須藤 英毅スドウ ヒデキresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/10/21

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  
職名特任准教授 
学位
博士(医学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30374367.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

産学連携, 医工連携, 再生医療, 生体材料, 生体力学, 遺伝子発現制御, 整形外科, 脊椎外科, 脊柱変形矯正, 脊柱側弯症, 椎間板再生, 細胞周期

研究分野

外科系臨床医学 / 整形外科学(脊椎脊髄病学)
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
外科系臨床医学 / 整形外科学(脊椎脊髄病学)

職歴

2012年
-
現在
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(特任准教授)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年
-
現在
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(特任准教授)

所属学協会

日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本再生医療学会
日本側弯症学会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本再生医療学会
日本側弯症学会

研究活動

論文

In Vivo Mouse Intervertebral Disc Degeneration Model Based on a New Histological Classification.
Ohnishi T, Sudo H, Iwasaki K, Tsujimoto T, Ito YM, Iwasaki N
PloS one 11(8) e0160486 2016年08月
Effects of Multilevel Facetectomy and Screw Density on Postoperative Changes in Spinal Rod Contour in Thoracic Adolescent Idiopathic Scoliosis Surgery.
Kokabu T, Sudo H, Abe Y, Ito M, Ito YM, Iwasaki N
PloS one 11(8) e0161906 2016年08月
Effects of Multiple Intra-articular Injections of 0.5% Bupivacaine on Normal and Osteoarthritic Joints in Rats.
Iwasaki K, Sudo H, Kasahara Y, Yamada K, Ohnishi T, Tsujimoto T, Iwasaki N
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association 32(10) 2026-2036 2016年04月
Correlation analysis between change in thoracic kyphosis and multilevel facetectomy/ screw density in main thoracic adolescent idiopathic scoliosis surgery.
Sudo H, Abe Y, Kokabu T, Ito M, Abumi K, Ito Y, Iwasaki N
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 2016年04月
Selection of the upper vertebra to be instrumented in the treatment of thoracolumbar and lumbar adolescent idiopathic scoliosis by anterior correction and fusion surgery using dual-rod instrumentation: a minimum 12-year follow-up study.
Sudo H, Kaneda K, Shono Y, Iwasaki N
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 16(3) 281-287 2015年08月
A Functional SNP in BNC2 Is Associated with Adolescent Idiopathic Scoliosis.
Ogura Y, Kou I, Miura S, Takahashi A, Xu L, Takeda K, Takahashi Y, Kono K, Kawakami N, Uno K, Ito M, Minami S, Yonezawa I, Yanagida H, Taneichi H, Zhu Z, Tsuji T, Suzuki T, Sudo H, Kotani T, Watanabe K, Hosogane N, Okada E, Iida A, Nakajima M, Sudo A, Chiba K, Hiraki Y, Toyama Y, Qiu Y, Shukunami C, Kamatani Y, Kubo M, Matsumoto M, Ikegawa S
American journal of human genetics 97(2) 337-342 2015年08月
18F-FDG-PET/CT better localizes active spinal infection than MRI for successful minimally invasive surgery.
Nakahara M, Ito M, Hattori N, Magota K, Takahata M, Nagahama K, Sudo H, Kamishima T, Tamaki N, Iwasaki N
Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987) 56(7) 829-836 2015年07月
Surgical treatment of double thoracic adolescent idiopathic scoliosis with a rigid proximal thoracic curve.
Sudo H, Abe Y, Abumi K, Iwasaki N, Ito M
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 25(2) 569-577 2015年07月
Cervical myelopathy due to atraumatic odontoid fracture in patients with rheumatoid arthritis: A case series.
Takahata M, Abumi K, Sudo H, Nagahama K, Iwasaki N
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association  1-4 2015年06月
Right-convex thoracolumbar scoliosis.
Kuroki K, Sudo H, Iwasaki N
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 15(5) 1154-1155 2015年05月
論文を全て表示する
論文閉じる
In Vivo Mouse Intervertebral Disc Degeneration Model Based on a New Histological Classification.
Ohnishi T, Sudo H, Iwasaki K, Tsujimoto T, Ito YM, Iwasaki N
PloS one 11(8) e0160486 2016年08月
Effects of Multilevel Facetectomy and Screw Density on Postoperative Changes in Spinal Rod Contour in Thoracic Adolescent Idiopathic Scoliosis Surgery.
Kokabu T, Sudo H, Abe Y, Ito M, Ito YM, Iwasaki N
PloS one 11(8) e0161906 2016年08月
Effects of Multiple Intra-articular Injections of 0.5% Bupivacaine on Normal and Osteoarthritic Joints in Rats.
