研究者データベース

大槻 美佳(オオツキ ミカ)
保健科学研究院 保健科学部門 基盤看護学分野
准教授

基本情報

所属

  • 保健科学研究院 保健科学部門 基盤看護学分野

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(医学)(新潟大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 認知症   神経心理学   神経内科学   神経科学   Neuropsychology   Neurology   Neuroscience   

研究分野

  • ライフサイエンス / 神経内科学
  • ライフサイエンス / 神経科学一般
  • ライフサイエンス / 神経科学一般

職歴

  • 2011年04月 - 現在 北海道大学大学院保健科学研究院 准教授
  • 2003年04月 - 2011年03月 北海道医療大学 心理科学部 准教授
  • 1998年11月 - 2003年03月 国立循環器病センター 内科脳血管部門
  • 1993年03月 - 1998年10月 新潟大学脳研究所神経内科
  • 1992年09月 - 1993年02月 竹田総合病院神経内科
  • 1988年04月 - 1992年08月 北海道大学医学部神経内科

学歴

  •         - 1988年   北海道大学   医学部

所属学協会

  • 日本高次脳機能障害学会   日本神経心理学会   Higher Brain Function Research   Neuropsychology Association of Japan   

研究活動情報

論文

  • 脳深部刺激療法術後4年の経過に関する12例の検討
    白井 慎一, 江口 克紀, 山崎 和義, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 平田 健司, 大槻 美佳, 北川 まゆみ, 寳金 清博, 佐々木 秀直, 藤村 幹, 矢部 一郎
    パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 16回 80 - 80 Movement Disorder Society of Japan (MDSJ) 2022年07月
  • 発語失行および劣位半球優位の脳萎縮と血流低下を認めた大脳皮質基底核変性症候群の1例
    穴田 麻眞子, 石丸 誠己, 布村 菫, 水島 慶一, 工藤 彰彦, 佐藤 翔紀, 阿部 恵, 江口 克紀, 長井 梓, 脇田 雅大, 白井 慎一, 松島 理明, 矢口 裕章, 矢部 一郎, 大槻 美佳
    臨床神経学 62 4 332 - 332 (一社)日本神経学会 2022年04月
  • Masakazu Nakamura, Shigehisa Ura, Ichiro Yabe, Mika Otsuki, Hiroyuki Soma, Akihiko Ogata
    Internal medicine (Tokyo, Japan) 2022年03月19日 [査読有り]
     
    Cat scratch disease (CSD) is a zoonotic infection caused by Bartonella henselae typically resulting in self-limited regional lymphadenopathy. Encephalitis is a complication with a supposedly benign prognosis, but we encountered an exceptional case. A 19-year-old Japanese woman presented with status epilepticus. She was diagnosed with CSD-associated encephalitis based on her history of contact with a kitten and a high titre of serum IgG to B. henselae. Multimodal treatment ameliorated her encephalitis, but neurological sequelae including spastic paraparesis, persisted. After several months, she developed age-disproportionate parkinsonism inconsistent with a neurodegenerative disease. In conclusion, CSD-associated encephalitis can result in severe neurological sequelae and post-encephalitic parkinsonism.
  • 西岡 愛理沙, 高倉 祐樹, 川口 源水, 杉原 俊一, 藤原 雄介, 大槻 美佳
    高次脳機能研究 42 1 59 - 60 (一社)日本高次脳機能障害学会 2022年03月
  • メンタルローテーションと他の認知機能との関連の検討
    津田 茅佐紀, 大槻 美佳, 高倉 祐樹
    高次脳機能研究 42 1 72 - 72 (一社)日本高次脳機能障害学会 2022年03月
  • Web会議システムを用いた認知機能検査の信頼性検討 健常高齢者を対象とした検討
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 高木 諒, 寳金 清博
    高次脳機能研究 42 1 103 - 103 (一社)日本高次脳機能障害学会 2022年03月
  • 視覚性呼称課題時の視線の動き 健常人での検討
    川口 源水, 大槻 美佳, 高倉 祐樹, 青木 直史
    高次脳機能研究 42 1 104 - 104 (一社)日本高次脳機能障害学会 2022年03月
  • 文の聴覚的理解課題時の視線の動き 健常人での検討
    川口 源水, 大槻 美佳, 高倉 祐樹, 青木 直史
    高次脳機能研究 42 1 104 - 104 (一社)日本高次脳機能障害学会 2022年03月
  • Yuki Takakura, Mika Otsuki, Yoshitsugu Nakagawa
    Acta Neurologica Belgica 2022年01月16日 [査読有り]
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳
    神経心理学 37 4 226 - 237 日本神経心理学会 2021年12月
  • 大槻 美佳
    神経心理学 37 4 262 - 271 日本神経心理学会 2021年12月
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一
    神経心理学 37 4 291 - 302 日本神経心理学会 2021年12月
  • Takuya Kudo, Yuichi Hayashi, Kenjiro Kunieda, Nobuaki Yoshikura, Akio Kimura, Mika Otsuki, Takayoshi Shimohata
    BMC Neurology 21 1 426 - 426 2021年12月 [査読有り]
     
    Abstract Background Neurological manifestations of coronavirus disease 2019 (COVID-19) are increasingly recognized and include encephalopathy, although direct infection of the brain by SARS-CoV-2 remains controversial. We herein report the clinical course and cytokine profiles of a patient with severe SARS-CoV-2-related encephalopathy presenting aphasia. Case presentation An 81-year-old man developed acute consciousness disturbance and status epileptics several days after SARS-CoV-2 infection. Following treatment with remdesivir and dexamethasone, his consciousness and epileptic seizures improved; however, amnestic aphasia and agraphia remained. Two months after methylprednisolone pulse and intravenous immunoglobulin, his neurological deficits improved. We found increased levels of interleukin (IL)-6, IL-8, and monocyte chemoattractant protein-1 (MCP-1), but not IL-2 and IL-10 in the serum and cerebrospinal fluid (CSF), and the levels of serum IL-6 and MCP-1 were much higher than those in the CSF. The level of IL-8 in the CSF after immunotherapy was four times higher than that before immunotherapy. Conclusion The cytokine profile of our patient was similar to that seen in severe SARS-CoV-2-related encephalopathy. We demonstrated (i) that the characteristic aphasia can occur as a focal neurological deficit associated with SARS-CoV-2-related encephalopathy, and (ii) that IL8-mediated central nervous system inflammation follows systemic inflammation in SARS-CoV-2-related encephalopathy and can persist and worsen even after immunotherapy. Monitoring IL-8 in CSF, and long-term corticosteroids may be required for treating SARS-CoV-2-related encephalopathy.
  • 認知症診断のための神経所見のとり方 言語機能
    大槻美佳
    老年精神医学雑誌 31 11 1227 - 1238 2021年11月 [査読無し][招待有り]
  • 下畑 享良, 工藤 琢哉, 林 祐一, 國枝 顕二郎, 吉倉 延亮, 大槻 美佳, 木村 暁夫
    神経治療学 38 6 S290 - S290 (一社)日本神経治療学会 2021年10月
  • 妄想対象が「死別した近親者」ではない養生(nurturing)行動の発現機序
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 寳金 清博
    Dementia Japan 35 4 635 - 635 (一社)日本認知症学会 2021年10月
  • 大槻美佳
    神経心理学 37 3 171 - 180 日本神経心理学会 2021年09月25日 [査読有り]
     
    進行性非流暢性失語(nfvPPA)の診断に必要な要素的言語症候とその病巣,診断基準に準拠した診断手順を概説し,今日のトピックスを取り上げた.トピックスは以下である.1.発語失行のみを呈する群はPPAOS(primary progressive apraxia of speech)として,区分されるようになった.2.文産生障害が前景になる一群は,病状の進行とともに前頭前野の機能低下を示し,bvFTDに類似の病像になる可能性が高い.3.背景病理として,PPAOSは4リピートタウオパチーが多く,その他,TDP-43プロテイノパチー,3リピートタウオパチー(ピック病)などが報告されているが,出現頻度は報告により異なり,症候と疾患単位の関係はまだ十分確立していない.4.特殊型として,進行性前部弁蓋部症候群(進行性Foix-Chavaney-Marie症候群)を呈する一群があり,TDP-43プロテイノパチーを呈し,筋萎縮性側索硬化症と同様の疾患スペクトラムである可能性が示唆されている.(著者抄録)
  • Katsuki Eguchi, Shinichi Shirai, Masaaki Matsushima, Takahiro Kano, Kazuyoshi Yamazaki, Shuji Hamauchi, Toru Sasamori, Toshitaka Seki, Kenji Hirata, Mayumi Kitagawa, Mika Otsuki, Tohru Shiga, Kiyohiro Houkin, Hidenao Sasaki, Ichiro Yabe
    BMC neurology 21 1 351 - 351 2021年09月13日 [査読有り]
     
    BACKGROUND: Weight gain (WG) is a frequently reported side effect of subthalamic deep brain stimulation; however, the underlying mechanisms remain unclear. The active contact locations influence the clinical outcomes of subthalamic deep brain stimulation, but it is unclear whether WG is directly associated with the active contact locations. We aimed to determine whether WG is associated with the subthalamic deep brain stimulation active contact locations. METHODS: We enrolled 14 patients with Parkinson's disease who underwent bilateral subthalamic deep brain stimulation between 2013 and 2019. Bodyweight and body mass index were measured before and one year following the surgery. The Lead-DBS Matlab toolbox was used to determine the active contact locations based on magnetic resonance imaging and computed tomography. We also created sweet spot maps for WG using voxel-wise statistics, based on volume of tissue activation and the WG of each patient. Fluorodeoxyglucose-positron emission tomography data were also acquired before and one year following surgery, and statistical parametric mapping was used to evaluate changes in brain metabolism. We examined which brain regions' metabolism fluctuation significantly correlated with increased body mass index scores and positron emission tomography data. RESULTS: One year after surgery, the body mass index increase was 2.03 kg/m2. The sweet spots for WG were bilateral, mainly located dorsally outside of the subthalamic nucleus (STN). Furthermore, WG was correlated with increased metabolism in the left limbic and associative regions, including the middle temporal gyrus, inferior frontal gyrus, and orbital gyrus. CONCLUSIONS: Although the mechanisms underlying WG following subthalamic deep brain stimulation are possibly multifactorial, our findings suggest that dorsal stimulation outside of STN may lead to WG. The metabolic changes in limbic and associative cortical regions after STN-DBS may also be one of the mechanisms underlying WG. Further studies are warranted to confirm whether dorsal stimulation outside of STN changes the activities of these cortical regions.
  • 非流暢/失文法型原発性進行性失語(naPPA)の発症・症候・検査所見・経過 55名の検討
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 輿水 修一, 新保 和賢, 緒方 昭彦, 水戸 泰紀, 田島 康敬, 濱田 晋輔, 浦 茂久, 岩田 育子, 松島 理明, 矢部 一郎
    臨床神経学 61 Suppl. S229 - S229 (一社)日本神経学会 2021年09月
  • 進行性失語の概念
    大槻美佳
    脳神経内科 94 6 733 - 742 2021年06月 [査読無し][招待有り]
  • Ya Su, Mitsuko Asamoto, Michiko Yuki, Masaru Saito, Naoko Hasebe, Kengo Hirayama, Mika Otsuki, Chieko Iino
    Journal of advanced nursing 77 4 1825 - 1838 2021年04月 [査読有り]
     
    AIM: To analyse the interactions of associated factors with post stroke fatigue (PSF) after discharge home and determine the predictors of PSF and their impact on stroke survivors. DESIGN: A prospective observational study. METHODS: A total of 94 patients with acute stroke were recruited between May 2019 -July 2020. The main outcomes were fatigue, depression, insomnia, sarcopenia, and health-related quality of life (HRQOL) and were assessed at admission and 1 month after discharge. Fatigue was measured using the Fatigue Assessment Scale. Depression and Insomnia were assessed using the Hospital Anxiety and Depression Scale-Depression and Insomnia Severity Index, respectively. Sarcopenia was measured using the SARC-F questionnaire, and HRQOL was assessed using the Short Form-8. RESULTS: Acute phase PSF was an independent predictor of PSF after discharge home. Moreover the path analysis revealed that this effect is mediated through both the direct effect of acute-phase PSF on PSF after discharge home and through the indirect effect of interaction with pre-stroke SARC-F, acute phase depression, and acute phase insomnia, which remains a separate predictor of acute-phase PSF. In total, 17% of the survivors had persistent PSF. Persistent PSF was significantly associated with depression, insomnia, sarcopenia, and a lower quality of life scores. CONCLUSIONS: Post-stroke fatigue may occur in the acute phase and persists after discharge, it will not only affect later depression, insomnia, and quality of life, but also sarcopenia. IMPACT: Acute phase PSF was found to be an independent predictor of PSF after discharge home. In addition, the interaction with pre-stroke SARC-F, acute phase depression and insomnia had an indirect connection with PSF after discharge home, which remains a separate predictor of acute-phase PSF. Thus, early assessment and management of mental status, sleep problems, and sarcopenia during hospitalization might be an important step in post-stroke rehabilitation and home transition.
  • Kazuo Kubota, Hiroki Kawai, Shigeo Takashima, Takayoshi Shimohata, Mika Otsuki, Hidenori Ohnishi, Nobuyuki Shimozawa
    Brain & development 43 3 396 - 401 2021年03月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: Childhood cerebral adrenoleukodystrophy (CCALD) is the most common phenotype of adrenoleukodystrophy (ALD) and is characterized by the progression of intellectual, psychic, visual, and gait disturbances. Progression of this intractable disease can only be prevented by hematopoietic stem cell transplantation during the early stages of the disease. The aim of this study was to clinically evaluate children with CCALD who have visual symptoms to enable early diagnosis. METHODS: We enrolled 41 Japanese children with CCALD who had visual symptoms. We retrospectively analyzed age of onset, past medical history, initial symptoms, visual symptoms and findings on brain magnetic resonance imaging. RESULTS: The median age of disease onset was 7 years (range 5-10 years). The most common visual symptom was strabismus (n = 22). There was only one patient with the triad of symptoms of Balint's syndrome. Seventeen patients had incomplete Balint's syndrome and showed one or two of the triad of symptoms. Almost all patients with complete or incomplete Balint's syndrome showed bilateral parieto-occipital white matter lesions. CONCLUSIONS: CCALD could develop into Balint's syndrome, especially the incomplete form. Therefore, CCALD should be considered when boys show new symptoms, including lack of eye contact or bumping into objects.
  • Ya Su, Michiko Yuki, Kengo Hirayama, Mika Otsuki
    Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association 30 2 105484 - 105484 2021年02月 [査読有り]
     
    OBJECTIVES: We aimed to develop and validate a nomogram for the individualized prediction of the risk of post-stroke fatigue (PSF) after discharge. MATERIALS AND METHODS: Fatigue was measured using the Fatigue Assessment Scale. Multivariable logistic regression analysis was applied to build a prediction model incorporating the feature selected in the least absolute shrinkage and selection operator regression model. Discrimination, calibration, and clinical usefulness of the predictive model were assessed using the C-index, calibration plot, and decision curve analysis. Internal validation was conducted using bootstrapping validation. Finally, a web application was developed to facilitate the use of the nomogram. RESULTS: We developed a nomogram based on 95 stroke patients. The predictors included in the nomogram were sex, pre-stroke sarcopenia, acute phase fatigue, dysphagia, and depression. The model displayed good discrimination, with a C-index of 0.801 (95% confidence interval: 0.700-0.902) and good calibration. A high C-index value of 0.762 could still be reached in the interval validation. Decision curve analysis showed that the risk of PSF after discharge was clinically useful when the intervention was decided at the PSF risk possibility threshold of 10% to 90%. CONCLUSION: This nomogram could be conveniently used to provide an individual, visual, and precise prediction of the risk probability of PSF after being discharged home. Thus, as an aid in decision-making, physicians and other healthcare professionals can use this predictive method to provide early intervention or a discharge plan for stroke patients during the hospitalization period.
  • Ya Su, Michiko Yuki, Mika Otsuki
    Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association 29 9 105092 - 105092 2020年09月 [査読有り]
     
    OBJECTIVES: Although the skeletal muscle is the main effector of disability in stroke, evidence on post-stroke skeletal muscle is scarce; especially, the prevalence of stroke-related sarcopenia remains unclear. Thus, we aimed to systematically search the prevalence of sarcopenia in stroke survivors and synthesize pooled estimates of overall prevalence of stroke-related sarcopenia and prevalence stratified by sex, country, time since stroke onset, and diagnostic criteria of sarcopenia. METHODS: We performed systematic searches in the MEDLINE, CINAHL, Embase, and Cochrane Library databases. English-language searches to identify included studies were completed August 25, 2019. Meta-analysis of data collected from cross-sectional or observational studies which were reported the prevalence of sarcopenia among stroke participants. All statistical analyses were performed using R version 3.5.2. RESULTS: A total of 855 articles were initially identified. Seven articles were included in this study. Total sample size across all included studies was 1695. Three studies were conducted in Japan, 2 in South Korea, 1 in Taiwan, and 1 in the U.S. Four included studies had a cross-sectional design, and 3 were retrospective cohort studies. Four and 3 studies included participants at <1 month and ≥6 months since stroke onset, respectively. The pooled prevalence estimate was 42% (95% confidence interval: 33%-52%), with a substantial heterogeneity (I2=91%). CONCLUSIONS AND IMPLICATIONS: Sarcopenia is frequently observed in stroke survivors, and a higher prevalence of sarcopenia is noted during the early phase after stroke. This study would be useful for researchers to design sarcopenia studies in this population. Further prospective longitudinal studies for sarcopenia and their prognostic outcomes in stroke survivors are urgently needed to propose appropriate physical and nutritional strategies in geriatric rehabilitation.
  • Vassilena Iankova, Gesine Respondek, Gerard Saranza, Cèlia Painous, Ana Cámara, Yaroslau Compta, Ikuko Aiba, Bettina Balint, Nikolaos Giagkou, Keith A Josephs, Mika Otsuki, Lawrence I Golbe, Kailash P Bhatia, Maria Stamelou, Anthony E Lang, Günter U Höglinger
    Parkinsonism & related disorders 78 200 - 203 2020年09月 [査読有り]
     
    BACKGROUND: The International Parkinson and Movement Disorder Society-endorsed Progressive Supranuclear Palsy Study Group published clinical diagnostic criteria for progressive supranuclear palsy in 2017, aiming to optimize early, sensitive and specific diagnosis. OBJECTIVE: To assist physicians in the application of these criteria, we developed a video-based tutorial in which all core clinical features and clinical clues are depicted and explained. METHODS: Patients provided written informed consent to the publication of their videos. High-quality videos along with essential descriptions were collected by the study group members. Most educational videos were selected in a structured consensus process. RESULTS: We provide 68 videos of all core clinical features and clinical clues defined by the diagnostic criteria, along with instructive descriptions of the depicted patients, examination techniques and clinical findings. CONCLUSIONS: This comprehensive video-based tutorial will support physicians in the application of the diagnostic criteria of progressive supranuclear palsy.
  • Mika Otsuki
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 72 6 611 - 621 2020年06月 [招待有り]
     
    I have introduced primary progressive aphasia (PPA) with regard to frontotemporal lobar degeneration (FTLD) and evaluated the following elementary language symptoms for its diagnosis: agrammatism in speech production, apraxia of speech, phonemic paraphasia, naming impairment, impairment of single-word comprehension, and repetition. Furthermore, I have described the clinical symptoms, causative lesions, and pathological findings of three PPA variants -nonfluent/agrammatic, semantic, and logopenic PPA- according to the criteria proposed by Gorno-Tempni et al. (2011).
  • Ya Su, Michiko Yuki, Mika Otsuki
    Journal of clinical medicine 9 3 2020年02月25日 [査読有り]
     
    Post-stroke fatigue (PSF) is one of the most serious sequelae, which often interferes with the rehabilitation process and impairs the functional recovery of patients. Due to insufficient evidence, it is unclear which specific pharmacological interventions should be recommended. Therefore, in this paper, we compare the effectiveness of non-pharmacological interventions in PSF. A systematic review and network meta-analysis of randomized controlled trials were performed using EMBASE, MEDLINE, CINAHL, Cochrane library, ClinicalTrials.gov, CNKI, and CQVIP, from inception to January 2018, in the English and Chinese languages. RCTs involving different non-pharmacological interventions for PSF with an outcome of fatigue measured using the Fatigue Severity Scale were included. Multiple intervention comparisons based on a Bayesian network are used to compare the relative effects of all included interventions. Ten RCTs with eight PSF non-pharmacological interventions were identified, comprising 777 participants. For effectiveness, most interventions did not significantly differ from one another. The cumulative probabilities of the best non-pharmacological intervention for fatigue reduction included Community Health Management (CHM), followed by Traditional Chinese Medicine (TCM) and Cognitive Behavioral Therapy (CBT). Network meta-analysis based on data from the selected RCTs indicated that the eight PSF non-pharmacological interventions shared equivalent efficacy, but CHM, TCM, and CBT showed potentially better efficacy. In the future, fatigue needs to be recognized and more accurate assessment methods for PSF are required for diagnosis and to develop more effective clinical interventions.
  • 福井 美保, 島川 修一, 利川 マリ, 大槻 美佳, 若宮 英司, 玉井 浩
    日本小児科学会雑誌 124 1 63 - 69 (公社)日本小児科学会 2020年01月 [査読有り]
     
    9歳男児。6歳時に交通事故による頭部外傷により前頭葉を広範囲に損傷し、脳低温療法や広範囲脳梗塞に対する内外減圧術が施行された。後遺症として右前頭〜頭頂葉および左前頭葉の一部欠損、右眼球陥凹、左片麻痺と右眼の視力喪失が認められた。約1年後に前籍校の支援学級に復学したが、漢字書字の困難感をきたした。書字困難の原因精査を行ったところ、視知覚・視覚認知検査やDN-CASの結果から、書字困難は視覚情報処理の問題が関与したと診断することができた。診断後はその対応方法や学習法が医療から学校に提案され、学習困難感は改善している。
  • Ryoji Naganuma, Ichiro Yabe, Megumi Takeuchi, Kirari Morishita, Shingo Nakane, Ryoken Takase, Ikuko Takahashi-Iwata, Masaaki Matsushima, Mika Otsuki, Hideaki Shiraishi, Hidenao Sasaki
    PloS one 15 9 e0232808  2020年 [査読有り]
     
    Studies on evoked responses in Parkinson's disease (PD) may be useful for elucidating the etiology and quantitative evaluation of PD. However, in previous studies, the association between evoked responses and detailed motor symptoms or cognitive functions has not been clear. This study investigated the characteristics of the visual (VEF), auditory (AEF), and somatosensory (SEF) evoked magnetic fields in patients with Parkinson's disease (PD), and the correlations between evoked fields and the patient's clinical characteristics, motor symptoms, and cognitive functions. Twenty patients with PD and 10 healthy controls (HCs) were recruited as participants. We recorded VEF, AEF, and SEF, collected clinical characteristics, performed physical examinations, and administered 10 cognitive tests. We investigated differences in the latencies of the evoked fields between patients with PD and HCs. We also evaluated the correlation of the latencies with motor symptoms and cognitive functioning. There were significant differences between the two groups in 6 of the cognitive tests, all of which suggested mild cognitive impairment in patients with PD. The latencies of the VEF N75m, P100m, N145m, AEF P50m, P100m, and SEF P60m components were greater in the patients with PD than in the HCs. The latencies mainly correlated with medication and motor symptoms, less so with cognitive tests, with some elements of the correlations remaining significant after Bonferroni correction. In conclusion, the latencies of the VEF, AEF, and SEF were greater in PD patients than in HCs and were mainly correlated with medication and motor symptoms rather than cognitive functioning. Findings from this study suggest that evoked fields may reflect basal ganglia functioning and are candidates for assessing motor symptoms or the therapeutic effects of medication in patients with PD.
  • 高倉祐樹, 澤村大輔, タキンキン, 大槻美佳
    CLINICAL REHABILITATION 28 12 1132 - 1139 医歯薬出版(株) 2019年11月 [査読無し][招待有り]
  • 大槻 美佳
    脳神経内科 90 5 531 - 538 (有)科学評論社 2019年05月 [招待有り]
  • Akira Takekoshi, Nobuaki Yoshikura, Kenji Ozawa, Yoshikazu Ikoma, Junichi Kitagawa, Akari Takeshima, Mika Otsuki, Kazuo Nakamichi, Masayuki Saijo, Naoyuki Ohe, Kiyofumi Mochizuki, Akiyoshi Kakita, Takayoshi Shimohata
    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo 71 3 281 - 286 2019年03月 [査読有り]
     
    We describe a 62-year-old man who developed subacute visual loss after cord blood stem cell transplantation for malignant lymphoma. Brain magnetic resonance imaging (MRI) showed bilateral hyperintense lesions in the occipital and parietal lobes. A diagnosis of progressive multifocal encephalopathy (PML) was established following brain biopsy and detection of JC virus (JCV) deoxyribonucleic acid (DNA) in the cerebrospinal fluid (CSF). He developed optic ataxia and visual inattention, and was then diagnosed as having Bálint syndrome. After he was treated with mefloquine and mirtazapine, his Bálint syndrome and, MRI findings improved and the copy number of JCV DNA in the CSF decreased. In summary, we demonstrate that patient with PML may develop Bálint syndrome and that combination therapy using mefloquine and mirtazapine may be an effective treatment. (Received August 23, 2018; Accepted November 29, 2018; Published March 1, 2019).
  • Yuki Takakura, Mika Otsuki, Shinya Sakai, Yasutaka Tajima, Yasunori Mito, Akihiko Ogata, Shuichi Koshimizu, Masami Yoshino, Genki Uemori, Satoko Takakura, Yoshitsugu Nakagawa
    Brain and cognition 130 March 1 - 10 2019年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Some studies have hypothesized that primary progressive apraxia of speech (ppAOS) consists of heterogeneous symptoms that can be sub-classified; however, no study has classified stroke-induced AOS (sAOS) and ppAOS according to common criteria. The purpose of this study was to elucidate the symptoms and relevant brain regions associated with sAOS and ppAOS for sub-classification. Participants included 8 patients with sAOS following lesions in the left precentral gyrus and/or underlying white matter, and 3 patients with ppAOS. All patients with sAOS could be classified into three subtypes: type I, with prominent distorted articulation; type II, with prominent prosodic abnormalities or type III, with similarly distorted articulation and prosodic abnormalities. This sub-classification was consistent with the subtypes of ppAOS proposed in previous reports. All patients with ppAOS were classified as type III, and exhibited three characteristics distinguishable from those of sAOS. First, they showed prominent lengthened syllables compared with the segmentation of syllables. Second, they could not always complete the production of multi-syllabic single words in one breath. Finally, they showed dysfunctional lesions in the bilateral supplementary motor area. We conclude that sAOS and ppAOS can be sub-classified and are universal symptoms that are common between the English and Japanese populations.
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣
    神経心理学 34 1 38 - 44 日本神経心理学会 2018年03月 [査読有り][通常論文]
     

    純粋失構音における病巣部位と発話症状との関係,定量的指標からみた発話特徴,脳血管疾患と変性疾患による症状の差異について解説した.脳血管疾患による失構音は,1)構音の歪み優位,2)音の途切れ優位,3)構音の歪みと音の途切れが同程度,4)音の途切れなし,の4タイプに分類できる可能性を指摘した.さらに,変性疾患による失構音においては,音の途切れが目立たないにも関わらず,発話所要時間の著明な延長が認められるタイプが存在する可能性が示唆された.最後に,失構音の評価・分類にあたっては,構音の歪み,音の途切れ,発話所要時間といった発話特徴に着目し,そのコントラストを検証することが有用である可能性を述べた.

