研究者データベース

髙橋 伸幸(タカハシ ノブユキ)
文学研究院 人間科学部門 行動科学分野
教授

基本情報

所属

  • 文学研究院 人間科学部門 行動科学分野

職名

  • 教授

学位

  • Ph.D(University of Arizona)

J-Global ID

研究キーワード

  • 社会的交換   一般交換   利他行動   適応   社会系心理学   評判   ゲーム理論   間接互恵性   社会的相互作用   知能   社会的ジレンマ   対人関係   準拠比較   進化   公正感   協力行動   学習   協力   進化ゲーム理論   共感   集団   社会的知能   社会的知性   信頼   経験サンプリング   表情模倣   規範   囚人のジレンマゲーム   実験   囚人のジレンマ   社会心理学   Micro-macro linkage   Group Processes   Social Psychology   

研究分野

  • 人文・社会 / 社会心理学
  • 人文・社会 / 社会心理学

職歴

  • 2007年 - 2014年 北海道大学 大学院・文学研究科 准教授

所属学協会

  • 日本人間行動進化学会   北海道心理学会   人間行動進化学会   アメリカ社会学会   日本社会心理学会   日本グループ・ダイナミックス学会   日本数理社会学会   日本心理学会   Japanese Association for Mathematical Sociology   The Japanese Group Dynamics Association   Human Behavior and Evolution Society   The Japanese Society of Social Psychology   American Sociological Association   The Japanese Psychological Association   

研究活動情報

論文

  • 罰行使の動機推定が評判に与える影響:複数の罰選択肢を用いた検討
    舘石和香葉, 小野田竜一, 高橋伸幸
    社会心理学研究 36 3 2021年03月 [査読有り][通常論文]
  • Linkage Based on the Kandori Norm Successfully Sustains Cooperation in Social Dilemmas
    稲葉美里, 高橋伸幸
    Games 10 1 doi:10.3390/g10010010  2019年02月 [査読有り][通常論文]
  • 向社会行動
    高橋伸幸, 舘石和香葉
    児童心理学の進歩 58 101 - 124 2019年 [査読有り][招待有り]
  • Preference and strategy in proposer’s prosocial giving in the ultimatum game.
    Inaba, M, Inoue, Y, Akutsu, S, Takahshi, N, Yamagishi, T
    Plos One 13 3 e0193877. DOI: 10.1371/journal  2018年 [査読有り][通常論文]
  • The use of reputation in repeated dyadic interactions
    稲葉美里, 高橋伸幸
    Rationality and Society 30 1 54 - 79 2017年 [査読有り][通常論文]
  • Misato Inaba, Nobuyuki Takahashi, Hisashi Ohtsuki
    JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY 409 97 - 107 2016年11月 [査読有り][通常論文]
     
    One of the most well-known models to characterize cooperation among unrelated individuals is Social dilemma (SD). However there is no consensus about how to solve the SD by itself. Since SDs are often embedded in other social interactions, including indirect reciprocity games (IR), human can coordinate their behaviors across multiple games. Such coordination is called linkage'. Recently linkage has been considered as a promising solution to resolve SDs, since excluding SD defectors (i.e. those who defected in SD) from indirectly reciprocal relationships functions as a costless sanction. A previous study performed mathematical modeling and revealed that a linkage strategy, which cooperates in SD and engages in the Standing strategy in IR based on the recipients' behaviors in both SD and IR, was an ESS against a non-linkage strategy which defects in SD and engages in the Standing strategy in IR based on recipients' behaviors only in IR (Panchanathan and Boyd, 2004). In order to investigate the robustness of the linkage strategy, we devised a non-linkage strategy, which cooperates in SD but does not link two games. First, we conducted a mathematical analysis and demonstrated that the linkage strategy was not an ESS against cooperating non-linkage strategy. Second, we conducted a series of agent-based computer simulations to examine how the strategies perform in situations in which various types of errors can occur. Our results showed that the linkage strategy was an ESS only when there are implementation errors in SD. However, the equilibrium of the linkage strategy was unstable when there are perception errors. Since we know that humans are not free from perception errors in their social life, future studies will need to show how perception errors can be overcome in order to provide support for the conclusion that linkage is a plausible solution to SDs. (C) 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Inaba Misato, Takahashi Nobuyuki, Katsuura Seina
    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 51 27  2016年07月 [査読有り][通常論文]
  • 小野田竜一, 高橋伸幸
    心理学研究 87 3 240 - 250 2016年 [査読有り][通常論文]
     
    Previous studies on generalized exchange have argued that group plays an important role in the emergence of cooperative society. To examine to what extent the role of a group is important, we conducted computer simulations in which players decide whether to give resources to members of a society composed of two groups. We examined whether a society consisting of any of the possible conceivable strategies (65536 strategies total) could resist invasion by an unconditional defector (ALLD) and an unconditional cooperator (ALLC). The results showed that universalist strategies, which give resources to both in-group members and out-group members equally, and in-group favoring strategies, which give resources to in-group members more than outgroup members, could resist invasion. Furthermore, we found that in-group favoring strategies could exclude ALLC from the circle of resource flow more easily than universalist strategies. These results imply that it may be necessary to employ an in-group favoring strategy that utilizes the group membership information of other people in order to maintain generalized exchange in a society composed of two groups.
  • 内集団ひいき行動の適応的基盤:進化シミュレーションを用いた検討
    小野田竜一, 高橋伸幸
    社会心理学研究 29 65 - 74 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 社会的交換の形態が社会的連帯に及ぼす影響の比較
    稲葉美里, 高橋伸幸
    心理学研究 83 1 27 - 34 2012年 [査読無し][通常論文]
  • Yen-Sheng Chiang, Nobuyuki Takahashi
    PLOS ONE 6 12 e29188  2011年12月 [査読有り][通常論文]
     
