比能 洋ヒノウ ヒロシresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
先端生命科学研究院 先端融合科学研究部門 新薬探索研究分野
職名准教授 
学位
博士(工学)(埼玉大学)
メールアドレス
ホームページURLhttp://altair.sci.hokudai.ac.jp/g4/
科研費研究者番号

研究キーワード

表面化学, 環境制御化学, 有機化学, 環状化合物, 生物有機化学, 糖鎖工学, 創薬化学

研究分野

複合化学 / 生体関連化学
基礎化学 / 有機化学
複合化学 / 環境関連化学
プロセス工学 / 触媒・資源化学プロセス
薬学 / 創薬化学
プロセス工学 / 生物機能・バイオプロセス
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
複合化学 / 生体関連化学
基礎化学 / 有機化学
複合化学 / 環境関連化学
プロセス工学 / 触媒・資源化学プロセス
薬学 / 創薬化学
プロセス工学 / 生物機能・バイオプロセス

職歴

2013年04月
-
現在
北海道大学(准教授)
2006年
-
2009年
 産業技術総合研究所創薬シーズ探索研究ラボ 大学等非常勤研究員
2005年
-
2007年
 北海道大学理学研究科 助手
2005年
-
2006年
 産業技術総合研究所糖鎖工学研究センター 大学等非常勤研究員
2003年
-
2005年
 産業技術総合研究所糖鎖工学研究センター糖鎖自動合成チーム 研究員
2002年
-
2003年
 日本大学薬学部化学研究室 助手
2002年
-
2003年
 理化学研究所細胞制御化学研究室 共同研究員
2000年
-
2002年
 理化学研究所細胞制御化学研究室 協力研究員
2000年
-
2002年
 東京理科大学理学部化学科 非常勤講師
1999年
-
2000年
 理化学研究所有機合成化学研究室 Junior Research Associate
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2013年04月
-
現在
北海道大学(准教授)
2006年
-
2009年
 産業技術総合研究所創薬シーズ探索研究ラボ 大学等非常勤研究員
2005年
-
2007年
 北海道大学理学研究科 助手
2005年
-
2006年
 産業技術総合研究所糖鎖工学研究センター 大学等非常勤研究員
2003年
-
2005年
 産業技術総合研究所糖鎖工学研究センター糖鎖自動合成チーム 研究員
2002年
-
2003年
 日本大学薬学部化学研究室 助手
2002年
-
2003年
 理化学研究所細胞制御化学研究室 共同研究員
2000年
-
2002年
 理化学研究所細胞制御化学研究室 協力研究員
2000年
-
2002年
 東京理科大学理学部化学科 非常勤講師
1999年
-
2000年
 理化学研究所有機合成化学研究室 Junior Research Associate
2007年
- 北海道大学大学院先端生命科学研究院 助教
2010年
 Institute for Research in Biomedicine (IRB barcelona) Visiting researcher

学歴

-
2000年
埼玉大学 理工学研究科 生物環境科学専攻
-
1997年
埼玉大学 理工学研究科
-
1995年
埼玉大学 工学部 応用化学・環境化学工学科
学歴を全て表示する
学歴閉じる
-
2000年
埼玉大学 理工学研究科 生物環境科学専攻
-
1997年
埼玉大学 理工学研究科
-
1995年
埼玉大学 工学部 応用化学・環境化学工学科

所属学協会

日本化学会
日本糖質学会
日本薬学会
高分子学会
GFRG研究会
所属学協会を全て表示する
所属学協会閉じる
日本化学会
日本糖質学会
日本薬学会
高分子学会
GFRG研究会

