研究者データベース

野村 恭史(ノムラ ヤスシ)
文学研究院 人文学部門 哲学宗教学分野
助教

基本情報

所属

  • 文学研究院 人文学部門 哲学宗教学分野

職名

  • 助教

学位

  • 博士(文学)(北海道大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • ウィトゲンシュタイン   論理   言語   Wittgenstein   Logic   Language   

研究分野

  • 人文・社会 / 哲学、倫理学

職歴

  • 2007年04月 - 現在 北海道大学 大学院文学研究科 助教
  • 2002年04月 - 現在 千歳科学技術大学 非常勤講師
  • 2002年04月 - 2007年03月 北海道大学 大学院文学研究科 助手
  • 2005年 Apr 2005-Sep 2005 Part-time Teacher, Chitose Institute
  • 2004年 Apr 2004-Sep 2004 Part-time Teacher, Chitose Institute
  • 2002年09月 - 2003年03月 札幌学院大学 人文学部 非常勤講師
  • 2003年 Apr 2003-Sep 2003 Part-time Teacher, Chitose Institute
  • 2001年09月 - 2002年03月 札幌学院大学 人文学部 非常勤講師
  • 1999年04月 - 2002年03月 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2002年 Sep 2002-Mar 2003 Part-time Teacher, Sapporo Gakuin
  • 2002年 Apr 2002-Sep 2002 Part-time Teacher, Chitose Institute
  • 2001年 Sep 2001-Mar 2002 Part-time Teacher, Sapporo Gakuin
  • 1996年04月 - 1999年03月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 1999年 Apr 1999-Mar 2002 Postdoctoral Fellow, Japan Society for
  • 1996年 Apr 1996-Mar 1999 Fellow, Japan Society for the
  • of Science and Technology
  • of Science and Technology
  • of Science and Technology
  • University
  • of Science and Technology
  • University
  • the Promotion of Science
  • Promotion of Science

学歴

  •         - 2000年   北海道大学   文学研究科
  •         - 2000年   北海道大学
  •         - 1994年   北海道大学   文学部   哲学科
  •         - 1994年   北海道大学

所属学協会

  • 日本哲学会   日本科学哲学会   科学基礎論学会   北海道哲学会   北海道大学哲学会   Philosophical Association of Japan   Philosophy of Science Society, Japan   Japan Association for Philosophy of Science   Hokkaido Phiolosophical Society   Philosophical Society of Hokkaido University   

