明楽 浩史アケラ ヒロシresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/02/15

基本情報

プロフィール

所属部署名
工学研究院 応用物理学部門 量子物性工学分野
職名教授 
学位
理学博士(東京大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/tssp/index.html
科研費研究者番号20184129

研究キーワード

物性理論, 半導体, 量子井戸, 2次元電子系, 電子輸送, スピントロニクス, スピンホール効果, スピン緩和, スピンネルンスト効果, 量子ホール効果

研究分野

物理学 / 物性Ⅱ
物理学 / 物性Ⅰ
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
物理学 / 物性Ⅱ
物理学 / 物性Ⅰ

所属学協会

日本物理学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本物理学会

研究活動

論文

Controlling Rashba spin–orbit interaction in quantum wells by adding symmetric potential
Y. Egami and H. Akera
Appl. Phys. Express 10 063007-1-063007-4 2017年06月
First-principles study on electron transport through BN-dimer embedded zigzag carbon nanotubes
Y. Egami and H. Akera
Physica E 88 212-217 2017年04月
Gate-voltage-induced switching of the Rashba spin-orbit interaction in a composition-adjusted quantum well
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 95 045301-1-5 2017年01月
Spin relaxation in a quantum well by phonon scatterings
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 92 205311-1-9 2015年
Spin relaxation in a zinc-blende (110) symmetric quantum well with δ doping
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 89 075314-1-9 2014年
Frequency dependence of the Hall-potential distribution in quantum Hall systems: roles of edge channels and current contacts
K. Shima and H. Akera
Physica E 63 204-210 2014年
Extrinsic spin Nernst effect in two-dimensional electron systems
H. Akera and H. Suzuura
Phys. Rev. B 87(7) 075301-1-7 2013年
Crossover of the Hall-voltage distribution in AC quantum Hall effect
H. Akera
Physica E 43(6) 1240-1248 2011年
Hall-potential distribution in AC quantum Hall effect
H. Akera
J. Phys.: Conf. Ser. 334 012019-1-012019-5 2011年
Slow Dynamics in the Breakdown of the Quantum Hall Effect
H. Akera
J. Phys. Soc. Jpn. 78 023708-1-023708-4 2009年
論文を全て表示する
論文閉じる
Controlling Rashba spin–orbit interaction in quantum wells by adding symmetric potential
Y. Egami and H. Akera
Appl. Phys. Express 10 063007-1-063007-4 2017年06月
First-principles study on electron transport through BN-dimer embedded zigzag carbon nanotubes
Y. Egami and H. Akera
Physica E 88 212-217 2017年04月
Gate-voltage-induced switching of the Rashba spin-orbit interaction in a composition-adjusted quantum well
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 95 045301-1-5 2017年01月
Spin relaxation in a quantum well by phonon scatterings
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 92 205311-1-9 2015年
Spin relaxation in a zinc-blende (110) symmetric quantum well with δ doping
H. Akera, H. Suzuura, and Y. Egami
Phys. Rev. B 89 075314-1-9 2014年
Frequency dependence of the Hall-potential distribution in quantum Hall systems: roles of edge channels and current contacts
K. Shima and H. Akera
Physica E 63 204-210 2014年
Extrinsic spin Nernst effect in two-dimensional electron systems
H. Akera and H. Suzuura
Phys. Rev. B 87(7) 075301-1-7 2013年
Crossover of the Hall-voltage distribution in AC quantum Hall effect
H. Akera
Physica E 43(6) 1240-1248 2011年
Hall-potential distribution in AC quantum Hall effect
H. Akera
J. Phys.: Conf. Ser. 334 012019-1-012019-5 2011年
Slow Dynamics in the Breakdown of the Quantum Hall Effect
H. Akera
J. Phys. Soc. Jpn. 78 023708-1-023708-4 2009年
Thermohydrodynamic Instability in Narrow Quantum Hall Systems in the Breakdown Regime
H. Akera and H. Suzuura
Physics of Semiconductors: 28th International Conference on the Physics of Semiconductors  667-668 2007年
Spatial Variations of the Hall Potential and the Electron Temperature in Quantum Hall Systems with a Filling Factor Step
Y. Nagai, H. Akera and H. Suzuura
Physics of Semiconductors: 28th International Conference on the Physics of Semiconductors  665-666 2007年
Spatial Distributions of Electron Temperature in Quantum Hall Systems with Compressible and Incompressible Strips
