研究者データベース

GAYMAN JEFFRY JOSEPH(ゲーマン ジエフリー ジヨセフ)
メディア・コミュニケーション研究院 メディア・コミュニケーション部門 多元文化教育論分野
教授

基本情報

所属

  • メディア・コミュニケーション研究院 メディア・コミュニケーション部門 多元文化教育論分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(教育学)(九州大学)

科研費研究者番号

  • 80646406

J-Global ID

プロフィール

  • アイヌの教育や文化継承の課題を教育人類学の手法を用い、地域参加型研究を目指しています。

研究キーワード

  • 異文化間理解教育   危機に瀕した言語の言語復興   少数先住民族の教育   先住民族   アイヌ民族   

研究分野

  • 人文・社会 / 教育社会学 / 教育人類学

職歴

  • 2019年04月 - 現在 北海道大学 大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授
  • 2013年04月 - 2018年03月 北海道大学 メディア・コミュニケーション研究院・教育学院 准教授
  • 2012年04月 - 2013年03月 北海道大学 メディア・コミュニケーション研究院 特任准教授
  • 2008年04月 - 2012年03月 熊本学園大学 非常勤講師
  • 2009年10月 - 2011年03月 九州大学人間環境学府 「教育の質向上支援プログラム」学際企画室 事務補佐員
  • 2002年04月 - 2003年03月 西大和私立中・高等学校 講師(英語)

学歴

  • 2006年04月 - 2012年03月   Kyushu University、Ph.D   人間環境学府
  • 2006年04月 - 2012年03月   九州大学   人間環境学府   教育システムコース
  • 2004年01月 - 2005年12月   アラスカ大学フェアバンクス校
  • 2003年04月 - 2004年03月   大阪大学   人間科学研究科
  • 1999年04月 - 2003年03月   大阪教育大学   小学校教員養成過程   教育学専攻
  • 1986年09月 - 1990年05月   ポモナ大学

所属学協会

  • 日本国際教育学会   North American and Indigenous Studies Association   九州教育学会   アジア教育学会   日本国際理解教育学会   International Association for Intercultural Education   American Anthropological Association   

研究活動情報

論文

  • Strained agricultural farming under the stress of youths’ career selection tendencies: a case study from Hokkaido (Japan)
    Muhammad Usman, Akinori Sawaya, Mari Igarashi, Jeffry Joseph Gayman, Rakesh Dixit
    Humanities and Social Sciences Communications 8 2021年01月 [査読有り]
  • Rethinking Japan’s Constitution from the Perspective of the Ainu and Ryūkyū Peoples
    上村英明, Jeff Gayman
    The Asia Pacific Journal/Japan Focus 16 5 2018年03月 [査読有り][招待有り]
  • 多元主義から見る日本国憲法の総体的意義―先住民族の視点から近代日本の基本法を考える―
    上村英明, Jeff Gayman
    恵泉女子大学園大学紀要 30 21 - 38 2018年02月 [査読無し][通常論文]
  • 北海道大学での私の教育的取組みの中身と理念―アイヌ的な要素が沢山ある環境の中の先住民族教育学、異文化間理解教育、質的研究法―
    ジェフ ゲーマン
    北海道大学大学院教育学研究院紀要 127 77 - 89 2016年12月 [査読無し][通常論文]
  • ジェフリー ゲーマン
    子ども発達臨床研究 6 6 75 - 77 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター 2014年12月 [査読無し][通常論文]
  • 土着の知に基づいたアイヌ文化継承に関する研究―「カルチュラル・セーフティー」論を中心に―
    2012年03月 [査読無し][通常論文]
  • Jeffry Gayman
    Intercultural Education 22 1 15 - 27 2011年02月 [査読有り][通常論文]
     
