櫻木 直也サクラギ ナオヤresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/06

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院
職名特任助教 
学位
医学博士(札幌医科大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/infsig/
科研費研究者番号

研究キーワード

自然免疫, パネト細胞, 抗菌ペプチド, 幹細胞ニッチ, 食品機能と腸上皮, 抗体医薬, 炎症性腸疾患, 生活習慣病

研究分野

農芸化学 / 食品科学
基礎医学 / 免疫学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
農芸化学 / 食品科学
基礎医学 / 免疫学

職歴

2013年
-
現在
北海道大学大学院 先端生命科学研究院 特任助教
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年
-
現在
北海道大学大学院 先端生命科学研究院 特任助教

学歴

2009年
札幌医科大学大学院医学研究科 分子医学研究部門 博士後期課程 修了
2003年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士後期課程 単位取得退学
1999年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士前期課程 修了
1997年
近畿大学農学部 卒業
学歴を全て表示する
学歴閉じる
2009年
札幌医科大学大学院医学研究科 分子医学研究部門 博士後期課程 修了
2003年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士後期課程 単位取得退学
1999年
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 博士前期課程 修了
1997年
近畿大学農学部 卒業

所属学協会

日本分子生物学会
日本癌学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本分子生物学会
日本癌学会

研究活動

論文

Aminopeptidase N (APN/CD13) as a target molecule for scirrhous gastric cancer.
Nohara S, Kato K, Fujiwara D, Sakuragi N, Yanagihara K, Iwanuma Y, Kajiyama Y.
Clin Res Hepatol gastroenterol 2016年
Paneth cell α-defensins and enteric microbiota in health and disease.
Nakamura K, Sakuragi N, Takakuwa A, Ayabe T.
Biosci Microbiota Food Health 2015年
A monoclonal antibody-based sandwich enzyme-linked immunosorbent assay for detection of secreted α-defensin.
Nakamura K, Sakuragi N, Ayabe T.
Anal Biochem 443(2) 124-131 2013年
Dictyostelium genes dysregulated in an O-glycosylation mutant identified by mRNA differential display.
Yoshida M, Sakuragi N, Tanesaka E, Sendai Y.
J Biotechnol Biomater 2(7) 152-157 2012年
Epigenetic modulation enhances the therapeutic effect of anti-IL-13R(alpha)2 antibody in human mesothelioma xenografts.
Takenouchi M, Hirai S, Sakuragi N, Yagita H, Hamada H, Kato K.
Clin Cancer Res 17(9) 2819-2829 2011年
Selective gene transfer into neurons via Na,K-ATPase beta1. Targeting gene transfer with monoclonal antibody and adenovirus vector.
Ishii K, Nakamura K, Kawaguchi S, Li R, Hirai S, Sakuragi N, Wada T, Kato K, Yamashita T, Hamada H.
J Gene Med 10(6) 597-609 2008年
Cleavage with phospholipase of the lipid anchor in the cell adhesion molecule, csA, from Dictyostelium discoideum.
Yoshida M, Sakuragi N, Kondo K, Tanesaka E.
Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol 143(2) 138-144 2006年
Functional analysis of a novel gene, DD3-3, from Dictyostelium discoideum.
Sakuragi N, Ogasawara N, Tanesaka E, Yoshida M.
Biochem Biophys Res Commun 331(4) 1201-1206 2005年
Analysis of a mod B mutant in Dictyostelium discoideum using mRNA differential display.
Yoshida M, Sendai Y, Sakuragi N, Hotta Y.
Plant Cell Physiol 41(2) 239-243 2000年
Structure and function of O-linked carbohydrates in the cell adhesion molecule, csA, from Dictyostelium discoideum.
Yoshida M, Tone S, Sakuragi N, Okumura T.
Glycocon J 14 7 1997年
論文を全て表示する
論文閉じる
Aminopeptidase N (APN/CD13) as a target molecule for scirrhous gastric cancer.
Nohara S, Kato K, Fujiwara D, Sakuragi N, Yanagihara K, Iwanuma Y, Kajiyama Y.
Clin Res Hepatol gastroenterol 2016年
Paneth cell α-defensins and enteric microbiota in health and disease.
Nakamura K, Sakuragi N, Takakuwa A, Ayabe T.
Biosci Microbiota Food Health 2015年
A monoclonal antibody-based sandwich enzyme-linked immunosorbent assay for detection of secreted α-defensin.
Nakamura K, Sakuragi N, Ayabe T.
Anal Biochem 443(2) 124-131 2013年
Dictyostelium genes dysregulated in an O-glycosylation mutant identified by mRNA differential display.
Yoshida M, Sakuragi N, Tanesaka E, Sendai Y.
J Biotechnol Biomater 2(7) 152-157 2012年
Epigenetic modulation enhances the therapeutic effect of anti-IL-13R(alpha)2 antibody in human mesothelioma xenografts.
Takenouchi M, Hirai S, Sakuragi N, Yagita H, Hamada H, Kato K.
Clin Cancer Res 17(9) 2819-2829 2011年
Selective gene transfer into neurons via Na,K-ATPase beta1. Targeting gene transfer with monoclonal antibody and adenovirus vector.
Ishii K, Nakamura K, Kawaguchi S, Li R, Hirai S, Sakuragi N, Wada T, Kato K, Yamashita T, Hamada H.
J Gene Med 10(6) 597-609 2008年
Cleavage with phospholipase of the lipid anchor in the cell adhesion molecule, csA, from Dictyostelium discoideum.
Yoshida M, Sakuragi N, Kondo K, Tanesaka E.
Comp Biochem Physiol B Biochem Mol Biol 143(2) 138-144 2006年
Functional analysis of a novel gene, DD3-3, from Dictyostelium discoideum.
Sakuragi N, Ogasawara N, Tanesaka E, Yoshida M.
Biochem Biophys Res Commun 331(4) 1201-1206 2005年
Analysis of a mod B mutant in Dictyostelium discoideum using mRNA differential display.
Yoshida M, Sendai Y, Sakuragi N, Hotta Y.
Plant Cell Physiol 41(2) 239-243 2000年
Structure and function of O-linked carbohydrates in the cell adhesion molecule, csA, from Dictyostelium discoideum.
Yoshida M, Tone S, Sakuragi N, Okumura T.
Glycocon J 14 7 1997年

