研究者データベース

北條 敬之(ホウジヨウ タカユキ)
北海道大学病院 口腔系歯科
助教

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 口腔系歯科

職名

  • 助教

学位

  • 博士(歯学)(北海道大学)

J-Global ID

職歴

  • 2015年04月 - 現在 北海道大学病院 歯科麻酔科 助教

研究活動情報

論文

  • Dorcas A Annan, Nako Maishi, Tomoyoshi Soga, Randa Dawood, Cong Li, Hiroshi Kikuchi, Takayuki Hojo, Masahiro Morimoto, Tetsuya Kitamura, Mohammad Towfik Alam, Kazuyuki Minowa, Nobuo Shinohara, Jin-Min Nam, Yasuhiro Hida, Kyoko Hida
    Cell communication and signaling : CCS 17 1 169 - 169 2019年12月17日 [査読有り][通常論文]
     
    BACKGROUND: Tumor endothelial cells (TECs) perform tumor angiogenesis, which is essential for tumor growth and metastasis. Tumor cells produce large amounts of lactic acid from glycolysis; however, the mechanism underlying the survival of TECs to enable tumor angiogenesis under high lactic acid conditions in tumors remains poorly understood. METHODOLOGY: The metabolomes of TECs and normal endothelial cells (NECs) were analyzed by capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry. The expressions of pH regulators in TECs and NECs were determined by quantitative reverse transcription-PCR. Cell proliferation was measured by the MTS assay. Western blotting and ELISA were used to validate monocarboxylate transporter 1 and carbonic anhydrase 2 (CAII) protein expression within the cells, respectively. Human tumor xenograft models were used to access the effect of CA inhibition on tumor angiogenesis. Immunohistochemical staining was used to observe CAII expression, quantify tumor microvasculature, microvessel pericyte coverage, and hypoxia. RESULTS: The present study shows that, unlike NECs, TECs proliferate in lactic acidic. TECs showed an upregulated CAII expression both in vitro and in vivo. CAII knockdown decreased TEC survival under lactic acidosis and nutrient-replete conditions. Vascular endothelial growth factor A and vascular endothelial growth factor receptor signaling induced CAII expression in NECs. CAII inhibition with acetazolamide minimally reduced tumor angiogenesis in vivo. However, matured blood vessel number increased after acetazolamide treatment, similar to bevacizumab treatment. Additionally, acetazolamide-treated mice showed decreased lung metastasis. CONCLUSION: These findings suggest that due to their effect on blood vessel maturity, pH regulators like CAII are promising targets of antiangiogenic therapy. Video Abstract.
  • CAIIは腫瘍血管内皮細胞の増殖に重要である(Carbonic anhydrase 2(CAII) is essential for tumor endothelial cell proliferation)
    間石 奈湖, Annan Dorcas A., 曽我 朋義, ダウィード・ランダ, Li Cong, 菊地 央, 北條 敬之, 森本 真弘, 北村 哲也, アラン・モハメド, 篠原 信雄, 樋田 泰浩, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 78回 E - 2101 2019年09月 [査読有り][通常論文]
  • 北條 敬之, 木村 幸文, 大岩 大祐, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 47 3 110 - 112 (一社)日本歯科麻酔学会 2019年07月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は39歳女性で、顎変形症に対して全身麻酔下に上下顎骨形成術が予定された。合併症として統合失調症があり、アリピプラゾールを常用していた。そのため、手術時に使用する局所麻酔薬はアドレナリン含有のものを避け、フェリプレシン添加プロピトカインを選択した。局所麻酔薬として0.03単位フェリプレシン含有3%プロピトカインを10ml使用し、その後ニトログリセリン(NTG)を0.5γで持続投与し、低血圧麻酔を開始した。低血圧麻酔の開始15分後、SpO2が低下し始めたため、NTGによる低酸素性胸血管収縮の抑制を疑いFiO2を0.6に上昇させたが、SpO2は低下し続けた。メトヘモグロビン(Met-Hb)血症と診断し、NTG(総投与量1.265mg)の投与を中止するとともにメチレンブルーを60mg投与したところ、20分後にSpO2は99%へ回復し、Met-Hbは1.0%と正常化した。その後、低血圧麻酔はプロスタグランジンE1を0.05γで用いて行い、局所麻酔薬は20万分の1アドレナリン添加1%リドカインに変更し術中に8ml使用した。変更後、SpO2の低下、Met-Hbの上昇なく麻酔管理は終了した。
  • Development of immortalized human tumor endothelial cells from renal cancer
    Nako Maishi, §, Hiroshi Kikuchi.§, Masumi Sato, Hiroko Nagao-Kitamoto, Dorcas A. Annan, Shogo Baba, Takayuki Hojo, Misa Yanagiya, Yusuke Ohba, Genichiro Ishii, Kenkichi Masutomi, Nobuo Shinohara, Yasuhiro Hida, Kyoko Hida
    Int J Mol Sci 20 18 4595  2019年 [査読有り][通常論文]
  • M. Shibuya, T. Hojo, Y. Hase, T. Fujisawa
    British Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 56 6 546 - 548 2018年07月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Oral surgery can be difficult in patients with chorea-like dyskinesia, which is common in those on long-term levodopa medication for Parkinson's disease, and we know of no conclusive evidence to indicate whether conscious sedation with midazolam is effective in such cases. We report a patient in whom levodopa-induced chorea-like dyskinesia disappeared when midazolam was given intravenously for conscious sedation.
  • Emery-Dreifuss型筋ジストロフィーによる二次性心筋症を有する心移植待機患者の抜歯時の全身管理経験
    木村 幸文, 北條 敬之, 岩本 理恵, 石川 恵美, 渋谷 真希子, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 45 4 537 - 537 (一社)日本歯科麻酔学会 2017年09月 [査読有り][通常論文]
  • Takayuki Hojo, Nako Maishi, Alam Mohammad Towfik, Kosuke Akiyama, Noritaka Ohga, Masanobu Shindoh, Yasuhiro Hida, Kazuyuki Minowa, Toshiaki Fujisawa, Kyoko Hida
    ONCOTARGET 8 28 45484 - 45495 2017年07月 [査読有り][通常論文]
     
