大塚 紀幸オオツカ ノリユキresearchmap個人ページ

更新日 : 2017/09/19

基本情報

プロフィール

所属部署名
医学研究院  病理系部門病理学分野
職名助教 
学位
MD(北海道大学)
PhD(北海道大学)
メールアドレスtsuka-pmed.hokudai.ac.jp
ホームページURLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/00447046.ja.html
科研費研究者番号

研究キーワード

卵巣, Fragile X症候群, 三塩基リピート病, CGG repeat, POF, ナチュラルキラー細胞, NKG2D, 活性化リガンド, 免疫監視, 皮膚免疫, がん, MHC

研究分野

基礎医学 / 実験病理学
研究分野を全て表示する
研究分野閉じる
基礎医学 / 実験病理学

職歴

2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)
職歴を全て表示する
職歴閉じる
2012年
北海道大学 医学(系)研究科(研究院)(助教)

研究活動

論文

Immunohistochemical validation and expression profiling of NKG2D ligands in a wide spectrum of human epithelial neoplasms.
Fujita H, Hatanaka Y, Sutoh Y, Suzuki Y, Oba K, Hatanaka KC, Mitsuhashi T, Otsuka N, Fugo K, Kasahara M, Matsuno Y
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 63(3) 217-227 2015年03月
Decreased expression of thymus-specific proteasome subunit β5t in Down syndrome patients.
Tomaru U, Tsuji T, Kiuchi S, Ishizu A, Suzuki A, Otsuka N, Ito T, Ikeda H, Fukasawa Y, Kasahara M
Histopathology 2015年01月
The SKINT1-like gene is inactivated in hominoids but not in all primate species: implications for the origin of dendritic epidermal T cells.
Mohamed RH, Sutoh Y, Itoh Y, Otsuka N, Miyatake Y, Ogasawara K, Kasahara M
PloS one 10(4) e0123258 2015年
MICA/B expression in macrophage foam cells infiltrating atherosclerotic plaques.
Ikeshita S, Miyatake Y, Otsuka N, Kasahara M
Experimental and molecular pathology 97(1) 171-175 2014年08月
Possible linkage between microscopic polyangiitis and thrombosis via neutrophil extracellular traps.
Imamoto T, Nakazawa D, Shida H, Suzuki A, Otsuka N, Tomaru U, Ishizu A
Clinical and experimental rheumatology 32(1) 149-150 2014年01月
Hepatosplenic gamma-delta T-cell lymphoma associated with Epstein-Barr virus.
Tsunematsu S, Natsuizaka M, Fujita H, Otsuka N, Terashita K, Sato F, Kobayashi T, Nakai M, Tsukuda Y, Horimoto H, Sho T, Suda G, Nakanishi M, Hashino S, Chuma M, Sakamoto N
Internal medicine (Tokyo, Japan) 53(18) 2079-2082 2014年
Right atrial late gadolinium enhancement on cardiac magnetic resonance imaging in pulmonary hypertension.
Sato T, Tsujino I, Ohira H, Oyama-Manabe N, Yamada Y, Otsuka N, Nishimura M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 76(1) 238-239 2012年
Autoimmune oophoritis with multiple molecular targets mitigated by transgenic expression of mater.
Otsuka N, Tong ZB, Vanevski K, Tu W, Cheng MH, Nelson LM
Endocrinology 152(6) 2465-2473 2011年06月
The incidence and mechanism of sunitinib-induced thyroid atrophy in patients with metastatic renal cell carcinoma.
Shinohara N, Takahashi M, Kamishima T, Ikushima H, Otsuka N, Ishizu A, Shimizu C, Kanayama H, Nonomura K
British journal of cancer 104(2) 241-247 2011年01月
Complexity of tumor vasculature and molecular targeting therapies.
Furuya M, Nagahama K, Ishizu A, Otsuka N, Nagashima Y, Aoki I
Frontiers in bioscience (Elite edition) 3 549-561 2011年01月
論文を全て表示する
論文閉じる
Immunohistochemical validation and expression profiling of NKG2D ligands in a wide spectrum of human epithelial neoplasms.
Fujita H, Hatanaka Y, Sutoh Y, Suzuki Y, Oba K, Hatanaka KC, Mitsuhashi T, Otsuka N, Fugo K, Kasahara M, Matsuno Y
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society 63(3) 217-227 2015年03月
Decreased expression of thymus-specific proteasome subunit β5t in Down syndrome patients.
Tomaru U, Tsuji T, Kiuchi S, Ishizu A, Suzuki A, Otsuka N, Ito T, Ikeda H, Fukasawa Y, Kasahara M
Histopathology 2015年01月
The SKINT1-like gene is inactivated in hominoids but not in all primate species: implications for the origin of dendritic epidermal T cells.
Mohamed RH, Sutoh Y, Itoh Y, Otsuka N, Miyatake Y, Ogasawara K, Kasahara M
PloS one 10(4) e0123258 2015年
MICA/B expression in macrophage foam cells infiltrating atherosclerotic plaques.
