山口 淳二ヤマグチ ジユンジresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
理学研究院 生物科学部門 形態機能学分野
職名教授 
学位
農学博士(名古屋大学)
メールアドレスjjyamasci.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://www.sci.hokudai.ac.jp/CSF2-web/
科研費研究者番号

研究キーワード

環境適応, プロテオミクス, 免疫, 代謝, 二酸化炭素, バイオマス, タンパク質分解, ユビキチンリガーゼ, 植物

研究分野

基礎生物学 / 植物分子・生理科学
境界農学 / 応用分子細胞生物学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎生物学 / 植物分子・生理科学
境界農学 / 応用分子細胞生物学

職歴

2014年04月
-
現在
北海道大学(副学長)
2014年04月
-
現在
北海道大学(長)
2009年04月
-
現在
北海道大学大学院理学研究院(教授)
2010年09月
-
2013年03月
北海道大学高等教育推進機構(副機構長・総合教育部長)
2003年04月
-
2009年05月
科学技術振興調整費(研究領域主管(プログラムオフィサー))
2006年04月
-
2009年03月
北海道大学大学院先端生命科学研究院(教授)
2001年04月
-
2006年03月
北海道大学大学院理学研究科生物科学専攻(生物学)(教授)
1995年02月
-
2001年03月
名古屋大学生物分子応答研究センター(助教授)
1987年10月
-
1995年01月
名古屋大学農学部(助手)
1986年10月
-
1987年09月
日本学術振興会(海外特別研究員(米国ロックフェラー大学留学))
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2014年04月
-
現在
北海道大学(副学長)
2014年04月
-
現在
北海道大学(長)
2009年04月
-
現在
北海道大学大学院理学研究院(教授)
2010年09月
-
2013年03月
北海道大学高等教育推進機構(副機構長・総合教育部長)
2003年04月
-
2009年05月
科学技術振興調整費(研究領域主管(プログラムオフィサー))
2006年04月
-
2009年03月
北海道大学大学院先端生命科学研究院(教授)
2001年04月
-
2006年03月
北海道大学大学院理学研究科生物科学専攻(生物学)(教授)
1995年02月
-
2001年03月
名古屋大学生物分子応答研究センター(助教授)
1987年10月
-
1995年01月
名古屋大学農学部(助手)
1986年10月
-
1987年09月
日本学術振興会(海外特別研究員(米国ロックフェラー大学留学))
1985年10月
-
1986年09月
日本学術振興会(特別研究員)
1982年04月
-
1985年03月
名古屋大学大学院農学研究科(博士課程後期修了)

所属学協会

日本植物生理学会
American Society of Plant Biologists
日本植物化学調節学会
日本応用糖質学会
日本育種学会
植物細胞分子生物学会
日本植物学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本植物生理学会
American Society of Plant Biologists
日本植物化学調節学会
日本応用糖質学会
日本育種学会
植物細胞分子生物学会
日本植物学会

