研究者データベース

鈴木 誠(スズキ マコト)
高等教育推進機構
特任教授

基本情報

所属

  • 高等教育推進機構

職名

  • 特任教授

学位

  • 博士(教育学)(論博:兵庫教育大学連合大学院)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 生物教育   理科教育   意欲   評価   コンピテンス   能力   コンピテンシー   カリキュラム   高等教育   学生主体型授業   FD   フィンランド   

研究分野

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学
  • 人文・社会 / 教育心理学
  • 人文・社会 / 科学教育

職歴

  • 2005年04月 - 現在 北海道大学 高等教育推進機構・大学院理学院自然史科学専攻 教授
  • 2003年04月 - 2005年03月 北海道大学 高等教育推進機構 教授
  • 2000年06月 - 2003年03月 北海道大学 高等教育推進機構 助教授

所属学協会

  • 日本理科教育学会教育課程委員会委員   日本学術振興会   日本科学教育学会   日本生物教育学会   日本教育心理学会   日本理科教育学会   生物教育編集委員(日本生物教育学会)   評議委員(日本科学教育学会・日本理科教育学会   理科教育学研究査読委員(日本理科教育学会   日本高等教育学会   日本爬虫両棲類学会   大学教育学会   科学教育研究編集委員・査読委員(日本科学教育学会   Japan Society for Science Education   The Society of Biological Science Education of Japan   Society of Japan Science Teaching   The Japanese Association of Educational Psychology   The Herpetological Society of Japan   

研究活動情報

論文

  • コンピテンス基盤型教育の動向と日本の理科教育への導入の可能性-理科教育を通して育成すべき資質・能力とは何か-
    鈴木 誠
    理科教育学研究 60 2 1 - 16 2019年11月 [査読有り][通常論文]
  • コンピテンス基盤型生物教育の提案
    金本吉泰, 大貫麻美, 手代木英明, 鈴木 誠
    理科教育学研究 60 1 1 - 11 2019年07月 [査読有り][通常論文]
  • 原田勇希, 坂本一真, 鈴木 誠
    理科教育学研究 58 3 319 - 330 2018年03月 [査読有り][通常論文]
  • 小松智彦, 鈴木 誠
    理科教育学研究 58 2 121 - 134 2017年12月 [査読有り][通常論文]
  • 原田勇希, 坂本一真, 鈴木 誠
    理科教育学研究 58 1 65 - 80 2017年07月 [査読有り][通常論文]
  • 学ぶ意欲を引き出すにはどのような「評価」が必要か
    鈴木 誠
    教職研修 536 4 90 - 92 2017年03月 [査読無し][招待有り]
  • コンピテンスに基づいた新しい教育課程の創造
    鈴木 誠
    理科の教育 65 2 21 - 25 2016年01月 [査読無し][招待有り]
  • フィンランドのコンピテンス基盤型理科教育
    鈴木 誠
    化学と教育 63 10 476 - 479 2015年09月 [査読有り][通常論文]
  • フィンランドの大学入学資格試験「生物」における基礎的分析
    鈴木 誠
    大学入試研究ジャーナル 25 161 - 168 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • 理科の学習場面で児童生徒の意欲をいかに引き出すか
    鈴木 誠
    理科の教育 60 11 4 - 8 2014年12月 [査読無し][招待有り]
  • いかに「やる気」を捉え、指導に生かすか
    鈴木 誠
    児童心理 67 1 107 - 112 2013年01月 [査読有り][通常論文]
  • リスク回避のための科学的リテラシー教育を
    鈴木 誠
    高校教育 45 12 34 - 38 2012年12月 [査読無し][招待有り]
  • 山谷洋樹, 鈴木 誠
    科学教育研究 36 3 273 - 282 2012年12月 [査読有り][通常論文]
  • 山谷洋樹, 鈴木誠
    日本理科教育学会理科教育学研究 53 2 359 - 368 2012年11月30日 [査読無し][通常論文]
  • 山谷洋樹, 鈴木誠
    日本理科教育学会理科教育学研究 52 3 167 - 178 2012年03月02日 [査読無し][通常論文]
  • 竹山 幸作, 山岸 みどり, 池田 文人, 鈴木 誠, 柴田 洋, 宮本 淳, 喜多村 昇
    大学入試研究ジャーナル 21 105 - 110 国立大学入学者選抜研究連絡協議会 2011年03月 [査読無し][通常論文]
     
    北海道大学のAO入試は,平成22年度入試にて節目の10年を迎えた。本学AO入試の推移を振り返ると,総志願者数が緩やかに減少している中で,志願者数を維持している募集単位と,志願者数を大きく減らしている募集単位があることが明らかになった。また,合格者数が募集定員を大きく下回ることが,翌年以降の志願者数減少につながる可能性があることがわかった。平成23年度の総合入試導入を柱とする入試制度の大幅な改革により,AO入試の位置づけがどのように変化するかを注意深く見守る必要がある。
  • 遙かなる記憶の彼方から君たちへ
    理科の教育(日本理科教育学会) 60 2 5  2011年 [査読無し][通常論文]
  • これからの理科教師のために
    理科の教育 60 704 18 - 20 2011年 [査読無し][通常論文]
  • フィンランドの教員養成
    SYNAPSE 22 - 25 2011年 [査読無し][通常論文]
  • フィンランドの大学入学資格試験
    化学と教育(日本化学会) 59 2 2  2011年 [査読無し][通常論文]
  • 今、なぜ理科教育に基礎・基本が必要なのか
    理科の教育 60 712 5 - 8 2011年 [査読無し][通常論文]
  • 西森 敏之, 安藤 厚, 細川 敏幸, 山田 邦雅, 山岸 みどり, 鈴木 誠, 池田 文人
    高等教育ジャ-ナル 17 99 - 124 北海道大学高等教育機能開発総合センター 2010年01月 [査読無し][通常論文]
     
    In 2007, Hokkaido University made a change in the system of faculty-development activities. Before the change, the old system consisted of : (a) a one-day course for teaching asisitants in April, (b) a one-day course for new teaching-staff members in June, and (c) a two-day workshop about education for teaching-staff members in November. In the new system the one-day course in (b) was replaced by a two-day workshop quite similar to the one in (c). The two-day workshop in (c) was introduced in 1998 to improve the education of Hokkaido University and it has been held once a year since. We have experienced the new system for two 2 years and met many young participants. The purpose of this report is to explain what was done in the two-day workshops in 2008. The first two-day workshop (in June) had 31 participants from all over Hokkaido University, and the second one (in November) had 31 participants from all over Hokkaido University and 7 participants from 7 other institutions. The main theme was to learn how to develop new courses. Furthermore, we choose an additional theme each year, and in that year's workshops it was to plan courses fascinating students. Each of the workshops had (1) three sessions about planning of courses, each of which consisted of mini lectures, small group discussions and a general discussion, and (2) two lectures, one about the purpose of faculty development and the other is one about the meaning of 'respecting the requirements for credits more strictly' in the first workshop (in June), and one about the various problems of harassment in the the second workshop (in November). The main contents of this report are the syllabi of the courses worked out in the workshops.
  • 野崎由季子, 鈴木誠
    生物教育 49 3/4 123  2009年05月31日 [査読無し][通常論文]
  • 山谷洋樹, 鈴木誠
    日本理科教育学会理科教育学研究 49 3 91 - 98 2009年03月13日 [査読無し][通常論文]
  • 生命観測定尺度による小学校6年生と中学校2年生の比較分析
    理科教育学研究 49 3 91 - 98 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 新しい学ぶ意欲の引き出し方と評価の方法
    くんまの教育 20  2009年 [査読無し][通常論文]
  • 新学習指導要領「科学と人間生活」の意義
    理科資料 66 6  2009年 [査読無し][通常論文]
  • フィンランドの理科教育から何を学ぶか
    RikaTan(理科の探検) 26  2009年 [査読無し][通常論文]
  • 理科教育充実への3つの視座
    高校教育 42 12 36 - 39 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 理科教育最前線:新「学ぶ意欲」の引き出し方-自己効力の研究をどのように実践に生かすか-
    理科の教育 58 9 48 - 51 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 西森 敏之, 安藤 厚, 細川 敏幸, 山岸 みどり, 鈴木 誠, 池田 文人
    高等教育ジャ-ナル 16 77 - 100 北海道大学高等教育機能開発総合センター 2008年12月 [査読無し][通常論文]
     
