研究者データベース

前田 亮介(マエダ リヨウスケ)
法学研究科 法学政治学専攻 政治学講座
准教授

基本情報

所属

  • 法学研究科 法学政治学専攻 政治学講座

職名

  • 准教授

学位

  • 博士(文学)(東京大学)

科研費研究者番号

  • 00735748

J-Global ID

プロフィール

  • 専門は日本政治外交史です。博士論文では、19世紀末の議会制の導入を日本列島の国民国家形成の契機と位置づけ、「全国政治」という枠組みを提示しました(2016年単著)。「国家がさまざまな遠心力や周縁からの綻びをいかに統御しようとしたのか」という博論以来の関心を引き継ぎつつ、近年は、暴力や通貨、規範の変容を介した領域的空間の再編プロセスをより内在的に分析すべく、以下のようなテーマに取り組んでいます。

      
    (1)帝国拡大/解体期の国際金融
       近代国家は一定の均質な領域内における暴力と通貨発行の独占(「一国家・一通貨」)を建前としますが、実際には通貨や金融が帯びる越境性をときに勢力拡大に利用し、またときに統御に失敗して国内の不安定化を招いてきました。こうした観点から、戦前日本の地域秩序への傾斜と戦後日本の国際秩序への復帰について、国際/帝国金融機関の役割から新たな光をあてることを目指しています。今までのところ、朝鮮銀行の脱植民地化に関する試論(2019)があり、戦前・戦時についても国内外で収集した史料を読み進めています。


    (2)戦後北海道開発と政党政治
       なぜ戦後北海道は革新政党が強かったのか(なぜ他地域のような保守支配が成立しなかったか)という問いを起点に、社会党道連・道本部の動員戦略、利益団体(農民団体や労組)との関係、日ソ・日韓漁業問題について、一次史料から検討を行っています。道史編さん事業の機関誌に分載の「自治体外交」論(2021-22)の他、横路節雄の政党指導の報告(2020)も活字にすべく準備中です。


    (3)20世紀日本の政治外交史学
       政治外交史は「すぐれてネーションの反省的意識の学」(酒井哲哉)ともされますが、岡義武、坂野潤治、大久保利謙らの著作を通じて「明治」を対象とする政治外交史研究の歩みを史学史上に再定位するとともに、国際政治学や公法学との交錯の復元も試みています。また、吉野作造のヨーロッパ/日本政治史講義筆記録の翻刻プロジェクト(2008-09、2016)に学生時代から携わりました。


     


    この他、「革命」としての明治維新の通史的叙述、体制移行期の地方における暴力と建軍、前近代東アジアにおける人質制度の歴史的展開(共同研究)、といった題材にも着手しています。


     

研究キーワード

  • 日本政治外交史   史学史   植民地銀行   大蔵省   地方政治   経済政策   革命   軍隊   国家形成   主権   暴力   政党組織   利益団体   帝国   

研究分野

  • 人文・社会 / 国際関係論
  • 人文・社会 / 政治学
  • 人文・社会 / 日本史

職歴

  • 2014年04月 - 現在 北海道大学 大学院法学研究科 准教授
  • 2019年06月 - 2022年05月 マンスフィールド財団 ”日米次世代パブリック・インテレクチュアル・ネットワーク” プログラム 第5期生
  • 2018年09月 - 2019年08月 プリンストン大学 東アジア学部 客員研究員(在外研究)
  • 2017年09月 - 2018年08月 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス 国際関係史学部 客員研究員(在外研究)
  • 2016年04月 - 2017年03月 北海道大学 大学院公共政策学連携研究部 准教授
  • 2013年04月 - 2014年03月 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2010年04月 - 2013年03月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

学歴

  • 2010年04月 - 2013年04月   東京大学   大学院人文社会系研究科   博士課程
  • 2008年04月 - 2010年03月   東京大学   大学院人文社会系研究科   修士課程
  • 2004年04月 - 2008年03月   東京大学   文学部(文科Ⅲ類)

所属学協会

  • 史学会   日本国際政治学会   

研究活動情報

論文

  • 「制度」と「友敵」――坂野潤治『明治憲法体制の確立』の歴史叙述(特集 戦後歴史学の著作を読む (6))
    前田 亮介
    日本史研究 708 81 - 98 2021年08月 [招待有り]
  • 「世界政府論」と「中立論」のあいだ――戦後国際法学のなかの日本政治外交史
    前田 亮介
    日本評論社法律編集部編『法学者・法律家たちの八月十五日』(日本評論社) 247 - 275 2021年07月 [招待有り]
  • 前田 亮介
    北海道史への扉 2 11 - 22 2021年03月 [招待有り]
  • 前田 亮介
    御厨貴編『オーラル・ヒストリーに何ができるか――作り方から使い方まで』(岩波書店) 277 - 307 2019年03月 [査読無し][通常論文]
  • 前田 亮介
    岡義武著『明治政治史(上)』(岩波文庫) 463 - 515 2019年02月 [査読無し][招待有り]
  • 前田 亮介
    御厨貴編『天皇の近代――明治一五〇年・平成三〇年』(千倉書房) 81 - 140 2018年09月 [査読無し][通常論文]
     
