研究者データベース

木村 幸文(キムラ ユキフミ)
北海道大学病院 口腔系歯科
講師

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 口腔系歯科

職名

  • 講師

学位

  • 博士(歯学)(北海道大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 老年歯科学   全身管理   精神鎮静法   局所麻酔   全身麻酔   歯科麻酔   General management   Psychosedation   Local anesthesia   General anesthesia   Dental anesyhesiology   

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

職歴

  • 2016年01月 北海道大学病院 歯科麻酔科 講師

所属学協会

  • 日本歯科薬物療法学会   北海道ペインクリニック学会   北海道臨床歯科麻酔研究会評議員   北海道歯学会   日本老年歯科医学会   日本臨床麻酔学会   日本有病者歯科医療学会   日本麻酔学会   日本障害者歯科学会   日本歯科麻酔学会   日本ペインクリニック学会   Japanese Scociety of Oral Therapeutics and Pharmacology   

研究活動情報

論文

  • Na,K-ATPase活性の基質阻害に対するバルビツール酸系薬物の作用
    古賀 瑞之, 鈴木 邦明, 長谷 由里, 渋谷 真希子, 木村 幸文, 藤澤 俊明
    北海道歯学会 38 2 203 - 310 2018年03月 [査読有り][通常論文]
  • 木村幸文, 詫間滋, 渋谷真希子, 藤澤俊明
    老年歯科医学 30 3 326 - 331 2015年12月 [査読有り][通常論文]
  • セボフルレン外来麻酔におけるベクロニウム使用の可能性および投与量についての検討
    北川 栄二, 木村 幸文, 飯田彰, 中村光宏, 亀倉更人, 藤澤俊明
    日歯麻酔誌 20 3 547 - 555 1992年 [査読有り][通常論文]

その他活動・業績

  • 術前診査を契機に先天性メトヘモグロビン血症が判明した患者の全身麻酔管理経験
    浜谷絵里, 渋谷真希子, 木村幸文, 北條敬之, 藤澤俊明 日歯麻誌 45 (2) 202 -204 2017年04月 [査読有り][通常論文]
  • 全身及び局所麻酔薬の作用機序
    鈴木邦明, 渋谷真希子, 長谷由理, 平沖敏文, 木村幸文, 藤澤俊明 北海道歯学雑誌 37 (2) 116 -123 2017年03月 [査読無し][招待有り]
  • 障がい者に対する歯科治療時のリスクマネージメント 安全な日常診療のために
    木村 幸文 北海道歯科医師会誌 72 17 -25 2017年02月 [査読無し][招待有り]
  • 帰室後の喀痰排出困難で気道閉塞となり緊急気管切開を要した口腔癌術後患者の1例
    新田幸絵, 木村幸文, 詫間 滋, 渋谷真希子, 藤澤俊明 日歯麻誌 44 (1) 14 -16 2016年01月 [査読有り][通常論文]
  • 歯科手術や外傷を契機としない非定型顔面痛に対しプレガバリンが著効した1例
    木村幸文, 詫間滋, 渋谷真希子, 亀倉更人, 藤澤俊明 日歯麻誌 43 (2) 247 -249 2015年 [査読有り][通常論文]
  • リラグルチドが投与されている糖尿病患者の歯科・口腔外科手術の全身麻酔経験
    那須厚史, 亀倉更人, 詫間滋, 木村幸文, 藤澤俊明 日歯麻誌 42 646 -647 2014年 [査読有り][通常論文]
  • ミダゾラムを用いた静脈内鎮静法を眼科と連携して施行した慢性閉塞隅角緑内障患者の1例
    木村幸文, 樋渡卓也, 新田幸絵, 藤原敏勝, 藤澤俊明 日歯麻誌 40 219 -220 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 局所麻酔アレルギーが疑われた北海道大学病院歯科麻酔科外来を受診した症例の検討 当院における20年前の検討報告との比較
    岩本理恵, 北條敬之, 渋谷真希子, 木村幸文, 亀倉更人, 藤澤俊明 北海道歯誌 4 114 -119 2014年 [査読有り][通常論文]
  • 前頭側頭型認知症患者の歯科治療におけるBISモニター下鎮静法管理経験
    岩本理恵, 新田幸絵, 詫間滋, 渋谷真希子, 木村幸文, 亀倉更人, 藤澤俊明 日歯麻誌 41 (1) 34 -37 2013年 [査読有り][通常論文]
  • 複数の合併疾患を有する閉塞型心筋症患者の口腔底腫瘍切除術における全身麻酔経験
    長谷由理, 亀倉更人, 木村幸文, 藤澤俊明, 福島和昭 日歯麻酔誌 40 219 -220 2012年 [査読有り][通常論文]
  • Toshiaki Fujisawa, Eriko Miyamoto, Shigeru Takuma, Makiko Shibuya, Akihiro Kurozumi, Yukifumi Kimura, Nobuhito Kamekura, Kazuaki Fukushima JOURNAL OF ANESTHESIA 23 (1) 57 -60 2009年02月 [査読無し][通常論文]
     
