研究者データベース

深町 康(フカマチ ヤスシ)
北極域研究センター
教授

基本情報

所属

  • 北極域研究センター

職名

    教授

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 20250508

ORCID ID

  • 0000-0001-5798-9380

研究キーワード

  • 南大洋   オホーツク海   海氷   南極底層水   海洋大循環   ポリニヤ   

研究分野

  • 地球惑星科学 / 気象・海洋物理・陸水学 / 極域海洋学

職歴

  • 2018年10月 - 現在  北海道大学北極域研究センター大気圏・水圏研究グループ教授
  • 2011年02月 - 2018年09月  北海道大学 低温科学研究所 水・物質循環部門准教授
  • 2008年10月 - 2011年01月  北海道大学 低温科学研究所 水・物質循環部門助教
  • 2007年04月 - 2008年09月  北海道大学 低温科学研究所 寒冷海洋圏科学部門助教
  • 1995年04月 - 2007年03月  北海道大学 低温科学研究所 寒冷海洋圏科学部門助手
  • 1992年11月 - 1995年03月  北海道大学 低温科学研究所 海洋学部門助手

学歴

  • 1986年10月 - 1992年10月   ノバ大学   海洋研究所   アメリカ合衆国
  •         - 1986年03月   北海道大学   理学部   地球物理学科   日本

所属学協会

  • American Geophysical Union   The Oceanography Society   日本海洋学会   

研究活動情報

論文

講演・口頭発表等

  • チュクチ海ポリニヤ域における音響・光学測器による物質循環過程の観測  [通常講演]
    伊藤優人,大島慶一郎,深町康,Hajo Eicken,Andrew R. Mahoney, Joshua Jones
    2018年度日本海洋学会秋季大会 2018年09月 東京
  • グリーンランド北西部におけるカービング氷河前縁フィヨルドの海水特性  [通常講演]
    漢那直也,杉山慎,榊原大貴,深町康,野村大樹
    2018年度日本海洋学会秋季大会 2018年09月 東京
  • グリーンランド北西部ボードウィンフィヨルドにおける海洋観測  [通常講演]
    藤支良貴,杉山慎,漢那直也,深町康
    雪氷研究大会 2018年09月 札幌
     
