研究者データベース

田中 文基(タナカ フミキ)
情報科学研究科 システム情報科学専攻 システム創成学講座
准教授

基本情報

所属

  • 情報科学研究科 システム情報科学専攻 システム創成学講座

職名

    准教授

学位

  • 工学博士 (北海道大学)
  • 工学修士 (北海道大学)

研究キーワード

  • 形状創成関数   加工プロセスモデル   工具情報モデル   情報モデル   CAM   仕様記述言語EXPRESS   加工作業モデル   オープンNC   Machining Feature   加工定義データマーク付け言語   多軸工作機械   CAD・CAM統合化   トレーサブル加工モデル   人-機械協調型生産システム   加工シミュレーション   工具パス生成   生産システム   形状処理工学   情報モデル工学   

研究分野

  • 機械工学 / 生産工学・加工学
  • 機械工学 / 設計工学・機械機能要素・トライボロジー
  • 情報学 / メディア情報学・データベース

職歴

  • 2007年 - 現在  北海道大学 大学院・情報科学研究科准教授
  • 2003年  - 北海道大学大学院情報科学研究科システム情報科学専攻 助教授

所属学協会

  • 精密工学会   

研究活動情報

論文

  • 猪狩真二, 田中文基, 川口貴司, 川口貴司, 小野里雅彦
    精密工学会誌 79 (1) 93 - 98 0912-0289|1882-675X 2013年01月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Computer-Aided Operation Planning for an Actual Machine Tool Based on Updatable Machining Database and Database-Oriented Planning Algorithm
    Shinji Igari, Fumiki Tanaka, and Masahiko Onosato
    International Journal of Automation Technology 6 (6) 717 - 723 2012年11月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Shinji Igari, Fumiki. Tanaka, and Masahiko Onosato
    Proc. the ASME/ISCIE 2012 International Symposium on Flexible Automation 2012年06月 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Micro Process Planning for an Actual Machine Tool with Updatable Machining Database
    The 44rd CIRP Conference on Manufacturing Systems (CD-ROM) 33  2011年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Computer aided operation planning for an actual machine tool based on updatable machining database and database oriented planning algorithm
    Proc. the 6th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (CD-ROM) 3268  2011年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Analysis of NC data based on feature information model of shape and process for retaining machining information
    The 43rd CIRP Conference on Manufacturing Systems 659 - 666 2010年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Journal of Computing and Information Science in Engineering 10(2) 021003-1-021003-8  2010年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(学術雑誌)
  • Integrated Model of Machine Tools and Uniform Inverse Kinematics Calculation for Multi-Axis Machining
    Proc. the 2010 International Symposium on Flexible Automation (CD-ROM) JPL-2553  2010年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • CURRENT SITUATION AND PROBLEMS FOR REPRESENTATION OF TOLERANCE AND SURFACE TEXTURE IN 3D CAD MODEL
    Proc. The 10th International symposium on Measurement and Quality Control (CD-ROM) E6-048  2010年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Development of Process Planning and Machining System for Machine-Independent STEP-NC Data
    Proc. of IEEE ICCA 2009 (CD-ROM) 1241 - 1247 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Development of Digital Semantic Machining Models for STEP-NC Based on STEP Technology
    Advanced Design and Manufacturing Based on STEP 293 - 306 2009年 [査読無し][通常論文]
  • Complex Manufacturing Space: An Integrated Description Model of Real and Virtual System Concepts for Information Enhanced Manufacturing
    Proc. The 41st CIRP Conference on Manufacturing Systems 107 - 110 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Analysis of NC Data Based On CNC Data Model For Retaining Machining Information
    Proc. ASME International Symposium on Flexible Automation 2008(CD-ROM) JL026  2008年 [査読無し][通常論文]
  • Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing 2 (4) 597 - 608 1881-3054 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Modeling and Implementation of Digital Semantic Machining Models for 5-axis Machining Application
    Proc. The 41st CIRP Conference on Manufacturing Systems 177 - 182 2008年 [査読無し][通常論文]
  • Development of a Digital Machining Information Model to Support a Real-Virtual Machining System
    Proc. the 4th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (CD-ROM) 825 - 830 2007年 [査読無し][通常論文]
  • TANAKA Fumiki, KISHINAMI Takeshi
    Computers in Industry 57 (3) 245 - 260 0166-3615 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Analysis of ISO 6983 NC data based on ISO 14649 CNC data model
    Proceedings of PROLAMAT 2006, IFIP TC5 International Conference 109 - 114 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Developing software platform for Checking Quality of shape data of STEP product model for CAD/CAM environment
    Proceedings of the 16th International Conference on Flexible Automation and Intelligent Manufacturing 823 - 830 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Analysis of ISO 6983 NC Data Based on ISO 14649 CNC Data Model
    Proc. SICE-ICCAS2006 4986 - 4991 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Modeling and implementation of Digital Semantic Models for 5-axis machining application
    Proc. SICE-ICCAS2006 2233 - 2238 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Machined Surface Analysis for 5-axis Machine Tools
    Proceedings of the 11th International Conference on Precision Engineering 323 - 324 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Machining Feature-Driven 5-Axis CNC Machine Tools
    Proceedings of the 11th International Conference on Precision Engineering 169 - 174 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Data transformation from ISO6983 data to ISO14649 to obtain machining knowledge using EXPRESS-X
    Proceedings of the ProSTEP Science Days 2005 188 - 197 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Data transformation from ISO6983 data to ISO14649 to obtain machining knowledge using EXPRESS-X
    Proceedings of the 3rd International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century 415 - 421 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Software System for Sculpture Surface Machining Based on 3+2 Axis Control High Speed Machining on a 5-axis Machining Center
    Proc. of 2004 Japan-USA Symposium on Flexible Automation JL-006  2004年 [査読無し][通常論文]
  • STEP based product model data quality diagnosis for collaborative e-engineering
    Proc. of the 5th Int. Symposium on Tools and Mechods of Competitive Engineering 945 - 952 2004年 [査読無し][通常論文]
  • Removal Volume Modeling for Process Planning Based on Form-Shaping Function
    Proceedings of the Second International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century 747 - 752 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 徳永 仁史, 松木 則夫, 今村 聡, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 69 (10) 1401 - 1405 0912-0289|1882-675X 2003年 [査読無し][通常論文]
