木村 俊介キムラ シユンスケresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/21

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門解剖学分野
職名助教 
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/40444525.ja.html
科研費研究者番号
  • 神奈川県出身。

研究キーワード

包括脳ネットワーク, パイエル板, M細胞

研究分野

生物科学 / 細胞生物学
基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
基礎医学 / 免疫学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 細胞生物学
基礎医学 / 解剖学一般(含組織学・発生学)
基礎医学 / 免疫学

職歴

2011年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2011年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)

所属学協会

歯科基礎医学会
日本分子生物学会
日本解剖学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
歯科基礎医学会
日本分子生物学会
日本解剖学会

研究活動

論文

Enhanced gap junction intercellular communication inhibits catabolic and pro-inflammatory responses in tenocytes against heat stress.
Maeda E, Kimura S, Yamada M, Tashiro M, Ohashi T
Journal of cell communication and signaling 2017年06月
Macrophage ubiquitin-specific protease 2 modifies insulin sensitivity in obese mice
Natsuko Saito, Shunsuke Kimura, Tomomi Miyamoto, Sanae Fukushima, Misato Amagasa, Yoshinori Shimamoto, Chieko Nishioka, Shiki Okamoto, Chitoku Toda, Kohei Washio, Atsushi Asano, Ichiro Miyoshi, Eiki Takahashi, Hiroshi Kitamura
Biochemistry and Biophysics Reports 9 322-329 2017年03月
Intrarenal signaling mediated by CCK plays a role in salt intake-induced natriuresis.
Takahashi-Iwanaga H, Kimura S, Konno K, Watanabe M, Iwanaga T
American journal of physiology. Renal physiology  ajprenal.00539.2016 2017年03月
Zinc Transporter SLC39A7/ZIP7 Promotes Intestinal Epithelial Self-Renewal by Resolving ER Stress.
Ohashi W, Kimura S, Iwanaga T, Furusawa Y, Irié T, Izumi H, Watanabe T, Hijikata A, Hara T, Ohara O, Koseki H, Sato T, Robine S, Mori H, Hattori Y, Watarai H, Mishima K, Ohno H, Hase K, Fukada T
PLoS genetics 12(10) e1006349 2016年10月
Distinct Roles for the N- and C-terminal Regions of M-Sec in Plasma Membrane Deformation during Tunneling Nanotube Formation
Kimura S, Yamashita M, Yamakami-Kimura M, Sato Y, Yamagata A, Kobashigawa Y, Inagaki F, Amada T, Hase K, Iwanaga T, Ohno H and Fukai S
Scientific Reports 6 33548 2016年09月
Neural FFA3 activation inversely regulates anion secretion evoked by nicotinic ACh receptor activation in rat proximal colon.
Kaji I, Akiba Y, Konno K, Watanabe M, Kimura S, Iwanaga T, Kuri A, Iwamoto K, Kuwahara A, Kaunitz JD
The Journal of physiology 594(12) 3339-3352 2016年06月
Non-neuronal, but atropine-sensitive ileal contractile responses to short-chain fatty acids: age-dependent desensitization and restoration under inflammatory conditions in mice.
Yajima M, Kimura S, Karaki S, Nio-Kobayashi J, Tsuruta T, Kuwahara A, Yajima T, Iwanaga T
Physiological reports 4(7) 2016年04月
Potential Role of the Formation of Tunneling Nanotubes in HIV-1 Spread in Macrophages.
Hashimoto M, Bhuyan F, Hiyoshi M, Noyori O, Nasser H, Miyazaki M, Saito T, Kondoh Y, Osada H, Kimura S, Hase K, Ohno H, Suzu S
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 196(4) 1832-1841 2016年02月
Diversity of the intestinal microbiota differently affects non-neuronal and atropine-sensitive ileal contractile responses to short-chain fatty acids in mice.
Yajima M, Karaki SI, Tsuruta T, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Kuwahara A, Yajima T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 37(5) 319-328 2016年
The broad distribution of GP2 in mucous glands and secretory products.
Kimura S, Nio-Kobayashi J, Kishimoto A, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 37(6) 351-358 2016年
論文を全て表示する
論文閉じる
Enhanced gap junction intercellular communication inhibits catabolic and pro-inflammatory responses in tenocytes against heat stress.
Maeda E, Kimura S, Yamada M, Tashiro M, Ohashi T
Journal of cell communication and signaling 2017年06月