研究活動

論文

ABI1 regulates carbon/nitrogen-nutrient signal transduction independent of ABA biosynthesis and canonical ABA signalling pathways in Arabidopsis.
Lu Y, Sasaki Y, Li X, Mori IC, Matsuura T, Hirayama T, Sato T, Yamaguchi J
Journal of experimental botany 66(9) 2763-2771 2015年05月
AtCCR4a and AtCCR4b are Involved in Determining the Poly(A) Length of Granule-bound starch synthase 1 Transcript and Modulating Sucrose and Starch Metabolism in Arabidopsis thaliana.
Suzuki Y, Arae T, Green PJ, Yamaguchi J, Chiba Y
Plant & cell physiology 56(5) 863-874 2015年05月
The Arabidopsis ubiquitin ligase ATL31 is transcriptionally controlled by WRKY33 transcription factor in response to pathogen attack.
Huarancca Reyes T, Maekawa S, Sato T, Yamaguchi J
Plant Biotechnology 32 11-19 2015年01月
Pale-green phenotype of atl31atl6 double mutant leaves is caused by disruption of 5-aminolevulinic acid biosynthesis in Arabidopsis thaliana.
Maekawa S, Takabayashi A, Huarancca Reyes T, Yamamoto H, Tanaka A, Sato T, Yamaguchi J
PloS one 10(2) e0117662 2015年
Proteomic analysis of the 26S proteasome reveals its direct interaction with transit peptides of plastid protein precursors for their degradation.
Sako K, Yanagawa Y, Kanai T, Sato T, Seki M, Fujiwara M, Fukao Y, Yamaguchi J
Journal of proteome research 13(7) 3223-3230 2014年07月
Phosphorylation of Arabidopsis ubiquitin ligase ATL31 is critical for plant carbon/nitrogen nutrient balance response and controls the stability of 14-3-3 proteins.
Yasuda S, Sato T, Maekawa S, Aoyama S, Fukao Y, Yamaguchi J
The Journal of biological chemistry 289(22) 15179-15193 2014年05月
The carbon/nitrogen regulator ARABIDOPSIS TOXICOS EN LEVADURA31 controls papilla formation in response to powdery mildew fungi penetration by interacting with SYNTAXIN OF PLANTS121 in Arabidopsis.
Maekawa S, Inada N, Yasuda S, Fukao Y, Fujiwara M, Sato T, Yamaguchi J
Plant physiology 164(2) 879-887 2014年02月
Ubiquitin ligase ATL31 functions in leaf senescence in response to the balance between atmospheric CO2 and nitrogen availability in Arabidopsis.
Aoyama S, Huarancca Reyes T, Guglielminetti L, Lu Y, Morita Y, Sato T, Yamaguchi J
Plant & cell physiology 55(2) 293-305 2014年02月
Regulation of senescence under elevated atmospheric CO₂ via ubiquitin modification.
Aoyama S, Lu Y, Yamaguchi J, Sato T
Plant signaling & behavior 9(5) e28839 2014年
Assay for proteasome-dependent protein degradation and ubiquitinated proteins.
Sato T, Sako K, Yamaguchi J
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1072 655-663 2014年
論文を全て表示する
論文閉じる
ABI1 regulates carbon/nitrogen-nutrient signal transduction independent of ABA biosynthesis and canonical ABA signalling pathways in Arabidopsis.
Lu Y, Sasaki Y, Li X, Mori IC, Matsuura T, Hirayama T, Sato T, Yamaguchi J
Journal of experimental botany 66(9) 2763-2771 2015年05月
AtCCR4a and AtCCR4b are Involved in Determining the Poly(A) Length of Granule-bound starch synthase 1 Transcript and Modulating Sucrose and Starch Metabolism in Arabidopsis thaliana.
Suzuki Y, Arae T, Green PJ, Yamaguchi J, Chiba Y
Plant & cell physiology 56(5) 863-874 2015年05月
The Arabidopsis ubiquitin ligase ATL31 is transcriptionally controlled by WRKY33 transcription factor in response to pathogen attack.
Huarancca Reyes T, Maekawa S, Sato T, Yamaguchi J
Plant Biotechnology 32 11-19 2015年01月
Pale-green phenotype of atl31atl6 double mutant leaves is caused by disruption of 5-aminolevulinic acid biosynthesis in Arabidopsis thaliana.
Maekawa S, Takabayashi A, Huarancca Reyes T, Yamamoto H, Tanaka A, Sato T, Yamaguchi J
PloS one 10(2) e0117662 2015年
Proteomic analysis of the 26S proteasome reveals its direct interaction with transit peptides of plastid protein precursors for their degradation.
Sako K, Yanagawa Y, Kanai T, Sato T, Seki M, Fujiwara M, Fukao Y, Yamaguchi J
Journal of proteome research 13(7) 3223-3230 2014年07月
Phosphorylation of Arabidopsis ubiquitin ligase ATL31 is critical for plant carbon/nitrogen nutrient balance response and controls the stability of 14-3-3 proteins.
Yasuda S, Sato T, Maekawa S, Aoyama S, Fukao Y, Yamaguchi J
The Journal of biological chemistry 289(22) 15179-15193 2014年05月