    In 2007, Hokkaido University made a change in the system of faculty-development activities. Before the change, the old system consisted of (a) a one-day course for teaching asisitants in April, (b) a one-day course for new teaching stuff members in June, and (c) a two-day workshop about education for teaching stuff members in November. In the new system the one-day course in (b) is replaced by a two-day workshop quite similar to the one in (c). The two-day workshop in (c) was introduced in 1998 to improve the education of Hokkaido University and it has been held once a year since. The purpose of this report is to explain what was done in the two-day workshops in 2007. The first two-day workshop (in June) had 39 participants from all over Hokkaido University, and the second one (in November) had 28 participants from all over Hokkaido University and 6 participants from 6 other institutions.The main theme of this year's workshops was to plan courses respecting the requirements for credits more rigidly. The reason for the choice of this theme was based on the observation that the traditional education system of universities in Japan did not strictly respect the convention that a credit corresponds to 45 hours of study by students, including lectures, preparations, reviews, assignments, etc. Each of the workshops had (1) three sessions about planning of courses, each of which consisted of mini-lectures, small group discussions and a general discussion, and (2) two lectures, one about the purpose of faculty development and one about the meaning of 'respecting the requirements for credits more strictly.' Furtheremore, the second workshop (in November) had an additional lecture about the spirit inherited from Dr. William Clark of the Sapporo Agricultural College. The main contents of this report are the syllabi of the courses worked out in the workshops.
  • 山谷洋樹, 鈴木誠
    日本理科教育学会理科教育学研究 49 1 123 - 135 2008年07月25日 [査読無し][通常論文]
  • 「命の大切さ」をどのような視点で捉えればよいのだろうか?-生命観測定尺度の開発-
    理科の教育 57 11 17  2008年 [査読無し][通常論文]
  • フィンランドの初等理科教育―その高度で正確な学習内容と卓越した教師の学習指導力―
    化学と教育 638  2008年 [査読無し][通常論文]
  • フィンランドの理科教育から何を学ぶべきか
    高校教育 41 13 32  2008年 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 鈴木 誠, 加茂 直樹
    大学入試研究ジャーナル 17 51 - 55 国立大学入学者選抜研究連絡協議会 2007年03月 [査読無し][通常論文]
  • 野崎由季子, 鈴木誠
    生物教育 47 1/2 4  2007年02月28日 [査読無し][通常論文]
  • 解剖実習用ドライラボの教育的効果
    遺伝 61 4 77  2007年 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 鈴木 誠, 加茂 直樹
    大学入試研究ジャーナル 17 51 - 55 国立大学入学者選抜研究連絡協議会 2007年 [査読無し][通常論文]
     
    本学は平成13年度からAO入試を導入し、平成16年度末に学部卒業者を輩出した。そして今年度末には大学院へ進学した学生たちが修士課程前期を修了する予定である。AO入試は一般入試に比べて受験者も大学側も労力がかかる入試である。それだけにAO入学者に対する期待は大きい。本研究では、AO入学者が一般入試による入学者と比較して、(1)各高等学校の優秀な生徒であるか、(2)入学後の成績が良好であるか、(3)大学院へより多く進学している、の三つの指標について検証した。その結果、(1)と(3)については期待通りと言えそうであるが、(2) については期待通りとは言えないこと、しかし、成績のばらつきは一般入学者に比べて大きいことが分かつた。総じて、これら三つの指標については、AO入学者は一般入学者とは異なることが言えそうである。
  • 西森 敏之, 小笠原 正明, 細川 敏幸, 山岸 みどり, 鈴木 誠, 池田 文人
    高等教育ジャーナル 14 183 - 197 北海道大学 2006年07月 [査読無し][通常論文]
     
    In November 2005, Hokkaido University held the 8th Workshop on Education. This workshop was introduced to improve the education of Hokkaido University and it has been held once a year since 1998. The main theme of this year's workshop was to plan courses respecting the requirements for credits more rigidly. Our basic understanding about credits given in a university is that a credit corresponds to 45 hour study of students,including lectures, preparations,reviews,assignments etc. The workshop had (1) three sessions about planning of courses,each of which consisted of minilectures,small group discussions and a general discussion,and (2) two lectures,one of which was about the purpose of faculty development and the other was about the meaning of 'respecting the requirements for credits more strictly' It had 30 participants from all over Hokkaido University,7 participants from three other universities and 8 persons of the task force,including the president of Hokkaido University and a lecturer,that is,45 persons in all.This report contains an explanation about what was done in the workshop,especially the syllabi of the courses worked out in the sessions.
  • 鈴木 誠
    高等教育ジャーナル 14 99 - 116 北海道大学 2006年07月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木 誠, 池田 文人, 永井 かおり
    化学と教育 54 4 235 - 238 社団法人日本化学会 2006年04月20日 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 みどり, 加茂 直樹, 鈴木 誠
    大学入試研究ジャーナル 16 197 - 203 国立大学入学者選抜研究連絡協議会 2006年03月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木 誠:「学ぶ意欲を引き出す授業とは何か2-授業評価のフィードバックによる授業改善-『』, 14:, (2006)
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 99 - 116 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 21世紀を創造する新しい理科教育の学習指導要領編成への視座
    理科の教育 10 - 14 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 化学と教育 54 4 235  2006年 [査読無し][通常論文]
  • 西森 敏之, 小笠原 正明, 細川 敏幸, 山岸 みどり, 鈴木 誠, 池田 文人
    高等教育ジャーナル 13 105 - 117 北海道大学 2005年09月 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木 誠, 猪上 徳雄, 玉田 茂喜, 西嶋 潤一, 野口 伸, 橋村 正悟郎, 門馬 甲兒, 池田 文人, 加茂 直樹
    高等教育ジャーナル 13 53 - 70 北海道大学 2005年09月 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 橋本 雄一, 片岡 崇, 他, 岸 道郎, 越後 幸弘, 小野寺 徹, 高田 淑美, 山本 周男, 鈴木 誠, 加茂 直樹
    高等教育ジャーナル 13 29 - 36 北海道大学 2005年09月 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 鈴木 誠
    大学入試研究ジャーナル 15 93 - 98 国立大学入学者選抜研究連絡協議会 2005年03月 [査読無し][通常論文]
     