    地震の影響で中止
  • 北海道と海氷:海氷の減少とその影響  [通常講演]
    深町康
    バイオミメティクス市民セミナー(第79回)「北海道とバイオミメティクスを考える その3 寒冷地とバイオミメティクス」 2018年07月 札幌
  • Effects of glacial meltwater discharge on surface water pCO2 and air–sea CO2 flux in Bowdoin Fjord in northwestern Greenland  [通常講演]
    Daiki Nomura, N. Kanna, S. Yunoki, D. Sakakibara, Y. Fukamachi, T. Hirawake and S. Sugiyama
    Polar 2018 2018年06月 Davos, Switzerland
  • Monitoring of the Soya Warm Current by HF Ocean Radars since 2003  [通常講演]
    Naoto Ebuchi, Yasushi Fukamachi, Kay I. Ohshima, Toru Takatsuka, Masao Ishikawa, Kunio Shirasawa, and Masaaki Wakatsuchi
    The 4th Ocean Radar Conference for Asia-Pacific 2018年06月 Naha, Japan
  • An evidence of a subglacial freshwater discharge into a fjord at the boundary of Bowdoin Glacier, northwestern Greenland  [通常講演]
    KANNA, Naoya, SUGIYAMA, Shin, SAKAKIBARA, Daiki, FUKAMACHI, Yasushi, NOMURA Daiki, FUKUMOTO, Sungo, PODOLSKIY, Evgeniy
    JpGU Meeting 2018 2018年05月 Chiba, Japan
  • チュクチ海北東部沿岸域における海氷厚の経年変動  [通常講演]
    深町康,大島慶一郎,Andrew R. Mahoney, Hajo Eicken,清水大輔,岩本勉之,守家衣利加,高塚徹,Joshua Jones
    ArCS全体会合 2018年05月 横浜
  • George, Alaska coastal sea ice in the new millennium: Findings from the Seasonal Ice Zone Observing Network and implications for sustained autonomous observations of a rapidly changing Arctic  [通常講演]
    Eicken, Mahoney, Lee, Johnson, Jones, Ohshima, Fukamachi
    2018 Ocean Sciences Meeting 2018年02月 Portland, USA
  • Transports of macronutrient and inorganic carbon to surface waters by subglacial meltwater plume in Bowdoin Fjord in northwest Greenland  [通常講演]
    N. Kanna, S. Sugiyama, Y. Ohashi, D. Sakakibara, B. Nishizawa, I. Asaji, Y. Fukamachi and D. Nomura
    2018 Ocean Sciences Meeting 2018年02月 Portland, USA
  • High Ice Production in Antarctic Coastal Polynyas and Its Possible Linkage to Material Cycle and Biological Productivity (Invited)  [通常講演]
    Kay I. Ohshima, Masato Ito, Sohey Nihashi, Yasushi Fukamachi, Kazuki Nakata and Daisuke Simizu
    2018 Ocean Sciences Meeting 2018年02月 Portland, USA
  • Seasonal variability of near-inertial internal waves in the Northwind Abyssal Plain, Arctic Ocean  [通常講演]
    Y. Kawaguchi, M. Itoh, Y. Fukamachi, E. Moriya, N. Onodera and T. Kikuchi
    Fifth International Symposium on Arctic Research (ISAR-5) 2018年01月 Tokyo
  • Sea-ice thickness from moored ice-profiling sonar in the Canada Basin, Arctic Ocean  [通常講演]
    Motoyo Itoh, Yasushi Fukamachi, Noriaki Kimura, Richard A. Krishfield, Takashi Kikuchi, Erika Moriya, Jonaotaro Onodera and Naomi Harada
    Fifth International Symposium on Arctic Research (ISAR-5) 2018年01月 Tokyo
  • Continuous Sea-ice Thickness Measurement in the Northeastern Coastal Chukchi Sea from 2009  [通常講演]
    Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, A. R. Mahoney, H. Eicken, D. Simizu, K. Iwamoto, E. Moriya, T. Takatsuka and J. Jones
    Fifth International Symposium on Arctic Research (ISAR-5) 2018年01月 Tokyo
  • Sea-ice thickness from moored ice-profiling sonar in the Canada Basin, Arctic Ocean  [通常講演]
    Motoyo Itoh, Yasushi Fukamachi, Noriaki Kimura, Richard A. Krishfield, Takashi Kikuchi, Erika Moriya, Jonaotaro Onodera and Naomi Harada
    Arctic Change 2017 2017年12月 Québec, Canada
  • Mooring measurement in Bowdoin Fjord in northwestern Greenland  [通常講演]
    Yasushi Fukamachi, Naoya Kanna, Shin Sugiyama, Yoshihiko Ohashi, Daiki Sakakibara and Daiki Nomura
    The 8th Symposium on Polar Science 2017年12月 Tachikawa, Japan
  • 急激に変化する北極海の環境とその社会への影響  [通常講演]
    深町康
    北海道大学低温科学研究所公開講座 2017年11月 札幌
  • 係留観測による北極海カナダ海盆の海氷厚の季節変動  [通常講演]
    伊東素代,深町康,木村詞明,R.A. Krishfield,菊地隆,守家衣利加,小野寺丈尚太郎,原田尚美
    日本海洋学会2017年度秋季大会 2017年10月 仙台
  • グリーンランド北西部Bowdoinフィヨルドにおける氷河流出水の挙動の時間発展  [通常講演]
    大橋良彦,青木茂,松村義正,杉山慎,漢那直也,榊原大貴,深町康
    日本海洋学会2017年度秋季大会 2017年10月 仙台
  • 氷河融氷水の流出が駆動するグリーンランドフィヨルドにおける栄養塩輸送過程  [通常講演]
    漢那直也,杉山慎,大橋良彦,榊原大貴,西沢文吾,浅地泉,深町康
    日本海洋学会2017年度秋季大会 2017年10月 仙台
  • カービング氷河の高濁度融解水流出がフィヨルド生態系へ与える影響  [通常講演]
    漢那直也,杉山慎,大橋良彦,榊原大貴,西沢文吾,浅地泉,深町康,阿部義之,山口篤
    日本雪氷学会 雪氷研究大会2017 2017年09月 十日町
  • Sea Ice Velocity Observation by HF Ocean Radar  [通常講演]
    W. Zhang, N. Ebuchi, Y. Fukamachi, and B. Emery
    International Radiowave Oceanography Workshop 2017年09月 Lüneburg, Germany
  • グリーンランド北西部ボードイン氷河前縁部における海洋観測  [通常講演]
    漢那直也,杉山慎,榊原大貴,深町康,野村大樹,福本俊吾,山崎新太郎,E. Podolskiy
    北海道大学低温科学研究所共同利用集会 2017年08月 札幌
  • The Suppression Of Antarctic Bottom Water Formation By Melting Ice Shelves In Prydz Bay  [通常講演]
    Guy WILLIAMS, Laura HERRAIZ-BORREGUERO, Fabien ROQUET, Takeshi TAMURA, Kay OHSHIMA, Yasushi FUKAMACHI, Alexander FRASER, Libao GAO, Hongxia CHEN, Clive MCMAHON, Robert HARCOURT and Mark HINDELL
    14th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society 2017年08月 Singapore
  • easonal variability of near-inertial internal waves and its kinetic energy in the ice-diminishing Arctic Ocean  [通常講演]
    Yusuke Kawaguchi, Motoyo Itoh, Takashi Kikuchi, Jonaotaro Onodera, Naomi Harada, Yasushi Fukamachi and Erika Moriya
    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017年05月 Chiba, Japan
  • Effect of subglacial meltwater plume formation on phytoplankton growth in the fjord of Bowdoin Glacier in northwest Greenland  [通常講演]
    Naoya Kanna, Shin Sugiyama, Yoshihiko Ohashi, Daiki Sakakibara, Bungo Nishizawa, Izumi Asaji and Yasushi Fukamachi
    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017年05月 Chiba, Japan
  • Abrupt changes and interactions of polar oceans and ice sheets as a research subject in Master Plan 2020  [通常講演]
    Shin Sugiyama, Yasushi Fukamachi, Kay I. Ohshima1, Shigeru Aoki, Teruo Aoki, Michiyo Yamamoto-Kawai, Takashi Kikuchi and Daisuke Hirano
    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017年05月 Chiba, Japan
  • Subglacial meltwater discharge and its impact on water properties in Bowdoin Fjord, northwestern Greenland  [通常講演]
    Yoshihiko Ohashi, Shigeru Aoki, Yoshimasa Matsumura, Shin Sugiyama, Naoya Kanna, Daiki Sakakibara and Yasushi Fukamachi
    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017年05月 Chiba, Japan
  • Variability of sea-ice thickness in the northeastern coastal Chukchi Sea revealed by a moored ice-profiling sonar  [招待講演]
    Fukamachi Yasushi, Simizu Daisuke, Ohshima Kay, Eicken Hajo, Mahoney Andrew, Iwamoto Katsushi, Moriya Erika and Nihashi Sohey
    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 2017年05月 Chiba, Japan
  • 北極海の海氷消失が及ぼす北極海の乱流化について – ノースウインド深海平原における係留系データの解析 -  [通常講演]
    川口悠介、伊東素代、菊地隆、小野寺丈尚太郎、原田尚美、深町康、守家衣利加
    ブルーアース2017 2017年03月 東京
  • Sea ice field course at Saroma Lagoon and Okhotsk Sea by International Antarctic Institute  [通常講演]
    Aoki, S., Fukamachi, Y., Toyota, T., Hirawake, T., Mizuta, G., Matsumura, Y., Ohshima, K. I.
    The 32nd International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans 2017年02月 Monbetsu, Japan
  • Underwater frazil ice formation in the Sakhalin polynya  [通常講演]
    Ito, M., Ohshima, K. I., Fukamachi, Y., Shirasawa, K.
    The 32nd International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans 2017年02月 Monbetsu, Japan
  • Variability of sea-ice thickness in the northeastern coastal Chukchi Sea revealed by a moored ice-profiling sonar  [通常講演]
    Fukamachi, Y., Simizu, D., Ohshima, K. I., Eicken, H., Mahoney, A. R., Iwamoto, K., Moriya, E., Nihashi, S.
    The 32nd International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans 2017年02月 Monbetsu, Japan
  • Turbid meltwater discharge and its impact on phytoplankton growth in the fjord of Bowdoin Glacier in northwest Greenland  [通常講演]
