研究者データベース

山本 正伸(ヤマモト マサノブ)
地球環境科学研究院 地球圏科学部門 環境変動解析学分野
准教授

基本情報

所属

  • 地球環境科学研究院 地球圏科学部門 環境変動解析学分野

職名

    准教授

学位

  • 博士(理学) (名古屋大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 60332475

ORCID ID

  • 30046747

研究キーワード

  • 古気候学   有機地球化学   古海洋学   

研究分野

  • 地球惑星科学 / 地質学
  • 地球惑星科学 / 岩石・鉱物・鉱床学
  • 地球惑星科学 / 地球宇宙化学
  • 地球惑星科学 / 層位・古生物学

職歴

  • 1988年 - 1995年   工業技術院地質調査所燃料部石炭課 研究員
  • 1995年 - 2000年   工業技術院地質調査所燃料資源部燃料鉱床課 主任研究員
  • 1996年 - 2000年   東北大学大学院理学研究科(連携講座) 助教授
  • 2000年 - 2006年   大学院地球環境科学研究科 助教授
  • 2006年  - 大学院地球環境科学研究院 助教授

学歴

  •         - 1988年   東北大学   理学研究科   博士課程前期地学専攻終了   日本
  •         - 1986年   東北大学   理学部   地学科地学第二   日本

所属学協会

  • 日本地質学会   有機地球化学会   石油技術協会   欧州有機地球化学協会   日本海洋学会   米国地球物理学連合   石油技術協会編集委員   会誌編集委員)   石油技術協会(会誌編集委員)   日本地球化学会(地球化学講座編集委員)   日本地質学会(会誌編集委員)   日本有機地球化学会   日本有機地球化学会(運営委員   有機地球化学研究会運営委員   

研究活動情報

論文

書籍

  • 北極環境研究の長期構想
    北極環境コンソーシアム編 ()
    北極環境コンソーシアム 2014年
  • 地球と宇宙の化学事典
    日本地球化学会編 ()
    朝倉書店 2012年
  • 地球温暖化の科学
    北海道大学大学院環境科学院編 ()
    北海道大学出版会 2007年
  • 有機地球化学
    石渡良志・山本正伸編 ()
    培風館 2004年

その他活動・業績

  • ボルネオでの泥炭コアリング
    山本正伸 PALEO 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 5 1 -13 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • Exp. 353 Indian Monsoon Rainfall (2014/11/29〜2015/1/29、JR)インド夏季モンスーンの復元
    臼井洋一・浦本豪一郎・山本正伸・安藤卓人 J-DESC 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 9 4 -1 2016年04月 [査読無し][通常論文]
  • Steven C. Clemens, Wolfgang Kuhnt, Wolfgang Kuhnt, Leah J. LeVay, Leah J. LeVay, Pallavi Anand, Takuto Ando, Milos Bartol, Clara T. Bolton, Xuan Ding, Karen Gariboldi, Liviu Giosan, Edmund C. Hathorne, Yongsong Huang, Priyank Jaiswal, Sunghan Kim, John B. Kirkpatrick, Kate Littler, Gianluca Marino, Philippe Martinez, Dinesh Naik, Aditya Peketi, Stephen C. Phillips, Marci M. Robinson, Oscar E. Romero, Netramani Sagar, Katie B. Taladay, Samuel N. Taylor, Kaustubh Thirumalai, Goichiro Uramoto, Yoichi Usui, Jiasheng Wang, Masanobu Yamamoto, Liping Zhou Integrated Ocean Drilling Program: Preliminary Reports 1 -46 2015年04月 [査読無し][通常論文]
     