研究活動情報

論文

  • ラッセルの「麻痺」とウィトゲンシュタイン―多項関係理論再訪
    野村 恭史
    北海道哲学会編『哲学年報』 65 23 - 46 2019年09月 [査読有り][通常論文]
  • Tractatus on Functions and Hierarchy
    野村 恭史
    A. Siegetsleitner, A. Oberprantacher and M.-L. Frick (eds.), Crisis and Critique: Philosophical Analysis and Current Events: Contributions of the 42nd International Wittgenstein Symposium 42 177 - 180 2019年08月 [査読有り][通常論文]
  • Universals without Instantiations: A Metaphysical Implication of the Tractatus
    野村 恭史
    S. Majetschak & A. Weiberg (eds.), Aesthetics Today: Contemporary Approaches to the Aesthetics of Nature and of Art: Papers of the 39th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society 39 186 - 188 2016年08月 [査読有り][通常論文]
  • ラッセルにおける無限クラスの存在証明とパラドクス
    野村 恭史
    北海道哲学会『哲学年報』 62 1 - 28 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Nonsense Passing through Type Distinctions: Wittgenstein's Criticism to Russell in 1913 Revisited
    野村 恭史
    C. Kanzian, J. Mitterer & K. Neges (eds.), Realism - Relativism - Constructivism:Papers of the 38th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society 38 209 - 211 2015年08月 [査読有り][通常論文]
  • 『数学の原理』におけるラッセルのパラドクスとクラスの理論
    野村 恭史
    科学基礎論学会編『科学基礎論研究』 41 1 23 - 36 2013年11月 [査読有り][通常論文]
  • 『数学の原理』におけるラッセルのパラドクスと命題関数の理論
    野村 恭史
    日本科学哲学会編『科学哲学』 46 1 17 - 33 2013年07月 [査読有り][通常論文]
  • ラッセル的実在論とパラドクス―『原理』から『プリンキピア』にいたる或る存在論的差異について
    野村 恭史
    北海道大学哲学会編『哲学』 48 247 - 266 2012年08月 [査読有り][通常論文]
  • Realism without Logical Objects: Tractarian Philosophy of Logic(al Form)
    Yasushi NOMURA
    M. G. Weiss & H. Greif (eds.), Ethics, Society, Politics:Papers of the 35th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society 35 245 - 247 2012年08月 [査読有り][通常論文]
  • How Many Forms Are There in the Tractatus?
    Yasushi NOMURA
    C.Jaeger & W.Loeffler (eds.), Epistemology: Contexts, Values, Disagreement:Papers of the 34th International Wittgenstein Symposium , Austrian Ludwig Wittgenstein Society 34 221 - 223 2011年08月 [査読有り][通常論文]
  • 山田圭一著『ウィトゲンシュタイン最後の思考―確実性と偶然性の邂逅』(書評論文)
    野村 恭史
    日本科学哲学会編『科学哲学』 44 1 49 - 57 2011年07月 [査読有り][招待有り]
  • Against the Psychologistic Reading of the Tractatus 3.11
    Yasushi NOMURA
    E.Nemeth, R.Heinrich & W.Pichler (eds.), Image and Imaging in Philosophy, Science, and the Arts:Papers of the 33rd International Wittgenstein Symposium, Austrian Wittgenstein Society 33 239 - 241 2010年08月 [査読有り][通常論文]
  • 「書評」に応えて
    野村 恭史
    『北海道大学文学研究科紀要』 128 103 - 138 2009年07月 [査読無し][通常論文]
  • 失われた「観念論」論争―フレーゲ vs.ウィトゲンシュタイン
    野村 恭史
    岩波書店『思想』 1013 54 - 73 2008年09月 [査読無し][招待有り]
  • 『論考』とタイプ理論―『プリンキピア』第二版を手がかりに―
    野村 恭史
    科学基礎論学会編『科学基礎論研究』 105 39 - 47 2006年03月 [査読有り][通常論文]
  • 分岐タイプと還元公理―『プリンキピア・マテマティカ』新旧両版の内的連関をめぐって―
    野村 恭史
    『北海道大学文学研究科紀要』 116 1 - 24 2005年07月 [査読無し][通常論文]
  • 規則と意味―或る論争をめぐって
    野村 恭史
    北海道哲学会編『哲学年報』 52 35 - 52 2005年07月 [査読有り][通常論文]
  • 「ポチは白い」は要素命題でありうるか―野矢茂樹著『ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む』を読む(書評論文)
    野村 恭史
    日本科学哲学会編『科学哲学』 37 1 61 - 75 2004年07月 [査読有り][通常論文]
  • The Color-Exclusion Problem Revisited
    Yasushi NOMURA
    R.Haller & K.Puhl (eds.), Wittgenstein and the Future of Philosophy:A Reassessment after 50 Years:Papers of the 24th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society 24 130 - 135 2001年08月 [査読有り][通常論文]
  • プレ『論考』期におけるウィトゲンシュタイン意味論の変遷
    野村 恭史
    日本科学哲学会編『科学哲学』 33 1 43 - 53 2000年05月 [査読有り][通常論文]
  • 『論考』における像と形式
    野村 恭史
    科学基礎論学会編『科学基礎論研究』 90 57 - 62 1998年03月 [査読有り][通常論文]
  • 『論考』における要素命題について
    野村 恭史
    北海道大学哲学会編『哲学』 33 1 - 16 1997年07月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • 『これからのウィトゲンシュタイン -刷新と応用のための14 篇』 担当「階層と実在―『論理哲学論考』における「関数」のリダンダンシーについて―」
    共著、荒畑靖宏・山田圭一・古田徹也 編著 リベルタス出版 2016年
  • 『哲学の歴史〈11〉論理・数学・言語』 担当「前期ウィトゲンシュタイン」
    (担当:共著)
    共著、飯田隆編著、中央公論新社 2007年
  • 『哲学の問題群―もういちど考えてみること』
    共著、麻生博之・城戸淳編著、ナカニシヤ出版 2006年
  • ジョン・R・サール『表現と意味―言語行為論研究』
    共訳、山田友幸監訳、誠信書房 2006年
  • 『ウィトゲンシュタインにおける言語・論理・世界―『論考』の成立と崩壊』
    単著、ナカニシヤ出版 2006年