The carbon/nitrogen regulator ARABIDOPSIS TOXICOS EN LEVADURA31 controls papilla formation in response to powdery mildew fungi penetration by interacting with SYNTAXIN OF PLANTS121 in Arabidopsis.
Maekawa S, Inada N, Yasuda S, Fukao Y, Fujiwara M, Sato T, Yamaguchi J
Plant physiology 164(2) 879-887 2014年02月
Ubiquitin ligase ATL31 functions in leaf senescence in response to the balance between atmospheric CO2 and nitrogen availability in Arabidopsis.
Aoyama S, Huarancca Reyes T, Guglielminetti L, Lu Y, Morita Y, Sato T, Yamaguchi J
Plant & cell physiology 55(2) 293-305 2014年02月
Regulation of senescence under elevated atmospheric CO₂ via ubiquitin modification.
Aoyama S, Lu Y, Yamaguchi J, Sato T
Plant signaling & behavior 9(5) e28839 2014年
Assay for proteasome-dependent protein degradation and ubiquitinated proteins.
Sato T, Sako K, Yamaguchi J
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.) 1072 655-663 2014年
The Arabidopsis transcriptional repressor ERF9 participates in resistance against necrotrophic fungi.
Maruyama Y, Yamoto N, Suzuki Y, Chiba Y, Yamazaki K, Sato T, Yamaguchi J
Plant science : an international journal of experimental plant biology 213 79-87 2013年12月
Proteomics analysis reveals a highly heterogeneous proteasome composition and the post-translational regulation of peptidase activity under pathogen signaling in plants.
Sun HH, Fukao Y, Ishida S, Yamamoto H, Maekawa S, Fujiwara M, Sato T, Yamaguchi J
Journal of proteome research 12(11) 5084-5095 2013年11月
Changes in mRNA stability associated with cold stress in Arabidopsis cells.
Chiba Y, Mineta K, Hirai MY, Suzuki Y, Kanaya S, Takahashi H, Onouchi H, Yamaguchi J, Naito S
Plant & cell physiology 54(2) 180-194 2013年02月
The Arabidopsis ubiquitin ligases ATL31 and ATL6 control the defense response as well as the carbon/nitrogen response.
Maekawa S, Sato T, Asada Y, Yasuda S, Yoshida M, Chiba Y, Yamaguchi J
Plant molecular biology 79(3) 217-227 2012年06月
Arabidopsis RPT2a, 19S proteasome subunit, regulates gene silencing via DNA methylation.
Sako K, Maki Y, Kanai T, Kato E, Maekawa S, Yasuda S, Sato T, Watahiki MK, Yamaguchi J
PloS one 7 e37086 2012年
Identification of 14-3-3 proteins as a target of ATL31 ubiquitin ligase, a regulator of the C/N response in Arabidopsis.
Sato T, Maekawa S, Yasuda S, Domeki Y, Sueyoshi K, Fujiwara M, Fukao Y, Goto DB, Yamaguchi J
The Plant journal : for cell and molecular biology 68(1) 137-146 2011年10月
Carbon and nitrogen metabolism regulated by the ubiquitin-proteasome system.
Sato T, Maekawa S, Yasuda S, Yamaguchi J
Plant signaling & behavior 6(10) 1465-1468 2011年10月
Arabidopsis thaliana 26S proteasome subunits RPT2a and RPT5a are crucial for zinc deficiency-tolerance.
Sakamoto T, Kamiya T, Sako K, Yamaguchi J, Yamagami M, Fujiwara T
Bioscience, biotechnology, and biochemistry 75(3) 561-567 2011年
Sucrose transporter NtSUT4 from tobacco BY-2 involved in plant cell shape during miniprotoplast culture.
OKUBO‐KURIHARA Emiko, HIGAKI Takumi, KURIHARA Yukio, KUTSUNA Natsumaro, KUTSUNA Natsumaro, YAMAGUCHI Junji, HASEZAWA Seiichiro, HASEZAWA Seiichiro
Journal of Plant Research 124(3) 395-403 2011年
The Arabidopsis NSL2 negatively controls systemic acquired resistance via hypersensitive response.
Plant Biotechnology 28(1) 9-15 2011年
Carbon and nitrogen metabolism regulated by ubiquitin-proteasome system.
Plant and Signaling Behavior 6 1465-1468 2011年
How does the plant proteasome control leaf size?
Sako K, Yamaguchi J
Plant signaling & behavior 5(9) 1119-1120 2010年09月
Control of endoreduplication of trichome by RPT2a, a subunit of 19S proteasome in Arabidopsis.
SAKO Kaori, MAKI Yuko, IMAI Kumiko K., AOYAMA Takashi, GOTO Derek B., YAMAGUCHI Junji
Journal of Plant Research 123(5) 701-706 2010年
In planta observation of live fluorescent plant endoparasitic nematodes during early stages of infection.
佐久間 太, 植原 健人, 近藤 則夫, 山口 淳二
Nematological Research 40(1) 15-19 2010年
Regulation of leaf organ size by the Arabidopsis RPT2a 19S proteasome subunit
Sonoda Y, Sako K, Maki Y, Yamazaki N, Yamamoto H, Ikeda A, Yamaguchi J
The Plant Journal 60(1) 68-78 2009年10月
