内田 努ウチダ ツトムresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/11/02

基本情報

プロフィール

所属部署名
工学研究院 応用物理学部門 凝縮系物理工学分野
職名准教授 
学位
博士(工学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://labs.eng.hokudai.ac.jp/labo/NanoBio/
科研費研究者番号

研究分野

物理学 / 生物物理・化学物理
ナノ・マイクロ科学 / ナノ材料工学
基礎化学 / 物理化学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
物理学 / 生物物理・化学物理
ナノ・マイクロ科学 / ナノ材料工学
基礎化学 / 物理化学

職歴

2004年03月
-
現在
北海道大学(准教授)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2004年03月
-
現在
北海道大学(准教授)

所属学協会

日本熱物性学会
日本顕微鏡学会
日本雪氷学会
日本結晶成長学会
日本エネルギー学会
日本生物物理学会
低温生物工学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本熱物性学会
日本顕微鏡学会
日本雪氷学会
日本結晶成長学会
日本エネルギー学会
日本生物物理学会
低温生物工学会

研究活動

論文

Temperature dependence of synchronized beating of cultured neonatal rat heart-cell networks with increasing age measured by multi-electrode arrays
内田 努, 木虎 竜一, 郷原 一寿
Trends in Medicine 18(4) 1-10 2018年06月
Ultra-Fine Bubble Distributions in a Plant Factory Observed by Transmission Electron Microscope with a Freeze-Fracture Replica Technique
内田 努, 西川 仁, 櫻井 伸樹, 浅野 正志, 野田 直喜
Nanomaterials 8 152-1-152-12 2018年03月
Xenon pressure dependence on the synchronized burst inhibition of rat cortical neuronal network cultured on multi-electrode arrays
UCHIDA Tsutomu, SHIMADA Koichiro, TANABE Ryutaro, KUBOTA Tatsuya, ITO Daisuke, YAMAZAKI Kenji, GOHARA Kazutoshi
IBRO Reports 3 45-54 2017年09月
Intracellular trehalose via transporter TRET1 as a method to cryoprotect CHO-K1 cells.
Uchida T, Furukawa M, Kikawada T, Yamazaki K, Gohara K
Cryobiology 77 50-57 2017年08月
Review of Fundamental Properties of Gas Hydrates: Breakout Sessions of the International Workshop on Methane Hydrate Research and Development
Uchida Tsutomu, Kvamme Bjorn, Coffin Richard B., Tenma Norio, Oyama Ai, Masutani Stephen M.
ENERGIES 10(6) 2017年06月
Pore water content in equilibrium with ice or gas hydrate in sediments
Vladimir Istomin, Evgeny Chuvilin, Boris Bukhanov, Tsutomu Uchida
Cold Regions Science and Technology 137 60-67 2017年05月
Micro-droplets containing sulfate in the Dome Fuji deep ice core, Antarctica: findings using micro-Raman spectroscopy
Sakurai Toshimitsu, Ohno Hiroshi, Motoyama Hideaki, Uchida Tsutomu
JOURNAL OF RAMAN SPECTROSCOPY 48(3) 448-452 2017年03月
Gas Nanobubbles as Nucleation Acceleration in the Gas-Hydrate Memory Effect
Uchida Tsutomu, Yamazaki Kenji, Gohara Kazutoshi
Journal of Physical Chemistry C 120(47) 26620-26629 2016年12月
Generation of micro- and nano-bubbles in water by dissociation of gas hydrates
Uchida Tsutomu, Yamazaki Kenji, Gohara Kazutoshi
KOREAN JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING 33(5) 1749-1755 2016年05月
Oxidative Capacity of Nanobubbles and Its Effect on Seed Germination
Liu Shu, Oshita Seiichi, Makino Yoshio, Wang Qunhui, Kawagoe Yoshinori, Uchida Tsutomu
ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING 4(3) 1347-1353 2016年03月
論文を全て表示する
論文閉じる
Temperature dependence of synchronized beating of cultured neonatal rat heart-cell networks with increasing age measured by multi-electrode arrays
内田 努, 木虎 竜一, 郷原 一寿
Trends in Medicine 18(4) 1-10 2018年06月
Ultra-Fine Bubble Distributions in a Plant Factory Observed by Transmission Electron Microscope with a Freeze-Fracture Replica Technique
内田 努, 西川 仁, 櫻井 伸樹, 浅野 正志, 野田 直喜
Nanomaterials 8 152-1-152-12 2018年03月
Xenon pressure dependence on the synchronized burst inhibition of rat cortical neuronal network cultured on multi-electrode arrays
UCHIDA Tsutomu, SHIMADA Koichiro, TANABE Ryutaro, KUBOTA Tatsuya, ITO Daisuke, YAMAZAKI Kenji, GOHARA Kazutoshi
IBRO Reports 3 45-54 2017年09月
Intracellular trehalose via transporter TRET1 as a method to cryoprotect CHO-K1 cells.
Uchida T, Furukawa M, Kikawada T, Yamazaki K, Gohara K
Cryobiology 77 50-57 2017年08月
Review of Fundamental Properties of Gas Hydrates: Breakout Sessions of the International Workshop on Methane Hydrate Research and Development
Uchida Tsutomu, Kvamme Bjorn, Coffin Richard B., Tenma Norio, Oyama Ai, Masutani Stephen M.
ENERGIES 10(6) 2017年06月
Pore water content in equilibrium with ice or gas hydrate in sediments
Vladimir Istomin, Evgeny Chuvilin, Boris Bukhanov, Tsutomu Uchida
Cold Regions Science and Technology 137 60-67 2017年05月
Micro-droplets containing sulfate in the Dome Fuji deep ice core, Antarctica: findings using micro-Raman spectroscopy
Sakurai Toshimitsu, Ohno Hiroshi, Motoyama Hideaki, Uchida Tsutomu
JOURNAL OF RAMAN SPECTROSCOPY 48(3) 448-452 2017年03月
Gas Nanobubbles as Nucleation Acceleration in the Gas-Hydrate Memory Effect
Uchida Tsutomu, Yamazaki Kenji, Gohara Kazutoshi
Journal of Physical Chemistry C 120(47) 26620-26629 2016年12月
Generation of micro- and nano-bubbles in water by dissociation of gas hydrates
Uchida Tsutomu, Yamazaki Kenji, Gohara Kazutoshi
KOREAN JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING 33(5) 1749-1755 2016年05月
Oxidative Capacity of Nanobubbles and Its Effect on Seed Germination
Liu Shu, Oshita Seiichi, Makino Yoshio, Wang Qunhui, Kawagoe Yoshinori, Uchida Tsutomu
ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING 4(3) 1347-1353 2016年03月
Effect of NaCl on the Lifetime of Micro- and Nanobubbles.
Uchida T, Liu S, Enari M, Oshita S, Yamazaki K, Gohara K
Nanomaterials (Basel, Switzerland) 6(2) 2016年02月
Preservation of carbon dioxide clathrate hydrate in the presence of trehalose under freezer conditions.
Nagashima HD, Takeya S, Uchida T, Ohmura R
