研究者データベース

佐藤 明(サトウ アキラ)
北海道大学病院 口腔系歯科
講師

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 口腔系歯科

職名

  • 講師

学位

  • 歯学博士(北海道大学)

科研費研究者番号

  • 90271684

J-Global ID

研究キーワード

  • 腫瘍学   口腔外科学   Oncology   Oral Surgery   

研究分野

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学
  • ライフサイエンス / 外科系歯学

職歴

  • 1995年 - 2007年 北海道大学助手(大学院歯学研究科口腔病態学講座口腔診断内科学) 助手
  • 1995年 - 2007年 Research Associate
  • 2007年 - 北海道大学講師(北海道大学病院) 講師
  • 2007年 - Lecturer

学歴

  •         - 1985年   北海道大学   歯学部   歯学科
  •         - 1985年   北海道大学

所属学協会

  • 口腔顎顔面外傷学会   口腔診断学会   日本歯科医学会   北海道歯学会   国際口腔顎顔面外科学会   日本口腔腫瘍学会   日本頭頸部癌学会   日本口腔科学会   日本口腔外科学会   Japanese Association for Dental Science   Hokkaido Association for Dental Science   International Association of Oral and Maxillofacial Surgeons   Japan Society for Oral Tumors   Japanese Society for Head and Neck Cancer   Japanese Stomatological Society   Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons   

研究活動情報

論文

  • J. Sato, Y. Kitagawa, S. Watanabe, T. Asaka, N. Ohga, K. Hirata, T. Shiga, A. Satoh, N. Tamaki
    International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 47 5 553 - 560 2018年05月01日 [査読無し][通常論文]
     
    Tumour hypoxia can be detected by 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography (FMISO-PET). Few studies have assessed the relationships of new PET parameters, including hypoxic volume (HV), metabolic tumour volume (MTV), and total lesion glycolysis (TLG), with 5-year survival of patients treated surgically for oral squamous cell carcinoma (OSCC). This study evaluated the relationships between these PET parameters and 5-year survival in OSCC patients. Twenty-three patients (age 42–84 years 15 male, eight female) with OSCC underwent FMISO- and 18F-fluoro-2-deoxyglucose (FDG)-PET computed tomography before surgery. All of them underwent radical surgery and were followed up for more than 5 years. The FDG-PET maximum standardized uptake value (SUVmax), HV, MTV, and TLG were measured. The ability of PET parameters to predict disease-free survival (DFS) and loco-regional recurrence (LR) was evaluated using receiver operating characteristic curve analysis. During the follow-up period, five of the 23 patients (22%) died and six (26%) experienced LR. Although FDG-PET SUVmax was not significantly associated with DFS or LR, HV correlated significantly with both DFS and LR. TLG, but not MTV, was significantly associated with DFS however neither MTV nor TLG was related significantly to LR. In conclusion, tumour HV may predict outcomes in patients with OSCC.
  • Kazuhito Yoshikawa, Makiko Onodera-Kyan, Yoshimasa Kitagawa, Akira Satoh, Jun Sato, Tetsuya Kitamura, Tohru Shiga, Shiro Watanabe, Nagara Tamaki
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 30 319 - 323 2018年 [査読無し][通常論文]
     
    Objective: FDG-PET has been shown useful in the staging of malignant lymphoma (ML) and in evaluating treatment outcomes. Serum concentration of soluble interleukin-2 receptor (sIL-2R) has also been shown prognostic in patients with MLs. This study analyzed the clinical possibility of baseline FDG-PET parameters, such as maximum standardized uptake values (SUVmax), metabolic tumor volume (MTV), total lesion glycolysis (TLG), and serum sIL-2R and lactate dehydrogenase (LDH) concentrations, as prognostic variables in patients with oral and neck non-Hodgkin's lymphoma (NHL). Methods: Baseline FDG-PET parameters and serum protein concentrations were correlated with 2-year prognosis in 12 patients with oral and neck NHL. The optimal cutoff values for FDG SUVmax, serum sIL-2R and LDH were determined by receiver operating characteristics analyses. Results: At 2-year follow up, seven patients remained alive (good prognosis), and five had died (poor prognosis). The median FDG SUVmax was significantly higher in the poor than in the good prognosis groups (P = 0.04), but serum sIL-2R concentrations did not differ significantly between the two groups (P = 0.09). Baseline MTV and TLG were significantly higher in patients with poor than with good prognosis (P = 0.02 each). Serum LDH levels was significantly higher in patients with poor than with good prognosis (P = 0.01). Univariate logistic regression analysis showed significant correlations between FDG SUVmax and patient prognosis (P = 0.04, odds ratio, 23.4). Conclusion: Comprehensive evaluation of baseline FDG SUVmax may have possibility for predicting the prognosis of patients with oral and neck NHLs.
  • Kosuke Ishikawa, Yuhei Yamamoto, Hiroshi Furukawa, Yoichi Ohiro, Akira Satoh, Toshihiko Hayashi
    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY 75 12 2682 - 2688 2017年12月 [査読無し][通常論文]
     
    Purpose: This study evaluated short-term and long-term changes in bone height after mandibular reconstruction using an osteotomized fibula graft, with the aim of identifying factors associated with atrophy of the graft in an elderly population. Patients and Methods: This retrospective study involved patients who underwent mandibular reconstruction using a free vascularized fibula graft from 2005 through 2015 and had at least 12 months of follow-up. Postoperative panoramic radiographs were used to measure bone height at standardized locations on each segment of the graft at 1 year postoperatively and at later follow-up. Results: The sample was composed of 30 patients (15 men, 15 women; mean age, 62.6 years; age range, 50 to 80 years). According to the HCL classification (H, hemimandibular segment including the condyle; C, central segment including both mandibular canine teeth; L, lateral segment without the condyle), mandibular defect types were L (n = 19), LC (n = 7), LCL (n = 3), and H (n = 1). There were 0 to 3 segmental osteotomies with the fibula graft. None of the patients received an osseointegrated dental implant during a mean follow-up of 4.0 years (range, 1.5 to 9.7 yr). All patients underwent reconstruction of the mandibular body, 10 of whom also underwent reconstruction of the mandibular ramus. Atrophy of the fibula graft was observed in 9.9 and 15.0% of the body segment and 5.9 and 6.6% of the ramal segment at 1 year postoperatively and at later follow up, respectively. Graft hypertrophy occurred in the ramal segment in 2 patients. Multivariate analysis showed a significantly higher rate of graft atrophy in women than in men at later follow-up (P = .033). Conclusions: Fibula grafts showed long-term stability, and in 2 cases even a gain in bone height, in this elderly population. Female gender was identified as a risk factor for atrophy of the fibula bone graft in the body segment of the reconstructed mandible. (c) 2017 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons
  • 秦 浩信, 佐藤 明, 宮腰 昌明, 吉川 和人, 清水 六花, 林 利彦, 箕輪 和行, 北川 善政
    日本口腔腫瘍学会誌 29 1 1 - 8 (一社)日本口腔腫瘍学会 2017年03月 [査読無し][通常論文]
     
    口腔癌の血管柄付遊離皮弁再建術後に生じた中心静脈カテーテル関連深部静脈血栓症を2例経験したので報告するとともに、北海道大学病院では2014年7月から「歯科医師のための血栓発見時の対応マニュアル」の運用を行っているので紹介する。症例1:60歳男性。右口底癌cT4aN1M0の診断で、2010年5月に右頸部郭清術、口底悪性腫瘍切除術、前外側大腿皮弁による再建術を施行した。麻酔の導入時に大腿静脈より中心静脈カテーテルが挿入され、術後5日目で抜去した。術前の4月の上部消化管内視鏡検査で早期胃癌が発見されたため、内視鏡的粘膜剥離術を予定し、8月に腹部造影CTを撮像したところ、下大静脈内に7cm長の血栓が認められた。深部静脈血栓症の診断のもと循環器内科の指示でワルファリンカリウムの内服を開始した。2週後の腹部造影CTで下大静脈血栓の縮小を認め、2ヵ月後に血栓の消失が確認された。症例2:69歳女性。左舌癌cT2N0M0の診断で、2014年2月に左頸部郭清術、舌亜全摘術、前外側大腿皮弁による再建術を施行した。麻酔の導入時に大腿静脈より中心静脈カテーテルが挿入され、術後7日目で抜去した。術後1週間でプロスタグランジンE1製剤が原因と考えられる薬剤性肝機能障害を認めたため、腹部超音波検査、腹部造影CTを施行した。その際に、右大腿静脈、右総腸骨静脈〜下大静脈にかけて血栓形成が発見され、深部静脈血栓症の診断のもとヘパリンナトリウムを開始した。1週間後の腹部造影CTにて血栓の消失が確認された。(著者抄録)
  • 放射線性骨壊死による病的下顎骨骨折2例の臨床的比較と文献的考察
    黒嶋 雄志, 浅香 卓哉, 秦 浩信, 佐藤 明, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 14 2 107 - 113 日本口腔顎顔面外傷学会 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    症例1は72歳男性で、左側下顎第一大臼歯が自然脱落し、骨露出が指摘され、紹介受診となった。左側下顎体部腫脹はなく、オトガイ部の知覚の左右差はなかった。左側下顎第一大臼歯部に腐骨を示唆する色調の表面粗造な骨が露出していた。パノラマX線で当該部に骨の陥凹があり、歯槽硬線は消失していた。単純CTで当該部海綿骨は下顎下縁近傍まで不規則に消失し、残存する骨梁は高吸収値を示し、硬化性変化が示唆された。放射線性骨壊死と診断し、高気圧酸素療法(HBO)を併用した外科的消炎術を行った。その後、治療に難渋し、再建術、プレート除去術を行い、軟組織の治癒はゆっくりではあるが創部は閉鎖し、感染再燃はなく良好に経過した。症例2は76歳女性で、左側下顎第二大臼歯の疼痛と腫脹を自覚し同歯を抜歯された。治癒不全となり紹介受診した。左側下顎体部の腫脹はなく、左側オトガイ部の知覚鈍麻を認めた。左側下顎第二大臼歯の骨が露出し、周囲歯肉の腫脹と疼痛を認めた。パノラマX線で左側下顎大臼歯部に不規則な形態の透過像を認め、単純CTで当該部の海綿骨下顎下縁近傍まで不規則に消失し、下顎下縁付近に舌側皮質骨の穿孔を認めた。放射線性骨壊死と臨床診断し、HBO併用の外科的消炎術を施行した。術後に創部の骨露出が再燃し、術後1年で病的骨折を生じた。経過観察のみで継続し、術後4年経過まで、骨性癒合は得られなかったが、感染所見もなく骨折に起因する日常生活の支障は生じなかった。
  • Jun Sato, Takeshi Kuroshima, Mayumi Wada, Akira Satoh, Shiro Watanabe, Shozo Okamoto, Tohru Shiga, Nagara Tamaki, Yoshimasa Kitagawa
    ODONTOLOGY 104 2 239 - 243 2016年05月 [査読無し][通常論文]
     
