doses of 0 (control), 1, 2, and 4 mug/g body weight per day from day 18 to 21 of pregnancy. On day 21 of pregnancy, maternal and fetal plasma samples were collected and those amino acid levels were measured. The ratios of fetal/maternal plasma amino acids, especially leucine, isoleucine, tryptophan, phenylalanine and tyrosine, increased in 2 mug rhIGF-I treated group. Both total fetal weight and total placental weight were also higher than those in the control group. These results suggested that IGF-I enhanced fetal growth by, as one of its possible mechanisms, promoting placental amino acid supplies from the mother to fetuses.
  • M Bonkobara, B Thongsong, T Ohmori, N Matsuki, M Inaba, K Ono
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 64 8 689 - 692 2002年08月 [査読有り][通常論文]
     
    To evaluate the effects of epidermal growth factor (EGF) on placental amino acids uptake, transport activities for L-proline, L-leucine, and L-alanine were kinetically examined in placental microvillous vesicles(PMV) obtained from pregnant rats administered with EGF(100 and 200 mug/kg/day) from day 18 to 21 of pregnancy. The Vmax of Na+-dependent proline uptake remarkably increased with a dose-dependent manner of EGF, while Km did not change. In contrast, Vmax and Km values of Na+-dependent and -independent alanine, and Na+-independent leucine uptake were not affected. These results suggested that EGF enhanced proline transport activity in placental microvillous membranes, resulting in an increase of proline concentration in the fetal blood. The selective up-regulation of proline uptake was considered to contribute to fetal growth by EGF.
  • FM Boffi, J Ozaki, N Matsuki, M Inaba, E Desmaras, K Ono
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 64 6 483 - 488 2002年06月 [査読有り][通常論文]
     
    To elucidate the mechanisms of ischemia-mediated myopathy using in vitro model, changes of purine nucleotides, membrane lipid peroxidation(TBARS), intracellular calcium ([Ca2+](i)) levels, generation of free radicals, and deoxyribonucleic acid (DNA) fragmentation were examined in mouse-derived C2C12 myotubes under the condition with an inhibition of glycolytic and oxidative metabolism as the ischemic condition. In purine nucleotides, intracellular adenosine triphosphate (ATP) and guanosine triphosphate (GTP) concentrations rapidly and significantly decreased after the treatment with ischemia. No remarkable differences were observed in other purine nucleotides, with the exception of inosine monophosphate (IMP) and extracellular hypoxanthine levels, both of which increased significantly during the ischemia. The lactate dehydrogenase activity in culture supernatant of C2C12 myotubes increased significantly from 2 to 4 hr after the ischemia. On the generation of free radicals, no spectrum was detected in supernatants throughout the observation period, whereas supernatant TBARS concentration increased rapidly and significantly after the ischemia. The relative intensity of [Ca2+](i) significantly increased after the ischemia. On the fragmented deoxyribonucleic acid(DNA), no TUNEL positive cells was detected in C2C12 myotubes after 1 hr of the ischemia, however the positive cell percentage subsequently increased. From these results, it was suggested that the ischemic condition induced changes of membrane permeability and increase of [Ca2+](i), both of which lead to cell membrane damage, although a free radical generation was not detected. The ischemic condition also induced the release of substrate hypoxanthine for free radical generation and might initiate the apoptotic pathway in C2C12 myotubes.
  • O Yamato, N Matsuki, H Satoh, M Inaba, K Ono, M Yamasaki, Y Maede
    JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE 25 4 319 - 320 2002年06月 [査読有り][通常論文]
     
    A golden retriever dog is described with total hexosaminid ase deficiency and raised GM2-ganglioside in CSF. The animal represents a model for human Sandhoff disease.
  • N Matsuki, M Inaba, K Ono
    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE 64 4 341 - 347 2002年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Loss of adenosine-5'-triphosphate (ATP) and accumulation of inosine-5'-monophosphate (IMP) are the major purine metabolic changes in the skeletal muscle during hypoxia. This study addressed whether chemical metabolic inhibition reflects those changes in cultured skeletal myotube. For this aim, mouse-derived C2C12 myotubes were cultured in Hank's balanced saline solution containing 2 mM sodium cyanide (CN) and/or 1 mM iodoacetic acid (IAA) up to 180 min. Inhibition of oxidative phosphorylation by CN induced a minimal change in the intracellular adenine nucleotide levels during 180 min. Blockage of glycolysis with IAA caused an over 90% decrease in adenine nucleotides both in the cytoplasmic and intramitochondrial spaces, accompanied with allantoin release. Since I mM allopurinol entirely inhibited the allantoin generation, xanthine dehydrogenase/oxidase was found to play a key role in the purine Catabolism in IAA-treated C2C12 myotubes. By the combined treatment with CN+IAA, ATP exhaustion and IMP accumulation was achieved with significant cell injury. These changes were comparable with those in skeletal muscles during hypoxia, indicating that our model with CN+IAA is well applicable to the investigation of hypoxia-induced myopathy.
  • B Thongsong, M Bonkobara, N Matsuki, M Inaba, K Ono
    REVUE DE MEDECINE VETERINAIRE 151 7 779 - 779 2000年07月 [査読有り][通常論文]
  • K Sato, M Inaba, Y Suwa, A Matsuu, Y Hikasa, K Ono, K Kagota
    Journal of Biological Chemistry 275 9 6620 - 6627 2000年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Canine red cells have a high affinity Na+/K+-dependent glutamate transporter. We herein demonstrate that this transport is mediated by the canine homologue of glutamate/aspartate transporter (GLAST), one of the glutamate transporter subtypes abundant in the central nervous system. me also demonstrate that GLAST is the most ubiquitous glutamate transporter among the transporter subtypes that hare been cloned to date. The GLAST protein content was extremely reduced in variant red cells, low glutamate transport (LGlut) red cells characterized by an inherited remarkable decrease in glutamate transport activity. All LGluT dogs carried a missense mutation of Gly(492) to Ser (G492S) in either the heterozygous or homozygous state. The GLAST protein with G-492S mutation was fully functional in glutamate transport in Xenopus oocytes. However, G492S GLAST exhibited a marked decrease in activity after the addition of cycloheximide, while the wild type showed no significant change, indicating that G492S GLAST was unstable compared with the wild-type transporter, Moreover, LGluT dogs, but not normal dogs, heterozygous for the G492S mutation showed a selective decrease in the accumulation of GLAST mRNA from the normal allele. Based on these findings, we conclude that a complicated heterologous combination of G492S mutation and some transcriptional defect contributes to the pathogenesis of the LGluT red cell phenotype.
  • Tsuyoshi Uchide, Ken Onda, Makoto Bonkobara, Boonrit Thongsong, Naoaki Matsuki, Mutsumi Inaba, Kenichiro Ono
    Journal of Veterinary Medical Science 61 10 1143 - 1146 1999年10月 [査読有り][通常論文]
     
    Elution profiles of total lipoproteins, apolipoprotein B (apoB) concentrations in lipoproteins, and plasma triglyceride (TG) levels were examined in early-, late-, and non-lactating cows. Additionally, arteriovenous (A-V) differences were also measured to elucidate the uptake of TG and apoB-containing lipoproteins in mammary gland. Non-lactating cows showed three major peaks corresponding to triglyceride-rich lipoprotein (TRL), low density lipoprotein (LDL), and high density lipoprotein (HDL) fraction, whereas both early- and late-lactating cows revealed two peaks corresponding to TRL and HDL. The peak area of TRL in early- and late- lactating cows were significantly (p< 0.05) smaller than that in non-lactating cows. The plasma TG levels and apoB-48 concentrations of TRL in early- and late-lactating cows were also significantly (p< 0.01) lower. Furthermore, early lactating cows showed significantly (p< 0.05) larger A-V differences in both plasma TG and apoB-48 concentration of TRL than those in late- and non-lactating cows. These results suggested that TG in exogenous (intestinal) TRL was utilized for milk fat synthesis in lactating mammary gland of cows by the receptor-mediated uptake.
  • M Matsumoto, M Inaba, K Ono
    BIOCHEMICAL JOURNAL 332 183 - 187 1998年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Cattle were divided into three groups according to the red cell-protein 4.2 (P4.2) phenotypes P4.2(76), P4.2(75) and P4.2(76/75), whose red cells contained M-r 76000 (P4.2/76), 75000 (P4.2/75) and both 76000 and 75000 isoforms respectively. To elucidate the molecular basis that underlies the diversity of P4.2, the gene structures of bovine P4.2/76 and P4.2/75 were investigated. Two P4.2 cDNA clones were isolated from bone-marrow cDNAs of the animal with the P4.2(76/75) phenotype. These were identical in size (2.2 kb), encoding major erythroid P4.2 with 687 amino acids, but were different in three nucleotides, resulting in changes of amino acids at the 599th, 601st and 627th residues. Analysis of genomic DNA from the three phenotypes demonstrated that these two clones were derived from gene transcripts by which P4.2/76 and/or P4.2/75 were produced. In vitro transcription and translation of P4.2/76 and P4.2/75 cDNAs indeed generated P4.2/76 and P4.2/75 identical in size to the red-cell proteins. These findings demonstrated that polymorphism of the P4.2 gene at codons 599, 601 and 627 of P4.2 cDNA was the cause of the molecular diversity of bovine red-cell P4.2. Although distinct electrophoretic mobilities suggested a structural difference in the two isoforms, this polymorphism appeared to have little effect at least on P4.2 association with band 3, since no significant difference was observed in the amount of P4.2 relative to total membrane proteins despite the phenotype difference for P4.2.
  • M Inaba, A Yawata, Koshino, I, K Sato, M Takeuchi, Y Takakuwa, S Manno, Y Yawata, A Kanzaki, J Sakai, A Ban, K Ono, Y Maede
    Journal of Clinical Investigation 97 8 1804 - 1817 1996年04月 [査読有り][通常論文]
     
    We studied bovine subjects that exhibited a moderate uncompensated anemia with hereditary spherocytosis inherited in an autosomal incompletely dominant mode and retarded growth. Based on the results of SDS-PAGE, immunoblotting, and electron microscopic analysis by the freeze fracture method, we show here that the proband red cells lacked the band 3 protein completely. Sequence analysis of the proband band 3 cDNA and genomic DNA showed a C --> T substitution resulting in a nonsense mutation (CGA --> TGA; Arg --> Stop) at the position corresponding to codon 646 in human red cell band 3 cDNA. The proband red cells were deficient in spectrin, ankyrin, actin, and protein 4.2, resulting in a distorted and disrupted membrane skeletal network with decreased density. Therefore, the proband red cell membranes were extremely unstable and showed the loss of surface area in several distinct ways such as invagination, vesiculation, and extrusion of microvesicles, leading to the formation of spherocytes. Total deficiency of band 3 also resulted in defective Cl-/HCO3- exchange, causing mild acidosis with decreases in the HCO3- concentration and total CO2 in the proband blood. Our results demonstrate that band 3 indeed contributes to red cell membrane stability, CO2 transport, and acid-base homeostasis, but is not always essential to the survival of this mammal.
  • K SATO, M INABA, Y MAEDE
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOMEMBRANES 1195 2 211 - 217 1994年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Characteristics of the high-affinity Na+-dependent L-glutamate transport system in canine erythrocytes were studied by using intact cells and resealed ghosts. The L-glutamate transport showed a precise dependence on extracellular Na+ and intracellular K+. Kinetical analysis revealed that two Na+ ions and one K+ ion were involved in each L-glutamate transport cycle. The L-glutamate transport was inhibited most potently by threo-3-hydroxyaspartate and L-cysteinesulfinate (at 25 mu M, 83% and 79% inhibition, respectively) and weakly by dihydrokainate and DL-alpha-aminoadipate (at 25 mu M, 21% and 17% inhibition, respectively). From these stoichiometrical and pharmacological properties we concluded that the L-glutamate transport system in canine erythrocytes is a product of the L-glutamate transporter gene family and resembles a neuronal transporter rather than a glial one. L-Glutamate uptake was increased by internal, but not external, HCO3- when the internal and external anions of the erythrocytes were replaced by several other anions. Moreover, this enhancement was blocked by inhibition of carbonic anhydrase, which indicated that L-glutamate transport was at least partly dependent on HCO3- generated inside the cells. These observations indicate that anion countertransport is coupled to the high-affinity Na+- and K+-dependent L-glutamate transport in canine erythrocytes.
  • M INABA, Y MAEDE
    COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY 103 3 523 - 526 1992年11月 [査読有り][通常論文]
     