    The pay-it-forward reciprocity is a type of cooperative behavior that people who have benefited from others return favors to third parties other than the benefactors, thus pushing forward a cascade of kindness. The phenomenon of the pay-it-forward reciprocity is ubiquitous, yet how it evolves to be part of human sociality has not been fully understood. We develop an evolutionary dynamics model to investigate how network homophily influences the evolution of the pay-it-forward reciprocity. Manipulating the extent to which actors carrying the same behavioral trait are linked in networks, the computer simulation model shows that strong network homophily helps consolidate the adaptive advantage of cooperation, yet introducing some heterophily to the formation of network helps advance cooperation's scale further. Our model enriches the literature of inclusive fitness theory by demonstrating the conditions under which cooperation or reciprocity can be selected for in evolution when social interaction is not confined exclusively to relatives.
  • 高岸治人, 高橋伸幸, 山岸俊男
    実験社会心理学研究 48 2 159-166 (J-STAGE)  2009年 [査読無し][通常論文]
  • Rie Mashima, Nobuyuki Takahashi
    New Issues and Paradigms in Research on Social Dilemmas 159 - 176 2008年 [査読有り][通常論文]
     
    One of the characteristics that differentiate human beings from other species is their tendency to help non-kin even when there is no expectation of future interactions. Most religions consider such altruistic behavior a virtue at the highest level. In a society, such behavior constitutes generalized exchange. However, from the perspectives of social exchange theory, rational choice theory, and evolutionary theory, the existence of generalized exchange is a theoretical puzzle. How can generalized exchange exist? How does generalized exchange emerge, and how is it maintained? Recently, research in evolutionary biology has demonstrated that indirect reciprocity is the principle that makes generalized exchange possible. The first part of this chapter reviews recent theoretical studies on generalized exchange and concludes with the current debate on whether or not to regard the enemy's friend as an enemy is necessary in order to maintain generalized exchange. The remainder will introduce our first attempt to empirically examine whether people actually have such a tendency to evaluate others. © 2008 Springer US.
  • Nobuyuki Takahashi, Rie Mashima
    JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY 243 3 418 - 436 2006年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Indirect reciprocity is one mechanism that allows for unilateral resource giving among n-persons. Using analytical methods and computer simulations, previous studies have examined a number of strategies that make indirect reciprocity possible. In particular, previous investigations have concentrated on whether differentiating between justified and unjustified not-giving is important. However, whether or not a given strategy is ESS depends on the type of perceptual errors that are assumed. When errors are objective, regarding those who do not give to "bad" as "good" is critical. When perceptual errors are subjective, however, regarding those who give to "bad" as "bad" is critical. Since we believe that there is no guarantee that perceptual errors are shared among all individuals in a society, we argue that the latter moral principle may play a more important role in human interactions. (c) 2006 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 真島理恵, 高橋伸幸
    心理学研究 76 5 436 - 444 2005年12月25日 [査読無し][通常論文]
  • 間接互恵性における二次情報の効果に対する理論的・実証的検討
    理論と方法 20 177 - 195 2005年 [査読無し][通常論文]
  • LD Molm, N Takahashi, G Peterson
    AMERICAN SOCIOLOGICAL REVIEW 68 1 128 - 152 2003年02月 [査読無し][通常論文]
     
    This article develops and tests alternative predictions about how the form of social exchange, negotiated or reciprocal, affects perceptions of fairness, independent of the structure and outcomes of exchange. Theories of procedural justice predict that fair exchange procedures should enhance perceptions of the exchange partner's fairness. Negotiated exchange-which incorporates collective decision-making, advance knowledge of terms, mutual assent, and binding agreements-clearly appears more fair than does reciprocal exchange on most procedural dimensions. Thus, these theories imply that perceptions of the other's fairness should be greater in negotiated than in reciprocal exchange. Results from three experiments, however show the opposite: Actors perceive negotiated exchange partners as less fair and they are less willing to engage in unequal exchanges with them; these effects are robust across multiple levels of inequality and variations within the two forms of exchange. These findings support the authors' alternative argument: Rather than increasing perceptions of fairness, features of negotiated exchange instead serve to heighten the salience of conflict between actors, trigger self-serving attributions that lead actors to perceive others' motives and traits unfavorably, and increase perceptions that the other is unfair. The authors discuss implications for theory and for negotiation and reciprocity in social life.
  • LD Molm, G Peterson, N Takahashi
    SOCIAL FORCES 80 1 159 - 184 2001年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Contemporary social exchange researchers have largely ignored how variations in the value of exchange affect power relations, concentrating instead on effects of the structure of exchange, particularly the size and shape of exchange networks. In this article, we show that value, when conceptualized and studied as a dimension of actors' alternative exchange relations, has strong and systematic effects on actors' use of power. Results of a laboratory experiment support our hypotheses, showing that an actor's power over another increases with the value of that actor's exchange with alternative partners. The effects of value on power use are comparable in strength to the effects of the availability of alternatives, and they are remarkably robust, holding for both negotiated and reciprocal forms of exchange and for networks in which the availability of alternative partners is both high and low.
  • LD Molm, N Takahashi, G Peterson
    AMERICAN JOURNAL OF SOCIOLOGY 105 5 1396 - 1427 2000年03月 [査読無し][通常論文]
     
    The classical exchange theorists proposed that trust is more likely to develop between partners when exchange occurs without explicit negotiations or binding agreements. Under these conditions, the risk and uncertainty of exchange provide the opportunity for partners to demonstrate their trustworthiness. This study develops the theoretical implications of this proposition and conducts an experimental test that compares levels of both trust and commitment in two forms of direct exchange, negotiated and reciprocal. The results support the classical proposition, showing that reciprocal exchange produces stronger trust and affective commitment, than negotiated exchange, and that behaviors signaling the partner's trustworthiness have greater impact on trust in reciprocal exchange.
  • N Takahashi
    AMERICAN JOURNAL OF SOCIOLOGY 105 4 1105 - 1134 2000年01月 [査読無し][通常論文]
     
    The existence of generalized exchange characterized by unilateral resource giving has been a puzzle when we assume rational actors, because free riding can occur. This article first identifies pure-generalized exchange in which each actor gives resources to the recipient(s) of his choice. Then, it proposes the fairness-based selective-giving strategy. An actor adopting this strategy selects a recipient whose behaviors satisfy her criterion of fairness, provided perfect information is given. The results of evolutionary simulation show that pure-generalized exchange can emerge among egoists without collective norms, even in societies in which individuals have information only about their immediate neighbors.
  • LD Molm, G Peterson, N Takahashi
    AMERICAN SOCIOLOGICAL REVIEW 64 6 876 - 890 1999年12月 [査読無し][通常論文]
     
