明楽 浩史アケラ ヒロシresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/05/03

基本情報

プロフィール

所属部署名
工学研究院 応用物理学部門 量子物性工学分野
職名教授 
学位
理学博士(東京大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/tssp/index.html
科研費研究者番号20184129

研究キーワード

物性理論, 半導体, 量子井戸, 2次元電子系, 電子輸送, スピントロニクス, スピンホール効果, スピン緩和, スピンネルンスト効果, 量子ホール効果

研究分野

物理学 / 物性Ⅱ
物理学 / 物性Ⅰ
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
物理学 / 物性Ⅱ
物理学 / 物性Ⅰ

所属学協会

日本物理学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本物理学会

研究活動

論文

Controlling Rashba spin–orbit interaction in quantum wells by adding symmetric potential
Y. Egami and H. Akera
Appl. Phys. Express 10 063007-1-063007-4 2017年06月
First-principles study on electron transport through BN-dimer embedded zigzag carbon nanotubes
Y. Egami and H. Akera
Physica E 88 212-217 2017年04月
Gate-voltage-induced switching of the Rashba spin-orbit interaction in a composition-adjusted quantum well
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 95 045301-1-5 2017年01月
Spin relaxation in a quantum well by phonon scatterings
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 92(20) 1-205311 2015年
Spin relaxation in a zinc-blende (110) symmetric quantum well with δ doping
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 89(7) 2014年
Frequency dependence of the Hall-potential distribution in quantum Hall systems: roles of edge channels and current contacts
K. Shima and H. Akera
Physica E 63 204-210 2014年
Extrinsic spin Nernst effect in two-dimensional electron systems
H. Akera and H. Suzuura
Phys. Rev. B 87(7) 1-75301 2013年
Crossover of the Hall-voltage distribution in AC quantum Hall effect
H. Akera
Physica E 43(6) 1240-1248 2011年
Hall-potential distribution in AC quantum Hall effect
H. Akera
J. Phys.: Conf. Ser. 334(1) 2011年
Slow Dynamics in the Breakdown of the Quantum Hall Effect
H. Akera
J. Phys. Soc. Jpn. 78(2) 1-23708 2009年
論文を全て表示する
論文閉じる
Controlling Rashba spin–orbit interaction in quantum wells by adding symmetric potential
Y. Egami and H. Akera
Appl. Phys. Express 10 063007-1-063007-4 2017年06月
First-principles study on electron transport through BN-dimer embedded zigzag carbon nanotubes
Y. Egami and H. Akera
Physica E 88 212-217 2017年04月
Gate-voltage-induced switching of the Rashba spin-orbit interaction in a composition-adjusted quantum well
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 95 045301-1-5 2017年01月
Spin relaxation in a quantum well by phonon scatterings
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 92(20) 1-205311 2015年
Spin relaxation in a zinc-blende (110) symmetric quantum well with δ doping
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 89(7) 2014年
Frequency dependence of the Hall-potential distribution in quantum Hall systems: roles of edge channels and current contacts
K. Shima and H. Akera
Physica E 63 204-210 2014年
Extrinsic spin Nernst effect in two-dimensional electron systems
H. Akera and H. Suzuura
Phys. Rev. B 87(7) 1-75301 2013年
Crossover of the Hall-voltage distribution in AC quantum Hall effect
H. Akera
Physica E 43(6) 1240-1248 2011年
Hall-potential distribution in AC quantum Hall effect
H. Akera
J. Phys.: Conf. Ser. 334(1) 2011年
Slow Dynamics in the Breakdown of the Quantum Hall Effect
H. Akera
J. Phys. Soc. Jpn. 78(2) 1-23708 2009年
Thermohydrodynamic Instability in Narrow Quantum Hall Systems in the Breakdown Regime
H. Akera and H. Suzuura
Physics of Semiconductors: 28th International Conference on the Physics of Semiconductors  667-668 2007年
Spatial Variations of the Hall Potential and the Electron Temperature in Quantum Hall Systems with a Filling Factor Step
Y. Nagai, H. Akera and H. Suzuura
Physics of Semiconductors: 28th International Conference on the Physics of Semiconductors  665-666 2007年
Spatial Distributions of Electron Temperature in Quantum Hall Systems with Compressible and Incompressible Strips
S. Kanamaru, H. Suzuura and H. Akera