Macrophage ubiquitin-specific protease 2 modifies insulin sensitivity in obese mice
Natsuko Saito, Shunsuke Kimura, Tomomi Miyamoto, Sanae Fukushima, Misato Amagasa, Yoshinori Shimamoto, Chieko Nishioka, Shiki Okamoto, Chitoku Toda, Kohei Washio, Atsushi Asano, Ichiro Miyoshi, Eiki Takahashi, Hiroshi Kitamura
Biochemistry and Biophysics Reports 9 322-329 2017年03月
Intrarenal signaling mediated by CCK plays a role in salt intake-induced natriuresis.
Takahashi-Iwanaga H, Kimura S, Konno K, Watanabe M, Iwanaga T
American journal of physiology. Renal physiology  ajprenal.00539.2016 2017年03月
Zinc Transporter SLC39A7/ZIP7 Promotes Intestinal Epithelial Self-Renewal by Resolving ER Stress.
Ohashi W, Kimura S, Iwanaga T, Furusawa Y, Irié T, Izumi H, Watanabe T, Hijikata A, Hara T, Ohara O, Koseki H, Sato T, Robine S, Mori H, Hattori Y, Watarai H, Mishima K, Ohno H, Hase K, Fukada T
PLoS genetics 12(10) e1006349 2016年10月
Distinct Roles for the N- and C-terminal Regions of M-Sec in Plasma Membrane Deformation during Tunneling Nanotube Formation
Kimura S, Yamashita M, Yamakami-Kimura M, Sato Y, Yamagata A, Kobashigawa Y, Inagaki F, Amada T, Hase K, Iwanaga T, Ohno H and Fukai S
Scientific Reports 6 33548 2016年09月
Neural FFA3 activation inversely regulates anion secretion evoked by nicotinic ACh receptor activation in rat proximal colon.
Kaji I, Akiba Y, Konno K, Watanabe M, Kimura S, Iwanaga T, Kuri A, Iwamoto K, Kuwahara A, Kaunitz JD
The Journal of physiology 594(12) 3339-3352 2016年06月
Non-neuronal, but atropine-sensitive ileal contractile responses to short-chain fatty acids: age-dependent desensitization and restoration under inflammatory conditions in mice.
Yajima M, Kimura S, Karaki S, Nio-Kobayashi J, Tsuruta T, Kuwahara A, Yajima T, Iwanaga T
Physiological reports 4(7) 2016年04月
Potential Role of the Formation of Tunneling Nanotubes in HIV-1 Spread in Macrophages.
Hashimoto M, Bhuyan F, Hiyoshi M, Noyori O, Nasser H, Miyazaki M, Saito T, Kondoh Y, Osada H, Kimura S, Hase K, Ohno H, Suzu S
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 196(4) 1832-1841 2016年02月
Diversity of the intestinal microbiota differently affects non-neuronal and atropine-sensitive ileal contractile responses to short-chain fatty acids in mice.
Yajima M, Karaki SI, Tsuruta T, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Kuwahara A, Yajima T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 37(5) 319-328 2016年
The broad distribution of GP2 in mucous glands and secretory products.
Kimura S, Nio-Kobayashi J, Kishimoto A, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 37(6) 351-358 2016年
Epithelium-Intrinsic MicroRNAs Contribute to Mucosal Immune Homeostasis by Promoting M-Cell Maturation.
Nakato G, Hase K, Sato T, Kimura S, Sakakibara S, Sugiyama M, Obata Y, Hanazato M, Iwanaga T, Ohno H
PloS one 11(3) e0150379 2016年
The selective distribution of LYVE-1-expressing endothelial cells and reticular cells in the reticulo-endothelial system (RES).
Zheng M, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 37(3) 187-198 2016年
RANKL regulates differentiation of microfold cells in mouse nasopharynx-associated lymphoid tissue (NALT).
Mutoh M, Kimura S, Takahashi-Iwanaga H, Hisamoto M, Iwanaga T, Iida J
Cell and tissue research 2015年11月
Regulated C-C motif ligand 2 (CCL2) in luteal cells contributes to macrophage infiltration into the human corpus luteum during luteolysis.
Nio-Kobayashi J, Kudo M, Sakuragi N, Kimura S, Iwanaga T, Duncan WC
Molecular human reproduction 21(8) 645-654 2015年05月
Visualization of the entire differentiation process of murine M cells: suppression of their maturation in cecal patches.
Kimura S, Yamakami-Kimura M, Obata Y, Hase K, Kitamura H, Ohno H, Iwanaga T
Mucosal immunology 8(3) 650-660 2015年05月
