中澤 祐一ナカザワ ユウイチresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  連携医学系部門医生物学分野
職名助教 
学位
Ph.D. in Anthropology(University of New Mexico)
MA in Anthropology(University of New Mexico)
文学修士(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号70637420

研究キーワード

考古学, 人類学, 旧石器時代, 狩猟採集民, 考古学の方法と理論, 形成過程, geoarchaeology, 石器, 黒曜石, 年代測定, 環境, 空間分析, 炉, 日本, 北海道, スペイン, アメリカ

研究分野

史学 / 考古学
文化財科学 / 文化財科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
史学 / 考古学
文化財科学 / 文化財科学

研究活動

論文

On the Pleistocene population history in the Japanese Archipelago
Nakazawa, Y.
Current Anthropology Supplement 17 S539-S551 2017年12月
後期旧石器時代のヨーロッパにおける礫群―狩猟採集社会におけるストーンボイリングの役割と意義―
中沢祐一
古代文化 63(3) 95-104 2017年12月
最終氷期最盛期の北海道における石刃石器群の使用痕分析:川西C遺跡の分析
岩瀬 彬,中沢祐一
旧石器研究 13 35-56 2017年10月
Human behavioral variability in prehistoric Eurasia
Kuzumin, Y.V., Nakazawa, Y., Ono, A.
Quaternary International 442(Part B) 1-4 2017年06月
Late-Glacial bifacial microbalde core technologies in Hokkaido: an implication of human adaptation along the northern Pacific Rim
Nakazawa, Y., Akai, F.
Quaternary International 442(Part B) 43-54 2017年06月
The significance of obsidian hydration dating in assessing the integrity of Holocene midden, Hokkaido, northern Japan
Nakazawa, Y.
Quaternary International 397 474-483 2016年
黒曜石水和層法における温度因子の重要性
中沢 祐一
論集忍路子IV  1-16 2015年04月
林野火災と考古遺跡 : ニューメキシコ州における林野火災地の調査から
中沢祐一
駿台史學 = Sundai historical review : the journal of the Historico-Geographical Association of Meiji University (152) 129-144,127-128 2014年09月
Investigating the eolian context of the Last Glacial Maximum occupation at Kawanishi-C, Hokkaido (Japan)
Izuho, M., Hayashi, K., Nakazawa, Y., Soda, T., Oda, N. Yamahara, T., Kitazawa, M., and I. Buvit
Geoarchaeology: An International Journal 29(3) 202-220 2014年06月
廃棄物形成からみた居住活動の組織化:北海道川西C遺跡En-a降下軽石層下位の居住面について
中沢祐一
旧石器研究 9 61-74 2013年05月
論文を全て表示する
論文閉じる
On the Pleistocene population history in the Japanese Archipelago
Nakazawa, Y.
Current Anthropology Supplement 17 S539-S551 2017年12月
後期旧石器時代のヨーロッパにおける礫群―狩猟採集社会におけるストーンボイリングの役割と意義―
中沢祐一
古代文化 63(3) 95-104 2017年12月
最終氷期最盛期の北海道における石刃石器群の使用痕分析:川西C遺跡の分析
岩瀬 彬,中沢祐一
旧石器研究 13 35-56 2017年10月
Human behavioral variability in prehistoric Eurasia
Kuzumin, Y.V., Nakazawa, Y., Ono, A.
Quaternary International 442(Part B) 1-4 2017年06月
Late-Glacial bifacial microbalde core technologies in Hokkaido: an implication of human adaptation along the northern Pacific Rim
Nakazawa, Y., Akai, F.
Quaternary International 442(Part B) 43-54 2017年06月
The significance of obsidian hydration dating in assessing the integrity of Holocene midden, Hokkaido, northern Japan
Nakazawa, Y.
Quaternary International 397 474-483 2016年
黒曜石水和層法における温度因子の重要性
中沢 祐一
論集忍路子IV  1-16 2015年04月
林野火災と考古遺跡 : ニューメキシコ州における林野火災地の調査から
中沢祐一
駿台史學 = Sundai historical review : the journal of the Historico-Geographical Association of Meiji University (152) 129-144,127-128 2014年09月
