研究者データベース

杉山 慎(スギヤマ シン)
低温科学研究所 雪氷新領域部門
教授

基本情報

通称等の別名

    SS004911

所属

  • 低温科学研究所 雪氷新領域部門

職名

    教授

メールアドレス

    eメール:    sugishin@lowtem.hokudai.ac.jp

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 20421951

ORCID ID

  • 0000-0001-5323-9558

プロフィール

  • パタゴニア、南極、グリーンランドなどを舞台に、氷河氷床に関する物理現象と変動メカニズムの解明に取り組んでいます。GPSや気象測器を用いた氷河上での観測の他、熱水掘削という技術を使って氷河底面での観測を進めています。教育面では、毎年スイスの氷河で大学院実習を実施するなど、次世代の極地研究者を育成する「国際南極大学」プロジェクトに従事しています。

研究キーワード

  • グリーンランド   北極   氷河   氷床   南極   パタゴニア   雪氷学   

研究分野

  • 環境学 / 環境動態解析
  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学

職歴

  • 2017年04月 - 現在  北海道大学低温科学研究所教授
  • 2014年02月 - 2017年03月  北海道大学低温科学研究所准教授
  • 2005年10月 - 2014年01月  北海道大学 低温科学研究所講師
  • 2003年04月 - 2005年09月  スイス連邦工科大学研究員
  • 1997年09月 - 1999年12月  青年海外協力隊ザンビア共和国 理数科教師
  • 1993年04月 - 1997年08月  信越化学工業 精密機能材料研究所研究員

学歴

  • 2000年04月 - 2003年03月   北海道大学大学院   地球環境科学研究科
  • 1991年04月 - 1993年03月   大阪大学大学院   基礎工学研究科   物性物理工学科
  • 1987年04月 - 1991年03月   大阪大学   基礎工学部   物性物理工学科

所属学協会

  • 日本雪氷学会   米国地球物理連合   国際雪氷学会   欧州地球科学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 低温環境の科学事典
    河村公隆 他編 (担当:分担執筆)
    朝倉書店 2016年07月
  • 低温科学便覧 
    北海道大学低温科学研究所編 (担当:分担執筆範囲:第5章氷河)
    丸善出版 2015年10月
  • なぞの宝庫・南極大陸 100万年前の地球を読む
    飯塚芳徳・澤柿教伸・杉山慎・的場澄人 ()
    技術評論社 2008年
  • 地球惑星科学入門
    在田一則・竹下徹・見延庄士郎・渡部重十編著 (担当:分担執筆範囲:第27章氷河と氷河時代)
    北海道大学出版会 2010年