    While classical exchange theorists excluded bargaining from the scope of their theories, most contemporary theorists have done the opposite, concentrating exclusively on negotiated exchanges with binding agreements. We analyze how the form of social exchange-negotiated or reciprocal-affects the distribution of power in exchange networks. These two forms of exchange differ in fundamental ways that affect how actors use power and the Rinds of risk and uncertainty they face. We predict that these basic differences will affect the relation between the availability of alternative partners and actors' use of power, and will produce lower power use in reciprocal exchange than ia negotiated exchange. We test our predictions in a laboratory experiment. The results support the underlying logic of our theory, partially support its specific predictions, and raise new questions about the importance of the different time perspectives required by negotiated and reciprocal exchange.
  • 高橋伸幸, 山岸俊男, 林直保子
    心理学研究 1 70 9 - 16 1999年 [査読無し][通常論文]
  • 利他的行動の社会関係的基盤
    実験社会心理学研究 36 1 - 11 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 社会的不確実性のもとでの信頼とコミットメント
    社会心理学研究 11 206 - 216 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 社会的交換ネットワークにおける権力
    理論と方法 8 251 - 269 1993年 [査読無し][通常論文]

書籍

  • 杉浦, 義典 (範囲:社会を支える感情)
    遠見書房 2020年05月 (ISBN: 9784866160597) 197p
  • 協力する種
    BOWLES Samuel, GINTIS Herbert (担当:共訳範囲:5,6,8,9,11,12章)
    NTT出版 2017年01月
  • 「社会のきまり」はどのように決まるか
    高橋伸幸, 稲葉美里 (担当:分担執筆範囲:規範はどのように実効化されるのか―実験的検討)
    勁草書房 2015年01月
  • 社会のなかの共存
    高橋伸幸, 竹澤正哲 (担当:分担執筆範囲:協力と賞罰)
    岩波書店 2014年06月
  • 実験が切り開く21世紀の社会科学
    神信人, 高橋伸幸 (担当:分担執筆範囲:他者の目が気になりますか?)
    勁草書房 2014年04月
  • Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans. Vol.2. Cognitive and Physical Perspectives
    Takahashi, N, Hatano, A, Inaba, M, Onoda, R, Simunovic, D (担当:分担執筆範囲:Social learning, trial-and-error, and creativity)
    Springer 2014年
  • New Issues and Paradigms in Research on Social Dilemmas
    MASHIMA Rie, TAKAHASHI Nobuyuki (担当:分担執筆範囲:The Emergence of Generalized Exchange by Indirect Reciprocity)
    Springer 2008年
  • 葛藤と紛争の社会心理学-対立を生きる人間のこころと行動
    高橋 伸幸 (担当:分担執筆範囲:公正と社会的関係)
    北大路書房 2008年
  • 集団生活の論理と実践:互恵性を巡る心理学と人類学的検討
    煎本孝, 高橋伸幸, 山岸俊男 (担当:共編者(共編著者))
    北海道大学出版会 2007年
  • Encyclopedia of social theory
    TAKAHASHI Nobuyuki (担当:分担執筆範囲:Generalized exchange)
    Russell Sage 2005年
  • Social Dilemmas and cooperation
    YAMAGISHI Toshio, TAKAHASHI Nobuyuki (担当:分担執筆範囲:Evolution of Norms without Meta-Norms)
    Springer-Verlag 1994年

