研究者データベース

大廣 洋一(オオヒロ ヨウイチ)
歯学研究院 口腔医学部門 口腔病態学分野
教授

基本情報

所属

  • 歯学研究院 口腔医学部門 口腔病態学分野

職名

  • 教授

学位

  • 博士(歯学)(1997年03月 北海道大学)

科研費研究者番号

  • 40301915

J-Global ID

研究キーワード

  • 口腔顎顔面外科学   Oral and Maxillofacial Surgery   

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

職歴

  • 2022年04月 - 現在 北海道大学大学院 歯学研究院 口腔病態学分野 口腔顎顔面外科学教室 教授
  • 2016年06月 - 2022年03月 北海道大学大学院歯学研究院 口腔病態学分野・口腔顎顔面外科学教室 准教授
  • 2012年06月 - 2016年05月 北海道大学大学院歯学研究科 講師
  • 2007年04月 - 2012年05月 北海道大学大学院歯学研究科 助教
  • 2003年10月 - 2007年03月 北海道大学歯学部附属病院 助手
  • 2000年09月 - 2003年09月 北海道大学歯学部附属病院 助手
  • 2000年06月 - 2000年08月 北海道大学歯学部附属病院 医員
  • 1998年08月 - 2000年06月 ハーバード大学ベスイスラエル病院 学位所持研究者
  • 1998年07月 - 1999年03月 北海道大学歯学部附属病院 助手
  • 1998年04月 - 1998年07月 北海道大学歯学部付属病院 医員
  • 1997年04月 - 1998年03月 北海道大学医学部癌研究施設 講師
  • 1992年07月 - 1993年03月 北海道大学歯学部付属病院 歯科研修医

学歴

  • 1993年04月 - 1997年03月   北海道大学大学院   歯学研究科   歯学臨床系
  • 1986年04月 - 1992年03月   北海道大学   歯学部   歯学科

所属学協会

  • 日本顎変形症学会   日本口腔インプラント学会   日本口腔腫瘍学会   日本癌治療学会   日本頭頸部癌学会   アジア口腔外科学会   日本口腔外科学会   日本口腔科学会   

研究活動情報

論文

  • II級およびIII級の骨格不正咬合に対する顎形成術後の関節窩および下顎頭のリモデリングの定量(Glenoid fossa and condyle remodeling following orthognathic surgery on class II and class III malocclusions)
    Trang Nguyen, 足利 唯一, 松下 和裕, 大廣 洋一
    日本顎変形症学会雑誌 32 2 147 - 147 2022年05月
  • 上下顎骨形成術を行った開咬患者における側貌軟組織の変化について
    松下 和裕, 山本 隆昭, 佐藤 嘉晃, 高道 理, 武藤 麻未, 中西 康, 宮上 雄希, 義達 理恵子, 町田 友梨, 足利 雄一, 道念 正樹, 小堀 善則, 大井 一浩, 原田 沙織, Nguyen Thi Trang, 格口 渉, 坂田 健一郎, 山口 博雄, 大廣 洋一
    日本顎変形症学会雑誌 32 2 154 - 154 (NPO)日本顎変形症学会 2022年05月
  • T. Seikai, A. Takada, A. Hasebe, M. Kajihara, K. Okuya, T. Sekiguchi (Yamada), W. Kakuguchi, S. Konno, Y. Ohiro
    Journal of Hospital Infection 123 179 - 181 2022年05月 [査読有り][通常論文]
  • Kosuke Okuya, Takanari Hattori, Takeshi Saito, Yoshihiro Takadate, Michihito Sasaki, Wakako Furuyama, Andrea Marzi, Yoichi Ohiro, Satoshi Konno, Takeshi Hattori, Ayato Takada
    Microbiology spectrum 10 2 e0155321  2022年04月27日 [査読有り][通常論文]
     
    Antibody-dependent enhancement (ADE) of infection is generally known for many viruses. A potential risk of ADE in severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) infection has also been discussed since the beginning of the coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic; however, clinical evidence of the presence of antibodies with ADE potential is limited. Here, we show that ADE antibodies are produced by SARS-CoV-2 infection and the ADE process can be mediated by at least two different host factors, Fcγ receptor (FcγR) and complement component C1q. Of 89 serum samples collected from acute or convalescent COVID-19 patients, 62.9% were found to be positive for SARS-CoV-2-specific IgG. FcγR- and/or C1q-mediated ADE were detected in 50% of the IgG-positive sera, whereas most of them showed neutralizing activity in the absence of FcγR and C1q. Importantly, ADE antibodies were found in 41.4% of the acute COVID-19 patients. Neutralizing activity was also detected in most of the IgG-positive sera, but it was counteracted by ADE in subneutralizing conditions in the presence of FcγR or C1q. Although the clinical importance of ADE needs to be further investigated with larger numbers of COVID-19 patient samples, our data suggest that SARS-CoV-2 utilizes multiple mechanisms of ADE. C1q-mediated ADE may particularly have a clinical impact since C1q is present at high concentrations in plasma and its receptors are ubiquitously expressed on the surfaces of many types of cells, including respiratory epithelial cells, which SARS-CoV-2 primarily infects. IMPORTANCE Potential risks of antibody-dependent enhancement (ADE) in the coronavirus disease 2019 (COVID-19) caused by severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) infection has been discussed and the proposed mechanism mostly depends on the Fc gamma receptor (FcγR). However, since FcγRs are exclusively expressed on immune cells, which are not primary targets of SARS-CoV-2, the clinical importance of ADE of SARS-CoV-2 infection remains controversial. Our study demonstrates that SARS-CoV-2 infection induces antibodies that increase SARS-CoV-2 infection through another ADE mechanism in which complement component C1q mediates the enhancement. Although neutralizing activity was also detected in the serum samples, it was counteracted by ADE in the presence of FcγR or C1q. Considering the ubiquity of C1q and its cellular receptors, C1q-mediated ADE may more likely occur in respiratory epithelial cells, which SARS-CoV-2 primarily infects. Our data highlight the importance of careful monitoring of the antibody properties in COVID-19 convalescent and vaccinated individuals.
  • Akira Yamagami, Katsuya Narumi, Yoshitaka Saito, Ayako Furugen, Shungo Imai, Yoshimasa Kitagawa, Yoichi Ohiro, Ryo Takagi, Yoh Takekuma, Mitsuru Sugawara, Masaki Kobayashi
    Journal of Clinical Pharmacy and Therapeutics 2022年03月07日 [査読有り][通常論文]
  • Application of "Dredging Method" for the patients with odontogenic keratocyst.
    Ohiro Y, Kakuguchi W, Moritani Y, Kitamura T, Maishi N, Hida K
    Hokkaido J Dent Sci 2022年 [査読有り][通常論文]
  • Yi-Hua Sun, Kuan-Chou Lin, Yoichi Ohiro, Chih-Yuan Fang
    Journal of Dental Sciences 16 4 1320 - 1321 2021年10月 [査読有り]
  • Wataru Kakuguchi, Yoshiyuki Nakamichi, Kazue Kasahara, Masaaki Horikawa, Yoichi Ohiro
    Oral Science International 1 - 5 2021年09月15日 [査読有り]
     
    Congenital fibrinogen disorder is rare and is responsible for the difficulty in achieving hemostasis following surgery. A 75-year-old man was referred to our hospital for the management of gingival hemorrhage. He had a medical history of congenital hypofibrinogenemia, right internal carotid stenosis, hypertension, brain infarction, and Alzheimer's disease. A diagnosis of gingival hemorrhage due to periodontitis of the maxillary left second molar and severe periodontitis necessitating extraction in the maxillary second molars bilaterally, mandibular left second molar, and mandibular right first and third molars was made. A pre-operative hematological examination revealed a fibrinogen level of 53.7 mg/dl. Fibrinogen (3 g) was administered and reached a concentration of 92.8 mg/dl before the surgery. Several episodes of post-operative hemorrhages in the sockets were managed with local hemostatic treatment and splint adjustment. Fibrinogen levels were maintained at 72.5–92.8 mg/dl, until hemostasis was achieved. This case report illustrates the appropriate management of patients with congenital hypofibrinogenemia requiring extraction of multiple teeth.
  • 口腔扁平上皮癌における高内皮細静脈と臨床的因子との関連
    新山 宗, 間石 奈湖, 松田 彩, 鄭 漢忠, 大廣 洋一, 上田 倫弘, 樋田 京子
    日本口腔科学会雑誌 70 2 111 - 112 (NPO)日本口腔科学会 2021年07月
  • Satoshi Oguri, Shinichi Fujisawa, Keisuke Kamada, Sho Nakakubo, Yu Yamashita, Junichi Nakamura, Hiroshi Horii, Kazuki Sato, Mutsumi Nishida, Takanori Teshima, Yoichi Ohiro, Ayato Takada, Satoshi Konno
    Journal of Infection 83 1 119 - 145 2021年07月 [査読有り]
  • Misa Yanagiya, Randa I. H. Dawood, Nako Maishi, Yasuhiro Hida, Chisaho Torii, Dorcas A. Annan, Hiroshi Kikuchi, Aya Yanagawa Matsuda, Tetsuya Kitamura, Yoichi Ohiro, Masanobu Shindoh, Shinya Tanaka, Yoshimasa Kitagawa, Kyoko Hida
    Pathology International 71 6 383 - 391 2021年06月 [査読有り]
     
    Oral squamous cell carcinoma (OSCC) impairs functionality and sensuousness resulting in poor quality of life. Biomarkers can predict disease trajectory and lead to effective treatments. Transcriptomics have identified genes that are upregulated in tumor endothelial cells (TECs) compared with normal endothelial cells (NECs). Among them, chemokine receptor 7 (CXCR7) is highly expressed in TECs of several cancers and involved in angiogenesis of TECs. However, levels of CXCR7 in OSCC blood vessels have not been fully investigated. In this study, we analyzed the correlation between CXCR7 expression in TECs and clinicopathological factors in OSCC. Immunohistochemistry for CXCR7 and CD34 was performed on 59 OSCC tissue specimens resected between 1996 and 2008 at Hokkaido University Hospital. CXCR7 expression in blood vessels was evaluated by the ratio of CXCR7+/CD34+ blood vessels. CXCR7 expression was 42% and 19% in tumor and non-tumor parts, respectively, suggesting that CXCR7 expression is higher in TECs than in NECs. CXCR7 expression in TECs correlated with advanced T-stage and cancer stage. Overall survival and disease-free survival rates were higher in low-expressing CXCR7 patients than in high-expressing. These results suggest that CXCR7 expression in blood vessels may be a useful diagnostic and prognostic marker for OSCC patients.
  • 関口(山田)珠希, 大廣洋一, 足利雄一, 佐藤(栗林)和代, 北村哲也, 鄭 漢忠
    日本口腔外科学会雑誌 67 5 275 - 280 2021年05月20日 [査読有り]
  • OHIRO Yoichi, KAKUGUCHI Wataru, KAKUGUCHI Wataru, KURIBAYASHI Kazuyo, KITAMURA Tetsuya, TEI Kanchu
    北海道歯学雑誌 41 2 143 - 146 2021年03月 [査読有り]
  • 関口(山田)珠希, 鄭 漢忠, 大廣洋一, 栗林和代, 工藤章裕, 足利雄一
    口腔腫瘍 32 4 229 - 236 2020年12月 [査読有り]
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から考える歯科医療の将来
    大廣 洋一
    北海道歯学雑誌 41 1 19 - 24 2020年09月
  • Chih-Yuan Fang, Cheng-Chia Yu, Yi-Wen Liao, Pei-Ling Hsieh, Yoichi Ohiro, Pei-Ming Chu, Yu-Cheng Huang, Chuan-Hang Yu, Lo-Lin Tsai
    Journal of the Formosan Medical Association 119 7 1167 - 1173 2020年07月 [査読有り]
  • 下顎埋伏智歯抜歯術におけるセフカペンピボキシルとアモキシシリンの手術部位感染予防効果の比較
    山神 彰, 小林 正紀, 山田 武宏, 北川 善政, 大廣 洋一, 佐藤 淳, 石黒 信久, 今井 俊吾, 武隈 洋, 菅原 満, 井関 健
    日本薬学会年会要旨集 140年会 28Z - am10S (公社)日本薬学会 2020年03月
  • 顎骨保存法を施行し,埋伏歯を保存したエナメル上皮線維腫の1例.
    長 太一, 大廣洋一, 北村哲也, 堀向弘眞, 佐藤雄治, 箕輪和行
    日本口腔外科学会雑誌 66 3 147 - 151 2020年03月 [査読有り]
  • Wataru Kakuguchi, Yoichi Ohiro, Seitaro Nakazawa, Ryo Naito, Yasuhito Moritani, Yoshiyuki Nakamichi, Hiromasa Horimukai, Tetsuya Kitamura, Kanchu Tei
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 32 1 44 - 48 2020年01月 [査読有り]
     
    Ameloblastomas have a high post-surgical recurrence rate. They often recur after simple conservative surgeries, such as enucleation. The dredging method was thus developed as an alternative, conservative treatment of ameloblastoma. This method accelerates new bone formation and enables surgeons to remove all tumors, leading to lower recurrence rates than deflation and/or enucleation alone. However, no reports have examined whether the dredging method is effective in recurrent cases of ameloblastomas. A 49-year-old male was referred to our hospital due to right mandibular swelling. This patient had been treated for ameloblastoma with the dredging method until 25 years ago at our hospital. The patient was not seen again after 1 year from the last surgery. A clinical and histopathological diagnosis of recurrent ameloblastoma of the right mandible was made. We applied the dredging method, judging it to be adequate for tumor removal while preserving the jaw bone. A panoramic radiograph revealed mandibular bone restoration with each surgery and removal of all tumor cells had been completed. The patient was followed-up and no recurrence of ameloblastoma was found by 1.5 years following his final surgery. Additionally, the patient was permitted to wear dentures. In the present report, we show that the dredging method was applicable for a case of recurrent ameloblastoma that had spread over a large region of the mandible. The dredging method further allowed the patient to restore denture occlusion by preserving the jaw bone.
  • 青海 哲也, 大廣 洋一, 古郷 幹彦, 鄭 漢忠
    北海道歯学雑誌 40 1 13 - 19 北海道歯学会 2019年09月 [査読有り][通常論文]
     
    Robin Sequence(RS)は、小下顎、舌根沈下による気道閉塞、特徴あるU字形口蓋裂を主徴とする疾患である。今回、呼吸障害の改善のため舌前方固定術を行ったRS症例の栄養摂取経路と体重発育について検討した。【対象と方法】2011年2月から2015年2月までの期間に大阪大学歯学部附属病院第一口腔外科を受診し非症候群性RSと診断され、Argamaso法による舌前方固定術を施行した7例(男児2名、女児5名)を対象とした。全例で呼吸状態は改善していた。術前・後の栄養経路と体重発育の推移を調査した。【結果】術前の栄養経路は7例中6例(86%)で経鼻経管栄養による管理を要した。術後では、7例中5例(71%)において術後3日から1.5ヵ月と比較的早期の段階で経鼻経管栄養チューブの抜去が可能であった。1例は抜去までに6ヵ月、もう1例は11.5ヵ月の期間を要した。哺乳量は5例中4例(80%)が月齢目安と同等程度を哺乳が可能であった。術前の体重発育は、7例中4例(57%)は術前の体重発育は不良であった。術後では、7例中6例(88%)において舌固定術後の体重発育は良好であった。特に、舌固定術術前の体重発育は不良であった3例は、術後に呼吸状態が安定すると体重発育も著明に改善を認めた。【結論】本術式を適応した症例では、呼吸障害の改善だけではなく、経口摂取障害を改善し、順調な体重発育を促進できることが示唆された。(著者抄録)
  • 下顎埋伏智歯抜歯術におけるセフカペンピボキシルとアモキシシリンの手術部位感染予防効果の比較
    山神 彰, 山田 武宏, 北川 善政, 大廣 洋一, 佐藤 淳, 石黒 信久, 今井 俊吾, 小林 正紀, 井関 健
    医療薬学 45 5 254 - 261 (一社)日本医療薬学会 2019年05月 [査読有り][通常論文]
     
    下顎埋伏智歯抜歯術においてセフカペンピボキシル(CFPN-PI)またはアモキシシリン(AMPC)の予防投与を受けた患者の手術部位感染(SSI)発生率を比較した。解析対象となったのはCFPN-PI群129例(男性50例、女性79例、中央値24.0歳)、AMPC群164例(男性75例、女性89例、中央値25.0歳)であった。SSI発生率はCFPN-PI群において11.6%(15/129)、AMPC群において2.4%(4/164)であり、CFPN-PI群のSSI発生率は有意に高かった。次いで、SSI発生に影響する要因分析を行った。単変量解析において抗菌薬(CFPN-PIの使用)、性別(女性)、術後入院、手術難易度、反対側下顎埋伏智歯抜歯の有無、Pell-Gregory分類がP≦0.2となり、これらを多変量解析における解析対象因子として抽出した。解析対象因子のvariance inflation factorはいずれも4未満であり多重共線性はみられなかった。多変量解析の結果、抗菌薬(CFPN-PIの使用)および術後入院がそれぞれオッズ比5.61、4.66を示し、SSIに影響する独立因子として抽出された。
  • Yoichi Ohiro, Tamaki Yamada, Wataru Kakuguchi, Ichizo Kobayashi, Tetsuya Kitamura, Kanchu Tei
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 31 2 121 - 125 2019年03月 [査読有り][通常論文]
     
    © 2018 The purpose of this paper is to describe the treatment procedures for a solid/multicystic ameloblastoma which was treated with the “Dredging Method” modified by fractionated enucleation adopted to avoid the pathologic fracture because of the complicated expansive nature in the mandible. Ameloblastoma is defined as a benign epithelial odontogenic tumor with progressive growth potential. Currently employed surgical treatment as curative treatment is resection with adequate margins because of the characteristics of high recurrence rates with conservative treatment. In this article, a 38-year-old male with swelling on the right mandible was referred to our hospital. Image analysis showed an expansile partially honeycombed multilocular radiolucent lesion from the body to the ascending ramus of the mandible. A follicular ameloblastoma was diagnosed by the biopsy. The paper also details the management of the ameloblastoma with the “Dredging Method” to remove the tumor completely and maintain the form and function of the mandible and the 13-year follow-up post treatment.
  • Mitsunobu Otsuru, Yoshihide Ota, Souichi Yanamoto, Masaya Okura, Masahiro Umeda, Tadaaki Kirita, Hiroshi Kurita, Michihiro Ueda, Takahide Komori, Nobuhiro Yamakawa, Takahiro Kamata, Takumi Hasegawa, Takahiko Shibahara, Yoichi Ohiro, Yoshihiro Yamashita, Kazuma Noguchi, Tadahide Noguchi, Kazunari Karakida, Hiroyuki Naito, Tomonao Aikawa, Tetsuro Yamashita, Daijiro Kabata, Ayumi Shintani
    Annals of Surgical Oncology 26 2 555 - 563 2019年02月 [査読有り]
     