Scientific reports 6 19354 2016年01月
Raman spectra measurements on DEPC liposome and cell membrane of living neuron under xenon pressure
内田 努
Can. J. Chem. 93(8) 831-838 2015年08月
Sintering Process Observations on Gas Hydrates under Hydrate-Stable and Self-Preservation Conditions
T. Uchida, D. Kishi T. Shiga, M. Nagayam, and K. Gohara
J. Chem. Eng. Data 60(2) 284-292 2015年02月
Natural supersaturation conditions needed for nucleation of air clathrate hydrates in deep ice sheets
T. Uchida, K. Yasuda, Y. Oto, R. Shen and R. Ohmura
J. Glaciol. 60(224) 1111-1116 2014年
Phase equilibrium condition measurements in nitrogen and air clathrate hydrate forming systems at temperatures below freezing point of water
K. Yasuda, Y. Oto, R. Shen, T. Uchida, R. Ohmura
J. Chem. Thermodynamics 67 143-147 2013年12月
Neuronal cell patterning on a multi-electrode array for a network analysis platform
M. Suzuki, K. Ikeda, M. Yamaguchi, S. N. Kudoh, K. Yokoyama, R. Satoh, D. Ito, M. Nagayama, T. Uchida, K. Gohara
Biomaterials 34(21) 5210-5217 2013年07月
Raman spectroscopic measurements on DEPC liposome: phase transition observation under Xe-gas pressure
T. Uchida and A. K. Sum
低温科学 71 105-110 2013年03月
ラット心筋細胞の常温保存研究 ―ガス印加の影響―
奥平俊樹,永山昌史,郷原一寿,内田努
低温科学 71 81-89 2013年03月
二糖類水溶液の凍結と氷準安定相の形成
内田 努, 竹谷 敏
日本結晶成長学会誌 40(4) 238-243 2013年
van der Waals & Platteeuwモデルによるガスハイドレート相平衡推算の課題と展望−第53回高圧討論会シンポジウム総合討論より−
内田 努, 菅原武, 大垣一成, 田中秀樹, 竹谷敏, 谷篤史
高圧力の科学と技術 23(2) 141-147 2013年
Hydrate Phase Equilibrium in the System of Carbon Dioxide + 2,2-Dimethylbutane + Water at Temperatures below Freezing Point of Water
R. Shen, K. Tezuka, T. Uchida, R. Ohmura
Journal of Chemical Thermodynamics 53 27-29 2012年10月
Xenon-induced inhibition of synchronized bursts in a rat cortical neuronal network
T. Uchida, S. Suzuki, Y. Hirano, D. Ito, M. Nagayama, and K. Gohara
Neuroscience 214 149-158 2012年
Dimethyl sulfoxideによる分散ラット心筋細胞の凍結保護機構の実験的検討
内田努, 宮村謙一郎, 永山昌史, 郷原一寿
低温生物工学会誌 58(1) 59-63 2012年
Optimal temperature range for low-temperature preservation of dissociated neonatal rat cardiomyocytes.
Uchida T, Nagayama M, Taira T, Shimizu K, Sakai M, Gohara K
Cryobiology 63(3) 279-284 2011年12月
Cell patterning using a template of microstructured organosilane layer fabricated by vacuum ultraviolet light lithography.
Yamaguchi M, Ikeda K, Suzuki M, Kiyohara A, Kudoh SN, Shimizu K, Taira T, Ito D, Uchida T, Gohara K
Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids 27(20) 12521-12532 2011年10月
Dissociation termination of methane-ethane hydrates in temperature-ramping tests at atmospheric pressure below the melting point of ice.
Uchida T, Kida M, Nagao J
Chemphyschem : a European journal of chemical physics and physical chemistry 12(9) 1652-1656 2011年06月
Transmission electron microscopic observations of nanobubbles and their capture of impurities in wastewater.
Uchida T, Oshita S, Ohmori M, Tsuno T, Soejima K, Shinozaki S, Take Y, Mitsuda K
Nanoscale research letters 6(1) 295 2011年04月
The chemical forms of water-soluble microparticles preserved in the Antarctic ice sheet during Termination I
Sakurai Toshimitsu, Ohno Hiroshi, Horikawa Shinichiro, Iizuka Yoshinori, Uchida Tsutomu, Hirakawa Kazuomi, Hondoh Takeo
JOURNAL OF GLACIOLOGY 57(206) 1027-1032 2011年
Crystal growth of air hydrates over 720 ka in Dome Fuji (Antarctica) ice cores: microscopic observations of morphological changes below 2000 m depth
Uchida Tsutomu, Miyamoto Atsushi, Shin'yama Atsushi, Hondoh Takeo
JOURNAL OF GLACIOLOGY 57(206) 1017-1026 2011年
Ice-shielding models for self-preservation of gas hydrates
T. Uchida, T. Sakurai, T. Hondoh
Journal of Chemistry and Chemical Engineering 5(8) 691-705 2011年
Crystal growth of air-hydrates over 720,000 years in Dome Fuji ice cores, Antarctica: microscopic observations of morphological changes below 2000-m depth
T. Uchida, A. Miyamoto, A. Shin’yama, T. Hondoh
Journal of Glaciology 57(206) 1017-1026 2011年
The chemical forms of water-soluble microparticles preserved in the Antarctic ice sheet during Termination I
T. Sakurai, H. Ohno, S. Horikawa, Y. Iizuka, T. Uchida, K. Hirakawa, T. Hondoh
Journal of Glaciology 57(206) 1027-1032 2011年
Observation of Sintering of Clathrate Hydrates
T. Uchida, T. Shiga, M. Nagayam, and K. Gohara
Energies 3(12) 1960-1971 2010年12月
Powder X-ray diffraction observations of ice crystals formed from disaccharide solutions
T. Uchida, S. Takeya
Physical Chemistry Chemical Physics 12(45) 15034-15039 2010年12月
Clathrate hydrate crystal growth at the seawater/hydrophobic guest liquid interface
R. Sakemoto, H. Sakamoto, K. Shiraiwa, R. Ohmura and T. Uchida
Crystal Growth & Design 10(3) 1296-1300 2010年03月
Contrary Effects of Octopamine Receptor Ligands on Behavioral and Neuronal Changes in Locomotion of Lymnaea
Miyamae Yurie, Komuro Mami, Murata Aya, Aono Kanako, Nishikata Kaori, Kanazawa Akira, Fujito Yutaka, Komatsu Takumi, Ito Daisuke, Abe Takashi, Nagayama Masafumi, Uchida Tsutomu, Gohara Kazutoshi, Murakami Jun, Kawai Ryo, Hatakeyama Dai, Lukowiak Ken, Ito Etsuro
BIOLOGICAL BULLETIN 218(1) 6-14 2010年02月
Contrary Effects of Octopamine Receptor Ligands on Behavioral and Neuronal Changes in Locomotion of Lymnaea
Y. Miyamae, 他17名
Biological Bulletin 218(1) 6-14 2010年02月
Raman peak frequencies of fluoromethane molecules measured in clathrate hydrate crystals: experimental investigations and density functional theory calculations.