J. Phys. Soc. Jpn. 75(6) 1-64701 2006年
Ise,T., Akera,H., Suzuura,H.:"Electron Temperature Distribution and Hot Spots in Quantum Hall Systems", J. Phys. Soc. Jpn., 74: 259-262 (2005)*
 2005年
Peltier effect and electron temperature distribution in quantum Hall systems with potential discontinuity
T. Nakagawa, H. Akera and H. Suzuura
Physics of Semiconductors: 27th International Conference on the Physics of Semiconductors, eds. J. Menendez and C.G. Van de Walle (American Institute of Physics, 2005) p.553.  553-554 2005年
Ettingshausen effect and electron temperature distribution in quantum Hall systems with slowly-varying confining potential
T. Maeda, S. Kanamaru, H. Akera and H. Suzuura
Physics of Semiconductors: 27th International Conference on the Physics of Semiconductors, eds. J. Menendez and C.G. Van de Walle (American Institute of Physics, 2005) p.551.  551-552 2005年
Kanamaru,S., Suzuura,H., Akera,H.:"Spatial Distributions of Electron Temperature in Quantum Hall Systems with Slowly-Varying Confining Potentials", J. Phys. Soc. Jpn., 74: 2069-2075 (2005)*
 2005年
Akera,H., Suzuura,H.:"Thermohydrodynamics in Quantum Hall Systems", J. Phys. Soc. Jpn., 74: 997-1005 (2005)*
 2005年
Kanamaru,S., Akera,H., Suzuura,H.:"Spatial Variations of the Electron Temperature in Quantum Hall Systems with Slowly-Varying Confining Potential", International Journal of Modern Physics B, 18:3589-3592 (2004)*
 2004年
Akera, H. and Shimoyama, K.:"Spatial Variations of the Electron Temperature in Quantum Hall Systems", Conference workbook of the 15th International Conference on Electronic Properties of Two-Dimensional Systems, Nara (2003)
 2003年
Akera, H.:"Hydrodynamic Equations in Quantum Hall Systems at Large Currents", J. Phys. Soc. Jpn., 71: 228-236 (2002)*
 2002年
Ise, T. and Akera, H.:"Diagonal Conductivity due to Tunneling in Quantum Hall Systems in the High Electron-Temperature Regime", J. Phys. Soc. Jpn., 71: 1712-1715 (2002)*
 2002年
Akera, H.: "Breakdown of the Quantum Hall Effect: microscopic mechanism of the electron heating", Physica B, 298: 38-42 (2001)*
 2001年
Izumida, W. and Akera, H.:"Transmission through a Quantum Dot with Two Orbitals", Jpn. J. Appl. Phys., 40: 1963-1965 (2001)*
 2001年
Akera, H.:"Hydrodynamic Equation for the Breakdown of the Quantum Hall Effect in a Uniform Current", J. Phys. Soc. Jpn., 70: 1468-1471 (2001)*
 2001年
Akera, H.: "Electronic Processes at the Breakdown of the Quantum Hall Effect", J. Phys. Soc. Jpn., 69: 3174-3177 (2000)*
 2000年
Nakano, Y., Kaneko, T. and Akera, H.: "Biexcitons in unbalanced double layers in quantizing magnetic fields", Phys. Rev. B, 61: 9948-9951 (2000)*
 2000年
Akera, H.:`` Many-Body Effects in Coherent Transmission through a Quantum Dot with Two Degenerate Levels", Jpn. J. Appl. Phys., 38 : 384-387 (1999)*
 1999年
Akera, H.:`` Coulomb Staircase and Total Spin in Quantum Dots", Phys. Rev. B 60 : 10683-10686 (1999)*
 1999年
Akera, H.:`` Correlations and spin flips in tunneling through a quantum dot", Phys. Rev. B 59 : 9802-9805 (1999)*
 1999年
H. Akera:"Aharonov-Bohm Effect in the Coulomb-Blockade Regime",Solid State Electronics 42: 1379-1383 (1998)*
 1998年
Tanaka, Y. and Akera, H. : "Self-consistent calculation of the charging energy in a quantum dot coupled with leads", J. Phys. Soc. Japan, 66(1) : 15-18 (1997)*
 1997年
Akera, H., MacDonald, A. H. and Yoshioka, D. : "Electron-Hole Chains in Unbalanced Double Layers", (Landwehr, G. and Ossau, W. : High Magnetic Fields in the Physics of Semiconductors II, 127-130, World Scientific, Singapore, 1997)*
 1997年
Akera, H. : "Aharonov-Bohm Effect in Quantum Dots", Jpn. J. Appl. Phys., 36(6) : 3974-3977 (1997)*
 1997年
Akera, H. and Kaneko, T. : "Magnetoexcitons in Unbalanced Double Layers", Physica E, 1(1-4) : 180-184 (1997)*
 1997年
Y. Tanaka and H. Akera : "Many-body effects in transport through a quantum dot", Phys. Rev. B, 53(7) : 3901-3911 (1996)*
 1996年