    International Ocean Discovery Program (IODP) Expedition 353 (29 November 2014-29 January 2015) drilled six sites in the Bay of Bengal, recovering 4280 m of sediments during 32.9 days of on-site drilling. Recovery averaged 97%, including coring with the advanced piston corer, half-length advanced piston corer, and extended core barrel systems. The primary objective of Expedition 353 is to reconstruct changes in Indian monsoon circulation since the Miocene at tectonic to centennial timescales. Analysis of the sediment sections recovered will improve our understanding of how monsoonal climates respond to changes in forcing external to the Earth's climate system (i.e., insolation) and changes in forcing internal to the Earth's climate system, including changes in continental ice volume, greenhouse gases, sea level, and the ocean-atmosphere exchange of energy and moisture. All of these mechanisms play critical roles in current and future climate change in monsoonal regions. The primary signal targeted is the exceptionally low salinity surface waters that result, in roughly equal measure, from both direct summer monsoon precipitation to the Bay of Bengal and runoff from the numerous large river basins that drain into the Bay of Bengal. Changes in rainfall and surface ocean salinity are captured and preserved in a number of chemical, physical, isotopic, and biological components of sediments deposited in the Bay of Bengal. Expedition 353 sites are strategically located in key regions where these signals are the strongest and best preserved. Salinity changes at IODP Sites U1445 and U1446 (northeast Indian margin) result from direct precipitation as well as runoff from the Ganges-Brahmaputra river complex and the many river basins of peninsular India. Salinity changes at IODP Sites U1447 and U1448 (Andaman Sea) result from direct precipitation and runoff from the Irrawaddy and Sal-ween river basins. IODP Site U1443 (Ninetyeast Ridge) is an open-ocean site with a modern surface water salinity very near the global mean but is documented to have recorded changes in monsoonal circulation over orbital to tectonic timescales. This site serves as an anchor for establishing the extent to which the north to south (19°N to 5°N) salinity gradient changes over time.
  • 後期更新世のグレートベースン湖の形成は熱帯由来の降雨が原因:太平洋および米国西部の水循環
    山本正伸 サイエンス誌に載った日本人研究者2012 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 45 -45 2013年04月 [査読無し][通常論文]
  • Chen Min-Te, Yamamoto Masanobu, Sun Youbin, Turney Chris JOURNAL OF QUATERNARY SCIENCE 27 (9) 865 2012年12月 [査読有り][通常論文]
  • Latent 1,500-year climate oscillation in the Holocene,
    Yamamoto, M. PAGES news, 20, 2, 66-67. 20 66 -67 2012年12月 [査読有り][招待論文]
  • 公文 富士夫, 山本 正伸, 長橋 良隆, 青池 寛 地質学雑誌 研究論文 115 (7) 301 -310 2009年 [査読有り][招待論文]
     