    1. Protein 4.1 in most mammalian red cells exhibits a post-translational conversion of 4.1b to 4.1a, except for feline protein 4.1, which lacks this alteration. 2. Our previous study provided evidence that protein 4.lb in human red cells is converted to 4.1a by deamidation of a specific asparagine (Asn) residue at position 502, suggesting that the post-translational change of 4.lb to 4.1a depends on the primary structure of the protein at the site of deamidation. 3. To confirm this hypothesis, proteolytic fragments corresponding to the deamidation site of human protein 4.1 were purified from canine and feline erythrocyte protein 4.1 and analyzed for their amino acid sequences. 4. Two proteolytic peptides, D7 and D9 derived from canine protein 4.1, both corresponding to the human sequence Thr492-...-Asn (or Asp)502-...-Lys505 showed the same sequence, Thr-Gln-Thr-...-Lys, except that the 11th residue equivalent to the 502nd amino acid was Asn in D7 while it was Asp in D9, indicating that deamidation occurs at the same position in canine protein 4.1 as in humans. 5. However, substitution of Ser for Asn at this position was observed in feline protein 4.1. 6. These results demonstrate that Asn502 has a critical role in post-translational conversion of 4.lb to 4.1a in mammalian red blood cells.
  • GOTO, I, M KAMADA, M INABA, Y MAEDE
    JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 40 1 13 - 18 1992年05月 [査読有り][通常論文]
     
    A protein A-hemolytic plaque assay was applied to detect immunoglobulin (Ig)-producing cells in horse peripheral blood, using pokeweed mitogen as a B lymphocyte activator. A maximum number of Ig-secreting cells was obtained when horse peripheral blood lymphocytes were cultured in a medium containing horse serum. The number of Ig-secreting cells in young horses (2 years old) was lower than that in adult horses (6 to 23 years old). In addition, the plaque formation was unchanged from blood samples kept at 4-degrees-C for 24 hours, while blood samples kept for 72 hours did not yield plaques. These results indicate that the plaque assay is a reliable and useful method for detecting Ig-secreting cells in the peripheral blood of the horse.
  • Deamidation of human erythrocyte protein 4.1: possible role in aging.
    Inaba, M., Gupta, K.C., Kuwabara, M., Takahashi, T., Benz, E.J.,Jr., and Maede,Y
    Blood 79 3355 - 3361 1992年 [査読有り][通常論文]
  • M INABA, Y MAEDE
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 264 30 18149 - 18155 1989年10月 [査読有り][通常論文]
  • Elevated glutathione accelerates oxidative damage to erythrocytes produced by aromatic disulfide
    Maede, Y, Kuwabara, M, Sasaki, A, Inaba, M, Hiraoka, W
    Blood 73 312 - 317 1989年 [査読有り][通常論文]
  • M INABA, Y MAEDE
    COMPARATIVE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY B-BIOCHEMISTRY & MOLECULAR BIOLOGY 92 1 151 - 156 1989年 [査読有り][通常論文]
  • M INABA, Y MAEDE
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA 944 2 256 - 264 1988年10月 [査読有り][通常論文]
  • Y MAEDE, M INABA
    AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 48 1 114 - 118 1987年01月 [査読有り][通常論文]
  • M INABA, Y MAEDE
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 261 34 6099 - 6105 1986年12月 [査読有り][通常論文]
  • M INABA, Y MAEDE
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA 818 2 267 - 270 1985年 [査読有り][通常論文]
  • Y MAEDE, M INABA
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 260 6 3337 - 3343 1985年 [査読有り][通常論文]
  • M INABA, Y MAEDE
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY 259 1 312 - 317 1984年 [査読有り][通常論文]
  • Increase of Na-K-ATPase activity, glutamate, and aspartate uptake in dog erythrocytes associated with hereditary high accumulation of GSH, glutamate, glutamine, and aspartate.
    Maede, Y, Inaba, M, Taniguchi, N
    Blood 61 493 - 499 1983年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • Erythrocyte membrane defects. In Schalm's Veterinary Hematology, 6th ed. (Weiss, D. and Wardrop, K. J. eds.)
    Inaba, M, Messick, J (担当:分担執筆範囲:Chapter 29)
    Wiley-Blackwell, Hoboken, NJ 2010年
  • Red blood cell membrane defects. In Schalm's Veterinary Hematology, 5th ed. (Feldman, R.F., Zinkl, J.G., and Jain, N.C. eds.)
    Mutsumi Inaba (担当:分担執筆範囲:Chapter 156)
    Lippincott Williams and Wilkins, New York 2000年

その他活動・業績

  • 木崎皓太, 富張瑞樹, 大津航, 新敷信人, 塚本卓, 宮園耕介, 菊川峰志, 出村誠, 大塚弥生, 佐藤耕太, 高桑雄一, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 154th 338 2012年08月31日 [査読無し][通常論文]
  • 木崎皓太, 富張瑞樹, 大塚弥生, 塚本卓, 新敷信人, 菊川峰志, 出村誠, 大津航, 佐藤耕太, 高桑雄一, 稲葉睦 日本膜学会年会講演要旨集 34th 63 2012年04月27日 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 膜 35 (6) 262 -267 2010年11月01日 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 膜 33 (5) 227 -232 2008年09月01日 [査読無し][通常論文]
  • Hiroki Hirayama, Soichi Kageyama, Satoru Moriyasu, Takashi Hirano, Yoshikazu Sugimoto, Naohiko Kobayashi, Mutsumi Inaba, Ken Sawai, Sadao Onoe, Akira Minamihashi JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT 54 (4) 2008年08月 [査読無し][通常論文]
  • 大田寛, 出口康平, 安達啓一, 大塚弥生, 佐藤耕太, 陰山聡一, 尾上貞夫, 稲葉睦 日本膜学会年会講演要旨集 30th 82 2008年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 西口 栄子, 金子 和美, 神部 芳則, 槻木 恵一, 川瀬 俊夫, 稲葉 睦 湘南短期大学紀要 19 (0) 28 -35 2008年 [査読無し][通常論文]
     
    HGKとHPLFにおけるanion exchanger(AE)の発現状態、ファミリーのタイプ、分布、などを観察し、更に、H_2O_2、ニコチンを用いてAEへの酸化刺激の影響を観察した。その結果、(1)ヒト抗AET、AE2抗体を用いて蛍光抗体法、RT-PCR法により観察した結果、両方法共に、両細胞上にAE2の存在が観察された。(2)AE2の分布を蛍光抗作法で観察した結果、蛍光は、HGKでは、細胞核周辺に多く、HPLFでは、細胞全体に観察された。(3)H_2O_2、ニコチン刺激によるHGK、HPLFの形態変化を観察した結果、H_2O_2刺激でHGKはH_2O_2濃度と作用時間に依存して、細胞間に隙間が出来、核を残す形で細飽が溶解した。HPLFは低濃度刺激では、細胞表面に網目構造を形成して次第に細胞が細くなり、細胞間に隙間を生じ、次第に核を残す形で溶解した。ニコチン刺激でも同様の結果が観察された。(3)RT-PCRを用いてH_2O_2、ニコチン刺激によるAE2への影響を観察した結果、両細胞共に、細胞が破壊寸前までAE2の存在が観察された。(4)H_2O_2、ニコチン刺激による細胞死を観察した結果、両細胞共に、細胞破壊の直前で、apoptosisが観察された。これらの結果より、HGK、HPLFのAEはAE2であり、AE2は酸化刺激より細胞を守り、細胞が破壊される直前まで機能しているこ...
  • 佐藤 耕太, 稲葉 睦, 有泉 清志 獣医生化学 = Veterinary biochemistry 44 (0) 15 -25 2007年12月26日 [査読無し][通常論文]
  • 大田寛, 陰山聡一, 平山博樹, 森安悟, 南橋昭, 澤井健, 尾上貞雄, 佐藤耕太, 稲葉睦 日本獣医師会三学会年次大会講演要旨集 2006 147 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 膜 31 (4) 2006年07月01日 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 動物遺伝育種研究 = The journal of animal genetics 34 (1) 89 -90 2006年06月01日 [査読無し][通常論文]
  • 大田 寛, 安達 啓一, 滝口 満喜, 稲葉 睦 The journal of veterinary medical science 68 (5) 453 -463 2006年05月 [査読無し][通常論文]
     
    クローディンはタイトジャンクション(TJ)を構成する主要な膜内在性蛋白質である.クローディン-16は,ヒト家族性低マグネシウム血症の原因遺伝子産物として同定され,腎尿細管における二価陽イオンの傍細胞輸送に関与すると推定されている.一方,黒毛和種牛のクローディン-16欠損症の主徴は尿細管の異形成による腎機能低下であり二価陽イオンの代謝異常は顕著ではない.本研究では,牛クローディン-16欠損症発症の分子基盤を解明する基礎として,蛍光抗体法を用い,尿細管におけるクローディン-16の分布,ならびにそれと共在するクローディン分子種の同定を行った.その結果,牛クローディン-16は,Tamm-Horsfall糖蛋白質陽性の尿細管,即ち,ヘンレの太い上行脚部のTJ領域に限定して存在することが明らかになった.また,他のクローディン分子群は,従来知られるマウス腎とは若干異なる分節特異的な分布を示し,ヘンレの太い上行脚部にはクローディン-3,-4,ならびに-10が共在してクローディン-16とともにTJを形成することが判明した.これらの知見は,ヘンレの太い上行脚におけるクローディン-16の欠損が上皮細胞・組織の構築を障害して尿細管異形成を生じることを立証するものであるとともに,尿細管各分節におけるTJの生理的なバリア機能が種によって異なることを示唆している.
  • 陰山 聡一, 平山 博樹, 森安 悟, 稲葉 睦, 伊東 大介, 大田 寛, 澤井 健, 南橋 昭, 尾上 貞雄 The journal of veterinary medical science 68 (4) 319 -323 2006年04月 [査読無し][通常論文]
     
    ウシ受精卵においてPCR-RFLPによるband3遺伝子型の判定を試みた.受精卵から採取した細胞を用いてband3遺伝子型および性別について検査した結果,それぞれ98.4%および97.4%を判定することができた.事前にband3欠損ホモ型と判定した胚を移植して得られた胎子(97日齢)1頭の肝臓からDNAを抽出して同様の方法で検査した結果,band3欠損ホモ型と判定され,受精卵における判定結果と一致した.以上の結果から,受精卵におけるband3遺伝子型判定は,遺伝病非保因動物の作出だけでなく,キャリア同士の交配により欠損ホモ型動物を作出することにも適用できる確実な方法であることが示された.
  • 稲葉睦, 大田寛, 伊東大介 日本獣医学会学術集会講演要旨集 141st 169 2006年03月01日 [査読無し][通常論文]
  • 大田 寛, 安達 啓一, 稲葉 睦 The journal of veterinary medical science 68 (2) 149 -155 2006年02月25日 [査読無し][通常論文]
     
    クローディンはタイトジャンクション(TJ)を構成する主要な膜内在性タンパク質であり, 隣り合う上皮細胞同士の接着と細胞間の物質透過におけるバリア機能を担うと考えられている.腎臓では多くのクローディン分子群が尿細管分節特異的に発現しており, 尿細管の形成や維持に重要な機能をもつと推測される.本研究では, 尿細管形成におけるクローディン分子群の役割を解析するモデルとしての有用性を検討することを目的に, 妊娠12日目のマウス胎子から得た後腎を器官培養して, クローディン分子群(クローディン1-4, 8, 10, 11, 16), ならびに同じくTJタンパク質であるオクルーディンとZO-1の発現動態をRT-PCR法と蛍光抗体法で解析し, 胎子腎の発達過程と比較・検討した.8日間の培養期間中, 後腎における各クローディンのmRNA発現量は, 胎子腎の発達過程にみられるのと同様, 個々の分子に特徴的な変動を示した.また, 蛍光抗体法での観察では, 各クローディン分子が特定の尿細管の上皮細胞管腔側にオクルーディン, ZO-1と共局在すること, 即ちTJ領域に分布することが示された.これらの結果は, マウス後腎の器官培養が, 胎子腎の発達にともなったクローディン分子群の発現動態を再現できる有用なモデルとなることを示すものである.
  • 稲葉 睦, 伊東 大介, 大田 寛 膜 30 (6) 318 -322 2005年11月01日 [査読無し][通常論文]
  • 高田 健介, 滝口 満喜, 稲葉 睦 The journal of veterinary medical science 67 (9) 955 -957 2005年09月25日 [査読無し][通常論文]
     