    Reactive oxygen species (ROS) are unstable molecules that activate oxidative stress. Because of the insufficient blood flow in tumors, the tumor microenvironment is often exposed to hypoxic condition and nutrient deprivation, which induces ROS accumulation. We isolated tumor endothelial cells (TECs) and found that they have various abnormalities, although the underlying mechanisms are not fully understood. Here we showed that ROS were accumulated in tumor blood vessels and ROS enhanced TEC migration with upregulation of several angiogenesis related gene expressions. It was also demonstrated that these genes were upregulated by regulation of Nuclear factor erythroid 2-related factor 2 (NRF2). Among these genes, we focused on Biglycan, a small leucine-rich proteoglycan. Inhibition of Toll-like receptors 2 and 4, known BIGLYCAN (BGN) receptors, cancelled the TEC motility stimulated by ROS. ROS inhibited NRF2 expression in TECs but not in NECs, and NRF2 inhibited phosphorylation of SMAD2/3, which activates transcription of BGN. These results indicated that ROS-induced BGN caused the pro-angiogenic phenotype in TECs via NRF2 dysregulation.
  • 術前診査を契機に先天性メトヘモグロビン血症が判明した患者の全身麻酔管理経験
    浜谷 絵里, 渋谷 真希子, 木村 幸文, 北條 敬之, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 45 2 202 - 204 (一社)日本歯科麻酔学会 2017年04月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は23歳男性で、右下顎骨腫瘍に対して全身麻酔下の摘出を予定した。術前診査時のSpO2は89〜90%と低値を示した。入院後に血液ガス分析を施行した、SaO2が97.9%、PaO2が90.5mmHgと正常範囲内であったが、メトヘモグロビン(Met-Hb)、CO-Hbは高値を示し、還元ヘモグロビン(Hb)、酸化Hb、異常Hbの和に対する酸化Hbの割合を算出した分画酸素飽和度(FO2Hb)の値は91.4%で、先天性Met-Hb血症と診断した。フェンタニルクエン酸塩、プロポフォール、ロクロニウム塩酸塩臭化物により麻酔導入した。麻酔維持は空気、酸素、デスフルラン、レミフェンタニル塩酸塩の持続投与で行った。局所麻酔薬として、16万倍アドレナリン含有2%リドカインを使用した。術中を通してMet-HbおよびFO2Hbは、概ね術前値と変化なかった。抜管後および帰室後も特記すべき事項はなかった。
  • Kyoko Hida, Nako Maishi, Dorcas Akuba Muhyia Annan, Miyako Kondoh, Takayuki Hojo, Umma Habiba, Noritaka Ohga, Kosuke Ishikawa, Masumi Sato, Chisaho Torii, Misa Yanagiya, Masahiro Morimoto, Yasuhiro Hida, Masanobu Shindoh
    Journal of Oral Biosciences 59 1 50 - 54 2017年02月01日 [査読無し][通常論文]
     