    書評・紹介 『読売新聞』2018年12月3日朝刊(評者:小林佑基氏) 『朝日新聞』2018年12月22日朝刊(評者:齋藤純一氏) 『年報政治学』2019-I、2019年6月(評者:趙星銀氏)
  • 前田 亮介
    東京大学日本史学研究室紀要 = Bulletin of the Department of Japanese History, Faculty of Letters, the University of Tokyo 18 43 - 72 2014年03月 [査読無し][通常論文]
  • 前田 亮介
    東京大学(博士学位論文) 2013年01月 [査読無し][通常論文]
  • 前田 亮介
    史學雜誌 121 4 1 - 38 公益財団法人史学会 2012年04月 [査読有り][通常論文]
     
    The present paper attempts to identify one aspect of government politics in Japan following the end of the 1st Sino-Japanese War through a discussion of the independence gained by governors of the Bank of Japan (BOJ) from the Ministry of Finance. At the time it was established in 1882 under the Finance Ministry of Matsukata Masayoshi 松方正義, the BOJ was strictly controlled by the Ministry until the appointment in 1889 of Kawada Koichiro 川田小一郎, who after the Sino-Japanese War rose to the position of main policy-maker for the Bank and engineered its independence from the Finance Ministry based on the concept of "trust". In this way, the power base of the BOJ governorship can be found not only in the Banks' relationship with the Finance Ministry, but also from its relationship to the postwar national economy that was experiencing a substantial expansion in investment demand. In actuality, the BOJ was able to tackle in earnest the issues involved in building a national monetary network through the process of returning the banks established under the 1872 National Banking Act to the private sector, which began in 1883. However, the BOJ's economic enhancement, which was enabled by its political prominence, could not ultimately respond to the demand for capital funds in Japan's remotest regions and thus drew a great deal of discontent within the banking industry. The expansion of the unique role of the BOJ as a central bank deeply involved in financial policy-making due to the great economic recovery following the War also prepared the mechanism by which great expectations boomeranged into bitter criticism of the very fundamentals upon which the BOJ stood. The political consequence of this mechanism was the issue of how the BOJ was to be taxed. From the end of 1897, when the first postwar depression began and the political importance of the Ministry of Finance increased in the midst of demands for fiscal austerity measures, it was the Kensei Party's Cabinet 隈板内閣 that had to face the issue of how to control the BOJ, which Finance Minister Inoue Kaoru 井上馨 had failed to solve under the third Ito Hirobumi Government. The Kensei Party's successful solution involved balancing demands for aggressive monetary policy with demands for the decentralization of the banking industry through a plan to establish banks large enough to compete with Japan's central bank. It was in this way that taxing the BOJ was legitimized and the central bank made a part of the fiscal issues of the day. Consequently, the power base of the BOJ governorship was dismantled from the economic side through an offensive waged by a political party intervening in fiscal policy-making through the legislative process, and so on the eve of the Russo-Japanese War, fiscal and monetary policy-making was once more consolidated under the control of the Ministry of Finance.
  • 日清戦争後の経済と政治――統合主体形成の政治力学
    前田 亮介
    東京大学(修士学位論文) 2009年12月 [査読無し][通常論文]
     
    井上馨のリーダーシップに注目し、大陸進出にむけた財界・実業家の組織化や政友会にいたる伊藤新党運動を考察したもの(未公刊)。
  • 前田 亮介
    史學雜誌 118 4 77 - 102 公益財団法人史学会 2009年04月 [査読有り][通常論文]
     