    Purpose. Recovery of dynamic balance, involving adjustment of the center of gravity, is essential for safe discharge on foot after ambulatory anesthesia. The purpose of this study was to assess the recovery of dynamic balance after general anesthesia with sevoflurane, using two computerized dynamic posturographies. Methods. Nine hospitalized patients undergoing oral surgery of less than 2 h duration under general anesthesia (air-oxygen-sevoflurane) were studied. A dynamic balance test, assessing the ability of postural control against unpredictable perturbation stimuli (Stability System; Biodex Medical), a walking analysis test using sheets with foot pressure sensors (Walk Way-MG1000; Anima), and two simple psychomotor function tests were performed before anesthesia (baseline), and 150 and 210 min after the emergence from anesthesia. Results. Only the double-stance phase in the walking analysis test showed a significant difference between baseline and results at 150 min. None of the other variables showed any differences among results at baseline and at 150 and 210 min. Conclusion. The recovery times for dynamic balance and psychomotor function seem to be within 150 min after emergence from general anesthesia with sevoflurane in patients undergoing oral surgery of less than 2-h duration.
  • 神経難病患者の歯科治療時の管理
    亀倉更人, 渋谷真希子, 木村幸文, 藤澤俊明, 福島和昭 北海道歯学会雑誌 30 (1) 87 -95 2009年 [査読有り][通常論文]
  • Freeman-Sheldon症候群を有する患者の口蓋形成術に対する全身麻酔管理経験
    渋谷真希子, 藤澤俊明, 木村幸文, 亀倉更人, 福島和昭 日本歯科麻酔学会誌 36 (3) 283 -287 2008年 [査読有り][通常論文]
  • Toshiaki Fujisawa, Atsuro Yokoyama, Masumi Muramatsu, Yukifumi Kimura, Akihiro Kurozumi, Ichizo Kobayashi, Hidehiko Sano, Yasunori Totsuka, Kazuaki Fukushima Special Care in Dentistry 27 (5) 187 -190 2007年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Complete dentures were constructed after tooth extraction for a 71-year-old uncommunicative patient with Alzheimer's disease. Although she had never previously used them, her husband requested the fitting of complete maxillary and mandibular dentures. Thirteen teeth were extracted under local anesthesia and intravenous sedation (IVS), followed by impression-making under IVS. Denture fabrication and adjustment were carried out under mild physical restraint. A tissue conditioner was applied to the fitting surface of the denture base followed by regular denture adjustments. The time required for the patient to eat a meal decreased from 90 minutes without dentures to 30 minutes with dentures due to an improvement in swallowing. Important factors in the successful fitting and use of dentures in this patient were the use of IVS to control behavior during treatment, the treatment plan focused on painless denture use, and oral care by the patient's husband.
  • 「ミオパチー合併患者の歯科治療時の全身管理経験」
    『障害者歯科』 28 (2) 128 -133 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 骨芽細胞由来酵素に対する局所麻酔薬の作用
    木村幸文, 渋谷真希子, 小畑真, 鈴木邦明, 福島和昭 北海道歯学雑誌 28 (1) 18 -26 2007年 [査読有り][通常論文]
  • パニック障害患者に対する歯科治療時の全身管理経験ー30症例の統計的観察ー
    大船由理, 亀倉更人, 宮本江里子, 詫間滋, 渋谷真希子, 黒住章弘, 木村幸文, 藤澤俊明, 福島和昭 日本歯科麻酔学会誌 35 (5) 677 -684 2007年 [査読有り][通常論文]
  • ミオパチー合併症患者の歯科治療時の全身管理経験
    亀倉更人, 渋谷真希子, 木村幸文, 藤澤俊明, 福島和昭 障害者歯科 28 128 -133 2007年 [査読有り][通常論文]
  • General Management of Dental Patient with Myopathy
    28 (2) 128 -133 2007年 [査読無し][通常論文]
  • The effects of anesthetics on the enzymes derived from osteoblasts.
    Hokkaido Journal of Dental Science 28 (1) 18 -26 2007年 [査読無し][通常論文]
  • 亀倉更人, 木村幸文, 福島和昭 日有病歯誌 13 191 -196 2005年 [査読有り][通常論文]
  • 亀倉更人, 船津暁子, 詫間滋, 黒住章弘, 木村幸文, 飯田彰, 藤沢俊明, 福島和昭 日有病歯誌 13 (2) 65 -72 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 亀倉 更人, 木村 幸文, 福島 和昭 日有病歯誌 13 (3) 191 -196 2005年 [査読無し][通常論文]
  • 「顎矯正手術を行った知的障害者4症例の検討」
    『障害者歯科』 25 (2) 121 -126 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 亀倉更人, 船津暁子, 詫間滋, 黒住章弘, 木村幸文, 飯田彰, 藤沢俊明, 福島和昭 『有病者歯科医療』 13 (2) 65 -72 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 亀倉 更人, 木村 幸文, 福島 和昭 『有病者歯科医療』 13 (3) 191 -196 2004年 [査読無し][通常論文]
  • 「副腎白質ジストロフィー患者に対して歯科治療時に全身麻酔管理を行った1症例」
    渋谷真希子, 木村幸文, 舩津暁子, 詫間滋, 藤澤俊明, 福島和昭 『日本歯科麻酔学会雑誌』 31 (2) 145 -150 2003年 [査読無し][通常論文]
  • "Clinical study of anesthetic management during dental treatment during dental treatment of 25 patients with cardiomyopathy"
    Shibuya M, Kamekura N, Kimura Y, Fujisawa T, Fukushima K Spec Care Dentist 23 (6) 216 -222 2003年 [査読有り][通常論文]
  • Toshiaki Fujisawa, Shinobu Suzuki, Akihiro Kurozumi, Yukifumi Kimura, Akira Iida, Kazuaki Fukushima Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 14 (4) 209 -214 2002年 [査読有り][通常論文]
     
