長田 直樹オサダ ナオキresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/11/02

基本情報

プロフィール

所属部署名
情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 バイオインフォマティクス講座
国際連携研究教育局
職名准教授 
学位
博士(理学)(東京大学)
メールアドレスnosadaist.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttps://sites.google.com/site/nosada17/
科研費研究者番号70416270
  • 分子生物学実験,集団遺伝学,バイオインフォマティクスなどの方法を用いて進化の問題に答えようと思っています.ヒトを含めた霊長類を中心に,ショウジョウバエや植物のデータも扱っています.興味がわけば何でもやります.

研究キーワード

遺伝子交流, 遺伝学, 進化, 霊長類, 生態学, 種分化, グノム, CXCL1, 翻訳, ゲノム進化, 偽遺伝子, ケモカイン, CXCL1L, カニクイザル, 再編, 遺伝子発現調節, 遺伝子重複

研究分野

生物科学 / 進化生物学
基礎生物学 / 生物多様性・分類
ゲノム科学 / 基礎ゲノム科学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
生物科学 / 進化生物学
基礎生物学 / 生物多様性・分類
ゲノム科学 / 基礎ゲノム科学

職歴

2017年09月
-
現在
北海道大学(准教授)
2015年04月
-
現在
北海道大学大学院 (准教授)
2012年05月
-
現在
放射線医科学総合研究所(客員研究員)
2010年01月
-
2015年03月
国立遺伝学研究所・総合研究大学院大学(助教)
2011年12月
-
2011年12月
台湾国立成功大学(客員助理教授)
2009年01月
-
2009年12月
台湾国立成功大学(兼任助理教授)
2005年04月
-
2009年12月
独立行政法人医薬基盤研究所(研究員)
2004年10月
-
2005年03月
国立感染症研究所(研究官)
2003年03月
-
2004年10月
シカゴ大学(リサーチアソシエイト)
2002年05月
-
2002年02月
東京大学(特別研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2017年09月
-
現在
北海道大学(准教授)
2015年04月
-
現在
北海道大学大学院 (准教授)
2012年05月
-
現在
放射線医科学総合研究所(客員研究員)
2010年01月
-
2015年03月
国立遺伝学研究所・総合研究大学院大学(助教)
2011年12月
-
2011年12月
台湾国立成功大学(客員助理教授)
2009年01月
-
2009年12月
台湾国立成功大学(兼任助理教授)
2005年04月
-
2009年12月
独立行政法人医薬基盤研究所(研究員)
2004年10月
-
2005年03月
国立感染症研究所(研究官)
2003年03月
-
2004年10月
シカゴ大学(リサーチアソシエイト)
2002年05月
-
2002年02月
東京大学(特別研究員)

学歴

1997年04月
-
2002年03月
東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻
1993年04月
-
1997年03月
東京大学 理学部 生物学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
1997年04月
-
2002年03月
東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻
1993年04月
-
1997年03月
東京大学 理学部 生物学科

所属学協会

生き物文化誌学会
日本バイオインフォマティクス学会
日本人類学会
日本分子生物学会
日本霊長類学会
日本進化学会
日本遺伝学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
生き物文化誌学会
日本バイオインフォマティクス学会
日本人類学会
日本分子生物学会
日本霊長類学会
日本進化学会
日本遺伝学会

