研究者データベース

菊田 弘輝(キクタ コウキ)
工学研究院 建築都市部門 空間デザイン
准教授

基本情報

所属

  • 工学研究院 建築都市部門 空間デザイン

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(工学)(2006年03月 北海道大学)

ホームページURL

ORCID ID

研究キーワード

  • 建築環境・設備   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備

職歴

  • 2018年04月 - 現在 北海道大学 大学院工学研究院 准教授
  • 2010年04月 - 2018年03月 北海道大学 大学院工学研究院 助教
  • 2013年04月 - 2013年11月 トリノ工科大学 客員研究員
  • 2007年04月 - 2010年03月 北海道大学 大学院工学研究科 助教
  • 2006年04月 - 2007年03月 北海道大学 大学院工学研究科 助手
  • 2005年06月 - 2006年03月 北海道大学 大学院工学研究科 学術研究員

学歴

  • 2005年04月 - 2006年03月   北海道大学   大学院工学研究科   空間性能システム専攻
  • 2003年04月 - 2005年03月   北海道大学   大学院工学研究科   都市環境工学専攻
  • 1999年04月 - 2003年03月   北海道大学   工学部   建築都市学科

所属学協会

  • 日本公衆衛生学会   日本太陽エネルギー学会   日本建築学会   空気調和・衛生工学会   

研究活動情報

論文

  • Han Yang, Koki Kikuta, Motoya Hayashi
    Energies 15 5 1873  2022年03月03日 [査読有り][通常論文]
  • Junichiro Matsunaga, Koki Kikuta, Hideki Hirakawa, Keita Mizuno, Masaki Tajima, Motoya Hayashi, Akira Fukushima
    Energies 14 22 7651  2021年11月16日 [査読有り][通常論文]
  • Yuhei Abe, Tsukasa Tsukidate, Taro Mori, Koki Kikuta, Hirofumi Hayama
    空気調和・衛生工学会論文集 46 291 19 - 29 2021年06月01日 [査読有り][通常論文]
  • Yuta Motomi, Koki Kikuta, Naoki Kobayashi
    日本建築学会環境系論文集 86 782 368 - 376 2021年04月01日 [査読有り][通常論文]
  • Motoya Hayashi, U Yanagi, Kenichi Azuma, Naoki Kagi, Masayuki Ogata, Shoichi Morimoto, Hirofumi Hayama, Taro Mori, Koki Kikuta, Shin‐ichi Tanabe, Takashi Kurabuchi, Hiromi Yamada, Kenichi Kobayashi, Hoon Kim, Noriko Kaihara
    Japan Architectural Review 3 4 423 - 434 2020年08月22日 [査読有り][通常論文]
  • Kazunori Takada, Hirofumi Hayama, Taro Mori, Koki Kikuta
    Journal of Asian Architecture and Building Engineering 20 3 340 - 355 2020年08月10日 [査読有り][通常論文]
  • 高田和規, 羽山広文, 森太郎, 菊田弘輝
    日本建築学会技術報告集 26 62 173 - 178 2020年02月01日 [査読有り][通常論文]
  • 林 基哉, 本間 義規, 厳 爽, 菊田 弘輝, 羽山 広文, 加用 現空, 開原 典子, 金 勲, 加用 現空, 鈴木 信恵, 開原 典子, 金 勲
    日本建築学会環境系論文集 84 761 699 - 708 日本建築学会 2019年07月01日 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of this study is to verify the annual characteristics of indoor environments in facilities for the elderly in cold regions. The temperatures, humidity and CO2 concentrations were measured in rooms and common spaces of 4 facilities for the elderly in Finland Espoo and 4 facilities for the elderly in Hokkaido Sapporo through a year. At first, the daily characteristics and the annual characteristics of indoor environments were analyzed. Secondly, the required humidification rate to control the indoor relative humidity to meet 40RH% (SEHMB: Standard for Environment and Health Management of a Building) were calculated using the results of the long-term measurements. The required humidification rates on condition that carbon dioxide concentrations are same as the measured concentrations and the rate on condition that the concentration controlled to 800ppm were calculated and the results of Finnish facilities and those of Hokkaido’s facilities were compared. Thirdly, the energy loads for ventilation and humidification and the influenza concentrations were calculated with these conditions on ventilation. The results showed the followings.  1. In winter, the outdoor temperatures of Finnish facilities are not so different from those of Hokkaido’s facilities. However in mild or cooling seasons, the outdoor temperatures and absolute humidity are higher in Hokkaido than in Finland.  2. Temperatures are well controlled in winter by floor heating systems in both Finnish facilities and Hokkaido’s facilities.  3. Even if the portable humidifiers were used in Hokkaido’s facilities, the humidity is lower than the standard 40RH% .The indoor humidity is lower in Finnish facilities and the indoor absolute humidity is same as the outdoor in Finnish facilities where humidifiers are not used at all.  4. In summer, the absolute humidity decreases in Hokkaido’s facilities where cooling systems were used in the common spaces. However the absolute humidity did not decrease in Finnish facilities.  5. The concentrations of carbon dioxide were enough lower than the SEHMB 1000ppm in all facilities. The concentrations change with the dwellers behaviors especially in Hokkaido’s facilities where they open windows and operate ventilation fan in order to control smell and risk of influenza infection.  6. Because the ventilation rate are kept higher in Finish facilities, the risk of influenza infection is lower in Finish facilities than in Hokkaido’s facilities.  7. Because heat recovery systems are used in Finish facilities, the energy load of humidification and ventilation is kept lower in Finish facilities.  These results showed that it is necessary to control both ventilation and humidification considering energy loads and influenza infection risks.
  • 高田和規, 立松宏一, 下ノ薗慧, 羽山広文, 森太郎, 菊田弘輝
    日本建築学会環境系論文集 83 754 955 - 964 2018年12月01日 [査読有り][通常論文]
  • 開原典子, 林基哉, 金勲, 大澤元毅, 阪東美智子, 小林健一, 本間義規, 厳爽, 菊田弘輝, 羽山広文
    日本建築学会環境系論文集 83 745 267 - 276 日本建築学会 2018年03月01日 [査読有り][通常論文]
     