    Objective: The purpose of this study was to investigate the optimal dosage of intravenous midazolam for sedation in elderly patients and compare the amount of depression of respiratory function and skeletal muscle activity after obtaining similar sedation levels in younger patients. Patients and Methods: Fifteen elderly patients older than 65 years (group E) and 15 patients younger than 55 years (group Y) underwent oral surgery or dental treatment with or without local anaesthesia after intravenous administration of midazolam. Results: The optimal dose for the elderly patients was 62% that for the younger patients. The duration of depression of arterial oxygen saturation and vital capacity was more prolonged among patients in group E than in those in group Y. The number of patients whose grip strength value recovered 15 and 30 minutes after administration of midazolam was significantly smaller for group E than for group Y. Conclusion: These results suggest that elderly people should be carefully treated with attention to the decrease in skeletal muscle activity, including respiratory and upper airway muscles, when receiving intravenous sedation with midazolam.
  • 「北海道大学歯学部附属病院歯科麻酔科専門外来における診療の現状と問題点に関する検討ー歯科麻酔科開設後14年間における臨床統計ー」
    『有病者歯科医療』 10 (1) 62 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「当科における長時間麻酔症例の検討」
    『日本口腔科学会雑誌』 50 (6) 506 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「強皮症を合併した脳動静脈奇形患者の全身麻酔管理経験」
    『障害者歯科』 22 (4) 324 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「障害者に対して外科的咬合改善術を行った4症例の検討」
    『障害者歯科』 22 (4) 406 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 「心筋症患者25症例における歯科治療時全身管理の検討」
    『有病者歯科医療』 10 (1) 68 2001年 [査読無し][通常論文]
  • 亀倉更人, 田中啓介, 木村幸文, 福島和昭 『有病者歯科医療』 9 (2) 77 -83 2001年 [査読無し][通常論文]
  • "Evaluation of recovery from conscious sedation using dynamic balance test"
    Journal of Dental Research 80(special issue) 667 2001年 [査読無し][通常論文]
  • "Evaluation of recovery from conscious sedation using dynamic balance test"
    Journal of Dental Research 80(special issue) 667 2001年 [査読無し][通常論文]
  • T. Fujisawa, Y. Kimura, M. Hiura, A. Kurozumi, K. Fukushima Journal of Anesthesia 15 (2) 100 -103 2001年 [査読無し][通常論文]
  • フェリプレシンが虚血心の心筋酸素需給バランスに及ぼす影響
    北川栄二, 黒住章弘, 田中啓介, 織田真由美, 木村幸文, 福島和昭 日歯麻誌 27 (2) 144 -150 1999年04月 [査読有り][通常論文]
  • 心室性頻拍を伴う心尖部肥大型心筋症患者に対する口腔外科手術時の麻酔経験
    田中啓介, 飯田彰, 黒住章弘, 木村幸文, 亀倉更人, 藤澤俊明, 福島和昭 『日本歯科麻酔学会雑誌』 27 (2) 174 -178 1999年 [査読有り][通常論文]
  • 肥大型心筋症拡張相患者に対する歯科治療時の全身管理経験
    渋谷真希子, 藤澤俊明, 鈴木忍, 木村幸文, 福島和昭 『日本歯科麻酔学会雑誌』 27 (2) 179 -183 1999年 [査読有り][通常論文]
