研究者データベース

麻里 哲広(アサリ テツヒロ)
工学研究院 建築都市部門 先端空間性能
助教

基本情報

所属

  • 工学研究院 建築都市部門 先端空間性能

職名

  • 助教

学位

  • 博士(工学)

J-Global ID

研究キーワード

  • ロッキング振動   基礎浮き上がり   相互作用   制振   鉄骨造フレーム   base shear coefficient spectra   SDOF   elasto-plasto   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

職歴

  • 2010年08月 - 2011年07月 スタンフォード大学 Blume Earthquake Engineering Center 客員研究員

学歴

  •         - 1993年03月   北海道大学   大学院工学研究科   建築工学専攻
  •         - 1993年   北海道大学
  •         - 1991年03月   北海道大学   工学部   建築工学科
  •         - 1991年   北海道大学

所属学協会

  • 日本地震工学会   日本建築学会   日本免震構造協会   

研究活動情報

論文

  • 基礎浮き上がり構造物の地震応答 -弾性系有限回転角モデルによる考察
    中田和志, 麻里哲広, 岡崎太一郎, 緑川光正
    構造工学論文集 63 B 351 - 358 2017年03月 [査読有り][通常論文]
  • 座屈拘束ブレースの破壊モード・圧縮耐力上昇・エネルギー消費性能
    大内京太郎, 山﨑翔, 緑川光正, 岩田衛, 岡崎太一郎, 麻里哲広
    構造工学論文集 63 B 543 - 552 2017年03月 [査読有り][通常論文]
  • 鋼モルタル板を用いた座屈拘束ブレースの実験的研究-鋼製ずれ止め位置が力学性能に及ぼす影響及び座屈変形の評価-
    菱田俊介, 大浦匠, 緑川光正, 岩田衛, 岡崎太一郎, 麻里哲広
    構造工学論文集 61 B 141 - 149 2015年03月 [査読有り][通常論文]
  • 麻里哲広, 氏家大介, 緑川光正, 岡崎太一郎
    日本建築学会構造系論文集 79 705 1569 - 1578 2014年11月 [査読有り][通常論文]
  • 鋼モルタル板を用いた座屈拘束ブレースの実験的研究 -摩擦力分布を考慮した圧縮引張耐力比の算定手法とその評価-
    緑川光正, 若山拓也, 麻里哲広, 岩田衛
    構造工学論文集 60 B 307 - 315 2014年03月 [査読有り][通常論文]
  • 制御型ロッキング架構におけるエネルギー吸収部材の最適強度比
    大友啓徳, 緑川光正, 岡崎太一郎, 麻里哲広
    構造工学論文集 59 B 255 - 262 2013年03月 [査読有り][通常論文]
  • 鋼モルタル板を用いた座屈拘束ブレースの実験的研究-座屈モード数および圧縮引張耐力比と摩擦力の評価-
    緑川光正, 若山拓也, 飯塚亮太, 麻里哲広, 村井正敏, 岩田衛
    日本建築学会構造系論文集 77 681 1763 - 1771 2012年11月 [査読有り][通常論文]
  • Juan Andres Oviedo-Amezquita, Mitsumasa Midorikawa, Tetsuhiro Asari
    Earthquake Spectra 28 4 1569 - 1587 2012年11月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper investigates the seismic performance of story drift controlled reinforced concrete (RC) frames with hysteretic dampers. The frame models include a wide range of mechanical properties of dampers, which are defined according to a proportion rule in order to explicitly control the yield story drift of dampers. The story drift response, hysteretic energy dissipation and other parameters are examined to evaluate the effectiveness of dampers. The influence of the global flexural deformation of the frame on the response of dampers is also examined, and an analytical procedure to account for this phenomenon is developed. The obtained results indicate that the seismic performance of the structure is improved by reducing the story drift demand and seismic damage uniformly over the building height. Regarding the global flexural deformation, the proposed analytical procedure can be used for a preliminary estimation of the story number up to which dampers yield before the RC frame. [DOI: 10.1193/1.4000092]
  • 鋼モルタル板を用いた座屈拘束ブレースの実験的研究-座屈モード数の評価および圧縮引張耐力比と細長比の関係-
    緑川光正, 田中康隆, 大竹誠寛, 麻里哲広, 村井正敏, 岩田衛
    日本建築学会構造系論文集 76 664 1153 - 1160 2011年06月 [査読有り][通常論文]
  • Juan Andres Oviedo A, Mitsumasa Midorikawa, Tetsuhiro Asari
    EARTHQUAKE ENGINEERING & STRUCTURAL DYNAMICS 40 5 571 - 589 2011年04月 [査読有り][通常論文]
     