S. Kanamaru, H. Suzuura and H. Akera
J. Phys. Soc. Jpn. 75(6) 064701-1-10 2006年
Ise,T., Akera,H., Suzuura,H.:"Electron Temperature Distribution and Hot Spots in Quantum Hall Systems", J. Phys. Soc. Jpn., 74: 259-262 (2005)*
 2005年
Peltier effect and electron temperature distribution in quantum Hall systems with potential discontinuity
T. Nakagawa, H. Akera and H. Suzuura
Physics of Semiconductors: 27th International Conference on the Physics of Semiconductors, eds. J. Menendez and C.G. Van de Walle (American Institute of Physics, 2005) p.553. 2005年
Ettingshausen effect and electron temperature distribution in quantum Hall systems with slowly-varying confining potential
T. Maeda, S. Kanamaru, H. Akera and H. Suzuura
Physics of Semiconductors: 27th International Conference on the Physics of Semiconductors, eds. J. Menendez and C.G. Van de Walle (American Institute of Physics, 2005) p.551. 2005年
Kanamaru,S., Suzuura,H., Akera,H.:"Spatial Distributions of Electron Temperature in Quantum Hall Systems with Slowly-Varying Confining Potentials", J. Phys. Soc. Jpn., 74: 2069-2075 (2005)*
 2005年
Akera,H., Suzuura,H.:"Thermohydrodynamics in Quantum Hall Systems", J. Phys. Soc. Jpn., 74: 997-1005 (2005)*
 2005年
Kanamaru,S., Akera,H., Suzuura,H.:"Spatial Variations of the Electron Temperature in Quantum Hall Systems with Slowly-Varying Confining Potential", International Journal of Modern Physics B, 18:3589-3592 (2004)*
 2004年
Akera, H. and Shimoyama, K.:"Spatial Variations of the Electron Temperature in Quantum Hall Systems", Conference workbook of the 15th International Conference on Electronic Properties of Two-Dimensional Systems, Nara (2003)
 2003年
Akera, H.:"Hydrodynamic Equations in Quantum Hall Systems at Large Currents", J. Phys. Soc. Jpn., 71: 228-236 (2002)*
 2002年
Ise, T. and Akera, H.:"Diagonal Conductivity due to Tunneling in Quantum Hall Systems in the High Electron-Temperature Regime", J. Phys. Soc. Jpn., 71: 1712-1715 (2002)*
 2002年
Akera, H.: "Breakdown of the Quantum Hall Effect: microscopic mechanism of the electron heating", Physica B, 298: 38-42 (2001)*
 2001年
Izumida, W. and Akera, H.:"Transmission through a Quantum Dot with Two Orbitals", Jpn. J. Appl. Phys., 40: 1963-1965 (2001)*
 2001年
Akera, H.:"Hydrodynamic Equation for the Breakdown of the Quantum Hall Effect in a Uniform Current", J. Phys. Soc. Jpn., 70: 1468-1471 (2001)*
 2001年
Akera, H.: "Electronic Processes at the Breakdown of the Quantum Hall Effect", J. Phys. Soc. Jpn., 69: 3174-3177 (2000)*
 2000年
Nakano, Y., Kaneko, T. and Akera, H.: "Biexcitons in unbalanced double layers in quantizing magnetic fields", Phys. Rev. B, 61: 9948-9951 (2000)*
 2000年
Akera, H.:`` Many-Body Effects in Coherent Transmission through a Quantum Dot with Two Degenerate Levels", Jpn. J. Appl. Phys., 38 : 384-387 (1999)*
 1999年
Akera, H.:`` Coulomb Staircase and Total Spin in Quantum Dots", Phys. Rev. B 60 : 10683-10686 (1999)*
 1999年
Akera, H.:`` Correlations and spin flips in tunneling through a quantum dot", Phys. Rev. B 59 : 9802-9805 (1999)*
 1999年
H. Akera:"Aharonov-Bohm Effect in the Coulomb-Blockade Regime",Solid State Electronics 42: 1379-1383 (1998)*
 1998年
Tanaka, Y. and Akera, H. : "Self-consistent calculation of the charging energy in a quantum dot coupled with leads", J. Phys. Soc. Japan, 66(1) : 15-18 (1997)*
 1997年
Akera, H., MacDonald, A. H. and Yoshioka, D. : "Electron-Hole Chains in Unbalanced Double Layers", (Landwehr, G. and Ossau, W. : High Magnetic Fields in the Physics of Semiconductors II, 127-130, World Scientific, Singapore, 1997)*
 1997年
Akera, H. : "Aharonov-Bohm Effect in Quantum Dots", Jpn. J. Appl. Phys., 36(6) : 3974-3977 (1997)*
 1997年
Akera, H. and Kaneko, T. : "Magnetoexcitons in Unbalanced Double Layers", Physica E, 1(1-4) : 180-184 (1997)*
 1997年
Y. Tanaka and H. Akera : "Many-body effects in transport through a quantum dot", Phys. Rev. B, 53(7) : 3901-3911 (1996)*
 1996年