    Several years have passed since the adoption by the United Nations of the Declaration on the Rights of Indigenous Peoples (UNDRIP). Yet, what changes have happened in the lives of Indigenous peoples for whom the Declaration was written? This paper employs a framework of Indigenous educational theory to focus on the case of the Ainu of Japan and examines what kind of changes could be happening vis-à-vis Ainu education but are not. I explain the current stalled state of deliberations regarding implementation of the UNDRIP, outline the current resource base for an Ainu-run education system, and argue that it is the duty of the Japanese government to provide the infrastructure and expertise necessary to implement such an educational initiative, as well as to aid the Ainu in overcoming 'internalized oppression' which currently hampers many Ainu from embracing their Ainu identity and thereby vocally advocating their rights to an Indigenously driven Ainu education. I briefly touch upon the relevance of the Ainu situation to other Asian Indigenous peoples and contend that the Ainu case provides one useful watermark for comparison with other Indigenous peoples' scenarios. © 2011 Taylor & Francis.
  • ゲーマン ジェフリー ジョセフ
    国際教育文化研究 10 73 - 84 九州大学大学院人間環境学研究院国際教育文化研究会 2010年06月 [査読無し][通常論文]
  • 教育、啓発、雇用と連帯の場―札幌市アイヌ文化交流センター「サッポロピリカコタン
    ゲーマン ジェフ, 多原良子
    Journal of Asian Urbanism 1 31 - 35 2009年09月 [査読無し][通常論文]
  • 地域と文化に根ざした教育についての考察―二風谷小学校の取り組みを中心に―
    ゲーマン ジェフ
    飛梅論集:九州大学大学院教育学コース院生論文集 9 67 - 86 2009年03月 [査読有り][通常論文]
  • Nibutani Village, A Language-Revitalization Case Study of one Ainu Hamlet in Transition: Historicity, Positionality and Viability
    茅野志朗, 川上将史, ゲーマン ジェフ
    Journal of Australian Indigenous Issues 12 1-4 248 - 258 2009年01月 [査読有り][通常論文]
  • The Current State of Ainu Education: Struggles for Cultural Revitalization Amidst a Cumbersome Support System
    ゲーマン ジェフ
    Aboriginal Education World 72 - 81 2007年12月 [査読無し][通常論文]
  • 人類学的教育および民族教育研究の動向-東アジア諸国と米国を中心に-
    坂元一光, ゲーマン・ジェフ, アナトラグリジャナティ, 李ハージョン
    国際教育文化研究 7 157 - 180 2007年06月 [査読無し][通常論文]
  • ゲーマン ジェフリー ジョセフ
    国際教育文化研究 7 145 - 156 九州大学大学院人間環境学研究院国際教育文化研究会 2007年06月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • コミュニティーの創造と国際教育―日本国際教育学会30周年記念論集
    Jeffry Gayman, 共著, 国際先住民族運動に見られるアラスカ, ネイティブの教育的戦略 (担当:共著)
    明石書店 2021年10月
  • Routledge Handbook of Race;Ethnicity in Asia
    Jeff Gayman Chapter 20 Education and Ethnicity of the Ainu People (担当:共著)
    Routledge 2021年09月
  • The Indigenous World 2021: 35th Edition
    Kanako Uzawa, Jeff Gayman (担当:共著)
    International Working Group on Indigenous Affairs 2021年04月
  • The Routledge Handbook of Indigenous Environmental Knowledge
    ジェフ ゲーマン (担当:分担執筆範囲:Challenges Surrounding Education and Transmission of Ainu Indigenous Ecological Knowledge in Japan: Disparate Valuations of a People and their IEK)
    Routledge 2020年11月
  • Post Imperial Perspectives on Indigenous Education: Lessons from Japan and Australia
    Questioning current issues in the higher education sector for Japan’s Ainu People Jeff Gayman, Masayuki Ueno pp. 169-185. (担当:分担執筆範囲:Chapter 11)
    Routledge 2020年10月
  • International Work Group for Indigenous Affairs, Vinding, Diana, Stidsen, Sille, Mikkelsen, Cæcilie, Wessendorf, Kathrin (担当:分担執筆範囲:Kanako Uzawa and Jeff Gayman Japan, pp.267-273)
    IWGIA 2020年04月 (ISBN: 8790730704) v.