    This study describes the use of F-18-fluoro-2-deoxyglucose positron emission tomography (FDG-PET) to detect a chronic odontogenic infection as the possible origin of a brain abscess (BA). A 74-year-old man with esophageal carcinoma was referred to our department to determine the origin of a BA in his oral cavity. He had no acute odontogenic infections. The BA was drained, and bacteria of the Staphylococcus milleri group were detected. Whole body FDG-PET revealed that the only sites of definite uptake of FDG were the esophageal carcinoma and the left upper maxillary region (SUVmax: 4.5). These findings suggested that the BA may have originated from a chronic periodontal infection. Six teeth with progressive chronic periodontal disease were extracted to remove the possible source of BA. These findings excluded the possibility of direct spread of bacteria from the odontogenic infectious lesion to the intracranial cavity. After extraction, there was no relapse of BA.
  • Jun Sato, Manabu Ohuchi, Mayumi Wada, Noritaka Ohga, Takuya Asaka, Kazuhito Yoshikawa, Masaaki Miyakoshi, Hironobu Hata, Akira Satoh, Yoshimasa Kitagawa
    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY 120 6 751 - 760 2015年12月 [査読無し][通常論文]
     
    Objective. Sequential postoperative salivary interleukin-6 (IL-6) concentrations were examined in patients with oral squamous cell carcinoma (OSCC) who had early or late locoregional recurrences or those who did not. Study Design. Twenty-seven consecutive patients with OSCC were originally included in the study. All patients underwent radical surgery. Four saliva samples were collected before (periods I and II) and after (periods III and IV) surgery, and IL-6 concentrations were measured. Results. Although postoperative (period III: at the time of discharge) salivary IL-6 level was significantly higher in patients with early locoregional recurrence (P = .02) than in those without, no such relationships were observed for preoperative IL-6 concentrations (periods I and II). Postoperative (period IV: 24 months after surgery) IL-6 level was significantly higher in patients with late locoregional recurrence (P = .03) than in those without, but no such relationships were observed for IL-6 concentrations in periods I, II, and III. Conclusions. Sequential postoperative salivary IL-6 concentration may be a useful marker for diagnosis of early and late locoregional recurrence in OSCC.
  • Akira Satoh, Noritaka Ohga, Takuya Asaka, Yoshimasa Kitagawa
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 27 6 829 - 833 2015年11月01日 [査読無し][通常論文]
     
    Radiotherapy for oral cancer that has caused jaw absorption has been reported occasionally to result in bone regeneration, but this regeneration is generally partial. We report a case of marked bone production from the mandibular head to the reconstructed fibula after chemoradiotherapy for the recurrent tumor. A 50-year-old man had undergone upper neck dissection, mandibular segmental resection and reconstruction using a free vascularized fibula osteocutaneous flap for a primary intraosseous squamous cell carcinoma in the right mandible. Six months later, CT showed tumor recurrence with bone destruction from the mandibular head to the reconstructed fibula. He received chemoradiotherapy, consisting of radiotherapy (70 Gy in 28 fractions) with docetaxel (10 mg/m2 once weekly for 6 weeks) and cisplatin (4 mg/m2 daily for 28 days). Marked bone regeneration was observed, with the mandibular head and fibula almost completely recovering from bone destruction. At present, 7 years later, there has been no sign of tumor recurrence.
  • 口腔外から再建用プレート固定を行った無歯顎の外傷性両側下顎骨体部骨折の1例
    浅香 卓哉, 秦 浩信, 宮腰 昌明, 坂田 健一郎, 佐藤 明, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 13 1 1 - 5 日本口腔顎顔面外傷学会 2014年11月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は75歳男性で、転倒して下顎を強打し、疼痛および開口障害が生じた。X線で萎縮した無歯顎の両側下顎骨体部に骨折を認め、左側では小骨片の変位がみられた。手術適応と考えたが、口内法によるミニプレート固定では義歯の支持域を避けての強固な固定を得ることは困難と判断し、口腔外から固定を行う方針とした。下顎下縁の切開により骨折部を明示し、骨片を徒手整復した後、厚さ2mmの再建用6穴チタンプレート2枚およびロッキングスクリュー12本を用いてmonocorticalに固定を行った。さらに義歯支持域の歯槽頂を避けて、厚さ1mmのミニプレートおよび5mmのスクリュー8本で追加固定した。術後左側顔面神経下顎縁枝領域に軽度の麻痺を認めたが、7日目には消失し、総義歯装着も可能であった。10ヵ月経過して骨片間の良好な骨癒合を認め、プレートやスクリューの脱落などもない。
  • 坪井 香奈子, 山崎 裕, 小野寺 麻記子, 吉川 和人, 宮腰 昌明, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 淳, 佐藤 明, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 60 4 186 - 192 (公社)日本口腔外科学会 2014年04月 [査読無し][通常論文]
     
    注射用ビスフォスフォネート製剤(注射用BP)投与前・投与中の悪性腫瘍患者69例を対象に、投与前に歯科管理あり群(36例)と投与中で歯科管理なし群(33例)に分け、注射用BP関連顎骨壊死(BRONJ)との関連について検討した。使用注射用BPは全例ゾレドロン酸であった。歯科管理あり群では、口腔内ケアのみ10例、抜歯適応26例であった。注射用BP投与前抜歯19例中抜歯後3ヵ月以上の経過観察可能であった13例では、全例で抜歯時にリスク因子(抗腫瘍薬、ステロイド、糖尿病)を認め、抜歯後注射用BP投与までの期間は平均35日であり、全例でBRONJ発症は認めなかった。歯科管理なし群では、初診時にBRONJを16例に認め、発症までの平均BP投与期間は34ヵ月、発症契機は抜歯10例、観血的処置以外6例であった。初診時非BRONJの17例中15例で歯科的感染源があり、保存的処置12例中2例で、抜歯3例中2例でBRONJを発症した。抜歯を契機にBRONJ発症が11例であった。
  • Jun Sato, Manabu Ohuchi, Keigo Abe, Takehiko Satoh, Takahiro Abe, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Ken-ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
    HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK 35 6 889 - 894 2013年06月 [査読無し][通常論文]
     
    Background We have demonstrated that salivary interleukin-6 (IL-6) concentrations change during the treatment in patients with oral squamous cell carcinoma (OSCC). We sought to elucidate the correlations between salivary IL-6 concentration and early locoregional recurrence in OSCC. Methods Stimulated saliva was collected before and after surgery from 27 consecutive patients with OSCC. Recurrence-free survival (RFS) curves were plotted using the KaplanMeier method. Results Of the 27 patients, 11 (41%) were diagnosed with locoregional recurrence within 24 months postsurgery. The median concentrations of IL-6 presurgery and postsurgery were 2.8 pg/mL and 2.1 pg/mL, respectively. The median postsurgery concentration of IL-6 was significantly higher in patients with than without locoregional recurrence (p = .02). Multivariate analysis revealed that postsurgery salivary IL-6 concentration was an independent risk factor for locoregional recurrence (p = .03; risk ratio, 0.14). Conclusions Posttreatment concentration of salivary IL-6 may predict early locoregional recurrence in OSCC. (c) 2012 Wiley Periodicals, Inc. Head Neck, 2012
  • Takehiko Satoh, Jun Sato, Takahiro Abe, Akira Satoh, Kenji Imamachi, Yoshimasa Kitagawa
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 25 1 55 - 60 2013年01月 [査読無し][通常論文]
     
    Although tetanus is a rare condition in Japan, it still has a high mortality rate. As patients show trismus, dysphagia, and rigidity of the neck, they tend to consult specialists in dentistry, otolaryngology, and orthopedics. Sometimes, accurate diagnosis of tetanus is not made at the first consultation. Here, we report a case of tetanus referred to our department that was appropriately managed with early diagnosis. Moreover, we reviewed the literature concerning 47 patients with tetanus from 2000 in Japan regarding which department they visited first, the initial diagnosis, and clinical courses of the patients. The orders of the first visiting departments were otolaryngology, internal medicine, general surgery, orthopedics, emergency, and dentistry. Only 6 patients (6/47: 13%) were correctly diagnosed as having tetanus at the first diagnosis. In contrast, the remaining 41 cases did not receive a correct diagnosis at the first visit. Twenty patients (20/47: 43%) were diagnosed as "unknown etiology" After additional consultations, the final diagnosis of tetanus was made mainly in dentistry, emergency, otolaryngology, and internal medicine. As for the treatment, the patients received actual treatment for tetanus mainly in the department of emergency, internal medicine, anesthesiology, and neurological medicine. Thirty-two of the patients (32/47: 68%) entered the ICU. In conclusion, head and neck specialists should be equipped to make correct diagnosis in patients with tetanus. Close communication with specialists in the ICU is important, along with education of doctors, staff, and students regarding the importance of rapid diagnosis of tetanus. © 2012 Asian AOMS, ASOMP, JSOP, JSOMS, JSOM, and JAMI.
  • Makiko Kyan-Onodera, Chiharu Satoh, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Chihiro Sugiura, Ken-ichi Notani, Tadashi Iizuka, Masanobu Shindoh, Yoshimasa Kitagawa
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 25 1 97 - 100 2013年01月 [査読無し][通常論文]
     
