研究者データベース

小浜 祥子(コハマ シヨウコ)
公共政策学連携研究部 附属公共政策学研究センター
准教授

基本情報

所属

  • 公共政策学連携研究部 附属公共政策学研究センター

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(国際関係)(ヴァージニア大学)

論文上での記載著者名

  • 小濵 祥子

ホームページURL

ORCID ID

J-Global ID

研究分野

  • 人文・社会 / 国際関係論 / アメリカ政治、紛争

職歴

  • 2012年04月 - 現在 北海道大学 公共政策学連携研究部 准教授
  • 2010年09月 - 2012年03月 北海道大学 法学部 准教授

学歴

  • 2008年09月 - 2014年12月   ヴァージニア大学   政治学部   博士(国際関係)
  • 2006年04月 - 2008年03月   東京大学   大学院法学政治学研究科   修士
  • 2002年04月 - 2006年03月   東京大学   法学部   学士

所属学協会

  • American Political Science Association   アメリカ学会   日本国際政治学会   

研究活動情報

論文

  • Shoko Kohama, Kazuto Ohtsuki, Yasutaka Tominaga
    Journal of Global Security Studies 5 2 319 - 338 2020年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Abstract This study explores the political-economic determinants of military strategy during civil war to explain the intensity of suffering that certain conflict zones and their inhabitants suffer due to aerial bombing and landmines. Adversaries seeking post-war rents consider distinct consequences of weapons use in the target society: bombing causes instantaneous destruction, whereas landmines cause persistent but fading negative externalities on human activities, such as labor. Thus, it is expected that economic rents with different characteristics are associated with the use of different types of weapons because the benefits derived from these rents after the conflict vary. By focusing on the nature of economic rents available in conflict zones, this study demonstrates that aerial bombing is more likely when the targeted territory relies economically on renewable resources and industries such as agriculture, whereas landmines are more likely to be used in territories endowed with perishable resources such as gemstones. An empirical analysis utilizing newly compiled geo-coded data on the locations of US airstrikes and landmine contamination during the Cambodian Civil War finds strong positive associations between agricultural productivity and the number of airstrikes, and between the proximity to large gem deposits and landmine contamination, holding major tactical variables constant. The results suggest that societies' economic structures have a sizable effect on the manner in which adversaries fight a war and, therefore, affect how people suffer from it.
  • Yohsuke Ohtsubo, Kazunori Inamasu, Shoko Kohama, Nobuhiro Mifune, Atsushi Tago
    Peace and Conflict: Journal of Peace Psychology 2020年03月05日 [査読有り][通常論文]
  • Shoko Kohama
    International Relations of the Asia-Pacific 19 2 269 - 295 2019年05月01日 [査読有り][通常論文]
  • Nobuhiro Mifune, Kazunori Inamasu, Shoko Kohama, Yohsuke Ohtsubo, Atsushi Tago
    PLOS ONE 14 1 e0211379  Public Library of Science ({PLoS}) 2019年01月 [査読有り][通常論文]
  • Shoko Kohama, Kazunori Inamasu, Atsushi Tago
    Political Communication 34 2 243 - 260 Informa {UK} Limited 2017年 [査読有り][通常論文]
  • Shoko Kohama, Atsushi Tago, Kazunori Inamasu
    Suzuki M. and Okada A., eds. Games of Conflict and Cooperation in Asia 57 - 82 Springer Japan 2017年 [査読無し][通常論文]
  • 国際危機における単独防衛:効果とメカニズム
    小濵祥子
    国際政治 181 74 - 88 2015年09月 [査読有り][通常論文]
  • 小浜 祥子
    國家學會雑誌 121 9 939 - 999 國家學會事務所 2008年10月 [査読無し][通常論文]
  • 小浜 祥子
    アメリカ太平洋研究 7 0 141 - 158 東京大学大学院総合文化研究科附属アメリカ太平洋地域研究センター,Center for Pacific and American Studies of The University of Tokyo,東京大学大学院 2007年03月 [査読有り][通常論文]

書籍

  • ポスト・オバマのアメリカ
    山岸 敬和, 西川 賢 (担当:分担執筆範囲:Ch.8 「外交・安全保障政策―思想、政策とその帰結」)
    大学教育出版 2016年 (ISBN: 9784864293983)

その他活動・業績

  • Stephen Biddle, Military Power: Explaining Victory and Defeat in Modern Battle (Princeton UP, 2006)
    小浜祥子 国家学会雑誌 122 (9-10) 241 -244 2009年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • サーベイ実験による政治情報伝達現象の国際協働研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
    研究期間 : 2018年10月 -2024年03月 
    代表者 : 多湖 淳, 松村 尚子, 小浜 祥子
     
    本研究は「サーベイ実験による政治情報伝達現象の国際協働研究」という大きなテーマ設定の下で、①国際組織の授権による対世論説得効果の分析、②見えない危機における政府声明の対世論情報効果の分析という二つの研究を行い、社会科学引用インデックス(Social Science Citation Index: SSCI)で評判の高い雑誌よりから複数の論文を刊行しようとするものである。 ①と②について、既に日本人との共著でSSCI論文を有するPIの多湖淳が統括をし、北海道大学の小濵祥子、神戸大学の松村尚子がそれぞれテーマを分担して、米国のDuke大学のGrieco教授、中国の香港大学のQuek助教授との協働を進める。 ①国際組織の授権による対世論説得効果の分析については松村とGrieco、②見えない危機における政府声明の対世論情報効果の分析については小濵とQuekの組が協働を主導し、多湖が両者をさらにネットワーク化して相互の刺激し合いを促進し、政治情報伝達現象における国際比較実験研究の意義をまとめる研究を進める。 2018年度においては研究体制の確立のため、日本の3研究者での打ち合わせのほか、2018年1月にQuek助教授と東京での面談を実現したほか、2019年春にGrieco教授の東京訪問について調整をした。また、共同研究のコアである実験の設計のほか、国際学会でのパネル公募への応募を開始し始めた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的研究(開拓))
    研究期間 : 2018年 -2022年 
    代表者 : 多湖 淳
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2018年 -2022年 
    代表者 : 鈴木 基史
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2017年 -2022年 
    代表者 : 多湖 淳
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C):特設分野・紛争研究)
    研究期間 : 2016年 -2018年 
    代表者 : 小浜祥子
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2015年 -2017年 
    代表者 : 小浜 祥子
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2014年 -2017年 
    代表者 : 鈴木 基史
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2012年 -2012年 
    代表者 : 小浜 祥子

教育活動情報

主要な担当授業

  • 公共政策特別研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 公共政策学教育部
  • 現代アメリカ政治外交論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : アメリカ、政治、憲法、大統領、議会、裁判所、行政、立法、司法、選挙、世論、利益団体、外交
  • 政治史学特殊演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 制度、制度変化、主権
  • 政治史学特別研究
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 制度、制度変化、主権
  • アメリカ政治史
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : アメリカ、政治、憲法、連邦制、公民権、市民的自由、議会、大統領、官僚、裁判所、世論、選挙、政党、利益団体、メディア、外交
  • 演習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : アメリカ、自由
  • 現代アメリカ政治外交論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 専門職大学院
    開講学部 : 公共政策学教育部
    キーワード : アメリカ、政治、憲法、大統領、議会、裁判所、行政、立法、司法、選挙、世論、利益団体、外交


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.