揚妻 直樹アゲツマ ナオキresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/09/21

基本情報

プロフィール

所属部署名
北方生物圏フィールド科学センター 森林圏ステーション 苫小牧研究林
職名准教授 
学位
博士(理学)(京都大学)
理学修士(京都大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~member/agetsuma/
科研費研究者番号60285690

研究キーワード

森林生態学, 採食生態学, 哺乳類, 動物生態学

研究分野

基礎生物学 / 生物多様性・分類(保全生態学)
基礎生物学 / 動物生理・行動(行動)
基礎生物学 / 生態・環境
森林学 / 森林科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎生物学 / 生物多様性・分類(保全生態学)
基礎生物学 / 動物生理・行動(行動)
基礎生物学 / 生態・環境
森林学 / 森林科学

職歴

2018年04月
-
現在
北海道大学(檜山研究林長)
2018年04月
-
現在
北海道大学(苫小牧研究林長)
2007年04月
-
現在
北海道大学(准教授)
2009年04月
-
2018年03月
北海道大学(和歌山研究林長)
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学(助教授)
2001年04月
-
2006年03月
北海道大学(助手)
2000年04月
-
2001年03月
北海道大学(助手(森林生物管理学部門))
1996年04月
-
2000年03月
秋田経済法科大学(専任講師(環境論))
1995年04月
-
1996年03月
日本学術振興会 (特別研究員PD(実験系心理学))
1995年02月
-
1996年03月
日本学術振興会 (特別研究員PD(生態学))
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2018年04月
-
現在
北海道大学(檜山研究林長)
2018年04月
-
現在
北海道大学(苫小牧研究林長)
2007年04月
-
現在
北海道大学(准教授)
2009年04月
-
2018年03月
北海道大学(和歌山研究林長)
2006年04月
-
2007年03月
北海道大学(助教授)
2001年04月
-
2006年03月
北海道大学(助手)
2000年04月
-
2001年03月
北海道大学(助手(森林生物管理学部門))
1996年04月
-
2000年03月
秋田経済法科大学(専任講師(環境論))
1995年04月
-
1996年03月
日本学術振興会 (特別研究員PD(実験系心理学))
1995年02月
-
1996年03月
日本学術振興会 (特別研究員PD(生態学))
1993年
-
1995年
日本学術振興会 (特別研究員DC (生態学))

学歴

-
1995年
京都大学 理学研究科
-
1991年
京都大学 理学研究科
-
1989年
東北大学 理学部 生物学科(植物生態学)
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
1995年
京都大学 理学研究科
-
1991年
京都大学 理学研究科
-
1989年
東北大学 理学部 生物学科(植物生態学)

所属学協会

日本生態学会
日本動物行動学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本生態学会
日本動物行動学会