    This article discusses a case of bilateral multiple cervical lymph node metastases of oncocytic carcinoma-an extremely rare neoplasm of the salivary glands-that was found in a 71-year-old Japanese female patient who presented with a painless swelling in the bilateral submandibular regions. Computed tomography demonstrated enlarged bilateral multiple lymph nodes. Multiple metastases to bilateral cervical lymph nodes were clinically suspected, and bilateral neck dissections were performed. The tumor tissue adjoined the submandibular gland with a thin fibrous connective tissue capsule. Histologically, the tumor was predominantly composed of large, round to polyhedral cells with fine granular eosinophilic cytoplasm, which were arranged in solid sheets, islands and cords. Ultrastructural analysis revealed numerous mitochondria with abnormal shapes packed in the cytoplasm of the neoplastic cells. The tumor was diagnosed as oncocytic carcinoma of the submandibular gland with bilateral multiple cervical lymph node metastases. The tumor developed neither recurrence nor distant metastasis for eight years after the operation. © 2012 Asian AOMS, ASOMP, JSOP, JSOMS, JSOM, and JAMI.
  • Jun Sato, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Makiko Onodera-Kyan, Takahiro Abe, Takehiko Satoh, Ken-ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY 113 3 424 - 424 2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • Jun Sato, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Makiko Onodera-Kyan, Takahiro Abe, Takehiko Satoh, Ken-ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY AND ENDODONTOLOGY 111 5 587 - 592 2011年05月 [査読無し][通常論文]
     
    Objective. We have previously reported that the histologic mode of invasion of oral squamous cell carcinoma (OSCC) is a significant risk factor for pain. Here we sought to determine whether pain is a risk factor for poor prognosis in patients with OSCC. Study design. We evaluated the relationships between overall survival rates and clinicopathologic variables, including gender, age, T- and N-stages, pathologic findings, and pain in 109 consecutive patients with untreated OSCC. Results. Of these 109 patients, 40 (37%) reported spontaneous pain. Univariate analysis showed that the overall survival rates of patients with spontaneous pain was significantly lower than those of patients without pain (P = .002). Multivariate analysis revealed that spontaneous pain and N-stage were significant independent predictors of overall survival rates. Conclusions. This is the first report showing that spontaneous pain before treatment may be associated with poor prognosis in patients with OSCC. (Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 2011;111:587-592)
  • Jun Sato, Jun Goto, Ayako Harahashi, Tsubasa Murata, Hironobu Hata, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Ken-ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
    SUPPORTIVE CARE IN CANCER 19 3 409 - 416 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Postoperative wound infection (WI) is a main complication after head and neck surgery. Poor oral health may be a risk factor for WI. We therefore assessed the contribution of oral health care in preventing postoperative WI in patients with oral squamous cell carcinoma (OSCC). A total of 66 consecutive inpatients with OSCC (mean age, 68 years) was divided into two groups that did or did not receive oral health care. There were no significant between group differences in gender, age, or T-, N-, or clinical stage. Patients in the care group were given oral health care plans by doctors of oral medicine, whereas patients in the control group were not. Twenty-three variables were recorded for each patient. WI was observed in 14/66 patients (21%), three (3/33 = 9%) in the care group and 11 (11/33 = 33%) in the control group (p < 0.025). Univariate statistical analysis showed that 11 factors correlated with WI significantly: T-stage, clinical stage, wearing of dentures, tracheostomy, neck dissection, tissue transplantation, oral health care, preoperative radiation, blood transfusion, operation time, and blood loss. In multiple logistic regression analysis, only two factors were significant independent risk factors for WI: tissue transplantation (p = 0.01; odds ratio, 24.5) and lack of oral health care (p = 0.04; odds ratio, 6.0). Oral health care may reduce the risk of postoperative WI in patients with OSCC.
  • 左外耳道癌術後に生じた咬合不全に対して非観血的に咬合誘導を行った1例
    北森 正吾, 佐藤 淳, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔診断学会雑誌 23 2 317 - 320 (一社)日本口腔診断学会 2010年10月 [査読無し][通常論文]
     
    52歳男。左外耳道癌の診断で、腫瘍切除術、左耳下腺全摘出術、腹直筋を用いた顔面再建術を受けた。その際左下顎頭への腫瘍の浸潤を認めたため、耳介、耳介周囲の皮膚、咬筋・側頭筋の一部、耳介側頭神経、左下顎頭の切除を受けた。また、左頸部郭清術を行った際、胸鎖乳突筋は切断、副神経は保存した。術直後より咬合不全を自覚した。左顔面神経麻痺および左三叉神経第3枝支配領域の知覚鈍麻症状を認めた。パノラマX線所見では、左下顎頭が下顎頸部で切断され、欠如していた。左外耳道癌術後ならびに左下顎頭切除に伴う咬合不全と診断した。侵襲的処置は行わず、口腔ケアの指導を行うとともに、上顎に咬合斜面版を付与したスプリントを装着して右側への下顎の咬合誘導を図った。入院19日目に退院した。明らかな後戻りを認めなかったため徐々にゴムかけ時間を減らすように指導し、2ヵ月後装置を除去した。
  • Jun Sato, Jun Goto, Tsubasa Murata, Shogo Kitamori, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Yoshimasa Kitagawa
    ORAL SURGERY ORAL MEDICINE ORAL PATHOLOGY ORAL RADIOLOGY AND ENDODONTOLOGY 110 3 330 - 336 2010年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Objective. The aim of this study was to elucidate changes in interleukin-6 (IL-6) levels in whole saliva during the treatment of patients with oral squamous cell carcinoma (OSCC). Study design. Twenty-nine consecutive inpatients with OSCC were enrolled. Stimulated saliva was collected just after hospitalization (period 1), just before main treatment (surgery in 26 cases; period 2), and at the time of discharge (period 3). The mean intervals were 11 +/- 8 days between periods 1 and 2 and 30 +/- 18 days between periods 2 and 3. Nineteen age-matched healthy control subjects were also recruited. Interleukin-6 concentrations were measured by a highly sensitive chemiluminescent enzyme immunoassay. Results. Interleukin-6 was detected in 23 out of 29 samples in the OSCC group in period 1. The concentration of IL-6 was significantly higher in the OSCC group (mean 20.1 +/- 36.3 pg/mL) than in the control subjects (0.6 +/- 0.8 pg/mL; P = .003). The mean concentration of IL-6 at period 2 was 43.6 +/- 95.6 pg/mL, significantly higher than at period 1 (P = .002), and at period 3 was 17.1 +/- 27.6 pg/mL (P = .52 [compared with period 2]). Conclusions. Interleukin-6 was up-regulated in saliva in the OSCC patients. The IL-6 level tended to increase before treatment, and it returned to baseline levels after treatment. (Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 2010;110:330-336)
  • Takeshi Nishioka, Masaharu Fujino, Akihiro Homma, Tetsuro Yamashita, Akira Sato, Keiichi Ohmori, Kenichi Obinata, Hiroki Shirato, Kenichi Notani, Masamichi Nishio
    YONSEI MEDICAL JOURNAL 51 4 557 - 561 2010年07月 [査読無し][通常論文]
     
    Purpose: Deciding on treatment carcinoma of the tongue when the tumor has a thickness of 1.5 cm or more is difficult. Surgery often requires wide resection and re-construction, leading to considerable functional impairment. A cesium implant is an attractive option, but according to the Manchester System, a two plane implant is needed. Materials and Methods: According to the textbook, a tumor is sandwiched between the needles, which are implanted at the edge of the tumor. This may cause an unnecessarily high dose to the outer surface of the tongue, which sometimes leads to a persistent ulcer. To avoid this complication, we invented a modified implantation method, and applied the method to five consecutive patients. Results: With a minimum follow-up of 2 years, all primary tumors in 5 consecutive patients have been controlled. No complications occurred in soft tissue of the tongue or in the mandible. Conclusion: Our modified Manchester System was feasible and effective for tumors that has a thickness of 1.5 cm or more.
  • 【口腔内科学的アプローチの現在】 口腔領域低侵襲手術
    佐藤 明
    歯科医療 24 2 72 - 78 (株)第一歯科出版 2010年04月 [査読無し][通常論文]
  • Jun Sato, Yutaka Yamazaki, Akira Satoh, Ken-ichi Notani, Yoshimasa Kitagawa
    ODONTOLOGY 98 1 60 - 64 2010年02月 [査読無し][通常論文]
     