DEAR1, a transcriptional repressor of DREB protein that mediates plant defense and freezing stress responses in Arabidopsis.
TSUTSUI Tomokazu, KATO Wataru, ASADA Yutaka, SAKO Kaori, SATO Takeo, SONODA Yutaka, KIDOKORO Satoshi, YAMAGUCHI‐SHINOZAKI Kazuko, YAMAGUCHI‐SHINOZAKI Kazuko, TAMAOKI Masanori, ARAKAWA Keita, ICHIKAWA Takanari, NAKAZAWA Miki, SEKI Motoaki, SHINOZAKI Kazuo, MATSUI Minami, IKEDA Akira, YAMAGUCHI Junji
Journal of Plant Research 122(6) 633-643 2009年
Arabidopsis MBF1s control Leaf Cell Cycle and its expansion.
TOJO Takuto, TSUDA Kenichi, YOSHIZUMI Takeshi, IKEDA Akira, YAMAGUCHI Junji, MATSUI Minami, YAMAZAKI Ken‐ichi
Plant and Cell Physiology 50(2) 254-264 2009年
Arabidopsis CAD1 negatively controls plant immunity mediated by both salicylic acid-dependent and -independent signalling pathways.
TSUTSUI Tomokazu, ASADA Yutaka, TAMAOKI Masanori, IKEDA Akira, YAMAGUCHI Junji
Plant Science 175(4) 604-611 2008年
Promoter analysis of OsAMt1;2 and OsAMT1;3 implies their distinct roles of nitrogen utilization in rice.
Breeding Science 58(3) 201-207 2008年
SHA1, a novel RING-finger protein functions in shoot apical meristem maintenance in Arabidopsis.
Sonoda Y, Yao SG, Sako K, Sato T, Kato W, Ohto MA, Ichikawa T, Matsui M, Yamaguchi J, Ikeda A
The Plant Journal 50(4) 586-596 2007年05月
alpha-Amylase production is induced by sulfuric acid in rice aleurone cells.
MITSUNAGA Shin−ichiro, KOBAYASHI Midori, FUKUI Satoe, FUKUOKA Kayoko, KAWAKAMI Osamu, YAMAGUCHI Junji, OHSHIMA Masahiro, MITSUI Toshiaki
Plant Physiology and Biochemistry 45(12) 922-925 2007年
Differential expression of two fructokinases in Oryza sativa seedlings grown under aerobic and anaerobic conditions.
GUGLIELMINETTI L., MORITA A., YAMAGUCHI J., LORETI E., PERATA P., ALPI A.
Jounal of Plant Research 119(4) 351-356 2006年
Salicylic acid and a chitin elicitor both control expression of the CAD1 gene involved in plant immunity of Arabidopsis.
Bioscience Biotechnology and Biochemistry 70(9) 2042-2048 2006年
The Arabidopsis gene CAD1 controls programmed cell death in the plant immune system and encodes a protein containing a MACPF domain.
MORITA‐YAMAMURO Chizuko, MORITA‐YAMAMURO Chizuko, TSUTSUI Tomokazu, SATO Masanao, YOSHIOKA Hirofumi, TAMAOKI Masanori, OGAWA Daisuke, MATSUURA Hideyuki, YOSHIHARA Teruhiko, IKEDA Akira, UYEDA Ichiro, YAMAGUCHI Junji, YAMAGUCHI Junji
Plant Cell Physiology 46(6) 902-912 2005年
A transposon-induced spontaneous mutation results in low beta-amylase content in rice.
SAIKA Hiroaki, NAKAZONO Mikio, IKEDA Akira, YAMAGUCHI Junji, MASAKI Shunpei, KANEKATSU Motoki, NEMOTO Keisuke
Plant Science 169(1) 239-244 2005年
Measurement of the concentration of bioactive gibberellin in germinating rice seed using the α-amylase induction from aleurone cells.
光永伸一郎, 川上修, 山口淳二, 三ツ井敏明
Journal of Applied Glycoscience 52(4) 399-402 2005年
Low sugar status promotes endogenous ABA levels and ABA sensitivity in Arabidopsis.
Plant Biotechnology 21 9-14 2004年
Knock-out of the plastid ribosomal protein S21 causes impaired photosynthesis and sugar-response during germination and seedling development in Arabidopsis thaliana.
MORITA‐YAMAMURO C, TSUTSUI T, TANAKA A, YAMAGUCHI J
Plant Cell Physiology 45(6) 781-788 2004年
A novel gene encoding a Ca2+-binding protein is under hexokinase-dependent sugar regulation
OTSUKI S, IKEDA A, MUTO S, YAZAKI J, NAKAMURA K, FUJII F, SAKATA K, SASAKI T, YAMAGUCHI J
Bioscience, Biotechnology and Biochemstry 67(2) 347-353 2003年
Sugar modulation of alpha-amylase genes under anoxia
Annals of Botany 91 143-148 2003年
Distinct expression and function of three ammonium transporter genes (OsAMT1;1-1;3) in rice
SONODA Y, IKEDA A, SAIKI S, VON WIREN N, YAMAYA T, YAMAGUCHI J
Plant Cell Physiology 44(7) 726-734 2003年
Characterization of new rice functional monosaccharide transporter, OsMST5, involved in Flower development.
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 67(3) 556-562 2003年
Gibberellins are not required for rice germination under anoxia
LORETI E, YAMAGUCHI J, ALPI A, PERATA P
Plant and Soil 253(1) 137-143 2003年
Sugar transporters involved in flowering and grain development of rice