    This multicenter retrospective study aimed to determine whether elective neck dissection (END) can be performed for T1-2N0M0 tongue cancer.Patients with T1-2N0M0 tongue squamous cell carcinoma who received treatment between January 2000 and December 2012 were enrolled at 14 multicenter study sites. The 5-year overall survival (OS) and 5-year disease-specific survival (DSS) were compared between the propensity score-matched END and observation (OBS) groups.The results showed that the OS rates among the 1234 enrolled patients were 85.5% in the END group and 90.2% in the OBS group (P = 0.182). The DSS rates were 87.0% in the END group and 94.3% in the OBS group (P = 0.003). Among the matched patients, the OS rates were 87.1% in the END group and 76.2% in the OBS group (P = 0.0051), and the respective DSS rates were 89.2% and 82.2% (P = 0.0335).This study showed that END is beneficial for T1-2N0M0 tongue cancer. However, END should be performed for patients with a tumor depth of 4-5 mm or more, which is the depth associated with a high rate of lymph node metastasis. The use of END should be carefully considered for both elderly and young patients.
  • 下顎エナメル上皮腫に対する反復処置法における歯の保存に関する研究
    山田珠希, 大廣洋一, 足利雄一, 栗林和代, 松沢祐介, 長峯杏介, 田中宗一, 北村哲也, 鄭 漢忠
    日本口腔外科学会雑誌 64 6 347 - 354 2018年06月 [査読有り][通常論文]
  • Kosuke Ishikawa, Yuhei Yamamoto, Hiroshi Furukawa, Yoichi Ohiro, Akira Satoh, Toshihiko Hayashi
    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY 75 12 2682 - 2688 2017年12月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: This study evaluated short-term and long-term changes in bone height after mandibular reconstruction using an osteotomized fibula graft, with the aim of identifying factors associated with atrophy of the graft in an elderly population. Patients and Methods: This retrospective study involved patients who underwent mandibular reconstruction using a free vascularized fibula graft from 2005 through 2015 and had at least 12 months of follow-up. Postoperative panoramic radiographs were used to measure bone height at standardized locations on each segment of the graft at 1 year postoperatively and at later follow-up. Results: The sample was composed of 30 patients (15 men, 15 women; mean age, 62.6 years; age range, 50 to 80 years). According to the HCL classification (H, hemimandibular segment including the condyle; C, central segment including both mandibular canine teeth; L, lateral segment without the condyle), mandibular defect types were L (n = 19), LC (n = 7), LCL (n = 3), and H (n = 1). There were 0 to 3 segmental osteotomies with the fibula graft. None of the patients received an osseointegrated dental implant during a mean follow-up of 4.0 years (range, 1.5 to 9.7 yr). All patients underwent reconstruction of the mandibular body, 10 of whom also underwent reconstruction of the mandibular ramus. Atrophy of the fibula graft was observed in 9.9 and 15.0% of the body segment and 5.9 and 6.6% of the ramal segment at 1 year postoperatively and at later follow up, respectively. Graft hypertrophy occurred in the ramal segment in 2 patients. Multivariate analysis showed a significantly higher rate of graft atrophy in women than in men at later follow-up (P = .033). Conclusions: Fibula grafts showed long-term stability, and in 2 cases even a gain in bone height, in this elderly population. Female gender was identified as a risk factor for atrophy of the fibula bone graft in the body segment of the reconstructed mandible. (c) 2017 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons
  • 当院救急科に搬送され医科と連携して対応した広範囲顔面多発骨骨折の治療経験
    松田 光平, 松沢 祐介, 山田 珠希, 格口 渉, 栗林 和代, 大廣 洋一, 鄭 漢忠
    口腔顎顔面外傷 16 2 83 - 84 日本口腔顎顔面外傷学会 2017年10月
  • Chisaho Torii, Yasuhiro Hida, Masanobu Shindoh, Kosuke Akiyama, Noritaka Ohga, Nako Maishi, Yoichi Ohiro, Mitsunobu Ono, Yasunori Totsuka, Yoshimasa Kitagawa, Kanchu Tei, Yasufumi Sato, Kyoko Hida
    ANTICANCER RESEARCH 37 3 1219 - 1225 2017年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Aim: We evaluated the prognostic value of vasohibin-1 (VASH1) expression in head and neck squamous cell carcinoma. Materials and Methods: Immunohistochemistry for VASH1 and cluster of differentiation 34 (CD34) was performed on 61 head and neck squamous cell carcinoma specimens. The association between VASH1 expression in the tumour and clinical outcomes was analyzed statistically. Results: VASH1 staining in normal tissue adjacent to cancerous tissue was negative, whereas it was positive in tumour blood vessels and AE1/AE3 and Ki67-positive tumour cells. Therefore, we examined the association between VASH1 expression in the tumour and clinical outcomes. Patients with high VASH1 expression in tumour had significantly shorter disease-free survival and more frequently had lymph node recurrence than those with low VASH1 expression. Conclusion: These results suggest that VASH1 expression is associated with tumour progression and may be useful as a prognostic marker of head and neck squamous cell carcinoma.
  • Umma Habiba, Kyoko Hida, Tetsuya Kitamura, Aya Yanagawa Matsuda, Fumihiro Higashino, Yoichi M. Ito, Yoichi Ohiro, Yasunori Totsuka, Masanobu Shindoh
    ONCOLOGY LETTERS 13 1 321 - 328 2017年01月 [査読有り][通常論文]
     
    Oral leukoplakia (OL) is a clinically diagnosed preneoplastic lesion of the oral cavity with an increased oral cancer risk. However, the risk of malignant transformation is still difficult to assess. The objective of the present study was to examine the expression patterns of aldehyde dehydrogenase 1 (ALDH1) and podoplanin in OL, and to determine their roles in predicting oral cancer development. In the present study, the expression patterns of ALDH1 and podoplanin were determined in samples from 79 patients with OL. The association between protein expression and clinicopathological parameters, including oral cancer-free survival, was analyzed during a mean follow-up period of 3.4 years. Expression of ALDH1 and podoplanin was observed in 61 and 67% patients, respectively. Kaplan-Meier analysis demonstrated that the expression of the proteins was correlated with the risk of progression to oral cancer. Multivariate analysis revealed that expression of ALDH1 and podoplanin was associated with 3.02- and 2.62-fold increased risk of malignant transformation, respectively. The malignant transformation risk of OL was considerably higher in cases with expression of both proteins. Point-prevalence analysis revealed that 66% of patients with co-expression of ALDH1 and podoplanin developed oral cancer. Taken together, our data indicate that ALDH1 and podoplanin expression patterns in OL are associated with oral cancer development, suggesting that ALDH1 and podoplanin may be useful biomarkers to identify OL patients with a substantially high oral cancer risk.
  • Tei K, Ohiro Y, Matsushita K, Matsuzawa Y, Satoh K, Yamada T
    北海道歯学雑誌 38 151 - 156 北海道歯学会 2017年 [査読無し][通常論文]
     
    In this paper we describe our strategies for treatment of oral cancer, jaw deformity, and odontogenic tumors. Details of the strategy for cleft palate is introduced in a separate report, by Professor Mikoya. Newly applied strategies for patients with post-surgical swallowing dysfunction and dentoalveolar surgery are also introduced. Oral cancer, jaw deformity, cleft, and odontogenic tumors are the main etiologies in the oral and maxillofacial region. Early stages of oral cancer (StageI and StageII) are mainly treated with surgery or radiotherapy alone, and the 5-year survival rate is 80 to 90%. With advanced oral cancer (StageIII and StageIV) a combination of chemotherapy and radiotherapy with or without surgery is the norm, but the 5-year survival rate is below 50% overall. Therefore, there is a need for an effective combination of therapies for advanced oral squamous cell carcinomas. The treatment goal for jaw deformities is to achieve a functional and desirable occlusion. To achieve desirable occlusion, treatment by the team approach is introduced, it includes oral and maxillofacial surgeons, orthodontists, and prosthodontists. A unique method, termed the "Dredging Method" is used in the treatment strategies of odontogenic tumors. The method was introduced to remove all of the tumor and restore the form and function of the jaw through bone generation. The Dredging Method involves four steps: Deflation, Enucleation, Dredging, and Follow up. Tooth autotransplantation in our department stands out in comparison with other facilities in the field of dentoalveolar surgery. The annual number of cases exceeds 150, and up to December of 2015 the total number of cases reached 1,100. The 5-year survival rate for cases with transplanted third molars to the molar region is 86%. Post-surgical swallowing dysfunction is strongly dependent on the extent of the surgery and type of reconstruction. Here, post-surgical swallowing dysfunction can be accurately predicted prior to the surgery, and to develop plans for individual rehabilitation programs to overcome post-surgical swallowing dysfunction is crucial.
  • 口腔内多発癌の臨床的検討.
    足利雄一, 栗林和代, 大廣洋一, 小野貢伸, 鄭 漢忠
    北海道歯学会雑誌 37 1 20 - 24 2016年09月 [査読有り][通常論文]
  • Ono M, Kuribayashi K, Ashikaga Y, Ohiro Y, Tei K
    北海道歯学雑誌 36 2 128 - 133 北海道歯学会 2016年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Management of clinically node negative neck patients with oral squamous cell carcinoma (OSCC) remains controversial. Elective neck dissection (END) is used on an assumption of difficulty in diagnosing subclinical nodal metastases in the neck. This is also the case when early dissection allows better prognosis if nodal metastases actually exist. However, the disadvantage of prophylactic END is that truly N0 neck patients undergo unnecessary neck dissection and have to bear shoulder complaints and dysfunction. Our strategy has been a" wait and see" policy for the management of the neck among patients with T1-2 oral cancer without clinical nodal metastases unless the neck was being opened for reconstruction requirements. The purpose of this study is to assess the outcome of patients who underwent trans-oral tumor excision and" wait-and-see" policy for the N0 neck. A total of 94 previously untreated patients with T1-2N0 classification were investigated. Elective neck dissection (END) was carried out on 10 patients (10.6%) at the time of treatment of the primary resection with reconstruction (END group), and 84 patients were observed without neck dissection (Observation group). The 5-year disease specific survival rates were 90.0% for the END group and 95.9% for the observation group. The 5-year over all survival rates were 90.0% in the END group and 88.8% in the observation group. In the observation group of 84 patients, 16 patients (19.0%) had delayed metastasis in the neck subsequently. 15 patients underwent salvage neck dissection. The salvage rate was 86.6% (13/15 patients). The treatment strategy "wait and see" policy for T1-2N0 OSCC resulted in a good outcome at our institution. Unnecessary neck dissection can be avoided for the truly N0 patients.
  • 下顎骨骨髄から発生した悪性リンパ腫の1例.
    山田 珠希, 栗林 和代, 大廣 洋一, 篠原 早紀, 松田 光平, 鈴木 豊典, 北村 哲也, 進藤 正信, 鄭 漢忠
    北海道歯学雑誌. 36 2 92 - 99 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Kakuguchi W, Ohiro Y, Matsushita K
    Br J Oral Maxillofac Surg 55 4 431 - 432 2016年 [査読有り][通常論文]
  • Umma Habiba, Tetsuya Kitamura, Aya Yanagawa-Matsuda, Kyoko Hida, Fumihiro Higashino, Yoichi Ohiro, Yasunori Totsuka, Masanobu Shindoh
    ONCOLOGY REPORTS 31 4 1547 - 1554 2014年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Oral verrucous carcinoma (OVC) is a low grade variant of oral squamous cell carcinoma, and oral verrucous hyperplasia (OVH) is a benign lesion without malignant features. However, pathologists are sometimes presented with borderline lesions and are indecisive as to diagnose them as benign or malignant. Thus, these lesions are tentatively termed oral verrucous lesions (OVLs). HuR is an ARE mRNA-binding protein, normally localized in the nucleus but cytoplasmic exportation is frequently observed in cancer cells. The present study aimed to elucidate whether expression of the HuR protein facilitates the diagnosis of true malignant lesions. Clinicopathological features were evaluated, and immunohistochemical analysis for p53, Ki67 and HuR proteins was performed in 48 cases of OVH, OVC and OVL, and the outcomes were correlated using appropriate statistical analysis. The association of these three proteins in relation to malignant transformation was analyzed after a 3-year follow-up of 25 OVL cases. The basal characteristics (age, gender and location) of all cases had no significant association with the types of lesions. Gingiva (39.4%) was the common site for all lesions. Distribution of the examined proteins had a significant association with the lesions. As compared with the OVLs, the number of immunostained-positive cells was significantly higher in the OVCs and lower in the OVH cases. During follow-up, 24% of the OVLs underwent malignant transformation for which high HuR expression and a diffuse staining pattern in the epithelium were observed. Taken together, the high degree of HuR expression with diffuse staining pattern in the epithelium may be an effective diagnostic tool that determines the potential of OVLs for malignant transformation.
  • Kyosuke Nagamine, Tetsuya Kitamura, Aya Yanagawa-Matsuda, Yoichi Ohiro, Kanchu Tei, Kyoko Hida, Fumihiro Higashino, Yasunori Totsuka, Masanobu Shindoh
    Oncology Reports 29 6 2114 - 2118 2013年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Parathyroid hormone-related protein (PTHrP) is known to induce bone resorption by activating RANKL as well as PTH. PTHrP plays a central role in humoral hypercalcemia, and its expression has been reported to be closely associated with bone metastasis of breast carcinoma. PTHrP expression in oral squamous carcinoma cell lines was investigated, and PTHrP was expressed in oral squamous cell carcinoma cell lines similar to that in a prostate carcinoma cell line. Mucoepidermoid carcinoma is the most common malignant salivary gland tumor composed of different types of cells including a squamous component. Its clinical behavior is highly variable and ranges from slow-growing and indolent to locally aggressive and highly metastatic. We examined the PTHrP expression in mucoepidermoid carcinoma and assessed the significance of its correlation with clinicopathological features. Immunohistochemical detection of PTHrP was carried out in 21 cases of mucoepidermoid carcinoma in the head and neck region. PTHrP was highly detectable in intermediate and epidermoid cells, and abundant expression of PTHrP in intermediate cells had a significant association with cancer malignancy, including lymph node metastasis and/or tumor recurrence. These results suggest that PTHrP expresion can be used as a prognostic factor for mucoepidermoid carcinoma.
  • 最新の歯学;口腔癌治療における術前化学療法併用放射線治療の現状.
    大廣洋一, 栗林和代, 足利雄一, 小野貢伸, 鄭 漢忠, 北村哲也, 進藤正信
    北海道歯学会雑誌 33 2 192 - 195 2013年05月 [査読無し][通常論文]
  • Tei K, Sakakibara N, Yamazaki Y, Ohiro Y, Ono M, Totsuka Y
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery 70 11 2680 - 2686 Elsevier 2012年11月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: The present study aims to measure the post-surgical swallowing function in patients five years after operative treatment of tongue carcinoma. Patients and Methods: Using a retrospective cohort study design, the investigators enrolled post-surgical patients treated for tongue carcinomas in Hokkaido University Hospital. The primary outcome variable was the Oropharyngeal Swallow Efficiency (OPSE) determined by videofluoroscopic evaluation and the OPSE at present was compared with that at discharge. Other variables included present nutritional status (Body Mass Index: BMI, Serum Albumin), dietary intake, self-rating of the present swallowing function, and occurrence of pneumonia. Statistical analysis used the paired t-test and Spearman's rank correlation. Results: The swallowing function was assessed in 20 patients (11 males and 9 females) subjected to surgical treatment of tongue carcinomas; the median age was 70 years (range 56-90 years) at the present evaluation. The mean values of the liquid OPSE and paste OPSE at present were 26.6±21.2 and 21.9±22.5, respectively. The mean values for BMI and serum albumin at present were 22.2±3.4 and 4.5±0.3g/dl respectively. All patients had a full oral intake of foods, with a mean self-rated value of 6.4±2.5, an acceptable value as evaluated by the patients. Pneumonia requiring hospitalization had not occurred in these patients. Conclusions: Long-term follow-up of patients following operative treatment of tongue carcinomas demonstrate acceptable levels of oral function and nutritional status despite objective measures of poor swallowing efficiency assessed using a videofluoroscopy.
  • 佐藤(栗林)和代, 小野貢伸, 足利雄一, 大廣洋一, 進藤正信, 戸塚靖則
    日本口腔外科学会雑誌 58 3 137 - 141 Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2012年 [査読有り][通常論文]
     
    We describe a large ameloblastic carcinoma of the mandible with multiple pulmonary metastases. The patient was a 62-year-old woman. In March 1994, she underwent enucleation of a tumor in the anterior part of the mandible at another hospital. The histopathological diagnosis was a typical ameloblastoma. She was lost to followup soon after the operation. In March 2008, she was referred to Hokkaido University Hospital. She had a large hemorrhagic tumor, which projected outside of the mouth. Chest radiography revealed many nodular opacities in both lung fields. In May 2008, we performed a segmental mandibulectomy to improve her quality of life. The histological diagnosis was an ameloblastic carcinoma-secondary type, intraosseous. There has been no sign of tumor recurrence for 2 years postoperatively.
  • 当施設におけるびまん性硬化性下顎骨骨髄炎の臨床的検討 治療効果について
    足利 雄一, 山崎 裕, 秦 浩信, 小野寺 麻記子, 野谷 健一, 北川 善政, 松沢 祐介, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 箕輪 和行, 滝波 修一, 進藤 正信, 戸塚 靖則
    日本口腔外科学会雑誌 57 Suppl. 137 - 137 (公社)日本口腔外科学会 2011年09月
  • 家兎下顎骨骨空洞の治癒過程におけるPLGA・コラ-ゲン・ハイブリッド・メッシュの有用性の検討.
    野呂洋輔, 大廣洋一, 鄭 漢忠, 吉村善隆, 出山義昭, 飯塚 正, 鈴木邦明, 戸塚靖則
    北海道歯誌 31 2 62 - 69 2010年 [査読有り][通常論文]
  • Noritaka Ohga, Kyoko Hida, Yasuhiro Hida, Chikara Muraki, Kunihiko Tsuchiya, Kohei Matsuda, Yoichi Ohiro, Yasunori Totsuka, Masanobu Shindoh
    CANCER SCIENCE 100 10 1963 - 1970 2009年10月 [査読有り][通常論文]
     
