研究者データベース

三上 直之(ミカミ ナオユキ)
高等教育推進機構 高等教育研究部
准教授

基本情報

所属

  • 高等教育推進機構 高等教育研究部

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(環境学)(2007年06月 東京大学)

ホームページURL

J-Global ID

プロフィール

  • 1973年 千葉県野田市生まれ、1996年 東京大学文学部社会学専修課程卒業、出版社勤務を経て、東京大学大学院で環境社会学を学ぶ。博士(環境学)。2005年から北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任助教授(2007年特任准教授)、2008年から現職。専門分野は環境社会学、科学技術社会論。

研究キーワード

  • ミニ・パブリックス   社会学   大学公開講座   合意形成   環境保全   ガバナンス   生涯学習   テクノロジーアセスメント   討論型世論調査   環境政策   市民参加   コンセンサス会議   環境社会学   科学技術社会論   サイエンス・コミュニケーション   科学技術コミュニケーション   科学コミュニケーション   

研究分野

  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会 / 環境社会学
  • 人文・社会 / 科学教育 / 科学技術コミュニケーション
  • 人文・社会 / 社会学 / 環境社会学
  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史 / 科学技術社会論

職歴

  • 2010年10月 - 現在 北海道大学 高等教育推進機構 准教授
  • 2022年05月 - 2023年05月 ニューカッスル大学 Department of Politics, School of Geography, Politics and Sociology 客員研究員
  • 2008年11月 - 2010年09月 北海道大学 高等教育機能開発総合センター 准教授
  • 2007年04月 - 2008年10月 北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP) 特任准教授
  • 2005年10月 - 2007年03月 北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP) 特任助教授

学歴

  • 2001年04月 - 2005年09月   東京大学   大学院新領域創成科学研究科   社会文化環境学専攻
  • 1999年04月 - 2001年03月   東京大学   大学院新領域創成科学研究科   環境学専攻 修士課程
  • 1992年04月 - 1996年03月   東京大学   文学部   行動文化学科 社会学専修課程

所属学協会

  • International Sociological Association   関東社会学会   日本社会学会   環境社会学会   科学技術社会論学会   Society for Social Studies of Science   

研究活動情報

論文

  • Naoyuki Mikami
    Adaptive Participatory Environmental Governance in Japan (Taisuke Miyauchi and Mayumi Fukunaga eds.) 339 - 356 Springer Nature Singapore 2022年06月17日 [査読無し]
  • Hiromi Yamashita, Naoyuki Mikami
    Coastal Wetlands Restoration: Public Perception and Community Development 133 - 146 Routledge 2021年07月30日 [査読無し][通常論文]
  • Naoyuki Mikami, Hiromi Yamashita
    Coastal Wetlands Restoration: Public Perception and Community Development 121 - 132 Routledge 2021年07月30日 [査読無し][通常論文]
  • Hiromi Yamashita, Naoyuki Mikami
    Coastal Wetlands Restoration: Public Perception and Community Development 79 - 86 Routledge 2021年07月30日 [査読無し][通常論文]
  • 八木 絵香, 三上 直之
    環境情報科学 49 2 12 - 16 環境情報科学センター 2020年07月08日 [査読無し][招待有り]
  • 成 元哲, 三上 直之, 牛島 佳代
    中京大学現代社会学部紀要 13 2 127 - 177 中京大学現代社会学部 2019年12月18日 [査読無し][通常論文]
  • Naoyuki Mikami
    Handbook of Democratic Innovation and Governance (Stephen Elstub and Oliver Escobar eds.) 421 - 434 Edward Elgar 2019年12月 [査読有り][通常論文]
     
    In Asia, democratic innovations are observed not only in established democracies including Japan but also under an authoritarian state, namely China, thus representing a showcase of democratic innovations across different regimes. Established democracies are abundant in democratic innovations at both national and local levels, while few of them have gone further into redefining and reimagining the role of citizens or producing a novel combination of participatory and deliberative democracy. Most transitional or consolidating democracies are still facing challenges in establishing representative democracy, and democratic innovations are now put to the test whether they have potential to change the situation and hold back counter trends towards democracy. China, the largest autocracy in the region as well as the world, has been active in implementing participatory budgeting at local levels as a part of administrative reform, but there is little chance that this trend will lead to democratisation at the national level.
  • 三上 直之
    計画行政 42 4 21 - 26 日本計画行政学会 2019年12月 [査読無し][招待有り]
  • 三上 直之, 山下 博美
    環境社会学研究 23 130 - 145 環境社会学会 2017年12月20日 [査読有り][通常論文]
  • 三上直之
    市民参加の話し合いを考える (シリーズ 話し合い学をつくる 1)(村田和代編) 155 - 176 ひつじ書房 2017年03月16日 [査読無し][通常論文]
  • 三上直之
    どうすれば環境保全はうまくいくのか―現場から考える「順応的ガバナンス」の進め方(宮内泰介編) 189 - 217 新泉社 2017年03月10日 [査読無し][通常論文]
  • 三上 直之
    高等教育ジャーナル : 高等教育と生涯学習 24 145 - 160 北海道大学高等教育推進機構 2017年03月 [査読無し][通常論文]
     
    Student participation in the management and operation of university open lectures offers apromising approach to revitalize such lecture programs through intergenerational learning as well asproviding students with valuable learning opportunities in terms of communication skills and other relevantacademic competencies. As part of the Freshmen Seminar course on "Basic Skills for Oral Communication"in the liberal arts program at Hokkaido University, the author trialed a practical training module in which theparticipating freshmen prepared and delivered short presentations to introduce each of the eight lecturerscomprising the University-wide Open Lectures 2016 in front of a general audience. The presentationsreceived favorable feedback from the open lecture participants, and the observations by the author himselfand the students' course evaluation questionnaires indicated that students showed significant improvement intheir academic oral communication and collaborative learning skills. Further refinement of the course designis necessary in order to improve the students' presentations in the open lectures and encourage them to makethe most of this practical training to enhance their competencies.
  • 高校生が語る地域移動の志向~35人のヒアリング調査結果から~
    三上直之
    若者の「地域」志向とソーシャル・キャピタル : 道内高校生1,755人の意識調査から(梶井祥子編著) 87 - 140 2016年10月 [査読無し][通常論文]
  • 三上 直之, 木村 純, 飯田 直弘, 児玉 直樹
    高等教育ジャーナル : 高等教育と生涯学習 23 87 - 100 北海道大学高等教育推進機構 2016年03月 [査読無し][通常論文]
  • Naoyuki Mikami, Ekou Yagi
    Governing Biodiversity through Democratic Deliberation 170 - 190 2015年05月15日 [査読有り][通常論文]
  • 三上直之
    市民の日本語へ―対話のためのコミュニケーションモデルを作る(村田和代・松本功・深尾昌峰・三上直之・重信幸彦著) 81 - 112 ひつじ書房 2015年03月27日 [査読無し][通常論文]
  • 三上 直之, 木村 純, 瀧澤 一騎, 飯田 直弘, 児玉 直樹
    高等教育ジャーナル : 高等教育と生涯学習 22 123 - 131 北海道大学高等教育推進機構 2015年03月 [査読無し][通常論文]
  • Naoyuki Mikami
    Lessons From Fukushima: Japanese Case Studies on Science, Technology and Society (Yuko Fujigaki ed.) 87 - 122 Springer 2015年01月01日 [査読無し][通常論文]
     
    The summer of 2012 was a significant period for Japan’s nuclear and energy policy in that, in response to the Fukushima nuclear accident, the government decided to undertake, what it termed, a “National Discussion” on energy policy. This was the first time that Deliberative Polling had been introduced in Japan on a policy level. This DP included 285 randomly selected participants from across Japan, asking them to deliberate on three nuclear energy policy options with the assistance of a panel of eight specially selected experts. The participants were asked to fill out a questionnaire at three points during the process, and their support for the three options (zero, 15, and 20–25 % nuclear dependency scenarios) were recorded and later analyzed. What was particularly interesting was the participants’ desire not merely for information but also to challenge the panelists’ individual viewpoints and to question the very framework of the discussion. Significant changes in the level of support for the three scenarios were observed, with approximately 50 % of the participants eventually choosing a shift away from nuclear dependency. An examination of the government’s response to the National Discussion , including the DP, demonstrated that the results had a significant impact on nuclear policy , with the government explicitly stating that nuclear dependency should be phased out by the 2030s. A subsequent change in government led to the abandonment of this policy decision, but did not totally undermine the value of Japan’s first attempt at combining a public participatory process with actual national policymaking in the field of science and technology.
  • Naoyuki Mikami, Ekou Yagi, Yasushi Ikebe
    Proceedings of 13th International Public Communication of Science and Technology Conference PSCT Network 2014年05月 [査読無し][通常論文]
     