研究活動

論文

Novel endogenous simian retroviral integrations in Vero cells: implications for quality control of a human vaccine cell substrate
Chisato Sakuma, Tsuyoshi Sekizuka, Makoto Kuroda, Fumio Kasai, Kyoko Saito, Masaki Ikeda, Toshiyuki Yamaji, Naoki Osada*, Kentaro Hanada*
Sci. Rep. 8 644-644 2018年01月
Development of genotyping method for functionally relevant variants of cytochromes P450 in cynomolgus macaques
Yasuhiro Uno*, Naoki Osada, Soichi Sakurai, Nobuhiro Shimozawa, Takeshi Iwata, Kazuho, Ikeo, Hiroshi Yamazaki
J. Vet. Pharm. Ther. 41 e30-e34 2018年01月
Comprehensive phylogenomic analysis reveals a novel cluster of simian endogenous retroviral sequences in Colobinae monkeys.
Masaki Ikeda, Kazuhiro Satomura, Tsuyoshi Sekizuka, Kentaro Hanada, Toshinori Endo, Naoki Osada
Am. J. Prim.  2018年
Ancient hybridization and admixture in macaques (genus Macaca) inferred from whole genome sequences.
Fan, Zhenxin, Anbo Zhou, Naoki Osada, Jianqiu Yu, Juan Jiang, Peng Li, Lianming Du, Lili Niu, Jiabo Deng, Huailiang Xu, Jinchuan Xing, Bisong Yue, Jing Li
Mol. Phyl. Evol. 127 376-387 2018年
Cis- and trans-regulatory effects on gene expression in a natural population of Drosophila melanogaster
Naoki Osada, Ryutaro Miyagi, Aya Takahashi
Genetics 206 2139-2148 2017年07月
A generalized linear model for decomposing genetic, parent-of-origin, and maternal effects on allele-specific gene expression
Yasuaki Takada, Ryutaro Miyagi, Toshinori Endo, Aya Takahashi, Naoki Osada
G3 Genes|Genetics|Genomics (7) 1-8 2017年05月
Translational repression of a splice variant of cynomolgus macaque CXCL1L by its C-terminal sequence
Hisayuki Nomiyama, Naoki Osada, Ichiro Takahashi, Keiji Terao, Kazuya Yamagata, Osamu Yoshie
J. Interferon Cytokine Res. (37) 129-138 2017年01月
Compensatory Evolution
Naoki Osada
Encyclopedia of Evolutionary Biology 1 329-333 2016年05月
An individual-based diploid model predicts limited conditions under which stochastic gene expression becomes advantageous
Tomotaka Matsumoto, Katsuhiko Mineta, Naoki Osada, Hitoshi Araki
Frontiers in Genetics 6 336 2015年11月
Complex patterns of cis-regulatory polymorphisms in ebony underlie standing pigmentation variation in Drosophila melanogaster
Ryutaro Miyagi, Noriyoshi Akiyama, Naoki Osada, Aya Takahashi
Molecular Ecology 24(23) 5829-5841 2015年11月
論文を全て表示する
論文閉じる
Novel endogenous simian retroviral integrations in Vero cells: implications for quality control of a human vaccine cell substrate
Chisato Sakuma, Tsuyoshi Sekizuka, Makoto Kuroda, Fumio Kasai, Kyoko Saito, Masaki Ikeda, Toshiyuki Yamaji, Naoki Osada*, Kentaro Hanada*
Sci. Rep. 8 644-644 2018年01月
Development of genotyping method for functionally relevant variants of cytochromes P450 in cynomolgus macaques
Yasuhiro Uno*, Naoki Osada, Soichi Sakurai, Nobuhiro Shimozawa, Takeshi Iwata, Kazuho, Ikeo, Hiroshi Yamazaki
J. Vet. Pharm. Ther. 41 e30-e34 2018年01月
Comprehensive phylogenomic analysis reveals a novel cluster of simian endogenous retroviral sequences in Colobinae monkeys.
Masaki Ikeda, Kazuhiro Satomura, Tsuyoshi Sekizuka, Kentaro Hanada, Toshinori Endo, Naoki Osada
Am. J. Prim.  2018年
Ancient hybridization and admixture in macaques (genus Macaca) inferred from whole genome sequences.
Fan, Zhenxin, Anbo Zhou, Naoki Osada, Jianqiu Yu, Juan Jiang, Peng Li, Lianming Du, Lili Niu, Jiabo Deng, Huailiang Xu, Jinchuan Xing, Bisong Yue, Jing Li
Mol. Phyl. Evol. 127 376-387 2018年
Cis- and trans-regulatory effects on gene expression in a natural population of Drosophila melanogaster
Naoki Osada, Ryutaro Miyagi, Aya Takahashi
Genetics 206 2139-2148 2017年07月
A generalized linear model for decomposing genetic, parent-of-origin, and maternal effects on allele-specific gene expression
Yasuaki Takada, Ryutaro Miyagi, Toshinori Endo, Aya Takahashi, Naoki Osada
G3 Genes|Genetics|Genomics (7) 1-8 2017年05月
Translational repression of a splice variant of cynomolgus macaque CXCL1L by its C-terminal sequence
Hisayuki Nomiyama, Naoki Osada, Ichiro Takahashi, Keiji Terao, Kazuya Yamagata, Osamu Yoshie
J. Interferon Cytokine Res. (37) 129-138 2017年01月
Compensatory Evolution
Naoki Osada
Encyclopedia of Evolutionary Biology 1 329-333 2016年05月
An individual-based diploid model predicts limited conditions under which stochastic gene expression becomes advantageous
Tomotaka Matsumoto, Katsuhiko Mineta, Naoki Osada, Hitoshi Araki
Frontiers in Genetics 6 336 2015年11月
Complex patterns of cis-regulatory polymorphisms in ebony underlie standing pigmentation variation in Drosophila melanogaster
Ryutaro Miyagi, Noriyoshi Akiyama, Naoki Osada, Aya Takahashi
Molecular Ecology 24(23) 5829-5841 2015年11月
Genetic diversity in humans and non-human primates and its evolutionary consequences
Naoki Osada
Genes and Genetic Systems 90 135-145 2015年10月
CYP2D44 polymorphisms in cynomolgus and rhesus macaques
Yasuhiro Uno, Shotaro Uehara, Sakae Kohara, Naoki Osada, Norie Murayama, Hiroshi Yamazaki
Molecular Biology Reports 42(7) 1149-1155 2015年07月
Model-based verification of hypotheses on the origin of modern Japanese revisited by Bayesian inference based on genome-wide SNP data
Shigeki Nakagome, Takehiro Sato, Hajime Ishida, Tsunehiko Hanihara, Tetsutaro Yamaguchi, Ryosuke Kimura, Shuhei, Mano, Hiroki Oota
Molecular Biology and Evolution 32 1533-1543 2015年06月
Ecological genomics in Xanthomonas: the nature of genetic adaptation with homologous recombination and host shifts
Chao-Li Huang, Pei-Hua Pu, Hao-Jen Huang, Huang-Mo Sung, Hung-Jiun Liaw, Yi-Min Chen, Chien-Ming Chen, Ming-Ban Huang, Naoki Osada, Takashi Gojobori, Tun-Wen Pai, Yu-Tin Chen, Chi-Chuan Hwang, Tzen-Yuh Chiang
BMC Genomics 16 188-188 2015年03月
Population genetics of non-genetic traits: evolutionary roles of stochasticity in gene expression
Katsuhiko Mineta, Tomotaka Matsumoto, Naoki Osada, Hitoshi Araki
Gene 562 16-21 2015年03月
Whole-genome sequencing of six Mauritian cynomolgus macaques (Macaca fascicularis) reveals a genome-wide pattern of polymorphisms under extreme population bottleneck
Naoki Osada, Nilmini Hettiarachchi, Isaac Adeyemi Babarinde, Naruya Saitou, Antoine Blancher