    Kanna, N., Sugiyama, S., Ohashi, Y., Sakakibara, D., Nishizawa, B., Asaji, I., Fukamachi, Y.
    Workshop on the Dynamics and Mass Budget of Arctic Glaciers & the IASC Network on Arctic Glaciology Annual Meeting 2017年01月 Bethel, USA
  • Variability of sea-ice thickness in the northeastern coastal Chukchi Sea revealed by a moored ice-profiling sonar  [通常講演]
    Fukamachi, Y.
    Workshop on Sea Ice Remote Sensing and Modeling 2017年01月 Tokyo
  • Landfast Sea Ice Breakouts: Stabilizing Ice Features, Oceanic and Atmospheric Forcing at Barrow, Alaska  [通常講演]
    Jones, J., Eicken, H., Manoney, A. R., Kambhamettu, R. MV, C., Fukamachi, Y., Ohshima, K. I., George, C.
    2016 AGU Fall Meeting 2016年12月 San Francisco, USA
  • The observation of underwater frazil ice formation and upward sediment transport in an Arctic polynya in the Chukchi Sea  [通常講演]
    Ito, M., Ohshima, K. I., Fukamachi, Y., Simizu D., Mahoney, A. R., Eicken, H.
    2016 AGU Fall Meeting 2016年12月 San Francisco, USA
  • Modeling glacial meltwater runoff process in Bowdoin Fjord, northwestern Greenland  [通常講演]
    Ohashi Yoshihiko, Aoki Shigeru, Matsumura Yoshimasa, Sugiyama Shin, Kanna Naoya, Sakakibara Daiki, Fukamachi Yasushi
    The Seventh Symposium on Polar Science 2016年12月 Tachikawa, Japan
  • Changes in seabird density relative to oceanographic gradients in the glacial fjord in northwestern Greenland  [通常講演]
    Nishizawa Bungo, Kanna Naoya, Ohashi Yoshihiko, Sakakibara Daiki, Asaji Izumi, Sugiyama Shin, Fukamachi Yasushi, Watanuki Yutaka
    The Seventh Symposium on Polar Science 2016年12月 Tachikawa, Japan
  • Turbid water and chlorophyll a distributions near the interface of the ocean and a tidewater glacier in northwest Greenland  [通常講演]
    Kanna Naoya, Sugiyama Shin, Ohashi Yoshihiko, Sakakibara Daiki, Nishizawa Bungo, Asaji Izumi, Fukamachi Yasushi
    The Seventh Symposium on Polar Science 2016年12月 Tachikawa, Japan
  • Interannual variabilties of fluxes in Barrow Canyon from 2010-2014 : results from the DBO-5 repeat section  [通常講演]
    Itoh Motoyo, Kikuchi Takashi, Fukamachi Yasushi, Pickart Robert and collaborators
    2016 PAG Fall Meeting 2016年10月 Qingdao, China
  • サハリンポリニヤにおける過冷却水とフラジルアイスの生成  [通常講演]
    伊藤優人, 大島慶一郎, 深町康
    2016年度日本海洋学会秋季大会 2016年09月 鹿児島
  • 係留観測に基づくAMSR-E薄氷厚アルゴリズムの開発とオホーツク海の海氷生産量マッピング  [通常講演]
    柏瀬陽彦, 大島慶一郎, 深町康, 二橋創平
    2016年度日本海洋学会秋季大会 2016年09月 鹿児島
  • Sea Ice Velocity Observation by HF Ocean Radar  [通常講演]
    張偉, 江淵直人, 深町康, Emery Brian, 程豊, 阿部泰人, 豊田威信, 白澤邦男
    2016年度日本海洋学会春季大会 2016年03月 東京
  • 南極海氷コアから推定される昭和基地周辺の定着氷の発達・崩壊過程  [通常講演]
    豊田威信, 牛尾収輝, 田村岳史, 野村大樹, 清水大輔, 深町康, 松村義正, Fraser Alexander
    2016年度日本海洋学会春季大会 2016年03月 東京
  • アラスカ沖バロー沿岸ポリニヤにおける海氷生産量の経年変動  [通常講演]
    平野大輔, 深町康, 渡邉英嗣, 大島慶一郎, 岩本勉之, Mahoney Andrew, Eicken Hajo, 清水大輔, 田村岳史
    2016年度日本海洋学会春季大会 2016年03月 東京
  • ケープダンレー底層水形成に関わる乱流混合の役割  [通常講演]
    平野大輔, 北出裕二郎, 大島慶一郎, 深町康
    2016年度日本海洋学会春季大会 2016年03月 東京
  • 海氷結氷期における海底堆積物の上方輸送の観測  [通常講演]
    伊藤優人, 大島慶一郎, 西岡純, 楠本仁麦, 水田元太, 深町康
    2016年度日本海洋学会春季大会 2016年03月 東京
  • Formation and Variability of Antarctic Bottom Water off Cape Darnley: the Fourth Antarctic Bottom Water  [通常講演]
    Ohshima, K. I., Nakayama, Y., Fukamachi, Y., Matsumura, Y., Nihashi, S., Tamura, T., Kitade, Y., Hirano, D., Shimizu, D., and Aoki S.
    2016 AGU Ocean Sciences Meeting 2016年02月 New Orleans, USA
  • Observations of frazil ice formation and sediment upward transport off the northeast coast of Sakhalin  [通常講演]
    Ito M, Ohshima, K. I., Nishioka, J., Kusumoto, Y., Mizuta, G., Fukamachi, Y.
    The 31th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice 2016年02月 Monbetsu, Japan
  • Validation of AMSR-E thin ice algorithm based on moored ice profiling sonar measurement  [通常講演]
    Fukamachi, Y., Ohshima, K. I., Iwamoto, K., Tamura, T., Nihashi, S.
    Workshop on satellite data for Arctic research and applications, Side event during Arctic Frontiers 2016 2016年01月 Tromsø, Norway
  • Sea ice velocity observation by HF radar: Comparison with ADCP and buoy drifter measurements  [通常講演]
    Zhang, W., Ebuchi, N., Emery, B., Fukamachi, Y., Abe, H.. Shirasawa, K.. Toyota,T.
    研究集会「海洋レーダーを用いた海況監視システムの開発と応用」 2015年12月 春日
  • ハイブリッド特性を有するバロー沿岸ポリニヤにおける海氷生産量の経年変動  [通常講演]
    平野大輔, 深町康, 渡邉英嗣, 岩本勉之, Andrew Mahoney, Hajo Eicken, 清水大輔, 大島慶一郎, 田村岳史
    第6回極域科学シンポジウム 2015年11月 立川
  • 南極底層水を起点とする熱塩循環・物質循環のダイナミクス  [通常講演]
    大島慶一郎, 川合美千代, 北出裕二郎, 勝又勝郎, 深町康, 田村岳史, 青木茂
    第6回極域科学シンポジウム 2015年11月 立川
  • チャクチ海バロー沖におけるフラジルアイス生成と海底堆積物の上方輸送の観測  [通常講演]
    伊藤優人, 大島慶一郎, 深町康, 清水大輔, Andrew R. Mahoney, Hajo Eicken
    第6回極域科学シンポジウム 2015年11月 立川
  • 北極バロー沖沿岸ポリニヤにおけるフラジルアイスの生成・沈降と堆積物粒子の上方輸送の観測  [通常講演]
    伊藤優人, 大島慶一郎, 深町康, 清水大輔, A. R. Mahoney, H. Eicken
    2015年度日本海洋学会秋季大会 2015年09月 愛媛
  • Sea ice formation on continental shelves: a comparison of water mass signals near an Antarctic ice shelf and off the Alaskan coast  [通常講演]
    Inga J. Smith, Alex J. Gough, Patricia J. Langhorne, Hajo Eicken, Andrew R. Mahoney, Gregory H. Leonard, Robert Van Hale, Yasushi Fukamachi, Stefan Jendersie, Joshua Jones, Timothy G. Haskell
    IGS International Symposium on Contemporary Ice-Sheet Dynamics 2015年08月 Cambridge, UK
  • Numerical Investigation of Formation and Variability of Antarctic Bottom Water off Cape Darnley  [通常講演]
    Nakayama, Y., Ohshima, K. I., Matsumura, Y., Fukamachi, Y., Hiroyasu, H.
    26th IUGG General Assembly 2015 2015年07月 Prague, Czech Republic
  • The fourth Antarctic Bottom Water: Cape Darnley Bottom Water  [通常講演]
    Ohshima, K. I., Fukamachi, Williams, G. D., Nihashi, S., Tamura, T., Kitade, Y., Hirano, D., Aoki, S., and Wakatsuchi, M.
    26th IUGG General Assembly 2015 2015年07月 Prague, Czech Republic
  • A wind-driven, hybrid latent and sensible heat coastal polynya at Barrow, Alaska  [通常講演]
    Hirano, D., Y. Fukamachi, E. Watanabe, K. Iwamoto, A. R. Mahoney, H. Eicken, D. Simizu, K. I. Ohshima, and T. Tamura
    26th IUGG General Assembly 2015 2015年06月 Prague, Czech Republic
  • Sediment upward dispersion and frail ice formation by strong wnd events -A possible mechanism of iron supply to sea ice  [通常講演]
    Ito, M., K. I. Ohshima, J. Nishioka, Y. Kusumoto, G. Mizuta, Y. Fukamachi
    ESSAS Annual Science Meeting 2015年06月 Seattle, USA
  • Characteristics of sea-ice draft revealed by a moored ice-profiling sonar in the Chukchi Sea off Barrow, Alaska  [通常講演]
    Fukamachi. Y., Simizu, D., Ohshima, K. I., Iwamoto, K., Eicken, H., Mahoney, A. R.
    Fourth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-4) 2015年04月 Toyama
  • A wind-driven, hybrid latent and sensible heat coastal polynya at Barrow, Alaska  [通常講演]
    Hirano, D., Y. Fukamachi, E. Watanabe, K. Iwamoto, A. R. Mahoney, H. Eicken, D. Simizu, K. I. Ohshima, and T. Tamura
    Forth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-4) 2015年04月 Toyama
  • SIZONet: Multi-purpose, multi-platform observations to inform responses to an Arctic sea ice cover in transformation  [通常講演]
    Eicken, H., Mahoney, A. R., Dammann, D. O., Jones, J., Hendricks, S., Fukamachi, Y., Ohshima, K. I., Haas, C., Gerland, S., Makshtas, A.
    Fourth International Symposium on the Arctic Research (ISAR-4) 2015年04月 Toyama
  • 強風イベントによる海底堆積物の上方輸送とフラジルアイス生成-海氷への鉄供給メカニズム-  [通常講演]
    伊藤優人, 大島慶一郎, 西岡純, 楠本仁麦, 水田元太, 深町康
    2015年度日本海洋学会春季大会 2015年03月 東京
  • ビンセネス湾沖における南極底層水の特性  [通常講演]
    北出裕二郎, 嶋田啓資, 白井優, 青木茂, 深町康, 田村岳史, 牛尾収輝, 大島慶一郎
    2015年度日本海洋学会春季大会 2015年03月 東京
  • 係留観測による北極チャクチ海沿岸域の海氷厚に関する研究  [通常講演]
    守家衣利加, 深町康, 清水大輔, 大島慶一郎, 高塚徹, 岩本勉之, Mahoney Andrew R., Jones Joshua, Eicken Hajo
    2015年度日本海洋学会春季大会 2015年03月 東京
  • リュツォ・ホルム湾定着氷域での海氷厚の分布と変動  [通常講演]