  • The Routledge Companion to Indigenous Repatriation: Return, Reconcile, Renew
    Tsuyoshi Hirata, Ryūkichi Ogawa, Yuji Shimizu, Tsugio Kuzuno, Jeff Gayman (担当:共著範囲:Chapter: Paradoxes and Prospects of Repatriation to the Ainu: Historical Background, Contemporary Struggles, and Visions for the Future)
    Routledge 2020年03月
  • Report of International Workshop Call and Response in Indigenous Research: Cases from Japan and Australia
    Yugo Tomonaga (担当:分担執筆範囲:Gayman, Jeff. The Dark Shadows of Academia and Shedding Light on the Darkness of Indigenous Knowledge: Two initiatives between Hokkaido University and local Ainu activist/cultural practitioners, pp. 21-36)
    2020年03月
  • Native Nations: The Survival of Indigenous Peoples, 3rd Edition
    Neely, Sharlotte, Douglas Hume (担当:分担執筆範囲:Gayman, Jeffry. The Ainu of Japan)
    J Charlton Publishing Ltd 2020年
  • ともに生きるための教育学へのレッスン40-明日を切り拓く教養
    宮崎隆志, 松本伊智郎, 白水浩信編 (担当:分担執筆範囲:文化的に適切な教育は可能か?116-120頁)
    赤石書店 2019年08月
  • Indigenous Efflorescence: Beyond Revitalization in Sapmi and Ainu Mosir.
    ゲーマン ジェフ (担当:単訳範囲:Shimizu Yuji, Toward a Respectful Repatriation of Stolen Ainu Ancestral Remains)
    Canberra: ANU Press 2019年06月
  • アイヌの四季:フチの伝える心
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ (担当:監修)
    寿郎社 2018年12月
  • Being Indigenous: Perspectives on Activism, Culture, Language and Identity
    ジェフ ゲーマン (担当:単訳範囲:Jirota Kitahara's Chapter 14, Current status of Ainu cultural revitalization)
    Routledge 2018年11月
  • Indigenous Philosophies of Education Around the World
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ (担当:分担執筆範囲:Chapter 11: Ainu Puri: Content and Praxis of an Indigenous Philosophy of a Northern People, pp. 211-227)
    Routledge 2018年
  • 「北海道における先住民族の『知』の接合に関するアクションリサーチ研究」報告書
    Gayman, Jeffr, 萱野志朗, 八重樫志仁, 秋辺日出男, 葛野次雄編 (担当:共著)
    北海道における先住民族の「知」の接合に関するアクションリサーチ研究」(科研基盤B、課題番号26284135)発行(115頁) 2017年03月
  • Japan and Canada in Comparative Perspective: Economics and Politics; Regions, Places and People
    ゲーマン ジェフ (担当:分担執筆範囲:On Collaborative Ainu Research Initiatives: Needs and Challenges, pp. 152-169)
    Japanese Studies Association of Canada 2015年
  • Social Movements and the Production of Knowledge, Body, Practice and Society in East Asia (Senri Ethnological Studies 91)
    ゲーマン ジェフ (担当:分担執筆範囲:Breaking through Impasses in the Ainu Rights Recovery Movement: A Case Study of one Transformational Activist-Disciple Relationship, pp. 45-61)
    National Museum of Ethnology 2015年
  • ネイティブ ネーション
    Gayman, Jeff (担当:分担執筆範囲:Chapter: The Ainu, pp. 55-72)
    J.Charlton Publishing 2014年
  • 危機的な状況にある言語・方言の保存・継承に係る取組等の実態に関する調査研究事業(アイヌ語)
    ゲーマン ジェフ (担当:編者(編著者))
    2013年03月 
    文化庁の委託事業を北海道大学メディア・コミュニケーション研究院ゲーマン研究室が実施した調査研究事業の調査報告である。ゲーマンは編著者である。
  • 現代国際理解教育事典
    ゲーマン ジェフリー (担当:分担執筆範囲:アイヌ民族)
    日本国際理解教育学会 2012年06月
  • 最先端の学際的教育の理論と社会還元に関する動向調査報告
    (担当:編者(編著者)範囲:第I章~第IV章、第5章部分執筆、第VI章)
    2011年03月 
    九州大学人間環境学府萌芽的学際研究助成事業の調査報告書である。
  • 学際白書 2009
    ゲーマン ジェフ (担当:分担執筆範囲:22‐47頁)
    九州大学人間環境学府 教育の質向上プログラム・学際企画室 2010年03月
  • アイヌ関連総合研究等助成事業研究報告
    ゲーマン ジェフ (担当:分担執筆範囲:1-38ページ)
    財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構 2010年02月
  • フチ・エカシからの次世代へのメッセージーアイヌモシリ.北海道の13人のエカシとフチの聞き取りインタビューからー 財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構 アイヌ関連総合研究等助成事業研究成果報告書
    ゲーマン ジェフ (担当:単著)
    2008年02月
  • Get Organized!
    Jo Hann Ta, Roem Tapamatisang (担当:その他)
    立教大学ESD 研究センター 2007年 
    共同監訳をつとめた。