    In this paper, to better understand indoor humidity in cold regions where it is more difficult to maintain indoor humidity in winter and to obtain basic information for improving indoor humidity, we evaluated thermal environments from measurement data in special nursing homes for the elderly of Miyagi and Hokkaido, and estimated the lack of humidification from an analysis of ventilation amount in these cold regions.

     Measured of indoor temperature, humidity and CO2 concentration showed the following.
     1) Although there were differences in the number of years of construction and the type of facility, it was shown that the indoor temperature was almost the same, the relative humidity was about 20 to 30%, which was a low humidity environment, and the CO2 concentration was less than 1,000 ppm in the facilities investigated. In addition, it was shown that the average value of the indoor temperature, humidity and CO2 concentration of the common space and the rooms were the same for the same building and the same floor.
     2) The indoor temperature of the common space and rooms in the facilities were controlled relatively stably, and the indoor temperature fluctuation during the three months in winter tends to be smaller in facilities in Hokkaido Prefecture than in facilities in Miyagi Prefecture.
     3) The indoor humidity ratio in the common space and rooms in the facilities was low and the indoor humidity ratio also fluctuated up and down following the change in humidity ratio of the outside air, showing that the indoor humidity ratio is strongly affected by outside air.
     4) Indoor temperature and humidity (temperature, relative humidity and humidity ratio) and CO2 concentration showed a tendency to fluctuate with the user's daily rhythm spent in the common space during the day and in the rooms at night.