研究活動

論文

A simple method for calculating minimum estimates of previous population sizes of wildlife from hunting records.
AGETSUMA Naoki
 13(6) e0198794 2018年06月
シカの高密度生息地で観察された土石流後の植生回復:屋久島西部照葉樹林での事例.
揚妻直樹・揚妻-柳原芳美
保全生態学研究 23(1) 145-153 2018年05月
Effects of time and environmental conditions on the quality of DNA extracted from fecal samples for genotyping of wild deer in a warm temperate broad-leaved forest.
Yoshimi Agetsuma-Yanagihara, Eiji Inoue, Naoki Agetsuma
Mammal Research 62 201-207 2017年04月
Impact of anthropogenic disturbance on the density and activity pattern of deer evaluated with respect to spatial scale-dependency.
Agetsuma Naoki, Koda Ryosuke, Tsujino Riyou, Agetsuma-Yanagihara Yoshimi
Mammalian Biology 81(2) 130-137 2016年03月
Effective spatial scales for evaluating environmental determinants of population density in Yakushima macaques.
Agetsuma Naoki, Koda Ryosuke, Tsujino Riyou, Agetsuma-Yanagihara Yoshimi
American Journal of Primatology 77(2) 152-161 2015年02月
Influence of trap environment on the effectiveness of an acoustic lure for capturing vespertilionid bats in two temperate forest zones in Japan.
David A. Hill, Dai Fukui, Naoki Agetsuma, Andrew J.J. Macintosh
Mammal Study 39(4) 229-236 2014年12月
Calcium concentration in leaf litter alters the community composition of soil invertebrates in warm-temperate forests.
Tamihisa Ohta, Shigeru Niwa, Naoki Agetsuma and Tsutom Hiura
Pedobiologia 57(4-6) 257-262 2014年11月
Ecosystem impacts of folivory and frugivory by Japanese macaques in two temperate forests in Yakushima.
Goro Hanya, Mieko Fuse, Shin-ichiro Aiba, Hino Takafumi, Riyou Tsujino, Naoki Agetsuma, Colin A. Chapman
American Journal of Primatology 76(6) 596-607 2014年06月
本州西部と四国におけるコウモリ寄生ハエ類(クモバエ科、コウモリバエ科)の記録.
山内健生・宮本大右・大島康宏・山田勝・揚妻直樹
倉敷市立自然史博物館研究報告 29 45-46 2014年03月
野生シカによる農業被害と生態系改変:異なる二つの問題の考え方.
揚妻 直樹
生物科学 65(2) 117-126 2013年10月
論文を全て表示する
論文閉じる
A simple method for calculating minimum estimates of previous population sizes of wildlife from hunting records.
AGETSUMA Naoki
 13(6) e0198794 2018年06月
シカの高密度生息地で観察された土石流後の植生回復:屋久島西部照葉樹林での事例.
揚妻直樹・揚妻-柳原芳美
保全生態学研究 23(1) 145-153 2018年05月
Effects of time and environmental conditions on the quality of DNA extracted from fecal samples for genotyping of wild deer in a warm temperate broad-leaved forest.
Yoshimi Agetsuma-Yanagihara, Eiji Inoue, Naoki Agetsuma
Mammal Research 62 201-207 2017年04月
Impact of anthropogenic disturbance on the density and activity pattern of deer evaluated with respect to spatial scale-dependency.
Agetsuma Naoki, Koda Ryosuke, Tsujino Riyou, Agetsuma-Yanagihara Yoshimi
Mammalian Biology 81(2) 130-137 2016年03月
Effective spatial scales for evaluating environmental determinants of population density in Yakushima macaques.
Agetsuma Naoki, Koda Ryosuke, Tsujino Riyou, Agetsuma-Yanagihara Yoshimi
American Journal of Primatology 77(2) 152-161 2015年02月
Influence of trap environment on the effectiveness of an acoustic lure for capturing vespertilionid bats in two temperate forest zones in Japan.
David A. Hill, Dai Fukui, Naoki Agetsuma, Andrew J.J. Macintosh
Mammal Study 39(4) 229-236 2014年12月
Calcium concentration in leaf litter alters the community composition of soil invertebrates in warm-temperate forests.
Tamihisa Ohta, Shigeru Niwa, Naoki Agetsuma and Tsutom Hiura
Pedobiologia 57(4-6) 257-262 2014年11月
Ecosystem impacts of folivory and frugivory by Japanese macaques in two temperate forests in Yakushima.
Goro Hanya, Mieko Fuse, Shin-ichiro Aiba, Hino Takafumi, Riyou Tsujino, Naoki Agetsuma, Colin A. Chapman
American Journal of Primatology 76(6) 596-607 2014年06月
本州西部と四国におけるコウモリ寄生ハエ類(クモバエ科、コウモリバエ科)の記録.