    入学後のミスマッチングを解消するためには、高校と大学とが give & take の関係を築いていく必要がある。このような真の意味での高大連携を目指す取り組みとして、本学では、学生ボランティアによる高校生向けツアーを実施している。この取り組みにより、(1)高校における適切な進路選択の支援、(2)効果的な入試広報の実現、そして(3)本学学生の能力育成、の効果が期待できる。実際、高校生に対するアンケート結果から、本取り組みが適切な進路選択に資するものであるとともに、入試広報としても効果があることが分かった。また、ツアーを実施している学生ボランティアに対するヒアリング調査の結果から、学生の能力育成にも効果があることが分かった。
  • ITを用いた大学広報戦略の枠組み
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 13 29 - 36 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 学ぶ意欲の何が問題かー学びの質と自己効力
    理科の教育 54 11 4 - 8 2005年 [査読無し][通常論文]
  • AO入試の光と陰
    月刊高校教育 38 14 24 - 28 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 新しい北海道大学AO入試の創造
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 13 53 - 70 2005年 [査読無し][通常論文]
  • フィンランドの教育課程と理科教育
    理科の教育 54 4 17 - 19 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 化学と教育 53 8 463 - 467 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 倉元 直樹, 鈴木 敏明, 三原 毅, 上杉 茂樹, 鈴木 誠, 吉田 寿夫
    日本教育心理学会総会発表論文集 46 S60 - S61 日本教育心理学会 2004年09月10日 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木 誠
    高等教育ジャーナル 12 121 - 133 北海道大学 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 加茂 直樹, 鈴木 誠
    高等教育ジャーナル 12 23 - 39 北海道大学 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 学ぶ意欲を引き出す授業とは何か-北大一般教育演習「蛙学への招待」の授業デザイン-
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 12 121 - 133 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 自己評価とはどのような評価かその問題点と可能性
    教育研究 58 12 18 - 21 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 倉元 直樹, 村上 隆, 鈴木 誠, 前川 眞一, 池田 文人, 池田 央, 村木 英治
    日本教育心理学会総会発表論文集 44 S38 - S39 日本教育心理学会 2002年08月09日 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木 誠, 阿部 和厚, 山岸 みどり, 池田 文人
    高等教育ジャーナル 10 39 - 48 北海道大学 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • オープン・エンド・アプローチとは何か
    理科の教育 51 2 8 - 12 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 北海道大学におけるAO入試マニュアル
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 10 49 - 58 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木 誠, 小笠原 正明, 西森 敏之, ほか, 阿部 和厚, 長木 謙司, 上田 徹, 田中 昌弥, 溜 雅幸, 土岐 均, 奥平 忠志, 細川 敏幸
    高等教育ジャーナル 9 126 - 135 北海道大学 2001年03月 [査読無し][通常論文]
  • 伸びる資質・伸ばす教育
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 9 126 135 - 2001 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 予想される生徒の学習意欲の低下に対して, どのような理科の指導計画が可能か
    理科の教育 50 1 8 - 12 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 理科総合Bを授業する―新しい教科への期待と提言―
    理科の教育 18 - 20 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 理科の学習場面における自己効力感と学習方略,学業成績に関する基礎的研究
    理科教育学研究 40 1 11 - 23 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 失敗を生かす理科授業の工夫
    理科の教育 48 11 4 - 7 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 一問一答 教材研究室(生物) 解剖実習をうまく進めるには、どのような指導が必要か-Part2-
    理科の教育 48 8 40 - 41 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 一問一答 教材研究室(生物) 解剖実習をうまく進めるには、どのような指導が必要か-Part1-
    理科の教育 48 4 36 - 37 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 高等学校におけるフィールド学習―高校生にこそプリミテイブな自然体験を―
    理科の教育 47 7 25 - 27 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 新しい理科授業の創造とその視点パートⅡ―実践現場からの発信―「生徒が行なう生物授業
    理科の教育 47 9 44 - 50 1998年 [査読無し][通常論文]
  • 理科教育における学習意欲の構造に関する研究(4)―児童や生徒の自己効力感, 認知的方略のメタ認知, 及び社会的関係性の発達的変化について―
    日本理科教育学会研究紀要 38 1 11 - 21 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 原体験を重視した高校生の自然観察の実践―大学の附属演習林を利用する―
    生物教育 36 2 122 - 131 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 高校生物における検討を要する内容―ジグソーパズルで「食物連鎖」を学習する―
    理科の教育 45 9 22 - 24 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 理科教育における学習意欲の構造に関する研究(3)―理科教育用自己効力感測定尺度(SESSE:Self-Efficacy Scale for Science Education)の開発―
    日本理科教育学会研究紀要 36 3 1 - 11 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 理科教育における学習意欲の構造に関する研究(2)―観察・実験の学習意欲に与える効果について―
    日本理科教育学会研究紀要 34 2 1 - 10 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 理科教育における学習意欲の構成概念に関する研究
    理科教育研究誌 4 71 - 77 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 理科教育における学習意欲の構造に関する研究(1)―学習意欲測定尺度の開発―
    日本理科教育学会研究紀要 33 2 45 - 52 1992年 [査読無し][通常論文]
  • 鈴木誠
    生物教育 31 2 100 - 109 1991年10月 [査読無し][通常論文]
  • 高校生の学習意欲を高める生物教育―情意的領域を重視した学習の構造化とその実践―
    生物教育 31 2 100 - 109 1991年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用生物 教授用資料
    鈴木 誠 (担当:共著範囲:第1章 細胞と分子)
    数研出版 2018年03月
  • 高等教育ライブラリ14「個別大学の入試改革」
    鈴木 誠 (担当:共著範囲:コンピテンス基盤型教育とフィンランドの大学入学資格試験-試験問題「生物」は何を測っているのか-)
    東北大学出版会 2018年03月
  • 人体を学ぶための理科 生物編 Vol.3 遺伝
    鈴木 誠 
    医学教育映像センター 2014年03月
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校理科用生物
    鈴木 誠 (担当:共著範囲:第1章細胞と分子)
    数研出版 2014年03月
  • フィンランドの理科教科書 生物編
    鈴木 誠 (担当:単著)
    化学同人 2014年03月
  • 人体を学ぶための理科 化学編 Vo.3 酸と塩基
    鈴木 誠 (担当:監修)
    2014年03月
  • 人体を学ぶための理科 物理編 Vo.3 波
    鈴木 誠 (担当:監修)
    2014年03月
  • フィンランドの理科教科書 化学編
    鈴木 誠 
    化学同人 2013年06月
  • 高等学校理科用生物 教授資料
    鈴木 誠 (担当:共著)
    2013年03月
  • 人体を学ぶための理科 化学編 Vol.2 化学反応
    鈴木 誠 (担当:監修)
    2013年03月
  • 人体を学ぶための理科 生物編 Vol2 生殖と発生
    鈴木 誠 
    医学教育映像センター 2013年02月
  • 今こそ理科の学力を問う-新しい学力を育成する視点
    鈴木 誠 (担当:共著)
    東洋館出版社 2012年08月
  • ボクにもできるがやる気を引き出す-学ぶ意欲を捉え、伸ばすための処方箋-
    鈴木 誠 (担当:単著)
    東洋館出版社 2012年08月
  • 学生の納得感を高める大学授業
    鈴木 誠 (担当:共著)
    ナカニシヤ出版 2012年04月
  • 学校図書館:6回連載:一冊の本を子どもたちに
    鈴木 誠 (担当:単著)
    社団法人全国学校図書館協議会 2012年04月
  • 人体を学ぶための理科 物理編 第1巻
    鈴木 誠 (担当:監修)
    医学映像教育センター 2011年03月
  • 人体を学ぶための理科 化学編 第1巻
    鈴木 誠 (担当:監修)
    医学映像教育センター 2011年03月
  • 人体を学ぶための理科 生物編 Vol.1 細胞
    (担当:単著)
    医学映像教育センター 2011年03月
  • 理数教科書に関する国際比較調査公開シンポジウム報告書
    財団法人教科書研究センター 2010年
  • 学生主体型授業の冒険
    ナカニシヤ出版 2010年
  • 現代理科教育改革の特色とその具現化
    東洋館出版社 2010年
  • 意欲を引き出す授業デザイン-人をやる気にするには何が必要か-
    東洋館出版社 2008年
  • フォトサイエンス生物図録 カエルの模擬解剖
    数研出版 2007年
  • フィンランドの理科教育-新しい学びと教員養成-
    明石書店 2007年
  • 理科の先生のための新しい評価方法入門―高次の学力を育てるパフォーマンス課題、その実例集
    北大路書房 2007年
  • 文部科学省検定済教科書 高等学校生物Ⅰ教授用資料
    数研出版 2007年
  • 高等学校生物Ⅰ,高等学校生物Ⅰ教科書
    数研出版 2006年
  • 中学校理科教育実践講座 理論編1 目的意識をもった理科授業の創造と実践-カリキュラムの開発と授業づくり
    ニチブン 2003年
  • 学ぶ意欲の処方箋・やる気を引き出す18の視点
    東洋館出版社 2002年
  • 理科重要用語300の基礎知識
    明治図書 2000年
  • 心の教科指導
    東洋館出版社 2000年
  • 心の教育実践講座 第7巻 科学に学ぶ心の教育
    日本図書センター 1999年
  • キーワードから探るこれからの理科教育
    東洋館出版社 1998年
  • 生物の科学「遺伝」別冊10号 とっておき生物実験ー生徒と考え、生徒と創るー
    裳華房 1998年
  • 誰でもできるカエルの模擬解剖
    数研出版 1992年