Uchida T, Ohmura R, Hori A
The journal of physical chemistry. A 114(1) 317-323 2010年01月
Shrinking and Development of Lipid Droplets in Adipocytes during Catecholamine-induced Lipolysis
M. Nagayama, K. Shimizu, T. Taira, T. Uchida, K. Gohara
FEBS letters 584(1) 86-92 2010年01月
Magnesium methanesulfonate salt found in the Dome Fuji (Antarctica) ice core
Sakurai Toshimitsu, Ohno Hiroshi, Genceli F. Elif, Horikawa Shinichirou, Iizuka Yoshinori, Uchida Tsutomu, Hondoh Takeo
JOURNAL OF GLACIOLOGY 56(199) 837-842 2010年
Ice-shielding models for self-preservation of gas hydrates during temperature ramping test at atmospheric pressure
T. Uchida, T. Sakurai, T. Hondoh
Physics and Chemistry of Ice 2010  283-292 2010年
Minimum neuron density for synchronized bursts in a rat cortical culture on multi-electrode arrays
D. Ito, H. Tamate, M. Nagayama, T. Uchida, S. Kudoh, K. Gohara
Neuroscience 171(1) 50-61 2010年
A Technique for Measuring Microparticles in Polar Ice Using Micro-Raman Spectroscopy
T. Sakurai, H. Ohno, S. Horikawa, Y. Iizuka,T. Uchida, T. Hondoh
International Journal of Spectroscopy 2010 384956-1-384956-7 2010年
ラット心筋細胞の凍結保存におけるジメチルスルホキシドの有効性評価
宮村謙一郎, 永山昌史, 郷原一寿, 平敏夫, 清水恭子, 酒井雅人,内田努
低温生物工学会誌 56(2) 111-117 2010年
Magnesium methanesulfonate salt found in the Dome Fuji (Antarctica) ice core
T. Sakurai, H. Ohno,F. Elif Genceli, S. Horikawa, Y. Iizuka,T. Uchida, T. Hondoh
Journal of Glaciology 56(199) 837-842 2010年
Trehalose solution viscosity at low temperatures measured by dynamic light scattering method: Trehalose depresses molecular transportation for ice crystal growth
Uchida Tsutomu, Nagayama Masafumi, Gohara Kazutoshi
JOURNAL OF CRYSTAL GROWTH 311(23-24) 4747-4752 2009年12月
Transmission Electron Microscopic observations of ice and clathrate hydrate crystals
T. Shiga, K. Ishizuka, M. Nagayam, K. Gohara, T. Uchida
雪氷 71(5) 317-327 2009年
Inhibition Process of Ice Crystal Growth in Trehalose Solutions: Interpretation by Viscosity Measurements using Dynamic Light Scattering Method
T. Uchida, M. Nagayama, and K. Gohara
J. Crystal Growth 311(23-24) 4747-4752 2009年
Upside-Down Gliding of Lymnaea
Aono Kanako, Fusada Ayachika, Fusada Yorichika, Ishii Wataru, Kanaya Yuji, Komuro Mami, Matsui Kanae, Meguro Satoru, Miyamae Ayumi, Miyamae Yurie, Murata Aya, Narita Shizuka, Nozaka Hiroe, Saito Wakana, Watanabe Ayumi, Nishikata Kaori, Kanazawa Akira, Fujito Yutaka, Yamagishi Miki, Abe Takashi, Nagayama Masafumi, Uchida Tsutomu, Gohara Kazutoshi, Lukowiak Ken, Ito Etsuro
BIOLOGICAL BULLETIN 215(3) 272-279 2008年12月
Upside-down gliding of Lymnaea.
Aono K, Fusada A, Fusada Y, Ishii W, Kanaya Y, Komuro M, Matsui K, Meguro S, Miyamae A, Miyamae Y, Murata A, Narita S, Nozaka H, Saito W, Watanabe A, Nishikata K, Kanazawa A, Fujito Y, Yamagishi M, Abe T, Nagayama M, Uchida T, Gohara K, Lukowiak K, Ito E
The Biological bulletin 215(3) 272-279 2008年12月
Critical size for guest molecules to occupy dodecahedral cage of clathrate hydrates
T. Uchida, R. Ohmura, A. Hori
the Journal of Physical Chemistry C 112(12) 4719-4724 2008年03月
Analysis of neural-network dynamics using multi-electrode arrays
Tamate Hiroki, Ito Daisuke, Nagayama Masafumi, Uchida Tsutomu, Gohara Kazutoshi
NEUROSCIENCE RESEARCH 61 S164 2008年
Spectroscopic measurements on binary, ternary, and quaternary mixed-gas molecules in clathrate structures
T. Uchida, S. Takeya, Y. Kamata, R. Ohmura and H. Narita
Ind. & Eng. Chem. Res. 46(14) 5080-5087 2007年07月
Morphological investigations of disaccharide molecules for growth inhibition of ice crystals
Uchida, T., Nagayama, M., Shibayama, T. and Gohara, K.
Journal of Crystal Growth 299(1) 125-135 2007年02月
Temporal and spatial variations of lipid droplets during adipocyte division and differentiation.
Nagayama M, Uchida T, Gohara K
Journal of lipid research 48(1) 9-18 2007年01月
Gas Hydrate Markup Language: Laboratory Data
Smith, T., Ripmeester, J., Sloan, D., Uchida, T.
Data Sci. J. 6 GH18-GH24 2007年
A Hydrate Database: Vital to the Technical Community
Sloan, D., Kuznetsov, F., Lal, K., Loewner, R., Makogon, Y., Moridis, G., Ripmeester, J., Royer, Jean-Jacque, Smith, T., Tohidi, B., Uchida, T., Wang, J., Wang, W. and Xiao, Y.
Data Sci. J. 6 GH1-GH5 2007年
初代ラット大脳皮質由来神経細胞の凍結保存条件に及ぼす凍結速度依存性
内田努, 本村寿太郎, 永山昌史, 郷原一寿
低温生物工学会誌 53(2) 161-166 2007年
Crystal Lattice Size and Stability of Type H Clathrate Hydrates with Various Large-Molecule Guest Substances
S. Takeya, A. Hori, T. Uchida and R. Ohmura
Journal of Phyiscal Chemistry B 110(26) 12943-12947 2006年07月
Phase equilibrium measurements and crystallographic analyses on structure-H type gas hydrate formed from the CH4-CO2–neohexane-water system
T. Uchida, R. Ohmura, I. Y. Ikeda, J. Nagao, S. Takeya and A. Hori
Journal of Physical Chemistry B 110(10) 4583-4588 2006年03月
Phase Equilibrium for structure-H hydrate formed with krypton and 2,2-dimetyl butane
R. Ohmura, S. Takeya, T. Maekawa and T. Uchida
Journal of Chemical and Engineering Data 51(1) 161-163 2006年
Lattice expansion of clathrate hydrates of methane mixtures and natural gas
S. Takeya, T. Uchida, Y. Kamata, J. Nagao, M. Kida, H. Minami, H. Sakagami, A. Hachikubo, N. Takahashi, H. Shoji, O. Khlystov, M. Grachev, and V. Soloviev
Angew. (Angewandte) Chem. Int. Ed. 44(42) 6928-6931 2005年10月
Growth of lipid droplets and morphological change in cellular shape during adipose differentiation