研究活動

論文

Chemical Synthesis Demonstrates That Dynamic O-Glycosylation Regulates the Folding and Functional Conformation of a Pivotal EGF12 Domain of the Human NOTCH1 Receptor.
Hayakawa S, Yokoi Y, Hinou H, Nishimura SI
Biochemistry 56(33) 4379-4391 2017年08月
An Efficient Glycoblotting-Based Analysis of Oxidized Lipids in Liposomes and a Lipoprotein.
Furukawa T, Hinou H, Takeda S, Chiba H, Nishimura SI, Hui SP
Chembiochem : a European journal of chemical biology 2017年08月
Synthetic Mucin-Like Glycopeptides as Versatile Tools to Measure Effects of Glycan Structure/Density/Position on the Interaction with Adhesion/Growth-Regulatory Galectins in Arrays.
Artigas G, Hinou H, Garcia-Martin F, Gabius HJ, Nishimura SI
Chemistry, an Asian journal 12(1) 159-167 2017年01月
Glycoblotting method allows for rapid and efficient glycome profiling of human Alzheimer's disease brain, serum and cerebrospinal fluid towards potential biomarker discovery.
Gizaw ST, Ohashi T, Tanaka M, Hinou H, Nishimura S
Biochimica et biophysica acta 1860(8) 1716-1727 2016年08月
Convergent Solid-Phase Synthesis of Macromolecular MUC1 Models Truly Mimicking Serum Glycoprotein Biomarkers of Interstitial Lung Diseases.
Ohyabu N, Kakiya K, Yokoi Y, Hinou H, Nishimura S
Journal of the American Chemical Society 138(27) 8392-8395 2016年07月
Synthetic Human NOTCH1 EGF Modules Unraveled Molecular Mechanisms for the Structural and Functional Roles of Calcium Ions and O-Glycans in the Ligand-Binding Region.
Hayakawa S, Koide R, Hinou H, Nishimura S
Biochemistry 55(5) 776-787 2016年02月
Solid-phase synthesis of C-mannosylated glycopeptide on WSXWS motif of human erythropoietin receptor
Hiroshi Hinou, Yuya Abe, Shun Hayakawa, Kentaro Naruchi, Naoki Fujitani, Shin Ichiro Nishimura, Shin Ichiro Nishimura
Tetrahedron Letters 57 791-795 2016年02月
Effects of the multiple: O -glycosylation states on antibody recognition of the immunodominant motif in MUC1 extracellular tandem repeats
Shobith Rangappa, Shobith Rangappa, Gerard Artigas, Gerard Artigas, Risho Miyoshi, Yasuhiro Yokoi, Yasuhiro Yokoi, Shun Hayakawa, Shun Hayakawa, Fayna Garcia-Martin, Fayna Garcia-Martin, Hiroshi Hinou, Hiroshi Hinou, Hiroshi Hinou, Shin Ichiro Nishimura, Shin Ichiro Nishimura, Shin Ichiro Nishimura
MedChemComm 7 1102-1122 2016年01月
Novel β-galactosynthase-β-mannosynthase dual activity of β-galactosidase from: Aspergillus oryzae uncovered using monomer sugar substrates
R. S. Tan, R. S. Tan, H. Hinou, H. Hinou, S. I. Nishimura, S. I. Nishimura
RSC Advances 6 50833-50836 2016年01月
Large-Scale Glycomics of Livestock: Discovery of Highly Sensitive Serum Biomarkers Indicating an Environmental Stress Affecting Immune Responses and Productivity of Holstein Dairy Cows.
Rehan IF, Ueda K, Mitani T, Amano M, Hinou H, Ohashi T, Kondo S, Nishimura S
Journal of agricultural and food chemistry 63(48) 10578-10590 2015年12月
論文を全て表示する
論文閉じる
Chemical Synthesis Demonstrates That Dynamic O-Glycosylation Regulates the Folding and Functional Conformation of a Pivotal EGF12 Domain of the Human NOTCH1 Receptor.
Hayakawa S, Yokoi Y, Hinou H, Nishimura SI
Biochemistry 56(33) 4379-4391 2017年08月
An Efficient Glycoblotting-Based Analysis of Oxidized Lipids in Liposomes and a Lipoprotein.
Furukawa T, Hinou H, Takeda S, Chiba H, Nishimura SI, Hui SP
Chembiochem : a European journal of chemical biology 2017年08月
Synthetic Mucin-Like Glycopeptides as Versatile Tools to Measure Effects of Glycan Structure/Density/Position on the Interaction with Adhesion/Growth-Regulatory Galectins in Arrays.
Artigas G, Hinou H, Garcia-Martin F, Gabius HJ, Nishimura SI
Chemistry, an Asian journal 12(1) 159-167 2017年01月
Glycoblotting method allows for rapid and efficient glycome profiling of human Alzheimer's disease brain, serum and cerebrospinal fluid towards potential biomarker discovery.
Gizaw ST, Ohashi T, Tanaka M, Hinou H, Nishimura S
Biochimica et biophysica acta 1860(8) 1716-1727 2016年08月
Convergent Solid-Phase Synthesis of Macromolecular MUC1 Models Truly Mimicking Serum Glycoprotein Biomarkers of Interstitial Lung Diseases.
Ohyabu N, Kakiya K, Yokoi Y, Hinou H, Nishimura S
Journal of the American Chemical Society 138(27) 8392-8395 2016年07月
Synthetic Human NOTCH1 EGF Modules Unraveled Molecular Mechanisms for the Structural and Functional Roles of Calcium Ions and O-Glycans in the Ligand-Binding Region.
Hayakawa S, Koide R, Hinou H, Nishimura S
Biochemistry 55(5) 776-787 2016年02月
Solid-phase synthesis of C-mannosylated glycopeptide on WSXWS motif of human erythropoietin receptor
Hiroshi Hinou, Yuya Abe, Shun Hayakawa, Kentaro Naruchi, Naoki Fujitani, Shin Ichiro Nishimura, Shin Ichiro Nishimura
Tetrahedron Letters 57 791-795 2016年02月
Effects of the multiple: O -glycosylation states on antibody recognition of the immunodominant motif in MUC1 extracellular tandem repeats
Shobith Rangappa, Shobith Rangappa, Gerard Artigas, Gerard Artigas, Risho Miyoshi, Yasuhiro Yokoi, Yasuhiro Yokoi, Shun Hayakawa, Shun Hayakawa, Fayna Garcia-Martin, Fayna Garcia-Martin, Hiroshi Hinou, Hiroshi Hinou, Hiroshi Hinou, Shin Ichiro Nishimura, Shin Ichiro Nishimura, Shin Ichiro Nishimura
MedChemComm 7 1102-1122 2016年01月
Novel β-galactosynthase-β-mannosynthase dual activity of β-galactosidase from: Aspergillus oryzae uncovered using monomer sugar substrates
R. S. Tan, R. S. Tan, H. Hinou, H. Hinou, S. I. Nishimura, S. I. Nishimura
RSC Advances 6 50833-50836 2016年01月
Large-Scale Glycomics of Livestock: Discovery of Highly Sensitive Serum Biomarkers Indicating an Environmental Stress Affecting Immune Responses and Productivity of Holstein Dairy Cows.
Rehan IF, Ueda K, Mitani T, Amano M, Hinou H, Ohashi T, Kondo S, Nishimura S
Journal of agricultural and food chemistry 63(48) 10578-10590 2015年12月
The Quest for Anticancer Vaccines: Deciphering the Fine-Epitope Specificity of Cancer-Related Monoclonal Antibodies by Combining Microarray Screening and Saturation Transfer Difference NMR.
Coelho H, Matsushita T, Artigas G, Hinou H, Cañada FJ, Lo-Man R, Leclerc C, Cabrita EJ, Jiménez-Barbero J, Nishimura S, Garcia-Martín F, Marcelo F
Journal of the American Chemical Society 137(39) 12438-12441 2015年10月
Rapid Endolysosomal Escape and Controlled Intracellular Trafficking of Cell Surface Mimetic Quantum-Dots-Anchored Peptides and Glycopeptides.
Tan RS, Naruchi K, Amano M, Hinou H, Nishimura S
ACS chemical biology 10(9) 2073-2086 2015年09月
A comprehensive glycome profiling of Huntington's disease transgenic mice.
Gizaw ST, Koda T, Amano M, Kamimura K, Ohashi T, Hinou H, Nishimura SI
Biochimica et biophysica acta 1850(9) 1704-1718 2015年04月
Fast epitope mapping for the anti-MUC1 monoclonal antibody by combining a one-bead-one-glycopeptide library and a microarray platform.
Garcia-Martin F, Matsushita T, Hinou H, Nishimura S
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany) 20(48) 15891-15902 2014年11月
A straightforward protocol for the preparation of high performance microarray displaying synthetic MUC1 glycopeptides.
Matsushita T, Takada W, Igarashi K, Naruchi K, Miyoshi R, Garcia-Martin F, Amano M, Hinou H, Nishimura S