講演・口頭発表等

  • コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(8)-小学校生活科から理科への連続した学びの構築-  [通常講演]
    手代木英明, 大貫麻美, 鈴木 誠
    2018年01月 口頭発表(一般)
  • コンピテンス基盤型理科教育とは何か  [通常講演]
    鈴木 誠
    第50回記念 全国小学校理科研究協議会研究大会 東京大会 2017年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 心的イメージ能力の個人差は中学校理科への志向性と関連するか?―鮮明性と空間的統御性の次元に着目して―.  [通常講演]
    原田勇希, 鈴木 誠
    日本教育心理学会第59回総会 2017年10月 ポスター発表
  • 心的イメージ能力の個人差が中学校理科への志向性を規定するプロセス  [通常講演]
    原田勇希, 鈴木 誠
    日本教育工学会第33回全国大会 2017年09月 口頭発表(一般)
  • 心的イメージ能力の個人差が理科の学業成績、動機づけに影響する心理的プロセスの検討-どのような認知特性の子どもが理科の苦手意識を持ちやすいのか?-  [通常講演]
    原田勇希, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2017年08月 口頭発表(一般)
  • 高校物理教育用学習方略測定尺度の作成  [通常講演]
    坂本一真, 原田勇希, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2017年08月 口頭発表(一般)
  • 課題研究「コンピテンス基盤型理科教育の創造(5)-地学領域から-  [通常講演]
    荻原彰, 坂本紹一, 三井寿哉, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2017年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 課題研究「コンピテンス基盤型理科教育の創造(4)-生物領域から -  [通常講演]
    大貫麻美, 手代木英明, 武 倫夫, 金本吉泰, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2017年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 課題研究「コンピテンス基盤型理科教育の創造(3)-化学領域から-  [通常講演]
    三好美織, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2017年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 課題研究「コンピテンス基盤型理科教育の創造(2)-物理領域から-  [通常講演]
    人見久城, 大山光晴, 小林輝明, 秋元裕司, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2017年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 課題研究「コンピテンス基盤型理科教育の創造(1)-コンピテンスに基づく学習コンテンツ再構成に関する研究-」  [通常講演]
    鈴木 誠, 大塚雄作, 荻原彰, 人見久城, 隅田学, 細川和仁, 大貫麻美, 三好美織
    一般社団法人日本理科教育学会 2017年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 意欲を引き出す授業デザインとは何か  [通常講演]
    鈴木 誠
    東京学芸大学附属世田谷小学校理科校公開授業研究 2017年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 多様な能力や資質を評価する入試の開発  [招待講演]
    鈴木 誠
    New Education EXPO in 大阪 2017年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 多様な能力や資質を評価する入試の開発  [招待講演]
    鈴木 誠
    New Education EXPO in 東京 2017年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 多様な能力や資質を評価する入試の開発-北大コンピテンシーに基づく入試-  [通常講演]
    鈴木 誠
    全国大学入学者選抜連絡協議会 2017年05月 口頭発表(一般)
  • 大学入学者選抜改革推進委託事業「国語」-個別学力試験「国語」が測定する資質・能力の分析・評価手法に関する研究-  [招待講演]
    鈴木 誠
    文部科学省 2017年05月 口頭発表(招待・特別)
  • 大学入学者選抜改革推進委託事業「主体性」-「主体性」の測定の可能性:自己効力(Self-efficacy)から考える-  [招待講演]
    鈴木 誠
    関西学院大学フォーラム 2017年03月 口頭発表(基調)
  • コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(6)  [通常講演]
    大貫麻美, 手代木英明, 武 倫夫, 金本吉泰, 鈴木 誠
    一般社団法人日本生物教育学会 2017年01月 口頭発表(一般)
  • コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(7)  [通常講演]
    大貫麻美, 手代木英明, 武 倫夫, 金本吉泰, 鈴木 誠
    一般社団法人日本生物教育学会 2017年01月 口頭発表(一般)
  • 物理分野における作図スキルと心的視覚イメージ能力の関連  [通常講演]
    原田勇希, 坂本一真, 鈴木 誠
    日本教育工学会第32回全国大会 2016年09月 口頭発表(一般)
  • Poor verbal and visuospatial working memory of students induces modality specific errors in science learning  [通常講演]
    Yuki HARADA, Makoto SUZUKI
    2016 International Conference of East-Asian Association for Science Education 2016年08月 口頭発表(一般)
  • 力学の問題解答の初期に要する作図スキルに関する研究-物理学的描写スキルと自己効力・学力テストとの関連-  [通常講演]
    坂本一真, 原田勇希, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2016年08月 口頭発表(一般)
  • 高等学校入学直後の理科4領域に対する認識の特徴と差異-中学までの学習に基づく自己効力・日常関連認識・選択希望科目から-  [通常講演]
    原田勇, 鶴岡森昭, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2016年08月 口頭発表(一般)
  • コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(5)-幼少期における「生命」観の萌芽に関する科学的知見からの再考-  [通常講演]
    大貫麻美, 手代木英明, 武 倫夫, 金本吉泰, 鈴木 誠
    一般社団法人日本理科教育学会 2016年08月 口頭発表(一般)
  • Study on the impact of children’s theories of intelligence for science and working memory capacity on the beliefs for science learning  [通常講演]
    Yuki HARADA, Makoto SUZUKI
    31st International Congress of Psychology 2016年07月 口頭発表(一般)
  • コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(4)-高等学校生物の学びを再構成する試み-  [通常講演]
    大貫麻美, 手代木英明, 武 倫夫, 金本吉泰, 小川義和, 鈴木 誠
    一般社団法人日本生物教育学会 2016年01月 口頭発表(一般)
  • コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(3)-小学校高学年、及び中学校における生命の学びを再構成する試み-  [通常講演]
    大貫麻美, 手代木英明, 武 倫夫, 金本吉泰, 小川義和, 鈴木 誠
    一般社団法人日本生物教育学会 2016年01月 口頭発表(一般)
  • コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(2)-初等教育におけるヒトに関する学びを再構成する試み-  [通常講演]
    大貫麻美, 手代木英明, 武 倫夫, 金本吉泰, 小川義和, 鈴木 誠
    一般社団法人日本生物教育学会 2016年01月 口頭発表(一般)
  • コンピテンスに基づいた生命科学教育の再構成を目指す基礎的研究(1)-生命科学領域の学びを再構成する新たなコア概念の提案-  [通常講演]
    鈴木 誠
    2016年01月 口頭発表(一般)
  • グローバルな視点から生物教育を考える-コンピテンス基盤型生物教育とは何か-  [招待講演]
    鈴木 誠
    日本生物教育学会第100回全国大会公開シンポジウム 2016年01月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 課題研究:才能ある児童生徒をグローバルに育む科学教育を目指して-「進むフィンランドの教育改革-その初年次教育と才能教育-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第37回年会 2014年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • フィンランドの大学入学資格試験「生物」における基礎的研究  [通常講演]
    鈴木 誠
    全国大学入学者選抜連絡協議会 2014年05月 口頭発表(一般)
  • 課題研究:コンピテンス基盤型科学教育とは何か  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会 2013年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募)
  • 「解剖実習をどのように教えるかー生命観を育む指導のあり方」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第63回全国大会 シンポジウム1 2013年
  • 「理科教育からみた博物館利用の問題点を考える」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第63回全国大会 実行委員会企画特別シンポジウム 2013年
  • 「理科教育の未来を切り開く3つのキーワード:直接体験・才能教育・次期学習指導要領から考える」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第63回全国大会 特別講演 2013年
  • 「フィンランドの理数教育最新事情-その光と影-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会課題研究 2012年 東京理科大
  • 「理科教育の未来を切り開くキーワード」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会課題研究 2012年 鹿児島大学
  • 「フィンランドの大学入試資格試験」  [通常講演]
    鈴木 誠
    全国大学入学者選抜連絡協議会 2012年 岡山コンベンションセンター