Iwasaki K, Sudo H, Kasahara Y, Yamada K, Ohnishi T, Tsujimoto T, Iwasaki N
Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association 32(10) 2026-2036 2016年04月
Correlation analysis between change in thoracic kyphosis and multilevel facetectomy/ screw density in main thoracic adolescent idiopathic scoliosis surgery.
Sudo H, Abe Y, Kokabu T, Ito M, Abumi K, Ito Y, Iwasaki N
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 2016年04月
Selection of the upper vertebra to be instrumented in the treatment of thoracolumbar and lumbar adolescent idiopathic scoliosis by anterior correction and fusion surgery using dual-rod instrumentation: a minimum 12-year follow-up study.
Sudo H, Kaneda K, Shono Y, Iwasaki N
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 16(3) 281-287 2015年08月
A Functional SNP in BNC2 Is Associated with Adolescent Idiopathic Scoliosis.
Ogura Y, Kou I, Miura S, Takahashi A, Xu L, Takeda K, Takahashi Y, Kono K, Kawakami N, Uno K, Ito M, Minami S, Yonezawa I, Yanagida H, Taneichi H, Zhu Z, Tsuji T, Suzuki T, Sudo H, Kotani T, Watanabe K, Hosogane N, Okada E, Iida A, Nakajima M, Sudo A, Chiba K, Hiraki Y, Toyama Y, Qiu Y, Shukunami C, Kamatani Y, Kubo M, Matsumoto M, Ikegawa S
American journal of human genetics 97(2) 337-342 2015年08月
18F-FDG-PET/CT better localizes active spinal infection than MRI for successful minimally invasive surgery.
Nakahara M, Ito M, Hattori N, Magota K, Takahata M, Nagahama K, Sudo H, Kamishima T, Tamaki N, Iwasaki N
Acta radiologica (Stockholm, Sweden : 1987) 56(7) 829-836 2015年07月
Surgical treatment of double thoracic adolescent idiopathic scoliosis with a rigid proximal thoracic curve.
Sudo H, Abe Y, Abumi K, Iwasaki N, Ito M
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 25(2) 569-577 2015年07月
Cervical myelopathy due to atraumatic odontoid fracture in patients with rheumatoid arthritis: A case series.
Takahata M, Abumi K, Sudo H, Nagahama K, Iwasaki N
Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association  1-4 2015年06月
Right-convex thoracolumbar scoliosis.
Kuroki K, Sudo H, Iwasaki N
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 15(5) 1154-1155 2015年05月
Scoliosis corrective force estimation from the implanted rod deformation using 3D-FEM analysis.
Abe Y, Ito M, Abumi K, Sudo H, Salmingo R, Tadano S
Scoliosis 10(Suppl 2) S2 2015年02月
Subaxial sagittal alignment after atlantoaxial fixation techniques.
Oshima S, Sudo H, Ito M, Abumi K
Journal of spinal disorders & techniques 28(1) E49-55 2015年02月
A PAX1 enhancer locus is associated with susceptibility to idiopathic scoliosis in females.
Nat Commun (6) 6452 2015年
Surgical treatment of lenke 1 thoracic adolescent idiopathic scoliosis with maintenance of kyphosis using the simultaneous double-rod rotation technique.
Sudo H, Ito M, Abe Y, Abumi K, Takahata M, Nagahama K, Hiratsuka S, Kuroki K, Iwasaki N
Spine 39(14) 1163-1169 2014年06月
A meta-analysis identifies adolescent idiopathic scoliosis association with LBX1 locus in multiple ethnic groups.
Londono D, Kou I, Johnson TA, Sharma S, Ogura Y, Tsunoda T, Takahashi A, Matsumoto M, Herring JA, Lam TP, Wang X, Tam EM, Song YQ, Fan YH, Chan D, Cheah KS, Qiu X, Jiang H, Huang D; Japanese Scoliosis Clinical Research Group, TSRHC IS Clinical Group, International Consortium for Scoliosis Genetics, Su P, Sham P, Cheung KM, Luk KD, Gordon D, Qiu Y, Cheng J, Tang N, Ikegawa S, Wise CA.
J Med Genet 51(6) 401-406 2014年06月
Fungal spinal infection treated with percutaneous posterolateral endoscopic surgery.
Iwata A, Ito M, Abumi K, Sudo H, Kotani Y, Shono Y, Minami A.
J Neurol Surg A Cent Eur Neurosurg.  75(3) 170-176 2014年05月
Anomalous vertebral and posterior communicating arteries as a risk factor in instrumentation of the posterior cervical spine.
Nagahama K, Sudo H, Abumi K, Ito M, Takahata M, Hiratsuka S, Kuroki K, Iwasaki N
The bone & joint journal 96-B 535-540 2014年04月
Caspase 3 silencing inhibits biomechanical overload-induced intervertebral disk degeneration.
Yamada K, Sudo H, Iwasaki K, Sasaki N, Higashi H, Kameda Y, Ito M, Takahata M, Abumi K, Minami A, Iwasaki N