Journal of Applied Glycoscience 50(2) 237-240 2003年
Constitutive expression of a novel-type ammonium transporter OsAMT2 in rice plants
SUENAGA A, MORIYA K, SONODA Y, IKEDA A, VON WIREN N, HAYAKAWA T, YAMAGUCHI J, YAMAYA T
Plant Cell Physiology 44(2) 206-211 2003年
Feedback regulation of the ammonium transporter gene family AMT1 by glutamine in rice
SONODA Y, IKEDA A, SAIKI S, YAMAYA T, YAMAGUCHI J
Plant Cell Physiology 44(12) 1396-1402 2003年
The slender rice mutant, with constitutively activated gibberellin signal transduction, has enhanced capacity for abscisic acid level
IKEDA A, SONODA Y, VERNIERI P, PERATA P, HIROCHIKA H, YAMAGUCHI J
Plant Cell Physiology 43(9) 974-979 2002年
Sugar transporters in grain development of rice
Journal of Plant Physiology 158 465-470 2001年
Polymorphism in rice amylases at an early stage of seed germination
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 65(3) 662-665 2001年
Slender rice, a constitutive gibberellin response mutant, is caused by a null mutation of the SLR1 gene, an ortholog of the height-regulating gene GAI/RGA/RHT/D8
IKEDA A, UEGUCHI‐TANAKA M, SONODA Y, KITANO H, KOSHIOKA M, FUTSUHARA Y, MATSUOKA M, YAMAGUCHI J
Plant Cell 13(5) 999-1010 2001年
Characterization and expression of monosaccharide transporters (OsMSTs) in rice.
Toyofuku K, Kasahara M, Yamaguchi J
Plant and Cell Physiology 41 940-947 2000年
Sugar uptake and transport in rice embryos. Expression of companion cell-specific sucrose transporter (OsSUT1) induced by sugar as well as light-.
Matsukura C, Saitoh T, Hirose T, Ohsugi R, Perata P, Yamaguchi J
Plant Physiology 124 85-94 2000年
Glucose modulates the abscisic acid-inducible Rab16A gene in cereal embryos.
Toyofuku K, Loreti E, Vernieri P, Alpi A, Perata P, Yamaguchi J
Plant Molecular Biology 42 451-460 2000年
Transverse vein differentiation associated with the gas space formation - fate of middle cell layer in leaf sheath development of rice -.
Matsukura C, Kawai M, Toyofuku K, Barrero RA, Uchimiya H, Yamaguchi J
Annals of Botany 85 19-27 2000年
Characterization of beta-amylase and its deficiency in various rice cultivars.
Yamaguchi J, Itoh S, Saito T, Ikeda A, Tashiro T, Nagato Y
Theor. Appl. Genet. 98 32-38 1999年
Analysis of embryo-specific alpha-amylase using isolated mature rice embryos.
Yamaguchi J
Breeding Science 48 365-370 1998年
Promoter elements required for sugar-repression of the RAmy3D gene for alpha-amylase in rice.
Toyofuku K, Umemura T, Yamaguchi J
FEBS Letter 428 275-280 1998年
Leaf sheath growth promoted by gibberellins in dwarf mutant of rice.
Matsukura C, Itoh S, Nemoto K, Tanimoto E, Yamaguchi J
Planta 205 145-152 1998年
Functional dissection of a sugar-repressed alpha-amylase gene (RAmy1A) promoter in rice embryos.
Morita A, Umemura T, Kuroyanagi M, Futsuhara Y, Perata P, Yamaguchi J
FEBS Letter 423 81-85 1998年
Sugar sensing and alpha-amylase gene repression in rice embryos.
Umemura T, Perata P, Futsuhara Y, Yamaguchi J
Planta 204 420-428 1998年
Amylolytic activities in cereal seeds under aerobic and anaerobic conditions.
Guglielminetti L, Yamaguchi J, Perata P, Alpi A
Plant Physiology 109 1069-1076 1996年
Developmental and hormonal regulation of rice alpha-amylase(RAmy1A)-gusA fusion genes in transgenic rice seeds.
Itoh K, Yamaguchi J, Huang N, Rodriguez RL, Akazawa T, Shimamoto K
Plant Physiology 107 25-31 1995年
Effect of anoxia on the induction of alpha-amylase in cereal seeds.
Perata P, Geshi N, Yamaguchi J, Akazawa T
Planta 191 402-408 1993年
Effect of anoxia on starch breakdown in rice and wheat seeds.
Perata P, Pozueta-Romero J, Akazawa T, Yamaguchi J
Planta 188 611-618 1992年
Immunocytochemical analysis shows that glyoxysomes are directly transformed to leaf peroxisomes during greening of pumpkin cotyledons.
Plant Physiology 80 313-316 1986年
Maturation of catalase precursor proceeds to a different extent in glyoxysomes and leaf peroxisomes of pumpkin cotyledons.
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 81 4809-4813 1984年
Purification of glyoxysomal catalase and immunochemical comparison of glyoxysomal and leaf peroxisomal catalase in germinating pumpkin cotyledons.
Plant Physiology 74 261-267 1984年