  • 「フィンランドの大学入学資格試験に見る世界が求める学力」  [通常講演]
    鈴木 誠
    『第10回高大連携フォーラム・シンポジウム』 2012年 京都高大連携研究協議会 大学コンソーシアム京都
  • 「大学初年次教育における系統解剖の新展開」 -初等中等教育の解剖実習に何が必要か?-  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本生物教育学会88回全国大会 2010年
  • 招待講演「フィンランドの理科教育」  [通常講演]
    鈴木 誠
    NPO法人理科カリキュラムを考える 会第10回全国大会 2009年
  • 基調講演:「初年時教育のためのFD大学間協同」戦略的大学連携シンポジウム  [通常講演]
    鈴木 誠
    キャンパスコンソーシアム函館 2009年
  • 講演:「今、子どもたちに私たちは何をすればよいのか?-フィンランドに見る教育の原点と、学ぶ意欲の引き出し方-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    第59回北海道高等学校PTA連合会大会連合会大会 2009年
  • 「意欲を引き出す「細菌学」の授業デザインとは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    第77回日本細菌学会 学術講演会 2009年
  • 「特別企画講演:フィンランドの理科教育から、我々は何を学ぶべきか」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成21年度日本化学会東北支部大会 2009年
  • 「学習支援センターシンポジウム:学習支援センターと大学教育の可能性:「蛙学への招待」10年に見る大学教育の課題」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本リメディアル教育学会第5回全国大会 2009年
  • 「学会課題研究:新学習指導要領と科学教育研究:研究と実践の相互交流の視点から-:「意欲」の研究を学習指導要領にどのように生かせばよいのか?」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第33回年会 2009年
  • 鈴木誠, 鈴木誠
    化学教育研究協議会東北大会研究発表・講演要旨集 2009年
  • 招待講演「意欲を引き出す授業デザイン」  [通常講演]
    鈴木 誠
    空知管内高等学校教務部研究会 研究協議会 2008年 北海道岩見沢高等養護学校
  • 招待講演「意欲を引き出す授業デザイン」  [通常講演]
    鈴木 誠
    後志地区商業教育研究会 2008年 北海道小樽商業高等学校
  • 招待講演「意欲を引き出す授業デザイン」  [通常講演]
    鈴木 誠
    北海道学力向上推進事業プロジェクト会議 2008年 北海道苫小牧東高等学校
  • 招待講演「意欲を引き出す授業デザイン-高校生をやる気にさせるためには 何が必要か-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    高校生スキルアッププログラム, 青森県教育庁 2008年
  • 招待講演「意欲を引き出す授業デザイン」  [通常講演]
    鈴木 誠
    北海道立教育研究所 2008年
  • 「学会課題研究:新学習指導要領の特色と具現化に向けた課題-理科教育にお ける言語活動-フィンランドにおける読解力の育成」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第58回全国大会 2008年
  • 「学会自主課題研究:新しい理科教育の評価規準の構築、今なぜ評価なの か?-進化する世界の学力観と理科教育で求められる資質-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第32回年会 2008年
  • 基調講演「学ぶ意欲を引き出す生物授業とは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    第6回東北大学高等教育フォーラム(新時代の大学教育を考える[4])理科実験の可能性を考える 2007年
  • 「今、学校教育の現場に何が求められているか」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成19年度ほっかいどう カリキュラムセンター「教育セミナー」 2007年
  • 記念講演「フィンランドの生物教育から日本は何を学ぶべきか」  [通常講演]
    鈴木 誠
    東京都生 物教育研究会総会 2007年
  • 「フィンランドの生物教育−生物分野の学習指導要領と教科書 の分析から−」  [通常講演]
    野崎由季子, 鈴木 誠
    日本生物教育学会第82回全国大会 2007年 神奈川
  • 「高校生物教員の生物教育に関する意見について−高校生物に関する全国調査から−」  [通常講演]
    武 倫夫, 藤 修, 鈴木 誠, 吉崎 誠, 鳩貝 太郎
    日本生物教育学会第82回全国大会 2007年 神奈川
  • 「高校生における解剖実習の実施状 況と教師の意識−高校生物に関する全国調査から−」  [通常講演]
    日本生物教育学会第82回全国大会 2007年 神奈川
  • 「中学校における解剖実習に係わる状 況と理科教員の意識−中学校理科教員に対する全国調査から−」  [通常講演]
    日本理科教育学会第57回大会 2007年 愛知
  • 「中学校理科教員の自然体 験と生命尊重の指導に関する意識−中学校理科教員に対する全国調査から−」  [通常講演]
    中村 清志, 武 倫夫, 高野 義幸, 鈴木 誠, 鳩貝 太郎
    日本理科教育学会第57回大会 2007年 愛知
  • 「中学校における解剖実習に係 る状況と理科教員の意識−中学校理科教員に対する全国調査から−」  [通常講演]
    藤 修, 武 倫夫, 高野 義幸, 鈴木 誠, 鳩貝 太郎
    日本理科教育学会第57回大会 2007年 愛知
  • 「中学校・高等学校生物教育担当教員の自 然体験と観察実験に関する意識(?)」  [通常講演]
    鳩貝 太郎, 梅埜國夫, 武 倫夫, 鈴木 誠
    日本科学教育学会第31回年会 2007年
  • 「中学校・高等学校生物教育担当教員の 自然体験と観察実験に関する意識(?)」  [通常講演]
    梅埜國夫, 鳩貝 太郎, 武 倫夫, 鈴木 誠
    日本科学教育学会第31回年会 2007年
  • 「自己効力を高めるための1枚ポートフォリオを用いた実践研究: 小学校第5学年「天気の変化」の単元を事例として」  [通常講演]
    齋木 梢, 鈴木 誠
    日本科学教育学会第31回年会 2007年
  • 「生命観測定尺度の開発に関する基礎的研究(その1)」  [通常講演]
    山谷洋樹, 鈴木 誠
    日本科学教育学会第31回年会 2007年
  • 「50周年記念・公開シンポジウム:21世紀・日本の生物教育」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本生物教育学会第82回全国大会 2007年
  • 「大学初年次教育の新展開-北海道大学コアカリキュラムとは-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    全国大学入学者選抜研究連絡協議会第2回大会 2007年
  • 「自主課題研究:バカロレア試験におけるパフォーマンステスト 導入の背景」  [通常講演]
    池田文人, 鈴木 誠
    日本科学教育学会第31回年会 2007年
  • 「自主課題研究:学力向上のために学校現場でできることを探 る」  [通常講演]
    片貝卓也, 鈴木 誠
    日本科学教育学会第31回年会 2007年
  • 「学会課題研究:初等中等教育終了時までにどのような能力が求められるか」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第31回年会 2007年
  • 「学会シンポジウム:これからの理科のあるべき姿・次期学習指導要領への 期待と科学教育の新展開」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第31回年会 2007年
  • 「シラバスはなぜ必要か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成17年度単位制課程研修会北海道有朋高等学校講演 2006年 札幌
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成17年度山梨大学FD講演 2006年 山梨
  • 「日本の教育再生への視座」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成18年度北海道高等学校校長協会講演 2006年 札幌
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成18年度北里大学獣医畜産学部FD講演 2006年 青森
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業とは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成18年度渡島管内高等学校学習指導研究会講演 2006年 長万部
  • 「21世紀に求められる学力とは何か-急速に変化する世界の学力観-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成18年度北海道高等学校教育経営研究会講演 2006年
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは何か?」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成18年度秋田大学全学ワークショップ 2006年 秋田
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業とは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成18年度文部科学省学力向上拠点形成事業講演 2006年 阿寒郡鶴居村鶴居小学校
  • 「高校生における解剖実習の実施状況と教師の意識−高校生物に関する全国調査から−」  [通常講演]
    日本生物教育学会第80回全国大会 2006年 神奈川
  • 「高校生物教師の生命観 に関する基礎的研究−解剖実習の指導に関する意識−」  [通常講演]
    日本理科教育学会第56回大会 2006年 奈良
  • 「高校生物教師の生命観に 関する基礎的研究−教師の自然体験と生命尊重の指導−」  [通常講演]
    武 倫夫, 高野 義幸, 中村 清志, 鈴木 誠, 鳩貝 太郎
    日本理科教育学会第56回大会 2006年 奈良
  • 「学会課題研究:高等科学教育の新展開-我々は、21世紀科学技術社会を担 う人材をいかに養成すべきかー」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第30回年会 2006年
  • 「学会シンポジウム:社会に貢献し社会と協働する科学教育研究、学会 として何を社会に提案するのか-高等科学教育が目指すものとは何か-  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第30回年会 2006年
  • 「北海道の中等教育に期待するもの-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成16年度北海道高等学校教育経営研究会講演 2005年
  • 「初等中等教育で今何が起きているのか」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成17年度秋田大学講演会 2005年 秋田
  • 「学力問題に応えるカリキュラム構想-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成17年度北海道高等学校教育経営研究会講演 2005年