Nagayama Masafumi, Uchida Tsutomu, Taira Toshio, Hoshi Takuya, Shimizu Kyoko, Sakai Masato, Gohara Kazutoshi
CELL STRUCTURE AND FUNCTION 30 34 2005年06月
Kinetics and Stability of CH4-CO2 Mixed Gas Hydrates During Formation and Long-Term Storage
T. Uchida, I. Y. Ikeda, S. Takeya, Y. Kamata, R. Ohmura, J. Nagao, O. Y. Zatsepina and B. A. Buffett
ChemPhysChem 6(4) 646-654 2005年04月
Texture change of ice on anomalously preserved methane clathrate hydrate
W. Shimada, S. Takeya, Y. Kamata, T. Uchida, J. Nagao, T. Ebinuma and H. Narita
J. Phys. Chem. B 109(12) 5802-5807 2005年03月
Physical properties of natural gas hydrate and associated gas-hydrate-baring sediments in the JAPEX/JNOC/GSC et al. Mallik 5L-38 gas hydrate production research well
T. Uchida, T. Uchida, A. Kato, H. Sasaki, F. Kono, S. Takeya
Gedogical Survey of Canada GSC Bulletin 585 105 2005年
Phase diagram, latent heat, and specific heat of TBAB semiclathrate hydrate crystals
H. Oyama, W. Shimada, T. Ebinuma, Y. Kamata, S. Takeya, T. Uchida, J. Nagao and H. Narita
Fluid Phase Equilibria 234(1-2) 131-135 2005年
Particle size effect of CH4 hydrate for self-preservation
S. Takeya, T. Uchida, J. Nagao, R. Ohmura, W. Shimada, Y. Kamata, T. Ebinuma and H. Narita
Chem. Eng. Sci. 60(5) 1383-1387 2005年
Phase Equilibrium for structure-H hydrates at temperatures below the freezing point of water
R. Ohmura, S. Matsuda, T. Uchida, T. Ebinuma and H. Narita
J. Chem. Eng. Data 50(3) 993-996 2005年
Clathrate hydrate crystal growth in liquid water saturated with a guest substance: Observations in methane + water system
R. Ohmura, S. Matsuda, T. Uchida, T. Ebinuma and H. Narita
Crystal Growth & Design 5(3) 953-957 2005年
Decomposition of Methane Hydrates in Sand, Sandstone, Clays and Glass Beads
Uchida, T. Takeya, S., Chuvilin, E.M., Ohmura, R., Nagao, J., Yakushev, V.S., Istomin, V.A., Minagawa, H., Ebinuma, T. and Narita, H.
J. Geophys. Res. 109 B05206 2004年
Clathrate hydrate formed with methane and 2-propanol: Confirmation of structure II hydrate formation
R. Ohmura, S. Takeya, T. Uchida, T. Ebinuma
Industrial and Engineering Chemistry Research 43(16) 4964-4966 2004年
Two-Step Formation of Methane-Propane Mixed Gas Hydrates in a Batch-Type Reactor
T. Uchida, M. Moriwaki, S. Takeya, I. Y. Ikeda, R. Ohmura, J. Nagao, H. Minagawa, T. Ebinuma, H. Narita, K. Gohara and S. Mae
AIChE Journal 50(2) 518-523 2004年
Clathrate hydrate crystal growth in liquid water saturated with a hydrate-forming substance: Variations in crystal morphology
R. Ohmura, W. Shimada, T. Uchida, Y. H. Mori, S. Takeya, J. Nagao, H. Minagawa, T. Ebinuma and H. Narita
Philosophical Magazine 84(1) 1-16 2004年
Gas Separation Method Using Tetra-n-butyl Ammonium Bromide Semi-Clathrate Hydrate
Y. Kamata, H. Oyama, W. Shimada, T. Ebinuma, S. Takeya, T. Uchida, J. Nagao and H. Narita
Japanese Journal of Applied Physics 43(1) 362-365 2004年
Thermodynamics of Methane, Propane, and Carbon Dioxide Hydrates in Porous Glass
D. H. Smith, K. Seshadri, T. Uchida and J. W. Wilder
AIChE Journal 50(7) 1589-1598 2004年
Clathrate hydrate formation in the system methane + 3-methyl-1-butanol + water: Equilibirium data and crystallographic structures of hydrates
R. Ohmura, S. Takeya, T. Uchida, I. Y. Ikeda, T. Ebinuma and H. Narita
Fluid Phase Equilibria 221(1-2) 151-156 2004年
Clathrate hydrate formation in (methane + water + methylcyclohexanone) systems: the first phase equilibrium data
Ohmura, R., Uchida, T., Takeya, S., Nagao, J., Minagawa, H., Ebinuma, T. and Narita, H.
J. Chem. Thermodynamics 35 2045-2054 2003年
Separation of Gas Molecule Using Tetra-n-butyl Ammonium Bromide Semi-Clathrate Hydrate Crystals
Shimada, W., Ebinuma, T., Oyama, H., Kamata, Y., Takeya, S., Uchida, T., Nagao, J. and Narita, H.
Jpn. J. Appl. Phys 42(2A) L129-L131 2003年
Raman Spectroscopic Observations of Mehtane-Hydrate Formation and Hydrophobic Hydration Around Methane Molecules in the Solutions
Uchida, T., Okabe, R., Gohara, K., Mae, S., Seo, Y., Lee, H., Takeya, S., Nagao, J., Ebinuma, T. and Narita, H.
Can. J. Phys 81(1-2) 351-357 2003年
Raman Spectroscopic Observations of Mehtane-Hydrate Formation and Hydrophobic Hydration Around Methane Molecules in the Solutions
Uchida, T., Takeya, S., Wilson, L.D., Tulk, C.A., Ripmeester, J.A., Nagao, J., Ebinuma, T. and Narita, H.
Can. J. Phys. 81(1-2) 359-366 2003年
An experimental study of gas-hydrate formation by measuring viscosity and infrared spectra
Oyama, H., Ebinuma, T., Shimada, W., Takeya, S., Nagao, J., Uchida, T. and Narita, H.
Can. J. Phys. 81(1-2) 485-492 2003年
The Structure Transition of Methane + Ethane Hydrate
Takeya, S., Kamata, Y., Uchida, T., Nagao, J., Hori, A., Hondoh, T., Ebinuma, T. and Narita, H.
Can. J. Phys. 81(1-2) 479-484 2003年
Phase Equilibrium for Structure-H Hydrates Formed with Methane and either Pinacolone (3, 3-Dimethyl-2-butanone) or Pinacolyl Alcohol (3,3-Dimethyl-2-butanol)
Ohmura, R., Uchida, T., Takeya, S., Nagao, J., Minagawa, H., Ebinuma, T. and Narita, H.
J. Chem. Eng. Data 48(5) 1337-1340 2003年
Effects of temperature cycling on the phase transition of water in gas-saturated sediments
Chuvilin, E.M., Ebinuma, T., Kamata, Y., Uchida, T., Takeya, S., Nagao, J. and Narita, H.
Can. J. Phys. 81(1-2) 343-350 2003年
Viscosity of Aqueous CO2 Solutions Measured by Dynamic Light Scattering
Uchida, T., Ohmura, R.. Nagao, J.. Takeya, S.. Ebinuma, T. and Narita, H.
J. Chem. Eng. Data 48(5) 1225-1229 2003年