  • 大槻 美佳
    Neuroreport 28 10 584 - 589 2017年07月05日 [査読有り]
     
    This randomized cross-over study tested the hypothesis that exposure to short-wavelength light induces symptoms of motion sickness (MS). The study participants were 28 healthy adults (14 women; mean age±SD, 25.96±3.11 years). Two stimuli oscillating within a range of 0.4-0.6 Hz were used to induce MS: a blue wave stimulus with short-wavelength light (460 nm) and a green wave stimulus with middle-wavelength light (555 nm). All participants were exposed to both stimuli throughout two separate periods. After a baseline period, participants were exposed to each stimulus three times for 4 min. The Simulator Sickness Questionnaire, a self-report checklist composed of three subscales (Oculomotor, Disorientation, and Nausea), heart rate variability, and electrogastrography were used to measure the degree of symptoms related to MS. A linear mixed-effects model was used for statistical analysis. The results showed significant main effects for Period (P<0.01), Color (P<0.01), and Time Point (P<0.01) scores on the Simulator Sickness Questionnaire Nausea subscale. A post-hoc test indicated that scores on the Nausea subscale were significantly higher after the third exposure to blue light than after the first and second exposures. The linear mixed-effects model showed significant main effects for Color (P<0.01) with respect to the normogastria/tachygastria ratio. These findings suggest that short-wavelength light induces symptoms of MS, especially gastrointestinal symptoms.
  • Yumi Suzuki, Kazumi Hirayama, Tatsuo Shimomura, Makoto Uchiyama, Hiromi Fujii, Etsuro Mori, Yoshiyuki Nishio, Osamu Iizuka, Ryusuke Inoue, Mika Otsuki, Shinya Sakai
    Neuroreport 28 4 187 - 192 2017年03月01日 
    Pareidolias are visual illusions of meaningful objects, such as faces and animals, that arise from ambiguous forms embedded in visual scenes. Pareidolias and visual hallucinations have been suggested to have a common underlying neural mechanism in patients with dementia with Lewy bodies (DLB). The aim of the present study was to find an externally observable physiological indicator of pareidolias. Using a pareidolia test developed by Uchiyama and colleagues, we evoked pareidolias in patients with DLB and recorded the resultant changes in the diameters of their pupil. The time frequencies of changes in pupil diameters preceding pareidolic utterances and correct utterances by the patients, as well as correct utterances by healthy control participants, were analyzed by a fast Fourier transform program. The power at time frequencies of 0-0.46 Hz was found to be greatest preceding pareidolic utterances in patients with DLB, followed by that preceding correct utterances in control participants, followed by that preceding correct utterances in patients with DLB. When the changes in power preceding the utterance were greater than the median value of correct utterances by the control group, the frequency of pareidolic utterances was significantly greater than that of correct utterances and when the changes were the same as or lower than the median value, the frequency of correct utterances was significantly greater than that of pareidolic utterances. Greater changes in power preceding the utterance at time frequencies of 0-0.46 Hz may thus be an externally observable physiological indicator of the occurrence of pareidolias.
  • Koji Sugimoto, Takahiro Yamanoi, Hisashi Toyoshima, Mika Otsuki, Shin-ichi Ohnishi, Toshimasa Yamazaki
    Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems(IFSA-SCIS) 1 - 4 2017年 
    The authors have measured electroencephalograms (EEGs) from subjects observing images of 4-legged mammal and/or fruit, and recalling their name silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method has been applied to the induced event related potentials (ERPs): averaged EEGs. The equivalent current dipoles (ECDs) were localized to the primary visual area V1 around 100ms, to the ventral pathway (TE) around 270ms, to the parahippocampal gyrus (ParaHip) around 380ms. Then ECDs were localized to the Broca's area around 450ms, to the fusiform gyrus (FuG) around 600ms, and again to the Broca's area around 760ms. According to the previous researches, the process of search and preservation in the memory is presumed to be done in the ParaHip. From the results of the present experiment, the authors supposed that both long shape and round shape visual stimuli are processes by Wernicke's area, but only long shape pass through angular gyrus (AnG) before arriving at Wernicke's area.
  • 種村 純, 福永 真哉, 大槻 美佳, 河村 満, 熊倉 勇美, 熊倉 真理, 小林 祥泰, 七條 文雄, 渋谷 直樹, 下村 辰雄, 先崎 章, 田川 皓一, 立石 雅子, 能登谷 晶子, 濱田 博文, 原 寛美, 原田 浩美, 深津 玲子, 藤田 郁代, 前島 伸一郎, 三宅 裕子, 高次脳機能障害全国実態調査委員会
    高次脳機能研究 36 4 492 - 502 (一社)日本高次脳機能障害学会 2016年12月
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳
    言語聴覚研究 13 4 258 - 274 (一社)日本言語聴覚士協会 2016年12月 [査読有り][通常論文]
     
    失構音の病態に関する下位分類を試み,その機序の差異を検討した.対象は失構音を呈した患者10名(2名は軽度の失語症を合併),失構音を伴わないディサースリア患者2名の計12名の患者群(69.0±11.7歳)と健常群16名(65.5±16.0歳)である.聴覚心理学的評価の結果,失構音群は(1)構音の歪み優位,(2)音の連結不良優位,(3)歪みと連結不良が同程度,(4)連結不良なし,の4タイプに分類可能であった.各タイプの病巣は,(1)左中心前回後方,(2)左中心前回前方・運動前野,(3)左傍側脳室皮質下,(4)左被殻・視床,と相違を認めた.各タイプの病態をDIVA(Direction in sensory space Into Velocities of the Articulators)モデルに基づき解釈すると,(1)はArticulator Velocity and Position Mapsの障害,(2)はSpeech Sound Mapの障害,(3)は(1)と(2)の合併,(4)は発話のフィードバック制御系の障害と捉えると,それぞれの症状の差異が説明可能であり,病巣との整合性も高いと考えた.(著者抄録)
  • Mika Otsuki
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine 74 3 459 - 65 2016年03月 [査読有り]
     
    This article provides an overview of the historical entity hitherto, the pivotal clinical symptoms of FTLD (frontotemporal lobar degeneration), and an introduction for the revised criteria for bvFTD (behavioral variant frontotemporal dementia): FTDC (International Behavioral Variant FTD Criteria Consortium) presented by Rascovsky et al(2011), and the classification criteria for PPA(primary progressive aphasia) heralded by Gorno-Tempini et al (2011). According to the former criteria, bvFTD can be diagnosed by the clinical symptoms as having possible bvFTD or probable bvFTD, and the pathological findings could lead definite bvFTD. In the latter classification criteria of PPA, two types are implicated in FTLD: one is the non-fluent/agrammatic variant PPA(PNFA/nfvPPA/naPPA), and the other is semantic variant PPA(SD/svPPA).
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣
    神経心理学 32 1 31 - 43 日本神経心理学会 2016年03月 [査読有り][通常論文]
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 竹内 奈緒子, 杉村 敏秀
    神経心理学 32 1 79 - 84 日本神経心理学会 2016年03月 [査読有り][通常論文]
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 竹内 奈緒子, 杉村 敏秀
    神経心理学 31 3 222 - 226 日本神経心理学会 2015年09月 [査読有り][通常論文]
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 竹内 奈緒子, 杉村 敏秀
    神経心理学 31 1 56 - 69 日本神経心理学会 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • 山ノ井 髙洋, 豊島 恒, 山﨑 敏正, 大槻 美佳, 菅野 道夫
    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集 30 278 - 281 日本知能情報ファジィ学会 2014年 
    本研究では,昨年度の発表と同様に,潜時400ミリ秒以降で判別に有効なチャネルを探り,上前頭回に対応する4,6,12chに加え2chを追加し4chの信号を利用した.サンプリング潜時と間隔は先行研究と同様とし,400ミリ秒から900ミリ秒までのEEGsを25ミリ秒間隔でサンプリングし,さらに-1ms,-2msスライドしてサンプリング,84次元ベクトル空間の多変量データとした.このサンプリングを十種の画像想起時のEEg対し試み,昨年度同様の正準相関判別分析を試みた.この結果,80%以上の判別率を得た.その判別結果を利用して小型移動e-puckの制御を試みた.
  • Takahiro Yamanoi, Hisashi Toyoshima, Mika Otsuki, Shin-ichi Ohnishi, Toshimasa Yamazaki, Michio Sugeno
    Information Processing and Management of Uncertainty in Knowledge-Based Systems - 15th International Conference 444 508 - 517 2014年 
    In order to develop a brain computer interface (BCI), the present authors investigated the brain activity during recognizing or recalling some images of line drawings. The middle frontal robe is known to be related to the function of central executive system on working memory. It is supposed to be so called headquarters of the higher order function of the human brain. Taking into account these facts, the authors recorded Electroencephalogram (EEG) from subjects looking and recalling four types of line drawings of body part, tetra pod, and further ten types of tetra pods, home appliances and fruits that were presented on a CRT. They investigated a single trial EEGs of the subjects precisely after the latency at 400ms, and determined effective sampling latencies for the discriminant analysis to some types of images. They sampled EEG data at latencies from 400ms to 900ms at 25ms intervals by the four channels such as Fp2, F4, C4 and F8. Data were resampled -1 ms and -2 ms backward. Results of the discriminant analysis with the jack knife (cross validation) method for four type objective variates, the discriminant rates for two subjects were more than 95 %, and for ten objective variates were almost 80%.
  • Takahiro Yamanoi, Yoshinori Tanaka, Mika Otsuki, Hisashi Toyoshima, Toshimasa Yamazaki
    2014 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON FUZZY SYSTEMS (FUZZ-IEEE) 2418 - 2423 2014年 [査読有り][通常論文]
     
    The authors measured electroencephalograms (EEGs) from subjects looking at line drawings of body parts and recalling their names silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method is applied to the event related potentials (ERPs): summed EEGs. ECDs are localized to the primary visual area V1, to the ventral pathway (ITG: Inferior Temporal Gyrus), to the parahippocampus (ParaHip), the right angular gyrus (AnG), to the right supramarginal gyrus (SMG) and to the Wernike's area. Then ECDs are localized to the Broca's area, to the postcentral gyrus (PstCG) and to the fusiform gyrus (FuG), and again to the Broca's area. These areas are related to the integrated process of visual recognition of pictures and the retrieval of words. Some of these areas are also related to image recognition and word generation. And process of search and preservation in the memory is done from the result of some ECDs to the paraHip.
  • 山ノ井 髙洋, 田中 良典, 豊島 恒, 山﨑 敏正, 大槻 美佳, 菅野 道夫
    日本知能情報ファジィ学会 ファジィ システム シンポジウム 講演論文集 29 41 - 41 日本知能情報ファジィ学会 2013年 
    本研究では,身体部位の線画提示時さらに提示された線画を黙読イメージングするタスクの際の被験者のEEGを計測した.従来矢印に対して試みた方法論を応用し,EEGのFp2, F4, C4, F8チャネルに着目し,潜時400ミリ秒から900ミリ秒までのEEGを25ミリ秒間隔でサンプリングし,さらに399ミリ秒から899ミリ秒を同様にサンプリング,さらに388ミリ秒から898ミリ秒を同様にサンプリングしたそれぞれ84変量のベクトル空間の多変量データとした.このデータに対し,多変量統計的データ解析の一手法である4群に対する正準判別分析を試みたところ判別率はほぼ100%であった.
  • Takahiro Yamanoi, Yoshinori Tanaka, Hisashi Toyoshima, Mika Otsuki, Shin-ichi Ohnishi, Toshimasa Yamazaki, Michio Sugeno
    2013 INTERNATIONAL CONFERENCE ON FUZZY THEORY AND ITS APPLICATIONS (IFUZZY 2013) 370 - 373 2013年 
    The present authors recorded electroencephalograms (EEGs) from subjects viewing four types of line drawings of body part, tetrapod, home appliance, that were presented on a CRT. The authors investigated a single trial EEGs of the subject precisely after the latency at 400 ms, and determined effective sampling latencies for the discriminant analysis to some types of images. They sampled EEG data at latencies from 400 ms to 900 ms at 25 ms intervals by the four channels such as Fp2, F4, C4 and F8. Data were resampled -1 ms and -2 ms backward. Results of the discriminant analysis with jack knife method for four type objective varieties, the discriminant rates for two subjects were more than 95 %.
  • Takahiro Yamanoi, Yoshinori Tanaka, Mika Otsuki, Shin-ichi Ohnishi, Toshimasa Yamazaki, Michio Sugeno
    Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII) 17 3 386 - 391 2013年 
    The authors measure electroencephalograms (EEGs) from a subject looking at line drawings of body parts and recalling their names silently. The equivalent current dipole source localization (ECDL) method is applied to the event related potentials (ERPs): summed EEGs. As the dominant language area of the subject is considered to be in the right hemisphere in the previous research study, ECDs are localized to the right middle temporal gyrus: the angular gyrus. Then ECDs are localized to the right fusiform gyrus, the right middle temporal pole (TEP), and the right inferior temporal white matter (TWM). ECDs are located in the ventral pathway. The areas are related to the integrated process of visual recognition of pictures and the recalling of words. Some of these areas are also related to image recognition and word generation.
  • Etsuji Saji, Musashi Arakawa, Kaori Yanagawa, Yasuko Toyoshima, Akiko Yokoseki, Kouichirou Okamoto, Mika Otsuki, Kohei Akazawa, Akiyoshi Kakita, Hitoshi Takahashi, Masatoyo Nishizawa, Izumi Kawachi
    Annals of neurology 73 1 65 - 76 2013年01月 [査読有り]
     
    OBJECTIVE: Neuromyelitis optica spectrum disorder (NMOsd) is an inflammatory and demyelinating syndrome characterized by optic neuritis and myelitis. Several magnetization transfer magnetic resonance imaging (MRI) studies have revealed abnormalities in normal-appearing gray matter in NMOsd. The aim of this study is to elucidate the characteristics and pathogenesis of cognitive impairment and neurodegeneration in NMOsd brains. METHODS: Fourteen Japanese patients with serologically verified NMOsd, 17 patients with multiple sclerosis (MS), and 37 healthy controls were assessed with the Rao's Brief Repeatable Battery of Neuropsychological Tests (BRBN). Using 128 tissue blocks from 6 other cases of NMOsd, 3 cases of MS, and 4 controls without central nervous system involvement, we performed quantitative analysis of cortical neuronal loss and layer-specific changes in NMOsd. RESULTS: In BRBN assessments, 57% of NMOsd patients and 47% of MS patients had impaired performance on at least 3 cognitive tests. Cognitive impairment in NMOsd was common even in the limited form of disease, indicating that NMOsd may progress insidiously from early stages of disease. Neuropathological assessments showed neuronal loss in cortical layers II, III, and IV, with nonlytic reaction of aquaporin-4 (AQP4)-negative astrocytes in layer I, massive activated microglia in layer II, and meningeal inflammation in NMOsd brains. All NMO cases showed no evidence of cortical demyelination. INTERPRETATION: We demonstrate cognitive impairment and substantial cortical neuronal loss with unique AQP4 dynamics in astrocytes in NMOsd. These data indicate pathological processes consisting not only of inflammatory demyelinating events characterized by pattern-specific loss of AQP4 immunoreactivity but also cortical neurodegeneration in NMOsd brains.
  • Toshiyuki Teduka, Takayoshi Shimohata, Tomohiko Ishihara, Mika Otsuki, Ikuo Odano, Masatoyo Nishizawa
    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology 53 2 114 - 8 2013年 [査読有り]
     
    A 50-year-old woman developed a slowly progressive inability to control her motor functions over the past 3 years. For example, she would close the refrigerator door immediately after opening it against her intension, or at intersections she would go in a direction that she did not intend. These symptoms were regarded as "conflict of intentions (COI)." Brain magnetic resonance imaging (MRI) revealed diffuse atrophy of the corpus callosum with hyperintense lesions in the rostral portion of its body and the splenium. Based on these findings, her COI could be attributable to leukodystrophy of an unknown origin.
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳
    臨床神経心理 23 51 - 59 東北神経心理懇話会 2012年12月31日 [査読有り][通常論文]
     
    既報告である言語性短期記憶(short-term memory:STM)の選択的障害を呈した自験例の解説を中心に、言語性STMをめぐる諸問題について述べた。未解決問題として、言語性STM障害例における文の復唱、音韻性の誤りの出現機序、解剖学的基盤について考察した。さらに、言語性STMのみが障害された場合には、その症状が重篤であったとしても、意味の付与や情報のチャンク化というストラテジーは影響を受けずに保たれる可能性を指摘した。最後に、言語性STMの評価にあたっては、「数唱の低下=言語性STM障害」という図式を解体し、刺激素材や提示条件を変化させるなど、多角的な視点から把持がなされやすい条件を探ることが重要であることを指摘した。(著者抄録)
  • 大槻 美佳
    臨床神経学 52 11 1224 - 1227 (一社)日本神経学会 2012年11月 [招待有り]
     
    FTLD consists of three clinical types: behavioural variant FTD, progressive non-fluent aphasia (PNFA) and semantic dementia (SD). The latter two types manifest aphasia. Thus, it is quite important to pertinently assess the symptoms of aphasia and related impairments for diagnosis of FTLD. The most important point for diagnosis of PNFA is existence of anarthria/apraxia of speech, which is a focal symptom of the left prefrontal gyrus and underlying white matter. With the progression of the disease word generation and comprehension is deteriorating. SD shows Gogi aphasia when the lesion have predilection of left temporal lober atrophy. We investigated 28 patients without any antecedents causing speech/language impairments, who developed primary progressive aphasia. All the patients underwent a routine neurological and neuropsychological examinations and related symptoms such as orofacial apraxia, frontal lobe signs, dysphasia and so on were assessed. The results indicated that 20 patients were diagnosed as PNFA, and they were subdivided into three clinical groups. One group developed naming impairment and orofacial apraxia in several years after onset, and followed with various frontal symptoms. Another group showed anterior opereculum syndromes within two years after onset. The third group retained pure anarthria/apraxia of speech for many years without any other symptoms.
  • Ichiro Yabe, Sachiko Tsuji-Akimoto, Tohru Shiga, Shinsuke Hamada, Kenji Hirata, Mika Otsuki, Yuji Kuge, Nagara Tamaki, Hidenao Sasaki
    Journal of the neurological sciences 315 1-2 55 - 9 2012年04月15日 
    Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a neurodegenerative disorder characterized by loss of motor neuron and various cognitive deficits including writing errors. (11)C-flumazenil (FMZ), the positron emission tomography (PET) GABA(A) receptor ligand, is a marker of cortical dysfunction. The objective of this study was to investigate the relationship between cognitive deficits and loss of neuronal integrity in ALS patients using (11)C-FMZ PET. Ten patients with ALS underwent both neuropsychological tests and (11)C-FMZ-PET. The binding potential (BP) of FMZ was calculated from (11)C-FMZ PET images. There were no significant correlations between the BP and most test scores except for the writing error index (WEI), which was measured by the modified Western Aphasia Battery - VB (WAB-IVB) test. The severity of writing error was associated with loss of neuronal integrity in the bilateral anterior cingulate gyrus with mild right predominance (n=9; x=4 mm, y=36 mm, z=4 mm, Z=5.1). The results showed that writing errors in our patients with ALS were related to dysfunction in the anterior cingulate gyrus.
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 大澤 朋史, 谷川 緑野
    高次脳機能研究 31 4 411 - 421 (一社)日本高次脳機能障害学会 2011年12月31日 [査読有り][通常論文]
     
    発症時から失語症を認めず, 言語性短期記憶 (Short-Term Memory : STM) に選択的な障害を呈した 1 例を報告した。本例の知見から, 言語性 STM の解剖学的基盤は優位半球の側頭弁蓋~横側頭回近傍と示唆された。本例は数唱に比べ, 明確な意味を伴い, かつ同じ音韻系列を持つ文の復唱が良好 (例 : "8-2-3-1"の数唱は困難だが, "蜂に刺されて散々な一日だ"という文の復唱は可能) , 桁数付き数字の復唱が良好 (例 : "7-2-3"の数唱は困難だが, "ななひゃくにじゅうさん"の復唱は可能) , 無意味語系列に比べ有意味語系列の再生が良好であった。以上から言語性 STM における「容量」は必ずしも音韻情報量に依存せず, 意味の付与や情報のチャンク化の効率により決定されると考えられ, 既報告を支持した。さらに, 刺激提示の時間間隔や素材の変化により把持成績には差異が生じており, 援用されるストラテジーもそれぞれ異なる可能性が示唆された。
  • Kazumasa Sudo, Yasunori Mito, Yasutaka Tajima, Akihisa Matsumoto, Ichiro Yabe, Mika Otsuki, Kunio Tashiro
    IN VIVO 25 5 821 - 824 2011年09月 [査読有り][通常論文]
     
    A total of 308 patients, who received inpatient rehabilitation in department of Neurology in Sapporo City General Hospital, were studied. The patients were divided into four subgroups according to the presence or absence of Parkinsonism and the location of organic neurological lesions: group A consisted of 47 patients with brain lesions who presented with Parkinsonism; group B consisted of 135 patients with manifestations deriving from brain disorders other than Parkinsonism; group C consisted of 68 patients with manifestations deriving from spinal cord, peripheral nerve, and muscle disorders; and group D consisted of 58 patients with non-organic functional disorders and Patients with organic lesions not responsible for clinical manifestations. The patients were administered a battery of 5 tests for evaluating frontal lobe and/or higher brain function. In result, our study confirmed higher brain/frontal lobe dysfunction to affect the grade of neck rigidity unless there is an interruption, in the control of peripheral organs, by the brain. Consequently the association between higher brain/frontal lobe dysfunction and the grade of neck rigidity were confirmed. Although neck rigidity may be a minor clinical manifestation, it can provide important clues to brain function.
  • Sachiko Tsuji-Akimoto, Shinsuke Hamada, Ichiro Yabe, Itaru Tamura, Mika Otsuki, Syoji Kobashi, Hidenao Sasaki
    Journal of neurology 257 12 2071 - 7 2010年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Loss of communication is a critical problem for advanced amyotrophic lateral sclerosis (ALS) patients. This loss of communication is mainly caused by severe dysarthria and disability of the dominant hand. However, reports show that about 50% of ALS patients have mild cognitive dysfunction, and there are a considerable number of case reports on Japanese ALS patients with agraphia. To clarify writing disabilities in non-demented ALS patients, eighteen non-demented ALS patients and 16 controls without neurological disorders were examined for frontal cognitive function and writing ability. To assess writing errors statistically, we scored them on their composition ability with the original writing error index (WEI). The ALS and control groups did not differ significantly with regard to age, years of education, or general cognitive level. Two patients could not write a letter because of disability of the dominant hand. The WEI and results of picture arrangement tests indicated significant impairment in the ALS patients. Auditory comprehension (Western Aphasia Battery; WAB IIC) and kanji dictation also showed mild impairment. Patients' writing errors consisted of both syntactic and letter-writing mistakes. Omission, substitution, displacement, and inappropriate placement of the phonic marks of kana were observed; these features have often been reported in Japanese patients with agraphia resulted from a frontal lobe lesion. The most frequent type of error was an omission of kana, the next most common was a missing subject. Writing errors might be a specific deficit for some non-demented ALS patients.
  • Mika Otsuki, Yoshitsugu Nakagawa, Fumiaki Mori, Hirotoshi Tobioka, Hideaki Yoshida, Yoshiharu Tatezawa, Toshio Tanigawa, Ikuko Takahashi, Ichiro Yabe, Hidenao Sasaki, Koichi Wakabayashi
    Journal of neurology 257 7 1148 - 53 2010年07月 
    Pathological investigation of progressive anterior operculum syndrome has rarely been reported. We describe clinico-pathological findings in a patient with progressive anterior operculum syndrome. A 74-year-old right-handed man had noticed speech and swallowing difficulties 1 year previously. Neurological examinations showed no abnormality other than a slight limitation of upward gaze and slow tongue movement without fibrillation. We investigated the patient using neuroimaging and neuropsychological examinations and observed him for 2 years until his death, at which point we obtained pathological findings. The patient's facial and masseteric muscles seemed hypotonic with drooling, but he could laugh and yawn normally, showing automatic voluntary dissociation. Palatal and pharyngeal reflexes were normal. Magnetic resonance imaging showed cortical atrophy in the temporal lobes bilaterally. (123)IMP single photon emission computed tomography and positron emission tomography showed decreased blood flow and activity in the frontotemporal lobes, predominantly on the left side. Neuropsychological examinations showed no aphasia, dementia or other neuropsychological abnormality. Intubation fiberscopy, laryngoscopy and video fluorography showed no abnormality. After 6 months his anarthria and dysphagia became aggravated. He died of aspiration pneumonia 2 years after onset. Postmortem examination revealed neuronal degeneration with TDP-43-positive inclusions in the frontal, temporal and insular cortices, consistent with frontotemporal lobar degeneration with TDP inclusions (FTLD-TDP). However, neuronal loss with gliosis was more prominent in the inferior part of the motor cortices, bilaterally. Progressive anterior operculum syndrome could be classified as a variant of FTLD-TDP.
  • Masahito Katoh, Mika Otsuki, Masami Yoshino, Takeshi Aoki, Takeo Abumiya, Hiroyuki Imamura, Akihiko Ogata, Toshimitsu Aida
    No shinkei geka. Neurological surgery 37 7 693 - 6 2009年07月 
    Supplementary motor aphasia results from impairment of the supplementary motor area in the left mesial frontal cortex. We report a rare case of subarachnoid hemorrhage presenting with supplementary motor aphasia as an initial symptom. A 52-year-old woman was brought to our hospital by ambulance due to sudden severe headache and supplementary motor aphasia. CT demonstrated subarachnoid hemorrhage that appeared to be particularly thick in the pericallosal cistern. She had undergone neck clipping of a left vertebral artery aneurysm for subarachnoid hemorrhage 14 years earlier. At that time, she underwent neck clipping of a de novo anterior communicating artery aneurysm. The postoperative course was uneventful and supplementary motor aphasia had disappeared in 4 weeks. To our knowledge, this is the first reported case of subarachnoid hemorrhage presenting with supplementary motor aphasia as an initial symptom. In this case, adhesion of the arachnoid membrane resulting from old subarachnoid hemorrhage might have prevented new subarachnoid hemorrhage from spreading diffusely. Hematomas spread mainly into the pericallosal cistern from ruptured aneurysm of the anterior communicating artery. Therefore, thick hematoma in this cistern might have compressed the supplementary motor area, resulting in supplementary motor aphasia. Aphasia disappeared as pressure from the hematoma dissipated. Neurosurgeons may be likely to encounter a patient showing a transient consciousness disturbance after the use of the anterior interhemispheric approach or within a period of vascular spasm. Supplementary motor aphasia might also be included in such consciousness disturbance. Supplementary motor aphasia might be a reversible symptom if there is no irreversible damage to the supplementary motor area by infarction or intraparenchymal hemorrhage.
  • 大槻 美佳
    臨床神経学 48 11 853 - 856 (一社)日本神経学会 2008年11月01日 
    In terms of practical view, the type of aphasia can be classified by four elementary symptoms: anarthria (apraxia of speech), phonemic paraphasia, word comprehension impairment, word finding difficulty. Each elementary symptom has been established by causative lesion: anarthria for lowed posterior part of the left precentral gyrus, phonemic paraphasia for the left marginal gyrus and underlying white matter, word comprehension impairment for the left middle frontal gyrus or the posterior part of superior and middle temporal gyrus (the area called Wernickle's area), word finding difficulty for the left inferior frontal gyrus or the left angular gyrus or the left posterior part of the inferior temporal gyrus. In addition to ordinary estimation of language some devised examination enables distinction of the symptoms due to frontal lesion and the symptom due to the posterior lesion. This methods taking advantage of the symptoms related apahasia is also useful for making diagnosis and knowing prognosis of progressive aphasia.
  • Kozue Saito, Mika Otsuki, Satoshi Ueno
    Neurology 69 14 1466 - 8 2007年10月02日 
    Localization of sign language production and comprehension in deaf people has been described as similar to that of spoken language aphasia. However, sign language employs a visuospatial modality through visual information. We present the first report of a deaf signer who showed substantial sign language aphasia with severe impairment in word production due to a left occipital lesion. This case may indicate the possibility of other localizations of plasticity.
  • 川崎 聡大, 市川 智継, 杉下 周平, 岡崎 聡子, 大槻 美佳
    高次脳機能研究 27 2 196 - 205 (一社)日本高次脳機能障害学会 2007年06月30日 [査読有り][通常論文]
     
      言語野近傍脳腫瘍に対する術中覚醒下脳機能マッピングについて,周術期神経心理学的評価と局在ごとの課題選択,陽性所見について検討した。対象は2002 年11 月~2005 年8 月に本院にて覚醒下言語野マッピングを行った 11 症例 12 病変である。方法 : 術中言語課題の検討と神経症状の経時的変動を把握するために標準失語症検査,記憶検査として Rey's AVLT,ROCFT,遂行機能検査として KWCST,非言語性知能検査として RCPM を実施した。結果 : 全症例とも術後 1 ヵ月時点で新規脱落症状を認めなかった。神経症状の軽微な症例についても周術期の高次脳機能の推移を把握することが可能であり,術中課題のプランニングに有効であった。術中タスクにおいては(1)陽性所見は術前の神経症状によって相違を示す,(2)皮質マッピングにおいては復唱を課題を加えることが重要,(3)刺激のタイミングにより陽性所見が変化することが明らかとなった。
  • Itaru Tamura, Mayumi Kitagawa, Mika Otsuki, Seiji Kikuchi, Kunio Tashiro, Bruno Dubois
    Neurocase 13 3 178 - 84 2007年06月 [査読有り][通常論文]
     