    The origins and mechanisms of pain arising from oral cancer are important. Oral cancer pain impairs a patient's quality of life. This study was undertaken to elucidate significant risk factors associated with spontaneous pain in patients with untreated oral squamous cell carcinoma (OSCC) before treatment. A total of 113 patients (82 men, 31 women; median age, 64 years) with untreated OSCC were examined. Correlations between spontaneous pain in the primary site and sex, age, primary site, TN stage, clinical stage, and clinical growth type of cancer (exophytic or endophytic), as well as the degree of histological differentiation and the histological mode of invasion were evaluated. At the initial examination, 42 (37%) of patients had spontaneous pain. In univariate statistical analyses, reported pain correlated significantly with patient age and the clinical growth type of the cancer, as well as with the degree of histological differentiation and the histological mode of invasion. Multiple logistic regression analysis showed significant correlations between reported spontaneous pain and the clinical growth type of the cancer (P = 0.0003; odds ratio, 9.5; 95% confidence interval, 2.8-32.3), as well as reported spontaneous pain and the histological mode of invasion (P = 0.0026; odds ratio, 4.7; 95% confidence interval, 1.7-12.7). Clinical and histological endophytic growth patterns of OSCC might be significant risk factors for the presence of spontaneous pain before treatment.
  • 佐藤淳, 梅本紘子, 金田泰幸, 佐藤明, 佐藤千晴, 北川善政
    日本口腔科学会 59 1 56 - 59 2010年 [査読無し][通常論文]
  • 寺田 典子, 周田 和華恵, 佐藤 明, 野谷 健一, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 54 1 8 - 11 (公社)日本口腔外科学会 2008年01月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は30歳女性で、17年前頃に左側下顎第二大臼歯の感染根管治療を受け、その後、開口障害が間歇的にみられたが、腫脹や疼痛がなかったため放置していた。開口量は15mmで、双手診で左側咬筋部に腫瘤様病変を触知した。パノラマX線、CT,MRIで、左側下顎第二大臼歯根尖部の透過像、左側咬筋付着部上方の肥厚、咬筋内の腫瘤状陰影を認めた。原因歯である左側下顎第二大臼歯の抜歯後も開口量の増加がみられなかったため、瘢痕切除、咬筋腱膜切離、側頭筋付着部剥離術を行った。術中、皮質骨表面の塑造化と咬筋内に多くの瘢痕を認めた。切除した瘢痕様組織は炎症性細胞浸潤が一部にみられ、著しい瘢痕化を示す筋組織であった。術後、開口障害は48mmとなり、術後約11ヵ月を経て、骨髄炎の再燃はない。この症例は、左側下顎第二大臼歯に起因する骨髄炎が咬筋内へ波及し、継発した咬筋炎、及び腱膜炎が慢性化により腫瘤様病変を形成したものと考えられた。
  • 北川 善政, 中村 美喜子, 齊藤 正晃, 山崎 裕, 秦 浩信, 佐藤 明, 小野 貢伸, 滝波 修一, 佐野 和生, 戸塚 靖則
    頭頸部癌 33 3 220 - 225 日本頭頸部癌学会 2007年10月 [査読無し][通常論文]
     
    術前放射線化学療法は、口腔扁平上皮癌患者における器官および機能温存に重要な役割を果たしている。術前療法後に、縮小手術による器官温存手術を決断するためには、術前治療の正確な効果判定と残存腫瘍の有無の評価が大変重要である。そこで、われわれは口腔癌治療におけるFDG-PETの臨床的役割について検討した。口腔扁平上皮癌45例に対して放射線併用動注化学療法を行い、FDG-PETで治療前および6週後に評価した。治療前PETから治療効果の予測が、治療後PETから残存腫瘍の有無の評価や予後予測が可能であった。PET診断に基づいて器官温存がある程度可能になったことから、PETは口腔癌治療における極めて有用な診断法と考えられる。11C-メチオニンは、癌細胞のアミノ酸代謝を反映する新しいPETトレーサーとして有用性が期待されている。MET-PETおよびFDG-PETを同時期に撮像し得た口腔癌40例について、それぞれの診断能について検討した。原発部位におけるMET-PETの感度、陽性適中率は、それぞれ95%、100%でFDG-PETとほぼ同等であった。放射線化学療法の治療効果判定におけるMET-PETの診断的意義については、今後さらに検討が必要である。(著者抄録)
  • S-1によるTumor Dormancy Therapy 肺転移後1年5ヵ月の長期生存が得られた上顎洞癌の1例
    佐藤 明, 佐藤 健彦, 金田 泰幸, 加藤 卓己, 野谷 健一, 北川 善政
    癌と化学療法 34 5 749 - 751 (株)癌と化学療法社 2007年05月 [査読無し][通常論文]
     
    患者は65歳、男性。上顎洞癌に対し術前化学放射線療法後根治切除を施行した。手術2ヵ月後に肺転移が認められたため、S-1 120mg/dayの投与を開始した。S-1投与は2週連日投与後1週休薬とした。本療法により在宅でQOLを維持しながら副作用なく527日間の長期生存が得られた。S-1はtumor dormancy therapyを実施する上で有用な薬剤の一つと思われた。(著者抄録)
  • Nariaki Toita, Norikazu Hatano, Satoru Ono, Masafumi Yamada, Ryoji Kobalashi, Ichiro Kobayashi, Nobuaki Kawamura, Motohiko Okano, Akira Satoh, Atsuko Nakagawa, Koichi Ohshima, Masanobu Shindoh, Tsuyoshi Takami, Kunihiko Kobayashi, Tadashi Ariga
    AMERICAN JOURNAL OF MEDICAL GENETICS PART A 143A 7 742 - 745 2007年04月 [査読有り][通常論文]
     
    A 14-year-old Japanese girl with a progressing combined immunodeficiency had developed non-Hodgkin's diffuse large B cell lymphoma. Her molecular analysis showed a compound heterozygote of novel mutations in the LIG4 gene, M249V substitution and a five nucleotides deletion from nucleotide position 1,270-1,274. Site had also a set of characteristic clinical features of LIG4 syndrome. Mutations in the LIG4 gene, which plays a critical role in the repair of DNA double-strand breaks, imply a correlation with malignancies and several cases with leukemia or lymphoma have already been reported. We report here on a case of LIG4 syndrome complicated with distinct EBV-associatecl B-cell lymphoma. (c) 2007 Wiley-Liss, Inc.
  • Jun Sato, Jun Goto, Takumi Kato, Michiko Terada, Akira Satoh, Yoshimasa Kitagawa
    Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 19 4 226 - 229 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    Loxoprofen sodium is a phenyl propionic acid non-steroidal anti-inflammatory drug with a very good safety record. An unusual case of thrombocytopaenia most likely induced by loxoprofen sodium is reported. An 82-year-old woman developed thrombocytopaenia after taking loxoprofen sodium (180 mg/day) during treatment for trigeminal neuralgia and hip bone contusion. The patient's platelet count fell to 24,000/mm3, but her condition improved after discontinuing loxoprofen sodium. © 2007 Asian Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.
  • 【先生!ご存知ですか?知って得する各科の"ノウハウ" 日常診療で役立つ,各専門領域のコツや定石を集めました!】 歯科・口腔外科 歯性感染症 unknown fever,全身疾患と歯科医療
    佐藤 明
    治療 87 3月増刊 1418 - 1420 (株)南山堂 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 明, 金田 泰幸, 邊見 亨, 野谷 健一, 向後 隆男
    『日本口腔外科学会雑誌』 51 5 256 - 259 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 【日常病にどう対応しますか? 頻度順に考える症状/疾病の対処法】 その他で比較的多い健康問題の対応 口臭,舌痛,口腔ケア
    佐藤 明
    治療 86 3月増刊 1321 - 1322 (株)南山堂 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 邊見 亨, 佐藤 明, 齊藤 正晃, 葛巻 哲, 野谷 健一, 福田 博
    『日口外誌』 49 11 607 - 610 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 顔貌に変形をきたした,いわゆる球状上顎嚢胞の1例
    榊原 典幸, 石川 誠, 佐藤 明, 豊田 晶子, 野谷 健一, 福田 博, 飯塚 正, 向後 隆男
    北海道歯学雑誌 23 2 277 - 282 北海道歯学会 2002年12月 [査読無し][通常論文]
     
    18歳女.右鼻翼基部の無痛性腫脹と顔貌の左右非対称を認め,口腔内は右上顎第5-2歯唇側歯槽部に骨様硬の膨隆を認めた.オルソパントモグラムで右上顎第3歯軸の遠心傾斜及び右上顎第3,2歯の歯根解離を認め,同部に洋梨状のX線透過像を認めた.両歯はいずれも生活歯であった.CTでは病変は鼻翼基部を持ち上げ,皮膚側に膨張性に膨隆する,薄い骨組織と内容液を伴った比較的大きな透過像として認められ,その範囲は上顎骨から洞前壁に沿って眼窩底の高さ迄に及んでいた.球状上顎嚢胞との臨床診断により全身麻酔にて嚢胞摘出術を施行した.術後は顔は左右対称となり,摘出部には骨新生が認められ,右上顎第3,2歯間の歯根離間は消失し,第3歯の歯軸もほぼ正常となった.病理組織学的には原始性嚢胞の組織像を呈していた
  • 柏崎 晴彦, 鄭 漢忠, 大廣 洋一, 佐藤 明, 守屋 信吾, 戸塚 靖則
    日本口腔外科学会雑誌 48 10 526 - 529 (公社)日本口腔外科学会 2002年10月 [査読無し][通常論文]
     
    術後の補助的化学療法1クール目に比較的重度の副作用を生じた進行口腔癌2例(症例1:58歳女,症例2:68歳男)に対して2クール目にchronomodulationに基づいた化学療法を行い,副作用の軽減が得られた.投与薬剤は症例1ではCDDPと5-FU,症例2ではCDDP,ADR,CPAであった.症例1の1クール目で強い口内炎が出現したのは,抗癌剤が以前に施行した放射線治療効果を呼び戻す効果,即ちrecall phenomenonによる可能性も否定できないが2クール目ではrecall phenomenonが出現する可能性があるにも拘わらず,軽度の口内炎しか生じなかった.chronomodulatinを適用した化学療法は薬剤有害反応が少なく患者の苦痛を軽減するのに有用で,口腔癌に対し試みる価値のある有用な方法と考えられた
  • ブレオマイシン局所療法がQOL維持に有効であった再発口腔癌皮膚進展例の1例
    北海道歯誌 23 2 283 - 287 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 上下顎歯肉に生じたびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例
    上野 尚雄, 進藤 正信, 佐藤 明, 飯塚 正, 福田 知正, 守屋 信吾, 野谷 健一, 福田 博, 向後 隆男
    北海道歯学雑誌 22 1 55 - 60 北海道歯学会 2001年06月 [査読無し][通常論文]
     
