研究者データベース

HENRY MICHAEL WARD(ヘンリー マイケル ワード)
工学研究院 環境フィールド工学部門 防災地盤工学分野
准教授

基本情報

所属

  • 工学研究院 環境フィールド工学部門 防災地盤工学分野

職名

  • 准教授

学位

  • Ph.D.(東京大学)
  • 修士(東京大学)
  • BSCE(ワシントン大学(シアトル))

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 技術移転   サステナビリティ評価   持続可能な開発目標   社会基盤施設管理   

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木材料、施工、建設マネジメント / サステナブル社会インフラ

所属学協会

  • 地域安全学会   Asian Concrete Federation   土木学会   日本コンクリート工学会   

研究活動情報

論文

  • Application of Response Surface Methodology and uncertainty analysis for exploratory analysis of concrete material sustainability
    Joel OPON, Michael HENRY
    コンクリート工学年次論文集 41 1 1559 - 1564 2019年 [査読有り][通常論文]
  • Joel OPON, Michael HENRY
    Journal of Cleaner Production 218 718 - 737 2019年 [査読有り][通常論文]
  • Chika YAMASAKI, Michael HENRY, Kohei NAGAI, Koji MATSUMOTO, Hiroshi YOKOTA
    Engineering Journal 22 3 243 - 255 2018年 [査読有り][通常論文]
  • Liyanto EDDY, Koji MATSUMOTO, Kohei NAGAI, Piyaphat CHAEMCHUEN, Michael HENRY, Kota HORIUCHI
    Journal of Asian Concrete Federation 4 1 47 - 66 2018年 [査読有り][通常論文]
  • Michael HENRY, Chika YAMASAKI, Kohei NAGAI, Koji MATSUMOTO, Hiroshi YOKOTA
    Journal of Disaster Research 13 1 88 - 98 2018年 [査読有り][通常論文]
  • Akiyuki KAWASAKI, Michael HENRY, Kimiro MEGURO
    International Journal of Disaster Risk Science 9 1 1 - 15 2018年 [査読有り][通常論文]
  • Behavior-based indicator reduction technique for evaluating the sustainability of concrete
    Joel OPON, Michael HENRY
    コンクリート工学年次論文集 40 1 1437 - 1442 2018年 [査読有り][通常論文]
  • M. Henry, A. Kawasaki, I. Takigawa, K. Meguro
    JOURNAL OF FLOOD RISK MANAGEMENT 10 3 339 - 348 2017年09月 [査読有り][通常論文]
     
    The impact of income disparity on vulnerability and information collection during the 2011 Thai Flood was examined through a survey investigation. Lower-income respondents were found to have been more likely to be inundated by the flood than higher-income respondents because of the location of their residences, and lower-income respondents whose residences flooded were also less likely to have evacuated. Television was widely used, regardless of income level, but lower-income respondents tended to also utilise lowertechnology modes, such as radios and loudspeakers, in contrast to the Internetbased modes used by higher-income respondents. Lower-income respondents also tended to be less aware of the government hotline; however, those that were aware of it were more likely to find it useful. Overall, while income was a good predictor of people's flood vulnerability, it was not the best predictor for media usage; other demographic characteristics, such as education level and age, should also be considered.
  • Michael HENRY, Katsufumi HASHIMOTO, Ivan Sandi DARMA, Takafumi SUGIYAMA
    Journal of Advanced Concrete Technology 14 4 134 - 143 2016年05月 [査読有り][通常論文]
  • 高強度モルタルの基礎的物性に及ぼす高炉スラグ細骨材の表面改質 の影響
    橋本勝文, 上松瀬慈, ヘンリー マイケル, 横田弘
    コンクリート工学年次論文集 38 1 1473 - 1478 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Michael Henry, Ivan Sandi Darma, Takafumi Sugiyama
    CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS 67 A 37 - 46 2014年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Microstructure recovery plays an important role in restoring the performance of concrete damaged by fire. This research applied X-ray CT and image analysis techniques to non-destructively examine the internal microstructure of high-strength concrete in order to clarify the effects of heating and re-curing on microstructure characteristics. Heating caused an increase in total pore space due to an increase in connectivity caused by the formation of cracks in the mortar-aggregate interface and bridging cracks. Water re-curing, however, was effective in recovering microstructure through the reduction in connected pore space, with most recovery occurring within 7 days. (C) 2013 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • Michael Henry, Yoshitaka Kato
    CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS 67 C 399 - 404 2014年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Asia is home to a diversity of socio-economic and environmental conditions which directly affect concrete-related manufacturing and construction. The implementation of sustainable concrete in Asian countries is thus highly dependent on their regional conditions, but the regional context of sustainable concrete needs to be understood in order to connect generalized strategies with actual implementation. This paper summarizes the results and key findings from previous qualitative investigations carried out in Japan, Thailand, S. Korea, Mongolia, and Singapore, and compares the approaches and barriers to sustainable concrete in order to extract regional issues and their relationship with sustainable concrete. The results highlight the importance of institutional systems, economic factors, resource availability and recycling, geography and climate, technology level, stakeholder roles and relations, and social factors when considering the implementation of strategies for sustainable concrete in Asia. (C) 2013 Published by Elsevier Ltd.
  • CSR activities in the construction and concrete industries: an analysis of web-based reporting
    Michael HENRY, Takafumi SUGIYAMA
    コンクリート工学年次論文集 36 1 2188 - 2192 2014年 [査読有り][通常論文]
  • Michael Henry, Yoshitaka Kato
    RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING 82 86 - 93 2014年01月 [査読有り][通常論文]
     