  • High Efficiency Sculpture Surface Machining by Automatically Indexing Tilted Tool Axis on 5-axis Machining Center in Mold and Die Machining
    Proceedings of the 13th International Conference on Flexible Automation & Intelligent Manufacturing 504 - 512 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 三井 聡, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 68 (10) 1321 - 1325 0912-0289|1882-675X 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 田中 文基, 外山 尚介, 岸浪 建史
    精密工学会誌 68 (5) 665 - 670 0912-0289|1882-675X 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 徳永仁史, 松木則夫, 今村聡, 田中文基, 岸浪建史
    精密工学会誌 68 (4) 608 - 613 0912-0289|1882-675X 2002年 [査読無し][通常論文]
  • A Hierarchical Machining Process Plan and Required Data Model
    Proceedings of 2002 Japan-USA Symposium on Flexible Automation 511 - 516 2002年 [査読無し][通常論文]
  • Reconfiguration of Kinematic Structure for Changing Motion Requirement Based on Reusability Evaluation in Lie algebra
    Proc. ASME 2002 Design Engineering Technical Conferences [1/1(CD-ROM)]  2002年 [査読無し][通常論文]
  • EXPRESS/XML based Data Modeling for Tool Data Management
    Proceedings of the 12th International Conference on Flexible Automation & Intelligent Manufacturing 279 - 288 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 田中 文基, 外山 尚介, 岸浪 建史
    精密工学会誌 67 (12) 1956 - 1960 0912-0289|1882-675X 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Constraint Reduction based on Lie Algebra for Kinematic Analysis of Assembly
    Proceedings of 2001 IEEE International Symposium on Assembly and task Planning 399 - 404 2001年 [査読無し][通常論文]
  • Modeling of Machining Process Planning based on Inverse Form-Shaping Function
    Proceedings of 10th International Conference on Precision Engineering 837 - 841 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 佐々木 豊春, 黒田 陽子, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 66 (4) 572 - 577 0912-0289|1882-675X 2000年 [査読無し][通常論文]
  • Feature Models for Machining Operation and Machined Shapes for Single Cutting Edge Machining
    Proc. 2000 Japan-USA Symposium on Flexible Automation 2000JUSFA-13040  2000年 [査読無し][通常論文]
  • Feature Models for Machining Operation and Machined Shapes for End Milling
    Proc. 2000 Japan-USA Symposium on Flexible Automation 2000JUSFA-13031  2000年 [査読無し][通常論文]
  • Thermal Distortion Analysis During Photopolymerization in Stereolithography
    Proc. of The Eighth International Conference on Rapid Prototyping 87 - 92 2000年 [査読無し][通常論文]
  • XML-based High Level NC Data Modeling for Manufacturing Data Management
    Intelligent Autonomous System 6 387 - 394 2000年 [査読無し][通常論文]
  • 徳永 仁史, 板倉 健一郎, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 65 (12) 1729 - 1734 0912-0289|1882-675X 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 佐々木 豊春, 新海 雅彦, 東山 孝一郎, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 65 (2) 279 - 284 0912-0289|1882-675X 1999年 [査読無し][通常論文]
  • A Development of Statistical Tolerancing System for Optical Products
    Global Consistency of Tolerances 345 - 354 1999年 [査読無し][通常論文]
  • Reaction heat effects on initial linear shrinkage and deformation in stereolithography
    Rapid Prototyping Journal 5 (2) 120 - 128 1999年 [査読無し][通常論文]
  • Tolerance evaluation system of manufactured parts based on soft gaging
    Global Consistency of Tolerances 293 - 302 1999年 [査読無し][通常論文]
  • Implementation of STEP product models with mapping EXPRESS to Java
    Proceedings of the PDT Europe 1999 81 - 88 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 徳永 仁史, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 64 (11) 1608 - 1612 0912-0289|1882-675X 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 田中 文基, 星野 裕毅, 岸浪 建史
    精密工学会誌 64 (5) 758 - 762 0912-0289|1882-675X 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 精密工学会誌 Vol.64 (No.5) 738 - 742 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 鏡筒工学製品における統計的公差設計システムの開発(第1報)
    精密工学会誌 Vol.64 (No.7) 1690 - 1695 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Contact Constraint Representation and Its Reduction in Kinematic Model of Assembly
    Proceedings of 1998 JAPAN-USA SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION 857 - 864 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Feature Based Modeling of Machining Process Products
    Proceedings of the Tenth International Conference PROLAMAT 98 163 - 174 1998年 [査読無し][通常論文]
  • TANAKA F, KISHINAMI T
    Materials Processing Technology 76 (1/3) 109 - 114 0924-0136 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Kinematic Model of Multi-Axis Machine Tools
    Proceedings of 1998 JAPAN-USA SYMPOSIUM ON FLEXIBLE AUTOMATION 163 - 174 1998年 [査読無し][通常論文]
  • Assembly Model using Contact Constraint Representation in Configuration Space for Kinematic Analysis -Influence of Geometrical Errors on Motion
    Proceedings of International Conference on Manufacturing Milestones toward the 21st Century MM21 421 - 426 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Tool Modeling for Tool Life Cycle Support
    Proceedings of the 29th CIRP Internationl Seminar on Manufacturing Systems 299 - 304 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Geometrical characteristics of machined shape for computer aided operation planning
    Proceedings of CAPE'97 1  1997年 [査読無し][通常論文]
  • 徳永 仁史, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 63 (8) 1081 - 1085 0912-0289|1882-675X 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 山田 誠, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 62 (12) 1742 - 1746 0912-0289|1882-675X 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 三井 聡, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 62 (5) 717 - 721 0912-0289|1882-675X 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 岡本 英明, 佐々木 豊春, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会誌 62 (1) 125 - 129 0912-0289|1882-675X 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 田中 文基, 岡本 英明, 岸浪 建史
    精密工学会誌 62 (5) 722 - 726 0912-0289|1882-675X 1996年 [査読無し][通常論文]
  • An Assembly Modeling Using Kinematic Constraint Representation in Configuration Space
    Proc. of the Japan-USA Symposium on Flexible Automation 761 - 766 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 荒井 航, 田中 文基, 小野里 雅彦
    精密工学会誌 精密工学会誌 83 (9) 883 - 887 2017年 [査読有り][通常論文]
     