    A 72-year-old man with pure topographical disorientation following a focal hemorrhage in the right forceps major of splenium was assessed at 2 weeks and 3 months after the onset. Initially, he could identify familiar buildings and landmarks, but noted topographical disorientation, dysfunction in sense of quarters, and in visuo-spatial function. The improvement of topographical disorientation was attained in 3 months, while the inability of the sense of quarters and manipulating visuo-spatial information remained unchanged. These results suggested the heading disorientation was accompanied with impaired sense of quarters, although disabled sense of quarters continued beyond the recovery of heading disorientation.
  • 大槻 美佳
    臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY 46 11 919 - 23 日本神経学会 2006年11月01日 
    Writing impairments are caused by various different mechanisms and lesions. The left posterior inferior temporal lobe plays the important role in retrieving the morphograms of the characters. Therefore the lesions involving this region have more effect on Kanji (Japanese morphogram) than on Kana (Japanese phonogram). The angular gyrus is considered to maintain the retrieved letter/character information and convert the naive information into writing performance. Sometimes Kana dominant impairment is detected due to this lesion because in some persons may have the direct route from phonemic presentation into writing execution process without definite retrieval of its form or morphology. The left superior parietal lobule is associated to the writing execution, thus, the lesion in this region induces the impairment of writing stroke and ill-shaped characters. The posterior part of the left middle frontal gyrus is related to select and arrange the letters to make a word, so the lesion in this area will develop paragraphia, in particular replacement of the letters within a word. Recently, the typing of the keyboard is becoming more popular in our everyday life. Reflecting this phenomenon, specific typing impairment called dystypia is reported. It is supposed that there is the impairment between linguistic process and typing execution.
  • 田中 優司, 西田 浩, 林 留美子, 犬塚 貴, 大槻 美佳
    臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY 46 1 50 - 54 日本神経学会 2006年01月01日 
    急性散在性脳脊髄炎による脳梁離断症候群をきたした1例を報告した.症例は54歳女性右きき.先行感染2週後に急性散在性脳脊髄炎を発症.神経心理学的検討で脳梁離断症状をみとめた.色名の呼称障害をともなわない純粋失読をみとめたこと,脳梁離断症状と吃音様症状(stuttering)をみとめたこと,手指の位置覚情報の移送に左右差をみとめたことが特徴的であった.急性脱髄性脳脊髄炎による脳梁離断症候群の報告はなく,きわめてまれであると考えた(著者抄録)
  • M Otsuki, Y Soma, N Yoshimura, K Miyashita, K Nagatsuka, H Naritomi
    JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY 76 5 733 - 735 2005年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Dissociation "automatico-voluntaire" is a symptom observed in aphasic patients. We elucidated the difference between voluntary and involuntary speech output in a quantitative manner using the same task materials in nine patients with Wernicke's aphasia. All the patients exhibited better ability and less paraphasias in a repetition task elicited in a disguised condition than in an ordinary repetition condition. This result indicates that the output difficulty in Wernicke's aphasia might be a disability of volitional control over the language system.
  • Itaru Tamura, Seiji Kikuchi, Mika Otsuki, Mayumi Kitagawa, Kunio Tashiro
    Journal of the neurological sciences 209 1-2 19 - 23 2003年05月15日 
    Using the dual task paradigm, previous studies have suggested that working memory (WM) deficit is due to depleted attention resources in patients with Parkinson's disease (PD). The aim of this study is to establish whether the WM problems in PD are due to reduced attentional set-shifting resources rather than depletion of attention resources. The task design attempts to eliminate confounding of the deficits in dealing with novel material, a problem documented in PD, by concentrating on WM tasks of mental calculation that are familiar to subjects in daily living. We also administered attention tasks, the Trail Making Test (TMT) that relies primarily on attentional set-shifting and the Kana (Japanese syllabogram) Pick-out Test instead primarily depending on depleted attention resources for allocation. A total of 24 patients with PD and 24 normal controls participated in this study. The PD group showed deficits in mental calculation span and in attentional set-shifting in the TMT-b.Considering the common deficits in alternating processing of mental calculation and TMT-b in PD, the results suggested that the central executive dysfunction in PD during mental calculations was due to reduced attentional set-shifting resources for rapidly alternating operations, rather than the depletion of attentional resources.
  • Itaru Tamura, Seiji Kikuchi, Mika Otsuki, Kunio Tashiro
    Neuroreport 14 6 861 - 5 2003年05月06日 
    This study investigated the neural mechanisms involved in the writing of Arabic numerals, kanji, and kana. Tasks involving writing numerals in Arabic, kanji, and, kana were administered to four patients with Gerstmann's syndrome and to five Wernicke aphasics. The results indicated that the ability to write Arabic numerals was well preserved in the Wernicke aphasics despite their serious phonological disturbances. The patients with Gerstmann's syndrome, who have a deficit with the concept of number, could write kanji numerals better than Arabic and kana numerals. Unlike Arabic numerals (ideogram) and kana (syllabogram), kanji (morphogram) have both semantic and phonetic values. The results suggested that Arabic numerals may be somesthetic and linked directly to the concept of number bypassing phonological analysis.
  • Itaru Tamura, Seiji Kikuchi, Mayumi Kitagawa, Mika Otsuki, Kunio Tashiro
    No to shinkei = Brain and nerve 55 4 335 - 40 2003年04月 
    The purpose of this study was to investigate the age-related working memory(WM) decline in patients with Parkinson's disease(PD) using Baddeley's WM model. This model consists of the central executive (CE) and two slave systems, the phonological loop (PL) for the storage of verbal materials, and the visuospatial sketchpad(VSSP) for the storage of visuospatial information. The participants of this study were 22 PD, 11 old (age of 68-78, mean age, 70.5) and age of onset, duration of illness, medication time, and Yahr stage, global cognitive status-matched 11 young(age of 39-58, mean age, 51.5) PD, age- and educational years, global cognitive status-matched 22 normal control (NC), 11 old(age of 65-78, mean age, 70.4) and 11 young(age of 45-57, mean age, 52.4). Mental calculation span of digit sequences, digit forward and backward span, visual memory span were carried out. Age related decline of WM was found in both groups, but processing related differences were revealed between the two groups. NC group showed significant decline with aging in digit backward span. In contrast, in mental calculation span, PD groups showed significant deficit revealed in young PD group and declined significantly with aging and significant decline was not found in digit backward span. In term of the processing and difficulty of WM tasks, digit backward span that needs maintenance of digit sequences and re-ordering, was more difficult than mental calculation that needs maintenance of digit sequences, summation of the digit and updating of the results. There were not significant differences between four groups in digit forward span, visual memory span. The results indicated that the WM span in normal aging declined as task difficulty increased. Their performance decline may be caused by the CE dysfunction. On the other hand, PD showed a characteristic CE deficit observed in mental calculation even in young age and decline with aging. Such decline may be caused by peculiar processing related dysfunction of CE that assumes to be essential deficit of PD.
  • Nahoko Yoshimura, Mika Otsuki
    No to shinkei = Brain and nerve 54 7 601 - 4 2002年07月 
    A 73-year-old right-handed man developed topographical disorientation, left homonymous hemiianopsia, left visuospatial neglect and mild visual memory disturbance following the right hemispheric infarction. The visual agnosia is very similar to agnosia for streets because he could not identify familiar buildings and streets even though he could remember their way. He did not have prosopagnosia. His brain MRI demonstrated infarction at the right anterior choroidal artery area, including right thalamus, caudate tail and optic radiation. SPECT showed the mild decrease of rCBF at the right temporoparietal cortex. His topographic disorientation faded and finally disappeared about 3 weeks after its onset. Our case is atypical because of sparing the posterior part of the right parahippocampal gyrus where plays an important role in the development of agnosia for streets.
  • M. Otsuki, Y. Soma, O. Onodera, S. Tsuji, A. Satoh, N. Yamada
    Brain and Nerve 47 11 1081 - 1085 1995年 [査読有り][通常論文]
     
    We assessed the anatomical findings and auditory comprehension of six patients with transcortical motor aphasia due to medial lesions of the left frontal lobe. All patients were right handed and were initially mute for several hours after the onset, and they exhibited mild paresis of the right lower extremity. Their spontaneous speech was sparse and not fluent, and sometimes accompanied by echolalia, but their articulation was normal and repetition was excellent. They had difficulty in recalling words. A diagnosis of transcortical motor aphasia was made on the basis of their clinical symptoms. All patients were found to have an infarct in the left medial frontal region by MRI and/or CT. We administered the Western Aphasia Battery and 50 line drawing pointing task in order to evaluate auditory comprehension. Based on the results we concluded that there is no impairment of auditory comprehension of single words when lesions are limited to the superior frontal gyrus, but that lesions extending to the middle frontal gyrus interfere with auditory comprehension of single words. Our observations indicate that the middle frontal gyrus plays an important role in auditory comprehension of single words. All of the patients displayed impaired auditory comprehension of sentences even when their lesions were strictly limited to the medial frontal lobe. This suggests that the medial frontal lobe plays some role in the auditory comprehension of sentences.

書籍

  • 今井, むつみ, 佐治, 伸郎, 山崎, 由美子(生物心理学), 浅野, 倫子, 渡邊, 淳司, 大槻, 美佳, 松井, 智子, 喜多, 壮太郎, 安西, 祐一郎, 岡田, 浩之, 橋本, 敬, 増田, 貴彦 
    岩波書店 2014年07月 (ISBN: 9784000113717) xii, 329p
  • 長谷川, 賢一, 大槻, 美佳, 中村, 裕子, 羽生, 耀子, 川岸, 恵, 佐藤, 睦子, 中澤, 久夫, 草野, 義尊, 永田, 貢一, 石川, 裕治 
    建帛社 2011年10月 (ISBN: 9784767945231) viii, 183p
  • 長谷川, 賢一, 大槻, 美佳, 羽生, 耀子, 稲村, 恵, 中村, 裕子, 大平, 芳則, 中澤, 久夫, 草野, 義尊, 石川, 裕治 
    建帛社 2001年02月 (ISBN: 4767945038) viii, 164p
  • 記憶その評価 短期記憶
    臨床精神医学講座 医学書院 1999年

その他活動・業績

  • 冨居泰臣, 冨居泰臣, 大槻美佳, 長谷川直哉 高次脳機能研究 42 (1) 2022年
  • 語健忘型の失語および仮名優位の失書を呈したCOVID-19感染後の自己免疫性脳炎の一例
    工藤 琢哉, 林 祐一, 國枝 顕二郎, 吉倉 延亮, 木村 暁夫, 大槻 美佳, 下畑 享良 臨床神経学 61 (11) 789 -789 2021年11月
  • 多発性硬化症における脳血流低下
    中村 雅一, 西村 洋昭, 相馬 広幸, 輿水 修一, 新保 和賢, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 神経免疫学 26 (1) 141 -141 2021年10月
  • 下畑 享良, 工藤 琢哉, 林 祐一, 國枝 顕二郎, 吉倉 延亮, 大槻 美佳, 木村 暁夫 神経治療学 38 (6) S290 -S290 2021年10月
  • 多発性硬化症病態における脳血流低下の意義
    中村 雅一, 西村 洋昭, 相馬 広幸, 輿水 修一, 新保 和賢, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集 49回 109 -109 2021年10月
  • 多発性硬化症における脳血流低下
    中村 雅一, 西村 洋昭, 相馬 広幸, 輿水 修一, 新保 和賢, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 神経免疫学 26 (1) 141 -141 2021年10月
  • 妄想対象が「死別した近親者」ではない養生(nurturing)行動の発現機序
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 寳金 清博 Dementia Japan 35 (4) 635 -635 2021年10月
  • 大槻 美佳 神経心理学 37 (3) 171 -180 2021年09月
  • 非流暢/失文法型原発性進行性失語(naPPA)を呈したPick病
    大槻 美佳, 谷川 聖, 中川 賀嗣, 廣谷 真, 江口 克紀, 白井 慎一, 岩田 育子, 松島 理明, 脇田 雅大, 芳野 正修, 大嶌 祐貴, 水島 慶一, 田中 伸哉, 佐々木 秀直, 矢部 一郎 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 45回 112 -112 2021年09月
  • 失構音/発語失行を主症状とする進行性非流暢性/失文法性失語(naPPA)例に対する「構音の歪み」の軽減に向けた治療的介入の試み
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 芳野 正修, 脇田 雅大, 松島 理明, 廣谷 真, 矢部 一郎 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 45回 113 -113 2021年09月
  • 老年精神医学に役立つ神経心理学ミニマムエッセンス2 言語
    大槻 美佳 老年精神医学雑誌 32 (増刊I) 217 -217 2021年09月
  • 脳血管障害によりフレゴリの錯覚と人物の重複記憶錯誤を呈した1症例
    田中 裕子, 大槻 美佳, 加藤 公秀 言語聴覚研究 18 (3) 167 -167 2021年09月
  • 失語をみる視点の変遷 今日のトピックス
    大槻 美佳 高次脳機能研究 41 (3) 253 -259 2021年09月 
    失語をみる視点は、画像診断の発達、認知神経心理学の発展、脳血管障害の治療法の進歩、患者の高齢化などにより、古典的失語症候群の考え方から、要素的言語症候の視点でみるように変化してきた。そして、進行性失語の概念がコンセンサスを得るようになり、脳血管障害による失語症候群との相違も注目されるようになった。また、「診断基準」が提起されたことにより、その妥当性の検証や適切な検査は何かという議論まで展開するようになった。今日、エラータイプで評価する、新しい言語検査も考案されている。(著者抄録)
  • 礒山 悠, 大山 恵子, 横関 美枝子, 大槻 美佳, 金子 直之, 諸見里 仁, 大山 博司, 藤森 新 Progress in Medicine 41 (7) 681 -685 2021年07月 
    高齢者が多い血液透析患者の栄養指導を行うにあたって、口腔機能を知ることはとても大切である。近年、口腔機能の脆弱状態を表すオーラルフレイルという概念も広がっている。当クリニック外来維持透析を行っている111例の患者を対象に、チェック表を用いてオーラルフレイルの現状を調査するとともに、食塩濃度を調整した食塩含浸濾紙を用いて患者の塩味感度を検査した。オーラルフレイルの「危険性あり」と「危険性が高い」をあわせたオーラルフレイルは65例(58.6%)に認められ、年齢が高いほど、糖尿病罹患率が高いほど、また血清アルブミン値が低値であるほどオーラルフレイルの危険性は高まっていた。患者の塩味感度はオーラルフレイルの危険性とは関連が薄く、「危険性は低い」患者でも塩味感度低下が32.6%に認められた。血液透析患者の栄養指導計画を立てる際には、塩味感度も含めた口腔機能の状態を詳細に検討することが重要と考えられた。(著者抄録)
  • 猫ひっかき病による脳症後にパーキンソニズムを呈した1例
    中村 雅一, 浦 茂久, 矢部 一郎, 大槻 美佳, 西村 洋昭, 相馬 広幸, 輿水 修一, 新保 和賢, 緒方 昭彦 臨床神経学 61 (7) 504 -504 2021年07月
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療後にparkinsonismを発症した中年期女性の1例
    相馬 広幸, 西村 洋昭, 中村 雅一, 輿水 修一, 新保 和賢, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 臨床神経学 61 (7) 504 -504 2021年07月
  • 機械学習による歩行動画からのパーキンソン病患者UPDRSスコアの予測
    江口 克紀, 白井 慎一, 松島 理明, 加納 崇裕, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 笹森 徹, 関 俊隆, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 寳金 清博, 佐々木 秀直, 矢部 一郎 パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 15回 75 -75 2021年07月
  • 猫ひっかき病による脳症後にパーキンソニズムを呈した1例
    中村 雅一, 浦 茂久, 矢部 一郎, 大槻 美佳, 西村 洋昭, 相馬 広幸, 輿水 修一, 新保 和賢, 緒方 昭彦 臨床神経学 61 (7) 504 -504 2021年07月
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療後にparkinsonismを発症した中年期女性の1例
    相馬 広幸, 西村 洋昭, 中村 雅一, 輿水 修一, 新保 和賢, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 臨床神経学 61 (7) 504 -504 2021年07月
  • 大槻 美佳 脳神経内科 94 (6) 733 -742 2021年06月
  • 大槻 美佳 認知神経科学 23 (1) 31 -38 2021年06月
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳 JOHNS 37 (6) 623 -629 2021年06月
  • 塩味感度不良群に対する介入により得られた結果と,自己管理への関与の調査
    金子 直之, 大山 恵子, 横関 美枝子, 大槻 美佳, 礒山 悠, 諸見里 仁, 大山 博司, 藤森 新 日本透析医学会雑誌 54 (Suppl.1) 382 -382 2021年05月
  • 外来透析患者の欠食を減らす弁当提供の取り組み
    礒山 悠, 大山 恵子, 横関 美枝子, 大槻 美佳, 前田 真歩, 大山 博司, 諸見里 仁, 藤森 新 日本透析医学会雑誌 54 (Suppl.1) 496 -496 2021年05月
  • 言語症状の評価とアプローチ
    大槻 美佳 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 58 (特別号) EXS2 -1 2021年05月
  • 言語症状の評価とアプローチ
    大槻 美佳 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 58 (特別号) EXS2 -1 2021年05月
  • 左中心前回損傷例と左基底核損傷例における「構音の歪み」の出現機序の検討
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 業天 那奈香, 杉原 俊一 高次脳機能研究 41 (1) 93 -93 2021年03月
  • パーキンソン病における両側STN-DBS後の体重増加と刺激位置との関連についての検討
    江口 克紀, 矢部 一郎, 白井 慎一, 松島 理明, 加納 崇裕, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 笹森 徹, 関 俊隆, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 寳金 清博, 佐々木 秀直 パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 14回 83 -83 2021年02月
  • 非定型Logopenic型原発性進行性失語様の言語症状を呈した若年性Alzheimer病の1例
    足澤 萌奈美, 大岩 慧, 瀬尾 祥, 田中 大貴, 工藤 彰彦, 阿部 恵, 江口 克紀, 長井 梓, 脇田 雅大, 白井 慎一, 岩田 育子, 松島 理明, 大槻 美佳, 矢部 一郎 臨床神経学 61 (1) 55 -55 2021年01月
  • 相馬広幸, 西村洋昭, 中村雅一, 輿水修一, 新保和賢, 大槻美佳, 緒方昭彦 臨床神経学(Web) 61 (7) 2021年
  • 非定型Logopenic型原発性進行性失語様の言語症状を呈した若年性Alzheimer病の1例
    足澤 萌奈美, 大岩 慧, 瀬尾 祥, 田中 大貴, 工藤 彰彦, 阿部 恵, 江口 克紀, 長井 梓, 脇田 雅大, 白井 慎一, 岩田 育子, 松島 理明, 大槻 美佳, 矢部 一郎 臨床神経学 61 (1) 55 -55 2021年01月
  • 早期より典型的なPDの臨床症状とDLBのSPECT所見が併存する1症例 PD、PDD、DLB、ADの相同性とその対応
    輿水 修一, 西村 洋昭, 中村 雅一, 新保 和賢, 緒方 昭彦, 大槻 美佳 臨床神経学 61 (1) 56 -56 2021年01月
  • パーキンソン病における両側STN-DBS後の体重増加と刺激位置との関連についての検討
    江口 克紀, 白井 慎一, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 平田 健司, 関 俊隆, 志賀 哲, 大槻 美佳, 寳金 清博, 佐々木 秀直, 矢部 一郎 日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集 60回 97 -97 2020年12月
  • 大槻 美佳 老年精神医学雑誌 31 (11) 1227 -1238 2020年11月
  • 急性散在性脳脊髄炎(ADEM)と考えられた4症例の臨床経過と病理所見の特徴
    中村 雅一, 西村 洋昭, 新保 和賢, 輿水 修一, 大槻 美佳, 小柳 泉, 緒方 昭彦 臨床神経学 60 (Suppl.) S385 -S385 2020年11月
  • パーキンソン病における青斑核神経メラニンMRIの臨床的有用性の検討
    新保 和賢, 西村 洋昭, 中村 雅一, 輿水 修一, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 臨床神経学 60 (Suppl.) S407 -S407 2020年11月
  • 江口 克紀, 矢部 一郎, 白井 慎一, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 関 俊隆, 大槻 美佳, 寳金 清博, 佐々木 秀直 臨床神経生理学 48 (5) 507 -507 2020年10月
  • 江口 克紀, 矢部 一郎, 白井 慎一, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 関 俊隆, 大槻 美佳, 寳金 清博, 佐々木 秀直 臨床神経生理学 48 (5) 534 -534 2020年10月
  • 大槻 美佳 リハビリナース (2020秋季増刊) 114 -115 2020年09月
  • 大槻 美佳 老年精神医学雑誌 31 (9) 909 -925 2020年09月 
    非定型アルツハイマー型認知症のなかで、(1)後部大脳皮質萎縮症(PCA)、(2)語減少型原発性進行性失語(lpvPPA)、(3)前頭葉型アルツハイマー病(fvAD)について、疾患概念の背景、症候と診断のポイント、検査所見、背景病理などを整理して、実例を示した。いずれも、近年、臨床症候、各種検査所見、病理学的所見の詳細が検討され、その障害メカニズム、他疾患との鑑別方法などが明らかにされてきている。適切な診断は、患者への対応および、今後の治療に向けての群化を行ううえでも重要である。(著者抄録)
  • 認知症の言語の症状 エッセンス 進行性非流暢性失語 今日の視点から
    大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 44回 52 -52 2020年09月
  • 失語症者向け意思疎通支援者養成における課題の検討
    阿久津 由紀子, 新田 幸世, 佐藤 睦子, 大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 44回 85 -85 2020年09月
  • 久保田 一生, 川合 裕規, 高島 茂雄, 下畑 享良, 大槻 美佳, 深尾 敏幸, 下澤 伸行 脳と発達 52 (Suppl.) S241 -S241 2020年08月
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳 脳神経内科 93 (2) 174 -183 2020年08月
  • 久保田 一生, 川合 裕規, 高島 茂雄, 下畑 享良, 大槻 美佳, 深尾 敏幸, 下澤 伸行 脳と発達 52 (Suppl.) S241 -S241 2020年08月
  • 大槻 美佳 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 72 (6) 0611 -0621 2020年06月 [査読無し]
     
    <文献概要>原発性進行性失語(PPA)の概念と変遷を前頭側頭葉変性症との関係から整理し,診断に必要な要素的言語症候(文産生障害,発語失行,音韻性錯語,喚語障害,単語の理解障害,復唱障害)を概説した。さらに,PPAの3つの臨床類型(非流暢/失文法型PPA,意味型PPA,語減少型PPA)の症候と病巣を,Gorno-Tempiniらの診断基準(2011)に準拠して述べ,病理所見との関係についても紹介した。
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 40 (2) 156 -164 2020年06月 
    山鳥重先生の多々の御論文・著書の中から、「Word Category Aphasia」(Cortex9:112-125、1973)に報告されている患者の興味深い症候について、モダリティー特異的理解障害(語義聾)、カテゴリー特異的理解障害、範疇化機能障害の視点から整理した。また、この3つの側面を持つ障害に対して、山鳥先生がどのようにアプローチし、どのように統合し、そして、言語の脳内機序を解き明かしていったかを辿り、その今日的意義を考察した。(著者抄録)
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣 神経心理学 36 (2) 61 -68 2020年06月 
    脳血管障害(局所脳損傷)と変性疾患による失構音に対して,同一の評価基準で発話症状の分析を行った既報告の結果に基づき,両者の「何が同じで何が違うのか」を検討した.共通点として,前景に立つ発話症状と病巣の大まかな対応関係が成立していることが示唆された.相違点として,変性疾患による失構音では,1)「音の途切れ」に比して「構音の歪み」と「音の引き延ばし」が前景に立ち,2)不自然な「息継ぎ」が生じるという,特有の臨床像を呈することが示唆された.その機序として,変性疾患では,左中心前回の局所損傷のみでは説明しきれない,呼吸・発声レベルの調整機能を含めた発話を支える神経ネットワークの障害が生じている可能性が推測された.(著者抄録)
  • 中川 賀嗣, 大槻 美佳 Dementia Japan 34 (2) 180 -191 2020年04月
  • 高次脳機能障害をみる視点
    大槻 美佳 日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 46回 69 -69 2020年04月
  • 純粋失構音にみられたアクセント異常 出力モダリティによる差異の検討
    大門 正太郎, 小林 育美, 大槻 美佳 高次脳機能研究 40 (1) 15 -16 2020年03月
  • 左皮質下損傷によって生じた「構音の歪み」の発現機序の検討
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 三浦 祐一, 杉原 俊一 高次脳機能研究 40 (1) 16 -16 2020年03月
  • 原発性進行性発語失行から前部弁蓋部症候群(Foix-Chavaney-Marie症候群)を呈した1症例
    田中 裕子, 大槻 美佳 高次脳機能研究 40 (1) 60 -60 2020年03月
  • 変性疾患の呼称障害に対する訓練 意味的ヒントと自伝的ヒントの比較
    高木 早希, 大門 正太郎, 冨滿 弘之, 大槻 美佳 高次脳機能研究 40 (1) 61 -61 2020年03月
  • 音韻性失名辞にみられた複合語の音韻的誤りの検討 形態素と音韻情報の関連
    能登 栞, 大門 正太郎, 大槻 美佳 高次脳機能研究 40 (1) 62 -62 2020年03月
  • 加藤 孝政, 大槻 美佳, 井川 大樹, 藤重 正人 高次脳機能研究 40 (1) 72 -73 2020年03月
  • 重度の感覚障害を伴った症例における道具使用障害の解析
    吉岡 実穂, 高木 早希, 大門 正太郎, 中川 賀嗣, 大槻 美佳 高次脳機能研究 40 (1) 80 -80 2020年03月
  • 高安動脈炎起因の多発性脳梗塞にて高次脳機能障害を呈した小児症例
    竹下 盛, 福井 美保, 島川 修一, 岡本 奈美, 大槻 美佳, 玉井 浩 高次脳機能研究 40 (1) 107 -107 2020年03月
  • 頸椎症に伴う脊髄性ミオクローヌスの1例
    西村 洋昭, 中村 雅一, 吉野 雅美, 輿水 修一, 新保 和賢, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 臨床神経学 60 (1) 94 -94 2020年01月
  • アルツハイマー病に伴うパーキンソニズムの臨床症状及び画像所見の解析
    西村 洋昭, 新保 和賢, 中村 雅一, 輿水 修一, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 臨床神経学 59 (Suppl.) S297 -S297 2019年11月
  • パーキンソン病患者における聴覚誘発脳磁場の検討
    長沼 亮滋, 竹内 恵, 森下 きらり, 中根 進児, 高橋 育子, 松島 理明, 大槻 美佳, 白石 秀明, 矢部 一郎, 佐々木 秀直 臨床神経学 59 (Suppl.) S366 -S366 2019年11月
  • 原発性進行性失語 診断の基本と今日のトピックス
    大槻 美佳 Dementia Japan 33 (4) 468 -468 2019年10月
  • 辻澤 陽平, 大槻 美佳, 大澤 恵留美, 水島 慶一, 竹内 恵, 佐々木 秀直, 生駒 一憲 言語聴覚研究 16 (3) 173 -173 2019年09月
  • 大門 正太郎, 小林 育美, 大槻 美佳 言語聴覚研究 16 (3) 183 -183 2019年09月
  • 小林 育美, 大門 正太郎, 大貫 杏樹, 大槻 美佳 言語聴覚研究 16 (3) 183 -184 2019年09月
  • 大貫 杏樹, 大門 正太郎, 小林 育美, 大槻 美佳 言語聴覚研究 16 (3) 295 -295 2019年09月
  • 脳深部刺激療法術後3年の経過に関する14例の検討
    白井 慎一, 矢部 一郎, 江口 克紀, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 平田 健司, 関 俊隆, 志賀 哲, 大槻 美佳, 北川 まゆみ, 寳金 清博, 佐々木 秀直 パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 13回 83 -83 2019年07月
  • PSP、TDP43病理を認めた非流暢/失文法型原発性進行性失語(naPPA)
    大槻 美佳, 谷川 聖, 上床 尚, 矢部 一郎, 水戸 泰紀, 新保 和賢, 緒方 昭彦, 中川 賀嗣, 田中 伸哉 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 43回 62 -62 2019年07月
  • 純粋失書例におけるタイピング障害の発現機序についての検討
    川口 源水, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 43回 97 -97 2019年07月
  • Apraxia of speech (AOS)とdysarthriaの鑑別に有用となる臨床指標の検討
    高倉祐樹, 大槻美佳, 緒方昭彦, 輿水修一, 新保和賢, 吉野雅美, 上森元気, 境信哉, 中川賀嗣 第60回日本神経学会学術大会(大阪) 59 (Suppl.) S448 -S448 2019年05月 [査読有り][通常論文]
  • 竹腰 顕, 吉倉 延亮, 小澤 憲司, 生駒 良和, 北川 順一, 竹島 明, 大槻 美佳, 中道 一生, 西條 政幸, 大江 直行, 望月 清文, 柿田 明美, 下畑 享良 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 71 (3) 0281 -0286 2019年03月 
    <文献概要>症例は62歳男性で,悪性リンパ腫に対する臍帯血移植後に急激な視力低下をきたした。頭部MRIにて両側頭頂葉および後頭葉の皮質下白質〜深部白質に高信号域を認め,脳生検および脳脊髄液中JCウイルス(JCV)検査にて進行性多巣性白質脳症(PML)と診断した。経過中にBalint症候群を合併したが,塩酸メフロキンとミルタザピンの併用療法によりBalint症候群および頭部MRI所見は改善し,脳脊髄液中JCVは陰性化した。PMLではBalint症候群を合併し得ること,ならびに塩酸メフロキンとミルタザピン併用療法は有効であることを示した。
  • 語減少型原発性進行性失語(lpvPPA)の症候・画像所見・経過
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 緒方 昭彦 高次脳機能研究 39 (1) 62 -62 2019年03月
  • 仮名とローマ字の関係 読み書きは障害されたが、ローマ字と仮名の相互変換は保持された症例
    井川 大樹, 大槻 美佳, 藤重 正人 高次脳機能研究 39 (1) 85 -85 2019年03月
  • 重度ブローカ失語患者における発話分析 音声の呈示間隔の違いは復唱成績を変化させるのか
    川口 源水, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一 高次脳機能研究 39 (1) 136 -136 2019年03月
  • 大槻 美佳 老年精神医学雑誌 30 (増刊I) 57 -65 2019年02月 
    変性疾患における言語障害をみる視点を概説した。最初に区分すべきは、その障害がspeechの問題のみなのか、語の想起障害(喚語障害)を含めたlanguageの問題なのかという点である。次に、復唱障害や単語の理解障害の有無を検討するとおおまかな進行性失語の分類が可能である。その他、音の言い間違え(音韻性錯語)や文の作成能力などを加えて検討するとより明確になる。言語症候の分類は、今日、病理学的所見とも対応していることが示されており、疾患診断としても重要であり、かつ、予後の推定や適切なアプローチにも不可欠な視点となってきている。(著者抄録)
  • 山ノ井 髙洋, 杉本 幸司, 豊島 恒, 大槻 美佳, 大西 真一, 山﨑 敏正, 大槻 美佳, OTSUKI Mika, 大西 真一, OHNISHI Shin-ichi, 山﨑 敏正, YAMAZAKI Toshimasa 北海学園大学工学部研究報告 = Bulletin of the faculty of engineering Hokkai-Gakuen University (46) 167 -173 2019年02月
  • 失語 症候と画像
    大槻 美佳 ブレイン・ファンクション・イメージング・カンファレンス記録集 (34) 11 -11 2019年01月
  • DBS療法における半構造化面接による精神機能評価の有用性
    竹内 恵, 矢部 一郎, 白井 慎一, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 関 俊隆, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 佐々木 秀直 臨床神経学 58 (Suppl.) S448 -S448 2018年12月 [査読無し][通常論文]
  • 足立 耕平, 伊集院 睦雄, 大槻 美佳, 小池 敦, 石合 純夫 高次脳機能研究 38 (4) 414 -421 2018年12月 
    本研究では標準言語性対連合学習検査(S-PA)の標準化に際して収集したデータをもとに、S-PAの正答数と他の神経心理学的検査の成績との関連を分析し、S-PAの併存的妥当性について検討を行った。S-PA開発の際に収集した健常者データ758名分、および脳損傷例データ48名分を分析対象とした。S-PAとの関連をみる他の検査として健常者データに関しては、言語流暢性検査(WFT)およびWAIS-IIIの数唱問題と類似問題を分析に用いた。脳損傷例データに関してはWFTおよびWAIS-IIIとWMS-Rの全検査結果を分析に用いた。分析の結果、S-PAの正答数はWMS-Rの言語性記憶指標や言語性対連合の成績と高い相関を示し、言語性記憶検査としてS-PAの併存的妥当性が確認された。一方でS-PAとWMS-Rの論理的記憶の成績との相関はやや低く、S-PAは物語の記銘とは異なる側面を測定している検査であると考えられた。また、S-PAの成績には語彙の豊富さや単語の共通点を探す能力、視覚的イメージの操作や処理の素早さも関連する可能性が示唆された。(著者抄録)
  • 大槻 美佳 認知神経科学 20 (3-4) 157 -164 2018年12月 [査読有り]
     