    In order to improve the sustainability of the Asian concrete industry, it is important to understand the effect of regional context considering the widely varying socio-economic conditions present in Asia. This research in Mongolia and Singapore was conducted as a continuation of previous studies in Japan, Thailand and South Korea in order to further contribute to understanding regional context, particularly geographic, climate, and economic factors. Geography and climate were found to strongly affect the means by which durability should be assured in each country, as Singapore has a tropical climate whereas Mongolia experiences a large temperature variation with extremely cold winters. The ability to access construction materials and resources was also related to geography, as Singapore, while resource poor, is an international shipping center, whereas Mongolia has abundant resources but few access routes for imports. Quality control issues in Mongolia could be understood in the context of the lower level of economic development, whereas in Singapore the high level of development has lead to an emphasis on green construction, with the government taking the lead in implementing new systems and technologies. (C) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Characterization of crack geometry in fire-damaged high-strength concrete under re-curing using X-ray CT
    Michael HENRY, Ivan Sandi DARMA, Takafumi SUGIYAMA
    コンクリート工学年次論文集 35 1 1177 - 1182 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 2011年タイ洪水時の社会格差と災害情報収集に関する分析
    ヘンリー マイケル, 川崎昭如, 目黒公郎
    地域安全学会論文集 21 241 - 250 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 東日本大震災後の各国政府の勧告と在住外国人の行動との関係
    川崎昭如, ヘンリー マイケル, 目黒公郎
    地域安全学会論文集 21 219 - 227 2013年 [査読有り][通常論文]
  • Current state and sustainable prospects in the Mongolian concrete industry
    Michael HENRY
    コンクリート工学年次論文集 34 1 1846 - 1851 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Michael HENRY, Yoshitaka KATO
    ASCE Journal of Materials in Civil Engineering 24 3 275 - 288 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Michael HENRY, Yoshitaka KATO
    Resources, Conservation & Recycling 69 122 - 129 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 東日本大震災後の外国人退避の意思決定と災害情報収集過程の関係
    ヘンリー マイケル, 川崎昭如, 目黒公郎
    地域安全学会論文集 18 381 - 390 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 言語能力の違いに着目した東日本大震災後の外国人の災害情報収集分析
    川崎昭如, ヘンリー マイケル, 目黒公郎
    地域安全学会論文集 18 373 - 380 2012年 [査読有り][通常論文]
  • 社会的視座と階層化意志決定法に基づくコンクリートの持続可能性評価の枠組みの構築
    加藤佳孝, Henry, M
    土木学会論文集 E2 67 2 322 - 332 2011年 [査読有り][通常論文]
  • Effect of recycled aggregate quality on variation and estimation of concrete strength
    Michael HENRY, Kazuya HAGIWARA, Tsugio NISHIMURA, Yoshitaka KATO
    コンクリート工学年次論文集 33 1 1535 - 1540 2011年 [査読有り][通常論文]
  • Michael HENRY, Masamitsu SUZUKI, Yoshitaka KATO
    ACI Materials Journal 108 3 281 - 289 2011年 [査読有り][通常論文]
  • Michael HENRY, Yoshitaka KATO
    Journal of Engineering and Technology Management 28 4 300 - 316 2011年 [査読有り][通常論文]
  • Michael HENRY, Hiromichi YAMASHITA, Tsugio NISHIMURA, Yoshitaka KATO
    International Journal of Sustainable Engineering 5 1 66 - 75 2011年 [査読有り][通常論文]
  • Michael HENRY, German PARDO, Tsugio NISHIMURA, Yoshitaka KATO
    Resources, Conservation & Recycling 55 11 1060 - 1069 2011年 [査読有り][通常論文]
  • 高温加熱を受けたモルタルの物理化学的性状に及ぼす再養生条件の影響
    鈴木将充, Henry, M, 加藤佳孝, 勝木太
    社団法人セメント協会セメント・コンクリート論文集 63 148 - 154 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Effect of binder and aggregate type on mechanical and environmental performance of green concrete
    German PARDO, Michael HENRY, Tsugio NISHIMURA, Yoshitaka KATO
    コンクリート工学年次論文集 32 1 1811 - 1816 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Assessment of concrete sustainability using social perspectives and Analytic Hierarchy Process
    Michael HENRY, Yoshitaka KATO
    コンクリート工学年次論文集 32 1 1805 - 1810 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Utilizing waste and recycled materials in fly ash fiber-reinforced mortar
    Michael HENRY, Wataru HIRATA, Yoshitaka KATO
    コンクリート工学年次論文集 31 1 1861 - 1866 2009年 [査読有り][通常論文]
  • 火害を受けたモルタルの耐久性に及ぼす再養生条件の影響
    鈴木将充, ヘンリー マイケル, 加藤佳孝, 勝木太
    コンクリート工学年次論文集 30 2 711 - 716 2008年 [査読有り][通常論文]
  • Evaluation of re-curing for the recovery of high-strength mortar exposed to fire
    Michael HENRY, Tae Ho AHN, Yoshitaka Kato, Toshiharu KISHI
    コンクリート工学年次論文集 30 1 435 - 440 2008年 [査読有り][通常論文]