書籍

Plant Proteomics: Methods in Molecular Biology, vol. 1072
Sato T, Sako K, Yamaguchi J
Humana Press 2013年 ISBN : 978-1-62703-630-6
Frontiers in Agriculture Proteome Research
Yasuda S, Maekawa S, Sato T, Yamaguchi J
NARO Institute of Crop Science 2012年 ISBN : 978-4-904633-99-1
植物の百科事典
山口淳二
朝倉書店 2009年 ISBN : 978-4-254-17137-2
種子の科学とバイオテクノロジー
佐藤長緒,山口淳二
学会出版センター 2009年 ISBN : 978-4-7622-3059-2
バイオとナノの融合Ⅰ
園田 裕,佐藤長緒,山崎直子,佐古香織,池田 亮,山口淳二
北海道大学出版会 2007年
朝倉植物生理学講座第2巻代謝
武田泰斗, 山口淳二
朝倉書店 2001年 ISBN : 4-254-17656-2
新農学大事典
山口淳二, 松倉千昭
養賢堂 2001年
植物ホルモンと細胞の形
山口淳二, 松倉千昭
学会出版センター 1998年 ISBN : 4-7622-1870-7
植物化学調節実験マニュアル
山口 淳二
全国農村教育協会 1997年 ISBN : 4-88137-063-4
種子のバイオサイエンス
山口 淳二
学会出版センター 1995年 ISBN : 4-7622-8789-X
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Plant Proteomics: Methods in Molecular Biology, vol. 1072
Sato T, Sako K, Yamaguchi J
Humana Press 2013年 ISBN : 978-1-62703-630-6
Frontiers in Agriculture Proteome Research
Yasuda S, Maekawa S, Sato T, Yamaguchi J
NARO Institute of Crop Science 2012年 ISBN : 978-4-904633-99-1
植物の百科事典
山口淳二
朝倉書店 2009年 ISBN : 978-4-254-17137-2
種子の科学とバイオテクノロジー
佐藤長緒,山口淳二
学会出版センター 2009年 ISBN : 978-4-7622-3059-2
バイオとナノの融合Ⅰ
園田 裕,佐藤長緒,山崎直子,佐古香織,池田 亮,山口淳二
北海道大学出版会 2007年
朝倉植物生理学講座第2巻代謝
武田泰斗, 山口淳二
朝倉書店 2001年 ISBN : 4-254-17656-2
新農学大事典
山口淳二, 松倉千昭
養賢堂 2001年
植物ホルモンと細胞の形
山口淳二, 松倉千昭
学会出版センター 1998年 ISBN : 4-7622-1870-7
植物化学調節実験マニュアル
山口 淳二
全国農村教育協会 1997年 ISBN : 4-88137-063-4
種子のバイオサイエンス
山口 淳二
学会出版センター 1995年 ISBN : 4-7622-8789-X
酵素実験法(1)
山口淳二, 赤沢堯
 1993年 ISBN : ISBN4-567-24360-9
遺伝子工学実験
山口 淳二
日本アイソトープ協会 1991年
新生化学実験講座 Vol 1
山口淳二, 赤沢堯
東京化学同人 1990年 ISBN : 4-8079-1047-7

特許

生物挙動コントロール方法及びその装置
門出 健次, 山口 淳二, 深澤 知行
特願2007-075909 2007年03月23日
植物の免疫機構の活性化抑制剤
アンモニウム吸収能が強化された形質転換イネ
イネの根特異的プロモーターおよびその利用
特許を全て表示する
特許閉じる
生物挙動コントロール方法及びその装置
門出 健次, 山口 淳二, 深澤 知行
特願2007-075909 2007年03月23日
植物の免疫機構の活性化抑制剤
アンモニウム吸収能が強化された形質転換イネ
イネの根特異的プロモーターおよびその利用

