研究者データベース

青海 哲也(セイカイ テツヤ)
北海道大学病院 口腔系歯科
助教

基本情報

所属

  • 北海道大学病院 口腔系歯科

職名

  • 助教

学位

  • 歯学博士(大阪大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 口唇口蓋裂   嚥下   

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科系歯学

職歴

  • 2018年10月 - 現在 北海道大学病院 口腔外科 医員
  • 2013年04月 - 2018年09月 大阪大学歯学部 第一口腔外科 医員

学歴

  • 2001年04月 - 2007年03月   大阪大学   歯学部   歯学科

研究活動情報

論文

  • Koichi Otsuki, Tadashi Yamanishi, Wakako Tome, Yuko Shintaku, Tetsuya Seikai, Yukari Fujimoto, Mikihiko Kogo
    The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association 1055665619892474 - 1055665619892474 2019年12月18日 [査読有り][通常論文]
     
    OBJECTIVE: This study aims to assess occlusal relationships and frequency of oronasal fistula at 5 years of age following 2 hard palate closure techniques and to compare results. DESIGN: Retrospective longitudinal study. SETTING: Institutional study. PATIENTS: Study patients included 57 patients with nonsyndromic complete unilateral cleft lip and palate who were consecutively treated. All patients underwent our early 2-stage protocol for palatoplasty, which consisted of soft palate plasty at 1 year of age and hard palate closure at 1.5 years of age. Twenty-nine patients underwent hard palate closure using vestibular flap (VF group) technique (2009-2011) and 28 patients underwent conventional hard palate closure with local palatal flap (LPF group) technique (2006-2008). MAIN OUTCOME MEASURES: Occlusal relationships were assessed with 5-year-olds' index, and frequency of oronasal fistula was investigated. RESULTS: Average 5-year-olds' index scores for VF and LPF groups were 3.11 and 3.57, respectively (P < .001). Oronasal fistula occurred in approximately 7% of patients in the VF group and in 18% of patients in the LPF group. CONCLUSION: Hard palate closure with VF technique may provide better occlusal relationships at 5 years of age than does conventional local closure with the LPF.
  • 小橋 寛薫, 大槻 浩一, 青海 哲也, 磯村 恵美子, 原田 丈司, 古郷 幹彦
    日口外誌 64 3 179 - 183 社団法人 日本口腔外科学会 2018年 [査読無し][通常論文]
     
    <p>Hypomelanosis of Ito (HI) is a rare neuroectodermal disorder first described by Ito in 1952. We report the case of a boy with unusual facial features, cranial asymmetry, right cleft lip and alveolus, and submucous cleft palate who underwent cheiloplasty for right cleft lip and rhinocanthectomy 3 months after birth. At the age of 1 year, cranial deformation and ventriculomegaly of right cerebral hemisphere were diagnosed on head computed tomography. As a result of a detailed examination, he was given a diagnosis of HI because of hypomelanosis of right face, ventriculomegaly of right cerebral hemisphere, right hemihypertrophy, and psychomotor retardation. At the age of 1 year 9 months, palatoplasty and rhinoplasty were performed. Because HI with ventriculomegaly of the cerebral hemisphere and cleft lip and palate is rare, neurological abnormalities such as psychomotor retardation should be evaluated in depth if skin abnormalities such as hypomelanosis appear.</p>
  • Tetsuya Seikai, Tadataka Tsuji, Susumu Tanaka, Mikihiko Kogo
    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 30 1 30 - 35 2018年01月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Simple bone cyst (SBC) rarely develops to involve the mandibular condyle and is occasionally discovered as an asymptomatic intraosseous lesion on routine radiographic examination. We describe here a case of SBC in which a lesion in the cheek of a 12-year-old girl had been growing over a period of years. We investigated the relationship between preoperative imaging and postoperative histopathological findings for SBC involving the mandibular condyle based on previous reports. Bony expansion and a well-defined margin appear to represent clinical features of SBC involving the mandibular condyle, with the higher frequency of bony expansion in the condyle potentially attributable to trauma and fibrous-osseous lesions, as well as the continuous stimulation accompanying jaw movement.
  • Our unified pharyngeal flap operation
    Mikihiko Kogo, Takayoshi Sakai, Takeshi Harada, Kanji Nohara, Emiko Tanaka Isomura, Tetsuya Seikai, Koichi Otsuki, Chihiro Sugiyama, Kiyoko Nakagawa, Susumu Tanaka
    Journal of Cleft Lip Palate and Craniofacial Anomalies 4 3 189 - 191 2017年11月 [査読有り][通常論文]
  • Shin-Ichiro Hiraoka, Kohei Kawamura, Tetsuya Seikai, Tadataka Tsuji, Mikihiko Kogo
    Journal of Clinical and Diagnostic Research 11 11 ZD03 - ZD04 2017年11月01日 [査読有り][通常論文]
     