書籍

診断と治療 Vol.104 No.2.
自然免疫による腸内細菌叢の制御と共生 疾病との接点
診断と治療社 2016年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
診断と治療 Vol.104 No.2.
自然免疫による腸内細菌叢の制御と共生 疾病との接点
診断と治療社 2016年

講演・口頭発表等

同位体顕微鏡で小腸の吸収機能を視る
櫻木直也
第6回 安定同位元素イメージング技術による産業イノベーション シンポジウム 2015年03月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
同位体顕微鏡で小腸の吸収機能を視る
櫻木直也
第6回 安定同位元素イメージング技術による産業イノベーション シンポジウム 2015年03月 

競争的資金等の研究課題

司令塔としてのパネト細胞ネットワークが解き明かす食品機能の新展開
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 櫻木 直也
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
司令塔としてのパネト細胞ネットワークが解き明かす食品機能の新展開
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 櫻木 直也

教育活動

主要な担当授業

生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令

その他

その他

タイトル : 科学コミュニケーション 「消化管体験ツアー」
内容 : ・「食と健康」に関する消化管の最新の研究成果を分かりやすく社会に伝える
アウトリーチ活動
2015年6月 北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点「親子で楽しむ科学体験」にて開催
                                      (北海道札幌市)
その他を全て表示する
その他閉じる
タイトル : 科学コミュニケーション 「消化管体験ツアー」
内容 : ・「食と健康」に関する消化管の最新の研究成果を分かりやすく社会に伝える
アウトリーチ活動
2015年6月 北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点「親子で楽しむ科学体験」にて開催
                                      (北海道札幌市)

ページトップへ