競争的資金等の研究課題

植物膜タンパク質のユビキチン修飾と機能発現制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2015年 - 2016年 代表者 : 山口 淳二
膜局在型植物ユビキチンリガーゼATL31による環境シグナル伝達調節の包括的解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 山口 淳二
栄養素シグナルによる植物の花成制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 山口 淳二
ユビキチン修飾による膜交通と葉緑体形成制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 山口 淳二
ユビキチンカスケードが関わるC/Nバランスと高CO2応答の全容解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 山口 淳二
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
植物膜タンパク質のユビキチン修飾と機能発現制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2015年 - 2016年 代表者 : 山口 淳二
膜局在型植物ユビキチンリガーゼATL31による環境シグナル伝達調節の包括的解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2014年 - 2016年 代表者 : 山口 淳二
栄養素シグナルによる植物の花成制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 山口 淳二
ユビキチン修飾による膜交通と葉緑体形成制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 山口 淳二
ユビキチンカスケードが関わるC/Nバランスと高CO2応答の全容解明
文部科学省:科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間 : 2012年 - 2012年 代表者 : 山口 淳二

教育活動

主要な担当授業

一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 分子生物学,細胞生物学,個体としての生物,生物集団,生物進化,プレゼンテーション
形態機能学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 環境適応,ストレス適応,細胞死,タンパク質の能動的分解と品質管理,エピジェネティクス,mRNA分解,原核細胞,細菌の生長
形態機能学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析,大腸菌,DNA抽出,制限酵素地図,PCR,遺伝子クローニング,遺伝子発現,タンパク質発現・解析,突然変異体,分子遺伝学的解析,ライブセルイメージング, 画像解析,タンパク質-タンパク質相互作用
機能生物学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 植物生理学,水と溶質の輸送,光合成,物質代謝,植物ホルモン,成長,分化,環境応答,バイオテクノロジー,食料生産,地球環境保全
環境応答システム科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 環境適応,細胞・個体統御,遺伝子発現制御,転写後調節,代謝制御,環境シグナル情報の統御
生命科学特別講義Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : タンパク質生合成,タンパク質分解,膜タンパク質, ユビキチン,プロテアソーム
生物多様性基礎論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
生物多様性概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
科学・技術の世界
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
科学・技術の世界
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 分子生物学,細胞生物学,個体としての生物,生物集団,生物進化,プレゼンテーション
形態機能学Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 環境適応,ストレス適応,細胞死,タンパク質の能動的分解と品質管理,エピジェネティクス,mRNA分解,原核細胞,細菌の生長
形態機能学実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析,大腸菌,DNA抽出,制限酵素地図,PCR,遺伝子クローニング,遺伝子発現,タンパク質発現・解析,突然変異体,分子遺伝学的解析,ライブセルイメージング, 画像解析,タンパク質-タンパク質相互作用
機能生物学Ⅲ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 植物生理学,水と溶質の輸送,光合成,物質代謝,植物ホルモン,成長,分化,環境応答,バイオテクノロジー,食料生産,地球環境保全
環境応答システム科学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : 環境適応,細胞・個体統御,遺伝子発現制御,転写後調節,代謝制御,環境シグナル情報の統御
生命科学特別講義Ⅳ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 生命科学院
キーワード : タンパク質生合成,タンパク質分解,膜タンパク質, ユビキチン,プロテアソーム
生物多様性基礎論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
生物多様性概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
科学・技術の世界
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
科学・技術の世界
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
細胞生物学基礎論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
細胞生物学概論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
形態機能学Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 環境適応,ストレス適応,細胞死,タンパク質の能動的分解と品質管理,エピジェネティクス,mRNA分解,原核細胞,細菌の生長
形態機能学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
形態機能学実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析,大腸菌,DNA抽出,制限酵素地図,PCR,遺伝子クローニング,遺伝子発現,タンパク質発現・解析,突然変異体,分子遺伝学的解析,ライブセルイメージング, 画像解析,タンパク質-タンパク質相互作用
機能生物学Ⅲ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 植物生理学,水と溶質の輸送,光合成,物質代謝,植物ホルモン,成長,分化,環境応答,バイオテクノロジー,食料生産,地球環境保全
環境応答システム科学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 環境適応,細胞・個体統御,遺伝子発現制御,転写後調節,代謝制御,環境シグナル情報の統御Acclimation, cellular regulatory mechanisms at a body level, regulatory mechanisms of gene expression, metabolic regulation, regulatory mechanisms to integrate environmental signals
生物多様性基礎論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
生物多様性概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
生物学特別講義Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 蛋白質代謝,神経変性疾患,分子生物学,細胞生物学,ユビキチン,プロテアソーム,オートファジー,質量分析計,共焦点蛍光顕微鏡
科学・技術の世界
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
科学・技術の世界
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
細胞生物学基礎論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
細胞生物学概論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基礎生物学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 脊椎動物の形態、発生、染色体、細胞、植物、昆虫、土壌動物、フタホシコオロギ、音源定位、ショウジョウバエ、唾腺染色体、博物館標本
形態機能学Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 環境適応,ストレス適応,細胞死,タンパク質の能動的分解と品質管理,エピジェネティクス,mRNA分解,原核細胞,細菌の生長
形態機能学実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析,大腸菌,DNA抽出,制限酵素地図,PCR,遺伝子クローニング,遺伝子発現,タンパク質発現・解析,突然変異体,分子遺伝学的解析,ライブセルイメージング, 画像解析,タンパク質-タンパク質相互作用
機能生物学Ⅲ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 植物生理学,水と溶質の輸送,光合成,物質代謝,植物ホルモン,成長,分化,環境応答,バイオテクノロジー,食料生産,地球環境保全
環境応答システム科学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 環境適応,細胞・個体統御,遺伝子発現制御,転写後調節,代謝制御,環境シグナル情報の統御Acclimation, cellular regulatory mechanisms at a body level, regulatory mechanisms of gene expression, metabolic regulation, regulatory mechanisms to integrate environmental signals
生物多様性基礎論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
生物多様性概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
科学・技術の世界
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
科学・技術の世界
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生物の多様性,系統,進化,生物の形態,生命活動の多様性
細胞生物学基礎論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
細胞生物学概論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 現代生物科学,21世紀に生物科学が解決しなければならない課題,生体高分子,細胞の構造と機能,エネルギー代謝,細胞の成長と分裂,遺伝現象と遺伝子発現制御
薬物動態制御学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 生命科学院
キーワード : 薬物動態制御、トランスポーター、テーラーメイド医療、ゲノム創薬、遺伝子治療Controlled Pharmacokinetics, Transporter, Tailor-made medicine, Genomic drug discovery, Gene therapy

