研究者データベース

大島 伸行(オオシマ ノブユキ)
工学研究院 機械・宇宙航空工学部門 宇宙航空システム
教授

基本情報

所属

  • 工学研究院 機械・宇宙航空工学部門 宇宙航空システム

職名

  • 教授

学位

  • 工学博士(東京大学)

ホームページURL

J-Global ID

研究キーワード

  • 流体工学   

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 流体工学

職歴

  • 2005年 - 北海道大学大学院工学研究科 教授 教授
  • 2005年 東京大学生産技術研究所 教授
  • 2005年 - Professor
  • 2005年 Professor
  • 2000年 - 2004年 東京大学情報基盤センター 助教授
  • 2000年 - 2004年 Associate Professor
  • 1991年 - 2000年 東京大学生産技術研究所 助教授
  • 1991年 - 2000年 Associate Professor
  • 1989年 - 1991年 東京大学生産技術研究所 講師
  • 1989年 - 1991年 Lecturer

学歴

  •         - 1989年   東京大学   工学系研究科   舶用機械工学
  •         - 1989年   東京大学
  •         - 1984年   東京大学   工学部   機械工学科
  •         - 1984年   東京大学

所属学協会

  • 応用数理学会   伝熱学会   計算工学会   燃焼学会   可視化情報学会   日本流体力学会   日本自動車技術会   日本機械学会   

研究活動情報

書籍

  • コンピュータによる流体力学
    シュプリンガー・フェアラーク東京 2003年
  • Computational Methods for Fluid Dynamics
    2003年

その他活動・業績

  • 鬼頭幸三, 大島伸行, 山本誠, セベンシモネ 生産研究 61 (1) 22-25 (J-STAGE) 2009年 [査読無し][通常論文]
  • 栗原央流, 大島伸行, 石万元, サハリタンクマー 生産研究 60 (1) 63-66 (J-STAGE) 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 鬼頭幸三, 茶谷章太, 大島伸行, 中島卓司, シモネセベン 生産研究 60 (1) 59-62 (J-STAGE) 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 武藤昌也, 大島伸行, 大島まり 生産研究 60 (1) 71-74 (J-STAGE) 2008年 [査読無し][通常論文]
  • 伊藤光紀, 前田剛典, 柿倉彰仁, 金子雄大, 森一大, 中島卓司, 脇田督司, 植松努, 戸谷剛, 大島伸行, 永田晴紀 日本航空宇宙学会論文集 55 (646) 516-526 (J-STAGE) 2007年 [査読無し][通常論文]
  • A Uddin, C Kato, Y Yamade, N Ohshima, M Tanahashi, T Miyauchi JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES B-FLUIDS AND THERMAL ENGINEERING 49 (1) 102 -114 2006年02月 [査読無し][通常論文]
     
    This paper presents results of validation study of large eddy simulation (LES) that is applied to homogeneous isotropic turbulence in order to assess its spectral accuracy. The LES is performed by using a streamline-upwind finite element method with second order accuracy both in time and space and the results are compared with those from direct numerical simulation (DNS) based on the spectral method. The validation tests are done by using Standard Smagorinsky Model (SSM) and Dynamic Smagorinsky Model (DSM), and include following two cases: a low Reynolds number case and a higher Reynolds number case. In the former case, the Reynolds number is low enough that the cornputational grid is capable of resolving all the turbulence scales. In this case our interest is in whether any effects of the subgrid scale (SGS) model should appropriately be dampened out. In the latter case, a relatively large Reynolds number is selected where effects of turbulent eddies that are not resolved by the computational grid should be properly taken into account by the SGS model. It is confirmed that DSM performs better than SSM for both cases and it gives good agreement with DNS results in terms of both spatial spectra and decay of the turbulence statistics. Visualization of the computed flow fields by the DSM also reveals existence of distinct, coherent and tube-like vortical structures similar to those found in instantaneous flow fields computed by the DNS.
  • 新井 淳, 大島 伸行, 大島 まり, 伊藤 寿, 久保田 正人 日本機械学会論文集B編 72 (724) 2917 -2923 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Numerical Prediction of Turbulent Combustion Flows in Combustor Using LES and Extended G-Equation
    日本ガスタービン学会誌 34 (3) 72 -80 2006年 [査読無し][通常論文]
  • Jun ARAI, Nobuyuki OSHIMA, Marie OSHIMA, Hisashi ITO, Masato KUBOTA Transaction of Japan Society of Mechanical Engineers, Series B 72 (724) 2917 -2923 2006年 [査読無し][通常論文]
  • 次世代流体解析システム
    応用物理 74 (8) 1087 -1091 2005年 [査読無し][通常論文]
  • Fluid Dynamics Simulation System for New Generation
    Applied Physics 74 (8) 1087 -1091 2005年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • LESを用いた燃焼器の燃焼解析手法の開発
    受託研究
    研究期間 : 2004年
  • 固体高分子燃料電池の流動・物質拡散数値シミュレーションの研究開発
    新エネルギー技術研究開発費
    研究期間 : 2004年
  • 革新的シミュレーションソフトウェアの開発
    科学技術振興調整費による重点基礎研究
    研究期間 : 2004年

教育活動情報

主要な担当授業

  • Advanced Exercise in Mechanical and Space Engineering(機械宇宙工学特別演習E)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • Computational Fluid Mechanics(計算流体工学E)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • 機械宇宙工学特別演習
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • 計算流体工学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Numerical simulation, Fluid mechanics, Turbulence models, Numerical error analysis, Computer-aided engineering
  • Advanced Fluid Engineering(流体工学E)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • 流体工学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 工学院
  • Advanced Study in Mechanical and Space Engineering(機械宇宙工学特別研究E)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • Computational Fluid Mechanics(計算流体工学E)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Numerical simulation, Fluid mechanics, Turbulence models, Numerical error analysis, Computer-aided engineering
  • 機械宇宙工学特別研究
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • 計算流体工学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
    キーワード : Numerical simulation, Fluid mechanics, Turbulence models, Numerical error analysis, Computer-aided engineering
  • Advanced Fluid Engineering(流体工学E)
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • 流体工学特論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 工学院
  • 計算工学B
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : CAE、数値計算、差分法、流体力学
  • 国際交流Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 国際本部
  • 機械工学概論
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 工学部
    キーワード : 機械工学,材料,工業力学,熱,流体,エネルギー

大学運営

委員歴

  • 2006年 - 2008年   伝熱学会   理事   伝熱学会
  • 2006年 - 2008年   可視化情報学会   代議員   可視化情報学会
  • 2006年   日本自動車技術会   CFD技術部門委員   日本自動車技術会
  • 2006年   日本機械学会   流体工学部門技術委員会 講演会WG主査   日本機械学会


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.