講演・口頭発表等

  • International technology transfer for life cycle management of road bridge infrastructure: conceptual framework and examples from Myanmar and Thailand  [招待講演]
    Michael HENRY, Koji MATSUMOTO, Kohei NAGAI, Hiroshi YOKOTA
    Society of Structural Engineer Sri Lanka Annual Sessions 2019 2019年08月 口頭発表(招待・特別)
  • 2018年北海道胆振東部地震発生後における外国人留学生の体験とニーズに関する調査結果の予備報告  [招待講演]
    ヘンリー マイケル
    札幌圏大学国際交流フォーラム「スタッフセミナー」 2019年05月 口頭発表(招待・特別)
  • Disaster needs and support for diverse and vulnerable populations: examples from Japan, Thailand, and Myanmar  [招待講演]
    ヘンリー マイケル
    Lectures on Disaster Risk Reduction and Vulnerability at Mindanao State University, Iligan Institute of Technology 2018年10月 口頭発表(招待・特別)
  • Non-destructive investigation of surface quality and construction condition in concrete bridges with localized damage: lessons for enhancing life cycle management  [招待講演]
    ヘンリー マイケル
    JSPS Core-to-Core Program Seminar on Deterioration of Concrete Structures and Application of Mineral Admixtures in Hot Weather Conditions 2018年09月 口頭発表(招待・特別)

受賞

  • 2015年06月 Intl. Conference on the Regeneration and Conservation of Concrete Structures Best Technical Paper Award
     
    受賞者: ヘンリー マイケル
  • 2014年09月 Japan Society of Civil Engineers 69th Annual Conference Excellent Presentation Award
     