    Lusutrombopag was administered to a patient with thrombocytopenia due to chronic liver disease before an invasive procedure. Lusutrombopag, the first drug of its kind, was developed to improve platelet count thereby, avoiding the need for platelet transfusion. Lusutrombopag is potentially effective for the management of haemostasis during invasive procedures, such as tooth extraction. Herein, we present a case of tooth extraction surgery in a patient treated with lusutrombopag. The patient was a 63-year-old woman suffering from thrombocytopenia due to liver cirrhosis. Tooth extraction was indicated by the diagnosis of caries and apical periodontitis of the maxillary left second molar. Mild spontaneous bleeding in the surrounding gum tissue and a reduced platelet count (5.1 × 104/μL) were observed. Haemostatic difficulties were predicted to accompany tooth extraction surgery. Consultation with a gastroenterology clinic led us to implement lusutrombopag prior to the procedure. The patient’s platelet count had risen to 10.9 × 104/μL by the day of the surgery. Neither intraoperative nor postoperative bleeding was observed. No adverse events associated with lusutrombopag administration were observed. Lusutrombopag can increase platelet count, suggesting its utility in invasive procedures such as tooth extraction.
  • Implementation of musical sessions as part of rehabilitation program for children with cleft palate
    Okano A, Kogo M, Sugiyama C, Ishibashi M, Isomura E, Otsuki K, Seikai T, Sakai T, Tominaga R, Annzai Y
    Oral Science in Japan. 69 - 72 2017年03月 [査読有り][通常論文]
  • 小橋 寛薫, 石濱 孝二, 磯村 恵美子, 原田 丈司, 青海 哲也, 古郷 幹彦
    日口蓋誌 42 1 35 - 40 一般社団法人 日本口蓋裂学会 2017年 [査読無し][通常論文]
     
    Wolf-Hirschhorn Syndrome(以下WHS)は1961年にCooperとHirschhorn,1965年にWolfによって報告された。4番染色体の短腕の末端部の欠失を原因としたものとして臨床的に知られている。特異顔貌,口唇裂・口蓋裂,先天的心疾患,骨格異常,発作などの特徴的な病変により,たいてい小児期に診断される。<br>われわれは,両側唇顎口蓋裂を伴い,当科にて長期経過観察を行っているWHS患者を経験したので報告する。患者は30歳女性で,両側性口唇裂に対して口唇形成および口蓋形成術を行った。気道閉塞を防ぐため,Pushback methodではなくvon Langenbeck methodを用いた。その後30年間経過観察を行っている。長期生存例では大きな心奇形がないと報告されているが,本症例では心奇形を認めた。心奇形を有する長期生存例はまれであり,嚥下性肺炎や感染性心内膜炎の予防という観点から,長期的な口腔管理の重要性が示唆される。
  • β-TCPを用いた顎裂部オトガイ骨移植術の治癒過程における三次元的評価
    廣石 幸恵, 宮川 和晃, 大槻 浩一, 青海 哲也, 磯村 恵美子, 古郷 幹彦
    日本口腔科学会雑誌 64 2 131 - 131 (NPO)日本口腔科学会 2015年07月 [査読有り][通常論文]
  • β-TCPを用いた顎裂部オトガイ骨移植術の三次元的評価
    宮川 和晃, 廣石 幸恵, 磯村 恵美子, 大槻 浩一, 青海 哲也, 田中 晋, 古郷 幹彦
    日本口蓋裂学会雑誌 40 2 160 - 160 (一社)日本口蓋裂学会 2015年04月 [査読有り][通常論文]
  • 0ヵ月から1歳6ヵ月の片側唇顎口蓋裂患者における上顎形態の三次元的分析
    関 壮樹, 伊藤 章, 宮川 和晃, 大槻 浩一, 青海 哲也, 原 嵩之, 磯村 恵美子, 田中 晋, 古郷 幹彦
    日本口蓋裂学会雑誌 40 2 193 - 193 (一社)日本口蓋裂学会 2015年04月 [査読有り][通常論文]
  • 呼吸障害に対し舌固定術が奏功したPierre Robin Sequenceの1例
    堀田 有希, 恵美須 礼子, 田口 真輝, 田村 玲子, 美馬 文, 新居 育世, 安原 肇, 扇谷 綾子, 箕輪 秀樹, 青海 哲也, 大槻 浩一
    奈良県総合医療センター医学雑誌 19 1 52 - 54 (地独)奈良県立病院機構奈良県総合医療センター 2015年03月 [査読無し][通常論文]
     