Biochimica et biophysica acta 1840(3) 1105-1116 2014年03月
Synthesis of neoglycosphingolipid from methoxyamino-functionalized ceramide.
Ishida J, Hinou H, Naruchi K, Nishimura S
Bioorganic & medicinal chemistry letters 24(4) 1197-1200 2014年02月
A new approach for the synthesis of hyperbranched N-glycan core structures from locust bean gum.
Ravi Kumar HV, Naruchi K, Miyoshi R, Hinou H, Nishimura S
Organic letters 15(24) 6278-6281 2013年12月
A novel approach for the parallel synthesis of glycopeptides by combining solid-phase peptide synthesis and dendrimer-supported enzymatic modifications
MATSUSHITA Takahiko, HANDA Seiji, NARUCHI Kentaro, GARCIA-MARTIN Fayna, HINOU Hiroshi, NISHIMURA Shin-Ichiro
Polymer journal 45(8) 854-862 2013年08月
Attomolar detection of influenza a virus hemagglutinin human h1 and avian h5 using glycan-blotted field effect transistor biosensor.
Hideshima S, Hinou H, Ebihara D, Sato R, Kuroiwa S, Nakanishi T, Nishimura S, Osaka T
Analytical chemistry 85(12) 5641-5644 2013年06月
Microwave-assisted solid-phase synthesis of antifreeze glycopeptides.
Izumi R, Matsushita T, Fujitani N, Naruchi K, Shimizu H, Tsuda S, Hinou H, Nishimura S
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany) 19(12) 3913-3920 2013年03月
Glycoblotting-based high throughput protocol for the structural characterization of hyaluronan degradation products during enzymatic fragmentation.
Furukawa T, Arai M, Garcia-Martin F, Amano M, Hinou H, Nishimura S
Glycoconjugate journal 30(2) 171-182 2013年02月
Macrocyclic mechanism-based inhibitor for neuraminidases.
Kai H, Hinou H, Naruchi K, Matsushita T, Nishimura S
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany) 19(4) 1364-1372 2013年01月
Site-Specific Conformational Alteration Induced by Sialylation of MUC1 Tandem Repeating Glycopeptides at an Epitope Region for the Anti-KL-6 Monoclonal Antibody.
Matsushita T, Ohyabu N, Fujitani N, Naruchi K, Shimizu H, Hinou H, Nishimura S
Biochemistry 52(2) 402-414 2013年01月
Molecular shuttle between extracellular and cytoplasmic space allows for monitoring of GAG biosynthesis in human articular chondrocytes.
Hoshi H, Shimawaki K, Takegawa Y, Ohyanagi T, Amano M, Hinou H, Nishimura S
Biochimica et biophysica acta 1820(9) 1391-1398 2012年09月
Strict stereocontrol by 2,4-O-di-tert-butylsilylene group on β-glucuronylations.
Furukawa T, Hinou H, Nishimura S
Organic letters 14(8) 2102-2105 2012年04月
Aglycone-focused randomization of 2-difluoromethylphenyl-type sialoside suicide substrates for neuraminidases.
Kai H, Hinou H, Nishimura S
Bioorganic & medicinal chemistry 20(8) 2739-2746 2012年04月
An efficient protocol for the solid-phase synthesis of glycopeptides under microwave irradiation.
Garcia-Martin F, Hinou H, Matsushita T, Hayakawa S, Nishimura S
Organic & biomolecular chemistry 10(8) 1612-1617 2012年02月
H-bonding promotion of peptide solubility and cyclization by fluorinated alcohols
Hinou H, Hyugaji K, Garcia-Martin F, Nishimura S, amp; Albericio F
 2(7) 2012年
Importance of sialic acid residues illuminated by live animal imaging using phosphorylcholine self-assembled monolayer-coated quantum dots.
Ohyanagi T, Nagahori N, Shimawaki K, Hinou H, Yamashita T, Sasaki A, Jin T, Iwanaga T, Kinjo M, Nishimura S
Journal of the American Chemical Society 133(32) 12507-12517 2011年08月
A strategy for neuraminidase inhibitors using mechanism-based labeling information.
Hinou H, Miyoshi R, Takasu Y, Kai H, Kurogochi M, Arioka S, Gao XD, Miura N, Fujitani N, Omoto S, Yoshinaga T, Fujiwara T, Noshi T, Togame H, Takemoto H, Nishimura S
Chemistry, an Asian journal 6(4) 1048-1056 2011年04月
An efficient approach for the characterization of mucin-type glycopeptides: the effect of O-glycosylation on the conformation of synthetic mucin peptides.
Hashimoto R, Fujitani N, Takegawa Y, Kurogochi M, Matsushita T, Naruchi K, Ohyabu N, Hinou H, Gao XD, Manri N, Satake H, Kaneko A, Sakamoto T, Nishimura S
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany) 17(8) 2393-2404 2011年02月
Toward Green and Sustainable Chemical Glycosylation: Enhanced Lewis Acidity of Recyclable Solid Super Acid Catalyst, SO4/ZrO2 by CaCl2 Doping
HINOU Hiroshi, SAITO Naohiro, MAEDA Takahiro, MATSUDA Masao, KAMIYA Yuichi, NISHIMURA Shin‐Ichiro
Journal of Carbohydrate Chemistry 30(7-9) 575-586 2011年
A Potential Glucuronate Glycosyl Donor with 2-O-acyl-6,3-lactone Structure: Efficient Synthesis of Glycosaminoglycan Disaccharides
FURUKAWA Takayuki, HINOU Hiroshi, SHIMAWAKI Ken, NISHIMURA Shin−ichiro
Tetrahedron Letters 52(43) 5567-5570 2011年
Glycoblotting-assisted O-glycomics: ammonium carbamate allows for highly efficient o-glycan release from glycoproteins.
Miura Y, Kato K, Takegawa Y, Kurogochi M, Furukawa J, Shinohara Y, Nagahori N, Amano M, Hinou H, Nishimura S
Analytical chemistry 82(24) 10021-10029 2010年12月
Artificial Golgi apparatus: globular protein-like dendrimer facilitates fully automated enzymatic glycan synthesis.
Matsushita T, Nagashima I, Fumoto M, Ohta T, Yamada K, Shimizu H, Hinou H, Naruchi K, Ito T, Kondo H, Nishimura S
Journal of the American Chemical Society 132(46) 16651-16656 2010年11月
Chemical synthesis, folding, and structural insights into O-fucosylated epidermal growth factor-like repeat 12 of mouse Notch-1 receptor.
Hiruma-Shimizu K, Hosoguchi K, Liu Y, Fujitani N, Ohta T, Hinou H, Matsushita T, Shimizu H, Feizi T, Nishimura S
Journal of the American Chemical Society 132(42) 14857-14865 2010年10月
A new class of mechanism-based inhibitors for Trypanosoma cruzi trans-sialidase and their influence on parasite virulence.
Carvalho ST, Sola-Penna M, Oliveira IA, Pita S, Gonçalves AS, Neves BC, Sousa FR, Freire-de-Lima L, Kurogochi M, Hinou H, Nishimura S, Mendonça-Previato L, Previato JO, Todeschini AR
Glycobiology 20(8) 1034-1045 2010年08月
An efficient approach to the discovery of potent inhibitors against glycosyltransferases.
Hosoguchi K, Maeda T, Furukawa J, Shinohara Y, Hinou H, Sekiguchi M, Togame H, Takemoto H, Kondo H, Nishimura S
Journal of medicinal chemistry 53(15) 5607-5619 2010年08月
Unexpected tolerance of glycosylation by UDP-GalNAc:polypeptide alpha-N-acetylgalactosaminyltransferase revealed by electron capture dissociation mass spectrometry: carbohydrate as potential protective groups.
Yoshimura Y, Matsushita T, Fujitani N, Takegawa Y, Fujihira H, Naruchi K, Gao XD, Manri N, Sakamoto T, Kato K, Hinou H, Nishimura S
Biochemistry 49(28) 5929-5941 2010年07月
Potent inhibitor scaffold against Trypanosoma cruzi trans-sialidase.
Arioka S, Sakagami M, Uematsu R, Yamaguchi H, Togame H, Takemoto H, Hinou H, Nishimura S
Bioorganic & medicinal chemistry 18(4) 1633-1640 2010年02月
An essential epitope of anti-MUC1 monoclonal antibody KL-6 revealed by focused glycopeptide library.
Ohyabu N, Hinou H, Matsushita T, Izumi R, Shimizu H, Kawamoto K, Numata Y, Togame H, Takemoto H, Kondo H, Nishimura S
Journal of the American Chemical Society 131(47) 17102-17109 2009年12月
Microwave effect for glycosylation promoted by solid super Acid in supercritical carbon dioxide.
Hinou H, Saito N, Ogawa M, Maeda T, Nishimura S