    更新世後期の最終間氷期を中心に,日本列島陸域および周辺海域の古気候・古環境変動について研究の現状を紹介し,今後の課題を提起した.海洋域では海底コアの多面的な解析が,海洋環境と古気候変動の解明に大きく貢献している.陸域の研究では,長期間に及ぶ連続堆積物を用いた花粉分析や珪藻分析,有機炭素分析によって高精度の古気候復元が試みられている.海域と陸域を繋ぐ鍵として広域テフラの有用性は高く,琵琶湖堆積物や高野層に挟まれた指標テフラは古気候を時間・空間的に結合させて復元する鍵となる.特に指標テフラ密度の高い9〜10万年前の日本列島とその周辺は,有望な研究対象である.このように,テフラを介して海域と陸域の古気候・古環境情報を比較・統合して,高時間分解能で総合的な古気候復元を行うことは,日本列島の地域性を明らかにするとともに,汎世界的な気候変動のシステムを理解する上でも必要な貢献となる.
  • East-west seesaw of sea surface temperature variation in the mid-latitude North Pacific during the last two glacial cycles
    Yamamoto, M. and Oba, T.  PAGES news 20 66 -67 2008年04月 [査読有り][招待論文]
  • International Antarctic Institute project in Hokkaido University.
    Hondoh, T., Sugiyama, S. Aoki, S., Yamamoto, M., Sueyoshi, T., Nihashi, S. and Kimura, H. Proceedings of the International Symposium Asian Collaboration in IPY2007-2008, in Tokyo, March 2007, published by National Institute of Polar Research, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 93 -99 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • 十勝沖海底コア・GH02-1030の花粉群による北海道東部地域21,000年間の古植生復元
    五十嵐八枝子・山本正伸・池原研 平成18年度研究概要報告書.地質調査総合センター速報,産業技術総合研究所地質調査総合センター 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 39 165 -171 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • GH02航海で採取された十勝沖表層堆積物中の花粉・胞群
    五十嵐八枝子・山本正伸・野田篤 平成18年度研究概要報告書.地質調査総合センター速報,産業技術総合研究所地質調査総合センター 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 39 150 -164 2007年04月 [査読無し][通常論文]
  • Banakar, V. K., Oba, T., Chodankar, A. R., Kuramoto, T., Yamamoto, M. and Minagawa, M. Marine Geology 研究論文 238 115 -117 2007年 [査読有り][通常論文]
  • 鹿島沖海底コアに見いだされたスーピー層(ハイドレート層)とその近傍層準のバイオマーカー組成
    山本正伸 「海洋炭素循環とメタンハイドレート水中に吸収された炭酸ガスの分解」に関する研究開発専門委員会報告書..,日本学術振興会 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 204 -208 2006年04月 [査読無し][通常論文]
  • Abe, C., Yamamoto, M. and Irino, T. Proceeding of the Ocean Drilling Program 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 202 1 -14 2006年 [査読有り][通常論文]
  • GH02-1030コアのリグニンフェノール及び脂肪酸.
    稲垣正樹・山本正伸・池原研 千島孤−東北日本孤会合部の海洋地質学的研究.平成16年度研究概要報告書−根室沖・日高沖海域−.地質調査総合センター速報 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 33 188 -192 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • GH02-1030コアのアルケノン古水温変動
    稲垣正樹・山本正伸・池原研 千島孤−東北日本孤会合部の海洋地質学的研究.平成16年度研究概要報告書−根室沖・日高沖海域−.地質調査総合センター速報 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 33 185 -187 2005年04月 [査読無し][通常論文]
  • IODP Expedition 302, Arctic Coring Expedition (ACEX): A first look at the Cenozoic Paleoceanography of the central Arctic Ocean.
    Backman, J., Moran, K., McInroy, D. and the IODP Expedition 302 Scientists Scientific Drilling 1 12 -17 2005年04月 [査読無し][招待論文]
  • GH02航海で採取された十勝沖表層堆積物のリグニンフェノール組成.千島孤−東北日本孤会合部の海洋地質学的研究
    市川豊・山本正伸 平成15年度研究概要報告書−釧路沖・日高沖海域−.地質調査総合センター速報 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 30 186 -196 2004年04月 [査読無し][通常論文]
  • GH02-1030コアのリグニンフェノール組成(予報)
    稲垣正樹・山本正伸 千島孤−東北日本孤会合部の海洋地質学的研究.平成15年度研究概要報告書−釧路沖・日高沖海域−.地質調査総合センター速報 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 30 180 -185 2004年04月 [査読無し][通常論文]
  • GH02航海で採取された十勝川表層堆積物の有機炭素・全窒素の安定同位体比とC/N比(予報).
    碓井敏宏・山本正伸・南川雅男 千島孤−東北日本孤会合部の海洋地質学的研究.平成15年度研究概要報告書−釧路沖・日高沖海域−.地質調査総合センター速報 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 30 170 -179 2004年04月 [査読無し][通常論文]
  • Data Report: Organic carbon, and alkenone sea-surface temperature from Sites 1175, 1176, and 1178, Nankai Trough
    Yamamoto, M.  Proceedings of Ocean Drilling Program, Scientific Results 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 190 (196) 1 -10 2004年 [査読有り][通常論文]
  • 十勝沖コア試料中における微生物群集構造の PCR-DGGE法による解析.
    鈴木聡・片岡悠子・山本正伸 地質調査総合センター「千島孤−東北日本孤会合部の海洋地質学的研究 十勝沖海域」平成14年度研究概要報告書 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 184 -191 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • GH02航海で採取された十勝沖海底コアGH02-1023およびGH02-1030の有機炭素量.