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは何か?」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成17年度秋田大学全学ワークショップ、授業デザインー学生参加型授業を中心として 2005年 秋田
  • 「自己評価とはどのような評価か-その可能性-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成17年度文科省研究開発学校、北海道琴似工業高校講演 2005年 北海道
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成17年度浅井学園大学FD講演会 2005年
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成17年度介養協全国教職員研修会講演・ワークショップ 2005年 社団法人日本介護福祉士養成施設協会
  • 「新しい高大連携の視点とは何か-フィンランドの教育からみえるもの-」  [通常講演]
    鈴木 誠
    第3回高大連携教育フォーラム:新局面を迎えた高大連携 2005年 京都 京都高大連携研究協議会・財 団法人大学コンソーシアム京都
  • 「自主課題研究:フィンランドの教育から何を学ぶ」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第29回年会 2005年
  • 「学会課題研究:21世紀の科学技術社会を推進する高等科学教育の課題研究ーサイエンス・コミュニケーターをいかに養成すべきかー」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第29回年会 2005年
  • 「これからの理数教育の視座」  [通常講演]
    鈴木 誠
    文科省SSH指定札幌北高等学校最終講演会 2004年
  • 「今高等学校で何が起きているのか」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成16年度北海道大学歯学部FD講演 2004年
  • 「高等学校と大学の接点で何が起きているのかー2006年問題と授業デザインの意味」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成16年度秋田大学全学ワークショップ、授業デザインー学生参加型授業を中心として 2004年 秋田
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    大学教育学会 2004年 北海道
  • 「フィンランドの自然科学教育 (?)理科授業参観と教師の専門性から学ぶこと」  [通常講演]
    人見久城, 鈴木 誠, 池田文人, 磯崎哲夫, 古屋光一
    日本科学教育学会第28回年会 2004年 千葉
  • 「フィンランドの自然科学教育 (?)フィンランドの初等理科教育」  [通常講演]
    鈴木 誠, 池田文人, 人見久城, 磯崎哲夫, 古屋光一
    日本科学教育学会第28回年会 2004年 千葉
  • 「フィンランドの自然科学教育 (?)フィンランドの教育理念とその実現の枠組み」  [通常講演]
    池田文人, 鈴木 誠, 人見久城, 磯崎哲夫, 古屋光一
    日本科学教育学会第28回年会 2004年 千葉
  • 「大学生の学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは何か」, 『学会課題研究: 高等科学教育に求められる資質とは何か-初等中等理科教育と高等科学教育の乖離を考える』  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第28回年会 2004年 千葉
  • 「学会課題研究:高等科学教育に求められる資質とは何か-初等中等理科教育 と高等科学教育の乖離を考える」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第28回年会 2004年
  • 「高校生の「大学体験」と学習意欲」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本教育心理学会第46回総会 2004年
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業とは」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成14年度文部科学省学力フロンティアスクール指定校校内研修講演, 大磯中学校 2003年 神奈川
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業とは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成14年度教務校内研修講演 静内高等学校 2003年 北海道
  • 「効果的な授業デザインと教材作成」  [通常講演]
    鈴木 誠
    第8回長崎大学ファカルティ・ディベロップメント, 2003年 長崎
  • 「北海道大学がめざす新しい高大連携」  [通常講演]
    鈴木 誠
    徳島大学 大学開放実践センター 2003年 徳島
  • 「学ぶ意欲を引き出すには何が必要か?−やる気にさせる7箇条−」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成15年度国立大学教務事務担当職員研修会 2003年 北海道
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業とは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    長崎地区大学ガイダンスセミナー講演 2003年 長崎
  • 「効果的果的な授業デザインと教材開発‐学ぶ意欲を引き出すために‐」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成15年度第2回名古屋大学共通教育FD 2003年 名古屋
  • 「学会課題研究:21世紀を担う高等科学教育の新展開」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第27回年会 2003年
  • 「やる気を引き出す授業とは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成14年度小樽商科大学厚生補導研究会 2002年 北海道
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業とは何か」  [通常講演]
    鈴木 誠
    平成14年度鹿児島大学共通教育FD講演会 2002年 鹿児島
  • 「21世紀の科学教育の創造−新しい教員養成のコンセプト−:大学教員の授 業企画の実践を通して」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本科学教育学会第26回年会学会課題研究 2002年 島根
  • 「選抜場面における評価−その理想と現実−」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本教育心理学会第44回総会 自主シンポジウム 2002年 熊本
  • 「ニュージーランドにおける大学入学者選抜の動向について」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本高等教育学会第4回大会 2001年 北海道
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究12―メタ認知水準次元 尺度の開発―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第51回全国大会 2001年 広島
  • 「教育における「時間」の問題」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本教育心理学会第43回総会自主シンポジウム 2001年 名古屋
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究11―般的自己効力と理科学習における自己効力との関係―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第50回全国大会 2000年 宇都宮
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究10―学習目標と自己効 力に関する基礎的研究―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第49回全国大会 1999年 岐阜
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究9―学習場面における自己効力感と学習方略、成績に関する基礎的研究―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第48回全国大会 1998年 長崎
  • 「新しいevaluation構築の必要性」,  [通常講演]
    鈴木 誠
    第64回日本生物教育学会全国大会 1998年 千葉
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究8―生物素材を中心と した生徒の記憶方略と自己効力感に関する基礎的研究―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第47回全国大会 1997年 上越
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究7―理科教育における 高校生の自己効力感の構造―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第46回全国大会 1996年 兵庫
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究6―自己効力感(self efficacy)測定尺度の開発―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第45回全国大会 1995年 北海道
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究5―観察実験用学習意欲 /原因帰属尺度の開発―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第44回全国大会 1994年 宮城
  • 「総合理科の実施にあたって」  [通常講演]
    大野英彦, 鈴木 誠
    第64回日本理化学協会総会 1993年 福岡
  • 「理科教育における学習意欲の測定に関する研究4―観察,実験が生徒の 学習意欲に及ぼす効果について―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第43回全国大会 1993年 福岡
  • 「学習意欲の測定に関する研究3―児童・生徒の理科学習における意欲 の構造を探る(1)―」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本理科教育学会第42回全国大会 1992年 千葉
  • 「学習意欲の測定に関する研究1―学習意欲測定用紙の開発―」  [通常講演]
    鈴木 誠, 根本和成
    日本理科教育学会第41回全国大会 1991年 香川
  • 「小・中・高の一貫した生物教育はどうあるべきか」  [通常講演]
    鈴木 誠
    日本生物教育会第43回全国大会 1988年 群馬
  • 「中高の関連を考えた理科?の指導」  [通常講演]
    鈴木 誠
    第58回日本理化学協会総会 1987年 東京
  • 「フィンランドの理科教科書に関する基礎的研究―初等理科教 育の生物分野を例として―」  [通常講演]
    野崎由季子, 鈴木 誠