The American journal of pathology 184(3) 753-764 2014年03月
Cervical spondylotic myelopathy with subacute combined degeneration.
Miyazaki T, Sudo H, Hiratsuka S, Iwasaki N
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 14(2) 381-382 2014年02月
Effects of single injection of local anesthetic agents on intervertebral disc degeneration: ex vivo and long-term in vivo experimental study.
Iwasaki K, Sudo H, Yamada K, Higashi H, Ohnishi T, Tsujimoto T, Iwasaki N
PloS one 9(10) e109851 2014年
Cytotoxic effects of the radiocontrast agent iotrolan and anesthetic agents bupivacaine and lidocaine in three-dimensional cultures of human intervertebral disc nucleus pulposus cells: identification of the apoptotic pathways.
Iwasaki K, Sudo H, Yamada K, Ito M, Iwasaki N
PloS one 9(3) e92442 2014年
Anterior decompression and strut graft versus posterior decompression and pedicle screw fixation with vertebroplasty for osteoporotic thoracolumbar vertebral collapse with neurologic deficits.
Sudo H, Ito M, Kaneda K, Abumi K, Kotani Y, Nagahama K, Minami A, Iwasaki N
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 13(12) 1726-1732 2013年12月
Primary spinal marginal zone lymphoma relapse at a different spinal level after remission of the primary lesion.
Hojo Y, Ito M, Abumi K, Sudo H, Takahata M
Global spine journal 3(4) 261-264 2013年12月
Identification of a susceptibility locus for severe adolescent idiopathic scoliosis on chromosome 17q24.3.
Miyake A, Kou I, Takahashi Y, Johnson TA, Ogura Y, Dai J, Qiu X, Takahashi A, Jiang H, Yan H, Kono K, Kawakami N, Uno K, Ito M, Minami S, Yanagida H, Taneichi H, Hosono N, Tsuji T, Suzuki T, Sudo H, Kotani T, Yonezawa I, Kubo M, Tsunoda T, Watanabe K, Chiba K, Toyama Y, Qiu Y, Matsumoto M, Ikegawa S.
PLoS One. 8(9) e72802 2013年09月
A replication study for association of 53 single nucleotide polymorphisms in a scoliosis prognostic test with progression of adolescent idiopathic scoliosis in Japanese.
Ogura Y, Takahashi Y, Kou I, Nakajima M, Kono K, Kawakami N, Uno K, Ito M, Minami S, Yanagida H, Taneichi H, Yonezawa I, Tsuji T, Suzuki T, Sudo H, Kotani T, Watanabe K, Chiba K, Toyama Y, Matsumoto M, Ikegawa S
Spine 38(16) 1375-1379 2013年07月
Genetic variants in GPR126 are associated with adolescent idiopathic scoliosis.
Kou I, Takahashi Y, Johnson TA, Takahashi A, Guo L, Dai J, Qiu X, Sharma S, Takimoto A, Ogura Y, Jiang H, Yan H, Kono K, Kawakami N, Uno K, Ito M, Minami S, Yanagida H, Taneichi H, Hosono N, Tsuji T, Suzuki T, Sudo H, Kotani T, Yonezawa I, Londono D, Gordon D, Herring JA, Watanabe K, Chiba K, Kamatani N, Jiang Q, Hiraki Y, Kubo M, Toyama Y, Tsunoda T, Wise CA, Qiu Y, Shukunami C, Matsumoto M, Ikegawa S
Nature genetics 45(6) 676-679 2013年06月
Long-term outcomes of anterior dual-rod instrumentation for thoracolumbar and lumbar curves in adolescent idiopathic scoliosis: a twelve to twenty-three-year follow-up study.
Sudo H, Ito M, Kaneda K, Shono Y, Abumi K
The Journal of bone and joint surgery. American volume 95(8) e49 2013年04月
Cervical myelopathy resulting from combined ossification of the ligamentum flavum and posterior longitudinal ligament: report of two cases and literature review.
Kotani Y, Takahata M, Abumi K, Ito M, Sudo H, Minami A
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 13(1) e1-6 2013年01月
Severe fixed cervical kyphosis treated with circumferential osteotomy and pedicle screw fixation using an anterior-posterior-anterior surgical sequence.
Yoshihara H, Abumi K, Ito M, Kotani Y, Sudo H, Takahata M
World neurosurgery 80(5) 654.e17-21 2013年01月
Global identification of genes related to nutrient deficiency in intervertebral disc cells in an experimental nutrient deprivation model.
Sudo H, Yamada K, Iwasaki K, Higashi H, Ito M, Minami A, Iwasaki N.
PLoS One 8(3) e58806 2013年
Long-Term Outcomes of Anterior Spinal Fusion for Treating Thoracic Adolescent Idiopathic Scoliosis Curves: Average 15-year Follow-up Analysis.
Sudo H, Ito M, Kaneda K, Shono Y, Takahata M, Abumi K
Spine 38(10) 819-826 2012年11月
A Replication Study for Association of Five Single Nucleotide Polymorphisms With Curve Progression of Adolescent Idiopathic Scoliosis in Japanese.