    言語のしくみをめぐるトピックスを3つとりあげ、その諸問題を、言語症候から論じた。第一には言語の機能局在をどう考えるか、第二にはカテゴリー特異性・モダリティー特性をどう考えるか、第三には文処理の機能をどう考えるかである。言語の機能局在については、言語症候を、要素的症候に分解することが合理的であると考えた。要素的症候と責任病巣は以下である;(1)発語失行/失構音(左中心前回中〜下部and/orその皮質下)、(2)音韻性錯語(左上側頭葉回後部〜縁上回〜中心後回)and/orその皮質下、(3)単語の理解障害(左側頭葉/中前頭回and/orその皮質下)、(4)呼称(左下前頭回、側頭葉and/orその皮質下)。カテゴリー特異性のある単語の理解・呼称障害は、その対象と関わる際に用いる入出力処理の部位と関係していた。これは、カテゴリー特異性と、モダリティー特異性が、密接に関わっていることを示している。このことより、言語の意味・概念の処理は、入出力と切り離せない構造をしていることが示唆される。文処理に関しては、臨床の諸データから、'文法'と一括りにできない多様な側面があり、様々な脳部位が関与していることが示された。(著者抄録)
  • 非AD型変性性認知症疾患の症候と画像 ピットフォールと鑑別のポイント
    大槻 美佳 臨床神経学 58 (Suppl.) S110 -S110 2018年12月
  • パーキンソニズム診断における中脳黒質及び青斑核神経メラニンMRIの有用性
    新保 和賢, 輿水 修一, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 臨床神経学 58 (Suppl.) S314 -S314 2018年12月
  • DBS療法における半構造化面接による精神機能評価の有用性
    竹内 恵, 矢部 一郎, 白井 慎一, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 関 俊隆, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 佐々木 秀直 臨床神経学 58 (Suppl.) S448 -S448 2018年12月
  • 中川 賀嗣, 大槻 美佳 日本認知症ケア学会誌 17 (3) 514 -521 2018年10月 
    最初に、失語に関係する左大脳構造を示した。次に、失語を構成する要素的症状には「喚語困難」「理解障害」「音韻性錯語」、そして「アナルトリー」があることを指摘し、簡潔に説明した。また、従来の血管障害による臨床研究では気づかれなかった意味記憶処理機構が左右の側頭極領域にあり、左側はそのうち言語の意味記憶に関与することが知られるようになった。これが、変性疾患での失語症状の理解の一翼を担ったことを概説した。最後に、変性疾患と血管障害での言語症状の共通点と相違点について述べた。(著者抄録)
  • 大槻 美佳 日本認知症ケア学会誌 17 (3) 522 -529 2018年10月 [査読有り]
     
    原発性進行性失語(PPA)について、概念、用語の整理、診断基準と病態、病巣を概説した。PPAは、現在、Grono-Tempiniら(2011)の診断基準が国際的な指標になっている。これは、まずPPAであることを診断したのち、3つの亜型のどれに当てはまるか診断するという二段構えになっている。3つの亜型は、(1)非流暢性/失文法型PPA、(2)意味型PPA、(3)語減少型PPAである。亜型分類には、1)発語失行/失構音、2)文産生障害、3)音韻性錯語、4)喚語障害、5)単語の理解障害、6)言語性把持力低下(復唱障害)の6つの症候の有無を判定することが必要である。これらの症候は、要素的言語症候と称され、それぞれ対応する脳部位が知られているため、これらの症候の有無は、病巣の広がりを推定することにも役立つ。(著者抄録)
  • Brain Japanがめざす認知症への取り組み 認知症の症候と画像
    大槻 美佳, 山本 晋, 服部 直也 脳循環代謝 30 (1) 79 -79 2018年10月
  • 経過中にバーリント症候群を呈し、塩酸メフロキンとミルタザピンの併用療法により改善した進行性多巣性白質脳症の1例
    竹腰 顕, 吉倉 延亮, 小澤 憲司, 大槻 美佳, 中道 一生, 西條 政幸, 下畑 享良 NEUROINFECTION 23 (2) 189 -189 2018年10月
  • 認知症の神経心理学 行為・動作とその障害
    中川 賀嗣, 大槻 美佳 Dementia Japan 32 (3) 362 -362 2018年09月
  • 重複記憶錯誤:認知症の精神症状を神経心理学と精神病理学から考える 重複症状の対象の多様性 人物以外の重複現象は?
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 三浦 祐一 Dementia Japan 32 (3) 383 -383 2018年09月
  • 神馬 由佳子, 高倉 祐樹, 高清水 柚花, 杉原 俊一, 大槻 美佳 言語聴覚研究 15 (3) 155 -155 2018年09月
  • 高清水 柚花, 高倉 祐樹, 神馬 由佳子, 杉原 俊一, 大槻 美佳 言語聴覚研究 15 (3) 155 -155 2018年09月
  • 脳深部刺激療法術後2年間における15例の神経心理学的検討
    白井 慎一, 矢部 一郎, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 関 俊隆, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 寳金 清博, 佐々木 秀直 パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 12回 82 -82 2018年07月 [査読無し][通常論文]
  • 脳深部刺激療法術後2年間における15例の神経心理学的検討
    白井 慎一, 矢部 一郎, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 松島 理明, 加納 崇裕, 笹森 徹, 関 俊隆, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 寳金 清博, 佐々木 秀直 パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 12回 82 -82 2018年07月
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 38 (2) 197 -203 2018年06月 
    非定型な症状を呈した患者を通して、音韻処理について考察した。本患者は、言語表出は、自発話のみでなく、呼称、復唱、書字など全ての表出で、音韻性錯語、新造語、音韻性ジャルゴンが中心であったが、一方、言語理解は、聴覚的には単語レベル、視覚的には(文字呈示)、文レベルでも可能であるという乖離を示した。また、「1音を聞いて、該当する仮名文字を選択する」課題も全くできなかったが、詳細に調べると「1音」の弁別・認知は可能で、かつ、「仮名文字」の弁別・認知も可能であることが明らかになった。本患者の症候から、いわゆる'音韻処理障害'には、これまで言及されてきたような、音韻の認知・喚起・選択・把持・配列などの障害のみでなく、記号としての役割はある程度果たせるものの、音響的な表出や文字表出という次のステップに利用できないという壊れかたもある可能性が推測される。(著者抄録)
  • 左前頭葉損傷例における単語指示課題障害の出現機序 刺激呈示条件を変化させた単語指示課題による検討
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 42回 74 -74 2018年06月
  • 単語で音を引き延ばせない発話障害 皮質基底核症候群の1例
    井川 大樹, 大槻 美佳, 濱田 恭子 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 42回 87 -87 2018年06月
  • 漢字1文字レベルの書字における左側部位の想起障害
    大槻 美佳, 黒島 研美, 浦 茂久, 吉田 一人, 中川 賀嗣 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 42回 114 -114 2018年06月
  • Primary progressive apraxia of speech (PPAOS) における特異的な単語発話の特徴
    高倉祐樹, 中川賀嗣, 田島康敬, 水戸泰紀, 緒方昭彦, 輿水修一, 新保和賢, 吉野雅美, 上森元気, 境信哉, 大槻美佳 第59回日本神経学会学術大会(札幌) 58 (Suppl.) S426 -S426 2018年05月 [査読有り][通常論文]
  • 運筆動作を区切ることで小学傾向と文字形態の歪みに改善を認めた錐体外路症状を伴わないMicrographiaの一例
    三浦 祐一, 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 杉原 俊一 高次脳機能研究 38 (1) 29 -30 2018年03月
  • 文字-音韻変換の連続的な処理にて仮名1文字の音読が困難であった音韻失読の1例
    今城 良太, 高倉 祐樹, 大槻 美佳 高次脳機能研究 38 (1) 31 -31 2018年03月
  • 文字カードと絵カードの仕分けができない前頭葉内側面の梗塞を呈した1例 提示する情報の質からの考察
    一条 晋伍, 籔 貴代美, 大槻 美佳 高次脳機能研究 38 (1) 84 -84 2018年03月
  • 大槻 美佳 認知神経科学 20 (2) 80 -80 2018年 [査読有り]
     
    【要旨】言語のしくみをめぐるトピックスを3つとりあげ、その諸問題を、言語症候から論じた。第一には言語の機能局在をどう考えるか、第二にはカテゴリー特異性・モダリティー特性をどう考えるか、第三には文処理の機能をどう考えるかである。言語の機能局在については、言語症候を、要素的症候に分解することが合理的であると考えた。要素的症候と責任病巣は以下である ; ① 発語失行/失構音(左中心前回中~下部and/orその皮質下)、② 音韻性錯語(左上側頭葉回後部~縁上回~中心後回)and/orその皮質下、③ 単語の理解障害(左側頭葉/中前頭回and/orその皮質下)、④ 呼称(左下前頭回、側頭葉and/orその皮質下)。カテゴリー特異性のある単語の理解・呼称障害は、その対象と関わる際に用いる入出力処理の部位と関係していた。これは、カテゴリー特異性と、モダリティー特異性が、密接に関わっていることを示している。このことより、言語の意味・概念の処理は、入出力と切り離せない構造をしていることが示唆される。文処理に関しては、臨床の諸データから、‘文法’と一括りにできない多様な側面があり、様々な脳部位が関与していることが示された。
  • Young-onsetパーキンソン病2症例の検討
    新保 和賢, 輿水 修一, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 臨床神経学 57 (12) 815 -815 2017年12月
  • 大槻 美佳 神経心理学 33 (4) 229 -237 2017年12月 

    補足運動野は,従来の補足運動野(SMA proper)と,その前方部の前補足運動野(preSMA)に区分され,tractographyを用いた線維連絡,fMRIを用いた機能的役割,脳損傷患者における臨床症状など,様々な視点から検討されている.左preSMA/SMAproperはいずれも,言語機能との関連が示唆されているが,特にpreSMAは前頭前野と豊富な線維連絡を持つことが知られ,言語機能に関しても重要な役割が指摘されている.臨床症状としては,左前頭葉内側面損傷で,補足運動野失語,純粋失書などが出現する.補足運動野失語は,自発話の低下と,「良好な視覚性呼称と顕著な語列挙低下」というコントラストが中核症状である.右前頭葉内側面損傷では,感情プロソディ障害が報告されている.左頭頂葉内側面に関しては,言語理解との関連が示唆されているが,詳細は明らかではない.前頭葉眼窩面は,言語機能自体には関連していないが,口述内容の方向性など,言語の運用に関係していることが示唆されている.

  • 白井慎一, 松島理明, 加納崇裕, 山崎和義, 濱内祝嗣, 笹森徹, 関俊隆, 矢部一郎, 北川まゆみ, 大槻美佳, 寳金清博, 佐々木秀直 パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 11th 91 -91 2017年10月 [査読無し][通常論文]
  • 脳深部刺激療法術前後の体重変化に関する検討
    白井 慎一, 松島 理明, 加納 崇裕, 山崎 和義, 濱内 祝嗣, 笹森 徹, 関 俊隆, 矢部 一郎, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 寳金 清博, 佐々木 秀直 パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集 11回 91 -91 2017年10月
  • 短波長光への暴露がMotion sicknessの感受性に及ぼす影響
    金 京室, 平山 和美, 吉田 一生, 矢野 理香, 阿部 正之, 大槻 美佳, 桜庭 聡, 境 信哉 Health and Behavior Sciences 16 (1) 34 -34 2017年09月
  • 井川 大樹, 大槻 美佳, 藤重 正人 言語聴覚研究 14 (3) 181 -181 2017年09月
  • 田中 裕子, 竹内 茂伸, 大槻 美佳 言語聴覚研究 14 (3) 254 -254 2017年09月
  • 業天 那奈香, 高倉 祐樹, 杉原 俊一, 大槻 美佳 言語聴覚研究 14 (3) 255 -255 2017年09月
  • 福田 亜里沙, 大門 正太郎, 一条 晋伍, 籔 貴代美, 大槻 美佳 言語聴覚研究 14 (3) 255 -255 2017年09月
  • 大門 正太郎, 礒田 真由美, 高田 美樹, 大槻 美佳 言語聴覚研究 14 (3) 256 -256 2017年09月
  • 高木 早希, 大門 正太郎, 冨滿 弘之, 大槻 美佳 言語聴覚研究 14 (3) 259 -259 2017年09月
  • 辻澤 陽平, 高倉 祐樹, 生駒 一憲, 大槻 美佳 言語聴覚研究 14 (3) 294 -294 2017年09月
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一 言語聴覚研究 14 (3) 295 -295 2017年09月
  • 武市 亜理沙, 高倉 祐樹, 杉原 俊一, 大槻 美佳 言語聴覚研究 14 (3) 299 -299 2017年09月
  • 統合型視覚失認の機序
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 水戸 泰紀, 田島 康敬 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 41回 107 -107 2017年09月
  • 畠山 公大, 大槻 美佳 MEDICAL REHABILITATION 213 (213) 49 -53 2017年08月 [査読有り]
     
    神経免疫疾患では、多彩な高次脳機能障害が認められる。そのうち、多発性硬化症(MS)では、長期記憶障害、注意機能障害、情報処理能力の低下、遂行機能障害、視空間認知障害などが認められ、患者の社会活動参加や日常生活において支障となり得る。MSの高次脳機能障害は、一般的なスクリーニング検査では評価が不十分であることが多いため、BRBNなど適切な検査法を用いる必要がある。また、MSの高次脳機能障害は疾患修飾薬の導入により進行が抑制できるため、初期からの治療導入が重要である。また、視神経脊髄炎でも注意機能、情報処理能力、言語性長期記憶に障害が認められる。その他、全身性エリテマトーデス、Sjoegren症候群、ベーチェット病などの自己免疫性疾患、炎症性疾患の神経症状として、高次脳機能障害が認められることがあり、これらの疾患の診療においては注意が必要である。(著者抄録)
  • 大槻 美佳 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 117 (138) 41 -43 2017年07月20日 [査読有り]
  • 大槻 美佳 聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting 47 (5) 299 -301 2017年07月20日
  • 大槻 美佳 神経治療学 34 (4) 374 -380 2017年07月 [査読有り]
     

    We need to understand aphasia in terms of two points of view. One is the viewpoint of system of language, and the other is the viewpoint of brain function. Language systems are hierarchically constructed, for instance, acoustic system (hearing and speech), phonetic system (discrimination of language sounds and articulation control), phonemic system and lexical/semantic system. Language impairments can be developed of each system as language symptoms. And there are corresponding lesion sites in the brain for each elementary language symptoms such as anarthrie/apraxia of speech, impairment of discrimination of language sound (word deafness), phonemic paraphasia, word comprehension impairment, word retrieval impairment and so on. Classical aphasia classification are vascular syndromes and can be explained as the syndromes made of the elementary symptoms.

  • 脳深部刺激療法後術後12ヵ月まで追跡したパーキンソン病11例のまとめ
    白井 慎一, 松島 理明, 加納 崇裕, 矢部 一郎, 北川 まゆみ, 佐々木 秀直, 濱内 祝嗣, 笹森 徹, 関 俊隆, 宝金 清博, 大槻 美佳 臨床神経学 57 (6) 322 -322 2017年06月
  • 大槻 美佳 脳と発達 49 (Suppl.) S196 -S196 2017年05月
  • 呼称能力の時系列位置効果と病巣の関係
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 緒方 昭彦, 吉野 雅美 高次脳機能研究 37 (1) 32 -33 2017年03月
  • 「視覚イメージ」へのモダリティ変換障害としてとらえた左前頭葉損傷による単語理解障害
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一 高次脳機能研究 37 (1) 39 -40 2017年03月
  • 脳梗塞後に性別判断障害がみられた1例
    今城 良太, 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 今野 公二, 竹林 浩美 高次脳機能研究 37 (1) 101 -101 2017年03月
  • 在宅高次脳機能障害者に対して実施した包括的アプローチの効果 目標、行動、認知、IADLの変化による分析
    高山 望, 小川 圭太, 大澤 恵留美, 大槻 美佳 高次脳機能研究 37 (1) 125 -125 2017年03月
  • 辻澤 陽平, 中山 剛志, 大澤 恵留美, 堤 昌恵, 大槻 美佳, 佐々木 秀直, 生駒 一憲 国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌 38回 9 -15 2017年03月 
    MSA患者に対して言語聴覚士(ST)は患者個々に適したコミュニケーション手段を選択することが重要である。今回、STによるリハ開始時すでに発話明瞭度が低下し、音声言語でのコミュニケーションに支障をきたしていた重度MSA-C患者の訓練を経験した。先行研究で音声障害に対する訓練方法として報告されている指圧法に類似する方法(顎下部の筋を両側から軽く圧迫し、上前方に挙上させるようにしながら発声を促す方法)を実施したところ、即時的に発話明瞭度が向上し、音声言語でのコミュニケーションが可能となった。その機序について文献的考察を加え報告した。
  • 仮名文字における濁点の障害
    井川 大樹, 大槻 美佳, 藤重 正人 臨床神経心理 27 51 -55 2016年12月 
    仮名書字において、濁点の誤り(付加や脱落)を認めた症例を報告した。症例は60歳代、右利きの男性。診断名は脳出血。頭部MRI(FLAIR)画像にて、右中・下前頭回皮質下、被殻、島に高信号域を認めた。失語症は認めず、漢字と仮名の失書を認めた。仮名の書字において文字の置換に比して濁点の誤りを多く認めたため、仮名の濁点の処理について検討した。本例は、書字のみではなく、濁点の有無のみを判断する課題においても低下を認め、濁点の処理の障害であると考えられた。このことから、仮名の書字過程には、従来の仮名書字のプロセス(モーラ分解、音韻抽出、音と文字の対応)に加え、濁点の処理過程が存在すると考えた。(著者抄録)
  • 原発性進行性発語失行(ppAOS)の症候と経過
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 輿水 修一, 緒方 昭彦, 水戸 泰紀, 濱田 晋輔, 浦 茂久, 吉田 一人, 矢部 一郎, 佐々木 秀直 臨床神経学 56 (Suppl.) S314 -S314 2016年12月
  • 大槻 美佳 理学療法ジャーナル 50 (10) 969 -978 2016年10月 [査読有り]
  • 大槻 美佳 神経治療学 33 (5) S165 -S165 2016年10月
  • 「ゆっくり」が適切か?「速く」が適切か? 語音弁別障害と聴覚言語性STM障害の合併例に対する適切な聴覚呈示条件の検討
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 40回 75 -75 2016年08月
  • 倒立・反転の視覚的判断障害
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 田島 康敬 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 40回 90 -90 2016年08月
  • 前駆期レビー小体型認知症(DLB)と考えた高齢者2症例
    輿水 修一, 大槻 美佳, 緒方 昭彦 臨床神経学 56 (6) 449 -449 2016年06月
  • 脳深部刺激療法(DBS)の刺激周波数変更によって歩行障害が改善したパーキンソン病(PD)の1例
    上床 尚, 長井 梓, 小渡 貴司, 白井 慎一, 松島 理明, 中野 史人, 廣谷 真, 加納 崇裕, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 笹森 徹, 関 俊隆, 矢部 一郎, 寶金 清博, 佐々木 秀直 臨床神経学 56 (6) 450 -450 2016年06月
  • トリガーポイントを有する驚愕反射様ミオクローヌスに対してピラセタムが著効した脳梗塞の1例
    金藤 公人, 幸原 伸夫, 大槻 美佳, 井出 渉 臨床神経学 56 (6) 451 -451 2016年06月
  • 言語が介するリアルとバーチャル 言語の神経心理学
    大槻 美佳 神経心理学 32 (2) 104 -119 2016年06月
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 36 (2) 244 -254 2016年06月 

      前頭葉損傷患者における言語理解障害について, 「単語指示課題 (単語を提示され, それに該当する対象を選択肢から選んで指差す課題) 」, 「文命令課題 (文レベルの命令文を提示され, その通りに動作する課題) 」, 「構文検査」を用いて検討した。その結果, 前頭葉損傷患者における「単語指示課題」の低下は, 左中前頭回損傷と関係が深いこと, そして, その機序として, 語義の理解障害というよりも, 課題形式 (提示された単語に該当する対象を選択肢から選んで指差すという形式) に関係の深い障害である可能性が示唆された。また, 「文命令課題」の低下は, ブローカ野後部と関係が深いこと, そして, その機序として, 想定されている視点と異なる文のパターンに対しての, 対応の問題に由来する可能性が示唆された。

  • Dejerine型純粋失読における数字の読みに関する検討 指折りの方略が数字の読みの"何を"改善させるのか
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 三浦 祐一, 杉原 俊一 高次脳機能研究 36 (1) 66 -66 2016年03月
  • 大槻 美佳 看護技術 62 8 -16 2016年 [査読無し]
  • 脳深部刺激療法前後での心理学的評価項目の変化について
    加納 崇裕, 松島 理明, 矢部 一郎, 北川 まゆみ, 佐々木 秀直, 大槻 美佳, 濱内 祝嗣, 笹森 徹, 関 俊隆, 寶金 清博, 井上 猛 臨床神経学 55 (12) 945 -945 2015年12月
  • 「数」の処理と「語彙」の処理
    井川 大樹, 大槻 美佳, 馬場 雄大 臨床神経心理 26 11 -11 2015年12月
  • 原発性進行性失語
    大槻 美佳 臨床神経学 55 (Suppl.) S163 -S163 2015年12月
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 35 (3) 297 -303 2015年09月 
    進行性非流暢性失語(PNFA/nfvPPA)24例を対象に、神経学的所見、神経心理学的所見、画像所見、および経過を検討した。その結果、少なくとも3群に分類された。(1)前頭葉性失語型(古典的失語症分類ではブローカ失語、超皮質性運動失語に該当する言語症状を呈する群)、(2)前部弁蓋部症候群型、(3)純粋失構音型である。(1)は発症3〜5年以内に、bvFTDと同様の精神症状や行動異常を呈した。(2)は発症早期に流涎や口部顔面失行を呈し、1〜3年以内に嚥下障害を呈した。(3)は失構音のみ進行する場合、失調症状を伴う場合、発症から2〜5年以内に、パーキンソニズムや中心回症状を呈し、CBSと診断されるに至った場合など、いくつかの亜型分類がさらに可能であった。これらの群は、画像診断で明らかな所見が得られない時期でも、初診時の症候学的検討で、分類することが可能であると考えられた。(著者抄録)
  • 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 杉原 俊一 言語聴覚研究 12 (3) 241 -242 2015年09月
  • PES症候群を呈しMAPT遺伝子異常を認めたFTDP-17の1例
    浦 茂久, 長沼 亮滋, 黒島 研美, 吉田 一人, 大槻 美佳, 池田 将樹, 矢部 一郎, 佐々木 秀直 Dementia Japan 29 (3) 402 -402 2015年09月
  • 言語の神経心理学
    大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 65 -65 2015年08月
  • 失構音を伴ったLPA亜型例の1年経過
    佐藤 玲子, 竹内 茂伸, 井後 雅之, 大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 123 -123 2015年08月
  • 語音弁別障害を呈したlogopenic progressive aphasiaの一例
    畠山 公大, 大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 123 -123 2015年08月
  • 右半球損傷にて相貌失認と腹側型同時失認を呈した一例
    川崎 未来, 黒川 清博, 池内 英里菜, 竹内 茂伸, 大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 130 -130 2015年08月
  • 視覚性注意障害は単一対象の視覚性処理に影響を及ぼすのか
    三浦 祐一, 高倉 祐樹, 大槻 美佳, 杉原 俊一 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 130 -130 2015年08月
  • 左前頭葉内側の病巣にて、状況によって変化する対象の投下障害
    竹谷 一輝, 大槻 美佳, 大門 正太郎, 今村 博幸 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 137 -137 2015年08月
  • Luriaの系列動作における問題点と解決法の提案
    難波 志奈, 宮崎 美穂, 鈴木 康壱, 小野 智美, 浦 茂久, 吉田 一人, 大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 142 -142 2015年08月
  • PES症候群を呈したFTDP-17の1例
    浦 茂久, 長沼 亮滋, 黒島 研美, 吉田 一人, 池田 将樹, 大槻 美佳, 矢部 一郎, 佐々木 秀直 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 144 -144 2015年08月
  • 仮名文字における濁点の特異的障害
    井川 大樹, 大槻 美佳, 藤重 正人 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 168 -168 2015年08月
  • 電子機器操作における文字処理のメカニズムとその障害の発現機序
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 169 -169 2015年08月
  • 両側前頭葉血流低下による自動的な書字行動
    黒川 翔, 大門 正太郎, 大槻 美佳, 山本 奈緒子, 新保 大輔 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 169 -169 2015年08月
  • 低酸素脳症発症後吃音が消失した一例
    阿久津 由紀子, 大槻 美佳, 平山 和美 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 176 -176 2015年08月
  • 再帰性発話をきっかけに文の構成を取る発話の分析 発話症状の変化に着目した障害機序の検討
    山田 晃司, 大槻 美佳, 幅寺 慎也, 佐々木 絵梨, 櫻木 均 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 177 -177 2015年08月
  • 情動と記憶が失語症者の発語機能に与える影響 いわゆる「意図性と自動性の解離」と称されてきた現象からの視点
    黒川 清博, 大槻 美佳, 川崎 未来, 池内 英里菜, 竹内 茂伸 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 178 -178 2015年08月
  • 語義失語の症状と経過
    小野 大輔, 金藤 公人, 大槻 美佳, 日野 美貴, 齊藤 匠真 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 186 -186 2015年08月
  • 失構音における音の連結不良に対するモーラ指折り法の効果の検討
    一条 晋伍, 山地 純也, 志田 大輔, 伏見 美香, 浅野 稚佳子, 新谷 葵, 福田 亜里沙, 籔 貴代美, 大門 正太郎, 大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 189 -189 2015年08月
  • 言語リズムの崩れに注目した失構音改善訓練プログラムの検討
    高田 美樹, 大槻 美佳, 森脇 拓也, 阿部 沙綾, 風間 あり彩 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 190 -190 2015年08月
  • 小児期の脳腫瘍手術・放射線化学療法後の認知機能への影響 言語機能低下が残存した1例より
    辻澤 陽平, 生駒 一憲, 大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 39回 190 -190 2015年08月
  • 日本語とポルトガル語で語義失語を認めた日系ブラジル人の71歳男性例
    坪口 晋太朗, 徳武 孝允, 関根 有美, 大槻 美佳, 下畑 享良, 西澤 正豊 臨床神経学 55 (8) 608 -608 2015年08月
  • 側頭葉損傷による神経心理学的症候
    大槻 美佳 神経心理学 31 (2) 126 -135 2015年06月
  • 記号素性錯語の発現機序についての検討 誤反応の質とその変遷に着目して
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一, 山本 裕美子, 岩井 哲也, 一条 晋伍, 佐野 巴瑠奈, 武市 亜理沙, 高清水 柚花 高次脳機能研究 35 (1) 24 -24 2015年03月
  • 失語症の言語機能に影響を及ぼす非言語性背景の検討
    黒川 清博, 大槻 美佳, 川崎 未来, 池内 英里菜, 久保 潤一郎, 竹内 茂伸, 河井 信行 高次脳機能研究 35 (1) 74 -74 2015年03月
  • 失構音を伴ったLPAの1例
    佐藤 玲子, 竹内 茂伸, 井後 雅之, 大槻 美佳 高次脳機能研究 35 (1) 87 -87 2015年03月
  • 「数」と「語」で異なる誤り方を呈した1例
    井川 大樹, 大槻 美佳 高次脳機能研究 35 (1) 87 -88 2015年03月
  • 細川 幸太郎, 竹谷 一輝, 大門 正太郎, 吉野 雅美, 大槻 美佳 高次脳機能研究 35 (1) 99 -100 2015年03月
  • モーラ指折り法が発話過程に及ぼす効果についての検討 失語症タイプによる差異に着目して
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一, 山本 裕美子, 岩井 哲也, 一条 晋伍, 佐野 巴瑠奈, 武市 亜理沙 臨床神経心理 25 15 -15 2014年12月
  • 左頭頂葉損傷における言語症候
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 吉野 雅美, 緒方 昭彦, 田島 康敬 臨床神経学 54 (Suppl.) S21 -S21 2014年12月
  • アルツハイマー病における血清中の内因性monoamine oxidase阻害物質濃度の解析
    緒方 昭彦, 浜上 尚也, 大槻 美佳, 輿水 修一, 森脇 拓也, 吉野 雅美, 加藤 正仁, 青樹 毅, 今村 博幸, 小柳 泉, 會田 敏光 臨床神経学 54 (Suppl.) S231 -S231 2014年12月
  • PES症候群を呈したFTDP-17の1例
    浦 茂久, 倉内 麗徳, 河端 聡, 黒島 研美, 吉田 一人, 大槻 美佳, 高井 恵理子, 池田 佳生, 池田 将樹 臨床神経学 54 (10) 838 -838 2014年10月
  • 大槻 美佳 言語聴覚研究 11 (3) 155 -165 2014年09月 [査読有り]
     