International journal of molecular sciences 10(12) 5285-5295 2009年12月
Functional neoglycopeptides: synthesis and characterization of a new class of MUC1 glycoprotein models having core 2-based O-glycan and complex-type N-glycan chains.
Matsushita T, Sadamoto R, Ohyabu N, Nakata H, Fumoto M, Fujitani N, Takegawa Y, Sakamoto T, Kurogochi M, Hinou H, Shimizu H, Ito T, Naruchi K, Togame H, Takemoto H, Kondo H, Nishimura S
Biochemistry 48(46) 11117-11133 2009年11月
One-pot synthesis of cyclic antifreeze glycopeptides.
Hachisu M, Hinou H, Takamichi M, Tsuda S, Koshida S, Nishimura S
Chemical communications (Cambridge, England) (13) 1641-1643 2009年04月
Mechanism-based probing, characterization, and inhibitor design of glycosidases and glycosyltransferases.
Hinou H, Nishimura S
Current topics in medicinal chemistry 9 106-116 2009年
An Efficient Strategy for the Explortion of Specific Inhibitors of Sialyltransferases
Kensku Hosoghchi, Hiroshi Hinou, Shin-Ichiro Nishimura
Proceeding of Molecular Imaging for Integrated Medical Therapy and Drug Development  294-301 2009年
A New Glycosylation Method Part III: Study of Microwave Effects at Low Temperatures to Control Reaction Pathways and Reduce
SHIMIZU Hiroki, YOSHIMURA Yayoi, HINOU Hiroshi, NISHIMURA Shin‐Ichiro, NISHIMURA Shin‐Ichiro
Tetrahedron 64(43) 10091-10096 2008年
One-pot solid-phase glycoblotting and probing by transoximization for high-throughput glycomics and glycoproteomics.
Shimaoka H, Kuramoto H, Furukawa J, Miura Y, Kurogochi M, Kita Y, Hinou H, Shinohara Y, Nishimura S
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany) 13(6) 1664-1673 2007年
Structural analysis of O-glycopeptides employing negative- and positive-ion multi-stage mass spectra obtained by collision-induced and electron-capture dissociations in linear ion trap time-of-flight mass spectrometry.
Deguchi K, Ito H, Baba T, Hirabayashi A, Nakagawa H, Fumoto M, Hinou H, Nishimura S
Rapid communications in mass spectrometry : RCM 21(5) 691-698 2007年
Highly efficient and versatile synthesis of proteoglycan core structures from 1,6-anhydro-beta-lactose as a key starting material.
Shimawaki K, Fujisawa Y, Sato F, Fujitani N, Kurogochi M, Hoshi H, Hinou H, Nishimura S
Angewandte Chemie (International ed. in English) 46(17) 3074-3079 2007年
Construction and structural characterization of versatile lactosaminoglycan-related compound library for the synthesis of complex glycopeptides and glycosphingolipids.
Naruchi K, Hamamoto T, Kurogochi M, Hinou H, Shimizu H, Matsushita T, Fujitani N, Kondo H, Nishimura S
The Journal of organic chemistry 71(26) 9609-9621 2006年12月
Glycosidation promoted by a reusable solid superacid in supercritical carbon dioxide.
Li XB, Ogawa M, Monden T, Maeda T, Yamashita E, Naka M, Matsuda M, Hinou H, Nishimura S
Angewandte Chemie (International ed. in English) 45(34) 5652-5655 2006年08月
Construction of highly glycosylated mucin-type glycopeptides based on microwave-assisted solid-phase syntheses and enzymatic modifications.
Matsushita T, Hinou H, Fumoto M, Kurogochi M, Fujitani N, Shimizu H, Nishimura S
The Journal of organic chemistry 71(8) 3051-3063 2006年04月
Mechanism-based inhibitors to probe transitional states of glycoside hydrolases.
Hinou H, Kurogochi M, Nishimura S
Methods in enzymology 415 202-212 2006年
Characterization of Vibrio cholerae neuraminidase by a novel mechanism-based fluorescent labeling reagent.
Hinou H, Kurogochi M, Shimizu H, Nishimura S
Biochemistry 44(35) 11669-11675 2005年09月
Combinatorial synthesis of MUC1 glycopeptides: polymer blotting facilitates chemical and enzymatic synthesis of highly complicated mucin glycopeptides.
Fumoto M, Hinou H, Ohta T, Ito T, Yamada K, Takimoto A, Kondo H, Shimizu H, Inazu T, Nakahara Y, Nishimura S
Journal of the American Chemical Society 127(33) 11804-11818 2005年08月
Molecular transporter between polymer platforms: highly efficient chemoenzymatic glycopeptide synthesis by the combined use of solid-phase and water-soluble polymer supports.
Fumoto M, Hinou H, Matsushita T, Kurogochi M, Ohta T, Ito T, Yamada K, Takimoto A, Kondo H, Inazu T, Nishimura S
Angewandte Chemie (International ed. in English) 44(17) 2534-2537 2005年04月
Rapid microwave-assisted solid-phase glycopeptide synthesis.
Matsushita T, Hinou H, Kurogochi M, Shimizu H, Nishimura S
Organic letters 7(5) 877-880 2005年03月
A New Glycosylation Concept; Microwave-assisted Ether-Exchange Type Glycosylations from Methyl Glycoside Donors
YOSHIMURA Yayoi, SHIMIZU Hiroki, HINOU Hiroshi, NISHIMURA Shin−ichiro, NISHIMURA Shin−ichiro
Tetrahedron Letters 46(28) 4701-4705 2005年
High-throughput protein glycomics: combined use of chemoselective glycoblotting and MALDI-TOF/TOF mass spectrometry.
Nishimura S, Niikura K, Kurogochi M, Matsushita T, Fumoto M, Hinou H, Kamitani R, Nakagawa H, Deguchi K, Miura N, Monde K, Kondo H
Angewandte Chemie (International ed. in English) 44(1) 91-96 2004年12月
Systematic syntheses and inhibitory activities of bisubstrate-type inhibitors of sialyltransferases.
Hinou H, Sun XL, Ito Y
The Journal of organic chemistry 68(14) 5602-5613 2003年07月
Synthesis of a useful anomeric thioacetate of an N-acetyllactosamine derivative and its application
Tetrahedron Letters 44 3617-HH003053 2003年
Efficient strategy for convergent synthesis of trans-fused polycyclic ethers based on an intramolecular SmI2-promoted cyclization of iodo ester
KAWAMURA K, HINOU H, MATSUO G, NAKATA T
Tetrahedron Letters 44(28) 5259-5261 2003年
Bisubstrate-type inhibitor of sialyltransferases
HINOU H, SUN X‐L, ITO Y
Tetrahedron Letters 43(50) 9147-9150 2002年
Synthesis of Amphiphilic Chitopentaose and Chitoheptaose Derivatives Using a Common Disaccharidic Synthon as the Chain Elongation Unit
HINOU H, UMINO A, MATSUOKA K, TERUNUMA D, TAKAHASHI S, ESUMI Y, KUZUHARA H
Bulletin of the Chemical Society of Japan 73(1) 163-171 2000年
Novel Synthesis of L-Iduronic Acid Using Trehalose as the Disaccharidic Starting Material
HINOU H, KUROSAWA H, MATSUOKA K, TERUNUMA D, KUZUHARA H
Tetrahedron Letters 40(8) 1501-1504 2000年
Efficient Convergent Synthesis of a trans-fused 6-6-6-6-membered tetracyclic ether ring system
MATSUO G, HINOU H, KOSHINO H, SUENAGA T, NAKATA T
Tetrahedron Letters 41(6) 903-906 2000年
Synthesis of Amphiphilic Chitopentaose and Chitoheptaose Derivatives Using a Common Disaccharidic Synthon as the Chain Elongation Unit.
, , , , , ,
Bulletin of the Chemical Society of Japan 73(1) 163-171 2000年
Efficient Conversion of a 1,6-Anhydro Chitobiose Derivative into the Corresponding tetradecyl Glycoside Derivative by Means of Paraticipation of a Neighboring Tetradecanamide Group
UMINO A, HINOU H, MATSUOKA K, TERUNUMA D, TAKAHASHI S, KUZUHARA H
Journal of Carbohydrate Chemistry 17(2) 231-239 1998年
Synthetic Conversion of Cellobiose into the Glycal-Type Monomers and Their Polymerization
Ogawa Y, Hinou H, Matsuoka K, Terunuma D, amp; Kuzuhara H
Tetrahedron Letters 39(32) 1501-1504 1998年
Synthesis of Amphiphilic Chitoheptaose Derivative
HINOU H, UMINO A, MATSUOKA K, TERUNUMA D, TAKAHASHI S, ESUMI Y, KUZUHARA H
Tetrahedron Letters 38(46) 8041-8044 1997年