    Error characteristics of multi-axis machine tools such as geometric errors cause machined errors on machined surfaces of machined parts. To estimate the machined errors on machined parts, shapes of machined parts with machined errors should be derived in computer simulation. By representing shapes of machined parts as difference set between a workpiece and tool swept volumes, the machined errors on machined surfaces can be estimated. A tool swept volume is composed of tool swept areas on tool surfaces that form surfaces of the tool swept volume. Tool swept areas on tool surfaces change its shape depending on tool motion. In order to derive tool swept volumes without any restriction on tool motion, all shape types of tool swept areas should be classified as tool swept types for general tools in multi-axis machining. Hence, in our previous study, tool swept types of cylindrical surface (side surface of a flat endmill), tapered surface (side surface of a taper endmill) and planar surface (bottom surface of an endmill) were classified. In this paper, tool swept types of torus that represents a corner radius of a radius endmill are classified into 8 tool swept types.
  • Takuto Hamano,Masahiko Onosato,Fumiki Tanaka
    2016 IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2016, Lausanne, Switzerland, October 23-27, 2016 2016 (SSRR) 358 - 363 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Keita Takahashi,Masahiko Onosato,Fumiki Tanaka
    J. Computational Design and Engineering 2 (2) 105 - 112 2015年 [査読有り][通常論文]
  • Fumiki Tanaka,Hiroyuki Abe,Shinji Igari,Masahiko Onosato
    IJAT 8 (3) 388 - 395 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Hirotaka Kameyama,Ikuru Otomo,Masahiko Onosato,Fumiki Tanaka
    IJAT 8 (3) 437 - 444 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Ikuru Otomo,Masahiko Onosato,Fumiki Tanaka
    J. Computational Design and Engineering 1 (2) 96 - 102 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 猪狩 真二, 田中 文基, 小野里 雅彦
    システム制御情報学会論文誌 システム制御情報学会論文誌 26 (3) 87 - 94 13425668 2013年03月 [査読無し][通常論文]
     
    This study proposes an automatically customizable micro process planning system that reflects the change of properties of an actual machine tool to generate optimal machining information. The system consists of an updatable machining database and a database-oriented micro process planning algorithm. A machining database is updated based on analyzing NC data that are adaptively generated for an actual machine tool by skilled process planners. From the updated machining database, a database-oriented micro process planning algorithm is generated by a decision tree and a regression tree. Machining strategy and cutting tools are determined using IF-THEN rules that are generated from the database by the decision tree method. Cutting conditions are determined from a feasible regression equation. Regression equations and selection rules of these equations are generated from the database by the regression tree method. An example of micro process planning using the generated algorithm is also shown.
  • Masahiko Onosato,Shota Yamamoto,Masahiro Kawajiri,Fumiki Tanaka
    IEEE International Symposium on Safety, Security, and Rescue Robotics, SSRR 2012, College Station, TX, USA, November 5-8, 2012 1 - 6 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Fumiki Tanaka
    IJAT 5 (2) 201 - 205 2011年 [査読有り][通常論文]
  • ARAI Wataru, TANAKA Fumiki, ONOSATO Masahiko
    International Journal of Automation Technology 12 (5) 680‐687  1881-7629 2018年09月 [査読有り][通常論文]
  • HADA Yoshiro, NAKAO Manabu, YAMADA Moyuru, KOBAYASHI Hiroki, SAWASAKI Naoyuki, YOKOJI Katsunori, KANAI Satoshi, TANAKA Fumiki, DATE Hiroaki, PATHAK Sarthak, YAMASHITA Atsushi, YAMADA Manabu, SUGAWARA Toshiya
    Journal of Disaster Research 12 (3) 593‐606  1881-2473 2017年06月 [査読有り][通常論文]
  • Arai Wataru, Tanaka Fumiki, Onosato Masahiko
    IEEE Conference Proceedings 2016 (ISFA) 303‐310  2016年 [査読有り][通常論文]
  • Bridge Information Modeling based on IFC for supporting maintenance management of existing bridges
    Fumiki Tanaka, Makoto Tsuchida, Masahiko Onosato, Hiroaki Date, Satoshi Kanai, Yoshiro Hada, Manabu Nakao, Hiroki Kobayashi, Eiji Hasegawa, Toshiya Sugawara, Takateru Oyama
    Proceedings of ICCCBE 2018 2018年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 濱野 拓人, 小野里 雅彦, 田中 文基
    日本機械学会論文集 日本機械学会論文集 84 (859) 17 - 00480-17-00480 2018年 [査読無し][通常論文]
     

    House-collapsing simulation using a physics engine is an effective method for acquiring structural data regarding collapsed houses with the aim of understanding the properties of destroyed or disordered structures for designing and operating rescue-robots. However, the simulation needs a lot of time since a house model consists of a large number of rigid bodies and joints. In order to find an appropriate configuration of computer hardware and software for accelerating house-collapsing simulations, this study evaluates the performances of four major physics engines, namely Open Dynamics Engine, Bullet Physics Library, PhysX 2.8.1 and PhysX 3.4, by comparing the processing time about two sample structures including only rigid bodies or rigid bodies constrained by joints. Results of the experiments show that the use of multi-core CPU and GPU, especially high-speed GPU, on PhysX 3.4 has the best performance since it can process a large number of rigid bodies and joints in parallel. Based on the results, an existing simulation system has been improved and the collapsing process of one-house, which consists of about 7,500 rigid bodies and 15,000 joints, can be simulated in real-time using multi-core CPU and GPU. Moreover, this study estimates the size of GPU memory which is required for simulating the large-scale field on PhysX 3.4 to enlarge the scale of simulation. Consequently, the collapsing process of thirty-houses which includes interactions between collapsed houses can be simulated.