Genome Biology and Evolution 7 821-830 2015年03月
Adaptive divergence with gene flow in incipient speciation of Miscanthus floridulus/sinensis complex (Poaceae)
Chao-Li Huang, Chuan-Wen Ho, Yu-Chung Chiang, Yasumasa Shigemoto, Tsai-Wen Hsu, Chi-Chuan Hwang, Xue-Jun Ge, Charles Chen, Tai-Han Wu, Chang-Hung Chou, Hao-Jen Huang, Takashi Gojobori, Naoki Osada, Tzen-Yuh Chiang
The Plant Journal 80 834-847 2014年12月
The genome landscape of the African green monkey kidney-derived Vero cell line
Naoki Osada, Arihiro Kohara, Toshiyuki Yamaji, Noriko Hirayama, Fumio Kasai, Tsuyoshi Sekizuka, Makoto Kuroda, Kentaro Hanada
DNA research 21 673-683 2014年12月
Dopamine Receptor Genes and Evolutionary Differentiation in the Domestication of Fighting Cocks and Long-Crowing Chickens
Tomoyoshi Komiyama, Hisakazu Iwama, Naoki Osada, Yoji Nakamura, Hiroyuki Kobayashi, Yoshio Tateno, Takashi Gojobori
PLOS ONE 9 e101778 2014年08月
Extracting population genetics information from a diploid genome sequence
Naoki Osada
Frontiers in Ecology and Evolution 2 7 2014年04月
Prdm9 polymorphism unveils mouse evolutionary tracks
Hiromitsu Kono, Masaru Tamura, Naoki Osada, Hitoshi Suzuki, Kuniya Abe, Kazuo Moriwaki, Kunihiro Ohta, Toshihiko Shiroishi
DNA Research 2014年
Whole genome sequencing of Tibetan macaque (Macaca thibetana) provides new insight into the macaque evolutionary history.
Zhenxin Fan, Guang Zhao, Peng Li, Naoki Osada, Jinchuan Xing, Yong Yi, Lianming Du, Pedro Silva, Hongxing Wang, Ryuichi Sakate, Xiuyue Zhang, Huailiang Xu, Bisong Yue, Jing Li
Molecular Biology and Evolution 2014年
Finding the Factors of Reduced Genetic Diversity on X Chromosomes of Macaca fascicularis: Male-Driven Evolution, Demography, and Natural Selection
Naoki Osada, Shigeki Nakagome, Shuhei Mano, Yosuke Kameoka, Ichiro Takahashi, Keiji Terao
Genetics 195(3) 1027-1035 2013年11月
Systematic classification of vertebrate chemokines based on conserved synteny and evolutionary history
Hisayuki Nomiyama, Naoki Osada, Osamu Yoshie
Genes to Cells 18(1) 1-16 2013年01月
Weak selection and protein evolution
Hiroshi Akashi, Naoki Osada, Tomoko Ohta
Genetics 192 15-31 2012年10月
Whole-genome sequencing and analysis of the Malaysian cynomolgus macaque (Macaca fascicularis) genome
Atsunori Higashino, Ryuichi Sakate, Yosuke Kameoka, Ichiro Takahashi, Makoto Hirata, Reiko Tanuma, Tohru Masui, Yasuhiro Yasutomi, Naoki Osada
Genome Biology 13 R58 2012年07月
Footprints of natural and artificial selection for photoperiod pathway genes in Oryza
Chao-Li Huang, Cheng-Yu Hung, Yu-Chung Chiang, Chi-Chuan Hwang, Tsai-Wen Hsu, Chi-Chun Huang, Kuo-Hsiang Hung, Kun-Chan Tsai, Kuo-Hsiung Wang, Naoki Osada, Barbara A. Schaal, Tzen-Yuh Chiang
The Plant Journal 70(5) 769-782 2012年06月
Evolutionary rates of commonly used nuclear and organelle markers of Arabidopsis relatives (Brassicaceae)
Chi-Chun Huan, Kuo-Hsiang Hung, Wei-Kuang Wang, Chao-Li Huang, Tsai-Wen Hsu, Naoki Osada, Chi-Chuan Hwang, Tzen-Yuh Chiang
Gene 499(1) 194 2012年05月
Mitochondrial-nuclear interactions and accelerated compensatory evolution: Evidence from the primate cytochrome c oxidase complex
Naoki Osada, Hiroshi Akashi
Molecular Biology and Evolution 29(1) 337-346 2012年01月
CpG site degeneration triggered by the loss of functional constraint created a highly polymorphic macaque drug-metabolizing gene, CYP1A2
Yasuhiro Uno, Naoki Osada
BMC Evolutionary Biology 11 283-283 2011年10月
Phylogenetic inconsistency caused by ancient sex-biased migration
Naoki Osada
PLoS ONE 6(9) e25549-e25549 2011年09月
Novel DNA sequence isolated from blood donors with high transaminase levels
Koei Sato, Akiko Iwata-Takamura, Naoki Osada, Yoshikawa Akira, Yuji Hoshi, Keiko Miyakawa, Yuko Gotanda, Masahiro Satake, Kenji Tadokoro, Hideaki Mizoguchi
Hepatology Research 41(10) 971-981 2011年
Characterization of MHC class I transcripts of a Malaysian cynomolgus macaque by high throughput pyrosequencing and EST libraries
Alice Aarnink, Pol-André Apoil, Ichiro Takahashi, Naoki Osada, Antoine Blancher
Immunogenetics  63(11) 703-713 2011年
Population genetics in non-model organisms: II. Natural selection in marginal habitats revealed by deep sequencing on dual platforms
Renchao Zhou, Shaoping Ling, Wenming Zhao, Naoki Osada, Sufang Chen, Meng Zhang, Hua Bao, Cairong Zhong, Bing Zhang, Xuemei Lu, David Turissini, Norman C. Duke, Jian Lu, Suhua Shi, Chung-I Wu
Molecular Biology and Evolution 2011年
A family tree of vertebrate chemokine receptors for a unified nomenclature.
Hisayuki Nomiyama, Naoki Osada, Osamu Yoshie.
Dev. Comp. Immunol. 35(7) 705-715 2011年
Multilocus analysis of genetic divergence between outcrossing Arabidopsis species: evidence of genome-wide admixture.
Wang WK, Ho CW, Hung KH, Wang KH, Huang CC, Araki H, Hwang CC, Hsu TW, Osada N, Chiang TY
The New phytologist 188(2) 488-500 2010年10月
The evolution of mammalian chemokine genes.
Nomiyama H, Osada N, Yoshie O
Cytokine & growth factor reviews 21(4) 253-262 2010年08月
Ancient genome-wide admixture extends beyond the current hybrid zone between Macaca fascicularis and M. mulatta.
Osada N, Uno Y, Mineta K, Kameoka Y, Takahashi I, Terao K
Molecular ecology 19 2884-2895 2010年07月
Genetic variants of CYP3A4 and CYP3A5 in cynomolgus and rhesus macaques.
Uno Y, Matsushita A, Osada N, Uehara S, Kohara S, Nagata R, Fukuzaki K, Utoh M, Murayama N, Yamazaki H
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals 38(2) 209-214 2010年02月
Collection of Macaca fascicularis cDNAs derived from bone marrow, kidney, liver, pancreas, spleen, and thymus.
Osada N, Hirata M, Tanuma R, Suzuki Y, Sugano S, Terao K, Kusuda J, Kameoka Y, Hashimoto K, Takahashi I
BMC research notes 2 199 2009年09月
IL-10 is a negative regulatory factor of CAWS-vasculitis in CBA/J mice as assessed by comparison with Bruton's tyrosine kinase-deficient CBA/N mice.
Miura NN, Komai M, Adachi Y, Osada N, Kameoka Y, Suzuki K, Ohno N
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 183(5) 3417-3424 2009年09月
Development of an integrative database with 499 novel microsatellite markers for Macaca fascicularis.
Higashino A, Osada N, Suto Y, Hirata M, Kameoka Y, Takahashi I, Terao K