    杉本風子, 大島慶一郎, 田村岳史, 宇都正太郎, 下田春人, 清水大輔, 舘山一孝, 星野聖太, 深町康, 尾関俊浩, 牛尾収輝
    2015年度日本海洋学会春季大会 2015年03月 東京
  • アラスカ沖バロー沿岸ポリニヤの特徴(Ⅱ)  [通常講演]
    平野大輔, 深町康, 渡邉英嗣, 岩本勉之, MahoneAndrew, Eicken Hajo, 清水大輔, 大島慶一郎, 田村岳史
    2015年度日本海洋学会春季大会 2015年03月 東京
  • Sediment upward dispersion and frazil ice formation by strong windy events in the Sea of Okhotsk observed with ADCP. -A possible mechanism of iron supply to sea ice-  [通常講演]
    Ito, M., Ohshima, K. I., Nishioka, J., Kusumoto, Y., Mizuta, G. and Fukamachi, Y.
    The 30th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice 2015年02月 Monbetsu, Japan
  • アラスカ沖バロー沿岸ポリニヤの特徴  [通常講演]
    平野大輔, 深町康, 渡邉英嗣, 岩本勉之, Andrew Mahoney, Hajo Eicken, 清水大輔, 大島慶一郎, 田村岳史
    第5回極域科学シンポジウム 2014年12月 立川
  • チャクチ海アラスカバロー沖における海氷厚の係留観測  [通常講演]
    守家衣利加, 深町康, 清水大輔, 大島慶一郎, 高塚徹, 岩本勉之, Mahoney Andrew R., Jones Joshua, Eicken Hajo
    第5回極域科学シンポジウム 2014年12月 立川
  • ビンセネス湾沖南極底層水の特性  [通常講演]
    北出裕二郎, 嶋田啓資, 白井優, 青木茂, 田村岳史, 深町康, 牛尾収輝, 大島慶一郎
    第5回極域科学シンポジウム 2014年12月 立川
  • A wind-driven, hybrid latent and sensible heat coastal polynya at Barrow, Alaska  [通常講演]
    Hirano, D., Y. Fukamachi, E. Watanabe, K. Iwamoto, A. Mahoney, H. Eicken, D. Shimizu, K. I. Ohshima, and T. Tamura
    AGU Fall Meeting 2014 2014年11月 San Francisco, USA
  • アラスカ沖バロー沿岸ポリニヤの特徴(Ⅰ)  [通常講演]
    平野大輔, 深町康, 渡邉英嗣, 岩本勉之, Andrew Mahoney, Hajo Eicken, 清水大輔, 大島慶一郎, 田村岳史
    2014年度日本海洋学会秋季大会 2014年09月 長崎
  • Antarctic Bottom Water production from intense sea-ice formation in the Cape Darnley Polynya  [招待講演]
    Ohshima, K. I., Y. Fukamachi, G. D. Williams, S. Nihashi, T. Tamura, Y. Kitade, D. Hirano, S. Aoki, and M. Wakatsuchi
    11th Annual Meeting, Asia Oceania Geosciences Society 2014年08月 Sapporo, Japan
  • 第4の南極底層水:ケープダンレー底層水  [通常講演]
    大島慶一郎, 深町康, Williams, G. D., 二橋創平, 田村岳史, 北出裕二郎, 平野大輔, 青木茂, 若土正曉
    日本地球惑星科学連合2014年大会 2014年05月 横浜
  • ビンセネス湾沖南極底層水の流動特性について  [通常講演]
    白井優、北出裕二郎、嶋田啓資、青木茂、深町康、大島慶一郎
    2014年度日本海洋学会春季大会 2014年03月 東京
  • アラスカバロー沖チャクチ海ポリニヤにおける海氷・海洋の係留観測  [通常講演]
    深町康,大島慶一郎,清水大輔,伊藤優人,岩本勉之,松村義正, Eicken, H., Mahoney, A. R.
    2014年度日本海洋学会春季大会 2014年03月 東京
  • Antarctic and Arctic land-fast sea ice: deriving parent water mass properties changes from sea ice cores  [通常講演]
    I. J. Smith, A. J. Gough, P. J. Langhorne, H. Eicken, A. R. Mahoney, G. H. Leonard, R. J. Van Hale, Y. Fukamachi, S. Jendersie, J. M. Jones, and T. G. Haskell
    IGS International Symposium on Sea Ice in a Changing Environment 2014年03月 Hobart, Australia
  • Characteristics of sea-ice draft revealed by a moored ice-profiling sonar in the Chukchi Sea off Barrow, Alaska  [通常講演]
    Y. Fukamachi, D. Simizu, K. I. Ohshima, K. Iwamoto, H. Eicken, and A. R. Mahoney
    IGS International Symposium on Sea Ice in a Changing Environment 2014年03月 Hobart, Australia
  • Taking a look at both sides of the ice: comparing ice thickness and drift speed as observed from above and below sea ice near Barrow, Alaska  [通常講演]
    A. R. Mahoney, H. Eicken, Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, D. Simizu, C. Kambhamettu, R. MV, S. Hendricks, and J. Jones
    IGS International Symposium on Sea Ice in a Changing Environment 2014年03月 Hobart, Australia
  • A study of formation processes of supercooled water and frazil ice in a coastal polynya  [通常講演]
    Ito M, K. I. Ohshima, Y. Fukamachi, D. Simizu, K. Iwamoto, Y. Matsumura, A. R. Mahoney, and H. Eicken
    IGS International Symposium on Sea Ice in a Changing Environment 2014年03月 Hobart, Australia
  • Distribution and interannual variability of sea-ice thickness in the pack-ice zone off Lützow-Holm Bay, Antarctica  [通常講演]
    F. Sugimoto, H. Shimoda, D. Simizu, S. Uto, K. Tateyama, S. Hoshino, T. Ozeki, T. Tamura, Y. Fukamachi, S. Ushio and K. I. Ohshima
    IGS International Symposium on Sea Ice in a Changing Environment, 2014年03月 Hobart, Australia
  • A study of formation processes of supercooled water and frazil ice in a coastal polynya  [通常講演]
    Ito M, K. I. Ohshima, Y. Fukamachi, D. Simizu, K. Iwamoto, Y. Matsumura, A. R. Mahoney, and H. Eicken
    The 29th International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice 2014年02月 紋別
  • 沿岸ポリニヤにおける過冷却水およびフラジルアイス生成過程についての研究  [通常講演]
    伊藤優人,大島慶一郎,深町康,清水大輔,岩本勉之,松村義正,Mahoney, A. R., Eicken,H.,
    第4回極域科学シンポジウム 2013年11月
  • 沿岸ポリニヤにおける過冷却水およびフラジルアイス生成過程についての研究  [通常講演]
    伊藤優人,大島慶一郎,深町康,清水大輔,岩本勉之,松村義正,Mahoney, A. R., Eicken,H.
    2013年度日本海洋学会秋季大会 2013年09月
  • 2010年夏季北極海バロー海底谷における熱輸送  [通常講演]
    伊東素代,菊地隆,深町康,Pickart, R., 大島慶一郎,清水大輔,Arrigo, K., Vagle, S., He, J., Ashjian, C.
    2013年度日本海洋学会秋季大会 2013年09月
  • 第4の南極底層水: Cape Danley Bottom Water  [通常講演]
    大島慶一郎、 深町康、Williams, G. D., 二橋創平、北出裕二郎、平野大輔、田村岳史、青木茂、若土正
    2013年度日本海洋学会秋季大会 2013年09月
  • ビンセネス湾ポリニヤにおける高密度陸棚水の生成について  [通常講演]
    北出裕二郎、嶋田啓資、田村岳史、深町 康、青木 茂、牛尾 収輝、大島 慶一郎
    2013年度日本海洋学会秋季大会 2013年09月
  • 昭和基地沖流氷域での海氷厚観測  [通常講演]
    杉本風子、下田春人、清水大輔、 宇都正太郎、舘山一孝、星野聖太、尾関俊浩、田村岳史、深町康、牛尾収輝、 大島慶一郎
    2013年度日本海洋学会秋季大会 2013年09月
  • 急激に変わりゆく北極海  [招待講演]
    菊地隆、原田尚美、深町康
    2013年度日本海洋学会秋季大会 2013年09月 札幌
  • ビンセネス湾沖南極底層水の流動特性について  [通常講演]
    白井優、北出裕二郎、嶋田啓資、青木茂、深町康、大島慶一郎
    2014年度日本海洋学会春季大会 2013年03月 東京
  • 北極海バロー沖における海氷厚直接観測  [通常講演]
    清水大輔・深町康・大島慶一郎・岩本勉之
    2013年度日本海洋学会春季大会 2013年03月
  • ビンセネス湾沖での係留観測により捉えられた南極底層水の特性  [通常講演]
    北出裕二郎・嶋田啓資・田村岳史・深町 康・青木 茂・牛尾収輝・大島慶一郎
    第35回極域気水圏シンポジウム 2012年11月
  • サハリン沖での係留系氷厚データとの直接比較によるAMSR-E薄氷厚アルゴリズムの作成  [通常講演]
    柏瀬陽彦・大島慶一郎・深町康・二橋創平
    2012年度日本海洋学会秋季大会 2012年09月
  • ビンセネス湾沖で係留観測によって捉えた南極底層水の特性  [通常講演]
    北出裕二郎・嶋田啓資・田村岳史・深町康・青木茂・大島慶一郎・牛尾収輝
    日仏海洋学会学術研究発表会 2012年06月
  • ケープダンレープロジェクト~第4の南極底層水起源域の同定  [通常講演]
    深町康, 清水大輔, 大島慶一郎, 小野数也, 田村岳史, 青木茂, 北出裕一郎, 平野大輔, 牛尾収輝, 橋田元
    2012年度日本海洋学会春季大会 2012年03月
  • 南極海ケープダンレーポリニヤにおける海氷・海洋の係留観測  [通常講演]
    深町康, 清水大輔, 大島慶一郎, 小野数也, 田村岳史, 青木茂, 牛尾収輝, 橋田元
    第2回極域科学シンポジウム 2011年11月
  • 南極海ケープダンレーポリニヤにおける海氷・海洋の係留観測  [通常講演]
    深町康, 清水大輔, 大島慶一郎, 小野数也, 田村岳史, 青木茂, 牛尾収輝, 橋田元
    第34回極域気水圏シンポジウム 2011年11月
  • 南極昭和基地における験潮儀とGPSブイで観測された潮位変化の比較  [通常講演]
    青山雄一, 深町康, 土井浩一郎, 青木茂, 渋谷和雄
    日本測地学会第116回講演会 2011年10月
  • 南極海ケープダンレーポリニヤにおける海氷・海洋の係留観測  [通常講演]
    深町康, 清水大輔, 大島慶一郎, 小野数也, 田村岳史, 青木茂, 牛尾収輝, 橋田元
    2011年度日本海洋学会秋季大会 2011年09月
  • ケープダンレー沖における南極底層水の形成と流動に関する数値的研究  [通常講演]
    中山佳洋, 大島慶一郎, 松村義正, 羽角博康, 深町康
    2011年度日本海洋学会春季大会 2011年03月
  • Polynya formation and sea ice production off Cape Darnley Antarctica, revealed by ALOS PALSAR and AMSR-E data  [通常講演]
    Ohshima, K. I., S. Nihashi, T. Tamura, and Y. Fukamachi
    4th ALOS Joint PI Symposium 2010年11月
  • 海氷厚・南極底層水の係留系観測 -温暖化で氷厚・底層水は変化しているか?-   [通常講演]
    大島慶一郎, 深町康, 牛尾収輝, 橋田元, 青木茂, 清水大輔, 小野数也
    南極観測シンポジウム 2010年09月
  • オホーツク海の海氷が水塊形成・熱塩収支及びその変動に与えるインパクト  [通常講演]
    大島慶一郎, 中野渡拓也, 深町 康, 若土正曉, 二橋創平, S. C. Riser
    2010年度日本海洋学会秋季大会 2010年09月 網走
  • 宗谷暖流の流速の短周期変動の下流方向への伝播  [通常講演]
    江淵直人, 深町 康, 大島慶一郎
    2010年度日本海洋学会秋季大会 2010年09月 網走
  • 海氷と沿岸海洋の相互作用による海氷漂流強化機構  [通常講演]
    中山佳洋, 大島慶一郎, 深町康
    2010年度日本海洋学会秋季大会 2010年09月 網走
  • Antarctic Bottom Water revealed by mooring measurements off Cape Darnley, Antarctica  [通常講演]
    Fukamachi, Y., K. I. Ohshima, S. Aoki, Y. Kitade, T. Tamura, and M. Wakatsuchi
    International Polar Year Oslo Science Conference 2010年06月 Oslo (Norway)
  • Characteristics of ice in the Okhotsk coastal polynyas  [通常講演]
    Sohey Nihashi, Naoto Ebuchi, Shuhei Takahashi, Yasushi Fukamachi
    INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SEA ICE IN THE PHYSICAL AND BIOGEOCHEMICAL SYSTEM 2010年06月 Tromoso, Norway
  • ケープダンレー沖で観測された南極底層水の特性と分布  [通常講演]
    北出裕二郎, 平野大輔, 大島慶一郎, 深町康
    2010年度日本海洋学会春季大会 2010年03月 東京
  • 新たに発見された南極底層水とそれに関わる海氷生産の直接観測-ケープダンレープロジェクト-  [通常講演]
    大島慶一郎, 深町康, 他10名
    2010年度日本海洋学会春季大会 2010年03月 東京