  • 近藤 司, 山田 誠, 剣地 利昭, 古俣 和直, 田中 文基
    精密工学会誌 精密工学会誌 83 (1) 108 - 112 0912-0289 2017年 [査読無し][通常論文]
     
    Cutting speeds on the cutting edge of Ball-nose end mill vary from the bottom to the top of the cutting edge, thus the portion of the cutting edge that has a suitable cutting speed should be used in the finish milling process. This paper describes a procedure of generation of surface element groups that can be machined by the high performance portion of cutting edge in the finish milling process. For this purpose, performance values of cutting points on the cutting edge are proposed. The tool attitude to the surface element is evaluated by the ratio of the area machined by the high performance portion of cutting edge based on proposed performance values. The tool attitude having maximum area of the surface elements that can be machined with the high performance is derived, and a set of surface elements that can be machined by the high performance portion of cutting edge for the tool attitude is obtained as the surface element groups.
  • Bridge Information Model Based on IFC Standards and Web Content Providing System for Supporting an Inspection Process
    Fumiki Tanaka, Masato Hori, Masahiko Onosato, Hiroaki Date, Satoshi Kanai
    Proceedings of ICCCBE 2016 2016年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Integration of CAD data and as-is data into a bridge information model and a web contents providing system for bridge inspection and maintenance
    Fumiki Tanaka, Masato Hori, Masahiko Onosato
    The Asian Conference on Design and Digital Engineering 2015 2015年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Wataru Arai, Fumiki Tanaka, Masahiko Onosato
    Proc. of The 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century 1 - 6 2015年 [査読有り][通常論文]
     研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 川尻将大, 小野里雅彦, 田中文基
    計測自動制御学会論文集 51 (1) 16 - 23 0453-4654 2015年01月 [査読無し][通常論文]
  • 高橋 啓太, 小野里 雅彦, 田中 文基
    システム制御情報学会論文誌 システム制御情報学会論文誌 28 (3) 107 - 115 1342-5668 2015年 [査読無し][通常論文]
     
    Dynamic changes as machine breakdowns make current production plan infeasible and inaccurate. The influence of dynamic changes spread to whole production planning that consists of several domains such as process planning, production scheduling and so on. In this study, solution space in the production planning is defined as comprehensive. We have applied Zero-Suppressed Binary Decision Diagrams (ZDDs) for the representation of solution candidates that satisfy constraints between such domains so for. In dynamic production planning problems, manufacturing achievements and dynamic changes may make solution space change. In this paper, we define such events as constraints for ZDDs and propose an approach to update the ZDD to deal with the events. Moreover,we propose a genetic algorithm (GA) to find solutions in the ZDD. Experimental results demonstrate that the proposed approach to address such event with ZDDs and the GA are effriciently used to solve the dynamic production planning problem.
  • TAKAHASHI Keita, ONOSATO Masahiko, TANAKA Fumiki
    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing 8 (4) JAMDSM0061 - JAMDSM0061 2014年 [査読無し][通常論文]
     
    The goal of the production-planning problem is to find the optimal solution from combinations that satisfy constraints. Traditionally, production-planning problems have been treated separately, due to the problem size and complex constraints, whereas the constraints in production planning spread to the entirety of production planning. For example, when the dynamic changes as machine breakdowns and new machine addition occur, a production plan should be modified with new constraints caused by these dynamic changes. Therefore, it is required to represent a set of solution candidates that satisfy constraints in production planning. Zero-Suppressed Binary Decision Diagram (ZDD) is a directed graph representation of Boolean function and can efficiently represent a set of combinations. This paper describes the validity of application of the ZDD to production planning to represent a set of solution candidates. Experimental results applied to a sample-planning problem demonstrate that the ZDD is efficiently used for production planning and for dealing with dynamic changes.
  • TANAKA Fumiki, YAMADA Horishi, ONOSATO Masahiko, KISHINAMI Takeshi
    Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21 Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21 2005 (0) 415 - 420 2005年 [査読無し][通常論文]
     
    Technical information, such as machining features, type of machining operations and machining conditions, should be represented explicitly and integrated into one data structure with some relation between the information in order to manage, modify, and verify NC data and avoid human error. However, traditional NC data (ISO 6983) contains such kind of technical information implicitly. In this research, technical information is extracted from NC code, and the extracted technical information is transformed into a next-generation CNC control language (ISO14649) which contains the technical information, and the ISO 14649 data are stored in XML.
  • Tanaka F., Takinami M., Kishinami T.
    Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21 Proceedings of International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st century : LEM21 2003 (0) 747 - 752 2003年 [査読無し][通常論文]
     
    In machining process planning, delta volume, which is derived by subtracting required shapes from raw material, is decomposed into some elements that are assigned to specific machining features and related to the specific machining processes. Therefore, the removed material of the raw stock, the removal volume, is the key element for deriving the previous shape of raw stock and determining the machining sequence in the machining process planning. It is thought that the removal volume contains information about the shape of the removed material and the machining process. This paper proposes ...
  • XML/Web based infrastructure to support sharing geospatial data and ecological model for simulation of eco-resource
    Proceedings of IEEE 2001 International Geoscience and Remote Sensing Symposium 213 - 215 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 斉藤 学, 田中 文基, 岸浪 建史
    精密工学会大会学術講演会講演論文集 精密工学会大会学術講演会講演論文集 1997 (1) 341 - 342 1997年03月 [査読無し][通常論文]
  • Distortion Mechanism of Stereolithography Parts
    Proceedings of the 8th International Conference on Production Engineering(8th ICPE) 83 - 92 1997年 [査読無し][通常論文]
  • IKONOMOV P G, TANAKA F, KISHINAMI T
    Int. J. Mach. Tools Manufact 37 (10) 1465 - 1473 0890-6955 1997年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 工作機械の形状創成理論-その基礎と応用-<稲崎一郎監修>
    ()
    養賢堂 1997年