講演・口頭発表等

  • 協力・非協力の決定時間が評判に与える影響
    舘石和香葉, 高橋伸幸
    第13回日本人間行動進化学会 2020年12月 ポスター発表
  • 集団を越えた協力行動は、集団内の評判を低下させるのか? -普遍主義者と集団主義者の評判比較-  [通常講演]
    舘石和香葉, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第61回大会 2020年11月 その他
  • なぜ集団を越えた協力が達成できないのか?-普遍主義者の評判に関する実験的検討-  [通常講演]
    舘石 和香葉, 髙橋 伸幸
    日本人間行動進化学会第12回大会 2019年12月 ポスター発表
  • 第三者による罰行動の正当性が高いのはいかなる状況か―6つの経済ゲーム状況の間での比較―  [通常講演]
    舘石 和香葉, 髙橋 伸幸
    日本社会心理学会第60回大会 2019年11月 ポスター発表
  • 長期的関係への投資行動と機会コストの関係の検討  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第60回大会 2019年11月 ポスター発表
  • 集団を越えた協力に対する普遍的な罰制度の効果の検討  [通常講演]
    舘石 和香葉, 髙橋 伸幸
    日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会 2019年10月 口頭発表(一般)
  • Are cooperators more likely to attack outgroup members in a competitive situation than defectors?  [通常講演]
    Matsumoto, Y, Mifune, N, Simunovic, D, Takahashi, N, Kiyonari, T, Yamagishi, T
    The 18th International Conference on Social Dilemma 2019年06月 ポスター発表
  • The effect of opportunity cost on strategies to maintain long-lasting relationships  [通常講演]
    Mashima, R, Takahashi, N
    The 18th International Conference on Social Dilemma 2019年06月 ポスター発表
  • The effect of universal institutions on intergroup cooperarion  [通常講演]
    舘石和香葉, 高橋伸幸
    The 18th International Conference on Social Dilemma 2019年06月 ポスター発表
  • 信頼の意図の伝達が相手の信頼性に与える効果  [通常講演]
    舘石和香葉, 稲葉美里, 高橋伸幸
    第11回日本人間行動進化学会 2018年12月 ポスター発表 名古屋市立大学
  • どのようなサンクション行使者が好まれるのか?-複数の選択肢がある状況における検討-  [通常講演]
    高舘石和香葉, 高橋伸幸, 小野田竜一, 山形詩織
    日本社会心理学会第59回大会 2018年08月 口頭発表(一般)
  • Voting with their feet promotes mutual cooperation  [通常講演]
    Takahashi, N, Inaba, M
    日独社会科学学会 2018年03月 口頭発表(一般)
  • パートナーの非協力行動への対処方略に対する機会コストの効果  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第10回大会 2017年12月 ポスター発表
  • 関係維持行動に対する機会コストの効果: パートナーの非協力行動への「矯正」行動に対する機会コストの効果  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第58回大会 2017年10月 ポスター発表
  • 格差が社会関係資本に与える影響  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸, 犬塚敦也
    日本社会心理学会第58回大会 2017年10月 ポスター発表
  • Who educates a defecting partner?: The effect of opportunity cost on the ability to control a partner's behavior  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    17th International Conference on Social Dilemmas 2017年06月 ポスター発表
  • Which type of sanctioning institution is the most attractive and effective?  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸, 勝浦聖奈
    17th International Conference on Social Dilemmas 2017年06月 口頭発表(一般)
  • Does trust beget trustworthiness?: The effect of trusting intention on trustworthiness of the partner  [通常講演]
    高橋伸幸, 稲葉美里, 小野田竜一, 柴田翠
    17th International Conference on Social Dilemmas 2017年06月 口頭発表(一般)
  • 内集団をひいきすることによる一般交換の成立機序  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第9回年次大会 2016年12月 ポスター発表
  • フィールドにおけるサンクショナーに対する評価  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸, 宮崎梨奈
    日本人間行動進化学会第9回年次大会 2016年12月 ポスター発表
  • 2つの集団で構成される社会で一般交換を維持させる利他行動の特徴 -2-  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第57回大会 2016年09月 ポスター発表
  • Voluntary formation of sanctioning institutions in social dilemmas and their effectiveness  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸, 勝浦聖奈
    The 31st International Congress of Psychology 2016年07月 ポスター発表
  • Direct exchange or indirect exchange; which exchange enables the evolution of cooperation in social dilemmas?  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    The 28th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2016年06月 ポスター発表
  • サンクション制度への自発的参加と効果の比較  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸, 勝浦聖奈
    日本社会心理学会第57回大会 2016年 口頭発表(一般)
  • 第三者サンクション行使に対する行動選択肢数の効果  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第8回大会 2015年12月 ポスター発表
  • 社会的交換と社会的ジレンマの連結に基づく選別的利他行動の進化条件  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第8回大会 2015年12月 口頭発表(一般)
  • 差別行動による均衡が崩壊する条件  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第56回大会 2015年11月 口頭発表(一般)
  • 「協力の進化」を巡る、次世代の新たな問いとは何か?  [通常講演]
    高橋 伸幸
    日本社会心理学会第56回大会 2015年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 社会的交換と社会的ジレンマの連結:進化シミュレーションによる検討  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第56回大会 2015年11月 口頭発表(一般)
  • The role of psychological inference on the promotion of promiscuous trust  [通常講演]
    Takahashi, N, Inaba, M, Onoda, R, Takekawa, Y
    The 16th International Conference on Social Dilemmas 2015年06月 口頭発表(一般)
  • Under what conditions can a linkage strategy lead to mutual cooperation?  [通常講演]
    Inaba, M, Takahashi, N
    The 16th International Conference on Social Dilemmas 2015年06月 口頭発表(一般)
  • An experimental examination of third-party sanctions when both punishments and rewards are possible  [通常講演]
    Mashima, R, Takahashi, N
    The 16th International Conference on Social Dilemmas 2015年06月 ポスター発表
  • Robustness of linkage strategy which leads to mutual cooperation  [通常講演]
    Inaba, M, Takahashi, N
    The 27th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2015年05月 口頭発表(一般)
  • An experimental examination of third-party sanctions when both punishments and rewards are possible  [通常講演]
    Mashima, R, Takahashi, N
    The 27th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2015年05月 ポスター発表
  • 連結戦略によって社会的ジレンマでの協力は達成されるか?-Panchanathan & Boyd (2004)の進化シミュレーションによる追試-  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第7回大会 2014年11月 ポスター発表
  • 内集団ひいき vs. 普遍主義 -間接的互恵性における集団の役割-  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第7回大会 2014年11月 ポスター発表
  • 高機会コスト社会への適応戦略としての防衛的悲観主義  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸, 鈴木唯
    日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会 2014年09月 ポスター発表
  • 罰・報酬の双方が可能な第三者サンクションの実験的検討  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第55回大会 2014年07月 ポスター発表
  • 評判が用いられる状況の特性  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第55回大会 2014年07月 口頭発表(一般)
  • 排除可能な状況における罰行使  [通常講演]
    波多野礼佳, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第6回大会 2013年12月 ポスター発表
  • 社会的交換場面での行動決定における評判利用の抑制  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第6回大会 2013年12月 ポスター発表
  • 内生的・外生的サンクショニングシステムにおけるサンクショナー評判の実験的検討  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第6回大会 2013年12月 ポスター発表
  • 2つの集団で構成される社会において成立する間接的互恵性の形態  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第6回大会 2013年12月 ポスター発表
  • 他者の存在は罰行動を促進させるのか?  [通常講演]
    波多野礼佳, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第54回大会 2013年11月 口頭発表(一般)
  • 社会的交換場面における行動決定に評判が与える影響  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第54回大会 2013年11月 口頭発表(一般)
  • サンクショナー評判に対する合意の効果の実験的検討  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第54回大会 2013年11月 ポスター発表