     An analysis of the ventilation amount and required humidification amount showed the following.
     1) It was shown that there was diversity in ventilation patterns, and ventilation modes in each facility, such as by opening windows, or opening and shutting the living room door, were closely related to building performance. Also, it was shown that the colder the region, the more the ventilation amount tended to increase.
     2) It was shown that there was a need to introduce an industrial humidifier at an early stage in examination facility construction specifications so that indoor relative humidity could be more than 40%, because the humidification produced by portable humidifiers was insufficient.
     3) It was shown that if CO2 concentration were controlled to 1,000ppm, the lack of humidification could be reduced by more than 50%.
  • 水野 敬太, 菊田 弘輝, 福家 智大, 林 基哉, 金 勲
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集 2017.6 313 - 316 公益社団法人 空気調和・衛生工学会 2017年 
    パッシブ換気に関する外気負荷の削減方法として、再生可能エネルギー利用での給気予熱、デマンド換気(DCV)での風量調整が挙げられる。そこで、本研究では太陽熱集熱装置での給気予熱、湿度感知型換気口でのDCVを導入した超高性能パッシブ換気住宅の実態調査を行い、それらの効果を定量的に評価することを目的とする。
  • 松尾 悠佑, 菊田 弘輝, 斉藤 雅也, 羽山 広文
    日本建築学会環境系論文集 82 731 67 - 76 2017年01月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 菊地 洋, 青柳 志歩, 羽山 広文
    日本建築学会環境系論文集 81 727 803 - 810 2016年09月01日 [査読有り][通常論文]
  • 大沢 飛智, 森 太郎, 田 裕章, 緒形 浩佑, 羽山 広文, 菊田 弘輝
    日本建築学会環境系論文集 81 721 327 - 336 2016年03月01日 [査読有り][通常論文]
  • 大澤 元毅, 林 基哉, 開原 典子, 金 勲, 本間 義規, 菊田 弘輝, 羽山 広文, 阪東 美智子, 小林 健一, 厳 爽
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集 2016.8 109 - 112 公益社団法人 空気調和・衛生工学会 2016年 
    日本の北部地域に設けられた高齢者施設における冬期の生活環境の特性を調べるため、実測調査を行った。居室と共有スペースにおける温度/湿度と二酸化炭素濃度、屋外の温度/湿度を、北海道と宮城県の6施設で3か月にわたって測定した。 床暖房やポータブル加湿器ユニットの導入などの対策にもかかわらず、それらは外部の気候の影響を受けやすく、湿度の推奨レベルを維持することは困難であったことが、本研究により示された。
  • 開原 典子, 林 基哉, 大澤 元毅, 金 勲, 本間 義規, 菊田 弘輝, 羽山 広文, 阪東 美智子, 小林 健一, 厳 爽
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集 2016.8 113 - 116 公益社団法人 空気調和・衛生工学会 2016年 
    本報では、換気量の時間別変化の分析を行い、その結果をもとに相対湿度40%に対する必要加湿量の検討を行った。換気量の時間別変化の分析からは、換気パターンの多様性を示し、窓開け換気の状況や居室の扉の開閉状況などの各施設の運用上の特徴、及び、建物性能が深く関係していることを示した。相対湿度40%に対する不足加湿量の分析からは、二酸化炭素濃度を1000ppmまで緩和した場合、現状の5割以下に不足加湿量が低減できる可能性を示した。今後、臭気や感染症への検討が不可欠である。
  • 松尾 悠佑, 菊田 弘輝, 斉藤 雅也, 羽山 広文
    日本建築学会環境系論文集 81 719 73 - 82 2016年01月01日 [査読有り][通常論文]
  • Yoshiyuki Inoue, Hirofumi Hayama, Taro Mori, Koki Kikuta, Motoya Hayashi, Noriyuki Toyohara
    Energy Procedia 78 2052 - 2057 2015年11月01日 [査読有り][通常論文]
  • Masaharu Ogasawara, Koki Kikuta, Hirofumi Hayama, Tetsu Yamanaka, Yoshinori Sasaki, Masahiro Hatanaka
    Energy Procedia 78 2268 - 2273 2015年11月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 羽山 広文
    日本建築学会環境系論文集 80 711 461 - 469 2015年05月01日 [査読有り][通常論文]
  • 緒形 浩佑, 森 太郎, 大沢 飛智, 田 裕章, 羽山 広文, 菊田 弘輝
    日本建築学会環境系論文集 80 708 109 - 116 2015年02月01日 [査読有り][通常論文]
  • 高山 裕香子, 森 太郎, 石戸谷 裕二, 松永 潤一郎, 羽山 広文, 菊田 弘輝
    日本建築学会環境系論文集 80 708 117 - 126 2015年02月01日 [査読有り][通常論文]
  • 松本 若菜, 森 太郎, 羽山 広文, 菊田 弘輝
    日本建築学会環境系論文集 80 707 21 - 28 2015年01月01日 [査読有り][通常論文]
  • 小島 俊一, 羽山 広文, 森 太郎, 菊田 弘輝
    日本建築学会環境系論文集 80 707 29 - 35 2015年01月01日 [査読有り][通常論文]
  • Yoshiyuki Inoue, Hirofumi Hayama, Taro Mori, Koki Kikuta, Noriyuki Toyohara
    Journal of Energy and Power Engineering 9 1 16 - 24 2015年01月01日 [査読有り][通常論文]
  • 尾身 佳樹, 菊田 弘輝, 酒田 健, 斉藤 雅也, 羽山 広文
    日本建築学会環境系論文集 79 696 159 - 166 2014年02月01日 [査読有り][通常論文]
  • 辻 圭輔, 森 太郎, 羽山 広文, 絵内 正道, 菊田 弘輝
    日本建築学会環境系論文集 78 694 929 - 938 2013年12月01日 [査読有り][通常論文]
  • 二渡 直樹, 羽山 広文, 森 太郎, 菊田 弘輝, 豊原 範之
    日本建築学会環境系論文集 78 687 409 - 418 2013年05月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 田中 優里香, 金子 亮平, 羽山 広文
    日本建築学会環境系論文集 77 677 583 - 590 2012年07月01日 [査読有り][通常論文]
  • 剱持 圭佑, 羽山 広文, 森 太郎, 菊田 弘輝, 福島 明
    日本建築学会環境系論文集 77 677 591 - 597 2012年07月01日 [査読有り][通常論文]
  • 森 太郎, 辻 圭輔, 菅沼 秀樹, 羽山 広文, 菊田 弘輝
    日本建築学会環境系論文集 77 675 357 - 363 2012年05月01日 [査読有り][通常論文]
  • 羽山 広文, 釜澤 由紀, 松村 亮典, 菊田 弘輝
    厚生の指標 58 13 1 - 6 厚生労働統計協会 2011年11月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 吉田 卓生, 永沼 純一, 羽山 広文, 絵内 正道, 阿部 佑平
    日本建築学会環境系論文集 76 659 17 - 24 2011年01月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 今井 綾子, 羽山 広文, 丹保 洋人
    日本建築学会環境系論文集 75 657 1001 - 1008 2010年11月01日 [査読有り][通常論文]
  • 香西 里美, 立松 宏一, 本間 義規, 鈴木 大隆, 羽山 広文, 菊田 弘輝
    日本建築学会技術報告集 16 33 563 - 568 2010年06月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 泉 孝典, 羽山 広文, 絵内 正道
    日本建築学会環境系論文集 75 647 51 - 57 2010年01月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 今井 綾子, 羽山 広文, 絵内 正道
    日本建築学会環境系論文集 74 646 1321 - 1327 2009年12月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 畑中 壮大, 羽山 広文, 絵内 正道
    日本建築学会環境系論文集 74 646 1355 - 1362 2009年12月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 阿部 佑平, 絵内 正道, 羽山 広文, 白石 洋平
    空気調和・衛生工学会論文集 34 149 23 - 32 2009年08月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 絵内 正道, 羽山 広文, 宮坂 敏一
    日本建築学会環境系論文集 73 626 463 - 470 2008年04月01日 [査読有り][通常論文]
  • 糸井川 高穂, 羽山 広文, 絵内 正道, 菊田 弘輝, 山岸 浩
    日本建築学会環境系論文集 72 614 79 - 86 日本建築学会 2007年04月01日 [査読有り][通常論文]
     