    82歳男.義歯不適を主訴とした.右上顎第一小臼歯部から右上顎結節にかけて,弾性硬,無痛性の腫瘤を,左下顎臼歯部頬側歯槽部にφ10×25mm大の弾性硬,無痛性の腫瘤を認めた.生検を行い,病理学的にび漫性大細胞型B細胞リンパ腫と診断された.又,上部消化管スクリーニングを行ったところ,胃角直上の小彎にφ3cmのポリープ,大彎にφ3cmの腫瘍が認められ,病理学的に口腔内の腫瘤と同じく,び漫性大細胞型B細胞リンパ腫の診断を得た.その後,内科に転科するも,高齢の為積極的な化学療法は困難と判断され,low doseのcombination chemotherapyを施行されたが,不帰の転帰をとった
  • Clinical characteristics of 30 distant metastases in 427 locoregionally controlled oral squamous cell carcinomas
    Notani,K, Harada,H, Satoh,A, Ishikawa,M, Fukuda,H
    The Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 12 1 1 - 7 2000年 [査読有り][通常論文]
  • 「口腔と他臓器の重複癌33例について」
    『北海道歯学雑誌』 20 1 51 - 58 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤 明, 鄭 漢忠, 斎藤 徹, 野谷 健一, 福田 博
    『日本口腔外科学会雑誌』 45 9 547 - 551 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 藤森 祐子, 佐藤 明, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信, 向後 隆男
    日本口腔外科学会雑誌 44 5 517 - 519 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 山下 知巳, 鄭 漢忠, 佐藤 亘也, 佐藤 明, 野谷 健一, 福田 博
    日本口腔科学会雑誌 47 2 229 - 232 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 原田 浩之, 鄭 漢忠, 牧野 修治郎, 佐藤 明, 半沢 元章, 山下 知巳, 野谷 健一, 福田 博, 足利 雄一, 戸塚 靖則
    日本口腔外科学会雑誌 44 5 508 - 510 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 向後 隆男, 飯塚 正, 進藤 正信
    日本口腔科学会雑誌 46 1 1 - 8 (NPO)日本口腔科学会 1997年01月 [査読無し][通常論文]
     
    22歳女,44歳男,64歳女の3例のgiant cell fibromaの病理組織学的及び微細構造的検索を行い,その病態ならびに巨細胞の起源について検討した.症例により組織像に種々の相異がみられた.巨細胞は微細構造的に単核ないし多核線維芽細胞に類似した像を示した
  • Prognostic significance of proliferating cell nuclear antigen (PCNA) expression in oral squamous cell carcinoma
    Saito, T, Satoh, A, Notani, K, Fukuda, H, Funaoka, K, Totsuka, Y, Shindoh, M, Kohgo, T
    The Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 9 2 93 - 98 1997年 [査読有り][通常論文]
     
    Saito, T., Satoh, A., Notani, K., Fukuda, H., Funaoka, K., Totsuka, Y., Shindoh, M. and Kohgo, T. : "Prognostic significance of proliferating cell nuclear antigen (PCNA) expression in oral squamous cell carcinoma.", Asian Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, 9(2) : 93-98 (1997)*
  • 佐藤 明, 鄭 漢忠, 山下 知巳
    日本口腔腫瘍学会誌 8 4 273 - 281 (一社)日本口腔腫瘍学会 1996年12月 [査読無し][通常論文]
     
    頸部郭清術施行300側のうち組織学的転移陽性は176側で,その平均転移個数は2.4個,節外浸潤は62側,進展部位はLevel IIIまでで全体の85%を占めていた.原発部が制御されたpN(+)例の頸部再発率は10.5%であった.原発部・頸部共に制御されたpN(+)例の遠隔転移の頻度は23.5%, 3個以上の頸部リンパ節転移例では41.7%の転移率であった.転移個数及び進展部位と5年累積生存率とに関連がみられ,原発部制御例に限定するとpN 3個以上及びlevel IV, Vへの進展例の5年累積生存率はそれぞれ50.9%, 50.5%であった
  • 佐藤 明, 中島 純一, 鄭 漢忠
    日本口腔腫瘍学会誌 8 1 45 - 53 (一社)日本口腔腫瘍学会 1996年03月 [査読無し][通常論文]
     
    24例のX線像は単胞型12例,多胞型9例及び蜂巣状3例で,前方部症例9例中6例が多胞型又は蜂巣状であるのに対して,後方部症例15例では9例が単胞型であった.後方部症例は大部分がplexiform typeであった.治療法は2例に下顎骨辺縁切除術が行われ,再発もなく経過良好であった.摘出掻爬術は21例に施行され,4例に再発がみられた.免疫染色が可能であった12例のPCNA陽性率は3.3〜42.1%に分布し,その平均値は22.3%であった
  • 佐藤 明, 中島 純一, 鄭 漢忠, 野谷 健一, 福田 博, 船岡 孝誠, 飯塚 正, 向後 隆男, 雨宮 璋
    『日本口腔腫瘍学会誌』 8 1 45 - 53 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 鄭漢忠, 北田秀昭, 榊原典幸, 山下知巳, 牧野修治郎, 佐藤明, 野谷健一, 中村博行, 喜田正孝
    『日本口腔腫瘍学会誌』 8 3 136 - 142 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 佐藤明, 鄭漢忠, 山下知巳, 野谷健一, 福田博, 足利雄一, 戸塚靖則, LIN H
    『日本口腔腫瘍学会誌』 8 4 273 - 281 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 野谷 健一, 半沢 元章, 佐藤 明
    日本口腔腫瘍学会誌 7 2 83 - 90 (一社)日本口腔腫瘍学会 1995年08月 [査読無し][通常論文]
     
    23例の臨床的特徴は,口底,扁平上皮癌,進展例,集学的治療がなされた症例に多かった.扁平上皮癌は唾液腺癌や非上皮性悪性腫瘍に比べ遠隔転移の出現が早かった.又,遠隔転移確認後の生存平均期間も扁平上皮癌症例が他に比べて短かった.転移部位では肺,骨,肝が多く,原発巣の組織型に違いはなかった.5年累積生存率は,全例で13.0%,扁平上皮癌が6.7%,唾液腺癌が33.3%,非上皮性悪性腫瘍が40.0%であった
  • 佐藤 明, 斎藤 徹, 野谷 健一
    日本口腔外科学会雑誌 40 7 717 - 722 (公社)日本口腔外科学会 1994年07月 [査読無し][通常論文]
     
    舌扁平上皮癌1次症例33例を対象として,組織学的悪性度,浸潤式,DNA ploidy, PCNA陽性率の4種類のパラメーターと原発部再発およびリンパ節転移との関連について検討した。1)原発部再発との関連では,PCNA高陽性率群に再発率が高い傾向がみられたが,いずれのパラメーターも統計学的有意差は認められなかった。2)リンパ節転移との検討では,組織学的悪性度では有意差はなかったが,浸潤様式,DNA ploidy, PCNA陽性率ではそれぞれgrade 4, DNA aneuploidy, PCNA高陽性率群で転移頻度は有意に高率であった。3)これら3因子のうち2つ以上該当する症例では7例中5例(71.4%)にリンパ節転移がみられ,このうち後発転移に限定すると5例中3例(60%)の転移陽性率であった
  • 佐藤 明, 原田 浩之, 山崎 裕
    日本口腔外科学会雑誌 40 4 531 - 533 (公社)日本口腔外科学会 1994年04月 [査読無し][通常論文]
     
    細菌学的検査を施行した49症例中12例にMRSAが検出された。検出例は基礎疾患を有する悪性腫瘍患者が大半で,うち2例にMRSA感染症が発症した。感染経路としては医療スタッフを介しての院内感染が示唆され,易感染性患者への伝播の防止が最重要である
  • Tohru Saito, Jun Sato, Akira Satoh, Ken-ichi Notani, Hiroshi Fukuda, Shigetaka Mizuno, Masanobu Shindoh, Akira Amemiya
    International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 23 1 28 - 31 1994年 [査読無し][通常論文]
     
    The relationship between DNA ploidy and the incidence of cervical lymph node metastasis in 36 patients with tongue squamous cell carcinoma (SCC) was investigated. The aneuploidy rate of tongue carcinomas was 15/36 (42%), and the mean DNA index (DI) was 1.23, with a range from 0.87 to 3.54. Histologically identified cervical lymph node metastasis was observed in 11 cases, and the incidence of the cervical lymph node metastasis was significantly (P < 0.02) higher in the aneuploid cases (8/15) than in the diploid cases (3/21). Recurrence of the primary lesions was seen in nine cases 0.3-2.5 years after the initial treatment. No obvious difference in the incidence of the recurrence was noted, however, between the diploid (5/21) and the aneuploid (4/15) cases. These results indicate a significant relationship between aneuploidy and incidence of the regional lymph node metastasis, in contrast to the absence of a positive relationship between aneuploidy and recurrence of tongue SCC. © 1994 Munksgaard International Publishers Ltd.
  • 佐藤 明, 野谷 健一, 福田 博
    日本口腔腫瘍学会誌 5 3 272 - 277 (一社)日本口腔腫瘍学会 1993年12月 [査読無し][通常論文]
     
    口腔扁平上皮癌の皮膚浸潤例に対し,皮膚切除を含む根治手術を行い,組織学的に皮膚浸潤が確認された14症例について検討を行った。皮膚浸潤例の原発部位はさまざまであったが,皮膚への浸潤・転移部位は全症例が原発・再発巣および頸部転移リンパ節を被覆する皮膚であった。14例中7例に再発がみられ,この7例中5例は衛星病巣を伴った再発で,これらは原発巣制御不能により全例死亡した。この衛星病巣はリンパ行性の逆行性転移により生じると考えられた。手術と併用した放射線療法および化学療法の衛星病巣制御に対する有効性は不明であった。3年および5年累積生存率はそれぞれ64.3%,35.7%であった
  • 佐藤 明, 斎藤 徹, 野谷 健一
    日本口腔外科学会雑誌 39 12 1269 - 1275 (公社)日本口腔外科学会 1993年12月 [査読無し][通常論文]
     
    舌扁平上皮癌1次症例22例を対象とした。1)PCNA陽性率は,臨床病期,組織学的悪性度,浸潤様式およびDNA ploidyと有意な相関が認められた。2)原発部再発との検討では,再発例でPCNA陽性率が高い傾向がみられたが,有意差はみられなかった。3)リンパ節転移との関連では転移陽性例でPCNA陽性率は有意に高く,また陽性率30%以上の症例ではリンパ節転移が有意に多く認められ,PCNA陽性率は易転移性のパラメーターとして有用と考えられた。4)3年累積生存率は陽性率30%未満の症例が92.3%,陽性率30%以上の症例が0%と有意差が認められ,PCNA陽性率は予後推測の因子として有用と考えられた
  • 唾液腺貯留嚢胞に対する吸引,圧迫療法
    大類 晋
    日本口腔科学会雑誌 41 5 904 - 904 (NPO)日本口腔科学会 1992年12月 [査読無し][通常論文]
  • 野谷 健一, 佐藤 明, 鄭 漢忠
    日本口腔外科学会雑誌 38 10 1528 - 1533 (公社)日本口腔外科学会 1992年10月 [査読無し][通常論文]
     