Investigating the eolian context of the Last Glacial Maximum occupation at Kawanishi-C, Hokkaido (Japan)
Izuho, M., Hayashi, K., Nakazawa, Y., Soda, T., Oda, N. Yamahara, T., Kitazawa, M., and I. Buvit
Geoarchaeology: An International Journal 29(3) 202-220 2014年06月
廃棄物形成からみた居住活動の組織化:北海道川西C遺跡En-a降下軽石層下位の居住面について
中沢祐一
旧石器研究 9 61-74 2013年05月
Human responses to the Younger Dryas in Japan
Nakazawa Y., Iwase A., Akai F., Izuho M.
Quaternary International 242(2) 416-433 2011年10月
携帯性石刃石器の効用
中沢祐一
旧石器研究 7 107-125 2011年05月
Dual Nature in the Creation of Disciplinary Identity: A Socio-historical Review of Palaeolithic Archaeology in Japan
Nakazawa, Y.
Asian Perspectives 49(2) 231-250 2010年
On the spatial distribution of hearths in the Last Glacial Maximum occupation of Kawanishi C, Hokkaido
Nakazawa Yuichi, Yamahara Toshiro, Kitazawa Minoru
Current Research in the Pleistocene 27(0) 46-48 2010年
二つの炉址 : 北海道勇払郡厚真町上幌内モイ遺跡における遺跡形成過程と空間組織
中沢 祐一, 出穂 雅実, 赤井 文人
第四紀研究 = The Quaternary research 48(2) 85-96 2009年04月
Geoarchaeological investigation at the Upper Paleolithic site of Kamihoronai-Moi, Hokkaido (Japan)
Izuho, M., Nakazawa, Y., Akai, F., Soda, T., and Oda, H.
Geoarchaeology: An International Journal 24(2) 492-517 2009年
On stone-boiling technology in the Upper Paleolithic: behavioral implications from an Early Magdalenian hearth in El Mirón Cave, Cantabria, Spain
Nakazawa, Y. Straus, L.G., González-Morales, M.R., Solana, D.C., and Saiz, J.C.
Journal of Archaeological Science 36(3) 684-693 2009年
形成理論の課題
中沢 祐一
考古学研究 55(1) 68-75 2008年06月
北海道勇払郡厚真町上幌内モイ遺跡における居住史
中沢祐一
論集忍路子II  63-81 2008年
Hearth-centered spatial organization: a comparative approach to the study of palimpsests in late Upper Paleolithic sites in Hokkaido (Japan) and Cantabria (Spain)
Nakazawa, Y.
Thesis (Ph. D.)--University of New Mexico  1-483 2007年12月
The Late Glacial microblade assemblage from the Kamihoronai-Moi site in Hokkaido, northern Japan: A newly discovered Yubetsu Site
Nakazawa, Y., Izuho, M., and Akai, F.
Current Research in the Pleistocene (24) 37-40 2007年
Stone tool assemblage variability during the Last Glacial Maximum in Hokkaido
Nakazawa, Y. and M. Izuho
Current Research in the Pleistocene (23) 26-28 2006年
On the variation of assemblage size in Late Pleniglacial Hokkaido: Sampling error or behavioral signature?
Izuho, M and Nakazawa, Y.
Current Research in the Pleistocene (23) 4-6 2006年
Toward an understanding of technological variability in microblade assemblages in Hokkaido, Japan
Nakazawa, Y., Izuho, M., Takakura, J. and Yamada, S. 2005
Asian Perspectives 44(2) 276-292 2005年
中範囲理論と形成過程理論
中沢祐一
文化の多様性と比較考古学  391-398 2004年
遺跡内における被熱黒曜石製石器分布の分析--北海道帯広市川西C遺跡における遺物分布を対象として
高倉 純, 中沢 祐一
北海道考古学 39(0) 1-16 2003年03月
An experimental examination for detecting thermal traits on obsidian artifacts
Nakazawa, Y.
The Effects of Fire and Heat on Obsidian  203-219 2002年
黒曜石石器群に認められる被熱痕跡の生成実験と量的評価
中沢 祐一
第四紀研究 39(6) 535-546 2000年12月

