内ヶ島 基政ウチガシマ モトカズresearchmap個人ページ

更新日 : 2018/01/23

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  生理系部門解剖学分野
職名助教 
学位
博士(医学)(北海道大学)
メールアドレス
ホームページURL
科研費研究者番号

研究キーワード

内因性カンナビノイド, ドーパミン, 線条体, 包括脳ネットワーク

研究分野

神経科学 / 神経解剖学・神経病理学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
神経科学 / 神経解剖学・神経病理学

職歴

2011年04月
-
現在
北海道大学(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2011年04月
-
現在
北海道大学(助教)

研究活動

論文

Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidonigral cells and their terminations.
Oh YM, Karube F, Takahashi S, Kobayashi K, Takada M, Uchigashima M, Watanabe M, Nishizawa K, Kobayashi K, Fujiyama F
Brain structure & function 222(5) 2359-2378 2017年07月
Ventrolateral Striatal Medium Spiny Neurons Positively Regulate Food-Incentive, Goal-Directed Behavior Independently of D1 and D2 Selectivity.
Natsubori A, Tsutsui-Kimura I, Nishida H, Bouchekioua Y, Sekiya H, Uchigashima M, Watanabe M, de Kerchove d'Exaerde A, Mimura M, Takata N, Tanaka KF
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 37(10) 2723-2733 2017年03月
Dysfunction of ventrolateral striatal dopamine receptor type 2-expressing medium spiny neurons impairs instrumental motivation.
Tsutsui-Kimura I, Takiue H, Yoshida K, Xu M, Yano R, Ohta H, Nishida H, Bouchekioua Y, Okano H, Uchigashima M, Watanabe M, Takata N, Drew MR, Sano H, Mimura M, Tanaka KF
Nature communications 8 14304 2017年02月
The Metabotropic Glutamate Receptor Subtype 1 Mediates Experience-Dependent Maintenance of Mature Synaptic Connectivity in the Visual Thalamus.
Narushima M, Uchigashima M, Yagasaki Y, Harada T, Nagumo Y, Uesaka N, Hashimoto K, Aiba A, Watanabe M, Miyata M, Kano M
Neuron 91(5) 1097-1109 2016年09月
Crucial Roles of the Endocannabinoid 2-Arachidonoylglycerol in the Suppression of Epileptic Seizures.
Sugaya Y, Yamazaki M, Uchigashima M, Kobayashi K, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Cell reports 16(5) 1405-1415 2016年08月
Transsynaptic Modulation of Kainate Receptor Functions by C1q-like Proteins.
Matsuda K, Budisantoso T, Mitakidis N, Sugaya Y, Miura E, Kakegawa W, Yamasaki M, Konno K, Uchigashima M, Abe M, Watanabe I, Kano M, Watanabe M, Sakimura K, Aricescu AR, Yuzaki M
Neuron 90(4) 752-767 2016年05月
Dopamine synapse is a neuroligin-2-mediated contact between dopaminergic presynaptic and GABAergic postsynaptic structures.
Uchigashima M, Ohtsuka T, Kobayashi K, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(15) 4206-4211 2016年04月
Territories of heterologous inputs onto Purkinje cell dendrites are segregated by mGluR1-dependent parallel fiber synapse elimination.
Ichikawa R, Hashimoto K, Miyazaki T, Uchigashima M, Yamasaki M, Aiba A, Kano M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(8) 2282-2287 2016年02月
Phosphoproteomics of the Dopamine Pathway Enables Discovery of Rap1 Activation as a Reward Signal In Vivo.
Nagai T, Nakamuta S, Kuroda K, Nakauchi S, Nishioka T, Takano T, Zhang X, Tsuboi D, Funahashi Y, Nakano T, Yoshimoto J, Kobayashi K, Uchigashima M, Watanabe M, Miura M, Nishi A, Kobayashi K, Yamada K, Amano M, Kaibuchi K
Neuron 89(3) 550-565 2016年02月
Production of monoclonal antibodies against GPCR using cell-free synthesized GPCR antigen and biotinylated liposome-based interaction assay.
Takeda H, Ogasawara T, Ozawa T, Muraguchi A, Jih PJ, Morishita R, Uchigashima M, Watanabe M, Fujimoto T, Iwasaki T, Endo Y, Sawasaki T
Scientific reports 5 11333 2015年06月
論文を全て表示する
論文閉じる
Using a novel PV-Cre rat model to characterize pallidonigral cells and their terminations.
Oh YM, Karube F, Takahashi S, Kobayashi K, Takada M, Uchigashima M, Watanabe M, Nishizawa K, Kobayashi K, Fujiyama F
Brain structure & function 222(5) 2359-2378 2017年07月
Ventrolateral Striatal Medium Spiny Neurons Positively Regulate Food-Incentive, Goal-Directed Behavior Independently of D1 and D2 Selectivity.