    Following nearly two decades of research and trials, public engagement (PE) was finally introduced into Japanese national science and technology policy after the Great East Japan Earthquake and Fukushima nuclear accident in 2011. The government used a deliberative poll (DP) when drawing up its new energy strategy, which was nevertheless retracted soon after the change of government in 2012. This aboutface shows that the PE mechanism has not yet taken root in the national policymaking arena in Japan, and it is necessary for society as a whole to gain more experience in PE in science and technology. The creation of a national network of dialogues is a promising way of applying PE in Japan on a universal scale, and the experience of World Wide Views on Biodiversity (WWViews 2012) in Japan demonstrated that science centers can act as excellent hubs for such a network. After WWViews 2012, the authors developed a two-hour PE workshop program for disseminating informal dialogues on science-in-society issues as well as a scheme for creating a network of dialogues with science centers acting as local hubs. Our future research will be directed at the design of a national resource center for dialogues which can provide various resources to develop a sustainable network of dialogues.
  • 高橋祐一郎, 三上直之, 立川雅司
    萌芽的科学技術と市民ーフードナノテクからの問い(立川雅司・三上直之編著) 109 - 126 2013年07月20日 [査読無し][通常論文]
  • 三上直之, 高橋祐一郎
    萌芽的科学技術と市民ーフードナノテクからの問い(立川雅司・三上直之編著) 73 - 107 日本経済評論社 2013年07月20日 [査読無し][通常論文]
  • 郡 伸子, 寺村 たから, 佐尾 賢太郎, 遠藤 恭平, 三上 直之
    科学技術コミュニケーション 13 31 - 46 北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 2013年06月 [査読有り][通常論文]
     
    World Wide Views on Biodiversity (WWViews2012) was held on September 15, 2012. Roughly 3,000 ordinary citizens in 25 countries participated in it simultaneously, and they deliberated on issues such as the conservation of biodiversity both on land and in the sea and the way of burden and benefit sharing. WWViews is a participatory mechanism designed to involve “ordinary citizens” in discussion about complex global issues for the purpose of giving advice to policymakers. It was introduced for the first time in 2009 on global warming issues, and the WWViews2012 was the second attempt. Prior studies on the WWViews2009 show that there were great difficulties in participants discussing global issues in internationally uniform agendas and programs because they found the issues something unfamiliar and far from their life. In this study, we investigated the way the participants and facilitators overcame the difficulties through close participant observation of the process of WWViews2012 in Japan. By analyzing the data of group discussion and post-event interviews with participants, we found that the participants utilized three methods in order to “contextualize” the complex and often unfamiliar topics: (1) bringing in life experience and actual feeling, (2) using information material as a catalyst to draw out diverse points of view, (3) bridging the gap between personal interest and public agendas by sharing different understandings of key concepts in discussion.
  • 三浦 太郎, 三上 直之
    科学技術コミュニケーション 11 94 - 105 北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 2012年06月 [査読有り][通常論文]
  • 三上 直之
    科学技術コミュニケーション 11 74 - 82 北海道大学 高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 2012年06月 [査読有り][通常論文]
  • 三上直之
    討議デモクラシーの挑戦―ミニ・パブリックスが拓く新しい政治(篠原一編) 33 - 60 岩波書店 2012年01月26日 [査読無し][通常論文]
  • 櫻井清一, 立川雅司, 三上直之, 若松征男
    フードシステム研究 18 3 343 - 348 2011年12月31日 [査読無し][通常論文]
  • 三上 直之
    計画行政 33 3 15 - 20 日本計画行政学会 2010年08月 [査読無し][招待有り]
     
    特集論説 : 無作為抽出を活用した討議民主主義の可能性
  • 三上 直之
    科学技術コミュニケーション 7 19 - 32 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP) 2010年03月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper discusses the issues about facilitation of public participation meetings, taking World Wide Views on Global Warming (WWViews) as an example. Held in 38 countries around the world on the same day in September 2009, WWViews was an unprecedented challenge of science communication. In each country, 100 ordinary citizens were invited and divided into small groups to deliberate on difficult questions about global climate change in an internationally uniformed method. After the event, we conducted inquiry surveys aimed at both the participants and facilitators who joined in the Japanese meeting of WWViews in order to examine how effectively the participating citizens were facilitated in the deliberation process. The overall evaluation by the participants was high, especially with a high satisfaction level of group facilitation and meeting procedure. However, some participants had difficulty in feeling something familiar to the discussion topics relevant to current international negotiation, such as short-term reduction targets of green house gases and the frameworks of assistance to developing countries. The facilitators also reported in the post-event survey that they found it difficult to bridge the gap between the interests of participants and the agenda, mainly because of the uniformed rule to strictly require the facilitators of neutrality and prohibit them from giving additional information to the participants. Impartialness of facilitators is an essential requirement for deliberative exercises, but applying too strict rules would work negatively. Instead of confining the facilitators to a narrow role of "neutral chairpersons," it is necessary to regard facilitators as "experts of mediation" and let them actively serve as interpreters between the everyday life of participating citizens and the world of international negotiations.
  • 三上 直之, 隅田 由美子, 進藤 玄
    生涯学習研究年報 12 44 - 54 北海道大学高等教育機能開発総合センター生涯学習計画研究部 2010年03月 [査読無し][通常論文]
  • 食品ナノテクノロジーに対する市民参加型技術評価とリスクガバナンス
    立川 雅司, 三上 直之, 杉山 滋郎, 高橋 祐一郎, 山口 富子
    フードシステム研究 16 3 42 - 47 2009年12月 [査読有り][通常論文]
  • 三上 直之, 杉山 滋郎, 高橋 祐一郎, 山口 富子, 立川 雅司
    科学技術コミュニケーション 6 34 - 49 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット 2009年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Recently there has been growing emphasis on "upstream public engagement" in emerging technologies such as nanotechnologies, against the background of bitter experiences of miscommunication on genetically modified food and crops (GMOs). This paper explores the efficacy of consensus conference for engaging the public in early stages of scientific or technological development. The paper presents the results of a three-day consensus conference which we call NanoTRI, concerning nanotechnologies in food. Previously, consensus conference is considered as a method for engaging the public in the downstream of scientific and technological innovations, often times when given science or technologies are viewed controversial in public fora. We argue that with an extra structure and strategies in place such as provision of clearly-defined subject of discussion, a methodological framework that the consensus conference suggests would work for upstream engagement for future technologies.
  • 三上 直之, 杉山 滋郎, 高橋 祐一郎, 山口 富子, 立川 雅司
    科学技術コミュニケーション 6 50 - 66 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット 2009年09月 [査読有り][通常論文]
     
    This paper explores deliberative methods for the general public and experts to have meaningful dialogue and evaluate future technologies at the early stage of their scientific and technological development (upstream engagement). For this purpose, we planned and conducted an experimental dialogue event on the theme of applications of nanotechnologies in food. The event, named NanoTRI, consisted of three types of deliberative methods: consensus conference, group interview, and science cafe. Through this experiment we found that, by utilizing consensus conference and other deliberative methods, it is possible to incorporate various aspects of public values in decision making on nanotechnologies. We also found that a session without experts, group interviewing, is quite useful for seeking frank opinions of the participants while the other two methods are more suitable for provision of information or formation of definite opinions.
  • 三上 直之, 石村 源生, 隈本 邦彦, 杉山 滋郎, 栃内 新, 細川 敏幸, 松王 政浩
    科学技術コミュニケーション 4 78 - 89 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット 2008年09月 [査読有り][通常論文]
  • 三上 直之
    科学技術コミュニケーション 3 101 - 114 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット 2008年03月 [査読有り][通常論文]
  • 三上直之
    東京大学 2007年06月 [査読無し][通常論文]
  • 三上 直之
    科学技術コミュニケーション 1 84 - 95 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット 2007年03月 [査読有り][通常論文]
     
    This article discusses the challenges faced by the participatory technology assessment (pTA) in Japan, which is now reaching the practical stage after a decade of introduction, trial and experiment. From November 2006 to February 2007, the prefectural government of Hokkaido held a consensus conference on whether the government should promote or regulate the cultivation of genetically modified (GM) crops in the region (GM Consensus Conference). Within the nation, the Conference was the first pTA event in practical use that has a close linkage to actual policy-making. Through the preliminary case study on GM Consensus Conference, the author found that the method of consensus conference functioned effectively in the real-world settings, especially in eliciting the points of controversy on the introduction of GM crops in Hokkaido. The case also suggested that pTA would be connected loosely to the formal policy decision processes through deliberative councils (shingikai), and that we should consider pTA as a tool for the general public to express their views on technology and seek to finance those parties (NGO/NPOs, universities, mass media, etc.) who are trying to organize pTA events in cooperation with the government or local authorities.
  • 三上 直之
    環境社会学研究 11 0 117 - 130 環境社会学会 2005年10月 [査読有り][通常論文]
     
    環境社会学の調査・研究を,環境保全に向けた社会的実践と緊密に連携させるにはどうすればよいか。そのための一つの方法として,本稿では「参加型調査」という考え方に注目し,これを環境社会学の調査設計に生かす方法を探る。議論の素材として,筆者らが2004年から2005年にかけて行った「三番瀬円卓会議ふりかえりワークショップ」について報告する。このワークショップは,住民や漁業関係者,環境保護団体などが参加して干潟の環境再生を議論した千葉県の「三番瀬円卓会議」について,その運営プロセスや手法を,会議に参加した住民や研究者自らがインタビュー調査やワークショップなどによって検証したものであった。このように,住民らと研究者が簡易な社会調査やワークショップの手法を用いて,具体的な問題やプロジェクトについて検証・評価活動を行う「評価ワークショップ」は,様々な課題に応用可能な参加型調査の一つのモデルとなると思われる。三番瀬での評価ワークショップの実践は,社会集団や個人の主張・行為をベースとした問題の過程分析,問題連関の全体的な把握や提示,そのためのインタビュー・資料分析の技法といった環境社会学の調査法を,他分野の研究者との協働を通じて加工しながら,地域住民など当事者が環境問題をめぐる意思決定プロセスを検証・評価する際に提供することにより,環境保全の実践の場に生かす可能性を示している。
  • 三上 直之
    公共研究 2 1 192 - 225 千葉大学大学院社会文化科学研究科 2005年06月 [査読有り][通常論文]
     