    In medical facilities, the aim of room temperature is based on past studies for postures of standing and chair sitting, and on epidemiological knowledge. Studies aimed to clarify an evaluation of change of thermal environment based on psychological and physiological reaction for a posture of supine are needed. This report aims to exam an evaluation of change of thermal environment based on psychological and physiological reaction for hospitals. As a result, mean skin temperature for thermal neutralization became 33.7〜33.8℃ and for maximum thermal comfort became 34.1〜34.3℃ regardless of sex and cooling system almost equally to the value. Based on amount of physiological unit and psychological slope ratio, the radiant cooling system and convection cooling system has almost the same performance for hospitals.
  • 糸井川 高穂, 羽山 広文, 絵内 正道, 菊田 弘輝, 山岸 浩
    人間と生活環境 13 2 87 - 93 人間-生活環境系学会 2006年11月01日 [査読有り][通常論文]
     
    本研究では、健康な青年男女各2名を被験者とした曝露実験を行い、天井放射冷房を使用した病室における睡眠に適した温熱環境を検討した。患者が病室に長期間滞在することを考慮し、睡眠時に快適と考えられている室温28℃、相対湿度50%を基準とし、26℃、30℃の2設定を加えた3条件で実験を行なった。睡眠中の心拍変動、各部皮膚温、熱流量を連続して記録し、また、起床直後には主観睡眠調査票により睡眠感を調査し、皮膚温や自律神経系の活動の経時変化の様子や生理反応と心理反応の関係を検討した。実験により、(1)手と足の皮膚温が他の部位より高い値となる、(2)時間の経過に伴い迷走神経の活動が高まる、という結果を得た。また、考察として、(1)自律神経系に着目する場合、26℃とした制御が他の条件の場合より高い安静を得るのに有効であると言うことができ、起床時の主観的睡眠感に着目する場合、28℃とした制御が他の条件の場合より起床時に高い睡眠感を得るのに効果的であると言う事ができる、(2)額、前腕および下腿の皮膚温を、睡眠中の安静の程度を判断する目安とすることができる、という結果を得た。
  • 菊田 弘輝, 絵内 正道, 羽山 広文, 森 太郎
    日本建築学会環境系論文集 71 599 39 - 46 日本建築学会 2006年01月01日 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of this study is to verify qualities of indoor thermal environment and heating energy consumption through this research on highly insulated buildings introduced reduction systems of fresh air load in cold regions. The research objects are two government offices for outside insulated RC buildings newly built in Obihiro City and Hakodate City. We consider the temperature characteristics on effects of high heat insulation and thermal storage in buildings, and the heating systems and control techniques on operations for highly insulated buildings. Also we consider the effects of energy reduction and usefulness on introductions of reduction systems of fresh air load. Based on what we have learned through this research, we discuss the subjects and suggestions for highly insulated buildings in cold regions.
  • 菊田 弘輝, 絵内 正道, 羽山 広文, 森 太郎
    日本建築学会環境系論文集 71 599 95 - 102 日本建築学会 2006年01月01日 [査読有り][通常論文]
     