講演・口頭発表等

  • Mass loss of the Antarctic ice sheet under the influence of ice-ocean interaction  [招待講演]
    杉山 慎
    日本地球惑星科学連合2019年大会 2019年05月
  • Glacier change, ice-ocean interaction, and their impacts on human society in Qaanaaq, northwestern Greenland  [通常講演]
    Shin Sugiyama
    IASC Workshop on the dynamicsand mass budget of Arctic glaciersand mass budget of Arctic glaciers& proglacial marine ecosystems& proglacial marine e 2019年01月
  • Changing Natural Environment and its Impact on Human Society in Greenland  [招待講演]
    SUGIYAMA Shin
    International Law for Sustainability in Arctic Resource Development:Integrating economic, social, environmental and scientific dimensions 2018年12月
  • Hot water drilling at Langhovde Glacier, East Antarctica  [通常講演]
    Sugiyama S., Minowa, M., Masato, I., Yamane, S., Aoki, S., Tamura, T.
    GRAntarctic-NIPR Joint International Symposium on Ice-Ocean Interaction 2018年12月
  • Hot water drilling and subshelf measurements at Langhovde Glacier, East Antarctica  [通常講演]
    Shin Sugiyama, Masahiro Minowa, Masato Ito, Shiori Yamane, Shigeru Aoki, Takeshi Tamura
    日本地球惑星科学連合2018年大会 2018年05月
  • 南極ラングホブデ氷河における熱水掘削  [通常講演]
    杉山慎、箕輪昌紘、伊藤優人、山根志織
    雪氷学会北海道支部研究発表会 2018年05月
  • Coastal environment change and its impact on human society in northwestern Greenland  [招待講演]
    Shin Sugiyama
    JSPS Japan-Norway Symposium 2017年06月
  • Cryosphere - Greenland Ice Cap and Baffin Bay  [招待講演]
    杉山 慎
    IMBeR, Arctic Continental Margins Workshop 2017年03月
  • Calving front of Grey Glacier in Patagonia is protruding into water under the lake surface  [通常講演]
    Shin Sugiyama, Masahiro Minowa, Marius Schaefer
    International Symposium on the Cryosphere in a Changing Climate 2017年02月
  • Mass loss of outlet glaciers and ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland  [通常講演]
    Shin Sugiyama, Shun Tsutaki, Daiki Sakakibara, Evgeny Podolskiy, Masahiro Minowa, Yoshihiko Ohashi, Martin Funk, Guillaume Jouvet, Julien Seguinot, Yvo Weidmann, Riccardo Genco
    Workshop on the Dynamics and Mass Budget of Arctic Glaciers & the IASC Network on Arctic Glaciology Annual Meeting 2017年01月
  • Recent ice mass loss of outlet glaciers and ice caps in the Qaanaaq region, northwestern Greenland  [通常講演]
    Sugiyama, S. S. Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, Y. Ohashi, M. Maruyama, N. Katayama, E.Podolskiy, M. Minowa, S. Matsuno, T. Sawagaki, S. Matoba, M. Funk, R. Genco, H. Enomoto
    AGU fall meeting 2016年12月
  • The ice sheet/glacier-ocean interaction in Greenland  [招待講演]
    Shin Sugiyama
    Arctic Circle Assembly 2016 2016年10月
  • Ice mass loss in northwestern Greenland  [招待講演]
    Shin Sugiyama
    Japan-Norway Arctic Science & Innovation Week 2016 2016年06月
  • Glacier dynamics near the calving front of Bowdoin Glacier, northwestern Greenland  [通常講演]
    S. Sugiyama, S. Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, M. Maruyama, N. Katayama, T. Sawagaki, M. Funk, A. Bauder
    IGS International Symposium on Contemporary Ice-Sheet Dynamics 2015年08月
  • Glacier dynamics near the calving front of Bowdoin Glacier, northwestern Greenland  [通常講演]
    S. Sugiyama, S. Tsutaki, D. Sakakibara, J. Saito, M. Maruyama, N. Katayama, T. Sawagaki, M. Funk and A. Bauder
    The Arctic Science Summit Week 2015 (ISAR-4/ICARP-III) 2015年04月
  • Thermal structures of proglacial lakes in the Southern Patagonia Icefield  [通常講演]
    Sugiyama, S., M. Minowa, D. Sakakibara, Y. Ohashi, P. Skvarca, T. Sawagaki, N. Naito
    International Symposium on Contribution of Glaciers and Ice Sheets to Sea Level Change 2014年05月
  • Exploring Antarctic subglacial environment using hot water drilling  [通常講演]
    Sugiyama, S., T. Sawagaki, T. Fukuda, S. Aoki and S. Imura
    The 4th Symposium on Polar Science 2013年11月
  • Mass loss of glaciers and ice caps in northwestern Greenland  [通常講演]
    Sugiyama, S., S. Tsutaki, D. Sakakibara, T. Sawagaki, S. Matsuno, M. Minowa, M. Maruyama, J. Saito, S. Matoba and S. Yamaguchi
    The 4th Symposium on Polar Science 2013年11月
  • Warm water and life beneath the grounding zone of an Antarctic outlet glacier  [通常講演]
    Sugiyama, S., T. Sawagaki, T. Fukuda, S. Aoki
    European Geosciences Union 2013年04月
  • Ice mass loss in northwestern Greenland  [通常講演]
    Sugiyama, S. Matoba, S. Yamaguchi, D. Sakakibara and S. Matsuno
    3rd International Symposium on Arctic Research 2013年01月
  • Hot water drilling and measurements beneath the grounding zone of Langhovde Glacier, East Antarctica  [通常講演]
    Sugiyama, S, T. Sawagaki and T. Fukuda
    3rd Symposium on Polar Science 2012年11月
  • Hot water drilling and subglacial measurements at the floating tongue of Langhovde Glacier, East Antarctica  [通常講演]
    Sugiyama, S, T. Sawagaki and T. Fukuda
    26th International Forum for Research into Ice Shelf Processes 2012年06月
  • Hot water drilling and subglacial observations at the floating tongue of Langhovde Glacier, East Antarctica  [通常講演]
    Sugiyama, S, T. Sawagaki and T. Fukuda
    International Symposium on Glaciers and Ice 2012年06月
  • Calving glacier dynamics controlled by subglacial water pressure close to ice overburden pressure in Glaciar Perito Moreno, Patagoniaa  [通常講演]
    Sugiyama, S. P. Skvarca, N. Naito, H. Enomoto, K. Tone, S. Tsutaki, S. Marinsek, M. Aniya
    European Geosciences Union General Assembly 2011年04月
  • Calving Glacier Dynamics Controlled by Small Fluctuations in Subglacial Water Pressure Revealed by Hot Water Drilling in Glaciar Perito Moreno, Patagonia  [通常講演]
    Sugiyama, S. P. Skvarca, N. Naito, H. Enomoto, K. Tone, S. Tsutaki, M. Aniya
    American Geophysical Union Annual Fall Meeting 2010年12月
  • Snow density and dielectric constant measurements along the traverse route of the Japanese-Swedish Antarctic Expedition 2007-2008  [通常講演]
    Sugiyama, S., H. Enomoto and S. Fujita
    International Symposium on Glaciology in the International Polar Year 2009年07月
  • Modelling the flow regime of the Antarctic drainage system from Dome F to Shirase Glacier  [通常講演]
    Sugiyama, S., R. Greve, T. Zwinger, H. Seddik
    American Geophysical Union Annual Fall Meeting 2008年12月
  • Sideways ice motion during speed-up events in Gornergletscher, Switzerland  [通常講演]
    Sugiyama, S., A. Bauder and M. Funk
    International Symposium on Dynamics in Glaciology 2008年08月
  • Evolution of Rhonegletscher in Switzerland over the past 125 years and in the future  [通常講演]
    Sugiyama, S., C. Zahno, A. Bauder and M. Funk
    International Symposium on Cryospheric Indicators of Global Climate Change 2006年08月
  • Evolution of Rhonegletscher in Switzerland over the past 125 years and in the future: application of an improved flowline model  [通常講演]
    Sugiyama, S., C. Zahno, A. Bauder and M. Funk
    1st Asia CliC Symposium 2006年04月
  • Glacier dynamics during the outburst flood of a glacier dammed lake on Gornergletscher, Switzerland  [通常講演]
    Sugiyama, S., M. Funk, B. Mueller, A. Bauder, U. H. Fischer, P. Weiss, M. Huss, N. Deichmann and H. Blatter
    European Geosciences Union General Assembly 2005年04月
  • Laboratory experiment of basal siding  [通常講演]
    Sugiyama, S. and R. Naruse
    European Geosciences Union General Assembly 2004年04月