BMC genetics 10 24 2009年06月
Multiple duplication of the bucentaur gene family, which recruits the APE-like domain of retrotransposon: Identification of a novel homolog and distinct cellular expression.
Iwashita S, Nakashima K, Sasaki M, Osada N, Song SY
Gene 435(1-2) 88-95 2009年04月
Quantifying dominance and deleterious effect on human disease genes.
Osada N, Mano S, Gojobori J
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 106(3) 841-846 2009年01月
Duplication and gene conversion in the Drosophila melanogaster genome.
Osada N, Innan H
PLoS genetics 4 e1000305 2008年12月
Extensive expansion and diversification of the chemokine gene family in zebrafish: identification of a novel chemokine subfamily CX.
Nomiyama H, Hieshima K, Osada N, Kato-Unoki Y, Otsuka-Ono K, Takegawa S, Izawa T, Yoshizawa A, Kikuchi Y, Tanase S, Miura R, Kusuda J, Nakao M, Yoshie O
BMC genomics 9 222 2008年05月
Large-scale analysis of Macaca fascicularis transcripts and inference of genetic divergence between M. fascicularis and M. mulatta.
Osada N, Hashimoto K, Kameoka Y, Hirata M, Tanuma R, Uno Y, Inoue I, Hida M, Suzuki Y, Sugano S, Terao K, Kusuda J, Takahashi I
BMC genomics 9 90 2008年02月
Expressed sequence tags from cynomolgus monkey (Macaca fascicularis) liver: a systematic identification of drug-metabolizing enzymes.
Uno Y, Suzuki Y, Wakaguri H, Sakamoto Y, Sano H, Osada N, Hashimoto K, Sugano S, Inoue I
FEBS letters 582(2) 351-358 2008年01月
Inference of expression-dependent negative selection based on polymorphism and divergence in the human genome.
Osada N
Molecular biology and evolution 24(8) 1622-1626 2007年08月
Aberrant termination of reproduction-related TMEM30C transcripts in the hominoids.
Osada N, Hashimoto K, Hirai M, Kusuda J
Gene 392(1-2) 151-156 2007年05月
Rate of evolution in brain-expressed genes in humans and other primates.
Wang HY, Chien HC, Osada N, Hashimoto K, Sugano S, Gojobori T, Chou CK, Tsai SF, Wu CI, Shen CK
PLoS biology 5 e13 2007年02月
Identification of a novel CXCL1-like chemokine gene in macaques and its inactivation in hominids.
Nomiyama H, Otsuka-Ono K, Miura R, Osada N, Terao K, Yoshie O, Kusuda J
Journal of interferon & cytokine research : the official journal of the International Society for Interferon and Cytokine Research 27 32-37 2007年01月
Positive and negative regulation of adenovirus infection by CAR-like soluble protein, CLSP
Kenji Kawabata, Katsuhisa Tashiro, Fuminori Sakurai, Naoki Osada, Jun Kusuda, Takao Hayakawa, Kouichi Yamanishi, Hiroyuki Mizuguchi
Gene Ther. 14 1199-1207 2007年
Genomic inferences of the cis-regulatory nucleotide polymorphisms underlying gene expression differences between Drosophila melanogaster mating races.
Osada N, Kohn MH, Wu CI
Molecular biology and evolution 23(8) 1585-1591 2006年08月
A tandem gene duplication followed by recruitment of a retrotransposon created the paralogous bucentaur gene (bcntp97) in the ancestral ruminant.
Iwashita S, Ueno S, Nakashima K, Song SY, Ohshima K, Tanaka K, Endo H, Kimura J, Kurohmaru M, Fukuta K, David L, Osada N
Molecular biology and evolution 23 798-806 2006年04月
Substitution rate and structural divergence of 5'UTR evolution: comparative analysis between human and cynomolgus monkey cDNAs.
Osada N, Hirata M, Tanuma R, Kusuda J, Hida M, Suzuki Y, Sugano S, Gojobori T, Shen CK, Wu CI, Hashimoto K
Molecular biology and evolution 22 1976-1982 2005年10月
Evolution of sexual isolation during secondary contact: genotypic versus phenotypic changes in laboratory populations.
Alipaz JA, Fang S, Osada N, Wu CI
The American naturalist 165 420-428 2005年04月
Inferring the mode of speciation from genomic data: a study of the great apes.
Osada N, Wu CI
Genetics 169 259-264 2005年01月
A transposable element-mediated gene divergence that directly produces a novel type bovine Bcnt protein including the endonuclease domain of RTE-1.
Iwashita S, Osada N, Itoh T, Sezaki M, Oshima K, Hashimoto E, Kitagawa-Arita Y, Takahashi I, Masui T, Hashimoto K, Makalowski W
Molecular biology and evolution 20 1556-1563 2003年09月
Molecular cloning, genomic characterization and over-expression of a novel gene, XRRA1, identified from human colorectal cancer cell HCT116Clone2_XRR and macaque testis.
Mesak FM, Osada N, Hashimoto K, Liu QY, Ng CE
BMC genomics 4 32 2003年08月
Analysis of 5'-end sequences of chimpanzee cDNAs.
Sakate R, Osada N, Hida M, Sugano S, Hayasaka I, Shimohira N, Yanagi S, Suto Y, Hashimoto K, Hirai M
Genome research 13 1022-1026 2003年05月
Cynomolgus monkey testicular cDNAs for discovery of novel human genes in the human genome sequence.
Osada N, Hida M, Kusuda J, Tanuma R, Hirata M, Suto Y, Hirai M, Terao K, Sugano S, Hashimoto K
BMC genomics 3 36 2002年12月
Search for genes positively selected during primate evolution by 5'-end-sequence screening of cynomolgus monkey cDNAs.
Osada N, Kusuda J, Hirata M, Tanuma R, Hida M, Sugano S, Hirai M, Hashimoto K
Genomics 79 657-662 2002年05月
Prediction of unidentified human genes on the basis of sequence similarity to novel cDNAs from cynomolgus monkey brain.
Osada N, Hida M, Kusuda J, Tanuma R, Hirata M, Hirai M, Terao K, Suzuki Y, Sugano S, Hashimoto K
Genome biology 3 RESEARCH0006 2002年
Identification and characterization of the poteintial promoter regions of 1031 kinds of human genes
Yutaka Suzuki, Tatsuhiko Tsunoda, Jun Sese, Hirotoshi Taira, Junko Mizushima-Sugano, Hiroko Hata, Toshio Ota, Takao Isogai, Naoki Osada, Katsuyuki Hashimoto, Toshihiro Tanaka, Yusuke Nakamura, Akira Suyama, Yoshiyuki Sakai, Shinichi Morishita, Kousaku Okubo, Sumio Sugano
Genome Res. 11 677-684 2001年
Assignment of 118 novel cDNAs of cynomolgus monkey brain to human chromosomes
Naoki Osada, Munetomo Hida, Jun Kusuda, Reiko Tanuma, Kanako Iseki, Makoto Hirata, Yumiko Suto, Momoki Hirai, Keiji Terao, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano, Katsuyuki Hashimoto
Gene 275(1) 31-37 2001年
Sequence analysis, gene expression, and chromosomal assignment of mouse Borg4 and its human orthologue
Naoki Osada, Jun Kusuda, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano, Katsuyuki Hashimoto
J. Human Genet. 45(6) 374-377 2000年