作品等

  • 「いかに「やる気」を捉え、指導に生かすか」
    『児童心理』, 査読無し, 67(1), 2013,107-112.  鈴木 誠  2013年
  • 「理科の評価研究の傾向と今後の課題」
    『理科の教育』,Vo.62(2),pp.41-42,日本理科教育学会  鈴木 誠  2013年
  • 「リスク回避のための科学的リテラシー教育を」
    『高校教育』, 45(12),34-38.  鈴木 誠  2012年
  • 「これからの理科教師のために」
    『理科の教育』,60(3)18-20,日本理科教育学会  鈴木 誠  2011年
  • 「フィンランドの教員養成」
    『SYNAPSE』,5,22-25  鈴木 誠  2011年
  • 「今、なぜ理科教育に基礎・基本が必要なのか」
    『理科の教育』,60(11),4-8.日本理科教育学会  鈴木 誠  2011年
  • 「フィンランドの理科教育から何を学ぶか」
    『RikaTan(理科の探検)』, (査読 有り), 3(3)  鈴木 誠  2009年
  • 「理科教育充実への3つの視座」
    『高校教育』, 42(12), 36-39.  鈴木 誠  2009年
  • 「理科教育最前線:新「学ぶ意欲」の引き出し方-自己効力の研究をどのように実践に生かすか-」
    『理科の教育』, 58(9),48-51.  鈴木 誠  2009年
  • 鳥取県湯梨浜町学力推進事業コーディネーター
    2009年
  • 「北大 鈴木 誠教授の大学生準備講座:いま、大学で求められるものとは?」
    『蛍雪時代』(旺文社)  鈴木 誠  2006年 -2007年
  • 13)北大vs京大 人気授業潜入レポート「蛙学への招待」
    『蛍雪時代』,76 (10) 6-9.  鈴木 誠  2006年
  • 12)「21世紀を担うあなたに−リ・スタートする勇気を−」,
    『蛍雪時代』,76(19)152-153.  鈴木 誠  2006年
  • 11)「今、世界の高校生に求められる力− フィンランドの「大学入学試験」に
    『蛍雪時代』, 76(18)176-177.  鈴木 誠  2006年
  • 10)「妥協を排する勇気をあなたに−夢を実現するもう一つの扉−」
    『蛍雪時代』, 76(17)164-165.  鈴木 誠  2006年
  • 9)「伸びる生徒とはどのような人物か−私を超えていく教え子たち−」
    『蛍雪時代』, 76(16)174-175.  鈴木 誠  2006年
  • 8)「ホンモノとの出会いを−第一人者と接触することの大切さ−」
    『蛍雪時代』, 76(14)210-211.  鈴木 誠  2006年
  • 7)「第6の主要科目とは何か−芸術家やトップ・アスリートにみる独創性・個性の源−」
    『蛍雪時代』, 76(12)178-179.  鈴木 誠  2006年
  • 6)「急速に進化する大学の授業北大の人気授業?−大学で進む授業評価とは一体何か−」
    『蛍雪時代』, 76(6)208-209.  鈴木 誠  2006年
  • 5)「もう一度自分の適性を考えてみよう−大学の授業の一コマから見えるもの−」
    『蛍雪時代』, 76(8)178-179.  鈴木 誠  2006年
  • 4)「急速に進化する大学の授業北大の人気授業?−「蛙学への招待とは?」 −」
    『蛍雪時代』, 76(6)208-209.  鈴木 誠  2006年
  • 3)「乱読の進め−読解力を身につけるには−」
    『蛍雪時代』, 76(4)184-185.  鈴木 誠  2006年
  • 2)「なぜフィンランドの高校生は学力世界一?−「学ぶ力」とは何か−」
    『蛍雪時代』, 76(3)178-179.  鈴木 誠  2006年
  • 1)「私が歩んだ困難な道−失敗した大学入試−」
    『蛍雪時代』, 76(1) 168-169.  鈴木 誠  2006年
  • 学ぶ意欲を引き出す授業作り
    2006年
  • 学ぶ意欲を引き出す授業作り
    2006年
  • 学ぶ意欲を引き出す授業デザインとは
    2006年
  • シラバスはなぜ必要か
    2006年
  • 「効果的な授業デザインと教材開発-学ぶ意欲を引き出すために-, pp.120-136.」
    「名古屋大学全学教育FD活動報告書」  鈴木 誠  2005年
  • 「高等学校と大学の接点で何が起きているのか-2006年問題と授業デザインの 意味-」,14-44および「ワークショップとは何か」,45-52および「授業デザインの基本構 造?-3つの学習目標-」,63-64,74-77
    『平成16年度秋田大学ワークショップ「授業デザイン-学生参加型授業を中心として-」報告書』, 秋田大学教育推進総合センター  鈴木 誠  2005年
  • 「新しい高大連携の視点とは何かーフィンランドの教育から見えるものー」 『新局面を迎えた高大連携』
    第3回高大連携教育フォーラム,京都高大連携研究協議会・財団法人大学コンソーシアム京都  鈴木 誠  2005年
  • 自己評価とはどのような評価か-その可能性-
    2005年
  • 学力問題に応えるカリキュラム構想
    2005年
  • 北海道の中等教育に期待するもの
    2005年
  • 今高等学校で何が起きているのか
    2004年
  • これからの理数教育の視座
    2004年
  • 「学ぶ意欲を引き出す授業とは何か」,74-82
    『平成14年度鹿児島大学FD活 動報告書』  鈴木 誠  2003年
  • 学ぶ意欲を引き出す授業とは何か
    2003年
  • 学ぶ意欲を引き出す授業とは
    2003年
  • やる気を引き出す授業とは何か
    2002年
  • 「未来を担う子どもたちへ」
    『学校図書館』,社団法人全国学校図書館協議会,750(4).56-57.  鈴木 誠
  • 「夢」を抱く心を子どもたちに」
    『学校図書館』,社団法人全国学校図書館協議会,749(3).58-59.  鈴木 誠
  • 「ホンモノ」との出会いを子どもたちに」
    『学校図書館』,社団法人全国学校図書館協議会,748(2).54-55  鈴木 誠
  • 「初めてのお使い」を子どもたちに」
    『学校図書館』,社団法人全国学校図書館協議会,747(1).48-49.  鈴木 誠
  • 「ボクにもできる」を子どもたちに」
    『学校図書館』,社団法人全国学校図書館協議会,746(12).64-65.  鈴木 誠

その他活動・業績

  • Why Now Basics and Fundamentals Are Necessary for Science Education?
    Science Education Monthly 60 (712) 5 -8 2011年 [査読無し][通常論文]
  • Webを利用した授業の設計-平成16年度北海道大学教育ワークショップ報告-
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 13 105 -117 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 新しい高大連携の視座
    物理教育研究 33 5 -10 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 創造性・独創性を育む理科教育の視座
    理科の教育 54 (1) 4 -7 2005年 [査読無し][通常論文]
  • A Strategic Policy for University Admissions Publicity by IT
    Journal of Higher Education and Lifelong Learning 13 29 -36 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Creation of NEW AO-type Entrance Selection System in Hokkaido University
    Journal of Higher Education and Lifelong Learning 13 53 -70 2005年 [査読無し][通常論文]
  • What's at Stake in Motivation to Learn?
    Science Education Monthly 54 (11) 4 -8 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Planning of Courses to Make Use of the Web
    Journal of Higher Education and Lifelong Learning 13 105 -117 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 鈴木 誠 高等教育ジャーナル 12 41 -49 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 みどり, 小松川 浩, 今井 順一, 玉田 茂喜, 西嶋 潤一, 中西 信行, 山崎 哲永, 佐藤 幸彦, 清水 隆弘, 高松 洋司, 鈴木 誠, 池田 文人 高等教育ジャーナル 12 135 -147 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 西森 敏之, 小笠原 正明, 細川 敏幸, 山岸 みどり, 鈴木 誠, 池田 文人 高等教育ジャーナル 12 149 -172 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 鈴木 誠 高等教育ジャ-ナル (12) 31 -39 2004年03月 [査読無し][通常論文]
  • 山岸 みどり, 加茂 直樹, 鈴木 誠 大学入試研究ジャーナル (14) 57 -64 2004年03月 [査読無し][通常論文]
     
    本稿は,北海道大学AO入試の初年度から3年目までの動向を概観し「選抜型」AO入試の現状について考察することを目的としている。3回にわたる北海道大学AO入試には,全国470高校から総計941名の出願があり242名が合格した。AO入試合格者は前期日程合格者に比べ,大学進学に対してより明確な目的意識を持ち,勉学意欲も高いことが明らかになった。しかし基礎学力の測定方法などの課題が残されていることが指摘された。
  • 北大キャンパスビジットプロジェクト-高大連携による大学入試改善に対する取り組み-
    大学入試研究ジャーナル 15 93 -98 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 教育の接続と社会連携とを推進する新しい大学広報
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 12 23 -30 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 北海道大学が目指す新しい高大連携
    大学入試研究ジャーナル 14 25 -30 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「コミュニケーション能力を高める授業設計-平成15年度北海道大学教育ワークショップ報告-『高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育-』
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習- 12 149 -172 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 北大キャンパスビジットプロジェクト-学生主導による開かれた大学創りを目指して-
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 12 31 -40 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「コンピュータを用いた新しい大学入試の枠組み」
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 12 41 -50 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「教育の接続と社会連携とを推進する新しい大学広報」
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 12 23 -30 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 鈴木 誠 大学入試研究ジャーナル (13) 1 -6 2003年03月 [査読無し][通常論文]
  • 大学1年生は高校4年生?-高校教育と大学教育の連携を考える-
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 11 163 -172 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 池田 文人, 山岸 みどり, 阿部 和厚, 鈴木 誠 高等教育ジャーナル 10 49 -58 2002年03月 [査読無し][通常論文]
  • 理科の学習における自己効力の違いが、生徒の学習目標の設定に及ぼす影響
    理科教育学研究 43 (1) 1 -10 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 高大連携を重視した北海道大学リクルート戦略(1)
    高等教育ジャーナル-高等教育と生涯教育- 10 38 -48 2002年 [査読無し][通常論文]
  • 倉元 直樹, 有田 八州穂, 五十嵐 紀子, 奈良 昌孝, 鈴木 誠, 田中 敏, 戸田 有一 日本教育心理学会総会発表論文集 (43) S24 -S25 2001年07月20日 [査読無し][通常論文]
  • 一問一答 教材研究室(生物) 解剖実習をうまく進めるには、どのような指導が必要か-Part3-
    理科の教育 48 (12) 36 -37 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 学習意欲を評価する―自己評価を基に観察や実験の形態を工夫する―
    理科の教育 46 (7) 32 -34 1997年 [査読無し][通常論文]
  • 高等学校における理科嫌い・理科離れの原因と対策
    理科の教育 43 (6) 19 -21 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 高校生物ⅠA教師用指導資料
    実教出版 1994年 [査読無し][通常論文]
  • 学習意欲を高める理科授業戦略―ドライ・ラボのすすめ
    理科の教育 42 (5) 48 -49 1993年 [査読無し][通常論文]