  • 係留観測による南極海ケープダンレー沖における南極底層水について  [通常講演]
    深町康, 大島慶一郎, 青木茂, 北出裕二郎, 田村岳史, 若土正曉
    2010年度日本海洋学会春季大会 2010年03月 東京
  • 枝幸沖水温の十数日変動  [通常講演]
    西田芳則, 田中伊織, 深町康, 大島慶一郎
    2010年度日本海洋学会春季大会 2010年03月 東京
  • Creation of heat/salt flux data set in the Okhotsk Sea using AMSR-E sea ice data.  [通常講演]
    Ohshima, K. I., T. Tamura, S. Nihashi, K. Iwamoto, D. Simizu, Y. Fukamachi
    US CLIVAR/SeaFlux Workshop, Surface Fluxes: Challenges for High Latitudes 2010年03月 アメリカ・ボルダー
  • ケープダンレープロジェクト -新たに発見された南極底層水とそれに関わるか海氷生産の直接観測  [通常講演]
    大島慶一郎・深町康、他9名
    第32回極域気水圏シンポジウム 2009年11月 立川
  • 係留観測による南極海ケープダンレー沖における南極底層水の変動について  [通常講演]
    深町康・大島慶一郎・青木茂・北出裕二郎・田村岳史
    第32回極域気水圏シンポジウム 2009年11月 立川
  • 海鷹丸によりダンレー沖で観測された深底層水の特性と海洋微細構造  [通常講演]
    北出裕二郎・平野大輔・大島慶一郎・深町康
    第32回極域気水圏シンポジウム 2009年11月 立川
  • 宗谷暖流の構造・流量の季節・経年変動  [通常講演]
    大島慶一郎・森島秀太・清水大輔・江淵直人・深町康・若土正曉・Y. Volkov
    2009年度日本海洋学会秋季大会 2009年09月 京都
  • 南極海インド洋セクターのケルゲレン海台東側斜面域における南極底層水流量の時間変動  [通常講演]
    深町康・Stephen R. Rintoul・John A. Church・青木茂・Serguei Sokolov・Mark A. Rosenberg・若土正曉
    2009年度日本海洋学会秋季大会 2009年09月 京都
  • A trial of prediction of paralytic shellfish poisoning along the coast of Hokkaido in the Okhotosk Sea  [通常講演]
    Shimada, H., M. Sawada, I. Tanaka, H. Asami, and Y. Fukamachi
    The 24th International Symposium on Okhotsk Sea and Sea Ice 2009年02月 Shimada, H., M. Sawada, I. Tanaka, H. Asami, and Y. Fukamachi: A trial of prediction of paralytic shellfish poisoning along the coast of Hokkaido in the Okhotosk Sea, The 24th International Symposium on Okhotsk Sea and Sea Ice, Mombetsu Arts & Culture Cen
  • GSOP report, The 5th meeting of the CLIVAR Southern Ocean Panel   [通常講演]
    Fukamachi, Y.
    2009年02月 University of New South Wales, Sydney, Australia
  • Mooring measurement of the deep western boundary current over the eastern flank of the Kerguelen Plateau in the Indian Sector of the Antarctic  [通常講演]
    Fukamachi, Y., S. Aoki, J. A. Church, S. R. Rintoul, M. Rosenberg, and M. Wakatsuchi
    9th International Conference of the Southern Hemisphere Meteorology 2009年02月 Melbourne Convention Center, Melbourne
  • Sea ice production in the polynya and the associated bottom water formation off the Cape Darnley, East Antarctica  [通常講演]
    Ohshima, K. I., T. Tamura, Y. Fukamachi, and S. Aoki
    9th International Conference of the Southern Hemisphere Meteorology and Oceanography 2009年02月 Melbourne Convention Center, Melbourne
  • 南極海インド洋セクターのケルゲレン海台東側斜面域における南極底層水の流量  [通常講演]
    深町康・青木茂・John A. Church・Stephen R. Rintoul・Mark Rosenberg・若土正曉
    第31回極域気水圏・生物圏合同シンポジウム 2008年12月 東京
  • HF-radar technology in the Sea of Okhotsk   [通常講演]
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, and M. Wakatsuchi
    Fourth PICES (North Pacific Marine Science Organization) Workshop on the Okhotsk and adjacent areas 2008年08月 Abashiri
  • Interannual material fluxes under seasonal sea ice in the Okhotsk Sea north of Hokkaido, Japan  [通常講演]
    Hiwatari, T, H. Koshikawa, K. Kohata, Y. Fukamachi, and K. Shirasawa
    Fourth PICES (North Pacific Marine Science Organization) Workshop on the Okhotsk and adjacent areas 2008年08月 Abashiri
  • Downslope Mixing of Antarctic Bottom Water from East Antarctic Polynyas  [通常講演]
    G. Williams, S. Aoki, S. Marsland, Y. Fukamachi, B. Galton-Fenzi, S. Rintoul, N. Bindoff
    SCAR/IASC  2008年07月 St. Petersburg, Russia
  • オホーツク海サハリン北部沖における海氷厚の係留観測  [通常講演]
    深町康・白澤邦男・大島慶一郎・水田元太・若土正曉
    2008年度日本海洋学会春季大会 2008年03月 東京
  • 夏季北海道オホーツク海沿岸における麻痺性貝毒発生予測の試み  [通常講演]
    嶋田宏・澤田真由美・田中伊織・浅見大樹・深町康
    2008年度日本海洋学会春季大会 2008年03月 東京
  • HFレーダによる宗谷暖流の観測  [通常講演]
    江淵 直人・深町康・大島慶一郎・白澤邦男・石川正雄・高塚徹・若土正曉
    九州大学応用力学研究所研究集会 2007年12月 春日、福岡
  • Impact of sea-ice variability on physical and biological processes in the Sea of Okhotsk   [通常講演]
    Ohshima, K. I., Y. Fukamachi, T. Nakanowatari, T. Nakatsuka, J. Nishioka, and M. Wakatsuchi
    The Second Annual Meeting of the GLOBEC 2007年06月 函館
  • Short-term variation in the Soya Warm Current observed by HF ocean radars and coastal tide gauges  [通常講演]
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, and M. Wakatsuchi
    Radiowave Oceanography The 8th International Workshop 2007年05月 Cancun, Mexico
  • 短波海洋レーダおよび沿岸潮位計で観測された宗谷暖流の短周期変動について  [通常講演]
    江淵直人・深町康・大島慶一郎・若土正曉
    海洋理工学会平成19年度春季大会 2007年05月 東京
  • 海底設置ADCPと海洋レーダを用いた宗谷暖流流量の見積り  [通常講演]
    深町康・田中伊織・大島慶一郎・江淵直人・水田元太・吉田英雄・若土正曉
    九州大学応用力学研究所研究集会 2006年12月 春日、福岡
  • HFレーダによる宗谷暖流の観測  [通常講演]
    江淵直人・深町康・大島慶一郎・白澤邦男・石川正雄・高塚徹・若土正曉
    九州大学応用力学研究所研究集会 2006年12月 春日、福岡
  • OOPC (Ocean Observations Panel for Climate) updates and links to panel   [通常講演]
    Fukamachi, Y.
    The 4th CLIVAR (Climate Variability and Predictability) Southern Ocean Panel Meeting 2006年11月 Buenos Aires, Argentina
  • Variations in the Soya Warm Current observed by HF ocean radar, coastal tide gauges and satellite altimetry  [通常講演]
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, and M. Wakatsuchi
    International Symposium on Remote Sensing 2006年11月 Busan, Korea
  • 海底設置ADCPによる宗谷暖流の長期連続観測  [通常講演]
    深町康・大島慶一郎・江淵直人・水田元太・若土正曉
    2006年度日本海洋学会秋季大会 2006年09月 名古屋
  • Observation of the Soya Warm Current combining HF ocean radar with coastal tide gauges and satellite altimetry   [通常講演]
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, M. Wakatsuchi
    IEEE International Geoscience and Remote Sensing 2006年07月 Denver, U.S.A.
  • Japanese mooring plan in the Cape Darnley polynya during the International Polar Year  [通常講演]
    Fukamachi, Y., K. I. Ohshima, S. Aoki, S. Ushio, and M. Wakatsuchi
    International Workshop on Antarctic Sea Ice Thickness 2006年07月 Hobart, Australia
  • Observation of the Soya Warm Current using HF ocean radars  [通常講演]
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, and M. Wakatsuchi
    Radiowave Oceanography The 7th International Workshop 2006年05月 Hamburg, Germany
  • 南極海インド洋セクターのケルゲレン海台東側斜面における深層西岸境界流の係留観測  [通常講演]
    深町康・青木茂・若土正曉
    2006年度日本海洋学会春季大会 2006年03月 横浜
  • 短波海洋レーダ・沿岸潮位記録・衛星高度計などを用いた宗谷暖流のモニタリング   [通常講演]
    江淵直人・深町康・大島慶一郎・白澤邦男・若土正曉
    2006年度日本海洋学会春季大会 2006年03月 横浜
  • Diurnal Coastal-Trapped Waves on the Eastern Shelf of Sakhalin in the Okhotsk Sea  [通常講演]
    Ono, J., K. I. Ohshima, G. Mizuta, Y. Fukamachi, and M. Wakatsuchi
    American Geophysical Union (AGU) Ocean Sciences Meeting 2006年02月 Honolulu, Hawaii, U.S.A.
  • 南極海インド洋セクターのケルゲレン海台東側斜面における深層西岸境界流の係留観測  [通常講演]
    深町康・青木茂・若土正曉
    第28回極域気水圏シンポジウム 2005年11月 東京
  • 短波海洋レーダ・沿岸潮位記録・衛星高度計などを用いた宗谷暖流のモニタリング  [通常講演]
    江淵直人・深町康・大島慶一郎・白澤邦男・若土正曉
    海洋理工学会平成17年度秋季大会 2005年10月 京都
  • 北海道オホーツク海沿岸域で発達する季節海氷はなにをもたらすのか? -セジメントトラップフラックスデータから-  [通常講演]
    樋渡武彦・深町康・白澤邦男・永田隆一・越川海・木幡邦男・渡辺正孝
    日本プランクトン学会 2005年09月
  • Observation of the Soya Warm Current using HF Ocean Radar  [通常講演]
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, and M. Wakatsuchi
    Radiowave Oceanography 6th International Workshop 2005年05月 Santa Cruz, U.S.A.
  • カラフト東岸沖における潮流特性と日周潮陸棚波  [通常講演]
    小野純・大島慶一郎・水田元太・深町康・若土正曉
    2005年度日本海洋学会春季大会 2005年03月 東京
  • Seasonal variation of the Soya Warm Current observed by HF ocean radar  [通常講演]
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, M. Ishikawa, T. Takatsuka, T. Daibo, and M. Wakatsuchi
    International Symposium on Remote Sensing (ISRS) 2004年10月 Jeju, Korea
  • Observations of the Soya Warm Current using HF Ocean Radar  [通常講演]
    Ebuchi, N., Y. Fukamachi, K. I. Ohshima, K. Shirasawa, M. Ishikawa, T. Takatsuka, T. Daibo, and M. Wakatsuchi
    IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS) 2004年09月 Anchorage, Alaska
  • 短波海洋レーダによる宗谷暖流の観測  [通常講演]
    江淵直人・深町康・大島慶一郎・白澤邦男・若土正曉
    2004年日本海洋学会春季大会 2004年03月 つくば