    After the inauguration of the Imperial Diet in 1890, the Meiji State, the oligarchic Government called hanbatsu 藩閥, needed to reorganize itself in its relationship with the popular parties, which were seriously attacking the hanbatsu in order to retrench administrative expenditure. In this situation, the Hokkaido Reform was one of the most symbolic issues of the hanbatsu's self-reformation, because there had been the image of administrative waste in Hokkaido which was ruled by Kuroda Kiyotaka 黒田清隆, the leader of the Satsuma clan 薩派, who had long resisted the Diet System. In May 1891, the Matsukata Masayoshi 松方正義 Cabinet was set up and tried to overcome the problem of these maladies, which was a weakness of the hanbatsu Government. His "expansionist policies" 積極主義, including the Hokkaido Reform, were epochmaking in that the oligarchs could face the parties by using the excess revenue left over from the first Diet session for the manifestation more attractive than the parties', although that surely meant great damage for the Satsuma clan. The Hokkaido Reform by the Matsukata Cabinet progressed in two phases: staff reform and administration reform, both meant to protect Hokkaido from the parties' advance. First, at the initiative of the Minister of Interior Affairs Shinagawa Yajiro 品川弥二郎, large-scale personnel reduction, including the Director General of Hokkaido Government of the Satsuma clan, was carried out before the second session of the Diet. While Shinagawa and the new Director General Watanabe Chiaki 渡辺千秋 failed to reform Hokkaido sufficiently, the popular parties still attacked the Government through the Hokkaido problem. As the second reform, Shinagawa and Watanabe gradually planned to vest great authority in the Director General and the Hokkaido Government, compelling the cabinet to make the latter independent from the Department of the Interior before the third session of the Diet. In spite of the agreement of Ito Hirobumi 伊藤博文, however, the administration reform project unfortunately collapsed with the resignation of the Matsukata Cabinet, in July 1892, activating political conflict about the bargaining chip of Hokkaido. But, throughout this process, the Satsuma clan failed to mention their special interests in Hokkaido decisively. Instead, the popular parties, especially the Jiyuto 自由党, advanced on Hokkaido. This was in parallel with the Satsuma clan's fall in the Government and the parties' rise in the central political situation. In the face of Diet System, the oligarchs' monopoly of power in the Hokkaido was denied, and the fundamental political restructuring, namely the hanbatsu's self-reorganization, occurred.

書籍

  • 岡 義武 (担当:分担執筆範囲:解説)
    岩波書店 2019年02月 (ISBN: 4003812611) 515 463-515 
    書評・紹介 『読売新聞』2019年3月9日朝刊(評者:橋本五郎氏) 『東京人』2019年5月号(評者:苅部直氏) 『読売新聞』2019年12月22日朝刊(評者:橋本五郎氏)「2019年の3冊」 『みすず』2020年1・2月号(評者:酒井哲哉氏)「読書アンケート特集」
  • 全国政治の始動ーー帝国議会開設後の明治国家
    前田 亮介 (担当:単著)
    東京大学出版会 2016年05月 (ISBN: 4130262432) 320 
    書評 『レヴァイアサン』第60号、2017年4月(評者:川中豪氏「明治国家研究の比較政治学的意義」) 『年報政治学』2017-I、2017年7月(評者:五百旗頭薫氏)https://www.jstage.jst.go.jp/article/nenpouseijigaku/68/1/68_1_227/_pdf/-char/ja 『歴史と経済』第236号、2017年7月(評者:石井寛治氏)https://www.jstage.jst.go.jp/article/rekishitokeizai/59/4/59_55/_pdf/-char/ja 『道歴研年報』第18号、2017年9月(評者:木村聡氏・武藤三代平氏)https://drive.google.com/file/d/1plzhLu9tBh7XeQRilGfxQlUjIoYprMrD/view 『歴史学研究』第962号、2017年10月(評者:塩出浩之氏) 『社会経済史学』第83巻第3号、2017年11月(評者:神山恒雄氏)https://www.jstage.jst.go.jp/article/sehs/83/3/83_429/_pdf/-char/ja 『日本歴史』第835号、2017年12月(評者:伏見岳人氏) 『史學雜誌』第128編第6号、2019年7月(評者:久野洋氏) 『日本史研究』707号、2021年7月(評者:飯塚一幸氏) 紹介 東京財団「政治外交検証研究会レポート ―政治外交史研究を読み解く― 第1回「日本政治外交史研究の動向」」2019年8月9日 https://www.tkfd.or.jp/research/detail.php?id=3194 受賞 第39回サントリー学芸賞(思想・歴史部門) 2017年12月 選評:宇野重規氏 https://www.suntory.co.jp/sfnd/prize_ssah/detail/201708.html
  • 吉野作造講義録研究会編, 五百旗頭薫, 作内由子, 伏見岳人責任編集, 吉野作造講義録研究会 (担当:共編者(共編著者))
    岩波書店 2016年01月 (ISBN: 4000254685) 512 
    書評・紹介 『朝日新聞』2016年2月1日朝刊(評者:三谷太一郎氏) 『読売新聞』2016年3月12日朝刊(評者:橋本五郎氏) 『毎日新聞』2016年3月13日朝刊(評者:加藤陽子氏)