Natsubori A, Tsutsui-Kimura I, Nishida H, Bouchekioua Y, Sekiya H, Uchigashima M, Watanabe M, de Kerchove d'Exaerde A, Mimura M, Takata N, Tanaka KF
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 37(10) 2723-2733 2017年03月
Dysfunction of ventrolateral striatal dopamine receptor type 2-expressing medium spiny neurons impairs instrumental motivation.
Tsutsui-Kimura I, Takiue H, Yoshida K, Xu M, Yano R, Ohta H, Nishida H, Bouchekioua Y, Okano H, Uchigashima M, Watanabe M, Takata N, Drew MR, Sano H, Mimura M, Tanaka KF
Nature communications 8 14304 2017年02月
The Metabotropic Glutamate Receptor Subtype 1 Mediates Experience-Dependent Maintenance of Mature Synaptic Connectivity in the Visual Thalamus.
Narushima M, Uchigashima M, Yagasaki Y, Harada T, Nagumo Y, Uesaka N, Hashimoto K, Aiba A, Watanabe M, Miyata M, Kano M
Neuron 91(5) 1097-1109 2016年09月
Crucial Roles of the Endocannabinoid 2-Arachidonoylglycerol in the Suppression of Epileptic Seizures.
Sugaya Y, Yamazaki M, Uchigashima M, Kobayashi K, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Cell reports 16(5) 1405-1415 2016年08月
Transsynaptic Modulation of Kainate Receptor Functions by C1q-like Proteins.
Matsuda K, Budisantoso T, Mitakidis N, Sugaya Y, Miura E, Kakegawa W, Yamasaki M, Konno K, Uchigashima M, Abe M, Watanabe I, Kano M, Watanabe M, Sakimura K, Aricescu AR, Yuzaki M
Neuron 90(4) 752-767 2016年05月
Dopamine synapse is a neuroligin-2-mediated contact between dopaminergic presynaptic and GABAergic postsynaptic structures.
Uchigashima M, Ohtsuka T, Kobayashi K, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(15) 4206-4211 2016年04月
Territories of heterologous inputs onto Purkinje cell dendrites are segregated by mGluR1-dependent parallel fiber synapse elimination.
Ichikawa R, Hashimoto K, Miyazaki T, Uchigashima M, Yamasaki M, Aiba A, Kano M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 113(8) 2282-2287 2016年02月
Phosphoproteomics of the Dopamine Pathway Enables Discovery of Rap1 Activation as a Reward Signal In Vivo.
Nagai T, Nakamuta S, Kuroda K, Nakauchi S, Nishioka T, Takano T, Zhang X, Tsuboi D, Funahashi Y, Nakano T, Yoshimoto J, Kobayashi K, Uchigashima M, Watanabe M, Miura M, Nishi A, Kobayashi K, Yamada K, Amano M, Kaibuchi K
Neuron 89(3) 550-565 2016年02月
Production of monoclonal antibodies against GPCR using cell-free synthesized GPCR antigen and biotinylated liposome-based interaction assay.
Takeda H, Ogasawara T, Ozawa T, Muraguchi A, Jih PJ, Morishita R, Uchigashima M, Watanabe M, Fujimoto T, Iwasaki T, Endo Y, Sawasaki T
Scientific reports 5 11333 2015年06月
VGluT3-expressing CCK-positive basket cells construct invaginating synapses enriched with endocannabinoid signaling proteins in particular cortical and cortex-like amygdaloid regions of mouse brains.
Omiya Y, Uchigashima M, Konno K, Yamasaki M, Miyazaki T, Yoshida T, Kusumi I, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 35(10) 4215-4228 2015年03月
Cellular and subcellular localization of cholecystokinin (CCK)-1 receptors in the pancreas, gallbladder, and stomach of mice.
Konno K, Takahashi-Iwanaga H, Uchigashima M, Miyasaka K, Funakoshi A, Watanabe M, Iwanaga T
Histochemistry and cell biology 143(3) 301-312 2015年03月
Retrograde signaling for climbing fiber synapse elimination.
Uesaka N, Uchigashima M, Mikuni T, Hirai H, Watanabe M, Kano M
Cerebellum (London, England) 14(1) 4-7 2015年02月
Neuron type- and input pathway-dependent expression of Slc4a10 in adult mouse brains.
Song X, Yamasaki M, Miyazaki T, Konno K, Uchigashima M, Watanabe M
The European journal of neuroscience 40(5) 2797-2810 2014年06月
GABAergic neurons in the ventral tegmental area receive dual GABA/enkephalin-mediated inhibitory inputs from the bed nucleus of the stria terminalis.
Kudo T, Konno K, Uchigashima M, Yanagawa Y, Sora I, Minami M, Watanabe M
