宮武 由甲子ミヤタケ ユキコresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  病理系部門病理学分野
職名助教 
学位
博士(医学)(北海道大学)
メールアドレスyukimiyamed.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://path1.med.hokudai.ac.jp/path1/english/index.html
科研費研究者番号10421984

研究キーワード

細胞間相互作用, HTLV-1, 成人T細胞白血病

研究分野

基礎医学 / 実験病理学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 実験病理学

職歴

2011年
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(助教)
2007年
-
2010年
国立ダブリン大学感染症研究所(博士研究員)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2011年
-
現在
北海道大学大学院医学研究科(助教)
2007年
-
2010年
国立ダブリン大学感染症研究所(博士研究員)

所属学協会

日本癌学会
日本病理学会
日本免疫学会
International Retrovirology Association
日本HTLV学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本癌学会
日本病理学会
日本免疫学会
International Retrovirology Association
日本HTLV学会

研究活動

論文

The SKINT1-Like Gene Is Inactivated in Hominoids But Not in All Primate Species: Implications for the Origin of Dendritic Epidermal T Cells.
Mohamed RH, Sutoh Y, Itoh Y, Otsuka N, Miyatake Y, Ogasawara K, Kasahara M
PloS one 10(4) e0123258 2015年
Pancreatic cancer cells express CD44 variant 9 and multiple drug resistance protein 1 during mitosis.
Kiuchi S, Ikeshita S, Miyatake Y, Kasahara M
Experimental and molecular pathology 2014年12月
Anchorage-dependent multicellular aggregate formation induces CD44 high cancer stem cell-like ATL cells in an NF-κB- and vimentin-dependent manner.
Miyatake Y, Sheehy N, Ikeshita S, Hall WW, Kasahara M
Cancer letters 2014年11月
MICA/B expression in macrophage foam cells infiltrating atherosclerotic plaques.
Ikeshita S, Miyatake Y, Otsuka N, Kasahara M
Experimental and molecular pathology 2014年07月
Protective roles of epithelial cells in the survival of adult T-cell leukemia/lymphoma cells.
Miyatake Y, Oliveira AL, Jarboui MA, Ota S, Tomaru U, Teshima T, Hall WW, Kasahara M
The American journal of pathology 182 1832-1842 2013年05月
Decreased proteasomal activity causes age-related phenotypes and promotes the development of metabolic abnormalities.
Tomaru U, Takahashi S, Ishizu A, Miyatake Y, Gohda A, Suzuki S, Ono A, Ohara J, Baba T, Murata S, Tanaka K, Kasahara M
The American journal of pathology 180(3) 963 2012年03月
Cyclic AMP response element-binding protein is implicated in IL-6 production from arthritic synovial cells.
Ishizu A, Abe A, Miyatake Y, Baba T, Iinuma C, Tomaru U, Yoshiki T
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 20(2) 134-138 2010年04月
Exclusive expression of proteasome subunit {beta}5t in the human thymic cortex.
Tomaru U, Ishizu A, Murata S, Miyatake Y, Suzuki S, Takahashi S, Kazamaki T, Ohara J, Baba T, Iwasaki S, Fugo K, Otsuka N, Tanaka K, Kasahara M
Blood 113 5186-5191 2009年05月
Two novel NKG2D ligands of the mouse H60 family with differential expression patterns and binding affinities to NKG2D.
Takada A, Yoshida S, Kajikawa M, Miyatake Y, Tomaru U, Sakai M, Chiba H, Maenaka K, Kohda D, Fugo K, Kasahara M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 180 1678-1685 2008年02月
Short communication: expression of human endogenous retrovirus-R gene links to differentiation of squamous cells.
Otsuka N, Miyatake Y, Ishizu A, Tanaka S, Yamamoto Y, Ikeda H, Yoshiki T.
AIDS Res Hum Retroviruses. 22(11) 1148-1151 2006年11月
論文を全て表示する
論文閉じる
The SKINT1-Like Gene Is Inactivated in Hominoids But Not in All Primate Species: Implications for the Origin of Dendritic Epidermal T Cells.
Mohamed RH, Sutoh Y, Itoh Y, Otsuka N, Miyatake Y, Ogasawara K, Kasahara M
PloS one 10(4) e0123258 2015年
Pancreatic cancer cells express CD44 variant 9 and multiple drug resistance protein 1 during mitosis.
Kiuchi S, Ikeshita S, Miyatake Y, Kasahara M
Experimental and molecular pathology 2014年12月
Anchorage-dependent multicellular aggregate formation induces CD44 high cancer stem cell-like ATL cells in an NF-κB- and vimentin-dependent manner.