Ogura Y, Takahashi Y, Kou I, Nakajima M, Kono K, Kawakami N, Uno K, Ito M, Minami S, Yanagida H, Taneichi H, Yonezawa I, Tsuji T, Suzuki T, Sudo H, Kotani T, Watanabe K, Chiba K, Toyama Y, Matsumoto M, Ikegawa S
Spine 38(7) 571-575 2012年10月
Impact of deep extensor muscle-preserving approach on clinical outcome of laminoplasty for cervical spondylotic myelopathy: comparative cohort study.
Kotani Y, Abumi K, Ito M, Sudo H, Takahata M, Nagahama K, Iwata A, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21(8) 1536-1544 2012年08月
A retrospective study of congenital osseous anomalies at the craniocervical junction treated by occipitocervical plate-rod systems.
Ding X, Abumi K, Ito M, Sudo H, Takahata M, Nagahama K, Iwata A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21(8) 1580-1589 2012年08月
Post-traumatic lumbar subdural hematoma.
Sudo H, Abumi K, Menjo Y, Ito M
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 12(8) 714-715 2012年08月
Mid-term clinical results of minimally invasive decompression and posterolateral fusion with percutaneous pedicle screws versus conventional approach for degenerative spondylolisthesis with spinal stenosis.
Kotani Y, Abumi K, Ito M, Sudo H, Abe Y, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 21(6) 1171-1177 2012年06月
Spinal cord compression by hematoma in the cervical ligamentum flavum: a case report.
Kotani Y, Sudo H, Abumi K, Ito M, Matsubara S, Minami A
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 12(4) e18-21 2012年04月
Reconstruction of the subaxial cervical spine using pedicle screw instrumentation.
Abumi K, Ito M, Sudo H
Spine 37(5) E349-56 2012年03月
Cervical angina because of ossification of the posterior longitudinal ligament.
Sudo H, Goto R
The spine journal : official journal of the North American Spine Society 12(2) 169 2012年02月
A novel cost-effective computer-assisted imaging technology for accurate placement of thoracic pedicle screws.
Abe Y, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Sudo H, Minami A
Journal of neurosurgery. Spine 15(5) 479-485 2011年11月
A genome-wide association study identifies common variants near LBX1 associated with adolescent idiopathic scoliosis.
Takahashi Y, Kou I, Takahashi A, Johnson TA, Kono K, Kawakami N, Uno K, Ito M, Minami S, Yanagida H, Taneichi H, Tsuji T, Suzuki T, Sudo H, Kotani T, Watanabe K, Chiba K, Hosono N, Kamatani N, Tsunoda T, Toyama Y, Kubo M, Matsumoto M, Ikegawa S
Nature genetics 43(12) 1237-1240 2011年10月
Lack of association between adolescent idiopathic scoliosis and previously reported single nucleotide polymorphisms in MATN1, MTNR1B, TPH1, and IGF1 in a Japanese population.
Takahashi Y, Matsumoto M, Karasugi T, Watanabe K, Chiba K, Kawakami N, Tsuji T, Uno K, Suzuki T, Ito M, Sudo H, Minami S, Kotani T, Kono K, Yanagida H, Taneichi H, Takahashi A, Toyama Y, Ikegawa S
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society 29(7) 1055-1058 2011年07月
A late neurological complication following posterior correction surgery of severe cervical kyphosis.
Hojo Y, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Sudo H, Takahata M, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 20(6) 890-898 2011年06月
Caspase 3 as a therapeutic target for regulation of intervertebral disc degeneration in rabbits.
Sudo H, Minami A
Arthritis and rheumatism 63(6) 1648-1657 2011年06月
Replication study of the association between adolescent idiopathic scoliosis and two estrogen receptor genes.
Takahashi Y, Matsumoto M, Karasugi T, Watanabe K, Chiba K, Kawakami N, Tsuji T, Uno K, Suzuki T, Ito M, Sudo H, Minami S, Kotani T, Kono K, Yanagida H, Taneichi H, Takahashi A, Toyama Y, Ikegawa S
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society 29(6) 834-837 2011年06月
Regulation of apoptosis in nucleus pulposus cells by optimized exogenous Bcl-2 overexpression.
Sudo H, Minami A
Journal of orthopaedic research : official publication of the Orthopaedic Research Society 28(12) 1608-1613 2010年12月
Neurological picture. A widespread echinococcosis of the spine.
Sudo H, Minami A
Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry 81(8) 892 2010年08月
One-stage posterior instrumentation surgery for the treatment of osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits.
Sudo H, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Takahata M, Hojo Y, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 19(6) 907-915 2010年06月
Simultaneous double-rod rotation technique in posterior instrumentation surgery for correction of adolescent idiopathic scoliosis.
Ito M, Abumi K, Kotani Y, Takahata M, Sudo H, Hojo Y, Minami A
Journal of neurosurgery. Spine 12(3) 293-300 2010年03月
Spinal cord compression by ligamentum flavum hematoma in the thoracic spine.
Sudo H, Abumi K, Ito M, Kotani Y, Takahata M, Hojo Y, Sanda M, Minami A
Spine 34(25) E942-4 2009年12月
Minimum 2-year outcome of cervical laminoplasty with deep extensor muscle-preserving approach: impact on cervical spine function and quality of life.
Kotani Y, Abumi K, Ito M, Sudo H, Takahata M, Ohshima S, Hojo Y, Minami A
European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society 18(5) 663-671 2009年05月
Minimally invasive surgical treatment for tuberculous spondylodiscitis.
Ito M, Sudo H, Abumi K, Kotani Y, Takahata M, Fujita M, Minami A.
Minim Invasive Neurosurg 52(5) 250-253 2009年
Clinical results and complications of circumferential spinal cord decompression through a single posterior approach for thoracic myelopathy caused by ossification of posterior longitudinal ligament.
Takahata M, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Sudo H, Minami A
Spine 33(11) 1199-1208 2008年05月
Comparison of novel ultra-high molecular weight polyethylene tape versus conventional metal wire for sublaminar segmental fixation in the treatment of adolescent idiopathic scoliosis.
Takahata M, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Sudo H, Ohshima S, Minami A
Journal of spinal disorders & techniques 20(6) 449-455 2007年08月
Accuracy analysis of pedicle screw placement in posterior scoliosis surgery: comparison between conventional fluoroscopic and computer-assisted technique.
Kotani Y, Abumi K, Ito M, Takahata M, Sudo H, Ohshima S, Minami A
Spine 32(14) 1543-1550 2007年06月
Long-term follow up of surgical outcomes in patients with cervical disorders undergoing hemodialysis.
Sudo H, Ito M, Abumi K, Kotani Y, Takeuchi T, Yasui K, Minami A
Journal of neurosurgery. Spine 5(4) 313-319 2006年10月
Biomechanical study on the effect of five different lumbar reconstruction techniques on adjacent-level intradiscal pressure and lamina strain.
Sudo H, Oda I, Abumi K, Ito M, Kotani Y, Minami A
Journal of neurosurgery. Spine 5(2) 150-155 2006年08月
Secondary medulla oblongata involvement following middle cervical spinal cord injury associated with latent traumatic instability in a patient with ossification of the posterior longitudinal ligament.
Sudo H, Taneichi H, Kaneda K
Spinal cord 44 126-129 2006年02月
Burkholderia pickettii spondylitis.
Sudo H, Hisada Y, Ito M, Kotaki H, Minami A
Spinal cord 43 499-502 2005年08月
In vitro biomechanical effects of reconstruction on adjacent motion segment: comparison of aligned/kyphotic posterolateral fusion with aligned posterior lumbar interbody fusion/posterolateral fusion.
Sudo H, Oda I, Abumi K, Ito M, Kotani Y, Hojo Y, Minami A
Journal of neurosurgery 99(2 Suppl) 221-228 2003年09月
Types of spinal instability that require interbody support in posterior lumbar reconstruction: an in vitro biomechanical investigation.
Oda I, Abumi K, Yu BS, Sudo H, Minami A
Spine 28(14) 1573-1580 2003年07月
A moving middle finger.
Sudo H, Ito M, Minami A
Lancet 361(9376) 2202 2003年06月
NF-kappa B-dependent induction of cyclin D1 by retinoblastoma protein (pRB) family proteins and tumor-derived pRB mutants.
Takebayashi T, Higashi H, Sudo H, Ozawa H, Suzuki E, Shirado O, Katoh H, Hatakeyama M
The Journal of biological chemistry 278(17) 14897-14905 2003年04月
Spinal cord compression by multistrand cables after solid posterior atlantoaxial fusion. Report of three cases.
Sudo H, Abumi K, Ito M, Kotani Y, Minami A
Journal of neurosurgery 97(3 Suppl) 359-361 2002年10月