書籍

Fossil Fuels
増田昌敬、内田 努、長久保定雄、佐藤幹夫
World Scientific Pub. Co. Pte. Ltd. 2017年06月 ISBN : 978-981-4699-97-6
低温科学便覧
内田 努
丸善出版(株) 2015年10月
非在来型天然ガスのすべて エネルギー資源の新たな主役(コールベッドメタン・シェールガス・メタンハイドレート)
内田 努
日本工業出版 2014年05月
新版 雪氷辞典
内田 努
古今書院 2014年
Bio-Nanotechnology: A Revolution in Biomedical Sciences, & Human Health
内田 努
John Wiley & Sons, Ltd. 2013年02月
Crystal Growth, Book 2
内田 努
InTech 2012年01月
Physics and Chemistry of Ice, 2010
International Symposium on the Physics and Chemistry of Ice, 古川 義純, 佐崎 元, 内田 努, Watanabe Naoki
Hokkaido University Press 2011年 ISBN : 9784832903616
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Fossil Fuels
増田昌敬、内田 努、長久保定雄、佐藤幹夫
World Scientific Pub. Co. Pte. Ltd. 2017年06月 ISBN : 978-981-4699-97-6
低温科学便覧
内田 努
丸善出版(株) 2015年10月
非在来型天然ガスのすべて エネルギー資源の新たな主役(コールベッドメタン・シェールガス・メタンハイドレート)
内田 努
日本工業出版 2014年05月
新版 雪氷辞典
内田 努
古今書院 2014年
Bio-Nanotechnology: A Revolution in Biomedical Sciences, & Human Health
内田 努
John Wiley & Sons, Ltd. 2013年02月
Crystal Growth, Book 2
内田 努
InTech 2012年01月
Physics and Chemistry of Ice, 2010
International Symposium on the Physics and Chemistry of Ice, 古川 義純, 佐崎 元, 内田 努, Watanabe Naoki
Hokkaido University Press 2011年 ISBN : 9784832903616