講演・口頭発表等

作品等

  • 北のものづくり総合技術交流会
    2010年 - 現在

その他活動・業績

  • 工具姿勢評価に基づく金型曲面加工法の研究
    型技術 20 (15) 12 -13 2005年 [査読無し][通常論文]

特許

  • 井上 春樹, 舩橋 誠壽, 八尋 正和, 田中 文基  株式会社日立製作所, 日立エンジニアリング株式会社  201103063290836196

競争的資金等の研究課題

  • 実工作機械適応型作業設計システムの開発研究
    工作機械技術振興財団:試験研究助成A
    研究期間 : 2011年06月 -2012年05月 
    代表者 : 田中 文基
  • 特徴情報表現に基づくNCデータ解析システムの開発研究
    工作機械技術振興財団:試験研究助成A
    研究期間 : 2009年06月 -2010年05月 
    代表者 : 田中 文基
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 小野里 雅彦
     
    実世界の存在物と仮想世界の存在物とが相互に連関し,ある種の双対性を実現した複素生産空間の概念の定式化と,それに基づくシステム開発を実施した.複素生産空間の概念的な図式として,実世界面と仮想世界基準面からなる抽象的な空間を考え,世界に対する記述が時間の進行とともに意味が推移していくことを示した.システムの開発に関しては,実-仮想の表現実体が混在する作業環境において,それらを同一の指示デバイスを用いて指示することができるユニバーサルポインティングシステムの開発を行った.また,発話による直示表現による作業環境中の対象物指示と音声認識とテキスト処理を用いた発話記録システムを開発することで,作業環境において,指示対象と発話内容を連携させた形での技術情報の蓄積および取り出し可能とした.また,3次元の対象物に対する情報の付与と参照を直感的に行うためのデバイスとして拡張現実感を使用した3次元ユーザインタフェースを開発し,サイバーアノテーション環境の構築とその有効性を検証した.また,サイバーフィールドのモデリングに関しては仮想環境中で生産の業務を行う仮想作業者の開発,実環境に対する3次元計測データからCAD等で形状定義された対象物を認識する手法の開発,時間変化をする3次元世界を4次元の形状としてモデリングする4次元メッシュモデリングシステムなどを開発し,複素生産空間を実現するための基盤を整備し...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 田中 文基
     
    製品設計から製造において,CAD, CAE, CAM, PDM, CNC工作機械などといったデジタルツールへの依存が増加している.そこで,近年のグローバル生産システムにおいて日本の優位性を保つためには,これらデジタルツールに基づき,加工不具合の迅速対応や,加工結果の正当な判断が可能となるトレーサブルな加工システムの確立が重要となる.しかしながら,現在のCAMからの出力データでは,NCデータ,図面,加工工程表など情報に関連性が無く,しかも意味的情報が無いため理解が困難となり,トレーサブルにならず,ヒューマンエラーの原因にさえなっている.その解決方法としては,技術的な意味情報であるフィーチャ情報,加工作業情報,工具情報・素材情報・加工機械情報などを統合し,関係付けを行い,一つのデータ構造で表現することが必要となる.本研究では,そのような要件を満たすモデルをセマンティック加工情報モデルとして提案した.セマンティック加工情報モデルは,EXPRESS, EXPRESS-X, Part28といったSTEP技術を応用してXMLで保存される.また,セマンティック加工情報モデルに基づくシミュレーションシステムや加工システムを開発した.さらに,従来のCAMシステムと提案システムのインタフェースシステムを開発した.すなわち,セマンティック加工情報モデルの基本要素であるworkingstepは,形状...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(S))
    研究期間 : 2002年 -2006年 
    代表者 : 岸浪 建史
     
    製品設計から製造において,CAD,CAE,CAM,PDM,CNC工作機械などといったデジタルツールへの依存が増加している.コンカレントエンジニアリングにおいては,異なるデジタルツール間での製品データのデータ交換が頻繁に行われることが必要となっている.設計と製造の有機的な結合と,トレーサブルな製造システムを実現するためには,どのコンピュータ実装にも依存しない形での情報の意味を表現することによる相互運用可能なデジタルツールの実現が必要不可欠である.相互運用性は,製品モデルデータにおいて,対象をすべての協調製造環境において正確に表現することができるかどうかということである.今日では,幾何表現データ,公差データなどすべてのエンジニアリングデータがすべての製品開発段階を通して使用されているわけではない.相互運用におけるエラーは,デジタルツールにおいて製品モデルデータを使用不可能にするエラーである.協調製造環境において相互運用におけるエラーが発生した場合,エラーの原因を探すのは,コストと時間の観点から大変な作業となる.さらに,製品のライフサイクルの間中,情報を表現するデータの品質を保つ必要がある.本研究では,これらの要求を満たすモデルとして,デジタルセマンティック製品モデルを提案した.デジタルセマンティック製品モデルは,製品モデルの品質保証法,人間(設計者や作業者)が理解できコンピュータ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2002年 -2004年 
    代表者 : 小野里 雅彦
     