書籍

ヲチャラセナイ遺跡
天方博章・宮崎美奈子・宮塚 翔・中沢祐一・宮塚義人・乾 哲也・奈良智法
北海道厚真町教育委員会 2014年03月
ジオアーケオロジー
朝倉書店 2011年10月 ISBN : 4254530188
西浦B遺跡
鈴木 雅・中沢祐一
宮城県蔵王町教育委員会 2011年
Archeological Data Recovery Program at LA 26917: VC02 (Road B) Mitigation, Valles Caldera National Preserve, New Mexico
Worman, F.S., Turnbow, C.A., Nakazawa, Y. and Chapman, R.C.
Office of Contract Archeology, University of New Mexico 2009年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
ヲチャラセナイ遺跡
天方博章・宮崎美奈子・宮塚 翔・中沢祐一・宮塚義人・乾 哲也・奈良智法
北海道厚真町教育委員会 2014年03月
ジオアーケオロジー
朝倉書店 2011年10月 ISBN : 4254530188
西浦B遺跡
鈴木 雅・中沢祐一
宮城県蔵王町教育委員会 2011年
Archeological Data Recovery Program at LA 26917: VC02 (Road B) Mitigation, Valles Caldera National Preserve, New Mexico
Worman, F.S., Turnbow, C.A., Nakazawa, Y. and Chapman, R.C.
Office of Contract Archeology, University of New Mexico 2009年