    © 2016 Japanese Association for Oral Biology Objectives We have previously reported that tumor endothelial cells (TECs) are chromosomally abnormal. It is generally known that immortalized cells have chromosomal abnormalities. In this study, our objective was to compare chromosomal properties of an immortalized normal endothelial cell (NEC) line, MS1, and those of TECs, to assess the possible usefulness of MS1 cells as a surrogate for TECs, which have some experimental intractability as primary cultured endothelial cells. Methods Primary cultured NECs were isolated from murine dermis tissue. Fluorescence in situ hybridization was performed to analyze aneuploidy in MS1 cells and NECs. DNA damage response (DDR) activation was analyzed by γH2AX staining. We also tested the involvement of reactive oxygen species (ROS) in the chromosomal abnormalities of MS1 cells. Results MS1 cells showed a higher rate of aneuploidy than NECs did (91.6% versus 7.6%). A DDR was activated to a greater extent in MS1 cells than in NECs, judging by H2AX phosphorylation. ROS induced H2AX activation in MS1 cells, suggesting that ROS are involved in their DDR. Conclusion MS1 cells are aneuploid and activate H2AX to a greater extent than NECs do. MS1 cells resemble TECs in terms of the proliferative phenotype and aneuploidy. Thus, MS1 may be a good cell line for studies on the relation between chromosomal instability and a DDR in nonmalignant cells.
  • Eri Hamaya, Makiko Shibuya, Yukifumi Kimura, Takayuki Hojo, Toshiaki Fujisawa
    Journal of Japanese Dental Society of Anesthesiology 45 202 - 204 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    We report the anesthetic management of a patient who was diagnosed as having congenital methemoglobinemia after a low percutaneous arterial oxygen saturation (SpO2) was detected during a preoperative examination. A 23-year-old man was scheduled to undergo the resection of a mandibular tumor under general anesthesia During a preoperative examination, his SpO2was 89-90%. His family history indicated that his sister and brother had low Spc>2 levels. His methemoglobin level, as measured using co-oximetry, was 3.5% (normal level: within 1%). Therefore, he was preoperatively diagnosed as having congenital methemoglobinemia General anesthesia was induced after ensuring that his methemoglobin level had not changed from its preoperative value. After the administration of lidocaine as a local anesthesia, his methemoglobin level remained nearly unchanged. During anesthesia, his methemoglobin level and fractional hemoglobin saturation were around 3.0% and 92-93%, respectively. Methylene blue and ascorbic acid were prepared in advance, but no events occurred that required their use. In most previously reported cases, congenital methemoglobinemia was discovered after admission to the operating room. In these cases, the required therapeutic drugs, such as methylene blue and ascorbic acid, could not be prepared immediately because methylene blue, for example, can be dispensed only when needed and ascorbic acid is not usually available in operating rooms. Therefore, measuring SpO2 during preoperative examinations is important for screening for congenital methemoglobinemia and for enabling safe anesthetic management countermeasures to be adopted in advance, such as the selection of appropriate medicines to prevent the aggravation of methemoglobinemia and the preparation of therapeutic drugs.
  • Kyoko Hida, Nako Maishi, Taisuke Kawamoto, Kosuke Akiyama, Noritaka Ohga, Yasuhiro Hida, Kenji Yamada, Takayuki Hojo, Hiroshi Kikuchi, Masumi Sato, Chisaho Torii, Nobuo Shinohara, Masanobu Shindoh
    PATHOLOGY INTERNATIONAL 66 12 687 - 694 2016年12月 [査読有り][通常論文]
     