Ikeshita S, Miyatake Y, Otsuka N, Kasahara M
Experimental and molecular pathology 97(1) 171-175 2014年08月
Possible linkage between microscopic polyangiitis and thrombosis via neutrophil extracellular traps.
Imamoto T, Nakazawa D, Shida H, Suzuki A, Otsuka N, Tomaru U, Ishizu A
Clinical and experimental rheumatology 32(1) 149-150 2014年01月
Hepatosplenic gamma-delta T-cell lymphoma associated with Epstein-Barr virus.
Tsunematsu S, Natsuizaka M, Fujita H, Otsuka N, Terashita K, Sato F, Kobayashi T, Nakai M, Tsukuda Y, Horimoto H, Sho T, Suda G, Nakanishi M, Hashino S, Chuma M, Sakamoto N
Internal medicine (Tokyo, Japan) 53(18) 2079-2082 2014年
Right atrial late gadolinium enhancement on cardiac magnetic resonance imaging in pulmonary hypertension.
Sato T, Tsujino I, Ohira H, Oyama-Manabe N, Yamada Y, Otsuka N, Nishimura M
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 76(1) 238-239 2012年
Autoimmune oophoritis with multiple molecular targets mitigated by transgenic expression of mater.
Otsuka N, Tong ZB, Vanevski K, Tu W, Cheng MH, Nelson LM
Endocrinology 152(6) 2465-2473 2011年06月
The incidence and mechanism of sunitinib-induced thyroid atrophy in patients with metastatic renal cell carcinoma.
Shinohara N, Takahashi M, Kamishima T, Ikushima H, Otsuka N, Ishizu A, Shimizu C, Kanayama H, Nonomura K
British journal of cancer 104(2) 241-247 2011年01月
Complexity of tumor vasculature and molecular targeting therapies.
Furuya M, Nagahama K, Ishizu A, Otsuka N, Nagashima Y, Aoki I
Frontiers in bioscience (Elite edition) 3 549-561 2011年01月
Identification of a third variable lymphocyte receptor in the lamprey.
Kasamatsu J, Sutoh Y, Fugo K, Otsuka N, Iwabuchi K, Kasahara M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 107(32) 14304-14308 2010年08月
Images in cardiovascular medicine: Imaging of cardiac sarcoid lesions using fasting cardiac 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography: an autopsy case.
Koiwa H, Tsujino I, Ohira H, Yoshinaga K, Otsuka N, Nishimura M
Circulation 122(5) 535-536 2010年08月
Comparative genomic analysis of mammalian NKG2D ligand family genes provides insights into their origin and evolution.
Kondo M, Maruoka T, Otsuka N, Kasamatsu J, Fugo K, Hanzawa N, Kasahara M
Immunogenetics 62(7) 441-450 2010年07月
Human endogenous retrovirus-R Env glycoprotein as possible autoantigen in autoimmune disease.
Sasaki N, Ogawa Y, Iinuma C, Tomaru U, Katsumata K, Otsuka N, Kasahara M, Yoshiki T, Ishizu A
AIDS research and human retroviruses 25(9) 889-896 2009年09月
Exclusive expression of proteasome subunit {beta}5t in the human thymic cortex.
Tomaru U, Ishizu A, Murata S, Miyatake Y, Suzuki S, Takahashi S, Kazamaki T, Ohara J, Baba T, Iwasaki S, Fugo K, Otsuka N, Tanaka K, Kasahara M
Blood 113(21) 5186-5191 2009年05月
Short communication: expression of human endogenous retrovirus-R gene links to differentiation of squamous cells.
Otsuka N, Miyatake Y, Ishizu A, Tanaka S, Yamamoto Y, Ikeda H, Yoshiki T
AIDS research and human retroviruses 22(11) 1148-1151 2006年11月
Long-term survival after curative left hepatectomy for mucin-producing cholangiocarcinoma: report of a case.
Tsuchikawa T, Kondo S, Hirano S, Tanaka E, Anbo Y, Morikawa T, Okushiba S, Otsuka N, Itoh T, Katoh H
Surgery today 35(3) 256-258 2005年
Dexamethasone increased plasminogen activator inhibitor-1 expression on human umbilical vein endothelial cells: an additive effect to tumor necrosis factor-alpha.
Yamamoto Y, Ishizu A, Ikeda H, Otsuka N, Yoshiki T
Pathobiology : journal of immunopathology, molecular and cellular biology 71(6) 295-301 2004年
Tissue specific high level expression of a full length human endogenous retrovirus genome transgene, HERV-R, under control of its own promoter in rats.
Tanaka S, Ikeda H, Otsuka N, Yamamoto Y, Sugaya T, Yoshiki T
Transgenic research 12(3) 319-328 2003年06月