    The polyphenol epigallocatechin-3 gallate (EGCG) in green tea suppresses tumor growth by direct action on tumor cells and by inhibition of angiogenesis, but it is not known whether it specifically inhibits tumor angiogenesis. We examined the anti-angiogenic effect of EGCG on tumor-associated endothelial cells (TEC), endothelial progenitor cells (EPC), and normal endothelial cells (NEC). EGCG suppressed the migration of TEC and EPC but not NEC. EGCG also inhibited the phosphorylation of Akt in TEC but not in NEC. Furthermore, vascular endothelial growth factor-induced mobilization of EPC into circulation was inhibited by EGCG. MMP-9 in the bone marrow plasma plays key roles in EPC mobilization into circulation. We observed that expression of MMP-9 mRNA was downregulated by EGCG in mouse bone marrow stromal cells. In an in vivo model, EGCG suppressed growth of melanoma and reduced microvessel density. Our study showed that EGCG has selective anti-angiogenic effects on TEC and EPC. It is suggested that EGCG could be a promising angiogenesis inhibitor for cancer therapy. (Cancer Sci 2009; 100: 1963-1970).
  • 足利 雄一, 萬 顕, 佐藤 和代, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則
    日本口腔科学会雑誌 58 4 281 - 281 (NPO)日本口腔科学会 2009年09月
  • Souichi Tanaka, Tetsuya Kitamura, Fumihiro Higashino, Kyoko Hida, Yoichi Ohiro, Mitsunobu Ono, Masanobu Kobayashi, Yasunori Totsuka, Masanobu Shindoh
    MOLECULAR MEDICINE REPORTS 2 2 313 - 318 2009年03月 [査読有り][通常論文]
     
    Pim-1 is a serine/threonine kinase as well as a protooncogene that induces T-cell lymphoma. Pim-1 induces cell cycle progression in cooperation with c-Myc and acts as an inhibitor of apoptotic cell death, actions that are involved in blood cell oncogenesis. However, little is known regarding the role of Pim-1 in oral carcinogenesis. We investigated Pim-1 expression in tongue squamous cell carcinoma (SCC) and examined its clinicopathological features. Western blotting was performed in 6 oral SCC cell lines, with Pim-1 being detected in all 6 of the lines. Immunohistochemical detection of Pim-1 was carried out in 39 cases of tongue SCC and analyzed in terms of its associated clinicopathological features. Pim-1 was expressed in 17/39 cases of tongue carcinoma, and was significantly correlated with lymph node metastasis. The role of Pim-1 in cell motility was further examined in HSC3 cells using the GTP-binding assay for Rho family protein, the motility assay and siRNA treatment. Rac 1 activation was observed, and cell motility was reduced when Pim-1 was knocked down by siRNA. These results indicate. that Pim-1 is involved in the carcinogenesis of oral SCC and is correlated to metastasis, which is in part associated with the enhancement of cell motility.
  • 大廣 洋一, 進藤 正信, 小泉 雄, 小野 貢伸, 足利 雄一, 鄭 漢忠, 山崎 裕, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
    日本口腔科学会雑誌 57 4 436 - 436 (NPO)日本口腔科学会 2008年09月
  • Yutaka Yamazaki, Itsuo Chiba, Makoto Ishikawa, Chiharu Satoh, Ken-ichi Notani, Yoichi Ohiro, Yasunori Totsuka, Shigeaki Mizuno, Yoshimasa Kitagawa
    ODONTOLOGY 96 1 32 - 37 2008年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The purpose of the present study was to investigate the clinical usefulness of the detection of serum p53 antibodies (p53 Abs) in patients with oral squamous cell carcinoma (SCC). Preoperative values of p53 Abs were measured by enzyme-linked immunosorbent assay in 113 patients with primary oral SCC and seropositive patients were reevaluated postoperatively. The positivity rate of p53 Abs was 16%, and the 5-year survival rate of patients positive for p53 Abs was significantly lower than that of patients negative for p53 Abs (56.2% vs. 80.7%; P = 0.018). The preoperative presence of p53 Abs was found to be an independent prognostic factor in a multivariate analysis (P = 0.028, hazards ratio = 3.34), and its positivity was significantly related to secondary cervical lymph node metastases (P = 0.029). Six of nine patients who remained seropositive for p53 Abs through the disease course and the one with seropositive reversion from temporary negative status developed treatment failure. Therefore, the detection of p53 Abs in the serum of patients with SCC may be a useful prognostic marker.
  • Hironobu Hata, Tetsuya Kitamura, Fumihiro Higashino, Kyoko Hida, Koichi Yoshida, Yoichi Ohiro, Yasunori Totsuka, Yoshimasa Kitagawa, Masanobu Shindoh
    ONCOLOGY REPORTS 19 5 1093 - 1098 2008年05月 [査読有り][通常論文]
     
    Matrix metalloproteinase (MMP) is closely involved in the degradation of extracellular matrix and confers invasive and metastatic potential to malignant tumors. MMP-2 is a type-IV collagenase secreted as a proenzyme that is activated on the surface of the tumor cell by membrane-type I MMP (MT1-MMP). MT1-MMP plays a critical role during tumor progression and metastasis. We investigated the expression levels of E1AF and MT1-MMP in malignant melanoma cell lines and specimens from patients in order to clarify the mechanisms responsible for the invasion and metastasis of malignant melanoma. High levels of E1AF and MT1-MMP mRNA expression were observed in melanoma cells by Northern blotting and real-time PCR. The expression level was highly correlated with an invasive potential determined by an in vitro invasion assay. The down-regulation of MT1-MMP was identified when E1AF was knocked down by RNA interference. These results suggest that E1AF plays a crucial role in the invasion and metastasis of malignant melanoma through up-regulating the MT1-MMP expression.
  • 口底癌手術例の治療成績
    小野 貢伸, 佐藤 明, 足利 雄一, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
    頭頸部癌 34 2 228 - 228 (一社)日本頭頸部癌学会 2008年05月
  • 松沢 正宏, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 57 1 129 - 129 (NPO)日本口腔科学会 2008年01月
  • Kanchu Tei, Kuniaki Maekawa, Hideaki Kitada, Yoichi Ohiro, Yutaka Yamazaki, Yasunori Totsuka
    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY 65 6 1077 - 1083 2007年06月 [査読有り][通常論文]
     
    Purpose: The present study was focused on a comparison of postsurgical oropharyngeal swallowing efficiency and medical status indicators. Patients and Methods: The swallowing function was assessed in 25 patients (18 males and 7 females) with oral cancer. The swallowing function was assessed preoperatively and 1, 6, and 12 months and in some cases more than 24 months after surgery. Assessment of the swallowing function consisted of videofluoroscopic evaluation (oropharyngeal swallow efficiency; OPSE) and details of the method of nutrition, diet level, nutritional condition, and occurrence of pneumonia. Results: Postsurgically, OPSE did not recover to the preoperative level more than 12 months after surgery. Twenty-one patients (84%) had full oral intake and only 3 patients (12%) showed poorer nutritional conditions compared with the presurgery state. Aspiration pneumonia did not occur more than 12 months after surgery. Conclusions: The patients in the present study showed stable medical status and functional swallowing at the final evaluation despite insufficient recovery of OPSE revealed by videofluoroscopic evaluation. (c) 2007 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons.
  • 舌・口底癌における術前化学療法併用放射線療法後の腫瘍残存様式
    小野 貢伸, 進藤 正信, 大廣 洋一, 足利 雄一, 鄭 漢忠, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
    頭頸部癌 33 2 147 - 147 (一社)日本頭頸部癌学会 2007年05月
  • 山田 珠希, 笠原 知恵, 大廣 洋一, 野呂 洋輔, 山本 栄治, 小林 一三, 戸塚 靖則, 佐藤 明, 北川 善政, 飯塚 正, 進藤 正信
    日本口腔科学会雑誌 56 1 171 - 171 (NPO)日本口腔科学会 2007年01月
  • 山崎 裕, 佐藤 明, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 北川 善政
    日本口腔科学会雑誌 56 1 201 - 201 (NPO)日本口腔科学会 2007年01月
  • 術前MRI検査による下顎歯肉扁平上皮癌の腫瘍浸潤深度の評価
    足利 雄一, 鄭 漢忠, 野呂 洋輔, 高野 昌士, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政, 箕輪 和行
    日本口腔外科学会雑誌 52 Suppl. 40 - 40 (公社)日本口腔外科学会 2006年09月
  • 骨性異形成症の臨床病理学的研究
    笠原 和恵, 山田 珠希, 山本 栄治, 大廣 洋一, 戸塚 靖則, 北川 善政, 飯塚 正, 進藤 正信
    日本口腔外科学会雑誌 52 Suppl. 135 - 135 (公社)日本口腔外科学会 2006年09月
  • 下顎歯肉癌における顎骨浸潤様式の検討
    高野 昌士, 小野 貢伸, 足利 雄一, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政, 戸塚 靖則
    頭頸部癌 32 2 229 - 229 (一社)日本頭頸部癌学会 2006年05月
  • 鎌田 卓, 夏井坂光輝, 中川宏治, 大廣洋一, 進藤正信, 東野史裕, 小出秀之, 小林正伸, 戸塚靖則
    北海道歯学雑誌 27 2 96 - 103 2006年 [査読有り][通常論文]
  • 小堀 善則, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政, 進藤 正信, 向後 隆男
    日本口腔腫瘍学会誌 17 3 158 - 159 (一社)日本口腔腫瘍学会 2005年09月
  • 齊藤 正晃, 山崎 裕, 佐藤 千晴, 佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則
    日本口腔科学会雑誌 54 4 513 - 514 (NPO)日本口腔科学会 2005年09月
  • 頭頸部悪性腫瘍患者の術後の顔貌の変形と心理状態に関する検討
    村木 力, 鄭 漢忠, 小野 貢伸, 大廣 洋一, 足利 雄一, 高野 昌士, 戸塚 靖則, 山崎 裕, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 51 Suppl. 94 - 94 (公社)日本口腔外科学会 2005年09月
  • 頭頸部領域のFDG-PET診断 扁平上皮癌以外の症例について
    阿部 貴洋, 山崎 裕, 齊藤 正晃, 佐藤 千晴, 野谷 健一, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 51 Suppl. 177 - 177 (公社)日本口腔外科学会 2005年09月
  • 口腔癌に対する術前Docetaxel・CDDP同時併用放射線療法の有用性の検討
    大廣 洋一, 小堀 善則, 小野 貢伸, 鄭 漢忠, 足利 雄一, 高野 昌士, 戸塚 靖則, 山崎 裕, 野谷 健一, 北川 善政, 進藤 正信, 向後 隆男
    頭頸部癌 31 2 287 - 287 (一社)日本頭頸部癌学会 2005年05月
  • Stage III,IV舌癌手術例の検討
    佐藤 明, 野谷 健一, 北川 善政, 足利 雄一, 小野 貢伸, 大廣 洋一, 高野 昌士, 小堀 善則, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則
    頭頸部癌 31 2 290 - 290 (一社)日本頭頸部癌学会 2005年05月
  • Y Izumiyama, Y Ohiro, F Higashino, K Yoshida, K Taguchi, S Todo, T Kohgo, Y Totsuka, M Shindoh
    ONCOLOGY REPORTS 13 4 715 - 720 2005年04月 [査読有り][通常論文]
     
    E1AF is an ets-oncogene family transcription factor that has been shown to up-regulate multiple MMPs whereas MMP-2, a potent extracellular matrix degrading enzyme, is not up-regulated. We investigated the activation mechanism of MMP-2 in oral squamous cell carcinoma. Chloramphenicol acetyltransferase (CAT) assay was utilized to investigate whether E1AF is able to up-regulate membrane type-1 matrix metal loproteinase (MT1-MMP), which is known to activate MMP-2. Expression of the CAT reporter gene under the control of the MT1-MMP promoter was increased approximately 40-fold by co-transfection with the E1AF expression vector. Real-time RT-PCR study was carried out in 25 patients with tongue squamous cell carcinoma, and the mRNA expression level of E1AF and MT1-MMP was synergistically increased. These results indicate that E1AF positively regulates transcription from MT1-MMP genes, which plays an important role in invasion and metastasis of squamous cell carcinoma of the tongue by converting pro-MMP-2 into active-MMP-2.
  • 高野 昌士, 小野 貢伸, 大廣 洋一, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則, 進藤 正信
    日本口腔外科学会雑誌 50 10 608 - 611 Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2004年 [査読有り][通常論文]
     
    We describe two cases of lower gingival carcinoma deeply invading the mandible that remarkably regressed in response to TS-1 chemotherapy. Patient 1, a 73-year-old woman, presented with hypoesthesia of the right lower lip. Clinical examination revealed an ulcerated lesion with induration in the right lower side of the gingiva. Orthopantomography showed a tumor deeply invading the mandible. Biopsy revealed a well-differentiated squamous cell carcinoma. Electrocardiography showed ischemic heart disease, requiring immediate treatment. She underwent percutaneous transluminal coronary angioplasty (PTCA) before mandiblectomy. Twelve days before the operation, she was given TS-1, because the bone defect worsened despite treatment with UFT during cardiovascular therapy. Patient 2, a 61-year-old woman, presented with an ulcerative lesion in the right lower side of the gingiva. Orthopantomography showed an extensive bone defect in the right side of the mandible. After histopathological diagnosis confirmed squamous cell carcinoma, chemotherapy with TS-1 was started 8 days before the operation. Histopathological findings showed that the tumors in both patients regressed remarkably in response to TS-1.
  • K Matsushita, Y Kuramitsu, Y Ohiro, Kobayashi, I, T Watanabe, M Kobayashi, M Hosokawa
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY 23 2 489 - 493 2003年08月 [査読有り][通常論文]
     
    We have reported that ONO-4007, a novel synthetic lipid A derivative with low toxic activities, produced large amount of tumor necrosis factor (TNF)-alpha selectively in the tumor tissues and brought about complete cures in about 60% of rats bearing TNF-alpha sensitive KDH-8 cells, which also secreted a large amount of transforming growth factor (TGF)-beta. In our present study, to explore ONO-4007 induced Th1-type immune response, we investigated the mRNA expression of interferon (IFN)-gamma, Interleukin (IL)-1beta, IL-6, IL-10, IL-12 in KDH-8 bearing rats. We next examined the nitric oxide (NO) production. We found that IFN-gamma, IL-1beta, IL-6 and IL-12 mRNA expression of the tumor tissue were higher in the ONO-4007 treated rats than in phosphate buffer saline (PBS) treated rats. Western blotting also revealed that IL-12 protein production was increased. NO production from peritoneal macrophages were suppressed in tumor-bearing rats, but ONO-4007 restored it up to the normal level. These results suo-est that ONO-4007 induces and restores Th1-type immune response through cytokine production cascade, followed by initial TNF-alpha production, eventually leading to tumor eradication.
  • 口腔扁平上皮がんの術前治療への感受性の検討
    浅香 雄一郎, 小堀 善則, 泉山 ゆり, 秦 浩信, 東野 史裕, 大廣 洋一, 山下 徹郎, 向後 隆男, 戸塚 靖則, 進藤 正信
    日本癌学会総会記事 62回 399 - 399 日本癌学会 2003年08月
  • 口腔扁平上皮がんにおけるTIMP-2発現の意義
    小堀 善則, 泉山 ゆり, 大廣 洋一, 秦 浩信, 東野 史裕, 向後 隆男, 戸塚 靖則, 進藤 正信
    日本病理学会会誌 92 1 360 - 360 (一社)日本病理学会 2003年04月
  • 口腔扁平上皮がんにおけるVEGF-Cの発現とリンパ節転移の関連.
    小堀善則, 進藤正信, 大廣洋一, 向後隆男, 戸塚靖則
    北海道歯学雑誌 24 2 151 - 160 2003年 [査読有り][通常論文]
  • 舌扁平上皮癌におけるE1AFによるMT1-MMPの発現亢進と悪性形質の関連.
    泉山ゆり, 進藤正信, 大廣洋一, 東野史裕, 向後隆男, 戸塚靖則
    北海道歯学雑誌 24 2 142 - 150 2003年 [査読有り][通常論文]
  • 由良 晋也, 戸塚 靖則, 大井 一浩, 馬渕 亜希子, 堀向 弘眞, 足利 雄一, 出山 文子, 由川 哲也, 大廣 洋一, 樋田 京子
    日本口腔外科学会雑誌 49 4 246 - 251 Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2003年 [査読有り][通常論文]
     
    We describe procedures for arthrocentesis based on arthroscopic findings and report the therapeutic usefulness of these procedures in 46 patients with closed lock of the temporomandibular joint.
    Arthroscopic examination was done under local anesthesia in the outpatient clinic. An 18-gauge needle and a trocar for a 0.8-mm rod-lens fiberscope were inserted into the anterior and posterior compartments of the upper joint space, respectively. The anterior compartment was then observed with special respect to the presence of adhesion. In joints without adhesion, irrigation was done under low hydraulic pressure. In joints with adhesion, irrigation was performed under sufficient hydraulic pressure (maximum pressure exerted, 40 KPa) to widen the upper joint space. Manipulation was performed after irrigation.
    Eight weeks after these two procedures, the range of maximum mouth opening increased from 2 to 20 mm and averaged 10.3 mm in 18 patients without adhesion. In 28 patients with adhesion, the increase in maximum mouth opening ranged 3 to 25 mm and averaged 9.1 mm. There was no significant difference in the increase in maximum mouth opening between these two groups.
  • Y Ohiro, A Usheva, S Kobayashi, SL Duffy, R Nantz, D Gius, N Horikoshi
    MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY 23 1 322 - 334 2003年01月 [査読有り][通常論文]
     