    生産知識の動態保存を考える上で,リアルタイム性,機械可読性,業務のリアリティの3つの分類軸を導入し,インプロセス-人間利用-実業務,インプロセス-機械可読-実験,回顧的-機械可読-実業務の3つの形態に関して,4画面プロセス記録法,デザインレビューを対象とした知識記録手法,仮想生産システムを用いたナレッジタグ手法の3つの手法を開発した.これに対して,仮想生産システムを用いたナレッジタグ手法と,デザインレビューを対象とした知識記録手法に関してシステム開発を行い,システム実装上の諸問題の検討と解決手法の提案を行った.特に,工場の製造設備をとりまく状況を,仮想生産システムによって表現し,それにコード表現を対応させることで,外部の記述から知識の適用状況を再現する手法は,シンボリックな記述と,複雑な対象世界とを結びつけるものとして有効である.最後に,動態保存の手法が実際の製造業での業務に適用可能であるかどうかの検討を,自動車部品製造企業の協力を得て実施した.多くの生産知識が投入された製造設備に対して,回顧的な知識収集を行った上で,知識適用履歴のシステム実装を行い,その結果を企業の技術者を中心に評価をしてもらった.その結果,こうしたアプローチによる生産知識の動態保存は,知識の保存・継承に限定されず,より広域なエンジニアリングツールとして利用可能であるとの評価を得た.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 田中 文基
     
    生産システム全体の知能化には,人間の介在が必要不可欠である.しかし,現状のISO6983に基づくNCデータを人間が介在する分散生産環境におけるインタフェースとして用いた場合,受け取ったデータだけで加工対象および加工作業に関する情報を理解することが困難であるため,人及び機械が加工データの確認,変更,削除を容易に行う事ができない問題点がある.さらに,製品モデルデータといった外部情報と結びつける機構を有していないため,検索,変更のための基本情報がなく,結果を設計,工程設計へのフィードバックすることが困難であるといった問題もある.そこで,本研究では,人-機械システム間のインタフェースとして,XMLに基づいた加工定義データ表現MDDML(Manufacturing Definition Data Markup Language:加工定義データマーク付け言語)を新たに提案し,以下の項目について研究成果を得た.1)加工フィーチャに基づく加工定義データ情報モデルのEXPRESSモデルを構築した.加工定義データ情報モデルを,形状創成関数に基づくフィーチャモデルを採用し,EXPRESSを用い記述した.2)加工定義データ情報モデルに基づく加工定義データマーク付け言語(MDDML)を構築した.加工定義データ情報モデルを基に,加工定義データマーク付け言語(MDDML)を提案した.3)MDDMLに基づく...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 岸浪 建史
     
    生産技術・生産システムの進化とは、生産知識・技術・資源の再利用・再編・蓄積の中で、新たな生産知識・技術を生成する事であると考えると、生産知識・技術・資源の利用・蓄積を可能とする統合生産設計支援システムが必要とされる。しかし、生産設計を支援する体系的なモデル化技術と、それをベースとした統合生産設計支援システムは実現されていない。従って、この問題点を解決するために本研究では以下のことを行う事を目的とする。(1)生産技術および生産システムにおける、あらゆる加工知識・技術・資源を再利用・再編可能な形式で外在化し蓄積・交換することができる情報モデル化技術を確立する。(2)情報モデル化技術により、製品モデルの加工に必要な加工知識・技術・資源を俊敏にそして柔軟に利用・蓄積する統合生産設計支援システムを構築する。(3)統合生産設計支援システムを用い、生産設計に必要な知識・技術・資源の俊敏で柔軟な利用が可能なことを確認する。以上の目的を達成するため研究を遂行し、以下の研究成果を得た。(1)種々のフライス加工機械のEXPRESSモデルを構築し、具体的データを入力し、工作機械データベースを構築した。(2)フライス加工に限定し種々の工具のEXPRESSモデルを構築し、具体的データを入力し、工具データベースの構築した。(3)STEP/AP203形式の製品モデルの出力データから,加工特徴へ変換する変換ソ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 1998年 -1999年 
    代表者 : 岸浪 建史
     
    CADとCAMの幾何形状の伝達においては機械加工の観点から加工特徴形状に人間が解釈し、CAMの入力とする事が一般的である。本研究では、設計から加工までのデータフローの流れを逆に捕らえ、下流から処理機構の数学的モデル化を行い、所望の出力を達成するための入カデータを逐次求めるボトムアップ的手法を提案し、以下の研究項目について研究を行い、それぞれ結論を得た。(1)形状創成関数によるNC加工プロセスの表現加工面生成のプロセスを、IDEF0図式表記法と数学的形式表現により機能分析をおこない加工プロセスモデルを構築した。また、加工面の性質を現す加工面が属する除去形状の性質、加工面の表面性状モデルを構築した。(2)加工プロセスの逆変換構造としての作業設計プロセスの表現(1)で導出された加工プロセスモデルの逆変換構造を基本に加工面性状モデルを入力して抽象NCデータを出力する作業設計プロセスモデルの構築を行った。このプロセスは、単純な数式で表現することが可能である。(3)作業設計プロセスの入力としての加工特徴モデルの構造とその表現(2)で構築した作業設計プロセスモデルの処理手順に一致する情報から構成される加工特徴モデルの構造と表現を情報モデル化言語EXPRESSを用いて表現した。(4)机上シミュレーションによる検証具体的機械加工部品を対象として、部品を構成する加工面毎に使用工具、工具運動を列挙...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 田中 文基
     
    NCシステムのオープン化は、加工システム構築の自由度を増すために、徐々に進められている。このオープン化の流れにおいて、加工システムの高機能化、知能化は、重要な課題である。加工システムの高度な自動化、知能化を達成するには、加工システムが加工システム自身を認識できなければならない。すなわち、オープンNCシステムでは、NCシステムに別の工作機械がつながれていても、すぐにその工作機械の構造と動作をNCシステムに与える方法を提案する必要がある。そこで、本研究では、リンク構造間の相対運動とリンク構造の幾何情報を保持した工作機械機構モデルをISO 10303で規格化されているEXPRESS言語を用いてS-U表記法に基づきモデル化する。次に実際の工作機械に対し、その機構を表現するパラメータを求め、NCシステムと工作機械との通信方法を確立し、有効性を確かめるとともに、NC機能の高度化の一例として、加工シミュレーションシステムをパソコン上で実装する。以上を目的として、昨年度の研究成果を踏まえ、以下の結論を得た。1) 知能型オープンNCの加工検証機能と作業領域検証機能の実現アルゴリズムの導出加工検証機能と作業領域検証機能のアルゴリズムを、工作機械の機構モデルを参照する形でアルゴリズムを実現した。2) 知能型オープンNCのパーソナルコンピュータによる実現・評価3)で提案したアルゴリズムを用い、パーソ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(試験研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 1995年 -1996年 
    代表者 : 岸浪 健史
     