講演・口頭発表等

  • 北海道に生かすアラスカ先住民族共生活動の理念と実践
    ジェフリー ゲーマン
    日本国際教育学会第32回研究大会 2021年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Support of Languages and Culture of Ainu people in Higher Education of Japan
    Jeffry Gayman
    Japan-Russia Scientific Forum, Online Workshop “Language and cultures of ethnic minorities in higher education in Russia and Hokkaido”, 2021年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Comments on the Speech of Vyacheslav Shadrin
    Jeff Gayman
    Japan-Russia Scientific Forum 2021年09月 その他
  • Challenges and prospects of “Call and Response” Collaborative Educational and Research Initiatives with the Indigenous Ainu People of Hokkaido: with a focus on recent neoliberal policy and bureaucratic structure.
    Jeff Gayman
    International Congress on Asian Studies 12 2021年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • The Ironies of Ainu Language Education in Public Schooling  [通常講演]
    Jeff Gayman Online Conference of the International Pragmatics Association
    Online Conference of the International Pragmatics Association 2021年07月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Japanese Multiculturalism as Examined Through the Lens of Indigenous Empowerment: The Case of the Ainu People  [招待講演]
    Jeffry Gayman
    Japan America Society of Chicago 2020年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Research Activities of the Gayman Laboratory: with a focus on collaborative research with the Ainu people.  [通常講演]
    Jeff Gayman
    Northern Sustainable Development Forum 2020年09月
  • Challenges and Complications of Ainu Representation: Indigenous Research Ethics, Ainu Diversity and the (non?) Participation of the Ainu in the Tokyo Olympic Ceremonies
    Jeffry Gayman
    Finnish Oriental Society 2020年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • エスノグラフィーの「政治学」と政治学-先住民族研究のポリティックスに対する工夫と(教育)人類学の存続可能性
    ジェフリー ゲーマン
    九州大学教育人類学研究室主催公開シンポジウム「箱崎から望む教育人類学の風景」 2020年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • The Dark Shadows of Academia and Shedding Light on the Darkness of Indigenous Knowledge: Two initiatives between Hokkaido University and local Ainu activist/cultural practitioners
    Jeffry Gayman
    International Workshop Call and Response in Indigenous Research: Cases from Japan and Australia 2019年12月 その他
  • Challenges and Successes of Collaborative Educational Initiatives with Local Ainu Indigenous People at the Hokkaido University School of Education.
    Jeff Gayman
    International Symposium on Research in the North held in conjunction with the Working-Level Officials Meeting of the World Winter Cities Association for Mayors 2019年11月 口頭発表(招待・特別)
  • Challenges and Successes of Working with Local Indigenous People in the Hokkaido University School of Education Program on Education for Sustainable Development.
    Jeff Gayman
    Northern Sustainable Development Forum 2019年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • アラスカ先住民教育研究から見たアイヌ民族教育研究の課題―比較研究の限界とローカルな視点の重要性―  [通常講演]
    ジェフ ゲーマン
    日本国際教育学会30回大会公開シンポジウム「国際教育の課題を方法を考えるーポストコロニアルの先住民族教育研究をふまえてー」 2019年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Realizations from a Course on “Rethinking Multiculturalism and Human Rights in Japan  [通常講演]
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ
    The International Association for Japan Studies 2018年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • Whither the Future of Ainu Indigenous Rights?: An Examination of Contemporary Ainu Issues Through a Comparison of Official, Citizen and Ainu Activist Discourses  [通常講演]
    ゲーマン ジェフ
    Helsinki University/Hokkaido University/ University of Sheffield Tandem Language Learning Project Summer Study Session, Sheffield University 2018年09月 口頭発表(一般)
  • Impasses, and Possible Ways Forward in Ainu Educational Policy: Reflections from Fieldwork and Education-Related Research in Hokkaido  [通常講演]
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ
    International Conference on Policy Towards Indigenous Peoples: Lessons to be Learned 2017年12月 口頭発表(一般)