講演・口頭発表等

Glycoblotting型マイクロアレイによる合成糖ペプチドの相互作用解析
比能洋, 比能洋
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2016年08月 
グライコブロッティング法を用いた脂質アルデヒドの定量測定法の開発
古川貴之, 惠淑萍, 比能洋, 西村紳一郎, 千葉仁志
臨床化学 2015年10月 
Glycoblotting法を用いた牛乳中遊離オリゴ糖の網羅的定量解析
山本祐輔, 古川貴之, 惠淑萍, 比能洋, 西村紳一郎, 千葉仁志
日本未病システム学会学術総会抄録集 2015年09月 
ブロッティング技術に基づく脂質アルデヒド類の網羅的定量解析
古川貴之, 惠淑萍, 比能洋, 西村紳一郎, 千葉仁志
日本未病システム学会学術総会抄録集 2015年09月 
MRM法によるヒトIgG糖ペプチドフラグメントのキャラクタリゼーション
半村和基, 三好利尚, 成地健太郎, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2015年05月 
タウタンパクフラグメントの合成および立体構造解析
横井康広, 早川瞬, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2015年05月 
アルコールを用いたペプチド環化反応のpKa依存性について
酒井隆史, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2015年05月 
糖鎖固定化電界効果トランジスタによるインフルエンザウイルスから分離したヘマグルチニンの検出
南部谷俊介, 前川達洋, 秀島翔, 比能洋, 西村紳一郎, 迫田義博, 黒岩繁樹, 中西卓也, 逢坂哲彌
Chem Sens 2015年03月 
糖鎖固定化電界効果トランジスタによるインフルエンザウイルスから分離したヘマグルチニンの検出
南部谷俊介, 前川達洋, 秀島翔, 比能洋, 西村紳一郎, 迫田義博, 黒岩繁樹, 中西卓也, 逢坂哲彌
電気化学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2015年03月 
CMPアジド化シアル酸の合成と糖タンパク質末端の改変
飯田優香, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2015年00月 
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
Glycoblotting型マイクロアレイによる合成糖ペプチドの相互作用解析
比能洋, 比能洋
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2016年08月 
グライコブロッティング法を用いた脂質アルデヒドの定量測定法の開発
古川貴之, 惠淑萍, 比能洋, 西村紳一郎, 千葉仁志
臨床化学 2015年10月 
Glycoblotting法を用いた牛乳中遊離オリゴ糖の網羅的定量解析
山本祐輔, 古川貴之, 惠淑萍, 比能洋, 西村紳一郎, 千葉仁志
日本未病システム学会学術総会抄録集 2015年09月 
ブロッティング技術に基づく脂質アルデヒド類の網羅的定量解析
古川貴之, 惠淑萍, 比能洋, 西村紳一郎, 千葉仁志
日本未病システム学会学術総会抄録集 2015年09月 
MRM法によるヒトIgG糖ペプチドフラグメントのキャラクタリゼーション
半村和基, 三好利尚, 成地健太郎, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2015年05月 
タウタンパクフラグメントの合成および立体構造解析
横井康広, 早川瞬, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2015年05月 
アルコールを用いたペプチド環化反応のpKa依存性について
酒井隆史, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2015年05月 
糖鎖固定化電界効果トランジスタによるインフルエンザウイルスから分離したヘマグルチニンの検出
南部谷俊介, 前川達洋, 秀島翔, 比能洋, 西村紳一郎, 迫田義博, 黒岩繁樹, 中西卓也, 逢坂哲彌
Chem Sens 2015年03月 
糖鎖固定化電界効果トランジスタによるインフルエンザウイルスから分離したヘマグルチニンの検出
南部谷俊介, 前川達洋, 秀島翔, 比能洋, 西村紳一郎, 迫田義博, 黒岩繁樹, 中西卓也, 逢坂哲彌
電気化学会大会講演要旨集(CD-ROM) 2015年03月 
CMPアジド化シアル酸の合成と糖タンパク質末端の改変
飯田優香, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2015年00月 
ヒトIgG1抗体に存在するBisect型N‐Glycanの効率合成と糖ペプチド合成への応用
石川明香里, RAVI KUMAR H.V., 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2014年00月 
O‐Mannose型糖鎖を有する糖ペプチドライブラリの構築及び機能解析に関する研究
菊地星矢, 松下隆彦, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2014年00月 
量子ドットに提示したCMPシアル酸のライブセルイメージング
平根望巳, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2014年00月 
O‐マンノース含有ジストログリカン関連糖ペプチドの合成と相互作用解析
比能洋, 菊地星矢, 松下隆彦, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2013年05月 
O‐Mannose型糖鎖を有するαジストログリカン糖ペプチドライブラリの合成と相互作用解析
菊地星矢, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2013年03月 
糖残基を有するヒトNotch‐1EGF‐12ドメインの合成と配座解析
脇本行彦, 松下隆彦, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2013年00月 
O‐Mannose型糖鎖を有するαジストログリカン糖ペプチドライブラリの合成と相互作用解析
菊地星矢, 比能洋, 松下隆彦, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2013年00月 
ムチン型糖タンパク質におけるTTXモチーフのNMR構造解析
早川瞬, 松下隆彦, GARCIA‐MARTIN Fayna, 成地健太郎, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2013年00月 
ケイ素保護基を用いた糖ペプチドの迅速固相合成法
藤井宏圭, 松下隆彦, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2013年00月 
1C4配座を有する新奇グルクロン酸糖供与体に関する研究
古川貴之, 比能洋, 西村紳一郎
日本薬学会年会要旨集 2012年03月 
糖鎖捕捉反応を用いた新規糖脂質ライブラリの構築と溶液中における構造解析
石田純也, 比能洋, 西村紳一郎
日本薬学会年会要旨集 2012年03月 
グライコブロッティング法を用いた異なる種類のヒアルロン酸分解酵素生成ヒアルロン酸断片の同定
荒井みさき, 古川貴之, ガルシア ファイナ, 比能洋, 天野麻穂, 西村紳一郎
日本薬学会年会要旨集 2012年03月 
ムチン型糖ペプチドにおけるTTXモチーフのNMR構造解析
早川瞬, 松下隆彦, 比能洋, 西村紳一郎
日本薬学会年会要旨集 2012年03月 
Rapid Discovery of MUC1 Epitopes by Glycopeptide Combinatorial Chemistry
GARCIA-MARTIN Fayna, MATSUSHITA Takahiko, HINOU Hiroshi, NISHIMURA Shin-Ichiro
Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium 2012年03月 
疾患特異的エピトープ探索を指向したMUC1糖ペプチドマイクロアレイの開発
松下隆彦, 高田渉, 比能洋, 西村紳一郎
日本糖質学会年会要旨集 2011年06月 
環状構造を有する新奇シアリダーゼ自殺基質型阻害剤の開発
甲斐宏一, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2011年03月 
配座変換を鍵戦略とした新規グルクロン酸及びイズロン酸糖供与体の開発
古川貴之, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2011年03月 
新規糖脂質類縁体ライブラリの構築と構造解析