特許

  • 特願2080427:解剖実習用模擬シート 他計2件  1991年06月
    特許番号第2080427号

受賞

  • 2015年09月 独立行政法人日本学術振興会 平成26年度日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員表彰
     
    受賞者: 鈴木 誠
  • 2003年08月 日本理科教育学会賞
  • 1996年08月 日本理科教育学会 理科教育研究奨励賞
     
    受賞者: 鈴木 誠
  • 1991年03月 第22回東レ理科教育賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 理科の探求学習の今日的特徴の調査とその実践プログラムの開発:日米中の比較を通して
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 古屋光一
  • 質問力を測定する評価指標と試験環境の開発
    日本学術振興会・挑戦的研究(開拓):
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 池田文人
  • 高大接続改革下での新しい選抜方法に対する教育測定論・認知科学・比較教育学的評価
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(A)
    研究期間 : 2016年04月 -2021年03月 
    代表者 : 倉元 直樹
  • ジェンダー・地域格差に配慮したSTEAM才能教育カリキュラムに関する学際的研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(A)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 隅田 学
  • 個別学力試験「国語」が測定する資質・能力の分析・手法に関する研究
    文部科学省:大学入学者選抜改革推進委託事業
    研究期間 : 2016年09月 -2019年03月 
    代表者 : 鈴木 誠
  • コンテキストベースの問いが駆動する21世紀型科学教育実践モデルのデザイン
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 中山 迅
  • 新しい生命科学教育の根幹を担う日本独自の学際的幼児教育プログラムの開発
    日本学術振興会:挑戦的萌芽研究
    研究期間 : 2016年04月 -2018年08月 
    代表者 : 大貫麻美
  • 地球と生命を理解する開拓力の開発
    科学技術振興機構:グローバルサイエンスキャンパス:タイプA
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 鈴木 誠
  • コンピテンスに基づいた、初等中等理科教育の学習コンテンツ再構成に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(A)
    研究期間 : 2014年 -2018年 
    代表者 : 鈴木 誠
  • 未来を生きる探究能力と科学力を備えた市民を育成する科学教育カリキュラムの開発
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 中山 迅
  • 自然科学分野における才能教育の動向と可能性についての調査研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 中山 迅
  • 高度な実践力を身につけた科学教師の育成-長期の教育実習とその効果に関する研究-
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 古屋光一
  • コンピテンス基盤型科学教育の創造ー初等・前期中等教育を中心に ー
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2010年 -2013年 
    代表者 : 鈴木 誠
  • 中等教育の多様化に適応したコア学力の評価・測定を行うための技術的基盤の構築
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(A)
    研究期間 : 2009年 -2013年 
    代表者 : 安野史子
  • 理科教育課程構成の理念・視点とその具体化に関する国際比較研究」, 研究分担者
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 橋本健夫
  • 大学での学びを高め卒業時の能力保証を生み出す授業の開発に関する 実証的研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 橋本健夫
  • 生命尊重の態度を育成する体系的な生物学習プログラムの開発と評価に関する調査研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間 : 2008年 -2009年 
    代表者 : 鳩貝太郎
  • 21世紀の科学教育における新しい評価規準の構築と、評価を生かす理科授業の創造
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 鈴木 誠
  • 大学における教職と事務職をつなぐスタッフの育成とその活用に関す る実証的研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 橋本健夫
  • 生物教育における生命尊重についての指導観と指導法に関する調査 研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2005年 -2007年 
    代表者 : 鳩貝太郎
  • 科学技術立国を支える小・中学校の新しい自然
    日本学術振興会:科学教育研究費 基盤研究(C)
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 鶴岡義彦
  • 大学における初習理科の授業モデルと評価モデルの開発
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2004年 -2006年 
    代表者 : 小笠原正明
  • 学生による授業評価の深化とFDを結びつけた授業の改善システムに 関する実証的研究,
    日本学術振興会:科学教育研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 橋本健夫
  • 中等教育の多様化に柔軟に対応できる高大接続のための新しい大学入 試に関する実地研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(A)
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 白川友紀
  • 初等中等教育と高等教育が接続した新しい科学教育カリキュラムとそ の指導方法の開発
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 鈴木 誠
  • 生命尊重の態度育成に関わる生物教材の構成と評価に関する調査研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間 : 2002年 -2004年 
    代表者 : 鳩貝太郎
  • 大学における授業評価の改善に関する実証的研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 橋本健夫
  • 高校と大学のアーティキュレーションに寄与する新しい大学入試につ いての実践的研究
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(A)
    研究期間 : 2000年 -2003年 
    代表者 : 夏目達也
  • 理科の探求学習の今日的特徴の調査とその実践プログラムの開発:日米中の比較を通して
    日本学術振興会:科学研究費 基盤研究(B):
    代表者 : 古屋光一

教育活動情報

主要な担当授業

  • 科学教育授業設計特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 科学教育、理科嫌い、生命観、素朴概念、国際学力調査(PISA)、コンピテンス基盤型科学教育
  • 大学院共通授業科目(一般科目):複合領域
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 科学教育、理科嫌い、生命観、素朴概念、国際学力調査(PISA)、コンピテンス基盤型科学教育
  • 特別講義(1単位)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : リーダーシップ、能動的学習
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 両棲綱無尾目、蛙、系統解剖、種、学生主体型授業、アクティブラーニング
  • 学芸員科目:教育学概論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 博物館教育の意義と理念、博物館の利用と学び、生涯学習、ボランティア、学校教育、博物館リテラシー
  • 博物館教育論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 博物館教育の意義と理念、博物館の利用と学び、生涯学習、ボランティア、学校教育、博物館リテラシー

大学運営

委員歴

  • 2015年04月 - 現在   社団法人日本生物教育学会   代議員
  • 2015年04月 - 現在   全国大学入学者選抜研究連絡協議会   幹事
  • 2015年03月 - 現在   山形県教育委員会 山形県立米澤興譲館高等学校   SSH運営指導委員
  • 2014年04月 - 現在   千葉県教育委員会 千葉県立佐倉高等学校   SSH運営指導委員
  • 2013年04月 - 現在   立命館慶祥高等学校   SSH運営指導委員
  • 2011年12月 - 現在   日本生物教育学会   生物教育用語検討委員会   日本生物教育学会
  • 2011年08月 - 現在   日本理科教育学会   教育課程委員会   日本理科教育学会
  • 2010年04月 - 現在   独立行政法人日本学術振興会   特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員
  • 2006年 - 現在   日本理科教育学会   教育課程委員会委員   日本理科教育学会
  • 2002年 - 現在   日本理科教育学会   評議員
  • 2013年04月 - 2017年03月   北海道教育委員会 北海道釧路湖陵高等学校   SSH運営指導委員
  • 2012年08月 - 2016年07月   日本科学教育学会   理事
  • 2012年04月 - 2014年03月   日本理科教育学会   副会長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.