  • Fitting A Square Peg into a Round Hole?: Ainu “Education”, Traditional Knowledge, and the Conundrum of Making Policy Proposals  [通常講演]
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ
    Helsinki University/Hokkaido University/ University of Sheffield Tandem Language Learning Project Summer Study Session 2017年09月 口頭発表(一般)
  • On Needs and Challenges of University/ Indigenous Community Collaboration: Reflections from Work at the Hokkaido University Research Faculty of International Media and Communication /Graduate School of Education  [招待講演]
    Jeff Gayman
    Lecture delivered at at the School of Alaska Native Studies and Rural Development, University of Alaska, Fairbanks 2017年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • On Needs and Challenges of Collaborative Ainu Research Initiatives: One Case of Collaborative Research with the Ainu of Japan  [通常講演]
    Jeff Gayman
    Joint Conference Between Hokkaido University and University of Helsinki 2017年03月 口頭発表(一般)
  • アイヌ民族の先住民族教育の可能性と展望について  [招待講演]
    ジェフ ゲーマン
    日本開発教育協会全国研究集会 2015年08月 口頭発表(招待・特別)
  • On Collaborative Ainu Research Initiatives  [通常講演]
    ゲーマン ジェフリ ジョセフ
    Japanese Studies Association of Canada 2015年05月 口頭発表(一般)
  • The Recent Campaign to Deny Ainu People's Existence on the Grounds of Cultural Transformation: A Brief Account From an Ainu Counter-Perspective  [招待講演]
    ゲーマン ジェフ
    International Workshop on Social Transformation in Japan and South Korea: Comparing with Taiwan. Institute of Sociology (IOS), Academia Sinica 2015年05月 口頭発表(招待・特別)
  • Continuity and Stasis in the Ainu Rights Recovery Movement: the Dialectic between (Indigenous) Struggle and Mainstream Cooptation of Cultural Reproduction.  [招待講演]
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ
    International Symposium on Social movements and the production of knowledge: Politics, identity and social change in East Asia 2014年02月 口頭発表(一般)
  • Problems and Prospects for Post-Secondary Ainu Indigenous Educational Programs: “Borders” and “Crossings” In Tertiary Education and Museum Internships In Hokkaido, Japan  [通常講演]
    Gayman Jeffry
    111th Annual Meeting of the American Anthropological Association 2012年11月 口頭発表(一般) San Francisco
  • アイヌ文化継承の組織化に向けて―アイヌ文化継承・教育を「先住民族教育」論から考える―  [招待講演]
    ゲーマン ジェフ
    2012年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 北海道大学 北海道大学アイヌ・先住民研究センター
  • 土着の知に基づいたアイヌ文化継承に関する研究-「カルチュラル・セーフティー」論を中心に-  [通常講演]
    ゲーマン ジェフ
    九州人類学研究会 定例研究会 2012年03月 口頭発表(一般) 九州大学
  • 先住民族交流活動とアイヌ青年の意識変容について―北海道における事例を中心に―  [通常講演]
    ゲーマン ジェフ
    九州教育学会第62回大会 福岡 2011年12月 口頭発表(一般)
  • “Movement” Movement and Stasis: A Longitudinal and Synchronic Examination of Education in the Ainu Rights Recovery Struggle  [通常講演]
    Gayman Jeffry
    109th Annual Meeting of the American Anthropological Association 2010年11月 口頭発表(一般) New Orleans
  • アイヌの先住民族交流と異文化間理解教育講師育成―事例研究から―  [通常講演]
    ゲーマン ジェフ
    日本国際理解教育学会年度大会 第20回研究大会 2010年07月 口頭発表(一般)
  • 高等教育におけるアイヌエンパワーメント―駒沢大学苫小牧校の事例から見えた現状と展望―  [通常講演]
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ
    アジア教育学会 第6回研究例会 2010年02月 口頭発表(一般) 埼玉工業大学
  • Nibutani Village, A Language-Revitalization Case Study of one Ainu Hamlet in Transition Historicity, Positionality and Viability  [通常講演]
    Kayano, Shiro, Masashi Kawakami, Jeffry Gayman
    World Indigenous Peoples Conference on Education 2008年12月 口頭発表(一般) Melbourne, Australia
  • Schooling in Japan: Supporting or Suppressing Ainu Identity? Recent Trends in Japanese Schooling Viewed Against the Ainu Cultural Movement.  [通常講演]
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ
    106th Annual Meeting of the American Anthropological Association 2007年11月 口頭発表(一般) Washington, DC
  • 「開発」教育と「先住民」問題-アイヌ民族の取り上げ方をめぐって-  [通常講演]
    ゲーマン ジェフ
    日本国際理解教育学会 第17回研究大会 2007年07月 口頭発表(一般)
  • On Ainu Place-Based Education  [通常講演]
    Gayman Jeff
    31st Annual Bilingual Multicultural Education and Equity Conference 2005年02月 口頭発表(一般) Anchorage, Alaska State of Alaska Department of Education