    山本正伸 地質調査総合センター「千島孤−東北日本孤会合部の海洋地質学的研究 十勝沖海域」平成14年度研究概要報告書 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 177 -183 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • GH02航海で採取された十勝沖表層堆積物の有機炭素量.
    山本正伸・市川豊 地質調査総合センター「千島孤−東北日本孤会合部の海洋地質学的研究 十勝沖海域」平成14年度研究概要報告書 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 170 -176 2003年04月 [査読無し][通常論文]
  • Nonthermal factors affecting production and unsaturation of alkenones in Emiliania huxleyi and Gephyrocapsa oceanica.
    Sorrosa, J. M., Yamamoto, M. and Shiraiwa, Y. Advanced Research on Plant Lipids 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 133 -136 2003年 [査読無し][通常論文]
  • Data Report: Alkenone compounds and major ellement composition in late Quaternary hemipelagic sediments from ODP Site 1151 off Sanriku, northern Japan.
    Fujine, K., Yamamoto, M. and Tada, R. Proceedings of the Ocean Drilling Program, Scientific Results 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 186 1 -12 2003年 [査読無し][通常論文]
  • 西部北太平洋北緯39 度東経147度地点におけるアルケノンフラックスの評価 NH99試料について¥
    山本正伸・嶋本晶文・福原達雄・田中裕一郎・西村昭 地質調査総合センター速報「海洋中の堆積物形成過程に関する研究」産業技術総合研究所. 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 64 -71 2002年04月 [査読無し][通常論文]
  • 西部北太平洋沈降粒子中のアルケノン炭素同位体組成の季節変動(予報).
    山本正伸・奈良岡浩 地質調査総合センター速報「海洋中の堆積物形成過程に関する研究平成12年度研究概要報告」 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 112 -121 2001年04月 [査読無し][通常論文]
  • 西部北太平洋2地点における水柱と堆積物表層におけるアルケノンフラックスの評価(予報)
    山本正伸・嶋本晶文・福原達雄・田中裕一郎・西村昭 地質調査総合センター速報「海洋中の堆積物形成過程に関する研究平成12年度研究概要報告」 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 90 -111 2001年04月 [査読無し][通常論文]
  • Introduction: Geochemical cycles and global changes
    Tsunogai, S., Montani, S., Obata, H., Ono, T., Watanabe, Y.W. and Yamamoto, M. Journal of Oceanography 370 647 -650 2001年04月 [査読無し][招待論文]
  • 沈み込み帯における有機物の輸送過程
    山本正伸 月刊地球号外 32 96 -100 2001年04月 [査読無し][招待論文]
  • 山本 正伸 海洋 32 (9) 618 -622 2000年09月 [査読無し][招待論文]
  • アルケノンによる石灰質成分のフラックス算出の試み
    山本正伸 地質調査所速報「海洋中の堆積物形成過程に関する研究」平成11年度研究概要報告 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 85 -89 2000年04月 [査読無し][通常論文]
  • Leg167:カリフォルニア縁辺海の湧昇史と古海洋学
    Lyle, M.・小泉格・林田明・丸山俊明・多田隆治・山本正伸 ODPニュースレター 14 19 1997年04月 [査読無し][招待論文]
  • 地球環境の変遷と石油天然ガス根源岩の形成.
    渡部芳夫・山本正伸 地質ニュース 497 7 -16 1995年06月 [査読無し][招待論文]
  • オマーンにみる原生代・石油根源岩のラミナ構造
    山本正伸・鈴木祐一郎・今井登・梶間幹雄 地質ニュース 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 487 口絵 1995年04月 [査読無し][通常論文]
  • バイオマーカーと古環境
    山本正伸 Science & Technonews Tsukuba 46 38 -40 1995年04月 [査読無し][招待論文]
  • パラオ諸島サンゴ礁における有機物の堆積過程とその起源
    山本正伸・山室真澄・茅根創  月刊海洋 27 (9) 567 -572 1995年04月 [査読無し][通常論文]
  • 古海洋環境の復元:分子地球化学的アプローチの現状と課題
    山本正伸 地質ニュース 495 15 -24 1995年04月 [査読無し][招待論文]
  • 中嶋 輝充, 渡部 芳夫, 原山 智, 山本 正伸 地質學雜誌 99 (5) ix -x 1993年05月 [査読有り][通常論文]
  • 東北日本女川堆積盆の堆積環境.
    渡部芳夫・山本正伸・今井登 「資源評価のための三次元モデリング手法に関する研究」最終年度報告書.地質調査所 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 15 -36 1993年04月 [査読無し][通常論文]
  • 東北日本中新統女川層珪藻質岩の有機分子組成と古海洋環境.
    山本正伸・渡部芳夫 「資源評価のための三次元モデリング手法に関する研究」最終年度報告書.地質調査所 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 101 -129 1993年04月 [査読無し][通常論文]
  • 地球環境の変遷と炭化水素根源岩の形成
    渡部芳夫・山本正伸 「炭化水素鉱床の成因と同ポテンシャルの予測技術に関する研究動向」平成3年度工業技術院特別研究推進費調査報告書 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 32 -49 1992年04月 [査読無し][通常論文]
  • 使える探査技術”石油移動指標”の開発の現状と課題所.
    山本正伸 「炭化水素鉱床の成因と同ポテンシャルの予測技術に関する研究動向」平成3年度工業技術院特別研究推進費調査報告書 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 1992年04月 [査読無し][通常論文]
  • 秋田県能代・鷹巣地域の女川層(岩谷層)珪質岩類のバイオマーカー組成
    山本正伸 「資源評価のための三次元モデリング手法に関する研究」第一次中間報告書.地質調査所 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 42 -54 1990年04月 [査読無し][通常論文]
  • 青森県鯵ヶ沢町中村川地域の地質と大童寺層泥質岩中の有機物 −特に,C25にピークを持つノルマルアルカン分布パターンについて
    佐々木清隆・山本正伸 田口一雄教授退官記念論文集「石油鉱床学の諸問題」 223 -239 1986年03月 [査読無し][招待論文]