    千葉大学公共研究センター21世紀COEプログラム「持続可能な福祉社会に向けた公共研究拠点」
  • 三上 直之
    相関社会科学 14 101 - 113 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻 2004年 [査読有り][通常論文]
  • 自治体の環境政策と市民参加:「環境自治体」神奈川県鎌倉市の事例から
    三上直之
    地域社会学会年報 14 129 - 146 2002年05月 [査読有り][通常論文]
  • 中澤 秀雄, 三上 直之, 大堀 研, 寺田 篤生
    社会情報 11 1 113 - 126 札幌学院大学社会情報学部 2001年12月 [査読無し][通常論文]

書籍

  • Naoyuki Mikami (担当:分担執筆範囲:Chapter 16: Empathy-Based Assistance and Its Transformative Role in the Adaptive and Recursive Pathways of Collaborative Governance)
    Springer Nature Singapore 2022年06月 (ISBN: 9789811625084) XI, 356 339-356
  • 三上直之 (担当:単著)
    岩波書店 2022年05月 (ISBN: 9784000615327) 206 
    気候危機から脱するにはどうしたらよいのか。既存の政治システムが有効な策を講じられていないのに対し、無作為抽出型の気候市民会議や、若者による気候ストライキなどの新しい試みが、欧州から広がりつつある。市民の直接参加による話し合いや意思表示は、日本にも。これらの事例から持続可能な世界への手がかりを探せ!
  • 三上直之 (担当:分担執筆範囲:第16章 無作為抽出型の気候市民会議:「民主主義のイノベーション」を通じた課題解決の試み)
    新泉社 2022年03月 392 334-350
  • 三上直之 (担当:分担執筆範囲:6-22 テクノロジー・アセスメント)
    ミネルヴァ書房 2022年02月 (ISBN: 9784623092154) 242 198-199
  • Naoyuki Mikam, Hiromi Yamashita (担当:分担執筆範囲:Chapter 6 (Community perceptions towards the risks and benefits of a mangrove restoration project: Learning from a case study in Malaysia); Chapter 9 (Tidal flat restoration projects in Shima City and citizens’ perceptions); Chapter 10 (Opportunities for coastal wetland restoration and community development for the future))
    Routledge 2021年07月 (ISBN: 9780367863081) 176 
    This book examines a wide range of innovative approaches for coastal wetlands restoration and explains how we should use both academic research and practitioners’ findings to influence learning, practice, policy and social change. For conservationists, tidal flats and coastal wetlands are regarded as among the most important areas to conserve for the health of the entire oceanic environment. As the number of restoration projects all over the world increases, this book provides a unique assessment of coastal wetland restorations by examining existing community perceptions and by drawing on the knowledge and expertise of both academics and practitioners. Based on a four-year sociological study across three different cultural settings – England, Japan and Malaysia – the book investigates how citizens perceive the existing environment; how they discuss the risks and benefits of restoration projects; how perceptions change over time; and how governmental and non-governmental organisations work with the various community perceptions on the ground. By comparing and contrasting the results from these three countries, the book offers guidance for future conservation and restoration activities, with a specific view to working with local citizens to avoid conflict and obtain long-term investment. This book will be of great interest to students and scholars of coastal restoration, wetland conservation and citizen science, as well as environmental sociology and environmental management more broadly. It will also be of use to practitioners and policymakers involved in environmental restoration projects.
  • 八木絵香, 三上直之 (担当:共編者(共編著者)範囲:第1章 リスク社会と科学技術への市民参加;第2章 科学技術への市民参加の背景と展開;第5章 食をめぐるリスクと市民参加;第14章 熟議と市民参加の場の設計(共著);第15章 科学技術への市民参加のこれから)
    放送大学教育振興会 2021年03月 (ISBN: 9784595141508) 295
  • 科学技術社会論の挑戦 2 科学技術と社会―具体的課題群(藤垣裕子編)
    三上直之 (担当:分担執筆範囲:第7章 テクノロジーアセスメント)
    東京大学出版会 2020年07月 264 127-148
  • Naoyuki Mikami (担当:分担執筆範囲:Chapter 28: Trends in democratic innovation in Asia)
    Edward Elgar 2019年12月 (ISBN: 9781786433855) xv, 603 p. 421-434 
    In Asia, democratic innovations are observed not only in established democracies including Japan but also under an authoritarian state, namely China, thus representing a showcase of democratic innovations across different regimes. Established democracies are abundant in democratic innovations at both national and local levels, while few of them have gone further into redefining and reimagining the role of citizens or producing a novel combination of participatory and deliberative democracy. Most transitional or consolidating democracies are still facing challenges in establishing representative democracy, and democratic innovations are now put to the test whether they have potential to change the situation and hold back counter trends towards democracy. China, the largest autocracy in the region as well as the world, has been active in implementing participatory budgeting at local levels as a part of administrative reform, but there is little chance that this trend will lead to democratisation at the national level.
  • 三上直之, 八木絵香, 江守正多, 田村哲樹, 松浦正浩, 池辺靖, 工藤充, 岩崎茜 (担当:共編者(共編著者)範囲:1章、2章、3.1節、3.2節、3.5節、7章、8章)
    脱炭素社会への転換と生活の質に関する市民パネル 実行委員会 2019年10月 200
  • 三上, 直之, 立川, 雅司 (担当:共著)
    ひつじ書房 2019年03月 (ISBN: 9784894769816) viii, 114p 
    生物の遺伝子を自在に改変できるゲノム編集技術が農作物の品種改良にも導入されつつある。ゲノム編集作物は農業や自然環境、人の健康への光明か、脅威か。遺伝子組換え作物との違いは何か。栽培や流通にルールを設けるべきか。先端科学技術と生活との接点で生じるこうした疑問や論点について、専門家任せにせず市民が話し合い、考えていく可能性を探る。ゲノム編集技術の社会的意味や、科学技術に関する市民の参加と熟議に関心を持つ人に読んでほしい。
  • 三上 直之 (担当:分担執筆範囲:VIII-2 自治体の環境政策とコミュニティ)
    ミネルヴァ書房 2017年04月 (ISBN: 9784623079346) 207 118-120
  • 三上直之 (担当:分担執筆範囲:地球規模での市民参加の話し合い―「世界市民会議」とその舞台裏)
    ひつじ書房 2017年03月 (ISBN: 9784894768499) 240 155-176
  • 三上直之 (担当:分担執筆範囲:第7章 協働の支援における「寄りそい」と「目標志向」―北海道大沼の環境保全とラムサール条約登録をめぐって)
    新泉社 2017年03月 (ISBN: 9784787717016) 360 189-217
  • 三上直之 (担当:分担執筆範囲:第3章 高校生が語る地域移動の志向~35人のヒアリング調査結果から~)
    中西出版 2016年10月 (ISBN: 9784891153298) 283 87-140
  • Naoyuki Mikami, Ekou Yagi (担当:分担執筆範囲:Chapter 9: Bridging Global-Local Knowledge Gaps in Public Deliberation)
    Routledge 2015年05月 (ISBN: 9780415732185) 338 170-190
  • 村田和代, 松本功, 深尾昌峰, 三上直之, 重信幸彦 (担当:分担執筆範囲:市民意識の変容とミニ・パブリックスの可能性)
    ひつじ書房 2015年03月 (ISBN: 9784894767539) 145 81-112
  • Naoyuki Mikami (担当:分担執筆範囲:Chapter 5: Public Participation in Decision-Making on Energy Policy: The Case of the “National Discussion” After the Fukushima Accident)
    Springer 2015年02月 (ISBN: 9783319153520) 242 87-122 
    The summer of 2012 was a significant period for Japan’s nuclear and energy policy in that, in response to the Fukushima nuclear accident, the government decided to undertake, what it termed, a “National Discussion” on energy policy. This was the first time that Deliberative Polling had been introduced in Japan on a policy level. This DP included 285 randomly selected participants from across Japan, asking them to deliberate on three nuclear energy policy options with the assistance of a panel of eight specially selected experts. The participants were asked to fill out a questionnaire at three points during the process, and their support for the three options (zero, 15, and 20–25 % nuclear dependency scenarios) were recorded and later analyzed. What was particularly interesting was the participants’ desire not merely for information but also to challenge the panelists’ individual viewpoints and to question the very framework of the discussion. Significant changes in the level of support for the three scenarios were observed, with approximately 50 % of the participants eventually choosing a shift away from nuclear dependency. An examination of the government’s response to the National Discussion , including the DP, demonstrated that the results had a significant impact on nuclear policy , with the government explicitly stating that nuclear dependency should be phased out by the 2030s. A subsequent change in government led to the abandonment of this policy decision, but did not totally undermine the value of Japan’s first attempt at combining a public participatory process with actual national policymaking in the field of science and technology.
  • 立川 雅司, 三上 直之 (担当:共編者(共編著者))
    日本経済評論社 2013年07月 (ISBN: 9784818822788) 194 
    私たちの食卓めがけて開発が進むフードナノテクノロジー。その潜在力とリスクを見すえた政策が求められている。革新技術のガバナンスにおける消費者・市民の役割を問う。
  • 三上 直之 (担当:分担執筆範囲:第2章 コンセンサス会議――市民による科学技術のコントロール)
    岩波書店 2012年01月 (ISBN: 9784000258296) 272 33-60
  • 公開講座企画運営ガイドブック2010-2011
    三上直之, 進藤玄 (担当:編者(編著者))
    北海道大学高等教育機能開発総合センター生涯学習計画研究部 2010年03月 84
  • 三上 直之 (担当:分担執筆範囲:VIII-2 自治体の環境政策とコミュニティ)
    ミネルヴァ書房 2009年04月 (ISBN: 9784623079346) 199 118-120
  • 三上 直之 (担当:単著)
    日本評論社 2009年03月 (ISBN: 9784535585324) 321
  • 北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット (担当:共編者(共編著者)範囲:第5章 「参加する市民」を支援する(三上 直之);第11章 サイエンス・カフェ(岡橋 毅・三上 直之))
    ナカニシヤ出版 2007年12月 (ISBN: 9784779502231) 216 45-53; 115-128
  • 三上 直之 (担当:単著)
    講談社 2005年11月 (ISBN: 9784062723473) 203