    The aims of this study are to verify the optimum operation methods and the indoor comfort about thermal storage heating and cooling systems consisting of piping laid inside the floor for highly insulated buildings based on simplified predictive control. Principally, We consider the usefulness of continuous and nighttime operations on the basis of energy consumption for heating and cooling systems and indoor environment. As a result, the operation methods of equivalent for continuity like continuous and nighttime operations were effective for the problem of stopping operations on Saturday and Sunday in heating season. But stopping operations on Saturday and Sunday & continuous operations on weekdays was irrational. The operation methods of equivalent for intermittence like intermittent and nighttime operations were effective for the problem of rising room temperature during daytime in cooling season.
  • 菊田 弘輝, 絵内 正道, 羽山 広文, 森 太郎, 宮坂 敏一
    日本建築学会環境系論文集 70 598 37 - 42 日本建築学会 2005年03月01日 [査読有り][通常論文]
     
    The aim of this study is to clarify the effects of thermal storage system in midnight using the waste heat and midnight electric power, and to propose the new floor heating system using the thermal characteristics on external insulated houses. On numerical simulation of conditionally specified model, the results were as follows; (1) It was possible to maintain the room temperature and floor surface temperature by thermal storage in midnight after stopping the floor heating in daytime. (2) The amenity of thermal environment was evaluated by PMV and PPD, and the usefulness of this system was confirmed. (3) It was confirmed that the intermittent heating of approximately 6 hours for a day heating using this system was irrational from the result of radiator output and max output.
  • 高断熱建物における床暖冷房システムと室温変動の許容に関する研究
    菊田 弘輝, 絵内 正道, 羽山 広文, 森 太郎
    IBPSA-Japan講演論文集 11 - 18 2005年02月01日 [査読有り][通常論文]
  • 菊田 弘輝, 絵内 正道, 羽山 広文, 森 太郎
    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集 2003 29 - 32 公益社団法人 空気調和・衛生工学会 2003年

書籍

  • 北方型住宅の熱環境計画 2021
    菊田 弘輝 (担当:分担執筆範囲:7章 暖冷房・給湯設備の計画)
    北海道建築技術協会 2021年09月
  • 住宅の断熱・換気その最前線 2018
    菊田 弘輝 (担当:分担執筆範囲:1章 断熱・気密性能をより高める意義)
    北海道建築技術協会 2018年09月
  • News from the Front of Sustainable University Campuses
    KIKUTA Koki (担当:分担執筆範囲:Chapter 5 Trimmed weapons for energy data analysis in universities' living labs: current gaps and improvement proposals)
    Nuova Cultura 2017年04月
  • 北の住まいの熱環境計画 2015
    菊田 弘輝 (担当:分担執筆範囲:7章 暖房・給湯設備の計画)
    北海道建築技術協会 2015年11月