書籍

Neurological and vascular complications after surgery for cervical myelopathy
Hideki Sudo
Jaypee Medical Publishers 2016年
Complications of Spinal Hydatidosis
Hideki Sudo
Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2014年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
Neurological and vascular complications after surgery for cervical myelopathy
Hideki Sudo
Jaypee Medical Publishers 2016年
Complications of Spinal Hydatidosis
Hideki Sudo
Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2014年

特許

脊柱変形矯正固定術支援装置、脊柱変形矯正固定術支援方法、プログラム、及び脊柱変形矯正固定術に使用するロッド製造方法
須藤英毅
特願2014-226466 2014年11月06日
椎間板治療用組成物
須藤英毅
特願2016- 58396
側弯症診断支援装置、側弯症診断支援方法及びプログラム
須藤英毅
特願2016-75547
特許を全て表示する
特許閉じる
脊柱変形矯正固定術支援装置、脊柱変形矯正固定術支援方法、プログラム、及び脊柱変形矯正固定術に使用するロッド製造方法
須藤英毅
特願2014-226466 2014年11月06日
椎間板治療用組成物
須藤英毅
特願2016- 58396
側弯症診断支援装置、側弯症診断支援方法及びプログラム
須藤英毅
特願2016-75547

受賞

2017年01月
北海道大学研究総長賞 
2017年
Force & Motion Foundation/ORS Young Scientist Travel Grant (Orthopaedic Research Society, USA, Corresponding author) 
2016年
AOSpine Research Grant助成 
2016年
北海道大学医学部医学科エクセレント・ティーチャー(優秀賞) 
2015年02月
北海道科学技術奨励賞 
2015年
John Moe Award (Scoliosis Research Society, USA, co-author) 
2014年11月
日本医師会医学研究奨励賞 
2013年
武田科学振興財団医学系研究奨励継続助成 
2012年
中富健康科学振興財団研究助成 
2012年
財団法人博慈会老人病研究所優秀論文賞(基礎部門) 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2017年01月
北海道大学研究総長賞 
2017年
Force & Motion Foundation/ORS Young Scientist Travel Grant (Orthopaedic Research Society, USA, Corresponding author) 
2016年
AOSpine Research Grant助成 
2016年
北海道大学医学部医学科エクセレント・ティーチャー(優秀賞) 
2015年02月
北海道科学技術奨励賞 
2015年
John Moe Award (Scoliosis Research Society, USA, co-author) 
2014年11月
日本医師会医学研究奨励賞 
2013年
武田科学振興財団医学系研究奨励継続助成 
2012年
中富健康科学振興財団研究助成 
2012年
財団法人博慈会老人病研究所優秀論文賞(基礎部門) 
2011年
鈴木謙三記念医科学応用研究財団研究助成 
2011年
武田科学振興財団医学系研究奨励 
2011年
The top scored ORS poster within Spine posters (Orthopaedic Research Society, United States)  
2011年
第6回Asia Traveling Fellowship (日本脊椎脊髄病学会) 
2008年
整形災害外科学研究助成財団研究助成 
2005年
中富健康科学振興財団研究助成 
2005年
上原記念生命科学財団 研究奨励助成 
2005年
高桑榮松奨学基金奨励賞 
2005年
北海道整形災害外科学会学術奨励賞 

競争的資金等の研究課題

高純度硬化性ゲルによる椎間板組織自然再生誘導法の開発と組織再生メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金基盤研究B