講演・口頭発表等

  • 三上直之
    ゼロカーボンでつなぐ杉並の街と私たち シリーズ企画 vol.3 セミナー 2022年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン ゼロカーボンシティー杉並の会
  • 三上直之, 橋本努
    シノドス・トークラウンジ 啓蒙の限界プロジェクト 第7回 2022年08月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン シノドス
  • 三上直之
    欧州の気候市民会議の最新動向と日本の学び 2022年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 環境政策対話研究所・地球環境戦略研究機関
  • 三上直之
    「「資本主義と民主主義の両立(不)可能性」の政治理論的研究」科研研究会 2022年07月 その他 オンライン 「資本主義と民主主義」科研研究会(代表:田村哲樹・名古屋大学大学院教授)
     
    自著『気候民主主義――次世代の政治の動かし方』の紹介
  • Stephen Elstub, Naoyuki Mikami, Alice Moseley, Martin King, Nadine Andrews, Dmitri Courant, Jayne Carrick, Annika Agger, Claire Mellier, Oliver Escobar
    BISA 2022 Conference 2022年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) オンライン British International Studies Association
  • 三上直之
    ちゃーすがやー会議vol.3 2022年05月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン ゼロエミッションラボ沖縄(ZELO)
  • 三上直之
    Earth Day Tokyo 2022 アースデイ気候会議 2022年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 銀座三越(オンラインとのハイブリッド)
  • 三上直之
    第158回関西公共政策研究会 2022年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 
    ヨーロッパの国々や自治体で2019年から相次いで開かれている無作為抽出型の気候市民会議は、脱炭素社会への急速な転換と、市民参加や熟議の拡大を通じた「民主主義の刷新」を同時に追求しようとする動きを象徴している。気候危機の中で顕在化したこの動向を、かりに「気候民主主義」と捉えたとき、日本社会では、その芽はどこに、どのように存在しているだろうか。報告者自身が2020年から21年にかけて携わった「気候市民会議さっぽろ2020」と「日本版気候若者会議」という二つの実践や、福島第一原発事故後に旧民主党政権下で行われたエネルギー政策に関する「国民的議論」と討論型世論調査(DP)などの事例をもとに、日本における気候民主主義の可能性と課題について考えたい。
  • 三上直之
    誰ひとり取り残さない環境論Part3 ー生きられた経験・地域の歴史を未来に生かす(コース18) 2022年01月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 梨の木ピースアカデミー
     
    今世紀半ばをめどに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする、という目標が国際的に共有され、実現に向けた動きが活発になっています。この劇的な転換をどのように進めるべきかをめぐって、欧州の国や自治体では、くじ引きで選ばれた市民が議論し、政策提言する「気候市民会議」が開かれるようになっています。日本でもすでに札幌市や川崎市などで同様の取り組みが行われています。こうした動きと、その背景にある「民主主義のイノベーション」という潮流についてお話しし、将来の環境や生活、社会の姿を決定づける選択を、私たち自身の手に取り戻す方法を考えます。
  • 三上直之
    みんなで決めよう「原発」国民投票 講演イベント 2021年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン みんなで決めよう「原発」国民投票
  • 「価値判断」(第3章・第6章)についてのコメント  [招待講演]
    三上直之
    松王政浩著『科学哲学からのメッセージ』オンライン合評会 2021年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) オンライン ⼤⻄勇喜謙、科研費「科学的実在論論争の歴史的パースペクティブ上での再検討」(代表: 伊勢⽥哲治, No: 18H00604)
  • 三上直之
    北海道大学公開講座「環境 × 健康 × SDGs〜世界が直面する問題の解決を目指そう〜」 2021年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 北海道大学 環境健康科学研究教育センター
  • Naoyuki Mikami
    Climate & Cities Virtual Conference 2021年10月 口頭発表(招待・特別) オンライン International Universities Climate Alliance
  • 三上直之
    さっぽろ市民カレッジ 2021秋期 ちえりあ学習ボランティア企画講座「札幌市が目指す脱炭素社会〜気候市民会議を活かした取り組み〜」 2021年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 札幌市中央図書館 札幌市生涯学習センター
  • 三上直之
    Go To 脱炭素セミナー 北海道 北海道まるごと脱炭素化に向けて! 2021年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 気候ネットワーク
  • 三上直之
    ニセコ⼤学×都市未来研究会IN NISEKO 9⽉の講座 2021年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 都市未来研究会 IN NISEKO 9月の講座
     
    昨年秋、政府が2050年温室効果ガス排出実質ゼロの目標を宣言したことを受けて、日本でも「脱炭素社会」に向けた動きが各方面で加速しています。ひと足先にカーボンニュートラルの目標を掲げて動き出している欧州では、この劇的な転換をどのように進めるかを社会全体で議論しようとする試みが広がっています。中でも注目されるのは、一般からくじ引きで選ばれた市民が集まって対策を話し合い、国や自治体の政策に生かす「気候市民会議」と呼ばれる取り組みです。私たちの研究グループでは、昨年11月から12月にかけて、この気候市民会議を、全国に先駆けて札幌市などと共同で試行しました。この「気候市民会議さっぽろ2020」で何が話し合われ、脱炭素社会に向けた転換の道筋をめぐって何が見えてきたのかについて、お話しします。近年では、こうしたくじ引き式の市民会議が、世界各地で、気候変動に限らずさまざまな課題をめぐって行われるようになっています。その背景にある「民主主義のイノベーション」というトレンドについても、合わせてご紹介します。
  • 三上直之
    第328回 環境監査研究会 2021年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 環境監査研究会
  • 三上直之
    日本版気候若者会議(Week1) 2021年05月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 日本若者協議会、持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム(JYPS)
  • 三上直之
    龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 研究会 2021年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン
  • 三上直之
    第10回 環文ミニセミナー 2021年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 認定NPO法人 環境文明21
  • 三上直之
    気候市民会議さっぽろ2020報告シンポジウム「市民の対話でつくる脱炭素社会の将来像」 2021年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 北海道大学,オンライン 気候市民会議さっぽろ2020実行委員会,札幌市,北海道環境財団,RCE北海道道央圏協議会
  • 三上直之
    原発ゼロ自然エネルギー100世界会議〜福島原発事故から10年〜 2021年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) オンライン 原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟
     