    言語障害へアプローチする視点として,脳の側からの視点すなわち損傷部位(脳の前方-後方,内側-外側)の視点,また障害メカニズムへの視点すなわち「その誤りがどこから生じているのか」という視点,そして言語運用の視点すなわちその言語の「意味カテゴリ」あるいは言語運用にあたっての「入力や出力のモダリティ」など,様々な視点でみることの重要性を述べた.(著者抄録)
  • 側頭葉損傷による神経心理学的症候
    大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 38回 85 -85 2014年08月
  • 【多発性硬化症の認知機能障害】多発性硬化症の認知機能障害の特徴
    大槻 美佳 神経内科 80 (5) 562 -568 2014年05月
  • 構音障害と上位運動ニューロン徴候で発症し、後に特異な失語を呈した81歳の女性例
    宇津見 宏太, 春日 健作, 眞島 卓弥, 大槻 美佳, 下畑 享良, 西澤 正豊 臨床神経学 54 (5) 449 -449 2014年05月
  • 島(insula)をめぐる神経心理学 言語機能における島の役割
    大槻 美佳 神経心理学 30 (1) 30 -40 2014年03月
  • LPA(logopenic/phonological variant of PPA)の症候と経過
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 緒方 昭彦, 牧野 邦比古, 福島 隆男, 桑原 武夫 高次脳機能研究 34 (1) 55 -56 2014年03月
  • 著しい書字活動の亢進を認めた一例
    齋藤 貴美子, 大槻 美佳, 阿久津 由紀子, 加藤 俊一, 小林 俊輔 高次脳機能研究 34 (1) 63 -64 2014年03月
  • 漢字書字に対する短期訓練効果 書取と写字で違いはあるのか
    井川 大樹, 大槻 美佳 高次脳機能研究 34 (1) 64 -64 2014年03月
  • カテゴリー特異的意味障害患者の障害機序
    大澤 恵留美, 堤 昌恵, 岡崎 聡子, 生駒 一憲, 大槻 美佳 高次脳機能研究 34 (1) 65 -65 2014年03月
  • Functional MRIによる言語優位半球の同定 Wadaテストとの比較
    黒川 清博, 大槻 美佳, 川崎 未来, 池内 英里菜, 竹内 茂伸, 河井 信行 高次脳機能研究 34 (1) 78 -79 2014年03月
  • 左被殻出血にて一過性の口唇破裂音化と持続する失構音を呈した1例
    須藤 涼子, 難波 志奈, 佐々木 美穂, 鈴木 康壱, 坂田 里麻, 竹林 誠治, 大槻 美佳 高次脳機能研究 34 (1) 123 -124 2014年03月
  • 失語症タイプの相違によるモーラ指折り法の効果の差異について
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 杉原 俊一, 山本 裕美子, 岩井 哲也, 一条 晋伍, 佐野 巴瑠奈, 武市 亜理沙 高次脳機能研究 34 (1) 125 -125 2014年03月
  • 阿久津 由紀子, 大槻 美佳, 斎藤 貴美子, 青山 雅彦, 小林 俊輔 高次脳機能研究 34 (1) 128 -129 2014年03月
  • 単純ヘルペス脳炎治療後長期経過した2症例の高次脳機能検査
    伊藤 さやか, 佐藤 和則, 廣谷 真, 加納 崇裕, 矢部 一郎, 大槻 美佳, 佐々木 秀直 臨床神経学 54 (1) 87 -87 2014年01月
  • 「道具の使用対象(部位)想起障害」とその誤り方
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 吉野 雅美 神経心理学 29 (4) 295 -295 2013年12月
  • 言語性と動作性の解離を考慮した新しい片麻痺病態失認評価スケールの提案
    村川 孝彰, 阿部 正之, 永井 義樹, 鴻上 雄一, 小島 孝郎, 杉原 俊一, 大槻 美佳, 平山 和美, 境 信哉 神経心理学 29 (4) 306 -306 2013年12月
  • 「電気シェーバーにケータイ機能がついている」という誤認の成立機序について
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 竹田 里光, 楠目 剛久, 田中 純子, 杉村 敏秀 臨床神経心理 24 61 -61 2013年12月
  • 原発性進行性失語 頭頂葉型(LPA)と側頭葉型の症候・画像所見・経過
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 緒方 昭彦, 古明地 克英, 牧野 邦比古, 福島 隆男, 桑原 武夫 臨床神経学 53 (12) 1427 -1427 2013年12月
  • 田中 良典, 山ノ井 髙洋, 大槻 美佳 ファジィシステムシンポジウム講演論文集 29 175 -178 2013年09月09日
  • 阿久津 由紀子, 星 明日香, 小林 俊輔, 大槻 美佳 言語聴覚研究 10 (3) 228 -228 2013年09月
  • 一条 晋伍, 杉原 俊一, 大槻 美佳 言語聴覚研究 10 (3) 240 -240 2013年09月
  • 島(insula)をめぐる神経心理学 言語機能における島の役割
    大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 37回 51 -51 2013年08月
  • 「道具の使用対象(部位)想起障害」とその誤り方
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 吉野 雅美 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 37回 103 -103 2013年08月
  • 言語性と動作性の解離を考慮した新しい片麻痺病態失認評価スケールの提案
    村川 孝彰, 阿部 正之, 永井 義樹, 鴻上 雄一, 小島 孝郎, 杉原 俊一, 大槻 美佳, 平山 和美, 境 信哉 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 37回 132 -132 2013年08月
  • 山ノ井 高洋, 田中 良典, 豊島 恒, 山崎 敏正, 大槻 美佳 電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス) 113 (147) 23 -26 2013年07月19日 
    本研究では,提示されたさまざまな線画を認知する際の被験者のEEGsを計測し,このEEGsに正準判別分析を試み,どの線画を認知したかの判別を行った.著者らが従来から着目してきたEEGs国際10-20法による2(Fp2),4(F4),6(C4),12(F8)チャネルのEEGs出力に対し,矢印(上,下,左,右)黙読時のEEGs判別に関して試みてきた正準判別分析法を適用した.潜時400ミリ秒から900ミリ秒までのEEGsを25ミリ秒間隔でサンプリングし,4チャネル分をならべ,84変量のベクトル空間の多変量データとした.さらに399ミリ秒から899ミリ秒までを同様の間隔でサンプリング,さらに388ミリ秒から898ミリ秒までを同様にサンプリングし,データ数を3倍とした.このデータに対し,多変量統計的データ解析の一手法である正準判別分析を試みたところ判別率はすべて95%以上であった.
  • 高次脳機能障害の局在診断
    大槻 美佳 臨床神経学 53 (6) 484 -484 2013年06月
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 33 (2) 195 -204 2013年06月 
       文の産生と理解に必要な機能と神経基盤について検討した。23 名の限局する脳損傷患者を対象として, 種々の文産生課題および文理解課題を施行し, その誤り内容を分析した。その結果, 文の産生には, 文をどう構成するかの'視点'を選択・決定する能力と, 最初に計画した文構成を維持する'一貫性'が必要であることが推測され, '視点'の決定には前頭葉が, '一貫性'の維持には頭頂葉が関与していることが示唆された。文の理解には, 予想される一般的な語順等と異なった文に対応する'視点'を柔軟に変更する能力と, 提示される文を最後まで聴いた上で処理するという'一貫性'が必要であることが示唆され, '視点'変更には前頭葉が, '一貫性'維持には頭頂葉が関与していることが示唆された。
  • 右被殻出血後、タイプライティングにおけるローマ字の処理に障害を呈した症例
    村田 翔太郎, 山田 理沙, 佐藤 卓也, 今村 徹, 大槻 美佳, 佐藤 厚 高次脳機能研究 33 (1) 74 -74 2013年03月
  • 何が「電気髭そりにケータイ機能がついている」という確信を生じさせるのか
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 竹田 里光, 楠目 剛久, 田中 純子, 杉村 敏秀 高次脳機能研究 33 (1) 79 -79 2013年03月
  • 眼瞼下垂、眼球運動障害を伴った進行性偽性球麻痺の1例
    佐々木 美穂, 浦 茂久, 難波 志奈, 吉田 一人, 大槻 美佳 高次脳機能研究 33 (1) 98 -98 2013年03月
  • 手塚 敏之, 下畑 享良, 石原 智彦, 大槻 美佳, 小田野 行男, 西澤 正豊 臨床神経学 53 (2) 114 -118 2013年02月 
    症例は50歳女性である。47歳時より冷蔵庫を開けようとして閉めてしまったり、道路の交差点で意図した方向とは別の方向に向かってしまったり、頭で考えていることと違うことをおこなってしまうという症状が徐々にみられるようになった。これらの行為はconflict of intentions(COI)に相当するものと考えられた。頭部MRIでは脳梁のびまん性萎縮とT2強調画像における膝部から体部、膨大部を主体とする高信号病変をみとめた。原因疾患としては、緩徐進行性の経過とびまん性で均質な脳梁病変から、何らかの白質ジストロフィーが考えられた。COIの鑑別診断として白質ジストロフィーも検討すべきと考えられた。(著者抄録)
  • 山ノ井 髙洋, 田中 良典, 豊島 恒, 大槻 美佳, YAMANOI Takahiro, TANAKA Yoshinori, TOYOSHIMA Hisashi, OTSUKI Mika 工学研究 : 北海学園大学大学院工学研究科紀要 (13) 41 -46 2013年
  • 大槻 美佳 日本認知言語学会論文集 Papers from the National Conference of the Japanese Cognitive Linguistics Association 13 593 -595 2013年
  • 遊佐 綾子, 阿久津 由紀子, 大槻 美佳 竹田綜合病院医学雑誌 38 29 -34 2012年12月 
    症例は61歳、女性、右利き、中学卒。2年前より後天性全盲、両側中等度感音難聴があり数年前より補聴器装用していたが日常生活活動(ADL)は自立していた。心臓の手術後二度の脳梗塞を発症し、病巣は右側頭葉〜頭頂葉〜後頭葉の一部、及び左上側頭回、島回、縁上回で超皮質性感覚失語であった。症例に対し約2.5ヵ月間、言語聴覚療法を行った。視聴覚機能及び言語機能について評価を行い、残存している聴覚・触覚や書字などを活用したコミュニケーション支援を試みた。本例は三重の重複障害であり、評価・介入に難渋したが、失語症状の改善が順調だったこと、残存聴力や部分的な文字の活用が可能だったこと、病識なく心理的落ち込みが無かったことが介入の手がかりとなった。このような重複障害を持つ高齢者が増加することが予想されるが、残存能力を最大限に活用するための丁寧な評価と、社会的援助も含めた個別的アプローチを検討することが重要と考えられた。(著者抄録)
  • 脳弓損傷による記銘力障害
    大槻 美佳, 加藤 正仁, 澤村 豊, 緒方 昭彦, 會田 敏光, 中川 賀嗣 神経心理学 28 (4) 303 -303 2012年12月
  • 皮質下性失語症に伴う"構音の不明瞭さ"をどう捉えるべきか 復唱・音読で構音が明瞭化する現象に着目して
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 藤由 奈生子, 佐藤 奈未, 大澤 朋史 臨床神経心理 23 15 -15 2012年12月
  • 筋萎縮性側索硬化症および進行性核上性麻痺における注意機能についての検討
    伊藤 さやか, 佐々木 秀直, 矢部 一郎, 秋本 幸子, 大槻 美佳 臨床神経学 52 (12) 1444 -1444 2012年12月
  • 左半球優位前頭側頭葉変性症(FTLD)の脳血流と神経心理学的所見
    金藤 公人, 井出 渉, 守谷 恭輔, 長久 奈緒子, 大槻 美佳 日本老年医学会雑誌 49 (6) 807 -808 2012年11月
  • 田中 良典, 山ノ井 髙洋, 大槻 美佳 ファジィシステムシンポジウム講演論文集 28 932 -935 2012年09月12日
  • 脳弓損傷による記銘力障害
    大槻 美佳, 加藤 正仁, 澤村 豊, 緒方 昭彦, 會田 敏光, 中川 賀嗣 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 36回 163 -163 2012年08月
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 32 (2) 194 -203 2012年06月30日 
    前頭葉および基底核に関連する高次脳機能障害を概説した。前頭葉損傷による障害には様々なものがあるが, 症候が明確に定義され, かつ責任病巣が明らかで, 局在徴候として確立しているものを取り上げた。中心回領域損傷では拙劣症, 失構音など運動や発語の要素的なレベルでの実現に関与する障害が出現し, 背外側領域損傷では作動記憶の中央実行系の障害やセット変換の障害など動作・行為の遂行に大きく関与する障害の他, 書字障害, 失タイプ, 喚語困難, 前部弁蓋部症候群など多彩な症状が出現し, 内側領域損傷では把握反射・本能性把握反応・行為の解放現象, 動作の駆動に関する障害が出現する。基底核に関連する障害としては, パーキンソン病患者を対象に取り上げ, 特にセット変換を評価する課題における問題, 中央実行系の問題と視空間認知の問題を検討した。その結果, 基底核損傷では, セットや動作・行為が変換された後に, それを維持することに障害が出現すること, また, 中央実行系に負荷がかかる条件下で, 視空間認知が大きく低下することが明らかになった。
  • 認知神経心理学は失語症臨床にいかなる変化をもたらしたか 言語の神経基盤とネットワーク
    大槻 美佳 神経心理学 28 (2) 145 -150 2012年06月
  • 大槻 美佳 老年精神医学雑誌 23 (増刊II) 86 -86 2012年06月
  • 失書を主訴とした脳梗塞の1例
    窪田 瞬, 河野 通大, 高橋 育子, 佐藤 和則, 保前 英希, 大槻 美佳 臨床神経学 52 (3) 203 -203 2012年03月
  • 左前方領域損傷では単語の「何が」理解できなくなるのか? 選択対象を変化させた単語指示課題による検討
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 大澤 朋史 高次脳機能研究 32 (1) 59 -59 2012年03月
  • 若松 千裕, 大槻 美佳, 林 圭輔, 幅寺 慎也, 大橋 志奈 高次脳機能研究 32 (1) 80 -81 2012年03月
  • 大門 正太郎, 大槻 美佳, 高田 美樹, 石垣 美郷, 鐙谷 武雄, 中川 賀嗣 高次脳機能研究 32 (1) 96 -97 2012年03月
  • 山ノ井 髙洋, 豊島 恒, 大槻 美佳 北海学園大学工学部研究報告 (39) 113 -123 2012年02月
  • 高次脳機能障害の理解と診察 視床失語・線条体失語
    平山 和美, 大槻 美佳, 遠藤 佳子 Clinical Neuroscience 29 (12) 1336 -1337 2011年12月
  • 多彩な錯語を呈したウェルニッケ失語の1例 実在語への言い誤りの機序について
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 大澤 朋史 臨床神経心理 22 19 -19 2011年12月
  • ALSにおける11C-フルマゼニル(FMZ)-PET所見
    矢部 一郎, 秋本 幸子, 大槻 美佳, 志賀 哲, 玉木 長良, 佐々木 秀直 臨床神経学 51 (12) 1220 -1220 2011年12月
  • 進行性非流暢性失語 臨床症候による分類の試み
    大槻 美佳, 中川 賀詞, 緒方 昭彦, 保前 英希, 矢部 一郎, 西澤 正豊, 佐々木 秀直 臨床神経学 51 (12) 1406 -1406 2011年12月
  • 山ノ井 高洋, 豊島 恒, 大槻 美佳, 山崎 敏正 形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form 26 (2) 251 -252 2011年12月01日
  • 筋萎縮性側索硬化症における高次脳機能の検討 書字を中心として
    秋本 幸子, 濱田 晋輔, 大槻 美佳, 田村 至, 志賀 哲, 矢部 一郎, 佐々木 秀直 老年期認知症研究会誌 18 7 -10 2011年11月 
    筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者18例(男性9例、女性9例、平均65.4歳)を対象に高次脳機能と書字機能検査を行い、対照群16名(男性5名、女性11名、平均64.5歳)と比較した。全般性知能の指標にレーブン色彩マトリシス試験を行ったが両群間に有意差はなかった。患者群の初発部位は脳幹領域10例、頸髄領域6例、腰仙髄領域、複数領域各1例、罹病期間は平均19.4ヵ月、ALS機能スコアは平均34.7であった。対照群に比べ有意に得点が低かったのは順唱・逆唱、Western Aphasia Batteryの文理解、小学3年迄に使用する漢字書き取り、絵画配列、課題作文での総誤記率であり、絵画配列はウェクスラー成人知能検査で3点満点中1.75点(対照群2.88点)、課題作文では文レベル、文字レベルの誤りがあり、特に主語のない文と脱字が多かった。フルマゼニルPETでは、誤記率の高い患者で前部帯状回に有意なベンゾジアゼピン受容体結合能の低下が認められた。
  • 大槻 美佳 老年精神医学雑誌 22 (11) 1255 -1261 2011年11月 
    認知症性疾患における失語症、すなわち原発性進行性失語の位置づけを概説し、現在提唱されている臨床の3タイプ(非流暢/失文法型、意味型、ロゴペニック型)を紹介した。また、言語症状を診る基本として、発語の問題(失構音、失文法的発話、発語減少・流れの不良)、音韻性錯語、喚語困難、単語理解障害、言語性短期記憶障害を取り上げ、その症候、ポイント、責任病巣をまとめた。また、認知症における言語症状を診るうえでの留意点、実際の手順を説明した。(著者抄録)
  • 中平 麻美子, 山ノ井 髙洋, 大槻 美佳 ファジィシステムシンポジウム講演論文集 27 295 -298 2011年09月12日
  • 臨床経過と画像、髄液IL-6値に解離を認めた慢性進行型神経ベーチェット病の69歳男性例
    北澤 侑恵, 福島 隆男, 牧野 邦比古, 桑原 武夫, 大槻 美佳 臨床神経学 51 (8) 631 -631 2011年08月
  • 認知神経心理学は失語症臨床にいかなる変化をもたらしたか 言語の神経基盤と神経ネットワーク
    大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 35回 58 -58 2011年08月
  • 【神経系の左右差-Broca150年】臨床から見た神経機能の左右差 前頭前野の障害と左右差
    大槻 美佳 Clinical Neuroscience 29 (6) 675 -677 2011年06月
  • 稲垣 侑士, 境 信哉, 伊藤 文人, 大槻 美佳, 浅野 友佳子, 平山 和美 高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research 31 (1) 8 -18 2011年03月31日 
    低酸素脳症後に知覚型視覚性失認と意味記憶障害を呈した患者にリハビリテーションを行った。1) 視覚弁別探索訓練,2) 彩色画マッチング訓練,3) 物品の視覚特徴を列挙した後同定を行う「誤りなし学習」訓練を順次施行した。訓練後,視覚弁別探索は速く秩序だったものになり,フォローアップまで維持された。彩色画のマッチングは改善し,別の彩色画にも般化,フォローアップまで維持された。訓練に用いた物品の同定は向上し,一部はフォローアップまで維持された。一方,訓練に用いなかった物品の視覚同定は改善せず,般化はみられなかった。しかし,訓練後の実生活で特徴列挙後の同定が習慣となり,十分な繰り返しの後には,個々の物品の同定は向上する様子がみられた。以上,生活に重要な物品を選んで行うならば,その物品に限っては訓練の有効性があることが示唆された。
  • 種村 純, 大槻 美佳, 河村 満, 熊倉 勇美, 小林 祥泰, 七條 文雄, 渋谷 直樹, 田川 皓一, 立石 雅子, 田丸 冬彦, 能登谷 晶子, 長谷川 賢一, 浜田 博文, 平田 温, 深津 玲子, 藤田 郁代, 前島 伸一郎, 三宅 裕子 高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research 31 (1) 19 -31 2011年03月31日
  • 種村 純, 大槻 美佳, 河村 満, 熊倉 勇美, 小林 祥泰, 七條 文雄, 渋谷 直樹, 田川 皓一, 立石 雅子, 田丸 冬彦, 能登谷 晶子, 長谷川 賢一, 浜田 博文, 平田 温, 深津 玲子, 藤田 郁代, 前島 伸一郎, 三宅 裕子, 高次脳機能障害全国実態調査委員会 高次脳機能研究 31 (1) 19 -31 2011年03月 
    わが国における高次脳機能障害者に対する診療の広がりについて調査した。第1次調査は、高次脳機能障害者の有無、サービス内容などの基本的な情報を多くの施設から得ることとした。9割を超える施設に高次脳機能障害者がおり、認知症、失語症、半側空間無視などが多かった。失語症に対する言語訓練は過半数の施設で行われていたが、神経心理学的評価および認知リハビリテーションを行っている施設は半数に満たなかった。第2次調査は、各種の高次脳機能障害の種類別に施設の組織・規模、症例数、サービス内容、職種、言語・認知リハビリテーション、社会福祉制度の利用および社会復帰について調査した。失語症がもっとも多く、認知症、記憶障害などが続いた。失語症の言語治療とともに失語症以外の高次脳機能障害に対する認知リハビリテーションは広く行われていたが、就労支援、心理療法は十分普及していなかった。就労率は全般に不良であった。
  • 稲垣 侑士, 境 信哉, 伊藤 文人, 大槻 美佳, 浅野 友佳子, 平山 和美 高次脳機能研究 31 (1) 8 -18 2011年03月 
    低酸素脳症後に知覚型視覚性失認と意味記憶障害を呈した患者にリハビリテーションを行った。1)視覚弁別探索訓練、2)彩色画マッチング訓練、3)物品の視覚特徴を列挙した後同定を行う「誤りなし学習」訓練を順次施行した。訓練後、視覚弁別探索は速く秩序だったものになり、フォローアップまで維持された。彩色画のマッチングは改善し、別の彩色画にも般化、フォローアップまで維持された。訓練に用いた物品の同定は向上し、一部はフォローアップまで維持された。一方、訓練に用いなかった物品の視覚同定は改善せず、般化はみられなかった。しかし、訓練後の実生活で特徴列挙後の同定が習慣となり、十分な繰り返しの後には、個々の物品の同定は向上する様子がみられた。以上、生活に重要な物品を選んで行うならば、その物品に限っては訓練の有効性があることが示唆された。(著者抄録)
  • 意味記憶障害を呈したクモ膜下出血の一症例
    須藤 涼子, 大槻 美佳, 竹林 誠治, 大橋 志奈, 佐々木 美穂 高次脳機能研究 31 (1) 42 -42 2011年03月
  • 呼称・音読のみに音韻性錯語を認めた1例
    井川 大樹, 大槻 美佳, 林 圭輔 高次脳機能研究 31 (1) 46 -46 2011年03月
  • 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 今村 博幸, 緒方 昭彦 高次脳機能研究 31 (1) 49 -50 2011年03月
  • 重度のRetrosplenial amnesiaを呈した一例
    阿久津 由紀子, 塚本 佳広, 大槻 美佳 高次脳機能研究 31 (1) 85 -85 2011年03月
  • 田村 至, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 西澤 典子, 田代 邦雄 高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research 30 (4) 523 -532 2010年12月31日
  • 大槻 美佳 神経心理学 26 (4) 272 -282 2010年12月25日
  • 言語性短期記憶障害を呈した一例 把持過程におけるストラテジーの考察
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 坪井 俊之 臨床神経心理 21 43 -43 2010年12月
  • 脳血流SPECTで血流低下を認めた筋萎縮性側索硬化症4例の高次脳機能の検討
    浦 茂久, 大原 宰, 黒島 研美, 大槻 美佳, 吉田 一人 臨床神経学 50 (12) 1128 -1128 2010年12月
  • 筋萎縮性側索硬化症における書字障害の検討
    秋本 幸子, 濱田 晋輔, 大槻 美佳, 田村 至, 矢部 一郎, 濱田 毅, 佐々木 秀直 臨床神経学 50 (12) 1163 -1163 2010年12月
  • 進行性非流暢性失語 臨床症候と予後、病理所見
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 緒方 昭彦, 保前 英希, 高橋 育子, 矢部 一郎, 西澤 正豊, 佐々木 秀直, 吉田 秀明, 飛岡 弘敏, 森 文秋, 若林 孝一 臨床神経学 50 (12) 1225 -1225 2010年12月
  • 田村 至, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 西澤 典子, 田代 邦雄 高次脳機能研究 30 (4) 523 -532 2010年12月 
    ピック病が疑われる病初期の語義失語症例におけるカテゴリー特異的意味障害について検討した。症例は 63 歳右利き女性,喚語困難で発症し,呼称および聴理解障害の進行を呈した。失語症語彙検査の意味カテゴリー別名詞検査を用いて検討し,聴理解では,初回はすべてのカテゴリーで差がなく障害は軽度であった。16 ヵ月後には,「身体部位」「色」「屋内部位」「建造物」は比較的良好であったが,「野菜・果物」「植物」「動物」「道具」「乗り物」「加工食品」に低下がみられた。生物カテゴリーでは,すべてのカテゴリーにおける障害がみられたが,非生物カテゴリーにおいては,カテゴリーによる乖離がみられた。本症例のカテゴリー特異的意味障害より,意味処理系は生物と非生物カテゴリーに二分されていない可能性,さらに各カテゴリーの意味処理機構と左側頭葉前部との関連性が示唆された。
  • 【大脳機能局在はここまで分かった】その他 失語のパターン
    大槻 美佳 Clinical Neuroscience 28 (10) 1172 -1176 2010年10月
  • 単語復唱で実在語への誤りが頻出した一例
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 34回 112 -112 2010年08月
  • 伝導失語ではなぜ文理解が低下するか
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 高田 美樹, 緒方 昭彦, 吉野 雅美, 加藤 正仁, 鐙谷 武雄, 青樹 毅 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 34回 112 -112 2010年08月
  • 左上中側頭回後部・縁上回・角回の損傷により非定型ウェルニッケ失語または非定型伝導失語を呈した一症例
    大橋 志奈, 大槻 美佳, 佐々木 智章, 池田 律子, 須藤 涼子 高次脳機能研究 30 (1) 102 -102 2010年03月
  • 1音節から重篤な復唱障害を呈した1例
    若松 千裕, 大槻 美佳, 林 圭輔 高次脳機能研究 30 (1) 102 -103 2010年03月
  • 数字の系列的音韻処理が障害された伝導失語の一例
    栗崎 由貴子, 小島 真奈美, 大平 芳則, 大槻 美佳 高次脳機能研究 30 (1) 107 -107 2010年03月
  • 非右利き右半球損傷で言語性短期記憶(STM)障害を呈した一例
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 大澤 朋史 高次脳機能研究 30 (1) 107 -108 2010年03月
  • 純粋語唖に伴う読み書き障害
    大門 正太郎, 大槻 美佳 高次脳機能研究 30 (1) 109 -109 2010年03月
  • 低酸素脳症による高次脳機能障害の検討
    長久 奈緒子, 金藤 公人, 守谷 恭輔, 大槻 美佳 高次脳機能研究 30 (1) 111 -111 2010年03月
  • 知覚型視覚性失認の一例における視機能の検討
    伊藤 文人, 平山 和美, 境 信哉, 稲垣 侑士, 大槻 美佳, 森 悦朗 高次脳機能研究 30 (1) 112 -112 2010年03月
  • 知覚型視覚性失認一例に対する誤りなき学習課題の効果について
    稲垣 侑士, 伊藤 文人, 浅野 友佳子, 境 信哉, 大槻 美佳, 平山 和美 高次脳機能研究 30 (1) 112 -112 2010年03月
  • 左中心前回前壁に限局した病変により失書を伴う純粋語唖を呈した一症例
    須藤 涼子, 大槻 美佳, 佐々木 智章, 黒島 研美, 大橋 志奈 高次脳機能研究 30 (1) 114 -114 2010年03月
  • 前頭側頭葉変性症における音楽療法の可能性 ピアノ演奏と歌唱を用いた情緒保持の一症例
    安藤 妙子, 大槻 美佳 高次脳機能研究 30 (1) 135 -135 2010年03月
  • パーキンソン病患者におけるPosition Stroop Testの検討
    工藤 絵梨果, 大槻 美佳, 田村 至, 森若 文雄 高次脳機能研究 30 (1) 153 -153 2010年03月
  • 低酸素脳症による記憶障害患者に対するアプローチについての検討
    竹林 浩美, 大槻 美佳, 藤田 隆博 高次脳機能研究 30 (1) 172 -172 2010年03月
  • 新たな失行型? 到達・把持動作の選択的障害
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 館澤 吉晴, 吉田 秀明 高次脳機能研究 30 (1) 176 -176 2010年03月
  • 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 高田 美樹, 田島 康敬, 須藤 和昌, 吉野 雅美, 加藤 正仁, 緒方 昭彦 高次脳機能研究 30 (1) 190 -191 2010年03月
  • 病初期の語義失語症例の経時的検討
    田村 至, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 西澤 典子 高次脳機能研究 30 (1) 200 -200 2010年03月
  • 中前頭回の機能 両側中前頭回損傷患者の症状とその経過から
    山田 健太郎, 大槻 美佳, 奥村 伸子, 清水 美和子, 松川 則之, 小鹿 幸生 高次脳機能研究 30 (1) 202 -202 2010年03月
  • 松と竹に助けられる「梅」 漢字単語の音読、復唱において特異なストラテジーを使用する伝導失語の一症例
    小松 かおる, 大槻 美佳, 小松 雅彦, 小橋 透, 澤田 三津子, 諌山 幸弘 高次脳機能研究 30 (1) 206 -206 2010年03月
  • 大槻 美佳, 池田 学 高次脳機能研究 (旧 失語症研究) 30 (2) 251 -252 2010年
  • 大槻 美佳 神経心理学 : Japanese journal of neuropsychology 25 (4) 274 -280 2009年12月25日
  • 多発性硬化症患者のための神経心理学検査(BRB-N)日本語版作成と臨床応用
    大槻 美佳, 菊地 誠志, 中川 賀嗣, 渡邉 暁博, 新野 正明, 佐々木 秀直 臨床神経学 49 (12) 987 -987 2009年12月
  • 筋萎縮性側索硬化症の高次脳機能スクリーニング
    秋本 幸子, 濱田 晋輔, 大槻 美佳, 矢部 一郎, 田村 至, 濱田 毅, 佐々木 秀直 臨床神経学 49 (12) 1170 -1170 2009年12月
  • 聴覚失認(広義)におけるtop down機構の可能性
    大槻 美佳, 千田 栄二, 中川 賀嗣, 松本 昭久 神経心理学 25 (4) 308 -308 2009年12月
  • 齋藤 貴美子, 阿久津 由紀子, 古川 博子, 青木 洋, 大槻 美佳 竹田綜合病院医学雑誌 35 61 -66 2009年12月 
    一般的に復唱が良好である場合、言語性短期記憶(以下言語性STM)は保たれるとされている。今回、皮質下性失語の1例で復唱は保たれているにも関わらず、言語性STMが重度に低下した例を経験した。症例は74歳右利き女性。左被殻出血により中等度皮質下性失語を呈した。復唱は10単位の文レベルまで可能だが、数唱は2桁と解離が生じたことについて1)数概念の保存、2)復唱:素材による相違、3)復唱:意味の有無による影響の3つの視点から検討した。その結果、数に特異的な問題はなく、素材による復唱の相違も認めなかった。しかし、意味の有無による復唱は成績差を認め、無意味音節に比べ有意味単語の方が良好であった。よって、本例の数唱と復唱の成績差は用いる素材より意味の有無に影響を受けたと考えられた。以上から、言語性STMは低下していても意味のアシストを受けることで復唱能力を高めることが可能と考え、そこに本例の病巣である被殻の関与が示唆された。(著者抄録)
  • 【Martin L Albert:"Understanding Language"】Albert教授の講演を拝聴して
    大槻 美佳 神経心理学 25 (4) 274 -280 2009年12月
  • I. Yabe, T. Shiga, S. Akimoto, S. Hamada, M. Otsuki, Y. Kuge, N. Tamaki, H. Sasaki JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES 285 S183 -S183 2009年10月 [査読無し][通常論文]
  • 田村 至, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 森若 文雄, 田代 邦雄 神経心理学 25 (3) 228 -236 2009年09月25日 
    66歳女。右利きである。言語の異常を主訴に受診し、MRI検査で左大脳梗塞を認めた。梗塞巣は左下前頭回から中前頭回後部皮質および皮質下に存在した。言語所見と神経心理学的所見は、発話は流暢で復唱も良好であったが、単語レベルからの聴理解障害、喚語困難、語性錯誤、および一旦出現した語性錯誤の著明な遷延型保続を呈し、さらにワーキングメモリーや遂行機能の障害も認められた。本例にみられた「意味的・音韻的関連のない遷延型保続」は、前頭葉損傷による"構えの保続"に起因しており、賦活の残存と同時に目標意味野へのアクセスの障害が起きていたと推測された。また、本例にみられた保続症状から、喚語にかかわる前頭葉の役割が示唆された。
  • 聴覚失認(広義)におけるtop down機構の可能性
    大槻 美佳, 千田 英二, 中川 賀嗣, 松本 昭久 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 33回 87 -87 2009年08月
  • 加藤 正仁, 大槻 美佳, 吉野 雅美, 青樹 毅, 鐙谷 武雄, 今村 博幸, 緒方 昭彦, 会田 敏光 Neurological Surgery 37 (7) 693 -696 2009年07月 
    52歳女。14年前、左椎骨動脈後下小脳動脈分岐部の動脈瘤破裂によるクモ膜下出血で外科的治療を受けた。この時他に脳動脈瘤は認められなかったが、14年後、仕事中に突然激しい頭痛、嘔気が出現し救急搬送された。補足運動野失語を呈し、構音のひずみは認めなかったが発語に乏しく問いかけにも殆ど答えられなかった。しかし、復唱、物品呼称は良好であった。CTで脳梁周囲槽に厚いクモ膜下出血を認めた。前交通動脈部の脳動脈瘤に対し前大脳半球間裂到達で頸部クリッピングを施行した。クモ膜下出血、術後経過良好であった。補足運動野失語は3週間継続し、4週間後にはほぼ消失した。
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research 29 (2) 194 -205 2009年06月30日
  • M. Otsuki, Y. Nakagawa, F. Mori, H. Tobioka, H. Yoshida, Y. Tatezawa, Y. Tanigawa, I. Takahashi, K. Sakushima, I. Yabe, H. Sasaki, K. Wakabayashi JOURNAL OF NEUROLOGY 256 S184 -S185 2009年06月 [査読無し][通常論文]
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 29 (2) 194 -205 2009年06月 
    失語症を理解するには、脳を音素・音韻に関する領域(phonetic & phonemic area)と、内容・語と語の関係に関する領域(content & context area)の二大機能系に分けて考えるとわかりやすく、この機能系とその解剖学的基盤を基本的視点として提示した。また、失語症を分類するには質的な評価が必要であり、これを重症度や経時的変動の評価に適している量的尺度と使い分けることが妥当であること、さらに発語の分類は流暢・非流暢ではなく、失構音の有無で判断するのが有用であること、復唱能力の判断に苦慮した場合には音韻性錯語の有無、言語性短期記憶障害の有無を援用することが有用であることを指摘した。次に、言語の要素的症状の局在地図と、古典的失語型との関係を概説し、未解決問題として、超皮質性運動失語の位置づけ、皮質下性失語の特徴、文レベルの障害について考察した。最後に、言語機能に影響を与える非言語的背景について検討した。まず、意図性と自動性の解離について、ウェルニッケ失語患者における復唱能力が、あえて復唱を意識しない場合のほうが良好であることを示した。次に、呼称課題について、最初の語が出やすいことも定量的に示した。これは、とくに側頭葉に病巣が及んでいる患者で明らかであり、病巣による違いも考慮すべきことが推測された。最後に、呼称課題を行う際に、右半球に負荷がかかるような課題と交互に施行すると呼称の成績が改善した1例を報告した。以上より、失語症に対峙する場合、非言語性の要因も考慮することが重要であることを指摘した。(著者抄録)
  • 失語症の診療 最近の知見
    大槻 美佳 日本医事新報 (4439) 71 -70 2009年05月
  • 前頭側頭葉変性症(FTLD)における脳血流所見と神経心理学的所見の検討
    金藤 公人, 井出 渉, 守谷 恭輔, 山地 純也, 大槻 美佳 臨床神経学 49 (5) 314 -314 2009年05月
  • 【頭頂連合野の機能と障害】頭頂連合野の個別機能 言語・ワーキングメモリー 基礎 読み書きの脳内機構
    大槻 美佳, 渡邉 暁博 Clinical Neuroscience 27 (4) 436 -439 2009年04月
  • ローマ字の使用によって発話改善を認めた非流暢性失語の一例
    川崎 聡大, 大槻 美佳, 五十嵐 有希, 丸尾 智子, 福島 邦博 高次脳機能研究 29 (1) 129 -130 2009年03月
  • 左縁上回から上側頭回におよぶ損傷症例にみられたプロソディ異常
    大門 正太郎, 伊藤 智美, 高橋 真知子, 吐師 道子, 大槻 美佳 高次脳機能研究 29 (1) 133 -134 2009年03月
  • 電卓による「0」の操作障害を呈した左被殻損傷の1例
    能代 育江, 仲間 教恵, 又吉 達, 大槻 美佳 高次脳機能研究 29 (1) 138 -138 2009年03月
  • 右頭頂葉損傷による構成障害とタイピング障害の関係
    山田 健太郎, 大槻 美佳, 清水 美和子, 若尾 佳代, 松川 則之, 山脇 健盛, 小鹿 幸生 高次脳機能研究 29 (1) 147 -147 2009年03月
  • 体性感覚の行為・動作への関与
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 上杉 春雄, 秋野 実, 斎藤 久寿 高次脳機能研究 29 (1) 155 -156 2009年03月
  • 大槻 美佳 脳神経外科ジャーナル 18 (3) 179 -186 2009年03月 
    脳梁損傷は,たとえ部分の損傷でも,損傷部位によってさまざまな症状が出現する.脳梁で,機能的に重要でない部位はないといえるほどである.しかし,多くの脳梁離断症状は,日常生活に大きな影響を与えることなしに,数週間で改善する.ただし,中には患者の日常生活に多大な影響を与える症状もある.例えば,行為障害や発話に関する障害である.これらに対しては,その障害の評価と適切なアプローチが必要である.本レビューでは,脳梁損傷によって出現する症状を概説し,その脳梁内の解剖学的な関連部位の最新の知見を提供する.
  • 大槻 美佳 知能と情報 21 (1) 127 -127 2009年02月15日 [査読無し]
  • Conflict of intentionsとびまん性脳梁病変を呈した50歳女性
    手塚 敏之, 下畑 享良, 石原 智彦, 大槻 美佳, 西澤 正豊 臨床神経学 49 (1) 57 -57 2009年01月
  • 左皮質下損傷により自由会話と復唱・音読の構音に解離を認めた1例
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 大澤 朋史 神経心理学 24 (4) 299 -299 2008年12月
  • 左前頭葉損傷による超皮質性感覚失語症例の経時的検討
    田村 至, 大槻 美佳, 工藤 絵梨果, 森若 文雄, 田代 邦雄 神経心理学 24 (4) 299 -299 2008年12月
  • 前頭葉性失書を合併したブローカ領域失語の1例
    山田 健太郎, 大槻 美佳, 清水 美和子, 奥村 伸子, 松川 則之, 山脇 健盛, 小鹿 幸生 神経心理学 24 (4) 300 -300 2008年12月
  • 左手一側性に観察された随意動作の障害について
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 田島 康敬, 松本 昭久 神経心理学 24 (4) 311 -311 2008年12月
  • 複数物品の系列的操作を支える能力
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 松本 昭久 神経心理学 24 (4) 311 -311 2008年12月
  • Slowly progressive Foix-Chavany-Marie syndromeと進行性非流暢性失語の症候
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 緒方 昭彦, 保前 英希, 高橋 育子, 矢部 一郎, 西澤 正豊, 佐々木 秀直 神経心理学 24 (4) 315 -315 2008年12月
  • イスからイスへの移乗動作に重篤な障害を呈した1例
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 阿久津 由紀子, 石田 義則 臨床神経心理 19 49 -63 2008年12月 
    本例は、右頭頂葉損傷により、重篤な感覚障害や麻痺を認めず、単純な立位保持、足踏み等は可能だが、イスからイスへの移乗動作に障害を有していた。また左上肢での身体指示課題時に、最初に右上肢を使ってしまったり、左上肢動作を開始することに当惑した。さらに動作を評価したところ、これらの障害は、それぞれ重心の偏位傾向や、身体間動作の特殊性に基づく症状として捉えることができた。その他、感覚処理障害による、標的への左上肢到達動作時の障害(ずれ)、ならびに運動無視の部分症状を呈していた。以上より、これらの機能が頭頂葉で相互に関連しながら処理されていることが示唆された。(著者抄録)
  • 伊藤 文人, 稲垣 侑士, 境 信哉, 大槻 美佳, 平山 和美 北海道作業療法 25 (Suppl.) 66 -66 2008年09月
  • 左皮質下損傷により自由会話と復唱・音読の構音に解離を認めた一例
    高倉 祐樹, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 大澤 朋史 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 32回 67 -67 2008年08月
  • 左前頭葉損傷による超皮質性感覚失語症例の経時的検討
    田村 至, 大槻 美佳, 工藤 絵梨果, 森若 文雄, 田代 邦雄 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 32回 67 -67 2008年08月
  • 前頭葉性失書を合併したブローカ領域失語の1例
    山田 健太郎, 大槻 美佳, 清水 美和子, 奥村 伸子, 松川 則之, 山脇 健盛, 小鹿 幸生 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 32回 68 -68 2008年08月
  • 左手一側性に観察された随意動作の障害について
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 田島 康敬, 松本 昭久 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 32回 101 -101 2008年08月
  • 複数物品の系列的操作を支える能力
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 松本 昭久 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 32回 101 -101 2008年08月
  • Slowly progressive Foix-Chavany-Marie syndromeと進行性非流暢性失語の症候
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 緒方 昭彦, 保前 英希, 高橋 育子, 矢部 一郎, 西澤 正豊, 佐々木 秀直 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 32回 111 -111 2008年08月
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research 28 (2) 163 -175 2008年06月30日
  • 大槻 美佳 神経心理学 24 (2) 136 -145 2008年06月25日 
    自験例10名の純粋失読患者を対象に、純粋失読の症候と病巣、障害レベル、文字認知能力について検討した。その結果、一文字も読めない純粋失読(Dejerine型)に共通する病巣は左紡錘状回、海馬傍回で、逐語読みを呈する純粋失読(LBLR型)に共通する病巣は紡錘状回であった。Dejerine型は字性のレベルで、LBLR型は語性のレベルでの障害を認めた。LBLR型は連続した文字の音読より、文字音読と図形口述を交互に実施した方が、音読能力の改善を示した。その背後にあるメカニズムは、複数視覚対象の認知の際の閾値上昇と推測され、他の機能を用いることで閾値の上昇が改善される可能性が示唆された。純粋失読患者患者は音読が出来なくても文字の視覚情報の照合や、意味理解へのアクセスはある程度可能であった。純粋失読の障害メカニズムは、情報の遮断という視点だけでなく、入力刺激が後続する認知処理系を変化させている可能性が示唆された。
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 28 (2) 163 -175 2008年06月 
       前頭葉および基底核の高次脳機能を検討した。前頭葉の機能は以下の3 つの事項に関して,それぞれ臨床症状と病巣の関係,およびfMRI を検討した。1)ワーキングメモリと聴覚言語性短期記憶,2)書字障害,3)種類の限られた単語の障害。その結果,前頭葉の中で,特に中前頭回はワーキングメモリの中央遂行系に関与することが示唆された。このことは,書字やキーボード打ちなどの,音韻をtemporal に配列する機能にも関係していると推測された。基底核に関しては,1)手続き記憶のfMRI,2)鏡像書字の検討を行った。その結果,基底核は手続き記憶に関与していること,特に言語が関与する場合には左の尾状核が関与していること,基底核には書字運動機能を含めた左右可変の情報を安定化させる機能があることが示唆された。
  • 生涯教育シリーズ 認知症 認知症の神経心理
    大槻 美佳 北海道医報 (1075) 16 -19 2008年04月
  • 【高次脳機能障害のすべて】高次脳機能障害各論 失語症 失語症の定義とタイプ分類
    大槻 美佳 神経内科 68 (Suppl.5) 155 -165 2008年04月
  • 【高次脳機能障害のすべて】高次脳機能障害各論 失語症 言語野の神経学
    大槻 美佳 神経内科 68 (Suppl.5) 166 -173 2008年04月
  • 【高次脳機能障害のすべて】高次脳機能障害各論 失語症 伝導失語
    大槻 美佳, 相馬 芳明 神経内科 68 (Suppl.5) 208 -214 2008年04月
  • 左前頭葉損傷による超皮質性感覚失語の1症例
    田村 至, 大槻 美佳, 森若 文雄, 工藤 絵梨果, 田代 邦雄 高次脳機能研究 28 (1) 31 -31 2008年03月
  • 随意的な舌運動障害の責任病巣
    大門 正太郎, 大槻 美佳, 中川 賀嗣 高次脳機能研究 28 (1) 36 -37 2008年03月
  • 漢字のみの純粋失書を呈したもやもや病の1例
    山田 健太郎, 大槻 美佳, 石井 文康, 佐藤 順子, 松川 則之, 山脇 健盛, 小鹿 幸生 高次脳機能研究 28 (1) 53 -53 2008年03月
  • 右頭頂葉出血により左一側性の動作・運動障害を呈した一例
    阿久津 由紀子, 中川 賀嗣, 大槻 美佳, 石田 義則 高次脳機能研究 28 (1) 57 -58 2008年03月
  • 脳腫瘍摘出における覚醒下言語野マッピング課題標準化に向けて 書字機能温存のための課題設定について
    川崎 聡大, 市川 智継, 大槻 美佳 高次脳機能研究 28 (1) 111 -111 2008年03月
  • 鏡像書字の機序と基底核の機能 パーキンソン病患者と血管障害例での検討
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 松本 昭久, 須藤 和昌, 田島 康敬, 菊地 誠志, 田代 邦雄 臨床神経学 47 (12) 1146 -1146 2007年12月
  • 脳のしくみと言葉のしくみ
    大槻 美佳 臨床神経心理 18 1 -18 2007年12月
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research 27 (3) 231 -243 2007年09月30日
  • 大槻 美佳 高次脳機能研究 27 (3) 231 -243 2007年09月 
    要素的症状と責任病巣の関係は以下に集約される。(1)アナルトリー:左中心前回中下部およびその皮質下,(2)(アナルトリーを伴わない)音韻性錯語:左上側頭回~縁上回~中心後回およびそれらの皮質下,(3)単語理解障害:左中前頭回,左上·中側頭回後部,およびそれらの皮質下,(4)喚語困難:左下前頭回,左角回,左側頭葉後下部およびそれらの皮質下。責任病巣が複数ある(3)や(4)は,同じ要素的症状でも,前頭葉損傷と後方領域損傷で,その障害内容が異なり,検査の工夫で相違を明らかにできた。その結果,前頭葉は理解や喚語に関して,おおまかなカテゴリーなどを指南する役割をもち,後方領域はその指南を受け,さらに厳密な情報へアクセスする役割を持つことが推測された。また,左側頭葉前方部損傷患者の特異な語想起障害のパターンから,左側頭葉前方部は意味を手がかりにした語想起に関与することが示唆された。側頭葉の損傷では,さらに,カテゴリー特異性のある障害が認められた。また,機能画像における知見は,タスク施行時のストラテジーを統制することで,臨床知見と整合することが示唆された。
  • 最近の視覚失認をめぐって 視覚失認からみた純粋失読
    大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 31回 80 -80 2007年08月
  • 大槻 美佳 コミュニケーション障害学 24 (1) 29 -34 2007年04月 
    失語症について病巣局在を知る上で最も有用な要素的症状は,(1)アナルトリー(≒失構音,発語失行),(2)音韻性錯語,(3)喚語困難,(4)単語理解障害である.(1)は左中心前回中~下部後方,(2)は左上側頭回~縁上回~中心前回およびそれらの皮質下,(3)は左下前頭回,左角回,左側頭葉後下部,(4)は左中前頭回,左上~中側頭回後部などが重要である.(3)や(4)では前方病巣と後方病巣があるが,それらは両者の障害メカニズムの相違を示せるようなタスクで区別可能である.fMRIの知見と臨床の知見は必ずしも一致しないといわれているが,例えば単語の想起課題では,音を手がかりに想起するのか,意味を手がかりに想起するのかなどのストラテジーの相違が賦活部位の相違を反映していると考えられた.このようなストラテジー:脳がどんな方法を用いてその課題を行うかという視点は,臨床の知見とfMRIなど機能画像の知見を統合しうる重要な視点のひとつと考えられた.
  • 進行性非流暢性失語と考えられた一例の画像所見
    殿村 恭代, 斎藤 こずえ, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 上野 聡 高次脳機能研究 27 (1) 49 -50 2007年03月
  • 言語野近傍脳腫瘍摘出時における覚醒言語野マッピング課題標準化に向けて 4野と6野での陽性所見の相違
    川崎 聡大, 市川 智継, 大槻 美佳, 杉下 周平 高次脳機能研究 27 (1) 64 -65 2007年03月
  • 左後頭葉、海馬・海馬傍回に梗塞巣を認めた読み書き障害の検討
    阿久津 由紀子, 大槻 美佳, 高木 正仁 高次脳機能研究 27 (1) 75 -75 2007年03月
  • 大槻 美佳 MEDICAL REHABILITATION (76) 21 -29 2007年02月 
    パーキンソン病における高次脳機能障害について概説した。パーキンソン病では、近年の詳細な高次脳機能の検討から、病初期から高次脳機能障害を伴っていることが少なくないことが明らかになっている。その中核症状は、いわゆる前頭葉機能障害とまとめられる。これには遂行機能障害、セット変換障害、ワーキングメモリの障害などが含まれる。さらに詳細な検討で、従来、セット変換障害と言われていたものはセット変換自体の障害ではなく、変換したセット維持の障害であること、また、ワーキングメモリの障害と言われていたものは、ワーキングメモリに負荷がかかるとそれをどうやってマネージメントしてゆくかの戦略組み立ての問題であることなどが明らかになっている。その他、前頭葉機能障害以外の障害として、手続き記憶の障害、鏡像書字の出現などが報告されている。(著者抄録)
  • 連合型視覚失認と視覚失語の中間的症候を呈した1例 visuo-semantic association障害スペクトラムについて
    大槻 美佳, 中川 賀詞, 相馬 芳明, 阿久津 由紀子 神経心理学 22 (4) 281 -281 2006年12月
  • 呼称可能な単一道具での使用障害の1例
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 松本 昭久, 内藤 雄一郎 神経心理学 22 (4) 294 -294 2006年12月
  • 脳梁低形成者における神経心理学所見の特徴
    横山 知世, 山田 健太郎, 豊田 剛成, 佐藤 順子, 服部 学, 松川 則之, 三竹 重久, 山脇 健盛, 小鹿 幸生, 大槻 美佳 神経心理学 22 (4) 299 -299 2006年12月
  • 大槻 美佳 臨床神経学 46 (11) 919 -923 2006年11月
  • 【失語・失行・失認・記憶障害 古典分類の問題点と現在の考え方】失語
    大槻 美佳 神経内科 65 (3) 249 -258 2006年09月
  • 脳梁低形成者における神経心理学所見の特徴
    横山 知世, 山田 健太郎, 豊田 剛成, 佐藤 順子, 服部 学, 松川 則之, 三竹 重久, 山脇 健盛, 小鹿 幸生, 大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 30回 66 -66 2006年08月
  • 連合型視覚失認と視覚失語の中間的症候を呈した1例:visuo-semantic association障害スペクトラムについて
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 相馬 芳明, 阿久津 由紀子 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 30回 82 -82 2006年08月
  • 呼称可能な単一道具の使用障害の1例
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 松本 昭久, 内藤 雄一郎 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 30回 160 -160 2006年08月
  • コミュニケーション障害とその機能局在 fMRIから
    大槻 美佳 日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集 32回 29 -29 2006年07月
  • 大槻 美佳, 佐々木 秀直, 岸本 利一郎, 村田 純一, 北川 まゆみ 医療 60 (7) 448 -452 2006年07月 
    特発性正常圧水頭症(iNPH)における認知機能の特徴と, タップテスト前後やシャント術後の認知機能の変化を検討した. 対象はガイドラインでpossible iNPHと診断された8例(71-84歳). 方法は数唱, 逆唱, Trail Making Test A・B, Raven色彩マトリックスをタップテスト前, 後, シャント術1ヵ月後に施行した. 結果は, タップ前の検査で, iNPHの認知機能障害の特徴として, 視覚性注意の低下および前頭葉機能低下が示唆された. またタップテスト前後, シャント術1ヵ月後の比較では, 低下していた認知機能が正常範囲にまで改善した症例はなかった. 以上より, タップテスト後-シャント後1ヵ月という比較的短期間では, 認知機能の改善は明らかではないことが示唆された.
  • 進行性前部弁蓋部症候群が疑われた1例
    畑 大, 濱田 晋輔, 保前 英希, 大槻 美佳 臨床神経学 46 (6) 428 -428 2006年06月
  • 種村 純, 伊藤 元信, 大槻 美佳, 河村 満, 熊倉 勇美, 小島 善次, 小林 祥泰, 七條 文雄, 渋谷 直樹, 進藤 美津子, 田川 皓一, 竹田 契一, 立石 雅子, 能登谷 晶子, 濱田 博文, 平田 温, 深津 玲子, 前島 伸一郎, 牧下 英夫, 高次脳機能障害全国実態調査委員会 高次脳機能研究 26 (2) 209 -218 2006年06月 
    第1次調査として,全国の医療機関4864施設を対象に高次脳機能障害者の有無,サービス等に関し郵送によるアンケート調査を行い,1127施設から回答を得た.医療機関の9割以上に高次脳機能障害者(A)がおり,認知症(痴呆症),失語症,半側空間無視が多かった.Aに対するサービスはADLや歩行訓練,言語訓練が多く,過半数の施設で行われていたが,認知リハビリテーション,精神医学的診断,心理療法を行っていた施設は半数以下であった.Aを診療する職種は医師およびリハビリテーション関連職種で,臨床心理士は少なかった.Aに対応する医師は脳神経外科,神経内科,一般内科,リハビリテーション科の順に多かった.第2次調査として,3ヵ月の前向き調査に協力可能な施設に対し実態調査を行い,408施設から回答を得た.症例数は35507名で,失語症や認知症(痴呆症),記憶障害が多かった.失語症の言語治療は広く行われていたが,認知リハビリテーションや就労支援,心理療法は充分普及していなかった.就労率は全般に不良であったが,記憶障害,失語症などは比較的良好で,失認症,失行症,認知症は不良であった.家庭復帰率は失語症が最も多かった
  • Neglect dysgraphiaの1例
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 相馬 芳明, 古川 博子, 田代 邦雄 高次脳機能研究 26 (1) 49 -50 2006年03月
  • 覚醒下手術での言語評価
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 藤本 真, 金子 貞男 高次脳機能研究 26 (1) 87 -88 2006年03月
  • 脳梁低形成患者における神経心理学検査
    横山 知世, 山田 健太郎, 豊田 剛成, 佐藤 順子, 服部 学, 松川 則之, 山脇 健盛, 小鹿 幸生, 大槻 美佳 臨床神経学 46 (1) 109 -109 2006年01月
  • 脳梁性吃音の症候と病巣
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 中川 賀嗣, 田代 邦雄 臨床神経学 45 (12) 1004 -1004 2005年12月
  • 病巣研究とfMRI 錯語の神経基盤
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 相馬 芳明, 澤田 徹, 成冨 博章 神経心理学 21 (4) 260 -260 2005年12月
  • 左後大脳動脈領域の脳梗塞により'sign language aphasia'となった1例
    斎藤 こずえ, 大槻 美佳, 上野 聡 神経心理学 21 (4) 272 -272 2005年12月
  • 左後大脳動脈領域の脳梗塞により'sign language aphasia'となった1例
    斎藤 こずえ, 大槻 美佳, 上野 聡 臨床神経心理 16 63 -63 2005年12月
  • 【anarthrieとapraxia of speech】anarthrieの症候学
    大槻 美佳 神経心理学 21 (3) 172 -182 2005年09月
  • 病巣研究とfMRI 錯語の神経基盤
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 相馬 芳明, 澤田 徹, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 29回 61 -61 2005年08月
  • 左後大脳動脈領域の脳梗塞により'sign aphasia'となった1例
    斎藤 こずえ, 大槻 美佳, 上野 聡 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 29回 77 -77 2005年08月
  • 右無名質・分界条領域の限局性出血による記憶障害の一例
    中川 賀嗣, 大槻 美佳, 中山 若樹, 斉藤 久寿 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 29回 129 -129 2005年08月
  • 【スモン 神経難病の原点と今日的意義】スモン患者における高次脳機能と加齢の関連
    大槻 美佳, 松本 昭久, 森若 文雄, 田代 邦雄 神経内科 63 (2) 157 -161 2005年08月 
    スモン患者における高次脳機能と加齢の関係について検討した.対象は,2003年7月〜10月の間に受診・入院したスモン患者26名(男性4名,女性22名・平均年齢72.4歳)で,高次脳機能評価には各脳部位に関連する正常標準値が利用可能な課題を施行した.前頭葉機能の注意・集中力および作動記憶では,数唱・逆唱,視覚性記憶範囲,かなひろいテスト,Trail Making Test(TMT)を,左前頭葉機能(一部左側頭葉機能)の言語機能では1分間の語列挙を,頭頂葉および一部前頭葉機能の一般的機能ではレーブン色彩マトリシスを,頭頂葉機能の構成能力では積み木を,側頭葉内側面の記銘力では言語性対連合学習,視覚性対連合学習をそれぞれ施行し,いずれも各年齢の標準値以内の成績で有意差は認めなかった.26名中に痴呆は1例も認めず,75歳以上でも70〜74歳に比し大きな機能低下はなく,良好な認知機能を保っていた
  • 純粋語亜で発症し弁蓋部症候群を伴った進行性非流暢性失語の70歳女性
    高木 正仁, 小澤 鉄太郎, 大槻 美佳, 牧野 邦比古, 西澤 正豊 臨床神経学 45 (7) 536 -536 2005年07月
  • 局在診断のための失語症候学
    大槻 美佳 臨床神経学 45 (5) 397 -397 2005年05月
  • アナルトリーの症候と病巣
    大槻 美佳, 田代 邦雄, 中川 賀嗣, 相馬 芳明, 飯塚 統, 古川 博子, 成冨 博章 高次脳機能研究 25 (1) 68 -68 2005年03月
  • 中川 賀嗣, 大槻 美佳, 井之川 真紀 神経心理学 20 (4) 241 -253 2004年12月25日 
    使用失行の発現機序解明のため,暫定的に道具を「慣用的道具」か「非慣用的道具」かに区別し,また使用遂行法によって「使用法の喚起・発見に要する能力」と「それに引き続いて行う操作能力」とに区分し,この区分に基づいて使用失行についての従来の代表的な3つの機序説明・表現の差異を明らかにした.さらに左半球に広汎な病巣を有する2例(79歳右利き男性,54歳右利き男性)の動作能力を評価し,その結果先の暫定的な道具の区分に代えて,「反復的・象徴的な動作を要する道具の単一での使用課題」と「左記の動作を要さない物品操作」と区別する法が適切と考えた.そして使用失行は前者における「使用後の喚起(駆動)」の障害によると考えた
  • 前頭葉損傷におけるSTM(short term memory)の障害
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 松本 昭久, 成富 博章, 田代 邦雄 臨床神経学 44 (12) 1107 -1107 2004年12月
  • 記号素性錯語を呈した2例の単語の認知
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 相馬 芳明, 阿久津 由紀子, 古川 博子, 松本 昭久 神経心理学 20 (4) 295 -295 2004年12月
  • 右半球梗塞による右利き交叉性純粋語唖の1例
    永金 義成, 梶田 芳弘, 恵飛須 俊彦, 平野 哲雄, 大槻 美佳, 中越 明日香, 田中 忠蔵 臨床神経学 44 (10) 723 -723 2004年10月
  • 記号素性錯語を呈した2例の単語の認知
    大槻 美佳, 中川 賀嗣, 相馬 芳明, 阿久津 由紀子, 古川 博子, 松本 昭久 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 28回 90 -90 2004年08月
  • 矢部 千恵, 松浦 由枝, 立花 友紀, 馬場 有香, 小山 昭人, 大槻 美佳 北海道作業療法 21 (Suppl.) 51 -51 2004年08月
  • 方向・方位定位障害を呈した道順障害の1例
    田村 至, 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 菊地 誠志, 田代 邦雄 高次脳機能研究 24 (1) 39 -39 2004年03月
  • ブローカ野及び島皮質損傷によって出現する言語障害
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 松本 昭久, 小山 昭人, 矢部 千恵, 成冨 博章 高次脳機能研究 24 (1) 80 -81 2004年03月
  • 大槻 美佳 神経心理学 : Japanese journal of neuropsychology 19 (4) 208 -210 2003年12月25日
  • 前頭葉性失書3例の検討
    来 真希子, 大槻 美佳, 玄 富翰, 森脇 博, 宮下 光太郎, 成冨 博章 神経心理学 19 (4) 216 -216 2003年12月
  • 左前頭葉内側面損傷による書字障害
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 中川 賀嗣, 成冨 博章 神経心理学 19 (4) 216 -216 2003年12月
  • 左頭頂葉内側面及び脳梁にいたる腫瘍により左手の失書を呈した一例
    阿久津 由紀子, 大槻 美佳, 古川 博子, 小泉 孝幸, 森田 幸太郎, 石田 義則 神経心理学 19 (4) 217 -217 2003年12月
  • 数字書字の神経機構について
    田村 至, 菊地 誠志, 大槻 美佳, 田代 邦雄 神経心理学 19 (4) 224 -224 2003年12月
  • 左被殻出血による失語症と脳血流との関係
    下出 淳子, 大槻 美佳, 林田 孝平, 森脇 博, 成冨 博章 神経心理学 19 (4) 230 -230 2003年12月
  • 視覚情報の記憶障害を呈した症例
    斉藤 こずえ, 大槻 美佳, 長束 一行, 成冨 博章 神経心理学 19 (4) 232 -232 2003年12月
  • 単語判断の神経基盤 fMRIと病巣研究の知見の検討
    大槻 美佳, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章, 井上 典子, 澤田 徹 臨床神経学 43 (12) 984 -984 2003年12月
  • 右前大脳動脈(ACA)領域の脳梗塞により右上下肢のalien limb signを呈した一例
    寺崎 泰和, 大槻 美佳, 大江 洋史, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章 神経心理学 19 (4) 214 -214 2003年12月
  • 左後大脳動脈領域梗塞により視覚情報に選択的な障害を呈した1例 範疇的態度の障害
    大槻 美佳, 斉藤 こずえ, 相馬 芳明, 成冨 博章 臨床神経心理 14 43 -53 2003年12月 
    74歳女.対象物の視覚認知・視覚情報の引き出しに障害を呈したが,固有名詞的な対象物に関しては視覚認知・情報の引き出しは容易であった.このことから本例では,入力された視覚情報を貯蔵されている情報と照合したり取り出したりする過程自体には問題はないが,入力された具体的な視覚情報から一般的な特徴を抽出して意味理解する過程(一般化,範疇化)や,逆に意味野に貯蔵されている情報から視覚情報を具体的にイメージ化する過程に障害があるものと考えられた
  • 大槻 美佳 神経研究の進歩 47 (5) 725 -733 2003年10月 [査読無し][通常論文]
     