Miyatake Y, Sheehy N, Ikeshita S, Hall WW, Kasahara M
Cancer letters 2014年11月
MICA/B expression in macrophage foam cells infiltrating atherosclerotic plaques.
Ikeshita S, Miyatake Y, Otsuka N, Kasahara M
Experimental and molecular pathology 2014年07月
Protective roles of epithelial cells in the survival of adult T-cell leukemia/lymphoma cells.
Miyatake Y, Oliveira AL, Jarboui MA, Ota S, Tomaru U, Teshima T, Hall WW, Kasahara M
The American journal of pathology 182 1832-1842 2013年05月
Decreased proteasomal activity causes age-related phenotypes and promotes the development of metabolic abnormalities.
Tomaru U, Takahashi S, Ishizu A, Miyatake Y, Gohda A, Suzuki S, Ono A, Ohara J, Baba T, Murata S, Tanaka K, Kasahara M
The American journal of pathology 180(3) 963 2012年03月
Cyclic AMP response element-binding protein is implicated in IL-6 production from arthritic synovial cells.
Ishizu A, Abe A, Miyatake Y, Baba T, Iinuma C, Tomaru U, Yoshiki T
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association 20(2) 134-138 2010年04月
Exclusive expression of proteasome subunit {beta}5t in the human thymic cortex.
Tomaru U, Ishizu A, Murata S, Miyatake Y, Suzuki S, Takahashi S, Kazamaki T, Ohara J, Baba T, Iwasaki S, Fugo K, Otsuka N, Tanaka K, Kasahara M
Blood 113 5186-5191 2009年05月
Two novel NKG2D ligands of the mouse H60 family with differential expression patterns and binding affinities to NKG2D.
Takada A, Yoshida S, Kajikawa M, Miyatake Y, Tomaru U, Sakai M, Chiba H, Maenaka K, Kohda D, Fugo K, Kasahara M
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950) 180 1678-1685 2008年02月
Short communication: expression of human endogenous retrovirus-R gene links to differentiation of squamous cells.
Otsuka N, Miyatake Y, Ishizu A, Tanaka S, Yamamoto Y, Ikeda H, Yoshiki T.
AIDS Res Hum Retroviruses. 22(11) 1148-1151 2006年11月
Role of neuronal interferon-gamma in the development of myelopathy in rats infected with human T-cell leukemia virus type 1.
Miyatake Y, Ikeda H, Ishizu A, Baba T, Ichihashi T, Suzuki A, Tomaru U, Kasahara M, Yoshiki T
The American journal of pathology 169 189-199 2006年07月
Altered expression of apoptosis-related genes in osteocytes exposed to high-dose steroid hormones and hypoxic stress.
Tsuji M, Ikeda H, Ishizu A, Miyatake Y, Hayase H, Yoshiki T
Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology 73 304-309 2006年
Aberrant gene expression by CD25+CD4+ immunoregulatory T cells in autoimmune-prone rats carrying the human T cell leukemia virus type-I gene.
Hayase H, Ishizu A, Ikeda H, Miyatake Y, Baba T, Higuchi M, Abe A, Tomaru U, Yoshiki T
International immunology 17(6) 677-684 2005年06月
Chronic graft-versus-host disease-like autoimmune disorders spontaneously occurred in rats with neonatal thymus atrophy.
Baba T, Ishizu A, Ikeda H, Miyatake Y, Tsuji T, Suzuki A, Tomaru U, Yoshiki T
European journal of immunology 35(6) 1731-1740 2005年06月
Differential modulation of gene expression among rat tissues with warm ischemia.
Miyatake Y, Ikeda H, Michimata R, Koizumi S, Ishizu A, Nishimura N, Yoshiki T
Experimental and molecular pathology 77 222-230 2004年12月

競争的資金等の研究課題

正常上皮細胞との接着によるがん幹細胞の発生メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 宮武 由甲子
周囲組織環境との相互作用によるATL細胞のサバイバル機序の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 宮武 由甲子
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
正常上皮細胞との接着によるがん幹細胞の発生メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2014年 - 2017年 代表者 : 宮武 由甲子
周囲組織環境との相互作用によるATL細胞のサバイバル機序の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 宮武 由甲子

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
統合・病態演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
統合・病態演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
統合・病態演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部

ページトップへ