    セッションC-4 市民のエネルギー気候会議
  • 三上直之
    第2回 脱炭素地域市民討議に関するオンラインセミナー 2021年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 環境政策対話研究所
  • 三上直之
    第4回SDGs研究会 2021年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン(TKPガーデンシティPREMIUM札幌大通から配信) 北海道SDGs推進プラットフォーム
  • 三上直之
    第2回京都府地球温暖化防止活動推進連絡調整会議 2021年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 京都地球温暖化防止府民会議
  • 三上直之
    脱炭素地域市民討議に関するオンラインセミナー 2021年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 環境政策対話研究所
  • 科学技術への市民参加とミニ・パブリックス  [招待講演]
    三上直之
    日本ファシリテーション協会関西支部定例会 2021年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 日本ファシリテーション協会関西支部
  • 三上直之
    全国地球温暖化防止活動推進センター 北海道・東北ブロック地域センター講習会 2021年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 全国地球温暖化防止活動推進センター
  • 三上直之
    明治大学専門職大学院ガバナンス研究科 講義「政策創造研究」 2020年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン
  • 三上直之
    第6回日本ミニ・パブリックス研究フォーラム 2020年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) オンライン 日本ミニ・パブリックス研究フォーラム
  • 三上直之
    国立環境研究所 Beyond Generationプロジェクト 第2回勉強会 2020年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 オンライン 国立環境研究所
  • 気候変動に関する無作為抽出型の市民会議〜欧州の動向と、日本における応用の試み〜  [招待講演]
    三上直之
    京都市温暖化対策条例の見直し及び同次期計画の策定に係る提言プロジェクト 第2回会議 2020年07月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 京エコロジーセンター(京都市)(オンライン出席) 京のアジェンダ21フォーラム
  • 三上直之
    第5回日本ミニ・パブリックス研究フォーラム 2019年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東京工業大学(東京都目黒区)
  • 三上直之, 八木絵香, 江守正多, 田村哲樹, 松浦正浩, 池辺靖, 工藤充, 岩崎茜
    科学技術社会論学会 第18回年次研究大会 2019年11月 口頭発表(一般) 金沢工業大学(石川県野々市市)
  • Naoyuki Mikami, Ekou Yagi, Seita Emori, Tetsuki Tamura, Masahiro Matsuura, Yasushi Ikebe, Mitsuru Kudo, Akane Iwasaki
    7th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia (ISESEA-7) 2019年10月 口頭発表(一般) ソウル大学校(ソウル市)
  • 三上直之
    2019年度科学技術社会論学会シンポジウム「生殖細胞および受精卵のゲノム編集と私たちの未来」 2019年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 成城大学(東京都世田谷区)
  • 三上直之
    第59回環境社会学会大会 2019年06月 シンポジウム・ワークショップパネル(公募) 明治学院大学(東京都港区)
  • 三上直之
    科学技術社会論学会 第17回年次研究大会 2018年12月 口頭発表(一般) 成城大学(東京都世田谷区)
  • 三上直之
    エネルギー・資源学会 オータムワークショップ2018 2018年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東京理科大学 野田キャンパス(千葉県野田市)
  • 三上直之
    「近現代日本の社会と環境」国際シンポジウム 2018年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東北師範大学歴史文化学院(吉林省長春市)
  • 三上直之
    干潟・海辺の再生とまちづくり 国際シンポジウム 2018年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) ホテル近鉄アクアヴィラ(三重県志摩市)
  • ミニ・パブリックスの実験を通じた参加型民主主義の探求  [招待講演]
    三上直之
    第2回AIと合意形成シンポジウム 2017年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 名古屋工業大学(名古屋市)
  • 三上直之
    第3回日本ミニ・パブリックス研究フォーラム 2017年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東京工業大学(東京都目黒区)
  • Naoyuki Mikami
    6th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia (ISESEA-6) 2017年10月 口頭発表(一般) 国立台湾大学(台北市)
  • Naoyuki Mikami
    International Symposium: Science and Democracy, and the Role of Experts 2017年03月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東京工業大学(東京都目黒区)
  • 三上直之
    第54回環境社会学会大会 2016年12月 口頭発表(一般) 関西大学(大阪府吹田市)
  • Naoyuki Mikami
    12th East Asian Science, Technology and Society Network Conference 2016年11月 口頭発表(招待・特別) 清華大学(北京市)
  • 三上直之, 成元哲
    科学技術社会論学会第15回年次研究大会 2016年11月 口頭発表(一般) 北海道大学(札幌市)
  • Naoyuki Mikami
    UK-Japan Workshop on Consensus-Based Approaches for Environmental Governance, Part II 2016年09月 その他 エディンバラ大学(エディンバラ市)
  • Naoyuki Mikami
    Annual Meeting of Society for Social Studies of Science and European Association for the Study of Science and Technology 2016年09月 口頭発表(一般) バルセロナ国際会議場(バルセロナ市)
  • Naoyuki Mikami
    Japan-Korea Exchange Workshop on Public Engagement in Science and Technology 2016年07月 その他 北海道大学(札幌市)
  • 若者の地域移動の志向とソーシャル・キャピタル:北海道の高校生35人への聞き取り調査から  [招待講演]
    三上直之
    大学評価学会 第13回全国大会 2016年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 北海道大学(札幌市)
  • Naoyuki Mikami
    UK-Japan Workshop on Consensus-Based Approaches for Environmental Governance 2016年05月 その他 北海道大学(札幌市)
  • 世の中はすでに変わり始めている:ミニ・パブリックスの広がりが示す社会の変化  [招待講演]
    三上直之
    市民科学講座Bコース 2016年04月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 光塾 COMMON CONTACT 並木町(東京都渋谷区) 市民科学研究室
  • 三上直之
    大沼研究発表会 2016年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 大沼国際セミナーハウス(北海道七飯町) 大沼ラムサール協議会
  • 三上直之
    Future Earth/Transdisciplinary勉強会 2016年02月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 国立環境研究所(茨城県つくば市) 国立環境研究所
  • コンセンサス会議  [招待講演]
    三上直之
    「日本ミニ・パブリックス研究フォーラム」設立総会 2015年12月 口頭発表(招待・特別) 東京工業大学(東京都目黒区) 日本ミニ・パブリックス研究フォーラム
  • 科学技術への市民参加:いま改めて何が課題か  [招待講演]
    三上直之
    「STIに向けた政策形成プロセスへの関心層別関与フレーム設計(PESTI)」プロジェクトシンポジウム「科学技術政策形成プロセスへの市民の参画を広げる」 2015年11月 口頭発表(基調) グランフロント大阪ナレッジキャピタル(大阪市) 「STIに向けた政策形成プロセスへの関心層別関与フレーム設計(PESTI)」プロジェクト
  • 地域における「つながり」に関する若者の意識ー北海道の高校生を対象とした調査からー  [通常講演]
    三上直之
    第88回日本社会学会大会 2015年09月 口頭発表(一般) 早稲田大学 戸山キャンパス(東京都新宿区)
  • 三上直之
    第51回環境社会学会大会 2015年06月 口頭発表(一般) 立教大学(東京都豊島区) 環境社会学会
  • 三上直之
    科学技術社会論学会第13回年次研究大会 2014年11月 口頭発表(一般) 大阪大学 豊中キャンパス(大阪府豊中市)
  • Naoyuki Mikami
    XVIII ISA World Congress of Sociology 2014年07月 口頭発表(一般) パシフィコ横浜(横浜市) 国際社会学会(ISA)
  • Naoyuki Mikami, Ekou Yagi, Yasushi Ikebe
    13th International Public Communication of Science and Technology Conference (PCST2014) 2014年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) Convention Centre of Pestana Bahia Hotel(サルバドール市) 
    Following nearly two decades of research and trials, public engagement (PE) was finally introduced into Japanese national science and technology policy after the Great East Japan Earthquake and Fukushima nuclear accident in 2011. The government used a deliberative poll (DP) when drawing up its new energy strategy, which was nevertheless retracted soon after the change of government in 2012. This aboutface shows that the PE mechanism has not yet taken root in the national policymaking arena in Japan, and it is necessary for society as a whole to gain more experience in PE in science and technology. The creation of a national network of dialogues is a promising way of applying PE in Japan on a universal scale, and the experience of World Wide Views on Biodiversity (WWViews 2012) in Japan demonstrated that science centers can act as excellent hubs for such a network. After WWViews 2012, the authors developed a two-hour PE workshop program for disseminating informal dialogues on science-in-society issues as well as a scheme for creating a network of dialogues with science centers acting as local hubs. Our future research will be directed at the design of a national resource center for dialogues which can provide various resources to develop a sustainable network of dialogues.
  • 参加者は専門家に本当は何を 「質問」しているのか:討論型世論調査における質疑応答の分析  [通常講演]
    三上直之
    科学技術社会論学会第12回年次研究大会 2013年11月 口頭発表(一般) 東京工業大学(東京都目黒区)
  • 無作為抽出型の市民参加と環境ガバナンス  [通常講演]
    三上直之
    第86回日本社会学会大会 2013年10月 口頭発表(一般) 慶應義塾大学(東京都港区)
  • 「市民の熟議」を擁護する  [通常講演]
    三上直之
    科学技術社会論学会シンポジウム2013さっぽろ 2013年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 札幌ユビキタス協創広場U-cala(札幌市)
  • 討論型世論調査徹底批判:科学技術コミュニケーションの見地から  [招待講演]
    三上直之
    第16回サイエンススタディーズ研究会 2013年09月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 東京大学駒場キャンパス(東京都目黒区)
  • How to Bridge the Gaps between Global and Local Perspectives? The Case of Japan  [招待講演]
    Naoyuki Mikami
    WWViews Research Workshop 2013年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) フィンランド国立消費者研究センター
  • Toward Participatory Governance of Science and Technology? The Case of National Energy Discussion after Fukushima  [招待講演]
    Naoyuki Mikami
    日独シンポジウム「サイエンス・コミュニケーション」 2012年12月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) ベルリン日独センター(ベルリン市) ベルリン日独センター・国際交流基金
  • エネルギー選択の「国民的議論」について論ずる意義とその視角  [通常講演]
    三上直之
    科学技術社会論学会第11回年次研究大会 2012年11月 口頭発表(一般) 総合研究大学院大学(神奈川県葉山町)
  • 三上直之
    科学技術社会論学会第10回年次研究大会 2011年12月 口頭発表(一般) 京都大学(京都市)
  • リスクをめぐって対立する 当事者間のコミュニケーション:「ギルベインゴールド」のケースを使って考える  [招待講演]
    三上直之
    第59回日本工学教育協会年次大会 2011年09月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 北海道大学(札幌市)
  • 三上直之
    第8回科学技術コミュニケーションデザイン・ワークショップ 2011年06月 口頭発表(一般) 大阪大学 豊中キャンパス(大阪府豊中市)
  • 三上直之
    第43回環境社会学会セミナー 2011年06月 口頭発表(一般) 関東学院大学 金沢文庫キャンパス(横浜市)
  • Performing as a Role: a New Perspective of Career Development of Science Communicators  [通常講演]
    Naoyuki Mikami
    Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science 2010年08月 口頭発表(一般) 東京大学 駒場キャンパス(東京都目黒区)
  • Naoyuki Mikami
    Japan-New Zealand STS Research Workshop "Nano-Dialogue and Future Foods in Asia and the Pacific: Improving Science and Society Dialogue around the Introduction of Nanotechnology and Nanofood in Japan and New Zealand" 2010年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 国際基督教大学(東京都三鷹市)
  • 三上直之
    シンポジウム「市民参加の社会的構成」 2010年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 神戸大学(神戸市)
  • 三上直之
    科学技術社会論学会第8回年次研究大会 2009年11月 口頭発表(一般) 早稲田大学(東京都新宿区)
  • 「ナノトライ」実践報告 食品ナノテクをめぐるUpstream Engagementの試み  [通常講演]
    三上直之
    第6回科学技術コミュニケーションデザイン・ワークショップ 2009年06月 口頭発表(一般) 東京大学 駒場キャンパス(東京都目黒区)
  • 「ナノトライ」の実践結果  [通常講演]
    三上直之
    科学技術社会論学会第7回年次研究大会 2008年11月 口頭発表(一般) 大阪大学 豊中キャンパス(大阪府豊中市)
  • Between 'Public Understanding Promotion' and 'Science Communication': Japanese Development of Science Communication in the Introductory Period  [通常講演]
    Naoyuki Mikami
    Annual Meeting of Society for Social Studies of Science (held jointly with European Association for the Study of Science and Technology) 2008年08月 口頭発表(一般) エラスムス大学(ロッテルダム市)
  • 「小型家電を考える市民の会議」報告:実用のための会議設計を中心に  [通常講演]
    若松征男, 三上直之, 森岡和子, 庄山紀久子
    第5回科学技術コミュニケーションデザイン・ワークショップ 2008年06月 口頭発表(一般) 北海道大学(札幌市)
  • サイエンスカフェを用いた科学技術コミュニケーションの実践的教育プログラム:CoSTEPの実習授業の事例報告  [通常講演]
    三上直之
    第5回科学技術コミュニケーションデザイン・ワークショップ 2008年06月 口頭発表(一般) 北海道大学(札幌市)
  • 住民参加型会議の世界へようこそ-シナリオワークショップ手法を中心に-  [招待講演]
    三上直之
    総合地球環境学研究所「流域環境の質と環境意識の関係解明」プロジェクト研究会 2008年06月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 京都大学(京都市)
  • サイエンスカフェってなに?  [招待講演]
    三上直之
    九州大学研究教育プログラム・研究拠点形成プロジェクト「九州大学博物館展示を利用した実践的研究~アウトリーチ活動のあり方と大人と子どもの間の関わりを促すツール開発」第6回セミナー 2008年03月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 九州大学総合研究博物館(福岡市)
  • コンセンサス会議  [招待講演]
    三上直之
    協働・合意形成ツールに関するワークショップ(環境省「持続可能なイノバティブ・コミュニティ形成手法調査事業」) 2008年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 環境パートナーシップオフィス(東京都渋谷区)
  • サスティナビリティの社会的次元 ~ 環境社会学の視点から  [招待講演]
    三上直之
    2007年度北海道大学サスティナビリティ・ガバナンス・プロジェクト(SGP) 年次報告会・学術講演会 2008年01月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 北海道大学(札幌市)
  • 参加型手法の社会的実装と実効性向上のための試み-事例報告:北海道GMコンセンサス会議-  [招待講演]
    三上直之
    原子力と社会のKYOSEIコロキウム 2007年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 東京工業大学 田町キャンパス(東京都港区)
  • 「政策との結びつき」の現場で考えたこと  [通常講演]
    三上直之
    第4回科学技術コミュニケーションデザイン・ワークショップ 2007年06月 口頭発表(一般) 大阪大学中之島センター(大阪市)
  • ナノテクの社会適用における市民参加型手法の可能性  [通常講演]
    三上直之, 杉山滋郎, 高橋祐一郎, 山口富子
    科学技術社会論学会 第5回年次研究大会 2006年11月 口頭発表(一般) 北海道大学(札幌市)
  • 遺伝子組換え作物に関するリスクコミュニケーションのあり方  [招待講演]
    三上直之
    日本作物学会 第222回講演会 シンポジウム 2006年10月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 香川大学(高松市)
  • Naoyuki Mikami, Takeshi Okahashi
    9th International Conference on Public Communication of Science and Technology (PCST-9) 2006年05月 口頭発表(一般) COEX(ソウル市)
  • 「科学技術への市民参加」としての住民対話  [招待講演]
    三上直之
    東京大学大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻遺伝子組換え作物ワーキンググループ特別セミナー 2006年05月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 東京大学(東京都文京区)
  • 地域環境再生の公共性をいかに生み出すかーー東京湾三番瀬の再生計画プロセスを事例に  [通常講演]
    三上直之
    第32回環境社会学会セミナー 2005年12月 口頭発表(一般) 関西学院大学(兵庫県西宮市)
  • 参加型会議を市民で検証するーー「三番瀬円卓会議ふりかえりワークショップ」の実践  [通常講演]
    三上直之
    第30回環境社会学会セミナー 2004年12月 口頭発表(一般) 武蔵工業大学 横浜キャンパス(横浜市)
  • 参加をシェアするーー三番瀬円卓会議から考える  [通常講演]
    三上直之
    第52回関東社会学会大会 2004年06月 口頭発表(一般) 専修大学 生田キャンパス(神奈川県川崎市)
  • Nurturing Interdisciplinary Cooperation for a Sustainable City  [通常講演]
    Naoyuki Mikami
    AGS (Alliance for Global Sustainability) Annual Meeting 2004 2004年03月 ポスター発表 チャルマーズ工科大学(イェーテボリ市)
  • 「三番瀬の未来」のために:ビジョンと行動計画をどう読み、どう生かすか  [招待講演]
    三上直之
    三番瀬SW分析ワークショップ 2003年08月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名) 政策科学研究所(東京都千代田区)
  • Is Local Environmental Governance Possible? Governing Coalitions, Citizen Movements, and Local Ethics in Kamakura, Japan  [通常講演]
    Hideo Nakazawa, Naoyuki Mikami
    XV ISA World Congress of Sociology 2002年07月 口頭発表(一般) ブリスベン市
  • 大規模埋め立て開発計画の見直し過程ーー三番瀬をめぐる環境保全運動と計画アセスメント  [通常講演]
    三上直之
    第74回日本社会学会大会 2001年11月 口頭発表(一般) 一橋大学(東京都国立市)