競争的資金等の研究課題

原子層積層構造の空間反転対称性の制御によるスピン流の生成
日本学術振興会:科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間 : 2017年04月 - 2021年03月 代表者 : 明楽 浩史
量子ホール系の熱流体力学
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 明楽 浩史
量子ホール効果のブレークダウンにおける電流分布と非平衡相転移
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2003年 代表者 : 明楽 浩史
単電子輸送と単電子ナノ構造形成の物性論的基礎
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A), 重点領域研究)
研究期間 : 1996年 - 2000年 代表者 : 川村 清
高いランダウ準位と電子相関
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 明楽 浩史
メゾスコピック系における量子輸送現象と電子相関
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 明楽 浩史
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
原子層積層構造の空間反転対称性の制御によるスピン流の生成
日本学術振興会:科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間 : 2017年04月 - 2021年03月 代表者 : 明楽 浩史
量子ホール系の熱流体力学
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2004年 - 2007年 代表者 : 明楽 浩史
量子ホール効果のブレークダウンにおける電流分布と非平衡相転移
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2001年 - 2003年 代表者 : 明楽 浩史
単電子輸送と単電子ナノ構造形成の物性論的基礎
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A), 重点領域研究)
研究期間 : 1996年 - 2000年 代表者 : 川村 清
高いランダウ準位と電子相関
文部科学省:科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間 : 1995年 - 1995年 代表者 : 明楽 浩史
メゾスコピック系における量子輸送現象と電子相関
文部科学省:科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間 : 1993年 - 1993年 代表者 : 明楽 浩史

教育活動

主要な担当授業

Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : electron transport phenomena, electrical conductivity, conductance, the Hall effect, the Boltzmann equation, impurity scattering
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
統計力学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 等確率の原理、ゆらぎ、エントロピー、ミクロカノニカル分布、カノニカル分布、分配関数、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、エネルギー等分配則、熱力学の第3法則、空洞放射、格子比熱、ボルツマン分布
統計力学演習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 等確率の原理、ゆらぎ、エントロピー、ミクロカノニカル分布、カノニカル分布、分配関数、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、エネルギー等分配則、熱力学の第3法則、空洞放射、格子比熱、ボルツマン分布
量子力学入門
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 電子の波動性,波動関数,確率密度,シュレーディンガー方程式,束縛状態,井戸型ポテンシャル,階段型ポテンシャル,ポテンシャル障壁,トンネル効果
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : electron transport phenomena, electrical conductivity, conductance, the Hall effect, the Boltzmann equation, impurity scattering
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
統計力学Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 等確率の原理、ゆらぎ、エントロピー、ミクロカノニカル分布、カノニカル分布、分配関数、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、エネルギー等分配則、熱力学の第3法則、空洞放射、格子比熱、ボルツマン分布
統計力学演習Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 等確率の原理、ゆらぎ、エントロピー、ミクロカノニカル分布、カノニカル分布、分配関数、ヘルムホルツの自由エネルギー、ギブスの自由エネルギー、エネルギー等分配則、熱力学の第3法則、空洞放射、格子比熱、ボルツマン分布
量子力学入門
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 工学部
キーワード : 電子の波動性,波動関数,確率密度,シュレーディンガー方程式,束縛状態,井戸型ポテンシャル,階段型ポテンシャル,ポテンシャル障壁,トンネル効果
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : electron transport phenomena, electrical conductivity, conductance, the Hall effect, the Boltzmann equation, impurity scattering
Physics of Condensed Matter(凝縮系物理工学E)
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
Special Lectures on Engineering Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,ボルツマン方程式,不純物散乱
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
応用物理学実験Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理、物理現象
量子力学入門
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 電子の波動性,波動関数,確率密度,シュレーディンガー方程式,束縛状態,井戸型ポテンシャル,階段型ポテンシャル,ポテンシャル障壁,トンネル効果
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 工学院
キーワード : 電子輸送現象,電気伝導率,コンダクタンス,ホール効果,熱電効果,ボルツマン輸送方程式,不純物散乱
凝縮系物理工学特論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 工学院
応用物理学実験Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 物理学実験、実験方法、測定法、データ処理、物理現象
連続体力学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 弾性体、流体、ひずみ、応力、連続方程式
量子力学入門
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 工学部
キーワード : 電子の波動性,波動関数,確率密度,シュレーディンガー方程式,束縛状態,井戸型ポテンシャル,階段型ポテンシャル,ポテンシャル障壁,トンネル効果

ページトップへ