研究期間 : 2016年04月 - 2019年03月 代表者 : 須藤英毅
高適合・短時間施術を実現する、3Dモデリング及び3D積層造形を応用したカスタムメイド脊柱変形矯正用インプラントの開発・事業化
日本医療研究開発機構:医工連携事業化推進事業
研究期間 : 2016年 - 2019年 代表者 : 須藤英毅
椎間板再生治療における組織修復材の開発
日本医療研究開発機構:革新的医療技術創出拠点プロジェクト 橋渡し研究加速ネットワークプログラムシーズB
研究期間 : 2016年 - 2017年 代表者 : 須藤英毅
Factors affecting implant rod deformation in adolescent idiopathic scoliosis surgery
AOSpine Research Grant
研究期間 : 2016年 - 2017年 代表者 : 須藤英毅
細胞周期関連遺伝子による椎間板恒常性維持制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 須藤 英毅
生体力学的環境変化により生じる椎間板細胞・組織の変性制御に関する統合的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 須藤 英毅
椎間板細胞の再生を目指した細胞周期制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 須藤 英毅
アポトーシス関連遺伝子を用いた椎間板組織の細胞周期・老化変性の制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 須藤 英毅
生体力学的環境変化により生じる椎間板細胞・組織の変性制御に関する統合的研究
武田科学振興財団医学系研究奨励継続助成
研究期間 : 2013年 代表者 : 須藤英毅
中富健康科学振興財団 研究助成
研究期間 : 2012年 代表者 : 須藤英毅
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
高純度硬化性ゲルによる椎間板組織自然再生誘導法の開発と組織再生メカニズムの解明
文部科学省:科学研究費補助金基盤研究B
研究期間 : 2016年04月 - 2019年03月 代表者 : 須藤英毅
高適合・短時間施術を実現する、3Dモデリング及び3D積層造形を応用したカスタムメイド脊柱変形矯正用インプラントの開発・事業化
日本医療研究開発機構:医工連携事業化推進事業
研究期間 : 2016年 - 2019年 代表者 : 須藤英毅
椎間板再生治療における組織修復材の開発
日本医療研究開発機構:革新的医療技術創出拠点プロジェクト 橋渡し研究加速ネットワークプログラムシーズB
研究期間 : 2016年 - 2017年 代表者 : 須藤英毅
Factors affecting implant rod deformation in adolescent idiopathic scoliosis surgery
AOSpine Research Grant
研究期間 : 2016年 - 2017年 代表者 : 須藤英毅
細胞周期関連遺伝子による椎間板恒常性維持制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 須藤 英毅
生体力学的環境変化により生じる椎間板細胞・組織の変性制御に関する統合的研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 須藤 英毅
椎間板細胞の再生を目指した細胞周期制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2008年 - 2010年 代表者 : 須藤 英毅
アポトーシス関連遺伝子を用いた椎間板組織の細胞周期・老化変性の制御機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 須藤 英毅
生体力学的環境変化により生じる椎間板細胞・組織の変性制御に関する統合的研究
武田科学振興財団医学系研究奨励継続助成
研究期間 : 2013年 代表者 : 須藤英毅
中富健康科学振興財団 研究助成
研究期間 : 2012年 代表者 : 須藤英毅
武田科学振興財団 医学系研究奨励
研究期間 : 2011年 代表者 : 須藤英毅
鈴木謙三記念医科学応用研究財団
研究期間 : 2011年 代表者 : 須藤英毅
整形災害外科学研究助成財団
研究期間 : 2008年 代表者 : 須藤英毅
上原記念生命科学財団研究奨励助成
研究期間 : 2005年 代表者 : 須藤英毅
中富健康科学振興財団 研究助成
研究期間 : 2005年 代表者 : 須藤英毅