講演・口頭発表等

  • Postwar Japanese party politics and intellectuals on the US-Japan Alliance  [招待講演]
    Ryosuke Maeda
    Inter-Cohort Seminars (Mansfield Foundation U.S.-Japan Network for the Future) 2021年07月
  • 前田 亮介
    「政治寄席2021 御厨貴×牧原出『日本政治史講義』を読み破る」(東大先端研オープンキャンパス企画、オンライン開催) 2021年06月 東京大学先端科学技術研究センター牧原出研究室
  • 前田 亮介
    佐藤雄基編『明治が歴史になったとき:史学史としての大久保利謙』合評会(立教大学「グローバルヒストリーのなかの近代歴史学」第15回研究会、オンライン開催) 2021年06月
  • 東アジアにおける人質制度の歴史的展開(リテラチャーレビュー)
    前田 亮介
    科研萌芽「人質による合意保証メカニズムの研究」ミーティング(オンライン開催) 2021年03月
  • (コメント)もうひとつの〈言葉による参加〉の系譜 (島田英明氏報告「平民英雄論へと続く道:徳富蘇峰と漢文学の系脈」について)
    前田 亮介
    野村真紀さんメモリアル・レクチャー(北大政治研究会共催、オンライン開催) 2020年10月
  • 北海道はなぜ「社会党王国」となったのか? ――戦後初期の道連と農民同盟を中心に
    前田 亮介
    北大政治研究会 5月定例研究会(オンライン開催)(討論者:白鳥潤一郎氏) 2020年05月
  • 前田 亮介
    2019年度東京大学ホームカミングデイ 法学部企画シンポジウム「近代政治史研究の原点――岡義武の明治・大正史をよむ」 2019年10月
  • 前田 亮介
    2019年度近現代史サマーセミナー(彦根市民会館) 2019年09月
  • 前田 亮介
    BAJS(British Association for Japanese Studies)2018 Annual Conference(The University of Sheffield)(Discussant:Kaoru Iokibe) 2018年09月
  • (コメント) セッションⅡ「オーラル・ヒストリーの作り方・使い方:東アジア日本学研究者協議会から見て」について  [招待講演]
    前田 亮介
    第2回オーラル・ヒストリーの集い(東京大学) 2017年04月
  • (コメント) 白鳥潤一郎氏報告「「経済大国」の苦悩:東京サミット(1979年)と日本外交」について  [招待講演]
    前田 亮介
    戦後外交史研究会(二松学舎大学) 2017年03月
  • 前田 亮介
    第3回慶應比較政治セミナー(慶應義塾大学) 2016年11月
  • (リプライ) 前田亮介『全国政治の始動』書評会(評者:木村聡氏、武藤三代平氏)  [通常講演]
    前田 亮介
    北海道歴史研究者協議会例会(北海道大学) 2016年10月
  • 近代軍建設過程における「西南」:内戦期(1868-77)の明治国家  [通常講演]
    前田 亮介
    内戦と政治的暴力研究会(北海道大学) 2016年07月
  • 植民地銀行のインスティテューショナル・メモリー:朝鮮銀行の戦前と戦後  [通常講演]
    前田 亮介
    オーラル・ヒストリー作り方使い方研究会(東京大学) 2016年04月
  • 国民国家形成期の地方官:明治リージョナリズムの一系譜  [通常講演]
    前田 亮介
    鹿児島研究会(東京大学) 2015年09月
  • 全国政治の始動:帝国議会開設と藩閥支配の変容、1890-1899  [通常講演]
    前田 亮介
    北大法学会/北大政治研究会(北海道大学) 2014年12月
  • 全国政治の始動:帝国議会開設と藩閥支配の変容、1890-1899  [通常講演]
    前田 亮介
    北大史学会例会(北海道大学) 2014年12月
  • 白根専一と自−国連合の形成  [通常講演]
    前田 亮介
    第60回内務省研究会(専修大学) 2013年03月
  • 前田 亮介
    第一◯九回史学会大会日本史部会(近現代、東京大学) 2011年11月
  • 中央銀行総裁の政治権力  [通常講演]
    前田 亮介
    第52回内務省研究会(慶應義塾大学)(討論者:小林道彦氏) 2011年02月
  • 前田 亮介
    戦前戦後・比較政治史研究フォーラム(東京大学)(討論者:池本大輔氏、苅部直氏) 2010年06月

その他活動・業績

受賞

  • 2017年12月 第39回サントリー学芸賞(思想・歴史部門)
     
