研究者データベース

鈴木 純一(スズキ ジユンイチ)
メディア・コミュニケーション研究院 メディア・コミュニケーション部門 公共伝達論分野
教授

基本情報

所属

  • メディア・コミュニケーション研究院 メディア・コミュニケーション部門 公共伝達論分野

職名

  • 教授

学位

  • 文学修士(東京大学)

J-Global ID

プロフィール

  • 近年のテーマはドイツ社会思想研究とメタファー研究

研究キーワード

  • テクスト論   コミュニケーション   メタファー   メディア   システム論   ルーマン   公共性   ハーバマス   異文化コミュニケーション   社会システム理論   批評理論   トーマス・マン   近現代ドイツ文学   アレゴリー   市民社会   

研究分野

  • 情報通信 / 情報ネットワーク / メディア学
  • 人文・社会 / 思想史 / ドイツ社会思想史
  • 人文・社会 / 社会学 / 社会思想
  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学
  • 人文・社会 / 文学一般
  • 人文・社会 / 中国文学

職歴

  • 2010年04月 - 現在 北海道大学 大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授
  • 1994年04月 - 2010年03月 北海道大学 言語文化部 助教授
  • 1989年04月 - 1994年03月 東京大学 文学部 助手

学歴

  •         - 1989年04月   東京大学   大学院人文科学研究科退学
  •         - 1985年03月   東京大学   文学部卒業

研究活動情報

論文

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2015年 -2018年 
    代表者 : 鈴木 純一
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2010年 -2013年 
    代表者 : 鈴木 純一, 佐藤 拓夫, 吉田 徹也, 高橋 吉文, 山田 貞三, 西村 龍一, 石川 克知, 堀田 真紀子
     
    最終年度に当たる本年度は、昨年度続けて、メタファーとメディアの相互依存性、あるいは両者による構成(接続)・解体(切断)・再構成(再接続)というメカニズムに基づいた事例分析が進められた。その結果、技術的メディアを触媒としながら相反する要素を『魔』という象徴的な変容の場の物語として統合するメタファー機能(『魔の山』)、物理的なメタファー表現の揺れの中に意識的な心理関係の変化を織り込むテクスト構成(ゲーテ)、あるいは思想の展開を可視化メディアとなる視覚的イメージのメタファー的な解釈(ベンヤミン)等の新たな知見が加えられ、さらにはニーチェにおける批評の自己言及がもたらす論理の反転(決定不可能性)や、音楽をメディアとして描写する際の構成方法(例えば『音楽史』という学問的な記述)などにも、呼応する現象を見ることができた。研究全体を通して理論的な知見として、揺れと変化を基本的な原理とする思想、作品、テクストを、それにもかかわらず一つのユニットとして保持することが可能なのは、メディアの内包するメタファー的な機能―構成(接続)・解体(切断)・再構成(再接続)の連続的な交替―であり、またこれは極めて創作における有効な方法論となりえ、その現象は近代ドイツ圏に顕著である、という仮説の有効性が確認された。また、この構成・解体・再構成の連続的な交替を極めて抽象的に表現しているのが、ルーマンの社会システム理論と考えられ、<差異化と同一化>の差異化、あるいはシステムにおける意味のオートポイエーシス(自己差出)等、表現は異なるが、メディアの基本的な機能である接続と切断を、<振動>という形で定式化したその理論構成は、前述したメタファーの機能の仮説と極めて親和性が高いといえる。個別的な分析のいくつかはすでに発表されているが、全般的な理論的な成果に関しては、今年度中に論文として発表される。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 1999年 -2001年 
    代表者 : 鈴木 純一
     