作品等

その他活動・業績

受賞

  • 2019年05月 日本雪氷学会 北海道支部 北海道雪氷賞(北の六華賞)
     南極ラングホブデ氷河における熱水掘削 
    受賞者: 杉山 慎
  • 2015年03月 北海道大学 教育総長奨励賞
     
    受賞者: 杉山 慎
  • 2013年09月 社団法人日本雪氷学会 学術賞
     氷河・氷床の底面動力学プロセスの研究 
    受賞者: 杉山 慎
  • 2011年 社団法人日本雪氷学会 2011年度 論文賞
     日本

競争的資金等の研究課題

  • パタゴニアにおけるカービング氷河末端と湖との相互作用
    日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤B・海外学術)
    研究期間 : 2016年04月 -2020年03月 
    代表者 : 杉山 慎
  • カービング氷河末端における氷融解量の直接測定
    日本学術振興会:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 杉山 慎
  • 東南極ラングホブデ氷河における熱水掘削
    国立極地研究所:南極地域観測第8期一般研究観測
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 杉山 慎
  • 南極沿岸における溢流氷河の短期流動変化
    日本学術振興会:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2011年 -2014年 
    代表者 : 杉山 慎
  • カービング氷河の急激な後退に氷河流動が果たす役割
    日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究B)
    研究期間 : 2011年 -2015年 
    代表者 : 杉山 慎
  • 氷河湖の形成に起因した氷河後退メカニズムの解明
    日本学術振興会:科学研究費補助金(基盤研究C)
    研究期間 : 2008年 -2011年 
    代表者 : 杉山 慎
  • 高精度氷河変動モデルの構築
    日本学術振興会:科学研究費補助金(若手研究)
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 杉山 慎