書籍

ヒトは病気とともに進化した (シリーズ認知と文化)
太田 博樹, 長谷川 眞理子
勁草書房 2013年12月 ISBN : 4326199458
遺伝子図鑑
明石裕,長田直樹
悠書館 2013年10月 ISBN : 4903487792
Post-Genome Biology of Primates (Primatology Monographs)
Springer 2012年03月 ISBN : 4431540105
Handbook of human molecular evolution : [set]
Cooper David N. Dr, Kehrer-Sawatzki Hildegard, Dawkins Richard
John Wiley & Sons 2008年 ISBN : 9780470517468
書籍を全て表示する
書籍閉じる
ヒトは病気とともに進化した (シリーズ認知と文化)
太田 博樹, 長谷川 眞理子
勁草書房 2013年12月 ISBN : 4326199458
遺伝子図鑑
明石裕,長田直樹
悠書館 2013年10月 ISBN : 4903487792
Post-Genome Biology of Primates (Primatology Monographs)
Springer 2012年03月 ISBN : 4431540105
Handbook of human molecular evolution : [set]
Cooper David N. Dr, Kehrer-Sawatzki Hildegard, Dawkins Richard
John Wiley & Sons 2008年 ISBN : 9780470517468

講演・口頭発表等

旧世界ザルゲノムに存在する内在性サルレトロウィルス(SERV)配列の探索と分子系統解析
池田昌輝,里村和浩,関塚剛史,花田賢太郎,遠藤俊徳,長田直樹
第90回日本遺伝学会 2018年09月 
Dissecting genetic and epigenetic gene expression regulatory variations in diploid organisms
長田直樹
14th Japanese-German Frontiers of Science Symposium 2018年09月 
ゲノム進化解析ソフトウェアの使い方
長田直樹
第2回木村資生記念進化学セミナー 2018年09月 
集団遺伝学とゲノム進化学
長田直樹
第11回生物学基礎論研究会特別講演 2017年09月 
環境変動と集団サイズ変動の関係を考える
長田直樹
日本列島(ヤポネシア)人のゲノム歴史学 2017年08月 
Quantifying genetic and epigenetic control of gene expression in Drosophila and mice
長田直樹
The 5th international symposium “Frontier Science in Ecology, Genetics and Genomics” 2017年03月 
集団遺伝学データ解析
長田直樹
ゲノム多様性データの統計解析ワークショップ 2016年12月 
Genomics of non-human primates: application to biomedical studies
Naoki Osada
2016 HU/SNU joint symposium 2016年11月 
Population genomics of non-human primates: a case of Mauritian cynomolgus macaques (Macaca fascicularis)
Naoki Osada, Soichi Sakurai
5th Asian Primate Symposium 2016年10月 
An impact of population bottleneck on genomes: a case of Mauritian cynomolgus macaques (Macaca fascicularis)
Naoki Osada
13th Japanese-German Frontiers of Science Symposium 2016年10月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
旧世界ザルゲノムに存在する内在性サルレトロウィルス(SERV)配列の探索と分子系統解析
池田昌輝,里村和浩,関塚剛史,花田賢太郎,遠藤俊徳,長田直樹
第90回日本遺伝学会 2018年09月 
Dissecting genetic and epigenetic gene expression regulatory variations in diploid organisms
長田直樹
14th Japanese-German Frontiers of Science Symposium 2018年09月 
ゲノム進化解析ソフトウェアの使い方
長田直樹
第2回木村資生記念進化学セミナー 2018年09月 
集団遺伝学とゲノム進化学
長田直樹
第11回生物学基礎論研究会特別講演 2017年09月 
環境変動と集団サイズ変動の関係を考える
長田直樹
日本列島(ヤポネシア)人のゲノム歴史学 2017年08月 
Quantifying genetic and epigenetic control of gene expression in Drosophila and mice
長田直樹
The 5th international symposium “Frontier Science in Ecology, Genetics and Genomics” 2017年03月 
集団遺伝学データ解析
長田直樹
ゲノム多様性データの統計解析ワークショップ 2016年12月 
Genomics of non-human primates: application to biomedical studies
Naoki Osada
2016 HU/SNU joint symposium 2016年11月 
Population genomics of non-human primates: a case of Mauritian cynomolgus macaques (Macaca fascicularis)
Naoki Osada, Soichi Sakurai
5th Asian Primate Symposium 2016年10月 
An impact of population bottleneck on genomes: a case of Mauritian cynomolgus macaques (Macaca fascicularis)
Naoki Osada
13th Japanese-German Frontiers of Science Symposium 2016年10月 
集団遺伝学データ解析
長田直樹
ゲノム多様性データの統計解析ワークショップ 2015年12月 
Genetic architecture of gene expression variation in fruit flies
Naoki Osada
12th Japanese-German Frontiers of Science Symposium 2015年10月 
モーリシャス島産カニクイザルの全ゲノムシークエンス解析
長田直樹,Hettiarachchi Nilmini, Babarinde Isaac Adeyemi,斎藤成也,Blancher Antoine
第31回日本霊長類学会大会 2015年07月 
ボトルネックがゲノムに与える現象の解析:モーリシャス産カニクイザルを例に
長田直樹
遺伝研研究集会「ビッグデータ時代の分子進化」 2015年06月 
集団遺伝学データ解析:ABCのABC
長田直樹
ゲノム多様性データの統計解析ワークショップ 2014年12月 
Challenge of population genomics in non-model organisms
長田直樹
Frontiers in Genomic Research 2014年12月 
木村先生の研究に関連した、私の二つの研究トピック: 優性度による選択圧の違いと補完的進化
長田直樹
木村資生博士生誕90周年記念シンポジウム 2014年11月 
Compensatory Evolution
長田直樹
EvoDevo・PopGenの融合アプローチから明らかになる適応進化の新局面 2014年10月 
日本遺伝学会奨励賞受賞講演「ゲノム情報と進化理論の統合による進化機構の解明」
長田直樹
第86回日本遺伝学会大会 2014年09月 
Allele-specific gene expression among Drosophila melanogaster hybrid lines revealed abundant cis-regulatory mutations
長田直樹
国立遺伝学研究所研究会:ゲノム進化分野におけるビッグデータ情報解析の新展開 2014年03月 
Finding evidence for weak compensatory evolution