講演・口頭発表等

Xenon plays inhibition roles on the neuronal network activities
T. Uchida, K. Shimada, R. Tanabe, T. Kubota, D. Ito, K. Yamazaki, K. Gohara
2nd International Aquaphotomics Symposium, 2016年11月 
トレハロースの氷晶成長抑制機構~水溶液の凍結過程と凍結保護作用の観測~
内田 努
第20回トレハロースシンポジウム 2016年11月 
1.農産物や食品の低温保存技術への応用技術seeds;「水溶液の凍結制御技術」「(2)ナノバブルによる結晶化促進効果」
内田 努
グリーンテクノバンクUnmet needsワークショップ 2016年10月 
トレハローストランスポーターを発現したCHO-K1細胞の凍結保条件
内田 努、古川真帆、黄川田隆洋、山崎憲慈、郷原一寿
2015年10月 
ガスハイドレート溶解時のナノバブル発生と再結晶化過程におけるメモリー効果
内田 努、山崎憲慈、郷原一寿
日本地球惑星科学連合2015年大会 2015年05月 
氷を制御して生物の活性を制御する
内田 努
2014年度雪氷物性分科会シンポジウム 2014年09月 
生物の中の水を制御する
内田 努
鮮度保持技術に関する意見交換会 2014年08月 
Analysis and control of cultured neuronal networks using multi-electrode arrays: from gene expression to network dynamics
D. Ito, K. Yokoyama, T. Uchida, K. Gohara
IVth Int. Conf. Topical Problems in Biophotonics 2013 2013年07月 
トレハロースの氷晶成長抑制機構~水溶液の凍結過程と凍結保護作用の観測~
内田 努
第16回トレハロースシンポジウム 2012年10月 
Gas Structured Water: From Gas Hydrates to Cellular Activity Inhibition
内田 努
WINPTech2011, “Water and Light” session 2011年12月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Xenon plays inhibition roles on the neuronal network activities
T. Uchida, K. Shimada, R. Tanabe, T. Kubota, D. Ito, K. Yamazaki, K. Gohara
2nd International Aquaphotomics Symposium, 2016年11月 
トレハロースの氷晶成長抑制機構~水溶液の凍結過程と凍結保護作用の観測~
内田 努
第20回トレハロースシンポジウム 2016年11月 
1.農産物や食品の低温保存技術への応用技術seeds;「水溶液の凍結制御技術」「(2)ナノバブルによる結晶化促進効果」
内田 努
グリーンテクノバンクUnmet needsワークショップ 2016年10月 
トレハローストランスポーターを発現したCHO-K1細胞の凍結保条件
内田 努、古川真帆、黄川田隆洋、山崎憲慈、郷原一寿
2015年10月 
ガスハイドレート溶解時のナノバブル発生と再結晶化過程におけるメモリー効果
内田 努、山崎憲慈、郷原一寿
日本地球惑星科学連合2015年大会 2015年05月 
氷を制御して生物の活性を制御する
内田 努
2014年度雪氷物性分科会シンポジウム 2014年09月 
生物の中の水を制御する
内田 努
鮮度保持技術に関する意見交換会 2014年08月 
Analysis and control of cultured neuronal networks using multi-electrode arrays: from gene expression to network dynamics
D. Ito, K. Yokoyama, T. Uchida, K. Gohara
IVth Int. Conf. Topical Problems in Biophotonics 2013 2013年07月 
トレハロースの氷晶成長抑制機構~水溶液の凍結過程と凍結保護作用の観測~
内田 努
第16回トレハロースシンポジウム 2012年10月 
Gas Structured Water: From Gas Hydrates to Cellular Activity Inhibition
内田 努
WINPTech2011, “Water and Light” session 2011年12月 
混合ガスハイドレートの分解挙動の組成依存性
内田 努
第6回GHIC講演会 2011年01月 
凍結割断レプリカ法による糖の凍結抑制作用の観測
内田 努
平成22年度日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会 2010年12月 
トレハロース水溶液凍結時に観測された氷Ic結晶相の形成過程
内田 努
日本物理学会2010年秋季大会・領域9,12合同シンポジウム 2010年09月 
マイクロ・ナノバブルの電子顕微鏡観察
内田 努
農林水産・食品産業マイクロ・ナノバブル技術研究組合平成22年度通常総会講演会 2010年05月 
氷・クラスレートハイドレートの透過型電子顕微鏡観測
内田 努
平成21年度日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会 2009年12月 
ガスハイドレートの形成過程と水溶液の構造化
内田 努
日本分析化学会第58回年会 2009年09月 
水の構造化 ―クラスレートハイドレートから細胞へ―
内田 努
2006年度第6回水科学研究会 2006年12月 

特許

コールベッドメタンハイドレート製造装置およびコールベッドメタンハイドレート製造方法
・ 川村太郎、山本佳孝、川辺能成、原淳子、樋口知、内田努、大賀光太郎
特願2009-068903 2009年03月19日
ガスの貯蔵及び輸送方法
海老沼 孝郎, 内田 努, 竹谷 敏, 成田 英夫, 川崎 達治, 山田 郁夫, 長安 弘貢, 吉川 孝三, 木村 隆宏
特願2004-108529 2004年03月31日
ガスの貯蔵及び輸送方法
海老沼 孝郎, 内田 努, 竹谷 敏, 成田 英夫, 川崎 達治, 山田 郁夫, 長安 弘貢, 吉川 孝三, 木村 隆宏
特願2004-108529 2004年03月31日
不凍タンパク質を用いた包接化合物の生成制御法
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 津田 栄, 三浦 和紀, 海老沼 孝郎
特願2003-323599 2003年09月16日
不凍タンパク質を用いた包接化合物の生成制御法
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 津田 栄, 三浦 和紀, 海老沼 孝郎
特願2003-323599 2003年09月16日
トレハロースを用いた包接化合物の生成制御法
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 海老沼 孝郎
特願2003-321969 2003年09月12日
トレハロースを用いた包接化合物の生成制御法
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 海老沼 孝郎
特願2003-321969 2003年09月12日
気体の分離剤及び気体を分離濃縮するための方法と装置
海老沼 孝郎, 内田 努, 長尾 二郎, 竹谷 敏, 大村 亮, 成田 英夫, 島田 亙, 大山 裕之, 鎌田 慈
特願2002-173153 2002年06月13日
気体の分離剤及び気体を分離濃縮するための方法と装置
海老沼 孝郎, 内田 努, 長尾 二郎, 竹谷 敏, 大村 亮, 成田 英夫, 島田 亙, 大山 裕之, 鎌田 慈
特願2002-173153 2002年06月13日
昇圧方法、調圧方法及び昇圧ガスの形成方法
内田 努, 海老沼 孝郎, 長尾 二郎, 竹谷 敏, 成田 英夫
特願2002-029976 2002年02月06日
特許を全て表示する
特許閉じる
コールベッドメタンハイドレート製造装置およびコールベッドメタンハイドレート製造方法
・ 川村太郎、山本佳孝、川辺能成、原淳子、樋口知、内田努、大賀光太郎
特願2009-068903 2009年03月19日
ガスの貯蔵及び輸送方法
海老沼 孝郎, 内田 努, 竹谷 敏, 成田 英夫, 川崎 達治, 山田 郁夫, 長安 弘貢, 吉川 孝三, 木村 隆宏
特願2004-108529 2004年03月31日
ガスの貯蔵及び輸送方法
海老沼 孝郎, 内田 努, 竹谷 敏, 成田 英夫, 川崎 達治, 山田 郁夫, 長安 弘貢, 吉川 孝三, 木村 隆宏
特願2004-108529 2004年03月31日
不凍タンパク質を用いた包接化合物の生成制御法
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 津田 栄, 三浦 和紀, 海老沼 孝郎
特願2003-323599 2003年09月16日
不凍タンパク質を用いた包接化合物の生成制御法
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 津田 栄, 三浦 和紀, 海老沼 孝郎
特願2003-323599 2003年09月16日
トレハロースを用いた包接化合物の生成制御法
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 海老沼 孝郎
特願2003-321969 2003年09月12日
トレハロースを用いた包接化合物の生成制御法
内田 努, 池田 育子, 大村 亮, 海老沼 孝郎
特願2003-321969 2003年09月12日
気体の分離剤及び気体を分離濃縮するための方法と装置
海老沼 孝郎, 内田 努, 長尾 二郎, 竹谷 敏, 大村 亮, 成田 英夫, 島田 亙, 大山 裕之, 鎌田 慈
特願2002-173153 2002年06月13日
気体の分離剤及び気体を分離濃縮するための方法と装置
海老沼 孝郎, 内田 努, 長尾 二郎, 竹谷 敏, 大村 亮, 成田 英夫, 島田 亙, 大山 裕之, 鎌田 慈
特願2002-173153 2002年06月13日
昇圧方法、調圧方法及び昇圧ガスの形成方法
内田 努, 海老沼 孝郎, 長尾 二郎, 竹谷 敏, 成田 英夫
特願2002-029976 2002年02月06日
安定化されたガスハイドレート、ガスハイドレート安定化方法および装置
幸田 和郎, 井田 博之, 海老沼 孝郎, 内田 努, 長尾 二郎, 竹谷 敏, 成田 英夫
特願2001-165188 2001年05月31日
炭化水素ガスの貯蔵及び輸送方法
海老沼 孝郎, 内田 努, 竹谷 敏, 成田 英夫
特願2001-060798 2001年03月05日
ガスハイドレート形成工程を含む混合ガスの組成制御方法及び濃縮方法
内田 努, 海老沼 孝郎, 成田 英夫, 長尾 二郎, 竹谷 敏
特願2001-048983 2001年02月23日
包摂水和物を用いた蓄冷方法および蓄冷熱装置
前河 涌典, 高橋 道夫, 松下 勝典, 渡邊 純一, 吉田 諒一, 内田 努, 海老沼 孝郎
特願2000-071245 2000年03月14日
包摂水和物を用いた蓄冷方法および蓄冷熱装置
前河 涌典, 高橋 道夫, 松下 勝典, 渡邊 純一, 吉田 諒一, 内田 努, 海老沼 孝郎
特願2000-071245 2000年03月14日
ガスハイドレートの効率的製造方法及びガスハイドレート含有多孔質物質
内田 努, 海老沼 孝郎, 成田 英夫
特願2000-054324 2000年02月29日
メタン水和物の製造方法と装置
海老沼 孝郎, 内田 努, 成田 英夫
特願2000-051348 2000年02月28日
メタン水和物の製造方法と装置
海老沼 孝郎, 内田 努, 成田 英夫
特願2000-051348 2000年02月28日
液化ガス気化促進装置
内田 努, 土門 忠, 室橋 勝次, 遠藤 秀紀, 今井 宏昌, 山崎 智久
特願平11-258754 1999年09月13日

