研究者データベース

日置 幸介(ヘキ コウスケ)
理学研究院 地球惑星科学部門 地球惑星ダイナミクス分野
教授

基本情報

所属

  • 理学研究院 地球惑星科学部門 地球惑星ダイナミクス分野

職名

    教授

学位

  • 理学修士 (東京大学)
  • 理学博士 (東京大学)

ホームページURL

研究キーワード

  • 宇宙測地学   地球惑星物理学   Space Geodesy   Earth and Planetary Physics   

研究分野

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

職歴

  • 2001年 - 2004年  同 教授 2002 - 2004 国立天文台水沢観測センター長併任 教授
  • 2001年 - 2004年  Professor
  • 1994年 - 2001年  国立天文台地球回転研究系助教授 助教授
  • 1994年 - 2001年  Associate Professor
  • 2004年  - 北海道大学教授 教授
  • 2004年  - Professor

学歴

  •         - 1984年   東京大学   理学系研究科
  •         - 1984年   東京大学
  •         - 1981年   東京大学   理学系研究科
  •         - 1981年   東京大学
  •         - 1979年   東京大学   理学部
  •         - 1979年   東京大学

所属学協会

  • アメリカ地球物理連合   日本地震学会   日本測地学会   測地学会   アジアオセアニア地球科学協会   地震学会   American Geophysical Union   Seismological Society of Japan   Geodetic Society of Japan   Asia Oceania Geoscience Society   

研究活動情報

書籍

  • 地球が丸いって本当ですか 測地学者へ50の質問
    ()
    朝日新聞社 2004年

作品等

  • 測地学に関する一般啓発書の執筆(四人の共同執筆)
    2003年 -2004年

その他活動・業績

  • 火星の真の極移動に伴う地殻変動について
    測地学会誌 54 279 -282 2008年 [査読無し][通常論文]
  • On the biannualy repeating slow slip event at the Ryukyu Trench
    J. Geophys. Res. 113 B11402 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Characteristic precipitation patterns of El Nino / La Nina in time-variable gravity fields by GRACE
    MORISHITA Yu, HEKI Kosuke Earth Planet. Sci. Lett. 272 (3-4) 677 -682 2008年 [査読無し][通常論文]
  • In situ Lunar Orientation Measurement (ILOM): Simulation of observation
    Adv. Space Research 42 358 -362 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Ionospheric hole behind an ascending rocket observed with a dense GPS array
    Earth Planets and Space 60 235 -239 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Crustal deformation of Mars associated with the true polar wander
    J. Geodetic Society of Japan 54 279 -282 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Slow postseismic recovery of geoid depression formed by the 2004 Sumatra-Andaman Earthquake by mantle water diffusion
    Geophys. Res. Lett. 34 L06313-doi:10.1029/2007GL029340 2007年 [査読無し][通常論文]
  • GRACEでみた地球重力場の非季節性変動とGPS局の速度場について
    小川 涼子, 日置 幸介 測地学会誌 52 (4) 297 -308 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Secular, transient and seasonal crustal movements in Japan from a dense GPS array: implication for plate dynamics in convergent boundaries
    The Seismogenic Zone of Subduction Thrust Faults 0 512 -539 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 太陽フレアに伴う電離層全電子数上昇のGPS観測
    日置 幸介 測地学会誌 52 (4) 319 -328 2007年 [査読無し][通常論文]
  • Explosion energy of the 2004 eruption of the Asama Volcano, Central Japan, inferred from ionospheric disturbances
    Geophys. Res. Lett. 33 L14303-doi:10.1029/2006GL026249 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Detection of ruptures of Andaman fault segments in the 2004 Great Sumatra Earthquake with coseismic ionospheric disturbances
    J. Geophys. Res. 111 B09313-doi:10.1029/2005JB004202 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Directivity and apparent velocity of the coseismic ionospheric disturbances observed with a dense GPS array
    HEKI Kosuke, PING Jinsong Earth Planet. Sci. Lett. 236 (3-4) 845 -855 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Efficient spatial and temporal representations of global ionosphere maps over Japan using B-spline wavelets
    J. Geodesy 78 662 -667 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Isostasy of the Moon from high-resolution gravity and topography data: implication for its thermal history
    Geophys. Res. Lett. 31 L24703-doi:10.1029/2004GL022059 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Local gravity from Lunar Prospector tracking data: Results for Mare Serenitatis
    Earth Planets and Space 57 (11) 1127 -1132 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Application of a PZT telescope to In situ Lunar Orientation Measurement (ILOM)
    International Association of Geodesy Symposia 128 163 -168 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Isostasy of the Moon from high-resolution gravity and topography data: Implication for its thermal history
    Geophys. Res. Lett. 31 L24703-doi:10.1029/2004GL022059 2004年 [査読無し][通常論文]
  • High resolution lunar gravity anomaly map from the Lunar Prospector line-of-sight acceleration data
    Earth Planets Space 56 (1) 81 -86 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Validation of JASON-1 nadia ionosphere TEC using GEONET
    Marine Geodesy 27 741 -752 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Space geodetic observation of deep basal subduction erosion in the Northeastern Japan
    HEKI K Earth Planet. Sci. Lett. 219 (1/2) 13 -20 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Dense GPS array as a sensor of for seasonal changes of surface loads
    "State of the Planet; Frontiers and Challenges in Geophysics", Geophysical Monograph Series 150 177 -196 2004年 [査読無し][通常論文]
  • An impact of estimating tropospheric delay gradients on tropospheric delay estimations in the summer using the Japanese nationwide GPS array
    , Jour. Geophysical Research 108 (No.D10) 4315-doi:10.1029/2002JD002214 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 雪どけは地震をトリガーするか
    月刊地球 Vol.25 (No.2) 109 -113 2003年 [査読無し][通常論文]
  • A degree 180 spherical harmonic model for the Lunar topography
    Adv. Space Res. 31 2377 -2382 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Mare basalt mass correction for the lunar Bouguer gravity anomalies
    Proc. 36th ISAS Lunar Planet. Symp. 36 141 -144 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Snow load and seasonal variation of earthquake ocurrence in Japan
    Earth and Planetary Science Letters 207 159 -164 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 月着陸船の超低高度周回時の追尾による高精度重力プロファイルの取得
    第24回太陽系科学シンポジウム集録 5 -8 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Lunar global crustal analyis from topography and gravity anomalies based on upgraded correlation algorithm
    Proc. 36th ISAS Lunar Planet. Symp. 36 145 -148 2003年 [査読無し][通常論文]
  • An impact of estimating tropospheric gradient on precise positioning in summer using the Japanese nationwide GPS array
    J. Geophys. Res. 108 2335-doi:10.1029/2000JB000113 2003年 [査読無し][通常論文]