Naoki Osada, Hiroshi Akashi
SMBE Satellite Meeting/NIG International Workshop: The Causes of Genome Evolution 2014年03月 
帰無モデルとしての中立説と歴史推定
長田直樹
統計数理研究所研究集会:ゲノム多様性のデータ解析 2013年12月 
Dissecting regulatory mechanisms of transcriptome variation in Drosophila melanogaster
Naoki Osada
Seminar at Academia Sinica 2013年11月 
Dissecting regulatory mechanisms of transcriptome variation in Drosophila melanogaster
Naoki Osada
ISEGB2013 2013年11月 
霊長類のゲノム進化
長田直樹
日本人類学会大会 2013年11月 
キイロショウジョウバエにおける集団内でのcisおよびtrans遺伝子発現変異の定量
長田直樹,宮城竜太郎,高橋文
日本遺伝学会大会 2013年09月 
Finding the factors of reduced genetic diversity on X chromosomes of Macaca fascicularis
Naoki Osada, Shigeki Nakagome, Shuhei Mano, Yosuke Kameoka, Ichiro Takahashi, Keiji Terao
SMBE2013 2013年07月 
Finding evidence for weak compensatory evolution
長田直樹
NIG Collaborative Workshop: Evolution of Junk DNAs 2013年06月 
ヒトゲノムの進化における自然選択と遺伝的浮動の役割
長田直樹
インシリコ・メガバンク研究会 2013年05月 
Evolution of rice photoperiod genes
長田直樹
NIG collaborative research meeting: Evolutionary Genetics and Proteomics of Natural Resources in Asia 2013年02月 
Ecological and Evolutionary Genomics of non-model organisms in Asia
長田直樹
CKJ meeting: Genomics, Proteomics, and Bioinformatics with the Asian Perspective 2012年12月 
実験用霊長類のゲノムとその多様性
長田直樹
霊長類医科学研究フォーラム 2012年11月 
霊長類でのX染色体と常染色体との遺伝的多様性の比について
長田直樹
日本人類学会大会 2012年11月 
ゲノムの分岐パターンから探る-歴史,種分化,適応
長田直樹
みちのく進化生物セミナー 2012年10月 
Genetic diversity of humans and nonhuman primates and its evolutionary implications
Naoki Osada
Seminar at Academia Sinica 2012年09月 
Inference of population history from genomic data
Naoki Osada
Arabidopsis symposium 2012年09月 
ゲノム情報を用いた集団の歴史の推定:霊長類や植物の例
長田直樹
統計数理研究所研究集会:生物集団に関する遺伝データと集団遺伝学 2012年08月 
Compensatory Evolution between Mitochondrial and Nuclear Genomes
Naoki Osada
Okazaki Biological Conference 8 (OBC8) 2012年03月 
Inference of natural selection by stratifying individual genome sequences
長田直樹
国立遺伝学研究所研究会:ゲノム多様性研究における革新的な知的発見のための戦略~次世代シーケンサーを用いたゲノム多様性研究における今後の課題~ 2012年03月 
Genetic diversity and population history of macaque monkeys
Naoki Osada
Genomic Conservation and Diversity of Organisms: Beyond the NGS time of Life Science 2011年12月 
Inference of population history using a single genome data
長田直樹
日本分子生物学会年会 2011年12月 
多座位データを用いたゲノムヒストリーの推定
長田直樹
統計数理研究所共同利用重点型研究による研究集会:ゲノムの多様性,進化,疾患に関わる話題についての講演 2011年12月 
メタゲノム解析とその応用
長田直樹
メタゲノム解析を利用した下水道情報網基盤構築に関する研究集会 2011年11月 
機能喪失とCpGサイトの崩壊による旧世界ザルCYP1A2遺伝子の高い遺伝的多様性
長田直樹,宇野泰広
日本遺伝学会大会 2011年09月 
Compensatory evolution between mitochondrial and nuclear genomes: evidence from primate respiratory chain complex genes
Naoki Osada
SMBE2011 2011年07月 
Compensatory Evolution between Mitochondrial and Nuclear Genomes: Evidence from Primate Respiratory Chain Complex Genes
Naoki Osada
Seminar at National Taiwan University 2011年07月 
霊長類の中のヒト:ゲノム多様性の種間比較
長田直樹
遺伝研共同研究集会:ヒト形質のゲノム発掘による新しい進化人類学の創成 2011年07月 
ヒトの遺伝的多様性―進化生物学的視点から
長田直樹
日本赤十字第6回学術講演会 2011年06月 
Compensatory Evolution between Mitochondrial and Nuclear Genomes: Evidence from Primate Respiratory Chain Complex Genes
Naoki Osada
Seminar at National Cheng-Kung University 2011年03月 
人類集団における自然淘汰
長田直樹
現生人類の拡散による遺伝子と文化の多様性創出に関する総合的研究 2011年03月 
Genetic analysis using multi-locus DNA sequence data for ecology and evolution research
長田直樹
NIG Collaborative Research Meeting: Toward Next Generation Studies of Biodiversity and Bioresources 2010年11月 
ヒトの遺伝的多様性とゲノムにかかる自然選択について
長田直樹
遺伝研共同研究集会:個人ゲノム時代におけるヒトゲノムDNA多型研究 2010年11月 
ミトコンドリア・核遺伝子間の弱有害補完モデル:霊長類COX遺伝子群の進化を例に
長田直樹,明石裕
日本遺伝学会大会 2010年08月 
マルチローカスデータを用いた進化生態学研究について
長田直樹
日本進化学会大会 2010年08月 
Polymorphism, Divergence, and Speciation: Genomic Perspective
Naoki Osada
Seminar at National Cheng-Kung University 2010年03月 
実験用霊長類の種差・個体差について:ゲノム解析の視点から
長田直樹
日本薬学会大会融合型シンポジウム 2010年03月 
カニクイザルのトランスクリプトーム解析
長田直樹
国際生物多様性会議:霊長類のゲノム多様性研究 2010年03月 
進化生物学への次世代シークエンサーの応用について
長田直樹
国立遺伝学研究所研究集会:次世代シーケンサーを活用したゲノム多様性の研究 2010年01月 
カニクイザルcDNAライブラリーの解析とゲノム統合データベースの開発
長田直樹,平田誠,田沼玲子,亀岡洋祐,高橋一朗,東濃篤範,鈴木穣,菅野純夫,寺尾恵治,楠田潤,橋本雄之
日本分子生物学会年会 2009年12月 
有害な突然変異とその優性度の推定について:ヒト疾患遺伝子の解析
長田直樹
日本遺伝学会大会 2009年09月 
Ecological adaptation and speciation: genomic perspective