  • 2つの集団で構成される社会で成立する利他行動の特徴  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第54回大会 2013年11月 口頭発表(一般)
  • Why do people selectively give benefits to cooperators in SD?  [通常講演]
    Takahashi, N, Inaba, M
    The 25th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2013年07月 口頭発表(一般)
  • Psychological processes of linkage between social dilemmas and social exchange.  [通常講演]
    Inaba, M, Takahashi, N
    The 15th International Conference on Social Dilemmas 2013年07月 口頭発表(一般)
  • Experimental examination of reputation of collective sanctioners.  [通常講演]
    Mashima, R, Takahashi, N
    The 15th International Conference on Social Dilemmas 2013年07月 口頭発表(一般)
  • Comparison of four types of sanctioning mechanism.  [通常講演]
    Takahashi, N, Inaba, M
    The 15th International Conference on Social Dilemmas 2013年07月 口頭発表(一般)
  • Do people help those who helped a free-rider? –An experimental study to examine strategies in indirect reciprocity settings-.  [通常講演]
    Takahashi, N, Mashima, R
    The 2013 Asia-Pacific Meeting of the Economic Science Association 2013年02月 口頭発表(一般)
  • 社会的ジレンマと繰り返し囚人のジレンマの連結メカニズム  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    第16回実験社会科学カンファレンス 2012年12月 口頭発表(一般)
  • 印象形成によるゲーム間の連結  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第5回大会 2012年12月 ポスター発表
  • システムサンクション従事者の評判についての実証的研究  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第5回大会 2012年12月 ポスター発表
  • Social learning, trial-and-error, and creativity.  [通常講演]
    Takahashi, N, Hatano, A, Inaba, M, Onoda, R, Simunovic, D
    International Conference on Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning. 2012年11月 口頭発表(一般)
  • ゲーム間連結行動の心理メカニズム  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第53回大会 2012年11月 口頭発表(一般)
  • サンクション行動は複数の形態の間で一貫するか?  [通常講演]
    波多野礼佳, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第53回大会 2012年11月 口頭発表(一般)
  • 内集団ひいき行動の適応的基盤-ランダムマッチング状況における検討(2)-  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第53回大会 2012年11月 口頭発表(一般)
  • サンクション行動は複数の形態の間で一貫するか?  [通常講演]
    波多野礼佳, 高橋伸幸
    北海道心理学会第59回大会 2012年09月 ポスター発表
  • 行動履歴が非対称である場合のゲーム間連結行動  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会 2012年09月 口頭発表(一般)
  • 内集団ひいき行動は頑健な社会を作り出せるのか  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会 2012年09月 口頭発表(一般)
  • Punishment and reward, peer-sanction and pool-sanction - Are they all the same “sanction”?  [通常講演]
    Hatano, A, Takahashi, N
    The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2012年06月 ポスター発表
  • Do people link a prisoner’s dilemma game with a social dilemma game even when only they know their partners’ behaviors in SD?  [通常講演]
    Inaba, M, Takahashi, N
    The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2012年06月 ポスター発表
  • Experimental examination of reputation of individual sanctioner and two types of collective sanctioners  [通常講演]
    Mashima, R, Takahashi, N
    The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2012年06月 ポスター発表
  • Are in-group favoring strategies evolutionarily stable against egoists?  [通常講演]
    Onoda, R, Takahashi, N
    The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2012年06月 ポスター発表
  • Are sanctioners selected as leaders?  [通常講演]
    Takahashi, N, Inaba, M, Hatano, A, Onoda, R
    The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2012年06月 口頭発表(一般)
  • 複数形態でのサンクション行動の一貫性に関する検討  [通常講演]
    波多野礼佳, 高橋伸幸
    グローバルCOE「心の社会性に関する教育研究拠点」総括シンポジウム 2012年03月 ポスター発表
  • 社会的ジレンマにおけるサンクショニングメカニズムの4形態  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸, 中川遥
    グローバルCOE「心の社会性に関する教育研究拠点」総括シンポジウム 2012年03月 ポスター発表
  • 怒りの適応的基盤-怒りが高評価につながる状況の探索的研究-  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第4回大会 2011年11月 ポスター発表
  • サンクションの種類による、サンクショナー評判の比較  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第4回大会 2011年11月 口頭発表(一般)
  • 社会的ジレンマにおけるサンクショニングメカニズムの4形態  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸, 中川遥
    日本社会心理学会第52回大会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • サンクショナーの評判についての実証的検討:サンクションの分類による比較  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第52回大会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 内集団ひいき行動の適応的基盤-ランダムマッチング状況における検討-  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第52回大会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 人間関係における資源投資戦略の国際比較  [通常講演]
    高橋伸幸, 稲葉美里, Willer Robb, Barclay Pat
    日本社会心理学会第52回大会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 怒りへの評価に影響を与える状況要因の探索的研究  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本心理学会第75回大会 2011年09月 ポスター発表
  • 交換形態が社会的連帯に与える影響の比較  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会 2011年09月 口頭発表(一般)
  • 交換形態が社会的連帯に与える影響の比較  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本グループ・ダイナミックス学会第58回大会 2011年08月 口頭発表(一般)
  • Reputational benefits of sanctioners.  [通常講演]
    Mashima R, Takahashi, N
    The 14th International Conference on Social Dilemmas 2011年07月 口頭発表(一般)
  • Comparison of the effects of exchange form on social solidarity.  [通常講演]
    Inaba, M, Takahashi, N
    The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2011年06月 ポスター発表
  • How do people evaluate different types of sanctioners?  [通常講演]
    Mashima R, Takahashi, N
    The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2011年06月 ポスター発表
  • The emergence of in-group favoring behavior in indirect reciprocity setting.  [通常講演]
    Onoda, R, Takahashi, N
    The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2011年06月 ポスター発表
  • Comparison of four types of sanctioning mechanism.  [通常講演]
    Takahashi, N, Inaba, M, Nakagawa, H
    The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society 2011年06月 口頭発表(一般)
  • 交換形態が社会的連帯に及ぼす影響  [通常講演]
    稲葉美里, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第3回大会 2010年12月 ポスター発表
  • 一般交換との連結による社会的ジレンマ解決-強制的プレイ・選択的プレイパラダイム間の比較-  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第3回大会 2010年12月 ポスター発表
  • 内集団ひいきと反内集団ひいき‐内集団ひいき行動の適応的基盤‐  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本人間行動進化学会第3回大会 2010年12月 ポスター発表
  • 内集団ひいきvs.反内集団ひいき‐集団内一般交換の成立‐  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    北海道心理学会第57回大会 2010年10月 ポスター発表
  • 「感情に駆られた利他行動」は適応的か?  [通常講演]
    真島理恵, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第51回大会 2010年09月 ポスター発表
  • 内集団ひいき vs. 反内集団ひいき-進化シミュレーションによる検討-  [通常講演]
    小野田竜一, 高橋伸幸
    日本社会心理学会第51回大会 2010年09月 口頭発表(一般)
  • Indirect reciprocity may or may not solve the social dilemma.  [通常講演]
    Mashima, R, Takahashi, N
    The 22nd Annual Meeting of Human Behavior & Evolution Society 2010年06月 ポスター発表
  • The emergence of in-group favoring behavior: generalized exchange takes place within group boundaries.  [通常講演]
    Onoda, R, Takahashi, N
    The 22nd Annual Meeting of Human Behavior & Evolution Society 2010年06月 ポスター発表