その他活動・業績

  • Modular Approach to Reading, 2020年北海道大学オープンコースウェア教材
    奥 聡, Jeff Gayman, 張ジュヒョク, Piers Williamson, Peter Richardson, Reggy Figer, Emma Cook, Jay Tanaka 2020年03月 [査読無し][通常論文]
  • アラスカ先住民教育研究から見たアイヌ民族教育研究の課題―比較研究の限界とローカルな視点の重要性―
    ゲーマン ジェフリー 国際教育 (26) 120 -126 2020年 [査読無し][通常論文]
  • Book Review The Fabric of Indigeneity: Ainu Identity, Gender, and Settler Colonialism in Japan. ann-elise lewallen著
    ゲーマン ジェフ Journal of the Royal Anthropological Institute 24 (3) 631 -632 2018年09月 [査読無し][招待有り]
  • Book Review:Beyond Ainu Studies: Changing Academic and Public Policies
    Jeff Gayman Japan Forum 27 (4) 563 -566 2016年 [査読無し][通常論文]
  • How to Make Yourself Understood (北大オリジナル 発信型英語の基礎教材)、北海道大学オープンコースウェア教材
    奥 聡, 土永孝, 辻本篤, Jeff Gayman, Chuck Brown, Emma Cook, Peter Richardson, Rick Siddle, Piers Williamson 2015年
  • Book Review: AINU: Paths to Memory. A film directed by Marcos Centeno Martín
    Jeff Gayman Pacific Affairs 88 (3) 757 -759 2015年 [査読無し][通常論文]
  • The Present and Future of Japanese Education: from the Perspective of an Educational Anthropologist
    ゲーマン ジェフリー ジョセフ Proceedings, Global Trends in the Future Education, International Conference of the College of Education、2014 27 -35 2014年10月 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2016年02月 北海道大学 Hokkaido University President's Award for Excellence in Teaching
     