受賞

  • 2016年07月 日本有機地球化学会  2016年度有機地球化学賞(学術賞)受賞
     バイオマーカーによる古海洋環境の復元に関する研究 
    受賞者: 山本 正伸
  • 2015年11月 地球環境史学会 2014年度地球環境史学会貢献賞
     後期第四紀の北太平洋亜熱帯循環変動に関する研究 
    受賞者: 山本 正伸
  • 1999年02月 地質調査所 地質調査所月報賞
     Yamamoto, M., Bat-erdene, D., Ulziikhishig, P., Watanabe, Y., Imai, N., Kajiwara, Y., Takeda, N., Nakajima, T. (1998) Organic geochemistry and palynology of Lower Cretaceous Zuunbayan oil shales, Mongolia, Bull. Geol. Surv. Japan, 49, 6, 257-274. 
    受賞者: 山本 正伸
  • 1997年07月 有機地球化学研究会 研究奨励賞(田口賞)受賞
     アザーレン組成に基づく石油移動の有機地球化学的研究 
    受賞者: 山本 正伸

競争的資金等の研究課題

  • 西部赤道太平洋Exp.363古環境復元(掘削航海番号:Exp. 363 種別 [JR])
    国立研究開発法人海洋研究開発機構:IODP乗船後研究委託業務
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • アジアモンスーンの長期的変動に関する共同研究
    日本学術振興会:頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム
    研究期間 : 2017年10月 -2020年 
    代表者 : 山本正伸
  • 別府湾柱状堆積物の解析にもとづく過去8000年間の太平洋十年規模変動の復元
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(A)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • ベンガル湾Exp.353古環境復元(掘削航海番号:Exp. 353 種別 [JR])
    国立研究開発法人海洋研究開発機構:IODP乗船後研究委託業務
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • ボルネオ島泥炭掘削:過去4000年間の熱帯大気対流活動の復元
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(B)海外学術
    研究期間 : 2015年04月 -2018年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • 南大洋と北極海の完新世水温変動の高時間解像度復元
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • 堆積物中セルロース酸素同位体比分析による古気候復元
    日本学術振興会:科学研究費補助金萌芽研究
    研究期間 : 2013年04月 -2015年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • 別府湾海底コアの解析にもとづく10年スケール気候変動・レジームシフトの歴史的変遷の解明
    三井物産環境基金:研究助成
    研究期間 : 2010年04月 -2013年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • バイオマーカー水素同位体比を用いた過去15万年間の熱帯太平洋大気対流活動の復元
    日本学術振興会:科学研究費補助金基盤研究(A)
    研究期間 : 2007年04月 -2012年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • IGCP-581 第二回シンポジウム「アジアの河川システムの発達:テクトニクスと気候」
    日本地球掘削科学コンソーシアム:会員提案型活動経費
    研究期間 : 2011年04月 -2011年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • 氷河期の熱帯温度の研究
    財団法人交流協会:共同研究事業
    研究期間 : 2006年04月 -2008年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • TEX86指標を用いた過去600万年間の北半球水温緯度勾配の復元
    日本学術振興会: 科学研究費補助金萌芽研究
    研究期間 : 2006年04月 -2008年03月 
    代表者 : 山本正伸
  • 陸起源有機分子を用いた融氷期東アジア水循環の高時間解像度復元
    日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
    研究期間 : 2004年04月 -2007年03月 
    代表者 : 山本正伸