    音韻性錯語は,左前頭葉は各モダリティー別の処理が済んだ後の,語音実現という共通する機能に関わると考えられ,左上側頭回-縁上回-中心後回は,語音を自ら取り出して正しく選択・配列する過程に関与し,この過程は外から与えられる語音の手がかりでアシストされると考えられた.一方,語性錯語は,前頭葉は目標語の近傍意味システムの賦活に関わり,後方領域は更にそこからの厳密な目標語の引き出しに関わっていると考えられた.又,音韻性錯語や語性錯語は各々独立して出現し得るが,語性錯語が出現する場合には意味理解障害を必ず伴っており,その出現は意味システムの障害と関連する可能性が示唆された
  • 右前大脳動脈領域の脳梗塞によりalien hand及びlimb signを呈した一例
    寺崎 泰和, 大槻 美佳, 大江 洋史, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 27回 78 -78 2003年09月
  • 前頭葉性失書3例の検討
    来 真希子, 大槻 美佳, 寺崎 泰和, 片山 正寛, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 27回 85 -85 2003年09月
  • 左前頭葉内側面損傷による書字障害
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 中川 賀嗣, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 27回 86 -86 2003年09月
  • 左頭頂葉内側面及び脳梁にいたる腫瘍により左手の失書を呈した一例
    阿久津 由紀子, 大槻 美佳, 古川 博子, 小泉 孝幸, 森田 幸太郎, 石田 義則 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 27回 88 -88 2003年09月
  • 数字書字の神経機構について
    田村 至, 菊地 誠志, 大槻 美佳, 田代 邦雄 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 27回 107 -107 2003年09月
  • 左被殻出血による失語症と脳血流との関係
    下出 淳子, 大槻 美佳, 林田 孝平, 森脇 博, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 27回 121 -121 2003年09月
  • 視覚情報の記憶障害を呈した症例
    斉藤 こずえ, 大槻 美佳, 長束 一行, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 27回 125 -125 2003年09月
  • 自発性低下,語想起障害で発症したNonconvulsive status epilepticus(NCSE)の1例
    斎藤 こずえ, 宮下 光太郎, 長束 一行, 大槻 美佳, 大江 洋史, 成冨 博章 臨床神経学 43 (8) 517 -517 2003年08月
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 成冨 博章 神経心理学 : Japanese journal of neuropsychology 19 (2) 64 -74 2003年06月25日 [査読無し][通常論文]
     