教育活動情報

主要な担当授業

  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):南極学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 極域、南極、北極、海氷、氷床、大気、海洋、気候システム、生態系、南極観測、南極条約
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 北極、地球観測
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):南極学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 氷河、雪、氷、凍土、気象、アルプス、山岳、環境科学
  • 地球雪氷学実習Ⅰ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 雪氷、氷河、凍土、野外観測手法、データ解析 snow and ice, glacier, permafrost, field work, data analysis
  • 地球雪氷学実習Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 野外観測、降雪、積雪、気象、水文 field observation, snowfall, snow pack, climate, hydrology
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):南極学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 野外調査、氷、雪、気象、山岳、ロープ、高山病、低体温症、救命法
  • 氷河・氷床学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 氷河、氷床、地球環境、雪、氷、永久凍土、古環境 glacier, ice sheet, earth environment, snow, ice, permafrost, paleoenvironment
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):南極学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 雪、氷、氷河、海氷、気象、南極、北極、海洋、生物、プランクトン、オキアミ
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):南極学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 野外観測、降雪、積雪、気象、水文
  • 地球雪氷学基礎論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 雪、氷、極地 snow, ice, polar regions
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : Polar regions, the Antarctic, the Arctic, sea ice, ice sheet, atmosphere, ocean, climate system, ecosystem, Antarctic expeditions, Antarctic treaty
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 雪、氷、氷河、海氷、気象、南極、北極、海洋、生物、プランクトン、オキアミ
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 南極、雪氷学、地球環境学、氷床、アイスコア、気象、海洋、海氷

大学運営

委員歴

  • 2017年 - 現在   日本雪氷学会   学術委員
  • 2015年 -2017年   International Glaciological Society   Vice President
  • 2015年 -2016年   文部科学省   北極研究戦略委員会 委員
  • 2014年 - 現在   日本学術会議   地球惑星科学委員会国際対応分科会SCAR小委員会委員
  • 2013年 - 現在   International Arctic Science Committee   Cryosphere WG member
  • 2012年03月 - 現在   日本学術会議   地球惑星科学委員会IUGG分科会IACS小委員会委員
  • 2012年 -2017年   北極環境研究コンソーシアム   運営委員
  • 2010年 -2014年   日本雪氷学会 極地雪氷分科会   幹事長
  • 2009年 -2013年   Bulletin of Glaciological Research   編集委員
  • 2007年 - 現在   国立極地研究所   気水圏専門部会委員
  • 2008年 -2014年   日本雪氷学会   事業委員   日本雪氷学会
  • 2008年 -2012年   日本雪氷学会   学術委員   日本雪氷学会
  • 2009年 -2011年   日本雪氷学会 北海道支部   庶務担当理事
  • 2006年 -2010年   日本雪氷学会 氷河情報センター   財務幹事