その他活動・業績

  • Misato Inaba, Nobuyuki Takahashi Shinrigaku Kenkyu 83 (1) 27 -34 2012年 [査読無し][通常論文]
     
    Although social solidarity is an essential component that helps maintaining social order, what produces solidarity and how does it work have not been fully investigated. We conducted an experiment to examine whether experiencing different forms of social exchange produces different levels of solidarity. We compared four forms of social exchange: reciprocal exchange (exchange resources without negotiation), negotiated exchange (with negotiation), pure-generalized exchange (giver can choose who to give) and chaingeneralized exchange (giver cannot choose who to give). Two dimensions classify these exchanges: the number of players (two vs. more than two), and involvement of negotiation. Reciprocal and negotiated exchanges occur within dyads, while pure- and chain-generalized exchanges involve three or more players. Only the negotiated exchange involves negotiation process the other exchanges are purely unilateral giving. Participants played a one-shot social dilemma game (SDG) before and after social exchange session. The more the players cooperated in SDG, the stronger the social solidarity. Results show that the cooperation rate in SDG increased more in the reciprocal, pure- and chain-generalized exchange conditions than that in the negotiated exchange condition, suggesting that social solidarity is facilitated by experiencing social exchange which does not involve negotiation.
  • Rie Mashima, Nobuyuki Takahashi INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 43 (3-4) 643 -643 2008年06月 [査読無し][通常論文]
  • R Mashima, N Takahashi SOCIOLOGICAL THEORY AND METHODS 20 (2) 177 -195 2005年 [査読無し][通常論文]
     
    Although altruism based on direct reciprocity has been theoretically and empirically illustrated in various disciplines, the occurrence of altruism without direct reciprocity has been a puzzle until the recent theoretical development. After critically examining the previous studies, Mashima and Takahashi (2005) showed that neither Image Scoring (Nowak and Sigmund, 1998a, b) nor Standing (Leimar and Hammerstein, 2001; Panchanathan and Boyd, 2003) is the solution. It is SDISC that is the solution. However, the current study points out one limitation that all of these studies used the random matching environment, and argues that the selective-play environment (Takahashi, 2000; Yamagishi and Hayashi, 1996) should be used. In the theoretical part, this paper reports the results of a new series of simulation using the selective-play environment, which showed that not only SDISC but also "Extra Standing" (i.e., to give to a recipient who gave to a "good" individual or who did not give to a "bad" individual) can make indirect reciprocity possible. In the empirical part, this paper reports the results of a vignette study that examines people's strategies - what type of person people regard as "good" or "bad" in the indirect reciprocity setting. Results showed that respondents evaluated the target 1) who gave to a good recipient as "good," 2) who gave to a bad recipient as "bad," and 3) who did not give to a good recipient as "bad." This is consistent with the theoretical conclusion.
  • Rie Mashima, Nobuyuki Takahashi Shinrigaku Kenkyu 76 (5) 436 -444 2005年 [査読無し][通常論文]
     
    Although there have been a number of studies that theoretically and empirically examined altruism based on direct reciprocity, few have been conducted on how altruism based on indirect reciprocity emerges. Recent advances in biological research, however, have suggested possible answers to the question. For instance, Nowak and Sigmund (1998a, b) proposed that what they called image scoring strategy made indirect reciprocity possible. After critically examining their work, Leimar and Hammerstein (2001) pointed out several limitations to the theory, and instead proposed standing strategy as an explanation. Although careful attempts to replicate the findings by them and Panchanathan and Boyd (2003) supported the arguments against image scoring, we reveal that standing strategy was not a satisfactory answer either. Based on a series of evolutionary simulations, we propose a new strategy, which we call strict discriminator, as an alternative. Strict discriminators are discriminating altruists, similar to the altruists with image scoring or standing strategy, but they are different in that its criterion for discrimination is stricter: unconditional altruists are excluded from their reciprocity.
  • N Takahashi, T Yamagishi, N Hayashi JAPANESE JOURNAL OF PSYCHOLOGY 70 (1) 9 -16 1999年04月 [査読無し][通常論文]
     
    Recent computer simulation studies (Takahashi & Yamagishi, 1995, 1996) suggest the possibility that altruists outperform egoists, and the key to their advantage is a strategy called Downward OFT. The strategy calls for acting always altruistically, at the same time selecting as the tar et of the altruism the most altruistic person among potential recipients. The main purpose of this study was to examine whether people actually follow Downward OFT in a situation where no direct reciprocity was possible. Results were as follows: (1) Pure generalized exchange (i.e., unilateral recourse giving) did emerge and persisted over forty-five trials. (2) Subjects selected other altruists as recipients of their unilateral resource giving. (3) The tendency of altruistic subjects to discriminate among potential recipients of their altruism was stronger than that of self-interested subjects. (4) Subjects who unilaterally gave more resource ended up with more profit (resource received minus resource given) than those who gave less.
  • Trust and commitment under social uncertainty
    Research in Social Psychology (11) 206 -216 1996年 [査読無し][通常論文]
  • Social Relational Foundations of Altruistic Behavior
    Japanese Journal of Experimental Social Psychology (36) 1 -11 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 信頼とコミットメント形成-実験研究
    山岸俊男, 山岸みどり, 高橋伸幸, 林直保子, 渡部幹 実験社会心理学研究 35 (1) 23 -34 1995年 [査読有り][通常論文]
  • Takahashi Nobuyuki, Yamagishi Toshio Sociological Theory and Methods 8 (2) 251 -269 1993年 [査読無し][通常論文]
     
    Several research groups are currently studying the distribution of power in social exchange networks. This paper firstoutlines the history of the dispute, which stimulated the current interests in network exchange theory, between two research groups Cook, Yamagishi and their associates who have been trying to extend the power/dependence theory originally developed by Emerson beyond its original dyadic formulations, on the one hand, and Wilier, Markovsky and their associates, on the other-concerning the proper method for predicting the distribution of power across network positions. We then present a new equidepend- ence algorithm (EDA) that was developed to overcome the limitations of the old algorithm based on the power/dependence formulations. the predicitons by the new algorithm were compared with those by GPI proposed by Wilier, Markovsky and their associates against simulation results. These comparisons demonstrate the superiority of EDA over GPI. © 1993, Japanese Association For Mathematical Sociology. All rights reserved.