    For the purpose of estimating the earthquake response, particularly the story drift demand, of reinforced concrete (R/C) buildings with proportional hysteretic dampers, an equivalent single-degree-of-freedom (SDOF) system model is proposed. Especially in the inelastic range, the hysteretic behavior of an R/C main frame strongly differs from that of hysteretic dampers due to strength and stiffness degradation in R/C members. Thus, the proposed model, unlike commonly used single-spring SDOF system models, differentiates the restoring force characteristics of R/C main frame and hysteretic dampers to explicitly take into account the hysteretic behavior of dampers. To confirm the validity of the proposed model, earthquake responses of a series of frame models and their corresponding equivalent SDOF system models were compared. 5- and 10-story frame models were studied as representative of low-and mid-rise building structures, and different mechanical properties of dampers-yield strength and yield deformation-were included to observe their influence on the effectiveness of the proposed model. The results of the analyses demonstrated a good correspondence between estimated story drift demands using the proposed SDOF system model and those of frame models. Moreover, the proposed model: (i) led to better estimates than those given by a single-spring SDOF system model, (ii) was capable of estimating the input energy demand and (iii) was capable of estimating the total hysteretic energy and the participation of dampers into the total hysteretic energy dissipation, in most cases. Results, therefore, suggest that the proposed model can be useful in structural design practice. Copyright (C) 2010 John Wiley & Sons, Ltd.
  • 建築物の弾塑性挙動に伴うエネルギー消費能カと地震力低減効果に関する研究
    麻里 哲広
    北海道大学 2005年03月 [査読有り][通常論文]
  • 崩壊メカニズムが異なる建物の構造特性係数の極値について
    麻里哲広, 井上圭一, 石山祐二
    日本建築学会構造系論文集 565 49 - 54 2003年03月 [査読有り][通常論文]
  • 例壊ベースシアー係数スペクトルによる地震動の破壊力評価
    麻里哲広, 井上圭一, 石山祐二
    日本建築学会構造系論文集 530 71 - 76 2000年04月 [査読有り][通常論文]
  • 石山祐二, 麻里哲広, 井上圭一
    日本建築学会構造系論文集 520 29 - 35 1999年06月 [査読有り][通常論文]

その他活動・業績

  • EVALUATION OF DLSIRUCTIVINESS OF IAWHGCAKL MOTIONS BY COLLAPSE BASE SHEAR COEFFICIENT SPECTRA
    The Proceedings of 12th World Conderence on Earthquake Engineering A (4) 1537 2000年 [査読無し][通常論文]
  • EVALUATION OF EARTHQUAKE MOTIONS BY ELASTO-PLASTIC RESPONSE OF STRUCTURES CONSIDERING P-DELTA EFFECT
    The Proceedings of Eleventh World Conference on Earthquake Engineering 1996年 [査読無し][通常論文]
  • Evaluation of Destructiveness of Earthguake Motions by Yield base shear Coefficient Spectra
    (69) 169 1996年 [査読無し][通常論文]
  • EVALUATION OF DESIRUCTIVENESS OF IARTMQCALE MOTION'S BY COLLAPSE BASE SHEAR COEFFICIENT SPECIRA
    Journal of Structural and Constracten Engineering (530) 71 -76 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 塑性変形によるひずみ時効を考慮した鋼部材の残存耐震性能
    日本鉄鋼連盟:鋼構造研究・教育助成事業
    研究期間 : 2019年04月 -2020年03月 
    代表者 : 麻里 哲広
  • 倒壊にいたるまでの性能を考慮した鋼構造建築物の耐震設計法の確立
    科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 岡崎 太一郎
  • 塑性変形によるひずみ時効を考慮した鋼部材の残存耐震性能
    日本鉄鋼連盟:鋼構造研究・教育助成事業
    研究期間 : 2018年04月 -2019年03月 
    代表者 : 麻里 哲広
  • 柱中間部浮き上がり機構を有するロッキング架構の耐震性能
    科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 緑川 光正
  • ロッキング制振建築構造システムの応用と展開
    科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2010年04月 -2013年03月 
    代表者 : 緑川 光正
  • ロッキング制御による木造住宅の制振システム
    鹿島学術振興財団:研究者交流援助
    研究期間 : 2010年08月 -2011年07月 
    代表者 : 麻里 哲広
  • 降伏型ベースプレートの変形性能評価および設計法
    日本鉄鋼連盟:鋼構造研究・教育助成事業
    研究期間 : 2009年04月 -2010年03月 
    代表者 : 麻里 哲広
  • 転倒モーメント制御による鉄骨造制振構造システムの耐震設計法の構築
    科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究期間 : 2007年04月 -2010年03月 
    代表者 : 緑川 光正
  • Evaluation of Earthquake Motions by Elasto-plastic Response of Structures Considering P-delta Effect
    Grant-in-Aid for Scientific Research

教育活動情報

主要な担当授業

  • 構造力学Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 構造設計 モデル 荷重 断面力 釣り合い 静定構造物 断面特性 応力
  • 構造力学Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 構造 解析 変形 不静定構造物 梁 ラーメン トラス
  • 構造力学Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 構造 解析 マトリックス法 塑性解析


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.