山内健生・宮本大右・大島康宏・山田勝・揚妻直樹
倉敷市立自然史博物館研究報告 29 45-46 2014年03月
野生シカによる農業被害と生態系改変:異なる二つの問題の考え方.
揚妻 直樹
生物科学 65(2) 117-126 2013年10月
シカの異常増加を考える.
揚妻 直樹
生物科学 65(2) 108-116 2013年10月
災害時孤立集落の「不安」と「安心」の要因-台風12号における高齢山村、平井区の事例-
湯崎真梨子・揚妻直樹・塚田晃司・中島敦司
日本地域政策研究 11 53-62 2013年03月
Sika deer browsing differentially affects web-building spider densities in high and low productivity forest understories.
Moeko Minoshima, Mayura B. Takada, Naoki Agetsuma, Tsutom Hiura
Ecoscience 20 55-64 2013年
The relationships between feeding-group size and feeding rate vary from positive to negative with characteristics of food items in wild Japanese macaques (Macaca fuscata).
Nobuko Kazahari, Yamato Tsuji, Naoki Agetsuma
Behaviour 150 175-197 2013年
野生シカに対する順応的管理のための戦略的スキーム
揚妻 直樹
保全生態学研究 17(1) 131-136 2012年05月
Ixodid ticks collected from the raccoon dog Nyctereutes procyonoides albus and the common raccoonProcyon lotor in southern Hokkaido, Japan.
YAMAUCHI Takeo, AGETSUMA Naoki, ARAKI Natsuko, FUKUSHIMA Moe
International Journal of Acarology 38(3) 214-216 2012年04月
A proposal of the method of deer density estimate without fecal decomposition rate: a case study of fecal accumulation rate technique in Japan.
KODA Ryosuke, AGETSUMA Naoki, AGETSUMA‐YANAGIHARA Yoshimi, TSUJINO Riyou, FUJITA Noboru
Ecological Research 26(1) 227-231 2011年
Food habits of Japanese deer in an evergreen forest: Litter-feeding deer.
Naoki Agetsuma, Yoshimi Agetsuma-Yanagihara, and Hino Takafumi
Mammalian Biology 76 201-207 2011年
Dietary adaptations of temperate primates: comparisons of Japanese and Barbary macaques.
HANYA Goro, MENARD Nelly, QARRO Mohamed, IBN TATTOU Mohamed, FUSE Mieko, VALLET Dominique, YAMADA Aya, GO Moe, HINO Takafumi, TSUJINO Riyou, AGETSUMA Naoki, WADA Kazuo
Primates 52(2) 187-198 2011年
Autumn long-distance movements of male Japanese sika deer Cervus nippon yesoensis in western Hokkaido, Japan.
Naoki Agetsuma, Yoshimi Agetsuma-Yanagihara, Takafumi Hino
Eurasian Journal of Forest Research 14(1) 13-19 2011年
Mechanisms determining relationships between feeding group size and foraging success in food patch use by Japanese macaques Macaca fuscata
KAZAHARI Nobuko, KAZAHARI Nobuko, AGETSUMA Naoki
Behaviour 147(11) 1481-1500 2010年
Seasonal change in the diet composition of the Asian parti-coloured bat Vespertilio sinensis
FUKUI Dai, AGETSUMA Naoki
Mammal Study 35(4) 227-233 2010年
北海道大学和歌山研究林のコウモリ類
福井大・揚妻直樹・David A. Hill・原田正史
北海道大学演習林研究報告 67(1) 13-23 2010年
北海道大学・和歌山研究林に生息する哺乳動物相の把握
揚妻直樹・前田純・大西一弘・土井一夫・前田昌作・鈴木清士・久保田省悟・浪花彰彦・浪花愛子・小西富美代・桝本浩志
北海道大学演習林研究報告 67(1) 7-11 2010年
北海道大学・和歌山研究林における春季のニホンジカ(Cervus nippon centralis)分布パターン
揚妻直樹・前田純・大西一弘・土井一夫・前田昌作・鈴木清士・久保田省悟・浪花彰彦・浪花愛子・桝本浩志
北海道大学演習林研究報告 67(1) 1-5 2010年
Social factors enhancing foraging success of a wild group of Japanese macaques (Macaca fuscata) in a patchy food environment
KAZAHARI Nobuko, AGETSUMA Naoki
Behaviour 145(6) 843-860 2008年
Minimum area required for local populations of Japanese macaques estimated from the relationship between habitat area and population extinction
AGETSUMA Naoki
International Journal of Primatology 28(1) 97-106 2007年
Habitat use by introduced raccoons and native raccoon dogs in a northern deciduous forest on Hokkaido Island, Japan.
OKABE Fumie, AGETSUMA Naoki
Journal of Mammalogy 88(4) 1090-1097 2007年
Mature leaf selection of Japanese macaques: effects of availability and chemical content.
Goro Hanya, Mieko Kiyono, Hino Takafumi, Riyou Tsujino, Naoki Agetsuma
Journal of Zoology 273 140-147 2007年
中川研究林のコウモリ類
福井大・揚妻直樹・David A. Hill
北海道大学演習林研究報告 64(1) 29-36 2007年
西北海道・胆振地方におけるエゾシカの再定着過程
揚妻直樹・日野貴文・奥山悟・及川幸雄・奥田篤志・佐藤智明・本前忠幸・三好等・汲川正次・石井正・市川一・浪花彰彦・鷹西俊和・柳田智幸・有働裕幸・青井俊樹