教育活動

主要な担当授業

保健組織病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 解剖学、組織学、循環器、呼吸器、消化器、造血器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
器官病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 循環器、呼吸器、消化器、造血器、内分泌器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
最新年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健組織病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 解剖学、組織学、循環器、呼吸器、消化器、造血器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
器官病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 循環器、呼吸器、消化器、造血器、内分泌器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 博士後期課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学Experimental pathology, Human pathology
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2015年
課程区分 : 修士課程
開講学部 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
統合・病態演習
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
臨床病理学
開講年度 : 2015年
課程区分 : 学士課程
開講学部 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価
前年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健組織病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 解剖学、組織学、循環器、呼吸器、消化器、造血器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
器官病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環器、呼吸器、消化器、造血器、内分泌器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
統合・病態演習
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
臨床病理学
開講年度 : 2014年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価
前々年度を全て表示する
主要な担当授業閉じる
保健組織病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 解剖学、組織学、循環器、呼吸器、消化器、造血器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 疾患の分子機構、腫瘍病理学、医療と病理診断、がんプロフェッショナル
医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
器官病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 循環器、呼吸器、消化器、造血器、内分泌器、泌尿・生殖器、運動器、皮膚・感覚器、神経系
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : シグナル伝達、EMT, 細胞内トラフィック、癌、浸潤転移、モデルマウス
基本医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
基本医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
基本医学総論
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態、がんプロフェッショナル
基盤医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
基盤医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 博士後期課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 実験病理学、人体病理学
専門医学研究Ⅰ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 病理学の基礎
専門医学研究Ⅱ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 基礎病理学研究
専門基礎医学Ⅵ
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 修士課程
科目学部名 : 医学研究科
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 細胞と組織の基本的病的変化,疾患の種類と分類,疾患の病因と病態
病理学演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 肉眼的病理診断,組織学的病理診断,最終診断,個体の総合的病態,ポスター発表
統合・病態演習
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
臨床病理学
開講年度 : 2013年
科目学籍区分名 : 学士課程
科目学部名 : 医学部
キーワード : 臨床診断,病理診断,診断の根拠と鑑別診断,治療の評価

ページトップへ

  • HOMEに戻る
  • 前のページに戻る