    CD4^+CD25^+制御性T細胞(T_<reg>)の発生を特異的に阻害する生後3日目の胸腺摘出をIQI/Jicマウスに施し, 自己免疫病態におけるT_<reg>の関与を検討した.胸腺摘出により涙腺炎の顕著な悪化が認められ, 若齢IQI/JicマウスではT_<reg>の機能が正常に維持されていることが示唆された.一方, 唾液腺炎は胸腺摘出群と無処置群とで同程度であり, T_<reg>は初期病変の形成に直接関与しないと考えられた.
  • 安達啓一, 大田寛, 伊東大介, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 140th 169 2005年08月31日 [査読無し][通常論文]
  • 大塚弥生, 伊東大介, 勝岡加代子, 新敷信人, 大田寛, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 140th 113 2005年08月31日 [査読無し][通常論文]
  • 勝岡加代子, 大塚弥生, 伊東大介, 大田寛, 堀内基広, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 140th 113 2005年08月31日 [査読無し][通常論文]
  • 大田寛, 安達啓一, 伊東大介, 富張瑞樹, 森下啓太郎, 陰山聡一, 尾上貞雄, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 140th 169 2005年08月31日 [査読無し][通常論文]
  • 伊東大介, 大田寛, 稲葉睦 日本膜学会年会講演要旨集 27th 77 2005年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 大田寛, 安達啓一, 伊東大介, 富張瑞樹, 森下啓太郎, 陰山聡一, 尾上貞雄, 稲葉睦 日本膜学会年会講演要旨集 27th 79 2005年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 滝口 満喜, 稲葉 睦 The journal of veterinary medical science 67 (1) 57 -61 2005年01月25日 [査読無し][通常論文]
     
    犬のポリープ様膀胱炎は稀な膀胱疾患で,慢性的な炎症像と上皮の増殖性変化を特徴とする.膀胱内にはポリープ様の塊状病変が形成されるが,病理組織学的には腫瘍性変化は認められない.本研究では,8例の犬に認められたポリープ様膀胱炎の超音波画像所見をまとめた.すべての犬において,超音波検査で膀胱内の塊状病変が確認された.塊状病変の超音波画像は,粘膜の突出およびポリープ様から有茎状で,大きさおよび形は様々であった.病変は膀胱の前腹側粘膜に多発する傾向が認められたが,前背側からも発生することが明らかとなった.膀胱の超音波画像所見は膀胱造影X線検査所見および肉眼所見とよく一致していた.超音波検査は膀胱内のポリープを検出するうえで,非侵襲性で極めて有用な診断技術である.しかしながら,確定診断には病変の病理組織学的検索が必要である.
  • 滝口満喜, 稲葉睦 北海道獣医師会雑誌 48 (8) 307 2004年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 関口道子, 滝口満喜, 稲葉睦 北海道獣医師会雑誌 48 (8) 305 2004年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 岡崎和子, 滝口満喜, 木村享史, 松田英一郎, 稲葉睦 北海道獣医師会雑誌 48 (8) 319 2004年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 新敷信人, 伊東大介, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 138th 148 2004年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 平井真弓, 伊東大介, 大田寛, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 138th 178 2004年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 大田寛, 伊東大介, 陰山聡一, 平山博樹, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 138th 148 2004年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 高田健介, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 138th 160 2004年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 伊東大介, 大田寛, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 138th 178 2004年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • K Takada, M Takiguchi, A Konno, M Inaba RHEUMATOLOGY 43 (7) 858 -862 2004年07月 [査読無し][通常論文]
     
    Objective. In primary Sjogren's syndrome (SS), systemic exocrine and non-exocrine organs are frequently affected, in addition to the major target tissues of the lacrimal and salivary glands. This study aimed to examine whether the IQI/Jic mouse, an animal model of SS whose autoimmune dacryoadenitis and sialoadenitis have been documented, develops inflammatory lesions in multiple organs as in primary SS. Methods. Systemic histopathological analysis was performed on IQI/Jic mice at various ages. Phenotypes of infiltrated lymphocytes were determined using immunohistochemical techniques. Results. Inflammatory lesions were observed not only in the lacrimal and salivary glands, but also in multiple organs, including the lung, pancreas and kidney at advanced ages, and were mainly composed of CD4(+) T cells and B cells. The incidence and severity of the inflammatory lesions increased with age in all these organs. The histological appearance and spreading of lesions were similar to those in human primary SS. Conclusions. IQI/Jic mice spontaneously develop inflammatory cellular infiltrates in multiple exocrine and non-exocrine organs. This characteristic distinguishes IQI/Jic mice from other murine models, making them favourable for studies on the pathogenesis of systemic involvement in primary SS.
  • 稲葉 睦 動物遺伝育種研究 = The journal of animal genetics 31 (2) 25 -31 2004年05月20日 [査読無し][通常論文]
  • 大田寛, 駒林賢一, 伊東大介, 滝口満喜, 稲葉睦 日本膜学会年会講演要旨集 26th 56 2004年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • 伊東大介, 陰山聡一, 沢井健, 永田暁洋, 大田寛, 滝口満喜, 伴顕, 渡辺大作, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 137th 136 2004年03月01日 [査読無し][通常論文]
  • 大田寛, 駒林賢一, 伊東大介, 渡辺淳, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 137th 152 2004年03月01日 [査読無し][通常論文]
  • GIGER U, 幅田 功, 稲葉 睦, 加藤 義洋, 中山 正成, 小野 憲一郎 獣医臨床病理 = Japanese journal of veterinary clinical pathology 7 (1) 15 -25 2003年12月01日 [査読無し][通常論文]
  • 大田寛, 伊東大介, 駒林賢一, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 136th 196 2003年09月10日 [査読無し][通常論文]
  • 高田健介, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 136th 218 2003年09月10日 [査読無し][通常論文]
  • 伊東大介, 大田寛, 滝口満喜, 稲葉睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 136th 217 2003年09月10日 [査読無し][通常論文]
  • 調節帯異常により左室機能障害を呈した猫の超音波検査
    濱本 耕平, 滝口 満喜, 稲葉 睦 日本獣医学会学術集会講演要旨集 136回 205 -205 2003年09月 [査読無し][通常論文]
  • 河村貴央, 滝口満喜, 浜本耕平, 長谷部理絵, 廉沢剛, 稲葉睦 北海道獣医師会雑誌 47 (8) 316 2003年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 悪性組織球症が疑われた犬の2例
    伊藤 啓, 滝口 満喜, 濱本 耕平, 中尾 喜一, 稲葉 睦 北海道獣医師会雑誌 47 (8) 291 -291 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • 甲状腺ホルモン製剤補充療法により病態が改善された拡張型心筋症の犬の1例
    岡崎 和子, 滝口 満喜, 濱本 耕平, 村岡 暢嘉, 稲葉 睦 北海道獣医師会雑誌 47 (8) 295 -295 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • 小動物の紐状異物の超音波画像診断
    滝口 満喜, 濱本 耕平, 稲葉 睦 北海道獣医師会雑誌 47 (8) 317 -317 2003年08月 [査読無し][通常論文]
  • 浜本耕平, 滝口満喜, 伊藤啓, 木村享史, 廉沢剛, 稲葉睦 北海道獣医師会雑誌 47 (8) 315 2003年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 関口道子, 滝口満喜, 稲葉睦 北海道獣医師会雑誌 47 (8) 302 2003年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 高田 健介, 北村 浩, 滝口 満喜, 斉藤 昌之, 橋本 晃, 稲葉 睦 獣医生化学 = Veterinary biochemistry 40 (1) 21 -27 2003年04月30日 [査読無し][通常論文]
  • トンソン ブーンリット, 盆子原 誠, 松本 光史, 蒋 鐘植, 松木 直章, 稲葉 睦, 小野 憲一郎 The journal of veterinary medical science 64 (9) 859 -861 2002年09月 [査読無し][通常論文]
     
    妊娠ラットにヒトインスリン様成長因子-I(rhIGF-I)を,妊娠18日目から21日目まで,12時間おきに計6回投与(1,2,および4μg/g体重)し,母体ならびに胎子血中アミノ酸濃度に及ぼす影響を検討した.rhlGF-Iを2μg/g投与した群では,アミノ酸取り込みを示すと考えられる胎子/母体血中アミノ酸濃度比で,ロイシン,イソロイシン,トリプトファン,フェニルアラニン,チロシンの高値が認められ,また胎子重量および胎盤重量も増加していた.IGF-Iは胎盤のある種のアミノ酸輸送を増加させることで,胎子発育に関連しているものと推測された.
  • 玉原智史, 稲葉睦, 富張瑞樹, 小野憲一郎 生化学 74 (8) 893 2002年08月25日 [査読無し][通常論文]
  • 盆子原 誠, トンソン ブーンリット, 大森 崇司, 松木 直章, 稲葉 睦, 小野 憲一郎 The journal of veterinary medical science 64 (8) 689 -692 2002年08月 [査読無し][通常論文]
     
    妊娠ラットに上皮成長因子(EGF)を,妊娠l8日目から2l日日まで,l2時間おきに計6回投与(100および200μg/g体重)し,妊娠21日目の胎盤から調整した胎盤微絨毛膜小胞(PMV)を用いて,胎盤のアミノ酸(ロイシン,プロリンおよびアラニン)輸送活性に及ぼすEGFの影響について検討した.微絨毛膜小胞へのナトリウム依存性プロリンの最大取り込み量(Vmax)は,EGF投与により用量依存的に増加したが,ロイシン,アラニンの取り込みに変化は認められなかった.EGFは胎盤微絨毛膜のプロリン取り込みを増加させ,胎児血中のプロリン濃度を上昇させることで胎児発育に関連すると推測された.
  • Boffi F.M, 尾崎 潤一郎, 松木 直章, 稲葉 睦, Desmaras E, 小野 憲一郎 The journal of veterinary medical science 64 (6) 483 -488 2002年06月 [査読無し][通常論文]
     
    マウス骨格筋由来C_2C__<12>細胞を用いて,2-デオキシグルコース添加とアルゴンガスにより引き起こされる化学的虚血のプリン代謝物,フリーラジカル産生,脂質過酸化ならびに細胞内カルシウム濃度に及ぼす影響を検討した.虚血により,細胞内アデノシン三リン酸,グアノシン三リン酸濃度は有意に,かつ急激に減少した.また,細胞内イノシン一リン酸と培養上清中のヒポキサンチン濃度は増加した.さらに,細胞内カルシウム濃度は虚血により有意に増加した.培養上清中の乳酸脱水素酵素活性ならびにチオバルビツール酸反応物質濃度も増加したが,フリーラジカルの産生は検出できなかった.一方,虚血によりTUNEL陽性細胞の割合は有意に増加した.したがって,虚血時にはフリーラジカル産生に関連するハイポキサンチン濃度の増加,膜の安定性の低下,細胞内カルシウム濃度の増加が発現し,さらに核の断片化が誘発されていると考えられた.
  • 松木 直章, 稲葉 睦, 小野 憲一郎 The journal of veterinary medical science 64 (4) 341 -347 2002年04月 [査読無し][通常論文]
     