北海道大学演習林研究報告 64(1) 23-28 2007年
Ecological function losses caused by monotonous land use induce crop raiding by wildlife on the island of Yakushima, southern Japan.
AGETSUMA Naoki
Ecological Research 22(3) 390-402 2007年
屋久島西部 世界遺産地域における森林利用の歴史.
大谷達也・揚妻直樹・揚妻-柳原芳美
保全生態学研究 12(1) 78-85 2007年
Tree growth, mortality, and recruitment among topographic positions in a warm temperate forest.
Riyou Tsujino, Hino Takafumi, Naoki Agetsuma,Takakazu Yumoto
Journal of Vegetation Science 17 281-290 2006年
北海道南西部のコウモリ
福井大・河合久仁子・佐藤雅彦・前田喜四雄・青井俊樹・揚妻直樹
哺乳類科学 45(2) 181-191 2005年
Geographical variation in the cranial and external characters of the little tube-nosed bat, Murina silvatica in Japanese archipelago
Fukui, D., Maeda, K., Hill, D.A., Matsumura, S., Agetsuma, N.
Acta Theriologica 50(3) 309-322 2005年
Acoustic identification of eight species of bat (Mammalia: Chiroptera) inhabiting forests of southern Hokkaido, Japan: potential for conservation monitoring
Zoological Science 21 933-947 2004年
Environmental determinants of altitudinal variations in relative group densities of the Japanese macaques on Yakushima
HANYA G, YOSHIHIRO S, ZAMMA K, MATSUBARA H, OHTAKE M, KUBO R, NOMA N, AGETSUMA N, TAKAHATA Y
Ecological Research 19(5) 485-493 2004年
Altitudinal and seasonal variations in the diet of Japanese macaques in Yakushima
Hanya, G., Noma, N., Agetsuma, N.
Primates 44(1) 51-59 2003年
Population density and ground composition of Japanese sika deer (Cervus nippon yakushima) in ever-green broad leaved forest of Yakushima, southern Japan
AGETSUMA N, SUGIURA H, HILL D A, YANAGIHARA(AGETSUMA) Y, TANAKA T
Ecological Research 18(5) 475-483 2003年
Troop Extinction and Female Fusion in Wild Japanese Macaques in Yakushima
Sugiura, H. Agetsuma, N. and Suzuki, S.
International Journal of Primatology 23(1) 69-84 2002年
「西北海道・胆振地方の森林内におけるエゾシカ生息密度」
揚妻直樹・大西敬・松田道子・福井大・大西瑞木・上杉あかね・揚妻(柳原)芳美・山本俊昭・奥田篤志・柳田智幸・奥山悟・三好等・石井正・本前忠幸
『北海道大学演習林研究報告』 59 61-66 2002年
Greeting behavior during party encounters in captive chimpanzees
OKAMOTO K, AGETSUMA N, KOJIMA S
Primates 42(2) 161-165 2001年
Relation between age-sex classes and dietary selection of wild Japanese monkeys
AGETSUMA N
Ecological Research 16(4) 759-763 2001年
Efficiency of harp trap for capturing bats in boreal broad-leaved forest in Japan
Fukui, D., Ishii, T., Agetsuma, N. and Aoi, T.
Eurasian Journal of Forest Research 3 23-26 2001年
Comparison between old-growth stands and secondary stands regenerating after clear-felling in warm-temperate forest of Yakushima southern Japan
Aiba, S, Hill, D.A., Agetsuma, N.
Forest Ecology and Management 140 163-175 2001年
「秋田経法大キャンパスの自然と地域におけるその重要性」
揚妻直樹
地域研究 11 47-51 2000年
Influence of temperature on energy intake and food selection by monkeys
Agetsuma, N.
International Journal of Primatology 21(1) 103-111 2000年
Variation in inter-group encounters in two populations of Japanese macaques
Sugiura, H., Saito, C., Sato, S., Agetsuma, N., Takahashi, H., Tanaka, T., Furuichi, T., Takahata, Y.
International Journal of Primatology 21(3) 519-535 2000年
Present situation of Japanese wildlife reviewed from economic backgrounds: An introduction for young students.
Agetsuma, N.
The Journal of Economics Department of Akita University of Economics and Law 30 11-23 1999年
Simulation of patch use by monkeys in operant schedule
Agetsuma, N.
Journal of Ethology 16 49-55 1999年
「地球温暖化に対する地方自治体の取り組み,都道府県けのアンケート調査から」
揚妻直樹・木村浩一
秋田経済法科大学経済学部紀要 29 19-33 1999年
矢作川中流域における川辺林の構造−竹林拡大の要因分析−
揚妻直樹・柳原芳美・室山泰之
矢作川研究 2 97-111 1998年
矢作川中流域における植生群落回復の試み−竹林伐採による天然更新の可能性−
室山泰之・柳原芳美・揚妻直樹
矢作川研究 2 75-87 1998年