その他活動・業績

受賞

  • 2014年04月 文部科学省 平成26年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 理解増進部門
     アウトリーチ活動とそれを担う人材の育成を統合した理解 増進 
    受賞者: 杉山滋郎;石村源生;大津珠子;三上直之

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 食農環境分野へのゲノム編集等先端技術応用をめぐる選択と熟議に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2022年04月 -2026年03月 
    代表者 : 立川 雅司, 三上 直之, 櫻井 清一, 山口 富子, 大山 利男, 三石 誠司, 新田 直子, 大塚 善樹, 香坂 玲, 藤木 篤, 松尾 真紀子, 石井 圭一, 内山 愉太
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 三上 直之, 八木 絵香, 江守 正多, 田村 哲樹, 松浦 正浩, 池辺 靖, 工藤 充
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2019年04月 -2023年03月 
    代表者 : 成 元哲, 牛島 佳代, 松谷 満, 阪口 祐介, 除本 理史, 松井 克浩, 藤川 賢, 三上 直之, 高木 竜輔
  • 公共緑地の市民協働による管理運営の促進・阻害要因の解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 愛甲 哲也, 町田 怜子, 武 正憲, 御手洗 洋蔵, 松島 肇, 三上 直之, 庄子 康
  • 演劇を用いた科学技術コミュニケーション手法の開発と教育効果の評価に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 種村 剛, 三上 直之, 古澤 輝由
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2017年04月 -2021年03月 
    代表者 : 丸山 康司, 西城戸 誠, 三上 直之, 角 一典, 本巣 芽美, 宮内 泰介, 藏田 伸雄, 山下 英俊, 茅野 恒秀, 森岡 正博, 山本 信次
     
    エネルギー技術と社会の関係が多様な主体の福利に適う条件を明らかにするための調査研究を進め、論文ならびに研究報告合わせて30報以上の成果を発表した。実証研究班、社会理論班、社会実験班の研究グループを構成し、それぞれ以下のような実績があった。
    (1)実証研究班:広義の利害関係など、波及的影響も含めた社会過程を調査し、技術導入に伴うアクターネットワークとして図式化した。国内外の地域密着型事業への聞き取り調査を行う。これらの個別事例の調査に基づいて、エネルギー事業が地域社会にもたらしうる正負のインパクトの総体を明らかにした。またエネルギー小売の自由化の取り組みに注目し、生活クラブエナジーなどを対象とする調査を実施した。 (2)社会理論班:エネルギー技術と環境倫理についての既存研究をまとめながら、実証研究班の研究成果をマッピングするための理論的枠組みを構築した。具体的には、ガバナンス上配慮すべき課題として配分的正義、手続き的正義に加え、問題が不可視化されること自体を問う認識的正義(Recognition Justice)などについて議論した。また、技術導入に伴うリスクが選好される要因についての分析も進め、地域社会の自律と自立共生Conviviality)や潜在能力(capability)との関連にも注目し、適切なガバナンスを実現させるための「翻訳」や「相乗効果」(Co-benefit)の可能性を考察した。 (3)社会実験班:風力発電の適地をあらかじめ地域で選定するゾーニングについてのアクションリサーチを実施し、多様な主体の利益に適う社会的制御の方法を試行した。ゾーニングにおける条件設定と、個々の条件の中でのローカルナレッジの反映という課題について具体的方法を検討した。こうしたガバナンスの手法が事業者にとっても合理的であることも明らかになり、汎用的な手法となりうる可能性も示された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))
    研究期間 : 2019年 -2021年 
    代表者 : 三上 直之
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2017年04月 -2020年03月 
    代表者 : 三上 直之, 八木 絵香, 江守 正多, 田村 哲樹, 松浦 正浩, 池辺 靖, 工藤 充
     