    低酸素条件下の骨格筋では,アデノシン三リン酸(ATP)の分解とイノシン一リン酸(IMP)の蓄積が生じることが知られている.この変化を試験管内モデルで再現するため,マウス由来C_2C_<12>筋管細胞を代謝阻害剤で処置し,プリン代謝の変動を観察した.ミトコンドリアの呼吸鎖を阻害する2mMのシアン化ナトリウム(CN)処置では,細胞内アデニンヌクレオチドの変化はほとんど生じなかったが,解糖系を阻害する1mMヨード酢酸(IAA)処置では,細胞質ならびにミトコンドリアのアデニンヌクレオチドの80%以上が分解され,アラントインに代謝されて細胞外に放出された.このアラントイン放出は1mMのアロプリノールで完全に抑制されたことから,キサンチン脱水素酵素/酸化酵素はC_2C_<12>細胞のプリン代謝経路において重要な酵素の一つであることが明らかとなった.さらに,CNとIAA両者で処置した細胞では,ATPの枯渇とIMPの細胞内蓄積とともに細胞障害が認められたことから,CNとIAA両者による処置は低酸素による骨格筋障害の試験管内モデルとして有用であると考えられた.
  • 佐藤 耕太, 稲葉 睦, 馬場 恭子, 玉原 智史, 越野 一朗, 日笠 喜朗, 小野 憲一郎, 籠田 勝基 The journal of veterinary medical science 63 (9) 997 -1002 2001年09月 [査読無し][通常論文]
     
    興奮性アミノ酸輸送体は中枢神経系においてグルタミン酸作動性ニューロンにおける神経伝達の終結や, グルタミン酸の興奮性毒性から神経細胞を保護する役割を果たす.犬大脳皮質よりGLT-1およびEAAC1型の2種類の興奮性アミノ酸輸送体cDNAクローンをPCR法に基づき単離し, その性状を解析した.犬GLT-1およびEAAC1は, アフリカツメガエル卵母細胞発現系において, それぞれL-グルタミン酸に対して高親和性のNa^+依存性グルタミン酸輸送を呈した.GLT-1, EAAC1, ならびに既報のGLAST型輸送体は動力学的性質および一次構造が類似しているにもかかわらず, いくつかのグルタミン酸構造類似体に異なる感受性を示した.さらに, 脳内におけるこれらのサブタイプの転写産物の局在は異なっており, これらの興奮性アミノ酸輸送体は, 脳において異なる生理学的・病態生理学的役割を有することが示唆された.
  • 玉原智史, 稲葉睦, 松本光史, 富張瑞樹, 加藤直子, 渋谷周作, 小野憲一郎 生化学 73 (8) 807 2001年08月25日 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 膜 26 (2) 2001年03月01日 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 膜 26 (1) 31 -38 2001年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    The key membrane of the cell, the plasma membrane, contains a set of specific proteins that affect many aspects of the cell's behavior. Certain peripheral proteins at the interior surface, in association with integral membrane proteins, form the membrane skeleton to provide mechanical stability and morphology of the cell. Various transmembrane proteins provide a passage way across the membrane for certain molecules. Still others bind signaling molecules, or provide anchors for components of the other cells or the extracellular matrix at the outer surface of the plasma membrane. This review ...
  • 稲葉 睦 生化學 73 (12) 1431 -1435 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 耕太, 稲葉 睦 獣医生化学 = Veterinary biochemistry 37 (2) 57 -64 2000年10月30日 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 東京女子医科大学雑誌 70 (9) 602 -603 2000年09月25日 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 膜 25 (4) 156 -157 2000年07月01日 [査読無し][通常論文]
  • 小林 正人, 稲葉 睦, 三宅 陽一 家畜診療 47 (2) 83 -91 2000年02月 [査読無し][通常論文]
  • 打出 毅, 恩田 賢, 盆子原 誠, トンソン ブーンリット, 松木 直章, 稲葉 睦, 小野 憲一郎 The journal of veterinary medical science 61 (10) 1143 -1146 1999年10月 [査読無し][通常論文]
     
    乳牛を泌乳前期,泌乳後期,および非泌乳期の3群に分け,血漿トリグリセリド(TG)値,リポ蛋白プロファイル,およびリポ蛋白中のアポリポ蛋白B(apoB)濃度を比較検討した.さらに,乳腺におけるapoB含有リポ蛋白の取り込みを明らかにするために,乳腺の動静脈血についても同様の検討を行った.非泌乳期牛では,triglyceride-rich lipoproteins(TRL),低比重リポ蛋白(LDL),および高比重リポ蛋白(HDL)に相当する3つのピークが,泌乳前期および後期牛では,TRLおよびHDLに相当する2つのピークが認められた.泌乳前期および後期牛ではTRLピーク,血漿TG値,およびTRL中apoB-48濃度は,いずれも非泌乳期牛に比べ有意な低値を示した.さらに泌乳前期牛では,乳腺における血漿TG値およびTRL中apoB-48濃度の動静脈差は非泌乳期牛に比べ有意な高値を示した,これらの結果から泌乳期の乳腺は,外因性(腸管由来)TRLをレセプターを介して取り込み,TGを乳脂合成に利用していると考えられた.
  • 稲葉 睦 膜 24 (4) 1999年07月01日 [査読無し][通常論文]
  • 伴 顕, 酒井 淳一, 小屋 正人, 渡辺 大作, 阿部 省吾, 阿部 榮, 板垣 昌志, 星 昌孝, 稲葉 睦, 小野 憲一郎, 鈴木 勝士 日本獣医師会雑誌 52 (2) 85 -89 1999年02月20日 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 獣医畜産新報 51 (11) 927 -930 1998年11月 [査読無し][通常論文]
  • 稲葉 睦 膜 23 (6) 308 -315 1998年11月01日 [査読無し][通常論文]
     
    The investigation of red cell anion exchange protein, band 3 has been at the center of two fundamental questions on functions of membrane proteins : how they regulate cell morphology, and how they regulate homeostasis in the cell and throughout the whole organism. Our recent studies on bovine hereditary band 3 deficiency, a novel disorder inherited in an autosomal dominant mode in which homozygous animals totally lack band 3 due to a nonsense mutation Arg<SUP>664</SUP> → stop, have addressed the importance of band 3 in red cell morphology and homeostasis. The animals with total lack of band...
  • 盆子原 誠, Thongsong Boonrit, 松木 直章, 稲葉 睦, 小野 憲一郎 The journal of veterinary medical science 60 (10) 1081 -1085 1998年10月 [査読無し][通常論文]
     
    胎盤のアミノ酸能動輸送の特性を明らかにするため, 妊娠後期のラット胎盤より調製した胎盤微絨毛膜小胞(PMV)を用いてプロリン, ロイシン, およびアラニンの取り込みを検討した.これらアミノ酸のPMVへの取り込みはMichaelis-Menten kineticsに従う飽和曲線を示し, プロリンはNa依存性に, ロイシンはNa非依存性に, またアラニンはNa依存性およびNa非依存性に担体を介して輸送されることが明らかとなった.さらに, Na依存性のアラニンの輸送には2種類の異なる輸送系が認められ, これまで報告されていないNa非依存性のアラニン輸送系(Km ; 1.12 mM)も認められた.これらの結果から, ラットの胎盤には担体を介したアミノ酸輸送系が存在し, また少なくとも3種類の異なるアラニン輸送系が存在すると考えたれた.
  • 盆子原 誠, Boonrit Thongsong, 恩田 賢, 松木 直章, 稲葉 睦, 小野 憲一郎 The journal of veterinary medical science 59 (11) 1053 -1056 1997年11月 [査読無し][通常論文]
     
    妊娠ラットに妊娠18日目から19日目まで上皮成長因子 (EGF) を0, 100あるいは200μg/kg body weight /day皮下投与した. 高速液体クロマトグラフィーを用いたアミノ酸分析の結果, 血中プロリン濃度の臍帯静脈血/母体血比および胎子血/母体血比にEGF用量依存性の増加が認められ, また母体の体重増加量に占める胎子重量および胎盤重量の割合の増加も認められた. これらの結果から, EGFは胎子の発育を調節する因子であると考えられ, その機構の一つとして母体から胎子へのプロリン供給の増加が考えられた.
  • 打出 毅, 遠矢 幸伸, 恩田 賢, 松木 直章, 稲葉 睦, 小野 憲一郎 The journal of veterinary medical science 59 (8) 711 -714 1997年08月 [査読無し][通常論文]
     
    抗牛apoBモノクローナル抗体を用いてリポ蛋白中のapoB-48およびapoB-100の濃度を測定し, 乳用牛と肉用牛で比較検討した. 血漿triglyceride (TG) 値とtriglyceride-rich lipoprotein (TRL) 中のapoB-48濃度は, 乳用牛と肉用牛の双方で高い相関を示し, また乳用牛の血漿TGとTRL中のapoB-48は, 肉用牛に比べ有意 (p<0.01) な低値を示した. 乳汁中の乳脂合成にはapoB-48を介した外因性のTGが関与していると推測された.
  • 稲葉 睦 家畜診療 73 -80 1996年11月 [査読無し][通常論文]
  • 越野 一朗, 稲葉 睦, 小野 憲一郎 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19 (0) 1996年08月01日 [査読無し][通常論文]
  • 岡部 潤, 田島 茂行, 大和 修, 稲葉 睦, 萩原 紳太郎, 前出 吉光 The journal of veterinary medical science 58 (7) 629 -634 1996年07月 [査読無し][通常論文]
     
    軽症(奇形赤血球率30%前後)および重症(同70%以上)の奇形赤血球症を呈した9頭の1〜2ヶ月齢の子ウシについてその原因を検討した. 血漿鉄濃度は, 重症牛1頭を除く8頭全てが正常値の20〜30%に低下していた. このうち, 軽症牛7頭では加齢とともに血漿鉄が正常化するにつれて奇形赤血球が減少したが, 重症牛1頭では血漿鉄が正常化した後も高い奇形赤血球率を示した. イオン交換カラムクロマトグラフィーによるヘモグロビンの分析では, 軽症牛に比べて重症牛ではHb-2と仮称したヘモグロビンが著しく増加していた. 増加したHb-2は加齢とともに減少したが, それと一致して奇形赤血球も減少した. SDS〜PAGEによる赤血球膜蛋白質の分析では, 重症牛の2頭および軽症牛の7頭中3頭において, バンド4.2が2本に分離した. 以上の結果から, 奇形赤血球の増加については, 軽症牛では血漿鉄の低下が, また重症牛ではヘモグロビンおよび赤血球膜蛋白の構成変化が関与していたものと推察された.
  • 稲葉 睦 獣医畜産新報 49 (5) 404 -410 1996年05月 [査読無し][通常論文]
  • T MURASE, N HORIBA, GOTO, I, O YAMATO, T IKEDA, K SATO, K JIN, M INABA, Y MAEDE RESEARCH IN VETERINARY SCIENCE 55 (2) 252 -257 1993年09月 [査読無し][通常論文]
     
    To determine useful procedures for the diagnosis and prognosis of lead poisoning in waterfowl caused by ingestion of lead pellets, erythrocyte delta-aminolevulinic acid dehydratase (ALA-d) was investigated in experimentally lead-poisoned ducks. A highly positive correlation was observed between the concentration of blood lead and the ALA-d activity ratio (the ratio of activated:non-activated enzyme activity) in those birds given seven lead pellets (3 mm diameter). The ALA-d activity ratio rapidly increased after the administration of lead pellets, but began to fall immediately after the initiation of disodium calcium ethylenediamine tetra-acetate (CaEDTA) therapy which resulted in a rapid decrease in the concentration of lead in the blood of these birds. In contrast, the ALA-d activity remained inhibited even after blood lead levels began to decrease following treatment. These results demonstrated that the ALA-d activity ratio is a very useful and sensitive indicator for the diagnosis and evaluation of therapeutic effects after lead poisoning in waterfowl.
  • 稲葉 睦, 後藤 郁男, 佐藤 耕太, 前出 吉光 日本獣医学雑誌 55 (2) 281 -285 1993年04月 [査読無し][通常論文]
     
    ウマ赤血球アニオントランスポーター(Band 3)の性質を, 蛍光基質N-(2-aminoethyl sulfonate)-7-nitrobenz-2-oxa-3-diazole(NBD-taurine), ならびに無機リン酸(Pi)を基質としてヒト赤血球のそれと比較, 検討した. ウマ赤血球はPiに対してヒト赤血球の62%のアニオン輸送阻害剤, 4, 4'diisothiocyano-stilbene-2, 2'-disulfonate (DIDS)感受性輸送を示したが, 一方, NBD-taurineの輸送能はヒ卜の1/60以下と極めて低値であった. ところが, NBD-taurineはウマ赤血球におけるPi輸送を競合的に, かつヒト赤血球におけると同様に強く阻害した. これらの成績は, NBD-taurineがウマ赤血球のBand 3に他のアニオンと同様に結合するものの, 輸送基質としては適していないことを示すものであり, ウマ赤血球のBand 3がアニオン輸送部位, あるいはその近傍でヒ卜のBand 3と異なる構造を有することを示唆するものである.
  • 前出 吉光, 稲葉 睦, 天野 雄策, 村瀬 敏之, 後藤 郁男, 板倉 智敏 日本獣医学雑誌 53 (3) 379 -383 1991年06月 [査読無し][通常論文]
     