The Distribution of Wild Yakushima Macaque (Macaca fuscata yakui). Troops around the Coast of Yakushima Island, Japan
Yoshihiro, S., Fruichi, T., Manda, M., Ohkubo, N., Kinoshita, M., Agetsuma, N., Azuma, S., Matsubara, H., Sugiura, H., Hill, D., Kido, E., Kubo, R., Matsushima, K., Nakajima, K., Maruhashi, T., Oi, T., Sprague, D., Tanaka, T., Tsukahara, T., Takahata, Y.
Primate Research 14 179-187 1998年
Home range structure and inter-groupcompetition for land of Japanese macaques in evergreen and deciduous forests
MARUHASHI T, SAITO C, AGETSUMA N
PRIMATES 39(3) 291-301 1998年
屋久島の野生ニホンザルによる農作物被害の発生過程とその解決策の検討
揚妻直樹
保全生態学研究 3 43-55 1998年
ワイルドライフマネイジメントと霊長類学の役割
揚妻直樹
秋田経済法科大学経済学部紀要 27 43-59 1998年
Aggressive intergroup encounters in two populations of Japanese macaques (Macaca fuscata)
SAITO C, SATO S, SUZUKI S, AGETSUMA N, TAKAHATA Y, SASAKI C, TAKAHASHI H, TANAKA T, YAMAGIWA J
Primates 39(3) 303-312 1998年
Reproduction of wild Japanese macaques females of Yakushima and Kinkazan islands: A preliminary report
TAKAHATA Y, SUZUKI S, IZAWA K, FURUICHI T, HILL D A, MARUHASHI T, SAITO C, SATO S, SPRAGUE D S
Primates 39(3) 339-349 1998年
矢作川中流域の哺乳動物相
柳原芳美・揚妻直樹
矢作川研究 2 89-96 1998年
Does troop size of wild Japanese macaques influence birth rate and infantmortality in the absence of predators?
TAKAHATA Y, SUZUKI S, IZAWA K, AGETSUMA N, HILL D, SAITO C, SATO S, TANAKA T, SPRAGUE D
Primates 39(2) 245-251 1998年
Effects of habitat differences on activity budget in Japanese monkeys: Comparison between Yakushima and Kinkazan
AGETSUMA N, NAKAGAWA N
Primates 39(3) 275-289 1998年
屋久島、西部林道における野生ニホンザルの餌付き方の調査−1993年と1995年の比較
揚妻 直樹
霊長類研究 13(1) 41-51 1997年
矢作川中流域の植生−河川生態系の回復を目指して−
揚妻直樹・柳原芳美・室山泰之
矢作川研究 1 109-129 1997年
東北地方の野生ニホンザルの分布と保全の問題点
揚妻直樹
ワイルドライフ・フォーラム 3 5-22 1997年
冬季における屋久島西部林道の利用状況:世界遺産地域内の道路整備と野生生物保護の論議のために
揚妻直樹
霊長類研究 12 41-46 1996年
屋久島の自然保護と野生生物
揚妻直樹
ワイルドライフ・フォーラム 2 23-32 1996年
野生ニホンザルを取り巻く社会問題と餌付けに関する意識調査
田中俊明・揚妻直樹・杉浦秀樹・鈴木滋
霊長類研究 11 123-132 1995年
Rapid shifting of foraging pattern by Yakushima macaques (Macaca fuscata yakui) as a reaction to heavy fruiting of Myrica rubra
Agetsuma, N. & Noma, N.
International Journal of Primatology 16 247-260 1995年
野生動物を保護するための植生回復の検討
揚妻直樹
霊長類研究 11 133-145 1995年
Foraging strategies of Yakushima macaques (Macaca fuscata yakui)
Agetsuma, N.
International Journal of Primatology 16 595-609 1995年
野生動物の生態情報に基づく環境計画
揚妻直樹
環境研究 98 118-124 1995年
Foraging synchrony in a group of Yakushima macaques (Macaca fuscata yakui)
Agetsuma, N.
Folia Primatologica 64 167-179 1995年
屋久島・安房林道において餌付いたサルの社会構造と繁殖状態:野生動物保護に必要な観光客に対する指導と道路管理
揚妻直樹
霊長類研究 11 1-7 1995年
Supra-annual variation in the influence of Myrica rubra fruit on the behavior of a troop of Japanese macaques in Yakushima
Hill, D.A. & Agetsuma, N
American Journal of Primatology 35 241-250 1995年
Dietary selection by Yakushima macaques (Macaca fuscata yakui): The influence of food availability and temperature
Agetsuma, N.
International Journal of Primatology 16 611-627 1995年
中国秦嶺山脈の野生ゴールデンモンキー(Rhinopithecus roxellanae roxellanae)
揚妻直樹
霊長類研究 10 49-56 1994年
屋久島の世界遺産地域を通過する西部林道が自然環境に与える影響
揚妻直樹・杉浦秀樹・田中俊明
霊長類研究 10 41-47 1994年
Preliminary survey of group density of Macaca fuscata yakui in relation to logging history at seven sites in Yakushima Japan
Hill, D.A., Agetsuma, N. & Suzuki, S.
Primate Research 10 85-93 1994年
屋久島における野生ニホンザルへの餌付け
杉浦秀樹・揚妻直樹・田中俊明
霊長類研究 9 225-233 1993年
Distribution pattern and age structure of Abies firma saplings in a mature mixed forest of A. firma and Fagus japonica
AGETSUMA N
Ecological Research 7(3) 387-389 1992年
Leaf inclination of Abies firma Sieb.et Zucc, responding to light condition
Agetsuma N.
Ecological Review 21 289-292 1989年