受賞

  • 2006年 優秀論文賞
  • 2000年 優秀論文賞
  • 1997年 研究優秀賞
  • 1997年 Distinguished Paper Award
  • 1996年 Graduate Student Paper Award

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2012年 -2015年 
    代表者 : 高橋 伸幸
     
    人類は、大集団で社会秩序を達成可能な唯一の種であり、このことは様々な学問分野で中心テーマとして取り上げられてきた。これまでの研究で社会秩序を維持するメカニズムとして最もよく用いられてきたのがサンクションである。しかし、サンクションを行使することそのものが二次の社会秩序問題となってしまうという二次のジレンマ問題により、理論的には解決は不可能だとされてきた。これに対し近年、実際に人々はサンクションを行使すること、そしてそれは一見非適応的に見えても実は適応的になる可能性が指摘され始めた。その中で最も注目を集めているのが「強い互恵性」である。強い互恵性とは、人間は協力には協力を、非協力には非協力を返すという互恵性だけではなく、それを超えて、たとえ自分が無関係な第三者であっても、自分にとってはコストがかかるだけで何の利益も得られない場合でも、サンクションを与える社会的選好である。そして、強い互恵性が適応的となると主張するモデル研究も発表されている。しかし、このような研究の大前提には、サンクション行動を引き起こす単独の心理的動機が存在するという考えがある。これまでの実証研究においては様々なタイプのサンクションが扱われてきたのだが、それらは全て単独の動機に基づいているのだろうか?この点を検討するため、24年度はまず、場面想定法を用いたSDとサンクションの実験を行った。用いたサンクションの種類は、サンクションの主体(個人orシステム)と方法(報酬or罰)である。この結果、サンクションのタイプの間に個人内の一貫性はあまりないこと、そしてサンクションの主体がどちらであってもそれを引き起こす共通した心理的要因が存在していることが示唆されたが、報酬と罰ではやはりサンクションを引き起こす心理的要因が異なっていることが示唆された。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2012年 -2014年 
    代表者 : 高橋 伸幸
     
    非血縁間でも大規模な相互協力を達成可能であることは、他の種と比較したホモ・サピエンスの社会の特徴であり、様々な学問領域で中心的な研究テーマとして取り上げられてきた。そのようなこれまでの研究のほとんどは、それぞれ特定の状況を設定し、そこで相互協力がいかに達成されるかを扱ってきた。これに対し近年、人間は実際には同時に複数の状況に埋め込まれており、他の状況と相互に独立した個別の状況ではなく、相互依存性のある複数の状況のセットを分析すべきだという指摘がなされるようになった。先行研究に倣い、状況間が独立ではなくなることを本研究でも「連結」と呼ぶことにする(Aoki, 2001)。しかし、連結がどのような心理メカニズムで可能となるのかは、未だ明らかになっていない。そこで24年度は、まず予備的な研究として場面想定法質問紙実験を行った。具体的には、一般交換、限定交換、信頼ゲーム等の様々なゲーム状況と社会的ジレンマ(SD)のセットについて、それらを想起させるシナリオを作成し、実際に人々が連結を示すかどうかを探索的に検討した。その結果、強制的プレイPDゲームと一般交換ゲームでは連結が見られた。また、連結は相手の行動予測やその他の複数の心理的要因によって影響されることも示唆された。そこで次に、実験室実験を行った。古典的ゲーム理論に基づくAoki (2001)は、SD非提供者には社会的交換において非協力するということが共有信念として存在している場合、合理的な推論の結果として実際にそのような連結がナッシュ均衡となることを示した。しかし、通常人間がそのような複雑な推論を行っているとは考えられないため、そのような共有信念をブロックしても連結が生じるかどうかを、SDとPDを繰り返すという実験を用いて検討した。その結果はやはり、共有信念をブロックしてもなお、連結がはっきりと示されるというものであった。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
    研究期間 : 2011年 -2012年 
    代表者 : 高橋 伸幸
     
    ホモ・サピエンスがネアンデルタールと交替した原因として、サピエンスに特異的に備わった学習能力が想定されている。サピエンスは模倣による社会学習能力と試行錯誤による個体学習能力を兼ね備えていたため、社会学習能力のみで個体学習能力の低かったネアンデルタールより優位に立ったのだ、というわけである。しかし、この議論には大きな問題点がある。それは、進化の歴史を考えると、個体学習よりもむしろ社会学習の方が「高度な」能力であること、そして個体学習ではサピエンスが生息地域を急速に拡大していったことを説明できないことである。そこで本研究は、サピエンスに特有の能力として、第三の能力、即ち新奇な環境において素早く適応的な行動を見出す能動的な個体学習能力である「創造性」が存在すると仮定する。しかし、このような能力を測定する方法はいまだ確立されていない。本研究の目的は、心理学実験により、この能力の測定方法を確立することにある。23年度は、2種類の個体学習能力(創造性と試行錯誤能力)と社会学習能力(模倣能力)との間の関係を明らかにするために、実験室実験を行った。創造性を測定する課題としては「ひも課題」と「ロウソク課題」、試行錯誤能力を測定する課題としては「ロンボス課題」、模倣能力を測定する課題としては「知恵の輪課題」を用いた。実験結果は、創造性は試行錯誤能力とは負の関係、模倣能力とは正の関係にあるが、模倣能力と試行錯誤能力は独立であることを示唆した。従って、これまで同じ個体学習として区別されてこなかった創造性と試行錯誤能力との間には実は負の関係がある可能性がある。また、模倣能力との間に負の関係のある能力は見られなかったことから、社会学習能力と個体学習能力はトレードオフ関係にはないのではないか、という可能性も浮上した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2010年 -2011年 
    代表者 : 高橋 伸幸
     
    本研究で扱う問いは、自己利益を追求する個体間で大規模な相互協力達成がいかにして可能かというものである。これは、これまでは理論的には説明不可能だった問題であるが、本研究により解明への端緒を見出すことができた。具体的には、他の社会的相互依存関係と相互協力達成状況との間に相互影響過程が存在すること、及び相互協力状態維持のためのサンクションを行うことが別な状況において自己利益をもたらす可能性があることを組み入れた理論を構築する必要性が明らかになった。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 高橋 伸幸
     
    直接の返報が期待できない状況での他者への資源提供は、動物社会では見られない人間社会の特徴である。一般交換とはこのような行動により成立するマクロパターンであり、それは間接互恵性(資源提供者に対する第三者による返報)により成立することが、近年の社会科学及び生物学における研究の急速な発展の中で明らかにされてきた。本研究は、いかなる仕組みが間接互恵性を成立させるのかを、数理モデルとシミュレーションを用いた理論面と質問紙調査及び実験による実証面から明らかにしようとしたものである。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 高橋 伸幸
     