教育活動情報

主要な担当授業

  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):南極学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 極域、南極、北極、海氷、氷床、大気、海洋、気候システム、生態系、南極観測、南極条約
  • 古環境学基礎論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 古環境,古気候,古海洋,地球温暖化 Paleoenvironment, Paleoclimatology, Paleoceanography, Global warming
  • 古海洋学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 有機地球化学 Organic geochemistry
  • 古気候変動学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 有機地球化学 Organic geochemistry
  • 環境分析化学特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : 化学分析、データ解析 Chemical analysis, Data analysis
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : Polar regions, the Antarctic, the Arctic, sea ice, ice sheet, atmosphere, ocean, climate system, ecosystem, Antarctic expeditions, Antarctic treaty
  • 地球惑星科学実験Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 堆積物,堆積岩,堆積環境,水圏環境,古海洋,古気候,気象,天気図,統計解析,地震,地震波,震源
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 北極域、地球環境、温暖化、気候変動、炭素循環、水循環、人間活動、永久凍土
  • 地球環境学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 理学部
    キーワード : 気候変化、炭素循環、古環境、氷期・間氷期、人類環境、生物圏

大学運営

委員歴

  • 2014年 -2018年   日本地球掘削科学コンソーシアム   理事機関代表・部会幹事   日本地球掘削科学コンソーシアム
  • 2018年   石油技術協会   理事   石油技術協会
  • 2014年 -2017年   International Ocean Drilling Program   Scientific Evaluation Panel委員   International Ocean Drilling Program
  • 2003年 -2017年   有機地球化学会   運営委員   有機地球化学会
  • 2017年   有機地球化学会   理事   有機地球化学会
  • 2017年   地球環境史学会   各賞選考委員長   地球環境史学会
  • 2014年 -2016年   地球環境史学会   副会長   地球環境史学会
  • 2013年 -2014年   地球環境史学会   会誌編集院長   地球環境史学会
  • 2013年 -2014年   北極環境コンソーシアム   長期構想報告書執筆者   北極環境コンソーシアム
  • 2013年 -2014年   European Geoscience Union   Guest editor   European Geoscience Union
  • 2006年 -2014年   International Ocean Drilling Program   Curatorial Advisory Board委員   International Ocean Drilling Program
  • 2010年 -2013年   地質学会   代議員   地質学会
  • 2011年 -2012年   Quaternary Research Association   Guest editor   Quaternary Research Association
  • 2010年 -2012年   地質学会   北海道支部幹事庶務   地質学会
  • 2012年   地球環境史学会   評議員   地球環境史学会
  • 2009年 -2011年   日本地球掘削科学コンソーシアム   IODP部会執行部員   日本地球掘削科学コンソーシアム
  • 2011年   日本海洋学会   JO編集委員   日本海洋学会
  • 2010年 -2010年   International Ocean Drilling Program   Science Steering and Evaluation Panel委員   International Ocean Drilling Program
  • 2001年 -2008年   日本地球化学会   地球化学講座編集委員   日本地球化学会
  • 2004年 -2007年   有機地球化学会   ROG編集委員長   有機地球化学会
  • 2001年 -2007年   地質学会   地質学雑誌編集委員   地質学会
  • 2003年 -2006年   International Ocean Drilling Program   Scientific Technology Panel委員   International Ocean Drilling Program
  • 1996年 -2005年   有機地球化学会   事務局   有機地球化学会
  • 2003年   有機地球化学会   マニュアル作成委員長   有機地球化学会
  • 2000年   石油技術協会   会誌編集委員   石油技術協会


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.