    本研究の目的は,無作為抽出などによって社会の縮図をつくり,そこでの議論の結果を政策決定などに活用するミニ・パブリックスの方法が,地球規模かつ超長期の複合リスクのガバナンスにおいて果たしうる役割を考察することである。科学技術社会論と政治学を基盤とした理論研究,社会実験などを通じた実証研究,ミニ・パブリックスの運用指針などを含む政策提言の3つを柱として研究を進めている。 2年度目となる今年度は,実証研究の一環として,気候変動問題に関する模擬的なミニ・パブリックスの企画・設計を進め,2019年3月に札幌市において「脱炭素社会への転換と生活の質に関する市民パネル」として実施した。この社会実験の実施に先立って,2018年6月には札幌市内で公開研究会「無作為抽出型の市民参加の可能性ー地球規模リスクの問題への応用を考えるー」を行い,気候変動対策に取り組む地元関係者などと意見交換するとともに,研究チーム内でもSkype等も用いて約10回にわたる設計ミーティングを重ねた。こうした検討の結果,手法としては市民陪審方式を用い,札幌市および周辺市町村(人口約250万人)の縮図となるよう,同地域の18歳以上の一般市民から18名(男女9名ずつ)の参加者を抽出することとした。当日はこの参加者が,7名の専門家に対するヒアリングを行いつつ,3つの論点をめぐって約15時間かけて議論し,脱炭素社会への転換が生活の質に及ぼす影響について全員の合意で結論を導くことができた(結果の速報は「脱炭素社会への転換と生活の質に関する市民パネル 政策担当者のための報告書」 http://hdl.handle.net/2115/73624 を参照)。 この社会実験と並行して,各メンバーが研究課題に沿った理論研究,実証研究を進め,その成果の一部を学術誌や学会等で発表するとともに,社会教育施設や団体の研修の講師として社会還元した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2016年04月 -2020年03月 
    代表者 : 宮内 泰介, 関 礼子, 三上 直之, 丸山 康司, 菊地 直樹, 笹岡 正俊, 山本 信次, 鬼頭 秀一, 佐藤 哲, 安田 章人, 菅 豊, 西城戸 誠, 浜本 篤史, 福永 真弓, 岩井 雪乃, 富田 涼都, 松村 正治, 田代 優秋, 鈴木 克哉
     
    本研究は、不確実性をかかえ、多元的な価値が存在する現実社会の中で、いかに環境ガバナンスの構築を実現させるか、その要件を多数の事例調査から積み上げ式に明らかにすることを目的とする。具体的には、自然資源管理や野生生物管理などの多様な事例について、地域に分け入った詳細な調査を行うことによって、諸課題を抽出してモデル化し、さらにそこから、政策提言を行う。とくに、(i)地域の歴史を踏まえた多元的な合意形成の方策、(ii)順応的なプロセス・デザインの方策とその中での中間支援のあり方、(iii)多様な主体が使える社会評価ツールと社会調査法の開発、の3つに焦点を当てる。 2018年度は、各自が調査研究を進め、さらに、2回の研究ミーティングを開催した。2回の研究ミーティングでは、アイルランドと日本のフットパスをめぐるガバナンス、順応的ガバナンスのための質的評価ツールの検証、都市部の環境ガバナンスの外部にあるもの、といったテーマについて報告がなされ、議論が行われた。同時に、研究ミーティングでは、メンバー各自の調査研究についての情報交換・意見交換もなされた。 さらに、最終年度である2019年度の成果出版へ向け、その準備が行われた。成果は英語書籍として出版される予定であるため、その執筆構想を各メンバーが練り、研究代表者との間で頻繁なやりとりが行われた。都市部の里山保全、専門家の役割、河川管理のレジティマシー、再生可能エネルギーにおける共通目標の設定のしかた、森林のマルチステークホルダーによるガバナンスのあり方、地域主体の野生生物管理のあり方、地域再生のためのワークショップのあり方、などをテーマに、順応性、冗長性、プロセス重視のガバナンスといった論点が提示される予定である。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2016年04月 -2019年03月 
    代表者 : 立川 雅司, 三上 直之, 大山 利男, 三石 誠司, 山口 富子, 櫻井 清一, 内田 晋
     
    本研究課題は、1系(ゲノム編集の利用をめぐるガバナンス形成上の課題抽出)と2系(地域・産業特性を考慮した参加型手法の設計と実践)に分かれる。平成30年度の結果概要は以下の通りである。 1系においては、ゲノム編集技術の利用をめぐる関係ステークホルダーに対してインタビューを行うと共に、一般消費者に対して再度ウェブアンケート調査(約4,000名)を実施し、植物と動物への適用に対する意見の相違について検討した。総じて同じ形質(病気への抵抗性、食味の向上、栄養成分の改善、大きさを変更する)を導入する場合においても、植物以上に動物(家畜)への適用に対して懸念が増大する傾向がみられた。とくに動物の体を増大させるゲノム編集技術の応用に対しては、相対的に反対が大きいことが明らかになった。これらの結果に関しては、国内外の学会などで公表する準備を進めている。 2系においては、参加型手法に関する研究動向をふまえつつ、地域・産業特性を考慮した参加型手法の設計と実践を行うことが目的である。平成30年度においては、前年度末に実施した北海道在住の消費者を対象としたグループインタビューの結果を解析し、ブックレットとしてとりまとめ結果を公刊した(三上直之・立川雅司著『「ゲノム編集作物」を話し合う』ひつじ書房、2019年)。結果において特徴的な論点としては、遺伝子を操作するという点では、ゲノム編集技術も遺伝子組換え技術もそれほど大きな違いはないと認識されている点、リスクも大きいがベネフィットも大きい技術と期待されている点、ゲノム編集作物に由来した食品に対して選択できるよう「表示」を望む意見が多く聞かれた点、長期的な観点から安全性に対して担保されることを希望している点などがあげられる。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 成 元哲, 牛島 佳代, 松谷 満, 阪口 祐介, 西崎 伸子, 永幡 幸司, 三上 直之, 守山 正樹, 荒川 雅志, 石原 明子
     
    未曾有の原発災害における人間経験を生活変化と健康影響に焦点を当て長期的に追跡し、実態解明を行うとともに、社会的亀裂を修復するために次の二つの取り組みを行った。 第一に、福島県中通り9市町村の2008年度出生児とその母親を対象に、原発事故が与える影響を生活と健康に焦点を当て継続的に記録するための大規模の調査票調査を行った。 第二に、上記の福島県内の調査対象者への半構造化面接を行った。放射能の健康影響についての不安の度合いやリスク対処行動において温度差がある母親が原発事故の経験を広く社会と共有できることを目指している。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2015年04月 -2019年03月 
    代表者 : 山下 博美, 三上 直之
     
    本研究の目的は、研究代表者らが行った日本、イギリス、オランダ、マレーシアの干潟再生事業直近住民のリスク・ベネフィット認識調査(科研費若手研究B:23710056)を空間的、時間的に発展させるものである。 研究目的は、①干潟再生事業に対する住民のリスク・ベネフィット・「公平性」の認識(受益・受苦圏の存在とその認識)、②時間経過と共に住民のリスク・ベネフィット認識を変化させている要因、及び③事業実施者の環境コミュニケーション実践とリスク・ベネフィット・公平性認識の関係性、を国際的に解明することである。 これらの結果をもとに、住民のリスク・ベネフィット認識に配慮した包括的かつ住民に「公正」と判断される環境コミュニケーションを形づくる要素を整理する。それらを体系化した環境コミュニケーション・モデルを構築することにより、現在進行中、及び将来の自然再生事業への提案を行う。
    平成30年度は、研究最終年度として以下のデータのまとめを行い、5月には三重県志摩市にて「干潟・海辺の再生とまちづくり国際シンポジウム」を開催した。A)チーム会議をスカイプ、及び国内で集まりを行った、B)5月に行われた国際シンポジウムの準備と開催 、C)スティアート(イギリス)のサイトにおいて、質問票調査を実施し、初期分析レポートを作成した、D)学会や学術会議にて、研究経過を発表、分析に対する助言を仰いだ、E)研究成果をまとめ、その書籍出版準備を開始した
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 丸山 康司, 西城戸 誠, 三上 直之, 本巣 芽美, 藏田 伸雄, 森岡 正博, 鬼頭 秀一, 青木 聡子, 飯田 誠
     
    エネルギー技術と社会の関係について事例調査と理論的整理を行い、多様な主体の福利に適う技術とするための条件を明らかにした上で適切なガバナンスを実現する社会実験を行った。 その結果(1)技術がもたらす広義の利害関係を明らかにし、(2)世代間と世代内で発生する法的・倫理的・社会的課題を図式化した。(3)そこで必要とされる分配的正義や手続き的正義を具体化するため社会実験を試行し、政策としての有効性を確認した。 この過程でエネルギー技術の社会的影響について間接的効果を含めた分析枠組みを確立し、手法の汎用性を高めた。また参加型手法による適地選定や条例など、現実のガバナンスに応用可能な方策も提示した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2014年04月 -2017年03月 
    代表者 : 三上 直之
     
    無作為抽出などの方法で十数人から数百人規模の参加者を集め,その議論の結果を政策形成に活用するミニ・パプリックス(mini-publics)の手法は,エネルギー政策に関する討論型世論調査や,世界市民会議などの事例にみられるように,環境政策における市民参加の方法として,国レベルや国際的なレベルも含め,一定の有効性が示されてきた。その一方で,議論の結果がどのように活用されるかは政策決定者側の事情に依存せざるをえないという不安定さも抱えている。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2012年04月 -2016年03月 
    代表者 : 宮内 泰介, 鬼頭 秀一, 丸山 康司, 菅 豊, 西城戸 誠, 佐藤 哲, 菊地 直樹, 松村 正治, 角 一典, 山本 信次, 関 礼子, 三上 直之, 大沼 進, 赤嶺 淳, 笹岡 正俊, 福永 真弓, 鈴木 克哉, 富田 涼都, 立澤 史郎, 安田 章人
     