Naoki Osada
Eawag CEEB joint workshop: Beyond the gaps among ecology, evolution and biogeochemistry 2009年08月 
Analysis of gene duplication and conversion in the Drosophila melanogaster genome.
Naoki Osada, Hideki Innan
JSPS Japan-Germany International Colloquium 2009年03月 
Polymorphism, Divergence, and Speciation: Genomic Perspective
長田直樹
国立遺伝学研究所 Biological symposium 2009年03月 
カニクイザル骨髄・脾臓・膵臓由来cDNAライブラリーの解析
長田直樹,亀岡洋祐,平田誠,田沼玲子,鈴木穣,菅野純夫,高橋一朗
日本分子生物学会年会 2008年12月 
ヒトゲノム中の塩基置換多型と疾患関連遺伝子について
長田直樹
日本人類学会大会 2008年11月 
Deleterious Mutations and Human Diseases: Genomic Perspective
長田直樹
日本進化学会大会 2008年08月 
ヒト疾患とほぼ中立説
長田直樹
国立遺伝学研究所研究集会:中立進化論の現在 2008年07月 
実験用マカク間における遺伝的分化と交雑についてのゲノム解析
長田直樹,亀岡洋祐,高橋一朗,寺尾恵治
日本霊長類学会大会 2008年07月 
Pattern of genetic admixture and differentiation between Macaca fascicularis and M. mulatta genome
Naoki Osada, Yosuke Kameoka, Ichiro Takahashi, Keiji Terao
SMBE2008 2008年06月 
Primate speciation: genes and genome
Naoki Osada
Seminar at National Taiwan University 2008年05月 
Primate speciation: genes and genome
長田直樹
Seminar at National Cheng-Kung University 2008年05月 
カニクイザルcDNAライブラリーコレクションの拡充とその解析
長田直樹,橋本雄之,楠田潤,亀岡洋祐,田沼玲子,平田誠,高橋一朗
日本分子生物学会年会 2007年12月 
突然変異にかかる淘汰圧と遺伝子発現の関係について
長田直樹
北海道大学バイオインフォマティクスセミナー 2007年10月 
ヒトゲノム中での遺伝子発現パターンと淘汰圧との関係について
長田直樹
日本遺伝学会大会 2007年09月 
遺伝子配列と発現パターンから見た霊長類進化
長田直樹
京都大学霊長類研究所共同利用プログラム/京都大学グローバルCOEプログラム:霊長類ゲノムと脳・感覚研究の最前線 2007年07月 
カニクイザル由来cDNAデータベースの構築,アカゲザルとの比較解析
長田直樹,橋本雄之,平田誠,田沼玲子,亀岡洋祐,楠田潤,寺尾恵治,高橋一朗
日本霊長類学会大会 2007年07月 
高等霊長類でのTMEM30C遺伝子転写の進化
長田直樹
日本進化学会大会 2006年08月 
Collection and analysis of primate disease-related homologs
Naoki Osada, Reiko Tanuma, Makoto Hirata, Ichirou Takahashi, Yousuke Kameoka, Katsuyuki Hashimoto, Jun Kusuda
20th International congress of biochemistry and molecular biology and 11th FAOBMB congress 2006年06月 
Divergence between human and macaque beyond the protein evolution
Naoki Osada, Katsuyuki Hashimoto, Reiko Tanuma, Makoto Hirata, Jun Kusuda
Human Genome Meeting 2006 2006年05月 
カニクイザルcDNAの解析とデータベース構築
長田直樹,平田誠,田沼玲子,高橋一朗,亀岡洋祐,橋本雄之,楠田潤
日本分子生物学会年会 2005年12月 
カニクイザルcDNAデータベースの紹介と応用: ミトコンドリア蛋白で起こった正の淘汰
長田直樹
日本遺伝学会大会 2005年09月 
ゲノムレベルでわかる霊長類進化
長田直樹
遺伝研生命情報センターCIBセミナー 2005年06月 
Cynomolgus monkey cDNA libraries: Rate and Pattern of 5’UTR evolution in primates
Naoki Osada, Makoto Hirata, Reiko Tanuma, Jun Kusuda, Katsuyuki Hashimoto
Human Genome Meeting 2005 2005年04月 
Rate and pattern of 5’ UTR evolution: comparative analysis between human and cynomolgus monkey
Naoki Osada, Makoto Hirata, Jun Kusuda, Reiko Tanuma, Katsuyuki Hashimoto
International Workshop on Encoding Information in DNA Sequences 2005年02月 
Gene expression of Drosophila melanogaster head with sexual isolation - cis-associated difference and pattern of sex, virginity and genotype
長田直樹, Kohn Michael, Greenberg Anthony, Shapiro Joshua, Wu Chung-I
日本分子生物学会年会 2004年12月 
Testing the mode of speciation with genomic data
Naoki Osada, Chung-I Wu
Keystone symposia, Natural variation and quantitative genetics in model organism 2004年03月 
カニクイザル脳cDNAを利用したヒトゲノム配列からのヒト新規遺伝子予測
長田直樹長田直樹,肥田宗友,楠田潤,田沼玲子,平田誠,平井百樹,橋本雄之
2002年12月 
Identification of human homologs for novel cynomolgus monkey cDNAs
Naoki Osada
Gordon Research Conference: GENOMICS & STRUCTURAL/EVOLUTIONARY BIOINFORMATICS 2002年08月 
カニクイザル完全長cDNAの分離ーヒトゲノム配列での新規ヒト遺伝子同定および既知ヒト遺伝子との配列比較
長田直樹
哺乳動物遺伝学研究会 2002年06月 
カニクイザル脳由来完全長cDNAライブラリーからの新規遺伝子の探索及び解析
長田直樹,肥田宗友,楠田潤,田沼玲子,伊関可奈子,平田誠,平井百樹,数藤由美子,橋本雄之
日本人類学会大会 2001年08月 
カニクイザル脳由来完全長cDNAライブラリーの解析と新規遺伝子の探索
長田直樹,肥田宗友,楠田潤,田沼玲子,伊関可奈子,平田誠,平井百樹,数藤由美子,橋本雄之
日本分子生物学会年会 2000年11月 
CpGアイランドを指標にしたマウス脳由来新規完全長cDNAクローンの分離
田直樹,楠田潤,田沼玲子,伊藤亜紀子,平田誠,平井百樹,橋本雄之
日本分子生物学会年会 1999年11月 
ヒト第11番染色体末端領域におけるDNA複製タイミングの解析
長田直樹,笠井文生,伊関可奈子,楠田潤,橋本雄之
日本分子生物学会年会 1998年11月 
染色体DNA複製タイミングのヒトと近縁霊長類における比較-FISH法による解析
長田直樹,笠井文生,寺尾恵治,森祐介,早坂郁夫
日本人類学会大会 1998年09月 
FISH法を利用したDNA複製タイミングの解析
長田直樹,平井百樹
日本人類学会大会 1997年11月 
進化生物学への次世代シークエンサーの応用について
長田直樹
国立遺伝学研究所研究集会:次世代シーケンサーを活用したゲノム多様性の研究 
Population Genetics of Non-human Primates: How Are We Diverse?
Naoki Osada
International Primatological Society Congress 