    受賞者: ゲーマン ジェフリー ジョセフ
  • 2016年02月 Hokkaido University 北海道大学教育総長賞の奨励賞
     
    受賞者: ゲーマン ジェフリー ジョセフ
  • 2015年02月 Hokkaido University 北海道大学教育総長賞の奨励賞
     
    受賞者: ゲーマン ジェフリー ジョセフ

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 先住民族の伝統の知に関する研究―国際比較を通した日本への応用可能性の検討―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
    研究期間 : 2020年07月 -2023年03月 
    代表者 : ゲーマン・ジェフリー ジョセフ
  • 引き揚げと帰国のはざま-1950~1970年代における日本への帰還
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 玄 武岩, パイチャゼ スヴェトラナ, 藤野 陽平, ブル ジョナサンエドワード, 南 誠, 冨成 絢子, ゲーマン・ジェフリー ジョセフ
     
    本研究は、日本の植民地および勢力圏の「外地」から「内地」への移動を、終戦直後の「引揚」と 1980年以降の「帰国」という2つの時期に挟まれながも、そのどちらにも含まれない1950~1970年代における独特な帰還体験を考察することで、帰還をめぐる概念的差異を明らかにする問題発見型プロジェクトである。 1980年代以降、中国やサハリン残留の日本人が引き揚げてくるが、かれらは厳密には「引揚者」ではなく「帰国者」である。日本の引き揚げ研究において両者を区別するようになるのは近年のことであるが、「引揚者」が時代の経過とともに「帰国者」へと移り変わっていく戦後の溝に落とし込まれ、引揚援護や帰国支援の対象にならなかった人たちへの理解なくして、帝国日本の崩壊による人の移動を十全に捉えることはできない。 初年度は、本共同研究の各メンバーがそれぞれ専門とするフィールドを中心に、1950~1970年代における中国、台湾、朝鮮半島、サハリンから日本への引き揚げ/帰国に関する文献調査および歴史的実態の解明に取り掛かった。本プロジェクトに向けて以前から取り組んできた問題意識は、書籍の出版(分担執筆を含む)や学術論文として結実し、それらの成果は「引き揚げと帰国のはざま」というテーマ設定を引き揚げ研究のなかに位置付けるとともに、近年、引き揚げ研究が新たに注目を浴びるなかで本共同研究の独自性を精緻化することに結びついている。 研究成果の書籍や学術論文の一部は英文で執筆したもので、本共同研究を諸外国に向けて発信するうえでも有意義な成果といえる。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2016年07月 -2020年03月 
    代表者 : 吉田 邦彦, 遠藤 乾, 辻 康夫, 丸山 博, ゲーマン・ジェフリー ジョセフ, 井上 勝生, 上村 英明
     