石田純也, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2011年03月 
Novel Coupling Method for the Incorporation of 'Complex' Amino acid
GARCIA-MARTIN Fayna, HINOU Hiroshi, MATSUSHITA Takahiko, NISHIMURA Shin-Ichiro
Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium 2011年03月 
シアリダーゼ阻害剤の探索技術に関する研究
三好利尚, 甲斐宏一, 高須康明, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2011年02月 
新規糖脂質ライブラリの構築と構造解析
石田純也, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2011年02月 
新奇シアリダーゼ自殺基質型阻害剤の開発
甲斐宏一, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2010年03月 
高反応性かつ高立体選択性を有する新規グルクロン酸供与体の開発
古川貴之, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2010年03月 
癌関連糖ペプチドライブラリーの構築と抗体エピトープマッピングへの応用
松下隆彦, 比能洋, 泉龍孝, 西村紳一郎, 大藪巨樹, 川本敬子, 沼田義人, 十亀弘子, 武本浩, 近藤裕郷
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集 2009年11月 
新規不凍糖タンパク質誘導体の合成と性質
八須匡和, 比能洋, 高道学, 三浦信明, 清水弘樹, 津田栄, 西村紳一郎, 西村紳一郎
日本糖質学会年会要旨集 2009年08月 
NMRによるリニア不凍糖タンパク質(AFGP)のコンフォメーション解析
泉龍孝, 藤谷直樹, 松下隆彦, 比能洋, 高道学, 西宮佳志, 津田栄, 西村紳一郎
日本糖質学会年会要旨集 2009年08月 
糖ペプチドチップを用いた糖ペプチド‐タンパク質間相互作用の解析
松下隆彦, 越智里香, 五十嵐幸太, 比能洋, 西村紳一郎
繊維学会予稿集 2009年06月 
グライコミミックを用いた糖鎖生合成機構の制御
日向寺慧, 羽藤愛美, 天野麻穂, FENG Fei, 三浦嘉晃, 篠原康郎, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2009年03月 
新規骨格をベースとしたシアリダーゼ阻害剤の開発研究
佐藤公法, 比能洋, 高須康明, 黒河内政樹, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2009年03月 
Notch‐1受容体EGF12のフォールディング構造における糖修飾の影響について
細口健作, 蛭間(清水)和美, 藤谷直樹, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2009年03月 
新規自殺基質を用いた蛋白質のラベル化
古川貴之, 比能洋, FENG Fei, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2009年03月 
環境調和型グリコシル化反応~固体超強酸プロモーターの改質~
齋藤直裕, 前田哲宏, 松田匡雄, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2009年03月 
ケイ素保護基を用いた糖ペプチドの固相合成研究
川崎慶, 嶋脇健, 松下隆彦, 比能洋, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2009年03月 
ppGalNAcT阻害剤に関する研究
阿部皓基, 比能洋, 古川潤一, 前田哲宏, 細口健作, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2009年03月 
α‐ジストログリカン糖ペプチドの効率的合成および機能解析
越智里香, 比能洋, 五十嵐幸太, 松下隆彦, 西村紳一郎
日本薬学会年会要旨集 2009年03月 
環状不凍糖タンパク質の合成および不凍活性
八須匡和, 高道学, 比能洋, 清水弘樹, 津田栄, 西村紳一郎, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2009年02月 
ペプチド型プローブの迅速探索法
古川貴之, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2009年02月 
ヒトシアリダーゼの発現と機能解析
奥山力, 高暁冬, 比能洋, 比能洋, 西村紳一郎, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2009年02月 
O‐マンノース型糖ペプチドの効率的合成および機能解析
越智里香, 比能洋, 五十嵐幸太, 松下隆彦, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2009年02月 
ケイ素保護体アミノ酸ビルディングブロックを用いた糖ペプチド固相合成
川崎慶, 嶋脇健, 比能洋, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2009年02月 
シアリダーゼ阻害剤の新規骨格の探索
佐藤公法, 比能洋, 比能洋, 高須康明, 黒河内政樹, 西村紳一郎, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2009年02月 
ppGalNAcT阻害剤に関する研究
阿部皓基, 比能洋, 比能洋, 古川潤一, 前田哲宏, 細口健作, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2009年02月 
多糖類誘導体の整形外科領域での高次利用
比能洋, 西村紳一郎, 岩崎倫政, 三浪明男
繊維学会予稿集 2008年06月 
O‐マンノース型糖ペプチドの効率的合成および機能解析に関する研究
越智里香, 比能洋, 五十嵐幸太, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2008年03月 
大規模高速糖鎖構造解析法の開発と応用
天野麻穂, 比能洋, 古川潤一, 篠原康郎, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2008年03月 
フォーカスドライブラリを用いた特異的シアル酸転移酵素阻害剤の探索
細口健作, 古川潤一, 前田哲宏, 比能洋, 比能洋, 西村紳一郎, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2008年01月 
酵素の動的構造に着目したシアリダーゼ阻害剤の開発研究
高須康明, 黒河内政樹, 比能洋, 比能洋, 西村紳一郎, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2008年01月 
シアリダーゼ自殺基質におけるアグリコンフォーカスドライブラリーの作製と評価
甲斐宏一, 比能洋, 比能洋, 西村紳一郎, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2008年01月 
腫瘍マーカーに対する糖鎖修飾が誘導する立体構造変化
藤谷直樹, 黒河内政樹, GAO Xiao‐Dong, 松下隆彦, 比能洋, 篠原康郎, 西村紳一郎
Abstr Annu Meet NMR Soc Jpn 2007年09月 
ポリラクトサミン含有複合糖質のライブラリー構築と構造解析
成地健太郎, 浜本智樹, 黒河内政樹, 松下隆彦, 藤谷直樹, 比能洋, 比能洋, 西村紳一郎, 西村紳一郎
高分子学会北海道支部研究発表会講演要旨集 2007年02月 
Construction of tumor - Related gkycpeptided library
Shin Ichiro Nishimura, Hiroshi Hinou, Hiroki Shimizu, Takahiko Matsushita, Naoki Oyabu, Masataka Fumoto, Hirosato Kondo
Polymer Preprints, Japan 2006年12月 
Efficient syntheses and characterizations of MUC1 related high-molecular weight glycopeptides
Takahiko Matsushita, Toshiki Ohyabu, Toshiki Ohyabu, Hiroshi Hinou, Hiroki Shimizu, Shin Ichiro Nishimura, Shin Ichiro Nishimura
Polymer Preprints, Japan 2006年10月 