受賞

2014年09月
日本遺伝学会 日本遺伝学会奨励賞 ゲノム情報と進化理論の統合による進化機構の解明 
2007年10月
日本遺伝学会 ベストペーパー賞 On the correlation between gene expression pattern and selection intensity in the human genome 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2014年09月
日本遺伝学会 日本遺伝学会奨励賞 ゲノム情報と進化理論の統合による進化機構の解明 
2007年10月
日本遺伝学会 ベストペーパー賞 On the correlation between gene expression pattern and selection intensity in the human genome 

競争的資金等の研究課題

霊長類ゲノムをモデルとした塩基配列進化の総合的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2014年04月 - 2016年03月 代表者 : 斎藤成也
補完的分子進化に関する理論的・実験的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年04月 - 2016年03月 代表者 : 長田直樹
次世代シークエンサーを用いた人工・自然雑種の遺伝子発現ネットワーク解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2010年 - 2013年 代表者 : 長田直樹
動物資源の安定供給に向けた繁殖および品質管理技術の高度化に関する研究
厚生労働省:生物資源研究事業
研究期間 : 2007年05月 - 2010年03月 代表者 : 寺尾恵治
実験用霊長類(マカク属)における種内および種間の遺伝的多様性に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 長田直樹
ケモカインファミリー遺伝子の「生と死」と新規機能獲得に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 野見山尚之
ゲノム配列を核としたヤポネシア人の起源と成立の解明
文部科学省:新学術領域(研究領域提案型)
研究期間 : 2018年06月 代表者 : 斎藤成也
ヤポネシア人の人口推定を中心とした巨大データ解析
文部科学省:新学術領域(研究領域提案型)
研究期間 : 2018年06月 代表者 : 長田直樹
体色の多様化が生む脳遺伝子の発現変化と性行動不適合性の解析
文部科学省:新学術領域研究
研究期間 : 2011年04月 代表者 : 高橋 文
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
霊長類ゲノムをモデルとした塩基配列進化の総合的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間 : 2014年04月 - 2016年03月 代表者 : 斎藤成也
補完的分子進化に関する理論的・実験的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年04月 - 2016年03月 代表者 : 長田直樹
次世代シークエンサーを用いた人工・自然雑種の遺伝子発現ネットワーク解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2010年 - 2013年 代表者 : 長田直樹
動物資源の安定供給に向けた繁殖および品質管理技術の高度化に関する研究
厚生労働省:生物資源研究事業
研究期間 : 2007年05月 - 2010年03月 代表者 : 寺尾恵治
実験用霊長類(マカク属)における種内および種間の遺伝的多様性に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 長田直樹
ケモカインファミリー遺伝子の「生と死」と新規機能獲得に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2007年 - 2008年 代表者 : 野見山尚之
ゲノム配列を核としたヤポネシア人の起源と成立の解明
文部科学省:新学術領域(研究領域提案型)
研究期間 : 2018年06月 代表者 : 斎藤成也
ヤポネシア人の人口推定を中心とした巨大データ解析
文部科学省:新学術領域(研究領域提案型)
研究期間 : 2018年06月 代表者 : 長田直樹
体色の多様化が生む脳遺伝子の発現変化と性行動不適合性の解析
文部科学省:新学術領域研究
研究期間 : 2011年04月 代表者 : 高橋 文

教育活動

主要な担当授業

バイオエンジニアリング特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 情報科学研究科
キーワード : 遺伝情報, genetic information, バイオインフォマティクス, bioinformatics, イメージング, imaging, 生体医工学, biomedical engineering, 細胞力学, cell mechanics
情報生物学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 情報科学研究科
キーワード : バイオインフォマティクス、遺伝子とタンパク質、分子進化、遺伝子発現情報、生物学データベース
構造バイオインフォマティクス特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 情報科学研究科
キーワード : バイオインフォマティクス、遺伝子とタンパク質、分子進化、遺伝子発現情報、生物学データベース
生命情報解析学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 遺伝子,ゲノム,DNA,タンパク質,進化,データベース
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
バイオエンジニアリング特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 情報科学研究科
キーワード : 遺伝情報, genetic information, バイオインフォマティクス, bioinformatics, イメージング, imaging, 生体医工学, biomedical engineering, 細胞力学, cell mechanics
情報生物学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 情報科学研究科
キーワード : バイオインフォマティクス、遺伝子とタンパク質、分子進化、遺伝子発現情報、生物学データベース
構造バイオインフォマティクス特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 情報科学研究科
キーワード : バイオインフォマティクス、遺伝子とタンパク質、分子進化、遺伝子発現情報、生物学データベース
生命情報解析学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 遺伝子,ゲノム,DNA,タンパク質,進化,データベース

社会貢献

委員歴

2016年01月
-
現在
日本進化学会 評議員
2018年06月
-
2019年03月
原子力規制庁 「染色体線量評価手法の標準化に向けた画像解析技術に係る検討会」委員
2017年01月
-
2018年12月
日本遺伝学会 評議員
2015年10月
-
2018年10月
先端科学シンポジウム(FoS)シンポジウム事業委員会 プラニンググループメンバー(PGM)
2016年01月
-
2018年08月
日本進化学会 渉外幹事(国内)
2017年
-
2017年
バイオインフォマティクス学会 2017運営委員
2014年01月
-
2015年12月
日本進化学会 庶務幹事
2015年10月
-
2015年10月
第12回日独先端科学シンポジウム(JGFoS) 研究参加者
2011年07月
-
2015年07月
日本霊長類学会 自然保護幹事
2011年
-
2011年
国際分子進化学会(SMBE2011) Program Committee
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2016年01月
-
現在
日本進化学会 評議員
2018年06月
-
2019年03月
原子力規制庁 「染色体線量評価手法の標準化に向けた画像解析技術に係る検討会」委員
2017年01月
-
2018年12月
日本遺伝学会 評議員
2015年10月
-
2018年10月
先端科学シンポジウム(FoS)シンポジウム事業委員会 プラニンググループメンバー(PGM)
2016年01月
-
2018年08月
日本進化学会 渉外幹事(国内)
2017年
-
2017年
バイオインフォマティクス学会 2017運営委員
2014年01月
-
2015年12月
日本進化学会 庶務幹事
2015年10月
-
2015年10月
第12回日独先端科学シンポジウム(JGFoS) 研究参加者
2011年07月
-
2015年07月
日本霊長類学会 自然保護幹事
2011年
-
2011年
国際分子進化学会(SMBE2011) Program Committee
2010年
-
2010年
国際霊長類学会会議(IPS2010) Scientific Committee

ページトップへ