The European journal of neuroscience 39(11) 1796-1809 2014年06月
Enriched expression of GluD1 in higher brain regions and its involvement in parallel fiber-interneuron synapse formation in the cerebellum.
Konno K, Matsuda K, Nakamoto C, Uchigashima M, Miyazaki T, Yamasaki M, Sakimura K, Yuzaki M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 34(22) 7412-7424 2014年05月
Retrograde semaphorin signaling regulates synapse elimination in the developing mouse brain.
Uesaka N, Uchigashima M, Mikuni T, Nakazawa T, Nakao H, Hirai H, Aiba A, Watanabe M, Kano M
Science (New York, N.Y.) 344(6187) 1020-1023 2014年05月
Type 2 K+ -Cl- cotransporter is preferentially recruited to climbing fiber synapses during development and the stellate cell-targeting dendritic zone at adulthood in cerebellar Purkinje cells.
Kawakita I, Uchigashima M, Konno K, Miyazaki T, Yamasaki M, Watanabe M
The European journal of neuroscience 37(4) 532-543 2013年02月
Chronic alterations in monoaminergic cells in the locus coeruleus in orexin neuron-ablated narcoleptic mice.
Tsujino N, Tsunematsu T, Uchigashima M, Konno K, Yamanaka A, Kobayashi K, Watanabe M, Koyama Y, Sakurai T
PloS one 8(7) e70012 2013年
Three types of neurochemical projection from the bed nucleus of the stria terminalis to the ventral tegmental area in adult mice.
Kudo T, Uchigashima M, Miyazaki T, Konno K, Yamasaki M, Yanagawa Y, Minami M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(50) 18035-18046 2012年12月
Striatal indirect pathway contributes to selection accuracy of learned motor actions.
Nishizawa K, Fukabori R, Okada K, Kai N, Uchigashima M, Watanabe M, Shiota A, Ueda M, Tsutsui Y, Kobayashi K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(39) 13421-13432 2012年09月
Synapse type-independent degradation of the endocannabinoid 2-arachidonoylglycerol after retrograde synaptic suppression.
Tanimura A, Uchigashima M, Yamazaki M, Uesaka N, Mikuni T, Abe M, Hashimoto K, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109(30) 12195-12200 2012年07月
Lack of molecular-anatomical evidence for GABAergic influence on axon initial segment of cerebellar Purkinje cells by the pinceau formation.
Iwakura A, Uchigashima M, Miyazaki T, Yamasaki M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 32(27) 9438-9448 2012年07月
Striatal direct pathway modulates response time in execution of visual discrimination.
Fukabori R, Okada K, Nishizawa K, Kai N, Kobayashi K, Uchigashima M, Watanabe M, Tsutsui Y, Kobayashi K
The European journal of neuroscience 35 784-797 2012年03月
Unbalance of CB1 receptors expressed in GABAergic and glutamatergic neurons in a transgenic mouse model of Huntington's disease.
Chiodi V, Uchigashima M, Beggiato S, Ferrante A, Armida M, Martire A, Potenza RL, Ferraro L, Tanganelli S, Watanabe M, Domenici MR, Popoli P
Neurobiology of disease 45 983-991 2012年03月
TRIM67 negatively regulates Ras activity through degradation of 80K-H and induces neuritogenesis.
Yaguchi H, Okumura F, Takahashi H, Kano T, Kameda H, Uchigashima M, Tanaka S, Watanabe M, Sasaki H, Hatakeyama S
The Journal of biological chemistry 2012年02月
Localization of acetylcholine-related molecules in the retina: implication of the communication from photoreceptor to retinal pigment epithelium.
Matsumoto H, Shibasaki K, Uchigashima M, Koizumi A, Kurachi M, Moriwaki Y, Misawa H, Kawashima K, Watanabe M, Kishi S, Ishizaki Y
PloS one 7 e42841 2012年
Selective neural pathway targeting reveals key roles of thalamostriatal projection in the control of visual discrimination.
Kato S, Kuramochi M, Kobayashi K, Fukabori R, Okada K, Uchigashima M, Watanabe M, Tsutsui Y, Kobayashi K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 31(47) 17169-17179 2011年11月
Molecular and morphological configuration for 2-arachidonoylglycerol-mediated retrograde signaling at mossy cell-granule cell synapses in the dentate gyrus.