癌関連糖ペプチドライブラリの構築
西村紳一郎, 比能洋, 清水弘樹, 松下隆彦, 大藪巨樹, 麓昌高, 近藤裕郷
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2006年09月 
自殺基質によるシアリダーゼ解析
比能洋, 黒河内政樹, 秋場聡, 武川泰啓, 西村紳一郎
日本糖質学会年会要旨集 2006年07月 
ダイナミックな作用機序に基づく糖転移酵素阻害剤の分子設計法
西村紳一郎, 西村紳一郎, 高谷健二, 前田哲宏, 細口健作, 古川潤一, 比能洋
日本糖質学会年会要旨集 2006年07月 
MUC1関連高分子糖ペプチドの効率的合成と機能評価
松下隆彦, 大藪巨樹, 大藪巨樹, 比能洋, 清水弘樹, 西村紳一郎, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2006年05月 
糖鎖自動合成装置“Golgi”用糖転移酵素の開発と利用
岩田一道, 太田尚志, 太田尚志, 山田久里子, 山田久里子, 戸田篤志, 戸田篤志, 比能洋, 西村紳一郎, 西村紳一郎
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集 2005年11月 
糖ペプチド合成用プライマーの開発と糖ペプチドライブラリーへの応用
麓昌高, 麓昌高, 比能洋, 比能洋, 清水弘樹, 太田尚志, 太田尚志, 松下隆彦, 岩田一道, 山田久里子, 山田久里子, 伊藤孝臣, 大藪巨樹, 大藪巨樹, 瀧本明生, 近藤裕郷, 稲津敏行, 中原義昭, 西村紳一郎, 西村紳一郎
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集 2005年11月 
糖鎖自動合成装置“Golgi”の開発
山田久里子, 山田久里子, 太田尚志, 太田尚志, 岩田一道, 麓昌高, 麓昌高, 大藪巨樹, 大藪巨樹, 比能洋, 清水弘樹, 西村紳一郎
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集 2005年11月 
糖ペプチド合成用プライマーの開発と糖ペプチドライブラリーへの応用 (第23回 バイオテクノロジー シンポジウム 予稿集) -- (ポスターセッションの部 糖鎖エンジニアリングプロジェクト/糖鎖構造解析技術開発)
麓 昌高, 比能 洋, 清水 弘樹
バイオテクノロジ-シンポジウム予稿集 2005年11月 
糖鎖自動合成装置"Golgi"の開発と糖ペプチド合成システムへの展開 (第23回 バイオテクノロジー シンポジウム 予稿集) -- (講演会の部)
比能 洋
バイオテクノロジ-シンポジウム予稿集 2005年11月 
マイクロ波照射下における糖ペプチド固相合成
松下隆彦, 比能洋, 清水弘樹, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2005年03月 
非可逆的阻害機構を有するノイラミニダーゼプローブの開発
比能洋, 黒河内政樹, 長堀紀子, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2005年03月 
糖ペプチド合成用高分子プライマーの開発とその応用
麓昌高, 比能洋, 太田尚志, 伊藤孝臣, 瀧本明生, 近藤裕郷, 稲津敏行, 中原義昭, 西村紳一郎
日本化学会講演予稿集 2005年03月 
光学活性スルホキシドを用いる不斉Favorskii転位反応を利用した光学活性化合物の合成
三浦基文, 鳥山正晴, 比能洋, 浅見覚, 鈴木孝, 佐藤毅, 本橋重康
日本薬学会年会要旨集 2005年03月 
糖転移酵素Och1pの機能解析に関する研究
清水弘樹, 坂本雅博, 坂本雅博, 千葉靖典, 喜多島敏彦, 地神芳文, 比能洋, 西村紳一郎, 西村紳一郎
日本農芸化学会大会講演要旨集 2005年03月 
糖鎖自動合成装置“Golgi”用固定化糖転移酵素の開発
戸田篤志, 山田久里子, 比能洋, 西村紳一郎
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集 2004年11月 
糖鎖自動合成装置“Golgi”による複合糖質の合成
山田久里子, 戸田篤志, 西口進, 岩田一道, 麓昌高, 比能洋, 西村紳一郎
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集 2004年11月 
糖鎖自動合成装置“Golgi”にむけた糖ペプチド合成用プライマーの開発
岩田一道, 麓昌高, 比能洋, 太田尚志, 松下隆彦, 山田久里子, 伊藤孝臣, 瀧本明生, 稲津敏行
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集 2004年11月 
糖鎖自動合成装置"Golgi"にむけた糖ペプチド合成用プライマーの開発 (第22回バイオテクノロジーシンポジウム予稿集) -- (ポスターセッションの部 糖鎖エンジニアリングプロジェクト/糖鎖構造解析技術開発)
岩田 一道, 麓 昌高, 比能 洋
バイオテクノロジ-シンポジウム予稿集 2004年11月 
糖鎖自動合成法に関する基礎研究(X)
西口進, 戸田篤志, 山田久里子, 太田尚志, 比能洋, 新間陽一, 地神芳文, 西村紳一郎
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2004年09月 
糖鎖自動合成技術の開発研究および,糖ペプチドライブラリー合成への展開
比能洋, 太田尚志, 山田久里子, 西口進, 戸田篤志, 岩田一道, 地神芳文, 松下隆彦, 新間陽一
高分子学会予稿集(CD-ROM) 2004年09月 
PTPase阻害薬を用いた小児悪性腫ようへの応用
宮本智子, 浅見覚, 堀川あすか, 大東彩子, 比能洋, 鳥山正晴, 本橋重康, 鈴木孝
日本薬学会年会要旨集 2004年03月 
不斉Favorskii転位反応を用いた光学活性アミンの合成
大東彩子, 比能洋, 浅見覚, 鳥山正晴, 鈴木孝, 本橋重康
日本薬学会年会要旨集 2004年03月 
糖鎖エンジニアリングプロジェクト/糖鎖構造解析技術開発 糖鎖自動合成装置のさらなる改良に向けて
西村紳一郎, 比能洋
バイオテクノロジーシンポジウム予稿集 2003年11月 
二基質型シアル酸転移酵素阻害剤の合成研究
比能洋, 孫学龍, 本橋重康, 伊藤幸成
次世代を担う有機化学シンポジウム講演要旨集 2003年05月 
二基質型シアル酸転移酵素阻害剤の系統的合成
比能洋, 本橋重康, 伊藤幸成
日本薬学会年会要旨集 2003年03月 
不斉Favorskii転位反応を用いた光学活性カルボン酸の合成
吉原久美子, 比能洋, 鳥山正晴, 本橋重康
日本薬学会年会要旨集 2003年03月 
二基質結合型シアル酸転移酵素阻害剤の合成研究
比能洋, SUN X‐L, 伊藤幸成
日本糖質学会年会要旨集 2002年07月 
二基質結合型シアル酸転移酵素阻害剤の合成研究 (4)
比能洋, 伊藤幸成
日本化学会講演予稿集 2002年03月 
2基質結合型シアル酸転移酵素阻害剤の合成
比能洋
生体分子の化学講演要旨集 2001年11月 
二基質結合型シアル酸転移酵素阻害剤の合成研究 (2)
比能洋, SUN X L, 伊藤幸成
日本糖質学会年会要旨集 2001年07月 
二基質結合型シアル酸転移酵素阻害剤の合成研究
比能洋, SUN X‐L, 伊藤幸成
日本化学会講演予稿集 2001年03月 
多環状エーテルの収束的構築法の開発
松尾剛, 上田剛, 比能洋, 越野広雪, 中田忠
日本化学会講演予稿集 2001年03月 
多環状エーテルの高効率的合成法の開発
中田忠, 松尾剛, 堀伸行, 松倉弘子, 比能洋
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集 2000年10月 
トランス縮環四環性ポリエーテルの短段階収束的合成
松尾剛, 比能洋, 越野広雪, 末永俊朗, 中田忠
日本化学会講演予稿集 2000年03月 
2糖トレハロースを出発物としたL‐イズロン酸の新規合成法
比能洋, 黒沢英弘, 松岡浩司, 照沼大陽, 葛原弘美
日本化学会講演予稿集 1999年03月 
トレハロースのL‐イドース含有2糖への変換反応
比能洋, 黒沢英弘, 松岡浩司, 照沼大陽, 葛原弘美
日本化学会講演予稿集 1998年03月 
両親媒性キトヘプタオース誘導体の合成
比能洋, 海野篤, 松岡浩司, 照沼大陽, 葛原弘美
糖質シンポジウム講演要旨集 1997年07月 
分子集合能を持つキトビオース誘導体の合成
比能洋, 海野篤, 松岡浩司, 照沼大陽, 葛原弘美
キチン・キトサン研究 1997年05月 
両親媒性キトオリゴ糖誘導体の合成 II 2本の疎水性長鎖を結合した3糖,5糖,7糖の合成
比能洋, 海野篤, 松岡浩司, 照沼大陽, 葛原弘美
日本化学会講演予稿集 1997年03月 
両親媒性キトオリゴ糖誘導体の合成 I 長鎖アシルアミノ基を活用したグリコシル化反応
海野篤, 比能洋, 松岡浩司, 照沼大陽, 葛原弘美
日本化学会講演予稿集 1997年03月 
キトオリゴ糖ミセルの合成研究
比能洋, 海野篤, 松岡浩司, 照沼大陽, 葛原弘美
日本化学会講演予稿集 1996年03月 