受賞

  • 2007年 AGU Journal Highlight
  • 1996年 第4回 測地学会賞 坪井賞
     JPN
  • 1996年 The 4th Tsuboi Prize, Geodetic Society of Japan (1996)

競争的資金等の研究課題

  • 測地学的手法による地球惑星物理の研究、宇宙測地技術の開発研究
    研究期間 : 1983年
  • Earth and Planetary Physics with Geodetic Approaches, R/D of Space Geodetic Techniques
    研究期間 : 1983年

教育活動情報

主要な担当授業

  • 遠隔情報学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : リモートセンシング,人工衛星,遠隔探査 remote sensing
  • 衛星測地学概論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : GPS, GNSS, GRACE, VLBI, SLR, 重力, 地殻変動, 水収支、気候変動、惑星探査、地球回転, 電離圏擾乱, 宇宙測地技術
  • 衛星測地学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : GPS, GNSS, GRACE, VLBI, SLR, 重力, 地殻変動, 水収支、気候変動、惑星探査、地球回転, 電離圏擾乱, 宇宙測地技術
  • 自然史科学特別研究1
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 修士論文
  • 自然史科学論文講読1
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 修士 論文講読 
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : GPS, GNSS, GRACE, VLBI, SLR, 重力, 地殻変動, 水収支、気候変動、惑星探査、地球回転, 電離圏擾乱, 宇宙測地技術
  • 自然史科学特別研究2
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 博士論文
  • 自然史科学論文講読2
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 博士 論文講読 
  • 科学・技術の世界
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 地球,惑星,陸水,海洋、気象、地震,火山,測地,地殻変動,重力、気候変動,人工衛星、シミュレーション
  • 地球内部物理学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 地球物理学 測地学 惑星科学 重力 潮汐 内部構造 月 地磁気 地球回転 ジオイド 宇宙測地技術

大学運営

委員歴

  • 2003年 -2005年   アジアオセアニア地球科学協会   固体地球科学分野セクレタリー   アジアオセアニア地球科学協会
  • 2003年   日本地震学会   代議員   日本地震学会
  • 2003年   日本測地学会   評議員   日本測地学会


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.