    受賞者: ヘンリー マイケル
  • 2014年07月 4th Intl. Conference on the Durability of Concrete Structures Best Paper Award - Silver Medal
     
    受賞者: ヘンリー マイケル
  • 2013年08月 3rd Intl. Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies Outstanding Paper Award
     
    受賞者: ヘンリー マイケル
  • 2012年10月 10th Intl. Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia Excellent Young Researcher Award
     
    受賞者: ヘンリー マイケル
  • 2012年07月 Japan Concrete Institute 34th Annual Conference Technical Paper Encouragement Award
     
    受賞者: ヘンリー マイケル
  • 2010年09月 Japan Society of Civil Engineers 65th Annual Conference Excellent Presentation Award
     
    受賞者: ヘンリー マイケル
  • 2008年07月 Japan Concrete Institute 30th Annual Conference Technical Paper Encouragement Award
     
    受賞者: ヘンリー マイケル
  • 2007年09月 Dept. of Civil Engineering, The University of Tokyo Furuichi Award
     
    受賞者: ヘンリー マイケル

教育活動情報

主要な担当授業

  • Principles of sustainable development for engineers(サステナブルデベロップメント工学E)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • サステナブルデベロップメント工学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):JICA開発大学院連携プログラム
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
  • Principles of sustainable development for engineers(サステナブルデベロップメント工学E)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • サステナブルデベロップメント工学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • 道路工学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 幾何設計、 交通流、 交通制御、 ITS、 アスファルト、コンクリート、 舗装構造設計、舗装維持補修
  • 国際プロジェクト論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 国際プロジェクト 基準の国際標準化 教育研究の国際化 土木技術者の国際性
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 国際プロジェクト 基準の国際標準化 教育研究の国際化 土木技術者の国際性
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : 幾何設計、 交通流、 交通制御、 ITS、 アスファルト、コンクリート、 舗装構造設計、舗装維持補修
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
    キーワード : コンクリート、コンクリート構造物、建設材料、アスファルト、鋼、橋梁、木材
  • 土木工学創成実験Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : コンクリート、配合設計、強度コンテスト、破壊予測、創成型実験、創成学習、開水路の流れ、流量測定、流体力
  • コンピューティング演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : コンピュータ プログラミング 数値計算法 統計計算法 グラフィックス
  • 建設材料
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : コンクリート、コンクリート構造物、建設材料、アスファルト、鋼、橋梁、木材
  • 農業土木材料
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 農学部
    キーワード : コンクリート、コンクリート構造物、建設材料、アスファルト、鋼、橋梁、木材

大学運営

学内役職歴

  • 2016年4月1日 - 2017年3月31日 施設・環境計画室室員
  • 2017年4月1日 - 2019年3月31日 施設・環境計画室室員
  • 2019年4月1日 -  施設・環境計画室室員

委員歴

  • 2019年04月 - 現在   土木学会   インフラマネジメント新技術適用推進委員会国際展開小委員会
  • 2018年12月 - 現在   土木学会   2018年北海道胆振東部地震 被害調査報告書編集部会
  • 2015年07月 - 現在   日本コンクリート工学会   高温環境下におけるコンクリートの性能評価に関する研究委員会
  • 2015年06月 - 現在   日本コンクリート工学会・北海道支部   要求性能に基づくサステイナブルなセメント系複合材料の材料設計法研究委員会
  • 2014年06月 - 現在   日本コンクリート工学会   ACI-JCIコラボ委員会委員
  • 2014年04月 - 現在   北海道土木技術会   コンクリート委員会インターネット小委員会
  • 2014年01月 - 現在   土木学会   コンクリート委員会・国際関連小委員会
  • 2016年04月 - 2018年03月   土木学会北海道支部   論文幹事会
  • 2013年04月 - 2015年03月   土木学会   コンクリート委員会・示方書連絡調整小委員会
  • 2010年04月 - 2013年03月   日本コンクリート工学会   サステナビリティ委員会
  • 2010年04月 - 2012年03月   日本コンクリート工学会   社会情勢とコンクリート産業構造の関連性検討研究委員会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.