    症例は日齢1男児で、在胎39週3日に3458g、Apgar Score 9/10点で出生し、SpO2の低下、哺乳障害を認め当院に搬送された。胸骨上窩に陥没呼吸を認め、小下顎症、軟口蓋裂を認めた。動脈血液ガス分析で呼吸性アシドーシスを認めた。X線で肺門部に索状陰影を、ポリソムノグラフィーで閉塞性呼吸障害を、喉頭ファイバーでU字型軟口蓋裂と舌根沈下を認め、Pierre Robin Sequenceと診断した。舌根沈下防止に腹臥位・側臥位で管理し、哺乳障害のため経鼻注入による経管栄養を行った。舌根沈下による上気道狭窄と診断し、糸による簡易舌固定を行ったが、糸が緩んで再度陥没呼吸が出現した。他院へ転院し、全身麻酔下に舌前方牽引固定術が行われた。術後に安定して当院へ帰院し、母児同室による育児支援を行って退院した。6ヵ月現在で定頸、追視、寝返りを認め、呼吸状態は安定しており、10〜12ヵ月に舌固定を離断し、口蓋形成術を行う予定である。
  • 片側唇顎口蓋裂患者における上顎形態の継時的変化
    関 壮樹, 宮川 和晃, 大槻 浩一, 小橋 寛薫, 青海 哲也, 磯村 恵美子, 石濱 孝二, 伊藤 章, 古郷 幹彦
    日本口蓋裂学会雑誌 39 2 199 - 199 (一社)日本口蓋裂学会 2014年04月 [査読有り][通常論文]

講演・口頭発表等

その他活動・業績

  • 青海 哲也, 大廣 洋一, 古郷 幹彦, 鄭 漢忠 北海道歯学雑誌 40 (1) 13 -19 2019年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Robin Sequence(RS)は、小下顎、舌根沈下による気道閉塞、特徴あるU字形口蓋裂を主徴とする疾患である。今回、呼吸障害の改善のため舌前方固定術を行ったRS症例の栄養摂取経路と体重発育について検討した。【対象と方法】2011年2月から2015年2月までの期間に大阪大学歯学部附属病院第一口腔外科を受診し非症候群性RSと診断され、Argamaso法による舌前方固定術を施行した7例(男児2名、女児5名)を対象とした。全例で呼吸状態は改善していた。術前・後の栄養経路と体重発育の推移を調査した。【結果】術前の栄養経路は7例中6例(86%)で経鼻経管栄養による管理を要した。術後では、7例中5例(71%)において術後3日から1.5ヵ月と比較的早期の段階で経鼻経管栄養チューブの抜去が可能であった。1例は抜去までに6ヵ月、もう1例は11.5ヵ月の期間を要した。哺乳量は5例中4例(80%)が月齢目安と同等程度を哺乳が可能であった。術前の体重発育は、7例中4例(57%)は術前の体重発育は不良であった。術後では、7例中6例(88%)において舌固定術後の体重発育は良好であった。特に、舌固定術術前の体重発育は不良であった3例は、術後に呼吸状態が安定すると体重発育も著明に改善を認めた。【結論】本術式を適応した症例では、呼吸障害の改善だけではなく、経口摂取障害を改善し、順調な体重発育を促進できることが示唆された。(著者抄録)
  • Robin Sequence患者における舌前方固定術前・後の栄養摂食経路および体重増加に関する検討
    青海 哲也, 大廣 洋一, 古郷 幹彦, 鄭 漢忠 北海道歯学雑誌 40 (1) 13 -19 2019年09月 [査読無し][通常論文]
     