    More than 50% of human cancers contain p53 gene mutations and as a result accumulate altered forms of the full-length p53 protein. Although certain tumor types expressing mutant p53 protein have a poor prognostic process, the precise role of mutant p53 protein in highly malignant tumor cells is not well defined. Some p53 mutants, but not wild-type p53, are shown here to interact with Daxx, a Fas-binding protein that activates stress-inducible kinase pathways. Interaction of Daxx with p53 is highly dependent upon the specific mutation of p53. Tumorigenic mutants of p53 bind to Daxx and inhibit Daxx-dependent activation of the apoptosis signal-regulating kinase I stress-inducible kinases and Jun NH2-terminal kinase. Mutant p53 forms complexes with Daxx in cells, and consequently, mutant p53 is able to rescue cells from Daxx-dependent inhibition of proliferation. Thus, the accumulation of mutant p53 in tumor cells may contribute to tumorigenesis by inhibiting stress-inducible kinase pathways.
  • 由良晋也, 戸塚靖則, 馬渕亜希子, 出山文子, 由川哲也, 大廣洋一
    日本口腔外科学会雑誌 49 1 43 - 46 Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2003年 [査読有り][通常論文]
     
    Arthroscopic examination with an ultra-thin arthroscope is an easy, minimally invasive procedure for examination of the inside of joints. However, one disadvantage of arthroscopy is the risk of scope breakage in narrow joint spaces. We describe an improved procedure for arthroscopic examination of the upper joint space and describe the findings thus obtained.
    Arthroscopic examination is done with the patient under local anesthesia in the outpatient clinic. To observe the synovium in the posterior compartment, an 18-gauge needle and a trocar for a 0.8mm rod-lens fiberscope are inserted into the anterior and posterior compartments of the upper joint space, respectively. The articular cartilage of the glenoid fossa and eminence is also observed. Finally, the presence or absence of adhesion in the anterior compartment is examined. In narrowed joint spaces with severe adhesions, injection of normal saline under sufficient pressure is performed to widen the upper joint space. The fiberscope is then advanced from the posterior compartment to the anterior compartment via the lateral paradiscal groove.
    This procedure enables us to observe synovitis with capillary hyperemia or hyperplasia of the synovium, cartilage changes with fibrillation or exposure of subchondral bone, and the distribution and degree of adhesion.
  • 秦 浩信, 進藤 正信, 大廣 洋一, 東野 史裕, 野谷 健一, 向後 隆男, 福田 博
    北海道歯学雑誌 23 2 191 - 202 北海道歯学会 2002年12月15日 [査読有り][通常論文]
     
    悪性黒色腫細胞4株と1例の悪性黒色腫患者からの新鮮材料により抽出したRNAを用いてノーザンブロッティング及び定量RT-PCRによりE1AFとMT1-MMPの発現に関する検索を行った.悪性黒色腫細胞は4株ともmRNAレベルにおいてE1AFとMT1-MMPの相関する発現が認められ,その発現量は浸潤活性の検索結果とも強い相関関係が認められた.臨床検体の検索においても同様の結果が得られ,これらの結果からE1AFがMT1-MMPの転写を亢進することにより悪性黒色腫の浸潤活性の増強に関与していことが示唆された
  • E1AF,MT1-MMP,TIMP-2の発現と舌扁平上皮がんの悪性形質との関連
    泉山 ゆり, 大廣 洋一, 秦 浩信, 東野 史裕, 田口 和典, 高田 尚幸, 藤堂 省, 向後 隆男, 戸塚 靖則, 進藤 正信
    日本癌学会総会記事 61回 322 - 322 日本癌学会 2002年10月
  • 悪性黒色腫におけるetsがん遺伝群転写因子E1AF及びMT1-MMPの発現
    秦 浩信, 大廣 洋一, 東野 史裕, 山下 利春, 吉田 幸一, 田口 和典, 高田 尚幸, 藤堂 省, 向後 隆男, 戸塚 靖則, 進藤 正信
    日本癌学会総会記事 61回 323 - 323 日本癌学会 2002年10月
  • Y Ohiro, Garkavtsev, I, S Kobayashi, KR Sreekumar, R Nantz, BT Higashikubo, SL Duffy, R Higashikubo, A Usheva, D Gius, N Kley, N Horikoshi
    FEBS LETTERS 524 1-3 163 - 171 2002年07月 [査読有り][通常論文]
     
    The p53 tumor suppressor protein induces cell cycle arrest or apoptosis in response to cellular stresses. We have identified PRG3 (p53-responsive gene 3), which is induced specifically under p53-dependent apoptotic conditions in human colon cancer cells, and encodes a novel polypeptide of 373 amino acids with a predicted molecular mass of 40.5 kDa. PRG3 has significant homology to bacterial oxidoreductases and the apoptosis-inducing factor, AIF, and the gene was assigned to chromosome 10q21.3-q22.1. Expression of PRG3 was induced by the activation of endogenous p53 and it contains a p53-responsive element. Unlike AIF, PRG3 localizes in the cytoplasm and its ectopic expression induces apoptosis. An amino-terminal deletion mutant of PRG3 that lacks a putative oxidoreductase activity retains its apoptotic activity, suggesting that the oxidoreductase activity is dispensable for the apoptotic function of PRG3. The PRG3 gene is thus a novel p53 target gene in a p53-dependent apoptosis pathway. (C) 2002 Federation of European Biochemical Societies. Published by Elsevier Science B.V. All rights reserved.
  • 悪性黒色腫におけるetsがん遺伝群転写因子E1AFの発現及び浸潤能への関与
    秦 浩信, 大廣 洋一, 東野 史裕, 山下 利春, 西川 鑑, 吉田 幸一, 田口 和典, 高田 尚幸, 藤堂 省, 戸塚 靖則
    日本病理学会会誌 91 1 197 - 197 (一社)日本病理学会 2002年03月
  • E1AF,MT1-MMPの発現と舌扁平上皮がんの悪性形質の関連
    泉山 ゆり, 大廣 洋一, 秦 浩信, 東野 史裕, 田口 和典, 高田 尚幸, 藤堂 省, 向後 隆男, 戸塚 靖則, 進藤 正信
    日本病理学会会誌 91 1 298 - 298 (一社)日本病理学会 2002年03月
  • 由良晋也, 戸塚靖則, 大井一浩, 馬渕亜希子, 由川哲也, 出山文子, 大廣洋一, 後藤田章人, 松木隆光, 岡田和樹, 山口泰彦, 小松孝雪, 井上農夫男
    日本顎関節学会雑誌 14 2 200 - 204 The Japanese Society for Temporomandibular Joint 2002年 [査読有り][通常論文]
     
    咬合力と関節内圧との相関関係を明らかにする目的で, クローズド・ロック症例と顎関節症状のないボランティアの咬合力と関節内圧を同時に測定したので報告する。
    対象は, クローズド・ロック症例4名4関節と顎関節症状のないボランティア4名4関節である。プレスケール50HタイプRを用いて咬合力を測定し, 動脈圧モニタリング用のトランスデューサーを用いて関節内圧を測定した。
    咬合力と関節内圧との間の相関係数は, クローズド・ロック症例とボランティアのいずれも0.7以上 (0.710~0.954), 決定係数は0.5以上 (0.504~0.910) であった。これらの結果から, 咬合力と関節内圧との関係は, 直線的な正の相関関係であることが示された。回帰係数は, 被験者により差のあることが示された (15.3~270.9)。
    関節内圧は咬合力の増加に伴って上昇することから, 強い噛みしめが顎関節に負荷を加える因子の一つであることが明らかとなった。
  • 大廣洋一, 鄭 漢忠, 柏崎晴彦, 戸塚靖則, 飯塚正, 箕輪和行
    日本口腔外科学会雑誌 48 7 359 - 362 Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2002年 [査読有り][通常論文]
     
    A case of squamous cell carcinoma of the tongue with metastasis to the lateral lingual lymphnodes is reported. Preoperative computed tomography and magnetic resonance imaging revealed a mass0.5cm in diameter with heterogenous enhanced signal intensity outside of the left genioglossus muscle.Radical neck dissection, partial left glossectomy, and reconstruction with a forearm flap were performedin a pull-through manner after external radiation and chemotherapy. Histopathologically, the mass had alymph-node structure with small cancer nests at the margin.
  • 柏崎晴彦, 鄭 漢忠, 大廣洋一, 佐藤 明, 守屋信吾, 戸塚靖則
    日本口腔外科学会雑誌 48 10 526 - 529 Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2002年 [査読有り][通常論文]
     
    To decrease side effects, we used chronomodulation to administer the second course of adjuvant chemotherapy to two patients with advanced oral cancer who had severe side effects during the first course. During the first course, chemotherapy was administered according to a conventional schedule, and during the second course chemotherapy was based on the circadian rhythms of the human body (chronomodulation). The first patient, a 58-year-old woman with squamous cell carcinoma in the left side of the tongue, received two courses of adjuvant chemotherapy (CDDP 80mg/m2, day 1+5-FU 800mg/m2/day, days 1-5) after operation. She had grade 4 stomatitis during the first course, but the side effect improved to grade 2 during the second course. The second patient, a 68-year-old man, received two courses of adjuvant chemotherapy (CDDP 80mg/m2, ADR 50mg/m2/day, CPA 500mg/m2) for lung metastasis from an adenoid cystic carcinoma arising in the floor of the mouth. Grade 2 nausea and vomiting occurred during the first course, but the second course of chronomodulated chemotherapy caused no nausea or vomiting. This therapy, administered in accordance with the theory of chronomodulation, caused fewer side effects and is thus considered a promising treatment for oral cancer.
  • 由良 晋也, 戸塚 靖則, 大井 一浩, 馬渕 亜希子, 由川 哲也, 出山 文子, 大廣 洋一, 高師 則行, 佐藤 千晴, 井上 農夫男
    日本口腔外科学会雑誌 48 10 515 - 519 Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons 2002年 [査読有り][通常論文]
     
    To investigate the effect of distension and removal of adhesion in the upper joint space after lavage under sufficient hydraulic pressure during arthrocentesis, we measured changes in intra-articular pressure in the joint space and performed arthroscopic examinations during the procedure.
    Eight patients (8 joints) with closed lock of the temporomandibular joint who underwent arthrocentesis and arthroscopic examination were studied. Adhesion was observed in 5 joints on arthroscopic examination before irrigation; the remaining 3 joints had no adhesion. Changes in intra-articular pressure during irrigation under high pressure (40KPa) were measured in these 8 joints. In 5 joints with adhesion, arthroscopic examination was repeated to confirm whether the adhesion was removed after irrigation.
    Immediately after application of pressure, the intra-articular pressure in the joints without adhesion was 9.1-14.7 KPa, and that in the joints with adhesion was 10.0-13.3 KPa. After applying pressure to the joints without adhesion, 30 seconds were required until a stable pressure was reached, whereas 2 to 5minutes were required in joints with adhesion. In all 5 joints with adhesion, removal of the adhesion was observed on arthroscopic examination after the intra-articular pressure decreased to a stable level.
    These results indicate that lavage under sufficient hydraulic pressure, which is a 2-to 5-minute procedure, can widen a narrowed joint space and remove adhesion.
  • 悪性黒色腫におけるetsがん遺伝子群転写因子E1AFの発現
    秦 浩信, 大廣 洋一, 東野 史裕, 安田 元昭, 戸塚 靖則, 山下 利春, 吉田 幸一, 田口 和典, 高田 尚幸, 藤堂 省
    日本癌学会総会記事 60回 472 - 472 日本癌学会 2001年09月
  • 舌扁平上皮がんにおけるHIF1-alphaの発現
    上野 尚雄, 小林 正伸, 東野 史裕, 秦 浩信, 泉山 ゆり, 小堀 善則, 大廣 洋一, 福田 博, 戸塚 靖則, 向後 隆男
    日本癌学会総会記事 60回 457 - 457 日本癌学会 2001年09月
  • K Imai, M Kobayashi, JX Wang, Y Ohiro, J Hamada, Y Cho, M Imamura, M Musashi, T Kondo, M Hosokawa, M Asaka
    BLOOD 93 1 149 - 156 1999年01月 [査読有り][通常論文]
     
    To elucidate the mechanisms by which hematopoietic progenitor cells transmigrate via the bone marrow (BM) endothelial cells, we first established endothelial cell lines from BM and lung, and BM fibroblast cell lines; then we established an in vitro model of transendothelial migration of hematopoietic progenitor cells in the presence of chemoattractants secreted by BM fibroblast cells. The BM endothelial cells expressed vascular cell adhesion molecule-1 (VCAM-1), but the lung endothelial cells did not. The BM fibroblast cells secreted chemoattractants including stroma cell-derived factor (SDF)-1,which could attract hematopoietic progenitor cells to BM and activate the adhesion molecules expressed on hematopoietic progenitor cells after rolling along the endothelial cells. Anti-SDF-1 antibody inhibited the transendothelial migration of a hematopoietic progenitor cell line, FDCP-2. FDCP-2 that expressed very late activation antigen-4 (VLA-4) and normal progenitor cells transmigrated through BM endothelial cells but not lung endothelial cells, even if in the presence of chemoattractants produced by BM fibroblasts. Both anti-VLA-4 and anti-VCAM-1 antibodies inhibited the transendothelial migration of FDCP-2 cells and normal hematopoietic progenitor cells. These findings suggest that the transendothelial migration of hematopoietic progenitor cells is characteristic of BM endothelial cells, and that VLA-4/VCAM-1 and SDF-1 play important roles in the transendothelial migration and, consequently, homing of hematopoietic progenitor cells to BM. (C) 1999 by The American Society of Hematology.
  • K Matsushita, Y Kuramitsu, Y Ohiro, M Obara, M Kobayashi, YQ Li, M Hosokawa
    ANTI-CANCER DRUGS 9 4 343 - 350 1998年04月 [査読有り][通常論文]
     
    Synergistic effects of active hexose correlated compound (AHCC) extracted from mushroom on the treatment with UFT against mammary adenocarcinoma, SST-2 cells, in congenitally T cell-depressed spontaneously hypertensive rats (SHR) were observed. AHCC plus UFT had slight but significant effects on the growth of primary tumors. Pulmonary metastases were not inhibited by the treatment with AHCC plus UFT, whereas metastases to axillay lymph nodes (LN) were obviously inhibited. Combination of AHCC plus UFT showed similar synergistic anti-metastatic effects in SHR rats with accelerated pulmonary metastases following the surgical removal of the primary tumors. In vitro studies demonstrated that AHCC plus UFT enhanced the NK cell activity in tumor-bearing rats, whereas UFT alone depressed the NK cell activity. AHCC plus UFT also enhanced the NO production and cytotoxicity of peritoneal macrophages. In addition, AHCC restored the suppressed mRNA expression of interleukin-1 alpha and tumor necrosis factor-alpha induced by the chemotherapy. Taken together, the combination of AHCC plus UFT brought about good therapeutic effects not only on primary tumor growth but also on reducing metastasis and these effects were mediated by host immunity which was restored or activated by AHCC. AHCC may be a good candidate for a biological response modifier. [(C) 1998 Lippincott-Raven Publishers.].
  • Y Kuramitsu, Y Ohiro, K Matsushita, M Obara, M Kobayashi, M Hosokawa
    ANTI-CANCER DRUGS 8 9 886 - 893 1997年10月 [査読有り][通常論文]
     
    ONO-4007 is a new synthetic lipid A analog with low endotoxic activities. We previously found that ONO-4007 induced the production of tumor necrosis factor (TNF)-alpha in rat hepatoma KDH-8 tumor tissues and brought about the regression of transplanted KDH-8 cells. By contrast, ONO-4007 did not induce TNF-alpha production in spleens and sera 90 min after treatment. In the present study we attempted to elucidate how ONO-4007 induces TNF-alpha production in tumor tissues locally. We found that extracellular matrix including gelatin, fibronectin and Matrigel(TM) did not induce TNF-alpha production in splenocytes treated with ONO-4007 in vitro. However, splenocytes co-cultured with cKDH-8/11 tumor cells in the presence of ONO-4007 produced more TNF-alpha than splenocytes cultured by themselves in the presence of ONO-4007. The stimulation of cKDH-8/11 cells in the presence of ONO-4007 for splenocytes to produce TNF-alpha depended on the type of contact between the cells. The cKDH-8/11 cells fixed in formalin were not able to induce TNF-alpha production of splenocytes even in the presence of ONO-4007. However, syngeneic fibrosarcoma cell line KMT-17/A3, allogeneic hepatocellular carcinoma cell line LDH and rat lung endotherial cell line RLE induced TNF-alpha production in splenocytes, but their stimulation was weaker than that of cKDH-8/11. The soluble form of the cKDH-8/11 cell membrane did not stimulate splenocytes to produce TNF-alpha in the presence of ONO-4007. cKDH-8/11 cells did not stimulate the splenocytes devoid of macrophages to produce TNF-alpha in the presence of ONO-4007.
  • Y Kuramitsu, K Matsushita, Y Ohiro, M Obara, M Kobayashi, M Hosokawa
    ANTI-CANCER DRUGS 8 9 898 - 901 1997年10月 [査読有り][通常論文]
     
    ONO-4007 is a new synthetic lipid A derivative with low endotoxic activities. ONO-4007 was effective against KDH-8, a tumor necrosis factor (TNF)-sensitive rat hepatoma cell line, but neither effective against KMT-17, a TNF-resistant rat fibrosarcoma cell line, nor SST-2, a TNF-resistant rat mammary adenocarcinoma cell line. We have established two sublines from KDH-8 to further examine the therapeutic mechanisms of ONO-4007 in vivo: TNF-sensitive KDH-8/YK and TNF-resistant cKDH-8/11. The two sublines equally proliferated in vitro. Multiple systemic i.v. administration of ONO-4007 was performed on days 7, 14 and 21 after tumor implantation. Although treatment with ONO-4007 had no effect on the growth of cKDH-8/11 in WKAH rats in vivo, 60% of KDH-8/YK-bearing rats treated with ONO-4007 survived. The administration of ONO-4007 brought about significant therapeutic effects on KDH-8/YK-bearing rats but not on cKDH-8/11-bearing rats. These results suggest that ONO-4007 is therapeutically useful for the treatment of TNF-alpha-sensitive tumors.
  • Y Kuramitsu, M Nishibe, Y Ohiro, K Matsushita, L Yuan, M Obara, M Kobayashi, M Hosokawa
    ANTI-CANCER DRUGS 8 5 500 - 508 1997年06月 [査読有り][通常論文]
     