書籍

和歌山を科学するためのネタ本“オルタナティブ”な地域学を和大から(2016年度版)
中島敦司・湯崎真梨子・揚妻直樹・秋山演亮・岩野清美・尾久土正己・木村亮介・此松昌彦・竹林浩志・中島正博・西村竜一・原祐二・藤永博
和歌山大学教育学生支援機構 2016年
ねこさんから教えてもらったこと
揚妻 直樹
菊池多賀夫先生追悼文集出版会 2012年08月
Educational presentation material for use in university lectures: The Futurability of Biodiversity”.
Satoshi Yamashita, Hiromitsu Samejima, Naoki Agetsuma, Mitsue Shibata, Yayoi Takeuchi, Masaaki Takyu, Kentaro Kanazawa, Aya Hatada, Stewart Wachs, Martin Piddington
Research Institute for Human and Nature 2010年10月
Educational presentation material for use in university lectures: The Futurability of Biodiversity.
Naoki Agetsuma, Yuji Isagi, Atsushi Ushimaru, Shumpei Kitamura, Takuo Nagaike, Shoko Sakai, Zen-ichiro Kawabata, Wataru Fujita, Aya Hatada, Stewart Wachs, Martin Piddington
Research Institute for Human and Nature 2010年10月
日本列島の野生生物と人
揚妻直樹
世界思想社 2010年
「北方林業創立60周年誌 北の森づくりQ&A」
揚妻直樹
北方林業会 2009年
大学講義のためのプレゼン教材 生物多様性の未来にむけて(CD-ROM)
揚妻直樹・井鷺裕司・丑丸敦史・北村俊平・酒井章子・長池卓男・藤田渡・畑田彩
昭和堂 2008年
Sustainability and biodiversity assessment on forest utilization options
Naoki Agetsuma
Nakanishi Printing Company 2008年
Sustainability and diversity of forest ecosystems. An interdisciplinary approach
Agetsuma, N.
Springer 2007年
世界遺産 屋久島
揚妻直樹・揚妻-柳原芳美
朝倉書店 2006年10月
書籍を全て表示する
書籍閉じる
和歌山を科学するためのネタ本“オルタナティブ”な地域学を和大から(2016年度版)
中島敦司・湯崎真梨子・揚妻直樹・秋山演亮・岩野清美・尾久土正己・木村亮介・此松昌彦・竹林浩志・中島正博・西村竜一・原祐二・藤永博
和歌山大学教育学生支援機構 2016年
ねこさんから教えてもらったこと
揚妻 直樹
菊池多賀夫先生追悼文集出版会 2012年08月
Educational presentation material for use in university lectures: The Futurability of Biodiversity”.
Satoshi Yamashita, Hiromitsu Samejima, Naoki Agetsuma, Mitsue Shibata, Yayoi Takeuchi, Masaaki Takyu, Kentaro Kanazawa, Aya Hatada, Stewart Wachs, Martin Piddington
Research Institute for Human and Nature 2010年10月
Educational presentation material for use in university lectures: The Futurability of Biodiversity.
Naoki Agetsuma, Yuji Isagi, Atsushi Ushimaru, Shumpei Kitamura, Takuo Nagaike, Shoko Sakai, Zen-ichiro Kawabata, Wataru Fujita, Aya Hatada, Stewart Wachs, Martin Piddington
Research Institute for Human and Nature 2010年10月
日本列島の野生生物と人
揚妻直樹
世界思想社 2010年
「北方林業創立60周年誌 北の森づくりQ&A」
揚妻直樹
北方林業会 2009年
大学講義のためのプレゼン教材 生物多様性の未来にむけて(CD-ROM)
揚妻直樹・井鷺裕司・丑丸敦史・北村俊平・酒井章子・長池卓男・藤田渡・畑田彩
昭和堂 2008年
Sustainability and biodiversity assessment on forest utilization options
Naoki Agetsuma
Nakanishi Printing Company 2008年
Sustainability and diversity of forest ecosystems. An interdisciplinary approach
Agetsuma, N.
Springer 2007年
世界遺産 屋久島
揚妻直樹・揚妻-柳原芳美
朝倉書店 2006年10月
フィールド科学への招待
揚妻直樹
三共出版 2006年
森林の科学-森林生態系科学入門
揚妻直樹
朝倉書店 2005年
秋田県の絶滅のおそれのある野生生物2002.秋田県版レッドデータブック動物編
揚妻直樹・向山満
秋田県 2002年
霊長類生態学-環境と行動のダイナミズム
揚妻直樹
京都大学学術出版会 2000年
東北のニホンザル
斎藤千映美・揚妻直樹・岩月広太郎・大井徹・大谷達也・大槻晃太・松岡史郎・三戸幸久
東北ニホンザルの会 1999年
霊長類学を学ぶ人のために
揚妻直樹
世界思想社 1999年
秋田の経済と社会-その構造と可能性
揚妻 直樹
秋田経済法科大学 1997年
保護管理のためのデータベース、東北地方のニホンザル・ステータスレポート(1996年版)
大井徹・森治・足澤貞成・松岡史郎・揚妻直樹・中村民彦・遠藤純二・岩月広太郎・大槻幸太・伊沢紘生
東北ニホンザルの会 1997年
矢作川の伝統漁業と人の暮らし-豊田市広瀬ヤナを中心に-
揚妻直樹・柳原芳美・室山泰之・田中蕃
豊田市 1996年