    口腔癌の皮膚浸潤例の根治的切除例14例を主に病理組織学的検討を行った.1)皮膚浸潤部位は,14例中13例が原発部に近接した顔面・頸部皮膚にみられた.他の1例は頸部リンパ節転移の表面皮膚にみられた.2)皮膚切除部の制御例・非制御例に分けて,原発部腫瘍の組織学的grade, Willenのmode of invasionを検討したが,両者に差異はみられなかった.3)皮膚浸潤例全体では,び漫性浸潤のgrade 3・4の浸潤様式が多く,皮膚浸潤部と原発腫瘍との間の浸潤様式には,相関はみられなかった.4)制御例に比べて非制御例は血管・神経,骨・骨膜への浸潤傾向が高く,その癌胞巣は小型・索状のものが多かった.5)衛星転移病巣のみられた症例はすべて非制御例であった.6)皮膚浸潤部の術前治療効果を下里分類で検討したが,効果の低い症例が大部分を占め,局所制御の可否で差はみられなかった.7)リンパ節転移は14例中11例で非制御例に多かったが,遠隔転移は14例中2例と少なく,非制御例だけにみられた

書籍

  • 歯科医療 Vol. 24 No. 2
    佐藤 明 (担当:分担執筆範囲:口腔領域低侵襲手術)
    第一歯科出版 2010年04月
  • ORAL ONCOLOGY volume-12
    Sato J, Goto J, Harahashi A, Yamazaki Y, Sato A, Kitagawa Y (担当:共著範囲:Preoperative lymph node staging of oral cancer with FDG-PET)
    Ocean Papers & Printers, New Delhi 2008年
  • 治療 3月増刊号 Vol. 87
    佐藤 明 (担当:分担執筆範囲:歯性感染症:unknown fever,全身疾患と歯科医療)
    南山堂 2005年03月
  • 治療 3月増刊号 Vol. 86
    佐藤 明 (担当:分担執筆範囲:口臭,舌痛,口腔ケア)
    南山堂 2004年03月