    ONO-4007 is a new synthetic lipid A derivative with low endotoxic activities. We have examined the therapeutic effects of ONO-4007 on rat hepatocellular carcinoma KDH-8 cells, rat fibrosarcoma KMT-17 cells and rat mammary adenocarcinoma SST-2 cells in vivo. Multiple systemic i.v. administration of ONO-4007 was performed on days 7, 14 and 21 after tumor implantation of KDH-8 and SST-2 cells, and on days 5, 10 and 15 after tumor implantation of KMT-17 cells. ONO-4007 showed significant therapeutic effects on KDH-8 cells; by the administration of ONO-4007 (2.5 mg/kg) 70% of rats were cured and by the administration of ONO-4007 (5 mg/kg) 50% of rats were cured. Furthermore, the ONO-4007 treatment prolonged the mean survival time of KDH-8-bearing rats. However, ONO-4007 had no effect on KMT-17 and SST-2 cells, and it had no direct effect on the growth of KDH-8 cells in vivo. Albeit the stimulation with ONO-4007 induced mRNA expressions of interleukin (IL)-1 alpha, IL-6 and tumor necrosis factor (TNF)-alpha, those of IL-2, IL-4, IL-10 and interferon (IFN)-gamma were not induced. Using a bioassay, we found that the production of TNF-alpha in the tumor tissues was induced by ONO-4007 in a dose-dependent manner, KDH-8 cells were sensitive to human natural TNF-alpha in vitro. However, KMT-17 and SST-2 cells were resistant against TNF-alpha in vitro. These results suggest that ONO-4007 is therapeutically useful for the treatment of TNF-alpha-sensitive tumors.
  • サイトカイン遺伝子導入によるPGE2産生腫瘍細胞のワクチン効果の増強.
    大廣洋一
    北海道医学雑誌 72 3 273 - 284 1997年 [査読有り][通常論文]

書籍

  • Ameloblastoma
    Benny S. Latif, Iwan Tofani, Cholid Badri, Prodono, Corputty Johan E.M, Abdul Latifi, Lilies Dwi Sulistayani, Teguh Iman Santoso, Evy Eida Vitria, Rachmitha Anne, Dwi Ariawan, Vera Julia, Muhammad Adhitya, Diah Handjari, Ening Krisnuhoni, Ali Nina Liche Seniati, Anwar Soefi Ibrahim, Sastra Kusama Wijaya, Sutarmo Setiadji, Agri Suwandi, Parintosa A, Krista Bangun, Wenny Yulvie, Syurri Innadinna Syahraini, M. Dhani, Busrocho Bayu Kartiko, Santi Anggraini, Tia Sutiawati, Moch Kadri, Siska Wiwanto, Haulah Rachmah, Shierly Citra Khalisha Hannah, Yossi Nurul, Hananto A, Bramadita Satya, Minarma, Ira Suciati, Rusdiana, Norifumi Nkamura, Takao Fuchigamni, Toshiro Kibe, Kiyohide Ishihata, Takeshi Mitsuyasu, Yoshinori Higuchi, Hirofumi Koyama, Michiko Kishida, Yoshiaki Nishizawa, Mikio Iijima, Masahiro Ueda, Tohru Kiyono, Yoshimasa Maniwa, Shosei Kishida, Yoichi Ohiro, Takaya Yoshimura, Hajime Suzuki, Takayuki Ishida, Kazuhide Matsunaga, Etsuro Nozoe (担当:分担執筆範囲:Chapter 21, ”Dredging Method” - an Alternative Conservative Treatment for Ameloblastoma in the Jaw)
    University of Indonesia 2019年01月
  • The Bicon short implat : 30年の軌跡、今後の展望
    大廣洋一, 小方頼昌, 齋藤成彦, 中村昇司, 南里篤太郎, 平山宗如 (担当:共訳範囲:第12章 サイナスリフトテクニック,第13章 リッジスプリッティングと分層粘膜弁,第14章 萎縮上顎歯槽突起,第15章 萎縮下顎歯槽突起)
    Vincent J. Morgan クインテッセンス出版 2018年11月 (ISBN: 9784781206547) xv, 325p

講演・口頭発表等

  • エナメル上皮腫に対する反復処置法の応用につ いて.  [通常講演]
    大廣 洋一, 関口(山田)珠希, 格口 渉
    第40回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2022年02月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Application of “Dredging method”, an Alternative Conservative Treatment for Ameloblastoma in the Jaw  [招待講演]
    Ohiro Y
    11th International Conference on Dental Science and Education- Hanoi Medical University School of Dentistry 2021年11月 口頭発表(基調)
  • 下顎埋伏智歯抜歯術におけるセフカペンピボキシルとアモキシシリンの手術部位感染予防効果の比較
    山神 彰, 小林 正紀, 山田 武宏, 北川 善政, 大廣 洋一, 佐藤 淳, 石黒 信久, 今井 俊吾, 武隈 洋, 菅原 満, 井関 健
    日本薬学会年会要旨集 2020年03月 (公社)日本薬学会
  • "Dredging Method" - An Alternative Conservative Approach for Treatment of Odontogenic Keratocyst –.
    Ohiro Y, Yamada T, Kakuguchi W, Tei K
    13rd Asian congress on Oral & Maxillofacial Surgery. 2018年11月 口頭発表(一般)
  • エナメル上皮腫ならびに歯原性角化嚢胞に対する反復処置法の応用.  [招待講演]
    大廣 洋一
    第63回日本口腔外科学会総会・学術大会 2018年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • "Dredging Method" - An Alternative Conservative Approach for Treatment of Odontogenic Keratocyst -.  [招待講演]
    Ohiro Y, Yamada T, Kakuguchi W, Tei K
    5th National & 2nd International Bangladesh Conference on Oral & Maxillofacial Surgery. 2018年01月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 反復処置法によるエナメル上皮腫の治療-再発腫瘍への対応-.  [通常講演]
    大廣 洋一
    第62回日本口腔外科学会総会・学術大会. 2017年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 松田光平, 松沢祐介, 山田珠希, 格口渉, 栗林和代, 大廣洋一, 鄭漢忠
    口腔顎顔面外傷 2017年10月 日本口腔顎顔面外傷学会
  • 山田珠希, 足利雄一, 小野貢伸, 栗林和代, 大廣洋一, 鄭漢忠
    頭頸部癌 2017年05月 日本頭頸部癌学会
  • 栗林和代, 山田珠希, 足利雄一, 大廣洋一, 北村哲也, 鄭漢忠
    頭頸部癌 2017年05月 日本頭頸部癌学会
  • 反復処置法によるエナメル上皮腫の治療.  [通常講演]
    大廣 洋一
    第61回日本口腔外科学会総会・学術大会. 2016年11月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Dredging Method-A Conservative Approach for the Treatment of Keratocystic Odontogenic Tumor.
    Ohiro Y, Kakuguchi W, Yamada T, Tei K
    The 57th Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 2016年04月 口頭発表(一般)
  • 角化嚢胞性歯原性腫瘍における歯牙の温存について.
    大廣洋一, 格口渉, 鄭 漢忠, 角化嚢胞性歯原性腫瘍における歯牙の温存について
    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2016年01月 ポスター発表
  • 反復処置法による角化嚢胞性歯原性腫瘍の治療.  [通常講演]
    大廣 洋一
    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会. 2015年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • 格口渉, 大廣洋一, 山田珠希, 鄭漢忠
    日本口腔科学会雑誌 2015年07月 (NPO)日本口腔科学会
  • エナメル上皮腫に対する反復処置法について  [通常講演]
    大廣 洋一
    第69回日本口腔科学会学術集会 2015年05月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Locoregional control in advanced resectable oral squamous cell carcinoma by concurrent preoperative chemoradiotherapy with Docetaxel and Cisplatin.  [招待講演]
    大廣 洋一
    Commemoration Ceremony of Sapporo Dental College & Hospital Scientific Seminar 2014年10月 口頭発表(招待・特別)
  • 反復処置法による角化嚢胞性歯原性腫瘍の治療  [通常講演]
    大廣 洋一
    第59回日本口腔外科学会総会 2014年10月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
  • Locoregional control in advanced resectable oral squamous cell carcinoma by concurrent preoperative chemoradiotherapy with Docetaxel and Cisplatin.
    Ohiro Y, Kuribayashi K, Ashikaga Y, Ono M, Totsuka Y, Tei K
    22nd European Association for Cranio-Maxillo Facial Surgery 2014年09月 ポスター発表
  • 鳥居ちさほ, 鳥居ちさほ, 大賀則孝, 大賀則孝, 秋山廣輔, 間石奈湖, 北條敬之, 大廣洋一, 小野貢伸, 戸塚靖則, 北川善正, 鄭漢忠, 樋田泰浩, 進藤正信, 松野吉宏, 佐藤靖史, 樋田京子
    日本病理学会会誌 2014年03月
  • Dredging Method-A Conservative Approach for the Treatment of Keratocystic Odontogenic Tumor.
    Ohiro Y, Totsuka Y, Tei K
    2014 Annual congress of ROC Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 2014年03月 ポスター発表
  • 局所進行口腔癌における術前DOC・CDDP併用放射線療法の有用性.
    大廣洋一, 栗林和代, 足利雄一, 小野貢伸, 進藤正信, 鄭 漢忠
    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014年01月 口頭発表(一般)
  • 口腔扁平上皮癌における新規予後因子Vasohibin-1の発現解析(Vasohibin-1 as a novel prognostic factor in oral squamous cell carcinoma)  [通常講演]
    鳥居 ちさほ, 大賀 則孝, 秋山 廣輔, 間石 奈湖, 北條 敬之, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 鄭 漢忠, 樋田 泰浩, 進藤 正信, 佐藤 靖史, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 2013年10月 日本癌学会
  • Histopathological response of concurrent preoperative chemoradiotherapy with Docetaxel and Cisplatin for Oral Squamous Cell Carcinoma.
    Ohiro Y, Kuribayashi K, Ashikaga Y, Ono M, Totsuka Y, Tei K
    21st European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery 2012年09月 ポスター発表
  • The effect of concurrent chemoradiotherapy of the metastatic lymph node in advanced lower gingival carcinoma.
    Ohiro Y, Kuribayashi K, Ashikaga Y, Ono M, Tei K, Totsuka Y
    2012 Annual congress of ROC Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 2012年03月 ポスター発表
  • Dredging Method - A Conservative approach for the keratocystic odontogenic tumor.  [招待講演]
    大廣 洋一
    4th General Assembly of Guangxi Stomatological Association (GSA) & the 14th Annual Academic Meeting 2011年12月 口頭発表(招待・特別)
  • Dredging Method - A Conservative approach for the keratocystic odontogenic tumor.  [招待講演]
    大廣 洋一
    Egyptian Dental Association The 15th International Dental Congress 2011年10月 口頭発表(招待・特別)
  • 当施設におけるびまん性硬化性下顎骨骨髄炎の臨床的検討 臨床病態について  [通常講演]
    小野寺 麻記子, 山崎 裕, 秦 浩信, 足利 雄一, 大廣 洋一, 松沢 祐介, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 箕輪 和行, 滝波 修一, 進藤 正信, 野谷 健一, 北川 善政
    日本口腔外科学会雑誌 2011年09月 (公社)日本口腔外科学会
  • 当施設におけるびまん性硬化性下顎骨骨髄炎の臨床的検討 治療効果について
    足利 雄一, 山崎 裕, 秦 浩信, 小野寺 麻記子, 野谷 健一, 北川 善政, 松沢 祐介, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 箕輪 和行, 滝波 修一, 進藤 正信, 戸塚 靖則
    日本口腔外科学会雑誌 2011年09月 (公社)日本口腔外科学会
  • 角化嚢胞性歯原性腫瘍に対する反復処置法の応用と要点.  [通常講演]
    大廣 洋一
    第29回日本口腔腫瘍学会総会 2011年01月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • Treatment of Oral Cancer.  [招待講演]
    大廣 洋一
    2nd Scientific Seminar, Sapporo Dental College Alumni Association 2010年11月 口頭発表(招待・特別)
  • The pattern of residual tumors after concurrent chemoradiotherapy in advanced lower gingival carcinoma.
    Ohiro Y, Kaneko M, Tei K, Totsuka Y
    9th the Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery 2010年11月 ポスター発表
  • 足利 雄一, 萬 顕, 佐藤 和代, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 鄭 漢忠, 戸塚 靖則
    日本口腔科学会雑誌 2009年09月 (NPO)日本口腔科学会
  • 緑茶ポリフェノールEGCGは腫瘍血管内皮に対する抑制効果を有する(Inhibitory Effects of Epigallocatechin-3 Gallate, a Polyphenol in Green Tea, on Tumor-Associated Endothelial Cells)  [通常講演]
    大賀 則孝, 樋田 泰浩, 土屋 邦彦, 村木 力, 秋山 広輔, 近藤 美弥子, 間石 奈湖, 黒須 拓郎, 大廣 洋一, 戸塚 靖則, 進藤 正信, 樋田 京子
    日本癌学会総会記事 2009年08月 日本癌学会
  • 栗林和代, 小野貢伸, 足利雄一, 大廣洋一, 鄭漢忠, 佐藤明, 野谷健一, 北川善政, 戸塚靖則
    頭頸部癌 2009年05月
  • 大賀則孝, 樋田京子, 樋田泰浩, 村木力, 土屋邦彦, 大廣洋一, 戸塚靖則, 進藤正信
    日本病理学会会誌 2009年03月
  • Residual tumors after concurrent preoperative chemoradiotherapy with Docetaxel and Cisplatin in squamous cell carcinoma of the lower alveolus.
    Ohiro Y, Ono M, Shindoh M, Tei K, Totsuka Y
    8th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery 2008年11月 口頭発表(一般)
  • 大廣洋一, 進藤正信, 小泉雄, 小野貢伸, 足利雄一, 鄭漢忠, 山崎裕, 佐藤明, 野谷健一, 北川善政, 戸塚靖則
    日本口腔科学会雑誌 2008年09月
  • 腫瘍血管内皮細胞ならびに血管内皮前駆細胞は正常血管内皮細胞に比べ、緑茶ポリフェノールに感受性を有する(Tumor endothelial cells and EPC are more sensitive to EGCG compared to normal endothelial cells)  [通常講演]
    大賀 則孝, 樋田 京子, 村木 力, 樋田 泰浩, 土屋 邦彦, 大廣 洋一, 戸塚 靖則, 進藤 正信
    日本癌学会総会記事 2008年09月 日本癌学会
  • 小野貢伸, 佐藤明, 足利雄一, 大廣洋一, 鄭漢忠, 野谷健一, 北川善政, 戸塚靖則
    頭頸部癌 2008年05月
  • 松沢正宏, 大廣洋一, 鄭漢忠, 戸塚靖則, 山崎裕, 野谷健一, 北川善政
    日本口腔科学会雑誌 2008年01月
  • 大賀則孝, 樋田京子, 樋田泰浩, 村木力, 土屋邦彦, 松田光平, 大廣洋一, 戸塚靖則, 進藤正信
    生化学 2008年
  • Pamidronate in the treatment of diffuse sclerosing osteomyelitis of the mandible.
    Ohiro Y, Mabuchi A, Takashi N, Tei K, Totsuka Y
    89th AAOMS Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition in conjunction with Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons and the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 2007年10月 口頭発表(一般)
  • 小野貢伸, 進藤正信, 大廣洋一, 足利雄一, 鄭漢忠, 山崎裕, 野谷健一, 北川善政, 戸塚靖則
    頭頸部癌 2007年05月
  • 山崎裕, 佐藤明, 佐藤千晴, 野谷健一, 大廣洋一, 小野貢伸, 鄭漢忠, 戸塚靖則, 北川善政
    日本口腔科学会雑誌 2007年01月
  • 山田珠希, 笠原和恵, 大廣洋一, 野呂洋輔, 山本栄治, 小林一三, 戸塚靖則, 佐藤明, 北川善政, 飯塚正, 進藤正信
    日本口腔科学会雑誌 2007年01月
  • 骨性異形成症の臨床病理学的研究  [通常講演]
    笠原 和恵, 山田 珠希, 山本 栄治, 大廣 洋一, 戸塚 靖則, 北川 善政, 飯塚 正, 進藤 正信
    日本口腔外科学会雑誌 2006年09月 (公社)日本口腔外科学会
  • Histopathological Response of concurrent pre-operative Chemoradiotherapy with Docetaxel and Cisplatin in Oral Squamous Cell Carcinoma  [通常講演]
    Ohiro Y, Totsuka Y
    18th Congress of the European Association for the Cranio-Maxillofacial Surgery 2006年09月 口頭発表(一般)
  • 高野昌士, 小野貢伸, 足利雄一, 大廣洋一, 鄭漢忠, 山崎裕, 野谷健一, 北川善政, 戸塚靖則
    頭頸部癌 2006年05月
  • Histopathological response of concurrent pre-operative chemoradiotherapy with Docetaxel and Cisplatin in oral squamous cell carcinoma  [招待講演]
    Ohiro Y, Totsuka Y
    12nd International Congress Egyptian Dental Association 2005年12月 口頭発表(招待・特別)
  • 小堀善則, 大廣洋一, 鄭漢忠, 小野貢伸, 戸塚靖則, 山崎裕, 野谷健一, 北川善政, 進藤正信, 向後隆男
    日本口腔腫瘍学会誌 2005年09月
  • 斉藤正晃, 山崎裕, 佐藤千晴, 佐藤明, 野谷健一, 北川善政, 大廣洋一, 鄭漢忠, 戸塚靖則
    日本口腔科学会雑誌 2005年09月
  • 大廣洋一, 小堀善則, 小野貢伸, 鄭漢忠, 山崎裕, 野谷健一, 北川善政, 進藤正信, 向後隆男
    頭頸部癌 2005年05月
  • 佐藤明, 野谷健一, 北川善政, 足利雄一, 小野貢伸, 大廣洋一, 高野昌士, 小堀善則, 鄭漢忠
    頭頸部癌 2005年05月
  • Clinico-pathological analysis of recurrent ameloblastoma treated by the “dredging method”.  [通常講演]
    Kobayashi I, Kasahara K, Ohiro Y, Henmi H, Yamamoto E, Inoue N, Totsuka Y, Iizuka T, Shindoh M, Kohgo T
    Int J Oral Maxillofac Surg 2005年
  • Mutant p53 alters the localization of Daxx in the cells.
    Ohiro Y, Kitamura T, Hata H, Kobori Y, Izumiyama Y, Totsuka Y, Shindoh M
    93rd Annual Meeting of American Association for Cancer Research 2002年04月 ポスター発表
  • Augmentation of vaccine effects of PGE2-producing tumor cells by transfection with cytokine genes.  [通常講演]
    Ohiro Y, Kuramitsu Y, Kobayashi M, Hosokawa M, Totsuka Y
    13rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery 1997年09月 口頭発表(一般)