受賞

2005年
Ecological Research Award 
1996年
Daiwa Awards 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2005年
Ecological Research Award 
1996年
Daiwa Awards 

競争的資金等の研究課題

人為的攪乱が野生動物に及ぼす影響の総合評価:そのメカニズムの解明に向けて
文部科学省:科学研究補助金(基盤研究B)
研究期間 : 2018年04月 - 2022年03月 代表者 : 揚妻 直樹
屋久島の低地一次林と二次林における中・大型動物の生息密度調査と植生へ影響の評価
文部科学省:科学研究補助金(基盤研究C)
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 杉浦秀樹
中山間地など条件不利地の情報通信基盤となる森林エリアネットワークの構築
文部科学省:科学研究補助金(基盤研究C)
研究期間 : 2015年04月 - 2019年03月 代表者 : 塚田晃司
野生動物の生息空間としての農地周辺環境評価と環境管理による農業被害防除の可能性
文部科学省補助金:科学研究補助金(基盤研究C)
研究期間 : 2015年04月 - 2018年03月 代表者 : 揚妻 直樹
自然エネルギー活用による農山漁村スマート化モデル開発-持続可能低炭素技術の発掘・開発と地域力の強化
JST:我が国の未来を開く地域の実現に関する調査研究
研究期間 : 2014年11月 - 2015年02月 代表者 : 湯崎真梨子
枯葉をねぐらとするコウモリの森林空間利用と社会構造の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年04月 - 2009年03月 代表者 : 平川 浩文
森林生態系における大型植食者による生物多様性維持機構の実験的解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 揚妻 直樹
大規模野外実験による流域スケールでの北方林生態系動態の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2004年 - 2006年 代表者 : 笹 賀一郎
屋久島における草食動物と森林構造の長期動態およびそれらの相互作用の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 揚妻 直樹
捕食者のいない環境下における草食動物と森林植生の共存機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 揚妻 直樹
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
人為的攪乱が野生動物に及ぼす影響の総合評価:そのメカニズムの解明に向けて
文部科学省:科学研究補助金(基盤研究B)
研究期間 : 2018年04月 - 2022年03月 代表者 : 揚妻 直樹
屋久島の低地一次林と二次林における中・大型動物の生息密度調査と植生へ影響の評価
文部科学省:科学研究補助金(基盤研究C)
研究期間 : 2017年04月 - 2020年03月 代表者 : 杉浦秀樹
中山間地など条件不利地の情報通信基盤となる森林エリアネットワークの構築
文部科学省:科学研究補助金(基盤研究C)
研究期間 : 2015年04月 - 2019年03月 代表者 : 塚田晃司
野生動物の生息空間としての農地周辺環境評価と環境管理による農業被害防除の可能性
文部科学省補助金:科学研究補助金(基盤研究C)
研究期間 : 2015年04月 - 2018年03月 代表者 : 揚妻 直樹
自然エネルギー活用による農山漁村スマート化モデル開発-持続可能低炭素技術の発掘・開発と地域力の強化
JST:我が国の未来を開く地域の実現に関する調査研究
研究期間 : 2014年11月 - 2015年02月 代表者 : 湯崎真梨子
枯葉をねぐらとするコウモリの森林空間利用と社会構造の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2008年04月 - 2009年03月 代表者 : 平川 浩文
森林生態系における大型植食者による生物多様性維持機構の実験的解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2006年 - 2008年 代表者 : 揚妻 直樹
大規模野外実験による流域スケールでの北方林生態系動態の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2004年 - 2006年 代表者 : 笹 賀一郎
屋久島における草食動物と森林構造の長期動態およびそれらの相互作用の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 揚妻 直樹
捕食者のいない環境下における草食動物と森林植生の共存機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2002年 - 2003年 代表者 : 揚妻 直樹
アフリカ熱帯林の霊長類とその草原への進出:比較研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 1999年 - 2001年 代表者 : 大澤 秀行