    脳損傷患者において,語列挙課題のPET賦活試験の経過を検討した(発症1ヵ月後と6ヵ月後).左前頭葉損傷群では,左前頭葉に損傷があるにも拘わらず左前頭葉の賦活がみられ,特に回復が良好であった例ではブローカ野の賦活が顕著であった.一方,後方領域(頭頂葉,後頭葉)損傷群では左前頭葉の賦活はみられず,回復が良好であった症例のみ6ヵ月後に左前頭葉の賦活がみられた.このことより損傷脳の回復に重要な代償部位は,病巣によって,また回復時期によって異なる可能性が示唆された
  • 田村 至, 菊地 誠志, 北川 まゆみ, 大槻 美佳, 田代 邦雄 脳と神経 55 (4) 335 -340 2003年04月 
    パーキンソン病(PD)のworking memory(WM)における加齢の影響を検討するため,PD老年群,若年群各11例と健常(NC)老年群,若年群各11例において,WM課題として暗算,逆唱を,言語性視覚性即時記憶課題として数唱,visual memory spanを行った.二元配置分散分析,Post hoc testの結果,4群間で数唱およびvisual memory spanに有意差は認められなかった.逆唱に関しては,NC群の年齢群間比較において老年群に有意な低下がみられ,PDとNC若年群間比較においてPD若年群に有意な低下がみられた.暗算では,PD群の年齢群間比較において老年群に有意な低下がみられ,PDとNC老年群間比較においてPD老年群に有意な低下がみられた.また,PDとNC若年群間比較においてPD若年群に有意な低下がみられた.NC群では情報処理の難易度に応じたWNの加齢変化を呈したが,加齢要因と疾患要因の双方が中央実行系の機能低下に影響するPD群においては,課題の難易度よりも情報処理過程がWMの加齢による低下に関与することが示唆された
  • 漢字想起に関わるストラテジー 症例の検討とfMRIによる検討
    大槻 美佳, 成冨 博章, 相馬 芳明, 井上 典子 高次脳機能研究 23 (1) 45 -45 2003年03月
  • 大槻 美佳 最新医学 58 (3) 430 -437 2003年03月 
    言語障害を,症状-病巣の対応からみる言語機能の局在と,症状の解離からみる言語機能のメカニズムという観点から概説した.言語の要素的症状(アナルトリー,喚語困難,音韻性錯語,単語理解障害,短期記憶障害,読み書き障害)を出現させる病巣部位はほぼ確立しており,これらの要素的症状を診断すれば,病巣の広がりが分かる.又,カテゴリー特異性や様態特異性による症状の解離は,意味システムの構造に新しい視点を与えている
  • 言語障害の病態
    最新医学 58 (3) 62 -69 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 前頭葉性純粋失書の一例
    来 真希子, 大槻 美佳, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章 神経心理学 18 (4) 268 -268 2002年12月
  • 純粋失読における漢字の意味性錯読内容からの検討
    斉藤 こずえ, 大槻 美佳, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章 神経心理学 18 (4) 268 -268 2002年12月
  • 脳損傷におけるアラビア数字・漢字・仮名の読み書きについて
    田村 至, 大槻 美佳, 菊地 誠志, 田代 邦雄 臨床神経学 42 (12) 1217 -1217 2002年12月
  • 単語学習・再生の神経基盤 fMRIを用いた検討
    大槻 美佳, 宮下 光太郎, 長束 一行, 山脇 健盛, 成冨 博章, 服部 憲明, 井上 典子, 澤田 徹 臨床神経学 42 (12) 1217 -1217 2002年12月
  • 脳内出血後のうつ状態の検討 認知機能及び予後との関係
    宮下 光太郎, 長束 一行, 山脇 健盛, 大江 洋史, 渡辺 吉将, 森脇 博, 大槻 美佳, 成冨 博章 臨床神経学 42 (12) 1257 -1257 2002年12月
  • 言語性コミュニケーションの脳内機構 言語表出のダイナミズム
    大槻 美佳 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 26回 53 -54 2002年08月
  • 前頭葉性純粋失書の一例
    来 真希子, 大槻 美佳, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 26回 125 -125 2002年08月
  • 純粋失読における漢字の意味性錯読内容からの検討
    斉藤 こずえ, 大槻 美佳, 森脇 博, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 26回 126 -126 2002年08月
  • 吉村 菜穂子, 大槻 美佳 脳と神経 54 (7) 601 -604 2002年07月 
    73歳男.道に迷うことを主訴とした.神経学的に左同名性半盲,左半側空間無視,地理的障害を呈していたが,相貌失認や構成失行は見られなかった.本例の地理的障害は街並失認であった.脳MRIでは右視床・尾状核尾部,内包後脚から視放線の一部に責任病巣が認められ,前脈絡叢動脈支配領域の脳梗塞と考えられたが,海馬・海馬傍回は保たれており,後大脳動脈支配領域の一次視覚野や舌状回・紡錘状回に梗塞巣は認められなかった.右半球頭頂葉の軽度血流低下は,半側空間無視の原因と考えられたが,海馬傍回が保たれていながら,地理的障害を呈した特異な例であった.左同名性半盲以外は3週間でほぼ消失した
  • 吉村 菜穂子, 大槻 美佳 Brain and nerve : 神経研究の進歩 54 (7) 601 -604 2002年07月
  • Gerstmann症候群における特定カテゴリーの単語操作障害の検討
    阿久津 由紀子, 大槻 美佳, 吉村 菜穂子, 古川 博子 失語症研究 22 (1) 58 -59 2002年03月
  • カテゴリー特異性とモダリティー特異性 丸い形の果物・野菜と四つ足動物に特異的な視覚特性の障害を呈した1例
    大槻 美佳, 成冨 博章, 永井 直子, 相馬 芳明 失語症研究 22 (1) 67 -68 2002年03月
  • Mika Otsuki, Yoshiaki Soma, Shoji Arihiro, Yoshimasa Watanabe, Hiroshi Moriwaki, Hiroaki Naritomi European neurology 47 (3) 136 -40 2002年 [査読無し][通常論文]
     
    We report a 60-year-old right-handed Japanese man who showed an isolated persistent typing impairment without aphasia, agraphia, apraxia or any other neuropsychological deficit. We coined the term 'dystypia' for this peculiar neuropsychological manifestation. The symptom was caused by an infarction in the left frontal lobe involving the foot of the second frontal convolution and the frontal operculum. The patient's typing impairment was not attributable to a disturbance of the linguistic process, since he had no aphasia or agraphia. The impairment was not attributable to the impairment of the motor execution process either, since he had no apraxia. Thus, his typing impairment was deduced to be based on a disturbance of the intermediate process where the linguistic phonological information is converted into the corresponding performance. We hypothesized that there is a specific process for typing which branches from the motor programming process presented in neurolinguistic models. The foot of the left second frontal convolution and the operculum may play an important role in the manifestation of 'dystypia'. Copyright (C) 2002 S. Karger AG, Basel.
  • M Otsuki, Y Soma, S Arihiro, Y Watanabe, H Moriwaki, H Naritomi EUROPEAN NEUROLOGY 47 (3) 136 -140 2002年 [査読無し][通常論文]
     
    We report a 60-year-old right-handed Japanese man who showed an isolated persistent typing impairment without aphasia, agraphia, apraxia or any other neuropsychological deficit. We coined the term 'dystypia' for this peculiar neuropsychological manifestation. The symptom was caused by an infarction in the left frontal lobe involving the foot of the second frontal convolution and the frontal operculum. The patient's typing impairment was not attributable to a disturbance of the linguistic process, since he had no aphasia or agraphia. The impairment was not attributable to the impairment of the motor execution process either, since he had no apraxia. Thus, his typing impairment was deduced to be based on a disturbance of the intermediate process where the linguistic phonological information is converted into the corresponding performance. We hypothesized that there is a specific process for typing which branches from the motor programming process presented in neurolinguistic models. The foot of the left second frontal convolution and the operculum may play an important role in the manifestation of 'dystypia'. Copyright (C) 2002 S. Karger AG, Basel.
  • 左中心前回病変により仮名優位の失書を呈した1例
    松本 省二, 大槻 美佳, 山田 健太郎, 宇野 久一, 山脇 健盛, 成富 博章 神経心理学 17 (4) 293 -293 2001年12月
  • Letter-by-letterreaderの障害機序
    大槻 美佳, 永野 恵子, 森脇 博, 成冨 博章, 相馬 芳明 神経心理学 17 (4) 294 -294 2001年12月
  • 劣位半球の微小病変による後天的吃音
    山田 健太郎, 大槻 美佳, 小村 江美, 長束 一行, 山脇 健盛, 成冨 博章 神経心理学 17 (4) 293 -293 2001年12月
  • 暗算に見られたパーキンソン病におけるワーキングメモリースパンの減弱
    田村 至, 菊地 誠志, 大槻 美佳, 田代 邦雄 神経心理学 17 (4) 285 -285 2001年12月
  • 音韻依存性処理システムと既知語彙処理システムの解離 左側頭-頭頂葉の梗塞による失語の1例
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 永野 恵子, 飯塚 統, 大江 洋史, 長束 一行, 成冨 博章 臨床神経心理 12 43 -48 2001年12月 
    症例は左側-頭頂葉梗塞によって,特異な失語を呈した55歳右利き男性で,発話や仮名書字に顕著な音韻性錯語・新造語ジャルゴンを認め,呼称・復唱・音読・聴覚的には語音弁別も文理解もすべて不可能であった.しかし,実在単語では単音や音韻の類似した単語の弁別・理解も可能であり,読解や漢字書字も良好であった.口頭言語にも,文字言語で知られている解離と類似の,音韻に強く依存する処理システムと既知の語彙記憶に依存するシステムが存在し,これらは解離して障害されうるもので,本例は前者が障害されていると考えられた.解剖学的には左島-側頭回-縁上回がこの機能に関与している可能性が示唆された
  • 神経損傷マーカーによる脳梗塞の予後診断
    森脇 博, 長束 一行, 宮下 光太郎, 山脇 健盛, 大江 洋史, 大槻 美佳, 小村 江美, 成冨 博章 脳循環代謝 13 (4) 380 -381 2001年12月
  • self-limitingな緩解と再燃を繰り返した細菌性髄膜脳炎
    宮下 光太郎, 鈴木 良彦, 神本 有美, 大槻 美佳, 渡邊 吉将, 長束 一行, 山脇 健盛, 成冨 博章, 高橋 淳, 永田 泉, 池田 善彦, 由谷 親夫 神経治療学 18 (5〜6) 496 -496 2001年11月
  • 前頭葉損傷と後方領域損傷の失語症患者における単語想起課題の賦活試験 急性期からの検討
    大槻 美佳, 小村 江美, 森脇 博, 宮下 光太郎, 山脇 健盛, 成冨 博章, 林田 孝平, 山田 直明, 渡部 浩司, 飯田 秀博 臨床神経学 41 (11) 936 -936 2001年11月
  • 劣位半球の微小病変によって生じた後天的吃音
    山田 健太郎, 大槻 美佳, 小村 江美, 長束 一行, 山脇 健盛, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 25回 140 -140 2001年08月
  • 左中心前回病変により仮名優位の失書を呈した1例
    松本 省二, 大槻 美佳, 山田 健太郎, 宇野 久一, 山脇 健盛, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 25回 106 -106 2001年08月
  • Letter-by-letter readerの障害機序
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 永野 恵子, 森脇 博, 成冨 博章 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 25回 108 -108 2001年08月
  • 暗算に見られたパーキンソン病におけるワーキングメモリースパンの減弱
    田村 至, 菊地 誠志, 大槻 美佳, 田代 邦雄 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集 25回 100 -100 2001年08月
  • 入力モダリティーによる意味-言語システムの階層性 視覚失語と視覚失認の検討
    大槻 美佳, 長束 一行, 梶本 勝文, 宮下 光太郎, 成冨 博章, 相馬 芳明, 飯塚 統 失語症研究 21 (1) 65 -65 2001年03月
  • 急性期脳梗塞に対する非ステロイド系消炎鎮痛剤を用いた脳平温療法
    森脇 博, 長束 一行, 山脇 健盛, 宮下 光太郎, 大江 洋史, 渡辺 吉将, 大槻 美佳, 宇野 久一, 小村 江美, 成冨 博章 日本内科学会雑誌 90 (臨増) 228 -228 2001年02月
  • 大槻 美佳 meditina 38 (8) 1339 -1343 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Phonological aphasia phonologyの選択的障害
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 永野 恵子, 飯塚 統, 大江 洋史, 長束 一行, 成冨 博章 神経心理学 16 (4) 250 -250 2000年12月
  • 左利きで,左角回病変による漢字の純粋失書の1例
    山田 健太郎, 大槻 美佳, 豊田 剛成, 高田 幸児, 成冨 博章, 紙本 薫, 三竹 重久 神経心理学 16 (4) 270 -270 2000年12月
  • 脳血管障害後の抑うつ状態における認知機能障害 ドーパミン受容体作動薬の効果からの考察
    木下 葉子, 大槻 美佳, 宮下 光太郎, 森脇 博, 山脇 健盛, 米田 博, 成冨 博章 神経心理学 16 (4) 274 -274 2000年12月
  • 左後大脳動脈領域の梗塞病変にて道順障害を呈した2症例
    永野 恵子, 大槻 美佳, 森脇 博, 長束 一行, 成冨 博章 神経心理学 16 (4) 254 -254 2000年12月
  • 関連対語記憶試験における脳賦活部位の検討 正常者と脳梗塞患者での違いについて
    宮下 光太郎, 大槻 美佳, 森脇 博, 小村 江美, 成冨 博章, 林田 孝平 臨床神経学 40 (12) 1487 -1487 2000年12月
  • 純粋失読2型の症候と病巣 Dejerine型とletter-by-letter reading型
    大槻 美佳, 永野 恵子, 森脇 博, 長束 一行, 成冨 博章, 相馬 芳明, 飯塚 統 臨床神経学 40 (12) 1315 -1315 2000年12月
  • Wernicke失語を呈したMitochondrial encephalopathy,lactic acidosis and stroke-like episodes(MELAS)の3症例
    飯塚 統, 相馬 芳明, 辻 省次, 大槻 美佳 臨床神経学 40 (12) 1483 -1483 2000年12月 [査読無し][通常論文]
  • 音韻性刺激と視空間性刺激を同時に負荷するworking memory検査の開発
    相馬 芳明, 飯塚 統, 加藤 佳子, 辻 省次, 大槻 美佳 臨床神経学 40 (12) 1485 -1485 2000年12月 [査読無し][通常論文]
  • 一過性の動揺する健忘を呈した視床梗塞
    小村 江美, 大槻 美佳, 宮下 光太郎, 長束 一行, 森脇 博, 成冨 博章 臨床神経学 40 (11) 1157 -1157 2000年11月
  • M Otsuki, Y Soma, S Arihlro, Y Watanabe, H Moriwaki, H Naritomi STROKE 31 (11) 2822 -2822 2000年11月 [査読無し][通常論文]
  • 大原 せつ, 大槻 美佳, 小村 江美, 寺井 正, 長束 一行, 成冨 博章 臨床神経学 40 (9) 891 -895 2000年09月01日 
    症例は70歳男性で物が見えにくくなった.失語,失行,要素的視知覚認知障害,知的機能低下,言語性記名障害は認めなかったが視覚性記銘力低下を認めた.症例は発症後新規に出会った視覚情報に関しては相貌認知,地理的知識,街並みの認知が障害されていたが既知の視覚情報に関しては相貌認知,見取り図再生能力,道順知識は保たれていたが街並みの認知のみが障害されていた
  • 認知機能障害を呈した劇症Bickerstaff型脳幹脳炎の1例
    山上 宏, 山脇 健盛, 大槻 美佳, 森脇 博, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章 臨床神経学 40 (8) 853 -853 2000年08月
  • 小村 江美, 長束 一行, 山上 宏, 大槻 美佳, 坂井 信幸, 中原 一郎, 酒井 秀樹, 永田 泉, 成冨 博章 脳卒中 22 (1) 212 -212 2000年04月
  • 森脇 博, 長束 一行, 宮下 光太郎, 山脇 健盛, 大槻 美佳, 大江 洋史, 渡邉 吉将, 山上 宏, 小村 江美, 成冨 博章 脳卒中 22 (1) 111 -111 2000年04月
  • 大江 洋史, 成冨 博章, 宮下 光太郎, 森脇 博, 渡邉 吉将, 大槻 美佳, 長束 一行, 山脇 健盛 脳卒中 22 (1) 196 -196 2000年04月
  • 山脇 健盛, 成冨 博章, 長束 一行, 宮下 光太郎, 森脇 博, 渡邉 吉将, 大槻 美佳, 大江 洋史, 寺井 正, 山上 宏 脳卒中 22 (1) 180 -180 2000年04月
  • 渡邉 吉将, 成冨 博章, 宮下 光太郎, 長束 一行, 森脇 博, 大江 洋史, 大槻 美佳, 山脇 健盛 脳卒中 22 (1) 187 -187 2000年04月
  • Wernicke失語における意図的復唱と自動的復唱の解離
    大槻 美佳, 小村 江美, 宮下 光太郎, 長束 一行, 成冨 博章, 相馬 芳明, 吉村 菜穂子, 阿久津 由紀子 失語症研究 20 (1) 50 -51 2000年03月
  • 海馬の代謝血流が増加した後に同部位での器質性変化と健忘を認めた症候性てんかんの1例
    永野 恵子, 大槻 美佳, 森脇 博, 山脇 健盛, 長束 一行, 宮下 光太郎, 成冨 博章 臨床神経学 40 (3) 294 -294 2000年03月
  • 癲癇発作後に失語症状を呈した陳旧性脳梗塞の1例
    青木 賢樹, 加藤 佳子, 沢, 相馬 芳明, 飯塚 統, 辻 省次, 大槻 美佳 富山県立中央病院医学雑誌 23 (1〜2) 20 -22 2000年03月 [査読無し][通常論文]
     
    76歳男.左頭頂葉に陳旧性脳梗塞の既往があり,癲癇発作後,失語症を呈した.発作後,意識がはっきりしてきた時点で,右片麻痺なく歩行も可能であったが,言葉が出ずこちらの口頭指示にも応じられない失語症状が続いた.失語症状は時間経過と共に消失していった.癲癇発作後の一過性の神経学的欠損症状の一つとして,失語症が出現し時間経過によって改善が認められ,語の産生も変化してゆき,再帰性発話→保続反応→音素性錯語の順に推移していった.今回の錯語の出現機構の推移に着目して,言語機能の解体,再構築における階層構造を検討した
  • 重症心原性脳塞栓症急性期における低体温療法
    山脇 健盛, 成冨 博章, 長束 一行, 宮下 光太郎, 森脇 博, 渡邉 吉将, 大槻 美佳, 大江 洋史, 寺井 正, 山上 宏 日本内科学会雑誌 89 (臨増) 162 -162 2000年02月
  • 急性期脳梗塞に対する脳平温療法 pilot study
    森脇 博, 長束 一行, 宮下 光太郎, 渡辺 吉将, 大槻 美佳, 寺井 正, 山上 宏, 宇野 久一, 小村 江美, 山脇 健盛, 成冨 博章 脳循環代謝 11 (4) 445 -446 2000年02月 
    急性期脳梗塞に対する新しい脳保護療法として,非ステロイド系消炎鎮痛剤を用いる脳平温療法(目標体温36.5度)を考案しその治療効果を検討した.対象は発症12時間以内の塞栓性脳主幹動脈閉塞21例で,全例意識障害(JCS3〜30)・片麻痺・共同偏視を伴っていた.クーリングと非ステロイド系消炎鎮痛剤(ロキソプロムフェン5〜7日)投与を行った平温療法群(A群:n=10)と抗脳浮腫剤など通常の内科的治療のみを行った対照群(B群:n=11)に分けた.年齢,入院時の脳卒中重症度や閉塞血管には両群間で差を認めなかった.A群の体温は腋窩温36.5度前後にコントロール可能であり,B群より有意に低かった.経過中のCTでの中心偏位の最大値はA群はB群より軽度であった.A群では梗塞部位と健常組織との境界は明瞭で,出血性梗塞の頻度は低く,治療中に造影CTを行った例では脳実質の造影効果は認めなかった.脳平温療法は簡便かつ安全で,脳保護作用を有し有望と考えられる
  • 痙攣後に言語障害をきたした1例
    青木 賢樹, 金沢 佳子, 相馬 芳明, 飯塚 統, 辻 省次, 大槻 美佳 神経心理学 15 (4) 238 -238 1999年12月
  • Anarthriaの責任病巣 解剖学的検討
    有廣 昇司, 大槻 美佳, 森脇 博, 成冨 博章 神経心理学 15 (4) 268 -268 1999年12月
  • 前頭葉性書字障害 仮名錯書と失タイピング
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 有廣 昇司, 渡辺 吉将, 森脇 博, 成冨 博章 神経心理学 15 (4) 270 -270 1999年12月
  • 多彩な症候を呈した左前大脳動脈領域梗塞の1例
    小村 江美, 大槻 美佳, 木下 葉子, 寺井 正, 長束 一行, 成冨 博章 神経心理学 15 (4) 249 -249 1999年12月
  • 右後大脳動脈領域の梗塞病変にて既知相貌認知障害を伴わない街並失認を呈した1例
    大原 せつ, 大槻 美佳, 小村 江美, 寺井 正, 長束 一行, 成冨 博章 神経心理学 15 (4) 259 -259 1999年12月
  • ひらがなに優位なapraxic agraphiaを呈した左頭頂葉梗塞の1症例
    木下 葉子, 大槻 美佳, 小村 江美, 宮下 光太郎, 成冨 博章 神経心理学 15 (4) 269 -269 1999年12月
  • 右後大脳動脈領域梗塞により,街並失認・相貌失認・上下左右判断の障害を呈した1例
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 飯塚 統, 永井 博子 臨床神経心理 10 21 -24 1999年12月
  • 実在語再帰性発話消失前における特徴的症状
    會澤 房子, 大槻 美佳, 飯塚 統, 相馬 芳明 神経心理学 15 (4) 266 -266 1999年12月
  • 被殻失語例の発話の特徴 sound spectrogramによる検討
    相馬 芳明, 大槻 美佳, 飯塚 統, 吉村 菜穂子, 辻 省次 臨床神経学 39 (12) 1436 -1436 1999年12月
  • 文字想起困難の機序 純粋失書の検討
    大槻 美佳, 木下 葉子, 宮下 光太郎, 成冨 博章, 相馬 芳明, 飯塚 統, 辻 省次 臨床神経学 39 (12) 1436 -1436 1999年12月
  • 大槻 美佳 新潟医学会雑誌 113 (10) 451 -454 1999年10月
  • MRIにて海馬の限局性小虚血病変が認められた一過性全健忘の1症例
    木下 葉子, 宮下 光太郎, 大槻 美佳, 森脇 博, 長束 一行, 成冨 博章 臨床神経学 39 (10) 1079 -1079 1999年10月
  • 大槻 美佳 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌 113 (10) 451 -454 1999年10月 
    Among the various approach to dementia disease, neuropsychological approach have a specific role to reveal the mechanism of the disturbances of the patients. The basic way of neuropsychological approach demands the detailed observation of what the patient can and cannot do and find out the core of the disturbance. Regarding the main purpose for the diagnosis, it is most important to pick up the findings which indicate the lesion sites or the specific and reliable signs for a certain disease. Herein some of the represented and useful focal signs are introduced. Regarding the parietal lobe lesion, constructional disturbance can be useful to distinguish Alzheimer's disease and Simple dementia. The occipital lobe signs such as Balint's syndrome and visual agnosia, indicates Alzheimer's disease or posterior cortical atrophy. As to temporal lobe, various language disturbances are specific signs, for example Gogi aphasia is found only in the cases of Pick's disease or post herpes encephalitis. Anarthria is specific focal sign of the posterior part of left inferior precentral gyrus, and limb clumsiness (limb-kinetic apraxia) is related to the lesions of pre and post central gyrus. Neuropsychological approach can be useful not only for the diagnosis, but also for promoting the way to find out the clinical characteristics related to the diseases.
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明 失語症研究 : 日本失語症研究会誌 = Higher brain function research 19 (3) 182 -192 1999年09月30日 [査読無し][通常論文]
  • 文字の視覚的提示によって吃音に改善が認められた進行性核上性麻痺の1例
    飯塚 統, 大槻 美佳, 相馬 芳明, 新井 亜希, 小林 央, 青木 賢樹, 桑原 武夫, 辻 省次 失語症研究 19 (1) 55 -56 1999年03月 [査読無し][通常論文]
  • M Otsuki, Y Soma, T Arai, A Otsuka, S Tsuji JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY 66 (2) 233 -237 1999年02月 [査読無し][通常論文]
     
    A 67 year old Japanese male patient had pure agraphia after a haemorrhage in the left superior parietal lobule. He developed difficulty in letter formation but showed no linguistic errors, consistent with the criteria of apraxic agraphia. He manifested a selective disorder of sequencing writing strokes, although he was able to orally state the correct sequences. The patient's complete recovery after 1 month, without new learning, showed that he had manifested a selective disorder of writing stroke sequences. These findings indicate that the final stage of the execution of writing according to acquired sequential memory shown as a stroke sequence can be selectively disturbed, and should be considered to be distinct from the ability of character imagery and the knowledge of the writing stroke sequence itself. This case also indicates that the left superior parietal lobule plays an important part in the execution of writing.
  • M Otsuki, Y Soma, T Arai, A Otsuka, S Tsuji JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY 66 (2) 233 -237 1999年02月 [査読無し][通常論文]
     
    A 67 year old Japanese male patient had pure agraphia after a haemorrhage in the left superior parietal lobule. He developed difficulty in letter formation but showed no linguistic errors, consistent with the criteria of apraxic agraphia. He manifested a selective disorder of sequencing writing strokes, although he was able to orally state the correct sequences. The patient's complete recovery after 1 month, without new learning, showed that he had manifested a selective disorder of writing stroke sequences. These findings indicate that the final stage of the execution of writing according to acquired sequential memory shown as a stroke sequence can be selectively disturbed, and should be considered to be distinct from the ability of character imagery and the knowledge of the writing stroke sequence itself. This case also indicates that the left superior parietal lobule plays an important part in the execution of writing.
  • 臨床的にprimary hippocampal degeneration(SD-NFT)が疑われた3症例の神経心理学的検討
    飯塚 統, 大槻 美佳, 青木 賢樹, 相馬 芳明, 辻 省次 臨床神経学 39 (1) 274 -274 1999年01月
  • 非流暢性を生ずる脳領域 前頭葉病巣による流暢性失語からの検討
    相馬 芳明, 大槻 美佳, 飯塚 統, 青木 賢樹, 辻 省次 臨床神経学 39 (1) 152 -152 1999年01月
  • 吉村 菜穂子, 大槻 美佳 脳と神経 51 (1) 55 -57 1999年01月
  • 左手に病的把握現象・運動保続と失書を呈した右前大脳動脈梗塞の1例
    若田 浩志, 姉崎 利治, 大槻 美佳, 相馬 芳明, 本間 義章 神経内科 50 (1) 82 -85 1999年01月
  • 前頭葉損傷による超皮質性感覚失語と後方領域損傷による超皮質性感覚失語の比較
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 青木 賢樹, 飯塚 統, 辻 省次 臨床神経学 39 (1) 151 -151 1999年01月 [査読無し][通常論文]
  • 書字障害が前景に立ったPSPの1例
    飯塚 統, 相馬 芳明, 斎藤 浩史, 佐藤 晶, 大槻 美佳, 青木 賢樹, 辻 省次 神経心理学 14 (4) 249 -249 1998年12月
  • 意味記憶における語と物品知識の解離 高アンモニア血症脳症後の記憶障害の1例
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 青木 賢樹, 飯塚 統, 辻 省次 神経心理学 14 (4) 257 -257 1998年12月
  • 前頭葉損傷による流暢性失語の聴理解障害と病巣
    佐藤 厚, 相馬 芳明, 斉藤 豊, 大槻 美佳, 山田 直子 神経心理学 14 (4) 253 -253 1998年12月
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 青木 賢樹, 飯塚 統, 小山 晃, 吉村 菜穂子, 佐原 正起, 永井 博子, 小池 亮子, 辻 省次 脳と神経 50 (11) 995 -1002 1998年11月 [査読無し][通常論文]
     