講演・口頭発表等

日本列島における前期旧石器研究の展望
中沢 祐一
第31回 東北日本の旧石器文化を語る会岩手大会 2017年12月 
ストーンボイリングおよび関連した文化革新/ 退行についての民族誌データ
山田和史,中沢祐一
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会 2017年12月 
北海道東北部・北見盆地における現生人類遺跡の考古学的調査: 共栄3遺跡(置戸町)の試掘調査の成果
中沢祐一,長沼正樹,廣松滉一,赤井文人,尾田識好,吉留頌平,中村雄紀, 内田和典,種石 悠,富塚 龍,高倉 純,出穂雅実
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会 2017年12月 
資源利用の集約化とストーンボイリング―パレオアジアの礫群分析に向けたヨーロッパ後期
中沢祐一
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会 2017年05月 
黒曜石水和層法による北海道最終氷期の石器群の時間的関係:旧白滝3遺跡の検討例
中沢祐一・直江康雄・坂本尚史
北海道旧石器文化研究会2016年度定例研究会 2017年03月 
北海道東北部の北見盆地における現生人類遺跡の考古学的踏査
中沢祐一・田村昌文・長沼正樹・赤井文人・種石 悠
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会 2017年02月 
考古資料に基づく後期旧石器時代の社会・人間行動復元の現状と課題
中沢祐一・出穂雅実
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会 2016年11月 
北アメリカの先史文化の誕生と北海道の旧石器文化
中沢祐一
北方民族博物館平成28年度講座 2016年08月 
Measuring Obsidian Hydration Rim using the Optical Microscope and Micro-Imaging with Secondary Ion Mass Spectrometry: A Case Study from the Stratified Open-Air Site of Jozuka in Southern Kyushu, Japan
Yuichi Nakazawa, Sachio Kobayashi, Hisayoshi Yurimoto, Fumito Akai, and Hidehiko Nomura
The 8th Meeting of the Asian Paleolithic Association 2016年06月 
An application of obsidian hydration dating to prehistoric sites in Japan
Nakazawa, Y., and Akai, F.
The 80th Annual Meeting of the Society for American Archaeology 2015年04月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
日本列島における前期旧石器研究の展望
中沢 祐一
第31回 東北日本の旧石器文化を語る会岩手大会 2017年12月 
ストーンボイリングおよび関連した文化革新/ 退行についての民族誌データ
山田和史,中沢祐一
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会 2017年12月 
北海道東北部・北見盆地における現生人類遺跡の考古学的調査: 共栄3遺跡(置戸町)の試掘調査の成果
中沢祐一,長沼正樹,廣松滉一,赤井文人,尾田識好,吉留頌平,中村雄紀, 内田和典,種石 悠,富塚 龍,高倉 純,出穂雅実
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会 2017年12月 
資源利用の集約化とストーンボイリング―パレオアジアの礫群分析に向けたヨーロッパ後期
中沢祐一
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会 2017年05月 
黒曜石水和層法による北海道最終氷期の石器群の時間的関係:旧白滝3遺跡の検討例
中沢祐一・直江康雄・坂本尚史
北海道旧石器文化研究会2016年度定例研究会 2017年03月 
北海道東北部の北見盆地における現生人類遺跡の考古学的踏査
中沢祐一・田村昌文・長沼正樹・赤井文人・種石 悠
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会 2017年02月 
考古資料に基づく後期旧石器時代の社会・人間行動復元の現状と課題
中沢祐一・出穂雅実
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会 2016年11月 
北アメリカの先史文化の誕生と北海道の旧石器文化
中沢祐一
北方民族博物館平成28年度講座 2016年08月 
Measuring Obsidian Hydration Rim using the Optical Microscope and Micro-Imaging with Secondary Ion Mass Spectrometry: A Case Study from the Stratified Open-Air Site of Jozuka in Southern Kyushu, Japan
Yuichi Nakazawa, Sachio Kobayashi, Hisayoshi Yurimoto, Fumito Akai, and Hidehiko Nomura
The 8th Meeting of the Asian Paleolithic Association 2016年06月 
An application of obsidian hydration dating to prehistoric sites in Japan
Nakazawa, Y., and Akai, F.
The 80th Annual Meeting of the Society for American Archaeology 2015年04月 
The lithic technological strategies in the Upper Paleolithic of Hokkaido: a view to the transition from the LGM to post-LGM
Yuichi Nakazawa
The 7th international symposium of the Asian Paleolithic Association 2014年11月 
完新世の考古遺跡に関する黒曜石水和層年代
中沢祐一
日本第四紀学会2014年大会 2014年09月 
炉跡周辺の廃棄行動
中沢祐一
第17回石器文化研究交流会 2014年01月 
A functional analysis of chipped stone tools from the LGM microblade assemblages in Hokkaido, northern Japan
Iwase, A., and Nakazawa, Y.
International Workshop of “Changes in Behavioral and Technological Adaptation around the LGM in Eurasia” 2013年11月 
Production of the LGM microblades: an examination of the refitted microblade/blade cores from the Kashiwadai 1, Hokkaido
Akai, F., and Nakazawa, Y.
Paper presented at the International Workshop of “Changes in Behavioral and Technological Adaptation around the LGM in Eurasia” 2013年11月 
On the spatial patterns of artifact scatters at the LGM site of Kashiwadai 1
Hayashi, K., Nakazawa, Y., and Izuho, M.
International Workshop of “Changes in Behavioral and Technological Adaptation around the LGM in Eurasia” 2013年11月 
黒曜石水和層法における計測値の評価
中沢祐一
日本第四紀学会2013年大会 2013年08月 
二次加工部の形態変異について:北海道LGM石器群の分析から
中沢祐一、岩瀬 彬、出穂雅実
日本旧石器学会第11回大会 2013年06月 
黒曜石水和層法の新しい方向
中沢祐一
北海道旧石器文化研究会 2013年05月 
An evaluation of site occupation intensity: hearth-centered spatial organization at the Upper Paleolithic open-air site of Kawanishi C, Hokkaido, Japan
Nakazawa, Y., Iwase, A., Izuho, M., Yamahara, T., and M. Kitazawa
78th Annual Meeting of the Society for American Archaeology 2013年04月 
Use-wear analysis of the portable blade tools: organization of technology among the Upper Paleolithic foragers in Hokkaido
Iwase, A. and Y. Nakazawa
78th Annual Meeting of the Society for American Archaeology 2013年04月 
Toward a reexamination of the Last Glacial Maximum occupation of Kashiwadai 1
Nakazawa, Y.
Upper Paleolithic Geochronology around the LGM in Northeast Asia 2012年11月 
アメリカ合衆国における文化資源管理—南西部ニューメキシコ州の例―
中沢祐一
第66回日本人類学会大会 2012年11月 
北海道の細石刃石器群について―発生から展開へ―
中沢祐一
戸沢充則先生追悼シンポジウム:細石刃石器群研究へのアプローチ 2012年07月 
携帯性石刃石器はどのように使われたのか―北海道帯広市川西C遺跡出土石器の使用痕分析―
岩瀬 彬, 中沢祐一
日本旧石器学会第10回大会 2012年06月 
遺跡形成過程にみる開地遺跡における居住強度の変化
中沢祐一
日本旧石器学会第10回大会 2012年06月 
On the Stone Tool Assemblage Variability in Hokkaido and Emergence of Microblade Technology in Northern Eurasia
Nakazawa, Y. and S. Yamada
Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia 2011年12月 

受賞

2014年06月
日本旧石器学会奨励賞(第1回) 
2011年08月
日本第四紀学会論文賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2014年06月
日本旧石器学会奨励賞(第1回) 
2011年08月
日本第四紀学会論文賞 

社会貢献

委員歴

2016年06月
-
現在
日本旧石器学会 研究企画委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2016年06月
-
現在
日本旧石器学会 研究企画委員

ページトップへ