その他活動・業績

  • Robin Sequence患者における舌前方固定術前・後の栄養摂食経路および体重増加に関する検討
    青海 哲也, 大廣 洋一, 古郷 幹彦, 鄭 漢忠 北海道歯学雑誌 40 (1) 13 -19 2019年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Robin Sequence(RS)は、小下顎、舌根沈下による気道閉塞、特徴あるU字形口蓋裂を主徴とする疾患である。今回、呼吸障害の改善のため舌前方固定術を行ったRS症例の栄養摂取経路と体重発育について検討した。【対象と方法】2011年2月から2015年2月までの期間に大阪大学歯学部附属病院第一口腔外科を受診し非症候群性RSと診断され、Argamaso法による舌前方固定術を施行した7例(男児2名、女児5名)を対象とした。全例で呼吸状態は改善していた。術前・後の栄養経路と体重発育の推移を調査した。【結果】術前の栄養経路は7例中6例(86%)で経鼻経管栄養による管理を要した。術後では、7例中5例(71%)において術後3日から1.5ヵ月と比較的早期の段階で経鼻経管栄養チューブの抜去が可能であった。1例は抜去までに6ヵ月、もう1例は11.5ヵ月の期間を要した。哺乳量は5例中4例(80%)が月齢目安と同等程度を哺乳が可能であった。術前の体重発育は、7例中4例(57%)は術前の体重発育は不良であった。術後では、7例中6例(88%)において舌固定術後の体重発育は良好であった。特に、舌固定術術前の体重発育は不良であった3例は、術後に呼吸状態が安定すると体重発育も著明に改善を認めた。【結論】本術式を適応した症例では、呼吸障害の改善だけではなく、経口摂取障害を改善し、順調な体重発育を促進できることが示唆された。(著者抄録)
  • T1-2N0M0舌扁平上皮癌の検討
    大鶴 光信, 太田 嘉英, 柳本 惣市, 大倉 正也, 梅田 正博, 桐田 忠明, 栗田 浩, 上田 倫弘, 長谷川 巧実, 柴原 孝彦, 野口 忠秀, 野口 一馬, 山下 善弘, 大廣 洋一, 内藤 博之 日本癌治療学会学術集会抄録集 54回 PS -2 2016年10月
  • T1-2N0M0舌癌に予防郭清を行うことの是非に関する多施設共同研究(JOOG RA1403)
    大鶴 光信, 太田 嘉英, 梅田 正博, 柳本 惣市, 栗田 浩, 鎌田 孝広, 桐田 忠昭, 山川 延宏, 上田 倫弘, 山下 徹郎, 大倉 正也, 相川 友直, 大廣 洋一, 栗林 和代, 山下 善弘, 長井 健太郎, 野口 一馬, 岸本 裕充, 長谷川 巧実, 古森 孝英, 傳田 祐也, 内藤 博之, 柴原 孝彦, 野口 忠秀, 唐木田 一成 頭頸部癌 42 (2) 170 -170 2016年05月
  • 山田 珠希, 栗林 和代, 大廣 洋一, 篠原 早紀, 松田 光平, 鈴木 豊典, 北村 哲也, 進藤 正信, 鄭 漢忠 北海道歯学雑誌 36 (2) 134 -141 2016年03月 
    顎顔面領域に発症する悪性リンパ腫の顎骨における発生は極めてまれである.今回われわれは下顎骨骨髄から発生した悪性リンパ腫の1例を経験したので報告する. 患者は59歳,男性.2014年9月に右耳下腺咬筋部の腫脹を自覚し,その後腫脹の増大傾向を認めたため,10月に病院歯科口腔外科を受診した.同院では臨床所見ならびに画像所見から歯に起因する炎症性疾患と診断され,抗菌薬による消炎処置後,原因歯の抜歯術が施された.腫脹は一時改善傾向を示したが,その後再燃したため,腫瘍性病変が疑われ2015年1月に紹介受診した.初診時の口腔外所見では顔貌左右非対称で右耳下腺咬筋部に弾性硬の著明な腫脹を認め,右オトガイ部皮膚と下唇に知覚鈍麻を認めた.口腔内所見では右頬粘膜下に腫瘤性病変を認めたが,表面を被覆する粘膜は正常であった.画像検査では右下顎骨体,下顎枝,下顎頭の骨髄内からその周囲に比較的境界明瞭な腫瘤性病変を認め,また,皮質骨全体に点状の骨欠損を認めた.PET-CT検査では腫瘤と一致した部位にSUV max 22.5の集積亢進を認めた.臨床検査所見では特記すべき所見は認められなかった.下顎骨骨髄由来の腫瘍の臨床診断のもと,右頬粘膜部から腫瘤性病変の生検を行い,びまん性大細胞性B細胞リンパ腫と診断された.血液内科に対診し,R-COHP療法ならびに放射線治療により寛解が得られ,現在血液内科にて経過観察中である.Malignant lymphoma arising in the mandible is extremely rare. In this study we report on a case of malignant lymphoma arising in the bone marrow of the mandible. The patient was a 59-year-old man. In September 2014, he noticed a swelling in the right parotid masseteric region. The swelling was getting bigger, and thereafter he visited an oral surgeon's hospital in October, 2014. In the hospital, antibiotics were administered and he had the diagnosis of an odontogenic inflammation from clinical and imaging findings. The swelling was improved temporarily, but the symptom recurred soon. Other diseases, including lesions, were suspected. He was then referred to our hospital. At the first visit, an extra-oral examination showed facial asymmetry caused by the swelling and hypoesthesia of the right mental region and lower lip. An intraoral examination showed a mass under the right normal buccal mucosa. Contrast enhanced CT and an MRI showed irregular and punctate bone resorption in the cortical bone of the right mandible and uniformly enhanced soft tissue. PET-CT revealed an abnormal uptake in the right mandible region (SUV max : 22.5). In blood tests there were no apparent abnormalities. Biopsy of the tissue showed diffuse large B-cell lymphoma. He received chemotherapy with R-CHOP and irradiation at the department of hematology. He has remained in remission six months after treatment.
  • 鳥居 ちさほ, 大賀 則孝, 秋山 廣輔, 間石 奈湖, 北條 敬之, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 北川 善正, 鄭 漢忠, 樋田 泰浩, 進藤 正信, 松野 吉宏, 佐藤 靖史, 樋田 京子 日本病理学会会誌 103 (1) 281 -281 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 当施設におけるびまん性硬化性下顎骨骨髄炎の臨床的検討 臨床病態について
    小野寺 麻記子, 山崎 裕, 秦 浩信, 足利 雄一, 大廣 洋一, 松沢 祐介, 小野 貢伸, 戸塚 靖則, 箕輪 和行, 滝波 修一, 進藤 正信, 野谷 健一, 北川 善政 日本口腔外科学会雑誌 57 (Suppl.) 137 -137 2011年09月 [査読無し][通常論文]
  • 大賀 則孝, 樋田 京子, 樋田 泰浩, 村木 力, 土屋 邦彦, 大廣 洋一, 戸塚 靖則, 進藤 正信 日本病理学会会誌 98 (1) 370 -370 2009年03月 [査読無し][通常論文]
  • プロスタグランジンE2による腫瘍免疫の抑制.
    大廣洋一, 細川眞澄男 臨床免疫 29 (1) 1115 -1120 1997年09月 [査読無し][通常論文]
  • 大廣洋一, 蔵満保宏, 小林正伸, 松下和裕, 岡田太, 中井一元, 細川真澄男 Biotherapy (Tokyo) 11 (3) 319 1997年03月 [査読無し][通常論文]
  • 癌化学療法により腫瘍局所に産生されるLAK遊走阻止因子.
    藏滿保宏, 小原 効, 大廣洋一, 袁 嵐, 松下和裕, 小林正伸, 細川眞澄男 BIOTHERAPY 11 (3) 352 -354 1997年 [査読無し][通常論文]

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • がんと腫瘍血管の相互作用による新たな転移促進機構の解明とその制御
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 菊地 奈湖, 樋田 京子, 樋田 泰浩, 篠原 信雄, 大廣 洋一, 松田 彩
  • 腫瘍血管内皮細胞因子標的によるがん免疫の活性化と新たな治療法開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2021年04月 -2024年03月 
    代表者 : 樋田 京子, 菊地 奈湖, 樋田 泰浩, 大廣 洋一, 松田 彩, 上田 倫弘
  • エナメル上皮腫の浸潤機構解明による新規治療法の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 北村 哲也, 菊地 奈湖, 大廣 洋一, 樋田 京子, 東野 史裕, 松田 彩
     
    本研究ではエナメル上皮腫の浸潤性増殖の解明を目的とし、主にbudding領域について詳細な検討を行ってきた。budding領域は、エナメル上皮腫の組織学的特徴の一つで、腫瘍から間質への出芽様構造のことであり、これが浸潤性増殖の原因と考えられている。これまで我々は、budding領域にHuRタンパク質と⊿Np63タンパク質が高発現していることを免疫組織学的に明らかにしてきた。そこで、HuRと⊿Np63との分子生物学的関連について着目した。HuRはmRNA結合タンパクであることから、HuRタンパクと⊿Np63 mRNAとの結合をRIP assay法によって検討した。細胞はエナメル上皮腫の培養細胞株であるAM-1細胞を用いた。その結果、HuRタンパクは⊿Np63 mRNAに結合することが明らかとなった。また、HuRタンパクとmRNAの結合を特異的に阻害するCMLD2を用いたところ、HuRタンパクと⊿Np63 mRNAとの結合は阻害された。 次に、HuRタンパクと⊿Np63 mRNAの結合の意義について検討した。AM-1細胞にCMLD-2を用いて、⊿Np63 mRNAの発現をreal time PCR法を用いて、⊿N63タンパク質の発現についてWestern blotting法を用いて検討した。⊿Np63 mRNAの半減期はCMLDを作用させると短くなり、⊿N63タンパク質は経時的に発現が減少した。このことから、HuRタンパクは⊿Np63 mRNAに結合して、mRNAを安定化させ、その結果タンパク質の発現を上昇させていることが明らかとなった。 これらの結果から、budding領域での生物学的機序が明らかとなった。
  • 口腔がんの転移に関わる口腔常在菌の解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2019年04月 -2022年03月 
    代表者 : 大廣 洋一, 北村 哲也, 樋田 京子, 長谷部 晃
     
    細菌特異的な16s rDNAの発現をPCRで確認する際,バックグラウンドの低下と,精度を向上させるために下記を行った. 1) 腫瘍組織選択的なDNA 抽出条件の検討:手術標本の残余組織を用いて,①未染のパラフィン固定された組織,②ヘマトキシリン・エオジン(HE)染色された切片よりNucleoSpin DNA FFPE XSにてDNAを抽出した.HE染色により,腫瘍組織より選択的にDNAを回収できることを想定したが,HE染色によりDNA収量が30%程度以下になることを確認した.HEで染色では腫瘍部・非腫瘍部を判別するには簡便だが,DNAの抽出には不利であることがわかった. 2)ポジティブコントロールの調整:手術残余組織と細菌学教室より供与いただいたストレプトコッカス・ミュータンス(S. mutans)とを混合し,DNA抽出,PCRを行った.また,同様に大腸菌(E. Coli)を材料として上記手順を行ったところ組織とS. mutansの混合物ならびにE. Coliから回収したサンプルでは16srDNAの発現が確認された. 3)転移リンパ節標本からのDNA抽出条件の検討:リンパ節標本(15x15mm大)ならびに原発腫瘍の深部(細菌に汚染されていない部分)のみからなる薄切(4.25 μm)切片10枚よりDNAを抽出し,さらにポジティブコントロールとして大腸菌(E.Coli)由来のDNAを用いて,PCRを行ったところ30サイクルではポジティブコントロールのみで発現したが,実験群では発現は確認できなかった.PCRの条件に問題はないが,標的臓器で確認するためには,キットの選定,プライマーの設定,サイクル数などの検討が必要と考えられた.
  • 口腔がんエクソソームによるがんの転移促進機構の解明と転移制御への応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2018年04月 -2021年03月 
    代表者 : 樋田 京子, 北村 哲也, 菊地 奈湖, 樋田 泰浩, 大廣 洋一, 大賀 則孝
     
    高転移性の癌細胞に特異的なエクソソームmiRANの同定:高転移性・低転移性の癌細胞の培養上清から超遠心法によりエクソソームを精製し、CD9、CD63などの膜抗原の確認を行った後、miRNAを抽出した。miRNA アレイにより転移能の異なるがん細胞エクソソームにおけるmiRNAレベルを比較し、絞り込んだmiRNAについてTaqman-qPCR 法で再現性を確認した。 高転移性がん由来エクソソームmiRNAの血管内皮への影響の解析(in vitro): 上述で絞り込まれたmiRNAを正常血管内皮細胞に導入したもの、ならびに高転移性、低転移性がんそれぞれのエクソソームを処理した正常血管内皮においてその遺伝子発現を比較する。共通して発現亢進している分子の中から、血管内皮細胞のE-selectin、ICAM1、CAM2、 VCAMなどの接着分子ならびにVE-cadherin、ZO-1などの細胞間接着分子の発現変動に注目する。さらに腫瘍血管内皮から多く分泌されていることを見出している因子(biglycan、IL6、PTX3など)の発現変動についても解析した。さらに、上記で選別されたmiRNAのmimicを正常血管内皮に導入し共通して発現量が増加するmiRNAを血管内皮形質変化責任miRNA-Xとして同定し、エクソソームmiRNA-Xによる血管内皮細胞の形質変化を解析した。miR-Xにより血管内皮のモノレイヤーに対するがん細胞の浸潤性が促進することを見出した。VE-cadherinの発現低下がその機序の一つとして見出された。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2013年04月 -2016年03月 
    代表者 : 大廣 洋一, 秋山 廣輔, 鄭 漢忠, 進藤 正信
     
    1)悪性腫瘍細胞株を用いてがん幹細胞と成熟がん細胞を分離した.2)マウス移植モデルから腫瘍血管内皮細胞(TEC)を分離した.3)CSCとTECとの共培養,およびCSCへのTEC培養上清(TEC-CM)処理をおこなった.これにより,CSCにおいて生存シグナルAktやNF-kBの活性化がおこることがわかった.CSCにおいていくつかの幹細胞マーカーの発現が変化し,またがん細胞のアポトーシスが阻害されていること示唆された.さらに,高転移性腫瘍組織から分離したTECと共培養した際に,より大きなspheroidを形成し,TECによるanoikis抵抗性が誘導されることが示唆された.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2012年04月 -2015年03月 
    代表者 : 戸塚 靖則, 大賀 則孝, 鄭 漢忠, 大廣 洋一, 進藤 正信, 樋田 京子
     
    癌組織は強い低酸素とともに,極度の低栄養状態にある.そのような環境で生じる活性酸素(ROS)ががん幹細胞や,さらにそのニッチの役割を果たす腫瘍血管の生態に及ぼす影響を解明し,がん幹細胞の標的化治療法につながる分子機構に迫った.ROSにより癌細胞において幹細胞マーカーの発現や血管新生因子の発現が亢進し,さらに腫瘍血管内皮においても様々な遺伝子の発現が変動した.ROSにより増加する腫瘍血管内皮由来分泌たんぱくのうちがん細胞を走化させ,未分化性の維持に働くことものがあることが示唆された. 最後に,抗酸化剤DPIを用いてin vivo 腫瘍増殖に対する効果を検証した.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 大廣 洋一, 戸塚 靖則, 北村 哲也, 進藤 正信
     
    口腔がんのシスプラチン耐性遺伝子の候補であるオステオポンチンに関して以下の知見が得られた。オステオポンチンを強制発現させた口腔癌細胞株はシスプラチンに抵抗性を示した。逆にオステオポンチンの発現を抑制した細胞ではシスプラチンに感受性を示した。オステオポンチンはAKTの活性を亢進することで,シスプラチンによるアポトーシスに抵抗性を示すことが明らかとなった。オステオポンチンはシスプラチン耐性を術前に予測できるマーカーとなりうることが明らかとなった.
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究期間 : 2008年 -2011年 
    代表者 : 戸塚 靖則, 進藤 正信, 東野 史裕, 樋田 京子, 北村 哲也, 大場 雄介, 松本 健一, 大廣 洋一
     
    我々は、癌の「間質」に存在する腫瘍血管内皮細胞が正常血管内皮細胞とは異なった遺伝子背景をもつことを明らかにしてきた。近年、上皮間葉移行が癌細胞の浸潤・転移に重要な役割を果たしていることが明らかになってきた。上皮性の口腔扁平上皮癌細胞と間葉系細胞の相互作用を検索することは、癌細胞のみならず腫瘍に栄養・酸素を供給することで腫瘍の生存や増殖に関わっている間質細胞をターゲットにした効率的な治療法の確立にも寄与することが期待される。HuRは通常、核に存在しているタンパクでAU-rich element(ARE)mRNAの安定性に関与している。我々は、ウイルス発癌系でARE mRNAがHuRを介して安定化され細胞の形質転換(癌化)に関与していることを明らかにした。口腔環境は唾液腺など全身の臓器の中で特異な器官を有している。我々は破骨細胞の誘導因子であるRANCLが口腔環境で発現が高いことをみいだした。さらにヌードマウスに口腔癌細胞を移植すると口腔に移植した癌細胞が有意に増大することを発見し、このような所見はRANKLが口腔癌のstem cellの上皮間葉移行を生じさせることで誘導されることを明らかにした。腫瘍の微小環境は癌細胞の増殖や浸潤転移と深く関わっている。我々は、腫瘍間質に存在する血管(腫瘍血管)を分離培養し、その生物学的特徴について検索してきた。その結果、炎症を惹起することでも知られているCox-2を阻害することで腫瘍血管新生が抑制されること、腫瘍血管はVEGFシグナルを介したMDR1の転写亢進により抗癌剤に対する抵抗性を獲得することなどが明らかになり、このような検索結果は腫瘍血管をターゲットにした分子標的治療へ応用する可能性が高まった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2007年 -2009年 
    代表者 : 小野 貢伸, 進藤 正信, 東野 史裕, 樋田 京子, 北村 哲也, 大廣 洋一, 戸塚 靖則, 小林 正伸
     