その他活動・業績

受賞

  • 2022年05月 第36回空気調和・衛生工学会振興賞技術振興賞
  • 2021年08月 Japan Architectural Review, Best Paper Award 2020
  • 2020年05月 第34回空気調和・衛生工学会振興賞技術振興賞
  • 2020年05月 第17回空気調和・衛生工学会功績賞
  • 2018年01月 第9回さっぽろ環境賞市民・団体部門優秀賞
  • 2017年05月 第31回空気調和・衛生工学会振興賞技術振興賞
  • 2017年05月 第5回カーボンニュートラル賞(建築設備技術者協会)
  • 2016年05月 第30回空気調和・衛生工学会振興賞技術振興賞
  • 2016年05月 第4回カーボンニュートラル賞(建築設備技術者協会)
  • 2015年02月 平成26年度北海道科学技術奨励賞(知事表彰)
  • 2009年03月 平成20年度日本太陽エネルギー学会伊藤直明賞
  • 2009年03月 平成20年度日本太陽エネルギー学会奨励賞(一般部門)
  • 2006年12月 第20回建築環境デザインコンペティション入賞(東京ガス)
  • 2005年05月 平成16年度空気調和・衛生工学会北海道支部学術講演会優秀発表奨励賞
  • 2003年03月 平成14年度日本建築学会北海道支部賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 同時使用率の確率論的算出手法の構築による中央熱源方式の熱源機器容量の最適化
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究C)
    研究期間 : 2019年 -2021年 
    代表者 : 阿部佑平
  • 寒冷地オフィスのファサードデザイン及び執務環境の評価
    北海道ガス株式会社:共同研究
    研究期間 : 2018年 -2020年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 寒冷地における高断熱建物の熱源機器容量の適正化に関する検討
    一般財団法人建築環境・省エネルギー機構:受託研究
    研究期間 : 2018年 -2020年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 生産施設用空調方式の高効率化と信頼性に関する研究
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究B)
    研究期間 : 2018年 -2020年 
    代表者 : 羽山広文
  • 公立学校のZEB実現に向けた実態調査及び課題の整理
    佐藤エネルギーリサーチ株式会社:受託研究
    研究期間 : 2019年 -2019年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 超高齢・省エネ時代の居住に係る健康リスクとリテラシー効果の推定法
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究A)
    研究期間 : 2016年 -2019年 
    代表者 : 林基哉
  • Permafrost Change-Environmental effects and Infrastructure Development in the Arctic region
    SIU:High North Programme 2015
    研究期間 : 2016年 -2018年 
    代表者 : Bj?rn Reidar S?rensen
  • 北方圏を対象とした超高性能パッシブ換気住宅の開発
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究C)
    研究期間 : 2016年 -2018年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 高発熱機械室の高効率空調設備構築と信頼性評価に関する研究
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究B)
    研究期間 : 2014年 -2016年 
    代表者 : 羽山広文
  • ZEB化を目標とした事務所建物のトータルエネルギーシステム評価
    北海道ガス株式会社:共同研究
    研究期間 : 2015年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 再生可能エネルギーによるパッシブ換気住宅の高度化に関する研究
    公益財団法人LIXIL住生活財団:調査研究助成
    研究期間 : 2015年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 日常及び緊急時双方に適用可能な無暖房化に向けた住環境整備手法の構築
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究C)
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 特別養護老人ホームのエネルギー消費実態調査と建物性能向上の効果把握
    公益財団法人LIXIL住生活財団:調査研究助成
    研究期間 : 2014年 
    代表者 : 羽山広文
  • 収容避難施設の高断熱化に関する研究
    札幌市:受託研究
    研究期間 : 2014年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 住宅の温熱環境が居住者へ与える影響の定量的評価
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究B)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 羽山広文
  • 札幌市の全住宅の熱需要MAP作成と札幌市南区真駒内での「次世代コミュニティ暖房」の検討
    札幌市:大学提案型共同研究事業
    研究期間 : 2013年 
    代表者 : 斉藤雅也
  • 大学キャンパス評価
    北海道大学:EU3大学との国際交流プロジェクト
    研究期間 : 2013年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 積雪を考慮した太陽熱利用型の空調換気システムに関する研究
    公益財団法人LIXIL住生活財団:調査研究助成
    研究期間 : 2013年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 気候変動対応型次世代環境建築
    社団法人日本建築学会:学術推進委員会 若手奨励特別研究委員会(本部助成)
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    代表者 : 曽我和弘
  • 天井放射パネルによる顕熱・潜熱分離空調システムに関する研究
