研究者データベース

応 雄(イン シオン)
文学研究院 人文学部門 表現文化論分野
教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人文学部門 表現文化論分野

職名

  • 教授

学位

  • 修士(中国社会科学院)

J-Global ID

研究キーワード

  • 日中映画   時間イメージ   ドキュメンタリー映画   身体表象   映像論   cinematic body   中国映画   活宇・文学的表象   日本近現代文学   暴力   映像表象   映画   戦争映画   映画表現   身体   映像表現   機械としての身体   ジェンダー   モダニズム文化   文学   女性表象   フランス文学   ジェンダー・スタディーズ   アニメーション   

研究分野

  • 人文・社会 / 中国文学 / 中国近現代文学・映画論
  • 人文・社会 / 美学、芸術論

所属学協会

  • 日本映像学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 日本電影史 上・中・下(翻訳)
    応雄, 主訳 
    復旦大学出版社 2016年05月
  • Deleuze and Asia
    Ying Xiong (担当:共著範囲:chapter 9, “Body/Space and Affirmation/Negation in the Films of Lou Ye and Wong Kar-Wai”)
    Cambridge Scholars Publishing 2014年09月
  • 応 雄 
    大修館書店 2010年 (ISBN: 9784469233117)
  • 中日影像文化的地平線
    応雄 (担当:共編者(共編著者))
    2009年10月

講演・口頭発表等

  • 作家と透明―王家衛からハワード・ホークスへの映画史的遡及  [招待講演]
    応雄
    南京大学115周年記念講演 2017年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 「徳勒茲的《電影》里為何没有中国電影? ―費穆的水、婁燁的風」(ドゥルーズの『シネマ』にはなぜ中国の映画が登場しないのか? ―費穆の水、婁燁の風)  [招待講演]
    応雄
    第3回南京映画フォーラム 2016年06月 口頭発表(招待・特別)
  • 婁燁(ロウ・イエ)の映画にみる〈身体以上、空間以下〉  [招待講演]
    応雄
    2015年日中社会学会年次大会 2015年06月 口頭発表(招待・特別)
  • What a Body Can Do?: The Betweenness of Body and Space in Lou Ye’s Summer Palace and Spring Fever  [通常講演]
    Xiong Ying
    the first Delueze studies conference in Asia 2013年06月 口頭発表(一般)
  • 婁燁和王家衛電影中的身體與空間  [招待講演]
    応雄
    2013年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 徳勒茲與電影:流変(devenir)  [招待講演]
    応雄
    「徳勒茲與当代美学」シリーズ講演 2012年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 譲・維果、譲・雷諾阿電影中的水  [招待講演]
    応雄
    2011年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 物質世界的美麗與正義:運動影像  [招待講演]
    応雄
    2011年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Becoming-animal and its Speed  [通常講演]
    Ying Xiong
    Traversing Cultural and Media Boundaries: Translation and Transmedia 2011年12月 口頭発表(一般)
  • 中国映画における速度  [通常講演]
    応雄
    「中華圏のモダニズム」シンポジウム 2011年12月 口頭発表(基調)

その他活動・業績

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2013年 -2015年 
    代表者 : 応 雄
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 応 雄
     
    現代中国映画の第六世代と「新記録映画」について、資料収集をするとともに、その全体像をある程度把握することができた。また、外国映画との比較研究によって、その一部の作品における創造的な側面を検討した。さらには、これらの作品におけるドゥルーズの『シネマ』二巻との可能な関わりについて、理論的な考察を試みた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 応 雄, 中山 昭彦, 武田 雅哉
     
    【1、国内・国際学術シンポジウムでの口頭発表】(1)研究代表者=応雄は、平成17年8月24〜26日に北京で開催された「東アジア文学における戦争と歴史の記憶」国際シンポジウム(中国社会科学院文学研究所主催)に出席し、「戦争・メロドラマ・女性表象-『春の河、東へ流る』再考」と題した研究発表をした。(2)研究代表者=応雄は、平成17年10月9日に開催された日本中国学会第57回大会シンポジウム「北の都の<幻灯事件>-図像・映像による中国探索」(於北海道大学)に出席し、「メロドラマ・傷ついた身体・革命-『〓妹花』『南海長城』をめぐって」と題した研究発表をした。(3)研究代表者=応雄は、平成18年6月2日に開催された「加工/仮構される身体-ロボット・女性表象・断片の政治学」国際シンポジウム(フランス国立東洋言語文化大学)に参加し、ディスカッサントとしてコメントを行い、そのコメントに基づく文章「<亡霊>と出合ったとき」を、『機械=身体のポリティーク』(青弓社、2006)に発表した(pp.76-82)。【2、本研究のための国際シンポジウムの開催】初年度の研究の重要な企画のひとつとして、「越境する身体-日中映画の場合」と題した国際シンポジウムを平成18年3月15日に北海道大学にて開催した。研究代表者=応雄(総合司会)、研究分担者=中山昭彦・武田雅哉、研究協力者=晏〓妃・潘若簡が参加し、また明治学院大学斉藤綾子、北海道大学大学院博士課程川崎公平も加わる形で、「逸脱する身体と歴史性-原節子と高峰秀子を中心に」、「動員された身体-戦時中の映画における身体政治学」、「トラウマ記憶と女性身体表象-近年の中国映画を中心に」、「黒沢清における幽霊/身体-『回路』を中心に」と題した四つの、日中映画における身体表象に関する研究発表が行われた。【3、諸分野における研究の推進と研究論文・研究成果報告書のまとめ】日中映画における身体表象と映画身体、その重層的関係の解明を、映画作家(成瀬巳喜男、張徹)や映画ジャンル(メロドラマ、武侠=カンフー映画、プロパガンダ映画)等諸分野において試みた。特に映画の物質性に重点をおいた映画身体(cinematic body)論と、マゾヒズム・モデルの映画論とのふたつの考察により、1970年代以降の現代映画理論に対する反省と修正を試みることができた。これらの研究成果を、学術雑誌論文に反映させ、研究成果報告書にまとめた。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 映像・図像表現文化論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 映像、文学、表象、現代思想
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 映像・図像表現文化論特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 表象と表現、空間と時間
  • 修士論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 映像表象文化論特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 映像、文学、表象、現代思想
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 映像表象文化論特殊講義
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 表象と表現、空間と時間
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.