    腫瘍の転移は悪性腫瘍の治療においてその予後に影響する最も重要な因子であり、口腔悪性腫瘍の大部分を占める扁平上皮がんの治療にあたっても、転移の有無が予後と深く関わっている。口腔扁平上皮がんの転移の大部分は所属リンパ節である頸部リンパ節へのリンパ行性転移で、その治療にあたっては原発巣とともに転移したリンパ節の制御が必須であり、とくに現在画像診断的に検出が困難である径5mm以下の微小リンパ節転移の有無を術前に知ることが可能であればその意義は大きい。今回の検索は、口腔がんにおける転移形質に関与する遺伝子/遺伝子産物の同定を行うことを第一の目標としている。 ヒト口腔正常粘膜上皮、白板症、口腔がん組織より試料を採取し、直ちに液体窒素で凍結保存を行い、以後の実験に用いた。試料の一部よりRNAを抽出しDNAマイクロアレイにより網羅的解析を行ったところ、数十の発現亢進する遺伝子および発現が低下した遺伝子が認められた。 これらの中で口腔がんで発現が亢進しているPim-1に注目して検索を行った。口腔扁平上皮がん細胞株6種全てにPim-1のタンパク発現が認められた。北海道大学病院で口腔扁平上皮がんと診断された早期がん症例39例についてPim-1の発現を検索したところ17例(44%)にPim-1発現が認められた。Pim-1発現症例は有意に所属リンパ節転移、遠隔臓器転移が多く、Pim-1発現と転移の関連性が示唆された。転移形質とPim-1の関連を探るため、siRNAを用いて検討を行った。その結果、Pim-1に対するsiRNA導入細胞では細胞運動能の低下がみられ、この際にRac1の活性が低下することが明らかになった。 以上の結果は、Pim-1はRac1の活性化により口腔がん細胞の運動能を高め、転移形質に深く関与しており、Pim-1をターゲットにした画像診断の有用性を示唆するものだった。
  • 日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2007年 -2008年 
    代表者 : 石川 誠, 進藤 正信, 小林 正伸, 東野 史裕, 大廣 洋一
     
    腫瘍の転移と再発は予後を左右する大きな要因であり、その防止対策が急務である。がん抑制遺伝子であるp53は多くの腫瘍でその変異がみられ、がん抑制遺伝子としての機能を喪失するだけでなく、より悪性度の高い腫瘍としての形質を獲得することが示され始めている。p53変異の導くリスクファクターとしての意義を明らかにし、腫瘍の再発の防止の一助とすることを目的に検索を行った。 11例の口腔扁平上皮がん患者について病理学的検索を行った。免疫染色でp53異常タンパクの蓄積が9例に認められ、変異型p53をゲノムにもつ可能性が示唆された。これらの症例からDNAおよびRNAを抽出し、遺伝子変異について検索したところ、全例でp53の変異が確認された。 抗がん剤は癌細胞にアポトーシスを引き起こし細胞死誘導を生じさせる。野生型p53はこの機構に重要な役割を演じているが、口腔がんの多くは変異型p53をゲノムにもち抗がん剤の効果を高める必要性がある。ゲノムに変異型p53をもち抗がん剤シスプラチンに抵抗性をもつ口腔がん細胞株HSC3を対象としてシスプラチンの細胞死誘導に及ぼすポリリン酸の影響について検索した。ポリリン酸は10数個から数百個の正リン酸が直鎖状に結合したポリマーで,ほとんど全ての生物に存在することが知られているが生物学的機能については不明な点が多い。その結果、ポリリン酸がシスプラチン処理により細胞に生じた細胞死誘導をさらに活性化し、低濃度のシスプラチンでも細胞死を誘導できることが明らかになり、この際にはp53被依存的にBaxの転写活性化にともなうCaspase9, PARPの活性化が生じていた。このような所見は、ポリリン酸がp53以外の転写因子の安定化にはたらきストレス経路によるアポトーシス誘導経路を刺激したものと思われた。 さらに患者血清中のp53タンパクの発現についてELISA法を用いて検討を行った。その結果、血清中にp53タンパクの発現がみられた症例では二次的なリンパ節転移の頻度が高く、予後との相関が得られた。
  • 顎骨骨折・顎骨欠損への再生医療の試み-ポリリン酸による顎骨誘導-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 萌芽研究
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 松沢 祐介, 進藤 正信, 小林 正伸, 東野 史裕, 北村 哲也, 大廣 洋一, 戸塚 靖則
     
    再生医療は、各種の疾病により失われた臓器・組織・細胞を遺伝子工学・組織工学・細胞工学を利用して再生を図る治療で、高齢者の増加に伴う歯周組織の再生医療への要求はますます強まってくるものと考えられる。ポリリン酸は、原核生物ではエネルギー供与体、リン酸リザーバー、遺伝子発現制御因子、DNA導入時のチャンネルとして働く等の機能が明らかになっている。これに対して、真核細胞・生物では、細胞内や血漿中に存在し、神経細胞ではとくに長鎖のポリリン酸が存在することが明らかであるが、その生物学的機能は不明であった。 今回、ポリリン酸を培地に添加した際、ヒト歯肉線維芽細胞の増殖活性が亢進することを見いだした。線維芽細胞培養液中にポリリン酸を加えることでFGF-2半減期は著しく延長し、FGF-2が安定化することをWestern blottingで確認した。RI標識したポリリン酸はFGF-2に結合し、ポリリン酸と結合したFGF-2とFGFレセプターは強固に結合することをBiacoreを用いた実験で確認した。さらに、骨形成にはたらくTGF-βファミリー遺伝子産物の一つであるBMP-2の発現ベクターを導入した線維芽細胞においてBMP-2の発現がポリリン酸処理により亢進することを見出した。さらに、ポリリン酸処理により、骨芽細胞株MC3T3-E1細胞で骨形成タンパクであるOsteocalcin、Osteonectinが誘導されることを明らかにした。ヒト歯髄細胞(HDPC)を用いてポリリン酸の効果を検討した。歯髄細胞はFGFを分泌し、ポリリン酸添加によりHDPCの増殖は亢進し、細胞内でのMAPKカスケードであるERKのリン酸化が亢進し、HDPCの骨芽細胞への分化が誘導され、石灰化が認められた。このような所見はポリリン酸がFGFシグナル伝達経路を活性化し、stem cellの骨芽細胞への誘導・石灰化を促進することを示唆するものであった。
  • ナノコロイドを用いた遺伝子デリバリーシステムの開発と遺伝子標的治療への応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 進藤 正信, 小林 正伸, 古月 文志, 東野 史裕, 樋田 京子, 北村 哲也, 大廣 洋一, 戸塚 靖則
     
    悪性腫瘍や先天性遺伝子疾患に対して遺伝子治療の試みがなされているが、効率が低いことや必ずしも生体への安全性が確かめられないことなどの問題点があり、未だに決定的・効果的な方法は開発されていない。我々は、内部に発現プラスミドを封入し、粒子表面に細胞表面レセプターに対するリガンドペプチドを結合させた微細粒子(ナノコロイド)により、ターゲットとなる細胞の細胞表面レセプターを利用し、細胞特異的な遺伝子デリバリーシステムの開発を目的として研究を企画した。 口腔扁平上皮がん細胞の多くはEGFレセプター(EGFR)を発現していることが考えられている。口腔扁平上皮がん細胞株5種類(HSC2, HSC3, HSC4,'Ca9.22, SAS)を用いてWestern blotでEGFRの発現を検索したところ、全ての細胞株で発現が認められた。EGFR結合配列をもつペプチドを合成し、EGFRとの結合についてBiacoreを用いて結合分子間力を検討した。その結果、合成ペプチドはEGFRと結合することが明らかになった。このペプチドとGFP発現ベクターをナノコロイドに結合させ、口腔がん細胞への導入効果について検討した。その結果、遺伝子導入効果がみられたが、その効率は30%ほどで、今後、担体の構造を変化させることによって効率を上げることを目指している。なお、合成ペプチドはEGFRに結合するが、細胞内ドメインのリン酸化は起こさないことが確認された。血管新生にはたらくアドレノメデュリン阻害作用をもつ遺伝子配列をもつベクターをヌードマウスに移植した腫瘍に対して作用させたところ腫瘍の抑制効果が認められた。
  • 腫瘍血管内皮に対する遺伝子標的治療:siRNA,miRNAの口腔がんへの応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2006年 -2007年 
    代表者 : 戸塚 靖則, 進藤 正信, 樋田 京子, 東野 史裕, 小林 正伸, 大廣 洋一
     
    腫瘍は遺伝子の疾患であり、がん細胞に対する遺伝子標的治療が行われている。しかし、腫瘍自体の遺伝子異常は複雑で、単一の遺伝子をターゲットにした遺伝子標的治療は極めて困難と考えられる。 一方、腫瘍細胞が生存・増殖するためには、腫瘍間質の血管新生が腫瘍の増殖に必須であることから、この血管新生を阻害することで腫瘍の増殖を抑制する治療法が考えられている。腫瘍間質に存在する血管は正常な血管内皮細胞であると考えられてきたが、樋田はマウス皮下移植腫瘍モデルから分離した腫瘍血管内皮細胞は正常血管内皮細胞とは遺伝子的に異なった性格を有することを明らかにした。 平成18年度において、我々は腫瘍血管内皮細胞と正常血管内皮細胞を樹立するために、口腔がん、腎癌、肺癌の手術摘出材料から磁気ビーズ法で血管内皮細胞を分離した。この細胞はCD34やCDI31を発現し、血管内皮細胞であることが確認された。 この腫瘍血管内皮細胞からRNAを抽出し、網羅的解析を行った。その結果、腫瘍血管内皮細胞で発現の亢進している70の遺伝子を同定した。その遺伝子群の一部について腫瘍血管内皮での発現をreal-time RT-PCRとWestern blotで確認した。現在、北海道大学知財部と共同で、これらの遺伝子に対する特許出願準備中である。一部の遺伝子については発現細胞にsiRNAを導入することで細胞の増殖抑制が得られた。また、Cox-2阻害剤により腫瘍血管内皮細胞の運動能が低下することを見出した。
  • 口腔悪性腫瘍の放射線治療感受性の評価
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 大廣 洋一, 進藤 正信, 小林 正伸
     
    本研究では,口腔癌患者の術前化学療法併用放射線治療に対する治療効果の予測因子を明らかにすることを目的に,生検材料ならびに生体の低酸素状態を評価し,癌抑制遺伝子p53ならびにその関連遺伝子の検索を行った. 対象症例数は,放射線単独治療群15例,化学療法併用放射線治療群は20例で,計35例において, 1)治療成績が,病理組織学的に有効と判定されたのは,放射線単独治療群では26%に対し,化学療法併用放射線治療群65%であった。5年生存率は,放射線単独治療群では約40%,化学療法併用放射線治療群では95%と有意に改善していた. 2)化学療法併用放射線治療群において,生検材料を用いて癌抑制遺伝子,p53ならびにp53依存性リボ核酸還元酵素遺伝子,p53R2の発現を免疫組織学的に検討した.p53陽性率は80%,p53R2陽性率は73.3%であった.p53陽性・陰性,p53R2陽性・陰性を組み合わせ,4パターンで統計学的に治療効果を予測する組み合わせは明らかではなかった. また,口腔がん組織がさらされている低酸素状況で発現が誘導される転写因子(hypoxia-inducible-factor 1α,HIF-1α)によって発現制御される血管新生因子(VEGF)と,血管新生に影響を与えるAngiopoietin-like 4(ANGPTL4)がどのように相互作用するか基礎的検討を加えた.その結果,低酸素下では,HIF-1αによってVEGFならびにANGPTL4はともに発現増強するが,ANGPTL4はVEGFに対して抑制的に作用することが明らかとなった. 以上の結果から,P53関連遣伝子,低酸素関連遺伝子のみで予測するためには生検材料のみではなく,治療途中における低酸素状態の評価も重要であることが示唆された.
  • Pim-1がん遺伝子の口腔扁平上皮がんにおける役割の解明と治療への応用
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 石川 誠, 進藤 正信, 小林 正伸, 東野 史裕, 大廣 洋一
     
    がん細胞は自律性増殖することを特徴の一つとし、その結果がん組織は低酸素状態に陥っていることが多い。低酸素状態での細胞の恒常性を維持する転写因子としてHypoxia Inducible Factor (HIF)が同定された。Pim-1がん遺伝子は血球系に多く発現し、細胞のがん化と関連しているという報告があるが、口腔がんを初めとした固形がんでの報告はない。我々はHIF1αの下流でPim-1が活性化されることをDNAマイクロアレイで明らかにした。そこで、口腔扁平上皮がんでのPim-1の発現について、細胞生物学的ならびに臨床病理学的に検討を行った。 5つの口腔扁平上皮がん由来細胞株からタンパクを抽出し、Western blotでPim-1の発現について検索した。その結果、発現量に差異はあるものの、全ての細胞株でPim-1発現の亢進が認められた。 北海道大学病院を受診し、舌扁平上皮がんと診断された症例の中でT1およびT2の39症例を対象とし、HIF-1α、Pim-1と増殖因子マーカーであるMIB-1に対する免疫染色を行い、臨床病理的検討を行った。舌扁平上皮がん39症例中17例にPim-1の発現が認められた。陽性症例では腫瘍細胞の核に一致して陽性所見が認められた。HIF-1α陽性12例中9例はPim-1陽性、HIF-1α陰性27例中19例はPim-1陰性でHIF-1αとPim-1の発現症例は有意の相関を示していた。細胞増殖因子マーカーMIB-1の発現充進は39例中14例に認められた。Pim-1発現との関連では、Pim-1陽性群17例中10例、陰性群22例中4例がMIB-1(+)症例で、Pim-1陽性群において明らかに高い傾向を示し、有意な差が認められた。
  • 口腔扁平上皮がんの低酸素適応を標的とした遺伝子治療法の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2005年 -2006年 
    代表者 : 小野 貢伸, 進藤 正信, 小林 正伸, 東野 史裕, 大廣 洋一, 戸塚 靖則
     
    がん組織は増殖活性が高く低酸素状態に曝されているにも関わらず,細胞死の抑制がみられる.その原因の一つに低酸素誘導性因子HIF-1の関与が報告されている.このHIF-1により誘導される遺伝子の一つに血管拡張作用を有する血管作動性ペプチドであるAdrenomedullin(以下AM)があることがDNAマイクロアレイによる検索で明らかになった. 22例の舌扁平上皮癌を対象とした免疫染色を行い,AMの発現と臨床的・病理組織学的所見として重要な腫瘍の転移活性との関係,およびそれに伴う血管拡張との相関について検討したところ、22症例中11例にAMの発現が認められ,発現率は50%であった.なお,AMの発現と年齢および性別の間に有意な相関は認められなかった. AMの発現と頚部リンパ節転移の有無について検討した.頚部リンパ節転移を認めた12例中8例でAMの発現が認められた.一方,リンパ節転移の見られなかった10例ではAMは3例にのみ陽性で,AMを発現している舌扁平上皮がんはリンパ節転移の頻度が多い傾向が認められた。抗CD34抗体を用いて腫瘍周囲の血管の免疫染色を行った.AM陰性例では,腫瘍問質に比較的小型の血管が認められるのに対し,AM陽性例では多数の拡張した血管が認められた.このような抗CD34抗体を用いた腫瘍周囲間質の血管径を画像解析により測定し,定量化したところ,AM陽性群ではAM陰性群よりも血管径が大きい傾向を示していた。 AMの27-115アミノ酸を欠失し116番のスレオニンをセリンに変異させたAMA214、および95-115アミノ酸を欠失し同様の変異を加えたAMA224の2種類のAM antagonisit発現ベクターを実験に用いた。SCIDマウスに移植した腫瘍細胞に対してAMA214とAMA224を腫瘍内および筋肉内に注入したところ、腫瘍の縮小がみられ、CD31陽性の腫瘍血管の消失がみとめられ、AMをターゲットにした遺伝子治療の奏効性を示唆するものだった。
  • 口腔癌のリンパ節転移におけるVEGFファミリーと受容体の役割に関する研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 山崎 裕, 大廣 洋一
     
    本研究の目的は、VEGFファミリーが口腔扁平上皮癌のリンパ節転移並びに臨床病理学的因子とどのように関わっているかを評価し、また、その最適な検査法を検索することである。 当院で根治的治療後、2年以上の経過観察が行われた新鮮口腔扁平上皮癌129例を対象とした。コントロールは健常者ボランティア47例を用いた。VEGF-A、VEGF-C、VEGF-D,sVEGF-R1,sVEGF-R2の5種類をELISA法によるkitにてそれぞれ解析した。各VEGFファミリーの血清値と臨床病理学的因子、治療感受性、予後との関連を比較検討した。結果はVEGF-A、-C、-Dの3種類において、口腔癌患者は健常者よりも有意に高値を示したが、sVEGF-R1,sVEGF-R2では両者に差を認めなかった。コントロールの95%分布区間からカットオフ値を設定した際のVEGF-A,-C、-Dの陽性率はそれぞれ41、31、57%であった。VEGF-AはTとStageの進行にともない、有意に高値を示したが、予後との関連は認めなかった。VEGF-Cはリンパ節転移との関連は認めなかったが遠隔転移との関連が認められ、VEGF-Cの高値群は低値群よりも5年累積生存率が有意に低下した。VEGF-Dはリンパ節転移がなく、腫瘍の浸潤様式が軽度の群において有意に高値を示した。化学放射線治療の治療効果との関連は3種類ともに認めなかった。さらに、歯肉癌24症例を対象にVEGF-C,Flt-4、CD34、CD31、D2-40の免疫染色を行った。VEGF-CとFlt-4の発現と、血清診断の間に関連は認めなかった。また、これらの発現と臨床病理学的因子の関連では、Flt-4が性別と相関が認められた以外、関連する因子はなかった。VEGF-Cは、口腔癌の血清マーカーとして有用と考えられたが、免疫染色との関連の評価では多数症例での検索が必要である。
  • 口腔悪性腫瘍の予後予測因子は何か?-トランスレーショナルリサーチの試み-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 戸塚 靖則, 進藤 正信, 小林 正伸, 東野 史裕, 大廣 洋一
     