    工作機械による加工誤差の要因としては切削力による構造の弾性変形、熱変形、摺動面の非線形特性、構造のアライメント誤差などが考えられる。この内、弾性変形、熱変形は工作機械の設計段階で基本的に決定されてしまう。一方、工作機械の経年変化は習導面の非線形特性とアライメント誤差にあると言える。本研究ではこの内、アライメント誤差の推定方法について着目し研究を行い以下の結論を得た。1)アライメント誤差推定方法の理論的検討1.アライメント誤差を考慮した工作機械(立フライス盤)の形状創成関数の導出を行った。2.アライメント誤差の加工形状への影響マップの作成を行った。3.アライメント誤差と加工誤差の線形関係の検証を行った。4.アライメント誤差を考慮した加工形状の陰関数表現を行った。5.加工物形状の離散測定データから加工物形状の陰関数表現を行った。6.アライメント誤差パラメータによる加工物形状陰関数表現と形状測定データによる加工物形状陰関数表現との比較によるアライメント誤差導出方法の確立を行った。7.計算機実験検証法と加工形状誤差評価とアライメント誤差評価システムの予備実験を行った。2)アライメント誤差推定法の計算機実験による検討1.計算機シュミレーションシステムの構築と計算機実験による提案手法の評価を行い、提案手法の実現可能性を検討した。1)アライメント誤差推定評価システムの開発1.基準正立方体の...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1995年 -1995年 
    代表者 : 田中 文基
     
    様々な形状加工へのニーズや高能率、高精度加工への要求から多軸工作機械による加工法に関する研究が多数行なわれている。しかし、多軸工作機械は工場で実際に使われている例が少ない。その理由としては、五軸制御工作機械などに代表される、工具姿勢の制御が可能な工作機械に対し、工具の姿勢を全て考慮し、工具干渉の回避を可能とする工具オフセット面生成法が困難なためである。そこで、本研究では、工具の位置と姿勢を同時に表現するために、配位空間を用いた方法を提案、工具の位置と姿勢を同時に表現するとともに、工具干渉回避を可能とするオフセット面の配位空間における表現を提案し、上述の問題点を解決する。このため、工具の位置と姿勢を同時に表現する配位空間を用い、工具オフセット面の理論的解析及び数学的表現を行ない、それを実現するためのアルゴリズムの提案及び実装を行なう。上記の目的で研究を行ない、以下の結論を得た。1)工具オフセット面生成及び工具経路生成法の調査:多軸工作機械における工具オフセット面生成法及び工具経路生成法の調査を行ない、従来法の問題点を明らかにした。2)配位空間の表現法の調査と配位空間による工具オフセット面のモデル化:工具の位置と姿勢を同時に表現する配位空間を用い、工具オフセット面の理論的解析を行なうと共に、配位空間の表現法や配位空間で用いられているアルゴリズムの検討を行なった。また、工具オフセッ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
    研究期間 : 1994年 -1995年 
    代表者 : 岸浪 建史
     
    FMSの高度な自動化を達成するためには、工具管理のためのデータベースの構築と高度な工具運用計画システムは不可欠であり、1)工具の一元管理(乞う場内での工具の存在の管理と利用状況の管理)、2)工具寿命管理、3)工具補正データ管理、4)推奨切削条件の選定、は工場自動化において避けられない研究課題となってきている。このような背景のもとで、本研究では以下の項目について研究を行なうものである。1)FMSなどにおける工具の準備・運用・再生プロセスをプロセス表記法(IDEFO)を用いて記述し、工具の運用の計算機処理における必要情報を明確にする。2)各加工ステーションが必要とする工具を、必要な時間に準備・運用するための工具準備・運用計画システムの必要機能を、明確にする。3)工具JITを可能とする工具管理データベースのためのオブジェクト指向工具情報モデルの設計方法とその実務方法を明らかにする。4)オブジェクト指向データベースによる工具運用JITが可能であることを計算機シミュレーションで明らかにする。本年度は、このうち以下の項目を実施し結論を得た。1)工具データベース構築工具モデルとオブジェクト指向データ管理システムによる工具データベースを構築した。2)工具データベースの検証システムのアクティビティおよびアルゴリズム検討:Tool Life Cycle Support Activityのうち、工...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1994年 -1994年 
    代表者 : 田中 文基
     
    高精度加工を実現するためには、工作機械の運動機能を計算機で表現し、加工運動シミュレーション、解析などを行い補正することが必要となる。しかし、実際に計算機を用いて加工運動シミュレーション等を行うには、工作機械の構造などの計算機表現が十分でなく、加工運動シミュレーションや補正法などなされていない。その理由としては、工作機械の構造と運動を表すためには、リンク構造間の相対運動をマトリクス表現で表す方法では、人間が概念的に理解する為、及び計算機により工作機械の運動シミュレーションを行う上で適切な形式ではない、が挙げられる。本研究は、工作機械の構造と運動を、工作機械の各構成要素の構造や構成要素間の運動を詳述する情報モデルとして表現しそれを用いて工作機械における計算機支援システムを実現することを目的としている。上記の目的で研究を行ない、以下の結論を得た。1)工作機械の運動モデルの理論の調査、検討工作機械の運動モデルについて、従来研究の調査により工作機械の運動モデルとして表現すべき情報は、リンク間の相対運動及び運動座標系間の一つのリンク上における位置関係である。この観点から、座標系の設定法として、形状創成関数、D-H記法、S-U記法を比較し、本研究ではS-U記法が適していることがわかった。2)オブジェクト指向言語による工作機械の運動モデルの情報モデル表現法に関する検討上述した手順により求めら...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 田中 文基
     