作品等

  • 海洋研究開発機構学術研究船「白鳳丸」KH-07-4次航海
    2008年
  • Fukamachi, Y. on behalf of Southern Ocean panel: Southern Ocean CLIVAR/CliC/SCAR panel, The 11th Session of Ocean Observations Panel for Climate (OOPC-11), Tokyo, Japan
    2006年
  • 江淵 直人・深町 康・大島 慶一郎・白澤 邦男・石川 正雄・高塚 徹・若土正曉:短波海洋レーダ・沿岸潮位記録・衛星高度計などを用いた宗谷暖流のモニタリング
    2006年

特許

  • Methods of observing sea ice
    US 7,095,359 B2

競争的資金等の研究課題

  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2015年 -2018年 
    代表者 : 深町 康
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
    研究期間 : 2013年 -2016年 
    代表者 : 大島 慶一郎
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2013年 -2016年 
    代表者 : 青木 茂
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 深町 康
     
    2008-09年に南極海インド洋セクターのケープダンレー沖の斜面域で取得した係留観測による海洋の時系列データを、人工衛星による海氷データ、測器を取り付けたアザラシによる海洋データと合わせて、この海域で沿岸ポリニヤでの高い海氷生産に起因したローカルな南極底層水の生成が起こっており、ウェッデル海、ロス海、アデリーランド沖に続く、第4の主要な南極底層水の生成域であること示した。特に、この海域が他の3つの生成域とは異なり、広い大陸棚、棚氷、大きな窪地の全てが存在しないにも関わらず、高い海氷生産のみによって主要な生成域となっていることは特筆に値する。
  • 文部科学省:学術研究助成基金助成金(挑戦的萌芽研究)
    研究期間 : 2011年 -2013年 
    代表者 : 深町 康
     
    一般に、海氷厚の係留観測には特殊な測器である超音波氷厚計が用いられる。海洋観測に広く用いられている超音波ドップラー流速計を用いた海氷厚の計測手法の開発を行うために、アラスカ北部の沖合で、これらの両方の測器を含む係留系による観測を実施した。3年間に延べ4箇所で両方の測器で良好なデータを取得することに成功し、一部のデータについて超音波氷厚計の生データから海氷厚を算出した。 本研究の観測で取得された海氷・海洋のデータを用いて、沿岸定着氷の崩壊、ポリニヤにおける過冷却水とフラジルアイスの生成、電磁誘導センサーによる海氷厚計測とレーダーによる海氷漂流速度の計測との比較研究についての成果をまとめた。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2009年 -2012年 
    代表者 : 青木 茂
     
    本研究は、酸素安定同位体比測定という新しい手法を標準化した国際共同海洋観測ネットワークによりオーストラリア-南極海盆における南極底層水のここ20年間の淡水化の全体像を把握し、人工衛星や数値実験の結果とも組み合わせてその原因を明らかにすることを目的としている。本年度は、同海盆において低塩化(淡水化)が顕著に報告されている源流域・分岐域・西岸境界域での同期観測を日本とオーストラリアが共同で実施し、低塩化傾向がさらに進行していることが確認された。また同観測において、日豪あわせて約1800個の酸素同位体比用サンプルを取得した。質量分析計による酸素同位体比の継続的な分析をすすめ、南極表層水に氷山融解の影響が特定できることを示した。また、1990年代のWHP観測と2000年代に実施された観測との比較から、本海盆での淡水化率は25GGt/yr程度と見積もられた。これはロス海陸棚域で観測されている淡水化率と同程度にのぼる。水温・塩分変化に基づく評価から、この変化の原因の一つとして、幾つかの仮定の元で、ロス海から流入する底層水の低塩化が大きな割合を占める可能性が示された。もう一つの可能性として、底層水の母海水のひとつであるアデリー海谷における陸棚高密度水の変質が考えられる。陸棚水に対する氷床融解や海氷生産の時間的な変化による変質の可能性を調べるため、メルツ氷河の変動の実態を調べた。人工衛星画像...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(S))
    研究期間 : 2008年 -2012年 
    代表者 : 大島 慶一郎
     
    海洋の大規模な中深層循環は極域・海氷域から重い水が沈み込み、それが徐々に湧き上がってくるという密度(熱塩)循環である。海氷生成の際にはき出される高塩分水が重い水の生成源になっている。本研究の目的は、海洋中深層循環及びその変動を決めうる重要な因子である海氷生産量を、現場観測に基づいて衛星データ等から見積もるアルゴリズムを開発し、そのグローバルマッピングを行うことである。さらに海氷生産量と中深層水形成の関係をその変動を含めて理解することもめざす。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2008年 -2010年 
    代表者 : 深町 康
     
    南極底層水の流出経路であるケルゲレン海台東側斜面域における係留観測データから、この海域における赤道向きの流量がウェッデル海からの流量に匹敵する海洋大循環の重要な割合を占めるものであることを明らかにした。また、海氷生産が盛んなケープダンレーポリニヤ周辺の係留観測から、この海域においてローカルに南極底層水が生成されていることを確かめた。更に、ケープダンレーポリニヤでの海氷厚の係留観測に成功し、南極海の沿岸ポリニヤ内では初となる高精度のデータを取得した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2005年 -2007年 
    代表者 : 若土 正暁
     
    本研究の最重要課題は、南極海インド洋セクターで生成する南極底層水の北上流の季節変動を初めて捉えることに成功した現地観測データを解析することにある。我々は、ウエッデル海やロス海とともに南極底層水の主要な生成域の一つであり、これまで南北輸送流量のデータの全く無いアデリーランド沖をターゲットとして、冬季沿岸ポリニア域で生成する南極底層水が陸棚斜面を下降し、やがて西岸境界流としてケルゲレン海台東岸沖の海底近くを北上する海流量の季節変動を直接捉えるための流速計を中心とする係留観測を実施した。これは豪州CSIROとの共同研究として実施したものであり、2003年2月から2005年1月までの2年間にわたる、合計8観測点での流向、流速、水温、塩分、溶存酸素量のデータ取得に初めて成功した。極めて貴重な、そして膨大なデータの解析を現在精力的に進めている。これまでの解析から、特徴的なのは、どこの観測点でも流向が一様であり、ケルゲレン海台東岸沖斜面域では北西流が、遥か沖合の深海域では全く逆向きの南東流が卓越していることである。つまり、この海域では、ケルゲレン海台東岸沖の南極底層流の西岸境界流としての北上流と、その沖合での再循環による南下流の二つの卓越する循環系から構成されていることが分かった。本研究ではまた、南極底層水生成域である沿岸ポリニア域で形成する海氷の氷厚分布を人工衛星データから検出して、熱収...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2005年 -2007年 
    代表者 : 大島 慶一郎
     
    海水・海氷・油の流動予測の基盤となる3次元海洋モデルを開発・高精度化した。最終的には、分解能1/12度で、日本海と太平洋の海水交換も含み、日々の風応力と月平均の海面熱フラックスによって駆動されるモデルを開発した。係留系及び海洋レーダーより取得した測流データとモデルとの比較・検討により、東樺太海流・宗谷暖流に関しては非常に再現性のよいモデルを開発することができた。このモデルに粒子追跡法を取り入れて、サハリン油田起源の海水の漂流拡散を調べた。水平拡散の効果は、Markov-chain modelを仮定したランダムウォークを用いて取り入れた。表面下15mでは粒子の漂流はほとんど海流(東樺太海流)で決まり、粒子は東樺太海流に乗って樺太東を南下しあまり拡散せずに北海道沖に達する。表層(0m)では、風による漂流効果も受けるので、サハリン沖の粒子の漂流は卓越風の風向に大きく依存する。沖向き成分の風が強い年は、表面の粒子は東樺太海流の主流からはずれ、北海道沖まで到達する粒子の割合は大きく減じる。アムール川起源の汚染物質の流動予測も同様に行い、東樺太海流による輸送効果の重要性が示された。2006年2・3月に起こった知床沿岸への油まみれ海鳥の漂着問題に、後方粒子追跡実験を適用し、死骸は11-12月のサハリン沿岸から流れてきた可能性が高いことを示した。潮流による拡散効果を正しく評価するために、主要...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2005年 -2007年 
    代表者 : 深町 康
     