教育活動

主要な担当授業

一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 南紀熊野、古座川、照葉樹林、生態系、林業、スギ、ヒノキ、野生動物、生活、山村、景観、フィールドワーク、暖温帯、落人、限界集落
南紀熊野の森林から地域を考える−原材料採取から商品開発までー
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 商品開発・林業・加工・自然・生活・文化・地域社会・環境・暖温帯・南紀熊野・古座川・照葉樹林・スギ・ヒノキ・山村・落人・限界集落
森林圏科学特論Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 脊椎動物,保全,野外調査,研究発表Vertebrate Ecology, Conservation, Field Investigation, Presentation
森林空間機能学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 森林、環境保全機能、生物多様性保全、野生生物保全、土地利用、流域保全、森林利用
森林空間機能学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 森林の種類と分布、森林空間、環境保全機能、森林保全、資料作成方法、発表方法、ディスカッション
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 南紀熊野、古座川、照葉樹林、生態系、林業、スギ、ヒノキ、野生動物、生活、山村、景観、フィールドワーク、暖温帯、落人、限界集落
南紀熊野の森林から地域を考える−原材料採取から商品開発までー
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 商品開発・林業・加工・自然・生活・文化・地域社会・環境・暖温帯・南紀熊野・古座川・照葉樹林・スギ・ヒノキ・山村・落人・限界集落
森林圏科学特論Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 環境科学院
キーワード : 脊椎動物,保全,野外調査,研究発表Vertebrate Ecology, Conservation, Field Investigation, Presentation
森林空間機能学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 森林、環境保全機能、生物多様性保全、野生生物保全、土地利用、流域保全、森林利用
森林空間機能学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 農学部
キーワード : 森林の種類と分布、森林空間、環境保全機能、森林保全、資料作成方法、発表方法、ディスカッション
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 南紀熊野、古座川、照葉樹林、生態系、林業、野生動物、生活、山村、景観、フィールドワーク、暖温帯、落人、限界集落
南紀熊野の森林から地域を考える−原材料採取から商品開発までー
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 商品開発・林業・加工・自然・生活・文化・地域社会・環境・暖温帯・南紀熊野・古座川・照葉樹林・山村・落人・限界集落
森林圏科学特論Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 脊椎動物,保全,野外調査,研究発表Vertebrate Ecology, Conservation, Field Investigation, Presentation
森林空間機能学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 森林、環境保全機能、生物多様性保全、野生生物保全、土地利用、流域保全、森林利用
森林空間機能学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 森林の種類と分布、森林空間、環境保全機能、森林保全、資料作成方法、発表方法、ディスカッション
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 熊野、古座川、照葉樹林、生態系、林業、野生動物、人間活動、山村、景観、フィールドワーク
森林圏科学特論Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 環境科学院
キーワード : 脊椎動物,保全,野外調査,研究発表Vertebrate Ecology, Conservation, Field Investigation, Presentation
森林空間機能学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 森林、環境保全機能、生物多様性保全、野生生物保全、土地利用、流域保全、森林利用
森林空間機能学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 森林の種類と分布、森林空間、環境保全機能、森林保全、資料作成方法、発表方法、ディスカッション
野生動物管理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 野生生物管理,生物多様性,遺伝的多様性,個体群生態学,移入種
野生生物管理実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 農学部
キーワード : 野生動物管理、哺乳類、鳥類、両生類、魚類

社会貢献

委員歴

2018年
-
現在
苫小牧市美術博物館 協議会委員長
2018年
-
現在
苫小牧市 文化財保護審議会委員
2018年
-
現在
日本野鳥の会  ウトナイ湖サンクチュアリ運営協議会委員
2013年
-
現在
和歌山県立自然博物館 協議会委員
2014年
-
2017年
日本生態学会 近畿地区会委員
2014年
-
2015年
古座川町 総合計画審議委員会委員
1998年
-
2010年
 秋田県野生鳥獣保護管理対策検討委員会委員
2006年
-
2007年
日本生態学会 北海道地区会 会計幹事
2005年
-
2007年
日本生態学会 北海道地区会会計幹事
2002年
-
2004年
秋田県 森林環境整備対策協議会委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2018年
-
現在
苫小牧市美術博物館 協議会委員長
2018年
-
現在
苫小牧市 文化財保護審議会委員
2018年
-
現在
日本野鳥の会  ウトナイ湖サンクチュアリ運営協議会委員
2013年
-
現在
和歌山県立自然博物館 協議会委員
2014年
-
2017年
日本生態学会 近畿地区会委員
2014年
-
2015年
古座川町 総合計画審議委員会委員
1998年
-
2010年
 秋田県野生鳥獣保護管理対策検討委員会委員
2006年
-
2007年
日本生態学会 北海道地区会 会計幹事
2005年
-
2007年
日本生態学会 北海道地区会会計幹事
2002年
-
2004年
秋田県 森林環境整備対策協議会委員
1999年
-
2000年
 秋田版レッドリスト策定委員
1998年
-
1999年
 秋田県温暖化対策検討委員
1998年
-
1999年
日本生態学会 東北地区委員
2001年
 北海道東胆振エゾシカ対策連絡協議会委員

ページトップへ