    本研究は,現代ドイツにおける社会学的コミュニケーション理論の基礎となっているコミュニケーション・モデルの抽出と分析をおこない、コミュニケーション分析における方法論的なパラダイムの転換が進んでいることをあとづける作業から研究を進めた。その結果、従来のドイツにおける社会学的コミュニケーション行為論は、理念的な目的意識に規定されているため、現代の多様なコミュニケーション現象を分析する概念装置としては、極めて限定された領域にしか有効性を持ちえないことが明かになった。それに対し、現代システム理論をもとに展開されているルーマンのコミュニケーション・システム論は、情報・伝達・理解という極めて原理的かつ中立的な選択過程から構成されているがゆえに、コミュニケーションの多様な現れ方を統一的な視点から分析し、記述可能であることが確認された。このことは、この新しいコミュニケーション・モデルおよび方法論によって現在ドイツで進められている現代社会のコミュニケーション現象分析あるいはテクスト分析に関する文献調査によっても裏付けることができ、例えば、異文化コミュニケーションにおけるダブル・コンティンジェンシーと社会システム創発の問題、現代テクスト分析における間主観性と意味転換というメタファーの問題、公共的コミュニケーションの場における合意形成と多文化主義ないし差異化の問題等の分析に、極めて有効なモデルとして機能することが検証された。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1996年 -1996年 
    代表者 : 鈴木 純一
     
    本研究によって得られた成果・知見ならびに今後の展望を理論的視点からまとめると以下の4点になる。1.文学テクストにおける「自己」概念は、19世紀後半から今世紀にかけて著しい変貌を見せている。すなわち、古典派からロマン派のテクストにおける「自己」は自ら積極的に意味規定をする概念であったのに対し、リアリズム以降20世紀にかけては、社会システム・ネットワーク等によって対他的に規定される機能的な概念へと変化し、「自己」が相対比される傾向にある。(具体的には『ヴェルテル』や『ハインリッヒ・フォン・オフタ-ディンゲン』とムジルやカフカ等の作品比較において明か)2.これと連動するように、20世紀における「自己」概念は非常に可変的なものになっている。古典派、ロマン派における「自己」概念獲得の試みが普遍的あるいは固定的なものを模索する(その試みがいわゆる「ビルドゥングス・ロマン」とも考えられる)のに対し、今世紀にはそのような「自己」の放棄あるいは不可能性が前提となり、社会、言語、法などの動的システムとの関連において生産される可変的な「自己」が主流となっている。またこのことはル-マン等の社会システム理論ならびにオートポイエシス理論との著しい接近を見せている。3.一方ではそのような「自己」概念に対する忌避から来る新たな自己言及の試みも今世紀の重要な文学的主題として(特に「語りの原理の特権化」という文脈で)機能するようになっている。しかし、語りの場の自己否定などの形で生じる自己言及パラドクス等の問題を抱えている。(トーマス・マンの後期の作品やポスト・モダンの思想家たちのテクスト論)4.今後の展望として、以上のような問題性は現代免疫学における「自己」規定の問題や複雑系科学におけるカオス論ならびに「自己組織化」の構造ときわめて密接な関連があり、文系理系を問わぬより広い視点からのアプローチが望まれる。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 公共社会論演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 公共圏、疑似環境、コミュニケーション、社会システム、国民国家、メディア、コミュニティ
  • 公共性とコミュニケーション
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 国際広報メディア・観光学院
    キーワード : 公共性とコミュニケーション、民主主義、国家、社会理論、公共圏、熟議民主主義、メディア、選挙運動、ジャーナリズム、文化的多様性
  • ドイツ語Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ドイツ語、ドイツ社会・文化 
  • ドイツ語演習
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ドイツ語、ドイツ文化・社会
  • ドイツ語Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : ドイツ語 ドイツ文化とドイツ社会

大学運営

学内役職歴

  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 外国語教育センター長
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 教育研究評議会評議員
  • 2015年4月1日 - 2017年3月31日 大学院メディア・コミュニケーション研究院副研究院長
  • 2017年4月1日 - 2019年3月31日 大学院国際広報メディア・観光学院副学院長


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.