    過去の不正義補償の事例・理論研究を深化させ、アイヌ民族その他世界各地の先住民族問題の比較法考察を行った(所有問題、環境的不正義、同化主義克服、多文化主義的教育・言語・文化遺産保護など)。その結果、わが国のアイヌ法政策が、「世界標準」からは遅れたもので、未だ課題が多いことを明らかにした。 他方で、冷戦期終焉後国際的民族紛争は多極化し、広範な移民・難民問題を生起させ、移民法学的には、《各国の統治権・市民権(公民権)に即した社会保障などの再分配政策と、グローバルな国際人権法上のボーダーレスの人権保護政策との緊張関係》が高まり、ポスト・ウェストファリア、脱植民地主義時代の越境問題の規制の方途を探った。
  • 「北海道における先住民族の「知」の接合に関するアクション・リサーチ研究
    日本学術支援機構:科学研究助成金
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : ゲーマン ジェフリー ジョセフ
  • 多文化共生と大学 -対話と連携に基づいた負の遺産の克服へ
    1) 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院:メディア・コミュニケーション研究院共同研究補助金
    研究期間 : 2013年05月 -2014年03月 
    代表者 : ゲーマン ジェフリー
  • 多文化共生と大学 -対話と連携に基づいた負の遺産の克服へ
    3) 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 平成25年度 メディア・コミュニケーション研究院:共同研究補助金
    研究期間 : 2013年04月 -2014年03月 
    代表者 : ゲーマン ジェフリー ジョセフ
  • 危機的な状況にある言語・方言の保存・継承に係る取組等の実態に関する調査研究事業(アイヌ語)
    文化庁:
    研究期間 : 2012年11月 -2013年03月 
    代表者 : ゲーマン ジェフリー ジョセフ
  • Multilingualism and multiculturalism research 2012
    3) 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院:メディア・コミュニケーション研究院共同研究補助金
    研究期間 : 2012年05月 -2013年03月 
    代表者 : Martin, Kylie Ann
     
    研究分担者
  • アイヌ民族教育に関する総合的研究
    日本学術支援機構:基盤研究B(一般)
    研究期間 : 2009年04月 -2012年03月 
    代表者 : 野元弘之
     
    協力研究者であった
  • 学際的教育研究の社会への還元に関する最新動向に関する研究
    九州大学大学院人間環境学府:萌芽的学際研究助成
    研究期間 : 2010年07月 -2011年03月 
    代表者 : 野々村淑子
  • アイヌ文化指導者・教育者育成に関する研究 二年度目
    財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構:アイヌ関連総合研究等助成事業
    研究期間 : 2008年04月 -2009年02月 
    代表者 : ゲーマン ジェフ
  • アイヌ文化指導者・教育者育成に関する研究
    財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構:アイヌ関連総合研究等助成事業
    研究期間 : 2007年04月 -2008年02月 
    代表者 : ゲーマン ジェフ

教育活動情報

主要な担当授業

  • 専門横断科目(一般科目):人文社会科学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 専門横断科目
    キーワード : changing language regimes, language policy, wellbeing, Ainu, Ryukyuan, migrants
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 補償、関係和解、東アジア、現代史

大学運営

委員歴

  • 2020年08月 - 現在   日本国際教育学会   副会長

社会貢献活動

  • 現在まで、そして今から考える アイヌの今後
    期間 : 2018年11月11日
    役割 : パネリスト
    主催者・発行元 : 北海道合同教育研究会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 年度研究大会
  • 「「アメリカ人」から見た天皇制」
    期間 : 2018年07月28日
    役割 : パネリスト
    主催者・発行元 : 後援:札幌市教育委員会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : アイヌモシリに天皇をむかえて考える―植民地主義・人種主義の現在、私たちの責任―
  • 世界の『先住民族教育』の動向とアイヌ民族の教育的展望
    期間 : 2018年01月26日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 札幌自由学校「遊」
    イベント・番組・新聞雑誌名 : シリーズ「先住民族の権利、世界の趨勢」第3回講義

メディア報道

  • The Ainu language and the global movement for indigenous rights
    報道 : 2020年10月25日
    執筆者 : 本人以外
    発行元・放送局 : The Japan Times
    番組・新聞雑誌 : The Japan Times
    News インターネットメディア
  • Japan's Forgotten Indigenous People
    報道 : 2020年05月20日
    執筆者 : 本人以外
    発行元・放送局 : BBC
    番組・新聞雑誌 : BBC Travel
     インターネットメディア
  • Japan's 'vanishing' Ainu will finally be recognized as indigenous people
    報道 : 2019年04月23日
    執筆者 : 本人以外
    発行元・放送局 : CNN
    番組・新聞雑誌 : CNN World
     インターネットメディア


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.