橋本 ありハシモト アリresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/18

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門生化学分野
職名助教 
学位
博士(医学)
修士(理学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

Arf6, AMAP1, ArfGEF, 乳癌, 癌浸潤, 血管新生, 細胞浸潤, 細胞内輸送, ノックアウトマウス, endocytosis, 細胞運動, ArfGAP, AMAP2, 分子生物学

研究分野

基礎医学 / 医化学一般
生物科学 / 細胞生物学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 医化学一般
生物科学 / 細胞生物学

職歴

2010年
-
2011年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2010年
-
2011年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)

所属学協会

日本細胞生物学会
日本分子生物学会
日本癌学会
日本生化学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本細胞生物学会
日本分子生物学会
日本癌学会
日本生化学会

研究活動

論文

Frequent overexpression of AMAP1, an Arf6 effector in cell invasion, is characteristic of the MMTV-PyMT rather than the MMTV-Neu human breast cancer model.
Otsuka Y, Oikawa T, Yoshino H, Hashimoto S, Handa H, Yamamoto H, Hashimoto A, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 16(1) 1 2018年01月
Prognostic significance of erythrocyte protein band 4.1-like5 expression in upper urinary tract urothelial carcinoma.
Daimon T, Kosaka T, Kikuchi E, Mikami S, Miyazaki Y, Hashimoto A, Hashimoto S, Mizuno R, Miyajima A, Okada Y, Sabe H, Oya M
Urologic oncology 35(9) 543.e17-543.e24 2017年09月
High expression of EPB41L5, an integral component of the Arf6-driven mesenchymal program, correlates with poor prognosis of squamous cell carcinoma of the tongue.
Otsuka Y, Sato H, Oikawa T, Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Fukunaga K, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 14(1) 28 2016年11月
Arf6 and its ZEB1-EPB41L5 mesenchymal axis are required for both mesenchymal- and amoeboid-type invasion of cancer cells.
Handa H, Hashimoto A, Hashimoto S, Sabe H
Small GTPases  1-7 2016年10月
Tumor responsiveness to statins requires overexpression of the ARF6 pathway.
Sabe H, Hashimoto A, Hashimoto S, Oikawa T
Molecular & cellular oncology 3(4) e1185564 2016年07月
P53- and mevalonate pathway-driven malignancies require Arf6 for metastasis and drug resistance.
Hashimoto A, Oikawa T, Hashimoto S, Sugino H, Yoshikawa A, Otsuka Y, Handa H, Onodera Y, Nam JM, Oneyama C, Okada M, Fukuda M, Sabe H
The Journal of cell biology 213(1) 81-95 2016年04月
Lysophosphatidic acid activates Arf6 to promote the mesenchymal malignancy of renal cancer.
Hashimoto S, Mikami S, Sugino H, Yoshikawa A, Hashimoto A, Onodera Y, Furukawa S, Handa H, Oikawa T, Okada Y, Oya M, Sabe H
Nature communications 7 10656 2016年02月
AMAP1 as a negative-feedback regulator of nuclear factor-κB under inflammatory conditions.
Tien DN, Kishihata M, Yoshikawa A, Hashimoto A, Sabe H, Nishi E, Kamei K, Arai H, Kita T, Kimura T, Yokode M, Ashida N
Scientific reports 4 5094 2014年05月
High level expression of AMAP1 protein correlates with poor prognosis and survival after surgery of head and neck squamous cell carcinoma patients.
Sato H, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Hatakeyama H, Hashimoto A, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 12 17 2014年03月
Co-overexpression of GEP100 and AMAP1 proteins correlates with rapid local recurrence after breast conservative therapy.
Kinoshita R, Nam JM, Ito YM, Hatanaka KC, Hashimoto A, Handa H, Otsuka Y, Hashimoto S, Onodera Y, Hosoda M, Onodera S, Shimizu S, Tanaka S, Shirato H, Tanino M, Sabe H
PloS one 8 e76791 2013年
論文を全て表示する
論文閉じる
Frequent overexpression of AMAP1, an Arf6 effector in cell invasion, is characteristic of the MMTV-PyMT rather than the MMTV-Neu human breast cancer model.
Otsuka Y, Oikawa T, Yoshino H, Hashimoto S, Handa H, Yamamoto H, Hashimoto A, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 16(1) 1 2018年01月
Prognostic significance of erythrocyte protein band 4.1-like5 expression in upper urinary tract urothelial carcinoma.
Daimon T, Kosaka T, Kikuchi E, Mikami S, Miyazaki Y, Hashimoto A, Hashimoto S, Mizuno R, Miyajima A, Okada Y, Sabe H, Oya M
Urologic oncology 35(9) 543.e17-543.e24 2017年09月
High expression of EPB41L5, an integral component of the Arf6-driven mesenchymal program, correlates with poor prognosis of squamous cell carcinoma of the tongue.
Otsuka Y, Sato H, Oikawa T, Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Fukunaga K, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 14(1) 28 2016年11月
Arf6 and its ZEB1-EPB41L5 mesenchymal axis are required for both mesenchymal- and amoeboid-type invasion of cancer cells.
Handa H, Hashimoto A, Hashimoto S, Sabe H
Small GTPases  1-7 2016年10月
Tumor responsiveness to statins requires overexpression of the ARF6 pathway.
Sabe H, Hashimoto A, Hashimoto S, Oikawa T
Molecular & cellular oncology 3(4) e1185564 2016年07月
P53- and mevalonate pathway-driven malignancies require Arf6 for metastasis and drug resistance.
Hashimoto A, Oikawa T, Hashimoto S, Sugino H, Yoshikawa A, Otsuka Y, Handa H, Onodera Y, Nam JM, Oneyama C, Okada M, Fukuda M, Sabe H