講演・口頭発表等

  • 当科における過去10年間の口腔顎顔面外傷症例の臨床的検討  [通常講演]
    村田 翼, 浅香 卓哉, 佐藤 明, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2017年10月
  • 顎下リンパ節にみられたIgG4関連リンパ節症の1例  [通常講演]
    宮腰 昌明, 吉川 和人, 清水 六花, 鎌口 真由美, 秦 浩信, 佐藤 明, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2017年07月
  • 当科における後期高齢者口腔扁平上皮癌手術症例の臨床的検討  [通常講演]
    今待 賢治, 坪井 香奈子, 黒嶋 雄志, 吉川 和人, 宮腰 昌明, 佐藤 明, 北川 善政
    頭頸部癌 2017年05月
  • 自立前期高齢者に対する味覚異常に関する疫学研究  [通常講演]
    元川 賢一朗, 佐藤 明, 大賀 則孝, 山崎 裕, 北川 善政
    日本口腔診断学会雑誌 2017年02月
  • 地域自立高齢者の味覚異常と咬合状態の関連に関する検討  [通常講演]
    松下 貴惠, 元川 賢一郎, 岡田 和隆, 佐藤 明, 北川 善政, 山崎 裕
    日本口腔診断学会雑誌 2017年02月
  • Medically unexplained oral symptomへの口腔内科的アプローチ 当科における「Medically unexplained oral symptom」患者への対応  [通常講演]
    佐藤 淳, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政
    日本口腔診断学会雑誌 2017年02月
  • 自立前期高齢者に対する味覚異常に関する疫学研究  [通常講演]
    元川 賢一朗, 佐藤 明, 大賀 則孝, 山崎 裕, 北川 善政
    日本口腔内科学会雑誌 2016年12月
  • 地域自立高齢者の味覚異常と咬合状態の関連に関する検討  [通常講演]
    松下 貴惠, 元川 賢一郎, 岡田 和隆, 佐藤 明, 北川 善政, 山崎 裕
    日本口腔内科学会雑誌 2016年12月
  • Medically unexplained oral symptomへの口腔内科的アプローチ 当科における「Medically unexplained oral symptom」患者への対応  [通常講演]
    佐藤 淳, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政
    日本口腔内科学会雑誌 2016年12月
  • 角化嚢胞性歯原性腫瘍摘出術後、病的骨折部位に異常骨吸収を認めた1例  [通常講演]
    宮腰 昌明, 大賀 則孝, 今待 賢治, 吉川 和人, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2016年12月
  • 当科における口底扁平上皮癌の治療成績  [通常講演]
    秦 浩信, 佐藤 明, 宮腰 昌明, 吉川 和人, 黒嶋 雄志, 加藤 泰史, 北川 善政
    頭頸部癌 2016年05月
  • 当科における下顎歯肉扁平上皮癌の治療成績  [通常講演]
    吉川 和人, 秦 浩信, 宮腰 昌明, 黒嶋 雄志, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 明, 北川 善政
    頭頸部癌 2016年05月
  • 顎下リンパ節にみられたIgG4関連リンパ節症の1例  [通常講演]
    宮腰 昌明, 吉川 和人, 清水 六花, 鎌口 真由美, 秦 浩信, 佐藤 明, 北川 善政
    日本口腔診断学会雑誌 2016年02月
  • 病的下顎骨骨折の2例  [通常講演]
    黒嶋 雄志, 佐藤 明, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2015年12月
  • 当科における舌扁平上皮癌の治療成績  [通常講演]
    秦 浩信, 宮腰 昌明, 吉川 和人, 浅香 卓哉, 大賀 則孝, 佐藤 明, 北川 善政
    頭頸部癌 2015年05月
  • 頬粘膜に生じた細菌に関連したと思われる白色病変の1例  [通常講演]
    佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 吉川 和人, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔診断学会雑誌 2015年02月
  • 頬粘膜に生じた細菌に関連したと思われる白色病変の1例  [通常講演]
    佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 吉川 和人, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔内科学会雑誌 2014年12月
  • Clinicopathological investigation of selective neck dissection( Level I~IV)  [通常講演]
    佐藤 明
    American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 2014年09月 ポスター発表
  • 口腔扁平上皮癌患者の治療後の唾液中のIL-6濃度のモニタリングは局所再発の予測に有用である  [通常講演]
    佐藤 淳, 大内 学, 浅香 卓哉, 吉川 和人, 大賀 則孝, 秦 浩信, 佐藤 明, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2014年09月
  • FDG-PET/CTを用いた口腔癌術前頸部リンパ節転移検出に関する検討  [通常講演]
    宮腰 昌明, 秦 浩信, 佐藤 明, 山崎 裕, 岡本 祥三, 志賀 哲, 北川 善政, 玉木 長良
    核医学 2013年09月
  • Transmasseteric antero-parotid approach(TMAP)で行った関節突起骨折の1例  [通常講演]
    吉川 和人, 佐藤 明, 浅香 卓哉, 鈴木 峻一, 播磨 美樹, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2013年06月
  • 下顎骨に生じた紡錘細胞癌の1例  [通常講演]
    三河 洋平, 佐藤 明, 浅香 卓哉, 秦 浩信, 北村 哲也, 進藤 正信, 野谷 健一, 北川 善政
    頭頸部癌 2013年05月
  • FDG-PET/CTを用いた口腔癌術前頸部リンパ節転移検出に関する検討  [通常講演]
    宮腰 昌明, 村井 知佳, 阿部 貴洋, 秦 浩信, 佐藤 明, 山崎 裕, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2013年01月
  • 口腔外科領域におけるHBOの適応と有用性  [通常講演]
    北川 善政, 浅香 卓哉, 佐藤 淳, 秦 浩信, 佐藤 明, 山崎 裕
    日本高気圧環境・潜水医学会雑誌 2012年12月
  • Usefulness of free vascularized bone reconstruction for advanced mandibular osteoradionecrosis  [通常講演]
    佐藤 明
    Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery 2012年11月 口頭発表(一般)
  • 口腔外から再建用プレート固定を行った無歯顎の両側下顎骨体部骨折の1例  [通常講演]
    浅香 卓哉, 秦 浩信, 宮腰 昌明, 坂田 健一郎, 佐藤 明, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2012年06月
  • 外科療法を行った放射線性顎骨骨髄炎の臨床的検討  [通常講演]
    佐藤 明, 秦 浩信, 北川 善政
    頭頸部癌 2012年05月
  • 治療前の痛みは口腔扁平上皮癌患者の予後不良を予測する因子となりえるか?  [通常講演]
    佐藤 淳, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2012年01月
  • 唾液中IL-6濃度は口腔扁平上皮癌患者の原発部再発・頸部後発転移に関連する  [通常講演]
    佐藤 淳, 小野寺 麻記子, 村井 知佳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2011年09月
  • 新たな口腔内皮膚移植術の試み  [通常講演]
    宮腰 昌明, 秦 浩信, 阿部 貴洋, 佐藤 健彦, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2011年09月
  • 当科における救急科紹介患者の臨床的検討  [通常講演]
    佐藤 明, 佐藤 健彦, 宮腰 昌明, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2011年06月
  • 当科において保存療法を施行した下顎骨骨折の臨床的検討  [通常講演]
    宮腰 昌明, 佐藤 明, 佐藤 健彦, 黒嶋 雄志, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2011年06月
  • 口腔扁平上皮癌再発例の臨床的検討  [通常講演]
    佐藤 明, 秦 浩信, 野谷 健一, 北川 善政
    頭頸部癌 2011年05月
  • 口腔扁平上皮癌患者の治療前の疼痛に関連する因子の研究(第四報) 疼痛は癌の内向性増殖に関連して予後を左右する  [通常講演]
    佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2011年01月
  • 開口障害の精査依頼で受診した破傷風の1例  [通常講演]
    阿部 貴洋, 佐藤 淳, 寺田 典子, 佐藤 健彦, 秦 浩信, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2011年01月
  • 当科における口腔癌の下顎広範切除例に対する顎堤形成術  [通常講演]
    秦 浩信, 村田 翼, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 黒嶋 伸一郎, 小野木 宏仲, 野谷 健治, 林 利彦, 古川 洋志, 北川 善政
    頭頸部癌 2010年05月
  • 保存的頸部郭清術の治療成績  [通常講演]
    佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔腫瘍学会誌 2009年12月
  • 頭頸部領域悪性リンパ腫の悪性度評価におけるFDG-PETおよびsIL-2Rの有用性の検討  [通常講演]
    小野寺 麻記子, 秦 浩信, 山崎 裕, 佐藤 明, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2009年09月
  • 上顎骨に生じた腺腫様歯原性腫瘍の1例  [通常講演]
    梅本 紘子, 金田 泰幸, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 野谷 健一, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2009年09月
  • 口腔扁平上皮癌患者の治療前の疼痛に関連する因子の研究(第四報) 舌癌の自発痛に限定しての検討  [通常講演]
    佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2009年09月
  • 難治性の下顎骨骨髄炎に対するFDG-PETの有用性の検討  [通常講演]
    秦 浩信, 山崎 裕, 佐藤 明, 杉浦 千尋, 佐藤 淳, 小野寺 麻記子, 梅本 紘子, 北森 正吾, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2009年09月
  • 下顎骨中心性歯原性線維腫の1例  [通常講演]
    佐藤 健彦, 佐藤 明, 秦 浩信, 阿部 貴洋, 黒嶋 雄志, 野谷 健一, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2009年09月
  • 口腔扁平上皮癌患者の唾液中のIL-6発現についての検討(第三報) 短期的予後との関連  [通常講演]
    佐藤 淳, 北森 正吾, 後藤 隼, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2009年09月
  • 口腔前庭に歯牙迷入を認めた口腔外傷の1例  [通常講演]
    佐藤 健彦, 北森 正吾, 佐藤 明, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2009年06月
  • 下顎歯肉扁平上皮癌手術症例の治療成績の検討  [通常講演]
    栗林 和代, 小野 貢伸, 足利 雄一, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
    頭頸部癌 2009年05月
  • 口腔扁平上皮癌患者の唾液中のIL-6発現についての検討(第2報) 臨床パラメーターおよび短期予後との関連  [通常講演]
    佐藤 淳, 後藤 隼, 原橋 綾子, 佐藤 明, 山崎 裕, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2008年09月
  • 下顎歯肉癌における術前化学療法併用放射線療法後の腫瘍残存様式  [通常講演]
    大廣 洋一, 進藤 正信, 小泉 雄, 小野 貢伸, 足利 雄一, 鄭 漢忠, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
    日本口腔科学会雑誌 2008年09月
  • 軟口蓋原発神経内分泌型小細胞癌の1例  [通常講演]
    黒嶋 雄志, 杉浦 千尋, 北森 正吾, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2008年09月
  • 根治切除を行った口底扁平上皮癌56例の治療成績  [通常講演]
    佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔腫瘍学会誌 2008年09月
  • 下顎粉砕骨折の治療経験  [通常講演]
    黒嶋 雄介, 佐藤 明, 黒嶋 伸一郎, 野谷 健一, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2008年06月
  • 下顎正中および両側関節突起骨折により関節頸部の外側転位を生じた小児骨折の1例  [通常講演]
    佐藤 明, 大内 学, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    口腔顎顔面外傷 2008年06月
  • 頬粘膜扁平上皮癌82例の治療成績  [通常講演]
    佐藤 明, 小野 貢伸, 野谷 健一, 戸塚 靖則, 北川 善政
    頭頸部癌 2008年05月
  • 口底癌手術例の治療成績  [通常講演]
    小野 貢伸, 佐藤 明, 足利 雄一, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
    頭頸部癌 2008年05月
  • 著しい骨硬化像を認めた下顎腺様嚢胞癌の1例  [通常講演]
    秦 浩信, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 進藤 正信, 北川 善政, 関堂 充
    頭頸部癌 2008年05月
  • 癌(臨床) FDG-PETは、口腔癌のoccultmetastasisを検出可能か?  [通常講演]
    齊藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2008年01月
  • 口腔癌患者の唾液中のIL-6発現についての検討(第一報) 口腔ケアに伴う経時的変化  [通常講演]
    佐藤 淳, 後藤 隼, 白戸 綾子, 佐藤 明, 山崎 裕, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2008年01月
  • 口腔癌入院患者に対する合併症予防としての口腔ケアの効果  [通常講演]
    後藤 隼, 佐藤 淳, 佐藤 明, 杉浦 千尋, 山崎 裕, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2008年01月
  • 下顎小臼歯部に生じた石灰化嚢胞性歯原性腫瘍の1例  [通常講演]
    村井 知佳, 山崎 裕, 佐藤 明, 佐藤 健彦, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2008年01月
  • Study on optimal type of neck dissection for tongue carcinoma  [通常講演]
    佐藤 明
    American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 2007年10月 ポスター発表
  • 舌癌に対する頸部郭清術の郭清範囲に関する検討  [通常講演]
    佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 足利 雄一, 戸塚 靖則
    日本口腔外科学会雑誌 2007年08月
  • 骨吸収を伴った下顎頭から再建腓骨部への再発癌に対する化学放射線療法後に著明な骨再生がみられた1例  [通常講演]
    佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
    頭頸部癌 2007年05月
  • 口腔扁平上皮癌患者の治療前の疼痛に関連する因子の研究(第三報) 疼痛は癌の内向性増殖に関連している  [通常講演]
    佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    頭頸部癌 2007年05月
  • ロキソプロフェンナトリウムにより血小板減少症を生じたと考えられた三叉神経痛の1例  [通常講演]
    後藤 隼, 佐藤 淳, 加藤 卓己, 寺田 典子, 杉浦 千尋, 佐藤 明, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 2007年01月
  • 2005年WHO新分類に基づいた歯原性腫瘍の臨床的・病理学的検討  [通常講演]
    山田 珠希, 笠原 知恵, 大廣 洋一, 野呂 洋輔, 山本 栄治, 小林 一三, 戸塚 靖則, 佐藤 明, 北川 善政, 飯塚 正, 進藤 正信
    日本口腔科学会雑誌 2007年01月
  • 塩酸プロピトカイン・フェリプレシンにて術中メトヘモグロビン血症を発症した左上顎歯肉癌の1例  [通常講演]
    大久保 直登, 阿部 貴洋, 佐藤 淳, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2006年12月
  • FDG-PETにて高集積を認めたトキソプラズマ症の1例  [通常講演]
    小澤 秀之, 山崎 裕, 阿部 貴洋, 榊原 典幸, 佐藤 明, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2006年12月
  • 片側咬筋の瘢痕性変化により重度開口障害をきたした1例  [通常講演]
    寺田 典子, 佐藤 淳, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 進藤 正信
    日本口腔外科学会雑誌 2006年12月
  • 口腔癌患者の疼痛に関する臨床的研究(第一報) 治療前の疼痛に関連する因子の検討  [通常講演]
    佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2006年12月
  • TS-1が奏効した上顎洞癌肺転移例の1例  [通常講演]
    佐藤 明, 加藤 卓己, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔腫瘍学会誌 2006年12月
  • 口蓋および耳下腺に発生したMALTリンパ腫の1例  [通常講演]
    加藤 卓己, 山崎 裕, 佐藤 明, 箕輪 和行, 進藤 正信, 北川 善政
    日本口腔腫瘍学会誌 2006年12月
  • 口腔扁平上皮癌頸部リンパ節転移におけるFDG-PETとCTの診断能に関する比較研究  [通常講演]
    山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 滝波 修一, 中村 太保, 北川 善政
    日本口腔腫瘍学会誌 2006年12月
  • 口腔癌患者の疼痛に関する研究(第二報) 治療前の疼痛に関連する因子(多変量解析)  [通常講演]
    佐藤 淳, 佐藤 明, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2006年09月
  • 頭頸部癌におけるMET-PETの有用性の検討  [通常講演]
    斉藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2006年09月
  • 下歯槽神経臼歯枝由来と考えられた下顎骨中心性神経鞘腫の1例  [通常講演]
    吉川 和人, 榊原 典幸, 佐藤 明, 寺田 典子, 石川 誠, 野谷 健一, 北川 善政, 飯塚 正, 箕輪 和行
    日本口腔外科学会雑誌 2006年07月
  • 同時性重複癌4例に対する根治的治療経験  [通常講演]
    佐藤 明, 齊藤 正晃, 野谷 健一, 北川 善政
    頭頸部癌 2006年05月
  • 頭頸部癌頸部リンパ節転移におけるFDG-PETとCT,USGの診断能に関する比較研究  [通常講演]
    齊藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 佐藤 隆文, 滝波 修一, 中村 太保, 北川 善政
    頭頸部癌 2006年05月
  • 舌癌対側頸部リンパ節転移例の検討  [通常講演]
    佐藤 明, 加藤 卓己, 見附 明彦, 吉川 和人, 野谷 健一, 北川 善政, 足利 雄一, 戸塚 靖則
    日本口腔外科学会雑誌 2005年09月
  • FDG-PETによる頭頸部扁平上皮癌頸部リンパ節転移の診断に関する研究 リンパ節個々の病理組織学的所見との比較  [通常講演]
    齊藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則
    日本口腔科学会雑誌 2005年09月
  • Stage III,IV舌癌手術例の検討  [通常講演]
    佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 足利 雄一, 小野 貢伸, 大廣 洋一, 高野 昌士, 小堀 善則, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則
    頭頸部癌 2005年05月
  • 組織型の異なる両側異時性上顎癌の1例  [通常講演]
    金田 泰幸, 佐藤 明, 邊見 亨, 野谷 健一, 進藤 正信, 向後 隆男
    日本口腔科学会雑誌 2005年01月
  • UFTが著効を示した下顎歯肉癌の1例  [通常講演]
    鈴木 宣充, 佐藤 明, 水野 貴行, 野谷 健一, 福田 博
    日本口腔外科学会雑誌 2004年03月
  • 舌及び肺の同時性重複癌の1例  [通常講演]
    阿部 旬子, 佐藤 明, 水野 貴行, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信
    日本口腔外科学会雑誌 2004年03月
  • 口腔癌患者における上部消化管スクリーニング検査について  [通常講演]
    鎌田 卓, 小野 貢伸, 高野 昌士, 足利 雄一, 大廣 洋一, 佐藤 明, 山崎 裕, 鄭 漢忠, 野谷 健一, 戸塚 靖則
    日本口腔外科学会雑誌 2003年12月
  • 下顎骨再建プレート使用症例における合併症の検討  [通常講演]
    高野 昌士, 小野 貢伸, 足利 雄一, 鄭 漢忠, 佐藤 明, 野谷 健一, 戸塚 康則
    日本口腔外科学会雑誌 2003年12月
  • 頭頸部癌術後に発症したMRSA肺炎に対するVCM投与時のTDMの有用性  [通常講演]
    豊田 晶子, 山崎 裕, 佐藤 明, 杉浦 千尋, 佐藤 千晴, 榊原 典幸, 野谷 健一, 笠師 久美子, 原田 幸子, 和田 育男
    日本口腔外科学会雑誌 2003年12月
  • 舌癌T2N0症例に対する予防郭清の意義 多変量解析による検討  [通常講演]
    佐藤 明, 高野 昌士, 野谷 健一, 戸塚 靖則, 福田 博
    日本口腔科学会雑誌 2003年11月
  • 下顎骨転移巣を初発症状とした肺小細胞癌の1例  [通常講演]
    阿部 貴洋, 佐藤 明, 佐藤 千晴, 豊田 晶子, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信, 向後 隆男
    日本口腔外科学会雑誌 2003年02月
  • 術前動注併用放射線治療を行った進行舌癌の2例  [通常講演]
    守屋 信吾, 佐藤 明, 大森 桂一, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 西岡 健, 本間 明宏, 野谷 健一, 福田 博
    日本口腔外科学会雑誌 2003年02月
  • 当科における扁平上皮癌Stage IV症例の臨床的検討  [通常講演]
    守屋 信吾, 佐藤 明, 北田 秀昭, 山下 知巳, 野谷 健一, 福田 博
    日本口腔腫瘍学会誌 2002年12月
  • REAL分類による口腔外科領域非ホジキンリンパ腫の臨床病理学的検討  [通常講演]
    金田 泰幸, 佐藤 明, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信, 向後 隆男
    日本口腔外科学会雑誌 2002年12月
  • 上顎骨に発生した骨軟骨腫の1例  [通常講演]
    豊田 晶子, 佐藤 明, 野谷 健一, 福田 博, 進藤 正信, 向後 隆男
    日本口腔外科学会雑誌 2002年12月
  • 術後に急性出血性直腸潰瘍を合併した頬粘膜癌の1例  [通常講演]
    齊藤 正晃, 佐藤 明, 邊見 亨, 葛巻 哲, 野谷 健一, 福田 博
    日本口腔外科学会雑誌 2001年12月
  • MASA法を用いた口腔扁平上皮癌における微小頸部リンパ節転移の検出  [通常講演]
    佐藤 千晴, 山崎 裕, 千葉 逸朗, 佐藤 明, 平井 敦子, 野谷 健一, 福田 博, 飯塚 正, 向後 隆男
    頭頸部腫瘍 2001年05月
  • DMBA誘発ハムスター舌癌のリンパ節転移に関する免疫組織化学的研究  [通常講演]
    牧野 修治郎, 川口 泰, 佐藤 明, 福田 博
    日本口腔外科学会雑誌 2000年12月
  • 口腔癌における遺伝子学的手法による微小頸部リンパ節転移診断の試み  [通常講演]
    佐藤 千晴, 山崎 裕, 千葉 逸朗, 佐藤 明, 平井 敦子, 金田 泰幸, 野谷 健一, 福田 博, 女澤 史恵, 飯塚 正
    日本口腔外科学会雑誌 2000年12月
  • 翼突下顎隙と側頭下窩へ進展した下顎歯肉癌の1例  [通常講演]
    川口 泰, 山下 知巳, 牧野 修治郎, 佐藤 明, 守屋 信吾, 山崎 裕, 野谷 健一, 高橋 浩師, 箕輪 和行, 福田 博
    日本口腔外科学会雑誌 2000年11月
  • 9,10-dimethyl-1,2-benzanthracene(DMBA)誘発ハムスター頬嚢粘膜癌の発癌過程におけるプロテアーゼ発現に関する研究 臨床検体におけるプロテアーゼ発現との対比  [通常講演]
    佐藤 明, 荒 敏昭, 金田 泰幸, 福田 博
    日本口腔外科学会雑誌 1998年12月
  • DMBA誘発ハムスター頬嚢粘膜癌の発癌過程におけるプロテアーゼ発現に関する研究  [通常講演]
    佐藤 明, 荒 敏昭, 金田 泰幸, 福田 博, 松本 章
    日本口腔科学会雑誌 1998年12月
  • 口腔扁平上皮癌における頸部リンパ節転移様相  [通常講演]
    高 律子, Tei Kanchu, 佐藤 明, 牧野 修治郎, 原田 浩之, 野谷 健一, 福田 博, Lin Hsin, 小野 貢伸, 戸塚 靖則
    日本口腔腫瘍学会誌 1998年09月
  • 口腔扁平上皮癌に対する術前照射の評価 Coxの比例ハザードモデルを用いて  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔外科学会雑誌 1997年12月
  • Coxの比例ハザードモデルによる口腔扁平上皮癌の予後因子解析  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔腫瘍学会誌 1997年09月
  • 頸部郭清術施行症例の臨床的検討 治療成績について  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔腫瘍学会誌 1996年09月
  • 下顎骨エナメル上皮腫の臨床・病理学的検討  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔腫瘍学会誌 1995年10月
  • MRIによる口腔癌リンパ節転移の画像診断  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔科学会雑誌 1994年12月
  • 舌扁平上皮癌における各種パラメーターと原発部再発およびリンパ節転移との関連について  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔科学会雑誌 1993年12月
  • 抗PCNA抗体を用いた舌扁平上皮癌の免疫組織学的検討  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔外科学会雑誌 1992年12月
  • 舌扁平上皮癌における組織学的分化度および浸潤様式とDNA Ploidyとの関連について  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔科学会雑誌 1992年12月
  • 口腔良性腫瘍,前癌病変および悪性腫瘍におけるDNA ploidyの検討  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔外科学会雑誌 1991年12月
  • 口腔扁平上皮癌の皮膚切除例の検討 主に局所再発例の病理学的検索  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔科学会雑誌 1991年12月
  • 口腔癌に対するCO2レーザーの治療成績の検討  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔科学会雑誌 1989年12月
  • 上顎に生じた形質細胞腫の1例  [通常講演]
    佐藤 明
    日本口腔外科学会雑誌 1986年12月