    It has been described that tumor progression has many similarities to inflammation and wound healing in terms of the signaling processes involved. Among biological responses, angiogenesis, which is necessary for tumor progression and metastasis, is a common hallmark; therefore, tumor blood vessels have been considered as important therapeutic targets in anticancer therapy. We focused on pentraxin 3 (PTX3), which is a marker of cancer-related inflammation, but we found no reports on its expression and function in tumor blood vessels. Here we showed that PTX3 is expressed inmouse and human tumor blood vessels based on immunohistochemical analysis. We found that PTX3 is upregulated in primary mouse and human tumor endothelial cells compared to normal endothelial cells. We also showed that PTX3 plays an important role in the proliferation of the tumor endothelial cells. These results suggest that PTX3 is an important target for antiangiogenic therapy.
  • ROSによるbiglycan発現誘導を介した腫瘍血管内皮細胞の血管新生能亢進
    北條 敬之, 間石 奈湖, Alam Mohammad T., 秋山 廣輔, 大賀 則孝, 進藤 正信, 樋田 泰浩, 藤澤 俊明, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 74回 P - 3106 2015年10月 [査読有り][通常論文]
  • 北條 敬之, 岩本 理恵, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 43 1 48 - 50 (一社)日本歯科麻酔学会 2015年01月 [査読無し][通常論文]
     
    60歳女。メチルパラベン無添加のリドカイン使用下に抜歯を施行した。その後、陰部に鎮痒掻薬であるメンソレータムフレディを貼付したところ、同部の著しい腫脹が生じた。さらに、左鼻出血を主訴に受診した。局所麻酔(キシロカイン液「4%」にて表面麻酔後、キシロカイン注射液「0.5%」エビレナミン(1:100000)含有を1ml局注)下に止血処置を受け、少なくとも数時間後に左口唇およびオトガイ部に著しい腫瘍と発赤が生じた。リドカインアレルギーと診断した。歯周病に対する処置のため局所麻酔が必要となった。パッチテストを施行し、リドカインの遅延型アレルギーを強く疑った。1%プロカインやアドレナリン10万倍希釈液を用いた局研麻酔下に歯科治療を行い、アレルギー症状の出現なく経過している。
  • 口腔扁平上皮癌における新規予後因子としてのVasohibin-1
    鳥居 ちさほ, 大賀 則孝, 秋山 廣輔, 間石 奈湖, 北條 敬之, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 北川 善正, 鄭 漢忠, 樋田 泰浩, 進藤 正信, 松野 吉宏, 佐藤 靖史, 樋田 京子
    日本病理学会会誌 103 1 281 - 281 (一社)日本病理学会 2014年03月 [査読有り][通常論文]
  • 岩本 理恵, 北條 敬之, 渋谷 真希子, 木村 幸文, 亀倉 更人, 藤澤 俊明
    北海道歯学雑誌 34 2 114 - 119 北海道歯学会 2014年03月 [査読無し][通常論文]
     
    最近5年間(2007〜2011年)に局所麻酔薬アレルギーを懸念して当科を受診した患者を対象に、受診のきっかけとなったエピソード・考えられる原因、皮膚テスト施行の有無、今後の歯科用キシロカインカートリッジ使用の可否判断等について過去の当科における同様の検討結果(1989〜1993年)との比較を交え解析し、以下の結論を得た。1.当該患者数の全受診者数に対する割合は、今回は0.32%(13/4083)であり、前回の3.5%(54/1545)と比較して大幅に減少した。依頼医における局所麻酔薬アレルギーと他の偶発症との鑑別能力の向上がその一因と推察した。2.皮膚テストを行った症例数は、今回2症例であり、前回の39症例と比較して大幅に減少した。これは2004年の厚生労働省からの抗菌薬皮内テストに関する指示が出され、当院でも局所麻酔薬も含め皮内テストを極力行なわない方針になったためと思われる。3.医療面接や検査の結果ならびにアレルギー防止の観点からみて歯科用キシロカインカートリッジが使用可能と判断した症例の割合は、今回は82%(9/11)であり、前回の61%(27/44)と比較して増加した。2005年より歯科用キシロカインカートリッジへのパラベン添加が取りやめになったことが大きな要因と思われ、この結果は依頼元の歯科医師および患者にとって治療遂行上、有益と思われた。4.エピソードの原因については、判断困難とした1症例を除き、アナフィラキシーとの鑑別は比較的容易であった。しかし、リドカインのように抗原性の著しく低い薬物でも、アナフィラキシーを発症する危険性が皆無ではなく、全ての薬物においてその使用にあたっては、十分な医療面接に加えて、ショック等に対する救急処置を行うことが出来る体制整備を怠らないことが重要である。(著者抄録)
  • 低酸素・低栄養環境によるROSの蓄積が及ぼすTECへの影響(Proangiogenic phenotype of TEC induced by ROS generation under hypoxia and starvation)
    北條 敬之, 間石 奈湖, 秋山 廣輔, 大賀 則孝, 近藤 美弥子, 大村 瞳, 進藤 正信, 藤澤 俊明, 樋田 泰浩, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 72回 317 - 317 2013年10月 [査読有り][通常論文]
  • 口腔扁平上皮癌における新規予後因子Vasohibin-1の発現解析(Vasohibin-1 as a novel prognostic factor in oral squamous cell carcinoma)
    鳥居 ちさほ, 大賀 則孝, 秋山 廣輔, 間石 奈湖, 北條 敬之, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 鄭 漢忠, 樋田 泰浩, 進藤 正信, 佐藤 靖史, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 72回 414 - 414 2013年10月 [査読有り][通常論文]
  • ベンゾジアゼピン系薬剤長期内服患者に対する静脈内鎮静法管理時のプロポフォール投与量についての検討
    宮田 一生, 樋渡 卓也, 岩本 理恵, 北條 敬之, 新田 幸絵, 詫間 滋, 渋谷 真希子, 木村 幸文, 亀倉 更人, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 41 4 508 - 508 (一社)日本歯科麻酔学会 2013年09月 [査読無し][通常論文]