    株式会社トヨックス:共同研究
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 羽山広文
  • 寒冷地型超省エネデータセンター構築技術の検証
    大成建設株式会社:共同研究
    研究期間 : 2012年 
    代表者 : 羽山広文
  • 再生可能な地中熱の利用による「札幌版次世代コミュニティ暖房」の可能性に関する研究
    札幌市:大学提案型共同研究事業
    研究期間 : 2012年 
    代表者 : 斉藤雅也
  • 第28回パッシブ・ローエネルギー建築国際会議(PLEA)
    北海道大学大学院工学研究院:若手研究員等海外渡航助成(後期)
    研究期間 : 2012年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 厳寒期における高齢者の安全性を考慮した収容避難場所の形成に関する研究
    公益財団法人三井住友海上福祉財団:研究助成
    研究期間 : 2012年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • データセンターの高効率化と信頼性評価に関する研究
    大成建設株式会社:共同研究
    研究期間 : 2010年 -2011年 
    代表者 : 羽山広文
  • 地域性と実行性を考慮した環境配慮型コンビニエンスストアの開発
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(若手研究B)
    研究期間 : 2010年 -2011年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 積雪寒冷地におけるエアフローウィンドウを用いたペリメータレス空調システムの性能検証
    北海道ガス株式会社:北海道ガス大学研究支援制度
    研究期間 : 2011年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 住環境影響の実態把握委員会
    社団法人日本建築学会北海道支部:特定課題研究委員会(本部助成)
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 羽山広文
  • 躯体蓄熱システムの性能評価および快適性に関する研究
    株式会社NTTファシリティーズ:共同研究
    研究期間 : 2009年 -2010年 
    代表者 : 羽山広文
  • 外気冷房併用型置換換気方式の性能検証と最適運転管理
    財団法人北海道科学技術総合振興センター:研究開発助成事業 発展・橋渡し研究補助金
    研究期間 : 2010年 
    代表者 : 羽山広文
  • 北方型エコスクールを対象とした暖房エネルギー消費量の実態と暖房負荷低減に関する研究
    北海道ガス株式会社:北海道ガス大学研究支援制度
    研究期間 : 2010年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 積雪寒冷型コンビニエンスストアにおける建築的対応による熱負荷低減手法の検討
    財団法人トステム建材産業振興財団:第19回(平成22年度)助成
    研究期間 : 2010年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • Indoor Air 2011
    公益財団法人東電記念財団:国際技術交流援助(下期)
    研究期間 : 2010年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • プロジェクトC・Cheer-Home 連携事業「Cheer-Homeのバージョンアップの研究」
    新連携認定グループ・プロジェクトC 代表 大平洋建業株式会社:受託研究
    研究期間 : 2008年 -2009年 
    代表者 : 絵内正道, 菊田弘輝
  • 外気冷房併用型置換換気システムの設計法の開発
    財団法人北海道科学技術総合振興センター:研究開発助成事業 スタートアップ研究補助金
    研究期間 : 2009年 
    代表者 : 羽山広文
  • 外断熱工法と選択的透過性を活用した地球環境建築(積雪寒冷型Glass-Covered Spaces)の創生
    財団法人旭硝子財団:自然科学系第3分野(特定研究助成)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 絵内正道
  • 高断熱事務所建物に適用可能な水方式による躯体蓄熱暖冷房システムの提案・開発
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(若手研究B)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 寒冷地におけるダブルスキンを有する事務所建物の環境性能評価
    北海道ガス株式会社:北海道ガス大学研究支援制度
    研究期間 : 2008年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 寒冷地における高断熱・高気密パッシブ換気住宅の性能評価
    財団法人トステム建材産業振興財団:第17回(平成20年度)助成
    研究期間 : 2008年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 地域コンソーシアム研究開発事業 「開口部一体型省エネ外断熱システムの商品化」
    財団法人北海道科学技術総合振興センター:受託研究
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 絵内正道
  • 冷却流水面とハイブリッド換気による屋内公開空地の熱・空気環境の改善効果
    独立行政法人日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究B)
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 絵内正道
  • 第9回Clima2007国際会議
    北海道大学大学院工学研究科:若手研究員等海外渡航助成(前期)
    研究期間 : 2007年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 高断熱事務所建物における床冷房の実用化に関する制御手法の提案と検証
    北海道ガス株式会社:北海道ガス大学研究助成制度
    研究期間 : 2007年 
    代表者 : 菊田弘輝
  • 配管埋設型の放射冷暖房方式に関する実測調査と解析評価
    大成建設株式会社:共同研究
    研究期間 : 2006年 
    代表者 : 絵内正道
  • 建築都市の安全性に関する調査分析と温度のバリアフリー化
    財団法人北海道科学技術総合振興センター:基盤的研究開発育成事業(共同研究補助金)
    研究期間 : 2006年 
    代表者 : 羽山広文

