研究者データベース

内田 賢悦(ウチダ ケンエツ)
工学研究院 北方圏環境政策工学部門 技術環境政策学分野
教授

基本情報

所属

  • 工学研究院 北方圏環境政策工学部門 技術環境政策学分野

職名

    教授

学位

  • 博士(工学) (北海道大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 90322833

研究キーワード

  • 交通計画   

研究分野

  • 土木工学 / 土木計画学・交通工学

職歴

  • 2018年04月 - 現在  北海道大学大学院教授
  • 2013年04月 - 2018年03月  北海道大学大学院 准教授
  • 2004年06月 - 2013年03月  北海道大学大学院 助手(2007年から助教)
  • 2003年08月 - 2004年05月  英国リーズ大学交通研究所(文部科学省在外研究員)

学歴

  • 1995年04月 - 1997年03月   北海道大学大学院   工学研究科 システム情報工学専攻 修士課程

所属学協会

  • 土木学会   交通工学研究会   日本ファジィ学会   日本都市計画学会   日本物流学会   

研究活動情報

論文

その他活動・業績

受賞

  • 2012年06月 土木学会論文賞
     
    受賞者: 内田 賢悦
  • 2005年10月 日本地域学会論文奨励賞
     
    受賞者: 内田 賢悦

競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B)):
    研究期間 : 2018年 -2020年 
    代表者 : 内田 賢悦
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2014年 -2016年 
    代表者 : 内田 賢悦
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2012年 -2013年 
    代表者 : 内田 賢悦
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 内田 賢悦
     
    本研究では,積雪寒冷地における冬期の交通ネットワーク信頼性評価を念頭に置き,不確実性下における交通ネットワーク解析手法の開発を行なった.開発を目指す解析法では,交通容量,交通需要および移動時間の認知に関する不確実性を明示的に表現されている.積雪寒冷地においては,特に冬期にこれらの不確実性が交通行動に与える影響は大きく,さらに,軌道系交通等を含めた交通システムを総合的に捉える必要があると考えられるため,マルチモーダルネットワークを対象としたモデル開発を行なった.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 内田 賢悦
     
    北海道のような積雪寒冷地では,夏期と冬期の交通行動を観察すると,交通機関の選択率が変化することが既存調査から明らかとなっている.たとえば,軌道系交通機関の選択率は冬期に増加し,これとは逆に道路交通の選択率は減少する.これは,冬期には道路が雪に覆われ,滑りやすい状態になるだけではなく,堆雪により有効幅員が減少するため,こうした現象が影響して,道路交通のサービスレベルが大きく低下するためと考えられてきた.したがって,積雪寒冷地の冬期の交通行動を包括的に捉えるためには,除・排雪に代表される冬期路面管理を考える必要があり,さらには,道路交通以外の交通機関への影響に配慮しなければならない.本研究では,冬期路面管理レベルが交通行動に与える影響を包括的に表現する交通モデルの構築を行い,交通ネットワーク上の社会的費用が最小化される冬期路面管理レベルを検討している.本モデルでは,冬期路面管理費用と交通ネットワーク上を移動する人の時間費用の和を社会的費用と捉え,それを最小化する問題(NDP: Network Design Problem)として交通現象を定式化している.本研究で定式化したNDPでは,冬期路面管理レベルが変化すると人々の交通行動,たとえば,交通機関選択,経路選択等が変化し,これは確率的均衡条件によって表現される.したがって,一般的にNDPは,均衡制約付き最適化問題として定式化されているが,本研究では,確率的均衡条件に対する感度分析に基づくアルゴリズムも示している.数値実験を行った結果,冬期路面管理レベルによる人々の交通行動の変化が再現できることを確認し,さらには,最適な冬期路面管理レベル,すなわち,社会的費用を最小化する冬期路面管理レベルを求めることが可能であることを確認した.

教育活動情報

主要な担当授業

  • パブリックデザイン論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
  • Transportation Planning(交通計画E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : random utility model, logit model, simultaneous estimation, traffic flows, transportation networks
  • 土木計画学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
  • 交通計画特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : random utility model, logit model, simultaneous estimation, traffic flows, transportation networks
  • 土木計画学演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
  • Transportation Planning(交通計画E)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : random utility model, logit model, simultaneous estimation, traffic flows, transportation networks
  • 応用数学演習Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
  • 交通計画特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : random utility model, logit model, simultaneous estimation, traffic flows, transportation networks
  • 土木計画学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 確率・統計の基礎、数理モデル、オペレーションリサーチ
  • 応用数学演習Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 複素数、複素関数、正則関数、複素積分、コーシーの定理、極、留数、留数定理、テイラー展開、ローラン展開、ベクトル積、スカラー積、スカラー場、ベクトル場、勾配、発散、回転、ガウスの定理、ストークスの定理
  • 応用数学Ⅱ
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : ベクトル積、スカラー積、スカラー場、ベクトル場、勾配、発散、回転、ガウスの定理、ストークスの定理、複素数、複素関数、正則関数、複素積分、コーシーの定理、極、留数、留数定理、テイラー展開、ローラン展開
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 都市,交通,防災,環境,グループディスカッション
  • 土木計画学演習
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 土木計画学 計画数理学 統計学 創成学習
  • パブリックデザイン論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 景観設計、地域・都市デザイン、シビックデザイン、環境、バリアフリー


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.