競争的資金等の研究課題

原子層積層構造の空間反転対称性の制御によるスピン流の生成
日本学術振興会:科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間 : 2017年04月 - 2021年03月 代表者 : 明楽 浩史
量子ホール系の熱流体力学
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 明楽 浩史
量子ホール効果のブレークダウンにおける電流分布と非平衡相転移
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2003年 代表者 : 明楽 浩史
単電子輸送と単電子ナノ構造形成の物性論的基礎
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A), 重点領域研究)
研究期間 : 1996年 - 2000年 代表者 : 川村 清
高いランダウ準位と電子相関
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 明楽 浩史
メゾスコピック系における量子輸送現象と電子相関
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 明楽 浩史
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
原子層積層構造の空間反転対称性の制御によるスピン流の生成
日本学術振興会:科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間 : 2017年04月 - 2021年03月 代表者 : 明楽 浩史
量子ホール系の熱流体力学
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 明楽 浩史
量子ホール効果のブレークダウンにおける電流分布と非平衡相転移
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2003年 代表者 : 明楽 浩史
単電子輸送と単電子ナノ構造形成の物性論的基礎
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A), 重点領域研究)
研究期間 : 1996年 - 2000年 代表者 : 川村 清
高いランダウ準位と電子相関
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 明楽 浩史
メゾスコピック系における量子輸送現象と電子相関
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 明楽 浩史

教育活動

主要な担当授業

Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : electron transport phenomena, electrical conductivity, conductance, the Hall effect, the Boltzmann equation, impurity scattering
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
統計力学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 等確率の原理、ゆらぎ、エントロピー、ミクロカノニカル分布、カノニカル分布、分配関数、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、エネルギー等分配則、熱力学の第3法則、空洞放射、格子比熱、ボルツマン分布
統計力学演習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 等確率の原理、ゆらぎ、エントロピー、ミクロカノニカル分布、カノニカル分布、分配関数、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、エネルギー等分配則、熱力学の第3法則、空洞放射、格子比熱、ボルツマン分布
量子力学入門
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 電子の波動性,波動関数,確率密度,シュレーディンガー方程式,束縛状態,井戸型ポテンシャル,階段型ポテンシャル,ポテンシャル障壁,トンネル効果
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : electron transport phenomena, electrical conductivity, conductance, the Hall effect, the Boltzmann equation, impurity scattering
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
統計力学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 等確率の原理、ゆらぎ、エントロピー、ミクロカノニカル分布、カノニカル分布、分配関数、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、エネルギー等分配則、熱力学の第3法則、空洞放射、格子比熱、ボルツマン分布
統計力学演習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 等確率の原理、ゆらぎ、エントロピー、ミクロカノニカル分布、カノニカル分布、分配関数、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、エネルギー等分配則、熱力学の第3法則、空洞放射、格子比熱、ボルツマン分布
量子力学入門
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 電子の波動性,波動関数,確率密度,シュレーディンガー方程式,束縛状態,井戸型ポテンシャル,階段型ポテンシャル,ポテンシャル障壁,トンネル効果
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : electron transport phenomena, electrical conductivity, conductance, the Hall effect, the Boltzmann equation, impurity scattering
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
Special Lectures on Engineering Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
応用物理学実験Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理、物理現象
量子力学入門
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 電子の波動性,波動関数,確率密度,シュレーディンガー方程式,束縛状態,井戸型ポテンシャル,階段型ポテンシャル,ポテンシャル障壁,トンネル効果
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,熱電効果,ボルツマン輸送方程式,不純物散乱
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
応用物理学実験Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理、物理現象
連続体力学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 弾性体、流体、ひずみ、応力、連続方程式
量子力学入門
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 電子の波動性,波動関数,確率密度,シュレーディンガー方程式,束縛状態,井戸型ポテンシャル,階段型ポテンシャル,ポテンシャル障壁,トンネル効果

ページトップへ