講演・口頭発表等

  • Tractatus on Functions and Hierarchy  [通常講演]
    野村 恭史
    The 42nd International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, in Kirchberg am Wechsel, Lower Austria 2019年08月 口頭発表(一般)
  • ラッセル記述の理論は存在論的含意をもつか?  [招待講演]
    野村 恭史
    山田友幸先生ご退職記念シンポジウム 2019年03月 口頭発表(一般)
  • 「付録B」タイプ理論とは何だったのか―ラッセル『数学の原理』再考―  [通常講演]
    野村 恭史
    北海道哲学会、北海道大学 2017年07月 口頭発表(一般)
  • 階層と実在―『論考』における「関数」のリダンダンシーについて―  [招待講演]
    野村 恭史
    シンポジウム「これからのウィトゲンシュタイン―刷新と応用」慶應義塾大学 2016年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Universals without Instantiations: A Metaphysical Implication of the Tractatus  [通常講演]
    野村 恭史
    The 39th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, Kirchberg am Wechsel, Lower Austria 2016年08月 口頭発表(一般)
  • Nonsense Passing through Type-Distinctions: Wittgenstein's Criticism to Russell in 1913 Revisited  [通常講演]
    野村 恭史
    The 38th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, Kirchberg am Wechsel, Lower Austria 2015年08月 口頭発表(一般)
  • 無事実理論から無命題理論へ―初期ラッセル真理論の展開  [通常講演]
    野村 恭史
    北海道哲学会、北海道大学 2014年07月 口頭発表(一般)
  • Ontological Resources for Existence-Theorems of Infinite Classes in Russell  [招待講演]
    野村 恭史
    Workshop concerning Early Analytic Philosophy, coordinated by Professor Takashi Iida, Nihon University 2014年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Unrestricted Variables and the Theory of Judgement: Russell-Wittgenstein Dispute in 1913  [通常講演]
    野村 恭史
    "Russell and Wittgenstein at the Crossroads: 1911-1921" (conference in memory of Leonard Linsky), The Bertrand Russell Reserach Center, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada 2013年11月 口頭発表(一般)
  • Realism without Logical Objects: Tractarian Philosophy of Logic(al) Form  [通常講演]
    野村 恭史
    The 35th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, in Kirchberg am Wechsel, Lower Austria 2012年08月 口頭発表(一般)
  • How Many Forms Are There in the Tractatus?  [通常講演]
    野村 恭史
    The 34th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, in Kirchberg am Wechsel, Lower Austria 2011年08月 口頭発表(一般)
  • ラッセル的実在論とパラドクス―『原理』から『プリンキピア』にいたる或る存在論的差異について  [通常講演]
    野村 恭史
    北海道大学哲学会、北海道大学 2011年07月 口頭発表(一般)
  • Against the Psychologistic Reading of the Tractatus 3.11  [通常講演]
    野村 恭史
    The 33rd International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, in Kirchberg am Wechsel, Lower Austria 2010年08月 口頭発表(一般)
  • 規則と意味―懐疑論を閉じ込める―  [通常講演]
    野村 恭史
    北海道哲学会、札幌学院大学 2004年07月 口頭発表(一般)
  • 他者と出会う場所―翻訳・コミュニケーション・他者―  [招待講演]
    野村 恭史
    北海道大学哲学会、シンポジウム「他者」、北海道大学 2001年12月 口頭発表(基調)
  • The Color-Exclusion Problem Revisited  [通常講演]
    Yasushi NOMURA
    The 24th International Wittgenstein Symposium, Austrian Ludwig Wittgenstein Society, in Kirchberg am Wechsel, Lower Austria 2001年08月 口頭発表(一般)
  • 『論考』における論理的対称主義  [通常講演]
    野村 恭史
    日本哲学会、上智大学 1999年05月 口頭発表(一般)
  • 『論考』の意味論の形式的再構成  [通常講演]
    野村 恭史
    日本科学哲学会、鹿児島大学 1998年11月 口頭発表(一般)
  • 『論考』における像と形式  [通常講演]
    野村 恭史
    科学基礎論学会、北海道大学 1997年06月 口頭発表(一般)
  • 『論理哲学論考』における要素命題について  [通常講演]
    野村 恭史
    北海道大学哲学会、北海道大学 1996年07月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

  • 事典項目執筆「意味」「分析哲学」
    野村 恭史 電子版『イミダス』、集英社 2013年03月 [査読無し][招待有り]
  • 川崎誠著『言語哲学への新視角―ウィトゲンシュタインはソシュールを読んだ!』書評
    野村 恭史 『図書新聞』 (3043) 2011年12月 [査読無し][招待有り]
  • Some Channel Theoretic Considerations on Situations and Information (jointly worked)
    Tomoyuki YAMADA, Yasushi NOMURA Language Understanding and Action Control, Annual Project Report (Grand-in-Aid for Creative Vasic Research 13NP0301) pp.11-20 2003年 [査読無し][招待有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 言語と論理の哲学
    その他の研究制度
    研究期間 : 2002年 -2010年
  • Philosophy of Language and Logic
    The Other Research Programs
    研究期間 : 2002年 -2010年

教育活動情報

主要な担当授業

  • 現代哲学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 言語、論理、意味、存在
  • 近現代哲学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 言語、論理、意味、存在
  • 哲学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : ラッセル,マイノング,存在論,有,非有,外有,存在,存立,命題,事実,真偽
  • 思索と言語
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 哲学,生きる,心,心と身体,私,アイデンティティー,他者の心,自由と必然,よい,相対主義,義務論、功利主義、死,愛,幸福
  • 思索と言語
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 言語,論理,意味,固有名,同一性,存在,存在論的証明,述語,概念,イデア論,フレーゲ,ミル,クリプキ,アンセルムス,カント,バークリー、ヒューム
  • 歴史・文化モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : ラッセル,マイノング,存在論,有,非有,外有,存在,存立,命題,事実,真偽


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.