教育活動情報

主要な担当授業

  • 環境デザイン工学特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : 気候風土、パッシブデザイン、アクティブデザイン、環境建築、エネルギー
  • 環境デザイン工学特論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : 気候風土、パッシブデザイン、アクティブデザイン、環境建築、エネルギー
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : サステナビリティ、エネルギー、地域マップ、建築文化、素材、人間環境
  • 都市環境計画
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 未来都市、都市災害、省エネルギー技術、環境建築、技術者倫理

大学運営

委員歴

  • 2021年 - 現在   日本サステナブル建築協会   省エネルギー性能評価法検討委員会 暖冷房・換気SWG 新型ハイブリッド給湯暖房機TG 委員
  • 2021年 - 現在   建築研究所   AIVC日本連絡会 委員
  • 2021年 - 現在   建築環境・省エネルギー機構   自立循環プロジェクトフェーズ7 ポストCOVID-19における空調・換気・通風計画のあり方検討委員会 委員
  • 2021年 - 現在   建築環境・省エネルギー機構   自立循環プロジェクトフェーズ7 非住宅建築物の熱源機器容量設計手法に関する検討委員会 委員長
  • 2020年 - 現在   空気調和・衛生工学会   空気調和・衛生工学会 換気設備委員会 快適な室内空気質検討小委員会 委員
  • 2020年 - 現在   北海道   北海道開発局営繕部総合評価審査委員会 委員
  • 2019年 - 現在   日本建築学会   環境工学委員会 建築設備運営委員会 環境建築設計法小委員会 委員
  • 2017年 - 現在   日本建築学会   学術レビュー委員会 作品選集委員会 支部選考部会 委員
  • 2015年 - 現在   日本建築学会   環境工学委員会 バイオクライマティクデザイン小委員会 委員
  • 2015年 - 現在   北海道建築技術協会   BIS認定制度 試験講習委員会 委員
  • 2007年 - 現在   空気調和・衛生工学会北海道支部   役員・幹事
  • 2006年 - 現在   日本建築学会北海道支部   環境工学専門委員会 委員
  • 2020年 - 2021年   北海道建築指導センター   建築物省エネ法における北海道建築指導センター評価・評定委員会 委員
  • 2019年 - 2021年   日本建築学会   環境工学委員会 熱環境運営委員会 建築・都市熱環境に関する将来構想小委員会 委員
  • 2020年 - 2020年   日本サステナブル建築協会   建築物の総合的環境評価研究委員会 室内環境検討委員会 委員
  • 2020年 - 2020年   建築環境・省エネルギー機構   自立循環プロジェクトフェーズ6 ポストCOVID-19における空調・換気・通風計画のあり方検討委員会 委員
  • 2018年 - 2020年   札幌市   第11次札幌市環境保全協議会 副会長
  • 2018年 - 2020年   建築環境・省エネルギー機構   自立循環プロジェクトフェーズ6 寒冷地における高断熱建物の熱源機器容量の適正化に関する検討委員会 委員長
  • 2018年 - 2020年   建築環境・省エネルギー機構   自立循環プロジェクトフェーズ6 寒冷地における高断熱建物の熱源機器容量の適正化に関する検討委員会 作業WG 主査
  • 2017年 - 2020年   日本建築学会   環境工学委員会 企画刊行運営委員会 幹事
  • 2017年 - 2020年   日本建築学会   環境工学委員会 企画刊行運営委員会 建築学会環境基準作成小委員会 幹事
  • 2018年 - 2019年   NEDO   公立学校のZEB実現検討委員会 委員
  • 2018年 - 2019年   日本建築学会   環境工学委員会 企画刊行運営委員会 環境建築設計論小委員会 委員
  • 2014年 - 2019年   空気調和・衛生工学会   換気設備委員会 室内空気質小委員会 委員
  • 2017年 - 2018年   日本建築学会   環境工学委員会 熱環境運営委員会 伝熱小委員会 建築・都市熱環境に関する将来構想WG 委員
  • 2017年 - 2018年   日本建築学会   環境工学委員会 建築設備運営委員会 環境建築小委員会 委員
  • 2017年 - 2018年   日本建築家協会北海道支部   JIA・テスクチャレンジ設計コンペ 審査委員長
  • 2016年 - 2018年   空気調和・衛生工学会   換気設備委員会 高効率換気システム小委員会 委員
  • 2009年 - 2018年   日本建築学会   環境工学委員会 熱環境運営委員会 委員
  • 2007年 - 2018年   日本建築学会   環境工学委員会 伝熱小委員会 委員
  • 2014年 - 2017年   空気調和・衛生工学会   標準化委員会 冷暖房熱負荷簡易計算法改定小委員会 委員
  • 2015年 - 2016年   日本建築学会   バイオクライマティクデザイン小委員会 環境適応モデルWG 委員
  • 2015年 - 2016年   日本建築学会   環境工学委員会 伝熱小委員会 熱環境設計WG 主査
  • 2015年 - 2016年   日本建築学会   環境工学委員会 広報小委員会 委員
  • 2015年 - 2016年   日本建築学会   環境工学委員会 環境工学本委員会 幹事
  • 2015年 - 2016年   日本建築家協会北海道支部   JIA・テスクチャレンジ設計コンペ 審査委員
  • 2013年 - 2015年   空気調和・衛生工学会   換気設備委員会 換気性能小委員会 委員
  • 2013年 - 2015年   空気調和・衛生工学会   換気設備委員会 換気性能小委員会 換気量測定法WG 委員
  • 2013年 - 2014年   日本建築学会   環境工学委員会 伝熱小委員会 熱システムWG 主査
  • 2012年 - 2014年   日本建築学会   環境工学委員会 バイオクライマティクデザイン小委員会 適応モデルWG 委員
  • 2013年 - 2013年   空気調和・衛生工学会   換気設備委員会 換気性能小委員会 海外研究動向調査WG 委員
  • 2011年 - 2012年   日本建築学会   学術推進委員会 若手奨励特別研究委員会 気候変動対応型次世代環境建築 委員
  • 2010年 - 2012年   空気調和・衛生工学会   換気設備委員会 換気測定・評価小委員会 委員
  • 2010年 - 2012年   空気調和・衛生工学会   換気設備委員会 換気測定・評価小委員会 多数室間換気量測定法の検討 委員
  • 2009年 - 2012年   日本建築学会   環境工学委員会 伝熱小委員会 熱環境システム設計WG 幹事
  • 2009年 - 2010年   日本建築学会北海道支部   特定課題研究委員会 住環境影響の実態把握委員会 委員
  • 2007年 - 2008年   日本建築学会   環境工学委員会 伝熱小委員会 熱環境性能WG 委員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.