社会貢献

  • 南極氷床 ―地球最大の氷のかたまり-
    期間 : 2019年05月27日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 日本地球惑星科学連合
    イベント・番組・新聞雑誌名 : JPGU2019ショートセミナー
  • ARCTIC LIFE 〜極北の狩⼈と雪氷学者を囲んで
    期間 : 2019年02月23日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : ⽇本科学未来館、北海道⼤学低温科学研究所、北極域研究推進プロジェクト(ArCS)
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 日本科学未来館トークセッション
  • グリーンランドの自然環境と狩猟文化
    期間 : 2019年02月17日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 紋別市
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 第34回北方圏国際シンポジウム
  • グリーンランドの自然環境
    期間 : 2019年02月15日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 北海道大学・低温科学研究所、アイヌ・先住民研究センター、北極域研究センター ・ArCSプロジェクト
    イベント・番組・新聞雑誌名 : グリーンランドとアイヌの狩猟文化:環境保全と文化継承の取り組みから
  • 雪について調べてみよう
    期間 : 2019年02月12日
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 札幌市立大倉山小学校
  • 立命館慶祥SSH 国際交流研究室訪問
    期間 : 2019年02月05日
    役割 : 講師
    種別 : 施設一般公開
    主催者・発行元 : 立命館慶祥高等学校
  • グリーンランド  ―自然環境の変化とその人間生活への影響―
    期間 : 2018年12月15日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 日本科学未来館、北極域研究推進プロジェクト(ArCS)
    イベント・番組・新聞雑誌名 : トークセッション「どうなる? 北極 ~人と自然が織りなす北の叙事詩」
  • 波乱の北極カメラ回収
    期間 : 2018年09月30日
    役割 : 取材協力;助言・指導;情報提供
    種別 : テレビ・ラジオ番組
    主催者・発行元 : 日本テレビ 所さんの目がテン!
  • サイエンススクール ~五感で感じる南極体験~
    期間 : 2018年08月17日
    役割 : 講師
    種別 : セミナー・ワークショップ
    主催者・発行元 : KDDI、北海道大学
  • 氷河 ─地球を彩る氷─
    期間 : 2017年10月31日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 北海道立女性プラザ
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 平成29年度第2期女性大学
  • 圧巻!極北の大瀑布 ノルウェースバールバル諸島
    期間 : 2017年10月21日
    役割 : 助言・指導
    種別 : テレビ・ラジオ番組
    主催者・発行元 : NHK
    イベント・番組・新聞雑誌名 : グレートネイチャー
  • ののちゃんdo科学「氷山と流氷」
    期間 : 2017年10月14日
    役割 : 情報提供
    種別 : 新聞・雑誌
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 朝日新聞
  • ~グリーンランドの科学~
    期間 : 2017年07月 - 2017年09月
    役割 : 出演;助言・指導;情報提供
    種別 : テレビ・ラジオ番組
    主催者・発行元 : 日本テレビ
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 所さんの目がテン!
  • 南極氷床 -地球最大の氷のかたまり―
    期間 : 2017年05月22日 - 2017年05月22日
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 立命館慶祥高等学校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : SSH特別授業「サイエンスチャージ」
  • 科学の扉「極地の氷消える時」
    期間 : 2017年05月07日
    役割 : 情報提供
    種別 : 新聞・雑誌
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 朝日新聞
  • 「雪について調べよう」
    期間 : 2017年02月01日
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 札幌市立大倉山小学校
  • グリーンランドをめぐる「音楽」・「冒険」・「サイエンス」
    期間 : 2016年11月07日
    役割 : 司会;企画
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 低温科学研究所、北極域研究センター、MUSIC PLANT
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 北海道大学サステナビリティウィーク
  • グリーンランド氷床 北極最大の氷のかたまりに何が起きているか
    期間 : 2016年10月02日
    役割 : パネリスト;講師
    種別 : 講演会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 雪氷研究大会公開講演会「極地からの緊急報告! 温暖化がすすむ南極とグリーンランドに迫る」
  • 氷河氷床 地球の氷に何が起きているのか?
    期間 : 2016年09月26日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 低温科学研究所公開講座「広がる低温の魅力 低温科学の最前線」
  • GRENEプロジェクト 公開講演会
    期間 : 2016年03月05日
    役割 : パネリスト
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 国立極地研究所・JAMSTEC・北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 北極温暖化の実態と影響~何がわかったか、これから何をするのか~
  • ポプラ広場「地球温暖化最前線 スイスアルプスの氷河と地球の未来」
    期間 : 2016年02月18日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 朝日新聞北海道支社、北海道テレビ放送
  • とけてゆくスイス「氷河×光×地球の未来」
    期間 : 2016年02月11日
    役割 : 取材協力
    種別 : テレビ・ラジオ番組
    主催者・発行元 : 北海道テレビ放送
  • 「雪について調べよう」
    期間 : 2016年01月15日
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 大倉山小学校