Uchigashima M, Yamazaki M, Yamasaki M, Tanimura A, Sakimura K, Kano M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 31(21) 7700-7714 2011年05月
Unique inhibitory synapse with particularly rich endocannabinoid signaling machinery on pyramidal neurons in basal amygdaloid nucleus.
Yoshida T, Uchigashima M, Yamasaki M, Katona I, Yamazaki M, Sakimura K, Kano M, Yoshioka M, Watanabe M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 108(7) 3059-3064 2011年02月
Rho/Rho-kinase signaling pathway controls axon patterning of a specified subset of cranial motor neurons.
Kobayashi K, Masuda T, Takahashi M, Miyazaki J, Nakagawa M, Uchigashima M, Watanabe M, Yaginuma H, Osumi N, Kaibuchi K, Kobayashi K
The European journal of neuroscience 33 612-621 2011年02月
Cellular expression and subcellular localization of secretogranin II in the mouse hippocampus and cerebellum.
Miyazaki T, Yamasaki M, Uchigashima M, Matsushima A, Watanabe M
The European journal of neuroscience 33 82-94 2011年01月
Cytochemical and cytological properties of perineuronal oligodendrocytes in the mouse cortex.
Takasaki C, Yamasaki M, Uchigashima M, Konno K, Yanagawa Y, Watanabe M
The European journal of neuroscience 32 1326-1336 2010年10月
The endocannabinoid 2-arachidonoylglycerol produced by diacylglycerol lipase alpha mediates retrograde suppression of synaptic transmission.
Tanimura A, Yamazaki M, Hashimotodani Y, Uchigashima M, Kawata S, Abe M, Kita Y, Hashimoto K, Shimizu T, Watanabe M, Sakimura K, Kano M
Neuron 65(3) 320-327 2010年02月
Key modulatory role of presynaptic adenosine A2A receptors in cortical neurotransmission to the striatal direct pathway.
Quiroz C, Luján R, Uchigashima M, Simoes AP, Lerner TN, Borycz J, Kachroo A, Canas PM, Orru M, Schwarzschild MA, Rosin DL, Kreitzer AC, Cunha RA, Watanabe M, Ferré S
TheScientificWorldJournal 9 1321-1344 2009年11月
Endocannabinoid-mediated control of synaptic transmission.
Kano M, Ohno-Shosaku T, Hashimotodani Y, Uchigashima M, Watanabe M
Physiological reviews 89(1) 309-380 2009年01月
Predominant expression of phospholipase Cbeta1 in telencephalic principal neurons and cerebellar interneurons, and its close association with related signaling molecules in somatodendritic neuronal elements.
Fukaya M, Uchigashima M, Nomura S, Hasegawa Y, Kikuchi H, Watanabe M
The European journal of neuroscience 28 1744-1759 2008年11月
Evidence against GABA release from glutamatergic mossy fiber terminals in the developing hippocampus.
Uchigashima M, Fukaya M, Watanabe M, Kamiya H
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 27 8088-8100 2007年07月
Subcellular arrangement of molecules for 2-arachidonoyl-glycerol-mediated retrograde signaling and its physiological contribution to synaptic modulation in the striatum.
Uchigashima M, Narushima M, Fukaya M, Katona I, Kano M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 27 3663-3676 2007年04月
Tonic enhancement of endocannabinoid-mediated retrograde suppression of inhibition by cholinergic interneuron activity in the striatum.
Narushima M, Uchigashima M, Fukaya M, Matsui M, Manabe T, Hashimoto K, Watanabe M, Kano M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 27 496-506 2007年01月
Depolarization-induced suppression of inhibition mediated by endocannabinoids at synapses from fast-spiking interneurons to medium spiny neurons in the striatum.
Narushima M, Uchigashima M, Hashimoto K, Watanabe M, Kano M
The European journal of neuroscience 24 2246-2252 2006年10月
Localization of diacylglycerol lipase-alpha around postsynaptic spine suggests close proximity between production site of an endocannabinoid, 2-arachidonoyl-glycerol, and presynaptic cannabinoid CB1 receptor.
Yoshida T, Fukaya M, Uchigashima M, Miura E, Kamiya H, Kano M, Watanabe M
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience 26 4740-4751 2006年05月