    『全国政治の始動――帝国議会開設後の明治国家』(東京大学出版会、2016)

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 人質による合意保証メカニズムの研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
    研究期間 : 2020年07月 -2023年03月 
    代表者 : 小浜 祥子, 西 平等, 前田 亮介, 三船 恒裕
  • 植民地/占領地銀行の政治外交史研究――マルチアーカイブによる帝国拡大過程の再検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究
    研究期間 : 2020年04月 -2023年03月 
    代表者 : 前田 亮介
  • 近代日本の政党政治と大蔵省―戦間期を中心に―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間 : 2016年04月 -2020年03月 
    代表者 : 前田 亮介
  • Finance, Empire, and War: The International Monetary Politics between Japan, Britain, and the United States. 1929-1952
    北海道大学:総長奨励による若手教員海外派遣支援事業
    研究期間 : 2018年09月 -2019年08月 
    代表者 : 前田 亮介
  • 公益財団法人 野村財団:国際交流助成(研究者の海外派遣)
    研究期間 : 2017年09月 -2019年08月 
    代表者 : 前田 亮介
  • 金融・帝国・戦争——世界恐慌後の国際経済秩序をめぐる日英米関係、1929-1952——
    公益財団法人 杉野目記念会:海外研修助成
    研究期間 : 2017年09月 -2018年08月 
    代表者 : 前田 亮介
  • 一般財団法人 北海道開発協会 開発調査総合研究所:研究助成
    研究期間 : 2017年04月 -2018年03月 
    代表者 : 前田 亮介
  • 公益財団法人 村田学術振興財団:研究者海外派遣援助
    研究期間 : 2017年09月 -2017年11月 
    代表者 : 前田 亮介
  • 東京大学:学術成果刊行助成
    研究期間 : 2015年09月 
    代表者 : 前田 亮介
  • 明治末~大正期における金融と政党
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費(PD)
    研究期間 : 2013年 -2013年 
    代表者 : 前田 亮介
  • 近代日本における統治政党の形成―日清戦後の経済政策の展開を中心に―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 特別研究員奨励費(DC1)
    研究期間 : 2010年 -2012年 
    代表者 : 前田 亮介

教育活動情報

主要な担当授業

  • 法政理論特殊講義
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
  • 外国語特殊演習Ⅰ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 帝国の膨張、移民、セトラー・コロニアリズム、朝鮮総督府、脱植民地化、日本政治外交史、日本帝国史、トランスナショナル/グローバル・ヒストリー
  • 法政理論特別研究
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 博士後期課程
    開講学部 : 法学研究科
  • 政治史学特殊演習
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 戦間期、日本政治外交史、国際法学、国際政治学、東アジア(極東)、クインシー・ライト、ハンス・モーゲンソー、武内辰治、坂本義和、蝋山政道、満洲事変、日米安保、シカゴ学派
  • 日本法入門
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
  • 政治史学特殊講義
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 修士課程
    開講学部 : 法学研究科
    キーワード : 日本国憲法、内閣憲法調査会、憲法問題研究会、萍憲法研究会、日米同盟、9条=安保体制、集団安全保障、岸信介、沖縄、主権、再軍備、戦後知識人、保守と革新、日本政治外交史
  • 専門外国語
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 帝国の膨張、移民、セトラー・コロニアリズム、朝鮮総督府、脱植民地化、日本政治外交史、日本帝国史、トランスナショナル/グローバル・ヒストリー
  • 日本政治史
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 近代日本、議会制、政党システム、中央‐地方関係、外交と安全保障、国際経済秩序、帝国と植民地、国民統合
  • 日本歴史ⅢD
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 現代日本学プログラム課程
    キーワード : 近代日本、議会制、政党システム、中央‐地方関係、外交と安全保障、国際経済秩序、帝国と植民地、国民統合
  • 演習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 戦間期、日本政治外交史、国際法学、国際政治学、東アジア(極東)、クインシー・ライト、ハンス・モーゲンソー、武内辰治、坂本義和、蝋山政道、満洲事変、日米安保、シカゴ学派
  • 演習Ⅱ
    開講年度 : 2020年
    課程区分 : 学士課程
    開講学部 : 法学部
    キーワード : 日本国憲法、内閣憲法調査会、憲法問題研究会、萍憲法研究会、日米同盟、9条=安保体制、集団安全保障、岸信介、沖縄、主権、再軍備、戦後知識人、保守と革新、日本政治外交史

大学運営

委員歴

  • 2019年09月 - 現在   北海道庁   北海道史編さん委員会(政治・行政部会) 調査研究委員

社会貢献活動

メディア報道



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.