    北海道沿岸域の湧別沖で1999-2001年の冬季に得られた氷厚の係留観測データの解析結果から、draft(水面下の海氷厚)の平均値が0.60mであること、力学的な変形を受けた海氷の割合が80%と非常に高いことなどを明らかにし、これらの結果をFukamachi et al.(2006, Journal of Geophysical Research)にまとめて発表した。また,国立環境研のセジメントトラップ観測と共同で、2005-06年に紋別沖で実施した係留観測の結果から、生物起源や岩石起源の沈降物質の質や量が海氷の有無とともに変動していることを示し、これらの結果をHiwatari et al.(2008, Polar Science)にまとめて発表した。サハリン北部沿岸域で2002-03年の冬季に得られた氷厚データの解析結果から、draftの平均値は1.05mで、北海道沿岸域に較べて顕著に大きいこと、0.2m程度の薄い海氷と数mを超える厚い海氷が卓越する時期が有り、それぞれ沖向きと岸向きの漂流速度に対応していること、薄い海氷の時期には海水中の塩分の上昇が見られ、ポテンシャル密度が26.7を超える高密度陸棚水が存在すること、観測された塩分の上昇が、大気と海氷・海洋間の熱収支から計算される海氷生産量から求められるものでよく説明されることなどについて明らかにし、これらの結果をFuka...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2003年 -2005年 
    代表者 : 白澤 邦男
     
    (1)サハリン北東部の気象、海洋、海氷の現場観測:通年の気象、海象、海氷観測を実施し、季節内変動、年々変動を調べ、海氷成長モデルの検証を行った。電磁誘導式氷厚計による海氷厚の計測、係留型氷厚計とADCP(流速プロファイラー)による海氷厚と流氷漂流速度の季節内変動を調べた。(2)北海道オホーック海沿岸域での現場観測及びリモートセンシングによる気象、海洋、海氷観測:巡視船「そうや」に電磁誘導式氷厚計を搭載し南部オホーツク海の広域氷厚分布の計測、ブイによる流氷漂流動態の観測を実施した。サロマ湖では、海氷成長モデル検証のための気象、海洋、海氷の現場観測、海氷生態系過程を把握するためにアイスアルジーの分布や発達過程の実験観測を行った。係留型氷厚計、ADCP、セジメントトラップを係留し、海氷厚、流氷漂流速度の連続観測、流氷下の沈降物質と流氷分布との関係を調べた。流氷レーダーによる流氷分布や移動速度の観測、宗谷海峡とオホーツク海沿岸域に設置した短波海洋レーダーによる表面海流速度の連続観測を行った。(3)オホーツク海とバルト海の海氷気候、海洋環境の比較研究:季節海氷域であるバルト海において、気象、海氷、海洋環境、海洋生態系の現場観測を行い、季節内変動、年々変動を調べ、オホーツク海の海氷気候や海洋環境との比較研究を行った。(4)南極海、北極海の海氷厚計測:船舶搭載型電磁誘導式氷厚計を用いて、南...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 2000年 -2001年 
    代表者 : 深町 康
     
    1.係留観測データの解析2001年の冬季に、過去2年間と同じように、北海道沿岸域湧別沖6マイルの地点で得られたIce Profiling Sonar(IPS)のデータの解析を行った。この年は、オホーツク海全体における最大海氷面積が1979年以来の最大であったことからも推測されるように、1月上旬から係留観測点において海氷が観測されていたが、氷厚については、過去2年間に見られたような極端に大きいice keelはあまり見られなかった。この理由としては、海氷の密接度が高かったために、raftingやridgingのような変形プロセスが起きにくかったことが考えられる。2001年を含めたこれまでの3年間の氷厚データの特徴は、各年について大きく異なっている。このことは、北海道沿岸域に存在する海氷は、海氷面積のみならず、氷厚についても、大きな年々変動があることを示唆しており、海氷量の見積もりに対しての氷厚の重要性をも示している。2.更なる観測の実施2001年11月には、過去3年間と同様に、湧別沖にIPSとAcoustic Doppler Current Profilerを設置しており、近日中に回収の予定である。また、海氷域における氷厚観測の可能性を広げるために、自律走行型海中ロボットAUV(Autonomous Underwater Vehicle)にIPSを搭載して、紋別港周辺の海域にお...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 1997年 -1999年 
    代表者 : 大島 慶一郎
     
    夏季南極海海氷域の熱収支から、大気からの熱のインプットはアルベドの違いから海氷面より開水面からのほうがずっと大きく、海氷融解は開水面からの熱が海氷を側面と底面から融かしていく過程が重要であることが定量的に確かめられた。海氷の融解が大気から開水面に入る熱によってのみで行われると成り立つ、(海氷融解率)=(開水面の割合)*(大気からの熱的外力)という単純な関係が、現実のデータ(マイクロ波放射計による海氷密接度データ)からも示唆された。人工衛星による海氷データを用いて調べたところ、ほとんどの年で融解最盛期の12月と結氷期の4月における海氷密接度のアノマリーの空間分布はよく一致していた。12月は海氷分布の年々変動が最も大きい月でもあるので、この時期に大気から海洋上層中に与えられる熱は、年により大きく異なることになる。解析の結果、融解期における海氷の多少が、海洋上層へ与えられる熱の多寡を生み、それが海に記憶されて、海氷が一度消滅した後、結氷期にも反映されることが示唆された。海氷の融解は開水面から海洋混合層に入った熱によってのみ起こるとする簡略な海氷・海洋結合モデルを提出した。モデルから、海氷密接度と混合層の水温との関係は、あるカーブに収束することが示され、昭和基地沖やロス海での観測をよく説明している。また、このモデルは南極の子午面方向の海氷後退をある程度説明しえ、第0近似的には海氷融解...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 1997年 -1998年 
    代表者 : 中塚 武
     
    本科研費を用いた研究は、主に次の2つの部分からなる。一つは、硝酸塩の窒素同位体比を用いた海洋表層における生物活動と水塊混合の履歴の解析であり、もう一つは、栄養塩の精密濃度測定に基づく中・深層水の移流混合過程の解析である。前者には、主にべーリング海やアラスカ湾で日本・カナダ間の往復貨物船により周年的に採取された表層水試料を用い、後者には、オホーツク海南部海盆域でロシア船を使って行われたCTD/RMS観測の試料を用いた。当科研費の大部分は、それぞれ窒素同位体比、栄養塩濃度の測定用の真空ラインの製作、栄養塩自動分析計の購入に充てられた。硝酸塩の窒素同位体比を用いた表層水の混合過程の解析では、硝酸塩の濃度-同位体比プロットにより、ベーリング海においては、アラスカ湾中央部よりも夏季の表層水の鉛直混合が活発である可能性が示唆された。栄養塩の精密測定による中・深層水の移流混合過程の解析では、特に硝酸塩とリン酸塩の濃度を用いた新たな化学量であるN^*(=([NO_<3->]-16・[PO_4^<3->]+2.9)・0.87)が、水塊の起源と混合過程の追跡に極めて有効であることを見いだした。このN^*は、通常は海中では変化せず一部の海域や海底泥中のみでおこる脱窒や窒素固定によってそれぞれ減少・増加する「準保存量」である。このN^*の分布をオホーツク海南部全体で詳細に求めたところ、海底・大陸斜面...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 : 1997年 -1997年 
    代表者 : 大島 慶一郎
     
    オホーツク海冬季の現場での海氷・海洋データは今までほとんど得られていなかった。1996,1997,1998年2月の3年にわたって海上保安庁の砕氷船「そうや」により、オホーツク海南西部において、海氷の諸量及び海洋構造の観測を行った。海氷の厚さは1996,1998年は平均20〜30cm程度であったが、1997年は60cmあり、年によって大きく異なることがわかった。従って、衛星データから得られる密接度のデータから海氷の量的な評価を行うことは大きな問題がある。また、この氷厚の違いが何によるのかは今後の興味深い課題である。海氷アルベド(日射に対する反射率)は1996,1997年の観測から、オホーツク海では氷状によらずほぼ0.6〜0.65程度であることがわかった。1997年2月の海氷域での海氷観測データから以下のことが明らかになった。オホーツク海では冬季、結氷温度で一様な海洋混合層が300m以上に及ぶ場合がある。これは、海氷生成による鉛直対流だけでなく、南風による岸でのエクマン収束のようなmechanicalな効果によることも示唆される。このような厚い混合層を持つ水塊は東カラフト海流として海底斜面に沿ってカラフト沿岸沿いを南下し、それに伴って厚い海氷も南へ運ばれる。移流された海氷の一部は風で周辺の暖水域へ運ばれ、初めはそこで融解され表層を低塩化するが潜熱を奪うことによって、やがてそこを結...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 1995年 -1997年 
    代表者 : 白澤 邦男
     