    E1AFは我々がクローニングしたETSファミリー転写因子で、これまでにMMP-1,-3,-9の転写亢進により腫瘍細胞の浸潤転移に関係していることを我々は明らかにしてきたが、腫瘍の浸潤・転移に大きな役割を果たしていることが知られているtype IV collagenaseであるMMP-2の転写は直接亢進することはなかった。今回の検索により、E1AFは膜型マトリックスプロテアーゼ1(MT1-MMP)の転写を亢進すること、このMT1-MMPがMMP-2を活性化し、腫瘍細胞の浸潤転移を促すことが、細胞レベルでの実験的結果ならびに臨床材料を用いたreal-time RT-PCRアッセイにより明らかになった。 口腔腫瘍の発生過程で発現の異なる遺伝子発現をDNA microarrayを用いて検索した。21例の口腔扁平上皮がん、11例の前がん病変(過形成1例、mild dysplasia 1例、moderate dysplasia5例、severe dysplasia 4例)を対象とした。その結果、口腔扁平上皮がんでは、keratin14,17の発現亢進とkeratin4,13およびtransglutaminase3(TG-3)の発現低下が認められた。これらの遺伝子発現様式の違いは口腔扁平上皮の悪性形質発現と深く関係していることが示された。 化学療法あるいは放射線療法の効果を術前に判定することを目的にアポトーシス関連遺伝子の検索を行った。real-time RT-PCRおよび免疫組織染色により、Bcl-2ファミリー遺伝子およびタンパクの発現とp53タンパクの発現を調べ、術前治療効果との関連について検討した。治療抵抗性であった全例でp53の変異を認めた。Bcl-2が発現している症例は術前治療に対する抵抗性のある傾向を認めた。また、Baxは全例で発現の抑制を認めた。このような結果は、Bcl-2ファミリー遺伝子の発現が術前放射線・化学療法に対する抵抗性と関与している可能性が示唆された。
  • アドレノメデュリン阻害因子を用いる口腔がん治療法の開発
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2004年 -2005年 
    代表者 : 進藤 正信, 小林 正伸, 東野 史裕, 大廣 洋一, 小野 貢伸, 戸塚 靖則
     
    がん組織は増殖活性が高く低酸素状態に曝されているにも関わらずHIF-1により誘導される遺伝子の一つにアドレノメデュリン(AM)があることがDNAマイクロアレイによる検索で明らかになった。舌扁平上皮癌を対象とした免疫染色を行い,AMの発現と臨床的・病理組織学的所見として重要な腫瘍の転移活性との関係,およびそれに伴う血管拡張との相関について検討した。舌扁平上皮がん28例を対象に腫瘍細胞のAMの発現を免疫組織学的に検索したところ、AMは28例中14例(50%)に発現が認められ、口腔扁平上皮がんでは高頻度に発現していた。 ヌードマウス皮下に膵癌由来細胞株を移植し、その腫瘍内あるいは筋肉内にadrenomedullin阻害因子をコードする発現ベクター(AMA)を導入し、in vivoにおける効果を検証した。その結果、AMAの導入は腫瘍の縮小を促し、その際には腫瘍間質の血管新生が著しく減少していることが示された。 細胞ががん化する際には、遺伝子の変異・欠失・転座などの遺伝子異常が蓄積されていることが明らかになっている。HIF-1やAMの異常もその一つであるが、遺伝子異常を伴わない細胞がん化メカニズムの可能性について検索を行った。いわゆる癌遺伝子の中には、non-coding RNAの中にAU-rich element(ARE)配列をもつものが多く含まれている。正常細胞では、このAREメッセージに結合するタンパクとしてHuRやpp32/LAMPが同定され、これらの複合体にCRM1が結合することによって核から細胞質へmRNAが輸送されタンパクとして発現することが明らかになってきた。アデノウイルスのがん遺伝子であるE4orf6はHuR、pp32複合体に結合し、mycやfosのようながん遺伝子をCRM1非依存性に細胞質へ輸送することを我々は明らかにした。このようながん遺伝子の遺伝子異常を伴わない過剰発現機構の詳細を明らかにすることで、核から細胞質への輸送機構をターゲットにした遺伝子治療の可能性が考えられた。
  • 口腔悪性腫瘍術前診断におけるトランスレーショナル・リサーチ
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 大廣 洋一
     
    一般的に,悪性腫瘍の治療方針は,臨床診断ならびに生検材料による病理診断に基づいて決定される.口腔癌では,手術前に放射線ならびに化学療法を併用し手術の確実性を高める方法が選択されることが多い.しかし,現在の診断技術では手術前に行われる放射線ならびに化学療法に対する感受性の予測は困難であり,治療のタイミングを逸する可能性を示唆している.近年,遺伝子工学的手法の発達により,腫瘍組織の生物学的背景をとらえることが比較的容易に可能となっている. 本研究では,化学療法ならびに放射線療法に対する感受性を左右する因子を明らかにし,結果を患者に還元することを目的とする. 1.下顎歯肉癌の免疫染色におけるp53,p21の発現について. 15症例の下顎歯肉癌の生検材料を用いて検討した結果,p53陽性8例(放射線治療有効6例,無効2例)であった.陰性7例(有効5例,無効2例)で,両群間に有意差は認めなかった(p>0.99).一方,p21陽性10例(放射線治療有効9例,無効1例)で,陰性5例(有効2例,無効3例)で,両群間に有意差(p=0.011)を認めた.現在のところ,放射線感受性にはp53が陽性(変異)であることよりも,p21の発現が重要な予測因子であることがわかった. 2.術前化学療法併用放射線治療の改善と病理組織学的治療効果 現在,当科で施行している術前治療の治療効果について,生検材料と手術摘出標本を比較検討した.対象症例31例中,放射線治療単独群では,15例中有効例4例(27%),化学療法併用放射線治療群では16例中有効例11例(69%)と有意に化学療法併用群で高い治療効果を得ている.これらの生検材料を用いて,上記と同様の分子を標的に検討を加えている.
  • カーボンナノチューブによる細胞・組織へのデリバリーシステムの構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 萌芽研究
    研究期間 : 2003年 -2004年 
    代表者 : 戸塚 靖則, 進藤 正信, 古月 文志, 小林 正伸, 東野 史裕, 大廣 洋一
     
    遺伝子導入用Toolとしてカーボンナノファイバーを用い、ターゲットとする細胞へ、特異的かつ効率的に遺伝子導入を行うことを目的に実験を行った。 カーボンナノファイバーを水溶化し細胞培養液中に加えたところ、細胞活性には変化を及ぼさず、細胞への生物学的活性はほとんどないものと考えられた。水溶化したカーボンナノファイバーにインターカレーターであるanthraquinoe-1-diazoniumを結合させ、その後インターカレーター結合でb-Gal発現プラスミドを結合させた。結合の有無をPCRにより検討したところ、カーボンナノファイバーにプラスミドが結合していることが確認された。このようなカーボンナノファイバー/beta-Gal発現プラスミド結合体を用いて、ヒト肺がん由来細胞株H1299への遺伝子導入を試みた。カーボンナノファイバーは酸処理〜破砕後フィルターにより分離した数種類のサイズのものを用いて実験を行った。その結果、カーボンナノファイバーの長径が200nmを超えるサイズのものでは遺伝子導入効果は認められなかったが、200nm以下のサイズを含むフラクションのものでは、青色のbeta-Gal遺伝子発現が認められた。 細胞表面にはそれぞれの組織・細胞に応じた特有のレセプター構造が存在し、このレセプターには特異的に結合するリガンドが同定されている。ヒト肺がん細胞株A431はEGFレセプターを高発現していることが知られている。EGFレセプターに結合するEGFのアミノ酸配列をもとに、ペプチドを合成し、このペプチドをカーボンナノファイバーに結合させた。ペプチドはN末端にビオチンを標識し、以後の検索に用いた。 このようなカーボンナノファイバー/beta-Gal発現プラスミド/EGFペプチド結合体を用いて、ヒト肺がん由来細胞株A431への遺伝子導入を試みた。その結果、EGFレセプターを発現するA431への特異的な遺伝子導入が認められ、今後、腫瘍特異的発現分子を標的にした遺伝子治療への展望が開かれた。
  • DNAマイクロアレイを用いたHIF-1αターゲット遺伝子の同定と臨床生物学的意義
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 小野 貢伸, 東野 史裕, 小林 正伸, 進藤 正信, 戸塚 靖則, 大廣 洋一
     
    口腔扁平上皮がんにおけるHIF-1αの発現と臨床病理学的悪性度との関連について検索した。舌扁平上皮がんの約30%にHIF-1αの過剰発現が認められ、HIF-1αの発現と患者の年令、性別、腫瘍の病理組織学的悪性度、臨床病期、浸潤様式、局所再発の有無とは有意な相関は認められなかったが、HIF-1α陽性群は頚部後発転移、遠隔転移が有意に多く、生存率も有意に低かった。このような症例の腫瘍間質における微小血管について検索したところ、HIF-1α陽性群は陰性群と比較して顕著な血管新生が確認され、HIF-1αの発現によりVEGFが活性化され血管新生を惹起したと考えられた。 HIF-1aのdominant negative mutantを用いた遺伝子治療の試みを行った。その結果、糖代謝を抑制することで腫瘍原性の低下が認められた。 口腔扁平上皮がん由来細胞株KBとCa9.22を用いて、CoCl_2により低酸素・無酸素状態を惹起したところ、Ca9.22細胞でHIF1-αタンパクの明瞭な産生亢進がWestern blottingと免疫染色により認められた。このような細胞株から抽出したRNAを用いてDNAマイクロアレイによる検索を行ったところ、低酸素・HIF-1α発現亢進により、転写活性化あるいは抑制される可能性のあるものとして数十種の遺伝子の候補が明らかになった。その中のpim-1とadrenomedullinに着目し、検索を行った。 pim-1は、MuLV発症Tリンパ腫において同定されたがん遺伝子で、N-mycやとc-mycと共同してanti-apoptoticに働くことが知られている。血球系細胞でpim-1が、がん遺伝子としてその腫瘍発生に関与しているとする報告はあるが、固形がんの発生・進展に及ぼすpim-1の影響について検索したものはこれまで報告されていない。舌扁平上皮がんにおけるpim-1の発現を検索した結果、約40%の症例でpim-1は陽性であり、HIF-1αとpim-1の発現は有意に相関した。Pim-1陽性群が陰性郡と比較して有意に臨床的Late stageの症例が多く、腫瘍の増殖活性との関連性が考えられた。さらに遠隔転移に関してもpim-1陽性・陰性症例間でpim-1陽性症例に有意に多い傾向が認められた。 Adrenomedullin(AM)は血管拡張作用のあることが知られており、AMを高発現している腫瘍では、周囲に拡張した血管を伴うものが多く、転移との関連性が認められた。
  • 口腔がんの予後を規定する因子の総合的解析-新しい悪性度分類の提案-
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間 : 2002年 -2003年 
    代表者 : 進藤 正信, 大廣 洋一, 東野 史裕, 小林 正伸, 戸塚 靖則, 安田 元昭
     
    腫瘍の発生には細胞の不死化・細胞死の抑制が重要な役割を演じている。Ewing肉腫で高率に生じているEWS遺伝子とETSファミリー遺伝子の転座に着目し、EWS/ETSキメラ遺伝子産物の役割を検討したところ、EWS/ETSは細胞不死化に関与するテロメラーゼの触媒酵素hTERTを活性化したが、この際(本来転写因子だったEWS/ETSが転写のco-factorとして働くことが明らかになった。Adenovirusの新規がん遺伝子であるE4orf6はp53,p51,p73の全てのp53ファミリーの機能を抑制し、細胞がん化に働くことが示されているが、p53の欠損した細胞株にE4orf6を遺伝子導入した際にも細胞死の抑制が生じ、E4orf6はアポトーシス誘導因子であるBH3 only protein、BNIP3を直接ターゲットとしてその細胞内局在を変化させ、細胞死を抑制することが明らかになった。 がんの悪性度はがん細胞の浸潤・転移活性の有無によるところが大きい。我々はetsがん遺伝子群転写因子E1AFをクローニングし、E1AFがMMP-1,-3,-9の転写を亢進することで口腔がんの悪性度と関連していることを報告してきた。E1AFはMMP-9と同様のtypeIV collagenaseであるMMP-2の直接の転写亢進はしめさなかったが、今回の検索でMT1-MMPの転写を亢進することでMMP-2の活性化を導くことが明らかになった。口腔がんはリンパ行性に転移することが多く、リンパ管の増殖因子であるVEGF-Cの発現をreal-time RT-PCRで検索したところ、口腔がんでのVEGF-Cの発現と転移には有意の相関関係が認められた。 腫瘍組織は恒常的に低酸素状態に曝されているにも関わらず、細胞死は抑制され増殖を続ける。我々は、低酸素で誘導される転写因子HIF-1に着目し、口腔がんでの発現について検索した。その結果、HIF-1aを高発現している口腔がんでは転移形質を含めた悪性度が有意に高いことが示された。さらに、HIF-1aのdominant negative mutantを遺伝子導入することで膵臓がんでの腫瘍原性を抑制することを明らかにした。 このように、口腔がんでも腫瘍発生・悪性進展化に関与する遺伝子/遺伝子産物を検索することで、腫瘍のもつ形質を把握でき、さらにこれらをターゲットにした遺伝子治療も可能になるものと思われた。

教育活動情報

主要な担当授業

  • 大学院共通授業科目(教育プログラム):外科系臨床医学研究の新展開 臨床解剖概論
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 大学院共通科目
    キーワード : 臨床医学、臨床解剖、外科教育、献体を使用した手術手技研修(Cadaver Surgical Training: CST)、医療機器開発
  • 口腔生物学と医学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 接着、コンポジットレジン、化学療法、放射線治療、分子標的治療、カーボンナノチューブ、顎関節症(TMD)、唇顎口蓋裂、放射線学、BRONJ、矯正治療、歯周病、歯内療法
  • 発表・論文執筆法演習Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 発表・論文執筆法演習Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 発表・論文執筆法演習Ⅲ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 研究計画,文献検索,研究のまとめ,口頭発表,論文作製
  • 口腔顎顔面外科学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔癌,発癌,浸潤,転移,外科的治療,オーダーメイド治療
  • 口腔病態学実習Ⅴ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 唇顎口蓋裂,顎変形症,顔面外傷,顎骨骨折,嚢胞,口腔腫瘍,顎骨良性腫瘍,口腔癌,顎関節症,三叉神経痛,唾液腺疾患,口腔粘膜疾患
  • 口腔病態学実習Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 唇顎口蓋裂,顎変形症,顔面外傷,顎骨骨折,嚢胞,口腔腫瘍,口腔癌,顎関節症,三叉神経痛,唾液腺疾患,口腔粘膜疾患
  • 口腔顎顔面外科学研究Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 発癌,浸潤,転移,顎骨浸潤,再生医療,生体材料,免疫,感染防御,関節鏡,創傷治癒,咀嚼嚥下,唇顎口蓋裂,口腔癌,顎関節症,顎変形症,
  • 口腔再建外科学研究Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔顎顔面外科、形成外科手術、創傷治癒
  • 口腔再建外科学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 唇顎口蓋裂,哺乳,鼻咽腔閉鎖,顎発育,形成手術
  • 口腔再建外科学研究Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔顎顔面外科、形成外科手術、創傷治癒
  • 口腔病態学実習Ⅲ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 唇顎口蓋裂,顎変形症,顔面外傷,顎骨骨折,嚢胞,口腔腫瘍,顎骨良性腫瘍 口腔癌,顎関節症,三叉神経痛,唾液腺疾患,口腔粘膜疾患
  • 口腔病態学実習Ⅳ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 唇顎口蓋裂,顎変形症,顔面外傷,顎骨骨折,嚢胞,口腔腫瘍,顎骨良性腫瘍,口腔癌,顎関節症,三叉神経痛,唾液腺疾患,口腔粘膜疾患
  • 口腔病態学実習Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 口腔外科、口腔疾患、診断、手術、外科処置
  • 口腔顎顔面外科学研究Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 歯学院
    キーワード : 唇顎口蓋裂,顎変形症,顔面外傷,顎骨骨折,嚢胞,口腔腫瘍,顎骨良性腫瘍,口腔癌,顎関節症,三叉神経痛,唾液腺疾患,口腔粘膜疾患,診断,創傷治癒,手術
  • 口腔顎顔面外科学臨床実習Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔外科,口腔疾患,診断,手術,外科処置
  • 口腔顎顔面外科学臨床実習Ⅰ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔外科,口腔疾患,診断,手術,外科処置
  • 口腔顎顔面外科学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 口腔外科,口腔疾患,診断,手術,外科療法
  • 外科学
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 外科学 外科的処置 
  • 歯科学概論Ⅱ
    開講年度 : 2021年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 歯学部
    キーワード : 歯科学、歯科医学

大学運営

その他

  • 2021年06月 - 9999年  日本口腔科学会指導医
  • 2015年03月 - 9999年  国際口腔顎顔面外科専門医 
    Fellow of the International Board for the Certification of Specialists in Oral and Maxillofacial Surgery
  • 2010年04月 - 9999年  がん治療認定医(歯科口腔外科) 
    Japanese Board Certification in Cancer Therapy
  • 2007年10月 - 9999年  日本口腔外科学会指導医 
    Japanese Board Certification in Oral and Maxillofacial Surgery
  • 2003年10月 - 9999年  日本口腔外科学会専門医 
    Board Certified Specialist in Oral and Maxillofacial Surgery


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.