GP2-expressing cells in the conjunctiva and tear ducts of mice: identification of a novel type of cells in the squamous stratified epithelium.
Kimura S, Kishimoto A, Mutoh M, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 36(4) 263-272 2015年
Epithelial-stromal interaction via Notch signaling is essential for the full maturation of gut-associated lymphoid tissues.
Obata Y, Kimura S, Nakato G, Iizuka K, Miyagawa Y, Nakamura Y, Furusawa Y, Sugiyama M, Suzuki K, Ebisawa M, Fujimura Y, Yoshida H, Iwanaga T, Hase K, Ohno H
EMBO reports 15(12) 1297-1304 2014年12月
A novel type of cells expressing GP2 in the respiratory epithelium of the paranasal sinuses in mice.
Kimura S, Muto M, Hisamoto M, Zheng M, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 35(5) 329-337 2014年
Three types of macrophagic cells in the mesentery of mice with special reference to LYVE-1-immunoreactive cells.
Zheng M, Kimura S, Nio-Kobayashi J, Takahashi-Iwanaga H, Iwanaga T
Biomedical research (Tokyo, Japan) 35(1) 37-45 2014年
Ubiquitin-specific protease 2-69 in macrophages potentially modulates metainflammation.
Kitamura H, Kimura S, Shimamoto Y, Okabe J, Ito M, Miyamoto T, Naoe Y, Kikuguchi C, Meek B, Toda C, Okamoto S, Kanehira K, Hase K, Watarai H, Ishizuka M, El-Osta A, Ohara O, Miyoshi I
FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology 27(12) 4940-4953 2013年12月
Beneficial effects of Brazilian propolis on type 2 diabetes in ob/ob mice: Possible involvement of immune cells in mesenteric adipose tissue.
Kitamura H, Naoe Y, Kimura S, Miyamoto T, Okamoto S, Toda C, Shimamoto Y, Iwanaga T, Miyoshi I
Adipocyte 2(4) 227-236 2013年10月
The molecular basis of induction and formation of tunneling nanotubes.
Kimura S, Hase K, Ohno H
Cell and tissue research 2012年11月
Tunneling nanotubes: emerging view of their molecular components and formation mechanisms.
Kimura S, Hase K, Ohno H
Experimental cell research 318(14) 1699-1706 2012年08月
The epithelia-specific membrane trafficking factor AP-1B controls gut immune homeostasis in mice.
Takahashi D, Hase K, Kimura S, Nakatsu F, Ohmae M, Mandai Y, Sato T, Date Y, Ebisawa M, Kato T, Obata Y, Fukuda S, Kawamura YI, Dohi T, Katsuno T, Yokosuka O, Waguri S, Ohno H
Gastroenterology 141(2) 621-632 2011年08月
M-Sec: Emerging secrets of tunneling nanotube formation.
Ohno H, Hase K, Kimura S
Communicative & integrative biology 3 231-233 2010年05月
M-Sec promotes membrane nanotube formation by interacting with Ral and the exocyst complex.
Hase K, Kimura S, Takatsu H, Ohmae M, Kawano S, Kitamura H, Ito M, Watarai H, Hazelett CC, Yeaman C, Ohno H
Nature cell biology 11(12) 1427-1432 2009年12月
Uptake through glycoprotein 2 of FimH(+) bacteria by M cells initiates mucosal immune response.
Hase K, Kawano K, Nochi T, Pontes GS, Fukuda S, Ebisawa M, Kadokura K, Tobe T, Fujimura Y, Kawano S, Yabashi A, Waguri S, Nakato G, Kimura S, Murakami T, Iimura M, Hamura K, Fukuoka S, Lowe AW, Itoh K, Kiyono H, Ohno H
Nature 462(7270) 226-230 2009年11月
Monitoring autophagy in mammalian cultured cells through the dynamics of LC3.
Kimura S, Fujita N, Noda T, Yoshimori T
Methods in enzymology 452 1-12 2009年
Dynein-dependent movement of autophagosomes mediates efficient encounters with lysosomes.
Kimura S, Noda T, Yoshimori T
Cell structure and function 33(1) 109-122 2008年
Dissection of the autophagosome maturation process by a novel reporter protein, tandem fluorescent-tagged LC3.
Kimura S, Noda T, Yoshimori T
Autophagy 3 452-460 2007年09月
[Autophagic degradation of unfolding proteins].
Kimura S, Kamimoto T, Yoshimori T
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme 51 1494-1498 2006年08月
Mutations in the membrane component, chromosome 1, surface marker 1 (M1S1) gene in gelatinous drop-like corneal dystrophy.
Murakami A, Kimura S, Fujiki K, Fujimaki T, Kanai A
Japanese journal of ophthalmology 48 317-320 2004年07月