    本研究は、環境保全の諸事例についての詳細な調査研究から、多元的な価値の中でどう環境ガバナンスを構築することができるかを研究することを目的とした。研究の結果、環境ガバナンスにおいては、状況に応じて社会的なしくみや制度を変化させていく順応性が重要であること、さらにそうした順応的なプロセスを首尾よく創出し、また、マネジメントしていくことが必須であることが明らかになった。そこでは、(1)社会評価ツールの開発、(2)寄り添い型の中間支援、(3)専門家や外部者の順応的な役割、(4)目的や手段について順応的に変化させていくこと、(5)住民自身による学び、とくに市民調査の役割、などが鍵となる。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 立川 雅司, 三上 直之, 櫻井 清一, 山口 富子, 大山 利男, 松尾 真紀子, 高橋 祐一郎
     
    近年、食品安全におけるゼロ・トレランスを消費者に訴求する傾向がみられ(「不使用」「検出ゼロ」など)、消費者もこうした情報に敏感に反応する傾向がある。ゼロトレ対応は様々な問題を生じさせており、その実態解明と対応方策が求められている。本研究の目的は、こうした対応、言説に着目し、複数の事例を比較分析しつつ、その背景と影響、関係者間での合意基盤を明らかにすることである。 本研究では、食品安全に関してゼロトレ対応の諸問題に関して、多角的に分析するとともに、政府による情報発信の課題を明らかにした。またゼロトレ志向の消費者の特徴を明らかにすると共に、模擬的討議を通じて合意基盤の可能性について検討した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 早岡 英介, 三上 直之, 杉山 滋郎, 藤吉 亮子, 鳥羽 妙, 川本 思心, 郡 伸子, 滝沢 麻理, 池田 貴子, 添田 孝史
     
    福島第一原子力発電所の事故以降,主に放射能リスクをテーマとしたリスクコミュニケーションの取り組みが各地で進められてきた.だが,多くは啓蒙的な説明会にとどまっており,専門家と一般市民との間に十分な双方向の対話の場を生み出せていない. こうした状況を克服するためには,リスク情報を正確かつ受け手側に配慮しながら発信できるリスクコミュニケーターの育成が急務である. 北海道大学CoSTEPにおける2014年度の実践から,リスクコミュニケーター人材育成においては「伝え方を工夫できるコンテンツの制作能力」「対話の場を生み出す能力」「問題設定を適切に設計できるフレーミング能力」の3つの能力が重要だと考察した.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 杉山 滋郎, 三上 直之, 斉藤 健, 吉田 省子, 平川 全機, 藏田 伸雄, 佐藤 和夫, 鳥羽 妙, 柳瀬 昇
     
    討論型世論調査を、科学技術が関わる社会的問題(いわゆるトランスサイエンス的な問題)に適用したとき、市民の熟議が実現し、市民の政策決定への参加意欲が高まることが実証された。科学技術が関わる問題について情報提供資料を制作するときに留意すべき点、ファシリテーションにおいて配慮されるべき点など、討論型世論調査を実施するにあたって考慮すべき点についても、貴重な情報を得ることができた。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 三上 直之
     
    過去に国内で実施された科学技術・環境分野における市民参加型会議の事例分析や、英国への訪問調査を通じた事例収集により、科学技術への市民参加による討議・評価の手法と政策決定との接続に関する理論的な基礎づけや、実際の制度設計、運用方法における諸課題について検討した。とりわけ代表的な手法であるコンセンサス会議について、その手法を成り立たせる必須の要素を明らかにし、実践に関心を持つ人びとに向けた手引きとなる論文をまとめ、討議デモクラシーの諸手法をテーマとした単行本の一部として公刊した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2009年 -2011年 
    代表者 : 立川 雅司, 杉山 滋郎, 三上 直之, 若松 征男, 山口 富子, 櫻井 清一, 高橋 祐一郎
     
    フードナノテク(食品分野へのナノテクノロジー応用)という萌芽的科学技術に関して、国内外のリスクガバナンスをめぐる政策動向およびステークホルダーの対応について、幅広く検討した。またこうした萌芽的科学技術の開発方向と社会導入をめぐる課題に対して、ステークホルダーの役割と課題を抽出するために、参加型テクノロジーアセスメントの実践を通じて知見を収集し、ガバナンス形成上の課題(企業と行政の役割等)を抽出した。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 杉山 滋郎, 細川 敏幸, 栃内 新, 石村 源生, 三上 直之, 佐藤 祐介, 大津 珠子, 石原 孝二, 隈本 邦彦, 難波 美帆, 岡橋 毅, 宮入 隆, 斉藤 健, 早岡 英介, 渡辺 保史, 藤田 良治
     
    (1)「ミニ・サイエンスカフェ」を活用したファシリテーションの演習プログラムや、インターネットを利用してサイエンス・ライティングを指導するカリキュラムなど、大学院生向けのカリキュラムを4種、開発、(2)カードソート法やペルソナ法を取り入れた科学技術コミュニケーション教育用教材を開発、(3)コンテンツ表現を4つの評価軸に沿って評価する手法、科学技術に関連する文章について評価する手法などを開発した。
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2006年 -2008年 
    代表者 : 立川雅司, 山口富子, 高橋祐一郎, 河野恵伸, 杉山滋郎, 三上直之, 若松征男
     
    ナノテクノロジーは、その基盤技術的特性から、フードシステムの広範な領域への応用可能性を有している.ただし、現在のところ開発は栄養食品や包装資材などに限定されている.またナノテクの農業・食品分野への応用は、健康や環境に関わる未知のリスクや不確実性も同時に存在していることから、その社会適用にあたっては、技術の開発段階から市民社会との対話が求められている.本研究では、市民参加型技術評価手法を適用し、市民の懸念や期待を集約し提言としてとりまとめ、社会に発信した.
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
    研究期間 : 2005年 -2008年 
    代表者 : 木村純, 藤田昇治, 細川敏幸, 町井輝久, 亀野淳, 山本健慈, 山岸みどり, 姉崎洋一, 藤田公仁子, 藤田昇治, 玉井康之, 谷川松芳, 内田和浩, 野口徹, 細川敏幸, 宮崎隆志, 新田照夫, 堀内秀雄, 川前あゆみ, 三上直之
     
    成人教育として大学公開講座の実践的研究に取組み,(1) 公開講座を「大学-地域社会関係構築」に活用する多様なアプローチの存在,(2) 地域貢献と「生涯学習への大学の参画」とを区別する成人教育学的な検討の必要性,(3) ICTの利活用が進み,そこに大学公開講座の可能性が新たに生まれていることを明らかにし,(4) 地域づくりのリーダーを養成する公開講座を実験的に実施し,「大学-地域社会関係の構築」の要となるコーディネーターの養成にも大学公開講座が有益であることを明らかにした。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 科学研究・科学技術と倫理
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 農学院
    キーワード : 科学と社会、研究倫理、フード・エシックス
  • 科学技術コミュニケーション特論Ⅲ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 科学技術社会論(STS)、民主主義、社会的意思決定、政策、市民参加、テクノロジーアセスメント、科学技術コミュニケーション、リスク社会、公共空間、気候変動、環境問題
  • 自然史科学特別講義Ⅳ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 科学技術社会論、科学技術コミュニケーション、市民参加型テクノロジーアセスメント、ミニパブリックス
  • 自然史科学特別講義Ⅳ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 理学院
    キーワード : 科学技術社会論、科学技術コミュニケーション、ELSI(科学技術をめぐる倫理的・法的・社会的課題)
  • 特別講義(1単位)
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 全学教育
    キーワード : 卒業生、学生生活、職業生活、キャリア
  • 科学者倫理
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 総合教育部

大学運営

学内役職歴

  • 2018年7月1日 - 2020年6月30日 評価室室員

委員歴

  • 2015年07月 - 現在   一般社団法人環境政策対話研究所   理事
  • 2015年04月 - 現在   科学技術社会論学会   理事
  • 2012年05月 - 現在   環境省   北海道環境パートナーシップオフィス運営協議会委員
  • 2018年08月 - 2020年08月   札幌市   環境影響評価審議会 委員
  • 2012年03月 - 2020年05月   北海道教育委員会   北海道生涯学習審議会委員
  • 2015年06月 - 2019年06月   環境社会学会   編集委員
  • 2013年07月 - 2019年06月   札幌市   緑の審議会 委員
  • 2015年05月 - 2019年05月   北海道大学生活協同組合   理事
  • 2011年07月 - 2017年06月   札幌市教育委員会   社会教育委員
  • 2011年06月 - 2017年06月   北海道   食の安全・安心委員会委員
  • 2013年03月 - 2017年02月   文部科学省   科学技術・学術審議会専門委員
  • 2013年04月 - 2016年03月   北海道教育委員会   北海道立生涯学習推進センター運営協議会委員
  • 2011年06月 - 2015年06月   環境社会学会   研究活動委員
  • 2009年06月 - 2013年03月   北海道教育委員会   道民カレッジ運営委員会委員
  • 2006年08月 - 2007年03月   北海道   遺伝子組換え作物の栽培について道民が考える「コンセンサス会議」実行委員会委員

メディア報道



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.