    対象は超皮質性感覚失語を呈した右利き脳血管障害患者のうち,病巣が左前頭葉に限局した7名と左側頭-後頭-頭頂など後方領域に限局した10名.単語を聴いてそれに相当する線描画を指示する課題を施行した.選択肢として,ランダムなカテゴリーのものを6枚並べた図版と2種のカテゴリーのものをそれぞれ3枚ずつ計6枚並べた図版の2種を15枚ずつ交互に提示して指示させ,その成績差を比較した.後方領域損傷群はランダムなカテゴリーのものを並べた図版を用いた方が,指示課題成績が有意に良好であったが,前頭葉損傷群は図版による成績差はみられなかった.後方領域損傷による単語指示障害は,聴いた単語をカテゴリー分類した後のより明確な語義理解への意味処理障害と考えられ,前頭葉損傷の単語指示障害は意味処理した単語を保持しつつ,選択肢から捜すという一連の作業過程の障害が関与していると考えられた
  • 地誌的空間失認の1例
    永井 博子, 藤田 信也, 高橋 俊昭, 大槻 美佳 臨床神経学 38 (9) 858 -858 1998年09月
  • Posterior cortical atrophyの臨床像について
    大槻 美佳 Dementia Japan 12 (1) 95 -95 1998年06月
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 青木 賢樹 脳と神経 50 (3) 243 -248 1998年03月 
    左前頭葉内側面損傷群と背外側面損傷群の視覚性呼称能力と語列挙能力を比較検討した.11例の超皮質性運動失語の右利き脳梗塞又は出血患者.病巣はCT又はMRIにて同定.視覚性呼称能力としてWAB失語症検査V-Aの20物品の呼称課題を,語列挙能力として同V-Bの語想起課題を用いた.左前頭葉内側面損傷群は視覚性呼称が良好であるのに対し語列挙が不良.外側面損傷群では視覚性呼称,語列挙いずれも不良.この結果から左前頭葉内側面は語列挙に,背外側面は視覚性呼称に重要であると推測される.サルの実験で,前頭葉背外側面にある前頭前野は視覚誘導性の動作に,内側面にある補足運動野は記憶依存性の動作に関与する.言語では視覚性呼称は視覚誘導性の動作に,語列挙は記憶依存性の動作に対応すると考えられる.したがって,本結果は行為における前頭葉背外側面と内側面の機能的相違が言語機能においても当てはまることを示唆する
  • 純粋失読・視覚性失名辞・両手の触覚性失名辞を呈した左後大脳動脈領域梗塞の1例
    大槻 美佳 失語症研究 18 (1) 23 -23 1998年03月
  • M Otsuki, Y Soma, A Koyama, N Yoshimura, H Furukawa, S Tsuji JOURNAL OF NEUROLOGY 245 (2) 69 -76 1998年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Two right-handed patients who exhibited language disability after left frontal infarction are described. The patients spoke fluently and exhibited excellent repetition ability from the onset of infarction without exhibiting any oral apraxia, but had deficits in auditory comprehension, naming, reading and writing. In both patients, brain magnetic resonance imaging (MRI) revealed infarction in the left inferior frontal gyrus, the middle frontal gyrus and the anterior part of the lower precentral gyrus. Single photon emission computed tomography (SPECT) revealed decreased blood flow in the same regions as those shown to be infarcted by MRI. The MRI and SPECT findings and the symptoms of these patients suggest that left frontal lesions that encompass Broca's area produce fluent aphasia if the posterior part of the left precentral gyrus or motor cortex remains intact and that lesions anterior to Broca's area and the middle frontal gyrus produce a deficit in auditory comprehension of single words as well as sentences.
  • M Otsuki, Y Soma, A Koyama, N Yoshimura, H Furukawa, S Tsuji JOURNAL OF NEUROLOGY 245 (2) 69 -76 1998年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Two right-handed patients who exhibited language disability after left frontal infarction are described. The patients spoke fluently and exhibited excellent repetition ability from the onset of infarction without exhibiting any oral apraxia, but had deficits in auditory comprehension, naming, reading and writing. In both patients, brain magnetic resonance imaging (MRI) revealed infarction in the left inferior frontal gyrus, the middle frontal gyrus and the anterior part of the lower precentral gyrus. Single photon emission computed tomography (SPECT) revealed decreased blood flow in the same regions as those shown to be infarcted by MRI. The MRI and SPECT findings and the symptoms of these patients suggest that left frontal lesions that encompass Broca's area produce fluent aphasia if the posterior part of the left precentral gyrus or motor cortex remains intact and that lesions anterior to Broca's area and the middle frontal gyrus produce a deficit in auditory comprehension of single words as well as sentences.
  • M Otsuki, Y Soma, M Sato, A Homma, S Tsuji EUROPEAN NEUROLOGY 39 (3) 135 -140 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    Among the reports of primary progressive aphasia, there are few about patients who exhibited progressive pure word deafness with detailed auditory and radiological examination as well as neuropsychological assessment. We describe a 67-year-old right-handed man who exhibited slowly progressive pure word deafness over a period of 9 years without exhibiting any other cognitive or mental deterioration. Magnetic resonance imaging of his brain revealed generalized cortical atrophy, particularly in the left superior temporal region. Auditory examination revealed severe disability in discriminating each syllable or mora of Japanese words despite adequate auditory acuity. He also showed impairment in temporal auditory discrimination assessed by the click fusion test and the click counting test. His ability to discriminate meaningful environmental sounds was mildly impaired. We discuss the pathophysiology of slowly progressive pure word deafness over a period of many years which was not complicated by other language or cognitive dysfunctions.
  • M Otsuki, Y Soma, M Sato, A Homma, S Tsuji EUROPEAN NEUROLOGY 39 (3) 135 -140 1998年 [査読無し][通常論文]
     
    Among the reports of primary progressive aphasia, there are few about patients who exhibited progressive pure word deafness with detailed auditory and radiological examination as well as neuropsychological assessment. We describe a 67-year-old right-handed man who exhibited slowly progressive pure word deafness over a period of 9 years without exhibiting any other cognitive or mental deterioration. Magnetic resonance imaging of his brain revealed generalized cortical atrophy, particularly in the left superior temporal region. Auditory examination revealed severe disability in discriminating each syllable or mora of Japanese words despite adequate auditory acuity. He also showed impairment in temporal auditory discrimination assessed by the click fusion test and the click counting test. His ability to discriminate meaningful environmental sounds was mildly impaired. We discuss the pathophysiology of slowly progressive pure word deafness over a period of many years which was not complicated by other language or cognitive dysfunctions.
  • 超皮質性運動失語の症状と病巣 語想起と視覚性呼称の検討
    大槻 美佳 臨床神経学 37 (12) 1275 -1275 1997年12月
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明 臨床検査 41 (11) 1562 -1569 1997年10月
  • 飯塚 統, 相馬 芳明, 大槻 美佳 脳と神経 49 (9) 841 -845 1997年09月 
    58歳女.5年の経過で進行性の記銘力障害と不全型Balint症候群を呈し,後方領域優位な脳萎縮の進行が画像上でも確認されたposterior cortical atrophy(PCA)例.症例は51歳頃より物忘れで発症し徐々に視覚異常が明らかとなった58歳女性で,53歳時のMRIでは軽度のびまん性脳萎縮のみであったのが5年の経過で後方領域優位の脳萎縮の進行が確認された.画像上数年の経過観察がなされたPCAの報告例は過去に殆どなく,詳細な神経心理学的検索がなされたPCA症例も少数である.本例におけるBalint症候群は3徴候の揃っていない不全型であり,視覚失認も認めておらず,これまでのPCA報告例と比較して早期の病像と思われる
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明 あたらしい眼科 = Journal of the eye 14 (8) 1131 -1140 1997年08月30日
  • 前頭葉損傷による超皮質性感覚失語における単語指示課題障害の機序
    大槻 美佳 失語症研究 17 (1) 31 -32 1997年03月
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 吉村 菜穂子 脳と神経 49 (2) 122 -130 1997年02月 
    左前頭葉に限局した病巣をもつ,右利き流暢性失語患者15名について,その言語症状,特に聴理解障害と病巣の関係について検討した.全例とも発話は発症当初から流暢で,復唱良好であったが,呼称や語列挙,又,文レベルの理解に障害を呈した.単語の理解については,病巣がブローカ野に限局した症例では単語の指示課題で障害を認めなかったが,病巣がブローカ野の上方,即ち,ブロードマン 6野や9野に存在すると単語の指示課題で障害が認められ,病巣が更に前方,即ち,ブロードマン 45野や46野に広がると,障害は重度となった.以上より,ブロードマン 6野,9野の損傷は単語指示課題障害を出現させ,ブロードマン 45野,46野の損傷はその障害を重症化すると考えられた.文レベルの理解障害は全例に必発であり,病巣部位や大きさと明らかな相関はみられなかった
  • M Otsuki, Y Soma, N Yoshimura, S Tsuji EUROPEAN NEUROLOGY 37 (2) 100 -103 1997年 [査読無し][通常論文]
     
    The case of a 69-year-old female with slowly progressive limb-kinetic apraxia (LKA) of the right hand over 3.5 years is reported. She did not: show any other neurological or neuropsychological symptoms except for a defect in two-point discrimination, and 3.5 years after onset she developed a slight cogwheel-like muscle tone in the right wrist. Brain MRI revealed atrophic changes in the left central region including the precentral and postcentral gyri and the superior parietal region, and among them, most strikingly at the postcentral gyrus. I-123-IMF SFECT revealed decreased I-123 uptake in the atrophic lesion as revealed by MRI. We should suspect corticubasal degeneration as the etiology for this patient taking her symptoms and findings on MRI and SPECT into consideration. However, her symptoms and course were guile unique among the case reports of patients with slowly progressive LKA as she had only LKA and a defect in two-point discrimination for more than 3.5 years without ally other symptoms, This characteristic also indicated that the simultaneous appearance of LKA and a defect in two-point discrimination may suggest a mechanism of LKA in the present patient.
  • M Otsuki, Y Soma, N Yoshimura, S Tsuji EUROPEAN NEUROLOGY 37 (2) 100 -103 1997年 [査読無し][通常論文]
     
    The case of a 69-year-old female with slowly progressive limb-kinetic apraxia (LKA) of the right hand over 3.5 years is reported. She did not: show any other neurological or neuropsychological symptoms except for a defect in two-point discrimination, and 3.5 years after onset she developed a slight cogwheel-like muscle tone in the right wrist. Brain MRI revealed atrophic changes in the left central region including the precentral and postcentral gyri and the superior parietal region, and among them, most strikingly at the postcentral gyrus. I-123-IMF SFECT revealed decreased I-123 uptake in the atrophic lesion as revealed by MRI. We should suspect corticubasal degeneration as the etiology for this patient taking her symptoms and findings on MRI and SPECT into consideration. However, her symptoms and course were guile unique among the case reports of patients with slowly progressive LKA as she had only LKA and a defect in two-point discrimination for more than 3.5 years without ally other symptoms, This characteristic also indicated that the simultaneous appearance of LKA and a defect in two-point discrimination may suggest a mechanism of LKA in the present patient.
  • 坂尻 顕一, 古井 英介, 福原 信義, 大槻 美佳, 相馬 芳明 神経心理学 : Japanese journal of neuropsychology 12 (4) 251 -257 1996年12月25日
  • 前頭葉損傷による流暢性失語の病巣と聴覚的言語理解障害について
    大槻 美佳 臨床神経学 36 (12) 1403 -1403 1996年12月
  • 会澤 房子, 大槻 美佳, 相馬 芳明 神経心理学 : Japanese journal of neuropsychology 12 (1) 53 -57 1996年03月25日
  • 頭頂葉性純粋失書の症候と病巣
    大槻 美佳 失語症研究 16 (1) 81 -81 1996年03月
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 荒井 元美[他] 新潟大学脳研究所業績集 29 110 -110 1996年
  • 大槻 美佳 新潟大学脳研究所業績集 29 111 -111 1996年
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 飯塚 統[他] 新潟大学脳研究所業績集 29 112 -112 1996年
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 青木 賢樹[他] 新潟大学脳研究所業績集 29 113 -113 1996年
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 辻 省次[他] 新潟大学脳研究所業績集 29 114 -114 1996年
  • 会澤 房子, 大槻 美佳, 相馬 芳明 新潟大学脳研究所業績集 29 122 -122 1996年
  • 大槻 美佳 新潟医学会雑誌 = 新潟医学会雑誌 110 (1) 13 -25 1996年01月 
    We assessed the anatomical findings and language impairment of eleven right-handed patients with fluent aphasia following frontal lesion(5 men, 6 women:aged 42~79, mean 64.5 years). All the patients showed fluent speech from the onset, and excellent repetition. However, they showed difficulty in word finding and impairment of language comprehension. We administerd all the patients Western Aphasia Battery, 50 words pointing tasks using line drawings selected from among common Japanese words for language training for aphasics, and Token test. Anatomical analysis was done on the basis of brain CT and/or MRI. The patients were devided into three groups on the basis of the impairment of comprehension of single words. One group had no impairment of comprehension of single words, another showed slight impairment and the other showed severe impairment. Each group had different lesion site. We concluded as followings:first, lesions in the Broadmann area 6 and 9 produce impairment in comprehension of single words and the lesion extended to anterior to Broca's area worsen the impairment. Second, any lesions in the left frontal lobe can produce impairment of comprehension of complex sentences.
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 荒井 元美, 辻 省次 臨床神経学 36 (1) 1 -6 1996年01月01日 
    左前頭葉内側面,脳梁幹前半部損傷によって,右上肢に出現する触覚刺激後の運動開始困難を報告した.本現象は右手の手掌及び手背への触覚刺激後に出現する運動開始困難である.前頭葉内側面及び脳梁幹前半部損傷によって,特定の感覚刺激によって運動開始困難が出現するという事実は,前頭葉内側面が感覚刺激情報と密接に関連している事,また前頭葉内側面は運動の開始,維持,終了など運動遂行過程の全般的な調節機能を担っている事を示唆している.前頭葉損傷によって欠落症状や離断症状のみでなく,本例のように特定の刺激に対する誤った反応を引き起こす機能的誤連合も出現し得る
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 田中 正美 脳と神経 47 (12) 1185 -1190 1995年12月 
    75歳女.70歳頃より痴呆症状と視覚障害で発症した.本例の姉も80歳頃より痴呆症状を呈し,88歳時のCTでは本例と同様の後頭葉優位の萎縮が認められた.後頭葉症状が前景にたつ進行性痴呆疾患で,家族発症した例は筆者等が検索し得た範囲でこれまで報告がない
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 小野寺 理 脳と神経 47 (11) 1081 -1085 1995年11月 
    1)脳梗塞によって前頭葉内側面に主病巣をもつ超皮質性運動失語における聴理解を検討した.2)病巣が上前頭回から下・外側へ広がるほど聴理解成績は低下し,中前頭回に至ると語義理解障害も認められ,中前頭回が語義理解に関わっていると考えられた.3)上前頭回およびその皮質下に限局した損傷をもつ例も含め,すべての例に文理解障害が認められ,統辞・構文の何らかの処理障害が考えられた
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 辻 省次 脳と神経 47 (9) 905 -910 1995年09月 
    左後大脳動脈領域梗塞による純粋失読例の書字について検討した.本例では構成障害は認められなかったが,顕著な写字障害と軽度の書字障害を認めた.書字の際には中断するとその後顕著な形態の乱れが出現し,訂正できないという現象が認められ,開眼時より閉眼時の方が書字が良好であった.以上より,本例では自らの書字動作の視覚的フィードバックがむしろ書字動作を妨げていると考えられた.このことより読み書きの機構は読むというinput過程と書くというoutput過程が別々に機能するものではなく,両方向性に同時に互いに影響を及ぼし合う機能系をなしていると考えられ,純粋失読における写字障害や書字の形態の乱れは,障害をもつ「読み」過程に影響された「書字」障害と考えられた
  • 荒井 元美, 武田 康男, 小澤 鉄太郎, 大槻 美佳 臨床神経学 35 (6) 667 -669 1995年06月01日
  • 閉眼によって書字・写字が改善した純粋失読の1例
    大槻 美佳 失語症研究 15 (1) 45 -45 1995年03月
  • 後天性言語障害とその臨床 失語・失読・失書における日本語の特性
    大槻 美佳, 相馬 芳明 Clinical Neuroscience 13 (2) 193 -197 1995年02月
  • 伝導失語における音韻性錯語の出現 単語の呼称と復唱の比較
    大槻 美佳, 相馬 芳明, 吉村 菜穂子 神経内科 42 (2) 143 -148 1995年02月 
    1)伝導失語5例で,同一単語群を用いて視覚的呼称と復唱における音韻性錯語の出現頻度を比較検討した。2)音韻性錯語の出現は復唱より視覚的呼称において有意に多く,復唱課題で与えられる聴覚刺激は正しい音韻の選択・配列・実現の手掛りになっていることが示唆された。3)伝導失語の音韻性錯語の出現は言語表出の全般にかかわる表出性の障害であると考えられる
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 辻 省次[他] 新潟大学脳研究所業績集 28 89 -89 1995年
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 辻 省次[他] 新潟大学脳研究所業績集 28 90 -90 1995年
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 小野寺 理[他] 新潟大学脳研究所業績集 28 91 -91 1995年
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 田中 正美[他] 新潟大学脳研究所業績集 28 92 -92 1995年
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 辻 省次[他] 新潟大学脳研究所業績集 28 93 -93 1995年
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 辻 省次[他] 新潟大学脳研究所業績集 28 94 -94 1995年
  • Broca領域損傷による流暢性失語
    相馬 芳明, 大槻 美佳, 吉村 菜穂子 神経内科 41 (4) 385 -391 1994年10月 
    Broca領域(第3前頭葉回弁蓋部)を病巣の主座とする3症例の失語症状を分析した。発話は流暢性で構音も正常であるが,喚語困難がみられた。失文法なく,聴理解は単語で良好,複雑な文章で良好であった。復唱は正常。このような失語症候群は,Broca失語からaphemiaの症状を取り除いた部分症状とみなしうることを指摘した
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 小山 晃 脳と神経 46 (9) 866 -871 1994年09月 
    63歳右利き男性。朝起床時より言いたい単語が出てこないことに気づき受診,即日入院。入院時神経学的所見は失語の他特記すべきことなし。発話は流暢で,電文体発話・構音の歪み・音韻性錯語は認められず,語性錯語を混じる。復唱は良好だが聴理解・呼称が不良であり超皮質性感覚失語と診断された。発症10日後のMRIでは左第三前頭回弁蓋部と三角部,中心前回下前方部および第二前頭回に及ぶ梗塞巣が認められ,発症2週間後のIMP-SPECTでは同部位の血流低下が認められた。本例の基本的言語症状に関しては従来の後方領域損傷による超皮質性感覚失語と差異は指摘し得なかったが,約1〜2ヵ月で著明な改善を認めた点が特徴的であった
  • 左前頭葉病変による超皮質性感覚失語の1例
    大槻 美佳 失語症研究 14 (1) 19 -20 1994年03月
  • 大槻 美佳, 相馬 芳明, 小山 晃[他] 新潟大学脳研究所業績集 27 101 -101 1994年
  • 相馬 芳明, 大槻 美佳, 吉村 菜穂子[他] 新潟大学脳研究所業績集 27 106 -106 1994年
  • 緩徐進行性肢節運動失行症ならびに血管障害による肢節運動失行症の症候学的検討
    大槻 美佳 神経心理学 9 (4) 269 -269 1993年12月
  • 連合野の障害とその症状 側頭連合野
    大槻 美佳, 相馬 芳明 Clinical Neuroscience 11 (10) 1108 -1111 1993年10月
  • 吉村 菜穂子, 相馬 芳明, 大槻 美佳 臨床神経学 33 (10) 1029 -1032 1993年10月 
    軽〜中等症の右利きのアルツハイマー型痴呆患者(DAT)16人に123I-IMP-SPECTを施行し,動脈採血法で脳血流を定量した。側・頭頂葉の血流低下の左右差の臨床的意義を検討するため,1)左半球優位低下群(n=5),2)右半球優位低下群(n=3),3)左右差の認められない両側低下群(n=8)に分類しMMS,WAIS構成課題(日本語版WABの課題8を使用)の結果を比較した。各群はMMS,T-IQなどの総合的な知的機能に差は認められなかったが,V-IQは1群,P-IQと構成課題は2群が他群に比べ低値であった(p<0.05)。DATのSPECTで認められる血流低下の左右差はそれぞれ言語障害,構成障害と対応すると考えられた
  • 診断に難渋した脊髄動静脈奇形の1例
    大月 亮三, 宮岸 隆司, 大槻 美佳 脊椎脊髄ジャーナル 5 (11) 1003 -1004 1992年11月
  • 交叉性失語症の1例 右脳は左脳のmirrow imageか?
    大槻 美佳 臨床神経学 30 (8) 903 -904 1990年08月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 音象徴進化仮説ー普遍性から言語個別性、身体性から抽象性・体系性へ
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2020年04月 -2025年03月 
    代表者 : 今井 むつみ, 大槻 美佳, 生田目 美紀, 秋田 喜美, 佐治 伸郎
  • 軽症脳卒中患者の病的疲労に着目したフレイル予防・改善のためのケアプログラム開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 結城 美智子, 大槻 美佳
  • 高齢者における安全で、気持ちよさをもたらす清拭ケアプログラムの開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 矢野 理香, 結城 美智子, 大槻 美佳, 鷲見 尚己, 小島 有沙
  • 言語記号が(非)恣意的である理由と利点:進化・発達・脳機能の総合的検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2016年04月 -2021年03月 
    代表者 : 今井 むつみ, 大槻 美佳, 秋田 喜美, 酒井 弘, 佐治 伸郎
     
    本研究では、音象徴性について代表的なBouba-Kiki課題について、日本語健聴な成人群と聴覚障がい群とを対象に前年度に実施した調査結果を分析した。その結果、聴覚障がい者も健聴者と同様に丸い図形に対し、より鼻音の子音を選択し、尖った図形に対し選択しないという、これまでも知られてきた音象徴的な特徴を示すという結果となった。このことは、聴覚環境のみでなく、構音トレーニングといった後天的教育による音象徴性への感受性の可能性を示唆するものである。そのため、本年度は同一のBouba-Kiki課題を、日本語健聴な成人群と聴覚障がい群とに対して、構音阻害条件の下で回答してもらい、調査を実施した。具体的には、2種類の構音阻害条件により回答を行ってもらった。1つ目の条件はスプーンを口に含んでもらい、口全体の構音調整ができないもの、2つ目は唇でスプーンを挟みつつ回答してもらうというもので、喉頭や舌の構音運動は阻害しない条件である。これら2つの条件の下、回答にどのように影響が観られるのかについても、データを収集した。この結果についての分析は、次年度進める予定である。また、失語症患者に対する音声・文字・視覚提示時にそれぞれ選択回答してもらう際の視線計測を実施するための体制が整った。音声・文字・視覚はそれぞれ失語症患者における処理部位の違いによる回答傾向は知られているが、その傾向と視線情報がどのように結びつくかは明確ではなく、言語の恣意性・非恣意性を知る明らかにする上で欠かせない研究である。計測調査実施は次年度を予定している。
  • 言語理解の脳内機構
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2021年03月 
    代表者 : 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 今井 むつみ
     
    失語症患者は、言葉が出にくいだけでなく、言葉の理解にも困難を呈する。従来、言葉の理解を評価する方法として、言われたことに合致する絵カードなどを指さすという方法(指差し課題などと称されている)が用いられてきた。しかし、近年、その方法における言語理解評価が、理解力の実情を正確に反映していない可能性を示唆する研究が報告されていた。例えば、言われたことに該当する対象を指さすには、言語の正しい理解のみならず、その情報を記憶し、眼前に提示された複数の選択肢を認知し、選択し、指をさすという一連の反応が必要であり、そのどの過程に問題が生じても、誤りが生じると考えられている。そこで、本研究は、それらの反応の一環として、視線の動きに注目し、言語理解力判定に、従来用いられていた指示課題方法ではなく、これまで認知科学分野で用いられてきた視線計測機器(eye tracker)を用いて、失語症患者の理解力判定を行う方法を検討し、その臨床応用を目的として、計画された。本年度(令和元年度)は、以下を行った。 1)前年度までに、刷新した新しい機種(安定したキャリブレーション機能を確認できた新しい軽量版の視線計測器:eye tracker 4C)を用いて、絵カードを選定し、健常人データの収集を行った。 2)視線計測機器の研究用ライセンスおよび最新の機器を購入し、実際に用いる機種(tobii eye tracker nano)を用いた健常人データを収集した。 3)収集したデータの解析方法を検討した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 横澤 宏一, 大槻 美佳, 小野 弓絵, 栗城 眞也
     
    加齢や軽度認知障害(MCI)によって、記憶能力が低下するメカニズムを調べた。7つの矢印の方向を順番に覚える記憶課題を若年者(20歳代)と高齢者(60歳代)に実施してもらい、脳から自然に発生する磁場(脳磁場)を計測した。その結果、高齢者やMCI傾向のある人は、脳の特定の領野(楔前部、後頭視覚野、前頭ワーキングメモリ領野など)の活動の低下がみられたほか、入力情報の処理や伝送時間が若年者より長いらしいことが分かった。これらが記憶能力低下の原因と考えられる。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 横澤 宏一, 大槻 美佳
     
    加齢による記憶能力低下のメカニズムを探るため、記憶中に脳から出る微弱な磁場(脳磁場)を計測し、20歳代前半の若年者群と60歳代の高齢者群で比較した。記憶対象を順番に視覚呈示すると、若年者群ではα帯域(8-13 Hz)の脳律動が記憶中に増加していくのに対し、高齢者群では逆に減少することがわかった。脳磁場分布から脳内の活動部位を逆算すると、若年者で見られたα波律動の増大は、記憶に関係のない視覚入力の抑制により生じているらしいことが分かった。以上の結果は、記憶に関係のない視覚入力の抑制が働きにくくなることが加齢による記憶能力低下の一因となることを示唆した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 大槻 美佳, 中川 賀嗣, 菊池 ひろみ, 佐々木 秀直
     
    多発性硬化症の高次脳機能検査として欧米で汎用されているBRB-N(BriefRepeatableBatteryofNeuropsychologicalTestsinMultipleSclerosis)の日本語版(A,B両バージョン)作成し、20~60歳代の各年齢層の健常人107名に施行し、下位項目毎の平均値、標準偏差などを検出した。得られたデータでは、バージョンAとBで下位項目に差異があるものがあり、現在、その原因の分析と、両バージョンの難易度の同等性を検討中である。解析が終了次第、標準化データを公表予定である。
  • 脳損傷患者における神経心理学的研究: 失語・失行・失認の局在と病態
    研究期間 : 1992年
  • Neuropsychological Study of patients with brain damage: localigation and mechanism of aphasia, agnosia and apraxia
    研究期間 : 1992年

教育活動情報

主要な担当授業

  • 高次脳機能障害学演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 高次脳機能障害、神経心理学、脳科学
  • 高次脳機能障害学特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 高次脳機能障害、神経心理学、脳科学
  • 高次脳機能障害・認知症看護学演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 認知機能障害、高次脳機能障害、認知症、神経心理学、回復、リハビリテーション
  • 高次脳機能障害・認知症看護学特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 高次脳機能障害、神経心理学、脳科学
  • 病態生理学特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 保健科学院
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):社会と健康
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 健康科学,環境,人類生態,遺伝・細胞,代謝,ストレス応答,生体計測,健康情報,栄養、精神的健康
  • 健康科学特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 健康科学,環境,人類生態,遺伝・細胞,代謝,ストレス応答,生体計測,健康情報,栄養、精神的健康
  • 先端リハビリテーション科学特講
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 理学療法、作業療法、精神障害、運動器障害、中枢神経障害
  • 先端リハビリテーション科学特講演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 理学療法、作業療法、精神障害、運動器障害、中枢神経障害
  • 実践看護科学特講
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 看護実践,介入評価方法,看護技術開発
  • 実践看護科学特講演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 保健科学院
    キーワード : 看護実践,介入評価方法,看護技術開発
  • リハビリテーション解剖学Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 神経組織、中枢神経系、末梢神経系、解剖学、発生学
  • 神経障害学Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 中枢神経系、末梢神経、脳神経系、運動機能、反射、脳神経、不随意運動、感覚機能、小脳、基底核、高次脳機能障害、局在診断、画像診断、臨床薬理
  • 神経障害学Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 中枢神経系、末梢神経、脳神経系、運動機能、反射、脳神経、不随意運動、感覚機能、小脳、基底核、高次脳機能障害、局在診断、画像診断、臨床薬理
  • 保健薬理学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 疾病、病態生理、薬物療法、薬理作用
  • 老年健康障害論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 生活習慣病、概念、疫学、病態、治療とケア、予防対策
  • 神経障害学Ⅲ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 脳血管障害、外傷、脳外科的治療、内科疾患等による神経症状、排尿障害、頭痛、てんかん、認知症性疾患、神経所見
  • 神経障害学Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 中枢神経系、末梢神経、脳神経系、運動機能、反射、脳神経、不随意運動、感覚機能、小脳、基底核、高次脳機能障害、局在診断、画像診断
  • 成人健康障害論Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 血液疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、代謝・免疫学的疾患、感染症、腎・泌尿器疾患、神経疾患
  • 臨床生理学Ⅲ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 脳神経系、運動系、感覚系、脳波検査、誘発脳波検査、筋電図検査、誘発筋電図検査、神経伝導検査、感覚機能検査、眼底検査、熱画像検査(サーモグラフィ)
  • リハビリテーション生理学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 興奮伝導、神経、反射、姿勢反応,高次脳機能,感覚、関節運動,筋収縮のメカニズム,運動制御,運動学習, 運動生理
  • 保健生理学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 医学部
    キーワード : 細胞・組織生理、循環生理、呼吸生理、消化・吸収の生理、代謝・内分泌生理、外部環境からの防御、発生と老化、神経・筋生理

大学運営

委員歴

  • 2019年 - 現在   日本認知症学会   代議員
  • 2013年01月 - 現在   日本高次脳機能障害学会   理事   日本高次脳機能障害学会
  • 2009年10月 - 現在   日本神経心理学会   理事   日本神経心理学会
  • 2004年 - 現在   認知神経科学会   評議員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.