受賞

2017年03月
日本解剖学会 奨励賞 粘膜免疫組織を構成する特殊上皮細胞M細胞の分化機構ならびに発現分子解析 
2009年05月
日本細胞性物学会 論文賞 Dynein-dependent movement of autophagosomes mediates efficient encounters with lysosomes 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2017年03月
日本解剖学会 奨励賞 粘膜免疫組織を構成する特殊上皮細胞M細胞の分化機構ならびに発現分子解析 
2009年05月
日本細胞性物学会 論文賞 Dynein-dependent movement of autophagosomes mediates efficient encounters with lysosomes 

競争的資金等の研究課題

新しいホールマウント染色法による小腸パイエル板上皮と陰窩の発現分子解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 木村 俊介
上皮細胞極性物流システムによる粘膜免疫制御機構の研究
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2008年 - 2012年 代表者 : 大野 博司
パイエル板M細胞と免疫細胞の相互作用の機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 木村 俊介
パイエル板におけるM細胞を介した抗原取り込みと受け渡し機構の可視化と解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 木村 俊介
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
新しいホールマウント染色法による小腸パイエル板上皮と陰窩の発現分子解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2013年 - 2015年 代表者 : 木村 俊介
上皮細胞極性物流システムによる粘膜免疫制御機構の研究
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2008年 - 2012年 代表者 : 大野 博司
パイエル板M細胞と免疫細胞の相互作用の機能解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2011年 代表者 : 木村 俊介
パイエル板におけるM細胞を介した抗原取り込みと受け渡し機構の可視化と解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 木村 俊介

教育活動

主要な担当授業

医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞小器官、膜の構造と特性、核の構造と細胞分裂、上皮組織、結合組織、細胞外マトリックス、血球cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, extracellular matrix, blood
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 免疫組織化学、in situ hybridization法, 電顕観察Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron microscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞小器官、膜の構造と特性、核の構造と細胞分裂、上皮組織、結合組織、細胞外マトリックス、血球cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, extracellular matrix, blood
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 免疫組織化学、in situ hybridization法, 電顕観察Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron microscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード :  組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
組織学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 顕微解剖学、細胞学、形態
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、CaイメージングHistochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization, lectin histochemistry, Ca imaging of live cells
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : Structure and function, cell membrane, cell organella, epithelium, connective tissues, cartilage, bone
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : Immunohistochemistry, in situ hybridization, electron mcroscopy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : histochemistry, immunohistochemistry, electron microscopy, in situ hybridization
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
組織学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
組織学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 顕微解剖学、細胞学、形態
解剖学(組織学)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 組織化学、免疫組織化学、電顕観察、in situ hybridization法、レクチン、Caイメージング
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
組織学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
組織学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
解剖学(組織学)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

ページトップへ