特許

糖化合物固定化半導体センシングデバイス及び生物学的物質の検出方法
逢坂 哲彌, 秀島 翔, 黒岩 繁樹, 西村 紳一郎, 比能 洋
特願2012-191701 2012年08月31日
糖化合物固定化半導体センシングデバイス及び生物学的物質の検出方法
逢坂 哲彌, 秀島 翔, 黒岩 繁樹, 西村 紳一郎, 比能 洋
特願2012-191701 2012年08月31日
抗MUC1抗体
西村 紳一郎, 比能 洋, 沼田 義人, 小野田 順二, 内藤 正一, 大藪 巨樹
JP2009068531 2009年10月28日
抗MUC1抗体
西村 紳一郎, 比能 洋, 沼田 義人, 小野田 順二, 内藤 正一, 大藪 巨樹
特願2010-535828 2009年10月28日
シアリダーゼ阻害剤
西村 紳一郎, 比能 洋
JP2008060639 2008年06月11日
O−マンノース型糖鎖結合アミノ酸及びそれを用いた糖ペプチドの製造方法
西村 紳一郎, 比能 洋
特願2008-059657 2008年03月10日
シアリダーゼ阻害剤
西村 紳一郎, 比能 洋
特願2007-133705 2007年05月21日
銀被覆粒子およびその用途
岩田 一道, 比能 洋, 西村 紳一郎
JP2006310186 2006年05月23日
ノイラミニダーゼ阻害剤
西村 紳一郎, 比能 洋, 近藤 裕郷, 藤原 一彦
JP2005023162 2005年12月16日
ムチン型ペプチドの合成法とMUC1関連糖ペプチド
西村 紳一郎, 比能 洋, 麓 昌高
JP2005016975 2005年09月14日
特許を全て表示する
特許閉じる
糖化合物固定化半導体センシングデバイス及び生物学的物質の検出方法
逢坂 哲彌, 秀島 翔, 黒岩 繁樹, 西村 紳一郎, 比能 洋
特願2012-191701 2012年08月31日
糖化合物固定化半導体センシングデバイス及び生物学的物質の検出方法
逢坂 哲彌, 秀島 翔, 黒岩 繁樹, 西村 紳一郎, 比能 洋
特願2012-191701 2012年08月31日
抗MUC1抗体
西村 紳一郎, 比能 洋, 沼田 義人, 小野田 順二, 内藤 正一, 大藪 巨樹
JP2009068531 2009年10月28日
抗MUC1抗体
西村 紳一郎, 比能 洋, 沼田 義人, 小野田 順二, 内藤 正一, 大藪 巨樹
特願2010-535828 2009年10月28日
シアリダーゼ阻害剤
西村 紳一郎, 比能 洋
JP2008060639 2008年06月11日
O−マンノース型糖鎖結合アミノ酸及びそれを用いた糖ペプチドの製造方法
西村 紳一郎, 比能 洋
特願2008-059657 2008年03月10日
シアリダーゼ阻害剤
西村 紳一郎, 比能 洋
特願2007-133705 2007年05月21日
銀被覆粒子およびその用途
岩田 一道, 比能 洋, 西村 紳一郎
JP2006310186 2006年05月23日
ノイラミニダーゼ阻害剤
西村 紳一郎, 比能 洋, 近藤 裕郷, 藤原 一彦
JP2005023162 2005年12月16日
ムチン型ペプチドの合成法とMUC1関連糖ペプチド
西村 紳一郎, 比能 洋, 麓 昌高
JP2005016975 2005年09月14日
O−結合型糖アミノ酸
西村 紳一郎, 比能 洋, 西口 進, 浜本 智樹
特願2005-264181 2005年09月12日
O−結合型糖アミノ酸
西村 紳一郎, 比能 洋, 西口 進, 浜本 智樹
特願2005-264181 2005年09月12日
O−アセチル化糖アミノ酸
西村 紳一郎, 比能 洋
特願2004-250954 2004年08月30日
糖ペプチドの製造方法
西村 紳一郎, 比能 洋, 松下 隆彦
特願2004-213351 2004年07月21日

受賞

2011年
Very Important Paper (VIP) 
2011年
Best Poster Award 
2007年
Poster Presentation Award 
2007年
高分子研究奨励賞 
受賞を全て表示する
受賞閉じる
2011年
Very Important Paper (VIP) 
2011年
Best Poster Award 
2007年
Poster Presentation Award 
2007年
高分子研究奨励賞 

競争的資金等の研究課題

環状不凍糖ペプチドの迅速合成と不凍化分子機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 比能 洋
新奇構造を有する機能選択的タンパク質迅速検出・標識・分離解析システムの構築
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 比能 洋
天然有機資源の有効活用
研究期間 : 1994年
酵素阻害剤の開発
研究期間 : 2000年
糖鎖・糖ペプチド自動合成システムを活用した創薬シーズの探索研究
研究期間 : 2006年
環状化合物の合成、制御、利用
研究期間 : 2008年
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
環状不凍糖ペプチドの迅速合成と不凍化分子機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 比能 洋
新奇構造を有する機能選択的タンパク質迅速検出・標識・分離解析システムの構築
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 比能 洋
天然有機資源の有効活用
研究期間 : 1994年
酵素阻害剤の開発
研究期間 : 2000年
糖鎖・糖ペプチド自動合成システムを活用した創薬シーズの探索研究
研究期間 : 2006年
環状化合物の合成、制御、利用
研究期間 : 2008年

教育活動

主要な担当授業

基礎有機化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 構造、命名法、物理的性質、電子軌道、結合、立体化学、熱力学と速度論、アルケンの反応
実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生物系のための有機化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 有機化合物の構造、命名法、物理的性質、電子軌道、結合、立体化学、熱力学と速度論、アルケンの反応
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基礎有機化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 構造、命名法、物理的性質、電子軌道、結合、立体化学、熱力学と速度論、アルケンの反応
実験生物科学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生物系のための有機化学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 有機化合物の構造、命名法、物理的性質、電子軌道、結合、立体化学、熱力学と速度論、アルケンの反応
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基礎有機化学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 構造、命名法、物理的性質、電子軌道、結合、熱力学と速度論、アルケン、立体化学
実験生物科学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生物系のための有機化学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 構造、命名法、物理的性質、電子軌道、結合、熱力学と速度論、アルケン、立体化学
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
基礎有機化学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 構造、命名法、物理的性質、電子軌道、結合、熱力学と速度論、アルケン、立体化学
実験生物科学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 遺伝子解析法、タンパク質解析法、細胞解析法、個体解析法、顕微観察法
生体高分子学実験Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 物理学実験,化学分析実験,有機合成実験,生化学実験, 分子生物学実験,細胞生物学実験、生物物理学実験
生物系のための有機化学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 構造、命名法、物理的性質、電子軌道、結合、熱力学と速度論、アルケン、立体化学
高分子機能学基礎実験
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 理学部
キーワード : 基礎実験手法、物理学実験、化学分析実験、有機合成実験、生化学実験、安全教育、法令

社会貢献

委員歴

2014年
-
現在
GFRG GFRGシンポジウム運営委員
2012年
-
2014年
高分子学会 「高分子」編集委員会、若手連携委員
2007年07月
-
2007年07月
高分子学会 第53回 高分子夏季大学実行委員
2006年09月
-
2006年09月
繊維学会 第37回繊維学会夏季セミナー実行委員
2012年08月
高分子学会 高分子若手会・サマーユニバーシティ運営委員
2007年02月
高分子学会 第41回北海道支部研究発表会実行委員
2007年
高分子学会 第42回北海道支部研究発表会実行委員
2011年08月
高分子学会 高分子若手会・サマーユニバーシティ運営委員
委員歴を全て表示する
委員歴閉じる
2014年
-
現在
GFRG GFRGシンポジウム運営委員
2012年
-
2014年
高分子学会 「高分子」編集委員会、若手連携委員
2007年07月
-
2007年07月
高分子学会 第53回 高分子夏季大学実行委員
2006年09月
-
2006年09月
繊維学会 第37回繊維学会夏季セミナー実行委員
2012年08月
高分子学会 高分子若手会・サマーユニバーシティ運営委員
2007年02月
高分子学会 第41回北海道支部研究発表会実行委員
2007年
高分子学会 第42回北海道支部研究発表会実行委員
2011年08月
高分子学会 高分子若手会・サマーユニバーシティ運営委員

ページトップへ