その他活動・業績

  • A Case of Maxillary Sinus Carcinoma Showing Long Time Survival with Administration of S-1 as Tumor Dormancy Therapy
    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy 34 (5) 749 -751 2007年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • マクロファージをターゲットにしたBRONJ発症機序の解明と治療法の開発
    文部科学省:科学研究費補助金(基板研究C)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 佐藤 明
  • ヒトパピローマウイルスによって誘導される新しい口腔がん発生機構
    文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2011年04月 -2013年03月 
    代表者 : 佐藤 明
  • 口腔内の多発癌および多発前癌病変発生機序の分子生物学的解析
    文部科学省:科学研究費補助金(基板研究C)
    研究期間 : 2001年04月 -2003年03月 
    代表者 : 佐藤 明
  • Study of invasion, metastasis and prognosis in oral cancer,

教育活動情報

主要な担当授業

  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔診断学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断学,歴史的考察,問題点,努力目標
  • 口腔診断学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断学,歴史的考察,問題点,努力目標
  • 口腔診断法研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔内科学,口腔粘膜疾患,唾液腺疾患,Sjogren Syndrome
  • 口腔診断法研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔内科学,口腔粘膜疾患,唾液腺疾患,Sjogren Syndrome
  • 口腔内科学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : Sjogren Syndrome ,疫学的調査,免疫学的研究,遺伝子学研究
  • 口腔内科学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : Sjogren Syndrome ,疫学的調査,免疫学的研究,遺伝子学研究
  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔診断内科学
  • 口腔診断法研究Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 機能診断、PET、分子イメージング
  • 口腔診断法研究Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 機能診断、PET、分子イメージング
  • 口腔内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔内科学,口腔粘膜疾患,唾液腺疾患,Sjogren Syndrome
  • 口腔内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔内科学,口腔粘膜疾患,唾液腺疾患,Sjogren Syndrome
  • 口腔内科学研究Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 口腔粘膜疾患、疫学的調査、免疫学的研究、遺伝子学研究
  • 口腔内科学研究Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔粘膜疾患、疫学的調査、免疫学的研究、遺伝子学研究
  • 口腔診断内科学臨床実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔と全身、口腔内科学、口腔外科学、口腔診断学
  • 口腔診断内科学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔内科学、口腔外科学、口腔診断学、口腔と全身、有病者、症候学
  • 口腔診断内科学臨床実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔と全身、口腔内科学、口腔診断学
  • 健康と社会
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 健康長寿 口腔科学 咀嚼 脳 摂食 嚥下 口腔がん 歯科インプラント 歯 歯周組織 加齢

大学運営

委員歴

  • 2017年05月 - 現在   日本口腔診断学会   代議員
  • 2016年07月 - 現在   公益社団法人 日本口腔外科学会   代議員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.