    糸球体腎炎に罹患した1頭の馬の血中からクリオグロブリンが検出された. 患馬は冬期に脚部の腫脹および皮膚の潰瘍形成を呈していた. 分離されたクリオグロブリンは, ゲル浸透クロマトグラフィーにより単一のピークを示し, その分子量は180,000であった. またセルロースアセテート膜電気泳動ではγ-分画が2本のバンドに分離した. 免疫電気泳動では抗ウマIgGに対して2本の沈降線が認められた. また, 二重拡散法においては, 同クリオグロブリンと, 正常ウマにより精製されたウマIgGはともに抗ウマIgGに対して沈降線を生じた. さらにSDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動により, 還元条件下において分子量52,000と50,000, および31,000と30,000のポリペプチドが検出され, 分子量的に前者はウマIgG分子の重鎖に, また後者はその軽鎖に一致した. これらの結果から, このクリオグロブリンは二つの異なったIgG分子から構成されていること, および同グロブリンが患馬の腎および脚部の障害の原因であったことが推察された.
  • 池田 富夫, 稲葉 睦, 前出 吉光 Japanese journal of veterinary science 52 (4) 877 -878 1990年08月 [査読無し][通常論文]
     
    臨床的に健康なイヌの血清エリスロポエチン(EPO)をマウス脾細胞法により測定した. 1-7歳のイヌ21頭では94.9±28.7mU/ml(平均±標準偏差)であり, 性差は認められなかった. 一方1-2カ月齢のイヌは182.7±56.2mU/mlと高値を, 逆に8-13歳では56.5±11.6mU/mlと低値を示した. 同様に測定したウマ, ウシ, ネコ及びヤギの血清EPOは, いずれもイヌに比べ低値を示した.
  • M INABA, Y AMANO, Y MAEDE BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA 1021 (1) 101 -104 1990年01月 [査読無し][通常論文]
  • 村瀬 敏之, 稲葉 睦, 前出 吉光 日本獣医学雑誌 50 (5) 1133 -1135 1988年10月 [査読無し][通常論文]
     
    血清の前処理に脂溶性画分抽出用カラム(Extrelut^<(R)>1, Merck)を用いて簡便化し, 検出系にHPLCを用いることで特異的にグルココルチコイドの測定を行うことができた. 14頭の正常犬で血清コルチゾール値は1.10±0.74μg/dl(平均±S.D.), また, うち6頭でコルチゾンが検出されその最大値は0.57μg/dlであった. さらに, コルチゾール値の日内変動パターンを異にする二つの個体群が観察された.
  • Y MAEDE, M INABA AMERICAN JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH 48 (7) 1172 -1172 1987年07月 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2012年 -2012年 
    代表者 : 稲葉 睦
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2010年 -2011年 
    代表者 : 稲葉 睦, 佐藤 耕太
     
    プリオン病の病態には異常プリオン蛋白質(PrPSc)の蓄積が中心的な役割を果たすが、内因性PrPCからPrPScが形成される機序は未だに謎である。本研究は、申請者らが赤血球膜で偶然に見出し再認識したヒドロキシノネナールによる分子修飾という従来にない視点に立ち、脂質過酸化産物=アルデヒドによる分子修飾を起点にしたPrPCからPrPScへの構造変化という新たな仮説を設定し、その検証を目的とする。本年度は、まずPrPCに対するHNE修飾の有無の検証を行った。健常マウスとPrPSc接種スクレイピーマウスから脳乳剤を調製し、ならびにプロテアーゼ分解フラグメントのFT-MS、あるいはMALDI-TOFMS解析を行ったが、明らかなHNE付加を示唆する質量変化は認められず、また抗HNE抗体でのイムノブロットではいくつかのシグナルが認められたが、PrPに相当するポリペプチドとの一致は認められなかった。一方、N2a細胞、ならびにマウスPrPCを安定過剰発現するN2a-MoPrP細胞について上記と同様の手法によりPrPCへのHNE付加を調べたところ、PrPに一致したHNE付加ポリペプチドのシグナルが低レベルながら認められた。また、同細胞に脂質過酸化を誘発したところ、これを含む複数のシグナルの増強が認められた。これらについてFT-MS解析を行ったがPrPへの明瞭なHNE付加を同定するには至ってない。...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 稲波 修, 稲葉 睦, 堀内 基広, 桑原 幹典, 山盛 徹
     
    平成22年度は初年度で確立した部位特異的スピンラベル法による2点間距離計測技術をプリオン凝集体の構造解析に適用を広げることを目的に研究を推進した。測定系の確立は遺伝的プリオン病の変異体D178Nのαヘリックス2上のT188にスピンプローブ(R1)を導入したD178N/T188R1で行い、連続波ESRにより凝集体では1.8nmであることを明らかにした。pH4.0で1M塩酸グアニジン処理すると凝集体構造を形成することはAFMによるフィラメント構造の観察により確かめられた。本年度は引き続き解析を進め、オクタリピートの最後部分でランダムコイル構造のD178N/S97R1、αヘリックス1のD178N/D144R1、αヘリックス2のD178N/R204R1とD178N/Y225R1について同様に検討した。どの場所でも凝集体のスピン間の距離は1.5nm~2.0nmの間の値が持続波ESR法で検出された。パルスESR法でも計測範囲の短距離限界を示し、周期的で規則正しい構造ではなく、凝集体中の同じアミノ酸残基の分子間の距離は1.5nm~2.0nm程度の間隔を持つランダムに凝集体を形成している可能性を示していると類推された。既に他の研究者によって電子顕微鏡像から得られたシミュレーションでは規則正しい対称構造モデルが提唱されており、オクタリピートを除いたブリオンタンパク質凝集体の構造について、同様方...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 佐藤 耕太, 稲葉 睦
     
    本研究では、疾患に関与するトランスポーターおよびチャネルなどの膜輸送蛋白質の機能調節機構を解明するために、網羅的な蛋白質相互作用検出系の確立を試みた。昨年までにトランスポーター分子の蛋白質間相互作用を網羅的に検出するためのshRNAレンチウイルスライブラリーの作製を試みたが、ウイルスベクターによる遺伝子導入後の細胞において効果的なノックダウンが見られる細胞が著しく少数であったため、より特異性の高いライブラリーを調整する必要があるものと考えられた。一方、すでに犬赤血球における酸化抵抗性異常に関与する多型として報告した犬GLAST型グルタミン酸トランスポーターをトランスポーター病の標的分子として、野生型および変異型GLAST分子と相互作用する結合蛋白質の探索を試みた。GLAST発現細胞株として赤芽球系細胞K562あるいは人腎由来HEK293細胞を用い、免疫沈降法を応用しGLAST結合タンパク質の探索を実施したところ、2種のPDZドメイン蛋白質NHERF1および2がGLAST分子のC末端に結合することが明らかとなった。この相互作用は結合するGLAST分子の糖鎖成熟度に差異が見られることから、それぞれ異なる細胞内小器官において相互作用し、GLASTの細胞表面発現を調節しているものと考えられた。また、このほかにも新規結合蛋白質と考えられる分子を検出したが、TOF-MS型質量分析装置によ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 佐藤 耕太, 稲葉 睦
     
    反芻動物の赤血球には、分子量約155,000の膜内在性糖タンパク質gp155が高発現している。さらにgp155はバンド3-アンキリンと複合体を形成し、膜骨格形成に関与することが示唆されている。私達は、gp155の実体がATPトランスポーターのひとつであるABCC4であることを明らかにしたが、その赤血球における存在意義は明らかではない。本研究では反芻動物赤血球におけるABCC4高発現の分子機序の解明を目的に、牛ABCC4遺伝子を単離し、ABCC4.1および4.4遺伝子を単離した。本年度はこれらのABCC4.1および4.4の両者について、生理的役割に影響しうる分子機能の差異を検討するために、これらををHEK293細胞に発現させ、機能的な差異を検討した。両者ともに細胞膜に局在するものの、小胞体などの細胞内小器官にも分布することが明らかになった。4.4は糖鎖をもたない分子量127kDaの分子として合成されたが、細胞内小器官における分布に大きな差異は認められなかった。牛骨髄細胞におけるmRNA発現量はABCC4.1が主体を占め、4.4はマイナーな成分であることが示唆された。また、ABCB4と牛赤血球血液型抗原との関連について、著しい多型を呈する牛赤血球型抗原システムのひとつであるBシステムとの類似性が示唆されたが、現在、確認を進めている。以上の結果より、牛ABCC4遺伝子産物は少なくと...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 大塚 弥生, 稲葉 睦, 佐藤 耕太
     
    牛赤血球膜グライコフォリンA(GPA)が赤血球膜上で形成する500kDa以上の高分子複合体(GPAヘテロオリゴマー)にはGPAとともにGPB、CD58が含まれること、GPBには変異体が存在し、牛血液型Fシステムの抗原分子として機能することを実証した。牛ピロプラズマ原虫の赤血球侵入とFシステムとの関連性をTheileria orientalisとの共培養系で解析したが、原虫の赤血球内侵入はいずれの赤血球でも認められず、抗病性の評価には至らなかった。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 稲葉 睦, 山本 雅之, 高桑 雄一, 佐藤 耕太, 安居院 高志, 大塚 弥生, 稲波 修, 渡邊 信久, 山本 雅之, 高桑 雄一, 大田 寛, 梅村 孝司, 日笠 喜朗
     
    細胞膜構造の機能的構築・形成メカニズムの解明と疾患分子病態解明への応用を目標に、「膜骨格はいかにして作られるのか」を具体的目的に据えた解析を行った。膜タンパク質AE1と先天性溶血性貧血の原因となるその変異体を利用した小胞体ERにおける足場タンパク質アンキリンとの相互作用、ERからの小胞輸送を規定する特定のアミノ酸配列の解明等により、小胞体における膜骨格ユニット形成の可能性を示した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 稲葉 睦, 高桑 雄一, 佐藤 耕太, 大塚 弥生
     
    A. 酸化剤により人為的に過酸化傷害を生じさせた赤血球、対照新鮮赤血球からATP存在下、非存在下で膜ゴーストを作製し、それぞれのスペクトリンについて、HNE付加量と付加部位を抗HNE抗体でのイムノブロットとプロテアーゼ分解フラグメントのMALDI-TOF MS解析で比較解析した。その結果、ATP存在下、即ち生理的条件下の赤血球膜では、同じ酸化負荷をかけてもATP非存在下に比べHNE修飾の程度が有意に低いことが明らかになった。修飾部位は、α-、β-スペクトリンともに、膜脂質との相互作用が示唆されている領域に集中しており、酸化剤存在下では、ATP非存在下で親水性領域に検出される傾向が特にα-スペクトリンで認められた。HNE修飾スペクトリンと膜反転小胞との結合は現在検討中である。B. 脳、筋のホモジェネートのイムノブロットでスペクトリン類似蛋白質のHNE修飾を検出することを試みた。200kDaより大きな分子サイズの領域に弱いシグナルを認めたが、分子の同定には至っていない。現在、MALDI-TOF MSによる解析を継続中である。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 稲波 修, 平岡 和佳子, 下山 雄平, 稲葉 睦, 堀内 基広, 桑原 幹典, 浅沼 武敏, 平岡 和佳子, 下山 雄平
     
    本研究はブリオン病の原因であるブリオンタンパク質の凝集体変化を新しい方法を用いて明らかにし、今後のプリオン病の病態解明や治療薬の評価方法を開発することを目的とした。このプリオン凝集体への変化を起こすには細胞内低pH器官であるエンドソームで起きることから、pHの低下が必須であると考えられていることからpH7.0の生理条件からpH4.0に変化させたときの構造変化を明らかにした。電子スピン共鳴法、ならびに原子間力顕微鏡を用いて家族性プリオン病でよく見られる変異体プリオンD177NはpH4.0、変性下に置くことで変異を持っていない野生型よりも効率よく線維状の凝集体が起きることが示され。凝集の引き金となる領域がタンパク中心部のβシート付近にあることが明らかとなった。今回の結果はプリオン病の原因タンパク質の構造変化を明らかにしただけでなく、今回用いた新たな方法はプリオン関連病の治療薬の評価系に用いることが可能であると考えられる。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 大塚 弥生, 稲葉 睦, 佐藤 耕太
     