    冬季に海氷が生成され発達する北海道のサロマ湖を、氷縁域、薄い海氷域のモデル実験フィールドとして、海氷が生成する12月から融解が始まる3月まで現場実験観測を集中的に実施した。1997年12月から1998年3月の冬は3箇年の研究計画の3年度であり、初年度、2年度にできなかった実験観測を集中的に実施した。またモデル作成に必要な基礎データを収集した。(1)海氷の生成から融解に至る過程での大気-海氷間の気象パラメータの収集、(2)海氷消長過程における海氷内部構造、特にブライン・チャンネルを中心にした物理構造の変遷、温度センサーによる海氷中、海氷下海洋境界層の温度分布の季節変動の測定、照度センサーによる海氷上、中、下の光環境の季節変動の測定、(3)温度・塩分センサー付3次元電磁流速計を繋留しての海氷生成前から融解後までの海氷消長過程における海洋構造の季節変動、海氷-海洋間の運動量、熱、塩フラックスの交換過程の把握、(4)海氷の消長とブラインの排出機構、(5)アイス・アルジ-の分布や離脱量の消長とその生物・化学組成の把握、(6)セジメント・トラップを用いてのアイス・アルジ-、動物プランクトン、沈降粒子物質フラックスの日周、潮汐、季節変化を把握するための現場実験観測を行なった。今冬のサロマ湖海氷上の現場実験観測は修了したが、データ解析は現在進行中である。また、セジメント・トラップと3次元電磁...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
    研究期間 : 1995年 -1997年 
    代表者 : 若土 正暁
     
    ポリニヤ(Polynya)とは、広大な海氷原の内部(外洋ポリニヤ)や沿岸付近(沿岸ポリニヤ)に定常的に依存する大規模な開水面或いは疎氷域のことをいう。そこでは、大気と海洋の間で熱や各種ガスの交換が活発に行われる。厳冬期になると本来なら海氷で広く覆われてしまうはずの極域海洋において、何故特定の海域だけに開水面が形成し、そのまま維持されるのか、またそれらポリニヤが大気や海洋に果たしている役割は何か、という問題に対する理解を深める事が本研究の目的である。我々は、研究海域として南極昭和基地周辺とオーストラリア南方の南極沿岸域(アデリーランド沖)を取り上げた。前者では、ポリニヤの成因として海洋よりも大気の影響の方が大きいこと、それも大陸からの斜面下降風(カタバ風)野影響を強く受けるところと、もっと広くシノプテイックな大気場が支配的なところと場所によって異なる事がわかった(Ishikawa et al.,1996)。一方、後者のアデリーランド沖では、1995年1月と1996年1月の2回の海洋観測とその間(1995年1月から1996年3月まで)の大陸棚斜面での流速計係留観測を行った。この海域は、南極周辺で海氷密接度の最も低いところとして、よく知られている。我々の観測結果から、以下の事が明らかになった。(1)底層付近に低温、低塩、高酸素、低珪素、高フロンの性質をもつ水塊が2年とも存在した。こ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 : 1996年 -1996年 
    代表者 : 大島 慶一郎
     
    オホーツク海では冬季海氷が覆われる時期での海氷及び海洋の観測は過去にほとんど行なわれていない。1996年2月と1997年2月に海上保安庁の砕氷船「そうや」により、オホーツク海南西部において海氷域での海氷・海洋観測を行なった。特に海氷に関しては今まで計られていない海氷の厚さ、アルベド(日射に対する反射率)の観測を行った。海氷の厚さは1996年では5〜30cmで平均20cm程度、1997年では20〜80cmで両年で大きな違いがあった。今後、この違いは何によるのかを衛星データと組み合わせた解析を行なう予定である。オホーツク海の海氷のアルベドは平均して0.59と推定された。ただし、ダ-クニラスのアルベドは約0.1という値となり、この低い値はニラスの結晶構造によることも示唆された。海洋構造の観測から、冬季のオホーツク海南西域では北方より水が流れていること、またその冬季の鉛直混合対流は300m以上にも及ぶことが観測された。また、氷縁域ではまず海氷が移流され融解して海水が低温低塩化し、それが現場結氷を生じさせる状況をつくっていることが明らかになった。マイクロ波放射計データ(DMSP SSM/I)から海氷の密接度だけでなく海氷の種類(Ice Type)の情報を用いて、海氷の結氷域に注目することによって海氷の特徴的な変動過程を調べた。氷縁域での広範囲に及ぶ結氷は、大気場の擾乱により海氷域が急速...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
    研究期間 : 1995年 -1995年 
    代表者 : 深町 康
     
    夏季の氷縁域において特徴的に見られるメソスケール渦などの中規模現象の形成機構を調べるために、力学・熱力学の両過程を含む水平2次元の海氷・海洋結合モデルを作成した。このモデルにおいて南極海で観測されたパラメーターを用い、外力としては熱力学過程の重要性を理解するために大気からの熱フラックスのみを与えて計算を行なった。大気からの熱フラックスに対する応答として、氷縁付近で海氷の融解が最も盛んとなり、塩分フロントが形成された。この塩分フロントと地衡流バランスで釣り合っている氷縁に沿う流れは、その流速が増加するにつれて蛇行するようになった。この蛇行は、海氷域の低温・低塩水と開水域の高温・高塩水の交換を促進すると共に、海氷を開水域に移流し舌状の海氷分布を形成した。結果として、蛇行の成長につれて、海氷の融解が更に促進されることとなった。この蛇行の形成機構を解明するために、海洋モデルの線形不安定解析を行なったところ、水平密度フロントに起因する傾圧不安定がその成因であることが明らかになった。氷縁域で見られる様々なメソスケール現象の形成には、風による力学的な効果が重要な役割を果たしていることは間違い無い。しかしながら、この研究によって、海氷が融解する夏季においては、熱力学的な効果も重要な役割を果たしていることが示された。現時点では、南極海等で夏季に海氷の分布によって可視化されるメソスケール渦そのも...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(一般研究(C))
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 若土 正暁, 若土 正曉
     
    本研究の目的は、海象データの解析、人工衛星からの画像データによる氷状観測、さらには数値実験などによって、日本海底層水の形成機構を明らかにすることである。特に今回初めて得られたヨーロッパの地球資源衛星(ERS-1)からの合成開口レーダ(SAR)画像をはじめ、AVHRRの可視・赤外画像などを解析することによって、日本海底層水形成に本質的な役割を果たしていると考えられている、間宮海峡やシベリヤ沿岸沖の海氷生成過程についての定量的な情報を得る。幸いにも、今回解析したデータの中には、明らかに気象条件の異なる場合(強風と微風)が含まれていたので、両者を比較検討することによって、以下のような風による海氷過程の違いを観測することが出来た。まず、北風の強い時には、シベリヤ沿岸沖に形成した沿岸ポリニヤ域で、急速なフラジルアイスの生成と風による風下への吹き流しが大規模に起こっていることが観測された。一方、風がほとんど無かった時には、漂流ベクトルを求めた画像解析によって、氷が5〜15km/dayの速度で北向きに移動していることが観測された。この微風条件下にもかかわらず北向きの漂流は、連続性から、その補償流として、やや深い層を南向きに流れるプリュームが存在してるはずであることを示唆している。このプリュームは海氷生成にともなって排出されるブライン(高塩分水)によってもたらされていると考えられる。2層モデ...
  • 文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
    研究期間 : 1993年 -1993年 
    代表者 : 若土 正暁, 若土 正曉
     
    本研究では、時間的にも空間的にも最もグローバルな水循環系の一部を占める極域海洋における氷山融解過程を明らかにするために現場観測と水槽実験を試みた。(1)現場観測;研究分担者大島は第32次日本南極地域観測隊(1990〜1992)に参加し、ACR(南極気候研究)の一貫として、昭和基地周辺の海洋・海氷観測を実施した。そのうち、リュツォ・ホルム湾の定着氷に捕捉された氷山近傍で実施したCTD観測において、水温・塩分の鉛直プロファイルがステップ(階段)構造を示していることを見い出した(Ohshima et al.,1994)。これらT,Sのステップ構造は氷山が喫水している範囲内の深さにおいてのみ見られた。典型的なステップの厚さは20〜30m、その水温差、塩分差はそれぞれ0.05℃、0.05〜0.10%_0であった。このステップ構造は、海洋に対する氷山の何らかの影響を示しており、塩分成層した海洋中での氷山の側壁融解過程に伴って誘起された可能性がある。氷山に限らず、棚氷や海氷などの融解は、夏季の極域海洋における支配的な海洋現象として、その物理過程を調べることは重要である。(2)水槽実験:海洋中における氷山融解過程の研究は、今までにも極端に単純化した形の水槽実験が試みられている。それらは、密度成層か密度一様か、側壁融解か底面融解かに大きく分類される。そのうち、本研究では、今まで全くなされていな...

教育活動情報

主要な担当授業

  • 大気海洋解析法特論
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 環境科学院
    キーワード : データ解析,統計,大気,海洋,気候 Data analysis,Statistics,Atmosphere,Ocean,Climate
  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):南極学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 海氷、物理、生物、生態系、ブライン、植物プランクトン、動物プランクトン、サロマ湖、オホーツク海
  • 大学院共通授業科目(一般科目):自然科学・応用科学
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 北極、地球観測
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 南極、北極海、オホーツク海、海洋大循環、気候変動、海氷、温暖化、衛星観測、IPCC
  • 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
    開講年度 : 2017年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 南極、雪氷学、地球環境学、氷床、アイスコア、気象、海洋、海氷

大学運営

委員歴

  • 2007年 - 現在   Polar Science (Elsevier)   Associate Editor
  • 2006年 - 現在   CLIVAR/CliC/SCAR Southern Ocean Region Implementation Panel   Panel Member


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.