    Robin Sequence(RS)は、小下顎、舌根沈下による気道閉塞、特徴あるU字形口蓋裂を主徴とする疾患である。今回、呼吸障害の改善のため舌前方固定術を行ったRS症例の栄養摂取経路と体重発育について検討した。【対象と方法】2011年2月から2015年2月までの期間に大阪大学歯学部附属病院第一口腔外科を受診し非症候群性RSと診断され、Argamaso法による舌前方固定術を施行した7例(男児2名、女児5名)を対象とした。全例で呼吸状態は改善していた。術前・後の栄養経路と体重発育の推移を調査した。【結果】術前の栄養経路は7例中6例(86%)で経鼻経管栄養による管理を要した。術後では、7例中5例(71%)において術後3日から1.5ヵ月と比較的早期の段階で経鼻経管栄養チューブの抜去が可能であった。1例は抜去までに6ヵ月、もう1例は11.5ヵ月の期間を要した。哺乳量は5例中4例(80%)が月齢目安と同等程度を哺乳が可能であった。術前の体重発育は、7例中4例(57%)は術前の体重発育は不良であった。術後では、7例中6例(88%)において舌固定術後の体重発育は良好であった。特に、舌固定術術前の体重発育は不良であった3例は、術後に呼吸状態が安定すると体重発育も著明に改善を認めた。【結論】本術式を適応した症例では、呼吸障害の改善だけではなく、経口摂取障害を改善し、順調な体重発育を促進できることが示唆された。(著者抄録)
  • 舌固定術を行ったRobin Sequence患者における下顎骨成長の評価
    中川 記世子, 原田 丈司, 磯村 恵美子, 並川 麻理, 栗本 聖之, 西尾 崇弘, 青海 哲也, 田中 晋, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 44 (2) 115 -115 2019年04月 [査読無し][通常論文]
  • オトガイ骨を用いた口唇外鼻修正術に対する術前・術後の軟組織形態の評価
    西尾 崇弘, 原田 丈司, 田中 晋, 磯村 恵美子, 並川 麻理, 青海 哲也, 栗本 聖之, 中川 紀世子, 松川 誠, 笠原 駿, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 43 (2) 164 -164 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 片側性唇顎口蓋裂児に対するPNAM治療おける顔面および歯槽形態の3次元的変化
    松川 誠, 谷川 千尋, 大槻 浩一, 西尾 崇弘, 中川 記世子, 青海 哲也, 磯村 恵美子, 田中 晋, 山城 隆, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 43 (2) 167 -167 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 大阪大学歯学部附属病院における粘膜下口蓋裂の臨床統計学的検討
    藤本 愉莉, 並川 麻理, 杉山 千尋, 栗本 聖之, 青海 哲也, 中川 記世子, 松川 誠, 笠原 駿, 西尾 崇弘, 磯村 恵美子, 原田 丈司, 阪井 丘芳, 田中 晋, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 43 (2) 178 -178 2018年04月 [査読無し][通常論文]
  • 当院におけるUnified Velopharyngeal Plastyについて
    中川 記世子, 磯村 恵美子, 高井 英月子, 野原 幹司, 杉山 千尋, 薄木 崇介, 松下 豊, 大槻 浩一, 正元 洋介, 青海 哲也, 原田 丈司, 田中 晋, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 42 (2) 133 -133 2017年04月 [査読無し][通常論文]
  • 三叉神経中脳路核ニューロンにおけるオレキシンの神経修飾作用
    小野 雄大, 田中 晋, 樋口 将隆, バハシシャヤン・サナモ, 木田 久美子, 辻 忠孝, 石濱 孝二, 青海 哲也, 山西 整, 榎本 明史, 古郷 幹彦 日本口腔科学会雑誌 63 (1) 78 -78 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • タンパク質キナーゼAは新生児の三叉神経運動ニューロンにおける固有の興奮性の長期増強を調節する(Protein kinase A regulate long term potentiation of intrinsic excitability in neonatal trigeminal motoneurons)
    Bakhshishayan Sanam, 榎本 明史, 辻 忠孝, 小野 雄大, 青海 哲也, 田中 晋, 山西 整, 古郷 幹彦 日本口腔科学会雑誌 63 (1) 174 -174 2014年01月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における両側性唇顎口蓋裂患者に対する切歯骨骨切り術併用顎裂部腸骨移植術後の治療成績
    廣石 幸恵, 山西 整, 大槻 浩一, 青海 哲也, 山本 卓, 原 崇之, 石濱 孝二, 原田 丈司, 磯村 恵美子, 野原 幹司, 阪井 丘芳, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 38 (2) 169 -169 2013年04月 [査読無し][通常論文]
  • 早期二期的口蓋形成術におけるvestibular flapを用いた硬口蓋閉鎖術の術後評価
    大槻 浩一, 山西 整, 青海 哲也, 杉山 千尋, 山本 卓, 森本 泰成, 近藤 敬秀, 関 壮樹, 原田 丈司, 石濱 孝二, 野原 幹司, 阪井 丘芳, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 38 (2) 218 -218 2013年04月 [査読無し][通常論文]
  • 当科における口唇裂・口蓋裂一次症例の臨床統計的検討
    田中 輝, 應谷 昌隆, 山西 整, 宮 成典, 森本 泰成, 石濱 孝二, 相川 友直, 岸 直子, 辻 忠孝, 並川 麻里, 青海 哲也, 大槻 浩一, 木田 久美子, 小橋 寛薫, 野原 幹司, 阪井 丘芳, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 37 (2) 144 -144 2012年04月 [査読無し][通常論文]
  • Vestibular flapを用いた硬口蓋閉鎖術後の上顎歯槽弓形態
    大槻 浩一, 山西 整, 森本 泰成, 辻 忠孝, 並川 麻理, 青海 哲也, 原 崇之, 石濱 孝二, 宮 成典, 田中 輝, 小橋 寛薫, 木田 久美子, 野原 幹司, 杉山 千尋, 越野 綾, 高井 英月子, 佐藤 耕一, 阪井 丘芳, 古郷 幹彦 日本口蓋裂学会雑誌 37 (2) 152 -152 2012年04月 [査読無し][通常論文]


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.