    本研究は全身性慢性疾患において高頻度に発症する非再生性貧血ACD(Anemia of chronic diseases) 発症機序ついて、炎症性サイトカインによる赤芽球系特異的遺伝子発現への影響に焦点を当て研究を進め、IL-6が赤芽球前駆細胞に作用する結果、細胞内情報伝達経路であるJAK/STAT3 経路を活性化し、GATA-1に転写制御を受ける赤芽球系特異的分子α-ヘモグロビン安定化蛋白質(AHSP) やグロビン遺伝子の発現を抑制することを実証した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 稲波 修, 堀内 基広, 苅和 宏明, 稲葉 睦, 桑原 幹典
     
    BSEやCJDなどのプリオン病では、構造異常を呈する異常型プリオンタンパク質(PrPSc)が正常型PrPCと相互作用し、その高次構造を異常型に変換させ、病態を引き起こすと考えられている。このPrPの構造変化機構には、酸性エンドソームが関与していると考えられている。本研究ではsite-directed spin labeling (SDSL)法を用い、αヘリックス1(H1)の裏側、βシート1(S1)とβシート2(S2)の3つのpH感受性領域をESRによる解析で見出した。近年、molecular dynamics (MD) simulationを用いた研究により、酸性pHが引き起こすPrPSc様のβ-sheet-rich構造への転換にアスパラギン酸177(Dl77)とヒスチジン186(H186)が重要な役割を持つと報告されたが、実際には実験的な証明はなされていない。本研究ではさらにD177とR163が形成する塩橋とH176とH186の2つのヒスチジン残基について、β-sheet2(S2)のpH感受性に対する影響をSDSL-ESR法で解析した。その結果、D177が形成する塩橋の形成がS2の中性付近でのβシート構造の維持に重要であることが明らかとなったが、近傍のH176の存在がこの構造安定性にも重要であることが見いだされた。また、H186のCJD変異についてはS2の構造安定化には寄与...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    代表者 : 稲葉 睦, 山本 雅之, 陰山 聡一, 堀内 基広, 稲波 修, 梅村 孝司
     
    1)AHSP遺伝子の5'上流領域プロモーター領域の解析から、赤芽球系分化誘導時には、翻訳開始点上流-328〜-286bpに位置する3カ所の転写因子GATA結合モチーフがAHSPの転写活性化に必要な最小要素であることが明らかになった。EMSA解析等の結果を加え、赤芽球系前駆細胞におけるAHSPの転写にはGATA-1の作用が必須なことが明らかになった。同時に、PrP^侵襲によるAHSPの発現抑制には、GATA-1による転写制御が関連することが推定された。2)プリオン感染マウス由来脳乳剤、あるいはPrP^持続感染神経細胞株ScN2a存在下にMELhide8細胞を培養し、AHSP等の発現を解析した。しかし、赤芽球系分化誘導時、AHSPをはじめ、α-グロビン、β-グロビン、GATA-1、EKLF、NF-E2などの転写にはいずれも何ら影響が認められず、また、長期継代後にもMELhide8細胞にはPrP^の蓄積が全くみられなかった。これらの結果から、PrP^はMELhide8細胞に対する直接作用をもたないことが明らかになった。3)MELhide8細胞におけるAHSP mRNA発現量、ならびに上記GATA依存性のAHSPプロモーターレポーター遺伝子発現は、IL-6の添加で濃度依存性に抑制された。IL-1βにも類似作用が認められたが、その効果はIL-6に比して低...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2005年 -2005年 
    代表者 : 稲葉 睦, 小川 博之, 鈴木 勝士, 国枝 哲夫, 北川 均, 佐々木 伸雄
     
    1)学術雑誌等の調査により、過去40年間に国内外で報告された動物の遺伝性疾患、ならびに動物のゲノム解析について、その内容と現在の研究動向を検討した。その概要は、獣医学教科書である「獣医内科学」、「牛の先天異常」(濱名克己編、学窓社、2006)等に記載のほか、獣医臨床遺伝研究会(平成18年6月)等にて報告する。2)総括斑、調査斑が4回の討議を行い、上記を含め以下の合意に達した。◆対象とする疾患:特に国内で問題となっている、あるいは特徴的な疾患で、その解析が、産業動物の損耗防止や分子育種につながる牛・豚の疾患、人間社会との共存や福祉の向上に資する犬・猫の疾患、生命科学や基礎医学の基礎理論構築、医療への応用に発展し得る動物疾患。◆研究の展開:(1)特定の単一遺伝子疾患の原因遺伝子異常の解析、ならびに発症の分子機構とそれに基づく分子の生理機能の解明。(2)多因子疾患臨床症例の詳細な病態分類と原因となる分子・遺伝子異常の探索。◆研究組織:特定領域研究の創設に際しては、臨床知見の集積を含めた研究内容の特性に鑑みて5年間程度の研究展開を目指す。総括斑、調整班のもとに上記(1)と(2)の研究展開の基盤となる2〜3の計画研究班を設置して重点的に基礎研究を実施するほか、2年間の公募研究をそれぞれ20件程度ずつ採用する。2)下記の研究集会、公開シンポジウムのほか、獣医内科学アカデミー(平成17年8...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 堀内 基広, 古岡 秀文, 大橋 和彦, 稲葉 睦, 前田 秋彦
     
    本研究では、PrP^産生を阻害する物質の作用機序の解析、および、プリオン増殖に関与する宿主因子や微小環境の同定、からプリオンの細胞内増殖機構を紐解くための研究を行った。細胞膜上に発現するPrP^Cと反応する4種の抗PrP抗体が、プリオン持続感染細胞におけるPrP^産生を抑制した。細胞膜上のPrP^Cと結合した抗体は細胞膜上に停留する傾向があることから、PrP^Cと抗体が結合して、PrP^Cが通常の分解経路に移行しなくなることが、PrP^産生抑制の原因と考えられた。また、人工硫酸化糖のプリオン増殖抑制能を調べた結果、4-Sulfo-N-acetylglucosamineおよび6-Sulfo-N-acetylglucosamineにPrP^産生抑制活性が認められた。これらを細胞に添加した場合、PrP^Cのエンドサイトーシスが促進され、総PrP^C量が減少した。一方、PrP^産生抑制活性のない硫酸化糖はPrP^Cのエンドサイトーシスを促進しなかった。従って硫酸化糖によるPrP^産生抑制は、PrP^Cの分解促進が原因と考えられた。マウス神経芽細胞Neuro2aのサブクローンを多数樹立して、プリオン感受性および非感受性に分類した。プリオン非感受性のN2a-1ではPrP^Cの発現は親株やプリオン感受性N2aサブクローンと同程度であった。プリ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2004年 -2004年 
    代表者 : 稲葉 睦, 小川 博之, 国枝 哲夫, 鈴木 勝士, 北川 均, 滝口 満喜
     
    1)学術雑誌等の調査により、過去40年間に国内外で報告された動物の遺伝性疾患、ならびに動物のゲノム解析について、その内容と現在の研究動向を検討した。その概要は、獣医学教科書である「獣医内科学」等に記載のほか、獣医臨床遺伝研究会(平成17年3月)、獣医学会学術集会シンポジウム(平成17年4月)、ならびにHP(平成17年5月開設予定)にて報告する。2)総括班、調整班が4回の討議を行い、上記を含め以下の合意に達した。◆対象とする疾患:特に国内で問題となっている、あるいは特徴的な疾患で、その解析が、産業動物の損耗防止や分子育種につながる牛・豚の疾患、人間社会との共存や福祉の向上に資する犬・猫の疾患、生命科学や基礎医学の基礎理論構築、医療への応用に発展し得る動物疾患。◆研究の展開:(1)特定の単一遺伝子疾患の原因遺伝子異常の解析、ならびに発症の分子機構とそれに基づく分子の生理機能の解明。(2)多因子疾患臨床症例の詳細な病態分類と原因となる分子・遺伝子異常の探索。◆研究組織:特定領域研究の創設に際しては、臨床知見の集積を含めた研究内容の特性に鑑みて5年間程度の研究展開を目指す。総括班、調整班のもとに上記(1)と(2)の研究展開の基盤となる2〜3の計画研究班を設置して重点的に基礎研究を実施するほか、2年間の公募研究をそれぞれ20件程度ずつ採用する。2)下記の研究集会、公開シンポジウムを開催...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 稲波 修, 佐藤 基佳, 稲葉 睦, 桑原 幹典, 浅沼 武敏, 太田 利男
     
    本研究は乳房炎が頻発する産後直後の免疫機能低下の原因を好中球機能を中心に検索するとともに、乳房炎機能を明らかにすることを目的とする。そのためにウシ好中球機能の活性化のためのシグナル伝達機構の解明を行い、周産期での好中球機能さらには母胎側の好中球機能に影響を与える因子の同定と機能を明らかにする。本年度は(1)好中球のNADPHオキシダーゼを制御するシグナル伝達機構として現在まで本研究で同定したcPKC、p38MAPKやERKなどのMAPK、さらにPI3Kの関与に加えて、novel PKC (nPKC)に属するPKCdeltaの機能について検討した。(2)また、昨年に引き続き、胎盤や乳汁中に好中球機能に変動を与える因子が存在しないかどうか検索することを試み、新たなNADPHオキシダーゼ発現に抑制的な作用を持つタンパク質の同定を試みた。(3)新たなNADPHオキシダーゼ発現抑制タンパク質の一つとしてラクトフェリンが同定され、ウシラクトフェリンは乳汁中に多量に含まれることから、その機能検索を進め、ラットマクロファージと単球を用い、LPSあるいはConA刺激によって誘導されるINF-γ、IL-1β、TNF-α、IL-12p40ならびにiNOSのmRNA発現に及ぼす影響を検討した。その結果、(1)PKCdelta阻害剤rottlerinを処理すると、OZによるウシ好中球のNADPHオキシ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 滝口 満喜, 高桑 雄一, 田島 誉士, 稲葉 睦
     
    本研究は、上皮や実質組織の破壊や低形成をともなう多彩な動物疾患の臨床知見の集積と分子病態解析の成果から派生したアイディアに基づくものである。本計画は、"細胞間接合の遺伝的異常と疾患"という新しい観点から、従来、遺伝性素因の存在を疑われながら病因のとらえどころがなかった組織破壊を伴う疾患や臓器低形成の分子機構を解明することを将来目標としている。本萌芽研究では、上記仮説実証の第一歩として、タイトジャンクション(TJ)に分布するCL分子ファミリーに焦点を絞り、まず正常組織における分子群の臓器、組織分布を明らかにし、次いで腎、肝、消化管、皮膚の組織破壊、あるいは低形成を呈する臨床例におけるCL分子の異常を検証することを目的とした。クローディン(CL)分子ファミリーは現在までにヒト、マウスでいずれもCL-1〜CL-18までの18分子種が知られている。代表者らは、これまで牛CL-16に関する解析を行ってきたが、本研究計画では小動物(犬と猫)を対象とするため、まずこれら18種のCLを各々同定するためのツールとして特異抗体を作製することから着手した。犬、猫、個々のCL分子にそれぞれ対応する抗体を作製するのは煩雑であり、また交差性が期待されるため、まず犬CLsに対する抗体を作出、必要に応じて抗猫CLs抗体を作製することとした。抗原として用いる各CL分子C末端ペプチド(C末端の細胞質ドメイン30...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 稲葉 睦, 滝口 満喜, 稲波 修, 前出 吉光, 山本 雅之, 高桑 雄一, 斉藤 昌之
     