The Journal of cell biology 213(1) 81-95 2016年04月
Lysophosphatidic acid activates Arf6 to promote the mesenchymal malignancy of renal cancer.
Hashimoto S, Mikami S, Sugino H, Yoshikawa A, Hashimoto A, Onodera Y, Furukawa S, Handa H, Oikawa T, Okada Y, Oya M, Sabe H
Nature communications 7 10656 2016年02月
AMAP1 as a negative-feedback regulator of nuclear factor-κB under inflammatory conditions.
Tien DN, Kishihata M, Yoshikawa A, Hashimoto A, Sabe H, Nishi E, Kamei K, Arai H, Kita T, Kimura T, Yokode M, Ashida N
Scientific reports 4 5094 2014年05月
High level expression of AMAP1 protein correlates with poor prognosis and survival after surgery of head and neck squamous cell carcinoma patients.
Sato H, Hatanaka KC, Hatanaka Y, Hatakeyama H, Hashimoto A, Matsuno Y, Fukuda S, Sabe H
Cell communication and signaling : CCS 12 17 2014年03月
Co-overexpression of GEP100 and AMAP1 proteins correlates with rapid local recurrence after breast conservative therapy.
Kinoshita R, Nam JM, Ito YM, Hatanaka KC, Hashimoto A, Handa H, Otsuka Y, Hashimoto S, Onodera Y, Hosoda M, Onodera S, Shimizu S, Tanaka S, Shirato H, Tanino M, Sabe H
PloS one 8 e76791 2013年
Rab5c promotes AMAP1-PRKD2 complex formation to enhance β1 integrin recycling in EGF-induced cancer invasion.
Onodera Y, Nam JM, Hashimoto A, Norman JC, Shirato H, Hashimoto S, Sabe H
The Journal of cell biology 197(7) 983-996 2012年06月
GEP100-Arf6-AMAP1-cortactin pathway frequently used in cancer invasion is activated by VEGFR2 to promote angiogenesis.
Hashimoto A, Hashimoto S, Ando R, Noda K, Ogawa E, Kotani H, Hirose M, Menju T, Morishige M, Manabe T, Toda Y, Ishida S, Sabe H
PloS one 6 e23359 2011年
Engagement of overexpressed Her2 with GEP100 induces autonomous invasive activities and provides a biomarker for metastases of lung adenocarcinoma.
Menju T, Hashimoto S, Hashimoto A, Otsuka Y, Handa H, Ogawa E, Toda Y, Wada H, Date H, Sabe H
PloS one 6 e25301 2011年
The EGFR-GEP100-Arf6-AMAP1 signaling pathway specific to breast cancer invasion and metastasis.
Sabe H, Hashimoto S, Morishige M, Ogawa E, Hashimoto A, Nam JM, Miura K, Yano H, Onodera Y
Traffic (Copenhagen, Denmark) 10(8) 982-993 2009年08月
The EGFR-GEP100-Arf6 pathway in breast cancer: Full invasiveness is not from the inside.
Sabe H, Hashimoto S, Morishige M, Hashimoto A, Ogawa E
Cell adhesion & migration 2 71-73 2008年04月
GEP100 links epidermal growth factor receptor signalling to Arf6 activation to induce breast cancer invasion.
Morishige M, Hashimoto S, Ogawa E, Toda Y, Kotani H, Hirose M, Wei S, Hashimoto A, Yamada A, Yano H, Mazaki Y, Kodama H, Nio Y, Manabe T, Wada H, Kobayashi H, Sabe H
Nature cell biology 10(1) 85-92 2008年01月
Neutrophil direction sensing and superoxide production linked by the GTPase-activating protein GIT2.
Mazaki Y, Hashimoto S, Tsujimura T, Morishige M, Hashimoto A, Aritake K, Yamada A, Nam JM, Kiyonari H, Nakao K, Sabe H
Nature immunology 7(7) 724-731 2006年07月
Targeting AMAP1 and cortactin binding bearing an atypical src homology 3/proline interface for prevention of breast cancer invasion and metastasis.
Hashimoto S, Hirose M, Hashimoto A, Morishige M, Yamada A, Hosaka H, Akagi K, Ogawa E, Oneyama C, Agatsuma T, Okada M, Kobayashi H, Wada H, Nakano H, Ikegami T, Nakagawa A, Sabe H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 103(18) 7036-7041 2006年05月
Expression of AMAP1, an ArfGAP, provides novel targets to inhibit breast cancer invasive activities.
Onodera Y, Hashimoto S, Hashimoto A, Morishige M, Mazaki Y, Yamada A, Ogawa E, Adachi M, Sakurai T, Manabe T, Wada H, Matsuura N, Sabe H
The EMBO journal 24(5) 963-973 2005年03月
Assays and properties of the ArfGAPs, AMAP1 and AMAP2, in Arf6 function.
Hashimoto S, Hashimoto A, Yamada A, Onodera Y, Sabe H
Methods in enzymology 404 216-231 2005年
Regulation of Bin1 SH3 domain binding by phosphoinositides.
Kojima C, Hashimoto A, Yabuta I, Hirose M, Hashimoto S, Kanaho Y, Sumimoto H, Ikegami T, Sabe H
The EMBO journal 23(22) 4413-4422 2004年11月
A novel mode of action of an ArfGAP, AMAP2/PAG3/Papa lpha, in Arf6 function.
Hashimoto S, Hashimoto A, Yamada A, Kojima C, Yamamoto H, Tsutsumi T, Higashi M, Mizoguchi A, Yagi R, Sabe H
The Journal of biological chemistry 279(36) 37677-37684 2004年09月
Requirement for Arf6 in breast cancer invasive activities.
Hashimoto S, Onodera Y, Hashimoto A, Tanaka M, Hamaguchi M, Yamada A, Sabe H
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 101(17) 6647-6652 2004年04月
Requirement for Ras guanine nucleotide releasing protein 3 in coupling phospholipase C-gamma2 to Ras in B cell receptor signaling.
Oh-hora M, Johmura S, Hashimoto A, Hikida M, Kurosaki T
The Journal of experimental medicine 198 1841-1851 2003年12月
Coupling between B cell receptor and phospholipase C-gamma2 is essential for mature B cell development.
Hikida M, Johmura S, Hashimoto A, Takezaki M, Kurosaki T
The Journal of experimental medicine 198 581-589 2003年08月