受賞

2012年09月
(公社)日本雪氷学会 学術賞 ガスハイドレートの生成過程とガス包接機構に関する基礎的研究 
2002年10月
日本雪氷学会 2002年度平田賞 氷の中のガスハイドレートの物性的研究 
2000年02月
日本エネルギー学会 平成11年度進歩賞(学術部門) ガスハイドレートのラマン分光測定に関する研究 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2012年09月
(公社)日本雪氷学会 学術賞 ガスハイドレートの生成過程とガス包接機構に関する基礎的研究 
2002年10月
日本雪氷学会 2002年度平田賞 氷の中のガスハイドレートの物性的研究 
2000年02月
日本エネルギー学会 平成11年度進歩賞(学術部門) ガスハイドレートのラマン分光測定に関する研究 

競争的資金等の研究課題

トレハロースの細胞内導入による細胞凍結保存メカニズムの解明
日本学術振興会:科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間 : 2017年07月 - 2019年03月 代表者 : 内田 努
第9回国際ガスハイドレート会議(ICGH9)
(一財)向科学技術振興財団:平成28年度国際交流(派遣)助成金
研究期間 : 2017年06月 - 2017年07月 代表者 : 内田 努
農林水産系のファインバブル技術開発
総合科学技術・イノベーション会議:戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)
研究期間 : 2014年10月 - 2017年03月 代表者 : 内田 努
ニューラルネットワークの信号伝達がガス分子によって抑制される機構の解明
:科学研究費補助金事業
研究期間 : 2011年04月 - 2014年03月 代表者 : 内田 努
ナノバブルの安定化に関する形態学的アプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 内田 努
メタンハイドレートの科学技術開発に関する国際会議
北海道大学:総長室事業推進経費(公募型プロジェクト研究等支援経費)「国際研究集会等開催支援」
研究期間 : 2011年08月 - 2013年03月 代表者 : 内田 努
ニューラルネットワークの信号伝達がガス分子によって抑制される機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 内田 努
マイクロ・ナノバブルの形態と安定性に関する研究
(財)前川報恩会:平成23年度第2回学術研究助成事業
研究期間 : 2011年09月 - 2012年03月 代表者 : 内田 努
ガス印加法による細胞の常温保存技術の開発
(独)科学技術振興機構(JST):地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発支援プログラムシーズ発掘試験
研究期間 : 2009年08月 - 2010年03月 代表者 : 内田 努
天然ガスハイドレートの焼結現象の観察
北海道ガス:平成21年度北海道ガス大学研究支援制度
研究期間 : 2009年07月 - 2010年03月 代表者 : 内田 努
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
トレハロースの細胞内導入による細胞凍結保存メカニズムの解明
日本学術振興会:科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)
研究期間 : 2017年07月 - 2019年03月 代表者 : 内田 努
第9回国際ガスハイドレート会議(ICGH9)
(一財)向科学技術振興財団:平成28年度国際交流(派遣)助成金
研究期間 : 2017年06月 - 2017年07月 代表者 : 内田 努
農林水産系のファインバブル技術開発
総合科学技術・イノベーション会議:戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)
研究期間 : 2014年10月 - 2017年03月 代表者 : 内田 努
ニューラルネットワークの信号伝達がガス分子によって抑制される機構の解明
:科学研究費補助金事業
研究期間 : 2011年04月 - 2014年03月 代表者 : 内田 努
ナノバブルの安定化に関する形態学的アプローチ
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 内田 努
メタンハイドレートの科学技術開発に関する国際会議
北海道大学:総長室事業推進経費(公募型プロジェクト研究等支援経費)「国際研究集会等開催支援」
研究期間 : 2011年08月 - 2013年03月 代表者 : 内田 努
ニューラルネットワークの信号伝達がガス分子によって抑制される機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 内田 努
マイクロ・ナノバブルの形態と安定性に関する研究
(財)前川報恩会:平成23年度第2回学術研究助成事業
研究期間 : 2011年09月 - 2012年03月 代表者 : 内田 努
ガス印加法による細胞の常温保存技術の開発
(独)科学技術振興機構(JST):地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発支援プログラムシーズ発掘試験
研究期間 : 2009年08月 - 2010年03月 代表者 : 内田 努
天然ガスハイドレートの焼結現象の観察
北海道ガス:平成21年度北海道ガス大学研究支援制度
研究期間 : 2009年07月 - 2010年03月 代表者 : 内田 努
ガスハイドレート自己保存効果発現条件の高度化
ゼネラル石油研究奨励財団:ゼネラル石油研究奨励財団研究助成
研究期間 : 2008年03月 - 2009年03月 代表者 : 内田 努
第6回ガスハイドレート国際会議(カナダ国バンクーバー市)
日本学術振興会:平成20年度国際学会等派遣事業
研究期間 : 2008年07月 - 2008年07月 代表者 : 内田 努
第6回メタンハイドレート研究技術開発に係る国際ワークショップ国際ワークショップ(ノルウェー国ベルゲン市)
池谷科学技術振興財団:研究者海外派遣助成
研究期間 : 2008年05月 - 2008年05月 代表者 : 内田 努
細胞内外の水の構造化による細胞活動制御
:科学研究費補助金事業
研究期間 : 2005年05月 - 2008年03月 代表者 : 内田 努
細胞内外の水の構造化による細胞活動制御
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2005年 - 2006年 代表者 : 内田 努