    本研究は、赤芽球系細胞における赤血球膜骨格組み込みの"ユニット工法仮説"実証を目的とする。骨髄赤芽球系細胞、赤芽球系培養細胞を用い、遺伝子導入とタンパク質の生化学的・形態学的解析で以下の成果を得た。●赤芽球系培養細胞K562を用いて、膜骨格と相互作用する主要膜タンパク質、バンド3、グライコフォリンC、アンキリン、プロテイン4.1、ならびにそれらの変異体の安定発現系を構築し、細胞内局在と赤芽球分化誘導時の挙動や細胞分化・増殖に及ぼす影響を検討した。膜内在性であるバンド3とグライコフォリンCはともにER/Golgiを経て細胞膜に移行した。これらと膜骨格を連結すると考えられるアンキリンとプロテイン4.1も同様にERとGolgiに局在が認められ、これは赤芽球系分化誘導後にも変化しなかった。また、内因性のアンキリンやプロテイン4.1、さらにスペクトリンも主にER/Golgiに分布が認められた。したがって、膜骨格組み込みは赤芽球系細胞の細胞膜ではなく、ERで生じる現象であることが明らかになった。●同様の解析で、K562細胞におけるバンド3分子の恒常的発現により細胞増殖速度が約70%に低下すること、誘導剤による赤芽球系分化速度も低下する現象が見出された。しかし、誘導可能な赤芽球までのステージでは、細胞骨格タンパク質の局在や細胞形態に対する影響は認められなかった。●骨髄赤芽球系前駆細胞ではス...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽研究)
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 稲葉 睦, 高桑 雄一, 滝口 満喜
     
    本研究の目的は、牛グライコフォリンC(GP-C)の発現、遺伝子型-表現型連関について従来得た以下の仮説を検証し、S85によるポストゴルジ膜移行、あるいはERレトリーバル制御の分子機構を解明することを目的とする。<仮説1>S85のリン酸化等の翻訳後修飾がポストゴルジ膜移行を決定づける未知のシグナルとして機能している。あるいは、<仮説2>S85を含む周辺配列が未知の膜移行認識シグナルとなっている。仮説1との相乗作用もあり得る。1.仮説1を検証するために、GST-fused GP-C(C末端細胞質ドメイン)を調製し、これを基質とするProtein kinaseを解析した。その結果、Casein kinase I (CKI)がGP-CのC-末端細胞質ドメインをリン酸化することが判明した。CKIは、遺伝子多型であるS85、N85のGP-Cの両者をリン酸化することから、S85以外のSer/Thr残基もリン酸化されることが推定された。2.COS細胞、K562細胞におけるGP-C発現系を構築し、それらのリン酸化動態と細胞膜への移行を解析した。これらの細胞ではGP-Cのリン酸化が観察されたが、少なくともCKI阻害剤存在下でのリン酸化の程度は対照と、あるいはGP-CS85とN85とで相違なく、また細胞膜移行の程度にも顕著な差は認められなかった。3.翻訳後修飾としてO-GlcNAc付加を推定し、そ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 小野 憲一郎, 稲葉 睦, 小川 博之, 土井 邦雄, 吉川 泰弘, 松木 直章, 佐藤 耕太
     
    平成14-15年度の2年間、加齢性脳疾患の発症メカニズムと分子病態について検討し、以下の結果を得た。1)加齢性脳疾患の発症メカニズムとフリーラジカルに関する検討:培養細胞を用いたフリーラジカルと神経細胞死に関する検討では、細胞外から細胞内へのカルシウムインフラックスにより神経細胞死の発現することが明らかとなった。また、この細胞死は電位依存性カルシウムチャンネル阻害によると考えられた。一方、虚〓時には細胞内高エネルギーリン酸化合物は急速に減少し、ハイポキサンチン、キサンチン、尿酸へと分解され、細胞内にラジカル、とくにヒドロキシラジカルが産生され、細胞死が発現すると考えられた。2)加齢性脳疾患の分子病態に関する検討:脳のMRI像とPET像を重ね合わせ、特定部位の血流、糖代謝レセプターの動態を解析できる方法を確立し、一部「痴呆」症状を示す症例について検討したところ、糖代謝、ならびに血流量の低下が認められ、さらにアデノシンA1レセプター、ベンゾジアゼピンレセプター発現の減少も認められた。また、犬の脳におけるグルタミン酸輸送担体の遺伝子配列を決定し、一部症例ではこの遺伝子産物が減少していることを認めた。一方、各種動物における加齢性の病変を組織学的に解析したところ、野生動物を含む多くの動物でヒトのアルツハイマー病で観察される老人斑や血管周囲のアミロイド沈着が認められた。さらに、視覚誘発電...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2001年 -2002年 
    代表者 : 稲葉 睦, 小野 憲一郎, 印牧 美佐生, 小川 博之, 今川 和彦, 小林 正人, 前出 吉光, 稲波 修
     
    A.肉質との連鎖に関する解析1.前年度に、バンド3欠損症原因遺伝子異常保因と肉質との連鎖について、脂肪酸不飽和度との関連性が示唆された。これに関してさらに詳細に検討した結果、直接の連鎖の存在は否定された。腎尿細管形成不全症(CL-16欠損症)についても明確な連鎖は認められなかった。さらに、両遺伝子とも近傍領域における直接肉質に関連すると考えられる遺伝子の存在は明確ではなかった。B.疾患分子病態の解析上記のように、疾患遺伝子異常と産肉形質の直接の連鎖が否定されたことは、疾患病態が産肉形質のうえからは良好な効果をもたらす可能性が示唆するものであり、詳細な分子病態の解明が今後の育種戦略策定に必須となる。1.バンド3欠損症については、バンド3導入培養細胞を用い、この細胞における細胞内pHの低下が生じる(細胞内酸性化に機能する)ことをとおして細胞外液pH変化を生じることを実証した。したがってバンド3の欠損、あるいは部分欠損は体液の酸塩基平衡を酸性化に傾け、体細胞代謝に影響するものと考えられる。2.CL-16欠損症については、そのバリア機能を中心に検討した。MDCK細胞でCL-16発現系を構築し、その局在と傍細胞輸送への影響を、蛍光抗体法、電気抵抗測定で解析した。CL-16は細胞膜の細胞同士が隣接する部位、特にタイトジャンクション領域に分布し、発現量増加に伴い、培養細胞モノレイヤーの電気...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 稲葉 睦, 辻本 元, 稲波 修, 高桑 雄一, 山本 雅之, 松木 直章, 小野 憲一郎
     
    ●培養細胞系の確立:レトロウイルスベクターを用いて、K562、およびHEK293細胞における正常牛赤血球型バンド3(bebWT)、ならびにバンド3完全欠損症における変異バンド3(bebRX)、またそれらのEGFP融合タンパク質の安定発現系を構築した。さらに、これらの細胞系でバンド3に加えアンキリンのバンド3結合領域(AnkN90)を発現する細胞株を確立した。●上記の各細胞を用い、bebWTが細胞膜に輸送され安定化すること、一方、bebRXはレトログレードトランスポートを含む細胞内小胞輸送を経て細胞質ユビキチン・プロテアソーム系により合成後速やかに分解されること、さらにbebWTとbebRXが同時に存在すると、それらの相互作用によりbebWTもが分解され安定性が低下する、即ち、bebRXがbebWTの発現に対してドミナントネガティブに作用することを明らかにした。諸種の小胞輸送阻害剤、あるいは形態学的観察により、これらがER、ならびにGolgiにおいて生じることを示した。同様に、バンド3とアンキリンの相互作用・結合はER、あるいはGolgiにおいて既に生じることを明らかにした。一方で、アンキリンはバンド3非存在下でも小胞に結合することも明らかとなり、この結合を介して膜骨格を形成し得るものと考えられた。●正常個体、欠損症個体由来の骨髄細胞におけるバンド3、アンキリン、スペクトリン、...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 小野 憲一郎, 稲葉 睦, 松本 芳嗣, 唐木 英明, 安田 充也, 松木 直章
     
    1)代謝特性:確立した原虫の短期培養系を用いて、糖代謝に関連する酵素活性を検討した結果、ミトコンドリア解糖系の酵素活性に原虫間で差のあることが明らかとなった。また、寄生赤血球の糖取り込みについて検討した結果、両原虫感染血球では新たな糖輸送機構が発現していることを明らかにした。また、この糖輸送機構は両原虫で異なることも判明した。2)抗原虫薬剤の開発:1)に関連した両原虫の酵素活性の差に基づき、いまだ有効な薬剤の開発には到っていないが、糖代謝活性を制御する抗原虫薬剤の基本骨格を推定することが可能となった。3)膜構造蛋白の分子論的解析:感染赤血球の膜蛋白質を解析し、両原虫に特異的な数種類の蛋白質について、これをコードする遺伝子を明らかにした。また、脾臓内マクロファージからのIIL-12産生能を検討し、IL-12を産生させる特異蛋白質候補が得られた。4)宿主の感染防御機構:Th1細胞への分化・誘導が原虫の感染防御に必要で、これには脾臓中のIL-12p70の2峰性の分泌が関連すると考えられた。しかしながら、IL-12ノックアウトマウスにおける結果から、本原虫に対する免疫防御機構にはIL-12による分化・誘導機構以外の機序が関連すると推測された。5)免疫増強物質の開発:感染血球の培養上清に検出される熱耐性で、II-12産生活性の高い蛋白質を見いだした。その分離・精製を行い、3種の蛋白分画...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(萌芽的研究)
    研究期間 : 2000年 -2000年 
    代表者 : 小野 憲一郎, 松木 直章, 稲葉 睦
     
    平成12年度の研究実施計画に基づいて検討し、麻酔条件を決定し、以下の結果を得た。1)PET画像犬および猫について標識した水を投与し、経時的に脳血流量をPETで撮影、解析を行った。また、標識した2-デオキシフルオログルコース(代謝を受けないグルコースで糖の取り込みを見る)を投与して糖代謝を、標識したアデノシンA1レセプター拮抗薬(8-dicyclopropylmethyl-1,3-dipropylxanthine[1-propyl-11C])を投与して、アデノシンA1レセプターの分布を経時的にPETで撮影した。さらに、トレーサーの体内動態を2コンパートメントモデルを用いて解析した。2)MRI画像PET画像を得た同一個体について、MRI画像をT1ならびにT2強調について3mm間隔で撮影し、PET画像と重ね合わせることが可能となり、PET画像の解剖学的位置を決定することが可能となった。4)実験的虚血モデルにおける検討バルーンカテーテル法により、実験的虚血モデル猫を作成し、脳血流、糖代謝ならびにアデノシンA1レセプターの脳内分布変化をPETとMRIで画像化し解析した。また中大脳動脈結紮による脳虚血動物を作成し、脳血流、糖代謝等につき解析を行っている。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 稲葉 睦, 松木 直章, 高桑 雄一, 高橋 迪雄, 山本 雅之, 小野 憲一郎, 印牧 美佐生
     
    細胞での一過性発現のためにpSEAPベクターのレポーター遺伝子上流に牛GATA-1の転写活性化領域(赤芽球系特異的プロモーター/エクソン1(IE)から4kb5'上流の領域、ならびにイントロン1)と推定される配列と、そのdeletion mutantsを組み込んだプラスミドベクターを構築し、COS7、CHO、K562各細胞に導入してプロモーター活性を検討した。その結果、K562細胞で-4 kb〜-3 kbとIEを含む領域が転写を活性化したが、これにイントロン1を含む領域も同様に転写活性化に有用であることが認められた。上記配列の下流にバンド3cDNAをつなぎ、レトロウイルスベクターに組み込んだpLNCX2bebWTを作製し、K562細胞に導入した。抗バンド3抗体cdb3-64を用い、蛍光抗体法でバンド3の発現を検索したところ、細胞膜周縁部にシグナルの蓄積が認められた。ナンセンス変異バンド3を同様に導入しても細胞膜での発現は生じなかった。牛骨髄細胞に導入して赤血球系細胞におけるバンド3の発現を検討中である。pLNCX2bebWTを導入したK562細胞は、DIDS高感受性の^<36>Cl^-取り込みを示し、による正常機能を有することが判明した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 1997年 -1999年 
    代表者 : 稲葉 睦, 長谷川 篤彦, 高桑 雄一, 松木 直章, 土居 邦雄, 高橋 迪雄
     