  • 札幌立命館慶祥高校SSH大学研修
    期間 : 2015年06月13日 - 2015年06月13日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 低温科学研究所・立命館慶祥高校
  • 北海道大学インフォメーションセンター公開展示
    期間 : 2015年03月 - 2015年05月
    役割 : 情報提供;企画
    種別 : 施設一般公開
    主催者・発行元 : 低温科学研究所・北海道テレビ(HTB)
  • 公開講演会 富山に北極がやって来た!
    期間 : 2015年04月26日
    役割 : パネリスト
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 国立極地研究所ほか
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 北極科学サミット週間(Arctic Science Summit Week)
  • ポプラ広場「地球温暖化最前線 南米パタゴニアの氷河と地球の未来」
    期間 : 2015年03月19日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 朝日新聞北海道支社、北海道テレビ放送
  • 「雪について調べよう」
    期間 : 2015年03月09日
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 大倉山小学校
  • 期間 : 2015年02月11日
    役割 : 取材協力
    種別 : テレビ・ラジオ番組
    主催者・発行元 : 北海道テレビ放送
  • 期間 : 2014年09月25日
    役割 : 講師
    種別 : サイエンスカフェ
    主催者・発行元 : 北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 札幌国際芸術祭「北大アーティストカフェ」
  • 期間 : 2014年09月19日
    役割 : 取材協力
    種別 : インターネット
    主催者・発行元 : JST科学技術振興機構
    イベント・番組・新聞雑誌名 : サイエンスチャンネル
  • 旭川西高等学校SSH大学研修
    期間 : 2014年04月24日
    役割 : 講師
    種別 : 施設一般公開
    主催者・発行元 : 低温科学研究所
  • 期間 : 2014年03月15日 - 2014年03月15日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 北極環境研究コンソーシアム/国立極地研究所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 公開講演会「遠くて近い北極 -ここまでわかった温暖化-」
  • 「雪について調べよう」
    期間 : 2014年02月25日
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 大倉山小学校
  • 「地球変動氷点下で探る」
    期間 : 2014年02月06日
    役割 : 取材協力
    種別 : 新聞・雑誌
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 日経新聞
  • 「スペースシップアースの未来 」
    期間 : 2014年01月17日
    役割 : 情報提供
    種別 : テレビ・ラジオ番組
    主催者・発行元 : NHK
  • 「南極・北極の氷床に何が起きているか」
    期間 : 2013年11月26日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 遠友学舎夜学校
  • 「グリーンランドの氷床を探る」
    期間 : 2013年11月12日
    役割 : 報告書執筆
    種別 : 新聞・雑誌
    主催者・発行元 : 朝日新聞
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 北の文化
  • 期間 : 2013年11月04日
    役割 : 取材協力
    種別 : テレビ・ラジオ番組
    主催者・発行元 : 北海道テレビ
  • 「氷の大地グリーンランド -北極最大の氷のかたまりに何が起きているのか-」
    期間 : 2013年11月03日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 北海道テレビ・北海道大学総合博物館・低温科学研究所
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 白夜の北極・グリーンランド展 市民セミナー
  • 「南極氷床 ~氷の底を覗いてみたら~」
    期間 : 2013年08月11日
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 愛媛県総合科学博物館
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 特別展「南極の自然」
  • 「南極氷床」
    期間 : 2013年06月08日
    役割 : 講師
    種別 : 出前授業
    主催者・発行元 : 札幌立命館慶祥高校
    イベント・番組・新聞雑誌名 : スーパーサイエンスハイスクール
  • 期間 : 2013年05月19日
    役割 : 出演;情報提供
    種別 : テレビ・ラジオ番組
    主催者・発行元 : NHK
    イベント・番組・新聞雑誌名 : サイエンスゼロ
  • 「日本隊とスウェーデン隊の南極旅行術」
    期間 : 2012年09月25日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 日本雪氷学会
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 雪氷研究大会 公開シンポジウム「南極の食生活いまむかし」
  • 南極氷床 - 地球でいちばん大きな氷のかたまり」
    期間 : 2012年08月25日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 北海道大学総合博物館
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 南極フロンティア展
  • 氷河氷床と気候変動
    期間 : 2011年11月15日
    役割 : 講師
    種別 : セミナー・ワークショップ
    主催者・発行元 : 札幌管区気象台
  • 宙と陸から観る 氷河・氷床の今
    期間 : 2011年10月30日
    役割 : 講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 北海道大学
    イベント・番組・新聞雑誌名 : GiFT 北海道大学から世界へ未来へ
  • 南極氷床 — 雪と氷の大陸が地球環境に果たす役割 —
    期間 : 2010年10月30日
    役割 : パネリスト;講師
    種別 : 講演会
    主催者・発行元 : 札幌管区気象台、稚内地方気象台
    イベント・番組・新聞雑誌名 : 地球環境シンポジウム 「どう変わる 私たちの住む宗谷 私たちの住む地球 稚内と南極から見つめる地球環境」


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.