講演・口頭発表等

  • CAIIは腫瘍血管内皮細胞の増殖に重要である(Carbonic anhydrase 2(CAII) is essential for tumor endothelial cell proliferation)  [通常講演]
    間石 奈湖, Annan Dorcas A., 曽我 朋義, ダウィード・ランダ, Li Cong, 菊地 央, 北條 敬之, 森本 真弘, 北村 哲也, アラン・モハメド, 篠原 信雄, 樋田 泰浩, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 2019年09月 日本癌学会
  • 重度精神遅滞により眼圧以外の情報が得られない緑内障患者の全身麻酔管理経験  [通常講演]
    岩本 理恵, 北條 敬之, 詫間 滋, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2019年09月 (一社)日本歯科麻酔学会
  • 先天性オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症患者に対する静脈内鎮静法による管理経験  [通常講演]
    若菜 慶一郎, 詫間 滋, 北條 敬之, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2018年09月 (一社)日本歯科麻酔学会
  • 24時間のアンジオテンシン受容体拮抗薬の休薬では導入時の難治性低血圧を避けられなかった1例  [通常講演]
    北條 敬之, 渋谷 真希子, 木村 幸文, 大塚 祐輝, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2018年09月 (一社)日本歯科麻酔学会
  • 若菜慶一郎, 詫間滋, 北條敬之, 藤澤俊明
    北海道臨床歯科麻酔学会プログラム・抄録集 2018年
  • 北條敬之, 渋谷真希子, 木村幸文, 藤澤俊明
    北海道臨床歯科麻酔学会プログラム・抄録集 2018年
  • メトヘモグロビン血症の回復評価に静脈血ガス分析を用いた一例  [通常講演]
    橋本 圭司, 詫間 滋, 長谷 由理, 北條 敬之, 木村 幸文, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2017年09月
  • Emery-Dreifuss型筋ジストロフィーによる二次性心筋症を有する心移植待機患者の抜歯時の全身管理経験  [通常講演]
    木村 幸文, 北條 敬之, 岩本 理恵, 石川 恵美, 渋谷 真希子, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2017年09月
  • プリロカインとニトログリセリンの併用が原因と考えられたメトヘモグロビン血症の1例  [通常講演]
    北條 敬之, 木村 幸文, 藤澤 俊明
    日本臨床麻酔学会誌 2016年10月
  • 恒久的ペースメーカーの植込みが行われていない高度房室ブロックを有するNoonan症候群患者の全身麻酔経験  [通常講演]
    石川 恵美, 渋谷 真希子, 北條 敬之, 木村 幸文, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2016年09月
  • 術前診察で先天性メトヘモグロビン血症が判明した患者の全身麻酔管理経験  [通常講演]
    浜谷 絵里, 渋谷 真希子, 木村 幸文, 北條 敬之, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2016年09月
  • ROSによるbiglycan発現誘導を介した腫瘍血管内皮細胞の血管新生能亢進  [通常講演]
    北條 敬之, 間石 奈湖, Alam Mohammad T, 秋山 廣輔, 大賀 則孝, 進藤 正信, 樋田 泰浩, 藤澤 俊明, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 2015年10月
  • 全身麻酔下歯科治療後に肺炎を発症したレット症候群患者の1例  [通常講演]
    亀倉 更人, 北條 敬之, 新田 幸絵, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2014年09月
  • 鳥居ちさほ, 鳥居ちさほ, 大賀則孝, 大賀則孝, 秋山廣輔, 間石奈湖, 北條敬之, 大廣洋一, 小野貢伸, 戸塚靖則, 北川善正, 鄭漢忠, 樋田泰浩, 進藤正信, 松野吉宏, 佐藤靖史, 樋田京子
    日本病理学会会誌 2014年03月
  • 口腔扁平上皮癌における新規予後因子としてのVasohibin-1  [通常講演]
    鳥居 ちさほ, 大賀 則孝, 秋山 廣輔, 間石 奈湖, 北條 敬之, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 北川 善正, 鄭 漢忠, 樋田 泰浩, 進藤 正信, 松野 吉宏, 佐藤 靖史, 樋田 京子