競争的資金等の研究課題

乳癌の初期段階における浸潤・転移の分子機序の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 橋本 あり
腫瘍血管における透過性亢進に関与する分子輸送のメカニズム及び病態の解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 橋本 あり
癌浸潤並びに血管新生に共通に関わる分子装置の解析及び阻害剤開発に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 橋本 あり
細胞の浸潤性制御機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 橋本 あり
Arf6による細胞運動性制御の分子機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞運動における分子機構の解析
B細胞におけるPLC-σ2の機能解析
B細胞レセプターを介するERK,JNK,p38の活性化分子機構
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
乳癌の初期段階における浸潤・転移の分子機序の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 橋本 あり
腫瘍血管における透過性亢進に関与する分子輸送のメカニズム及び病態の解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 橋本 あり
癌浸潤並びに血管新生に共通に関わる分子装置の解析及び阻害剤開発に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 橋本 あり
細胞の浸潤性制御機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 橋本 あり
Arf6による細胞運動性制御の分子機構の解析
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 佐邊 壽孝
細胞運動における分子機構の解析
B細胞におけるPLC-σ2の機能解析
B細胞レセプターを介するERK,JNK,p38の活性化分子機構

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門基礎医学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
生化学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 分子生物学、細胞生物学
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT、細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス

ページトップへ