  • 「Wilson病患者に対する抜歯時の全身麻酔管理経験」
    田中啓介, 亀倉更人, 寺本尚史, 木村幸文, 福島和昭 『日歯麻誌』 27 (3) 326 -331 1999年 [査読有り][通常論文]
  • 「Rubinstein-Taybi症候群患者に対する歯科治療時の麻酔管理経験」
    田中啓介, 藤澤俊明, 飯田彰, 織田真由美, 鈴木忍, 木村幸文, 福島和昭 『障歯誌』 20 (3) 288 -291 1999年 [査読有り][通常論文]
  • 全身麻酔中に悪性高熱症発症が疑われた精神分裂病患者の1例
    織田真由美, 亀倉更人, 渋谷真希子, 田中啓介, 飯田彰, 木村幸文, 北川栄二, 福島和昭 日本歯科麻酔学会雑誌 26 (2) 264 -270 1998年 [査読有り][通常論文]
  • "Influence of Minor Dental Surgery with and without Intravenous Sedation on Levels of Hormones Responsible for Volume Homeostasis in Elderly Hypertensive Patients."
    Fujisawa T, Iida A, Kimura Y, Kitagawa E, Kamekura N, Fukushima K Anesth Prog 45 (3) 103 -109 1998年 [査読有り][通常論文]
  • 「全身麻酔下歯科治療時にデスモプレシンによる低ナトリウム血症を生じた尿崩症患者の1例」
    『有病者歯科医療』 5 (2) 138 -143 1997年 [査読無し][通常論文]
  • Analytical study on the reasons for sudden postponement of general management or dental treatment in out-patient cases,
    Fujisawa T, Iida A, Suzuki S, Kimura Y, Kamekura N, Fukushima K Hokkaido Journal of Dental Science 18 (2) 134 -140 1997年 [査読有り][通常論文]
  • 「重症筋無力症患者に対する口腔外科手術のセボフルランによる麻酔経験」
    古賀瑞之, 亀倉更人, 熊谷倫恵, 黒住章弘, 木村幸文, 福島和昭 『日本歯科麻酔学会雑誌』 25 (5) 748 -752 1997年 [査読有り][通常論文]
  • 「希釈式自己血輸血施行下での低血圧麻酔が腎尿細管機能に及ぼす影響」
    古賀瑞之, 亀倉更人, 熊谷倫恵, 織田真由美, 田中啓介, 木村幸文, 飯田彰, 福島和昭 『日本歯科麻酔学会雑誌』 25 (3) 366 -371 1997年 [査読有り][通常論文]
  • 「左房粘液腫患者の抜歯における全身管理経験」
    藤澤俊明, 木村幸文, 織田真由美, 田中啓介, 鈴木忍, 古賀瑞之, 福島和昭 『日本歯科麻酔学会雑誌』 25 (2) 208 -214 1997年 [査読有り][通常論文]
  • 「歯科小手術の体液調節系ホルモンに及ぼす影響」
    藤澤俊明, 飯田彰, 木村幸文, 福島和昭 『日本歯科麻酔学会雑誌』 25 (5) 698 -705 1997年 [査読有り][通常論文]
  • 冠スパズム発作が頻発する患者の抜歯時の全身管理経験
    北川栄二, 江口克己, 熊谷倫恵, 木村幸文, 福島和昭 北海道歯誌 17 88 -92 1996年 [査読有り][通常論文]
  • 少量のミダゾラムにより過剰な鎮静を呈したSheehan症候群の1例
    北川栄二, 古賀瑞之, 木村幸文, 飯田彰, 藤澤俊明, 福島和昭 日歯麻誌 24 483 -488 1996年 [査読有り][通常論文]
  • 「北海道大学歯学部附属病院中央手術室における過去10年間の全身麻酔症例の検討」
    『北海道歯学雑誌』 17 325 -331 1996年 [査読無し][通常論文]
  • 「60%リドカインテープと低濃度笑気吸入併用による静脈穿刺時の除痛効果に関する研究」
    藤澤俊明, 田中啓介, 織田真由美, 木村幸文, 福島和昭 『北海道歯学雑誌』 17 332 -337 1996年 [査読有り][通常論文]
  • 歯科用局所麻酔薬アレルギーが疑われ当科を受診した症例の検討
    亀倉更人, 木村幸文, 北川栄二, 藤澤俊明, 福島和昭 北海道歯誌 16 82 -89 1995年 [査読有り][通常論文]
  • 在宅外来癌患者の疼痛管理の問題点と治療法
    木村幸文, 佐々木和夫, 笠井裕子, 辻永宏文, 荻野等 在宅癌治療 3 89 -93 1993年 [査読無し][招待有り]
  • 歯科口腔外科手術後の経皮的酸素飽和度(SpO2)低下因子に関する検討
    北川栄二, 飯田彰, 木村幸文, 熊谷倫恵, 中村光宏, 亀倉更人, 藤澤俊明, 福島和昭 日歯麻誌 21 (1) 138 -148 1993年 [査読有り][通常論文]
  • 北川栄二, 木村 幸文, 飯田彰 老年歯科医学 6 (1) 11 -18 1991年09月 [査読有り][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 骨芽細胞由来酵素に対する局所麻酔の作用
    研究期間 : 2004年
  • The effects of local anesthesics on the enzymes derived from osteoblasts
    研究期間 : 2004年
  • 歯科治療が循環器に及ぼす影響ならびに循環器疾患を有する患者の歯科治療時の周術期管理について