    赤血球の主要膜内在性蛋白質であるバンド3は、従来、生命推持に必須とされてきた。本研究は、黒毛和種牛の遺伝性バンド3欠損症における知見をもとに、この定説の妥当性を検討し、代償機構を解明することを目的とする。得られた成果の概要は以下のとおりである。1)遺伝子型と赤血球表現型との解析により原因遺伝子異常がR664X変異であること、本疾患が優性遺伝形式をとることを実証した。2)赤血球膜病態の解析に基づき、ホモ接合型とヘテロ接合型の赤血球球状化機序が異なること、即ち、前者ではバンド3-アンキリンースペクトリン間結合の消失が、後者では変異バンド3のドミナント・ネガティプ作用によるバンド3減少がそれぞれ球状化の原因となることを示した。これらの知見から膜骨格の形成とバンド3の生合成とが独立した現象であり、バンド3は膜骨格形成には不要であるが、その後の膜安定化に必須であることを提唱した。3)バンド3完全欠損赤血球には本来は前駆細胞のみにみられるバンド3の構造類似体AE2によるアニオン輸送能が存在することを解明した。さらに、迅速なアニオン輪送は全く代償さえておらず、バンド3によるアニオン輪送は平常時のガス交換に必須の要索ではないことを実証した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 1996年 -1997年 
    代表者 : 長谷川 篤彦, 井上 玲, 稲葉 睦, 松本 芳嗣, 亘 敏広, 辻本 元, 小川 博之
     
    動物の難治性疾患を腫瘍、感染症、遺伝性疾患に大別し、各疾患における分子機構を解析した。(1)腫瘍:ネコの急性骨髄性白血病の発症に関与するネコ白血病ウイルス(FeLV)に特徴的なLTRの構造と機能を同定した。ネコの細胞周期制御蛋白であるWAF1,KIP1,MTS1,MTS2をコードする各遺伝子を単離し、それらの塩基配列を決定した。さらに、ネコのリンパ腫症例において、mts1およびmts2遺伝子の欠失を見い出し、その腫瘍化との関連を示唆した。また、ネコのリンパ腫において高頻度に活性化されるmyc遺伝子のネコ染色体上における座位をFISH法によって同定し、染色体異常と遺伝子異常との関連を明確にした。一方、イヌにおいてp53癌抑制遺伝子の異常を検討した結果、各種悪性腫瘍の約半数の症例において欠失や点突然変異によってp53遺伝子が不活化されていることが明らかとなった。さらに、イヌの各種悪性腫瘍においてマイクロサテライトマーカーを検出したところ、正常組織におけるものとの相違が認められ、ゲノム不安定性と腫瘍化との関連が示唆された。(2)感染症:ネコ免疫不全ウイルス(FIV)感染症において、その免疫抑制機構にリンパ球のアポトーシスが関与することを示し、さらに生体内におけるアポトーシス誘発因子を見い出した。(3)遺伝性疾患:ウシの出血性疾患において、血液凝固第XIII因子の異常の原因となる点突...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 1995年 -1996年 
    代表者 : 稲葉 睦, 松木 直章, 土井 邦雄, 小野 憲一郎
     
    A.赤血球ならびに腎バンド3 cDNAの単離・同定1)正常牛、ならびにバンド3欠損症牛の骨髄cDNAライブラリーより両者で同一サイズの赤血球バンド3 cDNA(3.4kb)をクローン化した。その解析から、牛赤血球バンド3は930アミノ酸残基から成ることが明らかになり、また、バンド3欠損症における遺伝子異常は、既に報告した664番目のコドンにおけるナンセンス変異(R664X)のみであり、それが原因遺伝子異常であることが確認された。2)上記に基づき、ゲノムDNAからPCR-SSCP法、あるいはPCR-RFLP法による遺伝子診断法を確立した。3)ウシ腎のライブラリーから、赤血球バンド3のtruncated fromである腎バンド3cDNAをクローン化した。現在、その5'側配列を解析中である。B.バンド3遺伝子を導入した細胞を用いてのバンド3機能の検討1)クローン化した正常、ならびに欠損症牛由来の赤血球、および腎バンド3 cDNAから、まず、in vitro転写・翻訳系で正常、ならびに変異バンド3蛋白質の合成・発現を検討した。その後、cDNAをpcDNA3.1ベクターに組み込み、COS-1細胞への導入し、安定的にバンド3蛋白質を発現する細胞を選択している。それが得られれば、細胞のイオン環境の恒常性維持機能、エネルギー代謝、増殖率、膜骨格構造等を比較・検討する予定である。C.ヘテロ保因...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 1994年 -1996年 
    代表者 : 小野 憲一郎, 松木 直章, 松本 芳嗣, 長谷川 篤彦, 稲葉 睦
     
    平成6年度から平成8年度の3年間にわたり、バベシア原虫の糖代謝特性ならびにマウスバベシア症の感染防御機構について感染経過の異なる2株を総合的に比較検討した。1.代謝特性に関する検討:糖代謝関連酵素活性をBabesia microti(BM)とBabesia rodhaini(BR)を比較したところBMは好気的な、BRは嫌気的な代謝を行っていることが明らかとなった。また、in vitroの培養系を確立し、この培養系を用いて2株間の代謝特性の相違を種々のミトコンドリア阻害剤を用いて検討した結果、BMおよびBRともにミトコンドリアは他のほ乳類の細胞と同様な呼吸鎖活性、リン酸化経路を有し、ミトコンドリアは両虫体の生存に必要なことが判明した。しかしながら、阻害剤に対する感受性はBRに比較してBMで高く、BMにおけるミトコンドリアの相対的な役割の高いことが明らかとなった。2.宿主の免疫応答に関する検討:BMならびにBR感染初期の細胞性免疫応答におけるLyt2+およびL3T4+T細胞の役割をそれぞれを枯渇させたマウスを用いて検討した結果、Lyt2+枯渇マウスはBMに対して抵抗性、BR感染に高感受性を示し、L3T4+T細胞枯渇マウスはBMに高感受性、BRに耐性を示し、両原虫間で感染初期の免疫応答における宿主ヘルパーT細胞の挙動が異なっていた。そこで、感染初期のL3T4+T細胞についてIFN-...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
    研究期間 : 1993年 -1994年 
    代表者 : 稲葉 睦
     
    アスパラギン残基(Asn)の脱アミド反応は,酵素等の関与しない,純粋な化学反応で生じるタンパク質の翻訳後変化である.現在では,ほとんどのタンパク質に生理的条件下で時間のみに依存して生じることが知られている.細胞老化における,そのいわば分子内時計としての役割と影響を明らかにするために,赤血球膜タンパク質protein4.1とankyrinの脱アミド部位を決定するとともに,脱アミド組み換え体タンパク質を作製して機能の変化を検討した.Protein4.1のプロテアーゼ消化断片ペプチドの質量分析,アミノ酸組成・配列解析により,Asn502とAsn478の2カ所で脱アミドが生じていることが明らかになった.このうち、Asn502の脱アミド反応は赤血球の加齢・老化にともなって極めてゆっくりと進行する反応であり、実際の分子量変化が1.0でしかないにも関わらず,電気泳動上移動位置の明瞭な変化(2,000)を起こすことが判明した.この結果は,脱アミド組み換え体の発現実験で確認した.脱アミドを受けた分子と受けていない分子とでは,特に脱アミド部位の近傍でトリプシン感受性部位に相違が認められ,分子構造が変化したものと推定された.しかし,膜骨格タンパク質群を除去した赤血球膜への結合能に関する限り,両者に有意の差は認められなかった.Ankyrinについては,そのN-末ドメインの特徴的なANKリピート構造中...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
    研究期間 : 1993年 -1994年 
    代表者 : 前出 吉光, 稲葉 睦
     
    家畜ピロプラズマ症では原虫の赤血球寄生率が低いにも関わらず、高度の溶血性貧血が発生することから、原虫非寄生赤血球も何らかの障害をきたしていることが推測される。そこで本研究ではイヌのピロプラズマ症(Babesia gibsoni感染症)について、感染犬赤血球の変化及び病態の解明を試みた。1.原虫非寄生赤血球の生化学的変化原虫低寄生率でありながら高度の貧血を呈する慢性感染犬について、赤血球膜の生化学的分析を行った。その結果、感染犬赤血球は非感染犬赤血球よりも膜脂質含量が高く、さらに膜骨格蛋白質であるバンド4.1の構成異常が認められた。2.原虫非寄生赤血球の酸化障害(1)Babesia gibsoni原虫感染に伴う被感染犬赤血球及び同原虫の体外培養に伴う原虫非寄生赤血球の酸化還元能の変化を検討した。その結果、感染犬赤血球のメトヘモグロビン(metHb)濃度は原虫寄生率の上昇とともに増加がみられた。同様に、原虫の体外培養においても、原虫増殖とともに培養赤血球のmetHb及び過酸化脂質が増加した。(2)B.gibsoni原虫感染犬では、原虫寄生率が低い感染初期において、赤血球の酸化剤に対する抵抗性(酸化還元能)が著しく低下していた。B.gibsoni原虫感染に伴う血小板凝集の変化B.gibsoniの培養上清を用いて、ADP刺激によるイヌ血小板の凝集反応を測定したところ、培養上清添加によ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
    研究期間 : 1991年 -1992年 
    代表者 : 前出 吉光, 稲葉 睦
     
    家畜のピロプラズマ症の治療、予防法の確立のために、本症の貧血発生機序の解明を試みた。本研究では、わが国の代表的ピロプラズマ原虫であるBabesia gibsoniを使用して感染動物(犬)における貧血発生機序を追求した。最初に、B.gibsoniの体外培養法の確立を試みた結果、その培養に世界で初めて成功した。ついで、確立された培養系を用いて、原虫と赤血球の混合培養を行い、原虫の赤血球に及ぼす障害作用を明らかにした。次に感染動物体内における赤血球動態とそれに関与すると考えられる網内系の役割を検討した。その結果、以下の成績が得られた。1.B.gibsoni の培養にはα-medium に正常犬血清を40%加えた培養液を使用し、これにB.gibsoni感染犬赤血球をヘマトクリット値で3-10%になるように浮遊させ、マイクロプレートに分注後、5%CO_2下、37℃で培養した。この条件下で原虫寄生率は培養開始時の6-20倍に達した。さらに、網赤血球を加えることにより、原虫寄生率を60-80%に高めることに成功した。2.培養液中では原虫増殖に伴い、培養赤血球のメトヘモグロビン濃度および過酸化脂質濃度が上昇した。3.原虫増殖時には培養赤血球のグルコース消費量の増加、乳酸産生量および2,3-DPG量の増加がみられた。さらに、4.感染赤血球の変形能の低下が認められた。5.感染犬では、原虫寄生率の...

教育活動情報

主要な担当授業

  • 獣医科学特別研究
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学研究科
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 動物、伴侶動物、産業動物、医科学、獣医学、人間社会、現代社会、環境、病気/疾患、遺伝、生命、芸術・文芸、大学教育、課題提起、問題意識、議論、プレゼンテーション
  • 獣医科学特論演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学研究科
  • 産業動物内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 家畜,産業動物,病気,内科,診断,治療
  • 先端獣医科学特論A 動物分子医学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学研究科
  • 臨床診断学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 疾患、診断、臨床検査
  • 先端獣医科学特論A 国際獣医科学特論:臨床獣医学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学研究科
  • 内科学総論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 内科学、身体検査、診断、説明と同意
  • 獣医科学特別研究
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学院
  • 応用内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 臨床遺伝学、栄養学、栄養管理、行動学、問題行動、行動治療
  • 獣医科学特論演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学院
  • 伴侶動物夜間・救急獣医療実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 夜間診療、救急処置
  • 獣医科学基礎科目 臨床疾病学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学院
  • 伴侶動物獣医療実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
    キーワード : 伴侶動物、内科、外科、検査、診断、治療
  • 先端獣医科学科目 動物分子医学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学院
  • 総合専門臨床特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 獣医学院
  • 獣医臨床診断学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
  • 産業動物内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
  • 獣医臨床総合実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
  • 獣医専門科診療実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
  • 伴侶動物獣医療実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
  • 伴侶動物夜間・救急獣医療実習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
  • 研究・臨床セミナー
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部
  • アドバンスト演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 獣医学部

大学運営

学内役職歴

  • 2013年4月1日 - 2015年3月31日 教育研究評議会評議員
  • 2013年4月1日 - 2015年3月31日 獣医学部長
  • 2013年4月1日 - 2015年3月31日 大学院獣医学研究科長
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 教育研究評議会評議員
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 獣医学部長
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 大学院獣医学研究科長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.