教育活動

主要な担当授業

医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、骨代謝、分子生物学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、分子生物学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器、運動学、材料力学、生体力学,分子生物学musculoskeletal system, kinematics, biomaterial, biomechanics, molecular biology
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,臨床研究Musculoskeletal system, clinical research
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、骨代謝、分子生物学
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、分子生物学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器、運動学、材料力学、生体力学,分子生物学musculoskeletal system, kinematics, biomaterial, biomechanics, molecular biology
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,臨床研究Musculoskeletal system, clinical research
整形外科学・スポーツ医学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究Musculoskeletal system, etiology, treatment, clinical research
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、骨代謝、分子生物学
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学Musculoskeletal system, pathology, anatomy, biomechanics
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脊椎再建医学、組織工学、分子生物学
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学musculoskeletal system, morphology, immunology, kinematics, biomechanics
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, bone and cartilage metabolism, immunology, kinematics, pathology, anatomy, biomechanics, bioengineering
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学Musculoskeletal system, morphology, bone and cartilage metabolism, kinematics, immunology, biomaterials, biomechanics, bioengineering
整形外科学・スポーツ医学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 整形外科疾患、診断、治療、スポーツ医学、関節リウマチ、外傷、骨軟部腫瘍
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究Musculoskeletal system, etiology, treatment, clinical research
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨・軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体力学,生体工学,生体材料
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,解剖,生体力学
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学,免疫学,運動学,生体力学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,形態学、骨軟骨代謝学,免疫学、運動学、生体材料工学、生体力学,再生工学
臨床医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 運動器,病態,治療法,臨床研究
臨床医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科

社会貢献

委員歴

2013年
-
現在
東日本整形災害外科学会 評議員
2013年
-
現在
北海道医学会 評議員
2013年
-
現在
 北海道特定疾患対策協議会審査専門委員
2013年
-
現在
北海道整形災害外科学会 評議員
2012年
-
現在
日本脊椎脊髄病学会 評議員
2012年
-
現在
 共用試験医学系OSCE評価者認定講習会修了
2011年
-
現在
 北海道大学病院指導医のための教育ワークショップ修了
2014年12月
-
2015年03月
 経産省高生体適合性[カスタムメイド]脊椎インプラント開発ワーキンググループ委員会
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2013年
-
現在
東日本整形災害外科学会 評議員
2013年
-
現在
北海道医学会 評議員
2013年
-
現在
 北海道特定疾患対策協議会審査専門委員
2013年
-
現在
北海道整形災害外科学会 評議員
2012年
-
現在
日本脊椎脊髄病学会 評議員
2012年
-
現在
 共用試験医学系OSCE評価者認定講習会修了
2011年
-
現在
 北海道大学病院指導医のための教育ワークショップ修了
2014年12月
-
2015年03月
 経産省高生体適合性[カスタムメイド]脊椎インプラント開発ワーキンググループ委員会

ページトップへ