教育活動情報

主要な担当授業

  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科治療時の全身管理、全身麻酔、精神鎮静法、ペインクリニック
  • 歯科周術期管理学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 全身管理,有病者,精神鎮静法
  • 歯科周術期管理学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 全身管理,有病者,精神鎮静法
  • 歯科周術期管理学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 全身管理,有病者,高齢者,精神鎮静法,諸機能の回復
  • 歯科周術期管理学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 全身管理,有病者,高齢者,精神鎮静法,諸機能の回復
  • 歯科侵襲生体反応解析学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科侵襲,生体反応,全身管理
  • 歯科侵襲生体反応解析学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科侵襲,生体反応,全身管理
  • 歯科侵襲生体反応防御学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学研究科
    キーワード : 歯科侵襲,生体反応,全身管理
  • 歯科侵襲生体反応防御学研究Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 歯科侵襲,生体反応,全身管理
  • 歯科麻酔学
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 「全身麻酔」、「精神鎮静法」、「局所麻酔法」、「患者監視」、「歯科周術期管理」、「ペインクリニック」、「救命処置」
  • 歯科麻酔学臨床実習Ⅰ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 「局所麻酔法」、「局所麻酔時の偶発症対応」、「バイタルサイン」、「モニター」、「亜酸化窒素(笑気)吸入鎮静法」、「一次救命処置」、「BLS」
  • 歯科麻酔学臨床実習Ⅱ
    開講年度 : 2018年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : [歯科周術期管理]、[バイタルサイン]、[精神的・全身的管理]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.