    人間社会を特徴づける重要な要素は、直接互恵性が存在しなくても人々が一方的に資源を提供し合うという一般交換の存在である。一般交換は、「情けは人のためならず」という諺が示すように、資源を与えた相手以外の第三者から間接的に返報されることにより成立していると考えられる。一般交換に関する研究は90年代末にようやく端緒についたばかりであり、これまでは社会心理学などの実験研究を重視する分野と進化生物学や人類学などの数理モデルや理論研究を重視する分野とで、お互いの交流なしに独立して研究が進められてきた。本研究は、このような二つの研究の流れを統合し、新たな発展可能性を探ることを目的とする。17年度は、16年度に引き続き数理モデルによる解析とシミュレーションを行い、(1)二者間の直接交換の場合には有効であった一次情報(前回提供したかどうか)のみを用いる単純な応報戦略(提供者には提供、非提供者には非提供)では一般交換を維持できず、前回の行動が誰に対しての行動かを表す二次情報を用いる必要があること、(2)他者の行動を見間違うという知覚のエラーを考慮すると、一般交換維持のためには、過去の研究で明らかにされた「正当化可能な(非提供者への)非提供者には提供するが、正当化不可能な(提供者への)非提供者には提供しない」という戦略は有効ではなく、「提供者への提供者には提供するが、非提供者への提供者には提供しない」という村八分を実現する戦略のみが有効であることが明らかにされた。更に17年度には、16年度に行った場面想定法質問紙実験の結果に基づき、実験室実験を行った。上述の適応論的分析から導き出された戦略と合致する行動を実際に人々が採用するのかどうかを検討したところ、二者間の直接交換の時に有効な単純な応報戦略と一貫する一次情報の用いられ方は明確に現れたが、村八分を実現するような二次情報の用いられ方を示す行動パターンはあまり明確には見られなかった。これは今後の課題であるが、一つの可能性として、応報戦略は非常に協力に人間の心に組み込まれている仕組みであるのに対し、村八分戦略はより高度な情報処理を必要とするため、ある特定の状況でしか表面には現れてこないという可能性が示唆された。
  • 一般交換の生成と機能
    科学研究費補助金
    研究期間 : 2004年
  • The emergence and the function of generalized exchange
    Grant-in-Aid for Scientific Research
    研究期間 : 2004年
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 高橋 伸幸
     
    本研究の主な目的は、公正感と不公正是正行動との関係を明らかにすることにある。社会的交換理論と衡平理論の両方の枠組みにおける公正感研究を統合し、更に近年急速に発展しつつある適応論的枠組みを導入することが、本研究の特色である。本年度は、昨年度開発した実験システムを用いて、行為者の埋め込まれているネットワークが比較対象を規定し、それが最終的には不公正是正行動にまで影響を与えることを示す実験室実験を行った。この実験では、各参加者は同一の交換結果を経験するが、それが公正かどうかは暖昧なままであった。条件は他の参加者の置かれた状況についての情報がどの程度利用可能かによって操作し、次の三つを用意した。(1)局所比較条件(自分の交換相手についての情報のみが利用可能)、(2)集団内準拠比較条件(自分の交換相手及び自分の集団内の同じ立場の他者についての情報が利用可能)、及び(3)集団間準拠比較条件(自分の交換相手及び自分と異なる集団の同じ立場の他者についての情報が利用可能)である。米の結果では不公正是正行動は(1)>(2)>(3)であったが、今回の日本での実験結果は(1)>(2)=(3)であることを示した。このことから、日米で集団の持つ意味が異なっており、その結果として適応的な行動パターンに違いが生じている可能性が示唆された。本年度は、集合行動としての不公正是正行動におけるただ乗り問題を解決する一つの可能性として、怒りの共有性についての実験も行う予定であった。しかし、本格的な実験室実験を行う前に検討課題が出てきたため、場面想定法を用いた質問紙調査を行った。この質問紙調査の目的は、二次の罰行動(フリーライダーを罰しない行為者を罰する)を人々が行うかどうかである。結果は、人々が二次の罰行動を行うのは、罰の対象者の行為が集団全体に波及効果をもたらす場合であることが示唆されたが、この点に関しては更なる検討が必要である。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 博士論文指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 人文社会構造論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 社会構造、宗教、宗教学、文献学、明治民法、恋愛小説、モダニズム、都市、歴史学、政治、民主政、「帝国」、心理メカニズム、相互依存性
  • 博士論文指導特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 文学院
  • 数理行動学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : ゲーム理論、進化ゲーム理論、進化生物学、数理モデル、シミュレーション、プログラミング
  • 修士論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 数理行動学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : ゲーム理論、進化ゲーム理論、進化生物学、数理モデル、シミュレーション、プログラミング
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
  • 行動科学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 社会的ジレンマ、社会的交換ネットワーク、社会的公平
  • 卒業論文
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
  • 行動科学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 社会的ジレンマ、社会的交換ネットワーク、社会的公平
  • 修士論文・特定課題指導特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
  • 計量行動学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学研究科
    キーワード : 回帰分析、一般線形モデル、最尤推定法
  • 計量行動学特別演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 文学院
    キーワード : 回帰分析、一般線形モデル、最尤推定法
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 行動科学、社会心理学、進化、文化、適応、比較認知科学
  • 行動システム科学概論
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 行動科学、社会心理学、進化、文化、適応、比較認知科学
  • 社会の認識
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 進化、適応、合理性、文化
  • 社会・制度モジュール特殊科目B
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 適応、文化、制度
  • 行動科学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 適応、文化、制度
  • 行動科学演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 統計、分析、データ
  • 行動科学特殊演習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 行動科学 実験 研究法
  • 行動計量学
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 回帰分析、分散分析、最小二乗法
  • 行動科学実験実習
    開講年度 : 2019年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 文学部
    キーワード : 行動科学、社会心理学、進化、文化、適応

大学運営

委員歴

  • 2017年04月 - 現在   日本社会心理学会   理事
  • 2015年01月 - 現在   日本人間行動進化学会   常務理事
  • 2011年04月 - 2015年03月   日本社会心理学会   理事
  • 2007年 - 2014年12月   日本人間行動進化学会   理事   日本人間行動進化学会
  • 2009年11月 - 2013年10月   日本心理学会   編集委員


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.