競争的資金等の研究課題

神経修飾因子シナプスに共通する分子形態基盤に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 内ヶ島 基政
線条体ドーパミンシナプス接着分子の機能形態解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 内ヶ島 基政
てんかん原性回路における内因性カンナビノイドシグナル伝達機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(研究活動スタート支援, 研究活動スタート支援)
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 内ヶ島 基政
競争的資金等の研究課題を全て表示する
競争的資金等の研究課題閉じる
神経修飾因子シナプスに共通する分子形態基盤に関する研究
文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間 : 2015年 - 2017年 代表者 : 内ヶ島 基政
線条体ドーパミンシナプス接着分子の機能形態解析
文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 内ヶ島 基政
てんかん原性回路における内因性カンナビノイドシグナル伝達機構の解明
文部科学省:科学研究費補助金(研究活動スタート支援, 研究活動スタート支援)
研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 内ヶ島 基政

教育活動

主要な担当授業

公開発表演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
公開発表演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
公開発表演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
公開発表演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージングPreparation of tissue sections, staining principle, immunohistochemistry, in situ hybridization method, electron microscopy, production of antibodies, imaging
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
脳科学入門Ⅶ:脳解剖実習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 大学院共通科目
キーワード : 脳解剖、脳実習
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
公開発表演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
公開発表演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表Practice for thesis presentation
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学brain, synapse, anatomy
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達glutamate, synapse, glia, development
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
脳科学入門Ⅶ:脳解剖実習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 脳解剖、脳実習
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
公開発表演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表
公開発表演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 学位申請論文、公開発表
医学研究法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 切片作成法、染色理論、免疫組織化学、in situ hybridization法、電顕観察、抗体作成、イメージング
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 神経伝達物質、受容体、ニューロン、グリア、脳、伝導路
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 脳、シナプス、解剖学
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学Anatomy
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 解剖学
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : グルタミン酸、シナプス、グリア、発達
研究発表技法Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
研究発表技法Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
脳科学入門Ⅶ:脳解剖実習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 大学院共通科目
キーワード : 脳解剖、脳実習

ページトップへ