大学運営

学内役職歴

2017年04月
-
2019年03月
副学長
2015年04月
-
2017年03月
副学長
2016年04月
-
2017年03月
大学院生命科学院長
2016年04月
-
2017年03月
教育研究評議会評議員
2014年04月
-
2016年03月
大学院生命科学院長
2014年04月
-
2016年03月
教育研究評議会評議員
2014年04月
-
2015年03月
副学長
2013年04月
-
2014年03月
役員補佐
2011年04月
-
2013年03月
役員補佐
2010年04月
-
2011年03月
教育改革室室員
学内役職歴を全て表示する
学内役職歴閉じる
2017年04月
-
2019年03月
副学長
2015年04月
-
2017年03月
副学長
2016年04月
-
2017年03月
大学院生命科学院長
2016年04月
-
2017年03月
教育研究評議会評議員
2014年04月
-
2016年03月
大学院生命科学院長
2014年04月
-
2016年03月
教育研究評議会評議員
2014年04月
-
2015年03月
副学長
2013年04月
-
2014年03月
役員補佐
2011年04月
-
2013年03月
役員補佐
2010年04月
-
2011年03月
教育改革室室員

社会貢献

委員歴

2009年01月
-
現在
植物細胞分子生物学会 Plant Biotechnology 編集委員
2013年10月
-
2016年09月
日本植物化学調節学会 評議員
2010年01月
-
2015年12月
植物細胞分子生物学会 評議員
2007年06月
-
2013年06月
北海道食の安全・安心委員会 特別委員
2006年01月
-
2009年12月
日本植物生理学会 評議員
2004年01月
-
2009年06月
科学技術振興調整費 研究領域主管
2004年04月
-
2006年03月
日本農芸化学会 評議員
2003年03月
-
2005年01月
文部科学省 科学技術調査委員
2004年
-
2005年
日本育種学会 幹事
2002年07月
-
2004年06月
J. Applied Glycosci. 編集委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2009年01月
-
現在
植物細胞分子生物学会 Plant Biotechnology 編集委員
2013年10月
-
2016年09月
日本植物化学調節学会 評議員
2010年01月
-
2015年12月
植物細胞分子生物学会 評議員
2007年06月
-
2013年06月
北海道食の安全・安心委員会 特別委員
2006年01月
-
2009年12月
日本植物生理学会 評議員
2004年01月
-
2009年06月
科学技術振興調整費 研究領域主管
2004年04月
-
2006年03月
日本農芸化学会 評議員
2003年03月
-
2005年01月
文部科学省 科学技術調査委員
2004年
-
2005年
日本育種学会 幹事
2002年07月
-
2004年06月
J. Applied Glycosci. 編集委員
2002年
-
2004年
日本応用糖質学会 J. Applied Glycoscience編集委員
2000年01月
-
2003年12月
日本植物生理学会 評議員
2000年
-
2003年
日本植物生理学会 Plant and Cell Physiology誌編集委員
2001年04月
-
2002年03月
理化学研究所植物科学研究センター 研究評価委員
2000年
-
2001年
Trends in Glycosci. Glycotech. Glycotopic 執筆委員

ページトップへ