    日本病理学会会誌 2014年03月
  • 口腔扁平上皮癌における新規予後因子Vasohibin-1の発現解析(Vasohibin-1 as a novel prognostic factor in oral squamous cell carcinoma)  [通常講演]
    鳥居 ちさほ, 大賀 則孝, 秋山 廣輔, 間石 奈湖, 北條 敬之, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 鄭 漢忠, 樋田 泰浩, 進藤 正信, 佐藤 靖史, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 2013年10月
  • 低酸素・低栄養環境によるROSの蓄積が及ぼすTECへの影響(Proangiogenic phenotype of TEC induced by ROS generation under hypoxia and starvation)  [通常講演]
    北條 敬之, 間石 奈湖, 秋山 廣輔, 大賀 則孝, 近藤 美弥子, 大村 瞳, 進藤 正信, 藤澤 俊明, 樋田 泰浩, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 2013年10月
  • ベンゾジアゼピン系薬剤長期内服患者に対する静脈内鎮静法管理時のプロポフォール投与量についての検討  [通常講演]
    宮田 一生, 樋渡 卓也, 岩本 理恵, 北條 敬之, 新田 幸絵, 詫間 滋, 渋谷 真希子, 木村 幸文, 亀倉 更人, 藤澤 俊明
    日本歯科麻酔学会雑誌 2013年09月
  • 北條敬之, 間石奈湖, 秋山廣輔, 大賀則孝, 近藤美弥子, 角谷瞳, 進藤正信, 樋田泰浩, 藤澤俊明, 樋田京子
    日本血管生物医学会学術集会プログラム・抄録集 2013年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 腫瘍血管の異常性獲得に乳酸アシドーシスが及ぼす影響の検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 北條 敬之
  • 活性酸素種の制御による腫瘍血管新生阻害の検討
    文部科学省:科学研究費基金(若手研究(B))
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 北條 敬之

教育活動情報

主要な担当授業

  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 歯科周術期管理学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 全身管理,有病者,精神鎮静法
  • 歯科周術期管理学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 全身管理,有病者,精神鎮静法
  • 歯科周術期管理学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 全身管理,有病者,高齢者,精神鎮静法,諸機能の回復
  • 歯科周術期管理学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 全身管理,有病者,高齢者,精神鎮静法,諸機能の回復
  • 歯科侵襲生体反応解析学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科侵襲,生体反応,全身管理
  • 歯科侵襲生体反応解析学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科侵襲,生体反応,全身管理
  • 歯科侵襲生体反応防御学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科侵襲,生体反応,全身管理
  • 歯科侵襲生体反応防御学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科侵襲,生体反応,全身管理
  • 歯科麻酔学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 「全身麻酔」、「精神鎮静法」、「局所麻酔法」、「患者監視」、「歯科周術期管理」、「ペインクリニック」、「救命処置」
  • 歯科麻酔学臨床実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 「局所麻酔法」、「局所麻酔時の偶発症対応」、「バイタルサイン」、「モニター」、「亜酸化窒素(笑気)吸入鎮静法」、「一次救命処置」、「BLS」
  • 歯科麻酔学臨床実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : [歯科周術期管理]、[バイタルサイン]、[精神的・全身的管理]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.