    従来、設計と加工の情報伝達の必然性、CADとCAMとの有機的結合が叫ばれてきたが、依然として困難な状態にある。それは、設計(CAD)モデルが形状の幾何の観点や機能の観点からの表現しか行われていないためである。この問題点を解決すべく加工特徴という概念が導入されてきたが、これまでは、工具を中心にした分類や形状特徴を中心にした分類方法であり、加工モデルに必要な加工作業の観点での表現が行われていなかった。そこで本研究は、加工単位作業を十分に支援するモデルとして加工特徴を定義し、加工作業を加工特徴を用いて記述することを目的としている。本研究では、以下の手順で研究を遂行した。1)単位加工作業表現に関する理論的検討単位加工作業の抽象化を、V.T.Portmanの形状創成機能モデルの考え方を基本として工作機械、工具、加工運動を含めた加工作業モデルとして抽象化を行った。この加工作業モデルと加工特徴を対応させるように、加工特徴のモデル化を行った。2)基準面、データム面を考慮した加工順序の表現方法基準面、データム面に関する情報は、加工特徴間の空間配置関係に依存している。この情報を基に、同一取り付け状態の加工特徴をグループモデルとして表現し、加工順序の表現法提案した。3)加工作業モデルを用いたモデリングシステムの試作と評価以上のモデルのモデリングシステムをコンピュータ上で実現し、穴加工における加工作...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
    研究期間 : 1992年 -1993年 
    代表者 : 岸浪 建史
     
    設計と加工においてその対象の高水準表現としてフィチャーが考えられる。またフィチャーは設計と加工のインターフェースの役割を果たすことが期待されている。しかしデザインフィチャーは設計の観点から、また加工特徴は加工作業の観点から独立研究されており、設計(CAD)特徴と加工(CAM)特徴の意図の違いがCAD/CAMの統合を困難なものとしている。本研究ではこの問題を解決するために以下の手順で研究を行った。1)工作機械の形状創成機能の数学的定式化により、加工作業に必要な情報とその関係をIDEFO表記法により構造的表現を行い、各作業プロセスにおける入出力情報、束縛情報を明確にし、情報の相互関係、必要機能を明確にした。2)形状創成機能に必要な入力情報のモデルを加工特徴モデルと定義し、その一般構造と、各属性のクラス分けを行い、準備すべき情報を対象指向言語で表現し、その内容と範囲を明確にした。3)提案する加工特徴モデルはいくつかの例題の基で加工情報を生成するに十分な入力情報であることを確認した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B))
    研究期間 : 1990年 -1991年 
    代表者 : 岸浪 建史, 岸浪 健史
     
    機械加工における形状認識は生産システムの自動化を実現するための重要な課題であることは広く認識されている。機械加工においては要求形状は幾何モデルとして与えられるので、モデルベースコンピュータ・ビジョンは機械加工における形状認識システムとして極めて有効である。本研究の目的は以下の通りである。1)画像上の点と幾何モデルの点の対応関係を明らかにする手順の確立。-DKA法の導入とその効果-微小変位スクリュー法の導入とその効果2)認識過程のモデル化。-Vision Protocolの概念の導入-Vision Protocolのためのアルゴリズムの確立計算機シュミレーションによる提案手法の確認。本研究により以下の研究成果を得ることができた。1)DKA法はP4P問題に対して極めて有効であることを確認した。2)微小変位スクリュー法は一般的PnP問題に対して極めて有効であることを確認した。3)提案するVision Protocolはハンドコンパイル法、インタープリタ法、コンパイル法を包含し一般的形状認識プロセスモデルであることを示した。4)提案するVision ProtocolをC++計算機言語で実現できることを示した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
    研究期間 : 1988年 -1990年 
    代表者 : 岸浪 建史
     
    形状加工シュミレ-タの開発は、生産システムの自動化を高めるための一手段である。すなわち、形状加工シュミレ-タは実際に加工現象を事前に予測することができ、CAMシステムにおける有力な検証手段と考えられるためである。しかし、形状加工シュミレ-タは幾何形状の高速干渉処理を可能とする処理アリゴリズムを必要としているめ、CADにおける幾何モデルを基にするシュミレ-タは干渉処理の高速化に有効な手法がなく、実用的形状加工シュミレ-タは未だ実現されていない。前年度研究では、物本形状の干渉処理の高速化を実現するため、Voxelデ-タ構造による加工シュミレ-タの開発を目的とし研究を行った。そこで本年度は、開発した加工シュミレ-タの具体的応用とその総合的評価を行うために以下の研究項目に関して研究を行った。1)工具干渉情報を利用したNCデ-タ自動修正処理機能の開発2)格子空間情報の高速・高精度画像表示アルゴリズムの開発また、加工シュミレ-タの基礎理論の研究を新たに平成元年度において研究を開始し、形状加工の数学的モデルの構築が可能であることを明らかにした。
  • 生産システムにおける情報モデル化と支援システム開発論
    研究期間 : 1988年

教育活動情報

主要な担当授業

  • システム環境情報学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : サイバーフィールド,ディジタルモデル,仮想システム
  • システム環境情報学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 情報科学研究科
    キーワード : サイバーフィールド,ディジタルモデル,仮想システム
  • 情報モデリング
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 情報モデル 表現と理解 形式言語 EXPRESS 図式言語 UML

大学運営

委員歴

  • 2011年04月 - 現在   日本工作機械工業会   制御規格専門委員会
  • 2011年04月 - 現在   日本工業標準調査会   産業オートメーション技術専門委員会委員
  • 2006年02月 -2007年01月   精密工学会   北海道支部庶務幹事   精密工学会
  • 2007年02月 -2008年01月   精密工学会   北海道支部幹事   精密工学会
  • 2007年02月 -2010年01月   精密工学会   広報委員会委員   精密工学会
  • 2006年02月 -2010年01月   精密工学会   北海道支部商議員   精密工学会


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.