教育活動

主要な担当授業

Biophysics(生物物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
Biophysics(生物物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 水、氷、クラスレートハイドレート、細胞、要点の把握、要約、発表
応用物理学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理、物理現象
応用物理学実験法
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理
生物物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 水分子、水素結合、氷、クラスレート、ダイナミカルシステム、非線形ダイナミクス、カオス、フラクタル
生物物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 水分子、水素結合、氷、クラスレート、ダイナミカルシステム、非線形ダイナミクス、カオス、フラクタル
非線形ダイナミクス特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 水分子、水素結合、氷、クラスレート、ダイナミカルシステム、非線形ダイナミクス、カオス、フラクタル
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
Biophysics(生物物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
Biophysics(生物物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 全学教育
キーワード : 水、氷、クラスレートハイドレート、細胞、要点の把握、要約、発表
応用物理学実験Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理、物理現象
応用物理学実験法
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理
生物物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 水分子、水素結合、氷、クラスレート、ダイナミカルシステム、非線形ダイナミクス、カオス、フラクタル
生物物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 水分子、水素結合、氷、クラスレート、ダイナミカルシステム、非線形ダイナミクス、カオス、フラクタル
非線形ダイナミクス特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 水分子、水素結合、氷、クラスレート、ダイナミカルシステム、非線形ダイナミクス、カオス、フラクタル
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
Biophysics(生物物理工学E)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : H2O Molecule, Hydrogen Bonding, Water, Ice, Clathrate Hydrate,Dynamical Systems, Nonlinear Dynamics, Chaos, Fractal
Biophysics(生物物理工学E)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
Special Lectures on Engineering Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 水、氷、クラスレートハイドレート、細胞、要点の把握、要約、発表
分子物性学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
分子物性学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
応用物理学実験法
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理
生物物理工学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : 水分子、水素結合、氷、クラスレート、ダイナミカルシステム、非線形ダイナミクス、カオス、フラクタル
生物物理工学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
非線形ダイナミクス特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
非線形ダイナミクス特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
一般教育演習(フレッシュマンセミナー)
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 全学教育
キーワード : 水、氷、クラスレートハイドレート、細胞、要点の把握、要約、発表
分子物性学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : 水分子、水素結合、結晶成長、氷、クラスレート
分子物性学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
応用物理学実験Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理、物理現象
応用物理学実験法
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理、作図

社会貢献

社会貢献

砂層型メタンハイドレートの基礎研究は、本当にもう充分?
期間 : 2017年
役割 : インタビュイー, 取材協力
種別 : その他
主催者・発行元 : 青山千春、ワニ・プラス
イベント・番組・新聞雑誌名 : 科学者の話ってなんて面白いんだろう
H2Oを科学する
期間 : 2015年04月
役割 : 取材協力, 寄稿
種別 : 会誌・広報誌
主催者・発行元 : 北海道大学アドミッションセンター
イベント・番組・新聞雑誌名 : 知のフロンティア
Bulletin of Glaciological Research
期間 : 2013年07月01日 - 現在
役割 : 編集長, 編集, 運営参加・支援
種別 : 会誌・広報誌
主催者・発行元 : 日本雪氷学会
北海道札幌啓成高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会
期間 : 2013年04月 - 現在
役割 : 助言・指導, 運営参加・支援
種別 : その他
主催者・発行元 : 北海道札幌啓成高等学校スーパーサイエンスハイスクール
北大総合博物館「卒論ポスター発表会」
期間 : 2011年 - 現在
役割 : 助言・指導
種別 : セミナー・ワークショップ
主催者・発行元 : 北大総合博物館
メタンハイドレート開発促進事業「環境有識者会議」委員
期間 : 2009年12月24日 - 現在
役割 : 助言・指導
種別 : 研究指導
主催者・発行元 : エンジニアリング協会
社会貢献を全て表示する
社会貢献閉じる
砂層型メタンハイドレートの基礎研究は、本当にもう充分?
期間 : 2017年
役割 : インタビュイー, 取材協力
種別 : その他
主催者・発行元 : 青山千春、ワニ・プラス
イベント・番組・新聞雑誌名 : 科学者の話ってなんて面白いんだろう
H2Oを科学する
期間 : 2015年04月
役割 : 取材協力, 寄稿
種別 : 会誌・広報誌
主催者・発行元 : 北海道大学アドミッションセンター
イベント・番組・新聞雑誌名 : 知のフロンティア
Bulletin of Glaciological Research
期間 : 2013年07月01日 - 現在
役割 : 編集長, 編集, 運営参加・支援
種別 : 会誌・広報誌
主催者・発行元 : 日本雪氷学会
北海道札幌啓成高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会
期間 : 2013年04月 - 現在
役割 : 助言・指導, 運営参加・支援
種別 : その他
主催者・発行元 : 北海道札幌啓成高等学校スーパーサイエンスハイスクール
北大総合博物館「卒論ポスター発表会」
期間 : 2011年 - 現在
役割 : 助言・指導
種別 : セミナー・ワークショップ
主催者・発行元 : 北大総合博物館
メタンハイドレート開発促進事業「環境有識者会議」委員
期間 : 2009年12月24日 - 現在
役割 : 助言・指導
種別 : 研究指導
主催者・発行元 : エンジニアリング協会

ページトップへ